検索ワード:スポーツ/229件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    日大「危険タックル」 内田監督、あなたに指導者の資格はない

    小林信也(作家、スポーツライター) アメリカンフットボールの日大選手による「悪質なタックル」は監督の指示だったのか、それとも選手の意思だったのか。今回の問題で最大の焦点とされているが、筆者はそれが焦点だとは思っていない。監督の指示があろうがなかろうが、伝統ある関学大との定期戦を汚した蛮行であったと言わざるを得ない。 関学大が提出した抗議文に対し、日大側は「反則行為は監督の指示ではなかった」と文書で回答したという。しかし、悪質なタックルは内田正人監督による日頃からの指導が反映した結果であり、定期戦の目的を選手に伝えてフィールドに送り出さなかった指導者の責任であることは明らかである。 定期戦は、ゲームを通して互いに切磋琢磨(せっさたくま)し、厳しい勝負を戦った者同士にしか生まれ得ない友情を育み、競技への愛情を一層深める舞台ではなかったか。しかも一回きりでなく、長年交流を重ねることで、日本フットボール界のレベルを高め、競技の普及振興に寄与するといった気概もあったはずだ。普通に考えれば、わざわざ関西から訪ねてくれた良きライバルのクオーターバック(QB)を潰すために仕組まれた試合ではなかっただろう。 しかも、内田監督は大きな間違いも犯した。日大側が主張するように監督の指示でなかったのであれば、最初のファウルを見てすぐに相手選手と相手ベンチへ謝罪に走り、ファウルを犯した選手を即刻ベンチに下げるべきだった。それが指導者としての最低限の行動だったはずである。プレー中の反則行為に対し、内田監督が非を認めて上記の行動をしなかった事実は、大学スポーツの指導者として資質を有していないと糾弾されてもやむを得ない。 関学大側が抗議文書を送り、記者会見を開いて正式な謝罪を求めたにもかかわらず、雲隠れを続ける内田監督の態度からは全く誠意を感じられない。彼の頭の中は「勝つか負けるか」「勝てばいい」といった勝利至上主義にいまだ支配され、スポーツの深みに関心を寄せていない現実も浮かび上がって見える。 アメフト指導に携わる関係者に話を聞くと、「内田監督は近代フットボールをほとんど学んでいない、古いタイプの指導者です」と指摘する。関西学院大学の鳥内秀晃監督と握手を交わす日本大学の内田正人監督=2007年12月16日、長居スタジアム 実際のゲームプランや技術指導はコーチ陣に委ね、監督は精神論的な指示や命令だけを発していたという。今回、危険なタックルなどで退場処分となった選手は、Uー19日本代表に選ばれた才能豊かな選手であり、チーム内でも揺るぎない実力の持ち主だった。一部報道によれば、内田監督はそんな彼を決して有頂天にさせず、一段上に成長させるために試合にはレギュラーとして常時出場させなかったらしい。その指導法は言うなれば「精神的に追い込むやり方」だったのである。 ひと昔前の日本スポーツ界では当たり前の指導法だったかもしれないが、今や「パワハラ」そのものである。もっと言えば、人間の尊厳を冒瀆(ぼうとく)するものであり、決してあってはならない指導法である。にもかかわらず、それを当然と思い込んでいる指導者は、今回の問題に限らず日本のスポーツ界にはあまた放置されている。社会全体で「もはや許されない」と声を上げ、即刻退場を促すべきだ。大学経営の中枢を担う内田監督 有望な選手をさらに一段上に導く方法はいくらでもある。スポーツなのだから、技術的なディレクションを与えるのが最も効果的な指導だろう。当然ながら、同じポジションで活躍する米国のプロ選手に比べたら、悪質タックルで退場処分となった日大選手の技術はまだまだ未熟である。目標とする選手のプレーを模倣し、次に習得する課題を決めて取り組むことで、選手として成長の階段を上ることもできただろう。何より彼自身、より一層アメフトの深さを知るきっかけになったのではないか。 本来、指導者とは選手に対してそういう導き方をするのが基本中の基本である。精神的に追い込んで発奮させるというのはあまりにも貧しい選択だ。精神的な未熟さがあったとしても、追い込み続けることで成長するケースは珍しい。もし仮に精神的に追い込んで成長を促したとしても、それは現代スポーツの現場で選択すべき指導法とは認められない。それを「選手のためだから」と思い込んでいる指導者もまだ多いが、はっきり言って認識不足も甚だしい。 今回の問題を受けて、内田監督と日大アメフト部は、関東学生連盟に「8月までの指導自粛」などを伝えたという。また、16日には日大広報部が見解を公表し、「監督が選手に反則をしてでもケガをさせろと指示した事実はない」と監督の指示があったとする疑惑を否定した。これらの対応をみる限り、監督本人がいまだ事の重大さを理解していないと言わざるを得ない。いや、「責任逃れ」と受け止められても仕方がない対応である。内田監督や日大アメフト部の言動は、世間の常識とあまりにも乖離(かいり)している。 監督退任はもちろん、日大アメフト部の存続さえも危うい事態である。指導者が雲隠れを続ける現状をみて、世間が納得するはずがない。 大学スポーツは今、少子化が加速する大学経営の重要な柱である。単にアマチュアスポーツとしての研鑽(けんさん)にとどまらず、少子化という現実の下、厳しい生き残り競争に直面している大学経営にとって、学生募集の重要なチャンネルとして、また学校の知名度や好感度アップにつながる重要な戦略と位置付けられている。 中でも日大は「スポーツ日大」というキャッチフレーズを掲げ、各種競技場など人目のつく場所に多くの広告を出している。スポーツ科学部という学部も新設した。内田監督はアメフト部の監督であるばかりでなく、日大の常務理事として大学経営の中枢を担う立場でもある。それだけに自らが監督を務め、日大スポーツの看板であるアメフト部がどれほど影響力のある存在か、十分認識しているはずではなかったか。インタビューを受ける日大フェニックスの内田正人監督=2017年12月17日、甲子園(鈴木健児撮影) 17日午後、日大アメフト部からの回答を受けて、関学大アメフト部が記者会見を開いた。日大側は回答の中で監督の指示を否定したが、監督の指示と選手の理解に乖離(かいり)があったとも指摘した。だが、それはスポーツの世界でとても認められない言い逃れである。 重ねて繰り返すが、もし仮に監督の指示がなかったとしても、選手があれほどの反則行為を犯せば、その場で相手選手と相手チームに自ら謝罪し、選手をベンチに下げるべきだった。心ある監督であれば、当然の行為である。反則を放置し、3度繰り返すまで行動しなかったこと自体、チームスポーツの指導者の資質を疑う。今回の問題は、日大側が真摯(しんし)な謝罪を拒み、言い逃れを続けたことで、さらに取り返しのつかない事態に発展したと言わざるを得ない。

  • Thumbnail

    テーマ

    日大「危険タックル」を糾弾する

    アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の試合中に起きた日大選手による「悪質タックル」が波紋を広げている。危険な反則行為に監督の指示があったかどうかに注目が集まるが、いまだ雲隠れする内田正人監督の対応も火に油をそそぐ一因になっている。日大「危険タックル」を糾弾する。

  • Thumbnail

    記事

    内田監督の絶対的権力に日大「悪質タックル」のヒントがある

    いる。一方で、監督本人は「反則行為を指示したことはない」と、自身の非を否定しているという。 一般に、スポーツ競技では、監督が自チーム選手に対して反則行為を促すことはめったにない。特別な意図がある場合を除いて、反則行為はチームの勝敗に直結するからである。 しかし、とりわけアメフト競技では、QBがチームの要である司令塔の役割を担っているため、選手に対して「QBを『潰せ』『壊せ』」という、ある意味では言葉として抽象的な指示が出されることが珍しくない。その多くが、通常許容されるプレー内での行為に関する指示として、共通言語になっていることも否定できない。一方で、いかようにも受け取れるぼやけた表現なだけに、選手側に具体的な行動への反映における裁量が委ねられてしまう。 つまり、指示の発信者がラフプレーを意図していないとしても、受け手がそうだと判断すれば、その行動は実行に移され、発信者から否定されない限り繰り返されてしまうのである。 今回の事例で言えば、当該選手がラフプレーを行った後、ベンチの対応はそれをねぎらっているようにも受け取れる。指導者と選手の間に、反則行為を否定されないことにとどまらず、むしろ、その行為を褒められたり、認められるという構造が存在する可能性がある。そうなれば、人の行動心理からみて、選手は自身の行動の確からしさを裏付けられ、強化されることになり、今後も同様の行為へと結びついていくのである。2017年12月、アメフト「甲子園ボウル」で関学大を下し、27年ぶり21度目の優勝を果たし、胴上げされる日大の内田正人監督(山下香撮影) とはいえ、曖昧(あいまい)な表現の指示であっても、行動の主体である選手が逸脱した行動を取ることは少ない。確かに、発想や思考のレベルでさまざまな行為を思いつくことはある。 それでも、指導者からの指示を自身の中で消化し、解釈する過程を経て行動に反映する際には、善悪の判断や行動の優先順位をつけ、望ましいと思われる所作を選択するからだ。ただし例外もある。それは、指示の受け手が「思考停止状態」に陥っている場合だ。初心で抱いた「理想像」はどこに では、どのような場合に思考停止状態が生じる可能性があるのだろうか。それは指示者と指示を受ける者の間に、絶対的な主従関係が、権力一極集中的かつ継続的に成立している状況である。 実は、このような状態は、体罰や虐待の背景に認められる。暴力によってコントロールされた部活動は、一見統率が取れており、凝集性の高い優れた組織のように見受けられることもある。虐待が生じている親子関係においても、子供が年齢にそぐわないレベルの「いい子」に見えることがある。 しかし、その裏では、指導者や保護者の一方的な威圧や暴力により、子供自身の考えは去勢され、個性や主体性を失っていく。つまり、正常な思考力や判断力を発揮できない思考停止状態に陥っていくのである。 なぜならば、逆らわず指示に従ってさえいれば、自身がとがめられ、威圧や暴力という罰を加えられることがないからである。そのため、指導者や親が間違った方向に暴走したとしても、すでに自分で判断する力を失っている被指示者である子供は、その流れを止めることができない。 今回の事例も、仮に指導者の直接的に近い指示があったとすれば、強力な指示系統を裏付けにして、選手が盲目的かつ脱個性的に従わざるを得なかった結果だった可能性がある。もしかすると、監督と選手という、作られた既存の一方的な関係性の中で、指導者に怒られないための、試合出場やレギュラーとして認められるための「最適解」を、選手が必死に探した結果が行為に反映されたのかもしれない。 本来であれば、学生指導においては、指導者がそのあり方を自らで客観視することによって、高圧的な態度や一方的な指示の影響性を考慮しておかなければならない。しかしながら、例えば長く絶対的な権力を発揮する構造に身を置いた結果、自身に対する省察が欠如することがある。 英国で外相や厚相を歴任し、精神科医でもあったデービッド・オーエンが提唱した「傲慢(ごうまん)症候群(ヒュブリス・シンドローム)」という概念がある。権力を握ってから、性格が変質し、おごり、傲慢になったり、限度を超えた野心を抱かせたり、助言に耳を貸さなくなる人が少なくない。要するに、権力の座に長くいることで、冷静な判断力を失うことに結びつく可能性にある状態である。写真はイメージです(iStock) 結果、「傲慢症候群」になった人は組織マネジメントに失敗し、最終的には自身の首を絞めることにもつながる。だが、早い段階で本人がそこに気がつくことは、長期的に集団が思い通りに動いていればいるほど難しい。成果が出ているとすれば、なおのことである。 日大アメフト部の「権力者」は、初心で抱いた理想的な指導者像とかけ離れた存在になってはいまいか、改めて自身を俯瞰(ふかん)することが求められている。

  • Thumbnail

    記事

    「悪質タックル」日大アメフト部員はなぜ暴走したのか

    本郷陽一(論スポ、スポーツタイムズ通信社)(THE PAGEより転載) アメリカンフットボールの関学大対日大の定期戦(6日・アミノバイタルフィールド)において日大の守備選手(3年)が関学のQB選手(2年)に悪質な反則タックルを行い、全治3週間の負傷を負わせた問題についての疑問が今なお判明しない。 日大の守備選手は、プレーを終え無防備な関学のQB選手に背後から“暴力”とも取れるタックルを仕掛けた。スポーツマンシップにもとる極めて悪質で生命にさえかかわる危険な反則タックルが、なぜ行われたのか、という経緯の部分が、明らかになっていないのだ。 日大は記者会見も開かず、内田正人監督が“逃げて”事情を説明しないため、現在、断片的な情報だけが飛び交っている状況。日大が15日、関学大の抗議文に対して返答した文書内で、それが明らかにされているのかもしれないが、そこに監督、コーチの指示があったのか、或いは、選手の自発的な行為だったのか。監督、コーチの具体的な指示がなくとも、選手が、そう受け取るような背景があったのか。 ミーティングを重ね、コーチの指示の下動くアメフットの競技特性と、反則後のサイドラインでのチームの当該選手に対する対応の姿からも見て、当該選手が勝手に暴走しただけとは考えにくい。だが、一方で、さすがに「痛めてしまえ!」までの具体的な指示が監督から“春の定期戦”で当該の守備選手に出ていたとも考えられない。ただ、当該選手が、そういうプレーに暴走せざるをえない状況に、指導者及び、チームの体質が追い込んでしまっていたという可能性は否定できないだろう。 日本におけるスポーツ心理学の権威で、これまでプロチームや五輪柔道チームのメンタルトレーニング部門を担当、アメリカンフットボール部も指導したこともある東海大学体育学部の高妻容一教授は、当該選手の心理をこう分析する。 「ここまでの報道によって知りえた情報とプレー映像を見ての推測であり、あくまでも一般論としての私の意見であることを承知していただきたいのですが、あの選手は悪質で危険なタックルを行った後にも、つかみあいをしているような場面がありました。アンスポーツマンライクコンダクトと呼ばれる反則行為です。選手はキレているように見えました。非常にメンタルの弱い選手に感じました。日大の監督さんの“あれくらいやっていかないと勝てない。私の責任”というコメントなどから察するに、選手は相当なプレッシャーを感じていたと考えられます。もちろん個人差はありますが、チームの指導者がスパルタ式に圧力をかけて、その雰囲気や、空気からメンタルが弱くて精神的に追い詰められてしまった選手は、その行為の善悪を区別することができなくなる場合があります」試合を見る日大・内田正人監督=2017年12月17日、西宮市の阪神甲子園球場(撮影・山下香) 環境や状況、そして精神状態によっては、その行為の善悪さえ判断できない状況に追い込まれるケースがあるというのだ。  日本のスポーツ界には、中、高、大学の“部活”内の体育会系気質が根強くはびこってきた。この体質が、しばしば、暴力問題やパワハラという問題を生み出している。カリスマだった故篠竹幹夫監督 日大フェニックスは、カリスマ的な存在感を持っていた故・篠竹幹夫監督が、レギュラーを全員合宿所に入れて、徹底的にしごく超スパルタ方式で黄金期を作ったことで知られる。「犠牲・協同・闘争」のチーム方針の元、集中力を高め、甲子園ボウルで優勝を重ねて“サムライフットボール”と賞賛された。内田正人監督は、コーチとして故・篠竹監督を支えてきた人物である。 高妻教授は、スポーツ心理学の観点から、選手が「ノー」と言えない日本独特の根性礼賛主義、指導者の古い経験主義などの文化、体質を問題視する。 「私の話で恐縮ですが、空手部時代に指導者に“負けるくらいなら相手をノックアウトしてこい!”と言われて、その通りにしようとしたことがありました。今から40年以上も前の話です。前近代的な指導体系、チーム体質であるならば、選手が“指導者に言われたことをやらなかったときにどうなるか”という例をずっと間近で見ていくことで、よりプレッシャーを強く感じることになります。選手は、“できない”“やれない”と言って信用、立場を失うことを恐れます。ネガティブになります。そうなるとノーとは言えないのです。アメフットやラグビーといったコンタクト競技は格闘技的要素が強いものです。スポーツと暴力の境界線を守るためには、なおさらメンタルコントロールが必要になってきます。本来は、そのプレーをする理由を指導者が説明できなければなりません。私は、それを科学的根性論と呼んでいますが、目的を達するために何をどうするべきかをすべて説明し、選手が理解、納得した上でトレーニングという準備を行い、ミーティングでイメージを高め試合に入ることが必要なのです。そういった作業を省き“チームが勝つために言われたことをやれ!”というのは、何十年も前のティーチングであり、とてもコーチングとは呼べないものです。選手をポジティブな考え方にするには、まず指導者がコーチングを勉強しポジティブな環境に変えることが重要になります」  そして高妻教授は、こうも続けた。 「アメリカのカレッジフットボールの世界では、リーグが練習時間や年間の活動時間を制限しています。しかもコーチはプロです。例えばフロリダ州立大のアメリカンフットボール部では、その限られた練習時間内に、いかに効率的なトレーニングを行い、戦術を磨くかということが先鋭化されています。メンタルトレーニングに関しても時間を割きます。夢や目標を達成するために何をどうすればいいか、学生スポーツの意義とは何かをコーチングしていけば、必然的にスポーツマンシップというものを理解するようになってきます。日大アメフット部の内情をよく知りませんので、あくまでも一般論としてですが、前近代的なスパルタ、間違った根性論がはびこるチームでは、しばしば、こういったメンタルに起因する問題が起きるのです」日大フェニックスのロゴがある練習用具のカバー=2018年5月17日、東京都世田谷区(吉沢良太撮影) 実は、何十年も前から日本の多くのアメフットの強豪校の指導者たちは、毎年のようにアメリカの名門校などに留学して、戦術だけでなく、コーチング、チームマネジメントから、そのリクルート手法までを学んで持ち帰り、チーム強化につなげてきたという歴史がある。立命大のように、全米の大学に学び、クラブハウスやトレーニング施設などの環境までを整えたチームもある。いわゆるインテリが多く、どちらかと言えば学生アメフット界は、古い体育会系の根性論とは一線を引いてきたという傾向があったのだが……それにもチーム差があったのも事実である。  日大の悪質タックル問題が、なぜ起きたかの原因究明は、あらゆる角度から徹底して行わねばならない。関東学生連盟だけに任せるのでなく、全日本協会のレベルで調査、議論を行う必要があると思う。ひいては、それが、日本の学生スポーツ界が抱えている課題や、悪しき伝統を一掃するための重要な問題提起になるのかもしれない。(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

  • Thumbnail

    記事

    イエスマンを生み出す体育会系の「悪しき風習」

    吉田良治(大学スポーツマネジメント研究会理事) 昨年11月の横綱・日馬富士による暴力事件から続く大相撲界の暴力問題、女子レスリングのオリンピック4連覇、伊調馨選手へのパワハラ問題など、スポーツ界に根深く残る暴力や人権を損なう行為が、連日メディアを賑わせている。間もなく平成が終わろうとしているいま、日本のスポーツ界はいまだ昭和の悪しき風習に苦しんでいる。 2012年12月23日、大阪・桜宮高校で起こった体罰・自殺事件以降、スポーツ指導者の暴力に伴う体罰について、徐々に改善の空気が流れ始めた。 しかしその後も指導者から女子柔道日本代表選手へのパワハラ問題が発覚し、指導者の解任に発展した。指導者から選手への暴力だけでなく、部活の部員間、とくに先輩から後輩への暴力という、体育会系の悪しき風習が続く。 天理大学柔道部で起こった選手間の暴力問題では、当時主将のオリンピック金メダリストも暴行現場に居合わせたことが発覚し、長期の謹慎を余儀なくされた。 この時期は2020年東京五輪・パラリンピック招致活動と重なり、オリンピック選手や日本代表コーチも暴力問題に関与するという日本のスポーツ界に蔓延る負の歴史が、反暴力を掲げるオリンピックの招致に影響する懸念から、国を挙げてスポーツ界の暴力撲滅の動きが加速された。 体罰を生み出す背景の1つは、大相撲の部屋制度、大学や高校の部活なら合宿生活など、閉ざされた世界が根底にある。指導者と選手、先輩と後輩の関係は狭い世界の中だけで成り立ち、その世界の価値観に偏ることが、体罰を生み出す温床となる。 自立を促すための指導ではなく、むしろイエスマンを生み出しているのだ。違った価値観に触れ、幅広い選択肢と多様な経験をする機会をもち、スポーツという小さな殻を破ることが必要である。  2012年の大阪・桜宮高校の体罰・自殺事件後、大阪府と大阪市は府下の高校教員を対象に、元プロ野球選手の桑田真澄氏を講師に体罰防止研修を実施した。しかし、この研修を受けた教員のなかで、その後体罰をした者も少なくない。なかには97回体罰を繰り返した教員もいた。大阪・高2バスケ部主将体罰自殺問題 大阪市立桜宮高校 =2013年1月13日午前、大阪市都島区(大塚聡彦撮影) そもそも、再発防止という名のもとに行なわれる研修は単発で行なわれ、不祥事が起こった際の決まり文句〝再発防止に努めます〟と、その場を一時的に凌ぐものが多い。受講者も研修後、一晩寝れば次の日に頭の中に残っているものはほとんどないに等しい。定期的、かつ継続的に実践で生かされるプログラムとその環境整備が重要だ。 人は皆、欲をもって生きている。欲という向上心をもち成長するのだ。スポーツの世界でも、「勝ちたい!」という向上心がなければ成功することができない。再発防止に効果なし しかし、この欲が道を逸れると簡単にダークサイドに落ちてしまう。2016年にスポーツ界で起こった賭博や薬物の事件も、アスリートの強みであるはずの欲が悪さをしたのである。指導者の体罰も選手にとって良かれと思って、行きすぎた欲がもたらす結果である。 スポーツにはルールがあり、そのルールに則り競技することが求められる。スポーツは社会の一部であり、指導者やアスリートなどスポーツ関係者も社会の一員である。 当然、社会のルールに則り生活することが求められる。暴力は法律違反であり、いかなる理由があっても(正当防衛などを除き)暴行罪となり、相手を傷つければ傷害罪となる。スポーツ指導の現場も治外法権とはならず、法を犯せば刑事罰を受ける。 桜宮高校の体罰・自殺事件で、生徒に体罰をした教員は傷害と暴行で懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、大阪市が遺族に支払った損害賠償のうち、4361万円の支払いを命じられた。また元横綱日馬富士は貴ノ岩への傷害罪で略式起訴、罰金50万円の略式命令を受けた。選手や後輩への躾・指導・やる気を引き出すための体罰も、犯罪として処罰されるのである。 スポーツの暴力は家庭での躾による児童虐待、学校教育での体罰、そして職場でのブラック問題等、そのまま社会の問題と根っこでつながっている。 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの調査によると、56.7%の大人(20歳以上男女2万人)が子どもの躾に体罰は必要、と答えている。実際に18歳以上の子どもがいる親(1万人の男女)では、70.1%が躾で子どもを叩いたことがあると答えている。 スポーツ界に限らず日本社会には、とくに子どもや若者の躾なら暴力は必要、という考えが一般的となっている実態がある。画像はイメージです(iStock) 子育て、教育、そしてスポーツの指導の現場では、子どものころ体罰を受けた大人の経験がそのまま受け継がれてきたことが、日本社会の体罰文化を形成してきた。しかし家庭の躾や学校の体罰でも、近年、暴行・傷害罪で処罰されるケースも増えており、スポーツの体罰も今後法的に処罰を受けるケースが増えるだろう。 大人が子どもの躾や若者の指導に、暴力という法律違反をしていては、正しく導くことはできない。大人同士なら法律違反の暴力行為が、子どもや若者の指導に使われる時点で、それは教育・子育てが破綻していると大人は自覚すべきである。  私がワシントン大学のフットボールチームでアシスタントコーチをしていたころ、コーチが選手に体罰をする姿を見たことはなく、また人権を傷つけるようなネガティブな対応もなかった。そして日本で不祥事として処分するような問題行動があっても、チームが活動を自粛したり、選手を退部・退学させることもなかった。アメリカで体罰が起こりにくい理由 実際、ワシントン大学が2001年にローズボウル(毎年1月1日に開催される、全米カレッジフットボール王座決定戦)を制覇したときのメンバーには、24名の逮捕歴をもつ選手が含まれていた。 さらに驚くべきは、入学前の高校生が逮捕された際、当時ヘッドコーチだったジム・ランブライト以下数名のコーチが、「われわれがこの若者を正しく導き、社会へ送り出す責任を負う」と、裁判所に情状酌量を求める嘆願書を提出していたことだ。 アメリカのスポーツ指導者、とくに大学スポーツの指導者は“Nation Builder”つまり国づくりを担っている、といわれており、とくに問題を起こした若者を更生させ、社会に送り出す義務を果たしてきた。 元警官でワシントン大学フットボールチームのメンター的存在のアバナ・トーマス(故人)によると、「このチームには大学でフットボールをしていなければ、ストリートギャングになっていたかもしれない若者も少なくない。われわれが社会の中にある問題から目を背け、トカゲの尻尾切りをすれば、この国はますます荒んでいく」と、大学スポーツが果たす役割を示した。 ジョージア工科大学のバド・ピーターソン学長によると、「学生アスリートが過ちを犯してもSecond Chance(更生の機会)を与えることは重要で、時には3度、4度チャンスを与えることも必要」と、アスリートを受け入れた大学が責任をもち、大学を代表するアンバサダーとして社会へ送る義務がある、と話した。 ランブライトは時に過ちを犯した若者と膝を突き合わせ、なぜこのようなことになったのかじっくり話し合い、解決策を若者と共に見出した。時には早朝4時から面談することもあった。「従順な人間を育てるのではなく、自ら考え問題を解決するリーダーを育てること」と、ランブライトはコーチの役割を強調している。ミスをした選手に寄り添うジム・ランブライト氏(左、写真提供:ワシントン大学=筆者) リーダー育成には3つのゴールが必要だ。勝つことを目的にするシングルゴールでは不十分で、選手の人生にも責任をもつダブルゴールと、社会を豊かにするために貢献するトリプルゴールが、国を背負う未来のリーダーという究極のリーダー育成のカギとなる。 この風土で育ったアメリカのアスリートは、次は自分が若者を導く番だと、地域の子どもの良きメンターとなる。 MLB(メジャーリーグベースボール)のシアトル・マリナーズが行なうD.R.E.A.M Teamプログラムがその一例だ。DはDrug Free(薬物防止)、RはRespect(敬意を払う)、EはEducation(教育)、AはAttitude(姿勢・態度・振る舞い)、そしてMはMotivation(やる気)だ。どれも子どもの成長に必要なライフスキルの要素をもっており、Dは薬物防止だけでなくあらゆるリスクマネージメントにつながり、Rはスポーツマンシップの重要な要素となり、いじめなどの問題行動を改善できる。 アスリートはフィールドの内外の立ち振る舞いを整え、子どもたちの模範となることを実践する。チームのエース、フェリックス・ヘルナンデスは教育でとくに読書力を高めることを重視し、自身の絵本をつくり小学生にプレゼントしている。またいじめ防止のプログラムを独自につくり、小学校にプログラムを提供している。チームからの強制ではなく、自ら率先して実行するという、自己モチベーションを子どもたちに示している。体罰にならないための指導法の確立 学生時代にフロリダ大学でフットボールと陸上短距離の二刀流だったジェフ・デンプスは、地元のラジオ局でいじめをする子どもの相談役となり、いじめをやめさせるメンターを務めた。 いじめをする子どもは何らかの問題を抱えており、その問題を解決することなく、罰でいじめをやめさせようとしても根本的な解決にはならない。いじめをしている子どもを正しい道へ導くことは、いじめられている子どもだけでなく、いじめをする子どもも救うことにつながる。  体罰を改める術がたんに犯罪だからだめ、では、体罰と同じく罰という抑止力で押さえ付けるだけで、根本的な解決法とはならない。乳児が泣き止まないと、暴力を振るう親も見受けられる。 言葉で伝えられないから、泣いて親にメッセージを送っているのに、それすら理解せず感情に任せ、わが子が暴行死に至る痛ましい事件も珍しくない。子どもや若者だけでなく、善悪の理解不足や感情のコントロールが未熟な大人も増えている。 人の成長とはすぐに結果が出ないものだ。子どもや若者はまだまだ善悪の区別を理解できておらず、また感情のコントロールも未熟である。大人は気長に若者の成長を見守り、導く気骨が求められる。 体罰のないスポーツ指導について、長年NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)や強豪大学のフットボールチームでヘッドコーチを歴任し、ジョージア工科大学で体育局長として全米初のアスリート教育、トータル・パーソン・プログラムを構築したホーマー・ライスは、「褒美や罰でやる気を引き出すことは、短期的に効果を得るかもしれない。しかし、長く効果を求めるなら、選手自身でやる気を引き出す必要がある。自己モチベーション(インサイドアウト)が重要となる」と語っている。第52回NFLスーパーボウル=2018年2月4日、ミネアポリス(USA TODAY・ロイター=共同) 指導者がすべきなのは、選手の良い面・悪い面を正しく評価し、建設的なフィードバックをすることだ。フィードバックは良い面と悪い面の比率を5:1の割合(魔法の比率)で伝えることが最も効果的である。重要なことは褒めたり叱ったりすることではなく、正しく評価したフィードバックと、それを選手が活かすための環境を整えることが指導者の役割である。 スポーツに限らず人の成長にはE.L.M(Effort,Learn,Mistake)が重要だ。つねに向上心をもって努力し、やるべきことを理解し、失敗してもそこから学び、再度努力する。失敗が成功への糧になる。失敗から何を学び、どう活かすのか、選手も指導者も失敗を成功へのチャンスとポジティブに捉える思考が重要だ。 日本学生野球協会から毎月のように発表される、高校や大学の野球部の不祥事には、指導者や選手間の暴力事案も多い。日本高野連審議委から日本学生野球協会審査室に上申された指導者の暴力は、2013年が68件で2016年には31件と減少傾向にあるが、指導者による暴力は依然2桁以上発生している。「殴り聞かせる」という言葉はありません! 2010年に甲子園春夏連覇を成し遂げた沖縄・興南高校野球部の我喜屋優監督の言葉だ。感情が先走ってはいけない! 言葉で「言い聞かせる」ことが大切! と反暴力の指導を実践すると同時に、興南中・高校の校長兼理事長の立場として、社会人として人生の勝利者になってほしいと願い、いち早くスポーツ偏重のスポーツクラスを廃止した。“Nation Builder” は日本にも存在する。ノルウェーに学ぶスポーツマンシップ  2018年平昌オリンピックでは、ノルウェーが獲得総数38個と最も多くのメダルを獲得した。人口500万人ほどの国がいかに世界最高水準の競技力を維持するのか?  ノルウェーのオリンピック委員会によると、ノルウェーでは子どものあいだでは競争心をあおらないよう指導している。子どもにとってスポーツは楽しいもの、そして友達との関係を良くすることを目的にする。13歳くらいまでは決して勝ち負けや点数の優劣などを意識させず、楽しむことを促す。これこそスポーツが本来あるべき姿なのだ。 2006年トリノオリンピックのクロスカントリー女子チームスプリントの決勝戦で、2番目を走行していたカナダチームの選手がストックを折り4番手まで後退、そのとき近くにいたノルウェーチームのビョルナル・ホーケンスモーエン・ヘッドコーチが、予備のストックをカナダ選手に与えた。 その後カナダは挽回し、2位で銀メダルを獲得した。一時首位に立っていたノルウェーチームは、終盤に失速し最終4位でメダル獲得とならなかった。もし自国コーチがカナダチームを助けなければ、ノルウェーチームは銅メダルを獲得できたかもしれない。 ホーケンスモーエン・ヘッドコーチは「普通のことをしただけ」と、子どものころから教わった「たとえどんな状況であっても、共に走る者を敬い、助け合うことが重要」という言葉を実践したまでと語った。スポーツマンシップはまず指導者が模範を示し実行すること、選手の先頭に立ち背中で選手に教えることが重要だ。 相手を敬うこと、敬意をもつということは、スポーツマンシップの重要な要素だ。スポーツに関わるすべての者は、このスポーツマンシップの精神をしっかり育んでおくことが重要となる。男子滑降で初優勝したノルウェーのアクセルルント・スビンダル=2018年2月15日 (ロイター=共同) 私は現在、追手門学院大学でアスリート教育を担当し、1年生にはライフスキルやスポーツマンシップを基に指導を行なっている。使用している教材「スポーツマンシップ・フィットネス」では、日常生活で実践を通しスポーツマンシップが育まれるよう構成した。スポーツマンシップはスポーツをする上で必須であり、それが社会で生きるシチズンシップに繋がっていく。アスリート教育の重要な位置付けとして、とくに早い段階で実施することが望ましい。 現在国が進める大学スポーツ政策、いわゆる「日本版NCAA」でもアスリート教育はとても重視されている。今年は年明けから日本代表クラスやプロ野球選手トップアスリート(いずれも大学スポーツを経験したトップアスリート)、そしてプロ野球をめざす現役大学選手の不祥事が続いている(カヌー・ドーピング、競泳日本代表合宿暴力、強化費不正受給、ナショナルトレーニングセンター規約違反、元プロ野球選手の暴力事件、未成年飲酒など)。この事実を大学スポーツ界は深刻に受け止め改革していかないと、たんなる掛け声で終わってしまう。仏作って魂入れずだ。 メダルの数という“Cult of Olympic-Medals(オリンピックメダルに熱狂する)” ではなく、スポーツ界が社会を豊かにする責任という、明確な価値観と具体的な実行が必要だ。スポーツマンシップを実践したアスリートや指導者がその役割を全うしたとき、メダルの数は自ずと付いてくる、とノルウェーが示している。(本記事は、『Voice』2018年5月号、吉田良治氏の「スポーツに暴力は必要ない」を抜粋、編集したものです。)よしだ・よしはる 大学スポーツマネジメント研究会理事。1962年、大阪府生まれ。86年、追手門学院大学経済学部卒業。米国・ワシントン大学アメリカンフットボールアシスタントコーチ、神戸商科大学アメリカンフットボール部コーチ、京都産業大学アメリカンフットボール部コーチなどを経て、現在、追手門学院大学客員教授、日本アメリカンフットボール協会指導者育成委員会副委員長、ホーマー・ライスリーダーシップアカデミートータル・パーソン・プログラムファシリテータ。関連記事■ 成功者の共通点「GRIT=やり抜く力」とは?■ 40代の仕事は「I」から「T」に変化するとき■ 片岡愛之助が語る、三谷作品『酒と涙とジキルとハイド』にかけた思い

