検索ワード:歴史/219件ヒットしました

  • Thumbnail

    テーマ

    いかにして信長の龍パワーは封じられたか

    信長には、神仏をも恐れぬイメージが色濃く残るが、彼が主に龍のパワーを拠りどころにしていたことは、本連載の読者にはお分かりいただけただろう。一方で、信長の最期である「本能寺」は、いまだ日本史最大のミステリーだ。ただ、この謎を解くヒントは、まさに信長が信仰する「龍パワー」にあったのかもしれない。

  • Thumbnail

    記事

    本能寺で潰えた信長の龍パワー、本陣を「鳥羽」に置いた光秀の真意

    橋場日月(歴史研究家、歴史作家) 天正9(1581)年1月15日の大々的な安土馬揃(うまぞろえ)を催した織田信長。参加者は700人、見物の群衆は20万人にも及んだが(フロイス「日本史」)、混乱もなくスムーズに進行し大盛況の内に幕を閉じる。実はこの成功の立役者は、明智光秀だった。1月23日付けの朱印状(写)で彼はこう光秀に言葉をかけている。先度は、爆竹諸道具拵(こしらえ)、ことにきらびやかに相調へ(ととのえ)、思い寄らずの音信、細々の心がけ神妙(しんびょう)候。 この文言の通り、光秀が山車(だし)や爆竹の仕掛けを整えて安土に送り届けたのだ。そしてそれがまた素晴らしく豪華絢爛な出来で、信長はそれを予想外のプレゼントだったと喜び、細かい気配りが秀逸だと絶賛した。 かくして信長の期待をはるかに上回る準備をやってのけた光秀だが、彼は1月6日に坂本城で連歌会を行い、13日には訪問してきた公家の吉田兼見に対し、「近日所労之間(最近病気だから)」と対面を断っている。 前年、大和国に駐在して指揮した検地や城破(しろわり、城の破却)の激務の疲れが出て体調不良だったにもかかわらず、信長の大イベントの準備にも余念がなかったのは、さすが当時「天下の面目を施した」と信長が最も高評価を与えるお気に入り家臣だった光秀だけのことはある。 さて、光秀が自分の体を顧みず心血を注いで支度した用意が信長のお気に召したのは、彼が信長の安土馬揃に籠める「自己神格化」の狙いを完璧に理解し忠実に実現しようとしていたことに他ならない。光秀について宣教師のフロイスはこう評している。 彼(信長)を喜ばせることは万事につけて調べているほどであり、彼の嗜好や希望に関しては、いささかもこれに逆らうことがないよう心掛け(た)ルイス・フロイス「日本史」 光秀には「御ツマキ」という名の妹がいた。信長の奥向きの女官として非常に信頼が厚く、表向き担当の猪子兵介とともに、信長在京中はさまざまな陳情客の取り次ぎなどに活躍していた有能な女性だったらしい。 光秀は彼女を通じて信長の公私両面での一言一句、一挙手一投足のすべてを知り、その考えや好みを完璧に把握してその意に沿うべく行動していた。 かつて元亀2(1571)年12月に比叡山延暦寺の焼き討ちが行われた2年後、信長が将軍の足利義昭と対立して上京を焼き払おうとした際に「比叡山の破滅は王城の災いになるのか」と吉田兼見へ諮問し、自分の延暦寺焼き討ちが伝承を裏付けることになるかどうかを気にする素振りを見せたことは以前の回で述べたが、光秀はそんな信長を上回る積極性で延暦寺方の勢力を「ぜひとも撫で斬りに」しなければならない、と主張していた。ある意味、信長以上に信長イズムを主導する男だったと言えるだろう。 そんな光秀が手配したのだから、安土馬揃における左義長の道具や仕掛けに抜かりがあるはずがないのである。 信長の全面的信頼の下で神格化に貢献する光秀。惟任の名字を与えられ、将来的には九州の経略にも携わるだろう彼は、四国の長宗我部元親に対する申次(もうしつぎ、外交交渉の窓口役)を務めていた。大阪府岸和田市の本徳寺に明智光秀像として伝わる肖像画 (模本、東大史料編纂所蔵) 当然ながら、元親が信長に完全に臣従すれば、織田軍は長宗我部勢を先鋒として九州を攻略する形となり、逆に元親が離反すれば、光秀が四国入りして長宗我部家を攻め滅ぼし、余勢を駆って九州まで攻め込むという流れになることが予想された。ド派手にライトアップした安土城 光秀はこの予定調和を確かなものにするため、前年の天正8(1580)年5月に中国地方の毛利家に対して「宇喜多家は信用できないから、毛利家との講和を推進したい」と申し入れている。むろん、これは信長の意向としてなのだが、光秀のロビー活動の結果であり、御ツマキも重要な役割を果たしただろうことは想像に難くない。毛利との戦争を中止させれば、彼のライバルである羽柴秀吉の中国制圧プロジェクトは立ち消えとなり、光秀の四国路線がいよいよ確かなものとなるのだ。 だが、この目論見はその直後に崩壊のきざしを見せていた。秀吉は11月に「来年には信長様が中国地方にご出馬される」と黒田官兵衛に伝えたのを皮切りに、しきりに信長の親征を言い立て、信長の安土馬揃直後には「(出馬の際に必要となる)『御座所』(進軍ルート上で信長が滞在宿泊するための城砦。資材・兵糧もストックする)の築造作業に全力を注いでいることもアピールした。 これは信長の意向というよりも、お膳立てを整えることによって信長を引きずり出し、毛利征伐を何が何でも既成事実化しようと考えたのだろう。このあたり、光秀も秀吉も敵というより味方の動きを監視しながらライバルに一歩先んじようとしている。 そして、光秀が信長から差配を命じられた京での大馬揃が2月28日盛大に挙行され大成功裡に終わる中、秀吉は中国戦線から信長側近の長谷川秀一にこう書き送っている。今度の御馬揃が見られなかったのは残念でしかたない。皆々の仕立て(準備の案配、様子)など詳細に教えていただきたい。 一見、秀吉は馬揃に参加したメンバーの装いを知りたがっているようにも見えるが、実はそうではない。それぞれがどんな人間とどういう関係にあるか、特に光秀がどう動いているかをチェックしたかったのだ。信長の中国地方親征実現という大逆転の大詰めだけに、どれほど慎重に情報を集めても足りない。 そして、秀吉の努力の甲斐はあった。5月、光秀は伯耆国(現在の鳥取県の中・西部)の織田方領主に対し、「毛利・小早川と対陣している秀吉の加勢として伯耆に出陣する」と報せ、協力を求めたのだ。今回について信長様はまず秀吉の担当方面に全力を注ぐとお決めになられた(此度之義は、先至彼面相勤之旨上意に候)。 言外に自分の本意ではないという無念さをにじませる文言に、この時点で彼の親である毛利路線が反毛利路線の秀吉に完敗したことが明白に現れているではないか。翌月、秀吉は因幡鳥取城攻めを開始している。大宮神社で見つかった等身大の豊臣秀吉坐像=2020年5月20日、大阪市旭区 悪いことは重なるもの。8月には光秀が頼りとする妹の御ツマキもこの世を去る。信長に影響力を持つ彼女の死に、光秀は「比類無く力落とし」たという(「多聞院日記」)。これで彼に起死回生の目はまったくなくなった。本能寺の変まで、あと1年を切っている。 話を信長中心に戻そう。御ツマキの死の前、7月15日。旧暦ではお盆にあたるこの日、信長はまたも斬新なイベントを挙行した。「無数の提灯の群れは、まるで上(空)で燃えているように見え、鮮やかな景観を呈していた」(同書)。そう、有名な安土城ライトアップである。 現在でもお盆に門前で火を焚いて死者の霊を迎え、盆灯籠や盆提灯で故人の冥福を祈る風習はあるが、信長の当時も当然それは同じだ。この日、信長は安土城7層天主の各階の縁側にカラフルな無数の盆提灯を吊させ、夏の夜空に煌々と浮かび上がらせた。信長を危険視した欧州各国 一見、平和を享受するような前代未聞のイルミネーションだが、これはイエズス会の巡察師ヴァリニャーノに見せるための壮大な仕掛けでもある。信長は前後して彼に城内を案内し、城を描いた図屏風(安土城図屏風)を贈っているが、一連のもてなしはすべて彼を通じてヨーロッパに信長の力と勢威を知らしめることを目的としていた。 「例年ならば家臣たちはすべて各自の家の前で火を焚き、信長の城では何も焚かない習わしであったが、同夜はまったく反対のことが行なわれた。すなわち信長は、いかなる家臣も家の前で火を焚くことを禁じ(た)」という、フロイスの記述が物語るように、信長は通常の盆行事そのものを禁止し、盆提灯を天主のみに集中させたわけだが、これは信長が家臣たちの祖先の祭祀をも超越する存在だという宣言でもある。 そして、ヴァリニャーニやフロイスらは摠見寺も見学したようだ。天主の一層目の書院には盆山が置かれていたことは以前に述べたが、この寺の一番高い所─現存する三重塔の最上階だろうか─にも盆山(盆石)が安置されたことをフロイスは記している。 世界を表す盆山は、ミニ枯山水とも言える。庭園にしつらえられる枯山水は中国に起源し、秦の始皇帝が都・咸陽の宮廷の庭園に池を造らせ、その中に築山を築いて不老不死の仙境・蓬莱島(蓬莱山)を再現し、永遠の命と繁栄の理想世界を表現したのが代表的な例だ(「中国庭園の初期的風格と日本古代庭園」田中淡)。この水を砂に置き換えたのが枯山水、さらにそれを極小化しポータブル化したのが盆山(盆石)ということになる。 信長は盆山だけでなくこの枯山水にも執着していたようで、最近になって彼の「火車輪城」こと小牧山城の天守すぐ下からも、玉石と立石が組み合わされた枯山水と推定できる庭園の跡が発掘されている。(写真)そして、信長は安土城天主にも摠見寺=俗と聖、政治と宗教の双方に永遠の理想世界である枯山水の縮小版・盆山(盆石)を飾らせた。 ここで興味深い話を紹介しよう。時間は遡って永禄11(1568)年10月、彼が上洛戦を敢行した際、松永久秀が献上して来た茶入(ちゃいれ)「九十九髪茄子(つくもがみなす)」についてである。 「作物記(つくものき)」(「総見記(織田軍記)」「信長記」)というこの茶器についての当時の解説文が残っているのだが、それによれば昔、中国ではこの茶入を蓬莱假山の頂きに安置し、如意宝珠(にょいほうじゅ)として崇めていた。如意宝珠は全ての願いが叶う霊力を持つ珠(たま)で、日本では院政期以来、中世王権の象徴と考えられてきた。ここでいう「蓬莱假山」は無論屋外の庭園の枯山水の築山ではなく、屋内に置かれた盆山(盆石)を指す。その上に九十九髪茄子を置けば、それは如意宝珠と化すのだ。 如意宝珠は龍が持つ宝珠(ドラゴンボール)でもあり、天下人の象徴として九十九髪茄子を献上した久秀に対し、信長は文字通り愛する盆山の意味を補完し、万能・全権を実現するアイテムと捉えて非常に喜んだ。後に久秀が2度に渡って謀反を起こしても許そうとしたのは、このときの喜びが大きく影響したのではないだろうか。 さておき、信長は安土城天主と摠見寺の2箇所に安置した盆山のいずれかの頂きに、この九十九髪茄子を安置したものと思われる。龍神のパワーを追求し続ける信長は、ついに蓬莱山と如意宝珠という究極のアイテムの組み合わせを公開したのである。織田信長の肖像画=鳴虎報恩寺所蔵(iRONNA編集部撮影) 全てのものの上に立つ。彼はもはやその野望を隠そうともしていない。翌8月には畳職人の石見宗珍に〝天下一〟の称号を与えてお抱えとし諸税を免除。続いて9月には絵画の狩野永徳、金工の後藤平四郎、大工の岡部又右衛門、奈良大工らに多数の小袖を下賜したのも、美術工芸分野の技能でも信長こそが日本唯一の価値基準となることが高らかに宣言されたわけだ。 もちろんヴァリニャーニらも信長の意図は完全に理解していた。フロイスが「デウスにのみ捧げられるべき祭祀と礼拝を押領するほどの途方もなく狂気じみた言行と暴挙」と評したのがまさにそれだ。ヨーロッパでも世俗の権力はスペインのフェリペ国王ら、宗教的権力はローマ教皇と完全に分立しており、聖俗両方の絶対的な独裁者たらんとする信長の存在は、もはや危険極まりないものにしか映らなかったのである。灰塵に帰した信長 長い話もようやく信長の最後の年に行き着いた。天正10(1582)年の元日、安土城の信長は大量の家臣団の新年の霊を受け、天主東南下の御殿(清涼殿を模したもの)の御幸の間(天皇が行幸の際に用いる居室)を見物させ、裏口の白洲を経て北の台所に付随する厩の入り口へと誘導した。 そこには信長自身が立って待ち、皆から一人あたり100文の見物料を直に受け取って後ろ手で屋内に放り投げている。それはまさに、神社の拝殿で賽銭を集める神そのものといった風情だったろう。 そして15日には前年から引き続き御爆竹(さぎっちょう、左義長)を開催。25日、伊勢大神宮の正遷宮(内宮が100年以上、外宮が20年以上途絶していた)を実行するため3千貫(現在の価値で2億円程度)の寄進を決定。神宮側は信長に1千貫の協力を頼んで残りは他への募金で賄うつもりだったのだが、信長は「足りなければまたいくらでも出す」とオンリー・ワンの出資者となることを選ぶ。天皇家のルーツ、日本の神社の頂点にある神宮までをも、信長は独占する挙に出たのだ。 3月11日、信長の嫡男である信忠を大将とした討伐軍により、甲斐の武田勝頼が滅亡。信忠は勝頼がかつて名跡を継いでいた諏訪家の当主が大祝(おおほうり)を務める諏訪社(現在の諏訪大社)の上社を焼き討ちしたが、第26回で述べたように信濃善光寺へのルート上にある諏訪社から完全に武田家の余韻を焼き浄めるためでもあったろう。 そして信忠は、甲斐に進んで甲斐善光寺からその本尊を没収した。これもすでに紹介した通りで、「かの地で大いに尊崇されていた一つの偶像を持ち帰った」というフロイスの証言もある。阿弥陀如来像はいったん尾張清洲に送られ、それからさらに岐阜へと移された。安土─岐阜─諏訪社─信濃善光寺のパワーラインはこうして完成した。 だが、その直後、自分の政治的発言力の消滅に絶望していた重臣の明智光秀は、秀吉の応援のために中国方面へ出陣するよう命じられると、信長が京に出て本能寺で茶会を開くことを知った。7年前にも九十九髪茄子を京の茶会に持ち出した信長だが、今回も同様、九十九髪茄子を携えて5月29日に上洛し本能寺に入っている。亀山城の光秀はおそらくその情報にも接しただろう。 「如意宝珠が、蓬莱山から離れたか!」。光秀にとってそれは天啓だった。彼は27日に愛宕山に参籠し、有名な「時は今。天が下なる 五月哉」の発句を詠んでいるが(「愛宕百韻」)、このときはまだその叛意は確定しておらず、懊悩(おうのう)の中にあったのではないか。 しかし、信長の力の源(と、信長自身もその周囲も信じていた)である龍のパワーが分散するという絶好の機会に接して、光秀の心は定まった。6月2日未明、彼の軍勢は京・本能寺になだれこみ、信長を炎の中に葬ったのである。 なお、このとき光秀が本陣を本能寺付近ではなく鳥羽に置いたという説が『乙夜之書物(いつやのかきもの)』を史料として富山市郷土博物館主査学芸員、萩原大輔氏によって唱えられ、話題となっている。 「光秀ハ鳥羽ニヒカエタリ」というものだが、変から100年近く経って成立した史料の記述が真実だとすれば、本能寺をはるかに通過して鳥羽に陣を布いたのには何らかの特別な目的がなければ単なるムダな動きでしかない。京都市中京区にある現在の本能寺 おそらく光秀は近江坂本城・丹波亀山城という2つの本拠と鳥羽で逆三角形の結界を作り、その中に信長を取り籠めて龍のパワーを封じようと考えたのだろう。 彼の狙い通り、信長は何ら神通力を発揮することもなく九十九髪茄子ともども灰塵に帰した。そして6月15日、安土城天主もまた、炎上する。いまだにその原因も確定していないが、焼けたのが天主と本丸だけである以上、軍勢による焼き討ち放火の類いではないだろう。 石を割るほどの高熱を発した形跡が残っているので、天主は猛烈な炎の柱と化したことが想像できる。それはあたかも、龍が天に昇る姿を思わせるものだったに違いない。

  • Thumbnail

    記事

    ウイグルと中国、日本とGHQ…優生思想でゆがんだ人口政策の「影」

    治的・文化的・軍事的な共同体を構築することである。この「東北アジア共同体」の障害になるのが、日本の「歴史認識」などのナショナリズム的動向である、と森嶋は指摘した。 具体的には、歴史教科書の記述における「右傾化」などの諸現象であるという。このような右傾化は、共同体建設への歴史の歯車に逆らうので正しくない、というのが森嶋の主張のすべてである。要するに、中国の歴史認識と日本は歩調を合わせて、事実上、中国を中心とした政治・経済圏に飲み込まれるべきだ、ということになる。それが日本人の「人口の質」を高める優生思想につながってもいた。 この森嶋の論について、経済学者の小宮隆太郎氏は「人口の質」など不明瞭であり、単に日本が価値観を違える中国に吸収されるだけで日本には利益がない、と手厳しく批判した。中国政府による人権侵害に抗議の声を上げる少数民族の女性たち=2021年3月7日、東京都渋谷区 だが、この森嶋の「人口の質」論は、現在の中国におけるウイグル族ら少数民族への弾圧を目にすると違った意義を帯びてくる。森嶋だけの問題では無論ない。中国も日本も、そしてさまざまな知識人たちも、人口政策と優生思想によって間違った社会・経済観を持ってしまうという重大な教訓である。教訓を学び、今日、間違った人口政策とゆがんだ優生思想に苦しむ人たちを救済するために声を上げなければならない。

  • Thumbnail

    テーマ

    NHK大河ドラマ、かくありたい!

    新型コロナの影響など困難に見舞われたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、それなりの高評価を得て終了した。ただ、戦国期などをテーマにした大河ドラマは主人公を「正義」として描くなど、ワンパターン化が否めない。時代劇が姿を消しつつある中、貴重な大河ドラマだけに、今回はもっと面白くなる策を提案したい。(写真はゲッティイメージズ)

  • Thumbnail

    記事

    大河ドラマ批判は愛あるゆえ、もっと面白くなる「五箇条の御提案」

    渡邊大門(歴史学者) NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が終了した。結局、ドラマの終盤は駆け足となり、明智光秀の悲惨な最期は描かれなかった。それどころか、あたかも光秀が生き延びたかのような感じで終わっていた。 そもそも、主人公である光秀の前半生は、ほとんど不明である。実際、たしかな史料に光秀が登場するのは、永禄11(1568)年10月に織田信長が上洛して以降である。そこからわずか十余年の生涯しか分からない。 しかし、ドラマでは信長が上洛するまでの期間を長い回数で放映し、その後の光秀の動きはかなり駆け足だった。信長や光秀にまつわる政治上の重要なトピックス、合戦などはほぼスルー。視聴者のネット上の評価は、賛否両論だった。 また、マスコミの「麒麟がくる」の取り上げ方は、おおむね好意的だったように思う。そこには、大人の事情もあるだろう。別にテレビドラマに限らず、映画、演劇、小説などの批評は忖度があり、すでにおおむね成り立たなくなっているのが現状だ。 そこで今回は、大河ドラマがいかにあるべきか、私なりに考えることにしたい。 一般的に大河ドラマを見る人は、歴史好きもいるだろうが、特段の思い入れのない人が多いだろう。毎年、ほぼ惰性で「大河ドラマは見るもの」と思っている人も多いはずである。大みそか恒例の「紅白歌合戦」と同じだ。 ただ、私が歴史を好きになったのは、実は大河ドラマの影響である。具体的に言えば、昭和53(1978)年に放映された「黄金の日日」、そして翌年の「草燃える」である。毎回、食い入るようにテレビを見た。 テレビだけではない。当時、近所に住んでいた叔母にねだって、それぞれの原作本を買ってもらい、夢中になって読んだ。しかし、永井路子さんの「草燃える」には、エッチな描写があり、むしろそっちのほうが印象に残っているかもしれない…。 その後、大河ドラマは長らく見なかったが、再び見るようになったのは平成24(2012)年の「平清盛」である。それには、もちろん理由がある。当時、数々の歴史本を刊行していた洋泉社から、毎回の批評を執筆するよう依頼されたからだ。 批評するに際しては、特に注文はなかった。私自身、極端に過激な批判を避けるべきとは思っていたが、辛口批評にならざるを得なかったのは事実である。しかし、辛口批評になるということは、自殺行為だったことを連載後に知る。 あまり深く考えていなかったが、ネット上でのマスコミ関係の記事は、さまざまな視聴者層に配慮して、おおむね好意的なことを書く。「さすが神演出!」「〇〇〇〇さんの神演技!」「満を持して〇〇〇〇さんが登場!」などなどである。手厳しい批評は皆無といっても過言ではない。 しかし、私も同じように賞賛をしてもしょうがないので、辛口路線でいくことにした。これが悲劇の始まりだった。私の辛口路線は、2つの見方からなっていた。1つは史実に沿っているか、もう1つはドラマそのものがおもしろいか、ということである。 悲しいことに、私はある程度の事実関係を知っているので、毎回イライラしながら「平清盛」を見ていた。「史実と違う!」と。最初は、かなり丁寧な口調で事実関係をひも解きながら解説していたが、私のコラムに関する読者の怒りは頂点に達した。理由は簡単である。 まず、視聴者の中には、あまり事実関係を知らない人もいる。そういう人は、せっかく大河ドラマを楽しんでみているのに、「史実と違う!」と連呼されると腹が立つのである。私が行ったことは、人々が「うまい!」と思っているラーメンに対して、ラーメン評論家がケチをつけているようなものだ。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) そのうち、だんだん大河ドラマの演出などにもケチをつけるようになった。これも極めて不評で、視聴者からはずいぶんとボロカスに言われた。ミジメなものである…。そのうち「文句があるなら見るな!」とまでいわれる始末。トホホである。「大河ドラマ愛」ゆえに だが、私の大河ドラマ批評が厳しくなるのは、「大河ドラマ愛」があるからだ。ちょうど、目を掛けたスポーツ選手に「君はやったらできるんや!」と、叱責しているようなものである。とはいえ、今では厳しい叱責がパワハラになるのだから、私のしたことは時代遅れだったのかもしれない。 私なりに考えると、大河ドラマにはいくつかの問題があると思うのである。以下、そのうちのいくつかを挙げておこう。 最も重要なことは、大河ドラマがフィクションであることを明確にすることだ。時代考証者の存在が重要なのは承知しているが、あまりに前面に出すぎかもしれない。最新の研究を反映させている面は評価するものの、そういうことを強調するのはいかがかと思うのである。 歴史の研究をしていると分かることだが、歴史上のあらゆる出来事を信頼できる史料(一次史料)で調べ尽くすことはできない。極端に言えば、分かることよりも分からないことのほうが圧倒的に多い。 大河ドラマに限らず、歴史ドラマは一定の史実を踏まえながら、「主人公はこう考えたに違いない」などと想像力と創造力を働かせることが肝要になろう。しかし、そこには時代の雰囲気を伝える配慮が必要ではないだろうか。したがって、部分部分で「最新の研究成果」を強調することに、何か意味があるのかと思ってしまう。 いつも思うのは、大河ドラマの主人公のキャラクターがワンパターンなのである。ワンパターンというのは、おおむね次のように整理できる(戦国時代のものに限る)。(1)主人公は、常に正義の人であること(2)主人公は乱世にあって、平和な時代を築こうとしたこと(3)主人公は、民衆思いで慕われていたこと これにドラマの性格の困った点を挙げると、概してホームドラマであることと、ときにコント仕立ての脚本であること、になろう。 などなどであるが、要するに主人公は「良い人」なのである。それは、現代の価値観から見たものであり、いささか辟易するのだ。 なぜ、そうなってしまったのかは不明であるが、主人公の地元への配慮、野心でギラギラした主人公では具合が悪かったのかもしれない。しかし、盛んに主人公が「平和な世を築くのだ!」と連呼すればするほど、大変申し訳ないが、私にはうそ臭く聞こえるのである。 終了した「麒麟がくる」の光秀のケースで言えば、比叡山の焼き討ちに出陣していたこと、丹波八上城攻めで残虐な行為を行っていたことは周知のである。それは、当時の戦国武将として、さほど珍しいことではなかった。 しかし、ドラマの中の光秀は、比叡山の焼き討ちで女、子供、僧侶を逃がしていた。本当にそんなことがあったと想定できるのか。 つまり、戦国時代という時代性を考慮すると、いたずらに主人公を「良い人」に仕立て上げるのは、問題があると言わざるを得ないのである。 たとえば、戦時中のユダヤ人虐殺を扱った映画に「シンドラーのリスト」がある。これは何度見ても感動する映画だ。なぜ感動するのかといえば、最初はタダでユダヤ人をこき使って金儲けをしていた主人公は、やがて自分のやっていることに疑問を持つようになり、自分はどうすべきか苦悩する。決して最初から良い人として描くのではなく、等身大の人間像を描いていることになろう。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) そして、また描写も残酷である。ナチスがユダヤ人を並べて銃殺するなど、悲劇そのものだが、かえってドラマの信憑性なりを際立たせている。残酷な事実に目を背けることがあれば、誰もこの映画に共感しないのではないだろうか。ワンパターンから脱却せよ また、大河ドラマの内容とは別であるが、付随した問題も多々ある。特に、大河ドラマが始まると、珍説、奇説の類がマスコミで盛んに取り上げられ、人々が飛びつくことである。これは、悲劇である。 その一つ一つを書くことはしないが、マスコミにはいろいろと配慮をお願いしたいところだ。むろん、そうした説を取り上げるなとは言わない。慎重なマスコミの場合は、複数の識者に意見を求め、両論併記している。とはいえ、結局はおもしろいほうが勝ってしまうので、珍説、奇説が独り歩きしてしまう。 同時に、行政の大河ドラマへの関わり方にも問題があるケースが散見する。承知の通り、大河ドラマが放映されると、観光客を呼び込むのに有利になる。それゆえ、行政がデタラメな説に飛びつくという、勇み足をしてしまう例も散見する。 それにより観光客を呼び込もうとするのだが、本末転倒ではないだろうか。というのも、誤った説を信奉するような「〇〇顕彰会」の類が設立されることもあり、そこに所属する人は「それが真実だ」と思い込んでいるからだ。そういう活動を行政が後押しすることもあるので、誠に罪深い。大河ドラマは、実に影響が大きいのである。 ちょっと苦言を呈したが、先に「大河ドラマ愛」に触れたように、頑張ってほしいと思っている。というのも、ご存じの通り時代劇は衰退の一途をたどっているからだ。もはや同じ曜日時間帯で長期にわたり連続して放映される時代劇は、大河ドラマしかない。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) 亡くなった私の父は、時代劇が大好きだった。しかし、時代の流れとともに時代劇は姿を消し、悲しがっていた。 そこで、私なり考えて、大河ドラマに以下5つの提案をしたい。(1)主人公は常に正義の人であるというワンパターンはやめ、常に悩み苦しむ等身大の人物として描くこと(2)主人公は平和主義というワンパターンはやめ、ときに残虐で狡猾な姿を見せること(3)主人公は民衆思いで慕われていたというワンパターンはやめ、戦争の残酷さなどを真摯に描くこと(4)家族愛、きょうだい愛、親子愛を強調するホームドラマをやめ、ときに親子、兄弟が殺しあうような悲惨な現実を描くこと(5)コント仕立ての脚本はやめ、重厚長大な大河ドラマであってほしい むろん、これには異論があるだろう。しかし、ここ10年ほど大河ドラマを見てきた者としては、ぜひお願いしたいところである。

  • Thumbnail

    記事

    森発言に象徴される時代錯誤、「昭和の保守派」が日本を食い潰す

    上久保誠人(立命館大政策科学部教授) 東京五輪・パラリンピック組織委員会会長だった森喜朗氏が「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言をしたことが大きな批判を呼んだ。森氏は2月4日に釈明会見を開いたが、批判は国外にも広がり、辞任に追い込まれた。 その後、日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏が森氏から事実上の後継指名を受けると、女性会長の就任や若返りを望む声が殺到した。すると、政府が川淵氏の会長就任に難色を示し、組織委は起用を見送った。 前スポーツ庁長官の鈴木大地氏などが後任候補に挙げられたが、2月18日には、橋本聖子五輪相が組織委からの会長就任要請を受諾したと報じられた。女性や若手では経験不足との声もあるが、そんなことはない。むしろ、森氏ら長老が中心となって準備してきた五輪・パラリンピックは、これまで問題だらけだったではないか。彼らが経験豊富で運営能力があると考えることこそ勘違いだったのだ。 森氏の発言に話を戻すと、女性差別、女性蔑視とされても弁解の余地のないものである。五輪・パラリンピックの理念にも完全に反するものだ。会長辞任は当然だと考える。一方、森氏個人の考え方をバッシングして終わればいいというものではないように思う。より本質的に考えるべき問題がある。 例えば、中西宏明経団連会長は森氏の発言に対して「日本社会っていうのは、そういう本音のところが正直言ってあるような気もします。(それが)ぱっと出てしまったということかもしれませんけど」とコメントした。つまり、重要なのは、森氏のような現代では通用しない古い価値観を持つ人たちが、いまだに日本社会の中枢を占めていることだ。 そもそも、東京五輪とはなんであろうか。それは、2025年に開催予定の「大阪万博」と併せて、日本の国力を世界に示すという「国威高揚策」として招致されたものだ。また、巨大なハコモノの建設にカネをバラまいて景気を浮揚しようという経済政策でもある。東京五輪のメイン会場となる新国立競技場と五輪マーク=2020年3月、東京都新宿区(三尾郁恵撮影) 要するに、昭和の時代に青春期を生きた人の「高度経済成長期の夢をもう一度」という願望が具現化されたものだということだ。そして、その夢が日本の発展の足を引っ張ってきたことが問題なのだ。 新型コロナ禍に見舞われた日本が目の当たりにしたのは、リモートワークなどで必要なIT・デジタル技術で世界の後塵(こうじん)を拝しているという事実だった。それは「東京五輪」「大阪万博」の招致が決まった安倍晋三政権時代に、アベノミクスと呼ばれた異次元の金融緩和・公共事業のバラマキにより、斜陽産業の延命が図られる一方で、成長戦略の実行が先送りされ続けたためである。 GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)と呼ばれる米国の巨大IT・デジタル企業体が世界を席巻し、BATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)などの中国勢がそれを追う展開となっていたとき、日本では昭和の夢の復活を追う老人たちに、安倍前首相など現役政治家たちが配慮する「シルバー・デモクラシー」が続き、イノベーションの芽も、新しい産業が産まれる芽も、世の中を変えようとする意欲ある若者が登場する芽も、摘まれ続けていたのだ。 森氏は首相在任中の2000年に「日本は神の国」と失言し、バッシングを受けた。いわば「昭和の保守派」である。私は「昭和の保守派」たちに常々聞きたいと思っていたことがある。今回はそれを聞く、いい機会だと思う。 それは、「昭和の保守派」たちのさまざまな主張をそのまま実行すれば、日本は衰退の一途をたどってしまうのではないかという疑問だ。あえていえば、彼らは、まるで日本を滅亡させたいのではないかとさえ思えてならないのである。 菅政権誕生後、女性の社会進出を進めようとする動きが出てきている。例えば、「選択的夫婦別姓」を実現させようという動きが自民党内の女性議員たちから出てきた。これは、国連の女性差別撤廃委員会から「差別的な規定」と3度にわたって勧告を受けている問題だ。だが、「昭和の保守派」たちの考えを引き継いだ反対派の抵抗が強く、法案の提出は見送りとなった。「家族」の価値観 女性の社会進出について、日本は極めて遅れているといわれている。企業の管理職における女性の割合は、わずか14・9%(総務省統計局)である。基準は異なるが、国際労働機関のデータベースによるとドイツ29・4%、フランス34・5%、英国36・3%、スウェーデン38・6%、米国40・7%である。また、「下院議員または一院制議会における女性議員の比率、193カ国ランキング(Women in Politics: 2019)」で日本は165位(衆院10・2%)にとどまっている。 女性の社会進出の低さが、日本社会・経済の成長の可能性を阻害しているのは明らかだ。それについて、「昭和の保守派」たちはどうお考えなのか、お聞きしたいものだ。 次に、「昭和の保守派」たちに聞きたいのは、彼らが伝統的な「家族」に非常にこだわっていることの弊害だ。「サザエさん」のような一家だんらんが日本の家族のあるべき姿だというのだが、そんな人たちの支持を受けた野党時代の自民党が作成した「自民党憲法改正草案」には、日本国憲法には存在しない「家族条項」と呼ばれる条文(第24条)が追加されている。(家族、婚姻等に関する基本原則)第二十四条 家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない。2 婚姻は、両性の合意に基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。日本国憲法改正草案(自民党憲法改正推進本部) これは、日本国憲法第24条の「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し」という文言を「2人だけで決めて、親を排除しなさいと言っている」「日本の家庭は崩壊の一途をたどり、家族の絆は失われつつある」と批判して設けられたものだ。 しかし、親から結婚を反対されたとき、憲法を持ち出して駆け落ちを強行するような若者が今の日本に存在しないことは誰にでも分かる。家族の崩壊を憲法のせいだというのは、あまりに論理が飛躍している。 日本の家族形態が多様化したのは、発展途上の段階から高度成長に入る過程で産業化・都市化が進み価値観が多様化するという、どの国にもありうる普通の変化が起きたにすぎない。国家が価値観を押し付けて、祖父母・夫婦・子供が同居する「標準家族」が多数を占める社会に戻すことなど、絶対に無理である。 むしろ、家族形態・価値観の多様化という現実を積極的に認めたほうが、日本の少子化の改善、経済成長、社会の発展につながるのではないだろうか。欧米ではシングルマザー・シングルファーザーを認める社会にしたことで、むしろ出生率が上昇したという研究結果がある。 日本では結婚していない母親から生まれた婚外子の割合がわずか2・3%だが、海外ではなんと、フランスでは59・7%、スウェーデンでは54・9%、と、半分以上が婚外子なのである。そして、フランスもスウェーデンも、1990年代に1・6%台に下がっていた出生率を2%台に回復させることに成功しているのだ。※写真はイメージです(ゲッティイメージズ) フランスの場合では、事実婚のカップルに対して1999年、税控除や社会保障など、結婚に準じる権利を付与する「パックス婚」の制度が制定されていることが一因と考えられている。結婚の形態の多様化に合わせた柔軟な制度設計にすることで、子供を産みやすい社会になってきたのだ。 これに対して日本では、価値観が多様化したといっても、いまだに家族という単位へのこだわりが強く、明らかに若者が結婚を重いものと考え、躊躇(ちゅうちょ)する一因となっている。それを、自民党の草案のように規定してしまったら、家族を築くことが余計に重くなってしまい、若者が結婚から遠のき、少子化が進んでしまうのではないだろうか。 さらにいえば、「昭和の保守派」たちは、皇室の存亡に関わる深刻な問題をどうお考えだろうか。皇位の継承は「万世一系の男系の男子」となっているが、秋篠宮殿下、その長男の悠仁さましか事実上の継承者がいない。進まぬ議論 両陛下の長女、敬宮(としのみや)愛子さまに皇位継承権がなく、皇室の周りを固め、いざとなれば皇位継承者を出すはずの「宮家」は、戦後ほとんどが廃止されている。愛子さまや、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと次女、佳子さまは結婚すれば皇室離脱し、「宮家」を創設できない。将来、皇室は天皇・皇后両陛下のみという事態も容易に想定できる状況だ。 この問題への対応策は「女性天皇」「女系天皇」を認めることである。小泉純一郎政権時代に私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が設立され、議論された。「だって、このままじゃ皇室が滅びるでしょ」的な、シンプルでリアリスティックな小泉元首相の意向が反映され、2005年11月に「家族観や社会における男女の役割分担などをめぐって、国民の意識や制度にさまざまな変化が生じてきていることも考慮する必要がある」として、「女系」容認の可能性を示唆する報告書が提出された。 しかし、その後、秋篠宮家に悠仁さまという皇位継承者が誕生したことで議論が停滞し始め、保守派が支持する第1次安倍政権が登場して議論がひっくり返された。「女性・女系天皇」は否定されてしまったのである。 「昭和の保守派」たちが主張する、「天皇は『万世一系』であり、皇統連綿の一糸の『男系』によってが存在してきた。だから『万世一系』『男系』でなければならない」という日本の文化は理解できる。しかし、皇室は滅亡に向かうしかないという現実に対して、どういうお考えをお持ちなのだろうか。 日本オリンピック委員会(JOC)前会長の竹田恒和氏と作家の恒泰氏の「旧竹田宮」親子のような「旧宮家」を再興すべきと主張がある。テレビで「(6世紀ごろに豪族の大伴金村が)応神天皇の5世孫を現在の福井県で見つけ出し、第26代継体天皇として即位させたことで男系の皇位継承が守られた」という話まで持ち出していた人がいて苦笑した。これを現代に当てはめれば、「宮家再興」により昨日まで民間人だった方を皇位継承者にして「〇〇宮さま」と呼ぶということだろうが、国民には非常に違和感がある。女性皇族が結婚後に宮家を立てて皇室に残る「女性宮家」の創設や、女性・女系天皇を認めるかどうかの議論をするほうが、はるかに現実的で、国民の理解を得やすいはずだ。 英国王室は、女性の王位継承にこだわりがないのは言うまでもなく、実に4千人以上の王位継承権を持つ人がいる。王室は欧州の他の王室と政略結婚を繰り返しているため、オランダ王室など、他国にも英国の王位継承権を持つ人がいる。 もちろん、英国と日本では背景が違いすぎて参考にならないのは言うまでもない。それでも一つだけ指摘すれば、王室の血統とは、ありとあらゆる手段を使って維持に努めるものだということだ。それに比べて、「昭和の保守派」たちの主張は、あまりに「伝統」にだけこだわっていて、本気で「皇室の血統」を守ることには全くと言っていいほど無頓着のように見える。本当に皇室を守りたいか、非常に疑わしく思えてしまうのである。 最後に、森氏のような「昭和の保守派」たちが憧れる「昭和」とは、そもそもどんな時代だったかを考える。端的にいえば、昭和というのは単純な時代で、頭を使わなくても済む時代だった。毎年、税収が増えて、国民のどんな要求に対しても何の苦労もなく、いくらでも予算をつけられる時代だったのだ。そんな時代のやり方を、何の反省もなく現在も続けている結果が、若者の将来につけ回される巨額の財政赤字ではないか。 この「昭和」という時代を作ったのが、東西冷戦期の米国の世界戦略だった。米国が「世界の警察官」を務め、「世界の市場」となった。それは旧ソ連と中国の共産主義ブロックに対抗するための戦略だった。米国は、共産主義の拡大を防ぐための地政学的な拠点を同盟国とし、米軍を展開して同盟国の領土を共産主義の軍事的脅威から防衛すると同時に、海軍を世界中に展開して、同盟国のエネルギー資源確保も保障した。 また、同盟国の貧困が共産主義のまん延につながらないように、同盟国を工業化し、その製品を米国市場に大量に輸出させることで経済成長させた。冷戦終結後は、旧共産圏など世界中の新興国も米国市場への輸出で豊かになり、中国に劇的な経済成長をもたらした。米空軍横田基地で恒例の友好祭が開かれ、オスプレイの見学には大勢の観客が列を作った=2019年9月、東京都福生市(酒巻俊介撮影) 米国が築いた国際社会の中で、最も恩恵を受けたのが日本だったのはいうまでもない。日本は、自由主義圏と共産圏によって南北に分断された朝鮮半島に近接し、アジアにおいて共産主義ブロックと対峙(たいじ)する前線だった。米国は、日本を「高度経済成長」させることで、共産主義に対抗するフロントラインとして機能させようとした。 そもそも、日本が先の大戦を始めた最大の理由は、資源と市場へのアクセスを確保するためだった。日本は米国に完膚(かんぷ)なきまでにたたきのめされたが、戦後はその米国から、元々の望みをはるかに上回るものを提供された。その上、米国から自力では到達しえない完璧な安全保障を提供された。これは「奇跡」だったのである。 つまり、自分たちの力で何を成し遂げたわけでもないのに、自らを「成功者」と勘違いした「昭和の保守派」が日本の社会、政治、経済をいまだに牛耳っている。後に続く世代に「昭和の経験」を絶対的な価値観として押し付け続けていることこそが、コロナ禍で明らかになった、日本が世界のIT・デジタル社会の進歩から取り残されてしまった本質的な原因なのである。 最後に、新しい時代を担うことになる若者たちに言いたいことがある。それは、「昭和の保守派」たちが語る成功体験を一切聞くなということだ。繰り返すが、昭和の高度経済成長というのは米国に守られ、米国に食べさせてもらった「奇跡」であって、その時代に生きた人たちが努力をして成し遂げたというのは、完全な勘違いなのである。

