一覧

執筆者

森本敏

『拓殖大学総長、元防衛相 』

森本敏

拓殖大学総長、元防衛相。昭和16年、東京都生まれ。40年防衛大学校理工学部電気工学科卒業後、航空自衛隊入隊。54年外務省入省。平成4年野村総合研究所主席研究員。24年6月から12月まで防衛相。28年3月から拓殖大学総長、29年8月から30年10月まで防衛相政策参与。主な研究分野は安全保障・防衛政策。主な著書に『「極東有事」で日本は何ができるのか――ガイドラインと有事法制』(PHP研究所)、『日本の瀬戸際―東アジア最大の危機に日本は生き残れるか』(実業之日本社)など。