  • Thumbnail

    記事

    「悪質タックル」日大アメフト部員をどうすれば救済できるか

    ル」問題は、まさにこう言えるケースではないだろうか。 アメフトは、野球やサッカーなどと比べ、マイナースポーツといえる。それだけに妥当性がわかりにくいが、関西学院大のクオーターバック(QB)に対する日大選手の悪質なタックルは、野球ならマウンドに立つピッチャーにわざとバットを投げつける行為で、サッカーならフリーキックを終えた選手にスライディングすることと同様の危険行為である。他の競技であってもほぼ間違いなく一発退場となり、国際試合なら資格停止処分となるだろう。 そして、QBとは、選手の入れ替えが攻守ごとに異なるアメフトにおいて、唯一容易に替えが効かないポジションである。 本場アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)において伝説のQBといえば、1980年代に活躍したジョー・モンタナだ。現在61歳だが、アメフトに詳しくない人でも一度くらいは耳にしたことがあるだろう。「伝説のQB」で検索すると現役のトム・ブレイディか、モンタナの名前が間違いなく上位にあがる。 この二人のように、QBは攻撃の司令塔でありアメフトの花形ポジションだ。味方の選手のフォーメーションや守備側選手の位置を瞬時に把握してパスを通すのが仕事である。パスを通し続けることで味方の攻撃は続き、相手陣地により深く攻め込むことになる。このため他の選手たちに比べて比重が桁違いに大きい。野球の投手、サッカーのトップ下どころではない。 そもそもQBがパスを出す前なら、「タックルしてパスを投げさせない」というのはルール通りの行為で、QBの才能のうち「相手選手のタックルを避ける」というのもテクニックの一つだ。 だが、パスが通るなり、失敗するなどして力を抜いた後にタックルするのは明らかな反則(レイトタックル)である。選手生命にかかわるだけでなく、命すら奪いかねない危険極まる行為だ。 報道にある「殺人タックル」という表現は過言でもなんでもない。アメフトが「スタジアム内で行われる暴力」でなく「スポーツ」である証だとも言える。 これを選手個人が意図的に行ったとしたら、たとえ日本代表に選出されるほどの才能を持った選手だとしても、協会から「永久追放処分」されても仕方がない。国際試合で行ったら外交問題にまでなるだろう。第69回甲子園ボウルの関学大ー日大=2017年12月、甲子園球場 ただ、重要なのは実際にタックルをした選手がなぜこうした行為をしたかということだ。この選手は成人年齢だが、学生であることなどを考慮し個人名までは報道されない。だが、ネットで検索すれば容易に判明する。実際に日本代表チームに招聘された名選手だ。しかし、それほどの選手が「過失」でそんな大きなミスを犯すだろうか。 そこで問題なのが、日大アメフト部の内田正人監督の「指示」の有無だ。「QBを殺し(実際の殺人でなく『潰す』という意味)に行け」という指示の内容自体は、アメフトという競技を考えれば防御側の監督やコーチから指示されてもおかしくない。 だが、普通のチームならば「あくまでルールの範疇内で」という意味だと受け取られる。つまり、パスを投げる前のタックルなら、問題ない正当なプレーであることは先に説明した通りで、投げ終わった直後などの微妙なタイミングならば論議にはなるが社会問題化するまでにならない。 それにタックルをされるQB自身も力を抜くこともなく、頭部や背部、腰部といった致命傷を避ける受け身姿勢をとる。そのための防具であり、そうした自己防衛についても選手指導と育成の対象だ。タックル選手にも再起のチャンスを しかし、日大の選手は、明らかに投げ終わった選手が力を抜いてプレーも止まり、グラウンド外に出ようとしている所に背後からタックルしたのだ。そうした状況だとわかっていない程度の選手を協会が日本代表チームに選ぶだろうか。 当時の試合を映像で見る限り、「選手生命を絶ちに行った。結果的に文字通り殺してもおかしくない勢いでぶつかりに行った」と判断されてもおかしくない。ちなみにレイトタックル自体は選手個人に科されるファウルであり、チームファウルではない。 また、報道などによると、タックルした日大選手は、なかなか試合に出してもらえなかったようだ。何が原因かは定かではないが、「監督、コーチからの理不尽な内容の指示に従わない」ことが理由だった可能性もある。 そもそも今回の問題は、日大と関学大という東西の横綱チーム同士の定期戦で起きた。公式戦なら、問題はもっと大きくなり、没収試合になりかねない。加害チームは即敗退となる。 そうなれば加害側の日大の損失の方がはるかに大きくなる。だが、練習試合ということであれば話は別で、別だからこその行為だったとすれば、悪質さは極まりない。 当然、練習試合といえど、真剣勝負ならば事故やけがはつきものである。根底にあるのはそうしたリスクを犯してでもチームの強化を図りたいからであり、学校間の信頼関係だ。要は、日大と関学大は日本一を競い合うライバルという信頼関係にあったからこそ51回もの定期戦を行ってきた。そうした過去の伝統に裏打ちされた特別な試合だったはずだ。 日大の内田監督は「弱いチームだから」と前置きして何でもアグレッシブに行く旨を公言しているが、昨年の大学選手権覇者が「弱いチーム」なら全大学のアメフト部が弱いチームだということになり、何でもアグレッシブにやっていいということになる。 つまり、大学日本一の日大アメフト部相手なら凶器を隠し持っていようが、プロテクターの下に何か仕込んでいようが、審判の目につかない所で相手選手を殴ろうが、なんでも許されてしまうということになる。「スポーツの名を借りた暴力」以外の何物でもなくなる。ただでさえ、少子化でスポーツ部の部員確保が難しくなっている中で、そんな事が起きれば部活動自体、競技自体が消滅しかねない。甲子園ボウルで優勝し、選手らと喜ぶ日大フェニックスの内田正人監督=2017年12月 まだ真相はわからないが、監督、コーチ陣の指導方針に問題の原因があるとすれば、名門チームであっても消えてなくなるべきだろう。まして他のチームの模範となるべき横綱だというなら、なおさらである。角界が土俵外の暴力で、レスリング界がパワハラ問題で揺れている昨今だからこそ、他の競技の指導者に向けても強くアピールするという意味で厳重な処罰が必要だ。 だが、内田監督は日大の常務理事でもあるため、監督を辞任してもそのまま「院政」に移行すると考えられている。ならば、日大アメフト部は即廃部するべきだ。現役選手たちについては、希望するなら他の大学チームへの移籍と出場とを認め、原因となった悪質タックルをした選手については、1年間の謹慎処分と他の日大選手と同じ扱いを適用するということでどうだろうか。 この処分案ならば将来ある選手たちに重荷を負わせることなく、悪質タックルをした選手も救済できる。才能ある選手だけに、再起のチャンスを与えてもいいだろう。 いずれにせよ、内田監督は62歳。先に紹介したジョー・モンタナと同世代だ。海の向こうにいる伝説のQBが日本のこの騒動を聞いたらどう思うだろうか。

  • Thumbnail

    記事

    女子レスリングパワハラ騒動 担当記者が「淡々と書く」理由

    まざまな言動が積み重ねられた結果、競技担当だった記者ほど、淡々と報じる気持ちにしかなれないからだ。 スポーツ紙で五輪担当をしていた記者が「一線を越えた出来事」として振り返るのは、リオデジャネイロ五輪前の出来事だ。「ある記者が、伊調馨さんについての特集記事を書いたんです。その内容は、彼女がレスリングや五輪についてどう考えているのか、何を経験して今の考えに至ったのかなど、五輪四連覇がかかっている選手はどんな人なのかを紹介した内容でした。誰かを批判するようなネガティブな要素は一切ありませんでした。でも、その記事が掲載されたとたん、書いた記者を呼び出して、なぜ伊調を取り上げるのかと詰問したんです。それは30分近く続いたといいます」 同じ競技を担当している記者どうしは、他社であってもよく顔を合わせるので、情報を共有することが多い。この「事件」もすぐに広まり、栄氏は、気に入らない選手を取り上げるだけで恫喝する指導者、という評判が広がった。「記者を呼び出して、伊調さんを取り上げることそのものにクレームをつけたというのがあり得ないです。百歩譲って彼女を報道で持ち上げてほしくない正当な理由があったとしても、五輪四連覇がかかっている選手の人となりを紹介しているだけの記事ですよ。なかなか単独取材を受けない人だけど、一度は紹介しておきたいと考えるのは五輪担当なら当たり前です。囲み取材でも平気で伊調さんへの不満を長々と喋っていたし、今のような状況になっても実績ある指導者だからと肩入れするのは危険だと考えています」日本レスリング協会の福田富昭会長。左は馳浩副会長=2018年4月6日午後、東京都内(共同) だからといって伊調に肩入れしたくなるのかというと、それもないと一般紙の五輪担当記者は苦笑する。接触する機会がなさすぎて、思い入れのもちようがないからだ。「もともと取材を積極的に受けるタイプではないと聞いていましたが、拠点を東京に移してからは、レスリング協会が設定した合宿の取材公開日や大会のとき以外は、ほぼ機会がなくなりました。所属会社に取材申請しても反応がないことが多く、本人が拒否しているのか、別の判断が働いていたのかわかりません。ロンドン五輪で五輪三連覇を達成した直後も、JOC関連で義務になっているもの以外はほとんど断っていて。時間がないと聞かされていたのですが、試合会場をのんびり歩きながら『面倒だから。沙保里さんがやってくれてるし』と言っているのが聞こえちゃって。レスリングのこと以外をアドバイスしてくれる人がいないのは気の毒だなと思いましたが、それだけです」 レスリング関係者の多くは、「うちはマスコミに対してオープンですから」と胸を張って発言する。だが、その「オープン」とは、自分たちに都合がよい宣伝したいことに対してだけ、開けっぴろげだと言えそうだ。 担当記者、元担当記者の多くは、今回のパワハラ騒動について「粛々と取材して記事にするだけです」と語る。栄氏は6月には休養から復帰予定だというが、その頃には建設的な変化が訪れるだろうか。関連記事■ 伊調馨「パワハラ告発」にレスリング関係者が同調しない理由■ 伊調馨 「パワハラ告発」の動機は「コーチの娘」か■ レスリングのパワハラ疑惑 吉田と伊調は一歩も引けない関係■ 伊調馨と栄和人氏 「パワハラ」めぐる主張が正反対の理由■ 花田景子さん 単独で協会と闘う貴乃花に「もう無理…」

  • Thumbnail

    記事

    あのヤクザ監督の直言 「ビンタが試合を変えることがある」

    「教育の場」と位置づけられる甲子園で、その敗戦の弁は、物議を醸した。「負けたのは末代までの恥」「腹を切りたい」。6年前のセンバツ一回戦、21世紀枠の格下校に負けた島根・開星高校監督(当時)の野々村直通氏の一言。翌日の謝罪会見には、ど派手な服装で現れ、火に油を注ぐ。2日後、退任。 連日、「ヤクザ監督」と叩かれた野々村氏だが、監督復帰を望む8000人の嘆願書とともに翌年、現場復帰を果たすなど、教え子の支持は厚い。現在は教育評論家として活躍する野々村氏は、萎縮する一方の指導者に大きな違和感を覚えるという。* * * 昔は甲子園に出てくるような高校では、当たり前のように体罰は行われていましたよ。そりゃあ、ビンタぐらいしてるぜ、って。今でも、やってる高校はけっこうあるでしょう。強豪校はどこもギリギリのところで戦っていますから。 ただ、2012年12月の桜宮高校の男子バスケット部のキャプテンが自殺した事件で、潮目が大きく変わったことは確かです。自殺の原因は、監督の体罰にあったとされましたから。「体罰=悪」で、教師は生徒に触れてもいけないってぐらいの状況になった。 文科省もビビったね。事件翌年3月に〈執拗かつ過度に肉体的・精神的負荷を与える指導は教育的指導とは言えない〉という通知を出した。僕に言わせれば、「過度」だから伸びるんですよ。子どもなんて、簡単に満足しちゃいますからね。そこで追い込んで、初めて成長するんです。第82回選抜高校野球 開星・野々村直道監督=2010年3月22日(澤野貴信撮影) リオ五輪で結果を残した選手たちは、体罰があったかどうかは別として、想像を絶する練習をこなしてきているはずですよ。でなきゃ、あんなに人に感動を与えられるもんじゃない。 教育現場は今、歪んでます。ちょっとでも手をあげようものなら、当事者ではなく、第三者がタレ込むようになった。2014年秋にこんな事件があったんです。今治西高校(愛媛)は四国大会の準決勝で、高知の明徳義塾とぶつかった。勝てば、春の甲子園が当確になるという大一番です。 試合中、大野(康哉)監督は、ある選手に「気合入れてください!」と言われ、「よし、わかった!」と3発ビンタをした。それで明徳義塾を逆転して、甲子園の切符をつかんだんです。でも、たまたまそのシーンがテレビカメラに映っていて、視聴者が電話で抗議をした。試合後、高野連は大野監督と当該選手に確認したらしいのですが、選手の方は泣きながら「僕がお願いしたんです! 暴力じゃありません!」と訴えたそうです。でも、高野連は世論を恐れたんでしょうね、大野監督を謹慎処分にし、そのせいで甲子園で指揮を執ることができなかった。 これが体罰ですか? アスリートが気合を入れようとして自分で自分の頬っぺたを叩くことがよくありますよね。それを監督にしてもらっただけのことじゃないですか。 私も試合中、あがって頭が真っ白になっている子に、「勝負してこんかい!」と頬を張ったこともあります。1発のビンタが試合を変えることもある。 がんばれば負けたっていいなんて、教育でも何でもないですから。僕は試合に負けたら練習試合でも怒りまくってましたよ。ずいぶん前ですけど、試合に負けると、センターからホームまで、手だけで這わせた。下半身はぶらんとさせてるから匍匐前進よりしんどい。腕力が弱い選手はたどり着けない。見ていてかわいそうになるんだけど、負ける惨めさを覚え込ませるためにも心を鬼にしてやらせた。 うちの選手は、負けたら俺に殺されるんじゃないかぐらいに思っていましたよ。 今の子どもたちは、簡単に自分で自分を見切っちゃう。俺は無理だって。でも、これだけ追い込んでやれば甲子園に出られるんだというのを示せば、しんどくてもついてきますよ。【PROFILE】野々村直通(ののむら・なおみち)/1951年、島根県生まれ。広島大学教育学部卒。島根県の開星高校野球部を監督として9回、甲子園に導く。美術教師を務めていたことから「山陰のピカソ」の異名を持つ。2012年に定年退職。著書に『やくざ監督と呼ばれて』など。●取材・構成 /中村計(ノンフィクションライター)関連記事■ あのヤクザ監督 「『GTO』みたいな生徒ばかりだったら楽」■ ヤクザ100人調査 生まれ変わってもヤクザになりたい率判明■ 韓国で政治ヤクザ衰退もインテリヤクザと半グレが増加■ 昭和初期のヤクザ 親分が子分引き連れ戦地に赴くことも■ 紳助 旧国鉄職員の真面目な父に反発し伝説のヤクザに憧れる

  • Thumbnail

    テーマ

    イチローとダブる伝説の天才打者「E」

    マリナーズのイチローが「球団会長付き特別補佐」に就任した。今季は選手としてプレーせず、チームに同行して選手や首脳をサポートするという。「生涯現役」にこだわるイチローらしい決断とも言えるが、彼の野球人としての生き様をみていると、伝説の天才打者「E」のことを思い起こさずにはいられない。

  • Thumbnail

    記事

    さらば「鉄人」衣笠祥雄

    小林信也(作家、スポーツライター) 衣笠祥雄さんが亡くなり、野球界だけでなく多くの分野から惜しむ声が寄せられている。現役時代のフルスイング、野性味あふれる躍動ぶりとは対照的に、ちょっとハスキーながら穏やかな語り口と柔らかな物腰、野球選手の中では異彩を放つ紳士的な雰囲気が印象に残っている。その姿には、ひとりの男の人生の到達地点を見る思いがした。 プロ入り当初、衣笠さんは紳士でも一目置かれる存在でもなかった。野球によって社会に認められて自信を抱き、誇りを持って生きる人生を手に入れたようだった。あのころの野球はそれを可能にする世界であったと、遠い憧れのような熱い気持ちが湧き上がってくる。 少年時代に僕が見た衣笠さんは、ヤンチャそうな負けん気あふれる若者だった。私が田舎(新潟)で観ていた巨人戦のテレビ中継に衣笠さんが登場し始めたのは、衣笠さんが入団4年目でレギュラーの座を奪った1968年、ちょうど私が中学に上がった年だった。翌年に大卒で入団し、すぐに活躍を始めるチームメイトの山本浩二、阪神の田渕幸一らはどこかおっとりとしていて、ホームランこそ飛ばすが荒々しさは感じなかった。ところが衣笠は、目の前の自分より大きな動物に下から飛びかかろうとするような猛々(たけだけ)しい気迫を感じさせた。 それが、日本人である母とアフリカ系米国人の父の子に生まれたハーフの身の上、幼いころの心ないバッシングやいじめによって形成された心の奥の思いのためだったのかどうかはわからない。だが、明らかに衣笠さんは常に戦いを求めていたし、まるでボクシングで相手と殴り合っているような雰囲気で野球をしていたように感じていた。 ところが、そんなイメージとは裏腹に、当時から野球選手としては紳士的であった。死球を受けても、静かに一塁に向かう衣笠の姿がいまでも目に浮かぶ。衣笠は通算161個もの死球を受けており、清原、竹之内雅史に次ぐ歴代3位の記録だ。無事これ名馬というが、衣笠さんは死球をたくさん受けながら、休まず試合に出続けたのだ。 衣笠さんといえば、2215試合の連続試合出場記録が真っ先に語られるが、「鉄人」たるゆえんはそれだけにとどまらない。 衣笠さんは長嶋茂雄よりたくさんのホームランを打っており、その数は504本にのぼる。王貞治、野村克也、門田博光、山本浩二、清原和博、落合博満に続く歴代7位。張本勲と同数だ。実は田渕幸一、金本知憲、中村紀洋らのホームラン打者よりも多い。 盗塁も通算266を記録している。1976年、盗塁王にも一度輝いている。500本塁打以上では張本勲(319)に続く数字。長打力と機動力を兼ね備えた強打者だった。広島の衣笠祥雄選手(当時)=1968年6月  ゲッツー(併殺)と言えば、現役終盤のミスター巨人、長嶋の代名詞のように感じるが、ミスター鉄人はゲッツーでも長嶋をしのいでいた。併殺打の歴代1位は野村克也で378。これは鈍足ゆえもあるだろう。野村に続くのが衣笠で267。次いで大杉勝男が266、長嶋と中村紀洋は257で4位だ。三振を恐れないフルスイングの衣笠のスタイルがゲッツーの数に表れている。三振は意外と少なく、歴代9位の1587。1位清原(1955)、5位金本(1703)、6位中村(1691)らがはるかに上を行っている。 衣笠さんは、平安高校で春夏二度甲子園に出場したエリートではあるが、注目度はさほど高くはなかった。ドラフト会議は1965年から始まっているが、衣笠は「自由競争」の最後の年、1964年のオフに広島と契約を交わしている。6球団から誘いを受け、自らの意志で広島カープを選んだと語っている。当時の広島は新人たちがひしめいていた。何しろ、翌65年の第1回ドラフト会議で、広島は18人もの選手を指名している。このうち8人は入団拒否、入ったのは10人だが、衣笠が一軍に上がり、試合に出るには、大変な競争を勝ち抜く必要があった。衣笠の功績 二軍時代のやんちゃな逸話はよく知られている。契約金で買った高級外車を乗り回し、しばしば事故を起こした。深夜まで飲みに出て帰らない衣笠を合宿所で深夜3時まで待ち続け、それから朝までバットを振らせたコーチ関根潤三の逸話も有名だ。 入団3年目、監督に就任したのが根本陸夫だ。その後、西武、ダイエーの監督を歴任、フロントでも辣腕(らつわん)を振るった伝説の人物だ。 「ひと目見た時から、この人には逆らえないと感じました。人生のタガは外しちゃいけないと教えられた」と、後に語っている。その時のコーチが関根だ。 古き良き時代の指導者と、その熱血指導で才能を伸ばした選手。まだ発展途上だったプロ野球を隆盛に導き、日本中を野球の熱気で元気づけていた時代が遠ざかっていく実感がある。 パワハラ問題で揺れる世相の下、野球の指導姿勢も問われ、揺らいでいる。私自身、もはやスパルタ指導は違うと思うし、やらされる指導がプロ野球でも幅を利かせた時代は過去の遺物と思う。しかし、まだ成熟前の野球界で、少しでも世間の関心と好感と尊敬を得ようと必死になって野球に情熱を注いでいた当時の熱さは、子ども心に懐かしく感じられる。 思えば、衣笠がいなければ、いま当たり前になっている本拠地チームを熱く応援するムーブメントの礎も築かれなかったかもしれない。 関西のファンが阪神タイガースを熱烈に応援し、名古屋のファンが中日ドラゴンズを、広島のファンが広島カープを応援するのは当然のように思うファンが少なくないだろうが、赤ヘル旋風(せんぷう)が巻き起こる前は、関西でも名古屋でも日本じゅうで「半分は巨人ファン」というのが語られざる現実だった。 Bクラスが定位置の広島も例外ではなかったが、山本浩二とともに衣笠がカープを押し上げ、1975年には初のリーグ制覇するに至って、広島の誇りは勢いを持った。 Jリーグのホームタウン制が先駆けになったとはいえ、カープ優勝の感激を日本が体験していなければ、プロ野球にも本拠地チーム支持の伝統が今日のように定着するにはもっと時間がかかった可能性がある。その意味で衣笠祥雄は、日本のプロ野球に新たな生きる道を与え、次の夢をもたらした功労者と言えるだろう。衣笠祥雄氏の背番号「3」を掲げる広島ファン=2018年4月24日、横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一) 惜しまれるのは、衣笠祥雄ほどの人物が、一度もコーチ、監督として後進の指導にあたる機会がなかったこと。なぜ引退後ユニホームを着なかったのか、これには諸説ある。いわく「球団との折り合いがよくなかった」「指導に興味も自信もなかった」「国民栄誉賞を受賞したために指導者として失敗が許されないと感じていた」といった逸話である。 特徴的な声、博識、歯に衣(きぬ)着せぬ発言も聞く者の心に響いた。評論家としての才覚が指導者への道を阻んだのかもしれない。 指導する「自信はない」と言う一方で、「60歳になったら子どもと一緒に野球をやりたい。全国を回って、そういう機会が持てれば」とも語っていた。プロ野球の指導者でなくても、小学生や中学生のグラウンドに衣笠が立ったら、どんな野球を演出しただろうか。それを思うと、衣笠のもう一つの夢が実現せずに終わったことを残念に思う。 他方で、広島カープ一途に歩み、1979年には悲願の日本一の立役者だった大先輩、衣笠祥雄に、2年連続リーグ優勝という「カープ黄金時代の再来」とも言える隆盛を見せた現監督、選手たちに敬意を表したい。 87年に当時の世界記録2131試合連続出場を達成し、本場アメリカにも日本野球の気高さを伝え、野球界発展に大きなエネルギーを与えてくれた衣笠祥雄さんのご冥福を心からお祈りします。

  • Thumbnail

    記事

    谷岡学長に教えたい「八田イズム」の真骨頂

    小林信也(作家、スポーツライター) 女子レスリングのパワハラ問題に、ようやく一つの動きがあった。日本レスリング協会が委託した第三者委員会の調査報告書が出され、4つのパワハラが認定された。4月6日、協会は臨時理事会を招集し、この調査報告書の内容を認定した。同日、栄和人氏が強化本部長を辞任。そして理事会の後、協会の福田富昭会長ら首脳陣が謝罪会見を行ったが、副会長の一人である至学館大学長、谷岡郁子氏の姿はなかった。 報告書で、パワハラが一部認定され、栄氏が強化本部長を辞任したことは、一つの進展と言えるだろう。だが、栄氏だけが責任を負い、他は謝罪だけで現職にとどまっており、これで十分な検証と再発防止策が構築されたと言えるだろうか。 ただ、協会の理事会及び倫理委員会は、「第三者委員会の報告・認定をそのまま受け入れる」という基本姿勢を明らかにした。それは「誠に潔い」との印象を受ける。ところが、第三者委員会の認定は告発された問題のごく一部に限られ、そのほとんどは栄氏の行為に対するものだった。 一方で、日本レスリング協会や会長、専務理事らは、シロ(もしくはグレーだがクロではない)と判定されている。「決定を全面的に受け入れる」との宣言は、「協会や会長、専務理事に問題はなかった」との報告を受け入れることと同義となる。つまり、結果的にこの騒動はあくまで栄氏個人の問題であって協会の根本的な体質見直しを問うことなく終息しかねない流れになっている。 記者会見では、強化本部長に栄氏を選んだ会長の「任命責任」が問われたが、私は福田富昭会長の責任は「任命」にとどまらないと考える。強化方針や日常の指導姿勢に関して福田会長はおおむね理解し、承認していたと思われるからだ。そもそも監督としての栄氏の指導方針は、日本レスリング協会第3代会長、八田一朗氏にちなんで「八田イズム」と呼ばれ、協会全体が信奉し継承する思想を根底に置いている。東京五輪レスリング金メダリストの花原勉氏、コーチのドガン氏、八田一朗・日本アマチュアレスリング協会会長(左から)=駒沢体育館、1964年10月 八田イズムは、言い訳を許さず、人間的な成長も重視する合理的な教えでもあるが、すべては「勝利のため」、勝利至上主義が徹底して貫かれている。第二次世界大戦の敗戦から立ち直ろうとしていた日本の当時の時代背景を理解しないと、一つ間違えばパワハラそのものと言われかねない極端な精神論を含んでいる。 これが根本的に見直され、新たな時代の指導論が構築共有されない限り、パワハラ問題の根っこはなくならないだろう。協会ホームページのリンクから「伝統の八田イズム」の記述がすぐ読める。そこにこう記されている。 東京五輪で金メダル5個を取り、世界有数のレスリング王国を築いた日本レスリング。その裏には、八田一朗会長(日本協会第3代=1983年没)の独特かつユニークな強化方法があった。 のちの日本レスリング界をも支えた「八田イズム」は、一見して“スパルタ指導”ともとられた。確かに、その厳しさは半ぱではなかったが、極めて合理的なことばかりであり、そのすべてが強くなるために意義のあることだったといえる。日本レスリング協会の強化の基盤であり、世界一になった選手を支え、現代でもその精神は脈々と生き続けている。 八田会長の残したすばらしい偉業と現代でも通じる強化法を紹介したい。(監修/日本レスリング協会・福田富昭会長、同・今泉雄策常務理事) これを見る限り、協会が世界一を目指すことに主眼を置き、普及や健康、生きがい作りといった活動にはそれほど熱心ではない体制も感じられる。「八田イズム」はパワハラそのもの そもそも協会は「底辺拡大」「少年少女への普及」「シニア層の参加」を促進する活動をあまり重視していない。今、スポーツが「一部競技者の活動」にとどまらず、その競技を通じて「健康の増進」「生きがいの創出」「地域コミュニケーション」などが重視される趨勢(すうせい)の中で、協会は「金メダルを取ること」こそが使命だと偏っているように感じる。 福田会長は記者会見で見る通り、スキンヘッドだ。これは2015年の世界選手権で男子が一つもメダルを取れず、リオ五輪の代表権を獲得できなかった責任を取るため頭を丸めたと報じられている。これも八田イズムの一つだ。 上記、《伝統の八田イズム》に付随して、《八田一朗会長の思い出》と題し、福田会長自身がこう綴っている。 八田イズムの教えの中で、勝てる相手に負けたとき、逃げ腰の試合をしたとき、時間に遅れたとき、掟を破ったとき、上下のヘアを剃るペナルティーがあった。東京五輪前後の流行語にもなった「剃るぞ!」である。 頭の毛を剃るだけではない。下の大事な毛も剃る。毛が伸びてくるまでの間、毎日朝晩と顔を洗ったり、風呂に入ったりするときに、自分の何とも言えないみじめな姿を見ることで、その悔しさをエネルギーに変える目的だった。 自発的な行為なら咎(とが)められないだろうが、これに強制的な空気があったなら、パワハラそのものではないのだろうか。 人間的で敬愛すべき存在であったという八田氏への深い信奉、心酔は理解できるが、これを第三者に強いる難しさも、協会は見直さなければいけない時期に直面している。そう考えることが果たして、福田会長、高田専務理事をはじめ協会首脳にできるだろうか。 そして、協会の副会長でもある谷岡氏は、記者会見には同席せず、理事会後も報道陣に対して無言を貫いた。おそらく、3月15日に開いた記者会見に対するメディアや視聴者の反応があまりにもご自身の意向と違い、自分こそハラスメントを受けている被害者だ、との思いを強めているのではないだろうか。 翌日、谷岡氏は文書でコメントを発表し、至学館大レスリング部の指導は今後も栄氏に託す、つまり「栄監督続投」を宣言した。内閣府の調査結果がまだ出ていないにもかかわらずだ。その内容次第ではさらに厳しい責任が追及される可能性もある段階で、この宣言を出す意味は主に二つあるだろう。歪んだ価値観を持つ協会 まず、谷岡氏にとって何より重要なのは至学館大の大学運営と思われる。最初の記者会見も卒業式の直前に行われたものだ。今回は入学シーズン、栄氏を慕って入学、入部してくる新入生やその家族に与えている不安を払拭する必要がある。在校生とその家族の動揺を鎮める必要もある。 同時にこの宣言には、パワハラ認定は受けたものの、栄氏が生徒や選手にしている指導は、基本的に間違っていない、オリンピックで金メダルを取るためには必要な厳しさだ、との思いが込められているように感じる。謝罪の言葉が一切ないのは、その気持ちの表れではないだろうか。まさにこうした考え方、捨てきれない思い込みこそが、日本のパワハラ体質、スポーツに限らず日本社会に染みついている悪しき上下関係、結果主義を改善できない温床だといえる。 こうした状況を踏まえれば、谷岡氏は、「メディアやそれに影響されて自分をバッシングする人々は綺麗事に走っているが、それで金メダルが取れるほど甘くない、事実自分たちはその厳しさを貫いて金メダルを取ってきた、国民は感動したではないか、今後もそうやって金メダルを取ることが自分たちのアイデンティティーだ」と、信じているように感じる。 だが、私たちは目覚めなければならない。もうパワハラ的な指導で取った金メダルは支持しない、感動しないぞ、という考え方が必要だ。そうでなければ、日本のスポーツ界は永遠にパワハラを容認し、金メダルさえ取れば許される歪んだ価値観に蝕(むしば)まれ続けるだろう。 奇しくも、《伝統の八田イズム》の記述の8番目には、『マスコミを味方にしろ』と題し、次の一節がある。 八田会長は早大の後輩でありプロレス・メディアのパイオニア、田鶴浜弘氏との交流の中でジャーナリズムの重要性を学んだ。(中略)「ライオンとのにらめっこで精神力を鍛える」「沖縄へハブとマングースの戦いを見せに行き、戦う魂を学んだ」といった話も有名だが、強化に直接の実効性があったかどうかは疑問。オリ越しににらみ返してくるライオンはいないし、観光客相手の見世物を見て戦う魂がつくとは思えない。しかし、世間の注目を集めることで選手を追い込み、奮起させるに十分な役割を果たした。 耳が痛い記事があっても一切文句をつけず、レスリングに関する記事はすべて歓迎した。新聞記者には「批判記事でもいいから、毎日でもレスリングを書いてくれ」と注文し、周囲には「悪口も宣伝と理解する度量をもたないと、大きな発展は望めない」と説いた。 日本レスリング界が報道規制をほとんどせずマスコミの取材を歓迎するのも、八田イズムの真骨頂。周囲からの注目と応援も強化の大きなエネルギーとして活用した。 協会副会長でもある谷岡氏は、この一文を読んでいるだろうか。もし読んだとしたら、副会長としてこれをどう受け止めるのか。メディア対応も含めて、協会は新たな方針を共有する必要に迫られているのではないだろうか。

  • Thumbnail

    テーマ

    ハリル「電撃解任」の舞台裏

    ワールドカップ(W杯)まで2カ月に差し迫った中での解任劇に衝撃が走った。サッカー日本代表、ハリルホジッチ監督が更迭され、後任に協会理事の西野朗技術委員長が抜擢されたのである。選手との溝、独善的な采配、協会との軋轢…。憶測が広がるハリル電撃解任の舞台裏を読む。