  • Thumbnail

    記事

    生誕800年に見つめ直す、正統と改革の大聖人日蓮が描く理想社会

    金子宗徳(国体学者) 日蓮について、読者の皆さんはいかなる印象を持っておられるだろうか。 彼が元寇を予言したというエピソードを思い起こす人や、あるいは創価学会を連想する人もあろうが、それらは日蓮という人物の一端でしかない。それ国は法に依つて而(しこう)して昌(さか)へ、法は人に因つて而して貴し。国亡び人滅せば、仏を誰か崇むべき、法を誰か信ずべけんや。先づ国家を祈つて、須(すべから)く仏法を立つべし。 これは、鎌倉幕府の前執権であった北条時頼に宛てた日蓮の建白書『立正安国論』の一節である。「法(仏教の教え)」と「国(国家・国民)」とが切っても切り離せないと考える日蓮は、仏教の正しい教えを確立すること(立正)によってのみ、国家・国民の安寧(安国)は可能になると説いた。 こうした日蓮の思想は、いかにして形成されたか。それを知るには、その生い立ちをさかのぼらねばならない。 承久4(1222)年、安房国長狭郡東条郷片海(現在の千葉県鴨川市)という漁村に一人の男児が生まれ、善日麿(または薬王麿)と名付けられた。この善日麿が後の日蓮となる。 日蓮宗門下においてその誕生は2月16日とされており、この日に慶讃の法要が今でも行われている。生誕から数えで800年目にあたる本年は、コロナ禍で規模を縮小するものの、生家跡近くに建立された誕生寺(もとは生家跡に建立されたが、津波による水没のため現在地に移転)で大規模な行事がなされるという。 数えで12歳となった善日麿は学問を志し、近在の山腹に建つ清澄寺で学問に励む。当時の清澄寺は天台宗の寺院であり、そこで仏教の天台教学を学んだのであろう。 ここで、簡単に仏教と天台教学について略述しておきたい。初期の仏教における根本的な教説は、以下の「三法印」に拠っている。1.諸行無常(あらゆる現象は不変ならざる(移りゆく)ものである)2.諸法無我(あらゆる物事は因縁によって生じた実体性のない仮の存在である)3.涅槃寂静(前二者を体得することによって煩悩を滅尽すれば悟りの境地に達し、心の平安を得る) ただ、これらは難解である上に、厳しい出家生活を送る必要があったため、それらを理解し、実践し得る者は少数であった。誕生寺の日蓮聖人の幼な像。産湯を使った寺として知られる=千葉県天津小湊町(渡辺大輔撮影) かかる個人主義的な仏教の在り方に対し、他者の救済を通じて結果的に自身も救済されるべきと考えた者たちは、自らをサンスクリット語でボーディ・サットヴァ(菩薩)と称した。 このような社会全体の救済を志向する集団は、同じくサンスクリット語でヒーナヤーナ(小乗=限られた人しか救い得ない乗り物)たる従来の仏教に対し、自分たちの掲げる仏教をマハーヤーナ(大乗=多くの人を救い得る乗り物)と称し、自派の優位性を主張した。法華経とは何か その後、『華厳経』『阿弥陀経』『般若経』など大乗仏教の立場から多様な経典が書かれたが、中でもこれら諸経典を整理統合しようとする『法華経(妙法蓮華経)』は特筆すべき存在であった。 『法華経』では、次の二点を強調している。1.あらゆる人間は仏性を宿しているのだから仏の慈悲により救済される資格がある。2.その主体となる仏は、古代インドにおいて釈迦と呼ばれた人物ではなく、はるか遠い昔に悟りを開いて時空を超えてさまざまな場に現れ、人々の機根に合わせて多彩な教えを説いてきた「久遠実成の本仏」である。 これらの所説に従えば、一切の諸経を包摂した上に、その便法たる部分と真理たる部分とを区別することが可能となる。さらにはあらゆる人間に対して、現実世界で性別や能力にかかわらず成仏することができ、ひいては社会もまた成仏して「仏国土」が実現する道が開かれることになる。 『法華経』がわが国に伝来したのは仏教公伝から間もない時期のことで、『日本書紀』によれば、推古天皇14(606)年に聖徳太子が『法華経』に関する講義をしたという。 なお、聖徳太子は『法華経』の解説書『法華経義疏』を著したことでも知られる。さらに、『法華経』は『金光明最勝王経』『仁王経』と共に「護国三部経」と重んじられ、聖武天皇は全国に「法華滅罪之寺」(国分尼寺)を建立した。こうした『法華経』受容の背景に、先の「仏国土」思想があることは言うまでもない。 そうした『法華経』を下敷きにして諸経典を統一したのが古代支那の天台大師・智顗であり、その成果が天台教学である。この天台教学をわが国に移入したのが最澄であり、平安時代に、最澄が建立した比叡山延暦寺、そして後に門流が分裂して成立した園城寺を中心として、天台宗の寺院が各地に開かれた。 しかし、日蓮こと当時の善日麿は、二つの大きな疑問を抱いていたという。第一に、仏教の教義によれば、前世において徳を重ねた果報として「天皇」という地位につかれたはずであるにもかかわらず、なぜ安徳天皇は壇ノ浦で入水(じゅすい)せざるを得なかったのか。 また、どうして後鳥羽上皇は承久の乱に敗北して隠岐(おき)へと流されたのか。そのような不幸な御生涯を送られたということは、何か大きな過ちを犯してしまわれたからか。 第二に、承久の乱において、後鳥羽上皇の意を受けた比叡山をはじめとする寺社の高僧たちが北条義時征伐の加持祈祷を行ったにもかかわらず、どうして義時が勝利したのか。写真はイメージ(ゲッティイメージズ) 加持祈祷によって現実世界をコントロールできるという真言密教の思想は正しい仏教と言えないのではないか。そもそも、もとは一つであったはずの仏教が宗派に分裂し、対立しているのはなぜか。何が正しい仏教なのか。 この二つの問いは鎌倉時代当時の、国家と宗教に対する根本的疑問であった。末法の世 この問いに挑むべく、日蓮は清澄寺の本尊である虚空蔵菩薩に「日本第一の智者となし給え」という「願」を立て、16歳のときに得度(とくど)して是聖房蓮長と名乗る。 その後、各宗派や諸経典の優劣について一つの直感を得た日蓮は、経典に基づいて各宗派の教義を検証すべく、比叡山・園城寺・高野山などに遊学した。 十数年に及ぶ遊学を経て、彼は「法華経」こそ仏教の中心となる経典であり、それを否定する諸宗派は仏教の正しい教えとは言えないことを確認する。その意味において日蓮は、天台宗でありながら真言密教を受容した比叡山および園城寺の現状は否定されるべきものであった。 とはいえ、日蓮も真言密教を受容する以前の状態に戻れば解決すると考えたわけではない。そのときとは時代が大きく変化しているからだ。そしてこのことは、「末法」という言葉に象徴されている。 「末法」とは仏教における「三時」の一つである。「三時」とは「正法」「像法」「末法」の三つ時に分類され、それぞれ千年経るごとに時代が移り変わるというものだ。1.正法:釈迦の逝去後から千年、その説いた正しい教えが世で行われ修行して悟る人が存在する時代2.像法:「正法」を過ぎ、次に教えが行われても外見だけが修行者に似るだけで悟る人は存在しない時代。3.末法:人も世も最悪となり、正法がまったく行われない時代。 平安時代から鎌倉時代にかけて、釈迦は紀元前949年に逝去したと考えられており、永承7(1052)年が「末法元年」とされた。この年、藤原道長の子である頼通が関白を務めていたが、東北地方で安倍一族が反乱を起こした前九年合戦や、奥州藤原氏勃興のきっかけとなった後三年合戦など、朝廷を主導する藤原摂関家の権威に陰りが見えはじめてきた。激しい形相の「快傑日蓮」の像=東京都武蔵野市の「井の頭自然文化園」 安倍氏の反乱を鎮圧した源頼義が東国武士の中で重きをなすなど武士が台頭し、没落する摂関家に代わって皇位を退いた上皇や法皇が政治の実権を握る院政が行われるようになっていく。 これら政治的主導権を巡る争いは、源平の合戦から鎌倉幕府の成立をへて承久の乱に至るけれども、その過程で権力者と結びついていた仏教界の堕落も進んだ。こういった社会情的背景もあったことで、人々は当時の時代意識として「末法」の二文字を抱くに至った。日蓮による他宗批判 末法の世の中で、日蓮はさらなる疑問を抱く。それは「二十五方便」という以下の状態を保ち、「十乗観法」と呼ばれる瞑想を行うことで、さまざまな煩悩(欲望)を断滅して精神を清浄にした上で瞑想を行い、『法華経』に示された境地を理解するという、高度の知力と極度の忍耐力を要する観念的な修行に何の意味があるのか、という点だ。二十五方便とは・具五縁(持戒清浄・衣食具足・閑居静処・息諸縁務・得善知識の五つ)・呵五欲(色・声・香・味・触の五欲を起こすことを戒めること)・棄五蓋(貪欲・瞋恚・睡眠・掉悔・疑の五つの煩悩を捨てること)・調五事(食・眠・身・息・心の五つを調えること)・行五法(欲・精進・念・巧慧・一心の五つを行うこと) そもそも、そうした修行に耐え得る一部の者しか「悟り」を得られない一種の思弁哲学に天台教学が陥ってしまったからこそ、現実問題の解決を求める人々は真言密教になびいてしまったのではないのかと、日蓮は思索する。 そこで彼は「常人には実践困難な修行を重ねた結果として法華経を信仰するのではなく、仏が悟った内容としての法華経を信仰するところから修行を始めよう」という新しい信仰の在り方を確立した。 その合言葉が「南無妙法蓮華経」の題目なのである。「南無」とは、サンスクリット語の間投詞「ナモ」を音写したもので、「帰依する」という意味であり、「『妙法蓮華経(法華経)』に帰依する」という意味だ。 『法華経』に基づく新しい信仰を確立した是聖房蓮長は清澄寺に戻り、名を日蓮と改め、他宗派を批判すると共に「唱題行」の実践を主張した。 他宗派に対する批判は、後に「念仏無間、禅天魔、真言亡国、律国賊」の「四箇格言」として、以下のように整理されている。念仏無間・浄土宗や浄土真宗といった念仏の教えは、現実世界を穢土(えど)と見なし、阿弥陀如来の「仏国土」である西方極楽への往生を願うが、そうした退嬰(たいえい)的な厭世(えんせい)主義にとどまる限り、現実世界における絶え間ない苦難は解消されない。禅天魔・臨済宗や曹洞宗といった禅の教えは、不立文字(ふりゅうもんじ)など文字に書かれることのない真理を強調するが、仏教を掲げる以上は仏の言葉とされる経典に依拠すべきであり、凡夫たる人間が勝手なことを主張するなど魔に魅入られた不遜な所業である。真言亡国・真言密教は、加持祈禱(かじきとう)で現実世界をコントロールできると主張するけれども、依拠する『大日経』に根拠となる部分はなく、承久の乱において後鳥羽上皇が敗北したことからしても現実的な有効性はなく、国を滅ぼしかねない。律国賊・律宗など奈良仏教の流れをくむ教えは、戒律を厳守することで悟りを得ようとするが、いたずらに自由を拘束しても民衆の救済にはつながらず、「末法」においては無駄な努力である。 こうした日蓮の他宗批判は、「一切の諸経を統一し、仏の慈悲に基づいて現実世界において全ての人間を救う」という『法華経』の主張を踏まえた結果である。本阿弥光悦が書写した「立正安国論」=2015年3月、京都市上京区の妙蓮寺 けれども、当然ながら他宗の僧侶や信者の怒りを買い、暴徒から何度も襲撃されたり、幕府によって繰り返し弾圧されたりした。日蓮が後世に残したもの しかしながら、度重なる「法難」にもかかわらず、日蓮は『法華経』に基づく理想社会の実現を目指して生ある限り布教を続けた。 そして日蓮の死後も、その教えは社会に大きな影響を与える。いくつかの例を挙げよう。後醍醐天皇は、鎌倉幕府打倒後に日蓮の弟子である日像の御進講を聞き、京都での布教を許可された。それだけでなく、右手に剣を、左手に『法華経』を持ったまま、崩御されたと伝えられる。 その後、現世における救済を説く日蓮の教えは京都の経済活動を支える町衆に受け入れられた。その結果、京都は「題目のちまた」と化し、多くの寺院が立ち並ぶに至る。 その後、日蓮の教えを信じない者からの施しは受けず、また、信じない者に施しは与えないという「不受不施」の教義ゆえ、叡山や周囲の守護大名の攻撃を受けて寺院が破却されるが、再び勢力を回復し、その保護の下に長谷川等伯や本阿弥光悦など桃山文化を代表する芸術家が活躍した。 「不受不施」の教義は政治に対する宗教の自立を意味するが、豊臣政権や徳川幕府の弾圧を招く原因となった。「不受不施」を説くことは禁じられ、その教義を守ろうとする者は「隠れキリシタン」と同じような信仰生活を送ったのである。 同時代の宗教弾圧としてはキリスト教(カトリック)ばかりが取り上げられるが、「不受不施」を巡る日蓮宗への宗教弾圧にも目が向けられるべきだろう。 その後、明治維新を経て宗教活動の自由が認められたことを背景に、「立正安国」思想の現代化を図ったのが田中智學である。神武建国の精神と法華経の理想とは重なり合っており、そのような特徴を有する日本国には「八紘一宇」すなわち世界を道義的に統一する使命があるという、田中智學の主張は少なからぬ人々に支持された。「大日蓮展」で展示された日蓮聖人坐像=2003年1月、東京都台東区の東京国立博物館 その代表的な人物は、『世界最終戦論』において、大量破壊兵器と長距離運搬手段の登場を予測し、それを用いた日米の決戦というシナリオを描いた日本陸軍の石原莞爾であろうが、意外なところでは童話作家の宮澤賢治も智學の統率する「国柱会」の会員であった。 このように日蓮は決して狂信的な人物ではなく、大乗仏教の正統を受け継ぎつつも時代の変化を踏まえて大胆な改革を行ったのであり、その影響力は宗教や政治のみならず、文学や芸術にまで及んでいるのだ。

  • Thumbnail

    記事

    渋沢栄一の「士魂商才」儲け第一主義の日本が忘れた箴言

    岩田温(政治学者) 受験勉強の弊害について批判されることが多いが、私は受験勉強には一定の意味があると考えている。若いうちに数学の問題を解いて論理的思考を養うことや、世界史や日本史の暗記によって記憶力を鍛えることには意味があると考えるからだ。将来、学力がそのままの形で活(い)きることは少ないかもしれないが、知性を鍛えておくことは無駄にはならない。 そうは思いながらも、やはり受験勉強には弊害もあるというのが事実である。思想家の思想を極端に単純化し、有名な一節を諳(そら)んじるだけで思想家の全てを理解したと思い込む弊があるように思えるのだ。 誤解の最たるものは福澤諭吉の言葉だろう。『学問のすすめ』は「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」との言葉から始まることは余りに有名だ。この一節を覚えただけで、福澤諭吉は単純な平等論者であったと結論付ける人たちが結構存在するのである。だが、福澤は『学問のすすめ』で単純に平等を説いたのではない。元来、平等に生まれた人間の中で差が生じるのは、畢竟(ひっきょう)、学問の差であり、それゆえに学問を為さねばならぬと説いたのだ。 これほど極端な誤解はされていないが、思想家の思想の一部分だけが切り取られて理解されていることは多い。例えば、アダム・スミスと聞けば、主著は『国富論』であり、その思想内容は「神の見えざる手」によって、市場経済の万能性を説いたかのように思い込んでいる人も多いのではないだろうか。それぞれが我欲を追求しても、結果的には神が調和をもたらしてくれる。したがって、公益の追求ではなく、我欲を求めていればよいと説いた人物だと勘違いしている人も多いのではないか。 確かにアダム・スミスは『国富論』の著者であり、市場経済の重要性を説いた思想家である。しかし、同時にスミスは『道徳感情論』の著者であり、人間における道徳を深く考究した思想家でもあったのだ。NHK大河ドラマ「青天を衝け」完全読本(産経新聞出版) 人間の多くが富裕な人々、有力な人々に感嘆し、崇拝する一方で、貧しく、力のない人々を軽蔑したり、無視したりする性向があることをアダム・スミスは指摘する。こうした人間の性向は身分の区別や社会秩序を確立することに必要であることを認めつつも、彼は、これらの性向が「われわれの道徳諸感情の腐敗の、大きな、そしてもっとも普遍的な、原因である」とも述べている。 市場経済の擁護者といえば、「儲ければ勝ち」といった俗悪な拝金主義者であったかのように思われがちだが、アダム・スミスは人間における道徳の重要性を説いた思想家でもあった。 市場経済の擁護者が道徳の研究者でもあったという事実は極めて興味深いが、わが国でも商業と道徳との両立を説いた資本家が存在した。渋沢栄一である。彼は名著『論語と算盤』において、何度も「論語」すなわち、「道徳」と「算盤」すなわち「商業」を両立させる重要性を説いている。和魂洋才ではなく「士魂商才」 例えば、渋沢は「士魂商才」との言葉を用いる。「和魂漢才」、「和魂洋才」といった言葉は、日本人として大和魂を維持しながら外国の優れた思想、技術を取り入れて活用する重要性を説いたものだ。これを真似て渋沢は「士魂商才」を説くのだ。 渋沢は次のように説く。人間の世の中に立つには、武士的精神の必要であることは無論であるが、しかし、武士的精神のみに偏して商才というものがなければ、経済の上から自滅を招くようになる。ゆえに士魂にして商才がなければならぬ。出典:論語と算盤(角川ソフィア文庫) 渋沢は自分自身が大蔵省を辞し、民間人として商人として生きることを選択した際、多くの人々に「賤しむべき金銭に眼(まなこ)が眩み、官を去って商人になるとは実に呆れる」と批判された。だが、渋沢はこれらの批判を意に介することはなかった。明治日本において改めるべき点は多々あるが、商売が振るわないようでは日本の将来はありえないと信じていたからであり、商業そのものを卑しめる思想から脱却せねばならぬと考えていたからでもある。 儲かれば何をしても構わないという強奪、詐欺のような商売は、長続きしない。「真正の利殖は仁義道徳に基づかなければ、決して永続するものでない」との信念があったのだ。それゆえに、渋沢は「論語の教訓に従って商売し、利殖を図ることができる」と考えた。 また、「士魂商才」を説く渋沢は明治人の気概として、国家の行く末を考え続けた人物であったことも忘れてはならないだろう。商業こそが明治日本に必要だと考えた渋沢ではあるが、商人が国家の存在を閑却(かんきゃく)すべきではないと指摘しているのだ。如何に自ら苦心して築いた富にした所で、富はすなわち、自己一人(いちにん)の専有だと思うのは大いなる見当違いである。要するに、人はただ一人(ひとり)のみにては何事もなし得るものでない。国家社会の助けによって自らも利し、安全に生存するもできるので、もし国家社会がなかったならば、何人(なんぴと)たりとも満足にこの世に立つことは不可能であろう。出典:同上  渋沢の哲学に従えば、国家なくして商人の成功はあり得ない。したがって、成功した商人ほど国家、国民に還元することを考えるべきであるということになる。それゆえに、渋沢は次のように続けている。富の度を増せば増すほど、社会の助力を受けている訳だから、この恩恵に酬ゆるに、救済事業をもってするがごときは、むしろ当然の義務で、できる限り社会のために助力しなければならぬ筈と思う。出典:同上発表された新紙幣の見本=東京都千代田区の財務省(宮崎瑞穂撮影) 近年、株主資本主義から公益資本主義への転換がさかんに主張されている。「論語」と「算盤」の両立を説いた渋沢の哲学が今こそ見直される時期ではあるまいか。

  • Thumbnail

    記事

    問うべきは雇用契約、本質を突く慰安婦新論文に秘められた価値

    れていた。当然だが、今日的な観点からは、このような「公娼」制度が認められていいわけはなく、単に当時の歴史的な文脈の中で解説しているにすぎないことをお断りしておく。 産経新聞のラムザイヤー論文の要旨を引用すると、「内務省はすでに売春婦として働いている女性のみ慰安婦として雇うことを募集業者に求め、所轄警察には、女性が自らの意思で応募していることを本人に直接確認するとともに、契約満了後ただちに帰国するよう女性たちに伝えることを指示した」とあった。ソウル市内で「反日種族主義との闘争」の発刊の記者会見に臨む李栄薫氏(右から3人目)=2020年5月(名村隆寛撮影) だが、ラムザイヤー氏はこの契約が、先にも指摘したように「完備契約」ではなかったとする。その理由は、主に雇用者と慰安婦の仲介をした朝鮮での募集業者であった。募集業者が、この雇用契約を「不完備」なものにしていた。きちんとした契約内容を伝えることなく、募集を行っていた業者も多かったのではないか。それがラムザイヤー論文の指摘である。 このとき日本軍、当時の日本政府の「責任」とはなんだろうか。「性奴隷」を生み出したことではないことは、ラムザイヤー論文や李氏らの著作からも明らかであり、現在の日本政府が否定していることでもある。こうした新たな視点を持った論文などを、慰安婦問題を実証的で合理的に検討するための一つの契機にすべきだろう。

  • Thumbnail

    記事

    信長の神格化に一役?疫病終息祈願で広まった安土「人魚」騒動

    橋場日月(歴史研究家、歴史作家) 天正9(1581)年1月8日、織田信長の正月イベントは御爆竹(おんさぎっちょう)=左義長(さぎっちょう)として行われたわけだが、現在でも続く神社でのお焚き上げやどんと焼きのような左義長とは様相が異なったようだ。 近江八幡の八幡山城のふもとにある日牟禮(ひむれ)八幡宮では、信長による安土の左義長を継承したという「八幡の左義長」が現在も連綿と続いている。それは左義長と呼ばれる青竹やわら、干支にちなんだ飾りで組まれた山車同士を激しく衝突させ(左義長のけんか)、最後の夜にはその左義長に火を放つという派手なものだ。 水分を多く含んだ青竹は火によって大きく爆(は)ぜる。おそらく信長の時代も破裂音が炸裂したのだろう。 熱狂した観衆がどっと喚声を上げて囃(はや)し立てる中を、黒の南蛮笠(とんがり帽子形で、ぐるりと周囲につばをめぐらせた笠)に天上眉を描き、紅い公家装束に唐錦の袖無し羽織、虎皮の前垂れという何とも〝映え〟でシュールな出で立ちの主役、信長以下が馬場を駆け回る。中には爆竹の音に驚いて暴れる馬もあっただろう。 それを見事に御する馬乗りには万雷の拍手が贈られたに違いない。それはあたかもスペイン・バルセロナのメルセ祭りや中華圏の元宵節、アメリカのロデオを一緒くたにしたパレードだったというべきか。 ひとしきり馬場で暴れた信長は左義長に火を点けさせると大盛り上がりの中をそのまま町中にも馬を繰り出し、見物の大衆を熱狂させた。こちらは、まるでF1のモナコグランプリを連想させるような光景だ。 こうして、いかにも信長らしい豪快で賑やかなイベントが挙行されたわけだが、この信長流左義長、5年前に彼が安土城の建設を開始して以来、これが初めての開催だった(少なくとも「信長公記」にはそれより以前に実行された記述は見当たらない)。なぜ信長はこの天正9(1581)年というタイミングで左義長を開催したのだろうか。左義長まつりで、日牟禮八幡宮を出発する山車=2015年3月、滋賀県近江八幡市(甘利慈撮影) 左義長は昔も今も、火によって厄を祓う行事。信長のそれも、魔除けの意味が込められていたことは間違いない。 ただ、いくら魔除けオタクの信長とはいえ、彼は1月1日に側近の長谷川秀一ほかに命じて馬場の設営工事を開始させ、8日に開催告知を出し、15日のイベント当日を迎えている。元関白の近衛前久や元室町幕府重臣の伊勢貞為、織田家一門衆、近江衆を動員するという大がかりなものだから、とても伊達や酔狂だけで唐突に実行できるものでもない。これだけ大がかりなイベントを特に差し迫った必要もなく、わざわざ実行するとは考えにくい。 では、信長の真の狙いは何か。祈祷は信長の指示 少し話が変わるが、昨令和2(2020)年3月に駒澤大の禅文化歴史博物館が所蔵する「松平家忠日記」が国の重要文化財に指定された。 徳川家康に属する松平一族家忠は三河国深溝(現在の愛知県額田郡幸田町の内)を本領とし、主に城や砦の土木工事関係を得意とするテクノクラートだった。のち関ヶ原合戦の前哨である伏見城防衛戦で討ち死にすることになる彼の日記は家康だけでなく信長の動静にも触れており、当時の動きを知るための貴重な史料となっている。 その「家忠日記」のこの年4月の記事の空白に「人魚」の絵が描かれている(ページ下部の写真参照)。このイラストには説明文も添えられている。曰く、「正月22日に(安土で)干上がった田んぼに出現した。安土で人を食った。〝トノコーシ〟と鳴き身長は6尺2寸(180センチ余り)、名称は〝人魚〟という」 1月22日に信長のお膝元の安土で人魚が出現したという噂が、4月になって三河の家忠の耳にも入ったという流れなのだろう。 この家忠による人魚像、ヒトの頭と鱗(うろこ)の生えた両腕を有していて、人間の上半身と魚の下半身を併せ持つ人魚の日本史における先駆けのようなもので、黒髪を生やしているあたりは、昨年新型コロナウイルス禍の中で話題になった「アマビエ」を思わせる。いや、人魚=アマビエと言ってもよいだろう。 というのは、肥後=熊本で目撃された「アマビエ」の「アマ」は尼・海女・海士で人、「ヒエ」は熊本弁で「魚」に関係するからだ。つまり、人魚の方言でしかない。 人魚には古くから吉兆としてとらえる考えが存在し、江戸時代後期に記録されたアマビエもその流れの中にあって肥後国の沿岸に姿を現して「疫病が流行するから早く私の姿を描いて回覧せよ」と告げたという幕末の瓦版がネタというが、人魚自体が「八百比丘尼」の例でも分かるように無病息災・延命長寿の象徴でもあった。文科大学史誌叢書「家忠日記 二」国立国会図書館デジタルコレクション そこで安土の人魚騒動である。人を食ったというのは、近江から三河まで噂が伝播していく途中で付いた尾ひれだろう。 この前年の天正8(1580)年、日本は富山で豪雨水害が起こる(「富山市史」)など天候不順で、諸国に疫病が大流行し多数の死者が出た(「日本災異志」)。このため、奈良では筒井順慶が春日大社と興福寺に疫病退散の祈祷をおこなわせている(「増補筒井家記」)。11月に大和国で祭礼が一切行われなかった(「多聞院日記」)のも、この伝染病の関係だったのではないか。 筒井順慶は冬に信長から大和一国を任されるのだが、いずれにしても全国的な疫病のエピデミック終息を祈る立場ではもちろんないから、この祈祷は天下人たる信長の指示によるものだ。 ちょうどこの頃、安土城では西の尾根沿いに建てられていた摠見寺が完成に至った(といっても、近江国の各地から建物を寄せ集めたモザイク仕様だったことは以前に述べた通り)。 「正仲剛可置文」という江戸時代最初期の史料には、この摠見寺の本尊は観世音菩薩だが、信長が拝礼する「遍いさいてん」も安置されていたとある。これは「べいざいてん」=弁才天で、のちにはこれが竹生島から移されてきたものだと説く史料もあるが、モザイク摠見寺としてはあり得る話だ。「人魚」で疫病退散祈願? 言うまでもなく弁才天は水神であり、信長はわが身の一部として大切にしたのだろう。問題なのは、竣工して安土城を登り下り生活する諸人の前に信長が掲げた文言だ。この寺を信仰すると、以下のご利益がある。一、金持ちはより金持ちになり、貧乏人も金持ちになる。一、子が無く悩む者は子を得、末裔まで繁栄し、本人は延命長寿を享受する。これを信じて信長の誕生日に寺へ参詣しろ。そうすれば、ご利益は必ず実現する。反対に信じない者は現世でも来世でも滅亡する これを記録した宣教師のフロイスは、信長が自分自身を神として崇めさせようとしたと非難している。唯一神、エホバの信者であるキリスト教徒としては当然の反応だが、日本は多神教、八百万(やおよろず)の神々の国だ。 菅原道真が天神様として祀られ、のちに豊臣秀吉、徳川家康も豊国大明神・東照大権現となったことを見ても、信長の行為はそれほど責められるべきことではない。秀吉と家康は信長の前例を踏まえてよりスマートに、朝廷を巻き込んでより手続き的で説得力のある神となる方法をとっただけだ。 信長が彼らより直接の手段で神になろうとしたのは、彼自身の性格もあるだろうが、龍・大蛇のパワーと一体化し、水を操り、世界を支配するという若い頃からの目標へ一直線にたどり着こうという情熱のなせる業である。 とにかく、信長にとって、疫病の蔓延は非常に具合が悪い。天下人として政治的にまずいのは当たり前であるし、水害と関連性が深い疫病を沈静化できなければ水神としての沽券(こけん)にも関わる。疫病除けの神農=牛頭天王の信用も地に墜ち、二重三重の意味でそれらと関わり深い信長の権威にも傷がつく。摠見寺三重塔=2016年12月、滋賀県近江八幡市 何よりも、彼自身が摠見寺に掲げた高札のご利益が絵に描いた餅になってしまうではないか。 「なんだ、無病息災で長生きできて金持ちになるといっても疫病一つ解決できない神様なんか何もありがたくないよ」という話だ。 こうして安土の城と町は、信長以下疫病退散を願う熱気に包まれた。信長は南都の大寺院に祈祷を命じ、人々は人魚の絵を描いて疾病の退散を祈ることが広く行われたのではないか。そう、後世のアマビエがその民間信仰を受け継いで絵にされ、現代においてもそれが再現されたように。 ここで思い出されるのは、3年前の天正6(1578)年5月に近畿地方で大豪雨が発生した際の彼の動きだ。信長は京で祇園祭を見物したのだが、これが洪水被害による疫病の発生を抑える願いを込めた行動だったのと同様、今回も具体的な目的があったわけだ。

  • Thumbnail

    記事

    兵法教育は優れど、「軍師」はウソだったといえるこれだけの理由

    渡邊大門(歴史学者) 最近は流行らなくなったが、少し昔のビジネス雑誌をひも解くと、戦国時代の「軍師」をモデルにして、いかにビジネスを成功させるかといった記事をよく目にした。 たとえば、豊臣秀吉の「軍師」だった黒田官兵衛(孝高、如水)は、「偉大なるナンバー2」と持ち上げられ、「ナンバー2」の美学なるものがまことしやかに語られた。しかし、戦国時代に「軍師」なる言葉はなく、「鶴翼の陣」などの陣形も嘘と考えたほうがよさそうだ。それらは、いい加減な史料に書かれたもので、信用に値しないのである。 以下、「軍師」などについて考えてみよう。 わが国では、座学としての戦争研究が発達していた。これは事実である。戦国大名には刀、弓、槍、鉄砲などの鍛錬が必要である一方、座学である兵法書を読むことも重要だった。「論語」「中庸(ちゅうよう)」「史記」「貞観政要」などの中国の古典が代表的なものである。 また、「延喜式(えんぎしき)」「吾妻鑑(あづまかがみ)」といった日本の典籍など、為政者としての心得を学ぶための書物も含まれていた。ただ、戦国大名がそのまま読むには難解だったため、公家や僧侶から講義を受けることもあった。 兵法書には、武経七書と称される「孫子」「呉子」「尉繚子(うつりょうし)」「六韜(りくとう)」「三略」「司馬法」「李衛公問対」が代表的なものとして存在する。それらの兵法書は、すでに奈良・平安時代に日本に入っていたといわれている。しかし、これらの書物は日本の古典と同じく難解で、とても戦国武将がすらすらと読めるものではなかった。 室町時代には足利学校(栃木県足利市)という儒学などを学ぶ機関があり、その卒業生が戦国大名に兵法書の講義をした。 小早川隆景は、足利学校出身の玉仲宗琇(ぎょくちゅう・そうしゅう)と白鴎玄修(はくおう・げんしゅう)の2人を、鍋島直茂も不鉄桂文(ふてつ・けいもん)を招いていた。直江兼続のもとには、足利学校出身の涸轍祖博(こてつ・そはく)がいた。 徳川家康のブレーンである天海も、足利学校の卒業生である。実際には、彼らが兵法書の解説などを行っていたのだろう。 足利学校の歴史が明らかになるのは、室町時代中期頃である。鎌倉から禅僧の快元を招き初代庠主(しょうしゅ、校長)とし、学問の興隆と学生の教育に力を入れた。 その後、関東管領の上杉憲忠が易経「周易注疏」を寄進し、子孫の憲房も貴重な典籍を送ったという。永正、天文年間(1504~54)には約3千の学徒が在籍したといわれている。天文18(1549)年に日本を訪れた宣教師のザビエルは、「日本国中最も大にして最も有名なる坂東の大学」であると足利学校を称えたという。史跡足利学校内の庫裏(手前)などの建造物=栃木県足利市 (川岸等撮影) 足利学校は軍師養成学校と称されるが、それは大きな誤解である。足利学校で学んだ僧侶は中国の古典に優れ、また軍配の際の占いや易学に精通していたので、そう呼ばれたにすぎない。「軍師」ではなく「軍配師」 戦国武将は実技たる武芸の技を磨くのみならず、座学での兵法書の読解にも励まねばならなかった。実技と座学が一体化してこそ、優れた武将として評価されたのである。 では、いったい「軍師」とはどういう存在だったのだろうか。その点を詳しく掘り下げてみよう。 辞書類によれば、「軍師」とは大将の配下にあって、戦陣で計略、作戦を考えめぐらす人を意味する。単に戦場で計略や作戦をめぐらすだけでなく、ときに外交にも携わるなど、多彩な能力を発揮した。 とりわけ戦国時代には、著名な「軍師」が数多く存在した。武田氏の山本勘助、今川氏の雪斎、上杉氏の宇佐美定行、毛利氏の安国寺恵瓊(あんこくじ・えけい)など、数え上げればキリがないほどである。 中にはその存在を示す一次史料に乏しく、出自や動向があまり分からない人物がいるのも事実である。山本勘助はその代表であったが、近年多くの一次史料が発見され、注目を集めている。 ところが、そもそも「軍師」という言葉は近世に生まれたもので、戦国時代に「軍師」という言葉が使われていた形跡は確認できない。「日本国語大辞典 第二版」(小学館)を確認しても、用例は近世以降である。東大史料編纂所の史料データベースを検索しても、「軍師」という言葉がヒットすることはない。 戦国時代には、「軍師」なる言葉は存在しなかった可能性が極めて高い。実際は「軍師」でなく、後述する「軍配師」と称するのが正しいようだ。当時、戦場でどのように戦ったのかは、後世に成立した軍記物語などの影響が大きく、当時の史料で探ることは困難である。 ましてや、「軍師」の立てた作戦が功を奏し、勝利を得た事実は確認できない。詳しくは後述するが、「第四次川中島の戦い」において山本勘助が用いたとされる「啄木鳥(きつつき)戦法」や、それに対抗した上杉氏の「車懸りの陣」なども、本当にあったのか否か、確認のしようがないのだ。 近世に至ると兵学が発達するようになるが、軍記物語にはその影響を受けた〝後付けの〟著述や理論も少なからず見受けられる。その点には、注意を払う必要があるだろう。 次に、軍配兵法の発展について考えてみよう。 日本に兵法が伝わったのは、奈良時代にさかのぼる。六国史の一つ「日本書紀」には、兵法を駆使したと思しき人々が登場する。出身地と伝えられる旧真備町に立つ吉備真備像=岡山県倉敷市 留学生として唐に渡った吉備真備(695~775)は、儒学、天文学、兵学を修め帰国した。兵法に通じた真備は城を築くなど、「軍師第一号」といわれている。なお、真備は陰陽道にも通じていた。実態は「縁起担ぎ」 わが国では「孫子」「呉子」「六韜」「三略」などを参考にして、多くの兵法書が編まれた。やがて戦いが恒常化する時代に入り、戦いの経験を積むことにより戦法が洗練されると同時に、兵法も大いに発達した。 南北朝期から室町期にかけて執筆された「張良一巻書」「兵法秘術一巻書」「義経虎之巻」「兵法霊瑞書」などは、代表的な兵法書といえよう。 これらの兵法書は中国では集団戦法を重視しているのに対し、一騎打ちの戦闘法に特化している特長がある。当該期の兵法は、宿星、雲気、日取、時取、方位などを重要視した軍配術が基本であった。これに弓馬礼法や武家故実が結びつき、軍配兵法が発達したのである。 つまり、一種の縁起担ぎに基づいていた。現代では合理的な考え方が重視されるわけであるが、戦国時代は必ずしもそうとはいえなかったのだ。軍配者は占星術や陰陽道に通じており、武将の命により合戦の日取りを決定した。その萌芽は、すでに12世紀初頭に確認することができる。 平安時代に賀茂家栄が撰した「陰陽雑書」によると、戦いに適した日は己巳以下の14日であるとされている。もっとも、諸書によって合戦に適した日は一定しないようである。したがって、各家の独自の理論に基づいていたと考えられる。確かで合理的な根拠に基づいていないのだ。 合戦に適した日時にこだわった例は、康平3(1062)年8月の前九年の役で確認することができる。 源頼義は安倍宗任の叔父で僧侶の良照の籠もる小松柵を攻撃しようとしたが、その日は日取りが良くないとの理由で延期している(「陸奥話記」)。日時にこだわる考えは、すでに平安時代から見られたのだ。 出陣の日については、足利将軍家が陰陽頭に依頼して吉日を選択していたことが知られている(「殿中以下年中行事」)。戦国大名の場合は軍配者に託したが、易者や山伏に委ねられることもあった。現代の感覚からすれば迷信頼みに見えるかもしれないが、当時はそれが信じるに値する「真実」だった。 その「真実」に基づき、戦国大名は出陣の日を定めていたわけであり、やみくもな判断に基づくものではなかったのである。神仏に畏敬の念を抱いていた当時の人は、日時も神や運を委ねていたのである。 つまり、私たちは戦国大名の配下には「軍師」なる司令塔が存在し、理論的に完成された「陣形」「戦法」で戦ってきたと思っていたが、それは間違いなのである。そもそも戦国時代に「軍師」は存在せず、後世に伝わった「陣形」「戦法」もまったく信用できないのが実情だ。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) 戦国大名は軍配者に出陣の日取りを決めてもらい、戦闘はそれなりの作戦はあっただろうが、おおむねこれまでの戦いの経験則に拠ったというが実際だったに違いない。 もう嘘八百の「軍師」論は、お止めいただきたいものである。※主要参考文献 渡邊大門「戦国大名の戦さ事情」(柏書房)

