平野和之(経済評論家)

 昨年12月、趣味の釣りのため、人気の山中湖(山梨県山中湖村)で宿泊することにした。釣りは、午前3時には起床せねばならず、高級なホテルでゆったりできるわけではないので、民宿を探した。

 私は、海外出張などの際、飛行機は「エクスペディア」、宿泊は「ブッキングドットコム」を利用しているので、同サイトで民宿を検索した。古民家風の民宿が「2泊で7000円」となっており、これに決めた。

 ところが、カーナビで目的地を設定し到着したが、予約した民宿の看板が見当たらない。すでにあたりは真っ暗で、民宿に何度も電話したが、誰も出ない。しばらくすると非通知の着信があり、電話に出ると、中国語なまりの男の声が聞こえてきた。

「ナビの通りに来たが、何もない。太陽光発電の畑と閉店したそば屋があるが」
「そこです」
「ん?そば屋が…」
「はい、そば屋の2階です」

 嫌な予感がした。2階に上がると受付にいた中国人らしき男が「お金は現金で」と言う。明細もなければ、領収書もない。裏口に案内されて中に入ると、室内はきちんとリフォームされ、思ったより部屋もきれいである。しかし、部屋の鍵はなかった。
※写真はイメージ(iStock)
※写真はイメージ(iStock)
 詳細を聞いてみると、男はこう言う。

「私はよくわかりません。ボス(中国人オーナー)から言われているだけで」
「ここはどんな客が泊まりに来るのか」
「主に中国人です」
「今は誰もいないが」
「中国人のチェックインは遅いですから」
「日本人は?」
「たまにきますよ」
「……」
「では、ごゆっくり」

 対応は決して悪くないが、どうもしっくりいかない。普通、田舎の民宿に行けば、民宿の主人や女将らが出迎えてくれるイメージがあるが、この民宿は違和感だらけだ。

 さらに30分後、コンビニエンスストアに買い出しに行こうとした時、驚愕した。なんと、無人になっていたのだ。周辺は無電灯の村なのに、閉店したそば屋を改造しただけの建物の2階に1人で宿泊なんて不安で仕方ない。どうみても、違法民泊である。しかも、部屋に鍵がないだけでなく、勝手口もフルオープンで入り放題、あまりの怖さに逃げ出し、すぐに山中湖管轄の警察署に通報した。

 警察官に聞いてみると以下のような答えが返ってきた。

警察官「最近、多いんですよね、その手の違法民泊」
「取り締まりは?」
警察官「基本、観光協会などでやってもらうので、警察がやれることはほとんどない」
「民泊が規制できなくても、民宿表記自体が違法じゃないか?お金返してほしい」
警察官「民事に警察は不介入ですから、一応、電話しておきます」

 結局、警察からも、観光協会からもその後の連絡はなかった。これこそ違法民泊リスクであり、実態なのだ。