  • Thumbnail

    記事

    「JFA改革から始まった悲劇」ハリル電撃解任の内幕

    藤江直人(ノンフィクションライター)  いつもはスポンサー企業のロゴマークがずらりと掲出されているひな壇の背景が、青色の無地に変わっている。記されているのは日本サッカー協会(JFA)のロゴマークだけ。ネガティブな衝撃を伴う人事を公表する上で、協賛してくれてきた企業へ施された配慮が、いやが応でも伝わってくる。ハリルホジッチ監督の解任を発表する田嶋幸三会長=2018年4月9日、東京都文京区(撮影・蔵賢斗) 東京・文京区のJFAハウス内で9日午後4時過ぎから始まった、JFAの田嶋幸三会長による緊急記者会見。その日の午前中に開催が告知されるなど慌ただしさが漂う中で、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督の解任と、JFAの西野朗技術委員長を後任にあてる指揮官交代が電撃的に発表された。 歴史を振り返ってみれば、日本代表監督の更迭劇は決して珍しいことではない。直近の例で言えば2015年2月、八百長疑惑の渦中にあったハビエル・アギーレ監督が解任され、後任としてハリルホジッチ監督が急遽(きゅうきょ)招聘(しょうへい)された。 しかし、ワールドカップイヤーを迎えた中での解任は史上初となる。しかも、ロシア大会の開幕まで2カ月あまりに迫ったタイミングで大なたを振るうに至った理由を、田嶋会長は3月下旬のベルギー遠征でチーム内に生じた、決して好ましくない変化に求めている。 「マリ代表戦とウクライナ代表戦の後に、(ハリルホジッチ監督と)選手とのコミュニケーションや信頼関係の部分が多少薄れてきた。それが最終的なきっかけになったのは事実であり、それまでのさまざまなことを総合的に評価して、今回の結論に達しました」 ハリルホジッチ監督は選手たちに対して歯に衣(きぬ)着せぬ直言の数々を浴びせ、衝突することをいとわないほどのエキセントリックな、場合によっては独裁的と感じられる姿勢を貫いてきた。チーム内には少なからず溝が生じ、試合の結果次第では解任もやむなし、という最悪のケースがJFA内で議論されたのも一度や二度ではなかった。 ピッチ内においても然(しか)り。フランス語で「1対1の決闘」を意味する「デュエル」をキーワードとして、ハリルホジッチ監督は縦に速いサッカーを標榜(ひょうぼう)してきた。3月のベルギー遠征でも「縦、縦、縦」とひたすら繰り返されたベンチからの指示に対して、選手たちがピッチ上で大きなストレスをため込んだことは容易に察することができる。解任の理由に疑問 時間の経過とともに増幅されてきた不協和音が、ベルギーの地で修復不可能な状態となるまでチームをむしばんだ。田嶋会長の会見を総括すれば、歴史に残る更迭劇の理由はこの一点に集約され、最終的には監督よりも選手を取ったことになる。 しかし、ここで疑問として残るのは、指揮官と選手たちの間に入るべき技術委員会は何をしてきたのか、という点だ。時に監督をサポートし、またある時には選手たちをフォローするなど、潤滑油となる役割も担わなければいけなかったが、結果として組織は瓦解(がかい)寸前の状態に陥った。 いかに技術委員会が機能していなかったのかが分かったー会見でこう指摘された田嶋会長は、メディアに対して「全くそんなことはありません」と言下に否定している。 「(協会として)さまざまな選手たちと、話し合いの場を持つなどしてきました。本来は協会ではなく技術委員会や代表スタッフがやるべきこと、というのは誰もがわかっています。ただ、(代表チーム運営が)監督主導だったように見えていたと思いますが、技術委員会もハリルホジッチ監督をサポートしながら、どのように改善していくのかを必死にやってきたのを私も見ていますので」 史上初の外国人監督、オランダ人のハンス・オフト氏が代表監督に就任した1992年3月から、JFA内の技術委員会という組織が時には強化委員会という名称で、歴代の代表監督をサポートし、そして評価する役目を担って表舞台に登場するようになった。 歴代の代表チームで最も緊迫した、要は一触即発の関係にあったのは2002年の日韓共催大会。2度目のワールドカップ挑戦にして初勝利を上げ、さらにはベスト16進出を果たして日本中を熱狂させたトルシエジャパンだった。 エキセントリックかつ傍若無人な立ち居振る舞いで周囲を何度も辟易(へきえき)させてきた、フランス人のフィリップ・トルシエ監督に対して堪忍袋の緒が切れたのか。技術委員会の大仁邦彌委員長(JFA前会長)が「もうアイツとは関わりたくない!」とさじを投げたのは、トルシエ監督の就任から約10カ月が経った1999年7月だった。2002サッカーW杯に関して会見を行ったフィリップ・トルシエ監督(左)と岡野俊一郎・日本サッカー協会会長=2002年5月21日(奈須稔撮影) 代替となる組織として急遽発足したのが、JFAの釜本邦茂副会長を本部長に据えた2002年強化推進本部だった。しかし、こわもての釜本本部長をしてもトルシエ監督のわがままぶりをもて余した。丁々発止のやり取りは日常茶飯事で、怒鳴り合いに発展することも珍しくなかった。西野氏のコメントから分かること 加えて、国際親善試合の成績が低空飛行を続けていた。そうした状況が相まって、トルシエ監督との契約満了が迫ってきた2000年4月下旬には、7人で構成される2002年強化推進本部内で、続投か否かの多数決が極秘裏に取られている。 結果は4対3で更迭派が上回った。もっとも、最終的には会長の専権事項であり、一任された当時の岡野俊一郎会長(故人)が6月になって続投を支持した。 U-20代表をワールドユース選手権(現FIFA・U-20ワールドカップ)で準優勝に導き、U-23代表も2000年のシドニー五輪出場を決めるなど、有望な若手選手を継続的に成長させてA代表に吸い上げている軌跡が高く評価された。 トルシエ監督の続投決定後は、参議院議員としての政務が多忙になった釜本本部長に代わり、2002年強化推進本部の木之本興三副本部長(故人)が実施的なトップを担った。 グッドパスチャー症候群という難病を患いながら、木之本副本部長は日韓共催大会の日本選手団団長を務め上げた。その過程で何度も口角泡を飛ばし合い、胸ぐらをつかみ上げたこともあるトルシエ監督との間に、対立を超えた奇妙な信頼関係が芽生えた、と後に語ってくれたことがある。 お互いが本音をぶつけ合ったからこそ理解しあい、結果として一致団結した雰囲気が生まれ、日韓共催大会での快進撃が導かれた。しかし、メディアを含めた周囲にもひしひしと伝わってきた熱量や緊張感が、ハリルホジッチ監督と技術委員会との間からは感じられなかった。日本サッカー協会の木之本興三強化推進副本部長=2001年4月(大宮正敏撮影) もちろん、状況を好転させるための努力は積み重ねられてきたはずだ。それでも力が及ばなかったのは、田嶋会長の会見から数時間後にJFAを通して発表された新監督、西野氏のコメントの一部が如実に物語っている。 「本来であれば代表監督をサポートしていくポジションであり、このような状況になったことについて、技術委員長として責任を感じています」 もっとも、就任当初のハリルホジッチ監督は、技術委員会と良好な関係を築いていた。当時はハリルホジッチ監督の招聘に奔走した霜田正浩氏(現J2レノファ山口監督)が委員長を務め、指揮官の要請を受けて、2015年6月に幕を開けたワールドカップ・アジア2次予選ではベンチに入っている。 代表監督を評価する技術委員長がコーチ的な立場も務める。それまでの代表チームでは見られなかった光景には、当然ながら違和感が唱えられた。それでも2人の信頼関係の厚さを物語るように、霜田氏は「隣に座っていようが、上から見ていようが評価はできます」と批判をかわしている。ハリル監督の孤立 状況が激変したのは2016年2月。JFAの第14代会長に就任した田嶋氏は、史上初の会長選挙を争った原博実専務理事を理事職に降格させる人事案を作った。霜田委員長とともにハリルホジッチ監督の招聘に動いた原専務理事は最終的にJFAを離れ、空席だったJリーグの副理事長に就いた。 JFAの組織改革のメスは技術委員会にも入れられ、柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスの監督として、J1歴代最多となる通算270勝を上げている西野氏が委員長として新たに招聘された。 ナショナルチームダイレクターの肩書こそついたものの、技術委員長から技術委員へ実質的に降格させられた霜田氏は、ワールドカップ・アジア最終予選が折り返した2016年11月をもって辞任している。西野氏の下に役職が重複する自分がいることで、技術委員会とハリルホジッチ監督がコミュニケーションを取りにくくなるのでは、と憂慮した末の決断だった。 霜田氏の後任的な立場の人間は、技術委員会内に置かれないままハリルホジッチ監督の解任劇に至った。西野氏も代表チームのサポートだけでなく、育成日本復活が掲げられたアンダー世代の公式戦などに帯同する機会が増えていった。最大の理解者にして後ろ盾を失ったハリルホジッチ監督は、時間の経過とともにJFA内における孤立感を深めていったのだろう。 オーストラリア代表に快勝し、6大会連続6度目のワールドカップ出場を決めた昨年8月31日のアジア最終予選第9節。埼玉スタジアムの記者会見室で行われた公式会見を、ハリルホジッチ監督はプライベートな問題を抱えているとして、辞意を匂わせながらわずか8分で切り上げる異例の行動に出た。一夜明けた9月1日に急遽開いた会見では続投を表明した上で、こんな言葉も残している。 「ともに仕事をしている全員が、私のやり方に同意したわけではなかった」ウクライナ戦を前に会見に臨む、日本のバヒド・ハリルホジッチ監督=2018年3月26日、ベルギー(撮影・中井誠) 批判的なメディアだけでなく、JFAの技術委員会にも向けられた意趣返しだったと言っていい。トルシエ監督にも似た、エキセントリックで独善的な性格はさらにエスカレート。トルシエ監督を制御した木之本副本部長に通じる存在をも欠く状況で、代表選手たちとの距離も大きく乖離(かいり)してしまい、ついには解任という決断が下されるに至った。火事場の底力に頼るしかない ロシア大会を目前に控えた状況で大混乱を招いた責任を取る立場となる、西野氏を後任に据える異例のオファーを出した田嶋会長は、会見で理由をこう語っている。 「新しい監督については、こういう緊急事態だからこそ内部からの昇格しかないと考え、このチームをずっと見てきた西野さんに決めました。ここまでの代表チームの準備を知っていて、ハリルホジッチ監督をサポートしようと最後まで頑張っていたので」 今でも「マイアミの奇跡」として語り継がれる、1996年のアトランタ五輪のグループリーグ初戦。サッカー王国ブラジルを撃破したU-23日本代表の監督だった西野氏だが、シーズン途中で就任したヴィッセルでは約半年で解任され、グランパスでも結果を残せないまま2年で退任した。 現場を離れて2年半もの時間が経過し、初めて選手たちを手元に集められるのは、最も早くて5月21日となる。それまでは、海外リーグはシーズンの閉幕へ向かい、対照的に開幕したばかりのJ1は週に2試合を消化する過密スケジュールとも戦っていく。 コロンビア代表とのグループリーグ初戦は6月19日。あまりに短い時間の中で代表メンバー23人を選び、対戦相手を分析して戦い方を定め、チームを戦う集団へとまとめていく。名将と呼ばれる、世界中のどのような監督でも遂行するのは極めて困難なミッションだと言っていい。 「確かに(交代の)タイミングとしては遅いかもしれません。ただ、短い期間だからこそ、みんなが集中できるかもしれない。期間が長ければ、また別の摩擦が生まれていたかもしれないので」スタッフ会議後、報道陣の取材に応じるサッカー日本代表の西野監督=2018年4月10日、東京都文京区(中井誠撮影) 田嶋会長が期待をかけた、断崖絶壁に追い込まれた末にわき出てくる火事場の底力的な状況は果たして生まれるのか。短時間での日本代表再建を託された西野氏は急ピッチでコーチングスタッフを組閣し、12日の記者会見で目指すスタイルを含めた所信を表明する。

  • Thumbnail

    記事

    ハリル監督になかった日本への敬意「返報性の法則」で読み解く解任劇

    生かすチームが作れるかどうかが、西野氏のチーム作りのカギになることでしょう。サッカーは「だましあいのスポーツ」ですから、西野氏が対戦国をうまくだますチームを作ることを期待したいですね。2017年11月、話をする日本サッカー協会の西野朗技術委員長(右)と日本代表の手倉森誠コーチ=フランス・リール(中井誠撮影) ハリルホジッチ氏の解任を受けて、W杯グループリーグの対戦国、ポーランドのサッカーメディアでは「日本は組織の国なのに…」という批評の言葉がありました。ハリルホジッチ氏は選手に1対1の勝負である「デュエル」の必要性を強調するなど、まるでアフリカ系のチームを率いているかのような采配にこだわったので、日本本来の組織サッカーを壊してしまいました。 でも、世界から日本サッカーを見たとき、アドバンテージになるのはやはり組織力なのです。西野氏は日本の組織力を取り戻せる監督です。もし、チーム作りが上手く進んで、W杯本番で日本中を挙げての応援も得られれば、「西野ジャパン」はいい結果がついてくるかもしれません。

  • Thumbnail

    記事

    ハリル監督解任のチャンスは少なくとも三度あった

    川端康生(フリーライター) サッカー日本代表監督のハリルホジッチの解任が、「遅きに失した」という批判は当然だろう。なんといってもワールドカップ(W杯)まで2カ月しかないのだ。常識的に考えれば、もう手遅れと言いたくなるタイミングである。 しかも、その2カ月のうち、日本代表として活動できる時間は1カ月弱しかない。細かいことを言えば、その1カ月には直前合宿のオーストリアへの移動や、本大会のロシアへの移動も含まれるだけに、現実にはさらに短い。もちろん本番直前にはコンディション調整の期間も必要で、実戦に備えたトレーニングができる日数は限られる。 そもそも前回のブラジル大会から4年もの準備期間があったはずだ。その3年10カ月が過ぎたところで、こんな切羽詰まった事態を招いてしまったのだから、日本サッカー協会が批判されるのは当然である。 同様に「機を逃した」という指摘もある。前監督のアギーレが八百長疑惑で退任し、ハリルホジッチが就任したのが2015年3月。この3年の間に監督交代のチャンスは少なくとも二度、いや三度はあったのだ。 最初は昨年8月、アジア最終予選を突破したときだ。予選突破でW杯出場をつかんだとはいえ、初戦のUAE戦での黒星から始まったその戦いぶりは手応えがなさ過ぎた。 相手によって戦い方を変えると表現すれば順応性があるように聞こえるが、現実にはむしろ硬直的だった。ゲーム中、状況に応じてプレーを変える柔軟性はなく、単調な攻撃を繰り返すばかり。当然、面白みにも欠けていた。サッカーのロシアW杯アジア最終予選のUAE戦で、主審に抗議する日本のハリルホジッチ監督(右)=2016年9月 もちろん、試合にエンターテインメント性がなくても、盤石の安定感があったなら納得できる。だが、その勝ち方はいつも薄氷の上だった。あのタイミングでハリルホジッチに「お疲れさま」と引導を渡す手はあった。 当然、サッカー協会も考えていなかったわけではないだろう。だが、6大会連続出場のお祭り騒ぎの中で、決断を下すことができないまま、楽観的続投となった。それでも、予選後に行われたニュージーランド、ハイチとの親善試合で、再び疑問は大きくなったはずだ。攻守両面において連動性が全くなく、まるで寄せ集めのチームのようなプレーぶりだったからだ。 その後のブラジル、ベルギーとの連戦に完敗したあたりも含めて、やはり監督の首をすげ替えるチャンスだった。しかし、やはり相手が強豪国だったことが仇になり、ここでも引導を渡すことができなかった。高揚感のある非常事態 そして最後のチャンスとしてギリギリのタイミングだったのが、昨年12月に行われた東アジアE-1選手権での韓国戦大敗である。1対4というスコアもショックだったが、ライバルだったはずの韓国との間に歴然とした実力差が開いていることが見えた衝撃的な敗戦だった。しかも試合終盤、韓国の選手たちは完全に「流し」てプレーしていたのだ。 まさに屈辱的なゲームであった。言い換えれば、サッカー協会にとっては最も解任しやすいタイミングであり、あのゲームの後ならば世論も納得しやすい。しかし、動かなかった。そして、まさに直前も直前の時期になって、切羽詰まった事態を招いてしまったのである。 ただ、筆者自身はこの非常事態に少し高揚している面もある。そして、サッカー協会が機を逃し続けたおかげで面白くなったと感じている。日本が初めてW杯出場を果たした1998年のフランス大会(最終予選)での電撃的監督交代を思い出すからである。 あのときも切羽詰まっていた。日本代表は、まだW杯に出場したことがなく、しかも崖っぷちの連続だったため、もしかすれば今回よりもその度合いは強かったかもしれない。 だが、だからこそチームの変貌ぶりはすごかった。選手一人一人の目の色が変わり、チームの団結力が変わった。その結果、ドラマチックなゲームが続き、極上のエンターテインメントを目撃することができた。ゆえに、今回もあのような経験ができるかもしれないという期待感が大きいのだ。 振り返ってみれば、フランス大会後の4大会、日本代表監督だったオシムが病に倒れた南アフリカ大会を除き、一人の監督が4年間続投し、それなりのチームを作り、それなりの結果を残してきた。 もちろん、それなりの面白さはあったが、そこにカタルシスがあったかと言えば疑問だった。W杯までは2カ月しかないが、その短い間にまだまだ事件は起きるだろう。でも、何が起きるかわからないという予測不能感こそが醍醐味なのだ。久々にそのチャンスがめぐってきた、と考えてここは楽しみたい。そんな気分なのだ。 新監督は西野朗に決まった。アトランタ五輪ではガチガチに守った実績がある。ブラジルを破る奇跡を起こしたが、「守備的だ」と批判されて、随分傷ついた。そのリベンジで柏レイソルやガンバ大阪などでは攻撃的なサッカーを展開した。今回はどんな戦術で臨むのか。西野朗氏。ガンバ大阪の監督だった2007年、川崎フロンターレ戦に勝ち、西日本勢初のナビスコ杯優勝を決めた=国立競技場  冒頭でも書いたが、時間はほとんどないのだ。できることなら予定を変更して、短期合宿でも組みたいところだが、JリーグはW杯による中断期間をカバーするため、過密日程の真っ只中だ。5月20日までリーグ戦とカップ戦が週2回のペースで組まれている。Jリーグの日程を動かして実現すれば大したものだが、とても選手を招集できる隙間はない(現行のサッカーカレンダーではほとんど無理)。 そして、最大の懸念は選手の精神的コンディションではないだろうか。何せ、指揮を執る監督が代わったからだ。さらに言えば、誰が選ばれるかわからない。選手にしてみれば宙ぶらりんな状態である。 壮行試合として予定されていた5月30日のガーナ戦が、西野ジャパンのお披露目試合となる。どんなメンバーで、どんなサッカーをするのか五里霧中。やや焼けくそ気味だが、日本代表チームがどう化けるか、楽しみにしておこう。(敬称略)

  • Thumbnail

    記事

    都並敏史が断言! 日本がW杯で勝つためにはココが足りない

    ?勝つためなら「なんでもあり」都並 教えるようなことはできないですよね。学ぶべきものでもない。日本のスポーツは文部省、学校主導で、フェアプレイの精神で健やかな心身を作って行くものです。 マリシアは奨励するものではない。けれども、知っておく必要があります。ワールドカップでは、そういうことをやられるのだから、防御方法を準備しておくべきです。だから海外のチームと試合する意味がある。自分がやるかどうかは個人の価値観です。この日本では必要ない。風樹 試合の中で、やられたことはありますか?都並 さんざんやられましたね。審判がいないところで、殴られるなんて始終です。先ほど話したアルゼンチンの監督パチャメさんがぼくに最初に教えてくれたのは、コーナーキックのときのシャツのつかみ方でしたから。 たとえば「コーナーキックを蹴る前、審判はディフェンスとオフェンスの駆け引きを見ているから、手はパーで待っていろ。キッカーが蹴る瞬間にグ―に変えろ」って、そこまで教えられましたからね。風樹 アルゼンチンサッカーの精神を具現化しているのは、アトレティコ・マドリード監督のチョーロ(スペイン語ではギャング、泥棒の意味もある)と呼ばれるディエゴ・シメオネですね。98年フランス大会でベッカムを徴発し、わざと蹴らせて退場させ、02年日韓大会ではベッカムがPKを蹴る前に、にやにや笑って握手をもとめたのを思い出します。でも、どんなことをしても勝つという精神を注入されたアトレティコは物凄く強くなった。(参照「アルゼンチンサッカーは憎悪の祭典だった」)サッカードイツW杯決勝トーナメント延長後半、レッドカードを受け一発退場となったフランス主将のジダン=2006年7月(共同)都並 日本やブラジルはサッカーをすることが楽しい。でも、アルゼンチン人はサッカーで勝つことが楽しい。勝つことから逆算するから、なんでもありになります。70年代のアルゼンチンは針で太腿を刺したっていいますから。でも、そこまでやったらスポーツにはならない。風樹 汚い言葉での威嚇とかはどうですか?  2006年のドイツ大会の決勝では、イタリアのマルコ・マテラッツィに侮蔑言葉を浴びせられて、頭突きで仕返しをしたジダンは退場処分になっていますが。都並 汚い言葉で駆け引きをする、レフリーにイエローを出させる、熱くさせて殴らせる、そんなのはしょっちゅうです。実は、ぼくもやったことがあります。82年にゼロックス・スーパー・サッカーで全日本がマラドーナを擁するボカジュニアズと3試合やったんです。1対1で引き分けた1試合目はマラドーナは本気出していなくて、2試合目は前半2対0で勝っていたので、後半は本気出してきて、3対2で負けました。なぜ外国人監督を選ぶのか 3試合目も是非本気になって欲しかったんで、スペイン語の侮蔑言葉、一番汚いのを覚えてマラドーナに浴びせかけたんです(日本では「お前のかーちゃん出べそ」を越える隠語だがここでは書けない)。そうしたら、今のペルーの代表監督リカルド・ガレカ他3人に囲まれて、ぼくは土下座して謝ったんです。でも、そこまでして本気になってもらいたかったんです。(一同爆笑)風樹 マラドーナですが、「彼と話しをしたことがある」というのが南米にいるときにぼくが一番誇りにできることです。都並 ぼくもマラドーナと戦ったときの写真をもって南米にいく。アルゼンチンなどでは、印籠ですよ。写真見せたら、泣き出すおじさんもいます。ぼくの宝ですよ。宝! 風樹 Jリーグができてからの代表監督は、日本人は加茂 周さんと岡田武史さんだけです。なぜ日本人ではなく外国人監督なのでしょうか?都並 ぼくの感覚からすると、指導内容、采配面とかまだまだ外国監督のほうがずっと上です。間違いなくです。ただ、日本人の特性、日本人のことは日本人が一番わかるわけですから、もうそろそろ日本人の監督に変わる時期が近付いているのではないかとは思います。2010年7月、南アフリカW杯で指示を出すアルゼンチンのマラドーナ監督(財満朝則撮影)風樹 日本を撃破したコロンビアは、ぺケルマンの元で華麗なサッカーから別のサッカーになって強くなった。でも、同じスペイン語で選手は直接会話できます。通訳は忖度したり、喧嘩になるようなことは訳さなかったりすることがある。都並さんも代表のときはオフト監督の元でプレイしていたわけで、通訳がはいるとコミュニケーションに難があるのでは。その点どうでしょうか?都並 通訳の能力によるのではないでしょうか。空気を読んで、必要なことを言って、不必要なことは割愛するとか。でも、日本人のほうがまどろっこしくてわかりにくいことが多々あります。自分のサッカーを簡潔に分かりやすく伝える言葉、方法論、練習法などは世界レベルの監督さんのほうがまだまだ上です。歴史のある国はサッカーが言語化されています。風樹 たとえばどういうところでしょうか?都並 攻撃でいえば、ツートップの動きについても、日本語では「1人が裏にいって1人が足元でボールを受ける、それを繰り返しなさい」と言うんですが、どの場面でそれをやるのかわかりにくい。でも、鹿島のオリヴェイラ元監督は「8の字を書くように2人で動け」と言うわけです。すると分かりやすい。これが言語化なんです。 防御にしても日本で「チャレンジ・アンド・カバーをして」と言われてもよくわからない。アルゼンチンに行ったときにびっくりしたけど、ディフェンスのブロックは、メディアルナ(=半月)の形、クロワッサンの形を作りなさいって言うんです。「おー、そういうことか、なるほど」って分かるわけです。アルゼンチンでは子供でも知っています。これが歴史の深さです。日本は目指すサッカー像がない?風樹 サッカーはプロになってから25年ほどですから、先輩の野球、あるいは伝統ある相撲、柔道、空手(日本文化の神髄は一対一の対決だ!)などとは違うのかもしれませんね。都並 今治FCのオーナーになった岡田武史さんが「岡田メッソド」というのを作っているところです。日本にはまだサッカーのメソッドがない。プレイモデルがない。だから指導がばらばらになってくる。そこが外人と日本人の違い。友森(「WEDGE Infinity」編集長) JFAや代表に日本の目指すサッカー像ってあるんですか?都並 いや、まだないようです。いろんな勉強をしている段階で、あるときはスペインサッカー、あるときはメキシコサッカー、あるときはフランス。技術委員が変われば全部変わってしまう。それだと、強くなれない。風樹 野球でいえば、野村監督は1対0で勝つ試合が理想だとおっしゃっていましたが、サッカーでも守備こそが大事と思うけど、マスメディアで持て囃されるのはやっぱり点を入れた場面です。たとえば、ブラジル大会では練習試合で3対1で日本に敗れたコスタリカは、ウルグアイ、イングランド、イタリアのいる死のグループを1位抜けして、ギリシアに勝ってベスト8まで進出しています(筆者がスタジアムで見たオランダ戦で0対0延長後、PK戦で敗北)。名キーパーのケイロル・ナバス(現リアル・マドリッド)がいたからだと思いますが、日本でもこうやって点を防いだとか、そういう防御が脚光を浴びるにはどうすればいいのでしょうか?都並 粘り強く守って楽しいというのもあるんですが、そういう守りの文化は簡単には日本では見つからない。2009年5月、日本代表メンバーを発表する岡田武史監督(戸加里真司撮影)風樹 「おしん」みたいな、耐えて耐えて勝つようなのも日本にはありますが。都並 心理的にはありますね。ぼくもそれほど歴史を知るわけではありませんけど、戦争などで何度も攻められた国は、まず守備からはいっていくというメンタリティがあるのではないでしょうか。風樹 国民の半数が戦争で玉砕したパラグアイ(参照「憲法改正を押しとどめたパラグアイ国民の意外な方法」)がまさにそうで、フランス大会では決勝トーナメント1回戦で徹底的な守備戦術で、延長までもつれてフランスを苦しめました。でも、イタリアが引いて守れば伝統のカテナチオといわれるけど、日本やイランなどが守備的にやると弱者のサッカーなんていわれる、おかしいですよ。都並 弱者ということはないと思います。勝つための戦法ですから。でも、今の日本がかつてのパラグアイのように引いて引いて守っても、やられるだけになってしまう可能性があります。風樹 ワールドカップでいえば、開催地によって随分気候なども違う。ブラジルだったら暑くて、広くて各スタジアムは離れている。ロシアはさほど暑くないし、今回はヨーロッパ側にスタジアムが集中してブラジルのときほどは離れていない。次の次のカタールは冬季開催となった模様ですが、ともかく暑い(筆者はワールドカップのための電力供給プラントに一時従事)。暑いと不可能なサッカースタイルもありますね。開催地に合わせたサッカーとかってできないものでしょうか?日本サッカーに足りないもの都並 それぞれ柔軟に対応できるのが理想だけど、現実それが足りないのが日本のサッカーです。監督がうんぬんというよりも気候や環境にあわせて、個人も組織も柔軟に対応できればいいのですが。それができるようになるには、子供のうちからの育成にすべてかかっています。たとえば人工芝のグランドだけでやっていたら、小学校の芝のグランドではうまくできないとか。 アルゼンチンではあえてぬかるみでやる、イタリアでは泥だらけのところを走らせる、スペインでは土のグランドで練習する。わざとそういうこともやらせています。逆にぼくは古い選手だから環境が悪くてもできるということがあった。今はちょっと過保護で、それを取り戻すところなのかな。これも歴史です。風樹 ワールドカップでは、監督や選手が注目されますが、勝負の半分は、スカウティング、キャンプ地選び、医療体制、食事などのマネージメントやロジスティックスにかかっているのではないかと思っています。日本はどういう水準ですか? 前回はキャンプ地が適切ではなかったと批判されていますが。都並 昨今はサッカー先進国を学んでそのような面もかなり配慮しています。でも歴史のある国はもっと奥が深いですね。たとえばですが、クラブハウスにしても、アルゼンチンはイタリアのノウハウを持ってきて、トレーナールームからバスルームまで裸で歩いて行けるとか、動線もファンと混乱なくほどよく接することができるようになっているとか、やっぱりレベルが違うんです。友森 岡田さんが新聞でおっしゃっていたけど、今治でスタジアムを中心とした街づくりをしたいと。都並 ヨーロッパだったらお金をかけることができるし、中南米だったら、お金がなくてもうまくやるわけですよ。メキシコだったら、スタジアムの売店も観客に配慮して作ったり、ハ―フタイムに子供たちのために小運動会をやったり、そのための設備をあっという間に作ってあっという間に撤収するとか、日本では考えられないノウハウがある。ちょっとしたことで大拍手とか、お金のないクラブはとっても参考になる。その点でぼくは中南米が好きなんです。友森 お話をうかがってわかったのは、日本サッカーに必要なのは成熟ということのようですね。報道関係者に公開されたベースキャンプ地のピッチ=2018年3月29日、露カザン(共同)風樹 まだまだお聞きしたいことがありますが、時間がきてしまいました。都並さんの今後の抱負はどのようなものですか?都並 今後もサッカー人としてこだわりをもって生きていきたいですね。サッカーの解説をするのも大好きなので、それが日本のサッカーの発展に貢献すればこんなうれしいことはありません。あとはもう一度監督をやってみたい。今下部組織の選手を見ているので、ブリオベッカがJリーグに上がったときに、もう一度、チャンスがあればいいなと思っています。かざき・しげる 作家、国際コンサルタント。1956年、北海道生まれ。東京外国語大学スペイン語学科卒業。メキシコ留学後、中南米の専門商社を経て、南米アマゾンの奥地でODAプロジェクトの鉄道建設にかかわる。その後は、シンクタンク、研究所勤務などで、首相向けの政策提言、ODA援助、海外投資、NGOプロジェクトに従事。イスラム開発銀行のコンサルタントも経験し、30数カ国を踏査。石油関連事業でカタール、ベネズエラに駐在。

  • Thumbnail

    記事

    香川真司落選で日本代表のユニフォーム問題 adidasの見解

    、自社のホームページで大々的にプロモーションしているんです。タイミングが悪いとしか言いようがない」(スポーツ紙記者) 代わりに代表の10番を背負うことになったのは、エイバル(スペイン)で活躍する乾貴士だ。 ところが7日、新背番号の発表後に「10番は嫌です」「10番は真司のものだと思っている」と発言しているのだ。「乾と香川は同い年で、かつてセレッソ大阪で同僚だった。海外でプレーする現在も互いに連絡を取り合う仲ですから、10番を奪う形になった乾としては気まずい限りでしょう」(同前)ゴールを決め、喜ぶドルトムント・香川真司=2017年12月12日、マインツ (共同) 代表ユニフォームを巡っては、他にも“いざこざ”がある。本田から4番を受け継ぐことになった車屋紳太郎(川崎フロンターレ)は「前回は植田(直通・鹿島アントラーズ)が着けていたので。植田から引き継いだ、そう思っています」と発言している。「選手は、代表の顔だった本田や香川から『背番号を奪った』と思われたくない。2人が代表復帰すれば、背番号を“返上する”ことも考えられる。レプリカユニフォームをどれくらい作ればいいのか、アディダスも頭を抱えているのではないでしょうか」(同前) 当のアディダスジャパンはこう話す。「どのくらい作るかというのは、選手の人気によって変わってくるので何とも言えません。ただ、オンラインショップで注文いただく場合は、10番ですと、香川選手と乾選手のネームを選択できるようにする予定です。(香川選手は)あくまで今回の遠征では代表に選ばれなかったということですので。(プロモーションが)別の選手に変わることはありません」(広報事務局)“背”に腹は代えられないということか。関連記事■ 本田圭佑がメキシコで狙う「一発逆転」と計算ずくビジネス■ 剛力彩芽 日本代表槙野智章のおごりで飲み会、持ち歌披露■ ゴン中山の妻 娘の小学校入学でカズの妻に仁義を通す■ 大谷翔平「風俗店に直筆サイン」騒動で球団が火消しに奔走■ 「イエニスタ土田」「QBK」一度のミスに執着するネット民

  • Thumbnail

    記事

    大谷翔平の評価はまだ早い! 最大の敵は「データ野球」メジャーの洗礼

    小林信也(作家、スポーツライター) 大谷翔平が、鮮烈な二刀流デビューを飾った。打者としては、メジャーリーグ(MLB)初打席でヒットを打ち、投手としては2日のアスレチックス戦に先発し、6回3失点ながら初勝利を挙げた。 また、本拠地初スタメンの3日(現地)のインディアンス戦では、いきなりセンター右へ3ラン本塁打。そして翌4日のインディアンス戦でも2014、17年のア・リーグのサイ・ヤング(最優秀投手)賞右腕、コリー・クルバー投手から5回に2号2ランを打った。 大谷はこの滑り出しですっかりエンジェルス・ファンの心をつかんだ。そして、半信半疑のまなざしもあった全米のファンとメディアに「二刀流の実力がホンモノである」との強烈な印象を与えた。 一連の衝撃デビューには、いくつもの驚きがある。一つは、投打ともオープン戦であれほど厳しい結果だったが、ごく短期間で修正し、見違える輝きを見せたことだ。何しろ、投手としての大谷はオープン戦で4試合17失点。「動かないフォーシーム(ストレート)」を狙い打たれて、メディアの論調は「マイナーから経験を積んだ方がいい」とまで評価が下がっていた。 打者としてもMLBのスピードと厄介な動くボールに対応できず、15打席ノーヒットを含め一時は打率1割を切った。そうした苦しみがウソのような活躍だ。 もう一つは、日本のファン以上に、全米の野球ファンが「二刀流」への憧憬(しょうけい)と期待を持っていたことだ。開幕スタメン出場した野手が、10試合以内に先発登板するのはベーブ・ルース以来90年ぶりで、二刀流に対する全米の湧き方は想像以上だった。 投手デビューとなったアスレチックス戦は、昨年のアメリカン・リーグ西地区4位のエンジェルスと、5位(最下位)の戦いになった。普通なら全米が最も関心を寄せないカードといっていい。ところが、この試合が全米に生中継されており、いかに注目が高かったかを物語っている。  では、大谷がこれほど短期間に変身を遂げた理由は何だろうか。まず、打者としては、フォームを変えたことだろう。MLBのスピードと変化に対応するため、右足を高く上げるのをやめ、ほぼノーステップのすり足に変えた。これで、速球に差し込まれる不安を解消し、余裕を持ってボールを捉えられる間合いを作った。2試合連続本塁打となる2ランを放つエンゼルスの大谷翔平投手 =2018年4月4日、米カリフォルニア州(ゲッティ=共同) イチローが、日本のプロ野球では振り子打法だったが、MLBではそれを封印して成功した例に通じる。大谷は元々、打者としての才能の方が高いと筆者は感じている。なぜなら、投手を上から目線で捉え、自分の間合いに持ち込む感覚を持っているからだ。MLBでも開幕からずっと自信に満ちた構えをしている。すり足打法に変えたあと、特に弾みをつける動きをしなくても「MLB投手の球がスタンドまで届く」と確信できたため、力(りき)む必要もなくなった。打者としては、着実に活躍を重ねることが期待される。 一方、投手としては、スライダー、スプリットなどの変化球を多投し、「動かないから打ちやすい」と酷評されたフォーシームで真っ向勝負する雰囲気からの転換に成功したことで、初勝利を挙げた。特に、2ストライクに追い込んでから、外角低めのボール・ゾーンに沈むスプリットが効果的だった。投手デビュー戦で奪った6個の三振のうち5個がこのスプリットだった。投手としての大谷 このように、大谷は投打とも快調なデビューを飾り、オープン戦での酷評を吹き飛ばした。全米が手のひらを返したような翔平フィーバーに変わっているが、果たして今後もこの好調は続くだろうか? まず、大谷にとって今後最大の敵、もしくはテーマは、立ちはだかる「MLBのデータ分析力と徹底力」だろう。日本のプロ野球も、ここ数年はトラックマンなどのデータ解析機器を駆使した研究が盛んになっているが、データ野球の本家MLBは日本よりはるかに精緻で進んでいる。 しかも、解析されたデータを生かす姿勢も日本より徹底している。大谷が短期間で変身できた陰にも、データの助けがあった可能性がある。次にデータ分析に晒(さら)されるのは大谷だ。デビュー戦の投球や打撃を相手チームが分析し、どんな対応をしてくるか、これを大谷がはねのけることができるかにかかっている。MLBで生き残るためには、こうした分析を乗り越える必要がある。 次に投打の課題を想定してみよう。打者大谷の課題は、内角に速球を思い切って投げ込んだ上で、外角ギリギリや内角膝元の変化球を有効に使われた場合の対応だ。 クルバーから打った第2号も、外を狙った球が真ん中寄りに甘く入ったところを捉えた。もちろん、それを逃さず打った大谷は見事だったが、今後はこうした甘いボールを相手投手たちは戒めて来るだろう。第一打席では、膝元の変化球の後、外角ギリギリに速球を決められ、見逃し三振に斬られている。これが相手チームにとってはひとつの基本になるだろうし、そのとおりキッチリ攻められたら、大谷としてもそう簡単には打ち返せない。 そして投手大谷には、まだ課題が多く残っている。初勝利を挙げた相手打線が、昨年最下位のアスレチックスだったことを少し割り引く必要があるかもしれない。追い込んだ後のスプリットは有効だったが、それは有利なカウントに持ち込めたからだ。有利にするには、初球からストライクを狙う必要がある。相手打者が、カウントを取るに来るフォーシームやスライダーを狙いに来たとき、大谷が余裕を持ってそうしたボールを投げ込めるだろうか。 また、不利なカウントになった場合に投げるボールが投手大谷の、現段階での最大の課題だ。オープン戦では、3ボール1ストライクからほぼ9割、フォーシームを投げて、これを狙い打たれた。たとえスピードが160キロ前後でも、MLBの好打者たちは「来る」とわかっていたら苦にせず打ち返す。メジャー初登板し、初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平投手 =2018年4月1日、米カリフォルニア州オークランドム(共同) この日も大谷は、速球(フォーシーム)を投げるときに引っかけて外角に大きくショートバウンドするボールを投げる場面があった。これは、投げる瞬間、打者の威圧感を感じ、ストライクを投げたら打たれる、と直感してとっさに逃げたための失投とも見受けられる。そういう場面がオープン戦でも見られた。つまり、まだ大谷自身、本当に自信を持って投げ込めているとは言いがたい状態なのだろう。 ただ、筆者は、投手としての真価は、2戦目以降に問われると思っている。そしてもちろん、そうした課題や壁を乗り越えて、投手としても大きく成長することを期待したい。