  • Thumbnail

    記事

    GHQの洗脳工作で骨抜き?「日本人に覇気なし」悲観論を疑え

    濱田浩一郎(歴史家) ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)とは、大東亜戦争の罪悪感を日本人の心に植え付けるための宣伝計画のことである。敗戦後、連合国軍総司令部(GHQ)が日本占領政策の一つとして、心理的に戦争責任を負わせるために行った。 例えば、CIE(民間情報教育局)は1948年2月、WGIPの第3段階の計画の原案を以下のように作成した。1、日本政府へのメモの目的は、裁判と判決言い渡しの期間極東国際軍事法廷に日本政府が新聞、ラジオ、ニュース映画の報道のための十分な施設を敷設するよう求めること。2、これらの追加の設備は裁判と判決言い渡しの間厳重なセキュリティ・チェックを行うために、また占領軍が日本国民に戦争責任を認めさせるという責任を果たすために必要とされる。(中略)敗戦の事実と戦争責任について、日本人の現在および未来の苦しみと窮乏の責任が軍国主義者たちにあることについて、また連合国の軍事占領の理由と目的について、あらゆる階層の日本人にはっきりと理解させること。3、この目的を達成するためにCIEは占領の当初からWGIP(極秘扱い)を実施してきた。 占領軍は、言論統制や検閲、プロパガンダ本「太平洋戦争史」(中屋健弌訳)の刊行、映画、ラジオなどの手段を使って、米国は正しく、日本は戦争中に残虐行為をした悪者とのイメージを日本人に刷り込んでいった。そうしたWGIPについては以前より論争の種となっている。 WGIPの実態を世間に知らしめたその代表的存在は、1999年に自死した文学評論家の江藤淳氏であろう。江藤氏は「閉ざされた言語空間」(文春文庫)で、米国国立公文書館分館所蔵の占領軍関連文書を読み解き、検閲の実施過程とWGIPの不当性を訴えた。前述の「太平洋戦争史」についても「戦後日本の歴史記述のパラダイムを規定するとともに、歴史記述のおこなわれるべき言語空間を限定し、かつ閉鎖したという意味で、ほとんどCCD(筆者注、民間検閲支隊)の検閲に匹敵する深刻な影響力を及ぼした宣伝文書」とした。 WGIPの不当性や害悪を訴えてきたのは江藤氏だけではない。教育学者の高橋史朗氏もその一人である。高橋氏は「占領軍の指導によって、文部省が『太平洋戦争史』を学校で教えるように、という通達を出しました。ここで完全に歴史の断絶が始まり、パラダイム転換が起きたわけです(中略)国家も個人もアイデンティティーを喪失し、自分がいったい何なのかわからなくなってしまっています」(同氏著「歴史の喪失」、総合法令出版)と論じている。江藤氏や高橋氏は、WGIPが戦後日本人に与えた影響は大きいとする。 それに対し、歴史学者の秦郁彦氏は著書「陰謀史観」(新潮新書)で「彼(筆者注、江藤淳)の空想力はさらに膨らみ、教科書問題も土下座外交も南京虐殺論争も、すべてCIE製の宣伝文書に端を発する空騒ぎにされてしまった」と述べ、WGIPの影響力を過小評価している。また、「GHQ洗脳説は誤りである」(ムゲンブックス)を書いた若林幹夫氏は、WGIPの影響によってではなく、日本人は敗戦直後からすでに先の大戦を自ら否定的に捉えていたとする。名城大非常勤講師の賀茂道子氏も著書で、WGIPの効き目はそれほど大きくなく、日本人に対する啓蒙活動、意識改革だったと述べている。極東軍事裁判でウエップ裁判長の判決文の朗読を聞く(前列左より)東條英樹、岡敬純、荒木貞夫、武藤章、(後列左から)平沼騏一郎、東郷茂徳、佐藤賢了、重光葵の各被告=1948年11月 賀茂氏などの「WGIP影響力過小評価論者」に対する反論書としては、早稲田大教授、有馬哲夫氏の「日本人はなぜ自虐的になったのか」(新潮新書)がある。有馬氏は、賀茂氏が「WGIPの第3段階は実施されなかった」と主張していることに異議を唱え、当時の新聞・ラジオ放送を検証し、実施されていたことを明らかにした。 有馬氏は同書で「(賀茂氏は)占領軍が、日本のために、日本人を民主化し、啓蒙するために、WGIPなどの施策を行ったと考えているようですが」と指摘した上で、「(WGIPなどの諸政策は)あくまでアメリカの利益のために、アメリカにとって都合のよい日本に改造するために行われたものです」と結論づけている。この点に関しては、有馬氏に若干の誤解があるようだ。というのも、賀茂氏もWGIPが日本人のために行われた、とだけは考えていないからだ。賀茂氏は言う。占領期に、日本人に「敗戦の真実」と「戦争の有罪性」を認識させるために行われた情報教育政策「ウォー・ギルト・プログラム」は、「軍国主義を排除して、二度と米国の脅威とならない民主主義国家を作る」という米国の国益のために行われたものである。その一方で人道的理念にも支えられていたものであった。「日本人は本当に『ウォーギルトプログラム』でGHQに洗脳されたのか」(現代ビジネス) ここからは、WGIPによる「洗脳」の影響について筆者自身がどう考えているのか述べていこう。かつて、筆者は「日本会議・肯定論!」(たちばな出版)の第3章の一節「GHQの占領政策が日本人の精神的荒廃を招いたのか」の中で、「WGIPによって刷り込まれた歴史観(南京やマニラにおける日本軍の残虐行為の強調。日本が無法な侵略をした。軍国主義者への責任の押し付け等)が、マスメディア報道や学校教育の主流になってきたのは事実である」としつつも、以下のように述べた。「洗脳説」に違和感「洗脳の効果がどのように進行し、今に及んでいるかを実証するのは確かに難しい」「WGIPの効果や影響が全くなかったと断言することはできないし、だからと言って全てをWGIPのせいにするのも無理があるだろう。(中略)WGIPの影響と、日本人自らの戦争に対する批判的意見が絡み合いつつ、戦後の言論空間が形成されてきたと考えている」 この主張自体は、今も変わっていない。前述の高橋氏は、占領政策が日本の伝統文化を壊し、日本人の精神を荒廃させ、家庭や学校でもかつての日本には見られなかった事件が多発しているように述べているが、それはあまりにもオーバーではないかと思えたからだ。「戦前の少年犯罪」(管賀江留郎著、築地書館)などによれば、家庭や学校における殺人事件は、戦前も少なくない頻度で起きていたという。 また、WGIPの日本人への影響を大きく評価する論者は、よくこんな主張をする。日本の教育そのものが、大東亜戦争の大義を否定し、アメリカ側の「戦勝国史観」と「太平洋戦争史観」を広めるものとして「制度化」されてしまいました。これによって公教育の場で、組織的かつ徹底的に「自虐バイアス」と「敗戦ギルト」の摺り込みが行われ、占領が終わったのちもこれらが永続化することになりました。かくして、日本は「2度とアメリカに立ち向かうことがない国」になってしまったのです。「日本人はなぜ自虐的になったのか」(有馬哲夫) 有馬氏はこう述べているが、学校教育の日本史・世界史の授業において、それほど強固に戦勝国史観と太平洋戦争史観を植え付けられた人はどれほどいるであろうか。筆者自身の中学・高校時代を振り返ってみてもそのような記憶はない。高校の日本史の授業などは、時間が足りなかったのか、先生が近現代史をすっとばしていた。学校や教師の方針にもよるだろうが、近現代史が重視されないというのは、歴史教育の問題点としてよく挙げられるところだ。 「『2度とアメリカに立ち向かうことがない国』になってしまったのです」との記述にも違和感がある。戦後、日本人はそれほど覇気のない、ふやけた国民になってしまったのだろうか。反米の動きはなかったのか。そうではあるまい。60、70年安保闘争は反政府・反米運動だったではないか。沖縄でも反米デモが行われていることは周知の事実である。また、保守派の中でも対米自立、自主防衛を良しとする人々もいる。これらのことを思い返すだけでも「アメリカに立ち向かわない国」との規定が一面的であることが分かるのではないか。 有馬氏は「先の戦争で日本は悪をなした。だから、戦争をしてはいけない。戦争のための戦力を持ってはいけない。戦争はみな悪である、と。これはWGIPマインドセットによる『自虐バイアス』と『敗戦ギルト』の副産物だと考えられます」とも述べている。こうした人々がいるのは確かだが、これをWGIPの副産物とする見方はどうか。単に、その人が思考停止に陥っているか、無知か、「絶対平和主義者」かではないだろうか。空襲で破壊された大阪市街地=1945年10月 戦後のあらゆることについて「WGIPのせいだ」と鬼の首を取ったように言うことは、何でも米国に責任転嫁し、日本人自身の責任や主体性を見失うことにつながりかねない。筆者の杞憂(きゆう)であればよいが、そうした一抹の不安が残るのである。

  • Thumbnail

    記事

    イエズス会急拡大!信長を魅了した宣教師のド派手プロデュース能力

    橋場日月(歴史研究家、歴史作家) 天正8(1580)年8月2日、教如(きょうにょ)が紀州雑賀の鷺森へ退城した。あらかじめ雑賀や淡路島の水軍衆が迎えの船団数百艘を大坂湾から大川・堂島川(淀川)に出し、支城や出丸の兵たちもみなそれに乗って海上に去ったという。朝から行われただろう撤収が完了したのは、未刻(ひつじのこく、午後2時)頃だった。 ところがこの直後、変事が起こる。城内から火が出たのだ。火は折からの風に吹き熾(おこ)されてまたたく間に燃え広がり、3日3晩炎上し続け石山城を焼き尽くしてしまった。 「信長公記」はこの火災について退城する教如ら一行の松明の火の粉が燃え移ったとし、一説にはこれが城接収の責任者、佐久間信盛の失態だと怒った信長が10日後に信盛を追放する主因になったともされているが、それはない。 たしかに信盛は本願寺攻めの担当司令官ではあったが、接収に関しては信長と本願寺の講和をあっせんした正親町(おおぎまち)天皇の勅使のあいさつを信長に取り次ぎ、勅使と一緒に出向いて本願寺の明け渡し交渉を最終確認しただけだ。 実際の交渉責任者は信長側近の奉行衆、矢部家定で、彼は前日の1日以前から本願寺側とシビアな駆け引きを行い、信長に「開城を急がせろ」とハッパをかけられ、この日の開城合意にこぎつけていた。 接収検分も彼が担当者だから、石山城に不測の事態が発生すればそれは家定に責めが及ぶ案件だ。 何しろ、織田軍を11年にわたって寄せ付けなかった難攻不落の堅城・名城の全域へ一気に火が広がるには、あらかじめ火薬や油などを各所へセットしておかなければならない。本願寺側がそんな仕込みをしていたとすれば、検使としてそれに気付かなかった家定は信長から斬首されても仕方ない失態ということになる。 しかし、実際には家定におとがめは何もなかった。彼は18日後に大和国に出張して城破(しろわり、城砦の破却)の指揮管理役を務め、その後も信長お気に入りの筆頭側近衆の一人として活動している。 そんなわけで、信盛の追放は石山城の炎上が理由ではなかった。22日頃に信盛に渡した折檻状に「大坂本願寺を大敵と恐れて攻めることもせず調略活動も行わず、ただ城の守りを固めて何年もムダに過ごした」とあり、24日付けの大和の筒井順慶宛て朱印状に「(佐久間信盛は)大坂向けの働き、不届き」とあるように、信盛の罪はあくまでも攻囲作戦における消極性によるものとされ、石山城焼失については彼に責めを負わせるような態度をとっていない。岐阜県大垣市の施設内にある信長像(iRONNA編集部撮影) そもそも、信長は石山城の焼失を本当に惜しんだのだろうか?紅蓮の炎に包まれた石山城 本願寺側に「石山退去録」という史料がある。江戸時代の写本が1冊残るのみで、成立年代も不明な説法用の「説教本」なのだが、それだけに当時の口語がふんだんに用いられていて「ああ、こうやって信仰の歴史や功徳を民衆にレクチャーしたんだなぁ」と感じさせてくれる。本の後半では信長に「公」を付けて敬称するようになるあたり、現在進行形に近い状態で口伝され成立したリアリティーに満ちている。 この「退去録」、自分たちの〝メッカ〟大坂石山城炎上についてこう語っている。 (信長が石山城を)受け取り、情けなくも一宇残らず焼き払い、ただ一片の煙となしてしまったが、織田信長の悪逆なり。 すべては信長の仕業というのだ。なるほど、それなら矢部家定がおとがめなしだったのも当たり前。石山城を退去した本願寺の人々にもなんら追及がなかったのも、当たり前、ということになる。こちらのほうが真相に近いのではないだろうか。 「多聞院日記」は「(石山城を)受け取った後、焼くる様に仕掛けるか」と記録しているが、奈良の人々にもそのような憶測が飛び交ったのだろう。 滞在中の京で矢部家定に開城を急がせるよう訓令するとともに「今こそ11年にもおよぶ我らの辛苦を散ずるべし。比叡山延暦寺と同様、本願寺の聖地もその痕跡を地上から完全に抹殺してやろうず」と、城内に火薬や油を仕掛けさせるよう命じた。 そして、接収と同時に一気に点火するよう、指示したのだろう。かくして、武具、家具調度や兵糧の一つ一つに至るまで細かく完璧に整理されて引き渡された直後、石山城の各所に松明を掲げた兵たちが散って点火したと思われる。紅蓮の炎が巨大な城塞をあっという間に飲み込んだ。 炎は圧倒的な熱量で安土城の裏鬼門を邪魔していた障害物を取り除き、織田家の勝利を祝う3日3晩限りの燃えるモニュメントとなって黒煙が一面を覆う空を赤く染めあげる、文字どおりの紅炎(こうえん、プロミネンス)が立ち昇った。1万℃を超える太陽のプロミネンスのように、それは京から南を望み首尾を謀っていた信長の目にも入ったことだろう。 「見よや」。彼は声高な調子で周囲の者たちへ「我が化身の龍が石山城の上を飛翔(とん)で魍魎どもを焼き浄めておるわ」と、満足げに語った。山科本願寺を法華宗と六角氏の連合軍に焼き払われ、大坂へ本拠を移したのが47年前。「人間(じんかん)五十年にも満たぬ半端な運命(さだめ)も、自業自得というものよ」。高笑いする信長の瞳は、遠く大坂の空を映して赤く燃えていた。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) さて、本願寺の象徴だった石山城が紅蓮の炎の中で焼け落ちたちょうどその頃、九州ではキリスト教イエズス会の巡察師、ヴァリニャーノが肥前の大名である大村純忠から長崎の譲渡申し入れを受け、総長とローマ教皇の許可を得るべく関係者との連絡に追われている。 純忠はキリスト教徒でもあり、同じ肥前の強豪、龍造寺隆信の圧力から逃れるために海外貿易の拠点である長崎をイエズス会に譲渡することによってキリスト教勢力(大名も含めて)の力で守ってもらおうと考えた。群を抜くオルガンティーノの演出力 だが、この頃の北九州でどれほどキリスト教信者の力が無視できなくなっていたかが想像できる。ヴァリニャーノ自身が3カ月間で4千人に洗礼を授けるほどだったから、すさまじい。 そしてこのキリスト教大流行のムーブメントは、畿内でも起こり、河内国の三箇(大阪府大東市三箇)、若江(同府東大阪市若江北町周辺)、岡山(同府四條畷市岡山)、摂津国の高槻で爆発的に信徒が増え続けた。 九州のヴァリニャーノが京を中心とした〝都教区〟について「一年に一万人の改宗者」を獲得していると書状にしたため、信長の寵愛のおかげだとも認めているが、言うまでもなく宣教師自身の努力も大いに貢献していた。 都教区での躍進を招いた立役者は、ニェッキ、ソルド、オルガンティーノ。京に南蛮寺を建て、安土にセミナリヨ(小神学校)を開いたオルガンティーノは、日本人の優秀性を高く評価したうえで、その風習や思考方法を尊重してそれに順応する形での布教を提唱したが、めざましい布教効果の理由はそれだけではなかった。 「儀式こそはもっとも効果的(な布教の)方法」(書簡)という彼の信条であり、また身上こそが、最大の成功要因だったのだ。 オルガンティーノと活動を共にしていたルイス・フロイス(彼はこの頃九州におりヴァリニャーノを迎えてその通訳を務めていた)は「日本史」の中で1577(天正5)年にオルガンティーノが1年のうちの主なキリスト教の祝日に、各地の信者をすべて一カ所に集まらせて豪華で壮麗な行列を開催するよう指示した、と記している。 これによって好奇心に満ちた群衆を呼び集め、信者たちの団結心と信仰心を見せつけてキリスト教に興味を持つように仕向け、同時に若江・三箇・岡山・高槻信者たちは互いに信仰への忠誠を競い合わせたわけだ。 オルガンティーノは、まさに戦国日本にまったく新しいイベント概念とそのノウハウを持ち込んだプロデューサーだったと言えるだろう。その結果、ヴァリニャーノが1万人、「Theology of Culture in a Japanese Context: A Believers' Church PerspectiveAtsuyoshi Fujiwara(藤原淳賀), Wipf and Stock Publishers, 2012」では3年で1万3500人とする新規の信者がイエズス会の門を叩いたのである。 そして信長は、豊かな識見と構想力、実行力を持ち、安土セミナリヨの院長を兼ねるオルガンティーノを寵愛した。当然、オルガンティーノの宣伝・演出の手法は信長の目と耳にも入っている。滋賀県近江八幡市にあるセミナリヨ跡(筆者提供) そんな中で天正8(1580)年は暮れ、天正9年を迎える。この年の正月1日、安土では信長の命令により城の北、琵琶湖の内湖に面する浜際の土地に馬場の造成工事が開始された。 そして8日、竣工した馬場に大群衆が集まったのだった。まず信長以下、織田家の一門と近江衆が登場した。信長は小姓衆を露払いとして黒の南蛮笠をかぶり、天上眉を描き、赤の衣装に唐錦の袖無し羽織に虎の毛皮の行縢(むかばき、騎乗のとき腰や足をカバーする)を着け、葦毛(灰色)の名馬にまたがって馬場に入る。 続いて次男の信雄、弟の信包、三男の信孝、弟の長益(有楽)、甥の信澄(信勝の子)も華麗な装束で馬上姿を現し、近江衆が後に従う。そして、「信長公記」が「御爆竹(おんさぎっちょう)」と表記するように、中国の正月のように文字通りパチパチ!と派手に爆竹を鳴らしたのだ。

  • Thumbnail

    記事

    エリート武将が島流し、宇喜多秀家「関ヶ原敗北」後の転落人生

    渡邊大門(歴史学者) 前回、慶長5(1600)年に勃発した関ヶ原合戦後、西軍に属して敗北した大名の悲惨な最期を書いた。実は、その中で最も特筆すべきなのが、西軍の首謀者でもあった宇喜多秀家である。 秀家は関ヶ原から離脱すると、島津氏を頼って薩摩へ渡海。長い薩摩での潜伏生活を経て、徳川家康のもとに送られた。その後、駿河久能(静岡市)へ連行され、八丈島に送られることになった。 秀家は、八丈島の「流人第1号」でもあった。八丈島における生活は苦難に満ちたものであり、数多くのエピソードが残っている。以下、その全貌を明らかにしよう。 慶長11(1606)年4月、秀家は八丈島へ配流された(「八丈島記事」)。駿河国久能で幽閉生活を送って、3年が経過してからの措置だった。なお、秀家の八丈島での生活については、一次史料が非常に少なく、二次史料に拠らざるを得ないので、あらかじめその点をお断りしておきたい。 駿河国久能から八丈島まで、直線距離で約250キロもある。秀家は出発直前に久能から下田(静岡県下田市)に移され、同地から八丈島に向かったと考えられる。 八丈島は周囲約59キロ、面積約70平方キロの小島にすぎない。今でこそ航空機などで八丈島に行けるが、当時の航海術では八丈島への渡航は相当な困難を伴ったことだろう。 秀家に同行したのは、子の秀高、秀継を含め計13人だけだった(「八丈島記事」)。「七島志髄」によると、秀家ら3人以外では、家臣の浮田次兵衛、田口太郎左衛門、寺尾久七、村田助六、乳母の「あい」の名が挙がっており、残りは「奴隷等」と書かれている。 「流人御赦免并死亡帳」には、具体的に名前が記されている。先述した面々を除くと、半十郎、中間の弥助と市若、浮田次兵衛の下人の才若、乳母「あい」下女の「とら」である。 秀家が八丈島に流された際、上乗したのが渡邊織部とされている(「譜蝶餘録後編」)。上乗とは船に乗り組み、目的港まで積荷の管理に当たる荷主の代理人のことを意味する。織部はもと北条氏に仕えていたが、のちに家康に仕官したという。八丈島にある宇喜多秀家と豪姫の像=東京都八丈町大賀郷の南原海岸 実際は織部が秀家を連行したのではなく、喜兵衛なる人物に命じて新島の者たちを動員させ、秀家を八丈島に送り届けたようだ。その際、船中で秀家が書写した漢詩文「和漢朗詠集」を贈られたと伝わる。 当時の八丈島は、米も収穫できないような非情に貧しい島であった。大名時代の秀家は、少なからず豊かな生活を享受していたに違いない。秀家にとって島での生活は、大変厳しいものがあったと推測される。その点は、後世のエピソードになってしまうが、のちほど取り上げることにしたい。なじめなかった島の生活 秀家らは、八丈島の中央部の大賀郷で生活を送ることとなった。住居跡や墓は、今も観光地として人気のスポットである。ただ、大変残念なことであるが、今やかつて秀家が生活をしていた痕跡は、ほとんど残っていない。 現在、秀家の墓は大賀郷にあり、東京都の文化財にも指定されている。もともと秀家の墓は、小さな卒塔婆の形をした石塔にすぎなかった。表面には「南無阿弥陀仏」と刻まれていたが、もはや判読が不可能なほど風化している。秀家は罪人だったため、幕府を憚(はばか)り小さな墓しか建てられなかったのだ。 天保12(1841)年、墓は子孫の手で作り直され、表面に秀家の院号「尊光院殿秀月久福大居士」が刻まれた五輪塔になった。宇喜多一族の墓は低い石垣に囲まれており、墓地を囲む石垣の上には「岡山城天守閣礎石」と刻まれた石が設置された。このようにして、秀家の墓は建立されたのである。 大賀郷の海岸部には、秀家と豪姫の碑が建立された。一説によると、豪姫は秀家とともに八丈島に行くことを希望したというが、それは叶わなかった。その意を汲んで、この碑は建てられたのであろう。 秀家に対しては、旧臣たちが気遣って書状などをたびたび送っている。その一部を紹介することにしよう。 最初に取り上げるのは、関ヶ原合戦後の秀家の逃亡生活を手助けした進藤三左衛門正次である。正次自身は幕府に仕えていたが、決してかつての主のことを忘れなかった。 慶長14(1609)年に比定される秀家の書状は、正次に宛てたものである(「進藤文書」)。書状の冒頭で、秀家は正次が元気で暮らしていることを喜び、米2俵を届けてくれたことに丁重なお礼の言葉を述べている。しかし、秀家は島の生活での心細さや老病を患ったこと、そして病により臥せていることも切々と訴えている。 さらに秀家は、金子(きんす)2、3両の支給を正次に申し出た。それは、飯米を借用するためのものだった。食糧事情が厳しかったのだろう。書状の追伸部分では、去年の手紙が手元に届いているのか、またいろいろと伝えたいことがあるが、急いでいるので詳細は書けないと結ばれている。いずれにしても、秀家は心身ともに島の生活になじめなかったと推測される。 かつての家臣である花房氏も、八丈島の秀家に仕送りをしていた1人である。秀家は2人の子と連署して、花房氏に仕送りのお礼をした(「花房文書」)。米5斗が秀家のもとに送られてきたのは、誠にありがたいことだった。一方で、秀家は書状の中で八丈島での生活が耐え難いことを吐露し、花房氏が赦免の運動をしてくれていることに感謝の言葉を述べている。花房氏は、頼るべき大切な旧臣だった。宇喜多秀家像 (岡山城提供) 「落穂集」によると、秀家は幕府に赦免を願い、本土への帰国を願っていたと書いている。何よりも「米の飯を腹一杯食べて死にたい」という秀家の言葉は、後世の編纂物ではあるが、秀家の偽らざる心情を物語っている。この言葉を伝え聞いた花房氏は目に涙をため、白米20俵を秀家に送りたいと幕府に申し出たと伝わる。後世の逸話とはいえ、あながち嘘とは決めつけられないだろう。窮乏に苦しんだ秀家 難波氏も秀家を気遣った旧臣の1人である。年未詳の5月13日付の秀家書状には、八丈島での生活がつらいこと、一命を赦免されて難波氏と面会を果たしたい旨が記されている。秀家の本土(備前岡山)に帰りたい気持ちは、相当に強かったようである(「難波文書」)。 「難波経之詠草案」には八丈島へ備前西大寺船が向かったとき、秀家とお目通りが叶い、下された短冊がある。その歌は「ふる里も かわらさりけり 鈴虫の なるをの野辺の 夕暮れの声」という、ふるさと備前岡山を思うものだった。 八丈島における秀家の生活は、すでに触れた通り一次史料で再現するのは困難である。エピソードというものは、多くの後世に成った書物に描かれている。いずれも史実か否かは不明であるが、いくつか取り上げておこう。 「浮田秀家記」という史料には、次のような話が載っている。 あるとき秀家は、八丈島の代官、谷庄兵衛に招かれ、食事を共にする機会に恵まれた。しかし、秀家は出された食事を前にして、突然箸(はし)を下ろした。理由を尋ねる谷に対して、秀家は次のように答えた。 「私は勘気を被った者であるがゆえに、代官と同じ膳をいただくことは、憚られるのではないかという懸念があります」。秀家には、罪人であるという意識があったのだ。すると、秀家は懐から古い手拭を取り出し、膳の食べ物をおもむろに包みだした。再び谷が理由を尋ねると、秀家は次のように答えた。 「私は八丈島に来てから妻子を持ちましたが、このように豪華な食事は八丈島で見たことがありません。だから、妻子に食べさせてやろうと思い、手ぬぐいに食べ物を包んで持ち帰ろうとしたのです」 代官の谷は秀家の言葉を聞いて哀れに思い、同じ膳を妻子のために用意し、持ち帰らせたといわれている。むろん、秀家の窮乏ぶりを強調する逸話であろうが、秀家が食事にも事欠く状況を伝えている。同様の逸話は、「兵家茶話」にも書かれている。 「黄薇古簡集」には、備前船が八丈島へ漂着した際の逸話が載せられている。80余歳になった秀家は、漂着したのが備前からの船だと聞き、懐かしさのあまり船に乗っていた人物に声をかけた。もちろん、船の人物は老人が誰であるのか知らない。 秀家の質問の内容とは、「今の備前では、誰が国の支配をしているのか」という質問であった。船の人物は、「松平新太郎である」と答えた。岡山城 秀家は「松平といってもたくさんいるが、本姓は何か」と再び問うた。というのも、秀家がまだ本土にいた頃には、徳川家が有力な大名に松平姓を与えていたからだった。秀家はそのことを知っていたので、敢えて尋ねたのであろう。「宇喜多」から「浮田」に 船の人物が「池田である」と答えると、秀家は「それは輝政の孫か曾孫ではないか」と述べている。備前を離れて50年近く経っていたが、ふるさと備前岡山のことは気になっていたにちがいない。しかし、秀家は池田氏が備前岡山を支配していると知って、どのように思ったのであろうか。同様のエピソードは、「常山紀談」にも収録されている。 また、秀家には、お酒に関するエピソードも残っている。 「明良洪範」によると、あるとき酒を積んだ福島正則の船が難破し、八丈島に漂着することがあった。そこに40歳くらいの男がやって来て、福島正則の家臣に声をかけた。 内容は、男の「なぜこんな所にいるのか」という質問から始まると、やがて男は酒を分けてくれるように懇願したのである。この時点で、福島氏の家臣は、男が誰なのかを知らない。 男は酒を1杯傾ければ、今の憂さを晴らし、故郷の恋しさも忘れることができると述べた。実は、その男とは秀家その人であった。福島氏の家臣は秀家を大変憐れみ、酒1樽に干魚を添えて分け与えたという。もしかしたら、秀家は大変みずぼらしい姿で、とても元大名とは思えないような風体だったのかもしれない。 家士は無断で秀家に酒を分けたことを咎められると恐れたが、かえって正則から褒められたと伝わっている。むろん、この話も史実であるか否は不明である。おそらく酒すらも事欠くような、秀家の哀れな姿を強調したかったのだろうか。 八丈島時代の秀家の逸話は、窮乏生活を揶揄(やゆ)したものが多い。それは、大名から転落した秀家の姿を面白おかしく描こうとしたからに違いない。 秀家が八丈島へ流されたのは、慶長11(1606)年の35歳のときであった。前述の通り、以来本土へ戻ることなく、秀家は厳しい生活に耐え忍んできた。そして秀家が亡くなったのは、明暦元(1655)年11月20日。死因は病死とだけあり、年齢は84歳であった(「流人御赦免并死亡帳」)。宇喜多秀家の墓=東京・八丈島 八丈島での生活は、すっかり本土での生活期間よりも長くなっていた。「南方海島志」には、法名として「尊光院秀月久復居士」と書いている。墓は先述の通り、長らく秀家が生活基盤とした大賀郷に築かれている。 その後の宇喜多氏は前田氏らの支援を受けながら、幕末まで存続した。その間、「宇喜多」を「浮田」に改め、流人頭に任命されるなど、すっかり八丈島に根付いていた。ようやく本土に戻ったのは、明治維新後のことだった。

  • Thumbnail

    記事

    戦後以来の国難、渡辺大が映画「日本独立」で実感する芸能の真価

    日本独立」は、現在の日本国憲法がどのようにして作られたのか、という終戦から憲法改正、そして独立に至る歴史の裏側を、当時外務大臣であった吉田茂と、彼の側近として活躍した白洲次郎の2人を軸に描いています。 私が演じた、元海軍将校で小説家、吉田満の書著「戦艦大和ノ最期」は、優れた大東亜戦争の戦記文学であり、彼自身終戦直後の動乱の中で非常に重要な役割を果たしていました。白洲次郎や吉田茂と直接的な関わりはないものの、間接的に日本国憲法の草案などに影響を与えた重要な役どころです。「日本独立」で吉田満役を演じる渡辺大(©2020「日本独立」製作委員) 吉田満に思いを馳せれば、当時は米軍、つまりは連合国軍総司令部(GHQ)の思惑もあり、彼は本当に伝えたかったことが伝えられず、無念ではあったと思います。 ですが、その思いは後世に引き継がれ、今回の「日本独立」のような映像作品を通して、日本国憲法がどのような背景で作られ、今日に至ったのかを多くの人に知ってもらえる機会になったことは、演じる私としても非常に感慨深いものがあります。戦後の動乱期と被る今 憲法の存在自体は学校で学ぶので広く知られていても、戦後どのようにして作られていったのかという背景には深く触れられず、重要視されていないのが現状ではないでしょうか。 ただ、改めて考えれば、私たち日本人すべてに密接に関わっているものであることは間違いないわけですから、しっかりとそこに焦点を当て、学び考えることは大切だと思います。 とはいえ、座学だけで理解するのは難しいかもしれません。だから映画を通して身近でかつ重要な歴史として知っていただきたい。日本国憲法として改正されるまでにどのような苦悩があって今日に至ったのかを知ることは、今後の未来の日本を作っていく上でも重要になるでしょう。 そして「日本独立」の公開を迎えましたが、まさに今、新型コロナウイルス禍による国難を迎えているという点で、戦後の動乱期と類似していると感じます。 コロナ禍はよく「戦後最大の危機」と言われる中で、エンタメという分野自体、不要不急のものだと言われ苦悩した時期もありましたが、私は百歩譲って不急ではないとしても、決して不要ではないものだと自信を持っています。 尊敬する大先輩の俳優、津川雅彦さんも生前、「腹の足しにはならないが、心の足しにはなる」とよくおっしゃっていて、その言葉は私の心に深く刻まれています。「日本独立」出演についての思いを語った渡辺大(ケイパーク提供) こういう難局に見舞われているときは、感染者やマスクを着用していない人を非難するなど、心に余裕がなくなってくるものでしょう。そんなとき、不急であっても不要ではなく、多くの人の拠り所になり得るものの一つにエンタメも含まれていて、重要な役割を果たせるものだと改めて感じています。 長きにわたった戦争にも終わりがあったように、このコロナ禍も終わりは必ずくるでしょう。この苦境をプラスに変え、どう向き合えば自分の肥やしなるかを考えるきっかけ作りをエンタメが担い、人々の心の種や栄養になれるような、そんな存在であれたらと強く願っています。* * * わたなべ・だい 俳優。1984年、東京都生まれ。2002年「新春ワイド時代劇壬生義士伝」でデビュー。18年に映画「ウスケボーイズ」でマドリード国際映画祭・アムステルダム国際フィルムメーカー映画祭にて最優秀主演男優賞を受賞。現在、放送中のドラマ「#リモラブ」(日本テレビ)、NHKBSプレミアム「十三人の刺客」(11月)、WOWOW「コールドケース3」(12月)などに出演。2021年1月2日放送予定のNHKの時代劇ドラマ「ライジング若冲 天才 かく覚醒せり」、同年6月公開予定の小泉堯史監督の映画「峠」に出演するほか、4月からは宮本武蔵役で「魔界転生」で舞台に初挑戦する。父は俳優の渡辺謙。 映画「日本独立」【監督・脚本】伊藤俊也【出演】浅野忠信 宮沢りえ 小林薫 柄本明 松重豊 伊武雅刀 佐野史朗 石橋蓮司 梅宮万紗子 大鶴義丹 渡辺大 奥田瑛二    ※12月18日からTOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開

  • Thumbnail

    記事

    災厄封じは完璧!信長が構築した入念な龍パワー「表裏」鬼門ライン

    橋場日月(歴史研究家、歴史作家) 一見短気でせっかちな印象を受けがちな信長だが、ここ一番で慎重さが必要というとき、彼は誰よりも念には念を入れるタイプだった。 こんなエピソードが残っている。甲斐の虎・武田信玄が強勢だった当時、信長は誼(よしみ)を通じるために贈り物をした。 信玄の家臣たちが「信長は油断ならぬ男。贈り物などで信用されませぬように」と進言すると、信玄は「わしもそう思っていた。だが、これを見てみよ」と贈り物が収められていた箱を示す。「ためしにこの箱の角を削ってみたが、漆が何重にも塗り重ねられた大変な高級品だ。信長の誠意が感じられるではないか」と言うのだ。 権謀術数に長けた信玄ですら、だまされるほどだったというこの逸話は史実と確認できるわけではないが、上杉謙信に贈った「洛中洛外図屏風」に謙信の姿を描き入れさせて媚びを売ってみたり、姉川の戦いで勝った後、浅井長政の小谷城を一気に攻め落とそうとしなかったこと、長篠の戦いで大規模な陣城を築いて勝ち、逃げる武田勝頼を追撃しようとしなかったこと、大坂本願寺の石山城攻略に11年もかけたことなど、彼の慎重さ、用意周到ぶりを示すネタには事欠かない。 そんな信長が、裏鬼門の方角を三輪山の神木に秘められた蛇神パワーで補修した石清水八幡宮で固めたこともその入念ぶりの表れだが、彼が常人にあらざるところはそれをさらに確実なものにする工夫をほどこした点だ。 それは安土城から石清水八幡宮へのルート上に別のパワースポットを置き、さらにその力を高めるという手法だった。南西へ5キロあまり、現在の滋賀県近江八幡市中村町726に龍亀山大雲院西光寺という浄土宗の寺院がある。 天正7年(1579)年5月11日、安土城天主に移り住んだ信長が、直後城下で浄土宗と日蓮宗の論争が起こったときに「安土宗論」と呼ばれる宗教対決を行わせたことはよく知られている。 両宗派の論客が信長の命によって集合させられた会場は、金勝山浄厳院。天正5(1577)年に信長の肝煎りで創建された。これも浄土宗の寺院だが、安土城下町の西南端に位置することで分かるように、信長はこの寺を安土城本丸から摠見寺を経てつながる方位ラインとして既定された。いわば、安土城裏鬼門構想のファーストステージとなる。 この浄厳院で実施された安土宗論で浄土宗方の論者となったのは貞安(ていあん)。これに対して日蓮宗方は日珖(にちこう)だった。そして「法華の妙を、あなたは知らぬのか」と突っ込む貞安に対し日珖は返答につまり、審判の南禅寺・景秀が浄土宗側の勝利を宣言。浄厳院本堂=滋賀県近江八幡市(筆者撮影) 日蓮宗側は殴られ嘲笑されて袈裟をはぎとられたうえ、後日莫大な罰金を科されて京だけでなく堺の傘下寺院からもかき集め、なんとか200枚の黄金(2千両、現在の価値で5億円前後)を支払う羽目となった。しかも、日蓮宗は「負けを認め、今後他宗派を攻撃しない」という一筆も取られて、のちに豊臣秀吉から赦免をもらうまで逼塞(ひっそく)することとなる。 信長は、排他的で強い攻撃性を持ち、かつては天文法華の乱を起こすなど世俗の権力を無視して社会不安の要因ともなった日蓮宗を徹底的に無力化して統制下に置こうとしたわけだ。縁起良すぎる「龍亀山」 それはさておき、ここでの問題はこの貞安という学識高い僧についてである。彼について、この宗論の経緯を記した『信長公記』はこう説明している。 「安土田中の貞安長老」。安土田中というのは安土の町の田中というところにある西光寺のことで、貞安はその住持だった。現在の住所では滋賀県近江八幡市中村町726となっており、今も同地に龍亀山大雲院西光寺はある。 寺伝によれば安土宗論での功績によって貞安が信長から寺地を与えられて翌天正8(1580)年に創建したということになっており、『信長公記』とは時系列が違うのだが、同書の筆者である太田牛一はリアルタイムのメモ書きを後から並べて清書する手法をとっていたために齟齬が生じたのだろうか。 いずれにしても、安土城竣工の前後期間に西光寺が開創されたのは間違いない。しかも、山号の「龍亀山」はまさに信長が信奉した龍と、そして龍の子とされる亀(古代中国では亀の形をし、頭に角を生やした「贔屓(ひいき)」という架空の聖獣を〝龍の子〟として尊んだ。壷の足などにその象形が施されており、のちに時代がくだるにつれて亀と混同される)のパワーを取り込むための拠点としての命名ではないか。 浄土宗のやり手で知られる貞安が主僧を務める西光寺。この寺が浄厳院と石清水八幡宮をつなぐ最後のミッシングリンクで、これにより安土城本丸―摠見寺―浄厳院―西光寺―京―石清水八幡宮の裏鬼門ラインが完成したことになるのだ。 フロイス『日本史』はこのライン(安土街道)の京までの部分について「畳5、6枚分の広さを持ち、平坦で直線的で両側に松と柳の並木が整備され、常に清掃され、一定間隔で休憩用の茶屋が置かれている」と描写している。 次に、安土城の南の方角の固めはどうなっていたのだろうか。南を吉相にしておくと第六感が冴え才能を発揮できるというが、この方角についてはまったく疑問の余地がない。日本有数のパワースポット、熊野三山だ。本宮大社、那智大社、速玉大社(新宮)が鎮座する「熊野三山」のトライアングルは最強の魔除けと言えるだろう。 特に那智大社の滝には龍が宿るとされ、全国に勧請された熊野神社でも、龍をあしらった神輿が用いられた。 しかも、この方角についても信長はライン上に別のパワースポットを置いて効果を高めるという手法をとっている。それは、安土城のすぐ東隣りの観音寺山(繖山)の尾根が南へ伸びる終端部分にある竜石山だ。現在ではJR東海道線の安土駅をはさんでちょうど城跡と線対称に位置しており、名前からして、龍が鎮座する石の山ということだろう。観音寺山(繖山)=滋賀県近江八幡市(筆者撮影) 信長は安土城下町を開発するにあたって、この竜石山の南に道を開き、老蘇から浄厳院・城へ続く活発な往来を可能にした。それは単に城下町とその周縁部のインフラ整備というだけでなく、「竜」の名を持つ山を取り込んだ南北の道によってはるか南の熊野との連携を強めるという目的があったと考えてよい。表鬼門も入念に そしていよいよ風水で最もよく知られる「表鬼門(鬼門)」にかかろう。安土城の表鬼門にあたる北東には雨宮龍神社が坐(ましま)すことは既に触れた。 だが、北が竹生島弁才天から織田劔神社、西が大嶋神社、奥津嶋神社、日牟禮八幡宮、南が竜石山から熊野三山、そして裏鬼門の南西が摠見寺―浄厳院―西光寺―石清水八幡宮と万全の構えであるのにくらべて肝心の表鬼門が弱い印象を受けるのは否めない。これはなぜなのだろうか。 その疑問を解決する鍵は、8年前の出来事にある。元亀2(1571)年の比叡山延暦寺焼き討ちだ。これについても以前詳しく述べたが、延暦寺は京の表鬼門を守る国家鎮護の場だった。それを信長が焼き討ちし、豊臣秀吉による再建事業が始まるまで逼塞を余儀なくされている。このあたりは日蓮宗の受難と同様で、信長は反抗的態度をとる仏教宗派を決して許さないという態度を貫いているようだ。 しかし、京の御所(皇居)の表鬼門を破壊するにあたって「何か朝廷に災いが起こりはしないか」と吉田兼見に確認した信長が、自分の本拠の表鬼門を万全の備えで固めたとあっては立場がない。 そこで、信長はこの方角をはるか遠方のパワースポットで固めることとしたらしい。それは、信濃北部の善光寺だ。善光寺は日本最古といわれる一光三尊阿弥陀如来を本尊とする古刹であり、安土から陸路を進むと大蛇(龍)をご神体とし軍神としても崇められる諏訪明神の諏訪神社(現在の諏訪大社)を経るという抜群のポジションにある。 その門前町は諸国から集まる参詣者たちによって大いに栄え、武田信玄や上杉謙信がその繁栄を自分のものにしようとむりやり甲斐善光寺、越後善光寺を勧請(かんじょう)したほどだ。 信長が善光寺を重視していた傍証もある。のち天正10(1582)年、武田征伐後のことだ。 「甲斐・信濃に信長さまが討ち入りされたとき、信忠殿(信長嫡男)は甲斐善光寺を美濃へ移された」(『家忠日記』)「信長さまが甲斐善光寺の本尊を尾張清洲の甚目寺に移した」(『甲斐善光寺建立記』) 信長としては武田勝頼を滅ぼして信濃善光寺が直接支配下に入っただけでは物足らず、甲斐善光寺の本尊を岐阜に移して信濃善光寺に至る表鬼門の中継点とするつもりだったのだろう。大徳寺総見院に所蔵されている「木造織田信長坐像」=京都市北区(iRONNA編集部撮影) 以上のような表鬼門構築の計算を胸に秘めて、信長は龍の結界を張った安土城とその城下町(安土山下)を出現させた。 翌天正8(1580)年8年1月17日、播磨三木城の別所長治が自害すると、完全に孤立した大坂本願寺は閏3月に開城を決定。4月9日は門跡の顕如が大坂を退去した。 5月26日には石清水八幡宮が正遷宮を行い、スポンサーである信長も参列している。このとき『信長公記』が言祝(ことほ)いだ「信長御武運長久、御家門繁栄」はまさに安土城を中心とした龍のパワーによってもたらされたのだった。 8月2日、大坂本願寺に居残っていた教如(顕如の子)と抗戦派も城を退去。これで近畿には信長に敵対する勢力が完全に姿を消したことになる。

