平本淳也(元ジャニーズ所属タレント)

 ジャニーズと社長のジャニー喜多川氏をよく知っている人なら後継者「滝沢秀明」(タッキー)は想像に難くなかっただろう。

 スポーツ紙を中心に報じられた「ジャニーズの後継者にタッキー指名!」のニュース。ジャニーズは今年、問題だらけのネガティブな雰囲気のまま終わってしまうのかと思っていただけに、計算されたかのようにジャニー氏の後継指名は「グッドニュース」として発信された。

 タッキーがジャニー氏の後継者になることについては、ファンはもちろん、ジャニーズ内外、マスコミ、そして僕らOB連中も含めて歓迎ムードが広がっている。だが、これは同時に近藤真彦(マッチ)や少年隊の東山紀之(ヒガシ)じゃなくて良かったという安堵感の裏返しでもある。

 マッチやヒガシが後継者になるとのウワサに関しては、僕はかなり前から否定してきたが、なぜか世間は年功序列に従うかのように「マッチ社長」と「ヒガシ副社長」というカタチを勝手に思い込んでいたようだ。

 今回もマッチやヒガシを差し置いてとか、元SMAPの中居正広や木村拓哉だけでなく、TOKIOやKinKi Kidsまでもが不満を募らせているといった、勝手な想像による記事が目立つ。

 そもそも勘違いしているようだが、タッキーはジャニー氏の仕事を受け継いで、タレント発掘や育成だけでなく、グループの形成やステージの制作を担っていくわけで、ジャニーズ本体の代表になるわけではない。また、ジャニーズの新しい事業として立ち上げる「育成機関」の責任者としての役割を担い、ジャニーズのステータスを永続的に維持していくのがタッキーの役目だ。

 その役目は、すでに裏方に徹している少年隊の錦織一清(ニッキ)説が強かったが、アイドルの格において無理があった。ニッキもある意味、天才的なセンスを持っているが、「ニッキって誰?」という人の方が多いのが悲しい事実。マッチやヒガシだったらまだマシだが、一連のジャニーズアイドルの不祥事を吹き飛ばすほどではない。

 ジャニーズ所属タレントの中で、マッチは「道楽息子」の長男、甘え上手の次男がヒガシという感じだ。タレントとして良い意味で2人とも目立ちたがりでナルシスト。後継者になれなくもないが、裏方に徹するなどプライドが許さない。ただ、マッチに関して言えば、いまさら何を指導できるのか。そう、レーサーとして車の運転を教えることができても芸能界では生きていけない。
(イラスト・不思議三十郎)
(イラスト・不思議三十郎)
 要はジャニー氏の後継者として、マッチもヒガシも話題性や将来性、実力を踏まえれば物足りないのだ。

 そもそもジャニーズの次期社長やジャニー氏の後継ぎをイメージするとき、タレントばかりに注目してウワサすること自体が間違っている。事実、明石家さんまや松本人志が吉本興業の後継者としてウワサにもならない。ホリプロの役員でもある和田アキ子が同社を継ぐならまだあり得るが、それでも事務所経営を担うのは無理だろう。

 ジャニーズにしても次期社長は既定路線のまま、現副社長の藤島ジュリー景子氏が就くのはジャニー氏も公言している通りで、すでに複数のグループ会社の代表になっている。ジュリー景子氏は唯一の若い血縁者であり、そこは「テッパン」だと僕はかなり前から強調してきたが、これは間違いない。