  • Thumbnail

    記事

    相撲協会の「パワハラ」に耐え抜く貴乃花親方の男気

    小林信也(作家、スポーツライター) 元日馬富士による傷害事件以降、日本相撲協会との対立が続いていた貴乃花親方の「独り相撲」が終わった。弟子の十両、貴公俊が付け人を暴行した問題が発覚したことで、これまでの姿勢を一変させ、日本相撲協会の処分後には「弟子の育成と大相撲の発展のためにゼロからスタートしてまいります」という談話まで発表した。 その真摯(しんし)な反省ぶりは当然とも言えるが、なかなかできることではない。とはいえ、貴乃花親方にとって愛弟子の暴行問題はまさに青天の霹靂(へきれき)であり、最もあってはならない出来事だった。この件については言い訳をせず、逃げ道も探さなかった。報道陣に向かって真っすぐ謝り、責任をすべて自分に向けた姿勢を世間はどう受け止めただろうか。 貴公俊の暴行が発覚するまで、貴乃花親方と相撲協会の確執は一層深まり、春場所中には無断欠勤や奇行ぶりなど勤務態度がたびたび問題視され、協会だけでなくメディアからも厳しく非難された。頑(かたく)なに対決姿勢を貫いていたことを思えば、貴乃花親方の「軟化」は驚くべき変化である。 貴公俊に最悪の処分が下ることを案じた親方なりの精一杯の思いとも理解できるが、これまで日本相撲協会に「角界改革」を突きつけて戦ってきただけに、心中を察するには余りある。 ところが、これまでの報道をみる限り、メディアは貴乃花親方へのバッシングをどんどん強め、まるで「鬼の首を取った」かのような論調を展開した。貴乃花親方の謝罪で図に乗る親方衆、相撲評論家らの傍若無人(ぼうじゃくぶじん)ぶりは見るに堪えない。3月28日付スポーツ報知は、次のように報じている。 日本相撲協会の役員以外の親方で構成される年寄会が28日に臨時年寄総会を開き、その後、貴乃花親方(45)=元横綱=へ「降格」以上の厳罰を求める意見書を執行部に提出する動きがあることが27日、分かった。年寄会は、春場所中に無断欠勤を重ね、8日目(18日)に弟子の十両・貴公俊(たかよしとし、20)の暴行が発覚するなどした同親方を問題視。臨時総会では降格のほか、「解雇」に相当する「契約解除」など厳しい処分を求める声が上がる見込み。 一読して、疑問符ばかりが浮かぶ。あれだけ頑なだった態度を一変させ、誠心誠意謝罪に努める貴乃花親方に対して、ここまで言うのか。メディアも、どんな意図と根拠を持って、このような報道で煽(あお)るのか。2018年3月、京都市内のホテルで行われた貴乃花部屋の千秋楽パーティーに出席し、報道陣の質問に耳を傾ける貴乃花親方 このように人の心の機微が理解できない、人間関係の思いやりを持たない「イジメっ子」たちが、今の角界には溢(あふ)れている。このことが相撲界を揺るがす深刻な問題の温床だと、いみじくも露呈している。貴乃花親方への「パワハラ」? 貴公俊の暴行問題が起こる直前、日本相撲協会と貴乃花の関係は冷え切った状態だった。例えば、3月14日付スポーツ報知は次のように伝えている。 春場所の欠勤を初日から続けている大相撲の貴乃花親方(45)=元横綱=に、出勤要請を出したことを14日、日本相撲協会の春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)が明かした。 協会によると、2日目の12日に貴乃花親方から連絡が入り、元横綱・日馬富士関の暴行事件で被害者となった弟子の貴ノ岩に関して、医師と連絡を取る必要があり、役員待遇委員として役員室に常時滞在することは極めて難しい旨が伝えられたという。だがその主張を「出勤しない理由にはならない」と協会側は同親方に連絡。3日目の13日夜に再度、協会への返答があったが「体育館(エディオンアリーナ大阪)で柔軟に対応する」という趣旨で、役員室へ常駐する意思は示されていなかったという。 これを受けて協会側は欠勤を認められないと判断。「今後出勤するように理事長名で指示します」(春日野部長)とした。また貴乃花親方とは12日の段階から電話がつながらず、FAXでの文書のやり取りで連絡をとっているという。同親方は1月に初の理事解任処分となった際に、協会からの電話に出ることも求められていた。 貴乃花親方が春場所直前、内閣府に「告発状」を提出したことも、協会が態度を硬化させた背景にある。3月18日付デイリースポーツによれば、 職務放棄が問題となっている貴乃花親方(45)=元横綱=が17日、役員室に3日連続で入り、最短25秒で退室し、会場を後にした。15日は数分、16日は1分未満の役員室滞在だったが“記録”を更新。3日連続の“超速早退”に協会側はついに最後通告となる文書を突き付けた。 女子レスリングのパワハラ騒動に関して、筆者は「両者を公平に扱ってはいけない」と指摘した。「パワハラを受けた」と感じている側の言い分をまず存分に聞くべきであって、パワハラをしていると告発された側は一方的に否定したり、被害者の気持ちを踏みにじる言動、行動があってはならない。ところが、貴乃花親方の場合、親方の訴えは全く受け入れられることなく、全否定され、むしろ断罪され続けていたのである。2018年3月、日本相撲協会の危機管理委による事情聴取を終え、会場のホテルを出る貴公俊関(左)。右は貴乃花親方 貴乃花親方をめぐる一連の騒動を「日本相撲協会」対「貴乃花」の正義をかけた戦い、次の理事長選も見据えた「勢力争い」のように見る向きが多かった。それだけ貴乃花親方は孤高の存在感であり、横綱としての実績も大きかった。世間もメディアも、いや筆者自身も勘違いしていたが、実は一連の騒動が「日本相撲協会による貴乃花へのパワハラだったのではないか?」と今は思っている。 「貴乃花親方は立場ある人間だからパワハラとは言えない」「協会の人間として大相撲の発展に努めるのは当然」という声も聞こえてきそうだが、貴公俊の暴行問題が起きるまでの貴乃花親方の表情や心理状態を察すると、まさに孤立無権であり、組織の権力によってどんどん追い込まれ、自らの主張を一切封じられた状況ではなかったか。そして、ついには理事という立場まで奪われたのである。まさに日本相撲協会による「パワハラの構図」だったと言えないだろうか。正論を権力に踏みつぶされる現実 日本相撲協会という強大な組織を相手に、貴乃花親方と言えども、たった一人で戦えるはずがない。権力側が自らの権力を行使すれば、一人の情熱や正論など蹴散らされ、踏みつぶされる現実をこの数カ月で私たちは見せつけられてきた。2018年3月、大相撲春場所を直前に控え、朝稽古に励む十両貴ノ岩 何より貴乃花親方は、大切な弟子を酒席とはいえ現役の横綱に凶器を持って殴打され、重傷を負わされた被害者である。その被害者がいつしか「極悪人」のように扱われ、理事を解任された。それだけを切り取っても単純におかしい。貴乃花親方は事件を知ってすぐ警察に届けたが、協会に対しては協力しなかった。その初動対応を協会側は根に持ち、貴乃花親方への反発を強め、相撲評論家たちまでも一丸となって「親方のやり方はまずかった」と口をそろえたのである。しかし、現に相撲協会は、日馬富士の暴行を知りながら公表せず、日馬富士を土俵に上げて九州場所を開催した。その責任はなぜかうやむやになり、協会批判を繰り返した貴乃花親方だけが重い処分を科せられたのである。 本来は第三者的な組織で、理事会側と貴乃花親方の双方から話を聞いて判断すべきだったが、裁定したのは理事会の上位組織である評議員会だった。協会の意向に沿って処分を承認したことは想像に難くない。これもおかしな話である。「パワハラ」という認識があろうとなかろうと、評議員会は本来、理事会側の言い分だけを鵜呑(うの)みにするのではなく、貴乃花親方の訴えや気持ちを存分に聞くべき立場である。それもしていない。貴乃花親方は、苦しみを訴えれば訴えるほど、否定され、非難されたのである。 パワハラの観点から見れば、相撲協会と貴乃花は「パワハラをする側とされる側の関係」が成り立っている。規則を盾にすれば権力側はいくらでも要求し、支配し、冷遇し、心身ともに追い込むことができる。前述した新聞記事を改めて読み直せば分かると思うが、パワハラにもがき苦しむ貴乃花親方の哀切を思いやる気持ちなど、そこには一切うかがえない。メディアの多くも、日本相撲協会の片棒を担ぎ、パワハラに加担したのである。 自業自得とばかりに、相撲協会は上から目線の通告を繰り返した。パワハラの空気が充満する役員室に足を踏み入れることが、貴乃花親方にとっては苦痛そのものだったに違いない。それなのに、そうした心情や、権力者側によって作られたハラスメントの状態が容認される。こうした認識の鈍さ、配慮のなさが、日本社会に根強くはびこるパワハラの温床だと、私たちは気づき、学ぶべきではないのだろうか。 むろん、貴乃花親方自身は「パワハラ」という言葉を一切使っていない。それは自分の尊厳でもあり、相撲協会への思いの表れかもしれない。だが、貴乃花親方が終始訴えていたのは、権力側の不当な「パワハラ」に通じる。問題は終わっていない 貴乃花親方は貴公俊の暴力問題が発覚して、素直に謝罪し、これまでの姿勢を改めた。ある相撲リポーターは「やっとツキモノが取れた」と表現した。相撲界の改革を求め、確信を持って問いかけ続けてきた貴乃花親方に対して、あまりに失礼な言葉である。貴乃花親方の訴え方に一考の余地はあっても、一貫して主張した内容は理に適っている。むしろ、日本相撲協会が猛省し、改めるべきことが山ほどある。だが、協会は数の力でこれを退け、自分たちこそ正論、正道との態度を変えていない。そんな愚かな現実が放置され、何か発展はあるのだろうか。 「一兵卒としてやり直す」とまで語り、先の記者会見でも「頑(かたく)なな姿勢を取ってしまった」と貴乃花親方は反省の言葉を繰り返した。貴乃花が態度を改めたことで、一連の騒動は結末を迎えた格好だが、相撲協会は「完全勝利」をアピールする一方、貴乃花の「独り相撲だった」というシナリオで幕を閉じるつもりだろう。 だが、この問題は決して終わってなどいない。貴乃花親方一人の問題ではなく、間違いなく協会全体の問題である。貴乃花という「仮想敵」がいなくなった今こそ、相撲協会の根本的な体質が問われるべき段階に入ったと言える。2018年3月26日、日本相撲協会の理事長に3選され、記者会見する八角理事長 幸い、3月28日の年寄会では、「貴乃花親方の契約解除を求める決議」までは出なかった。安堵(あんど)するというより、そんな理に合わない怒りをあらわにする次元が悲しすぎる。「大相撲を発展させたい」「角界を変えたい」と声を上げた人間を、たとえ「意見が合わない」「その改革が実施されると自分の権益が失われる」といった不利益があったにせよ、寄ってたかって攻撃する構図は、旧態依然とした相撲協会の「縄張り意識」が根底にあったと言えよう。 一連の騒動を振り返って、貴乃花親方の信念が封殺される状況を歓迎してはならない、とつくづく思う。貴乃花自身の「完敗宣言」に乗じて、まるで「自分たちが正しかった」と図に乗るような輩がのさばる世の中に未来などない。

  • Thumbnail

    テーマ

    貴乃花親方は悪くない

    貴乃花親方の孤独な戦いが終わった。愛弟子の暴行問題や勤務態度がたびたび問題視され、日本相撲協会は貴乃花親方を委員から年寄へ2階級降格とする処分を決めた。会社員で言えば平社員への格下げである。角界改革を掲げ、協会と対峙し続けた「貴の乱」はなぜ失敗したのか。

  • Thumbnail

    記事

    「闘う親方」貴乃花も屈した相撲協会の恐るべき暴力体質

    橋本強司(著述家、開発コンサルタント) 日本相撲協会の暴力問題が後を絶たず、隠蔽体質も改まる気配はない。協会の「暴力体質」といえば、問題が生じるたびに世間の批判を受けて反省し、その都度対策をとるにもかかわらず、暴行が繰り返されている。暴力の根絶を含む協会改革を訴えてきた貴乃花親方ですら、自らの部屋の暴力を防げなかったことに象徴されている。 では、内閣府に告発状を出してまで、相撲協会幹部と対決する姿勢を見せていた貴乃花親方が、十両貴公俊(たかよしとし)の「暴力事件」をきっかけになぜ「豹変(ひょうへん)」したのか。この点から相撲協会の暴力体質を論じなければ、協会の抜本的改革にはつながらないと私は考える。ただ、そのような議論が公には出ないというのも、恐らく日本社会の根底にある一種の「暴力体質」と言えるかもしれない。 貴乃花親方が豹変したのは、何より貴公俊に対して寛容な処置を願うからに他ならない。だが、貴公俊は今日の理事会において1場所出場停止処分を受け、貴乃花親方も「委員」から「年寄」へ2階級降格した。「暴力はいけない」という一緒くたにされた議論によって、貴公俊は一時、引退勧告を受けかねない状況に追い込まれたのである。実際、今回の貴公俊の暴行事件について、場所中の支度部屋での暴行だからと、前例のない重大事として論じる向きがあった。また、大手メディアも、今回の暴行をこれまでの問題と同列にして、批判的に論じるだけである。2018年1月、十両昇進が決まり会見する貴公俊(左)と同席した貴乃花親方(桐山弘太撮影) だが、相撲部屋は、親方とおかみさんを「親代わり」とする「家族」である。語弊を恐れずにあえて言うなら、貴公俊の暴力は「兄弟げんか」なのである。もちろん貴公俊には非があり、それは貴乃花親方が誰よりもよく認識している。だが「兄弟げんか」である以上、本来は親方とおかみさんが指導すれば済むことである。 だからこそ、「子供」である力士を救うために、親がその地位も主張も、もちろん改革の意思も投げ出すのは当然ではないだろうか。「家族」内での「兄弟げんか」をきっかけとして貴乃花親方と貴公俊が置かれている状況は、それほど危機的なのである。 そのような危機的状況を作り出した体質こそ、私が相撲協会の「暴力体質」と呼ぶものである。先の理事候補選挙で、相撲協会はいざというときの見事な内部統制を披露した。そのほか、相撲記者クラブを通じて情報を流して大手メディアを操作したり、興行上の配慮を優先し、外部批判を受け流して内部告発を押さえ込もうとする姿勢を見ても、相撲協会が恐るべき組織であることがわかる。幹部がその気になったら、一力士に引導を渡すことぐらいなんでもないだろう。このような「親方日の丸」の大組織の暴力体質を、貴乃花親方が恐れるのは当然のことである。「事なかれ」理事たちに改革は出来ない そのような相手だから、横綱日馬富士による暴行事件の対応で、貴乃花親方は多くの人に違和感を抱かせる言動をせざるを得なかったのだと思う。だが、そのことに気付く人がいない現状を、私は理解できない。多くの人が大手メディアの論調に支配されているということであるならば、これは少数意見を無意識のうちに封じ込める日本社会にある一種の「暴力体質」というべきだろう。2018年3月、京都府宇治市の貴乃花部屋宿舎で取材に応じる貴乃花親方 個人攻撃するのは本意ではないが、再任された八角理事長は、器量の乏しい人物が能力を超える地位に就くと強権的になる、という典型例に思える。報道されている限りでは、最近の重要事項を決める理事会で自ら発案し、理事にほとんど議論をさせず満場一致で議決をしている様子が見て取れる。 他の理事をはじめとする親方たちは、「安倍一強」すら思い起こさせる専制的体制に対して、議論を提起する意思すらないようである。理由は二つある。一つは、自分の部屋の発展が何よりの関心事で、相撲協会をより良くしようとの意思がないことである。もう一つは余計なことを言って協会幹部の不興を買い、自分の立場を損ないたくないという保身だろう。 だから、理事長が「土俵の充実」や「暴力の根絶」の掛け声を上げても、親方衆が当事者意識を持って取り組まなくては、実現はおぼつかない。「土俵の充実」のためには、厳しい稽古が不可欠だが、それは単に肉体を鍛えることにとどまらない。力士としての自覚を持たせる精神面の鍛錬が伴わなくてはいけないからである。 さらに関取にまでなった者に対しては、「特権階級」としての誇りと社会的責任を植え付けなくてはならない。相撲協会をより良くしようとの意思がなく、自らの保身のために「長いものに巻かれる」しかない親方に、このような指導が期待できるだろうか。 「暴力の根絶」は、小さな暴力すら見逃さない監視体制によって、表向きは実現するかもしれない。しかし、そのような密告を奨励する体制が、親方に稽古場での厳しい指導を躊躇(ちゅうちょ)させるようなことがあっては、元も子もないだろう。いじけた親方によって、特権階級としての誇りと社会的責任を自覚した関取が生み出されるわけがない。 権威主義によって議論を封じ込めるのは、一種の「暴力」である。そもそも押さえ込むことで暴力行為を根絶することなどできないからだ。かえって暴発の圧力を高めてしまうだろう。それ以上に、改革の力がそがれてしまう。だからこそ、貴乃花親方が主張するように、日本相撲協会を風通しの良い世界にすることが重要だ。 誰もが新しいことを提案し、圧力を感じることなく自由に議論する世界を実現しなければならない。これこそ、貴乃花親方が大相撲の頂点にいる横綱の本質を「包容力」と表現した相撲協会を実現するための、抜本的改革の第一歩であると私は思う。

  • Thumbnail

    記事

    貴乃花親方は本当に「角界の改革者」と言えるのか

    は一門の票はすべて阿武松親方に入れて欲しい、自分は自身の1票で構わないと発言したとされた。そのため、スポーツ紙、ワイドショーは他の一門からの“隠れ貴乃花票”を指摘し、票読み合戦を繰り広げた。地下駐車場で車に乗り込む貴乃花親方=2018年3月15日、エディオンアリーナ大阪(撮影・岡田茂) しかし、蓋を開けてみると、貴乃花親方が実際に獲得したのはわずかに2票。阿武松親方の8票を加えても、基礎票の11票にすら届かなかった。貴乃花親方の2票は自身と高砂一門の陣幕親方の1票とされるので、他の一門からの票を集めるどころか、逆に一門内の2票が流出したことになる。 こうした結果に、「今回は締め付けが厳しかった」と大方のメディアは総括したが、実際は貴乃花一門の票ははじめから阿武松親方に流れており、貴乃花親方は一門のなかでも求心力を失っていたとする見方がある。 貴乃花親方派は山響親方の票を奪おうとしたが、山響親方はすでに執行部側に回っていた。しかも、貴乃花一門の親方2人の票は山響親方へ流れた。 「週刊文春」(2018年1月4・11日新年号)は『貴乃花激白』という記事を掲載、「相撲協会は私を処分したいのならすればいい。被害者に非があったかのような言われ方は残念。私はこのままで終わるつもりはありません」という内容を伝えた。また、同時期の『週刊新潮』も貴乃花親方のインタビューを掲載した。しかし、これは貴乃花親方本人が周囲に語ったこととなっていた。 これを問題視した相撲協会は、協会の聴取には協力しないのに「本人が話さず、周囲に話させるのはいかがなものか」と貴乃花親方を問いただした。すると、貴乃花親方は「一切、そういう人に話したことはないし、話すよう指示したこともない。週刊誌の取材を受けたこともない」と否定したと報道された。 しかし、この否定は事実ではなく、実際は本人がインタビューに応じていた。というのは、相撲協会の処分が決まった後の「週刊文春」(2018年1月17日号)では、『貴乃花を再び直撃』という記事が掲載され、「週刊文春に話したのは事実です。一連の経緯に納得はしていないが、貴ノ岩は必ず土俵に戻します」となっていたからだ。(『Yahoo!ニュース個人』より2018年2月8日分を転載)

  • Thumbnail

    記事

    「貴乃花騒動」に揺れる相撲協会は西武ライオンズを見習え

    赤坂英一(スポーツライター)  相撲協会はこういう姿勢を見習うべきではないか。プロ野球キャンプたけなわの6日、西武が投手・今井達也(19歳)が未成年にもかかわらず、1月下旬に所沢市内で喫煙していたことを公表。4月末までユニフォームを着用させず、対外試合出場を停止する処分をくだした。西武の教育不足であり、恥ずべき不祥事には違いないが、国技・大相撲の隠蔽体質が批判されている折、プロスポーツ団体としてコンプライアンスの模範を示した、とかえって高く評価したくなった。所属する今井達也投手の未成年喫煙が判明し、頭を下げる鈴木葉留彦球団本部長 =2018年2月6日、宮崎県日南市(共同) こういう事件、一昔前のプロ野球界なら十中八九、表沙汰にしていないはず。相撲協会の幹部ふうに言えば、「内々で済む話だろう」とばかりにもみ消そうとするのが常だった。いや、いまでも球団や選手によっては、ひた隠しにしようとするかもしれない。 今井は作新学院高校出身で、最速152㎞を誇り、高校3年時の2016年夏、甲子園で優勝投手になった元高校球界のスターだ。その年のドラフト会議で西武が単独1位指名、かつて岸孝之(現楽天)が背負っていた背番号11を与えて、菊池雄星に次ぐエース候補として育成していた。右肩の故障などでまだ一軍未登板ながら、たばこを吸っていることがバレたら雇ったほうにとっても赤っ恥だ、と球団サイドが考えてもおかしくはない。たぶん、相撲協会の関係者ならそう考えるだろう。 しかし、西武はあえて〝金の卵〟の失態を自ら公表した。今井は公共の場所で喫煙しており、不特定多数の市民にも目撃され、外部から球団に通報があったことを重大視したのだ。今井は現在、高知市春野町のB班(二軍)キャンプで練習中だが、ライオンズのロゴが入ったユニフォームを着ることを禁じられ、ひとりジャージ姿で汗を流している。19歳の若者にとっては非常に厳しいペナルティーだが、それだけに自分の落ち度、社会人としての未熟さを痛感しているに違いない。 今井に限らず、西武は近年、この種の選手の不祥事を自ら明らかにすることが多い。16年12月には、やはり未成年の選手が寮の部屋で喫煙、吸いがらを消し忘れたまま外出し、火災報知器を作動させてしまった。寮内での出来事で、公共の場所ではなかったことから実名は伏せられたが、厳重注意と外出禁止の処分を科したことは発表された。もはや「内々で済む話」などない 12年12月には、ドラフト2位で翔凜高校から入団した投手・相内誠が、無免許運転とスピード違反で千葉県警に摘発されている。このときは入団が一時凍結され、翌13年3月に西武がようやく契約に踏み切ったところ、その年の暮れに未成年にもかかわらず飲酒・喫煙していたことが、球団公式ホームページへのファンの書き込みによって発覚。6カ月間の外出禁止、試合出場停止、ユニフォーム着用禁止処分が科された。道交法違反容疑で摘発されたことについて謝罪する相内誠投手=2013年3月10日、埼玉所沢市(瀧誠四郎撮影) 西武がかくもコンプライアンスに厳しく、かつ神経質になっている背景には、親会社の西武ホールディングス(HD)が14年4月、9年4カ月ぶりに果たした東証1部への再上場がある。 同社の前身・西武鉄道は04年12月、有価証券報告書の虚偽記載で上場廃止となった。親会社にそういう過去がある以上、関連会社・ライオンズの選手の不祥事も、相撲協会のように隠蔽し、「内々で済ませる」わけにはいかない。春日野部屋での14年の暴行事件のように、あとで警察沙汰になっていたことが明るみに出たら、親会社にとっても大打撃となるからだ。実際、西武が未成年選手の不祥事を明らかにし始めたのは、再上場の動きが本格化してきた時期と重なっている。 親会社が西武鉄道だった時代は、隠蔽体質と批判されるような事件も起こした。00年9月、免停中の松坂大輔(現中日)が柴田倫世(現夫人)の自宅マンション前にセルシオを停めて駐車違反に問われた。このとき、当時広報課長だった黒岩彰(現富士急行スケート部監督)が身代わり出頭したところ、すぐに露見してしまい、黒岩課長が犯人隠避、松坂が道交法違反で書類送検されたのだ。 ここまで情報化が進み、コンプライアンス第一となった世の中に、もはや「内々で済む話」などない。相撲協会が西武球団をはじめとするプロ野球に学ぶべきことは多い。この際、再発防止委員会に、球界のコンプライアンス担当を招聘してはどうだろうか。あかさか・えいいち 1963年、広島県生まれ。86年に法政大学文学部卒。日刊現代・スポーツ編集部記者を経て2006年独立。毎週金曜朝8時、TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です」にレギュラー出演中。『すごい!広島カープ 蘇る赤ヘル』(PHP文庫、『広島カープ論』増補改訂版)が重版出来で2万部突破。ノンフィクション『失われた甲子園――記憶をなくしたエースと1989年の球児たち』(講談社)が第15回新潮ドキュメント賞にノミネートされた。ほかに『プロ野球「第二の人生」 輝きは一瞬、栄光の時間は瞬く間に過ぎ去っていった』(講談社)、『最後のクジラ――大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生』(講談社)、『プロ野球コンバート論』(PHP研究所)など。

  • Thumbnail

    記事

    伊調馨パワハラ騒動、谷岡学長「怒りの会見」に私が徹底反論する!

    小林信也(作家、スポーツライター) 女子レスリング、伊調馨選手をめぐるパワハラ騒動に世間の注目が集まる中、告発された栄和人氏が監督を務める至学館大学の谷岡郁子学長が3月15日、学内で記者会見を開いた。この会見で谷岡学長はどんな話をされるのか、リアルタイムで送られてくる画面を見つめた。このときの自分の気持ちをあえて表現すれば、「祈る思い」に近かったように思う。なぜなら、谷岡学長には一連の騒ぎを終息に向かわせ、世間がホッとする着地点に導く力があると期待していたからだ。 ところが会見が始まると、想像していたものとは違う一方的な発言の繰り返しだった。詳細はすでに多くのメディアで語られているが、「伊調馨は選手なんですか?」「その程度のパワーしかない人間なんです、栄和人は」といった、あまりに辛辣な言葉の数々に対し、多くの人が何を感じたか、もはや注釈するまでもないだろう。 誤解を恐れずに言えば、谷岡学長の会見は、今回告発されたパワハラの体質、それが引いては日本社会に深くはびこっている現実をいみじくも教えてくれた。「この人自体がパワー(権力者)だよね」という声が会見後に多く聞かれたのは、その証左であろう。もしかすると、谷岡学長ご自身は、あの記者会見の中で権力者の思い上がりや驕(おご)りがあふれ、誰かを傷つけている可能性があることに気づいていないのかもしれない。 世間が一連のパワハラ騒動に大きな関心を寄せているのは、ただの興味本位ではない。五輪で4度も感動させてくれた伊調選手と、その選手たちに寄り添い、感動の涙に笑いまで加えてくれた栄監督を案じる気持ちの方が大きいように思える。 もし告発された内容が事実だったとしても、「栄監督は憎めない」「あれだけ感動させてくれた人だから」といった声も周囲から聞こえる。もちろん、告発が事実なら責めを受け、猛省すべきことが前提だが、むしろ世間の受け止め方は伊調選手を案じるだけでなく、騒動発覚後に体調不良を訴えた栄監督を心配する声も大きい。それほど女子レスリングのメダリストたち、それを支えてきた栄監督は「愛されている」のである。 にもかかわらず、谷岡学長は会見の中で栄監督を擁護するような立場で語りながら、なぜか当人を慮(おもんばか)る気持ちが伝わって来なかった。「伊調馨は選手なんですか?」と言い放ったリスペクトのなさも、きっとその延長線上なのだろう。 テレビやネットを通じて記者会見の様子を見た多くの人が、谷岡学長の発言に落胆し、憤りを覚えたに違いない。言葉は悪いが、伊調選手も栄監督も「まるで自分の所有物」のようにしか思っていない節がある。公の場では似つかわしくない言葉を連発し、むしろ本来擁護するはずだった栄監督を貶(おとし)める表現まであった。世間と谷岡学長、どっちの方が騒動の渦中にある二人を本気で心配しているだろうか。会見の質問に考え込む至学館大の谷岡郁子学長 =2018年3月15日、愛知県大府市 むろん、この問題はどちらが悪いかを裁くのが目的ではない。事実なら悲しい現実であり、絶対に改めてもらわなければならない。だが、栄監督だけを糾弾し、それで終わりとは誰も思っていない。告発された内容は度を越えてはいるが、少なからず日本のスポーツ指導者の多くが抱えている「悪しき体質」だと誰もが認識している。 スポーツに限らず、職場でも家庭でも、同様の体質や構造が存在する。とはいえ、その悪しき体質から脱却し、今こそ新しい関係を築き上げる必要があることに日本人は気づいている。これは決して栄監督一人の問題ではない。日本社会全体が抱えた問題であり、もっと言えば「自分自身の問題でもある」と多くの人が感じているのではないだろうか。 残念ながら、谷岡学長の会見の様子からは、ご本人にその自覚があるのか、最後まで伝わって来なかった。むしろ守るべきは、学長としての自分の立場であり、引いては至学館大学であることに終始していたように感じたのは筆者だけだろうか。谷岡学長の怒りの矛先 記者会見の序盤、谷岡学長は会見の前日に放映されたテレビ番組を見て「私の怒りは沸点に達した」と言い放った。どうやらそれは、筆者もこのとき出演していたフジテレビ系情報番組『バイキング』を指していたようである。 この日の『バイキング』では、週末に群馬県高崎市で行われた女子レスリング国別対抗戦のワールドカップ(W杯)をめぐり、日本代表の選考基準を「昨年12月の全日本選手権で1位、2位の選手」を基本にすると日本レスリング協会が明言しながら、1階級だけ「5位の選手(準々決勝敗退)」が選ばれていたことを取り上げた。実はそれが栄監督の長女、希和選手だったことに触れた上で、選考基準に曖昧さがあると投げ掛けたのである。 もっとも、この問題がデリケートであることは、番組スタッフも筆者も十分に承知している。番組では「選考基準に問題がないのか?」とMCの坂上忍さんに聞かれ、どう表現すべきか苦慮したが、「無理がある」と発言した。 栄希和選手の実績はもちろん認めている。番組中に「栄希和さんもずっと努力して…」とその実績や実力を語ろうとしたが、「お子さんに罪はない!」と坂上さんも強い口調ではっきりと語っていた。ところが、谷岡学長によれば、番組内で「資格がない」などと表現したように受け止めてしまったらしい。 今回の選考について話を戻すと、実は2位の選手が1階級上の代表になっている。普通に考えれば、空いた枠を埋めるには、準決勝で敗れた3位の選手2人から選ばれてもいいはずだが、今回はなぜか違った。たとえ希和選手に十分な実績と実力、将来への期待があるにしても、彼女を破って準決勝に進んだ選手がいる。その選手はなぜ選ばれなかったのか。むしろ、日本レスリング協会が明快な理由を示すべきではなかったのか。これはあくまで一般論だが、スポーツの選考において、そのような「特例」はこれまでの実績がよほど図抜けているか、優勝した選手に僅差で敗れるなど試合内容を考慮した場合を除いて認められるケースはほとんどない。大学の旗を手に谷岡郁子学長(左)、栄和人監督(右)と記念撮影に応じる吉田沙保里副学長=2016年11月、愛知・大府市の至学館大 もっと言えば、一連のパワハラ騒動の告発者の一人で伊調選手を指導する田南部力コーチと栄監督の「確執」も決して無関係とは言えなさそうである。一部報道によれば、田南部コーチの長女も過去に女子レスリング世界カデット(16、17歳)選手権に優勝するなど、レスリング界では東京五輪を目指す有望選手として知られているが、女子の日本代表合宿には招聘されなかったという。ある大会では2位になったにもかかわらず、なぜか3位の選手が合宿に参加したこともあったらしく、内閣府に提出された告発状にも、この件がレスリング協会によるパワハラの一つとして記載されている。 「事実関係を明らかにしてほしい」と林芳正文部科学相は要請したが、田南部コーチと栄監督の確執の背景に実娘の扱いをめぐる複雑な思いがある以上、真相解明にいくら第三者が聞き取り調査を重ねても、人の心の綾(あや)まで読み解くことなどできるのか。その難しさ、複雑に絡み合う思いが騒動の背景にあることを、筆者は番組を通して伝える必要があると思ったのである。 だからこそ、どっちが「正義か悪か」で論じるべきでないという一貫した姿勢で筆者はこの問題と向き合っている。ところが、谷岡学長の思考回路は違った。「世の中には敵か味方かしかいない」。彼女の発言からは、そんな思いに囚われているのではないかとさえ感じた。なぜ争いたがるのか 実際、会見ではメディアを敵視するような発言もあった。まるで自分たちは弱者であり、報道の「被害者」であるかのように訴える論陣を張った。何度も繰り返すが、そもそも「白か黒か、敵か味方か」の発想そのものが、パワハラのような心の問題にも微妙に影響する。この騒動で苦しんでいる当事者たちの気持ちに少しでも寄り添えば、誰もができるであろう、ちょっとした気遣いを教育者である彼女はなぜできなかったのか。 むろん、谷岡学長に限った話ではない。生徒のことよりも「立場や組織を守ること」に無意識に縛られる教師は珍しくない。だから学校は悩める子どもたちの味方になれない、あの会見で改めてそのことを思った。 教育の世界やスポーツ指導に携わる人が、どうしてそこまでシロクロにこだわるのだろうか。いみじくも谷岡学長は会見の後半で、伊調馨選手が「私は相手を倒そうとは思っていない」と話したことへの驚きと感動を語った。 伊調選手は、谷岡学長の知る領域を超えてレスリングの、そしてスポーツのもっと深い次元に思い至った。その成長になぜ素直に寄り添えないのか。 内閣府に提出された告発状には「練習場がない」という訴えもあったが、谷岡学長はこの件についても「私が許可すれば、いつでも伊調馨は至学館のレスリング道場を使える」と発言し、告発者の訴えを切り捨てた。世界選手権日本代表強化合宿の公開練習する 伊調馨選手(中央)ら =2013年9月、東京・北区 谷岡学長はなぜ、伊調選手が至学館レスリング道場を本拠にしたくないと思っている気持ちすら理解できないのか。もし、今の道場の空気が本来あるべき姿と違っているのなら、何をどう改善すべきなのか、彼女の立場であれば真っ先にそこに思いを寄せるのが筋だろう。 そうした「思考の硬直化」もまた、谷岡学長に限ったことではない。多くの場合、地位や権力を得た者が立場を守ろうとすると、自分の常識や前提を打ち破ることができなくなる。しかし、自分より下の立場の者であっても、先を越して活躍したときはその喜びを素直に受け入れる慣習を私たちは今こそ学ばなければならない。いや、日本社会はそういう時期に直面しているのだと思う。 ただ、もし谷岡学長の「怒りの会見」によって、多くの日本人がはっきりとそれに気づかされ、共有できたとすれば、「スポーツ界が大きく変わる歴史的出来事になった」と言える日がいつか来るのかもしれない。