  • Thumbnail

    記事

    戦国武将の明暗、関ヶ原後に吹き荒れた無慈悲な「改易」の真実

    渡邊大門(歴史学者) 社長が代わると、幹部社員が総入れ替えということも珍しくない。旧社長の人脈をすべて断ち、新社長が気心の知れた部下を登用する。旧社長の勢力は一掃され、新社長のもとで、新たな社員たちが強い結束を結ぶ。極端かもしれないが、ありがちな話である。 実は、戦国時代から江戸時代にかけては、まさしくこのような改易(かいえき)の嵐が吹き荒れ、覚えがめでたくない大名は一掃された。 なぜそうなったのか、理由を考えてみることにしよう。 慶長3(1598)年8月、時の最高権力者である豊臣秀吉が没すると、徳川家康は満を持していたかのように、天下取りに名乗りを上げた。家康が秀吉の遺言を次々と破り(私婚を進めるなど)、秀吉の後継者である秀頼を蔑ろにしたことは、あまりに有名である。 やがて家康は西軍を率いる毛利輝元、石田三成と対立し、慶長5年9月に関ヶ原合戦が勃発した。この戦いでは家康率いる東軍が圧勝し、敗れた西軍の諸将の中には厳しい処分を受ける者もいた。いくつか例を挙げておこう。 西軍のリーダーである石田三成、小西行長、そして秀吉の側近であった安国寺恵瓊(あんこくじ・えけい)は斬首となり、死をもって敗北の責任を負わなければならなかった。当然、彼らの所領は没収された。恵瓊に至っては、毛利氏がすべての敗北した責任を後世に押し付けた。 また、若き五大老として名を馳せた宇喜多秀家は、後述するが備前・美作などの所領を没収され、長い逃亡生活を余儀なくされた。むろんこの例以外にも、多くの大名が改易の憂き目に遭った。徳川家による大名改易の原形は、この時点に遡ることができよう。 このように家康が戦勝者となり、大名を処分しうる立場になったことは、必然的に秀頼の地位低下を意味した。 慶長8年、家康は征夷大将軍に就任し江戸幕府を開幕した。続く慶長19年、20年の大坂の陣で豊臣家を滅ぼすと、名実ともに天下を掌握し、大名政策に力を入れた。そして、大名統制を意図して制定されたのが、「一国一城令」と「武家諸法度」なのである。  家康が全国統治権を行使する中で、大名統制を積極的に行うことは必然の帰結だった。後に「徳川300年」とはいうものの、江戸幕府開幕直後はまだ安泰と言い得るような状況ではない。そのため、関係する法の制定と整備・運用が喫緊の課題だったのである。江戸幕府が置かれて400年を機に初めて一般公開された徳川家康像=2003年11月、京都市東山区の知恩院 その第一弾というべきものが、元和元(1615)年閏6月に制定された「一国一城令」である。豊臣家滅亡直後という、格好のタイミングであった。「一国一城令」とは、その名が示す通り一つの領国に一つの城しか認めない法である。 「一国一城令」により、本城を除く支城はすべて破却が命じられた。この法令は、必然的に各大名の戦力を削減し、戦闘意欲を削ぐ効果があった。ベースとなった「武家諸法度」 その翌月に発布されたのが、「武家諸法度」である。「武家諸法度」は政僧の金地院崇伝(こんちいん・すうでん)が家康の命を受けて起草したもので、2代将軍である秀忠の名前で発布された。その内容で重要なのは、①城郭修理の禁止②徒党の禁止③婚姻の許可制④参勤作法⑤大名の国政、であった。 こうして幕府は武家法の体系を整え、以後、何度かの改定を行って精度を高めた。そして、違反者に対しては、厳しい処分をもって臨んだのである。これまでも後継者の不在、御家騒動などによって改易される例があったが、「武家諸法度」によって法的根拠が整ったのだ。 次に、関ヶ原合戦直後も含め、改易に遭った事例をいくつか確認することにしよう。  関ヶ原合戦後の事例として、冒頭で触れた宇喜多秀家を取り上げたい。秀家は関ヶ原合戦における西軍の事実上のトップであったが、敗北後に大逃走劇を演じている。秀家は敗北直後、わずかな従者と近江国伊吹山中をさまよったが、意を決して薩摩国の島津義弘を頼ることになった。 島津氏は関ヶ原合戦の最中、敵中突破という奇策を用いて、無事に本国の薩摩国に帰還した。しかし、合戦直後は徳川氏の許しを得ておらず、薩摩国は言うならば治外法権のような様相を呈していた。おそらく秀家はそのような事情も考慮して、島津氏に助けを求めたのであろう。 しかし、慶長7年に島津氏が上洛し、家康に謝罪をすると、辛うじて本領を安堵された。そうなると、クローズアップされるのが庇護していた秀家の存在である。島津氏にとって、宇喜多氏は厄介者になったのである。 翌年、秀家は島津氏の家臣らに護送され、上洛の途についた。本来、秀家は死罪となるべきところを、島津氏の嘆願によって免れた。 そして秀家は駿河国久能(静岡市駿河区)に移され、幽閉生活を送ることになった。八丈島に流人第一号として流されたのは、その3年後のことである。このように長い逃亡生活を経て、死罪を免れた例は、珍しいと言えるであろう。「八丈島に送られた最初の流人」といわれる宇喜多秀家の墓=東京・八丈島 次に取り上げるのは、前田茂勝である。  前田茂勝は五奉行の前田玄以の子で、関ヶ原合戦では西軍に味方した。しかし、玄以が朝廷との太いパイプを持っていたことや、実際には東軍と交戦して被害をもたらさなかったことが考慮され、処分を免れた。そして、玄以の没後、茂勝は家督を継承し、丹波国八上城(兵庫県丹波篠山市)を拠点とする大名に取り立てられた。 コンスタンチノの洗礼名を持つ茂勝は、熱心なキリスト教徒であった。それゆえに、禁教政策を推進していた幕府からは、危険視されていたと言われている。そのようなことが影響したのか、茂勝は警戒心ですっかりおびえてしまい、その行動は異常さを増すところとなった。 茂勝は内政を蔑ろにし、京都で乱行・放蕩三昧の生活を送ったという。当主としては、あるまじき行為であった。事態を憂慮した家臣の尾池清左衛門父子は、茂勝に諫言するが、これは聞き入れられなかった。それどころか、尾池父子以下の家臣は切腹を命じられるなど、極めて理不尽な処分を下したのである。「東軍」武将も厳しく対処 この状況を幕府が見逃すわけがなかった。慶長13年、茂勝は幕府から改易を申し渡され、所領を没収されることになった。そして、甥である出雲国松江(島根県松江市)の堀尾忠晴に茂勝は預けられた。のちに茂勝は悔い改め、クリスチャンとして真面目な生活を送ったという。 この事例は、「当主乱行」から執り行われた改易として知られるものである。  では、元和元年に制定された「武家諸法度」の制定後には、どのような事例があるのであろうか。ここでは、福島正則の例を見ることにしよう。 「賤ケ岳の七本鎗」と称せられた福島正則は、秀吉子飼いの大名として知られるが、関ヶ原合戦では東軍に味方し、以後も家康に従った。その軍功により、備後、安芸の両国49万石を与えられ、名実ともに大大名となった。 このような正則に隙があったのは事実である。元和5(1619)年に正則が上洛しようとする直前、その前年から広島城を改修していることが幕府に伝わった。城郭の改修には事前の許可が必要であり、「武家諸法度」に反した行為である。 この事実を聞き及んだ秀忠は、広島城の本丸以外(二の丸、三の丸、惣構え)をすべて破却することで、いったんは赦免しようと考えた。安堵に胸を撫で下ろした正則は、早速指示に従うことにした。しかし、正則が行ったのは、本丸の壁を取り、土や石を取り除くという簡単なものであった。 正則としては、簡単に対応したことが幕府に対する「降参」の意であり、処分を形式的なものと軽く受け流した様子がある。だが、この一報を耳にした秀忠は破却が不十分であるとして、直ちに正則の領国(安芸・備後)を没収したのである。青天の霹靂(へきれき)とは、まさしくこのことであろう。広島城二の丸=広島市 その後、正則は信濃国(高井郡)・越後国(魚沼郡)に移され、自らは子の忠勝に家督を譲り蟄居(ちっきょ)した。翌年、忠勝が早世すると、2万5千石を返上した。 そして、正則が亡くなった際、幕府検使が到着する前に、遺骸は無断で荼毘(だび)に付された。そのため残りの2万石も取り上げられ、正則の子正利は3千石の旗本にまで身分を落としたのである。 このように、いったん改易処分を受けると、その後の復活は難しく、それどころか這い上がれないほどに転落することもあった。正則の例は、その悲惨なものの一つであるといえよう。  むろん、改易は福島氏のような外様大名に限らず、同じ徳川家の者にも及んだ。狙い撃ちされた豊臣系の外様 たとえば、松平忠輝は家康の6男であったが、その容貌が原因で、忌み嫌われていたという。しかし、忠輝は伊達政宗の娘五郎八姫と結婚し、後に越後国高田城(新潟県上越市)主として、60万石を領した。大坂の陣にも出陣しているのである。 事件が起こったのは、家康が亡くなった翌年の元和2年のことである。突如、秀忠は忠輝の領地を没収し、伊勢国朝熊(三重県伊勢市)へ配流とすることを決定した。それには理由がいくつかあった。 一つには、忠輝が日頃から酒に溺れ、乱暴な振る舞いがあったという理由である。もう一つは、大坂の陣での行状であり、参陣の命があったにもかかわらず、戦場へ遅参したことと、軍列を追い越した秀忠直属の旗本を斬り殺したことである。さらにもう一つは、大坂の陣の戦勝を朝廷に奏上する際、忠輝は病気を理由にして参内に応じなかったことである。 このような理由によって忠輝は改易されたが、生母の執り成しも聞き入れられなかったという。その後、忠輝は朝熊から飛騨国高山(岐阜県高山市)、信濃国諏訪(長野県諏訪市)へと移され、亡くなったのは天和3年。92歳であった。 このように、改易処分は徳川家の縁者であっても及ぶことがあり、容赦がなかったのである。  以上の通り、関ヶ原合戦以後、徳川氏は次々と改易を行ってきた。事例では特に挙げていないが、他の改易理由としては、後継者の不在、御家騒動などがある。関ヶ原合戦の戦後処理は別として、江戸幕府以後の改易はどのように考えればよいのであろうか。 家康という絶大な権力は別格として、子の秀忠、家光への家督の継承過程は、不安視されたと考えられる。こうした不安定さを克服するためには、必然的に大名抑制政策を採らざるを得なかった。特にターゲットとなったのは、豊臣系の有力外様大名であった。 先述の福島正則や加藤忠広(加藤清正の子)は、その代表と言えるであろう。こうして、将来の火種となりかねない大身の外様大名は、改易の憂き目にあったのである。代わりに登用されたのは、池田光政や細川忠利などの親徳川派の外様大名であった。 また、小規模な大名の改易や転封も盛んに行われ、特に譜代大名を西国方面に配置することが重要視された。幕府の基盤を西国に根付かせるためである。同時に、関東や東北の重要拠点にも、譜代大名が配置された。関ヶ原合戦の地に建てられた石碑(ゲッティイメージズ) こうして幕府は国内に絶対的権力を確立し、おおむね17世紀中に改易・転封は一段落した。時代はちょうど、5代将軍綱吉の頃である。しかし一方で、改易は浪人を大量に生み出すことにつながり、社会不安を増大させたことも忘れてはならない。

  • Thumbnail

    記事

    籠城の最後は地獄絵図!秀吉が多用した「兵糧攻め」戦法の脅威

    渡邊大門(歴史学者)  桶狭間の戦いや長篠の戦いのような野戦は短期間で決着し、戦闘経過が分かりづらい。その反面、兵糧攻めは戦いが長期に及ぶので、戦闘経過の詳細詳が分かるケースもある。意外に史料も豊富である。そもそも兵糧攻めとは、どういう戦いだったのだろうか。 兵糧攻めとは文字通り「敵の兵糧補給路を断ち、兵糧を欠乏させることによって打ち負かす攻め方」のことであり、「兵糧詰め」「食攻め」ともいう。中世においては、築城技術が発達した戦国時代に多用された作戦である。では、兵糧攻めには、どんなメリットとデメリットがあったのだろうか。まずは、攻撃側から確認しよう。 第1のメリットとしては、将兵の消耗が少なくて済むという点だ。野戦などで敵と交戦すると、死傷者が続出するのが常であり、決して避けることができなかった。しかし、兵糧攻めは基本的に敵の城を攻囲するだけなので、籠城側が果敢に戦いを挑んでこない限り、将兵の死傷者が少なくて済む。 第2のメリットとしては、敵の補給路を断つこと、それに伴って情報も遮断することができるという点である。敵は兵糧や武器がなくなると、当然長く籠城を続けることができない。また、情報が入手できなくなると、不安に陥るのは当然であろう。こうして敵は、最終的に降参せざるを得ない状況に追い込まれた。 籠城戦のメリットは、中国古代の兵法書『孫子』にあるように、「戦わずして勝つ」という点にあろう。 次に、攻撃側のデメリットを考えてみよう。大きなデメリットは、長期戦になる点である。長期戦になることにより、兵糧や武器の調達が長期にわたるなど、多大な財政支出を必要とした。 また、暑い夏、寒い冬になると暑さ寒さが堪え、長期にわたる籠城戦は困難になる。同時に、将兵の士気を維持するのが難しく、ときに戦場から故郷へと逃亡する者もいた。 したがって、攻撃側は籠城戦が長期間にわたるという覚悟はあったに違いないが、できるだけ早く敵の城を落城させる必要があった。戦いの途中で攻撃側の兵糧や武器が不足し、攻囲を解いて自国に逃げ帰る例は少なくない。兵站(へいたん)の準備は、先述した通り非常に重要な意味を持ったのである。 次に、籠城側のメリットとデメリットを考えてみよう。まずはメリットである。 第1のメリットとしては攻撃側と同じく、将兵の消耗が少なくて済むという点である。基本的に出撃することは少なく、城に籠っているだけだからである。とはいえ、ときには敵の虚を突いて、出撃することはあった。 第2のメリットとしては、堅牢な城に守られているため、少ない将兵で大軍と対抗できた点である。野戦では将兵の数が勝敗のカギを握ることが多いものの、籠城すれば少ない兵でも十分に渡り合えたのである。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) 第3のメリットとしては、第2のメリットを生かしつつ、援軍を期待できるという点である。援軍のことを後巻(うしろまき)という。城内の将兵と援軍とで敵を挟撃し、撤退させることも十分に可能だった。 デメリットは攻撃側と同じく、食糧や武器の調達が困難になることだ。攻撃側は、まず城の周囲に付城を築き、交通路を遮断する。同時に水の手を断った。やがて、籠城側の食糧や武器が尽き、降参に追い込まれる。援軍が来れば状況は異なるが、来なければ(あるいは近づくことができなければ)敗北は必至だった。籠城側の食糧調達方法とは まず、籠城戦では、どのように兵糧を調達していたのだろうか。基本的に戦国時代の戦争では、各将兵が当座の兵糧を自弁することになっていた。しかし、長期の兵糧攻めでは、個人的な努力で準備するのが困難なのは自明である。 戦国大名には御用商人が存在し、彼らが兵糧調達をサポートした。御用商人は兵糧と武器を調達し、小荷駄隊と称する兵站を担当する部隊がこれを運搬した。 また、戦地が遠隔地の場合は、海路を船で運搬し、馬に乗せて陸路から兵糧を運ぶこともあった。むろん、言い値で買うのではなく価格交渉をし、折り合いがつかなければ、別の商人から買うこともあった。 御用商人から調達した兵糧が足りない場合は、周辺の村々から強奪することもあった。また、生育中の農作物を刈って兵糧とすることもあり、これは籠城側の兵糧を奪うことにもつながった。 ほかにも、兵糧調達の方法があった。たとえば、川や海が近くにあれば、魚、貝、海藻などを採集し、調理することもあった。さらに食べることができる野草なども採集し、兵糧としたのである。 一方、籠城側は城内に食糧を備蓄していたが、それでも足りないことがあるので、御用商人から購入した。あるいは、同盟関係にある大名から兵糧を提供されることがあった。 そこで、攻撃側は「米留」「荷留」といって、商人の籠城側への食糧搬入を阻もうとした。同じく、攻撃側は城へ通じる主要な街道を封鎖し、武器なども含めて補給路を断ったのである。 では、兵糧攻めの手順を確認しておこう。 攻撃側は本陣を定めると、敵を包囲すべく土塁や柵を築いた。また、付城という小さな砦(とりで)を随所に築き、軍勢を置いた。こうして城を完全に包囲し、兵糧攻めの準備は完了する。 その後、攻撃側は籠城側の補給路を断ち、同時に稲を刈るなどし、本格的な兵糧攻めを展開する。また、城内に通じる水の手を断つことも重要なことだった。水がなければ、人間は生きていけないからだ。 籠城側も周囲に付城を築き、また味方の支城と連携することで対抗するが、攻撃側はそれらを落とすことで戦いを有利に進めようとした。籠城側には後巻という援軍がやって来るが、これを攻撃側が撃退すれば、もはやほとんど勝利を手にしたようなものだ。こうして籠城側は孤立を余儀なくされ、やがて城内に厭戦ムードが漂うことになる。 その後、攻撃側は調略戦を仕掛け、城内から内応者を募った。調略がうまくいけば、内応者が城内で反乱を起こしたりするので、その動きに乗じて一気に城内へと突撃する。あるいは、降伏するよう求め、一定の条件を付けた。城主やその一族に切腹を科し、代わりに城兵の命を助けるという条件が多かった。籠城側が条件を飲めば、降伏・開城へと手続きは進んでいく。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) 兵糧攻めで忘れてならないのは、城内で飢えに苦しむ将兵たちである。餓死者が出ると、城内には伝染病が蔓延することもあった。兵糧不足に苦しむ城兵は、馬や鼠などの小動物、壁の漆喰(しっくい)の藁(わら)を食し、最後は人肉すら食らったという。ある意味で、兵糧攻めは非人道的な作戦だったのかもしれない。凄惨な「三木の干殺し」 兵糧攻めは、単なる長期戦ではなかった。攻撃側は城を取り巻きながらも、できるだけ短期で終結するようあらゆる策を講じ、同時に調略戦を仕掛けるなどし、多方面から降伏・開城を迫った。戦国の早い段階では、攻撃側の兵糧が尽きて撤退することもあったが、秀吉の時代になると、圧倒的な物量戦で籠城側を落城に追い込んだのだ。 以下、兵糧攻めの代表例を取り上げるが、煩雑さもあるので、史料(特に一次史料)の注記は最小限にしている。また適宜、二次史料の記述を挙げて、兵糧攻めの残酷な状況をあらわした。 天正5(1577)年10月、織田信長は毛利氏と対決すべく、羽柴(豊臣)秀吉に中国計略を命じた(『信長公記』)。秀吉は信長の期待に応え、上月城(兵庫県佐用町)などの諸城を次々と落とした。 秀吉が中国計略を進めるうえで、最も頼りにした武将が三木城(兵庫県三木市)の別所長治である。しかし、天正6(1578)年2月、長治は秀吉に叛旗を翻し、毛利方に寝返ったのである。 ここから戦国史上に例を見ない凄惨な兵糧攻め「三木の干殺し」が展開される。 三木城をめぐる攻防で注目されるのは、付近の諸城での戦いだ。天正6年4月、毛利氏は加古郡別府(兵庫県加古川市)から侵攻しようとし、阿閉城で別所重棟と戦った。秀吉は黒田官兵衛を遣わし、これを撃退している。 ほぼ同じ頃、付近の野口城主の長井氏、神吉城主の神吉氏、志方城主の櫛橋氏が、それぞれ秀吉に降参した。別所氏は加古川付近の城を次々と落とされ、苦境に立たされる。 秀吉が加古川付近の別所方の城を落とした理由は、毛利方が海上から三木城へ兵糧を運搬する経路を断つためである。海上から三木への経路を立たれた毛利氏は、ただ戦況を見守るしかなかった。 天正6年7月、秀吉は三木城を見下ろす平井山に城を築くと、一斉に付城を構築した。三木城の周囲に付城を築いたのは、兵糧や情報のルートを断つためだ。秀吉が築いた付城の数は、尋常な数でなかった。 当初、付城は2、3カ所ほど、三木城の向かいに築城された。その後、加古口にも築かれ、海上からの毛利氏の上陸を困難なものした。さらに、三木城の西方面の道場河原、三本松(兵庫県神戸市)にも、付城は築かれた。天正8(1580)年になると、付城の数は50か60にもなったという(『信長公記』)。こうした秀吉の付城による包囲網は、じわじわと別所陣営を追い詰める。 秀吉に付城を築かれたので、別所氏の兵糧搬入は極めて困難になった。天正6年10月に荒木村重が信長を裏切った直後、有岡城(兵庫県伊丹市)から花隈城、丹生山、淡河(いずれも神戸市)というルートで兵糧が搬入されていたが、秀吉は淡河(おうご)に砦を築いて阻止した。この時点において、三木城への兵糧搬入ルートはほぼ断たれたのである。馬上の別所長治像が立つ三木城跡=兵庫県三木市 天正7(1579)年6月、毛利氏は配下の鵜飼氏らを派遣し、三木城に兵糧を搬入しようとした。鵜飼氏らは明石の魚住に着岸し、三木城へ兵糧を運ぼうとしたが、秀吉は三木から魚住のルートを遮断すべく付城を築いた。 付城には番屋、堀、柵、乱杭、逆茂木を設け、表には荊(いばら)を引き、深い堀が設置された。それは、獣や鳥も逃れ難い包囲網だったという(『播州御征伐之事』)。それでも毛利方は、兵糧の搬入を試みた。最後は「人肉」まで 同年9月10日、芸州(毛利氏)、雑賀、播磨の衆が三木城に兵糧を搬入すべく動いた。御着(小寺氏)、曽禰、衣笠の諸氏ら播磨の衆の援軍には、別所方の勢力も加わった。毛利方の軍勢は美嚢川を北に迂回、大村の付城の谷衛好(もりよし)を襲撃し、これを討った(大村合戦)。この戦いで、三木城にはわずかばかりの兵糧が入ったのかもしれないが、到底十分なものではなかったに違いない。 天正7年10月以降、秀吉は南の八幡山、西の平田、北の長屋、東の大塚に付城を築き、三木城を本格的に包囲した。付城の二重にした塀には石を投げ入れて、重ねて柵を設けた。 また、川面には簗杭(やなぐい)を打ち込んで籠を伏せて置き、橋の上には見張りを置いた。城戸を設けた辻々には、秀吉の近習が交代で見張りをしたのである。 付城に入るには守将が発行する通行手形がなければ、一切通過を認めなかった。夜は篝火(かがりび)を煌々(こうこう)と焚き、まるで昼間のようだったという。もし油断する者があれば、上下を問わず処罰し、重い場合は磔となった。当然、三木城には兵糧が入らず、やがて城内には飢餓に伴う惨劇が発生した。 三木城内の兵糧が底を尽くと、餓死者が数千人に及んだという。はじめは糠(ぬか)や飼葉(馬の餌)を食していたが、それが尽きると牛、馬、鶏、犬を食べた。当時、あまり口にされなかった肉食類にも手が及んだのである(『播州御征伐之事』)。 それだけでなく、ついには人を刺し殺し、その肉を食らったと伝える。その空腹感は、想像を絶するものがあった。「本朝(日本)では前代未聞のこと」と記録されており、城内の厳しい兵糧事情を端的に物語っている。 年が明けて天正8(1580)年1月、秀吉は三木城への総攻撃を開始し、落城寸前にまで追い込んだ。秀吉は三木城内の長治、賀相(がそう)、友之に切腹を促し、引き換えに城兵を助命する条件を提示した。 結果、別所一族は切腹して長い戦争は終結した。近年、秀吉は約束を反故にし、長治らの切腹後に別所方の城兵は皆殺しになったという説も提起されており、今も議論が続いている。大宮神社で見つかった等身大の豊臣秀吉坐像=2020年5月20日、大阪市旭区 別所氏の敗因は、毛利氏の後巻(援軍)を得て、秀吉の付城を突き崩すことができなかったからだ。それゆえ、毛利氏の播磨上陸が不可能になると、兵糧も武器も搬入されず、まったくの孤立無援になった。有岡城における荒木村重の苦戦も大きな誤算だったであろう。つまり、秀吉の付城の包囲網が功を奏したといえよう。 一方の秀吉は、戦いで将兵を消耗することなく、長期戦に持ち込んだことが勝因だった。加えて、戦いの途中で宇喜多直家は毛利氏が不利と考え、織田方に寝返った。兵糧攻めは、周囲に優勢を伝える大きな宣伝になった。この戦いを機にして、秀吉は兵糧攻め、水攻めを多用するようになる。 このように、籠城戦にはメリット、デメリットがあるものの、豊富な物量に恵まれた場合は、圧倒的に攻城側が有利だったのだ。

  • Thumbnail

    記事

    「シベリア抑留」引き揚げ者と舞鶴 戦後75年に語り継ぐあの記憶

    える機会が増えたことだろう。中でも終戦を迎えながら帰国に困難を極めた「シベリア抑留」は戦後を象徴する歴史の一つだ。その主な引き揚げ港となった京都府舞鶴市に「舞鶴引揚記念館」がある。同館の資料に改めて目を向ければ、歴史を超えて語り継ぐべき「戦後」が見えてくる。テーマ『「引き揚げ者の街」舞鶴に刻まれた記憶』https://ironna.jp/theme/1103

  • Thumbnail

    記事

    終戦直後の引き揚げ、なぜ「国民的記憶」にならなかったのか

    という予想を超えた早さで大半の日本人が帰還できた。この外れた見通しと結果のギャップが、海外引き揚げの歴史を覆い隠してしまった。 早く帰還できたとしても引き揚げ者にとって、国家の庇護を受けられないまま難民状態に置かれた1年余りは、戦争が終わったとは決して言えない状況であった。リンゴの唄が「残酷」な理由 引き揚げ者は、崩壊した大日本帝国の清算を一身に引き受けた人々であり、犠牲者は満洲を中心に30万人近くに上った。亡くなった人の数では東京大空襲の8万4千人、広島の原爆の14万人、沖縄戦の民間人9万4千人を大きく上回る。しかも、犠牲者の慰霊は民間有志に限られ、今も遺骨は現地に埋もれたままである。 帝国の遺児となった引き揚げ者が故国にたどり着いたとき、大日本帝国は日本国という国になっていた。作家のなかにし礼が、満洲からの引き揚げ船で聞いた『リンゴの唄』を「残酷」と感じたのは、引き揚げ者と戦後日本の深くて越えがたい意識の断層をよく表している。 短期間で終了した海外引き揚げは、戦後日本の中で、国民的記憶にはならなかった。日本は戦後復興から高度経済成長を経て経済大国化していき、引き揚げ者の存在は顧みられることもなく、海外引き揚げの歴史は忘却されていったのである。 その一方で、10年にわたって長期化したシベリア抑留は、歌謡曲や映画にもなった『岸壁の母』などで広く知られることになる。京都府舞鶴市にある舞鶴引揚記念館が事実上のシベリア抑留記念館であることは象徴的である。 敗戦まで「帝国臣民」の一員とされていた朝鮮人や台湾人の存在も忘れてはならない。彼らも大日本帝国の拡大とともに居住範囲が広がり、敗戦によって現地に取り残された。 しかし、日本政府は現地定着方針を指示した際、彼らの庇護を放棄して連合国に丸投げした。彼らの祖国への帰還は日本人以上に困難であり、帰還後、さらに苛酷な政治の荒波に翻弄(ほんろう)されることになった。京都府舞鶴市の「舞鶴引揚記念館」(同館提供) 東アジアから東南アジア、太平洋にわたる広大な地域に支配を拡大していった大日本帝国の歴史は、まさに日本の近代史そのものであり、多くの民族を巻き込んだ点では東アジアの近代史でもある。 海外引き揚げの歴史が日本人の意識の奥底に沈殿し社会に埋没したことで、何ゆえに引き揚げ者が発生したのか、そもそも彼らはなぜ海を渡り、そこで何をしていたのかを深く考える機会が失われ、多くの日本人が大日本帝国を忘却する結果をもたらした。そして大日本帝国の記憶を封印したことが、東アジア諸国との歴史認識をめぐる軋轢(あつれき)の一因となったとも言える。 日本の将来は、アジアとの共存なくしては成り立たないであろう。しかし、経済的利益を追求するだけではなく、歴史を振り返る中で自らの立ち位置を定め、将来を見通す目を養わなければ、時勢に翻弄されるだけに終わる。 そのような意味において、海外引き揚げという歴史を通して、日本とアジアとの関係を再認識することは意義のあることではないだろうか。

  • Thumbnail

    テーマ

    「引き揚げ者の街」舞鶴に刻まれた記憶

    える機会が増えたことだろう。中でも終戦を迎えながら帰国に困難を極めた「シベリア抑留」は戦後を象徴する歴史の一つだ。その主な引き揚げ港となった京都府舞鶴市に「舞鶴引揚記念館」がある。同館の資料に改めて目を向ければ、歴史を超えて語り継ぐべき「戦後」が見えてくる。

  • Thumbnail

    記事

    家族愛や祖国愛…、舞鶴引揚記念館に秘められた世界的価値

    邦人の引き揚げ、特にシベリア抑留に関わるものですが、この抑留と引き揚げの問題は、日本人にとって戦後の歴史の中で、本来は極めて馴染み深いものです。 ご存じの方も多いかと思いますが、シベリア抑留とは、第2次世界大戦の終戦後、武装解除された日本人捕虜や民間人たちが、当時のソ連・モンゴル領内に移送され、強制収容所に抑留されて労働に従事させられた歴史的事実のことを指します。 その数がおよそ60万人にのぼることから、家族や親戚の中に、シベリア抑留からの帰国者がいる方も多く、ある種国民的な歴史の記憶と言えるでしょう。二葉百合子さんたちが歌われた『岸壁の母』が有名ですね。 ただ、戦後50年、60年、70年、今年は75年という節目ですが、このように時が経つにつれて、当時の記憶が徐々に薄れてきていることは言うまでもありません。 そうした中で、5年前の2015年10月に、舞鶴引揚記念館の所蔵する資料570点が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶(世界記憶遺産)」に登録されました。世界記憶遺産に登録されたことで、舞鶴引揚記念館の資料が、人類が共有すべき世界的に重要な資料として認定されたわけですから、改めてシベリア抑留と引き揚げに関する歴史をわれわれが知る、よいきっかけになったと思います。 また、戦後の長い間、特に1950年以降は国内唯一の引き揚げ港となった舞鶴市の市民の方々、抑留者や引き揚げ者を、真心をもって温かく迎えた歴史を持つ舞鶴市民にとっても、この歴史の記憶がかなり薄れつつありました。 こうした中で、自分たちの故郷の歴史を再認識する機会にもなったわけであり、その意味でも、ユネスコへの登録はとても意義深いものであったと思います。歴史の舞台となった場所に、歴史博物館があるということは、その地域にとっても重要なことです。 第2次世界大戦に関係する歴史は、現在に近い近現代の戦争をめぐる歴史であるだけに、常に敵味方や戦勝国と敗戦国、さらには加害と被害という観点から語られることの多い歴史です。そうした視点がどうしてもつきまとうだけに、記憶遺産としては本来、非常にハードルの高い分野であったと思います。舞鶴引揚記念館に所蔵された資料の価値について語る東京女子大の黒沢文貴教授=2020年9月11日、京都府舞鶴市(iRONNA編集部、西隅秀人撮影) 過去に登録された近現代史の分野の記憶遺産といえば、たとえばナチスによるユダヤ人迫害を逃れ、ドイツからオランダ・アムステルダムに移り隠れ住んだ少女アンネ・フランクによる『アンネの日記』がありますが、これを記憶遺産とすることに、あえて異論を唱える人はいないでしょう。 ですが、シベリア抑留や引き揚げとなると、そもそも終戦時になぜ約660万人もの軍人を含む在外邦人が存在したのかという問いを抜きにしては語れないこともあり、歴史認識をめぐる対立の中に引き込まれる可能性が高いため、そもそも記憶遺産に挑戦するには困難なテーマであったと思います。シベリア抑留は最長11年 とはいっても、抑留者や引き揚げ者がさまざまな困難や苦労、また筆舌に尽くし難い体験を乗り越えて舞鶴の地に降り立ったこと自体は、日本人が忘れてはならない歴史のひとコマであることに間違いありません。 シベリア抑留を経て引き揚げてきた人たちの存在は、戦争によって生まれたある種の悲劇です。戦争が終わった段階で、武装解除をされた段階で、かつてジャン・ジャック・ルソーが『社会契約論』の中で述べていたように、「武器をすてて降伏するやいなや、ふたたび単なる人間にかえった」、つまり軍人はもはや軍人ではなく、一人の人間、市民にたち戻った存在といえるわけです。ポツダム宣言に従えば、すみやかに故郷の家族のもとに帰れるはずであった人々です。 しかし、シベリア抑留者たちは、すぐには帰国できませんでした。東南アジアなど他の地域からの復員と引き揚げが進む中で、シベリア抑留者の引き揚げが始まったのは、終戦から1年以上経ってからのことであり、それも決して順調に進んだわけではありません。米ソ対立の冷戦構造もあり、長い人は11年に及ぶ抑留生活を強いられたわけです。その過程で、結果的に帰国できずに現地で亡くなられた方々が、約6万人もおられました。 翻って今現在、世界各地でさまざまな国際紛争や内戦によって故郷を失い、難民となってしまう極めて多くの人々がいます。シベリア抑留の人たちは、もちろん今日の難民や故郷喪失者とはまったく歴史的背景などの前提が違うので、同じとは言えませんが、戦争や紛争の惨禍、さらには国際情勢などが原因で、故郷への帰還が困難な人々という視点に立てば、似たような境遇と言えなくもないでしょう。 実はそうしたことも頭の片隅に置き、恐らく抑留と引き揚げの歴史をご存じではないユネスコの審査員の方々にどのようにしたらご理解いただけるのかに思いを巡らしながら、ユネスコへの申請書を執筆していました。もちろん日本が降伏した時点で、すでにソ連はドイツ軍人などの旧敵国人を大量に抑留して、祖国再建のための労働力にしていましたので、そうしたシベリア抑留と同様の同時代的な出来事も、申請書を書くにあたり重要な歴史として重視しました。 要するに、そうした人々に共通するのは、自らがコントロールできない、まったく不条理な状況に突然放り込まれ、筆舌に尽くし難い労苦を味わらなければならなかったということです。しかもそれは、なかなか終わりの見えない、心身ともに疲弊する労苦であったわけです。 国家というレベルではなく、一人ひとりの人間、個人という目線に立てば、そうした理不尽な境遇に置かれた人々が必死に残そうとされた資料には、その希少性も含めて、当然のことながら資料自体に大きな価値があります。自ずと人々に訴えかける大きな力が、資料そのものにあります。 なぜならそこに、人類共通の普遍的な思いを見いだすことができるからです。それは例えば、生への欲求、人間愛や家族愛、そして同胞愛や祖国愛という普遍的なレベルの思いです。恐らく、そうした視点を基調に据えて訴えたことが、ユネスコの委員の皆さんの胸に響き、記憶遺産としての価値を認めてもらうことに繋がったのではないかと思っています。 先にも触れましたが、「戦後から何年」という節目を迎えるごとに、残念ながら記憶は薄れていきます。ただ戦後の日本は、戦前に形成された「大日本帝国」が解体され、終焉を迎えたところから再出発しました。平和な文化国家へと変化していく、その大きな変わり目に、抑留と引き揚げの歴史はあります。引き揚げ者らを乗せた「高砂丸」を出迎える人たち(舞鶴引揚記念館提供) ですから、戦後日本社会の一側面を表すその歴史は、まさに国民が記憶し共有すべき戦後の大きな歴史のひとコマであるといえます。また、今日のように、国際的な相互依存関係が深まり、人々の往来や交流が盛んに行われている状況においては、自国の歴史をきちんと知るということが、他国の方々との親密な交流や無用な摩擦を避けるためにも必要なことであると思います。資料は「宝の山」 現在は国民国家の時代ですから、どうしても近現代の歴史は国単位で語られることが多くなります。しかし、国家は一人ひとりの人間によって成り立っています。ですから、抑留と引き揚げの歴史も、一人ひとりの個人の目線、その時代を生きた人間の苦悩や喜びに、もっと目を向けてみることが必要でしょう。歴史は一人ひとりの人間が織りなす営みによって生まれる、人々が紡いだドラマです。 その意味では、シベリア抑留の悲劇は、抑留者だけの問題ではなく、帰国を待ちわびる家族の問題であり、広くは同胞を迎える日本国民や社会の問題でもあります。抑留者とその家族にとっては、帰国後の生活の問題でもあります。 抑留者にとっても、家族にとっても、帰国と、それを待ちわびた末の再会によって、ようやく長い戦争が終わったわけです。その時点からが、真の意味での彼らの戦後の始まりであったといえます。国家レベルの戦後と個人目線に立つ戦後には、ギャップがあるという視点も、戦後を語る中では大切ではないでしょうか。 記憶遺産の審査基準には、唯一無二性がありますが、それは言葉を変えて言えば、一人ひとりの人間の生きた証となる資料を求めている、ということだと思います。誰それの残したものということが明確であることが必要であり、その点で舞鶴引揚記念館の記憶遺産に登録された資料も、その要件を十分に満たしたものばかりです。 私の舞鶴引揚記念館とのお付き合いは、同館の「あり方検討委員会」が舞鶴市に設けられて以来のことになります。特に委員会の答申に基づき同館が再び市直営となり、その後ユネスコへの挑戦を表明されてから、つまり2012年以来、その所蔵資料の調査にあたり、また記憶遺産への登録申請のための有識者会議会長としても、同館には携わってきました。 われわれ歴史研究者は、なによりも原資料に無上の喜びを感じますが、舞鶴引揚記念館の資料に初めて接したときの思いは、まさに宝の山に出会ったという印象でした。シベリア抑留に関する学術研究も、まだまだ発展途上の段階にありました。 記憶遺産の登録基準には、資料が本物であること、唯一無二の希少性、代替不可能な世界的重要性を持つものなど、いくつもの基準があり、それらを全てクリアしなければなりません。舞鶴引揚記念館の登録資料は、当然のことながら、そのすべての基準を満たしています。過酷な労働・生活環境の中で、筆記用具も満足に与えられない中で、抑留者たちは工夫を凝らし、必死の思いで生きた証として資料を残そうとしました。 しかし、強制収容所や帰還のために集結したナホトカ港での記録物の没収、さらには帰国した舞鶴での連合国軍総司令部(GHQ)の検閲により没収されたものも多く、現存していること自体が非常に貴重なものばかりです。舞鶴引揚記念館で展示されている世界記憶遺産に登録された「アドレスブック」=2020年9月(iRONNA編集部、西隅秀人撮影) その他、舞鶴引揚記念館には、帰国後に書かれた回想記の類や絵画、またスプーンなどの制作物など多数の資料が所蔵されています。それらは記憶遺産の基準からは残念ながら外れますが、抑留と引き揚げの歴史を知ることのできる、貴重な資料であり、それぞれが強烈な印象を与えるものばかりです。 シベリア抑留者は、ポツダム宣言の趣旨を踏まえれば、本来すぐにでも帰国できるはずだった人々です。それが事情も分からないうちに抑留され、酷寒の地で満足な食事も与えられずに過酷な労働を強いられたわけです。そうした環境下での肉体的な消耗はいうまでもなく、精神的な苦痛にも計り知れないものがあったでしょう。そうした極限状態に置かれた人間一人ひとりの魂の叫びが、それらの資料には凝縮されているのです。心打たれた抑留者の記述 記憶遺産に登録された多数の資料の中でも、最も印象的なものの一つに、シベリアで抑留されていた北田利氏が家族に宛てた「俘虜(ふりょ)郵便はがき」があります。これは往復はがきになっていますので、奥様も返信を出されています。 ただ、これらのはがきが全て宛先に届けられたわけではありません。抑留者と家族との間を結ぶ唯一の手段がはがきでしたが、それが届いているのかどうかに、当事者は非常にやきもきします。そうした北田夫人の心情は、夫人が残されたノートがあり、その中にはがきの内容も書き写されており、はがきとしては今日現存しないものでも、その内容を知ることができます。 北田氏は、抑留者の中でも最長となる11年間抑留されていました。その間の帰国を待ちわびる家族の心情や様子が、その夫人のノートには克明に記されています。11年間の心の変化や子供たちの成長ぶり、冷戦状況の中でなかなか帰国が実現しないもどかしさなど、さまざまな家族の思いがつづられており、まさに涙なくしては読めない内容です。心を打たれます。家族にとっても、夫が抑留されているということが、いかに過酷なものであったのかが、よく分かる資料です。 ユネスコの世界記憶遺産に登録されたことで、私自身は一定の役割を果たせたと思っています。ただ、記念館が所蔵する資料は、そもそも約1万6千点もあります。同種のものも多数ありますが、たとえば俘虜郵便はがきにしても、それら一つひとつの内容を精査していけば、強制収容されていた時期や収容所の場所による違いも見えてくるはずですので、それらの調査も今後の課題だと思っています。そうした調査を積み重ねていくことによって、シベリア抑留の実態や全体像が、より正確に明らかになってくるのではないでしょうか。 シベリア抑留の研究には、ロシア側の資料の利用が不可欠ですが、その意味で、舞鶴引揚記念館がユネスコの登録申請に向けて、抑留者のロシア側の送り出し港であったナホトカ市との共同申請を模索したことや、登録後も関連資料を調査する目的でロシア、中国、ウズベキスタンなどに調査団を派遣していることは、大いに評価できるでしょう。戦後も75年が経過して、新たな資料収集には困難がつきまといますが、実態や実像をさらに明らかにするための調査や研究は、今後も続けていければと思います。 さらに、そうした学術研究の進展や新たな資料の発見によって、シベリア抑留研究もより深まりを見せていくことになります。また時代の変遷に伴い、歴史解釈や歴史認識も変わることがあります。ですから舞鶴引揚記念館の展示の仕方や内容も、そうした変化の中から生まれる最新の知見を参考にしながら変えていく必要もあるでしょう。 正確な歴史的事実を国民が知るためには、舞鶴引揚記念館のような歴史博物館の果たす役割には極めて大きなものがあります。抑留と引き揚げの歴史をのちの世代に残していくためにも、かつてのような全国規模での応援が強く望まれるところです。舞鶴引揚記念館の外観(同館提供) 最後に、ユネスコ世界記憶遺産とは、登録資料の世界的価値の認定ですから、今は新型コロナの関係で海外の方の来館は難しい状況ですが、コロナが終息した後には、ぜひ世界各地から舞鶴引揚記念館においでいただければと思っています。もちろん日本各地の方々、特に若い方々の来館も切に願っています。(聞き手、iRONNA編集部) くろさわ・ふみたか 歴史学者、東京女子大現代教養学部教授。1953年、東京生まれ。上智大文学部史学科卒。同大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(法学)。専門は日本近現代史。都立日比谷高校、西高校の教員を経て、宮内庁書陵部に入庁。宮内庁書陵部編修課主任研究官として「昭和天皇実録」の編修業務にあたる。外務省「日本外交文書」編纂委員のほか、軍事史学会会長も務める。著書『大戦間期の日本陸軍』(みすず書房)で第30回吉田茂賞を受賞。その他の著作に『歴史に向きあう』『二つの「開国」と日本』(共に東京大学出版会)など。 