  • Thumbnail

    記事

    「美しすぎるバレーボール選手」滝沢ななえが同性愛を告白した理由

    、カミングアウトしている人はいません。もちろんカミングアウトすることが全てではありませんが、引退したスポーツ選手でもカミングアウトしているのはわずか数人というのが現状です。 そんな中、2017年11月に放送されたバラエティー番組『衝撃のアノ人に会ってみた』(日本テレビ系)で、私は女性とお付き合いしていることを初めてメディアの前でお話しました。要はレズビアンであることをカミングアウトしたのです。 取材で来た番組ディレクターに「彼氏か旦那さんはいますか?」と聞かれたので、「彼女がいます」と答えたんです。最初はびっくりされましたが、その後に「ぜひ使わせて欲しい」と言われて、放送することになりました。 ちょうど、そのテレビ番組のお話をいただく少し前、私が所属しているジム「SPICE UP FITNESS」の代表と、セクシュアルマイノリティーとしてもっと表に出ていけたら、誰かを勇気づけたり、誰かの考えや行動に変化が生まれたり、そういうきっかけをつくることができるんじゃないかって話していたんです。だから、テレビ出演のお話はタイミングが良かったですね。インタビューに応じる滝沢ななえ氏(瀧誠四郎撮影) ここから少し自分自身の話をしようと思います。自分の恋愛対象が女性だと初めて自覚したのは、バレーボールチーム「上尾メディックス」に所属していた22歳のころでした。それまで男性とお付き合いしたこともありましたが、友達と「恋バナ」をしていると、なんとなく違和感がありました。 というのも、女の子って恋をすると恋愛モードになるというか、すごく乙女になるじゃないですか。その感覚が私にはなかったんです。付き合っている男性のことは人として尊敬していたので一緒にいることはできるのですが、どうしても「友達」のような感覚で、なんでこんなに違うんだろうと思っていました。 そんな時、女優の上野樹里さんが性同一性障害の人を演じた『ラストフレンズ』(フジテレビ系列)というドラマを偶然みたんです。私は自分が女性であることに違和感は全くなかったのですが、ちょっと男っぽい部分もあるので、「あー、私も女性とお付き合いした方が心惹かれるのかな?」と、ふと思ったんです。そして実際に女性と付き合ってみたら、「ああ、みんなが恋バナをしていたときの恋愛モードってこういう感じか!」と初めて理解できたんです。男性ファンに対する罪悪感 とはいえ、女性が好きだと自覚してからも、恋バナをするのは難しいものでした。なぜなら、恋バナをするときって、必ず「彼氏いるの?」と聞かれるからです。その時点で少し違和感がありますが、相手も決して悪気があるわけではないので難しいですよね。私の場合、男性の立場で彼女とお付き合いしているので、彼女を彼氏と置き換えて話すこともできない。なので、本当はもっとしゃべりたいこともあるし、恋もしているけれど、恋バナのときはごまかしてしまうことが多かったです。レズビアンをカミングアウトしたときの心境を語る滝沢ななえ氏(瀧誠四郎撮影) 私は基本的にポジティブで、普通に明るく楽しく生きているので、テレビのドキュメンタリーのような深刻な話ではないですけど、もう一つ、日常で違和感があるとすれば、やっぱり結婚や出産の話ですね。私の妹はすごく家庭的で、ずっと結婚したいって言っているような子なので、いつも「ななえ、結婚しないの?」「子供かわいいよ」と私に言っていました。 妹も、もちろん周りの友達も、結婚して、家庭があって、子供がいるっていう生活が幸せだと思っていたからこそ、いつか私にも幸せになってほしくて言ってくれたんだと思います。みんな悪気があるわけではなく、無意識にそう言ってくれますね。ただ、私にとっては興味がない話というか、私にとって幸せのカタチは結婚や出産ではなかったというだけなんです。 プライベートではそういう小さな違和感もありましたが、バレーボール選手として、自分がセクシュアルマイノリティーだからといって何か不便があったり、嫌なことがあったりということはほとんどなかったです。自分がセクシュアルマイノリティーだからといって、何か競技に悪影響が出ることもありませんでした。同性愛者だからという理由で試合中にミスが増えるなんてことはないじゃないですか。 一つあるとすれば、男性ファンに対しての罪悪感でした。私は現役時代、男性ファンが多くて、「ななえちゃん、かわいい」と言われると、だましているつもりはなくてもちょっと申し訳なく思っていました。 表舞台に出る人間として、周りの反応、特に応援してくれている方々の目というのはどうしても気になると思います。ファンの方は、「この選手はこういう人だろうな」という自分なりのイメージを持っていて、そのイメージをあまり崩してはいけないという意識が当時は強かった。もしイメージと異なれば、どうしてもがっかりさせてしまうのではないかと考えていました。 私自身も、ファンがあってのアスリートだと思っていたし、だからこそファンの方を大切にしたいと思っていたので、カミングアウトするより、イメージのままの「滝沢ななえ」でいる方がいいのかな、と思っていました。DNAの代わりに「考え」を残したい 私はもう引退した身ですが、それでも公表するのは怖かったですね。収録はしたものの、本当に放送されて大丈夫なのか、ずっと不安でした。正直なところ、同性愛であることを公表したら、男性ファンは引いてしまうのではないかと思っていましたし、そうなったらなったで仕方がないと、覚悟もしていましたけど…。最後はセクシュアルマイノリティーの滝沢ななえを応援してくれる人が残ってくれればそれでいい。そう思って公表しました。 もちろん、どうしても受け入れられない人もいるとは思います。でも結果的に、「ななえちゃんがどうであれ、滝沢ななえっていう人間をこれからも応援していきたい」というお言葉をいただいたり、男性の方でも今まで通り応援してくれるファンが意外に多かったり、予想以上に温かい反響をいただき少し驚きました。 冒頭でも話した通り、今現役の日本人スポーツ選手でカミングアウトしている選手はいませんが、今の日本の状況ではまだ難しいだろうと思います。LGBTというという言葉が少しずつ社会に認知されてきていますが、自身がLGBTであるということをカミングアウトするのには、まだまだ勇気が必要だと感じています。「自分のDNAよりも自分の考えを残せたら」と語る滝沢ななえ氏(瀧誠四郎撮影) それでも、現役選手の方で、モヤモヤしている方がいらっしゃるのなら、ファンの人はファンのままだから、あまり怖がらなくてもいいんじゃないかな、と伝えたいです。これは私が今回公表したことで一番実感したことです。絶対に理解してくれる人がいるし、そういう面で気持ちが晴れてくると、競技にもいい形につながってくるのではないでしょうか。 アスリートにとって、自分の支えになってくれる恋人やパートナーの存在はすごくプラスになると思います。そんなことを考えるより競技に集中しろ、というご意見もきっとあるでしょうが、スポーツはフィジカルの部分、メンタルの部分どちらも重要です。そんな心の支えになっている存在を、隠して生きていかなくてはいけない、後ろめたいことをしているわけでもなく、普通に恋愛をしているのに、という状況は、やっぱりストレスになるものです。 だからこそ、仕事や自身の生き方が少しでもLGBTの方々の応援につながっていけば幸いです。私は子孫を残す、自分のDNAを残すということにあまり興味がない代わりに「自分の考え」を残せたらいいな、と思っています。 恋愛において、みなさんの「普通」と、私たちの「普通」はきっと同じです。男性も女性も、誰が好きであれ、私たちにとっては「普通」なので、明るく受け入れてほしい。東京五輪では、LGBTの人たちも、不自由なく参加できる環境にしてもらいたいですね。(聞き手 iRONNA編集部、中田真弥)たきざわ・ななえ 元バレーボール選手。1987年東京都生まれ。八王子実践高等学校を卒業。パイオニアレッドウィングスにて3年プレーした後、上尾メディックスに移籍。上尾メディックスでの4年間の選手生活を終え、バレーボールスクールのコーチなどを経て、現在トレーニングジム「SPICE UP FITNESS」トレーナー。

  • Thumbnail

    テーマ

    滝沢ななえが同性愛を告白した意味

    元バレーボール選手の滝沢ななえさんが同性愛であることを告白したことが話題になったが、平昌五輪でもLGBT(性的少数者)を公表した選手が多く活躍した。「多様性社会の実現」「差別や偏見のない社会」などと綺麗事の尽きない昨今だが、東京五輪を控えた日本で理解はどこまで進むのか。

  • Thumbnail

    記事

    「LGBTなんて言葉なくなればいい」元女子高生の僕が伝えたいこと

    いない状況に「なんだかおかしいぞ?」と自分の性別に対する違和感を意識するようになったんです。 昔からスポーツが好きでしたが、その中でフェンシングを続けるきっかけになったのも、ユニホームに男女の差がほとんどなかったからなんです。当時、剣道は女子だけ赤胴に白袴、テニスはスコートが主流でしたし、バレーボールもブルマー。男女の差がはっきりと出るユニホームを着るのが本当に嫌だったんです。 小学生のころは、男子相手でもテクニックで打ち負かしていました。でも中学校に上がるころになると、第2次性徴が始まり、一気に体格差が出てくるようになりました。こうなると、ついこの前まで簡単に勝てていた男子の体があっという間に大きくなって、力もスピードも勝てなくなりました。それに比べて、自分の体はどんなにトレーニングをしてもなかなか筋肉がつかない。さらに、生理が始まって体調の変化もあるし、「体の変化」で男女の差が出てくるのは、自分にとってとても悔しいと感じるようになりました。 フェンシングは一般的に貴族のスポーツのように言われますが、実際はボクシングと変わらないくらい泥臭いスポーツなんです。フェンシングだけではないと思いますが、フェンシング協会もクラブチームもかなり体育会系で、男尊女卑というか、男性優位な風潮が当時はありました。 例えば、合宿に行っても食事の準備や洗濯は女子がやって、男子の先輩は練習が終わればパチンコに行ってしまう、なんてこともありました。男子選手が筋トレで体力がもたなかったりすると、「お前オカマかよ!」とか、「情けねえな、女じゃあるまいし」とか、そういった発言が当たり前のようにありました。もっと言えば「お前は女なんだから」と、どうしても女性を見下すような雰囲気がありましたね。元フェンシング女子日本代表の杉山文野さん(撮影 iRONNA編集部、松田穣) でも、当時のフェンシング仲間はすごく楽しくて良い人たちばかりでした。ただ、良い人であることと、差別的な表現をしてしまうことは、まったく別軸にあったように思います。誰も悪気はなく、男尊女卑のような表現をするのが当たり前だったんです。当時はジェンダーやセクシュアリティに関する情報がほとんど出ていなかったからなんだと思います。 2004年にフェンシング日本代表入りを果たし、世界選手権に出場した1年後に引退するまで、自分はずっと「僕」だと思っているのに、「女子」の部に出ているのはなぜなんだろう、と葛藤を繰り返していました。別に悪いことをしているわけでも、ドーピングをしているわけでもないのに、常に罪悪感のようなものが自分に付きまとっていたんです。アスリートとしての道をこのまま進んでいれば、自分らしくなれないし、かといって男性ホルモンの投与や性別適合手術を受ければ、選手を続けることができない。当時はその二者択一しか選択肢がなかったんです。自分にもあった「男尊女卑」 今振り返れば、100%競技に集中しているつもりでも、それと同じぐらいのエネルギーを、性別違和の悩みに使っていたんじゃないかと思っています。白いTシャツ1枚じゃ胸が透けてしまうけれど、ブラジャーはつけたくなかったし、スポーツブラをつけていても違和感が常にありました。女性用の更衣室でシャワーを浴びるにも、他の人と一緒の時間に入らないようになんとか時間をずらしたり、練習後に男子選手が気持ちよさそうにTシャツを脱いで裸になってパタパタ仰いでいるのをうらやましく思ったり、ホントに些細なことなんですが、いつも性別違和と向き合っていました。 そんな現役時代でしたが、実は本当に身近な人にはカミングアウトをしていました。クラブチームの仲間は「文野は文野だよね」と受け入れてくれましたが、だからといって単純に心が晴れやかになるわけではありませんでした。 なぜなら、自分が本当は男で、これから男に移行していきたい、みたいな話をしているのに、女子選手に負けたりすると、僕の心の中にもある種の男尊女卑的な部分があって、「女子なんかに負けてしまって」と思ってしまうんです。かといって男子にはかなわない。だからフラストレーションはたまる一方でした。周りは自分を受け入れてくれたにもかかわらず、自分の方が逆に居場所がないように感じることがありましたね。 それでも、自分にとって師匠と呼べるような人にカミングアウトしたときは「何があっても俺がお前の師匠であることは変わりない」と言ってもらって、すごくありがたいと思いました。一方で、別の信頼していたコーチをはじめ、大半の人からは、冒頭の言葉のように「いい男に抱かれたことがないから、そんなこと言うんじゃねえか?」というような反応が多く、やっぱりスポーツ界でカミングアウトするのは難しいなと実感しました。フェンシング現役選手時代の杉山文野さん こんな自分の体験を踏まえても、いま現役選手がカミングアウトするのは難しいと思います。本当はカミングアウトしたからといって、解決するわけじゃないんですよね。カミングアウトすることで、逆に居場所がなくなってしまうこともあります。僕は引退したから言えますけど。 メダルをとった選手で、実はLGBTだという人を個人的に何人か知っていますが、「やっぱり言えないよね」と言っていました。なぜなら、特にメダルをとった選手は、家族にとっても自慢の息子や娘だし、地元やファンにとってもヒーローという期待が膨らむ中で、もしカミングアウトしてしまえば、それ自体が裏切り行為になってしまうのではないかと不安を抱えてしまうからです。 だから、カミングアウトするということは、本当の自分をオープンにすると同時に、「これまで黙っていたのは、みんなに嘘をついていた」と言うのと同じなんです。東京五輪はチャンス もちろん、わざと嘘をついているわけではないし、嘘をつかざるを得ない状況に追い込まれていた事情があるからなんですが、これは社会の責任だと僕は思っています。でも、はっきり社会の責任だと声を大にして言いづらいのも事実です。自分のせいだと、責任や罪悪感を強く感じてしまう状況でカミングアウトするのは、とてもハードルが高いんです。 その一方で、スポーツは社会を変える力があると信じていますし、2020年の東京五輪は大きなチャンスになり得ると思っています。リオ五輪の時には、パラリンピックと合わせて50人以上がカミングアウトしたり、試合後に公開プロポーズしたり、いろいろなことがありましたよね。なぜそういうことをするかというと、五輪という世界中から注目をされているときに発信しなければ、私たちの声を取り上げてもらえないからです。だから、タイミングを見計らって情報発信するんですよね。 東京五輪では、実は取り組みの一つとして、世界初のLGBTパレード「アジアンプライド」をやってみたいと思っています。「ワールドプライド」という世界規模のLGBTパレードは既にありますが、アジアという枠組みではやったことがないので、台湾や韓国など、アジア各国と連携してできればと考えています。「世界初のLGBTパレード『アジアンプライド』を実現したい」と語る杉山文野さん(撮影 iRONNA編集部、松田穣) また、2020年に向けてアライ(LGBTを理解し、支援する人)アスリートの人たちにも、表に出てもらいたいと考えています。現役選手がカミングアウトするのはまだまだ難しいけど、それを理解してくれる人、支援してくれる人を可視化することで、スポーツ界でも発言しやすい環境をつくっていくことから始めていけたらと思っています。 スポーツ選手って、子供たちの憧れの的じゃないですか。そういう人たちがカミングアウトできるようになったら、それは本当に大きな夢と希望になります。僕だって、会う人会う人に「元女子高生です」なんて言いたくないですから。でも、言わないと「いない人」になってしまいます。近い将来、LGBTなんて言葉がなくなればいい。そのために、今はまだ言わなきゃいけない時代なんです。(聞き手 iRONNA編集部、中田真弥)すぎやま・ふみの フェンシング元女子日本代表、株式会社ニューキャンバス代表。1981年、東京都生まれ。早稲田大大学院教育学研究科卒業。LGBT(性的少数者)の支援に取り組むNPO法人「東京レインボープライド」共同代表理事、NPO法人「ハートをつなごう学校」代表として、講演会やメディア出演など活動は多岐にわたる。日本初となる渋谷区・同性パートナーシップ証明書発行に携わり、渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員も務める。著書に『ダブルハッピネス』(講談社)。

  • Thumbnail

    記事

    東京五輪は「閉じた世界」LGBTの集大成となるか

    レビで見ることができるんだね。愛は、愛。愛だよね」 このケンワージー選手のコメントが象徴するように、スポーツ界はLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)などの性的少数者に対する偏見や差別意識がとても強い「閉じた世界」といわれています。そもそも男女で分かれる競技がほとんどで、内在化する同調圧力によりホモフォビア(同性愛嫌悪)、バイフォビア(両性愛嫌悪)、トランスフォビア(トランスジェンダー嫌悪)が生まれやすく、カミングアウトする当事者が少ないため、いじめや暴力も表面化しにくいとも言われています。フリースタイルスキー男子、米国のガス・ケンワージー選手(AP)  米国の調査では、当事者の子供たちが不安や不快を感じて避けている学校内の場所として、更衣室や体育の授業、運動場、体育施設が上位を占め、体育の授業や部活動などへの参加率も低いという結果も出ています。 そんなスポーツ界が性的少数者の問題に自覚的になるきっかけとなったのが、1998年に英国の人気サッカー選手、ジャスティン・ファシャヌさんがゲイであると告白したことでしょう。その後、チーム内のいじめやファンからのやじ、罵声、嫌がらせが続き、所属チームとはフルタイム契約を結べず、最終的には自殺という結果を招きました。これを機に、本当に少しずつですが、さまざまな競技団体や関連企業などにおいてスポーツとLGBTなどについて議論するようになり、当事者のアスリートたちが悩む必要のない環境づくりに向けた活動が始まりました。 LGBTなどに関する世界的な活動機運とも重なり、2010年のバンクーバー冬季五輪で、「プライドハウス」という取り組みがスタートします。地元のLGBT団体が立ち上げた期間限定のホスピタリティ施設で、「世界中から集まる当事者アスリートやその家族、友人、観光客などが安心して集える場所を」というコンセプトのもと企画されました。 「プライドハウス」は、広く一般市民向けにLGBTなどに関する情報発信が行われるとともに、以降は五輪・パラリンピックだけでなく、サッカーワールドカップ、コモンウェルスゲームズ(英連邦に所属する国、地域の選手が参加)など、国際スポーツ大会の開催にあわせて、それぞれ地元の団体により、自発的に立ち上げられてきました。 さらに大きなスポーツとLGBTに関するムーブメントは、2014年のソチ冬季五輪でした。大会直前に同性愛宣伝禁止法を制定したロシアを非難し、先進諸国の首脳陣の多くが開会式を欠席したのです。世界中のLGBT関連団体が企業や市民を巻き込み連帯する中、「プライドハウス」の過去の主催団体と今後立ち上げを目指す団体が手を取り、「プライドハウス・インターナショナル」というネットワークも生まれることとなりました。「プライドハウス」設置への苦闘 そして同年、国際オリンピック委員会(IOC)がオリンピック憲章を改定し、「根本原則」第6項において「性別および性的指向」に関する差別禁止を表明したのも、これら一連のソチ冬季五輪期間に行われたさまざまな活動が大きな契機となってのことでした。 私が初めて「プライドハウス」と出会ったのは、2015年夏にカナダで開かれた「プライドハウス・インターナショナル」の会合でした。パンアメリカン大会(南北アメリカ大陸の各国が参加)に合わせ、トロントのLGBTセンター「The 519」が期間限定で「プライドハウス」となり、2016年のリオ五輪、2018年の平昌冬季五輪での設立を目指すチームも参加しました。 私が代表を務めるLGBTの支援団体「グッド・エイジング・エールズ」が、シェアハウス、カフェ、街のステーションなどの企画運営、職場づくりのカンファレンスやランニングイベントの開催をしていたこともあり、2020年の東京五輪に向け、日本での「プライドハウス」立ち上げを勧められました。 会合では、「プライドハウス」の過去の取り組みや課題、実施に至るまでのノウハウがシェアされると同時に、各国各地の地域性・独自性を活かしながら、いかに持続可能な取り組みとして、その都度、バトンを渡していくことができるかについて議論されました。 また、直近のリオ五輪、平昌五輪、そして2020年東京五輪での「プライドハウス」においては、施設としての大小や形にとらわれず、ホスピタリティ、情報発信、自由参加可能なスポーツ企画、教育プログラムという4つの機能の実現を目標にしたい、という緩やかな意志の共有もありました。 個人的には、ブラジルから参加したジェフ・ソウザさん、韓国から参加したキャンディー・ダリム・ユンさんとは意気投合し、「お互いのプライドハウス実現をサポートし合おう!」と誓い、トロント以降も連絡を取り合う仲となりました。昨年のリオデジャネイロ五輪で設置されたLGBTの拠点「プライドハウス」で写真に納まる松中権さん(右)(筆者提供) そして2016年夏、仕事の関係でリオに滞在していた私は、五輪開催に合わせてジェフさんたちが立ち上げた「プライドハウス」のオープニングイベントに参加しました。その際、ジェフさんから、国外に発信されるブラジルの陽気なプライドパレードのイメージとは裏腹に、国内でのLGBTなどへの政府や自治体や企業のスタンスは非常にドライだと聞きました。最終的にどこからもサポートを得られず、「プライドハウス」はトランスジェンダー女性のシェルターの一部を借りて実施するなど、苦労が多かったようです。東京五輪が集大成になる とはいえ、リオ五輪では「カミングアウトしたオリンピアンが過去最大数」「試合後に同性カップルのプロポーズ」など、明るいニュースが報道されました。ただ、現在も年間数百人のトランスジェンダー女性がヘイトクライムで殺害されているなど、ブラジルのLGBTの実情についてはほとんど語られることがなかったのも現実です。 こうした流れの中で開かれた平昌五輪は、キャンディーさんをはじめとする韓国チームが、五輪に向けて、いくつもの取り組みを実施してきました。あまり報道されていませんが、平昌五輪の倫理憲章に記された、LGBTなどのコミュニティーへの差別禁止条項の周知や、期間中の差別被害のモニタリング機能を果たすことを宣言したほか、具体的な被害状況を寄せられる通報フォームも立ち上げました。 また、「正しい表現や単語を使う」「存在を居ないことにしない」「HIV/AIDSの正確な情報を提供する」など、オリンピック史上初めて、LGBTなどに関するメディア向けの表現ガイドラインの提供も行っています。 その一方で、韓国ではキリスト教信者や保守層のLGBTなどに対する根強い抵抗によるコミュニティーとの衝突もあります。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が選挙前に「同性愛に反対」と発言したことへの抗議活動で逮捕者も出ており、国内で強力な支援体制を得ることができず、本格的な「プライドハウス」の設置には至りませんでした。左からプライドハウスインターナショナルのケフ・セネットさん、韓国プライドハウス担当のキャンディーさん、松中権さん(筆者提供) そして迎える2020年東京五輪はどうでしょうか。世界各国で相次ぐ同性婚の合法化の流れ、IOCによるトランスジェンダー選手の参加条件の明確化など、国内外を合わせてもLGBTなどに関する社会的関心が高まっており、集大成の時期になると言えるでしょう。 だからこそ、日本でも設立を目指す「プライドハウス」は、専門家や企業、自治体、教育機関、メディアなど、より多くの機関が関わっていくべきだと考えています。差別や偏見を具体的に取り除き、来場者に「安心」をいかに提供できるか。実際に起こっている被害をキャッチし、当事者を守り、いかに「救済」することができるか。そして、社会が性に関する多様性を受け止め、いかに多くの人が互いを「祝祭」し、リスペクトしあえる場を作りあげることができるかが重要です。 これらの役割を担える「プライドハウス」を模索しつつ、組織委員会と連携し当事者選手に向けた取り組みだけでなく、五輪後も形を変えて機能を継承していけるよう、みなさんとともに議論し、実現していきたいと考えています。 先日、東京都議会での一般質問を受けて、東京都としてオリンピック憲章の理念に基づく条例を制定する動きが出てきたというニュースが飛び込んできました。単なる理念条例にとどまることなく、LGBTなどに関する担当部署の設置を視野に入れ、2018年度内の成立を目指すようです。こうした2020年東京五輪に向けた動きを生かしていくことが、私たちの使命だと考えています。

  • Thumbnail

    記事

    「フェアな東京五輪」への道は甘くない

    ンピズム根本原則には、「すべての個人はいかなる種類の差別も受けることなく、オリンピック精神に基づき、スポーツをする機会を与えられなければならない。オリンピック精神においては友情、連帯、フェアプレーの精神とともに相互理解が求められる」とうたわれている。この「いかなる種類の差別」とは「人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治的またはその他の意見、国あるいは社会のルーツ、財産、出自やその他の身分などの理由」と個別的に列挙されている。 この差別禁止事項は、2003年版の憲章まで「オリンピック・ムーブメントの目的は、いかなる差別をも伴うことなく…」とだけ書かれていて、個別事例は列記されていなかった。しかし、2004年版から「人種、宗教、政治、性別、その他の理由に基づく国や個人に対する差別」と、初めて4つの個別事例が書き込まれるようになった。 その後、2014年2月に、ソチで行われた冬季五輪の開会式において、前年成立したロシアの「反LGBT法(反同性愛法)」は人権侵害だとして反発した米、英、仏、独など欧米諸国の要人が開会式を欠席したことで世界が注目した。だが、日本の安倍晋三首相はプーチン大統領に配慮して出席しており、日本は人権問題への意識が低いのではないかとの批判もあった。2014年2月、ソチ冬季五輪の開会式に出席した安倍晋三首相(中央、代表撮影) これを機に、2014年12月の国際オリンピック委員会(IOC)総会において、事前にIOCが提言していた「オリンピック・アジェンダ2020」を踏まえて、憲章の「いかなる種類の差別」の中に、「性的指向(Sexual Orientation)」が書き加えられたのである。その憲章改正を受けて、2020年の東京五輪・パラリンピックの大会基本計画にも多様性を認め合う対象として、性的指向が明記されている。 したがって、東京都がダイバーシティ(多様性)を表明しているなら、東京五輪の開閉会式で、ロンドン五輪と同じくLGBTなどの性的少数者の権利をテーマの一つに加え、日本も積極的に取り組んでいることを世界にアピールしてほしいと願う関係者は多いはずである。その上で、このテーマを具現化するためには、大会中ではカミングアウトした人々だけでなく、すべての参加者が、相互理解のもと安心して使用できる更衣室、トイレ、宿泊機能などの整備を推進するとともに、それを保証する法整備や制度設計を整えることは言うまでもない。パラリンピックで浮上する異論 もちろん、大会開催中に該当者の利便性を確保するだけで終わってはならない。大会後に日本国民がLGBTの権利を理解し支持するようダイバーシティへの啓発を進めて、社会的レガシーにしていくことこそが、五輪開催の意義の一つとして評価されることになるだろう。2017年7月、LGBT自治体議員連盟を発足させた東京都豊島区の石川大我区議(左端)ら地方議員 憲章における「差別禁止」は、五輪の大会運営全般に差別があってはならないという趣旨だ。さらに、前述した「フェアプレーの精神とともに相互理解が求められる」とは、競技者同士が公平性について相互理解することが、スポーツのフェアプレーであると解することができる。 IOCと国際競技団体(IF)は、五輪競技者の公平な参加条件を定めるために、さまざまなアンチ・フェアネスと戦ってきた歴史・経緯がある。特に、アンチ・ドーピングは五輪の公平性を守る戦いそのものだと言っても過言ではない。 もともと、ドーピングは競技者の健康・生命を守ることで取り締まりを始めたが、すぐに健康を害しないドーピングが現れた。現在は、薬物などによる競技能力の操作は、インテグリティ(高潔性、正義)に反するとして厳格に対処しているところである。しかし、すでにゲノム編集による遺伝子ドーピングなど、先天的に優位性を操作できる懸念にまで及んでおり、ドーピングのアンフェア排除の限界説までささやかれ始めている。 また、両足義足のパラリンピック選手が五輪種目に出場を希望したときには、義足の反発力が走力を高めているとして出場が拒否された問題も公平性が争点になり、現在も続いている。なお、パラリンピックは、国際パラリンピック委員会(IPC)が、競技の価値として「公平(Equality)」を挙げており、「多様性を認め、創意工夫をすれば誰もが同じスタートラインに立てる」とアピールしている。その公平性の確保のためにIPCは、パラリンピック競技を身体機能別に細かく区分し、種目数(メダル数)を大幅に増やす創意工夫をしている。例えば、東京パラリンピックでは22競技537種目まで区分されているのである。 したがって、身体機能の区分に異論を訴えられた事例はあるが、男女の所属判定に翻弄されたケースは、まだ表面化していない。ただ、近年のパラリンピックは競技レベルが向上し、メダル合戦も熾烈(しれつ)になりつつあり、いずれ五輪のような男女区分にも異論が出てくることは否めない。メダル争奪戦の弊害 一方、五輪競技は、男性と女性(混合は男女一緒という意味)の区分しかできず、東京五輪の場合は、33競技を男子、女子、混合の339種目に区分してメダルを設定している。このため、競技性の公平性を厳密に確保しようとすれば、男女の区分へ異論が集中することは必然である。 現在の五輪は、近代オリンピック創設者のクーベルタン男爵が「オリンピックは参加することに意義がある」と言っていた時代ではない。賛否は別にして、1分1秒を厳しく争う国家ぐるみのメダル争奪戦になっており、競技者はメダル獲得によって人生が激変する時代である。だからこそ、勝つためにはどのような不公平も許せないことは競技者共通の思いであり、IOCも公平性確保を厳格化しているのである。皮肉にも、健常者がパラリンピック選手と同様のハンディを設定すれば、パラリンピックに出場できるのかという反論もあり、これではパラリンピック大会の存在意義さえ問われかねない。 その他には、競技ルールの変更や競技器具の開発制限、イスラム教下での女性スポーツ制限など、競技の公平性にかかわる問題は枚挙にいとまがない。したがって、あらゆるスポーツ競技者が、相互理解を踏まえて公平な条件でスタートラインに着くということは、そう簡単なことではないのである。2016年8月、リオデジャネイロ五輪の陸上女子800メートルで優勝した南アフリカのキャスター・セメンヤ(中央、桐山弘太撮影) 憲章で差別が禁止されている性的指向の中で、スポーツ競技力に大きな影響を及ぼすのは、LGBTのトランスジェンダーと、両性具有者である。 特に、生物学的な男女の運動能力的な差異は、陸上競技の短中距離や投擲(とうてき)競技のように、走力、重量対応力、瞬発力などによるパフォーマンス差に大きく表れる。その影響は男性ホルモン量に最も起因するといわれている。そのため、サッカーのようなチーム競技やスキルが中心の競技ではなく、個人の身体能力をシンプルに競い合う陸上競技などの成績において顕著に表れるのである。とりわけ、競技力の公平性の議論に一石を投じたのが、両性具有と診断された陸上中距離のキャスター・セメンヤ選手(南アフリカ)である。セメンヤ選手に対しては、さまざまな擁護と反発の見解がある。 擁護する見解には、オリンピズムにおいて最も守らなければならない根本原則は「スポーツをすることは人権の一つ」であり、先天的な有意差をとがめてホルモン調整を強要したり、競技条件を厳しくして排除することは、人権無視も甚だしいという理由による意見が多い。「旧優生保護法」への懸念 一方、現に五輪競技が男性種目と女性種目に区分されていることは、競技能力を区別することであって差別ではない。したがって、公平な条件でスタートラインに立つことを保証するために、ホルモン調整などさまざまなコントロールを参加条件にすべきである。それを怠れば明らかに逆差別となり、新たな不公平を生むという見解である。その懸念が表れたのが、リオデジャネイロ五輪で、セメンヤ選手が女子800メートル走で驚異的な記録で優勝したときである。その時に2位以下の選手から異論が噴出したことは察するに余りある。 もちろん、IOC、国際陸上競技連盟(IAAF)、スポーツ仲裁裁判所(CAS)とも静観したり、手をこまねいていたわけではない。苦慮したうえでそれぞれの判断を下しているのである。特にIOCは、現在のところ、男性選手が女性選手として出場する場合には、性別適合手術を受けていなくても、性自認が女性であることを宣言して4年間変更しないこと、および、テストステロン値(男性ホルモンの一種)が、過去12カ月の間一定レベルを下回っていることを証明することとしている。しかし、この現行案でも、すべての参加者に相互理解が及ぶことは程遠く、不可能に近い。 だからこそ、東京五輪におけるLGBT対応は、大会中にすべての人々が快適に五輪を享受できるよう、行動や生活などすべてのバリアフリーを徹底することが前提となる。実際に、東京都はLGBTを担当する部署の立ち上げをようやく表明した。4月から担当課長を置いて、五輪憲章の理念に沿った条例の制定を目指すという。また、大会組織委員会も十分な対策を検討しているところである。2017年10月、東京五輪の開幕まで1000日となり、カウントダウンボードをお披露目。小池百合子東京都知事(後列左から3人目)もイベントに参加した その上で日本が、世界に向けてさまざまな人権問題に取り組み、その制度設計や法改正を進めていくというメッセージを発信する必要がある。ただその際に、個人的に懸念しているのが「旧優生保護法」への対策である。日本では現在、旧優生保護法に基づき不妊手術を受けた被害者に対する救済処置を巡って議論が続いている。もし、この現状を放置したまま、東京五輪でLGBTの積極的な救済を訴えても、国民も世界からも懐疑的に見られる懸念を拭い去れない。 何より、大会後の継続が最も重要であり、日本国民が2年後の東京五輪におけるLGBT対応への理解を通じて、ダイバーシティ社会の構築が加速され、未来に向けた社会的レガシーになっていくことを期待したい。その一方で、五輪の持続可能性には、スポーツ競技の公平性を絶対的価値として維持していくことが重要であることも共有すべきである。 憲章を通じて、いかなる差別も廃止する根本原則と、スポーツの本質である競技の公平性には、どうしても二律背反に陥るところが生じてくる。IOCはその現実を認めつつも、個人の尊厳と競技の公平性を両立していく議論を続けてほしいと願うばかりである。

  • Thumbnail

    記事

    伊調馨「パワハラ騒動」に思うスポ根主義の弊害

    小林信也(作家、スポーツライター) 女子レスリング界で「名コーチ」として知られる栄和人強化本部長が、パワハラの告発を受けた。今週発売の『週刊文春』が報じた。 世の中が「パワハラ」に対して強い態度を明確にし、スポーツ界でもこの問題が告発された事例は過去にもある。しかしその都度、告発された当事者やその競技だけの問題として扱われ、スポーツ界全体が持っている「根本的な体質」までは指摘されることはなかった。 今回、五輪4大会連続で金メダルを獲得し、国民栄誉賞も受賞した伊調馨選手に関するパワハラ疑惑が表面化したことは、当該コーチや女子レスリング界の問題だけにとどまらず、スポーツ界全体が自分の問題と捉え、すべてのスポーツ指導者、スポーツ組織、もっと言えば選手やその親、支援者も含めて、本質的に考え直す契機になるのではないだろうか。いや、そうしなければならないと感じている。栄和人氏のパワハラを内閣府へ訴えた告発状の写し 告発状が伊調馨本人から提出されたものならば、「伊調馨と栄コーチの問題」と理解すべきだろうが、今回はそうではない。実際に告発状を提出したのは貞友義典弁護士であり、週刊文春の記事には貞友弁護士自身が「この告発状は、五輪出場選手を含む複数の協会関係者から依頼され、作成したものです」と語っている。 『伊調馨悲痛告白』の見出しが大きな活字で記された週刊文春の記事を見れば、伊調馨本人の告発のように思えるのだが、内容を読むとそれが第三者によるものだったことが分かる。また伊調自身は、所属するALSOK広報部を通じて「報道されている中で、『告発状』については一切関わっておりません」とのコメントも発表している。 つまり、今回の告発は、その目的が「伊調馨と栄和人監督の関係改善を求める」ことではないのである。具体的に最も明確なのは、伊調を熱心にサポートしたために、当時レスリング男子日本代表コーチだった田南部力氏が「警視庁のコーチを外され」「その後、代表コーチも外される」という「不当な圧力」を受けたことへの告発であり、田南部氏の復権と、パワハラという卑劣な行為がまかり通るレスリング界の「人事刷新」「体質改善」への要求とも受け取れる。「うちの子は殴っても構いません」 文春で告発が報じられた後、栄和人コーチは報道陣の取材に応じたが、いつもの陽気さや威勢の良さはなく、総じていえば「身に覚えがない」「誤解があったとすれば言葉が足りなかったのかもしれない」といった沈痛な言葉を重ねた。金メダルを決め日の丸を掲げ記念撮影に臨む伊調馨選手、 栄和人監督=2012年8月8日、英ロンドンのエクセル これだけを見ると、双方の主張には大きな隔たりがある。告発された事実を栄氏はほとんど認めなかった。現時点では栄氏がどんなパワハラをしたのか、そもそもパワハラの事実はなかったのか、断定することはできない。だが、この報道を見て筆者が感じたのは、スポーツ界全体を当たり前に覆っているパワハラ体質の根深さである。「勝つためにはそれが当然だ」とする指導者や組織全体の思い込み、それを改善できない社会的悪癖を今こそ見直すべきだという、切実な問題意識をスポーツ界はどう受け止めているのか。 今の時代、世間では体罰やパワハラが問題視される一方、オリンピックでメダリストが誕生するたびに、パワハラ体質を持つコーチや指導者たちが「名将」と持ち上げられ、賛美される現実がある。金メダルのお祭り騒ぎが続く中でいつしか「パワハラ」は不問に付され、選手と指導者の二人三脚による努力と根性の軌跡は、むしろ「感動ドラマ」に仕立て上げられる。鬼コーチは昔からスポ根ドラマには欠かせない存在であり、むしろ多くの日本人に愛されるキャラクターでもある。 スポーツ界のパワハラ体質をいかに是正していくのか。その取り組みの中で最も厄介な問題は、本来パワハラの被害者であるはずの選手や家族、支援者、アシスタントコーチといった「権力的に弱い立場」の当事者たちが、行き過ぎた指導があっても「必要だ」と思い込んでしまうことである。ある種の洗脳にも似た感覚的なものだが、当事者たちはそうしなければ勝てないと思っていたり、将来自分が指導者や組織の長になれば、同じやり方で行き過ぎた指導をするだろう、という歪んだ考えがスポーツ界を支配している気がしてならない。言い換えれば、「同じ穴の狢」が幾重にも連鎖しているのである。 筆者は過去十年間、少年野球、そして中学硬式野球チームのコーチ、監督を務めてきた。小学生の野球なのに、鉄拳を振るい、跳び蹴りをするコーチの姿を見て仰天したこともあった。今も言葉の暴力と思える言動は日常的に繰り返されている。野球少年の親たちの中には「監督、うちの子どもは殴ってもらって構いませんから」と体罰を容認する人だって決して少なくはない。そうした誤ったスポーツ観、教育観を覆さなければ、スポーツ界全体を巣食うパワハラはこれから先もずっと繰り返され、スポーツが真に文化や芸術の領域まで踏み入れることもないだろう。 今回の告発をきっかけに、本質的なスポーツ界の大転換が始まり、徹底的に新しい発想をスポーツの根底に据える挑戦をしなければ、2020年に東京オリンピックを迎える意味もない。勝利至上主義、金メダルのお祭り騒ぎ、成果を挙げた選手やコーチのタレント化、それを利用して本質を忘れたスポーツビジネスを持て囃(はや)す日本社会への警鐘だと筆者は感じる。これはスポーツ界だけではなく、日本社会に突き付けらた命題なのである。