  • Thumbnail

    記事

    安土を「四神相応の都」に仕立て上げた信長流オカルト演出

    橋場日月(歴史研究家、歴史作家) 天正元(1573)年3月19日、宣教師ルイス・フロイスは信長が自らを「ドイロクテンノマオウ(第六天魔王)」(フロイス書簡)と称したと報告した(『耶蘇(やそ)会士日本通信』)。それから6年後、安土山に出現した信長の世界は、仏教の敵である第六天魔王から一歩進んで、仏教のみならず儒教の世界も中国古代神話をも足元に従える「超越した存在」を示すものだった。 その存在こそが信長であり、安土城とその城下町が出来上がったのを見たフロイスはこう記録している。 「(信長は)途方もない狂気と盲目に陥り、自らに優る宇宙の主なる造物主は存在しないと述べ、彼の家臣らが明言していたように、彼自身が地上で礼拝されることを望み、彼、すなわち信長以外に礼拝に価(あたい)する者は誰もいないと言うに至った」。 まさに「言行一致」。信長は目で見える形で自己を頂点とする世界観を造り上げ、同時に言葉によってもそれをダイレクトに発信したわけである。 「我こそは礼拝の対象となる唯一神なり」 天下統一を目指す信長にとって、天皇・将軍はおろか仏や神さえも己(おのれ)の下にひれ伏す存在であり、みな等しく信長だけを敬仰せよ、という恐るべき傲慢さ。これは来たるべき将来の支配体制のための壮大なる基本理念だった。 実は、この支配理論は何も安土城の完成後から説かれ始めたわけではない。それどころか、築城開始1年前の天正3(1575)年9月のことだが、当時信長によって越前国(現在の福井県北部)のうち八郡の主に任じられた宿老、柴田勝家はこういう教訓状を授かっている。 「事新しき子細候(そうろう)といえども、何事においても信長申し次第に覚悟肝要に候。さ候とて無理非法の儀を心に思いながら巧言申し出だすべからず候。その段も何とぞかまいこれあらば、理(ことわり)に及ぶべし。聞き届けそれに随(したが)うべく候。とにもかくにも我々を崇敬して、影後(かげうしろ)にてもあだに思うべからず。我々ある方へは足をも指さざる様に心持ち簡要に候。その分に候えば侍の冥加(みょうが)ありて長久たるべく候」 どうだろうか。以下口語訳しておこう。「殿様御氏神」と書かれた柴田勝家が出した諸役免許状(複製)。劒神社を織田信長の氏神としている=2020年7月、福井県越前町の織田歴史文化館 「新しい事態が起こっても、何事も信長の指示次第にしなければならない。だからといって、それは信長の指示に無理や非法があるのを知っていながら、おべっかを使いおもねってもいけない。その件で支障があるということならば、ちゃんと説明せよ。確かめて道理があれば聞き入れてやる。とにかく信長を崇敬して、裏でも粗略に思うな。信長がいる方角へは足を向けないよう心がけることが大事だ。そうしていれば、武士としての利運にも恵まれて末永く栄えることができるぞ」 まさに信長を神と崇め、心の奥でもおろそかにするなという思想統制である。しかも、それを順守すれば武士としても幸運に恵まれるというアメまで付けたムチだ。計算づくの「繰り返し」効果 安土城は、これを発展させ可視化した「信長流ユートピア」だった。山内の摠見寺(そうけんじ)には本丸天主と同じく盆山が置かれたが、これも磐座(いわくら)であり、唯一神たる信長=龍が降り立つ場所となる。それは寺の最高所にあり、階下の仏像群を足元にひれ伏させる形となっている。  信長は繰り返しによって、より一層その世界観を浸透させようと計算したのだ。前回紹介した琵琶湖の竹生島の件も、この繰り返し効果の計算によって演出されたものと言えるだろう。 さらに彼の計算は、安土城というテーマパークの内側と琵琶湖北部にとどまらなかった。 城の南西方向には中山道より琵琶湖寄りに「安土街道」「上洛街道」と呼ばれるバイパスを開いたが(のち江戸時代には「朝鮮人街道」の一部となる)、信長の目的はこの道路によって商人や物資を安土城下に集めて町を発展させることにとどまるものではなかった。 その目的というものが明らかになったのも、この年、天正7(1579)年12月のことだ。このころ、信長の命令によって大和国の三輪山から材木が切り出されて、西の摂津国大物(だいもつ、現在の尼崎の物流拠点)まで運ばれ、そこから淀川の舟運によって宇治に搬送されて橋の建築に投入されていた。 奈良・興福寺の僧は『多聞院日記』で「三輪山の木、宇治橋の用七百本程切る取り、毎日大物に引く。国の悩み沈思、沈思。さりながら橋は万民上下の忝事なり」と記録している。 4年前の勢田の唐橋の再建着工に加えて、宇治橋も再架されれば、京と北陸・東国への往来は各段に便利になる。三輪山の木が700本も切り出されるのは国の悩みだが、橋は天下万民が喜ぶ恐れ多きことでもあると二つの感情の間で揺れ動く様子が興味深い。2015年に行われた安土城跡の発掘調査(筆者撮影) そう、大和国の住人である彼にとって(大和に限った話ではないのだが)三輪山は神聖なる山。大神(おおみわ)神社のご神体として山自体が信仰の対象とされる存在だった。 ここで注目したいのは、大神神社の祭神が大物主神(おおものぬしのかみ)、つまり大国主神であることだ。復習しておくと何度も登場したこの神は、信長が信奉する素戔嗚尊(スサノオノミコト)の子であり、蛇神、水神でもある。まだあったご神木の「受難」 神社の拝殿の前にそびえる「巳の神杉(みのかみすぎ)」と呼ばれるご神木の根元の祠(ほこら)には、大物主神が姿を変えた白蛇が棲むとされる。そしてご神体である三輪山全山の木もまた、すべてご神木だった。 本来は木一本はおろか、ひとつかみの草すらも取ってはならない。それが古来のしきたりである。日記の筆者である僧は、そのご神木が大量に伐採されることに強い抵抗感を抱いたのだ。 だが、三輪山のご神木の受難はそれだけでは済まない。数日後、京の南・山崎の宝寺(宝積寺、ほうしゃくじ)に逗留していた信長が「石清水八幡宮の内陣、外陣の屋根の間に架けられている木樋(もくひ)が傷んでいるので、架け替えるぞ」と言い出したのだ。 石清水八幡宮は宝寺と宇治川を挟む向かい側にあるから、神官らが信長に拝謁して援助を願ったものだろうか。信長はこのとき「末代までのために候」として樋本体を銅で鋳造させることとした。当時の銅はとても貴重で高価だったが、雨水で腐り朽ちるようなことを繰り返さず、永きにわたって使えるようにということだ。 この工事は樋そのものだけでなく屋根そのものの修理なども「込み込み」だった。信長はこうも命じている。 「大和国の三輪山から材木を採取し、吉日を選んで斧始めをおこなえ」(『信長公記』) 結局、朝廷から選んでもらった12月16日を吉日として着工式が行われている。そう、彼は三輪山のご神木を宇治橋だけでなく、石清水八幡宮の修理事業にも投入したのだ。 信長と石清水八幡宮との関係は、永禄13(元亀元、1570)年4月28日に戦勝祈願の法楽(雅楽を神に奉納すること)を行ったところから始まる。この日、越前の朝倉義景攻めに向かった信長に対して、北近江の浅井長政が兵を挙げたという噂が京にも届き、「信長が窮地に陥った」と慌てた朝廷が八幡宮に祈願を命じたのだ。 そのご利益があったか、信長はまさにこの日「金ヶ崎の退き口」と呼ばれる退却を開始。2日後、無事に京へたどり着いている。「石清水」に手厚くした理由 これに感謝したものだろうか、翌元亀2(1571)年から同3(1572)年にかけて、違乱された八幡宮領の山城国狭山郷を返還するよう命じている。違乱とはかき乱す、不都合を行うという意味であり、正当な権利もなく占有し、課税したりしたのだろう。 ちなみに違乱の張本人は御牧(みまき)摂津守というが、この御牧一門は室町幕府奉公衆を出し、一員の御牧景重(兼重)は、のちに明智光秀に従って山崎の戦いで討ち死にしている。 その後も信長はこの件を気にかけ、天正3年には狭山郷を八幡宮領として保証する「安堵状」も出した。彼はあちこちの社寺に戦勝祈願を依頼しており(「ルイス・フロイスの描く織田信長像について」神田千里、『東洋大学文学部紀要 史学科篇 41号』)、石清水八幡宮にも期待するところは大きかったのだろう。一般的には意外と思われるかもしれないが、この連載の読者の方には信長の験担ぎは事新しいことではない。 さらに言えば、信長が石清水八幡宮に期待し保護した理由は、戦勝祈願のご利益だけではなかった。京の裏鬼門(南西)にあって王城を守る「国家鎮護」の神として尊崇され、平清盛や源頼朝、足利尊氏ら武家の棟梁からも篤く敬われた重要な祭祀(さいし)の場だ。 信長はこの前年に三河国岡崎を訪れたが、その際「御家門様」と呼ばれている。名家の一員を指す言葉であり、同時代では関東公方の足利義氏も「御家門方」と呼ばれた。 つまり、信長は将軍に準じる立場として目され、石清水八幡宮の修理事業を主導する「天下人」と認められていたわけだ。彼の言う「末代まで」は、どうやらその名誉も永久に残るように、という意味もあったらしい。修理を終えた孔雀の欄間彫刻を幣殿に設置した石清水八幡宮=京都府八幡市 三輪山のご神木は、こうして宇治橋と石清水八幡宮へと運ばれていった。おそらく大木は根こそぎ切り出されただろう。蛇=龍のパワーを持つご神木によって、安土城の裏鬼門(南西)の方角は強化されたことになる。 北の守護は、前回も書いたように水神の弁財天が坐す竹生島(ちくぶじま)。そのラインをさらに延長すると、信長の織田家の氏神である越前国織田の劔(つるぎ)神社が鎮座している。 東は無論、津島の天王社から信長の少年時代を形成した那古野城内のの亀尾天王社(現・那古野神社)が守り、西は大国主命を祭神とする大嶋神社・奥津嶋社(おきつしま)神社・日牟禮(ひむれ)八幡宮がガッチリと固める。王城にふさわしいのは「四神相応(しじんそうおう)の地」というが、安土城の三つの方角も裏鬼門と同様に、信長ワールドの守護を担ったのだ。

  • Thumbnail

    記事

    迂回か正面か、桶狭間の信長軍「奇襲戦術」論争に打てない終止符

    渡邊大門(歴史学者) 新型コロナウイルスの猛威が止まらない。以前から、私の今夏の講演会は全滅したとお伝えしていたが、実は秋以降もかなりヤバい。中止になった分を秋以降に振り替えるケースもあるが、東京都内でのコロナ感染者の増加を受けて、「やっぱり止めます!」というところも増えてきた。だんだん開催するのか開催しないのか、わけが分からなくなっている状況である。 前回も少々触れたが、講演と言えば、参加者からの質問である。困った質問もあるが、中には核心をつくような鋭い質問もある。「ムムッ!」と怯(ひる)むときがあるが、結論を言えば「今残っている史料だけでは、分かりません」と答えざるを得ないこともままある。諦める方もいれば、「何や知らんのか!」と悪態をつかれることも…。 しかし、歴史研究(いや、ほかの学問分野でも!)においては、分からないことが多すぎるのが実情だ。極端に言えば、分かっていることの方が少ないのかもしれない。たとえば、そこそこ名の知れた戦国武将であっても、生没年や前半生が不明な人も少なくない。ましてや、合戦の具体的な中身は余計に分からない。 そこで今回は、織田信長が今川義元を打ち破った桶狭間の戦いの具体例を挙げて、考えてみることにしよう。問題になっているのは、信長が仕掛けたのは奇襲攻撃(「迂回奇襲説」)か正面攻撃(「正面攻撃説」)かということである。 永禄2(1559)年、尾張国内をほぼ統一した信長は、いまだ今川氏方の勢力下にあった鳴海城(名古屋市緑区)、大高城(同上)の奪還を目論んだ。信長は鳴海城に丹下・善照寺・中島の三砦、大高城に鷲津・丸根の2つの砦を付城として築き、今川氏に対して積極的な軍事行動を展開する。 信長の動きに対して、翌永禄3年5月12日、今川義元は信長を討つべく駿府(静岡市葵区)を発った。そして、義元は三河を通過して、同月18日に尾張沓掛城(愛知県豊明市)に入ったのである。なお、義元が出陣した理由については、上洛を目指したとの説もあるが、明らかにするのは難しい。 今川氏が率いた軍勢は、『信長公記』では4万5千人と書かれている。しかし、そのほかの二次史料では2万~6万人と書かれており、大きな幅がある。正確な数は分からないが、この場合は良質な『信長公記』の数をとるべきだろう。とはいえ、それでも今川軍は多すぎるのではないだろうか。 慶長期の段階で、今川領国の駿河・遠江の石高は約40万石である。これを基準にして、100石に3人の軍役ならば1万2千人になる。100石に4人の軍役ならば1万6千人、100石に5人の軍役ならば2万である。つまり、『信長公記』に書かれた4万5千人という数字は、通常の約3・7倍から約2・2倍になる。常識外れだ。 むろん、『信長公記』を書いた太田牛一が数えたわけではないだろうから、少数で大軍を破ったことを誇張して書いたか、感覚的にそう書いたのかのどちらかだろう。ただ非常に考えにくいが、今川方が総力戦で臨んだとするならば、4万5千人というのもありえたかもしれない。桶狭間古戦場公園にある信長と義元の銅像=名古屋市緑区 義元が沓掛城に到着した日、松平元康(のちの徳川家康)に命じて、大高城に兵糧を搬入させた。大高城は信長軍によって、長期にわたって兵糧の補給路を断たれていたからである。翌5月19日、義元は配下の武将に命じて、鷲津・丸根両砦を攻撃させた。そして、桶狭間まで進み、今川氏は本陣を置いた。桶狭間は、名古屋市緑区と愛知県豊明市にまたがる広範な地域である。一時通説となった「迂回」説 次に、信長の動きを『信長公記』で確認しておこう。5月18日夜、信長は今川軍が翌朝に織田方の付城を攻撃する予定であるとの報告を家臣から受けた。しかし、信長はまったく意に介する様子もなく、家臣と今川軍への対抗策について協議しようとはしなかった。逆に信長は、終始雑談に興じていたと伝わっている。 5月19日の明け方、鷲津・丸根両砦が今川軍に攻撃されているとの一報が信長にもたらされた。すると、信長はにわかに幸若舞の「敦盛」を舞うと、その直後に騎馬6騎・雑兵200人を率いて出陣した。やがて、信長は鳴海城の付城・善照寺砦に入ると、後続の軍勢約2千~3千人がやって来るのを待ったという。 その一方で、信長家臣の佐々隼人正、千秋四郎が率いる300余の軍勢は、今川軍へ攻撃を仕掛けた。しかし、佐々らの軍勢は奮戦虚しく敗北を喫し、佐々、千秋らを含めて50騎ほどが討ち死にする。戦況は、信長にとって不利に傾いていた。 ここから、信長は一計を案じ、今川軍への奇襲攻撃を敢行する。以下、小瀬甫庵の『信長記』(以下、太田牛一の『信長公記』と区別するため、『甫庵信長記』で表記を統一)により、奇襲攻撃の経過を確認しておこう。 善照寺砦を出た信長は、今川義元の本隊が窪地になっている桶狭間で休息をとっていることを知った。信長は前田利家が敵の首を持参したので、これは幸先がよいと大いに喜んだ。利家は信長から出仕の停止を受けていたが、独断で行動していたようだ。 そして、信長は味方の軍勢に敵、つまり今川氏本陣の後ろの山に移動するよう命令した。この移動が奇襲戦の端緒になった。さらに、信長は山の近くまでは旗を巻いて忍び寄り、義元がいる今川本陣に攻撃するよう命じたのである。旗を巻いたというのは、目立たないようにするためだ。桶狭間古戦場内にある今川義元の墓=愛知県豊明市 信長が密かに軍事行動を起こした頃、急に大雨が降りだし、その後は霧が深くなっていたという。義元の方も、このような悪天候の日にまさか信長軍が攻めて来ないだろうと油断していた。信長の作戦は、天候も運も作用した。そうした状況をも信長は味方にし、今川氏の本陣を密かに迂回。気付かれぬように背後の高台から奇襲攻撃を仕掛け、今川軍が大混乱に陥るなか、義元の首を獲ったのである。 以上の流れが通説となった「迂回奇襲説」である。 「迂回奇襲説」が通説となり、長らく信じられてきたのには、もちろん理由がある。近世になると、『甫庵信長記』は太田牛一の『信長公記』よりも広く知られるようになり、強い影響力を持つようになったからだ。 日本陸軍参謀本部が明治32(1899)年に『日本戦史・桶狭間役』を編纂すると、『甫庵信長記』の説を採用した。結果、日本陸軍参謀本部が信長の奇襲攻撃にお墨付きを与えたことになり、権威を持って世間に広く受け入れられたのである。では、『甫庵信長記』はどういう書物なのか。「迂回」説を批判した藤本氏 『甫庵信長記』は元和8(1622)年に成立したといわれてきたが、今では慶長16・17(1611・12)年説が有力である。江戸時代に広く読まれたが、創作なども含まれ儒教の影響も強い。 そもそも『甫庵信長記』は、太田牛一の『信長公記』を下敷きとして書いたものである。しかも、『信長公記』が客観性と正確性を重んじているのに対し、甫庵は自身の仕官を目的として、かなりの創作を施したといわれている。それゆえ、内容は小説さながらの面白さで、江戸時代には刊本として公刊され、『信長公記』よりも広く読まれた。しかし、現在では、歴史史料として適さないと評価されている。 「迂回奇襲説」は通説となったが、果敢に批判を試みたのが歴史研究者の藤本正行氏である。藤本氏は『甫庵信長記』と『信長公記』の記述内容を比較検討し、両者の記述に食い違いがあることを問題とした。詳細に分析した藤本氏は、『信長公記』を根拠にした「正面攻撃説」を提唱したのである。 改めて『信長公記』の記述内容により、戦闘の経過と「正面攻撃説」を検証しよう。 信長は佐々らの敗北を知った後、家臣の制止を振り切って出陣した。そして、信長率いる軍勢は、中島砦へ向け進軍していた今川軍の前軍へ正面から軍を進めたのである。前軍は先陣、先鋒、先手ともいい、前方の軍隊や先頭に立つ軍隊のことを意味する。信長軍が山の裾野まで来ると大雨が降ったものの、信長は雨が止むと即座に今川軍への攻撃命令を下した。 信長軍が怒涛の勢いで攻め込んできたので、今川軍の前軍は総崩れになった。信長はそのまま勢いに乗じて今川軍の前軍を押し込めると、義元の本陣までどっと雪崩れ込んだのである。信長軍の攻撃を受けた義元は、約300騎の将兵に守られつつ本陣を退いた。その後も今川軍は信長軍と交戦したが、将兵は次々と討ちとられ、ついに義元は毛利新介(良勝)に首を獲られたのである。 「正面攻撃説」の根拠となった『信長公記』は、信長の家臣で執筆者の太田牛一が、日頃からメモを残しており、慶長8年頃には『信長公記』を完成させたという。牛一の執筆態度は、事実に即して書いていると指摘されており、一次史料と照合しても正確な点が多い。そうした理由から『信長公記』は二次史料とはいえ、信長研究で必要不可欠な史料であり、おおむね記事の内容は信頼できると高く評価されている。 現時点において、「正面攻撃説」は信憑性の高い『信長公記』に書かれているので、史料的な質が劣る『甫庵信長記』に書かれた「迂回奇襲説」より有力な説となっている。とはいえ、『信長公記』は二次史料であることを忘れてはならず、一つの有力な説にすぎないと考えるべきだろう。 その後、桶狭間の戦いについては、なぜ少数の信長軍が、大軍の今川氏を打ち破ることができたのかについて、種々新説が提起された。たとえば、信長軍の将兵はよく訓練された少数精鋭だったので、今川氏の大軍を打ち破ることができたという説もその一つだ。この説は正しいのだろうか?「竹千代君像」(左)と並んで設置されている今川義元の銅像=JR静岡駅前 信長配下の兵卒は、兵農分離を遂げた職業軍人だったとの説がある。信長が兵農分離を行ったという根拠は、『信長公記』天正6(1578)年1月29日条の記事である。信長は天正4年から安土城(滋賀県近江八幡市)築城を開始し、3年後の天正7年に完成させると、徐々に配下の者を城下に住まわせていた。信長が近世の先駆けといわれるゆえんである。ところが、天正6年1月、安土城下に住む弓衆の福田与一の家が失火した。誠実な歴史家の在り方とは 与一は一人で居宅に住んでおり、そのことを信長が問題視した。家族がいれば、火事の被害を抑えることができたと考えたのだろう。調べると、120人もの馬廻衆・弓衆は、尾張に家族を残しており、今でいう「単身赴任」であることが発覚した。怒った信長は、尾張支配を任せていた長男の信忠に命じ、彼らの尾張国内の家を焼き払った。こうして家を失った廻衆・弓衆の家族は、安土城下に住むことを余儀なくされたのである。 この事例から明らかなように、信長は馬廻衆・弓衆を城下に集住させ、兵農分離策をすでに行ったと指摘されている。近世に入ると、城下町に武士を住まわせ、身分に応じて居住区を定めたのは周知のことだろう。その先駆を成し遂げたのが、信長であると指摘され、その兆候は安土城に移る以前から確認できるという。 考古学の発掘調査によると、信長が永禄6(1563)年から4年間にわたり居城とした小牧山城(愛知県小牧市)には、武家屋敷の跡が残っているとの指摘がある。また、永禄10年から使用した稲葉山城(岐阜城、岐阜市)のふもとには信長の居館があったが、その周辺には重臣らの館があったという。つまり、信長は城下に兵を集住させるという、兵農分離を早い段階から実行していたということになろう。 もう少しほかの例を確認しておこう。 信長の配下の兼松氏は、天正4年に近江国に所領を与えられた(「兼松文書」)。兼松氏は尾張国葉栗郡島村(愛知県一宮市)を本拠とする武将で、もとの所領は尾張国内にあった。本来、武士と土地とが分離不可分な関係だったことを考慮すると、これも武士の安土城下への集住つまり兵農分離策の第一歩と認識されている。信長は兼松氏を安土城下に強制移住させる代償として、近江国内に所領を与えた。 信長は槍や鉄砲などを効果的に用いた作戦を行ったので、兵農分離を遂げた配下の将兵は軍事的な専門訓練を受けたと考えられてきた。特に、鉄砲のような新兵器は、専門的な軍事教練なしにして、実戦で用いるのは困難であると考えたのだろう。 一方で、ここまでの事例だけでは、信長により兵農分離が実施されたとは言い難いという、慎重な意見がある。当時、戦国大名の直臣(馬廻衆など)が城下町に住むことは、決して珍しいことではなかった。したがって、政策的に家臣を城下町に住まわせた兵農分離と、信長の事例を同列に考えてはいけないという指摘がある。つまり、兼松氏の場合は、兵農分離に該当するか否か検討が必要である。 戦国最強と言われる信長の軍隊は、兵農分離を成し遂げた専門的軍事集団だったとのイメージがあるが、現存する史料だけでは必ずしもそうとは言えないようだ。いまだに十分な分析が必要であることを述べておきたい。したがって、「信長軍の将兵はよく訓練された少数精鋭だった」ということは証明できない。清洲公園にある織田信長公像=愛知県清須市 ほかにも信長勝利を収めた理由を挙げている研究者がいるが、もはや確かめようがない。それらの新説は、おおむね信頼度の低い二次史料に基づく憶測や想像のようなもので、納得できるものではない。一方で、それらの説がたとえ常識はずれなデタラメであっても、一般の人は面白ければ受け入れるという嘆かわしい現状がある。 あれこれ諸説を披露しても、結論として「分からないことは分からない」と正直に言うのが誠実な歴史家の姿である。分からないことを分かろうとするのは無理なのだ。しかし、現状ではマスコミ受けを狙ったり、人気者になるために平気で嘘やデマを垂れ流す面々もいるので、注意が必要である。【主要参考文献】藤本正行『信長の戦争 『信長公記』に見る戦国軍事学』(講談社学術文庫)

  • Thumbnail

    テーマ

    戦後75年、追憶の「大東亜戦争」

    戦後75年の節目は、コロナ禍の中で迎えることとなった。コロナ禍も戦後最大の国難とされるものの、やはり先の大戦とは比較にならない。そして戦争そのものは過ちだが、個々人の思いは別だ。75回目の終戦の日。改めて、計り知れない犠牲や苦悩を経て今の日本があることをかみしめたい。

  • Thumbnail

    記事

    大本営と作戦相反、激闘の沖縄で苦悩した陸軍高級参謀の慧眼

    戸部良一(防衛大名誉教授) 日本の敗戦が濃厚となった大東亜戦争末期、米軍からその戦術を称賛された陸軍将校がいた。 彼の名を、八原(やはら)博通。沖縄戦で戦った第32軍の高級参謀だ。その沖縄戦にて八原は戦略持久を図る作戦計画を立てるも、大本営による「ばかげた攻撃要求」の結果、自身の計画が一貫して実行されず、その目的を十分に達成することができなかったと自らの手記で批判している。作戦計画がそのまま実行されていれば、第32軍は相当の戦力を保持したまま終戦を迎えることができただろう。八原博通『沖縄決戦ー高級参謀の手記』 もし自らの作戦が実行できたなら、軍人・軍属合わせて約10万人の戦死者と、その戦闘に巻き込まれた沖縄住民の死者約9万人という、悲劇的かつ甚大な被害も少なくとも一部は避けられたのではないかと、八原は言いたかったのだろう。 南西諸島の防衛を任務とする第32軍は、当初飛行場の建設ぐらいしか期待されていない小規模の兵団だった。しかし1944年7月のサイパン島の失陥以後、フィリピンや台湾とともに沖縄も米軍の上陸攻撃対象の一つと予想されるようになると、決戦のために兵力を大きく増強されることになった。 これに応じて作戦主任であった八原は、攻勢主義を基本とする次のような作戦計画を立てた。 米軍は敵前上陸時に必ず海軍による激しい艦砲射撃と空軍による猛爆撃を行うが、第32軍は築城作業によって強化された洞窟陣地にこもって敵の砲爆撃をしのぎ、狭い上陸地区にひしめいて混乱状態にある米軍を、強力な砲兵と充実した歩兵戦力の機動によって叩く。 これが八原の計画であった。この計画に基づき、第32軍は洞窟陣地の築城と歩兵部隊の機動訓練に全力を注いだ。 ところが、44年10月に米軍がフィリピンに上陸すると、その危急に対処するため大本営は第32軍に対し、沖縄本島から1個師団抽出を命じる。第32軍はこれに抵抗したが、結局押し切られてしまう。 さらに大本営は抽出した兵力の補塡(ほてん)に本土から1個師団を派遣すると内示したにもかかわらず、それをすぐ撤回する。輸送中の増援師団が敵の潜水艦や爆撃機に襲われることを危惧したためである。大本営の措置は場当たり主義で、第32軍は不信感をますます強めた。第32軍の高級参謀を務めた八原博道(Wikimedia Commons) 沖縄本島の基幹兵力はそれまで3個師団および1個独立混成旅団だったが、そこから1個師団を引き抜かれたため八原は作戦方針の根本的な転換を図る。従来の計画では米軍の上陸地として3方面を想定し、それぞれ攻勢による決戦を構想していたが、兵力不足によりこの計画は成り立たなくなった。 八原は沖縄本島の南部、島尻地区に主力を置き、この地区の海岸に米軍が上陸すれば、これまで通り攻勢作戦によって決戦を行うことを想定した。だが、もしその北の中頭(なかがみ)地区の嘉手納に敵が上陸した場合攻勢の成功を期しにくいため、首里を中心とする南部に築いた堅固な要塞地帯に立てこもって戦う戦略持久に転換したのである。 そして45年4月1日、ついに米軍は嘉手納に上陸する。しかし第32軍は動かなかった。 八原は大本営が本土決戦の方針を示したころから、米軍との「決戦」よりも「戦略持久」を望んでいたようだ。米上陸部隊は海軍と空軍の支援を受け、強力な戦力を有しており、たとえ戦っても勝ち目はなかった。 そのため決戦を挑んで敗北を早めるよりも、できるだけ長く沖縄で米軍に対し多くの出血を強要し、本土決戦準備の時間稼ぎをしようと考えたのであった。その点で、敵の嘉手納上陸は八原の思うつぼであった。戦略持久に我慢できなかった陸軍 だが、動かない第32軍に対して、大本営と上級司令部である台湾の第10方面軍は攻撃を督促する。対立の焦点となったのは、中頭地区の2つの飛行場であった。大本営としては、沖縄で特攻を主体とした大規模な航空作戦を展開しようとし、そのため二つの飛行場確保を重視した。 一方、八原にとっては戦略持久を徹底させるため、二つの飛行場を放棄することもやむを得なかった。そして案の定、米軍の上陸後まもなく飛行場は敵の手に落ちてしまった。 大本営と第10方面軍は、第32軍に対して再三にわたって飛行場奪回を要請したが、それは八原からすれば戦略持久の意味を理解していないに等しかった。しかし、戦地から遠く離れた東京では、昭和天皇さえも「現地軍ハ何故攻勢ニ出ヌカ」と疑念を表明した。 「攻勢に出ないのは、消極的で臆病だ」との非難に耐えられなくなった第32軍司令部は、八原の反対を押し切り、4月8日を期して飛行場奪回のために攻勢に出ることを決めた。ところが、その直後に新たな米軍船団の接近が伝えられ、主力陣地の側背を脅かされる危険性が生まれたため、攻勢作戦は中止となった。この攻勢作戦の中止により、第32軍は再度腰抜けだと言わんばかりの批判を受けることになる。 なお、第32軍参謀長であった長(ちょう)勇中将は、少佐時代に陸軍の未発のクーデター計画である十月事件へ関与するなど、乱暴かつ豪快な軍人として有名であった。第32軍の攻勢中止を聞いた参謀本部作戦部長の宮崎周一中将は、長について次のように日誌に書いている。長中将モ真ニ攻撃精神旺盛ナル軍人トハ申シ難シ、余リ口ニ強キハ実ハ必スシモ然ラストノ原理ヲ実証ス。『宮崎周一中将日誌』 長は八原の反対を排して、4月12日に夜戦攻撃を試みた。攻撃は失敗したが、中止の決断が早かったため損害は大事に至らなかった。その後、首里城の洞窟陣地に司令部を置いた第32軍は戦略持久に徹し、敵の攻撃に抗しつつ主力を保持したまま1カ月も持ちこたえた。 八原は戦略持久という戦術に自信を持ち始めていた。しかし、軍司令部では、司令官である牛島満中将や長参謀長をはじめ、八原以外の参謀たちの大半が再び攻勢に傾いていった。 そもそも、戦略持久では米軍には勝てなかった。いずれは負けることが明らかだった。そのため司令部内では「どうせやられるなら力のあるうちに攻撃に出よう。このまま消極受動に立って、敗北と死を待つのは耐え切れぬ」という心理が膨らんでくることは避けられなかった。八原が主張する「攻勢はたとえ一時的・局部的な勝利を得られるとしても、結果的には敗北を早めるだけだ」という考えは受け入れられなかった。沖縄戦で日本のトーチカを攻撃する米軍 八原は日本軍の将校について、次のように述べている。高級将校:感情的・衝動的勇気はあるが、冷静な打算や意志力に欠ける幕僚:    主観が勝って、客観が弱い。戦術が形式的技巧に走って、本質を逸する。     技巧は良いがデザインは下手。     感情に走って大局を逸し、本来の目的や本質を忘れる。 まさに、彼の体験に基づく述懐と言えよう。 そして5月4日早朝、第32軍は攻撃を開始する。だが八原の予想通り、作戦は失敗に終わり、翌日夜には中止となった。やがて首里の戦線は崩壊し、戦力を大きく減らした第32軍は5月下旬に喜屋武(きゃん)半島を目指して後退する。巻き込まれた住民の被害が急増するのはこのころからである。理解されなかった八原 そのころ、航空参謀の神(じん)直道少佐が連絡のため大本営に派遣されることになった。東京に戻った神の報告では、八原について次のように記されている。軍参謀長ト参謀間ニ作戦思想ノ不一致 消極的性格ノ暴露 八原ノ不忠 一切ハ智ニアラス人格ナリ もちろん、長と八原との間に作戦思想の食い違いが見られたことは事実である。だが八原は、参謀長の意見に基づいて司令官が攻勢作戦を決断したとき、それに反対でも(その不満を顔に出すことはあっても)決定には従った。 神が報告した「不忠」というのは中傷に近いであろう。八原は軍司令官や参謀長の判断の誤りに批判の目を向けることはあっても、牛島や長の人間性、2人の軍人としての姿勢に対する敬意は変わらなかった。 彼は自分の戦略判断に強い自信を持ち、論理を突き詰めて作戦計画を立てた。それを「智」が勝っているというならば、そうだったかもしれない。だが、たとえ人格者ではなかったにしても、彼の人格に欠陥があって、それが「消極的」な戦略持久につながったというのは不当と言うべきである。 しかし、戦略持久が消極的であるという見方は、大本営の中に浸透していた。『大本営陸軍部戦争指導班 機密戦争日誌』によると、5月末、戦争指導を担当していた参謀本部第12課は第10方面軍の状況報告を聞いて「兵力温存絶対持久主義」が沖縄作戦を害したと批判し、それが本土作戦をむしばみつつあると憂慮している。ついぞ、八原の戦略持久は理解されなかったのである。 そして6月23日早朝、牛島と長の自決をもって第32軍の組織的な軍事行動は終わる。八原は2人の自決を見届けた後、事前の命令に基づいて沖縄戦の実態を報告し、本土決戦に参加するため東京を目指した。しかし、彼は沖縄を離れる前に米軍に捕まり捕虜となる。当時42歳であった。沖縄の慶良間諸島阿嘉島海岸に初めて掲げられた星条旗=1945年3月 八原によれば、沖縄の戦いは「決戦か持久か」という点で、作戦目的が「混迷」したとされる。大本営は航空決戦を言うばかりで、それが成り立たない場合、どのように地上戦を戦うかを明示しなかった。 さらに、事前に通知されたはずの第32軍の作戦計画について諾否を言わず、作戦方針を協議しようともしなかった。連絡あるいは協議のために現地沖縄に誰も送り込んではこなかった。攻勢を要請しながら、援軍を送ろうともしなかった。大本営としては、送れば途中で海没することを恐れたためである。 英国の軍事史家、H・P・ウィルモットは「沖縄における日本軍の損害は敵に与えた損害と釣り合わず、損害に見合う時間を稼ぐこともできなかった」と論じつつも、次のような点を指摘している。 5月4日の「思慮に欠ける攻勢」を除けば、第32軍は戦いを長引かせ米軍にできるかぎりの出血を強いるため防御戦闘に徹した。島尻地区の日本軍の拠点が除去されるまで、米軍は沖縄の飛行場の安全を確保できなかったので、空母艦隊を沖縄海域にとどめなければならなかった。そのため、日本軍特攻機の絶え間ない攻撃に曝(さら)されることになった。『大いなる聖戦―第二次世界大戦全史』 八原の戦略持久は、大本営の無理解と現場無視の干渉にもかかわらず、少なくとも一部はその目的が達成されたと見るべきだろう。 沖縄戦、そして戦後から75年がたった今、八原が残した教訓からわれわれは何を学ぶべきであろうか。