  • Thumbnail

    記事

    東京五輪、消滅危機に思うボクシングと日本人

    小林信也(作家、スポーツライター) 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が、2020年東京五輪の競技から「ボクシングを除外する可能性がある」と語った。共同通信は次のように伝えている。 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は4日、韓国の平昌で開かれた2日間の理事会終了後に記者会見し、統括団体のガバナンス(組織統治)や審判の判定で問題が指摘されているボクシングを2020年東京五輪の実施競技から除外する可能性を明らかにした。国際ボクシング協会(AIBA)は1月下旬にラヒモフ副会長(ウズベキスタン)を新会長代行に選出したが、同氏は米財務省から「ウズベキスタンの代表的な犯罪者の一人で、ヘロイン売買に関わる重要人物」と指摘されている。AIBAでは、規約違反を指摘された呉経国会長(台湾)が昨年11月に辞任したほか、リオデジャネイロ五輪では相次ぐ不可解な判定で八百長や買収の疑惑が出るなど混乱が続く。IOCは独自調査の着手や、昨年12月に凍結した分配金を含む全ての支払い停止を決め、AIBAに報告書を求めた。(共同通信) ボクシングは紀元前4000年ころには既に行われ、古代オリンピックの正式種目だったともいわれる伝統的競技である。バッハ会長の発言は、競技者や関係者だけでなく、ファンの間にも動揺を与えたことだろう。 今回は主に統轄団体であるAIBAのガバナンスや管理体制に対する警告だが、以前からボクシングという「競技そのもの」に対する反対や禁止を求める意見も根強い。五輪からの除外が「競技の社会的立場」を悪くする。言い換えれば、「ボクシング禁止」の議論が今後、国内でも加速するのではないかという心配もある。ロンドン五輪でファルカン(ブラジル)を破り、金メダルを獲得した村田諒太。東京五輪以来、48年ぶりとなる日本人金メダリストとなった=2012年、ロンドン そもそもボクシングは「殴り合う」という、人間同士の最も原始的な衝突を起源としている。「戦わずして勝つ」の境地を求める武術と違って、相手を倒す、古くは相手を殺すまで戦い、それを貴族や観客が熱狂して見たという歴史に根ざしている。差別、体罰、パワーハラスメントなど、暴力的な人間関係を徹底して排除する現在の世界的な流れからすれば、「よほどの正当性がなければ存続は難しい」とみるのが妥当かもしれない。日常生活では法律で禁止されている暴力が、ルール上の制約の範囲内とはいえ、リングでは正式に認められている。言うなれば「治外法権的な競技」なのである。競技者の安全を確保するためにグローブという道具を使い、重大な障害につながらないよう、医療体制、管理体制を強化している。だが、ノックアウトという「目的」自体が、どう表現しても「危険」そのものであることに変わりない。 「危険だからこそ意味がある」。元来、それが持って生まれた人間の性質であり、社会の現実という主張も一方ではある。ボクシングには、人間の闘争本能、理屈抜きに魂を触発する要素が秘められている。これは善悪、道徳論を超えた人間の真理とも言える。だからこそ、数あるスポーツの中でも文学や映画の素材に選ばれ、描かれ、世界中の読者や観客に興奮と感動を与える作品が歴史的に多く残されているのだろう。 米ハリウッド俳優、シルベスタ・スタローン主演の映画『ロッキー』は、日本でも大ヒットした。そのテーマ曲は、他のスポーツ選手が練習中や試合前など、モチベーションを高めるために聴く音楽としても広く知られている。 実際のボクサーの生きざまにもファンは揺さぶられ、深く心に刻まれる事例は多い。カシアス・クレイ(後のモハメッド・アリ)は、1960年ローマ五輪ライトヘビー級で金メダルを獲った後、プロに転向、1964年にソニー・リストンを倒して世界ヘビー級王者になった。「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と表現された華麗なスタイルは、ボクシングが単なる殴り合いではなく、「芸術性」を秘めていることを体現した。マルコム・Xとの出会いからイスラム教に改宗し、徴兵拒否によってアメリカ政府と争うなど、彼の人生そのものが文字通り「闘争」だった。白井義男と具志堅用高がもたらしたもの 1952年、王者ダド・マリノ(アメリカ)を破り、日本人で初めて世界チャンピオンになった白井義男は、日本中を興奮させた。まだ戦後の敗戦を引きずり、敗北感と劣等感が支配した日本社会に、大きな希望を与える出来事だったとも歴史は伝える。 1976年に世界王者となり、13回の防衛に成功した具志堅用高は、本土復帰したばかりの「沖縄の星」でもあった。ボクシングはこのように、選手同士の対戦という枠にとどまらず、社会の闘争を反映する側面も果たしてきた。ボクシングWBA世界Jフライ級王者の具志堅用高(左)がメキシコのフローレスにKO負け。故郷の沖縄では初めての防衛戦だったが、ダウン後も相手のパンチを受け続け、タオルが投げ込まれた=1981年、沖縄県 混乱のないよう書き添えるが、今回「除外」が取り沙汰されているのは「アマチュアボクシング」である。私たちが一般に目にするのは、大半がプロボクシングであり、仮に五輪のボクシング除外が決定しても、すぐに日本のボクシングシーンに大きな影響を与えるわけではない。ボクシングの場合、アマチュアの世界が必ずしもプロへの登竜門になっているとは言えないからだ。アマチュア経験なしにプロの門をたたく選手の方が圧倒的に多いのである。その点は、野球などとはまったく違う。野球はほぼ100パーセント、アマチュアが人材育成と供給の場である。アマチュア野球の衰退は、直接プロ野球にも影響する。そして、ファンもまた高校野球などのアマチュアの試合を観戦し、ファンになるケースも多い。 むろん、ボクシングでもアマチュア出身のスター選手は数多くいる。あの具志堅用高も「アマチュアでは62勝3敗」の実績を持ってプロに転向した。昨年10月、世界チャンピオンになった村田諒太もロンドン五輪で金メダルを獲得し一躍注目を集めた。また、つい先日、故郷・沖縄で1ラウンドKO勝ちし、15連続KOという日本記録を打ち立てた比嘉大吾も、高校ではボクシング部に入り、具志堅用高の目に留まってプロ入りした。こうしてみると、アマチュアボクシングの存在は、決して小さなものとは言えないのである。 五輪競技からの除外で、プロも含め、ボクシングへの風当たりが厳しくなることは否定できない。プロ組織は複数あるが、日本でも村田の世界戦の判定が物議を醸した通り、組織やジャッジの透明性と公平性がアマチュア同様、強く求められている。 IOCのバッハ会長が公式に表明した以上、AIBAはIOPCの求める基準を満たす健全な組織に生まれ変わる必要がある。ボクシングの教育的意義、社会に貢献できる役割を世間にはっきり示す必要があるだろう。 オリンピックに存続する道を探るとすれば、暴力性を排除し、競技としての方向性を強く確立することしかない。だが、安全性を求めれば求めるほど、観客を熱狂させる刹那的な要素や、危険と隣合わせだからこそにじみ出る選手たちの内面の激しさは削がれる可能性がある。アマチュアボクシング界はそれを是として受け止め、暴力性ではなく、人材育成を主眼に位置づけて「改革」できるか、それがボクシングの今後を左右するカギになるだろう。言うまでもなく日常生活で暴力は許されない。だが、勝ち負けを超えたボクシングの「美学」を体現する表現者がもし現れれば、この危機を救うかもしれない。現実的な話をすれば、現役の村田諒太や比嘉大吾らがリングで何を表現し、どんな深さで観衆と感銘を共有できるか。それがボクシングの明るい未来につながることだけは間違いない。

  • Thumbnail

    記事

    くまのプーさんと羽生結弦「本番に強い」心理を生む2つのコト

    ことは想像に難くない。男子SPの演技を終え、歓声に応える羽生結弦=江陵(共同) そのため、多くのプロスポーツ選手はメンタルコーチを帯同させるなど、メンタルコンディションの管理は、もはや目標を達成するための当たり前の準備として認知されている。 羽生選手は今回、まさに「本番に強く、大舞台に強い」を強靱(きょうじん)な精神力をもって体現した。彼の心理的な強さはどこにあるのだろうか。これまでの言動や振る舞いから、その要素を探ってみたい。 一つは、「精神的な孤独力」のように思える。 現代における彼と同世代の青年の友人関係をみると、自分が必要だと思った以上に深く人間関係を築こうとしないが、一方で自分だけが孤立することを恐れるが故に、「なんとなく群れる」傾向が認められる。つまり、自分の周りには誰もいない、という状況よりは、それほど親しいとはいえない友人であっても身近に誰かがいる状況を求める傾向にあるのだ。 これは、対人関係における他者との適切な距離感をつかむことの苦手さともいえ、現代型うつ(非定型うつ)や社会的ひきこもりの一因とも考えられている。 当然のことながら、人間は社会的な動物であり、人と交わりながら、協力しながら、時に支えあいながら生きている。そのため、他者の存在を求めるという心理は至極当然ともいえる。 一方で、人間関係に疲れたり、自分への期待感に押しつぶされそうになったり、他者に対するマイナスの感情に心が支配されることもある。それが、仕事でのパフォーマンス発揮や課題克服の妨げにもなりうる。羽生を支える二つの要素 とりわけ羽生選手のように超有名で、ましてや前回五輪のディフェンディングチャンピオンともなると、周囲からの期待が時に重圧になったり、他者からの批判やねたみの声が聞こえてくることもあるだろう。さらにいえば、今回は直前にけがを負って練習ができない時期もあった。その時の雑音は相当なものであっただろう。 こうした際に自分を支える一つの要素は、英国の精神科医、ドナルド・ウィニコットが言及した「一人でいられる能力」である。羽生選手のこれまでの「自分について語る姿」から、この力がしっかり備わっているように感じられるのだ。 「一人でいられる能力」とは、実際に社会的に孤立していることを指しているのではない。誰かと一緒に過ごしながらも、自分と他人とを違う「個」として受け入れ、自分の中で区別したり、他者との心理的距離感を適切に保った状態である。フィギュア男子SP、演技を終えた羽生結弦のもとには無数のくまのプーさん人形が投げ込まれた=江陵(松永渉平撮影) この能力が高いと、周囲の雑音はそれはそれとして距離を保ったり、自分が目標を達成するために他者の助言を受け入れながらも、常に自分の物差しで物事を考えていくことができる。そのプロセスは、氷上でたった一人で最初から最後まで演技を完結することには当然プラスに働くのではないかと考えられる。 なお、「一人でいられる能力」の高さは、5歳までの親の育て方に起因すると考えられている。その意味では、今回の結果は羽生選手の養育者(父母などの家族)の成果ともいえるのかもしれない。 二つ目は「マインドフルな心の状態」を作る力である。 これは、「今自分がやるべきこと」に、限りなく100%に近く意識を集中できる能力である。人間は誰しも、過去と未来を抱えながら「今」を生きている。しかし、プレッシャーがかかる場面や緊張する状況においては、過去や未来のことに意識が及ぶことが多い。 例えば、会議の前に「あー、こないだの会議でプレゼン失敗しちゃったな…」とつい考えてしまうのは過去へ意識が及んだ状態であるし、大事な面接の前に「うまく受け答えができなかったらどうしよう…」という思考が頭を支配してしまうのは、未来に関する不安が高まった状態といえる。羽生から全く感じられない「囚われ」 いずれにしても、過去や未来に心が囚(とら)われた状態では自分のパフォーマンスを十分に発揮することにはつながらない。 「競技への集中力の高さ」は羽生選手の演技を見ていれば誰もが感じるところであるが、当然のことながら、彼も過去や未来への囚われと戦いながら日常を生きているだろう。 しかし、演技中の彼からは、その囚われは全く感じられない。競技中にマインドフルな心の状態を保つ術を身につけているのであろう。 もしかすると、彼が愛してやまない「くまのプーさん」は、その一翼を担っているのかもしれない。過去や未来に意識が及んでしまって、「今」目の前にある課題に集中できなくなっているときは、身体の五感を使って、自分の身の回りの環境を体感することが、マインドフルな心の状態を高めるとされている。男子SPの演技を終え、ブライアン・オーサーコーチ(手前)と抱き合う羽生結弦=江陵(共同) 例えば、演技前にプーさんのぬいぐるみやグッズを触って、その感触を確かめたり、弾力を感じたりする。視覚を使って、その愛らしいフォルムを眺める。あるいは、時に匂いを嗅いでもよいだろう。  そのほかには、観客の歓声を一つの環境音としてただただ聞いたり、周りを通る人の足音に傾聴したり、シューズで地面の感覚を足の裏で感じてもよい。彼は数十個のイヤホンを所有するほどこだわりを持っているようだが、周りの音をシャットアウトして好きな音楽を聴くことがその機能を持っているのかもしれない。  つまり、過去や未来への心配や不安に気持ちが及んでも、とにかく「今」自分の身体や周りに起こっていることに注意を向けることを意識するのである。 もちろん、実際に彼がどんな形でマインドフルな心理状態を作り出しているかについては、誰にも分からない部分があるし、仮にプーさんに触っていたとしても彼にとっては一つのルーティンであり、経験的に学習された準備の一つであろう。  いずれにしても、五輪の大舞台でいかんなく力を発揮した彼の精神力は、心理学的にみても、ただただ驚かされるばかりである。

  • Thumbnail

    記事

    羽生結弦、異次元の強さを支える「硬質には表れない野生」

    長田渚左(ノンフィクション作家) 羽生結弦のショートプログラム(SP)を見たとき、本当に心の底から驚いた。 別次元だったからだ。その完成度の高さは揺るぎないどころか、ひょっとして羽生結弦という人間は二人いたのではないかとさえ感じたほどだった。男子SPの演技を終え、歓声に応える羽生結弦=2018年2月16日、江陵(共同) 大怪我をしてリハビリをしていた羽生と、もう一人はひたすらこの4カ月、技を磨き続けていた別の羽生…。 この日の彼はそれほど自信に満ち、完璧なジャンプを次々跳んだ。 その完璧なスケーティングは、彼の後に続くメダル候補たちへ余波となり、次々とミスを生じさせてしまうようにさえ見えた。 圧巻の演技の後、アナウンサーが聞いた。 「どうしてここまで揺るぎのない完璧なスケートができたのでしょうか」 羽生は柔らかな微笑のままに答えた。 「オリンピック(という舞台)を知っています。元(ソチ五輪)のチャンピオンでしたから」 その言葉は、異なる次元の自信を口にしたように思えた。 あの言葉は、こんな風に訳すことができないだろうか。「以前は雲の中しか歩けなかったのですが、今は海の上も歩けるようになっています」 改めて言うが、大怪我をして平昌五輪出場が危ぶまれた羽生は、もう一人の羽生のことだったのだろう。 少しの不安もなく、何の問題も抱えていないどころか、試合に出たくて仕方のない羽生が今、氷上にいることは間違いない。 以前、彼と同じようにとんでもない自信を見せ、本番でとびきりの強さを見せたアスリートを取材したことがある。 アテネ、北京と五輪二大会連続で金メダルを獲得した競泳の北島康介である。「人間丸ごとの闘い」 実はその北島を五輪候補選手として平井伯昌(のりまさ)コーチが推したとき、所属先のコーチ全員が反対していたことをご存じだろうか。 理由は単純明快だった。北島よりも速い選手が他にもいたからである。では、なぜ平井コーチは北島をオリンピックの看板選手に育てたいと思ったのか。 「メンタルの強さです。五輪は人間の総合力の勝負の舞台です。タイムは表に出るので惑わされる。しかし国際舞台での勝負は、人間丸ごとの闘いなのです」北京五輪・競泳男子100メートル平泳ぎ決勝、世界新記録で二連覇を達成し、ガッツポーズで雄叫びをあげる北島康介=2008年8月(浜坂達朗撮影) そして平井コーチはこうも言った。 「練習を重ね、だんだんタイムが出て速くなっていくと、さらに野性が増して、メンタルが強くなっていくと思いがちですが、そういう訳にはいかないことも多い気がしていました」 つまり、持って生まれたメンタルの強さや野性味を減らさないようにすることの方が大切らしい。 羽生結弦というアスリートは他人に対してとても優しい。「くまのプーさん」も大好きで、ぬいぐるみを眺めているときなど、「ゆず君」「ゆずちゃーん」という声がかかると、そちらを向いて、ニコッと笑顔を返す。それはリラックスをしているときの彼であって、他人にはほとんど見せない練習中は、鬼のようにストイックらしい。 あるドキュメンタリー番組で、羽生が怪我をした瞬間を見たが、納得ができずに、ずっとずっと気が遠くなるほど、長時間のジャンプ練習を繰り返した中で起きたものだった。 その映像で鬼気迫るほどの野生が羽生を支えていたことがわかった。 しかも、彼の持ち味である、彼のとびきりの自信は表面的には硬質には表れないのも特徴だろう。 羽生のコーチであるブライアン・オーサー氏は大会前、平昌五輪への期待を聞かれ、こう言っていた。 「…羽生をみくびってはいけない」 たぶんオーサー氏は、「野生」を源にしたケタはずれのメンタルを羽生が持っていることを、身をもって知っていたのである。

  • Thumbnail

    テーマ

    羽生結弦「異次元の強さ」の秘密

    高く、そして美しい。日本人アスリートのあまりに華麗な演技に魅了され、会場は割れんばかりの拍手と歓声。演技後、氷上の真ん中で両手を広げ、「どうだ」と言わんばかりの表情をみせた彼は、まさに絶対王者であった。「異次元の強さ」をみせつけた男子フィギュア、羽生結弦。その強さの秘密に迫る。

  • Thumbnail

    記事

    ショパンのピアノ曲と羽生結弦が相性ぴったりな理由

    多いと思いますが、この曲は彼が使ったことによって、広く一般に知られるようになりました。ただ、「音楽とスポーツの融合」というのは、きっちりとはできないと思います。それでも羽生選手は理想に向かって挑戦し続けているということなんですかね。演奏するピアニストのクリスティアン・ツィメルマン(C)林喜代種 この曲を弾いているのはポーランドのクリスチャン・ツィメルマンです。1975年のショパン国際ピアノコンクール優勝者で、現代のピアニストの最高峰と言えます。演奏回数は、最近は多くないですが、人として善を尽くし、演奏を通して人々に愛を与えることができる孤高の芸術家です。もちろん技術的にも完璧で、こんなピアニストはめったにいません。 ツィメルマンは2011年の東日本大震災で、国外に逃げていく人がいる中、逆に海外から日本にやってきた人の一人で、本当に人間愛にあふれている。この人間愛が音色にも滲んでいるのか、非常に美しく、若いときは「鍵盤の貴公子」と呼ばれたぐらいです。それでも自分の技術をひけらかすことをしないのがツィメルマンのもう一つの魅力です。 こうした愛や美に対する意識の高さは、気品や優雅さにつながっている羽生選手と共通するところがあるのではないでしょうか。羽生選手は動きがきれいでムダがないし、バランスもいい、演技がとても考え抜かれている。まさに一流の演奏と一流の演技が見事にコラボレーションした理想だと、感動しましたね。 要するに羽生選手はよく音楽のことをわかっている人なのです。3拍子といっても、スケートですから、3拍子で滑ることはできません。音楽のプログラムで滑ると、激しい部分でしかジャンプできないことになってしまい、不都合が出てくるのです。 だから、完全に音楽を演技に取り入れることはできませんが、羽生選手が音楽をよくわかっているからこそ、それに乗せたスケーティングが可能になるのです。音楽をそのまま演技にもっていくことは難しい中で、音楽的内容を考えて自分の技を決めているのではないでしょうか。 羽生選手はけがから復活して平昌五輪に臨んだようですが、よほどの精神力がないと、今回のような演技はできないと思いますよ。美しい好青年ですが、内面には非常に強い精神力を秘めている。そもそも世界から注目されている中で、これほどの結果を出すのは簡単にはできません。今後の演技にも期待したいですね。(聞き手、iRONNA編集部 川畑希望)かとう・いちろう 国立音楽大学准教授。東京藝術大学卒業、スイス・ヴィンタートゥア音楽院留学。杉浦日出夫、米谷治郎、マックス・エッガー、クリストフ・リスケの各氏に師事。その他、ザルツブルクでタチアナ・ニコラーエワ、デンマークのランダースでコンラート・ハンゼンのマスターコースを受講。各地でリサイタル、オーケストラとの共演、室内楽、伴奏などの演奏活動を行い、NHK-FM等に出演する。著書に『ショパンのピアニスム―その演奏美学をさぐる』(音楽之友社、2004年)など多数。

  • Thumbnail

    記事

    66年ぶりの五輪金メダル連覇狙う羽生結弦を科学で斬る

    玉村治(スポーツ科学ジャーナリスト、科学ジャーナリスト) 平昌五輪最大の関心の一つは、ソチ五輪フィギュアスケート男子の覇者・羽生結弦が、1948年と1952年の五輪で金メダルを獲得したディック・バトン(米国)以来66年ぶりの金メダル連覇を達成できるかにあるだろう。けがで本番に間に合うか気がかりだが、体もメンタルもたくましくなっただけに、身体状況に合わせた戦略を組み立てしっかり調整してくることは間違いない。20歳の宇野昌磨も国際舞台で経験と自信を積み重ねており、五輪の初舞台で思い切った滑りができれば金メダルに手が届くところにある。宇野の躍進は羽生への刺激だけでなく、プレッシャー分散の意味でもとてもいい材料だ。 4回転ジャンプ全盛で、高得点時代に突入したフィギュア男子は、4回転の出来が勝敗を左右する。しかし、それは技術だけではない。完成度、「美しさ」「流れ」が大事な要素を占める。そこを重視した持ち味の演技ができれば、羽生の勝利の確率は高まるだろう。ジャンプ、演技の完成度、メンタルの視点で分析する。 昨年12月に名古屋市で開かれたグランプリファイナルで優勝したネイサン・チェン(米国)と2位の宇野選手の得点表(図1)とグラフ(図2)見て欲しい。宇野は0.5点の僅差で負けたものの五輪への大きな踏み台となった。 詳細な説明をする前に、採点の仕組みを簡単に解説する。 フィギュアスケートの勝敗は前半のショートプログラム(SP、演技時間2分40秒±10秒)と後半のフリー(演技時間4分30秒±10秒)の得点の合計点で決まる。それぞれ、ジャンプ、スピン、ステップの完成度などをみる技術点と、うまさ、流れ、リズムなどを評価するスケート技術、演技構成、振り付け、表現力、音楽の解釈の5つの演技構成点(ファイブコンポーネンツ)で採点される。 男子の場合、技術点はSPで7演技、フリー13演技で採点される。うちジャンプの回数は上限があり、SPは3演技、フリーは8演技で、一つは最低「アクセル」ジャンプを入れなくてはならない。ジャンプ、スピンなどには選手が選んだ技の難易度によって「基礎点」があり、それに、いくつかの観点から評価する出来栄え点(GOE=Grade of Execution)が加算される。GOEは3からマイナス3まで幅広い。演技が回転不足だったり、失敗したりすれば基礎点も減点される。SP、フリーともに演技後半は基礎点が1.1倍になる。そのため4回転ジャンプを後半にまとめることが多い。演技構成点は各10点の計50点満点。フリーでは合計点は2倍される。審判は9人。図1 グランプリファイナルにおける宇野とネイサン・チェンのSPとフリーの採点表図2 得点におけるジャンプの比重が大きいのがわかる このグラフから読み取れるのはジャンプの比重が極めて大きいということだろう。得点を稼ぐには、4回転ジャンプを何回成功したかが大きなカギを握る。4回転全盛のきっかけは羽生だった? 宇野はフリーで4種類5回の4回転ジャンプを試みた。チェンは3種類5回の4回転ジャンプを挑んでいる。ともに後半は疲労からか回転不足と判定されたが、ソチ五輪で羽生がサルコーとトウループの2種の4回転ジャンプ2回(1回転倒)で金メダルを獲得したのに比べ、確実に4回転ジャンプは増えている。まさに4回転全盛が窺える。 4回転全盛のきっかけを作ったのは、実は羽生だ。2010年のバンクーバー五輪から4回転が注目されたが、ソチ五輪でも4回転ジャンプは2回ほど。それがここ数年、4~6回の4回転ジャンプになった。高得点時代に突入したのは、羽生が史上初めて300点台を超えた、2015年11月のNHK杯からと言っていいだろう。この時はSPで100点、フリーでも200点を超え、合計322.4点(現時点では歴代2位)を記録した。世界に衝撃を与えた。 さらに2016年に、羽生は世界で初めて国際大会で4回転ループに成功した。1988年のカート・ブラウニングが4回転トウループ、1998年にティモシー・ゲーブルが4回転サルコー成功に次ぎ、歴史を刻む画期的な出来事だった。 それ以後、2017年12月10時点で、国際大会において300点超えは14回ほどあったが、そのうち5回が羽生、宇野4回、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)2回、チェン1回の順だ。日本選手の活躍は目覚ましく、歴代上位3位の座にはいずれも羽生が独占する。 図3は、歴代最高点となった2015年12月のグランプリファイナルと、同3位の2017年4月の世界選手権の採点表だ。図3 羽生のグランプリファイナル(2015)、世界選手権(2017)の採点表 2015年のグランプリファイナルで羽生は2種3回の4回転を、世界選手権では3種4回の4回転を試み、ほぼ完ぺきに成功させている。特にグランプリファイナルでは、GOEの満点3点が2回もある。  羽生に勝つには、4回転を、より多く飛ばなくてはならないと思うのは、自然の流れである。1人が演技する4回転ジャンプは4種~5種、回数も5~6回とエスカレートしてきたのにはこうした背景がある。 図4を見て欲しい。チェンは、今年ループに成功し、5種類の4回転ジャンプをものにした。5種類の4回転を成功したのは、世界で初とも言われる。図4 平昌五輪で有望選手が国際大会で成功(○)した4回転。△は練習などで成功 ライバルらの努力を前に、羽生もさらに進化を目指した。4回転全盛時代に対応しようと、ルッツにも挑戦し、昨年秋にきれいに成功した。しかし、4回転ジャンプは足への負担が極めて大きい。つま先で蹴る「トウ系」ジャンプと異なり、エッジ系は進行方向にエッジ(刃)を垂直方向に向けて、ブレーキをかけそのエネルギーで跳躍するため足に大きな負担をかける。ルッツはエッジ系ではないが、それでも体重の3倍~5倍ほどが足首にかかると言われる。昨年11月、ルッツ成功に向けた練習で、羽生が足首の靱帯(じんたい)を損傷したのもそのためだ。このけがが引き金となり、その後のNHK杯、全日本選手権などの欠場にもつながった。図5 トウループ。右足外側のエッジに体重を乗せた状態で、左のトウ(つま先)を蹴って踏み切る。両足を蹴るため助走のカーブと同じ方向に回転するため、エネルギーが効率よく高さと回転に振り分けられる。トウを蹴らないのがループ(出典:「図解スポーツ百科(悠書館)」図6 フリップ。前向きに助走して踏み切る直前に後ろ向きとなって、トウで蹴って飛ぶ。ジャンプ直前は左足内側のエッジに体重をかける(出典:「図解スポーツ百科(悠書館)」図6 フリップ。前向きに助走して踏み切る直前に後ろ向きとなって、トウで蹴って飛ぶ。ジャンプ直前は左足内側のエッジに体重をかける(出典:「図解スポーツ百科(悠書館)」羽生の4回転ジャンプ、どこがスゴいか 羽生の4回転ジャンプはどこが優れているのだろうか。 4回転を成功させるには、ジャンプの高さが欠かせない。滞空時間を確保するためだ。 もう一つ重要なのは回転速度だ。滞空時間が短くても、回転速度が速くなれば4回転の成功率は高まる。それには、踏み切る前に助走速度を一定以上に高める必要がある。4回転成功の目安は、0.63~0.67秒の滞空時間で、毎秒5.7~6回ほど回転速度が必要だ。 羽生の助走速度に比べ、宇野はそれを上回る。筋肉も含め強靭な身体能力を持っているのが強みだ。ただ、実際のジャンプの見栄えは回転速度だけでなく、体の柔軟性、身のこなし、筋力のバランス、腕などの使い方などが関係する。助走速度だけで決まらないところが難しいところであり、面白いところである。 羽生のフリーの演技の特徴は、ジャンプ時の姿勢の良さ、完成度だけでなく、ジャンプ前後の演技の流れにある。助走速度をあげるため、加速に当てる時間を短くし、演技が止まらない。それが出来栄え点(GOE)の高さに現れる。 図8を見て欲しい。図8 羽生が高得点を挙げた2015年のGPファイナルと2017年の世界選手権の時のフリー技術点とGOE 300点超えなど高得点時の羽生のGOEの高さは突出する。GPファイナル、世界選手権フリーの13演技で、GOEの合計はそれぞれ25.73、22.96。各演技のGOEは最高3点なので、平均1.98、1.77となる。この数字は他の追随を許さない。図9 2017年のグランプリファイナルにおける宇野とチェンの技術点とGOE 昨年のGPファイナルにおけるチェンと宇野のGOE(図9)と比較してみるとその差、すごさは歴然としている。宇野は平均0.27、チェンは0.22しか加点されていない。4回転ジャンプはするものの完成度は低く、さらには演技が流れないということを意味する。 その辺の事情は、1月に出版された『羽生結弦は助走をしない』(高山真著、集英社新書)に詳しく記されている。フィギュアスケートに対する思い入れが深い著者の洞察は鋭く、優れており、そこには羽生の滑りについて、「(ジャンプなどから次の演技に移る)トランジションの密度の濃さ」「足さばきのほとんどすべてを音楽にからめていく見事さ」「助走をしないほど濃密な演技」と評している。羽生は、4回転だけでなく、その前後の演技を考えていることが窺える。羽生のメンタルが強くなった この演技の完成度の高さから五輪本番では、無理して、難度(基礎点)の高い4回転を飛ぶ必要もないという声が上がるのも自然だ。ケガにつながったルッツより、基礎点は低いもの完成度の高いサルコー、ループ、トウループでまとめた方がいいというものである。羽生はサルコー、ループ、トウループは完成度も高く「武器になる」と語っている。ただ、平昌五輪では4回転を4回ほど飛ばなくては優勝できないとも言われている。もちろん4回転を減らし、3回転、コンビネーションの完成度をあげて,着実にGOEを獲得するという戦略はある。ただ、それを羽生が許すか、GOE重視の演技に切り替えるかは、けがの癒え具合とそれで遅れた可能性のある練習不足の度合いにかかっているだろう。 羽生のけがは懸念材料であるが、それをはねのけるほど練習、準備、スケートにかける思い入れ、メンタルはかなり強くなった。 ソチ五輪の後に、羽生の金メダルの裏にスタミナをつけるための食事について解説した。この4年間、食事以外にも体幹を鍛え、けがをしにくい体作りに取り組み、モチベーションの維持などにも苦労はあっただろう。勝って当り前、負け続ければ「終わり」という烙印を捺される、五輪金メダリストという重圧と向き合ってきた。逃げることなく果敢に練習し、さらに準備を続けてきた。平昌五輪フィギュアスケート男子SPの羽生結弦(4回転トーループ)=2018年2月16日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) その一端が、ソチ五輪金メダル獲得をサポートした城田憲子さんの近著『日本フィギュアスケート 金メダルへの挑戦』(新潮社)に書かれている。 同書によれば、城田さんは、ソチ五輪後、羽生の4年間の重圧と、身体にかかる負荷の大きさを考え、躊躇することなく「一年間の休養」を提案したという。多種類の4回転ジャンプ時代の突入を考慮してのことだった。 これに対し羽生は「でも、休んだら駄目なんですよ、城田さん」と答えたという。プレッシャーと向き合う覚悟を感じたという。 ルッツの練習で右足首の靭帯を損傷したのは、名伯楽のブライアン・オーサーコーチの「4回転の種類を増やす必要はない」という反対を押し切ってのことだった。先ほども触れたが、ルッツなしのトウループ、サルコー、ループで十分な得点は十分に稼げるからだ。コーチの指導を振り切ってルッツに挑戦したのも「さらなる高みを目指す、自分への挑戦でもあった」からだ。羽生と若きライバルたちの戦い 羽生にとって、4年間は短いようで長く、長いようで短かっただろう。フィギュア男子のSPは2月16日、フリーは2月17日。20歳と若く伸び盛りの宇野は、大会を経験するたびに技が上達している。1月の全米選手権を制したネイサン・チェンは若干18歳。315.23の高得点をマークするなど4回転ジャンプの精度を飛躍的に高めている。五輪は厳しい戦いになることは間違いないが、羽生にとって宇野の頑張りは、自らを発奮させる材料となっている。羽生自身も23歳と若く、「まだ、負けられない」と思いも強いことが推測される。金メダル候補としては、ほかにも中国の金博洋、フェルナンデスらも侮れないだろう。 五輪に臨む羽生のプログラムで、SPは、ジェフリー・バトル振り付けのショパン作曲の「バラード第一番」の調べにのる。フリーはシェイ=リーン・ボーン振り付けの「SEIMEI」。 この二つは、2015年に300点台の得点を記録し、高得点時代を切り開いたNHK杯の時と同じプログラムだ。同じプログラムではあることに危惧する声もあるが、「何よりすべてのエレメント(要素)を支えるスケーティングスキルが、ソチ五輪に比べ、格段にレベルアップ」(「金メダルに挑戦」)しており、問題はない。男子SPで4回転サルコーを決める羽生結弦=2018年2月16日日、江陵アイスアリーナ(松永渉平撮影) けがを癒し、雑念にとらわれず、冷静な滑りができれば確実に得点は向上するだろう。その先には、ディック・バトン(米国)以来66年ぶりの金メダル連覇がある。羽生、同じく金メダルが期待される宇野、さらには田中刑事の滑りに日本だけでなく、世界が注目する日が待ち遠しい。■修正履歴:2ページ目でルッツジャンプをエッジ系と記載していましたが正しくはトウ系でした。お詫びして訂正致します。該当箇所は修正しております。(編集部 2018/02/02 18:22)たまむら・おさむ スポーツ科学ジャーナリスト、科学ジャーナリスト。小学校より野球をはじめ、大学では投手として活躍。スポーツを科学的に分析することを得意とし、バンクーバー、ロンドン五輪、ワールドカップサッカーなどで取材。

  • Thumbnail

    記事

    スポーツ心理学で読み解く羽生結弦「最強メンタル」の秘訣

    布施努(スポーツ心理学博士) これまで多くのスポーツ選手に注目し、分析してきましたが、平昌五輪のフィギュアスケート男子ショートプログラムで、自己ベストに迫る111・68をたたき出した羽生結弦はメンタルの強さが飛び抜けているアスリートの一人といえます。 そもそも一流スポーツ選手には「獲得型」と「防御型」という二つのタイプがあります。どうやれば勝てるかを考えるのが獲得型で、ミスしないようにするにはどうすればよいかを考えるのが防御型です。羽生はどちらといえば獲得型でしょう。 体操の内村航平も羽生と同じ獲得型でメンタルは強いのですが、以前に失敗したときは、中国の選手の技術が向上していることを目の当たりにしたために、精神的に追い込まれ、自身の技の完成度を上げられなくなり、防御型になってしまったとみられています。 要は周囲に影響されず、自分が勝つためにできること冷静に判断してそれを実行できるかなんです。同じく体操の白井健三もテレビ番組の中で、いわゆる防御型になっていたときに、内村からのアドバイスでもう一度「美しい体操をしよう」という前向きな意識になり、さらによい体操ができるようになったと言っていましたが、これこそ防御型から獲得型に変わった瞬間なんですね。 羽生もおそらく、当初は4回転ループをしようとしていたが、それをショートプログラムで4回転サルコーにしたのは、まさに自信のけがや調子を考えて、どうやったら勝てるかを重視する獲得型を実践した表れだと思います。フィギュアスケート男子SPで演技する羽生結弦=2018年2月、江陵アイスアリーナ 実際、試合後のインタビューで「4回転サルコーにするのはいつ決めたのか」との問いに対して「ここに来る前にサルコーでずっと練習していた。調整が間に合わない部分もあったと思いますが、実際に点数には満足しているので、サルコーにして良かったと思っている」と言っていました。試合直前の体調などに合わせてできることをやりに行くことが勝つために大切なんです。 スポーツ選手にけがは付きものです。その時に置かれた状況でできないことをやろうとすると選手は精神的に「不安ゾーン」に陥るんです。ただ、そんな状態でも試合で勝てる選手というのは自分への課題を意図的に下げることができる。それを羽生は試合直前、もしくは試合中にやることができる能力を備えているからこそ、大舞台で結果がだせるのでしょう。自分のスキルが下がってきたときに、焦りではなく、「自己コントロール」できる能力が抜群に高いといえます。欧米で普及するスポーツ心理学 そもそも4年に一度のオリンピックは、選手にとってなかなかポジティブな精神になれないものです。ポジティブになろうとしてもプレシャーが増幅するだけです。そういう意味でも自分ができることを値踏みできる力が必要になります。自分の状態に見合った意識に変えていくことができるのです。トップ選手の多くはこの能力を持っています。 また、「縦型思考」と「横型思考」があって、普通の人は横型です。今回のフィギュアスケートショートプログラムも、素晴らしい演技をした羽生を目の当たりにしてしまったライバル選手が次々とミスをした。これはだれかと自分を比較してしまう横型なんです。縦型思考ができる選手は、オリンピックのような大舞台で能力を発揮できるケースが多いのです。 一方で、羽生は「発明ノート」という練習日誌をつけていると聞いています。コーチからいわれなくても、自分が練習でできたことやできないことを自己分析して、セルフコーチができるんです。なぜできないのかを逆算して客観評価できる。うまくいかないのは目標の置き方であり、それを再設定できない場合です。男子SPの演技を終え、笑顔の羽生結弦。右はコーチのブライアン・オーサー氏=2018年2月、江陵(共同) これは「ダブルゴール」といって最高目標と最低目標を明確化する手法です。うまくいかないときは最低目標を目指せばいいわけです。仮に羽生が風邪をひいて、徹夜明けでフラフラでも、できるものを最低目標に置くという考え方です。 これまで自己コントロール能力を中心に話しましたが、周囲の人たちをうまく取り込める能力も羽生にはあると思っています。たとえば、絶対に自分を理解してくれる人の存在を大切にする。羽生の場合は、まず、コーチです。調子が悪くて自身の判断で4回転サルコーに変えても理解してくれという安心感です。これは選手に大きな精神的余裕をもたらします。 私はこうしたメンタル面の鍛錬は、一定の知見を持った専門家が指導することによって、生まれながらにその能力が備わっていなくても、可能になると考えています。よく、普段の試合では勝てるのに、オリンピックになると勝てない選手がいますが、欧米では、これらのスポーツサイコロジー(スポーツ心理学)がかなり普及しており、克服しているのが現状です。米メジャーリーグやドイツのサッカーチームなどにも専属の専門家がいるぐらいです。 日本では、まだスポーツサイコロジーを取り入れている選手は少数です。選手一人ひとりの身体能力や、指導力なども日本は向上し、世界に通用する選手は増えていますが、将来的にオリンピックやワールドカップといった大舞台でこれまで以上に勝てるようになるにはこのスポーツサイコロジーをもっと取り入れていく必要があります。 羽生は今日のショートプログラムのように、「獲得型」をうまく活用できれば金メダルは期待できます。さらに、肉体的、身体的な衰えなどがなければ、3連覇、4連覇も現実としてありえるのではないでしょうか。(聞き手、iRONNA編集部 津田大資) ふせ・つとむ スポーツ心理学博士。昭和38年、東京生まれ。スポーツ心理学を応用したトレーニング指導会社「Tsutomu FUSE, PhD Sport Psychology Services」代表取締役。慶応大講師、慶応大スポーツ医学研究センター研究員。ノースカロライナ大グリーンズボロ校大学院にて博士号取得。高校時代、早実野球部で全国準優勝、慶応大野球部で全国大会優勝。これまでに、プロ野球、Jリーグ、社会人、大学、高校のチームや選手を中心にメンタル指導を担った。

  • Thumbnail

    記事

    「フィギュアを観る喜びを与えてくれる」観戦マニアが語る羽生結弦

    :見方というある種の「作法」は気にせずに、まずは平昌五輪のフィギュアスケートを観てみれば、これまでのスポーツ観戦では味わったことのない興奮や血の騒ぎ方、喜び方が自分の中にあることを発見するかもしれません。こういう本を書いておきながらなんですが、見方という作法よりも、そういった感覚的なことのほうが大事なのではないかと考えています。 また、この本に書いたことは、あくまでも長年フィギュアを観ている私のツボであって、書いたことが必ずしも正解というわけではありません。正解は、人の数だけあっていい。 たとえば、ゴルフが好きな人の中でも、胃がキリキリするような短いパットに興奮する人もいれば、胸がすくようなロングショットに興奮する人もいますよね。同じくフィギュアに関しても、ツボは人それぞれ違いますから。――それでは高山さんのツボとは?高山:フィギュアスケートのそもそもの成り立ちは「氷の上に図形(フィギュア)を描くこと」です。 ジャンプは人目を引きますし、得点配分がいちばん高いのもジャンプではありますが、基本はスケート靴の刃がいかに複雑に、そしてスピーディーかつスムーズに動いて図形を描き続けるかだと思います。私のツボもまさにそこにあるんです。4回転ジャンプだけじゃない魅力――ニュース番組のスポーツコーナーを観ていると、4回転ジャンプなどの大技についての解説が多いので、ジャンプに注目するのが正しいのかと思っていました。高山:テレビや新聞などでは、4回転ジャンプの種類や飛ぶ数、その成否が話題になることが多いですね。 ここでフィギュアスケートの演技をダイヤモンドのネックレスにたとえてみます。1つは、ごく普通の紐でいくつかのダイヤモンドを結びネックレスにしたもの。もうひとつは、ダイヤモンドを見事な細工を施したプラチナのチェーンで結びネックレスにしたもの。ジャンプをダイヤモンドとして、ごく普通の紐やプラチナのチェーンにあたるのが、描き出した図形だと考えます。その図形が複雑にスピーディーになめらかに描かれるほど、プラチナに近づいていく。 どのダイヤモンドも同じクオリティだとしたら、当然見事な細工を施した後者のほうが素晴らしいですよね。ネックレス全体を競い合うのがフィギュアスケートだと私は思っているんです。――フィギュアスケートは採点競技です。採点は、ダイヤモンドであるジャンプなのか、それともチェーンの部分、どちらが大きく影響するのでしょうか?高山:フィギュアスケートの採点は、テクニカルエレメンツとプログラムコンポーネンツの2つを合計した得点で順位が決まります。 テクニカルエレメンツは、ジャンプ、ステップ、スピンの3つの技術のクオリティが加算方式で計算されます。平昌冬季五輪2018フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)で演技する田中刑事=2018年2月16日、韓国・江陵アイスアリーナ(撮影・松永渉平) 一方のプログラムコンポーネンツは「演技構成点」とも呼ばれ、どんなスケートの技術を持っているか、音楽の解釈はどうか、男子のフリーなら4分30秒という時間内で演技のバランスを持っているかなど、簡単に言えばテクニカルエレメンツ以外のスキルを採点します。かつては芸術点と呼ばれていましたが、いまはより細分化され、以前より明確になっていると私は感じています。 先ほどの例で言えば、フィギュアスケートの採点は、ダイヤモンドの見事さそのものもジャッジされますが、結局はネックレス全体の価値を観るものだと私は思っています。 ただ、採点などを気にせずに、はじめのほうに申し上げたようにまずは美ししいと思うかや、血が騒ぐか、自分が味わったことがない種類の感動があるかどうか、というところから入るのがおすすめかな、と。平昌五輪の注目点 おそらくWEDGE Infinityの主要な読者層である40代の男性と私は年齢的に近いと思うのですが、いい大人にもなると今回のフィギュアスケートも含め、新しい物事、いままで知らなかった趣味や芸術に対して腰が引けてしまうのは痛いほどわかります。プライドも高くなり、いまさらなにも知らないところからスタートするのも恥ずかしい、億劫だとつい思ってしまいがちですよね。だから、誰かに見方などの教えを請うのではなく、フィギュアの演技を観て、きれいなものはきれい、カッコイイものはカッコイイというプリミティブな感動を取り戻す楽しさを重視してもいいんじゃないかと。――私も40歳ですが、新しいものになかなかチャレンジできません。高山:そうですよね。私も先日、若い人からスノーボードに誘われたんですが、0.2秒で断ってしまいました(笑)。健康面の理由もありますが、これが25歳くらいなら「やってみようかな」という気持ちになっていたかもしれないなと考えると、肉体以上に精神の老化を切実に感じましたね。 私は、スポーツ以外にも映画を観るのが好きなんですが、なかでもヌーベルバーグの『突然炎のごとく』や『死刑台のエレベーター』などに出演し活躍した女優のジャンヌ・モローさんをリスペクトしています。彼女が、2002年に来日した際に、幸運なことに1対1で1時間インタビューできることになったんです。そこで当時74歳だった彼女に「あなたのように人生の長い時間輝くために、一番必要なことはなんですか?」と聞くと、彼女は間髪入れずに「好奇心」と答えた。そして「好奇心を分かち合える人の存在」だとも。 肉体の老化は仕方がないにしても、精神の老化を止めるには彼女が言うように新しいことへ対する好奇心って本当に大切だと思うんですよね。――2月16日から平昌五輪でフィギュアスケート男子シングルが行われますが、誰に注目というのはありますか?平昌五輪男子SPの演技を終えた羽生結弦=2018年2月16日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)高山:私は、フィギュアスケートそのもの、それに打ち込んでいる選手全員を本当にリスペクトしています。そのなかで、毎年倍々ゲームのように新しい「観る喜び」を与えてくれるのが羽生結弦選手。それで書き始めたのが今回の本です。ただ、タイトルに羽生結弦選手の名前は入っていますが、彼一人に絞ったつもりはありません。羽生選手以外の選手にもかなりページを割いています。ただ、好きなスケーター全員を好きなだけ書こうと思ったら、それこそ新書にもかかわらず、広辞苑くらいの厚さになってしまう(笑)。選手の「生き様」を見てほしい だから、オリンピックに出場する選手の誰に注目してほしいというのは難しい。先ほどのネックレスの例で言うならば、ハリー・ウィンストンのネックレスも、カルティエのネックレスも、ブシュロンのネックレスも……とどのネックレスにも目を奪われる。だからあげればキリがない。どのネックレスが好きかも人によって違いますが、私は人の好みにまで立ち入るつもりはないですし。――選手は人生をかけて挑むわけですからね。高山:実は、私は格闘家の友人が多く、たまに招待してもらうので、観に行くことがあるんです。ルールもいまいちわからず、ましてやジャッジたちがどうやって採点いるかなんてまったくわからない。でも、彼らの熱いものを感じます。要するに、生き様が発光している様を観たい気持ちがあるんでしょうね。生き様を発光させられる人なんてそうはいません。スポーツ選手のなかでも選ばれし人たちがオリンピック選手になる。そういったフィギュアスケーターたちの生き様をぜひ観てもらい。『羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界』(高山真、集英社) またもう中年だから新しいスポーツを観るのは遅いと思っている方がいれば、もったいないことだと思います。新しい喜びや感動に対し、新鮮で謙虚な気持ちでいることは、新しいスポーツを好きになること以上に大事なのかもしれません。 フィギュアスケートを観て、合わないと思うならそれでいいと思うんです。人それぞれ好き嫌いがあって、合う合わないがあって当然ですから。ただ、ほんのすこしでも面白いと思う気持ちがあるのならば、そのプリミティブな感情にフタをする必要はないし、その感情に少しでもポジティブな影響を、この本が与えられたのだとしたら万々歳かなという気がしますね。ただし、あくまでも「私のツボ」なんですけどね。――早くも3刷りとかなり売れていると聞いていますが、反響はどうですか?高山:この本を読みながら、映像を見返すと新しい発見があるというご意見や、いままで2Dで見えていたものが、この本を読んで3Dに見えるというご意見をいただき本当に嬉しいです。私の本が、読者の方々がお持ちの「好奇心」と、ちょっとだけでも何かを分かち合う時間が持てたのかな、と思える……。それが本当に幸せです。ほんだ・かつひろ ライター。1977年横浜生まれ。2009年よりフリーランスライターとして活動。政治、経済から社会問題まで幅広くカバーし、主に研究者や学者などのインタビュー記事を執筆。現在、日刊サイゾーなどに執筆中。ブログ:http://golazo-sala.cocolog-nifty.com/pinga/

  • Thumbnail

    記事

    羽生結弦にメドベージェワも負傷 ジャンプ偏重ルールの是非

    重”と表現することもできるだろう。しかし、このルールには理由と背景がある。フィギュアスケートに詳しいスポーツライターはこう解説する。「2010年のバンクーバーオリンピックで、4回転を一度も飛ばなかったライサチェック選手が金メダルを取りました。ショートでもフリーでも4回転を決めたプルシェンコ選手が、演技の質と確実性を重視したライサチェック選手に負けたのです。この結果にプルシェンコ選手が抗議し、“4回転論争”が起きました。以降、4回転をはじめとする高難度ジャンプをもっと評価しようという流れが強くなったのです」ソチ冬季五輪2014のエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)=2014年2月6日、ロシア・ソチのアイスベルク・パレス(大里直也撮影) 以後、男子は4回転時代に突入。いまや4回転を3本も4本も飛ばなければ、メダルは望めない時代となった。とはいえ、挑戦にリスクはつきものである。金メダルを狙う男女のエースがこの時期にケガを負ったのは、選手本人たちはもちろんのこと、ファンにとっても辛い現実だ。◆平昌後のルール改正で、ジャンプに傾きすぎた現状を是正する では、ジャンプ偏重を見直すべきなのか。最終的には選手それぞれが自らの進むべき道を選ぶだろうし、ファンとしては、それを応援したい。ただし、ルールとしては、一つの方向性が示されつつある。「平昌五輪後に、ルール改正が検討されています。改正案の中には、4回転ジャンプの基礎点を下げる、というものがあります。国際スケート連盟は、技術面と表現面のバランスを取りたいようで、端的に言えば、ジャンプに傾きすぎた現状を是正するためのルール改正となるのではないかと見られています」 羽生選手らの挑戦によって、フィギュアスケートは技術的に、大いなる進化を遂げた。しかし、挑戦がケガを増やし、選手生命を短く、あるいは危うくするものであれば、何か歯止めは必要なのかもしれない。接触障害に苦しむ女子選手の報道も記憶に新しい。ルールは時代によって変化し、見直され、時に寄り戻しがあるものだ。フィギュアスケートブームが続く日本でも、選手個人の挑戦に対して称賛・批判をするだけではなく、ルールについての議論が起こってもよいのではないか。関連記事■ 芸能裏ネタ 羽生結弦と交際報じられた同級生、共に英語特訓■ いじめ、不登校、脱毛症、離婚 フィギュア選手と家族の苦悩■ フィギュア代表 連盟関係者「本田を押す声多いが本命宮原」■ 「村上佳菜子は逸材」とテレビ業界 増田明美二世の呼び声も■ 浅田真央とデート報道 シェアハウスに住む彼の懐事情

  • Thumbnail

    記事

    羽生結弦選手の最大の魅力は喜怒哀楽とドラマ性

    目を細め嬉しそうに、顔をくしゃくしゃにして歯を見せて笑った。 失敗、ケガ、ルール変更、ライバル…などスポーツ選手の前には、期せずして何らかの障害が待ち受けている。だが彼らは、人々の期待を裏切ることなく、それらを見事にクリアしていく。 新横綱稀勢の里が負傷を押して逆転優勝した春場所の国技館には、割れんばかりの歓声が起こった。君が代を聞く稀勢の里が、ボロボロと涙をこぼし男泣きをした姿は、記憶に新しいスポーツ界のドラマだ。 そしてドラマには葛藤がつきものだ。 2014年の世界選手権中国杯。6分間の練習中、中国の選手と衝突してケガを負いながらも、包帯姿でリンクに立った羽生選手。演技が終わると誇らしげに満足そうな表情で顔を上げたがリンクを出た途端、コーチの腕に倒れ込む。得点が表示されると、不安や苦痛、プレッシャーという葛藤から解き放たれ、顔を覆って号泣していた。 羽生選手は穏やかな柔和なイメージが強いが、表情が豊かで喜怒哀楽をはっきりと表す。だから見ているこちらは、彼が抱える葛藤と感情がわかって共感しやすい。ここに羽生選手のドラマ性があると思う。ファンは羽生選手の状況を理解するだけでなく、その表情や言葉から心にある苦しさ、辛さ、不安といった葛藤を身近に感じ、共感することで心を揺さぶられる。フィギュアスケートGPシリーズ第4戦NHK杯の男子公式練習で4回転ルッツの着氷に失敗、転倒した羽生結弦。=2017年11月9日、大阪市中央体育館 (撮影・松永渉平) 葛藤を感じるからこそ感情移入ができ、さらに惹きつけられていく。苦痛に顔を歪め、涙を流し弱さは見せるが弱音は吐かず、障害に立ち向かいクリアしていく姿に、人はますます魅了されていく。 来季の平昌五輪での優勝を聞かれ「期待に応えるための金メダル」と答えた羽生選手。期待がプレッシャーになるのはわかっているが、やはり期待せずにはいられない。関連記事■ 羽生結弦の中国でのあだ名は「二郎」 ラーメンとは関係ない■ グランプリファイナル出場の羽生結弦 精神的後遺症が心配■ 羽生結弦 アイスショーで高橋大輔とのコラボが意味するもの■ 羽生結弦にハマる夫に「男性に目覚めた?」と疑念を抱く妻■ 羽生結弦ファンになった愛子さま「写真ほしい」と友人に相談

  • Thumbnail

    記事

    平昌五輪フィギュア男子・団体戦率いる宇野昌磨、連覇目指す羽生結弦

    田村明子 (ジャーナリスト)  いよいよ平昌オリンピックが開幕する。平昌から車で30分程度の江陵にあるアイスアリーナで行われるフィギュアスケートは2月9日の団体戦の男子とペアのSPから開始される。 2月7日には、前日に現地入りした宇野昌磨が本番のリンクで初の公式練習を行った。会場の江陵アイスアリーナは、昨シーズンの2月にオリンピックテストイベントを兼ねた四大陸選手権が行われた場所である。宇野はネイサン・チェン、羽生結弦に次いで3位だった。いよいよオリンピック会場に入って、どのような気持ちかと聞かれると、宇野はちょっとこまったような表情で、こう答えた。 「まだなんか、オリンピックという実感がないです」 練習リンクには一般観客も入っておらず、選手もすでに現地入りしたのは団体戦への出場が決まっている選手たちがほとんどで、公式練習にもまだ半数ほどしか来ていない。報道陣もまだ来ていない顔ぶれも多く、いずれは満員になるプレスルームも現在はまだまばらである。そのためもあるのか、宇野もいよいよ本番という実感はあまりないという。 ショートプログラムになるかフリーになるかはまだ発表されていないものの、羽生結弦が団体戦に出場しないこともあって、宇野は日本チームのトップ選手として団体戦に出場することになる。これまでジャパンオープンや国別対抗戦など、団体戦を何度か経験してきた宇野は、そのたびに「足を引っ張らないように」という気持ちになっていたという。だが今回は自分が、日本チームを引っ張っていく役割を自覚しているのだろう。 「今回は思いっきりやって少しでも貢献できるように頑張りたい。その経験を個人戦にも生かしたいと思っています」と力強い言葉を口にした。平昌五輪フィギュアスケート男子SP演技終了後ガッツポーズを出す宇野昌磨=16日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) 男子の個人戦は、2月16日のショートプログラム、2月17日が決勝のフリープログラムとなる。一週間の間に、本番のプログラムを団体戦(ショートかフリーどちらか一つ)、個人戦(ショートとフリー)合わせて3本滑ることになる。心配されるのは、体力的な負担である。そのことについて聞かれると、宇野はこのように答えた。 「プログラムの練習に関しては、今シーズンで一番詰めた練習ができた。でも試合の疲れというのは練習とは違うので、どんな疲れが残るかわからない。だからといって(団体戦で)手を抜くわけにいかない。疲れたら一刻も早く回復できるようにするだけかなと思います」 一方気になるのは、11月に右足の靭帯を痛めた羽生結弦が、現在どのくらいまで体調を戻してきているのかということである。羽生の新しい面が見えた 怪我をしてから、ほとんどこれといった大きなニュースも報道されていなかった羽生だが、2月6日にすでに現地入りしているコーチのブライアン・オーサーが、江陵アイスアリーナでメディアにこのように語った。 「練習はうまくいっています。それははっきり言えます」とオーサー。痛みもなくなり、ジャンプの練習も再開して、日々回復してきているという。 「この期間、私は彼の新しい面を学んだし、彼自身も自分のことを改めて学んだのではないかと思います。彼がとても冷静でいたことに、私は強い印象を受けました」 11月9日、NHK杯の公式練習中に4ルッツの着氷を失敗して転倒した羽生は、右足関節外側靭帯損傷で全治4,5週間という診断を受けた。だが炎症が骨にも及んでいたことなどから回復が遅れ、12月末の全日本選手権には欠場。だがこれまでの実績を評価して平昌オリンピック代表に選ばれた。 「2か月半前に、彼と顔を突き合わせて綿密に計画をたてました。大事なのは、小さな目標を細かくたててそれを達成していくことでした。絶対に間に合う、予定通り出場することは可能だ、と彼に告げたんです」とオーサー・コーチ。平昌五輪フィギュアスケート男子SP演技を終え、ブライアン・オーサーコーチらに迎えられる羽生結弦=2018年2月16日、韓国江陵アイスアリーナ(撮影・松永渉平) 本人は2月11日にカナダのトロントから、コーチの一人であるトレイシー・ウィルソン、そしてトレーニングメートのハビエル・フェルナンデスと一緒に現地入りをすることが予定されているという。最後に報道陣の前に姿を見せてから、まるまる3か月の月日が流れているだけに、公式練習ではカメラマンもレポーターも殺到するであろうことが予想される。 いきなり大舞台でのぶっつけ本番になるが、オーサーは「それについては心配していない。彼はすでに必要な経験はたくさん積み重ねてきている」と太鼓判を押す。 ソチオリンピック金メダリストの羽生がここでタイトルを守ることができたら、男子としては1948年と1952年のオリンピックを連覇した、アメリカのディック・バットン以来66年ぶり。 羽生以外の優勝候補は、アメリカのネイサン・チャン、スペインのハビエル・フェルナンデス、そして宇野昌磨である。どのような戦いが繰り広げられるのか。いよいよ始まろうとしている。たむら・あきこ ジャーナリスト。盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『銀盤の軌跡』(新潮社)などの著書もある。

  • Thumbnail

    記事

    スポーツの上に政治がある」平昌五輪、統一コリア実現の舞台裏

    春日良一(スポーツコンサルタント) オリンピックは何をもって成功裏に終わったといえるのか。今、2020年東京五輪大会組織委員会の面々に「東京五輪の『成功』とは何ですか?」と問えば、異口同音に「大会が無事に終了すること」と答えるだろう。 無事に大会が終了するという意味で、平昌五輪が成功する確率はかなり高まった。それは年頭、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「新年の辞」で参加を宣言したからである。それまでは、大会2カ月前の競技別エントリーが期限になっても、北朝鮮オリンピック委員会は正式手続きを行っておらず、「五輪不参加」というのが大方の見方であった。韓国専門家の中には「100%参加は有り得ない」と断言する人もいたほどだ。2018年の「新年の辞」を発表する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信撮影・共同) しかし、締め切りを過ぎても、国際オリンピック委員会(IOC)は諦めなかった。本来なら、この時点でエントリーがなければ参加できない。しかし、トーマス・バッハ会長は「最終エントリーである大会1カ月前の個人エントリーまでに手続きをすればOKだ」と表明したのである。 五輪参加で最も重要とされるのはエントリーの有無だ。公平性を保つための伝統的なルールであり、ミスをすれば国内オリンピック委員会(NOC)の委員のクビが飛んでしまった例もある。だからこそ、バッハ会長の表明は異例中の異例、いやこれはもう「特例」と言っていい。五輪の伝統を崩してでも、北朝鮮の参加を最後まで待とうとしたのである。この時点で、筆者はIOCが平昌五輪組織委員会、南北両国のNOCに水面下で働きかけているのではないかと思っていた。 なぜなら、北朝鮮には1996年からIOC委員として活動する張雄(チャン・ウン)氏がいるからだ。IOC委員はオリンピック理念を実現するために貢献する使命がある。今年一杯で退任する張委員が「最後の奉仕」として南北友好の五輪実現に努力しないはずがない。五輪運動に携わり、彼自身を見てきた筆者にはそう見て取れた。 ただ、政治が絡む問題は非常に繊細な対応が必要なのは言うまでもない。昨年6月、張委員は「スポーツの上に政治がある」とメディアに語り、統一コリアチームの実現が簡単ではないことを示唆していた。一方で「(北朝鮮と韓国の)2カ国が決めることではなく、IOC委員が話し合う問題」と断言もしていたのである。いち早く「統一コリア」を実現した日本人 実際に、金委員長の「新年の辞」を皮切りに急展開した「統一コリア」の動きは、1月20日にIOC本部で行われた平昌組織委、両国NOCとの四者会談で結実する。バッハ会長は平昌五輪に北朝鮮選手22人の参加や南北合同行進を認めたことを発表したのである。そして、五輪初の南北合同チームが女子アイスホッケーで実現することになった。 しかし、新年の辞から南北会談、四者会談という、わずか半月の流れは外交常識に照らし合わせても、あまりに早すぎ、出来過ぎの感は否めない。この急展開を冷静に読み解けば、「北朝鮮のエントリーを待つ」と事実上認めたバッハ会長の発言がサインになる。新年の辞はあくまでのろしであり、バッハ発言のあった昨年12月以降にこのシナリオが大きく動き出したとみるのが合理的だろう。2017年6月、世界テコンドー選手権が行われた韓国・茂朱で、板割りを披露するIOCのバッハ会長(共同) それは昨年6月、バッハ会長が世界テコンドー選手権の閉会式に出席するために韓国入りしたところから始まる。文在寅大統領が示した南北合同チームの結成案について、バッハ会長は文大統領の表明に感謝した上で「五輪は相互理解や対話、平和の精神に基づいている」と述べている。しかも、北朝鮮政府との交渉のキーパーソンとなる張委員は、元世界テコンドー連盟会長でもあった。名誉総裁として世界テコンドー選手権に来韓した張委員とともに、IOCは北朝鮮へのアプローチに本腰を入れたはずだ。 実際、IOCは文大統領との会談後、北朝鮮選手が平昌五輪に参加できるように支援することを確約している。この支援を決めた理事会から、IOCによる統一コリア実現への具体的アクションが始まったのだろう。 実は過去にも「統一コリア」を実現した人物が日本にいた。1991年、千葉県で開催された世界卓球選手権を成功に導いた当時の国際卓球連盟(ITTF)会長、荻村伊智朗氏である。荻村氏は実現のために、自ら北朝鮮に何度も出向いて、選手強化に励んだ。世界一を競う場で実力が違いすぎれば、チームとしてまとまらないからだ。荻村氏の努力の結果、南北の実力差は解消され、参加が実現した。南北の卓球選手はともに戦う空気が生まれ、統一旗の下で素晴らしいパフォーマンスを披露し、女子団体では強豪中国を破って優勝したのである。 この時の北朝鮮側の交渉相手が張雄委員であり、彼の統一コリアへの情熱もこの結果に結びついている。また、今回の統一コリア実現に慎重だったのも、あの世界卓球の経験があったからだ。だが、並大抵なことではないからこそ、女子アイスホッケーの合同チームも使命のために団結し、想像以上の力を発揮できる可能性がある。もし、このチームが決勝ラウンドに進むことになれば、その反響は想像を絶するだろう。スポーツが政治を利用する だが、女子アイスホッケーをはじめ、統一コリアに対して「スポーツの政治利用」「文政権の行き過ぎた北朝鮮融和策」などと批判的な意見が韓国国内でも多く聞かれる。確かに、五輪では過去にも「スポーツの政治利用」に対する批判の声が挙がったことはある。その代表的な大会が1936年のベルリン五輪だ。ナチス指導者、アドルフ・ヒトラーが国威発揚の機会として利用し、「ナチズムにオリンピックが利用された」と言われる。しかし、ヒトラーが国を挙げて作り上げたベルリン五輪の遺産が今も受け継がれていることも事実である。聖火リレー、開会式の入場行進、放鳩、これらはすべて「平和のシンボル」として継承されている。 それだけに、今回の統一コリア実現を「スポーツの政治利用」という一方的な視座で捉えるべきではない。五輪の原点とは「スポーツによる世界平和構築」である。1894年6月23日にIOCが創設されたのは、帝国主義が蔓延する欧州で世界戦争の危機を感じたからだ。古代オリンピックを復活させ、世界の若人が同じルールの下に競技することで、互いの尊敬と友情を育むことを知る機会を創出したかったのである。 また、五輪はたとえ国家間の紛争状態があっても、この祭典の期間は中断して参加しなければならないという「休戦」の思想がある。これは古代オリンピックから受け継ぐ尊い精神だ。実際、1992年のボスニア紛争で、当時のサマランチ会長は世界で初めて「五輪休戦」を訴えた。それ以降、開催のたびに国連総会でこの思想への支援決議が採択されている。 金正恩政権は長距離弾道ミサイル「火星15」発射実験を強行するなど、今も「先軍政治」を優先し、核ミサイル開発に注力する姿勢を崩していない。一方、米国も北朝鮮に対する圧力を強め、朝鮮半島の緊張は続いている。その風穴をスポーツが開けたとみることはできないだろうか。現状では、少なくとも五輪期間の「休戦状態」は確保できそうである。軍事でも外交でも解決が難しい状況の中で、五輪は政治を利用して、平和を生み出そうと努力している。韓国と北朝鮮のアイスホッケー合同チームが着るコートに付けられたワッペン(左)。朝鮮半島の右側に竹島(右端)が刺しゅうされている=2018年2月5日(聯合=共同) 統一コリアは、多くの識者が指摘するような、韓国と北朝鮮両政府が五輪を利用するために実現したのではないと信じたい。むしろ、IOCがスポーツを利用して、朝鮮半島の融和の実現に動いて結実したとみるべきである。互いに息切れしつつある文大統領と金正恩政権に「スポーツ王国の元首」が救いの手を差し伸べたというのは、言い過ぎだろうか。 平昌五輪は本当の意味で成功するのか。閉会式の最後、IOC会長は必ず「この大会は史上最高の大会であった」と高らかに宣言する。恐らく平昌五輪もそう祝うのだろう。しかし、混迷を深める現代世界では、五輪が逆に政治を利用して、平和や対話、そして和解を図る道具にしていかなければならない。統一コリアがその証になったとき、平昌五輪は歴史的成功を収めたと胸を張れるだろう。

  • Thumbnail

    記事

    貴乃花親方が戦う「真の敵」をモンゴル人横綱は理解できまい

    ものになりつつあるが、それはあくまでも「SUMO」であって大相撲とは似て非なるものである。SUMOはスポーツであるのに対し、大相撲は神事である。このことを強く認識し、本来の伝統を堅持しようと真剣に取り組んでいるのは、貴乃花親方の他にその存在を見いだすことはできない。その全身全霊を傾ける姿には感銘を受ける。 彼は言う。 「大相撲の紋章には桜があしらわれています。桜は日本人の心の象徴で『大和心』を意味しています。だから大和心の正直さ、謙虚さ、勇敢さでもって大相撲に命懸けで取り組まなければなりません」 相撲道をとことん極めようとする彼の生き方は、厳しい修行に打ち込む求道者にも似たものがある。他の民族には理解できない 昨今の大相撲を取り巻く事件や醜聞が日本中を席巻している。マスコミはおもしろおかしく報道し、相撲協会と貴乃花親方との対立、不和を煽っている。しかし、私見ではあるが、これは貴乃花親方と相撲協会との確執ではなく、対白鵬に向けられた「追放儀式」と思えてならない。 前段で述べてきた大相撲の神聖性や格式に於(お)いて、その欠片(かけら)も見られない白鵬の言動に業を煮やした貴乃花親方が仕掛けた大相撲維新であり、復古戦である。白鵬は日本の文化と伝統を内在する大相撲に於ける最高位たる横綱には不適格者である。遊牧民族のモンゴル人は「力こそ正義である」と信じて疑わない。厳しい大自然の中でそれと対峙(たいじ)し、闘い続ける力を持つ者が最も立派であり、尊敬される。最も評価されるのは「力」であり、年齢や階層には重きを置かない。 白鵬は、横綱の品格とは何かと問われ、「勝つことが品格だ」と答えている。負けた一番について「小さな子どもでも分かる判定ミスだ」と嘘ぶく。直近の例では、敗れた直後の土俵で、実は「待った」だったと手を挙げて抗議し、土俵に上がろうとしなかった。千秋楽の優勝インタビューでは観衆に萬歳(ばんざい)三唱を強要する。このような下劣な言動は何なのか。まるで「傍若無人の独裁横綱」である。大相撲は日本国籍を有しないと親方にはなれない。しかし、彼はモンゴル籍のままで自分だけは親方になれる特例を求めていたという。やりたい放題である。厳しい表情で年寄総会に臨む貴乃花親方 =2017年12月27日、東京・両国国技館 これは妄想だが、モンゴル出身力士の中で唯一、思い通りにならない貴乃花部屋の貴ノ岩が日馬富士に殴られたのも、実は白鵬が黒幕だったのではないか。照ノ富士は致命的なケガを膝に負っているにもかかわらず、正座を強要されたという。あの鳥取の夜、貴ノ岩が殴られたのは、説教の度を超えた白鵬の命令を素直に受け入れなかったからではないか、とさえ思えてくる。繰り返すが、これはあくまで筆者の妄想である。 大和民族は大自然と共生することを目的にそれを徳とし、この自然界のありとあらゆるものを神として崇(あが)め、拝み、その恵(めぐみ)に感謝し、貝塚を作り、その小さな生命(いのち)を頂いたことにも慰霊する。この気高き精神の輝きは、自然界を勝手に食い散らかしてきた他の民族には到底理解できないだろう。 貴乃花親方が真に戦う相手は、相撲協会ではなく、その地位や名誉でもなく、ただ相撲道を汚す許し難い横綱に対してのものなのである。

  • Thumbnail

    テーマ

    貴乃花親方を阻む不倶戴天の敵

    「不倶戴天」。貴乃花親方の心中を察したとき、ふとこの言葉が思い浮かんだ。「同じ天の下には生かしておけない」。相撲協会の理事候補選挙で落選した親方は何と闘っていたのだろう。相撲道を追求する理念はもっともだが、それを阻む「真の敵」が誰か、どうも見えにくい。この騒動の核心を読む。