  • Thumbnail

    記事

    樋口季一郎の埋もれた功績、ユダヤ人を救ったもう一つの「命のビザ」

    であろう。 戦後日本に定着した「日本軍=悪」という偏向した前提の中で、樋口の功績は埋没した。しかし、歴史的評価というのは、あくまでも史実に基づきながら、是々非々で捉えていくべきであろう。ソ連の侵攻に「徹底抗戦」 樋口の功績はそれだけにとどまらない。むしろ以下に語る史実こそ、樋口が真に語り継がれるべき最大の要因とも言える。 終戦後、旧ソ連軍が千島列島に侵攻。旧ソ連の最高指導者であるスターリンは、千島列島から一気に北海道まで軍を南下させ、釧路と留萌を結んだ北海道の北半分を占領する考えを持っていた。 このとき、「北の備え」である第5方面軍司令官だったのが樋口その人であった。日本はすでに国家として降伏を受け入れていたが、樋口は旧ソ連軍の侵攻に対する戦いを「自衛戦争」と断定した。 そして、千島列島北東端に位置する占守島(しゅむしゅとう)の守備隊に「徹底抗戦」を命じた。一時は終戦の報を聞いて、「故郷に帰ったら何をしようか」などと笑みを見せながら話し合っていた兵士たちが、再び銃を取った。 結果、占守島の守備隊は多くの犠牲者を出しながらも、旧ソ連軍の侵攻を見事に食い止めた。この戦いにおける日本側の死傷者は600~1千人。対する旧ソ連側の死傷者は1500~4千人に及んだ。占守島で旧ソ連軍が足止めされている間に、米軍が北海道に進駐。スターリンの野望はこうしてくじかれた。 この占守島の戦いがなければ、北海道は旧ソ連によって分断統治されていた。日本がドイツや朝鮮半島のような分断国家となる道から救ったのだ。小さな孤島での戦いであったが、日本という国家にとっては極めて大きな意味を持つ戦闘であった。 にもかかわらず、現在の日本においてその存在は北海道民でさえも十分に認知しているとは言い難い状況にある。このような歴史教育で本当によいのだろうか。占守島に打ち捨てられた残骸=2017年7月(第11戦車隊士魂協力会提供) 占守島の戦いを指揮した樋口に対しては戦後、旧ソ連から「戦犯引き渡し要求」がなされた。これをロビー活動によって防いだのは、かつて「ヒグチ・ビザ」によって救われたユダヤ人たちであった。

  • Thumbnail

    記事

    エース最後に集いし航空隊「撃墜王」に今も残る悔恨

    井上和彦(ジャーナリスト) 先の大戦の制空権を米軍に奪われ、もはや敗色濃厚となった昭和19年12月、日本海軍は起死回生の策として、各地で戦う腕利きのエースパイロットをかき集めた精鋭部隊の創設に踏み切った。こうして愛媛県の松山基地に誕生したのが第343航空隊、通称「剣(つるぎ)部隊」だった。 真珠湾攻撃時の航空参謀だった源田実大佐が司令を務め、飛行長には、真珠湾・ミッドウェー海戦を経験してきた歴戦の勇士・志賀淑雄少佐が就いた。そしてその隷下部隊には、ラバウル・フィリピンの激戦で大活躍した鴛淵(おしぶち)孝大尉率いる「維新隊」第701飛行隊、同じくラバウルの勇士・林喜重(よししげ)大尉の「天誅隊」第407飛行隊、さらに、南方戦線のエース・菅野直(かんの・なおし)大尉率いる「新選組」第301飛行隊の3個戦闘飛行隊が置かれた。 加えてパイロット育成の練成飛行隊として浅川正明大尉の「極天隊」第401飛行隊と、偵察を担任する橋本敏男大尉の「奇兵隊」偵察第4飛行隊があった。 さらに、この第343航空隊には、120機撃墜のスーパーエース・杉田庄一上等飛行兵曹をはじめ、「空の宮本武蔵」こと武藤金義少尉、ラバウル航空隊で大活躍した宮崎勇飛行兵曹長、松場秋夫少尉、坂井三郎少尉、本田稔飛曹長など日本海軍が誇る撃墜王が集められたのだった。 そしてこの部隊の主力機は、当時最新鋭にして最強の戦闘機「紫電改」(紫電21型)だった。 「紫電改」は、20ミリ機関砲4門、零戦のおよそ2倍となる2千馬力エンジンを搭載し、パイロットを守る防弾板や、高い運動性を生み出す自動空戦フラップを備えた当時の日本海軍の最強戦闘機だったのである。まさしく「鬼に金棒」だった。旧日本海軍航空参謀で第343航空隊(通称・剣部隊)司令の源田実大佐 昭和20年3月19日、偵察機から「敵大編隊、四国南岸北上中!」の一報を受け取るや、源田司令はただちに各隊に発進を命じた。 「サクラ、サクラ、ニイタカヤマノボレ」。開戦劈頭(へきとう)の真珠湾攻撃時に用いられた「ニイタカヤマノボレ」の暗号電文が再び使われたのである。迎撃に上がった「剣部隊」は、上空約5千メートルで態勢を整えて敵機を待ち構えた。 敵編隊は、約1千メートル下方に位置しており絶対優位のポジションだった。そして54機の「紫電改」が敵大編隊に襲いかかったのである。敵をめった打ちにした紫電改 かくして激しい空中戦が本土上空で繰り広げられ、その結果、「剣部隊」は実に57機もの敵機を撃墜するという驚くべき大戦果を収めたのであった。わが方の損害は13機だった。 この戦闘で、「剣部隊」と激突した空母「ベニントン」の艦載機のパイロットであるモブリー少佐は、その戦闘報告書で次のように記している。 彼らの射撃と操縦技倆は、我が飛行隊のパイロットがこれまで見た最高の技倆と同程度に優れていた。対戦したパイロットは、明らかに日本軍航空部隊の精鋭であった。ヘンリー境田・高木晃治『源田の剣』双葉社 また、空母「ホーネット」の第2小隊長ワイス大尉はこう回想している。 日本機の編隊に突っ込まれ一撃をかけられると、味方のおよそ半数が撃墜されるか、戦闘不能になっていた。我が機の胴体落下タンクは燃えており、胴体と翼には穴が幾つかあいていた。ぼくはタンクを捨て、火を消すために急降下した。『源田の剣』 敵戦闘機隊は「紫電改」にめった打ちにされたのである。 昭和20年3月時点でのこの大戦果は、相次ぐ玉砕と本土空襲などで意気消沈していた大本営を歓喜させた。そして、この武勲は直ちに上聞に達し、「剣部隊」に対して連合艦隊司令長官・豊田副武(そえむ)大将から感状が授与されたのである。局地戦闘機「紫電改」 こうして「剣部隊」はその後も来襲する米軍戦闘機相手に勇戦敢闘した。すると、その精強さは海軍内でも注目され、鹿屋基地(鹿児島県)に前進して特攻機の護衛任務も任された。加えて対戦闘機戦闘だけでなく、大型のB29爆撃機に対する迎撃戦闘も行ったのである。 航空隊は、敵機を効果的に迎え撃つため、第一国分基地から長崎県の大村基地に移動して戦い続けた。 そして「剣部隊」は、B29爆撃機に対する迎撃戦でも大戦果を挙げている。5月11日には北九州上空で9機のB29を撃墜したのだった。5カ月で驚異の戦果 これは終戦まで3カ月の出来事である。そして、終戦までおよそ2カ月となった昭和20年6月2日にも驚くべき大戦果を挙げている。 敵は、空母「シャングリラ」の戦闘機F4Uコルセア隊で、九州南部の知覧・出水の特攻基地を攻撃に来たときの空戦だった。このとき「剣部隊」は、あっという間に敵機18機を撃墜し、わが方の損害は2機という圧勝だったのである。 総撃墜数43機を数える元407飛行隊のエース本田稔少尉は、このときの様子をこう記している。 各小隊は格好の目標を定め、高度千、五百、百と近づき、いっせいに二十ミリ機銃を発射して完全な奇襲をかけ、F4Uを片っ端から撃墜してしまった。この時三〇一飛行隊は上空警戒に当たっており、我々の攻撃を見ていたが、その前方にさらにF4U八機がゆうゆうと飛行しているのを発見してこれを奇襲し、その五機を墜としたのである。この日、わが方は二機の未帰還機があったが、十八機にのぼる敵艦載機を撃墜した。岡野充俊『本田稔空戦記』潮書房光人新社 6月2日の空戦は「剣部隊」の大勝利だった。 では、米軍はどのように見ていたのだろうか。米海軍第38機動部隊指揮官ジョン・S・マッケーン中将から各空母航空隊司令宛てに機密の電信通達が発信された。 全搭乗員に徹底せよ。最近九州南部上空において、経験を積み熟練した敵戦闘機隊に遭遇した。ジョージ、零戦、疾風、雷電あるいはトニー(飛燕または五式戦)とも識別される最新型の高性能機を装備し、とくに対空母機戦闘の訓練を積み、疑いなくレーダー官制下の迎撃態勢にある。この型の飛行機は、場合によりコルセアに匹敵する高速の上昇力を持つと認められる。この戦闘機隊は、緊密な二機および四機編隊、果敢な攻撃性、連携のとれた攻撃性を特徴とする。この練度の高いアクロバットチームと交戦した我が軍パイロット、殊に特攻機あるいは爆撃機を相手に容易な撃墜に慣れ、自信過剰となり警戒心をおろそかにした搭乗員はショックを受けている。『源田の剣』93式中間練習機の前で記念撮影する海軍の練習生たち。後列中央が第343海軍航空隊(通称・剣部隊)の一員だった本田稔元少尉 こうして昭和20年3月19日の初陣から終戦までに343航空隊「剣部隊」が挙げた撃墜戦果は、B29爆撃機を含む170機にも上ったのである。 かつて本田稔氏に、最も印象に残る戦いについて聞いてみたところ、本田氏は目を瞑りながらこう言うのだった。 「…あれだけは忘れられんのです。攻撃を終えて帰っていく敵機を後ろから撃って撃墜してしまったんですよ…」「撃墜王」空戦の極意 本田氏は続けた。 「敵機のパイロットは、全く私に気づいていませんでした。そんな無防備な敵機を、背後から撃つことになったんですよ。敵機に近づきながら『早く気づかんか!』と念じたのですが、最後までそのパイロットは気づかなかった。でも私は機銃を浴びせて撃墜してしまったんです。可哀想なことをしました。今もあのときのことだけは悔やまれてならんのです。なんで撃ってしまったんだと…」 本田氏は、剣道の試合のごとく敵機と一騎打ちしたかったのである。そこで私が、空戦の極意を尋ねると、本田氏は間髪入れずに答えた。 「『侍』ですね。つまり『武士道』―」 この言葉を聞いて、思わず背筋が伸びたことを思い出す。 「剣部隊」は、編成から終戦までの半年で実に170機もの米軍機を撃墜し、多数を撃破して米軍パイロット達の心胆を寒からしめた。 だが、この大戦果の裏で、搭乗員88人を含む161人の戦死があることも忘れてはならない。その英霊161柱が祀られる靖国神社について、元301飛行隊のエース・笠井智一氏(総撃墜数10機)はこう語ってくれた。第343航空隊(通称・剣部隊)に所属した元海軍少尉、本田稔氏=2015年7月(奈須稔撮影) 「靖国神社参拝をめぐる問題で、いつも政治家やマスコミが大騒ぎしておりますが、こういう人たちは全く分かっていないですね。靖国神社というところは絶対になくてはならない追悼の場所なんです。宗教がどうだとか、そういうことは問題じゃないんです。 われわれが『今度会う日は、靖国の桜のこずえで咲いて会おう』と歌ったのは、伊達や酔狂じゃないんです。われわれは、そう思って国のために戦ったんです。われわれ兵隊が国の指導者に騙された、なんていう人もいますが、それは全く違います。国のために、この祖国を守るために一生懸命に戦って亡くなった人々は、永遠に靖国神社に祀られねばならないと私は思っています。 零戦の会の慰霊祭にしても、亡くなった人と話ができるわけではありませんが、やはり靖国神社に行って頭を下げれば、何か言い知れぬ感慨が沸いてくるんです」 そして、今年もまた75回目の終戦の日がやってきた。

  • Thumbnail

    記事

    「不死身の分隊長」こと船坂弘軍曹 激戦の敵と“戦友”に

     終戦から70有余年。旧日本軍人は連合国から「戦犯」として裁かれた。しかし──そのなかには、敵国からも尊敬の念を抱かれた男たちがいた。立場を超えて「畏怖」の対象となった軍人たちの誇り高き足跡を辿る(記事中の肩書きは最終階級)。 戦後ではなく、戦中から友情を育んでいた日米の軍人もいた。太平洋戦争最大の激戦地の一つといわれ、約1200人のうちわずか50人ほどしか生還しなかったパラオ諸島・アンガウル島がその舞台である。 米軍の猛攻撃で瀕死の重傷を負った“不死身の分隊長”こと舩坂弘軍曹は左手に拳銃、右手に手榴弾、さらに全身に5発の手榴弾をくくり付けて、米軍司令部に突撃したが、左頸部を撃ち抜かれて昏倒。米軍に“救出”されるも、意識は丸二日戻らなかった。にもかかわらず、意識を取り戻した後には監視兵の襲撃や、飛行場の爆破を試みたのであった。 この舩坂軍曹の執念を、デービッド・オズボーン元米国大使館・代理大使は「勇敢な活躍」と称賛し、米軍将校としてアンガウル島で戦ったロバート・E・テイラー(マサチューセッツ大学教授)は舩坂軍曹に宛てた手紙で「日本人全体のプライドとして残ること」と評した。そして当時、捕虜の舩坂軍曹を監視し、幾度も脱出を試みる彼を取り押さえながらも決して銃殺はせず、「命を粗末にしてはいけません」と諭したのが、米軍通訳兵のフォレスト・バーノン・クレンショーだった。「不死身の分隊長」こと舩坂弘軍曹とクレンショー氏(舩坂良雄氏提供) 戦後、復員した舩坂軍曹はクレンショーを探し回り、全米各地へ手紙を送った。その手紙が110通目に達したとき、ようやく所在がつかめたのである。舩坂軍曹の長男・舩坂良雄氏はこう語る。 「父とクレンショーさんが再会を果たしたのは、戦後20年が過ぎた1966年でした。2人の友情は亡くなるまで続き、私自身も米国滞在の際には、クレンショーさんの自宅で数か月間、生活を共にしました」関連記事■元日本軍の撃墜王「はみ出た腸を手で押し込んで操縦した」■【動画】韓国軍の蛮行伝えるライダイハン像、英国で公開■9回出撃で9回生きて帰った特攻兵「生還の秘密」■徴用工の“証拠写真” 韓国は間違い発覚しても訂正しない■中国で恩赦計画、しかし「抗日戦争参戦」など要件厳しすぎ

  • Thumbnail

    記事

    米本土を唯一空襲した日本兵がレーガン大統領から讃辞受けた訳

    米本土に侵入し、大森林に計120kgの焼夷弾を投下したのである。実はこの攻撃こそ、現在にいたる米国の歴史の中で、ただ一度の本土空襲だった。 1962年、藤田中尉はオレゴン州ブルッキングス市のアゼリア祭りに招待され、初めて米国の地を踏んだ。 〈米国は開国以来、未だかつて外敵の侵入を許したことがありません。太平洋戦争において貴殿は、この歴史的な記録を破って単機でよく、米軍の厳重なレーダー網をかいくぐり、米本土に侵入し、爆弾を投下致しました。貴殿のこの勇気ある行動は敵ながら実に天晴れであると思います〉今も米国民から尊敬される藤田信雄中尉 藤田中尉の評伝『アメリカ本土を爆撃した男』(倉田耕一・著、毎日ワンズ刊)に掲載されたブルッキングス市・青年会議所からの手紙の一節である。 また、後にレーガン大統領から讃辞を受けたのは、その戦果のためだけではなかった。アゼリア祭りでの歓迎に応えるため、藤田は電線会社の工場で働きながらコツコツと貯金し、ブルッキングス市の高校生たちを日本へ招待したのだ。レーガン大統領の讃辞は、藤田の高潔な人柄と誠実さを称えるものであった。関連記事■元日本軍の撃墜王「はみ出た腸を手で押し込んで操縦した」■B29に2度体当たりして生還、日本人軍曹への米兵から手紙■韓国で慰安婦扱う反日映画続々、日本人の未来志向裏切る内容■韓国・中国・北朝鮮以外は「世界中ほぼ親日国家」である理由■9回出撃で9回生きて帰った特攻兵「生還の秘密」

  • Thumbnail

    記事

    治水に人知を尽くした武田信玄が刻む「戦国最強」への第一歩

    小和田哲男(静岡大名誉教授) 戦国武将で、後世、「治水名人」として知られたのが武田信玄と加藤清正である。2人とも「土木の神様」などと呼ばれ、「信玄堤」「清正堤」として、その治水事業が語り伝えられている。本稿では、武田信玄の治水について見ていくことにしたい。 信玄の領国である甲斐国には笛吹(ふえふき)川と釜無(かまなし)川が流れ、それが合流して富士川となって、駿河湾に流れ込んでいる。ところが、この二つの川は、源流から盆地部分までの距離が短いこともあって、少しまとまった雨が降るとすぐ洪水を引き起こしていたのである。 信玄の父、信虎の時代は、そうした自然条件を克服することができず、水害被害で国が疲弊していったのである。結局、そうした信虎に代わり、いわゆる「信玄のクーデター」によって父を駿河に追放し、武田家の家督を継いだ信玄は、国内の安定のため、本格的な治水工事に取り組むことになった。むしろ、取り組まざるをえなかった、と言うべきかもしれない。 現在、信玄堤の名で知られている堤防は、笛吹川の万力堤と近津(ちかづ)堤、釜無川の竜王堤などがある。もっとも、実際には信玄が直接手がけたものではないが、いわゆる「信玄流法」になる堤防も合わせれば、かなりの数になる。 では、信玄が得意とした「信玄流川除法(かわよけほう)」とはどのようなものだったのだろうか。ここでは、最も分かりやすい釜無川の竜王堤を具体例として取り上げ、信玄の治水の実際を追いかけてみたい。 竜王堤は釜無川の東岸に築かれた。今でも堤防はあるが、信玄の時代から何度も改修されているので、当時のままでないことはいうまでもない。ただ、場所そのものには変化がなく、技術的な特徴を追いかけることは可能である。JR甲府駅前の武田信玄像=2008年12月(吉沢良太撮影) 釜無川の水源地は鋸岳(のこぎりだけ)で、甲信国境から南に流れ、いくつかの支流を合わせて次第に水量を増し、甲府盆地へ流れ込んでいる。その支流の一つが御勅使(みだい)川だった。 この御勅使川、現在はこの字が書かれているが、本来は、「みだれがわ」あるいは「みだしがわ」だったのではないかといわれている。「みだれがわ」だと乱川、「みだしがわ」だと水出川で、いずれにしても洪水の元凶といったイメージがあり、御勅使川という字にしたという。実際、釜無川本流と御勅使川の合流地点が洪水常襲地帯となっていたのである。 信玄の治水術で特筆されることの一つは、この御勅使川の流路変更だ。御勅使川が釜無川に合流する少し手前で、川を二つに分流させているのである。堤で見せた信玄の治水思想 「将棋頭」という石堤を築き、水流を南北二つに分け、新御勅使川という流れを作り、その新御勅使川を釜無川に合流させているわけであるが、そこは高岩と呼ばれる崖が連続するところで、そのまま洪水になるようなところではなかった。しかも、そこに「十六石」という巨石を置き、御勅使川の流れを弱める工夫もなされていた。 そしてもう一つ、信玄の工夫として特筆されるのが堤防部分だった。普通、堤防というと、川の水が土手を越えないように高さを保ちながら連続して築かれる。水量が多く、水が堤防の高さを越えそうになれば、堤防をますます高くするというのが一般的である。2019年の台風19号で石積みの一部が陥没した国指定史跡の御勅使川旧堤防=山梨県南アルプス市有野(市教委提供)  ところが、信玄堤は原理からいって違っていた。堤防を一直線ではなく、断続的に築いていったのである。 こうすることによって、大水のときには堤防と堤防の間からあふれた水が堤防背後の遊水地に流れ込む仕組み流れになっていた。つまり、川の水を押さえ込むのではなく、爆発的にあふれ出るのを緩和しようというのが、そもそもの発想だったのである。 こうして、新しい御勅使川と釜無川が合流する高岩付近から下流にかけて、およそ1800メートルの長さの断続的な堤防を築いた。その堤防には竹木を植え、簡単には崩れないようにしていた。 しかも、注目されるのは、堤防上のところどころに神社を祀っているのである。村人たちが神社に参詣することを計算し、人々が土手の上を歩くことによって、堤防そのものが踏み固められるという効果も狙っていたことになる。 この不連続の断続的な堤防を「霞堤(かすみてい)」といっている。これが「信玄流川除法」の特徴で、適当な角度をつけて雁行状に築かれ、これによって水勢を弱める効果もあった。信玄堤(竜王堤)概念図 信玄が父、信虎を駿河に逐(お)って家督を継いだのが、天文10(1541)年6月のことだが、竜王堤の工事に取りかかったのが翌11年のことといわれている。信玄にとって、治水は喫緊の課題だったことが窺(うかが)われる。 そして、竜王堤の場合、完成したのは弘治年間(1555~58)といわれている。いかに大規模な工事だったかが分かる。 こうした大規模工事は、小規模な国人領主や土豪の力では無理である。武田家のような大きな力を持った戦国大名権力の登場によって初めて可能となったわけで、信玄堤はそのことを端的に示したといえる。

  • Thumbnail

    記事

    偉人像も歴史の一端、破壊相次ぐ米人種差別抗議デモの深層

    きないし、またするつもりもない。ゆえに、本稿では、原則としての私見を述べるにとどめる。 まず、過去の歴史自体は変えられない。ただしこれは、現在知られている歴史が唯一絶対だということとは違う。新資料の発見や遺跡の発掘によって、歴史事実とその解釈は修正され得るし、現にされてもきた。 言いたいのは、ある人物や事件についての当時の評価と現在の評価は違ってきているとしても、「当時の」評価で作られた顕彰物などを、「現在の」評価から破壊することには、慎重であるべきだ。 歴史の証拠を、物理的に改ざんしてはならない。古代エジプト第18王朝のファラオ、ホルエムヘブが、石碑から先王「トゥト・アンク・アメン」(英語ではツタンカーメン)ら4代のファラオの名前を削らせたのは象徴的だ。 また、たとえいかなる人物といえども、歴史からその存在を消してはならない。歴史書から、毛沢東、スターリン、ヒトラーについての記述をなくせば、彼らのしでかした大虐殺が、無かったことになるわけではないからだ。 確かに、南部連合関連の人物像には、公園に建てるより、博物館に所蔵することが適切と思われる物もある。しかし、その多くの記念碑が、19世紀末~20世紀に建立されたことの意味を考えるべきであろう。※ゲッティイメージズ 南北戦争は、米国人を分断し、後々まで、ある意味では現在まで尾を引く深い傷跡を残した。内乱と位置付けることはできるものの、南部連合国は、合法的に成立した独立国なのだという主張は、奴隷制の是非とは別の問題なのである。 すなわち、州(State)とは、本来国家であり、州が集まった連邦国家が「アメリカ合衆国」なのだ。そして、各州は、任意に合衆国を離脱できるとする考え方は、南北戦争までかなり有力に唱えられた。重なるかつての日本 事実、合衆国憲法をそう解釈する余地はある。南北戦争は、州の連邦離脱の権利をめぐる戦いでもあった。むろん、南部諸州の連邦離脱と「独立」は、奴隷制維持が目的であったから、州権と奴隷制が無関係の独立した問題であったとまでは言えない。 とはいえ、南北戦争は、奴隷制を廃止した自由州対奴隷州の戦いという単純な図式では捉え難い面がある。南部連合の構成州は、全て奴隷州であった。しかし、自由州ではあっても、奴隷州との境界付近には、奴隷を所有していた者が存在した。 そして、ミズーリ、ケンタッキー、デラウェア、メリーランドの4州は、奴隷州でありながら、連邦にとどまったのである。また、これらの4州以外にも、境界州と呼ばれた地域では、州内が連邦離脱か残留かをめぐって分裂し、家族や隣人を引き裂く、時として流血の対立を生んだ。内戦とは悲惨なものである。 今日、喧(かまびす)しい米国の分断などとは、およそ比較を絶している。何しろ、双方に61万8千人もの死者を生じたのである。第二次世界大戦の戦死者約32万人と比べて、絶対数で、またそれ以上に対人口比で、米国が経験した最大の「戦争」であった。 当時の米国の総人口は、約3100万人と見積もられている。現在の日本で、5年にわたる250万人の戦死者を出す内戦が起こったようなものなのだ。戦争終結後、この深く開いた傷口を癒すこと、南北の和解が求められたことは怪しむに足りない。 だが、自分たちの生活様式、価値観を武力によって変更させられたという恨みは、南部の大農園主に限らず、広く零細農民も含む南部白人に抱かれていた。その恨みには、北部軍のシャーマン将軍のとった焦土戦術のように、かなり残忍で非人道的な連邦軍の行為も寄与している。 傷口の癒しが、南部では、自らの勇戦敢闘の歴史を顕彰し、南部独立、彼らに言わせれば祖国の防衛に一命を捧げた犠牲者を讃えるという形で現われたのは、やはり不幸なことであった。 とはいえ、そのことを一概に非難すべきなのか。南部連合軍の兵士の大半を占めたのは、南北戦争を描いた小説『風と共に去りぬ』(1939年に映画化)に描かれたような貴族的大農園主ではなかった。彼らの多くは、奴隷などほとんど所有していなかった零細農民、その他の庶民たちだった。映画『風と共に去りぬ』の一場面 そして、史上初の軍需生産が戦争の帰趨を決した戦争でもあった南北戦争において、当初より産業基盤を欠く南部で、女性を含む多くの労働者が戦争に貢献して働いた。それは、かつての日本にどこか重なりはしないだろうか。 今日、米国との戦争に敗れた結果として日本に民主政治がもたらされ、多くの改革が可能になったと認める人も、そのためには、都市無差別爆撃、原爆使用は必要であったと言われれば、素直に同意はしまい。真珠湾攻撃や緒戦の勝利、その後の日本軍の奮戦を今なお語り継ぐことには、心情の深いひだに刻まれたある種の日本人の意地があるように思う。複雑なジェファーソンの評価 かつて名門イェール大には、ジョン・カルフーンの名称を冠したカレッジが存在した。そのカルフーンとは、奴隷制擁護論者の先鋒として隠れもなかった人物である。2018年になって、それを改称したこと自体は適切でも、彼が、イェールの卒業生であり、2期にわたって合衆国副大統領であったという事実は変わらない。 そして、かかる「歴史の清算?」をどこまで徹底するのかについて、いずれ米国人も立ち止まり、議論が生じるのではないか。 3年前の17年8月には、私が思い出多い研究生活を、1年8カ月近く過ごした典型的な田舎の大学町、バージニア州シャーロッツビルが、一躍有名になる事件が起こった。市中心部の公園にあった南部連合軍総司令官、リー将軍の騎馬像撤去をめぐって、賛成反対両派が衝突し、死者まで出す惨事となったのである。 その騒動の音が聞こえていたであろう、そこから歩いてほんの数分のバージニア大構内には、創立者にして第3代大統領、トーマス・ジェファーソンの銅像が佇立していた。彼が、起草に深く関与したとされる「独立宣言」は、冒頭に「All men are created equal」(すべての人間は平等につくられた)と謳う。 その彼は、しかし生涯奴隷を手放さなかった南部の大農園主であった。所有していた奴隷は600人にも及んだという。後に駐仏大使に任じられたとき、妻と死別していた彼は、パリに赴任後、13か14歳であった黒人の少女奴隷、サリー・ヘミングスを呼び寄せる。 彼女の肖像の類は残っていない。肌の色は黒くなく、一見黒人には見えなかったという。実は、死別したジェファーソンの妻の異母姉妹に当たるとも言われ、であれば父親は白人であったことになる。 ジェファーソンの所有物であり、30歳年下のサリーとの関係が、いかに始まったか、それが合意の上であったのかは分からない。とにかく、愛人となったサリーとの間に子供をもうけていたことは、ほぼ確認された事実だ。 子供の子孫が、ジェファーソンとの血縁確認を求めて訴訟を起こし、裁判所命令で墓が開けられて、遺体のDNA鑑定が行なわれたからである。クレーンで重い墓石を動かし、石棺を釣り上げたのだ。 では、第3代大統領としての彼の彫像、肖像は、すべて公共の空間から撤去して博物館に収納すべきなのだろうか。彼の肖像が刷られた3ドル札(日本の2千円札並みに珍しいものだが)は、すべて回収溶解すべきなのか。ワシントンDCにあるトーマス・ジェファーソン像(ゲッティイメージズ) 今日彼を、偽善者と謗(そし)ることはたやすい。しかし、一方で、彼の著作、書簡は、民主政治理論上重要な位置を占めているし、政治家としても非凡の才を発揮したと、私は考えている。そもそも、独立宣言に署名した56人のうち40人、さらに第12代までの大統領のうち、ジョージ・ワシントンを含む10人が奴隷の所有者であったのだ。評価は総合的に 歴代大統領や各国首脳が詣でるアーリントン国立墓地の一角には、482柱の南部連合軍兵士と軍属が眠っていることは、米国人にも、あまり知られていない。彼らが個人として奴隷制に賛成していたかどうかはともかく、まさか奴隷解放のために戦ったとだけは言えないだろう。 そこで、彼らの墓をあばいて、どこか他の墓地に移設せよということになれば、さすがにどこまでやれば収まるのかという話になろうかと思う。先に挙げたイェール大では、そもそも大学名の由来するイライヒュー・イェール(Elihu Yale)が、東インド会社で奴隷貿易に関わっていたとも言われている。 ウィキペディアに、はっきりと「slave trader」(奴隷商人)と記してあるのは事実だ。とすれば、単に一カレッジどころか、大学の名前を変えろという話になってしまう。どこでどう線引きをするかを、冷静かつ真摯に議論しなければならない。 こうしたモニュメントの扱いを判断するにおいて、いくつかの考慮すべき点を挙げてみたい。まず、人物像、肖像画の場合、当然ながらその人物の経歴、何を語り、何を為したかが問われなければならない。 その場合、評価は多面的総合的であるべきだ。バージニア大構内のジェファーソン像は、何よりも同大学の創立者の一人としての彼を、記念顕彰することが目的であると認めてよい。彼が、私生活で何をしたかは、無関係とまでは言えぬにせよ、像を撤去する理由にはしにくいと思う。 だが、最近では撤去すべきとの声もあるようだ。また、大学構内の別の場所にある彼の座像が、人種差別主義者と強姦犯を表す「racist+rapist」(おそらくはヘミングスに対して)と落書きされたと伝えられる。今後のことは、分からない。 例えが適切かどうかは自信がないが、早稲田大構内にある大隈重信像を、「対華21カ条要求」問題当時の総理大臣であったからという理由で撤去せよという主張にどう対応すべきであろうか。 また、名門プリンストン大は、研究機関や学生寮の名称から、かつて総長を務め後に28代大統領となったウッドロウ・ウィルソンの名前を廃止したと発表した。彼が、人種差別に加担していたとの理由である。彼が、総長として、プリンストンへの黒人の入学を認めなかったことは事実であろう。此度の大学自身の決定は、尊重されなければならない。 しかし、個人がどのような人物であったかに加えて、その表現のされ方も問われるべきであろう。セオドア・ルーズベルトは、第26代大統領として、独占禁止政策を推進し、富の公正な分配への関心を示したし、野生動物・自然保護に一定の業績を残した。セオドア・ルーズベルト元大統領(ゲッティイメージズ) だが、その外交政策、白人優位の人種観に批判があったことも事実であり、評価は難しい。とはいえ、このたびニューヨーク博物館の正面から、彼の騎馬像の撤去が決定されたことには、納得できる。なぜなら、この像は、馬上のルーズベルトの両脇に、黒人と先住民の男性が徒歩で付き従っているものであり、ルーズベルト自身の評価とは別に、白人優位と植民地主義を連想させるからだ。的外れなピラミッド批判 一方、首都ワシントンにある奴隷解放記念碑には、微妙な点がある。確かに、第16代大統領、エイブラハム・リンカーンが、足元の半裸の黒人男性を見下ろしているように見える。いかにも尊大な奴隷解放者のごとくである。  しかし、この像は、元来解放された奴隷たちの募金で建立されたことを忘れてはならない。足元の元奴隷は、リンカーンに跪(ひざまず)いているのではなく、軛(くびき)を脱して自由な人間として、今まさに立ち上がろうとしている瞬間なのだと解釈することもできるのだ。こうした像をどうするかは、冷静な議論が必要であり、決して実力による破壊に委ねてはならない。 全米で、既に多くの像が実力で引き倒された。復元されることもあってよいし、博物館に収納する措置もとられよう。その場合には、事なかれと死蔵するのではなく、均衡のとれた解説を付して展示するべきだ。 加えてそのいくつかは、復元せずに、引き倒され破壊された状態で展示し、何が起こったかを解説する措置がとられるべきである。ある時期に顕彰して建立され、後に評価を異にする人々によって破壊されたという「歴史」を後世に伝えるためにだ。 先に記したが、実際イェール大のジョン・カルフーン・カレッジは改名された。しかし、建物の門に刻まれた、ジョン・カルフーンの文字と、扉の上の彼の正面レリーフは残された。1933~2018年まで、この人物の名前を冠していたという「事実」を、消去せずに残したのである。 さすがに、逸脱事例であろうとは思うものの、今年6月7日、英国ブリストル市で、奴隷商人の像を引き倒して海中に投棄した活動家たちは、その後、ギザのピラミッドの破壊をエジプト政府に要請したという。 奴隷によって建造された遺跡だからという理由らしい。あまり真面目に反応するのも躊躇(ためら)われるものの、二点指摘しておきたい。 第一に、奴隷制の糾弾は、普遍的な価値の追求であり、国境を超える内容であるとは認めるとしても、外国にある遺跡について口出しすることは、無条件には許されるべきではない。エジプト人には、「大きなお世話だ」と言う権利がある。 第二に、最近では、ピラミッドの建設は、奴隷ではなく賃金労働者によって担われたという説が有力なのであり、奴隷制批判は的を外している。 とはいえ、このような議論は、まずそれぞれの国の国民がすべきである。要するに、南部連合と奴隷制に関連する像、記念碑、名称に関する議論は、何よりもまず米国人がすべきだ。当然だが、米国の歴史は、基本的に米国人のものだからだ。米バージニア州知事が撤去を表明した南軍司令官像。土台部分に多数落書きされている=2020年6月、バージニア州リッチモンド(ゲッティ=共同) このことについて、外国人であるわれわれは、安直に口出しすべきではない。人種差別は悪だ、奴隷制は悪だという一般論を語ることと、ある特定の人物の彫像や、ましてや墓をどうするかなどについて語ることは、全く別のことであると、よくよく肝に銘じるべきであろう。