  • Thumbnail

    記事

    「白鵬を切れ」貴乃花親方が許せなかった相撲協会の及び腰

    」を、「金の勘定」によって置き換えてしまうのが、世間でいう八百長である。 大相撲の世界は、世界のどのスポーツにも引けを取らない猛稽古によって支えられている特殊世界である。その中で強い精神と肉体を作り上げ、すぐれた技芸を身に付けた者が関取となる。関取は特権階級であり、さまざまな有形・無形の特典を享受するとともに、日本の伝統の重要な一部である大相撲を支え継承する社会的責任を持つ。 力士であっても社会的常識がなくてはいけないのは当然のことである。その一環として「暴力はいけない」というのは、本来力士に対して言わずもがなのことなのである。心技体を鍛え上げた力士は、社会に対して範を示すべき存在であり、「暴力はいけない」といった世間並みの説教によって力士をおとしめてはいけない。改革に反するモンゴル力士の「交流」 私は大相撲改革はまず自覚の問題だと思う。相撲協会としての姿勢、理事長や理事による親方の指導、親方による力士の指導、そのための意識改革と、相撲部屋と一門を中心とした協会の構造改革が必要である。相撲界という特殊世界に対する一般大衆による適切な認識は、意識改革に伴ってついてくるものであろう。 結局、このような改革に反するのが、一部モンゴル力士による部屋と一門を越えた「交流」だったのではないだろうか。その頂点にある白鵬に対して、協会はなすすべなく、美しくない相撲と不適切な言動を許してきた。今回の問題で明らかになったのは、白鵬の増長に象徴される国技の危機であり、その背景にある協会の長年にわたって解決されない問題であり、横審も危機管理委も協会の御用機関に留まっている。短期的な興行上の配慮によって、危機に対して気付かぬふりをしてはならないのである。 だが、私は外国出身力士が大相撲を豊かにしていると感じている。特に、モンゴル出身の白鵬、日馬富士、鶴竜の3横綱が大相撲の伝統をつないでくれたことをありがたいことと思っている。伝統芸能を支え神事を体現する横綱ならば、ぜひとも日本の国籍を取って、引退後も協会に残って大相撲の継承・発展に貢献してほしいと願ってきた。 大相撲の伝統を守るにふさわしい力士といえる、日馬富士が引退に追い込まれ、貴ノ岩は被害者として大きなダメージを受けた。最近の美しくない相撲と不適切な言動によって、大相撲の伝統をおとしめ辱めてきた白鵬に対して、興行上の配慮から協会は及び腰である。ではどうしたらよいのだろうか。 貴乃花親方は立場上「白鵬を切れ」とは言えない。白鵬が大相撲に対する大変な功労者であることは否定できないからだ。白鵬は相撲協会における自らの立場を強化するために、モンゴル力士を糾合するまでもない。長年第一人者として大相撲を支えてきた白鵬の貢献は大きく、相撲協会に対する影響力が大きいことは、誰でもわかっているだろう。だからこそ、白鵬には大相撲への高い見識を求めたい。そのためには白鵬に対して強い指導力を発揮する者が必要である。それが誰であるか、私の目には明らかである。2012年1月、土俵祭りに出席した貴乃花親方(手前)と横綱白鵬=両国国技館(今井正人撮影) 日馬富士は、幕内最軽量でありながら、厳しい鍛錬によって小よく大を制すという、大相撲の醍醐(だいご)味を味わわせてくれた立派な横綱だった。その「全身全霊をかけて」という大相撲への取り組みは、大きな称賛に値する。暴力をふるってしまったので引退は仕方ないとはいえ、大相撲への多大な貢献にかんがみ、いつか復権してほしいと心より願っている。 戦後の大相撲は、あの大横綱双葉山の時津風理事長の時代、栃錦の春日野親方を若乃花の二子山親方が支え「第二の栃若時代」と言われた春日野理事長の時代、そして若貴フィーバーによって空前の大相撲ブームを巻き起こした出羽海理事長(のち境川理事長)の時代を経ながら、発展してきた。これらの時代を知るものとして、大相撲の現状と今後について強い懸念を持っている。 北の湖前理事長以降、開かれた日本相撲協会としての体裁を整える中で、協会とともに「国技」が軽くなってきた印象はぬぐえない。これからの大相撲と協会について、また協会と大手メディアや世間一般との関係について、あるべき姿をもう一度考え直す必要がある。そのための契機になるならば、今回の問題によるさまざまな犠牲も意味があったのかもしれない。

  • Thumbnail

    記事

    私が聞いた「モンゴル互助会」と相撲協会の黒い噂

    山岡俊介(ジャーナリスト) 貴乃花親方が日馬富士の暴行事件の報告を怠ったとして解任されてわずか1カ月ほどにも関わらず、今回、理事候補選に出馬したことに違和感を持たれる読者もいるかもしれない。 しかし、貴乃花親方は、横綱日馬富士(当時)による弟子の貴ノ岩に対する傷害事件の本質は、モンゴル人力士による「モンゴル互助会」からの八百長の依頼を断ったことに対する報復としての「集団リンチ」とみている。 ここに来て、昨年末の臨時理事会に提出したが無視された、貴乃花親方が貴ノ岩に聞き取りなどして自らの主張をまとめた通称「貴文書」が流出。暴行時、日馬富士はビール瓶どころかアイスピックを手に「殺してやろうか!」と言ったというし、同席していた白鵬の対応も、協会の報告書とは大きく異なっている。 私は貴乃花親方と事件後も交流のある関係者から、暴行の始まる前、「日馬富士は『八百長をOKすれば、お前を横綱にだってしてやる』といわれ、貴ノ岩は『そこまでして横綱になりたくありません』と答えた」とも聞いている。 貴ノ岩は本場所で白鵬に勝った(昨年初場所)が、白鵬はそのかなり前から貴ノ岩は地力があるとみて警戒し、関係者が貴ノ岩に何度も連絡して来ていて、貴乃花親方は、それを八百長への誘いとみて断らせていたそうだ。鳥取県警の再聴取を受けるため、鳥取に向け出発する元横綱日馬富士関=2017年12月、羽田空港 ところが、日本相撲協会にしてみれば、その事件の本質が表に出れば、日馬富士だけでなく、現場で傍観していた白鵬、鶴竜と横綱3人が一挙に辞任を余儀なくされ、そうなると興行そのものが成り立たなくなることから、高野利雄危機管理委員長(元名古屋高検検事長)と一緒になって逆に事件の隠蔽(いんぺい)に走り、協会への報告義務などを怠ったとの理由で自分を解任したとみているそうだ。 貴乃花親方にしてみれば、自分の属する組織に自浄作用がないから警察に頼ったまでであり、自分にはまったく非はないと考えている。 それどころか、相撲を愛する貴乃花親方は、そうした組織は一刻も早く改革しなければならない、それも内部からということで、そのためには発言力を付ける必要があるから時を置かず、理事候補選に出たわけであり、それに何の矛盾もない。八角理事長の恐怖政治に怯える親方たち もっとも、今回、貴乃花一門から貴乃花親方、それに阿武松親方(元関脇・益荒雄)の2人が出馬したことに対し、貴乃花親方のこの間の協会への徹底した非協力的な態度に一門内でも「分裂」した結果との見方もあるが、そんなことはない。 候補者を2人立てた理由は二つあり、一つは、たとえ貴乃花親方が当選しても、協会とつるむ評議員会(元文科副大臣の池坊保子議長)が認可しない可能性が十分あり得るとみていたからだ。本当にそうなっても、阿武松親方が当選すれば、彼を通じて貴乃花親方の意向を反映できるように「保険」を掛けたわけだ。 もう一つの理由は、貴乃花一門が2人立てなかったら、理事は定員10人のところ、10人しか立候補者はなく、無風選挙になるところだった。各一門、相変わらず「談合」で出馬を決めており、2010年2月、貴乃花親方が二所ノ関一門を離脱して立候補し、無風選挙の慣例を破った「貴ノ乱」以降、4期連続選挙になっているわけで、何としても再び無風選挙にしたくないという思いもあってのことではないか。 もっとも、貴乃花一門の確定票数は昨年末、無所属になった錣山親方(元関脇・寺尾)ら3人を入れても11票。当選には1人あたり9~10票必要であることを思えば、2人当選は非常に厳しいとの見方が専らだった。しかし、若手を中心に改革を目指す貴乃花親方を密かに支持する親方は一門外に相当数おり、理事候補選が実施されるまでは、勝算があると考えたからこそ2人立てたのだろう。 ただし、1人しか当選しない場合は阿武松親方の方が通らないと評議員会の未承認があり得る。結果的に貴乃花親方は2票にとどまり落選したが、一門内では当初、阿武松親方6票、貴乃花親方5票で調整していたのだろう。 最後に、貴乃花親方がどのような改革を目指しているかについてだが、八百長一掃のために現在の年6回の本場所回数を減らすほか、負傷の場合、翌場所も同じ地位にとどまることができる「公傷制度」の復活なども視野に入れていると聞く。 それから、こんな八角理事長体制に多くの親方が従うのは、「正論」を貫く貴乃花親方を徹底してイジメ抜く、恐怖政治に怯えてのことだろうが、その一方で、一部の幹部や取り巻きは「利権」に預かっているからでもある。2016年3月の横綱審議委員会に出席した八角理事長(右から3人目)、貴乃花理事(同2人目)ら=両国国技館(今野顕撮影) 貴乃花親方はその利権について、余剰金、親方の退職慰労金など総額200億円ともいわれている協会資金の流用疑惑といった不正の可能性があるとみており、それにメスを入れて行くつもりもあるようだ。

  • Thumbnail

    記事

    貴乃花親方の理念はどうすれば実現できるか

    春日良一(スポーツコンサルタント) 2月2日に行われた公益財団法人日本相撲協会の理事候補選挙は、注目を一身に集めた貴乃花親方が落選した。苦戦が予想されていたとはいえ、貴乃花親方の投じた一石が実らなければ、大相撲の未来はそれほど明るいものにはならないだろう。2018年1月、新十両昇進を決めた貴公俊の記者会見に臨む貴乃花親方=東京・両国国技館 元横綱日馬富士の暴行事件に始まる一連の流れを冷静に見れば、大相撲の抱えているガバナンス(組織統治)の欠陥に貴乃花親方が挑んでいたことだけは確かである。愛(まな)弟子が暴行を受けたとすれば、それを訴えるのは当然だが、そのような「事件」をうやむやにする体質が相撲協会にはあり、それを十分知り尽くしている貴乃花親方が法的処置を優先し、警察を通して相撲協会に報告が届く戦術を取ったのも、その証左であろう。 巡業部長が事件を報告しなければならないと同時に、愛弟子を守る親方としての倫理的行動が優先されるのは当然といえば当然である。なぜなら、相撲協会のルールは協会内部を統括する規定であり、暴行事件はそれよりも大きな社会、つまり和集合における問題であるからだ。 貴乃花親方が理事会に提出した報告書(貴乃花文書)の内容が明らかになり、そこには八角理事長や尾車、鏡山、春日野の各理事から「内々で済む話だろう」と被害届の取り下げを貴乃花親方に執拗(しつよう)に要請した事実が記載されている。これまでも相撲協会は社会的問題になりそうなトラブルが起これば、理事会がその都度、内々に「事なかれ」にしてきたことが推察できる。 それは私自身の経験からも、肌感覚で分かる問題である。かつて私は、日本体育協会という公益財団法人(当時は財団法人)の職員であった。1989年に日本体育協会から日本オリンピック委員会(JOC)が独立し、オリンピック運動推進と競技力向上を二本柱としてスタートするまでの十数年、協会に籍を置いた。ちなみに、JOCに日本体育協会(体協)から完全移籍したのは91年のことである。 体協は「みんなのスポーツ」運動を推進するが、この両団体ともスポーツ振興法(現スポーツ基本法)に定められたスポーツ界、唯二の特定公益増進法人であり、スポーツに関する寄付金の免税を享受できる希少団体であった。その二つの公益財団法人に身を尽くした経験から相撲協会の混迷がリアルに想像できるのである。 体協からJOCが独立するきっかけは、88年ソウル五輪の日本代表の低迷であった。金メダルが4つという厳しい結果にスポーツ界が声を上げ、「国民体育振興」を標榜する体協から独立して選手強化に集中するという建前だったが、実はJOCの本音はそうではなかった。 それは80年のモスクワ五輪不参加という、嘉納治五郎初代体協会長(講道館創始者)が築いた日本のオリンピック運動への不名誉に対する呵責(かしゃく)にあった。「オリンピックは参加することに意義がある」という理念を裏切った歴史的教訓を生かすために、当時の体協若手理事らが独立後のJOCの構想を練り、時を待っていたのである。それは日本のスポーツ史に残る「革命」とも言っていい出来事であった。スポーツ団体に派閥ができるワケ 80年当時のJOCは、体協の一組織という地位でありながら、国内唯一のオリンピック委員会として、日本代表の顔も持つアンビバレンツ(二律背反)な存在であった。体協は、当時会長だった河野謙三元参院議長が政治的パワーを駆使し、スポーツへの国庫補助金を増大させた実績を持つ組織だった。 1979年に起きたソ連のアフガニスタン侵攻に抗議するという名目で、時のカーター米大統領がモスクワ五輪ボイコットを自由主義圏に要請した。日米同盟を重視する大平正芳内閣は、伊東正義官房長官を体協理事会に派遣し、JOCがモスクワ五輪の不参加を表明するよう圧力をかけたのである。このとき、志あるJOC役員らは強硬に参加を主張したが、「君たちはもう日本のスポーツ界に金はいらん、というのか」という河野会長の恫喝(どうかつ)にひるみ、結果として不参加を決めた。この問題はマスコミにも大きく取り上げられたが、時のJOC体制派は世論に耳を傾けることよりも、大平政権の意向に従うべく調整を図る方向に動いたのである。 当時の若手理事の筆頭には、堤義明氏(コクド社長、アイスホッケー、スキー)や岡野俊一郎氏(サッカー)、古橋広之進氏(水泳)、笹原正三氏(レスリング)、松平康隆氏(バレー)、上田宗良氏(ホッケー)など、日本のスポーツ界を牽引した顔触れがそろっていた。むろん、彼らも五輪参加の志はあったが、体制派の前では本心を隠し、沈黙せざるを得なかった。1980年5月、JOC臨時総会後、モスクワ五輪の不参加を発表する柴田勝治委員長(中央)。右は岡野俊一郎氏=東京・渋谷の岸記念体育館 つまり、89年に誕生した新生JOCは「スポーツの自律」を守るという、五輪精神を体現する意味もあったのである。これは貴乃花親方が日馬富士暴行事件以来、相撲協会という旧態依然の組織と対峙して改革を訴えたのと重なる。 どういうわけか、スポーツ団体には必ず「派閥」が生まれる。それは、各スポーツで頂点を争った競技者たちが、そのスポーツとともに一生を遂げたいという心が遠因であるような気がしてならない。スポーツの世界では現役を引退すれば、それぞれ第二の人生を歩む。そして、ある程度の年齢になると、競技団体から役員就任の声が掛かり、自らが切磋琢磨(せっさたくま)したスポーツの振興に尽くそうとする。しかし多くの場合、役員は無報酬であり、いわば「手弁当」で団体運営を支える。濃淡はあれど、個々の思いで団体に関わり続けるのである。 競技団体は、選手強化や競技普及という目的を実現する「機能集団」であると同時に、ボランティア精神が支える「共同体社会」にもなる。そして、人の好き嫌い、相性の良し悪しでグループができ、いつしか組織のトップに立つという野心が芽生える。すると、そのグループは次第に結束を強め、「派閥」を形成していくのである。 スポーツ団体の役員改選は、2年に一度行われるのが通例である。むろん、どんな組織でも同じだが、その都度トップの座に誰が座るのか、役員同士の駆け引きが始まり、そこに派閥が絡んでいく。多くの場合、現体制を受け継ぐか、それに対抗する反体制派かで大きく分かれるが、仮に複数の派閥が絡んでいたとすれば、派閥同士の勢力バランスを意識しながら、役員改選が行われる。それはJOCも同じであり、過去には会長人事をめぐる「派閥抗争」が表面化したこともあった。結局好きか嫌いか 以上のことから鑑(かんが)みるに、今回の相撲協会理事選挙も同じように派閥抗争があったようである。体制派の筆頭である八角理事長に、反旗を翻した貴乃花親方という構図は分かりやすいが、水面下ではさまざまな駆け引きがあったことは想像に難くない。 むろん派閥同士の争いは、メディア操作も意識する。かつては怪文書が主流だったが、今の時代はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)もある。どのようにメディアを利用するか、その戦術も頭にはあっただろう。春日野部屋の暴行事件隠蔽(いんぺい)も、なぜこのタイミングだったのか、誰もが思うところはあったのではないか。 こうした暴露合戦は、スポーツ団体では起こりやすい。JOCの場合、理事選出の際にはプロジェクトチームが組まれて、ある意味大っぴらに「根回し」が行われるが、大相撲にはこうしたプロセスがないので、メディアを利用した暴露合戦が散見される。テレビのワイドショーなどでは、理事が立候補演説などで自分の施策を述べれば、投票がしやすいという趣旨の発言をするコメンテーターもいたが、スポーツ界は「論理」よりも「好きか嫌いか」で左右される世界である。2018年1月、報道陣に囲まれる大砂嵐(右から2人目)=東京・両国国技館 「貴乃花親方の理念についていく!」ではなく、それが正しいかどうかでもなく、結局は親方が好きだから投票するのである。それがスポーツ界の派閥が形成される「第一原理」であるとも言える。大相撲全体のことを考えれば、必ずしもライバルの弱点を暴露することが良い方向に行くとは思わないが、この派閥争いに勝つための手段として、好きな親方のために悪手を選ばざるを得ない場合もあるのだろう。 混迷を深める大相撲であるが、もっと大きな問題はこれだけ不祥事があっても満員御礼が続いているという事実である。つまり、どんなに不祥事が発覚しようと、相撲は大多数の国民に受け入れられている。だから「事なかれ」でいいという結論になってしまう。とはいえ、健全なスポーツとして大相撲を普及させるという観点からみれば、今の状況が望ましいとは言えない。 この問題の核心は管理運営(アドミニストレーション)に対するプロフェッショナリズムの欠如にあると言える。大相撲の運営は、ある意味スポーツの理想形かもしれないが、引退した力士(年寄)が協会の仕事に就いて運営する形式である。確かに相撲のプロではあったかもしれないが、実際の運営能力についてはどうであろうか。  五輪関係組織の場合、役員と職員のバランスを保つことが肝心となる。例えば、体協職員は日本のスポーツ振興を担う唯一無二の組織であり、プロフェッショナルとしてその実務に使命をもって臨まなければならない。JOC職員はオリンピック運動普及を担う唯一無二のプロフェッショナルとして邁進(まいしん)しなければならない。それぞれの役員は、プロである職員の用意したシナリオを理解し、それを実行すべく会議で発言し、公の場で行動に移していく。使命を果たす気なければ「ただのサロン」 JOCであれば、オリンピック運動のための施策を役員が示し、それに職員がこれまでの知識、経験、情報を基に議論し、行動計画を策定して実行に移すプロセスが最も理想的な関係である。私の場合、最もうまく機能したのが、荻村伊智朗JOC国際委員長(国際卓球連盟会長)の時であり、彼との蜜月関係が長野冬季五輪招致の成功やアジアスポーツ界の分裂回避、そして東アジア会議創設などにつながった。 しかし、このような成功例は一方で、役職員がその使命を果たそうと思わなければ、それは「ただのサロンの集まり」と化す危険性もはらんでいる。言い換えれば、地位にさえ安住していれば、そこで起きたトラブルは、仲間同士でうまく解決することを優先してしまう。つまり、事が起こること自体を回避するのが目的となってしまう。今の大相撲はまさにこの悪循環ではないだろうか。 日本相撲協会は役員もかなりの高額報酬を得ていると聞く。報道によれば、理事で年収2100万円。お金も名誉も手に入れれば、そこに安住したくなるのが人情というものである。今後は、真摯(しんし)に「相撲道」を追求するという協会の目標に向かって、無報酬でも取り組む人材で理事会を構成し、事務局強化に資金を投じることを考えるべきではないだろうか。大相撲初場所を終え、横綱審議委員会に臨む八角理事長(右から2人目)ら日本相撲協会執行部=両国国技館(田村亮介撮影) また、相撲協会の定款には「目的」の一つに「国際親善活動」が明記されている。この活動にもっと精力的に取り組めば、世界への普及という新たな視野が開け、密室的な相撲協会の体質改善になるだろう。外国人力士が増えてきた今こそ、彼らを大相撲アンバサダーとして海外に派遣し、相撲の普及を図り、日本の精神を世界に広める活動に力を注ぐべきである。 言うまでもないが、JOCの場合、オリンピック競技大会が「世界平和構築」運動という理念の場に参加するのが目的である。そこに参加する各競技の選手役員は、自身の競技だけではない「次元を超えた体験」をし、その意志を目覚めさせる。 大相撲は日本の伝統的国技であり神事でもあるが、一方でスポーツとしての価値も追求すべきだろう。詳しくはまた別の機会をいただきたいが、かつて私は世界の格闘技を研究し、相撲ほど格闘技の粋を圧縮したものはないと思っている。「総合格闘技の頂点」として、大相撲のあり方も相撲協会再生のヒントになれば幸甚である。大相撲を救うのは、世界への視野と行動しかないのかもしれない。

  • Thumbnail

    記事

    「栃ノ心優勝」を喜ぶ前に必要な相撲界の大手術

    赤坂英一(スポーツライター) 大相撲初場所は西前頭3枚目の栃ノ心が初優勝を飾った。ジョージア出身の力士としてはもちろん初めてで、平幕優勝は1場所15日制が定着した1949年夏場所以降、2012年夏場所の西前頭7枚目・旭天鵬以来6年ぶり。栃ノ心が所属する春日野部屋では1972年初場所の初代・栃東以来、実に46年ぶりのことで、歴史的快挙と言ってもいい優勝だった。初場所優勝から一夜明け、笑顔の栃ノ心=2018年1月29日、東京・墨田区の春日野部屋(撮影・田村亮介) 青い目を潤ませながら「きょうは最高の日です。うれしいです」と語った栃ノ心の優勝インタビューを見て、胸が熱くなったテレビ桟敷のファンも多いだろう。2006年春の入門から12年目、手塩にかけて育て上げた春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が感涙にむせんでいたのも無理はない。が、愛弟子がこれほど感動的な優勝を飾ったいまだからこそ、一般社会に対してはっきり説明しておかなければならないことが、この親方にはあるはずだ。 初場所の最中、過去に春日野部屋で力士による暴行事件が発生していた事実が明らかになった。2014年、兄弟子(現在は引退)が弟弟子の矢作嵐さん(22歳)に殴る蹴るの暴行を加え、顎を骨折させるなど全治1年6カ月の重傷を負わせたものである。病院で治療を受けたいと言う矢作さんに対し、春日野親方は「冷やしておけば治る」などと言って部屋のかかりつけの整体治療院へ行くよう指示。その後、矢作さんが病院で診察を受けると、即座に手術を受けるようにとの診断が下り、現在も味覚障害などの後遺症が残っているという。 矢作さんは約1カ月後、兄弟子を傷害容疑、春日野親方を保護責任者遺棄容疑でそれぞれ刑事告訴。兄弟子は16年に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定し、春日野親方は不起訴処分になった。春日野親方は相撲協会理事長・北の湖親方、危機管理部長・貴乃花親方、広報部長・出来山親方(いずれも当時)には報告したと話しているが、協会は一連の事実を一切公表していない。こうした対応に納得できなかった矢作さんは、17年3月22日付で、春日野親方と兄弟子に3000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。 当然のことながら、同じ春日野部屋にいる栃ノ心もこの事件を知っていたはずだ。それ以前に、栃ノ心自身、春日野親方に手ひどい暴行を受けているのである。矢作さんの事件より3年前の2011年、親方は栃ノ心ら3人の弟子を拳に加え、ゴルフのアイアンで殴打。部屋に警視庁本所署の捜査が入り、グリップの折れたアイアンが発見された。親方は任意の事情聴取に、「外出の際に着物を着るよう何度も注意したが、言うことを聞かないので殴った」と証言。記者会見にも応じ、「正直、やり過ぎたと反省しています。弟子たちには、もうげんこつは入れないと言いました」と、殊勝にコメントしていたものだ。相撲協会に必要な大手術とは この事件は、栃ノ心らが被害届を出さなかったため、これで沙汰止みになった。被害者のひとり、栃矢鋪は本所署の事情聴取に対し、「自分たちが悪かったのだから被害届は出しません」と語ったと報じられたが、果たして真相はどうだったのか。それから僅か3年後に矢作さんが兄弟子に顎の骨が折れるほどの暴行を受けたことを考えると、春日野部屋では依然として恒常的に暴力が振るわれていた可能性もある。 相撲界では2007年、時津風部屋で斉藤俊(当時17歳、四股名:時太山)が時津風親方や兄弟子の暴行によって死亡。親方をはじめ加害者4人が傷害致死容疑で逮捕され、親方には懲役5年の実刑判決が下った。この事件のあと、北の湖親方は自ら文科省に出向いて謝罪し、「再発防止委員会」を設立。協会を挙げて暴力や体罰の根絶に取り組んでいたはず。時津風部屋では金属バットが凶器に使われていたことから、竹刀や木刀を持って指導に当たっていた親方たちには、そのような凶器になる物を稽古場に持ち込まないようにとのお達しも下った。 しかし、現実には4年後の11年、バットではなくアイアンで、春日野親方が栃ノ心らを殴っていたのだ。その3年後の14年、今度は矢作さんが兄弟子の拳骨で顎を骨折させられていた。原因も状況も異なるとはいえ、貴ノ岩が日馬富士にカラオケのリモコンで、頭が割れるほど殴られた事件も、そうした過激な暴力を容認している角界独特の雰囲気が生み出したような気がしてならない。会見に臨む春日野広報部長=2018年2月1日、両国国技館(撮影・山田俊介) 栃ノ心の優勝は確かに感動的だった。が、それでは、感動したファンが、自分の子供が相撲取りに憧れているからといって、春日野部屋に入れたいと思うだろうか。相撲協会は遅まきながら、文科省の指示を受け、全力士から暴力問題に関する聞き取りを行うというが、どこまで徹底した調査が行われるのか。これまで相次いだ不祥事の事後処理を見る限り、甚だ疑問と言わざるを得ない。 同じ公益財団法人の全柔連は2013年、セクハラ、パワハラ、金銭問題などで理事が総辞職した。相撲協会も同じくらいの〝大手術〟が必要なときに来ているように思う。あかさか・えいいち スポーツライター。1963年、広島県生まれ。86年に法政大学文学部卒。日刊現代・スポーツ編集部記者を経て2006年独立。毎週金曜朝8時、TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です」にレギュラー出演中。『すごい!広島カープ 蘇る赤ヘル』(PHP文庫、『広島カープ論』増補改訂版)が重版出来で2万部突破。ノンフィクション『失われた甲子園――記憶をなくしたエースと1989年の球児たち』(講談社)が第15回新潮ドキュメント賞にノミネートされた。ほかに『プロ野球「第二の人生」 輝きは一瞬、栄光の時間は瞬く間に過ぎ去っていった』(講談社)、『最後のクジラ――大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生』(講談社)、『プロ野球コンバート論』(PHP研究所)など。

  • Thumbnail

    記事

    相撲協会理事選 注目すべきは親方株の所有者

     日本相撲協会では、2年に一度の理事選が近づくと、存在しながら誰も襲名していない“空き株”を襲名するためにベテラン力士の引退が相次ぐのが慣習だ。ただし、引退した力士が親方となった時、自らの意思で理事選に「1票」を投じられるとは限らない。「借株」という慣習の存在が、事態を複雑にする。一月場所が終わり開かれた横綱審議委員会(左から)山内昌之委員、杉田亮毅委員、岡本昭委員、北村正任委員長、宮田亮平委員、勝野義孝委員(右手前から)芝田山親方、鏡山親方、八角理事長、尾車親方、春日野親方、藤島親方=2018年1月29日両国国技館(撮影・田村亮介)「相撲協会が2014年に公益財団法人化された際、年寄株の売買は表向き禁じられました。しかし、実態としては退職した元年寄などが所有権を持ったまま、後継者から指導料などの名目で“家賃(名跡使用料)”を受け取っているケースがある。それが『借株』です」(若手親方の一人) たとえば、昨年末に翔天狼が襲名した「春日山」は、借株であるために大トラブルに発展した過去を持つ年寄株だ。 先代の春日山親方(元前頭・濱錦)が、先々代の春日山親方(元前頭・春日富士=故人)から借りていた年寄株を買い取る交渉が決裂し、法廷闘争に発展。2016年8月、東京地裁は元濱錦に名跡証書を受け取る対価として1億7160万円を支払うよう命じている(高裁で和解)。「億単位の額を一度に払える引退力士はほとんどいないので、多くが借株となる。借株の場合、理事選の投票では“所有権”を持つ人物の意向が優先されるのです。 今回の元翔天狼が継承した『春日山』も借株で、元春日富士の遺族が所有しているとされます。翔天狼は出羽海一門の力士でしたが、春日富士は時津風一門の力士だったので、この『1票』は時津風一門のものになる。しかも、春日富士の遺族の意向で反貴乃花サイドの票に回されると見られます」(ベテラン記者) つまり注目すべきは残る空き株の“所有者”なのである。残る5つある空き株のうち3つは、現役力士が所有している。混沌とした勢力図「押尾川」は尾車部屋(二所ノ関一門)のベテラン力士・豪風(前頭13)が、「秀ノ山」は佐渡ヶ嶽部屋(二所ノ関一門)の元大関・琴奨菊(前頭2)、「安治川」は先場所幕内に返り咲いた伊勢ヶ濱部屋の安美錦(前頭10)が所有する。「残る『間垣』は時津風部屋に所属した元小結・時天空の遺族が、最後の『熊ヶ谷』は元十両・金親(2015年、暴行事件で協会解雇)の所有とされています」(同前) これら空き株が、借株として理事選における「1票」に変わっていくことで、協会の勢力図が少しずつ書き換えられていくのだ。「執行部が警戒するのは『秀ノ山』と『間垣』の行方です。前者は所有する琴奨菊の師匠である佐渡ヶ嶽親方(元関脇・琴ノ若)が貴乃花親方に近いし、昨年1月に悪性リンパ腫のため37歳で亡くなった時天空も、師匠だった時津風親方(元前頭・時津海)は貴乃花グループとみられています。この2つの空き株が貴乃花親方サイドの『1票』に変わることを八角理事長陣営は全力で防ぎにいくはず。初場所の土俵なんかに、構っている暇はないのです」(同前)貴乃花親方と春日野親方(右)=2017年11月30日午後、東京・両国国技館(撮影・大橋純人) 空き株に限らず、借株が存在することで情勢はより混沌としてくる。幕内上位の力士が、引退前に年寄株を取得し、その株をすでに引退した元力士に貸すケースもあるのだ。「田子ノ浦部屋(二所ノ関一門)の横綱・稀勢の里が所有する『荒磯』は、元前頭・玉飛鳥が借株として襲名し、同じ一門の片男波部屋の部屋付き親方となっている。こういうふうに同じ一門内での貸し借りなら話はシンプルだが、一門をまたいだ貸し借りは意図が訝られることになる。 たとえば八角理事長(元横綱・北勝海)のいる高砂一門に属する九重部屋の千代鳳(幕下9)が所有する『佐ノ山』は、時津風部屋の元前頭・土佐豊が借株で襲名して部屋付き親方になっている。時津風親方と貴乃花親方が近いとされるため、そのパイプは九重親方(元大関・千代大海)にもつながっていると考えられるわけです」(協会関係者)関連記事■ 相撲協会理事選が近づくとベテラン力士引退が相次ぐ事情■ 花田景子さんの手腕で貴乃花支持拡大 親方衆の約半分確保か■ 暴行事件被害者・貴ノ岩 心の拠り所はおかみさん・景子さん■ 貴乃花親方がいじめられ、小泉進次郎氏がいじめられない理由■ 貴乃花理事解任で揺れる角界 そもそも「一門制」とは?

  • Thumbnail

    記事

    「松坂世代」村田修一の移籍先がいまだ決まらない理由

    小林信也(作家、スポーツライター) 巨人から自由契約となった内野手、村田修一の移籍先が決まらず、その去就に注目が集まっている。巨人から戦力外通告を受けた村田修一内野手= 2017年10月16日、川崎市のジャイアンツ球場 村田は昨季、ケーシー・マギーの加入もあって先発三塁手の座を失い、苦しいスタートを切った。それでも交流戦に入り、指名打者で出場機会が増えると徐々に復調。夏場以降はマギーが二塁、村田が三塁に入り、規定打席には達しなかったが100安打を記録した。十分にまだ活躍できることは実証したが、オフになって「戦力外通告」を受けた。おそらく本人も周囲も想像しなかった処遇だろう。二度目のフリーエージェント(FA)権を取得し、村田自身に次の選択権があるとぼんやり感じていたのではないか。ところが、巨人の判断は厳しいものだった。 鹿取義隆ゼネラルマネジャー(GM)は「苦渋の決断だった」としながらも、自由契約の方が選択肢は広がるとして、むしろ温情ある措置だと説明したが、結果的に現在まで村田の新たな活躍の場は見つかっていない。当初は複数球団が「興味を示している」と報じられたが、数日のうちに立ち消えとなり、ロッテの井口資仁新監督なども、上げた手を下ろす格好になった。 一方、同じ世代の松坂大輔は、ソフトバンクからコーチ兼任での残留を打診されたが、本人の意向で退団。中日から入団テストの機会を与えられ、無事に合格して入団の運びとなった。 年俸は1500万円。「最も稼いでいたころの3日分」と表現する報道もあったが、松坂にとって年俸の多寡は今や問題ではない。勝負できる環境、もう一度マウンドに上がるチャンスを得ることが何よりだ。 過去3年間で1度しか出場できず、しかもすぐ降板した松坂にチャンスが与えられ、シーズン100安打を放った村田に活躍の場が与えられない。普通に考えたら、おかしな現象だ。なぜ村田はそれほど敬遠されるのか? 理由をいくつか推測しよう。 既に37歳。それほど先がないのは明らかだ。それならば、何らかのプラスアルファが重要だと球団や監督は考える。かつて、峠を越えたと誰もが判断していた落合博満を巨人がFAで獲得したとき、長嶋茂雄監督に取材すると、反対意見は意に介さず、「数字は関係ありません。ダイヤモンドにもう一人の監督が立っている。それが大きい」と、落合獲得の理由を教えてくれた。実際、落合は秋に入って失速し、2位の猛追を受けたとき、自らナインを招集し、ミーティングを開いて鼓舞した。それをきっかけに巨人が息を吹き返したと伝説的に語られている。 阪神から古巣広島に戻った新井貴浩なども、その泥臭く懸命な姿勢で若い選手に無言で火をつけており、その功績は大きいと評価されている。村田にはそのような姿勢、リーダーシップの評価が薄い。むしろ、入団しても思い描いた活躍の場が与えられなければ、不満分子の火種になるかもしれない。それならば、若い選手を登用し、すぐに活躍できなくてもチャンスを与える方が夢があると球団が判断するのは当然だろう。余ったプロ野球選手の行方 松坂は、甲子園のカリスマであり、日米での輝かしい実績がある。そして、常に野球に対して懸命な姿勢を貫いてきた。森繁和監督はじめ、中日スタッフに西武時代の恩人や仲間が多く、彼らに松坂自身が信頼されていることがチャンスを得た大きな要因だろう。 もう一つ、投手と内野手の差もある。どの球団も、投手には多くの枠を割いている。内野のポジションは4つもあるのに、内野手は投手より少ない。松坂がもしまた登板できなくても、登板して大活躍する可能性のために一人確保できるポジションなのだ。高校野球第3回アジアAAA野球選手権大会結団式。日本選抜チームに選ばれた投手陣。前列左から松坂大輔(横浜)、寺本四郎(明徳義塾)、久保康友(関大一) 後列左から 新垣渚(沖縄水産)・村田修一(東複岡)・杉内俊哉(鹿児島実)・上重聡(PL学園)=平成10年8月撮影 実は高校時代、村田もエース投手だった。甲子園で快投を演じる松坂を見て、投手としてはまったく松坂にかなわないと判断し、進学した日大で打者に専念したという。 松坂は、打撃でも超一流の才能の持ち主だった。私はこれまでにも、松坂が投手として活躍した後、早い時期に打者転向を図ればと提言してきた。ちょうど、レッドソックスからヤンキースに移籍するタイミングで打者に転向し、ホームラン王として英雄になったベーブ・ルースのように。そうすれば、ここ数年のような苦しみを味わうことはなかったかもしれない。とはいえ、村田同様に肩を叩かれていた可能性だってある。投手だったからこそ、今があるとすれば、松坂の執着は結果的に身を助けたとも言える。 さらに、村田の去就が決まらない現実から浮かび上がって来るのは、「プロ野球で活躍できるレベルの人材は余っている」という事実だ。 昨季は、巨人でなかなか輝けなかった大田泰示が、日本ハムに移籍した途端、水を得た魚のように打ち、レギュラーとして活躍した。私見だが、なぜ日本のプロ野球は球団増を模索しないのか、不思議でならない。 サッカーの例を見れば分かりやすい。「この本拠地でお客さんが本当に集まるのか」と思うような地域でも、苦労はしながら根を生やし、花を咲かせている。各地の努力はサッカーの地道な普及にもつながっている。新球団の話が出ると決まって「レベルの低下」という、もっともらしい反対意見が出るが、それはもう却下して、各都道府県に一つずつ創るくらいの意気込みで、新しいビジョンを真剣に議論し、実現に向かう時期に来ていると思う。 「村田を救うために」とは言わないが、村田のような、まだまだやれる選手がいるのだから、その人材、資産を無駄にする余裕など、人気低迷が加速する今の野球界にはないはずだ。