  • Thumbnail

    記事

    歴史学者はつらいよ、戦国ファン多きゆえに寄せては返す喜びと悲しみ

    渡邊大門(歴史学者) 新型コロナウイルスがいまだ終息しない。私は生涯学習講座の講師もしているが、受講者に高齢者の方が多いため、開講するのが難しい。会場は基本、夏は冷房、冬は暖房で、窓は締め切りのため、何かあったら大変だ。当面、歴史講座の開講は絶望に近いだろう。 ところで、歴史講座の講師を務めていると面白い。面白いといえば語弊があるが、いつも珍妙な出来事があるので、困惑するというのが本音だろうか。 講座の多くは、終了後、講師に対する質問の時間が設けられている。質問がないときもあるが、張り切って質問される受講者も少なくない。その中で多いのは、「司馬遼太郎先生の説とは違うようですが…」「先日見たテレビ番組とは違うようですが…」という質問だ。こういう質問に答えるのは、なかなか難しい。 司馬遼太郎は歴史小説家である。小説というのは、フィクション(創作)である。司馬作品はおおむね史実に沿って書かれているが、歴史研究ではない。私も好きで若い頃に読んでいたが、自分が歴史研究をするようになると、司馬作品の間違いに気づく。いや、間違いというのは変である。創作物なのだから。 戦国時代を扱った司馬作品を読むと、根拠はおおむね後世に成った二次史料(軍記物語、家譜など)である。司馬は二次史料のユニークな逸話を素材としつつ、登場する人物の豊かな人間像を描いた。それは天才的で、ほかの小説家も真似ができないだろう。つまり、司馬作品は歴史小説なのだから、歴史研究を忠実に反映させていないのは当然なのだ。 司馬作品に絡んだ質問が出た場合は、上記のように歴史小説と歴史研究の違いについて説明し、現在の研究で正しいとされる根拠や説などを説明する。こうすると、たいていの人にはご納得いただけるようだ(中には食い下がってくる人もいるが)。 念のために申し添えると、歴史小説がダメだということではない。そもそも目的(創作と研究)が違うものなのだから、比較して優劣を論じても意味がないのだ。文化勲章を受賞し、記者会見する司馬遼太郎氏=1993年10月、京都市下京区(山下香撮影) 問題なのは、テレビの方だ。こちらは創作なのか、研究を反映させているのか分からない場合もあり、ときに大学教授が出演するから面倒である。 その前に余談になるが、筆者とテレビとの関わりついて、少しだけ述べておこう。実は、私もテレビに協力することがある。以前、協力した番組では「中国大返し」を取り扱った。 「中国大返し」とは、天正10(1582)年6月の本能寺の変後、羽柴秀吉が備中高松城から山崎まで信じがたいスピードで帰還を果たしたことである。その際、スタッフの方がよく勉強されていた。諸説を取り上げて比較検討し、良い番組になったと思う。 しかし、それがすべてではない。嫌な思い、不愉快な思いをしたことも少なくない。非常識なテレビ制作も たとえば、あるとき番組の制作会社からメールが送られてきた。企画書が添付されてあった。メールの本文を読むと、「歴史のクイズを50問作ってください。ただ、当番組では予算がないので、謝金は払えません」というものだった。もちろん、メールを即削除。でも、応募する人が成り立つのだろう。 ほかにも番組の制作会社からのメールで、質問事項を10個ほど並べてきて、「答えてください」というものもある。私が返信メールで「謝金は出ますか?」と尋ねると、返事は帰ってこない。予算を準備していないのだろう。 番組の制作会社が電話をかけてきて「ちょっと教えてほしいことが…」とか、「今は予算がないのですが、相談だけでも…」というのも珍しくない。一度、付き合ったら最後、何度でも電話をかけてきて、質問責めにあうのですべて無視している。 また、ある番組の制作会社からは、まったくの根拠がないことを言ってほしいという依頼もあった。それは食の番組で「戦国武将の〇〇は、××が大好物だった」ことについて、「渡邊先生のお墨付きがほしい(テレビで発言してほしい)」と言われた(しかも謝金はない)。もちろん断った。 おそらく番組の制作会社の中には、タダで答えてくれる人を探して、あっちこっちにメールを送っているのだろう。酷い話である。 「それくらいタダで教えたら」と、思うかもしれないが、それは違う。私の場合は会社を設けており、歴史に関することで収入を得ている。しかも、質問にきちんと答えようとするならば、念のために調べなくてはいけない。 そういう労力なり時間なりが必要なことを理解していないのだから、実に非常識である(別に、法外な額を要求しているわけではない)。ただ、お付き合いのあるテレビ局や番組の制作会社はきちんと謝金を支払ってくれるので、ご安心を。 つまり、すべてではないが、テレビ番組の中には予算を組んで、しかるべき監修者を立てず、可能であればタダで情報を得ようとするケースがあるように思える。仮に監修者を立てようとして、まっとうな研究をしている大学教授に依頼しても、断られることがあるだろう(現にテレビには絶対に出ないという大学教授を知っている)。したがって、どういう調べ方をしているのか疑問である。 私はテレビの歴史番組を意識して見ていないが、食事中などにテレビをつけると、ふと目に留まることがある。そして、卒倒することも多い。 ある歴史番組では、「合戦が起こると、誰が戦功(合戦における貢献度合い)を認定するのか?」というクイズがあった。出演者が首を捻りながら考えていたが、解答が浮かばない。すると、歴史研究家なる方が「軍(いくさ)目付です」と答えた。軍目付が合戦の様子を見て、誰が戦功を挙げたのか確認しているというのだ。これには驚倒し、思わず箸を落とした。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) 常識で考えてほしい。数千、数万の軍勢が入り乱れる中、どうやって軍目付が自軍の将兵の活躍を一人ひとり確認できるのか! 不可能である。そもそも軍目付は、合戦の状況を監察する役割をしており、将兵の個別の戦功を認定するものではない。歴史バラエティー番組は要注意 一般的にいうと、各将兵は敵の首(あるいは鼻など)を獲り、首実検によって戦功を認定された。首が大将格の首ならば、恩賞は多くなる。慶長19、20(1614、15)年の大坂の陣になると、将兵は複数で行動するようになり、互いに戦功をチェックして、戦功を挙げた証人になってもらうことがあった。 数え上げたらキリがないが、こういう酷い例は枚挙に暇がない。そもそも出演する歴史研究家には、前回指摘したトンデモ歴史家が出演することがあるので、大いに注意が必要である。「テレビで言っているのだから大丈夫。正しいはず」というわけにはいかない。 「大学教授が言っているから大丈夫!」という人がいるかもしれないが、それは正しくない。私もたまたま見たテレビで、卒倒するような説をたびたび目にした。自分の専門外にもかかわらず、積極的に間違いを発信するので注意が必要である。 なぜこういうことになるのかと言えば、歴史を取り上げる際はバラエティー番組になっていることが多いからだ。むろん研究会や学会ではないので、「常に真剣勝負でやれ!」と言わない。結局、「お遊び」の要素が多くなり、しかるべき歴史研究者が適切な解説をしないので、おかしな「トンデモ説」が独り歩きするのである。 歴史がバラエティー番組になってしまうと、まず期待しない方がいい。中には意図的なのか、学界では見捨てられたような酷いトンデモ説を取り上げて、あたかも正しいかのように放送することも珍しくない。それを見た視聴者が講演会で「この前見たテレビ番組では…」と質問するのだから始末に負えないのである。 では、「テレビはともかくとして、行政(教育委員会や博物館の職員)の言うことなら大丈夫なはず!」と思うかもしれない。しかし、こちらも実に微妙なところがあって、決してそうとは言えないのである。 自治体では、コロナ以前から観光客を呼び込むことに力を入れている。そこで、注目されるのは歴史である。歴史を目玉にして、観光客を呼び込もうというのだ。たとえば、世界文化遺産は代表的なものであるし、NHKの大河ドラマも1年間限定ながら、非常に効果がある。 とはいえ、みなさんもご存じの通り、実際はそうはいかない。世界文化遺産も長く安定的に人気スポットになるところがあるが、ブームは認定直後だけで、あとは訪れる人の数が急減することも多い。「一度、行けば十分」ということだろう。世界文化遺産になることが、訪れる人の安定供給を保証するわけではないようだ。 おまけに新しい史料が見つかった際、教育委員会などが新聞やテレビにニュースリリースをするが、紛らわしい発表をすることが少なくない。遺跡が見つかったら「邪馬台国発見か!」、後世に成った二次史料に書かれたことなのに「新事実が発見される!」などは一例である。注目を集めるため、誤解を受ける表現がなされているのだ。 私も自治体などが主催する講演会などで講師を務めることがあるが、悲劇的な例を幾度が見たことがある。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) まずは講師の選定である。せっかく歴史の話を聞くのならば、しかるべき専門家に依頼すべきと思うが、すべてがそうではない。集客を見込んで、「テレビでおなじみの…」といったトンデモ歴史家に依頼することはままある。 自治体としては人がたくさんくればよいので、世に知られていない専門家を呼ぶよりも、テレビでおなじみのトンデモ歴史家を呼んだ方が効果があると考えたのだろう。実際に人はたくさん来る。時には自治体も また、稀にあるのが主催者から講師に対する要望である。むろん、テーマについては要望があってしかるべきだが、具体的な中身に踏み込まれると問題が多い。 たとえば、「戦国武将の〇〇とその妻の××は深い愛情で結ばれていた」ことを言ってほしいという要望があった。これには困惑した。一般論としては離婚してないのだから仲は悪くなかったのだろうが、深い愛情で結ばれていたことを示す一次史料はない。というか、そんなことをわざわざ言う必要はないように思えた。どうもそれが「売り」なようだったので、積極的なコメントがほしかったのだろう。 別の講演でも困ったことがあった。私は自著の中で、ある戦国武将の有名な逸話(美談が多い)は後世に成った二次史料に拠るもので、疑わしいと書いたことがあった。拙著を読んだ自治体の職員から連絡があり、「ぜひ講演を」という話になった。むろん応じたのであるが、そこで不愉快なことが起きた。 講演の直前、自治体の担当者から連絡があり、「本で書いているような手厳しいことは言わないでほしい」と要請された。逆に、「通説による美談でお話しいただけないか」と懇請された。その自治体では会議の中で「これから観光客を呼ぼうと必死なのに、厳しいことを書く人(渡邊)に講演をさせると水を差す」という意見が出たようだった。 それならば、トンデモ説を唱える人はいくらでもいるのだから、そういう人にお願いしていただき、私は辞退すると言うと「それでは困る」という。もうすべて準備が整ったので、今さら変更できないのだ。私としては、本に書いていることと逆のことを言うわけにいかず、大いに困ったが、結局は逸話の真偽を問うテーマを避けることにした。 つまり、自治体にはさまざまな事情があるので、こちらもくそマジメに講演するのではなく、大人の対応を迫られるわけである。 以上の通り、歴史に関する小説、テレビ、講演のことを考えてみると、歴史研究の未来は暗いと言わざるを得ない。 その背景には、明らかに歴史教育の問題がある。荒っぽく言えば、歴史の勉強は有名な事件と人物の暗記だった。何年に何が起こったのか、あるいは固有名詞をひたすらおぼえる無味乾燥なものだった。面白味に欠けるのである。 しかし、そう感じている人が魅了されてしまうのがトンデモ歴史本である。トンデモ歴史本は、あたかも合理的に歴史的な事件の真相を説明する。ロマンもある。専門家の説明は慎重で、奥歯にものが挟まったようなもどかしさがあるが、トンデモ歴史本は明解である。これに引っかかってしまうのだ。 念のために申し添えておくと、先述の通り歴史小説が悪いわけではない。トンデモ歴史本だって、それが「お遊び」であることを理解して読むのならば、娯楽の一種として認めてもいいだろう。それは、テレビの歴史バラエティー番組だって同じである。 現状では歴史小説のように「小説」つまり「フィクション」と銘打っているものはともかくとして、それが「お遊び」なのか「研究」なのか、境界線が不明瞭である。特に、自治体主催の講演会やテレビ番組は、「嘘を言わないはず」と思っている人が多いに違いない。もとより一般の人には、真偽を判定することが難しいのだ。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) 嘘を信じてトンデモ歴史本を買い漁っている人や、間違えた情報を垂れ流しにする講演を聞いたり、歴史番組を見ている人のことを考えると悲しくなる。あまりに悲惨すぎるので、そこではた少しは考えてほしい問題である。

  • Thumbnail

    記事

    「香港人」は漢民族にあらず、蘇生するには真の独立しかない

    和国などが誕生した。香港警察がフェイスブックに掲載した「香港独立」と書かれた旗(共同) 以上のような歴史から、イギリス人と満洲人が自分たちの意思を無視して裏取引を繰り返して、勝手に「租借」したり、「返還」されたりした、と香港人は理解している。だから、香港の識者たちは「香港民族」という概念を醸成し、都市国家としての独立を夢見ているのである。 一度は殺害された香港は必ずや、独立という形で復活するに違いない。

  • Thumbnail

    記事

    香港国安法、今こそ日本は中国のお家芸「内政干渉」で毅然と非難せよ

    するとは考えがたい。 「中国」とはいかなる存在であるかを理解せずに、歩むべき道は見えない。それには、歴史的・思想的な考察が不可欠だ。 香港が現在の状態になったのは、言わずもがな1840年のアヘン戦争による植民地化が原因である。これは問答無用の侵略行為であり、麻薬を利用した手法は弁護の余地がないほど悪辣だ。したがって、香港の統治権がいまだ中共政府と分離しているということ自体、中国人の民族感情として、国恥であるとするのも何ら不思議ではない。 ことに1997年の香港返還時において、英・チャールズ皇太子は香港統治が民主主義を香港人にもたらしたと演説し、パッテン総督はアヘン戦争について何らの言及もしなかった。香港返還の記念式典に出席した中国の江沢民国家主席(左)と英国のチャールズ皇太子=1997年7月 例えば、沖縄返還が、米国との一国二制度の下で実現したとして、米国大統領が、大東亜戦争で沖縄は日本帝国主義から解放され民主主義がもたらされた、などと演説したら、われわれはどのように感じるか。本質は覇権主義国家 もちろん戦後民主主義の観点からすれば納得するのかもしれない。しかし、大東亜戦争の大義を謳う「保守派」が納得するとすれば、それは大いなる矛盾である。 そもそも、中国の民族自決を楯に、戦前の日本が保有する特殊権益をさんざん非難した米国が、台湾(中華民国)はともかく、香港に肩入れするのは盗人猛々しいとも言える。 一国二制度などという制度そのものが、西欧列強による植民地化の恥辱を象徴するものである。「中国」がいかなる体制であれ、これを一刻も早く消滅させたいと考えることは、なんら不正義ではない。 しかし、だからといって「中国」を弁護するのではない。振り返れば、漢民族王朝が「夷狄」との約束を一方的に破棄することはお家芸であった。例えば、北宋がツングース系の遼を攻める際、将来の領土割譲を約し、女真族の金と同盟した。 だが、遼の滅亡後、北宋はこれをほごにした。近代中国も、中華民国政府は「革命外交」と称し、欧米列強との不平等条約をことごとく一方的に破棄。奇襲的な武力行動に訴えてきた。 これは、明治以降、日本政府が列強との不平等条約を、「不当に締結させられた」との認識を有しながらも基本的には忍従し、国際協調を遵守した上で、改正の努力を重ねてきたことと対照的である。 戦後も、「中国」のこのようなスタンスは変わらない。日本と中共政府は1972年の日中共同声明で和解した。それにもかかわらず、事あるたびに中共政府は「歴史認識問題」を蒸し返し、中国式の歴史観を強要する。「軍国主義」という合言葉で反論を封じ、政治的・経済的・文化的要求を繰り返す。 中共政府の手口は、歴史的事実の評価だけでなく、それを通じた日本人の人生観や国家観に対する歴然たる干渉だろう。尖閣諸島への度重なる侵犯や、「北海道一千万人計画」など、政治・経済・軍事にわたる侵犯工作は依然、進行中である。尖閣諸島周辺海域で入り乱れる中国公船「海警」(中央)と日本の巡視船=2019年5月(仲間均市議提供) そもそも、古代の経典『春秋公羊伝』では、中国の支配領域は全て中国文化に同化されるべきだという思想「大一統」が示された。そして、それは習近平体制が唱える『中国夢』にまでつながる覇権主義の温床となっている。明確な国家意思を持て 1973年8月、十全大会(中国共産党第十回全国代表大会)で周恩来は、「米ソ両超大国の覇権主義に反対しなければならない」と報告した。また、75年1月の新憲法にも「超大国の覇権主義に反対しなければならない」とある。 このように強調する当の「中国」自身が、歴史的・思想的に覇権主義的傾向を有しているではないか。チベットやウイグルで進む民族浄化じみた振る舞いも、まさにそうした傾向に基づく行動と言えよう。これもまた、盗人猛々しいと評するほかない。 このような「中国」が、中英共同声明(1984年)について、期限を待たず、2014年に一方的に破棄したことはもちろん、今回の国安法制定も、ある意味で当然である。 とはいえ、「中国」を邪悪な国だと二元論的に論じるのも軽率な態度だろう。なぜなら、「中国」もまた、フランスのシャルル・ド・ゴールが批判したように、英米と同様の「大国のエゴイスム」で動いているにすぎないからだ。日本は、東西を「エゴイスム」に囲まれているのだ。 このような認識の下で、日本は、特に「保守派」は、今回の香港問題にどう対処すべきか。 基本的に、日本は戦前の「大東亜各国をして各々その所を得しむ」(東条英機首相施政方針演説)から始まり、戦後もアジア諸国の経済的自立と協調とを支援してきた。このような日本が「中国」と相容れないことは明らかだ。 それゆえ、香港問題を奇貨として積極的に非難を表明するべきである。ただ、それは日本政府が現在唱えるような人権上の問題としての指摘ではない。非難の目的は、日本に対する内政干渉や権益侵害を即時に停止しなければ、日本もまた中共政府への干渉に吝(やぶさ)かでない態度を示すことだ。中国の習近平国家主席を映す北京市内の大型ビジョン=2020年5月(共同) 重要なのは、歴史的・思想的に本質が異なる大国に対し、日本はどうするのか、という明確な国家意思なのだ。 つまり、単純に中共政府を悪玉視するような議論は、ピント外れ極まりない。そのような視点では、かつて中国近代化の可能性に淡い夢を抱いた結果、世界からハシゴを外されて痛い目にあった歴史を繰り返すばかりである。

  • Thumbnail

    記事

    信長ワールドを世に知らしめた安土城と「テーマパーク寺院」

    橋場日月(歴史研究家、歴史作家) 前回で安土城天主の最上階までについての説明をざっと終えたわけだが、ここで最上階の装飾について少し補足しておこう。 まず、御座敷に描かれた絵の筆頭テーマである「三皇五帝」についてだが、これは古代中国の神話に登場する聖なる王たちで、特に三皇の伏羲(ふくぎ)、女媧(じょか)、神農(しんのう)がキモとなる。この伝説トリオのうち、伏羲と女媧は兄妹だったが、大洪水で人間が滅亡したとき、2人だけ大きな瓢箪(ひょうたん)の中に逃れたため助かったという。これが現存人類の始祖とされているのだが、面白いのは彼らにまつわるエピソードだ。 この両名のうち、伏羲については魚鳥を獲る網を発明したとされ、魚釣りも彼が始めたということになっている。海や川の恵みを司る存在だ。 そして女媧。こちらは、火の神と水の神が喧嘩(けんか)して、天を支える不周山が崩れてしまい、天の四本の柱がずれて地が割れてしまったとき、大亀の足を四柱の代わりに使い、黒龍の体を用いて大地を補修したという。 こうして見てみると、伏羲は水を制し、女媧は古代中国における瑞兆の動物「四霊」の鳳、麒麟、亀、龍のうち、亀と龍を支配している。それだけではない。2人の姿は、人間の上半身(というより、頭と胸から伸びる腕だけが人間)に蛇の下半身となっている。 そして残る神農だが、こちらは農業、医薬の神として日本でも大切に信仰されている。江戸時代から続く大阪の薬種商の町、道修町(どしょうまち)に鎮まる少彦名(すくなひこな)神社の祭神が、この神様であるのは有名だ。 ところがこの神農様、頭に2本の角を持つ姿で描かれる牛頭人身の神なのだ。牛頭人身。皆さんはここで何かを連想しないだろうか。そう、牛頭天王(ごずてんのう)だ。マスクが取り付けられたJR岐阜駅北口駅前広場の織田信長公像=2020年4月 牛頭天王といえば、信長にもゆかりの深い津島牛頭天王社(現・津島神社)と、その末社である信長が幼時から少年時代に通った那古野城内の亀尾天王社(現・那古野神社)については同連載の第3、4回で触れた。この牛頭天王が神農の正体だという説がある。平安時代末期に成立した関白、藤原忠実の筆録集『中外抄(ちゅうがいしょう)』がその最初だ。 そして鎌倉時代初期、天台密教(台密)に対して「東密」と呼ばれた真言密教の図像を抄録した『覚禅鈔(かくぜんしょう)』でも言及されている。牛頭の神農が牛頭天王と同一視されるのは自然な流れだったのだろうが、以前にも触れたように牛頭天王は素戔嗚尊(スサノオノミコト)の本地となったとされている。本地とは、外来の仏教神が日本の神の姿をとって降臨することだ。もう一つ張られた「結界」 宗教的な正否は別として、ここでポイントとなるのは信長の当時、「神農=牛頭天王=素戔嗚尊」という認識があったということだ。 八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治して、その体内から草薙剣(くさなぎのつるぎ)を得て、オロチの力をわが物としたスサノオ。 信長が龍・大蛇に傾倒する入り口となった神のもう一つの姿という神農が、三皇のトリを飾る。水を支配し、龍と大蛇に深い関わりを持つこの三皇が天主最上階の座敷、信長の居所を飾る世界。それは、東洋画古来の画題という以上に、信長の精神世界を表したものだったのだ。 それを守護するのが四方の内柱に描かれた上り龍、下り龍というわけなのだが、実はさらにもう一つ、信長の「結界」を守るものがあった。座敷の絵画の紹介が終わった後、『信長公記』はこう続ける。ひうち・ほうちゃく数十二つらせられ 「ほうちゃく」は「宝鐸」と書く。寺のお堂の軒下を見ると、よく四隅に吊ってある装飾用の鈴(風鈴)で、「風鐸(ふうたく)」とも呼ぶ。 信長がこれとセットで座敷の周囲に吊り下げた「ひうち」は、「火打鉄(ひうちがね)」だろう。火打鉄は、火打石に打ち付けて火花を発し種火をつけるための鉄鋼片だ。安土城跡の摠見寺三重塔=滋賀県近江八幡市(関厚夫撮影) 宝鐸は鈴(風鈴)と説明したが、風鈴である以上、内部には紐でぶら下がった「舌(ぜつ)」というパーツがある。それが風に揺られて外側の本体に当たり、音を発するわけだ。 この舌が、火打鉄と誤認されたケースが考古学の世界ではある。双方の形状が似ていたためだが、『信長公記』の場合はわざわざ宝鐸と舌を別々にカウントする必要もなく、また舌と火打鉄を混同することも考えられない。 まさに火打鉄そのものが、宝鐸とは別に吊り下げられていたのだろう。座敷の天井に宝鐸6個、火打鉄6個。安土城に示した信長の「宣言」 問題は、この火打鉄だ。火打鉄といえば、第1回で紹介した若き日の信長の姿がすぐに思い起こされる。ひうち袋、色々余多(あまた)付けさせられ(火打ち石の入った袋など色々身につけ)御腰のまはりには猿つかひの様に火燧袋・ひようたん七つ・八つ付けさせられ(腰のまわりに猿使いの様に火打ち石袋・7~8個の瓢箪を付けていた) という、燧袋(ひうちぶくろ)を腰から提げたスタイルだ。これが魔除けのアイテムだったことは第2回で説明した通りだ。 この燧袋の中には火打ち石だけでなく、火打鉄もセットで入っていたのだろう。天主最上階の座敷の天井から提げられた火打鉄も、魔除けの役割を与えられたのは間違いない。 天文22(1553)年から26年。信長は己が拠って立って来たものをこの天下布武の城に詰め込み、可視化したのだ。 足元を琵琶湖の内湖である大中湖(だいなかのこ。戦後の干拓事業により、現在は陸地となっている)が洗い、水上交通の安全を守り長寿をもたらす蛇石を運び上げ、山麓の石部神社、尾根続きの繖山(きぬがさやま)とともに龍の結界を張り、天主には龍と蛇、それに魔除けを仕込む。 龍と蛇、水のパワーを最大限に取り込んで、小牧山城を大きくしのぐ空前絶後の「磐座(いわくら)の城」は、信長自身が天主に入り、住まいとすることで名実ともに完成した。言わば、信長自身が彼の世界の最後のパーツだったのだ。 そしてこの城はまた、近い将来の日本統一を視野に入れた信長の、来るべき政権の在り方を表すものでもあった。本丸には天皇の清涼殿と将軍の御殿をしつらえ、公武の双方を天主の足元に見下ろす。それは、信長自身が天皇も将軍も超越した存在になろうという高らかな宣言だ。 その本丸から南西に延びる尾根上には、仏教寺院が建立された。摠見寺(そうけんじ)である。安土城跡にある摠見寺の二王門。楼門と門内の木造金剛二力士立像は重要文化財に指定されている(筆者撮影) 摠見寺の建築物は、近江各地から集められた「押収物」であったらしい。現存する三重塔は甲賀・石部の長寿寺から移築され、同じく二王門(仁王門)も甲賀の柏木神社から移されたものだ。「テーマパーク寺院」 前者については「天正年間、信長の甲賀攻めで寺水口の柏木神社の旧楼門が接収されて摠見寺に移築された」という社伝が残っている。甲賀衆が信長に敵対したのは、元亀元(1570)年5月19日の杉谷善住坊(ぜんじゅうぼう)による千草越での狙撃事件(失敗)、信長は出馬せず、柴田勝家と佐久間信盛が甲賀衆も加わった六角勢を撃破した同6月4日の野洲河原の戦いが最後であった。 それ以降は信長に協力しているから、天正年間に攻められて奪われたとするのは難しい。長寿寺と対を成していた常楽寺の三重塔は現在国宝指定されているくらいだから、長寿寺のそれも出来の良さを気に入った信長が普通に接収を申し渡したのだろう。 他の建造物は嘉永7(1854)年に火災で失われて石段と削平地が残るばかりだが、往時はこうしてあちらこちらから集められた名建築の寄せ集めだったのだろう。言うならば、近江の「ランドマーク」を一堂に集めた「テーマパーク」だ。 このテーマパーク寺院については後にその重要な役割が明らかになるのだが、ここでは安土城内にリアルな仏教施設が作られたということだけに注目しておこう。それは、天主5層目の八角構造の座敷の中に描かれた仏教をテーマとした世界が、6層目の三皇以下古代中国の神話世界の下に位置しているのに呼応する。 天主から見下ろされるという点では、清涼殿や将軍館と同じく仏教も信長の足元にひれ伏すべき存在と宣言されたことになる。逆に言えば、天主は中華世界を至高の存在と既定して、公家、武家、出家(仏教)から超越した信長自身の象徴でもあった。 さらに驚くべきことには、信長はこの天主内外の「信長ワールド」を安土山の外にも広げようとしていたらしい。『信長公記』は天主の描写を終えた後「抑(そもそ)も当城は」から始めて周囲の情景を描写している。その一節を抜き出してみよう。西より北は、湖水漫々として、舟の出入りみち/\て、遠浦帰帆(えんぽきはん)・漁村夕照 「遠浦帰帆」「漁村夕照」は既に出た天主1階の「遠寺晩鐘(えんじばんしょう)」と同じく「瀟湘(しょうしょう)八景」の画題だ。ということは、琵琶湖を湘江が流れ込む中国の洞庭湖(どうていこ)に見立て、水の神・湘君を降臨させようとの意図が隠されているのだろう。ここでも、天主内外の相似が隠されている。安土山から西の琵琶湖方面を望む。信長が居を構えた当時は足元に大中湖の水が満ち、山の南に入り江が回り込んでいた(筆者撮影) ちょっと待った、湘君を呼び寄せるのならば君山に相当する島が必要ではないか。「プリンセスの島」を意味する君山こそが、女神・湘君の拠る場所だからである。 そう思って『信長公記』を見ると、文章は「湖の中に竹生島(ちくぶじま)とて名高き嶋あり」と続いている。そう、安土山の真北の湖上に浮かぶ竹生島。水の神でもある弁才天を祀るこの島こそが、琵琶湖における君山だったのだ。

  • Thumbnail

    記事

    読んではいけない、トンデモ戦国歴史本はこうしてつくられる

    渡邊大門(歴史学者) 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言だけでなく、都道府県の移動自粛要請も解除され、日常が戻りつつある。だが、第2波の恐れもあるだけに、イベントなどの中止が相次ぎ、自宅にいることも多いだろう。せっかくなので、読者の皆さんには、ぜひこの機会に歴史の本をひも解いていただきたいと思う。 私は日本史(主に中世史)の本を書いたり、講演したりすることで生活の糧を得ているが、受講生(主にご老人)と接していつも気になることがある。 講演の終了後、ときどき聴講したご老人が声をかけてくださる。しかし、その手にはしっかりトンデモ戦国歴史本(以下「トンデモ本」と省略)が手に握られており、「先生!この本を読まれましたか!目から鱗です!勉強になりました!」と同意を求めてくる。私は顔面を硬直させて、「へえー!そうですか!」と言葉を濁しつつ、会場をあとにする。こういうことが、いったい何回あっただろうか…。 そもそもトンデモ本とは、いったいどんな本なのだろうか。私なりに定義すると、次のようになろう。①歴史研究を本格的にしたことがない人が書いた、戦国時代に関するデタラメな本②先行研究や史料に基づき実証的に書いていない、戦国時代に関するデタラメな本③根拠もないのに意図的におもしろおかしく書いた、戦国時代に関するデタラメな本 ただし、これでは説明が荒っぽいので、もう少し補足が必要だろう。順に説明することにしよう。 ①については、大学や大学院で歴史を勉強することが最もオーソドックスだが、なにも限定する必要はないだろう。大学や大学院で歴史を学ばずとも、独学あるいは私淑する歴史家から指導を受け、優れた研究業績を残した人は多い。したがって、学歴で判断するのではなく、正しい方法で歴史研究を行った経験があるかないかが問題となる。 ②は①と関連するが、歴史研究の方法を取得しているかが問題である。歴史研究の手法としては、少なくとも実証主義が求められる。実証主義では先行研究を整理してプライオリティーを確認し、自分が証明したいことを史料に拠って裏付ける。むろん、史料ならば何でもいいというわけではなく、用いる史料の批判を十分に行い、その史料が証拠としての価値を持つのか確認することが必要だ。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) つまり、歴史研究とは学歴を別として、少なくとも正しい研究方法を身に付けていることが指標となる。とはいえ、歴史研究は人間のすることなので、さまざまなミスが生じるのは仕方がない。一流と言われる歴史家でも、史料の誤読やケアレスミスなどをしてしまう。そういうミスは、トンデモ本ではないことを付記しておきたい。代表例は「本能寺の変」 一方で、「大学の先生が書いた本だから大丈夫だろう」というのは、早計に過ぎる。一部の大学の先生は、先行研究の確認や史料に拠って裏付ける作業を放擲(ほうてき)し、実証主義と決別した方もいる。当然、書かれた本の中身は、まったく信用に値しないが、「大学の先生が書いた本だから」という理由だけで、広く読まれているトンデモ本もめずらしくない。 ③は①と②と深く関係しており、正しい歴史研究の方法を身に付けていない人が、先行研究も史料もろくに確認をせず、意図的にデタラメなことを書いた本である。もはや小説なのか、なんなのか分からない。③はかなり極端な例で、実際にはさまざまなパターンがあるので、追々紹介していくことにしよう。 そもそも歴史研究の現場では、泉が湧くように「あっ!」と驚くような新説が次々と発見されるわけではない。また、新しい史料が発見されることで、「あっ!」と驚くような事実が判明することは少ない。これまでの通説がひっくり返ることなどは、そう多くはないといえる。 もちろん、これまでの研究を前進させることはあるが、それは少し前に進んだ程度にすぎないことが多い。せっかく新説や新史料が公表されても、史料の解釈や位置付けをめぐって論争になったりして、なかなか確定しないこともめずらしくないのである。そういうプロセスを経て、新説は定説として定着する。 歴史研究のトレーニングを積んだことのない人が、「新説だ!」と言って次々と目新しい説を連発できるはずがない。そもそも学界で精査されたわけではないのだ。常識で考えれば分かるはずである。 ついでに申し上げると、トンデモ戦国研究家の中には「歴史家は根拠となる史料がないと口を閉ざすが、私は史料がなくても極限まで考え抜いて…」などと発言する向きもあるが、実におかしな話である。簡単に言えば、裏付けとなる証拠の史料がないのに、なぜ史実を確定できるのかという話である。 警察官が犯人を逮捕する場合、「動かぬ証拠」が必要だろう。たとえば、スーパーで万引き犯を捕まえるときは、犯人が盗品を持っていたり、防犯カメラに犯行の模様が映っていたり、目撃者が複数いるなど、さまざまな証拠が必要なはずだ。証拠もないのにいきなりある人を捕まえて、「お前は目つきが悪いから、きっと犯人だ!」などと決めつけることなどあろうはずがない。 証拠のない説の代表としては、「本能寺の変」の黒幕が南欧勢力だったという説がある。それは、ポルトガルがイエズス会を窓口にして、織田信長に武器を供給していたが、やがてコントロールが効かなくなったので、明智光秀に命じて殺させたという説である。しかし、南欧黒幕説を裏付ける史料は皆無である。現在の本能寺。信長時代とは場所が異なる では、なぜ史料がないのに、南欧黒幕説を提起できるのか。この説を提唱した方は、「関係する史料は機密情報で、秘中の秘だった。だから、現存していない」という趣旨のことを述べている。これでは、まったく理由にならず、ご都合主義だと言われても仕方がないだろう。二次資料では意味がない あるいは、織田信長がキリスト教を保護したのは、南蛮貿易で利益を上げていたからだという説がある。当該分野の専門家に話をうかがうと、「聞いたことがない」という。私も聞いたことがない。実は、提唱者も裏付ける史料がないことを認めていて、理由は「大友宗麟がそうだったから」だという。困った話である。 たとえば、ある高校の野球部の部員の何人かがタバコを吸って、捕まったとしよう。しかし、野球部の部員全員がタバコを吸っていたとは言えない。「何人かの部員がタバコを吸っていたのだから、部員全員がタバコを吸っていたはず」とはならないはずだ。きちんと調査をして、喫煙の有無を確定する必要があるのは言うまでもない。 このようにトンデモ戦国史研究家は、何の根拠もないのに思い込みと妄想だけで新説を提唱することは決してめずらしくないから、注意が必要である。 ここまで述べたように、根拠となる史料もないのに「新説だ!」と大騒ぎするのは、デタラメとしか言いようがない。しかし、ときにトンデモ戦国史研究家は史料を提示することがある。それが二次史料である。では、二次史料とは何なのか? 史料には大別すると、一次史料と二次史料がある。一次史料は、同時代に発給された書状などを意味する。たとえば、博物館に織田信長の朱印が押された手紙が展示されることがあるが、具体的にはそういうものを指す。現代で言えば、市長などが公印を押した文書などが該当するだろう。 一方の二次史料は、後世になって作成された軍記物語、家譜などを指す。織田信長の伝記史料の『信長公記』のような良質なものもあるが、そうでないものの方が多い。家譜などは家の顕彰が目的で作成されるので、よいことしか書かない。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) ほかにも、根拠がない単なる武将の逸話集もある。幕末に作成された『名将言行録』は、小説や映画などの格好のネタ集であるが、ほぼ根拠がない逸話にすぎない。一般的に二次史料は、信頼度が落ちるのだ。 結局、史料と一口に行ってもさまざまで、信頼度の低い二次史料を使ったところで意味がない。多くのトンデモ本は、何の疑いもなく二次史料を用いていることが多いが、普通の人はそこまで分からないのが実情だろう。 加えて言うと、二次史料の史料批判は難しい。とりあえず「名家に伝わるから」「成立年が早いから」なという人もいるが、その史料が良質であることを必ずしも意味しない。そもそも二次史料には編纂の目的があり、先祖を顕彰しがちである。成立年が早くても、デタラメを書いている史料はいくらでもある。名家に伝わろうが、成立年が早かろうが、ダメな二次史料はダメである。巧妙なトリック なぜ、二次史料を使いたがるのか。これはトンデモ本を書く人だけでなく、そこそこの研究業績を残した歴史家でも使いがちである。 小瀬甫庵が書いた『信長記』という織田信長の一代記がある。『信長記』は良質と評価される太田牛一の『信長公記』を下敷きにしているが、内容は脚色やデタラメな記事も少なからずあり、似ても似つかぬ愚劣な編纂物である。普通は歴史研究で使わない。 ところが、自説が有利になるなら、話は別である。そこそこの歴史家でも「この史料は質が低いと評価されているが、この部分だけは真実を書いているのはないか」「誠に興味深い記事であり、捨てるには忍び難いところがある」などと安易に認めてしまう。なぜそうなってしまうのか、私にはさっぱり理解できない。 仮に、一次史料を読むにしても、これは敷居が高い。戦国時代の書状などは漢文で書かれており、慣れないとかなり難解で文意を取りづらい。言葉も現代で使わないものも多く、意味が分かりづらいものもめずらしくない。主語がなかったりは当たり前で、内容も抽象的だ。読みこなすのは大変なのである。トンデモ戦国史研究家は、漢文を読まないし、そもそも読めない。 また、トンデモ本を書く人の巧妙なトリックとしては、史料に書いていないことを「書いてある」といい、史料から読み取れないことを「読み取れる」とすることだ。これは誤読以前の問題であるが、やはり一般の人には分からない。 最近のトンデモ本の場合は、ほかにも手口がある。最近は現代語訳した史料もあるので、そういうものを活用して「史料に独自の解釈を施した」と豪語する。常識的に考えると、「独自」もへったくれもない。史料は、書いてあることをそのまま素直に読まなくてはならないのだ。裏の裏をかいて珍妙な解釈をすることなど、言語道断である。「雲烟林」に収められている織田信長の書状(右)と、豊臣秀吉の書状(左上)など=2020年3月、東京都千代田区 トンデモ本は、論法も独特である。歴史はおおむね結果が分かっているが、それを逆手にとって珍説を披露する。「大胆な仮説」と「論理の飛躍」は、常にセットである。 天正10(1582)年6月の本能寺の変は、その好例だ。そこで、トンデモ戦国研究家は「大胆な仮説」と称して「トンデモ説」の結論をあらかじめ設定し、あらゆる現象を自身の「トンデモ説」の結論に結びつけて考える。むろん、信頼度の落ちる二次史料も平気で組み込んでいく。 たとえば、「豊臣秀吉が黒幕だ」と「大胆な仮説」いや「トンデモ説」を設定したら、あらゆる出来事を秀吉が黒幕であるとの結論に結び付けて論を進めていく。口がうまい人もいるので、読者は矛盾や「論理の飛躍」に気付かず、コロリと騙される。デタラメだけに面白い つまり、トンデモ本の特長は、①史料の性質を理解せず、②しかも満足に史料が読めず、③そのうえ自分の都合のよいように史料を勝手に解釈し、④最初に結論ありきでデタラメな説(結論)をあらかじめ「大胆な仮説」として設定し、⑤自説に合わせて矛盾や論理の飛躍を重ねたものといえよう。最初からデタラメなのだ。 では、なぜ専門家でなくても、トンデモ本は書けるのか。最大の理由は、歴史は敷居が低く馴染みやすいからだろう。たとえば、皆さんの周囲に「歴史好き」という人は少なからずいると思う。しかし、「物理が好きだ」という人は圧倒的に少ないはずだ。つまり、歴史というのは非常に馴染みやすく、本を読めばおおむね理解できる。 おまけに本能寺の変のように、今残っている一次史料から光秀が信長を襲撃した動機を探ることが困難な場合、彼らが言うところの「想像の翼を広げて」推理をすることができる。史料は読めなくてもOKだ。しかも、その推理はデタラメであればあるほどおもしろく、人々が飛びつく。最初からデタラメだと気付いていて、それを楽しむなら話は別だが。心の底から信じていたら、誠に不幸である。 そうなると、読者は歴史家が黙っているはずがない、反論あるいは批判して然るべきだろうと思うはずだ。しかし、それは難しい問題である。 第一に、トンデモ本を読もうとする気が起こらない。自分の勉強にもならないし、はっきり言って時間の無駄である。 第二に、トンデモ本を批判するのは、「労多くして益少なし」いや「労多くして益なし」である。本来、研究上での論争は、一歩でも真理に近づこうとする営みである。論争を通して真理に近づくなら、当該研究に貢献したことになる。しかし、トンデモ本を批判しても、間違いを一方的に指摘するだけでオシマイである。真理に近づくわけではない。 第三に、仮にトンデモ本を批判しても、本を書いた相手には伝わらない。そもそも歴史研究の手法をマスターしておらず、史料も読めないのだから、批判してもまったく意味がないのである。議論は常に平行線で、何ら理解されることはない。結局、批判は徒労に終わる。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) いずれにしても、トンデモ本は読まない方がいいだろう。教科書や通史の類は劇的なことが書かれておらず、つまらないかもしれないが、まずは読んでみることだ。

  • Thumbnail

    記事

    変わる価値観、コロナ不安で人々が見るナショナリズムの奇妙な夢

    うな自由と民主主義の国となったのは、敗戦によってアメリカに与えられたもの」という理解は、事あるごとに歴史認識で見解をぶつけ合う左右両派でも異論はないはずである。 シュミットは、原初的で無秩序な例外状態から独裁的な権力が「決断」をして法が成立すると考えた。戦後日本にとって、この独裁的な権力とはアメリカであった。 そこでは、過去の戦争体験は破棄すべき思想とされた。一方で韓国や台湾には、現在でも身近に迫る「分断国家」の危機を背景に、国民に広く同意されたナショナリズムがある。ナショナリズムの夢 最近、世界では「アフターコロナ」という今後の政治や経済の変動が予測されているが、間違いなく行き過ぎた「新自由主義」的な価値観が是正されるだろう。日本では小泉政権から急加速した「市場に委ねることが善であり万能である」という価値観が、時に悲劇を招くのはもう誰が言わなくとも分かることだ。 無駄と言われ、病床や保健所を削減されてきた現在の医療現場の現状が全てを語っている。今後間違いなく、社会民主主義的な価値観が再び浮上するに違いない。 それと同時に、日本でも「韓国や台湾のようなリベラルなナショナリズムにたどり着くには、どのようにしたらよいか」という命題が問われることになる。特に、これは日本のリベラルの課題であろう。 ともすれば、偏狭さと排外性に堕したナショナリズムの「悪の面」に、どう世界が触れていくかは、予想が難しい。 伝染病は国境をいくら厳格に管理してもやってくる。だからこそ、未開社会の部族は伝染病を恐れ、部族間の交流を拒否し孤立して生きている。 だが、伝染病の猛威から隔絶されてきたアメリカ大陸の文明や原住民たちは、むしろそれがために滅亡していった。猛威を振るう天然痘やペスト、インフルエンザなどの疫病に対する免疫をもっていたスペイン人は、伝染病にかからないということが軍事力以上に決定的な優位性であったのだ。 「無菌の世界を想定することは、危険思想であると同時に愚人の戯言(たわごと)だ」とは、フランス出身の細菌学者であるルネ・デュポスの言葉である。人間が生物である以上、その食物連鎖のエコシステムから逃れることはできない。 この新型コロナウイルスをきっかけに、グローバルな存在である伝染病に対抗するためナショナリズムの在り方に再考のときが訪れているように思える。私たちは、むしろナショナリズムの向こうに、今一度「国際協調」と「万民の平和」を構想できないだろうか。※写真はイメージ(GettyImages) もしそうしなければ、人類はこの古くて新しい敵には勝つことができないであろう。 イマヌエル・カントは「永遠の平和というものを構想するとすれば、国家が廃絶して世界共和国のようなものができるよりも先に、まずは個別の国家を最善に近づけることが現実的には必要だ」と説いた。まずもって純粋実践理性の国とその正義を求めて努力せよ。そうすれば汝(なんじ)の目的はおのずからかなえられるであろう。『永遠平和のために』 なおシュミットはカントの批判者である。カントの平和主義的リベラルを偽善的として退け、政治とは「敵と味方」が発生することから始まるとした。しかしそれならば、伝染病を世界の新たな共通の敵として位置づけることはできないか。 私は最近、そのような奇妙なナショナリズムを夢見ている。みなさんは果たして、どのような夢を見るだろうか。

  • Thumbnail

    記事

    「本能寺」直前、明智光秀の発句は信長殺しの決意だったのか

    渡邊大門(歴史学者) 新型コロナウイルス禍が止まらない。当方も講演会が消滅し、窮地に立たされている。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の方も撮影が延期になり、せっかくの盛り上がりに水を差すような状況だ。一刻も早く終息し、通常の生活に戻ってほしい。私も講演が再開されたら、光秀にまつわるトンデモ学説を打倒したいと思う。 光秀のトンデモ説の一つには、『愛宕百韻』(あたごひゃくいん)の発句「ときは今 あめが下知る 五月哉」がある。抽象的な内容だけに、後世になって都合のよいように解釈がねじ曲げられた。中には、常識的に考えても首を傾げざるを得ない解釈すらある。光秀の発句は、いったいどのように解釈したらよいのだろうか。 『愛宕百韻』は、天正10(1582)年5月28日(諸説あり)に愛宕山威徳院(京都市右京区)で興行された。 このとき、光秀は連歌で名高い里村紹巴(じょうは)、里村昌叱(しょうしつ)、猪苗代兼如、里村心前、宥源、威徳院行祐らに交じって、先に記した「ときは今 あめが下知る 五月哉」という発句を詠んだ。 この発句は「とき=土岐」と解釈され、土岐氏の支族である明智氏が「あめが下」つまり天下を獲ることを織り込んでいると解釈されてきた。本能寺の変が勃発したのは、同年6月2日のことなので、数日前に意思表示をしていたとされた。 この解釈は、当時の人々も受け入れていたようだ。豊臣秀吉の御伽衆・大村由己(ゆうこ)の『惟任謀叛記』には、光秀が5月28日に「ときは今 あめが下知る 五月哉」という発句を詠んだことを記し、「今になって考えてみると、これ(光秀の発句)は誠に謀反の前触れであった。いったいどれだけの人が、このことを理解していたのだろうか」と感想を漏らしている。おそらく「あめが知る」を普通に「天下を獲る=信長への謀反」と捉えたのだろう。 『愛宕百韻』は原本が残っておらず、写本しか伝わっていない。開催された日はもちろんのこと、光秀の発句の文言にも異同があり、「時は今 天下(あめがした)なる 五月かな」となっている。「天下なる」では、光秀が天下獲りを目論んだことを証明したことにはならないだろう。 しかし、仮に「ときは今 天が下しる 五月哉」であったとしても、それは光秀による天下獲りの意思表明ではなく、毛利氏を征伐して天下を治めるという連歌研究者の考え方がある。また、連歌師と武将の関係はあくまで文芸の枠組みだけであり、公私にわたる濃密な関係ではないという指摘もある。 そのうえで、紹巴が天正6年に羽柴(豊臣)秀吉の西国出陣の戦勝を祈願し、「羽柴千句」を張行したことを挙げ、あえて光秀が紹巴の前で謀反を吐露しないと考えるのが常識という。つまり、謀反の情報が秀吉に流れることを危惧していたのだ。豊臣秀吉木像(大阪城天守閣蔵) 光秀の発句については、湯浅常山の『常山紀談』(明和7〈1770〉年頃成立)に有名な逸話が残っている。 本能寺の変後、秀吉は『愛宕百韻』に参加した紹巴を呼び出し、光秀の発句の意図について知っていたのではないかと詰問した。紹巴は慌てて、「光秀の発句は「天が下知る」ではなく、「天が下なる」だったはず」と弁解した。「天が下なる」ならば、単に五月雨が空の下に降っているだけの意味なので、光秀の天下獲りの意思には解せない。「天下獲り」の意志はなし? ところが、秀吉は紹巴の説明に納得せず、『愛宕百韻』の懐紙を取り寄せて確認した。すると、懐紙には「天が下なる」でなく、「天が下知る」と書いてあった。驚いた紹巴は秀吉によく見てほしいと懇願し、自分が知らないところで、「天が下なる」の部分が「天が下知る」に訂正されたと主張した。秀吉は紹巴の説明に納得し、紹巴を許したという。 この話には、続きがある。実は、もともと「天が下知る」と書いていたのだが、光秀が討たれたのち、紹巴が西坊と秘かに結託して「天が下知る」の部分を削り、また同じ「天が下知る」と書いた。つまり、最初から「天が下知る」と書いていたが、わざわざその部分を削ることによって、あたかも訂正したかのように見せかけたというのだ。 『常山紀談』は、戦国の世を生きた武将の逸話集に過ぎず、明確な根拠に基づいて書いたものではない。この逸話に関しても裏付け史料があるわけではなく、史実か否かは不明である。ただ、「天が下なる」であれ、「天が下知る」であれ、連歌研究者は光秀の天下獲りの意思表明と考えていないのは、先述の通りである。 光秀の発句に独自の解釈を施した作家、津田三郎氏は、この発句に中国や日本の古典の知識がいかんなく発揮されているとし、光秀が朝廷の意向を受けた源氏(=光秀。土岐氏は清和源氏)が平氏(=信長)を討つことを表明したと指摘する。 たとえば、「ときは今…」の箇所は、諸葛亮(孔明)の『出師表』(出陣に際して将軍が志を上表する文)の「今は…危急存亡の秋(とき)なり」を踏まえており、『太平記』の土岐頼貞の挙兵した記事を挙げ、「とき(時)」に「土岐」が掛詞として重ねられていることは首肯できるとする。ただし、この連載でも以前触れた通り、光秀が土岐氏の流れを汲むという説には、明確な根拠がなく疑問が残る。 さらに「天が下しる(知る、治る)」に「天下を治める」という語義を認めながらも、主語は「土岐」でなく「天皇」と主張する。理由は、「中世には天皇を指して、『治天の君』といった」からであるという。津田氏は天皇を「天が下しる(知る、治る)」の主語とする理由について、下句の「五月哉」を踏まえて、次の通り主張する。①源頼政が以仁(もちひと)王を奉じて挙兵したのは、5月である(『平家物語』)②足利高氏(尊氏)、新田義貞が挙兵して北条氏を滅ぼしたのは、5月である(『太平記』) 古典に通じた光秀は、それらの流れを想起し、自身も源氏の末裔(まつえい)として「横暴」な平氏(織田信長)を討とうとした。それは、幕末に討幕を掲げた長州藩の人々が、楠木正成の討幕活動になぞらえて「正成をする」と称したように、さしづめ光秀は「高氏をした」ことになると解釈する。つまり、「五月」というタイミングは、先人に倣(なら)ったということになろう。こうして津田氏は、「五月哉」に重い意味があると考える。 一見すると説得力があるが、こじつけと考えざるを得ない。光秀には連歌の素養があったし、『源氏物語』に親しんでいたことは明らかである。しかし、中国の古典はもとより、『平家物語』や『太平記』を細部にわたって覚えていたのかは、別途証明が必要であろう。ましてや、信長を討つという難題について、古典になぞらえて決意をしたというのも不可解な解釈である。タイミングは、政治情勢を見極めたうえでのことだろう。清洲公園にある信長像=愛知県清須市 津田氏の解釈は、付句の「水上まさる 庭の夏山」にも及ぶ。付句の解釈は、『平家物語』の「橋合戦」を踏まえた句であるという。先述した頼政は、平家方の上総介忠清と宇治川を挟んで戦いに及んだ。忠清は頼政の善戦に焦りつつも川を渡る際に、「いまは河をわたすべく候が、おりふし五月雨のころで、水まさッて候」と述べた。こじつけは可能 現代語訳すれば、「今、川を渡ろうとしたのだが、おりふし五月雨の頃なので、川が増水している(ので渡河できない)」という意になろう。そして、上総介忠清の本姓は「藤原」で、「上総介」も信長の官途だった。こうした点から、付句の「水上まさる 庭の夏山」を評価する。 三句目の紹巴の「花落つる 流れの末を せき止めて」は、『源氏物語』の「花散里」が原型になっているという。光源氏は、政敵の右大臣と娘によって官位を剥奪され、都から追放された。光源氏は失脚を予見して、愛人の花散里のもとに別れを告げるために訪れる。それが五月雨のときだった。 また、津田氏は右大臣が信長の官職だったことにも注目すべきという。光源氏の危機は王権の危機であり、それを今の朝廷の危機になぞらえたとし、紹巴は朝廷から光秀のもとに送り込まれたと述べる。 それは、同じく紹巴の「一筋白し 月の川水」という句でも裏付けられると指摘する。中国の伝説によると、月には桂の大樹があり、その根元から清流が湧いて川になるといわれ、王朝の和歌でも好まれたという。 津田氏は「月の川水」こそが、光秀が渡河した「桂川」であることが決定的であると論じる。つまり、紹巴は光秀に対し、桂川を渡って、京都攻めを促しているというのである。それは、朝廷の使者として信長討ちを促したということになろう。 しかし、連歌は場の文学である。連衆が心を合わせて、一つの作品を作らなくてはならない。その場で、一瞬のうちに古典のさまざまな場面が脳裏を駆け巡り、そうした意思表明ができるのか。極めて疑問である。結論から言うと、この段階で光秀が信長討伐を意識していたかどうかは別として、わざわざそのようなことを連歌会で表明しないだろう。 いずれにしても、津田氏の解釈は思い込みによる部分や無理をして数々の古典から解釈を導き出している点が多々あり、にわかに賛同することはできない。光秀の発句に織り込まれた語句を古典に求めるならば、同じ語句を用いたものはたくさんあり、いくらでもこじつけることが可能だからである。 根本的なことを言えば、津田氏が支持する「朝廷黒幕説」は、すでに成り立たないことが明らかとなっている。むしろ、津田氏は「朝廷黒幕説」を成り立たせるため、『愛宕百韻』を主張したことにならないだろうか。愛宕神社の石段=京都市右京区. また、『愛宕百韻』について、ユニークな解釈を示したのが、作家で歴史研究家の明智憲三郎氏である。明智氏の主張の一つには、光秀の出自とされる土岐氏の再興がある。長らく、光秀は土岐明智氏の流れを汲むといわれてきたが、それは繰り返しになるが立証が困難である。「信長討伐」予告は不自然 光秀の出自が土岐明智氏でないとするならば、明智氏が提示した『愛宕百韻』の解釈にも疑問が生じよう。改めて『愛宕百韻』の冒頭の三句は、以下の通りである。 発句 ときは今 あめが下なる 五月かな(光秀) 脇句 水上まさる 庭の夏山(行祐) 第三 花落つる 池の流を せきとめて(紹巴) 上の3句は、一般的に次のように解されている。発句 時は今、雨の下にいる五月だ脇句 折しも五月雨が降りしきり、川上から流れてくる水音が高く聞こえる夏の築山第三 花が散っている池の流れを堰き止めて しかし、明智氏は土岐氏の歴史の理解を前提として、次のように読めるという。発句 時は今、五月雨にたたかれているような苦境にある五月である(6月になれば、この苦境から脱したいという祈願)脇句 土岐氏の先祖(水上)よりも勢いの盛んな(夏山のような)光秀様(そうであるから祈願は叶うという激励)第三 美濃守護職を失った(花落つる)池田氏の系統(池の流れ)をせきとめて(明智氏が代わって土岐氏棟梁を引き継げばよいという激励) こう解釈したうえで、『愛宕百韻』が毛利氏討伐の出陣連歌であると同時に、土岐氏の栄枯盛衰を重ねたもので、土岐氏再興への激励でもあったという。本能寺の変における光秀の動機の一つとして、明智氏は土岐氏の再興を挙げている。つまり、『愛宕百韻』とは、光秀による信長討伐の意思表明であり、紹巴らはそれを激励したということになろう。 光秀の出自が土岐明智氏であるか否かを差し置いたとしても、この解釈には疑問が残る。そもそも連歌の読み方で、それぞれの句に暗号のようなメッセージを託すようなことがあったのだろうか。いずれの解釈とも、それぞれの語句に強引に自説の解釈を当てはめただけで、とても納得できるようなものではない。 加えて言うならば、紹巴らが光秀を激励することについて、何かメリットがあったのかという疑問だ。紹巴は光秀と昵懇(じっこん)であったに違いないが、秀吉らほかの武将とも連歌を通じて、親しく交流していた。 連歌師は生活を支えるため、多くの武将と交わったが、それはあくまで連歌という文芸の場に限られた。ましてや、紹巴が秀吉らほかの武将に通報する可能性もあるのだから、光秀が不注意にも自らの謀反を予告することはないだろう。 先述の通り、連歌とは一座した作者たちが共同で制作する座の文芸である。それは、句と句の付け方や場面の展開のおもしろさ(付合)を味わうことにあり、暗号のようなものを託して詠むものではないだろう。そうなると、平凡ではあるかもしれないが、連歌研究者による通説の解釈に従うべきだろう。 結論を言えば、『愛宕百韻』の光秀の発句については、次のように考えるべきだ。 ①光秀が愛宕山に参詣した理由は、愛宕山にまつられている勝軍地蔵菩薩に毛利征伐の無事遂行を祈願するためである。 ②その翌日に行われたのが、戦勝祈願の一環の『愛宕百韻』である。 ③当然、発句を詠むのは総大将の光秀であり、毛利を征伐すれば、天下が治まるという趣旨を詠まなくてはならない。 ④「天が下知る」とは毛利征伐で天下を治める意であり、「ときは今」はこの一戦に賭けるという光秀の祈願成就の意気込みである。坂本城跡に建つ明智光秀像=大津市 史料の裏の裏を読み、新たな解釈を示した例は、『愛宕百韻』にもたくさんある。史料の読み方を追究することは大切だが、無理をして読んでも仕方ない。そこから導き出された読みが平凡であっても、それが正しいのならば、よしとしなくてはならないと考える。 結局、『愛宕百韻』の解釈をめぐっては、まず自説ありきで話が進められ、そこに向かって発句などが解釈される。歴史研究では、最もまずいパターンである。いずれにしても『愛宕百韻』の解釈は、まず自説から切り離し、改めて虚心坦懐に読解を進める必要がある。※主要参考文献明智憲三郎『本能寺の変 四三一年目の真実』(文芸社文庫)島津忠夫校注『新潮日本古典集成 連歌集(第三三回)』(新潮社)田中隆裕「愛宕百韻は本当に「光秀の暗号」か? ―連歌に透ける光秀の腹のうち―」(『歴史読本』45-12)津田勇「〔コラム〕『愛宕百韻』を読む ―本能寺の変をめぐって―」(安部龍太郎ほか編『真説 本能寺の変』集英社。廣木一人「連歌の方法 ―「愛宕百韻」を手がかりに―」(同『連歌の心と会席』風間書房)渡邊大門『明智光秀と本能寺の変』(ちくま新書)渡邊大門『光秀と信長 本能寺の変に黒幕はいたのか』(草思社文庫)渡邊大門『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)

  • Thumbnail

    記事

    100年前「防疫先進国」に後藤新平が導いた日台の明暗

    物館で後藤の顔写真や銅像と共に、これらの功績を容易に知ることができるし、一般の書店には並べられている歴史書等の記述にもお目にかかることができる。 ひるがえって、感染が拡大している新型コロナウイルスへの対策は世界中で急務だ。中でも、台湾が実施した中国に対する入境禁止やクルーズ船の寄港禁止といった水際対策、学校の休校措置のような国内の蔓延対策が早かったこと、マスクの流通管理などIT活用をはじめとした情報管理の優秀さが、日本でも報じられている。各国政府の対策を評価するのは尚早だが、台湾の防疫政策が進化していることだけは間違いない。 後藤の防疫対策は、初期における防疫対策としての水際作戦、そしてその前段階におけるインフラ整備の両面において優れていて、今日の防疫対策の基本を押さえているといってよい。 これに対して、日本では、感染が蔓延している地域からの入国を本格的に制限する措置が3月に入ってからと大幅に遅れてしまった。他にも、陽性・陰性を判定する検査態勢整備の遅れ、感染症指定医療機関の病床確保の遅れ、さらにはマスクや消毒用アルコールなどの買い占め対策の遅れなど後手に回った感が否めない。このような現状に接すると、100年以上前の日本の防疫対策に比べて退歩している印象が強い。長野県松本市の松商学園高校で発見された後藤新平直筆の扁額 防疫対策は、一般的に政治家には向いていない。国民に不人気な対策や、他国に厳しく外交上マイナスに働く対策が中心を占めるからである。今からでも遅くない。現場を知る専門家と実務家を登用し、判断・実施させ、責任は政治家がとるといった姿勢を明確にした方がいい。危機管理に必要な「謙虚」 今は、水際作戦よりもウイルスの感染拡大を防ぐ封じ込め作戦の成否が鍵となる。防疫は、病気治療や公衆衛生の範囲を超えて、国家的危機管理の範疇である。このままでは、生活も経済も政治も「一時停止」しかねない。 2001年の米同時多発テロでは、ニューヨークの世界貿易センター(WTC)ビルがハイジャック機2機の衝突で崩壊したが、ビルの地下にある駅は犠牲者を出さなかった。何かあったときには駅にいる人を避難させて無人にするというシンプルなマニュアルが早期に発動されたからである。想定外の事態に陥ったとき、人々をいかに安全な場所に避難させるかが危機管理の基本である。 世の中では、想定を超える事象や自然の猛威に対し、われわれの文明はまだ不十分なものであるという認識のもと、危機管理という方法が発達した。危機管理では、「実社会では予測しづらい事故や事件が発生する」という謙虚な姿勢が前提にある。だから、それに備えるため、過去の失敗を教訓として蓄積するところから出発する。この原点に返ることが大切だと思う。 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜に入港したとき、かつて東京都副知事として危機管理を担当した私がイメージした感染対策は次の通りだ。まず、自衛隊が埠頭にテントを張り、そこを専門家や実務家の防疫拠点とする。 そして、船内の乗客乗員を分類し、一定の人をテントに隔離したり、各地の隔離可能な施設や感染症対策病棟を有する病院に搬送するといったプロジェクトがスタートする。このような場合に対応するためのテントや防護服などの資材は、自衛隊や大規模自治体に相当程度の備蓄があったはずだ。 マスクについても、国が買い上げてどこかに配布するという報道があったが、いまさら買い上げても、流通に支障が出るだけだ。自治体によっては、相当大量の備蓄があることも、一方では報じられている。横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に横付けされたバス。防護服姿の人が見える=2020年2月22日 国に備蓄がなかったとすれば、そもそもパンデミック(大規模感染)に対する危機感が欠如している。政府と関係者は100年以上前の日本の為政者に学ぶ必要がある。

  • Thumbnail

    記事

    「信長殺し」後の明智光秀、家康側近「天海」説はなぜ流布した?

    渡邊大門(歴史学者) それにしても、新型コロナウイルスには困ってしまった。個人的には、3月に予定していた大学や自治体が主催する講演会がすべてキャンセルになってしまった。大弱りだ。もちろん、大河ドラマの関係で観光客を呼び込もうとしていた、明智光秀ゆかりの地の皆さんもお困りだろう。観光客が来ないと死活問題である。 新型コロナウイルスの一刻も早い終息を願うばかりであるが、講演などの依頼も大歓迎なので、ぜひ声をかけていただけるとありがたい限りだ。 ところで、大河ドラマが近づくと、明智光秀にまつわるさまざまな珍説、奇説が突如としてクローズアップされることは、本連載でもたびたび触れてきた。それだけでなく、根拠不詳な「光秀ゆかりの地」なるものも次々と現れる。 それらの根拠は、当時の一次史料(古文書や古記録)に記されているものではなく、二次史料(のちになって編纂された史料。地誌、軍記物語、系図など)や伝承の類であることが大半だ。二次史料単独の記述や伝承はアテにならないことが多く、検証が不可能である。おおむね「眉唾(まゆつば)もの」と考えてよいだろう。 しかし、そういう「眉唾もの」の話であっても、気が付くと大学教授や教育委員会職員、博物館学芸員の「お墨付き」をもらって、「本当」になってしまうことも珍しくない。それを聞いた住民の中には、心の底から信じてしまうことも! そうなると悲劇だ。 二次史料や伝承がダメだとは言わない。それがたとえ「ウソ」であっても、なぜそういうことが語り継がれたのかを考えるのは重要だ。光秀ゆかりの地に住む皆さんには、ウソか本当かをよく知ったうえで、後世に語り継ぐことを切にお願いしたい。 以下、そうした光秀にまつわる「アテにならない」伝承問題を考えてみよう。 京都府福知山市には「明智藪」(あけちやぶ)なるものがあり、よく知られている。光秀の終焉地とは、まったくの別物だ。天正7(1579)年に丹波を平定した光秀は、福知山城を築城した。その際、たびたび氾濫を起こした由良川と土師川の合流地点で治水工事を行い、「明智藪」という堤防を作ったというのだ。福知山城天守閣=京都府福知山市 「明智藪」は音無瀬橋のやや上流にある雑木林に築かれたが、戦後の堤防改修工事によって、今では北端部分だけしか残っていない。この堤防によって、由良川、土師川の氾濫が収まった。光秀は福知山城下を整備し、税の免除なども行ったので「名君」と称えられるが、そこには「明智藪」の業績も含まれている。 しかし、実際には江戸時代から明治・大正時代にかけて、その堤防は「蛇ケ端御藪」(じゃがはなおやぶ)と呼ばれていた。では、光秀が本当に堤防を築いたのだろうか? 光秀が堤防を築いた根拠は、寛政年間に福知山藩の古川茂正と篠山藩の永戸貞が編纂した『丹波志』だ。同書は光秀が没してから、約100年後に成立した編纂物である。 とはいえ、『丹波志』には「明智藪」とは書かれていない。おまけに、光秀が堤防を築いたことを示す一次史料はない。「明智藪」と書いているのは、昭和59(1984)年に刊行された『福知山市史』第3巻だ。以降、地元の人は「明智藪」と呼ぶようになったという。 つまり、「明智藪」には明確な史料的根拠がないのだ。しかし、私は別に目くじらを立てて怒っているわけではない。「明智藪」には「明確な史料的根拠がない」という認識のうえで、顕彰活動を行ってほしいと思うだけである。 ほかにも、光秀にまつわる妙な伝承がある。光秀はその後生き延びた? 明智光秀は本能寺の変から11日後の天正10(1582)年6月13日、土民によって討たれた。わずか11日で討たれたので、光秀は「三日天下」などと揶揄(やゆ)された。光秀の首が晒(さら)し首にされ、今も各地に墓や供養塔が残っている。光秀が亡くなったことは、当時の公家日記にも書かれており、動かしがたい事実である。 ところが、実は光秀は殺されることなく生き延び、何と徳川家康の側近として活躍した天台宗の僧侶「天海」になったという説がある。この説は、すでに大正5(1916)年の須藤光輝著『大僧正天海』(冨山房)で指摘されていたが、長らく取り沙汰されることはなかった。 須藤氏の研究によると、「光秀が天海となり、豊臣氏を滅ぼして恨みを晴らした」という「奇説」を唱える者がいる、と記されている。つまり、いつの頃からか、光秀は天海になったと言われ、大正期には一部で広まっていたようだ。 一見するとバカバカしい話ではあるが、以前からテレビなどで取り上げられ、俄然注目されている。これは、史実として認めてよいのだろうか。 天海の生年は天文5(1536)年説が有力で、亡くなったのは寛永20(1643)年と100歳を超える長命であった。ちなみに光秀の生年は享禄元(1526)年など諸説あるが、十数歳ほどの開きがある。同時代の人物といえば、たしかにそうかもしれない。 では、なぜ光秀=天海説が唱えられたのであろうか。いくつか根拠となる説を取り上げて、考えることにしよう。 そもそも、光秀は本能寺の変の後、死ななかったという言い伝えが残っている。たとえば、宇治市の専修院と神明神社には、山崎の戦いの後に光秀を匿(かくま)ったという伝承がある。 また、山崎の戦いの後、光秀が妙心寺(京都市右京区)に姿を現し、その後和泉に向かったといわれているが、確かな根拠がなく非常に疑わしい。 光秀の画像を所蔵する大阪府岸和田市の本徳寺には、光秀が潜伏していたといわれており、「鳥羽へやるまい女の命、妻の髪売る十兵衛が住みやる、三日天下の侘び住居」という俗謡すらあるほどだ。ただ、こちらも伝承の域を出ない。大阪府岸和田市の本徳寺に所蔵されている明智光秀像 ほかにも、生き残ったという伝承があるが、明確な史料的根拠がない。しつこいようだが、光秀が殺されたのは動かしがたい事実だ。 江戸幕府の二代将軍である徳川秀忠の「秀」字は光秀の「秀」字を採用したという。この話を勧めたのが、天海だというのだ。しかし、一般的に秀忠の「秀」字は、豊臣秀吉の偏諱(へんき)を受けたといわれているので、この説はまったく当たらない。 同じく三代将軍・家光の諱(いみな)も金地院崇伝が選んだもので、光秀の「光」字を採ったものではないだろう。いずれも、光秀=天海が関与したものではない。こじつけの域を出ない説 徳川家光の乳母は、明智光秀の重臣・斎藤利三の娘・春日局だった。また、家光の子の徳川家綱の乳母は、光秀の重臣・溝尾茂朝の孫娘・三沢局が担当していた。この事実をもって、天海=光秀と指摘されているが、説得力が弱い。 日光東照宮陽明門(栃木県日光市)の随身像の袴などには、明智家の家紋である桔梗(ききょう)が用いられているというが、これは織田家の家紋である木瓜(もっこう)紋が正しい。単なる見間違いである。やはり、光秀=天海は関係ないようだ。 また、天台宗の比叡山松禅寺(大津市)に「慶長二十年二月十七日 奉寄進願主光秀」と刻まれた石灯籠があることから、この「光秀」が明智光秀であり、天台宗の僧侶、天海が関わっていたのではという説がある。しかし、光秀という名だけで、明智光秀と同一人物であると即断できないだろう。 さらに比叡山の叡山文庫には、俗名を光秀といった僧の記録があるという。しかし、「光秀」はありふれた名前であり、必ずしも明智光秀と同一人物であるとは言えないようだ。いずれの説も、単なるこじつけに過ぎないだろう。 栃木県日光市には、明智平という場所があり、今も観光地として人気のスポットである。明智平の命名者は、天海であるとの伝承がある。ゆえに天海は光秀だったと指摘するが、命名も単なる伝承であり、本当に天海が名付けたとは言えないようだ。 関ヶ原町歴史民俗資料館所蔵の「関ヶ原合戦図屏風」には、鎧(よろい)で身を固めた天海の姿が描かれている。軍師的な役割ならば、戦闘の経験のある光秀にほかならないという。ゆえに光秀=天海との指摘がある。 天海が関ヶ原合戦に出陣したか確証を得ないが、安国寺恵瓊(えけい)のように戦場に赴いた僧侶は存在するのは事実だ。しかし、後世に成った合戦屏風にどこまで信憑性があるのか疑問である。やはり、根拠は薄弱であり、とうてい信を置けない。徳川家康の側近として知られる僧侶「天海」の銅像=栃木県日光市 ほかにも光秀=天海説の根拠は提示されているが、いずれもこじつけの域を出ないもので、証拠になりえないものばかりである。したがって、光秀=天海説はまったくの想像の産物で、成り立たないのである。 ところで、光秀に埋蔵金伝説があるのはご存じだろうか。 兵庫県の丹波地方には、光秀が天正6(1578)年に多紀郡と氷上郡の境界に位置する金山に金山城(兵庫県丹波市)を築き、埋蔵金を埋めたとの言い伝えがある。光秀は宿屋の主人に歌を書き与えたが、その内容は金山城付近に埋蔵金を埋めたことをうかがわせたという。 また、本能寺の変後、光秀は家臣の進士恒興に対し、安土城内の財宝を京都に運ぶよう命じたという。しかし、運搬の途中で、光秀の死の一報が伝えられた。恒興は予定を変更し、丹波国周山(京都市右京区)の慈眼寺近くに財宝を埋めた。そして、運搬に関わった者を皆殺しにしたと伝わっている。 光秀の埋蔵金は、先述の兵庫県の丹波地方、京都市右京区だけでなく、光秀の家臣が琵琶湖に沈めたという説のほか、光秀の居城である亀山城(京都府亀岡市)にもある。光秀の埋蔵金の話は、信じていいものなのだろうか。地元への「忖度」は不要 光秀の埋蔵金伝説は、光秀が生き延びたという説とも密接に関わっている。 山崎の戦いに敗れた光秀は逃亡中に殺害されたが、それは光秀の影武者(あるいは身代わり)であって、実際に光秀は生き延びていたと伝わる。徳川家康が亡くなった元和2(1616)年、埋蔵金は明智家再興のために掘り出されたが、「護法救民」のために埋め戻されたという。ただ、真相は闇の中だ。 埋蔵金と言えば、徳川埋蔵金伝説などが有名であるが、実際に埋蔵金が出てきた例は乏しい。光秀の埋蔵金についても、単なる伝承に過ぎないと考えられる。 次に、光秀の墓(供養塔)について考えてみよう。 先述の通り、天正10(1582)年6月13日に落命した。その首は本能寺に晒され、同月24日に京都・粟田口(京都市東山区・左京区)に首塚が築かれたという(『兼見卿記』)。実は、光秀の墓(供養塔)は複数あることが知られている。 一つ目は、亀岡市にある真言宗寺院・谷性寺(こくしょうじ)である。光秀の家臣・溝尾庄兵衛が光秀の首を隠しておき、のちに谷性寺に懇(ねんご)ろに葬ったという。そこに建立されたのが、「光秀公首塚」という供養塔だ。 この首塚をよく確認すると、安政2(1855)年に建立されたと書かれている。光秀の死後から、約270年も経過している。となると、実際に庄兵衛が首を埋めたというよりも、のちに光秀の菩提を弔うため建立されたと考えられないか。 二つ目は、大津市にある天台宗寺院・西教寺である。同寺は、光秀が近江を支配した際、総門や庫裏(くり)を寄進した。そうした関係から、光秀だけではなく、妻の熙子や明智一族の供養塔が建立された。明智の菩提寺である。 ほかにも、光秀の墓は高野山(和歌山県高野町)にもある。いずれが本物かと問われれば答えに窮するが、それぞれの所縁の地で、光秀を慕う人々が菩提を弔いたいと願い、供養塔を建立したというのが事実であろう。2019年5月に建立された明智光秀公像=京都府亀岡市古世町(同市提供) また、京都府宮津市の盛林寺には、娘ガラシャのもとへ光秀の首が運ばれ、首が埋葬されて首塚が建立されたと伝わる。そのほか岐阜県恵那市明智町の龍護寺、同山県市の桔梗塚、京都市東山区の尊勝院、京都市山科区の胴塚を含めて、光秀の墓(供養塔)などは多数存在する。 以上のように、光秀にまつわる伝承は非常に多い。学識ある研究者は、それらが伝承の類であることを明確にしたうえで、なぜそのような伝承がその土地に伝わったのかを真摯に考え、地元住民に伝えるべきだろう。地元住民に対する妙な忖度は不要である。主要参考文献渡邊大門『明智光秀と本能寺の変』(ちくま新書)渡邊大門『光秀と信長 本能寺の変に黒幕はいたのか』(草思社文庫)渡邊大門『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)

  • Thumbnail

    記事

    ペスト、赤痢菌… 北里柴三郎ら日本人研究者の戦いの歴史

    熱病に感染して命を落とした野口の生き様は、伝記として読み継がれ、多くの後継者を生んだ。『まんが医学の歴史』の著者で、いばらきレディースクリニック院長の茨木保氏は、日本人研究者の貢献をこう評価する。「感染症の新しい治療法を確立したという意味では、『血清療法』を開発した北里柴三郎、病原体を直接叩く『化学療法』で梅毒の特効薬サルバルサンを発見した秦佐八郎の業績が光ります」 感染症の医学史に名を刻んだ日本人研究者の志は、いま最前線で戦う者にも時を超えて受け継がれる。関連記事■努力の人・野口英世は遊郭入り浸り 留学費用で放蕩三昧■ノーベル賞で万能薬イメージ、がん免疫治療薬の注意点■中国で豚コレラ蔓延、マフィアが感染豚を転売し荒稼ぎ■東京五輪 マラソン以外でも「開催地変更」を要求される懸念■新型肺炎でマスク「転売ヤー」が出現 定価の3倍で取引も

  • Thumbnail

    記事

    「本能寺の変」明智光秀の目的は信長の非道阻止だったのか

    渡邊大門(歴史学者) まだ始まったばかりだが、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』がそこそこ好調のようだ。視聴率は下降傾向にあるものの、昨年の『いだてん』をかなり上回っているという。これは非常に結構なことである。とはいえ、大河ドラマはあくまでフィクションである。史実を忠実に再現したものではない。 たとえば、この連載でこれまでにも指摘したが、明智光秀が土岐明智氏の末裔(まつえい)であるという確固たる証拠はない。証拠として残っているのは、系図などの二次史料(系図、軍記物語など後世に編纂された史料)に過ぎない。また、前回の連載でも指摘したように、光秀が越前や近江にいたという確証もない。この点には、注意をすべきであろう。 ところで、「本能寺の変」の要因に関しては、かつて「朝廷黒幕説」「足利義昭黒幕説」などが提唱された。熱狂的に支持された時期もあったが、今ではいずれも誤りであるとされている。それらの説は、史料の誤読や曲解などに基づいているからだ。もはや消え去ったと言ってもよいだろう。 近年では「朝廷黒幕説」と他の諸説をミックスしたような説として、「信長非道阻止説」がある。 この説を簡単に言えば、信長が朝廷などに対して非道なことを行うので、光秀は自らそれを阻止しようと立ち上がったという説である。それを端的に表現すれば、「信長の悪政・横暴を阻止しようとした」ということである。別に黒幕はいないが、光秀が自主的に謀叛を起こしたということになろう。 従来説と異なるのは、光秀には信長に対する個人的な恨みがなかったとする点である。したがって、怨恨説、不安説、野望説などとは一線を画する。従来とは、完全に視点が異なった見解である。 この説のポイントは、次の五つの点に集約されている。 ①正親町(おおぎまち)天皇への譲位強要、皇位簒奪(さんだつ)計画 ②京暦(宣明暦)への口出し ③平姓将軍への任官 ④現職太政大臣の近衛前久への暴言 ⑤正親町天皇から国師号をもらった快川紹喜を焼き殺したこと はたして、信長非道阻止説とは妥当性のある説なのだろうか。現在の本能寺。信長時代とは場所が異なる ①②はすでにこの連載でも検討したところであるが、改めて確認しておこう。正親町天皇の譲位については、信長から強要されたのではなく、提案されたといってよいだろう。しかも、正親町天皇は信長の提案に大喜びし、早速、準備を進めようとしたのである。結果として譲位は実現しなかったが、信長から強要されたものでないことは明らかである。重ねた論理の飛躍 当時、天皇は早々に子に譲位して、上皇になるのが当たり前だった。戦国時代の3人の天皇(後土御門、後柏原、後奈良)は、現役の天皇のまま亡くなった。当時の公家日記などを読むと、それがあまりに気の毒であると記されている。正親町天皇は信長から譲位を勧められ、逆に大いに感激したのである。 そうなると、①の説は成り立たない。 皇位簒奪計画についても同様で、正親町天皇への譲位の強要や信長の神格化の延長線上にある説である。正親町天皇への譲位の強要や信長の神格化には否定的な見解が多く、ましてやたしかな史料で信長による皇位簒奪計画を確認することはできない。したがって、現在では支持されていない。 この説の解説によると、信長は正親町天皇から子の誠仁親王に譲位させようとした。そして、信長は新天皇になった誠仁から「准三宮」の待遇を受け、さらに誠仁には子の五宮に譲位をさせるというプロセスである。 五宮は、信長の猶子(ゆうし)だった。五宮が天皇になると、義父である信長は「治天の君」になるというのである。これにより、間接的ながらも、信長の皇位簒奪計画が完成する。それが、信長の目論見だったという。 しかし、信長の皇位簒奪計画を明確に記した史料はない。五宮が信長の猶子だったという事実から、皇位簒奪の意図があったと、論理の飛躍を重ねただけに過ぎない。このように、明確な根拠がないのに、憶測だけで決めつけるのはいかがなものか。 そもそも信長は天皇家の一族でも何でもないので、仮に正親町天皇から皇位を奪取したところで、治天の君たる上皇になれるのか疑問である。他の研究者も信長の特殊性をことさら強調するため皇位簒奪計画を主張していたが、それは誤りである。 したがって、やはり①の説は成り立たない。 京暦(宣明暦)への口出し(尾張で使われていた暦への変更)については、かつて信長が天皇家から「時の支配者」たる権利を奪おうとしたと言われてきた。これもまた事実ならば、正親町天皇を窮地に追い込むようなことである。 この説は京暦(宣明暦)が日食を予測できなかったためであり、信長は尾張の暦を採用することで日食を正しく予測し、正親町天皇を不吉な日食の光から守ろうとしただけと考えられた。つまり、信長は天皇家から「時の支配者」たる権利を奪おうとしたわけではなかったのである。明智光秀像(本徳寺所蔵) しかし、その後の研究によって、京暦(宣明暦)が日食を正しく予測したと指摘され、話は振り出しに戻った。暦の問題は当時の戦国大名が領内の暦を統一した経緯を踏まえ、ことさら信長が天皇家から「時の支配者」たる権利を奪うことに結び付ける必要はないと指摘されている。そもそも信長は朝廷への奉仕に力を入れていたのだから、そう考えるのが妥当だろう。 よって、②についても成り立たない。①および②については、信長の非道でないことが明らかである。根拠のない憶測 ③については、朝廷は信長に征夷大将軍を与える意向だったかもしれないが、これも将軍の足利義昭のことを考えると、決して容易ではなかった。いったん義昭の職を解く必要があるからである。 また、この説の主張では信長が、歴史的に前例がない平姓の将軍に就任することが許せなかったという。その根拠として、光秀は美濃源氏の土岐氏の一族である明智の一族だったからだと指摘する。源氏である光秀は平姓の将軍の出現が歴史の秩序を乱すと考え、信長に謀反を起こしたというのである。 すでに触れた通り、光秀が美濃源氏の土岐氏の一族である明智の一族であったことは確証がない。また、平姓の信長が将軍になることについては、朝廷が三職(関白、太政大臣、征夷大将軍)のうちのいずれかを提案しているのだから、特に障害がなかったことが指摘されている。 その背景には、源平交代説なるものがあった。これは、支配者が平清盛(平氏)→源頼朝(源氏)→北条氏(平氏)→足利尊氏(源氏)と交代し、源氏と平氏が交代で政権を担ったので、生じた説と言われている。しかし、戦国時代に源平交代説が広まっていたのかは、疑問視されている。 ましてや光秀が平姓の将軍の出現が歴史の秩序を乱すと考えたというのは、根拠のない憶測に過ぎない。繰り返しになるが、もし源氏だった光秀が平姓の征夷大将軍を阻止しようとしたというならば、光秀が土岐明智氏だった事実を確固たる史料で論証する必要があるだろう。 ゆえに③もまた成り立たないといえる。 ④については、信長が天正10(1582)年3月に武田氏が滅亡した後の論功行賞後の逸話である。信長が帰還する際、当時、太政大臣だった近衛前久が馬を降りて「私も駿河からまわってよいでしょうか」と尋ねたところ、信長は馬上から「近衛、お前なんかは木曽路を上ったらよい」と言い放ったというのである。 いかに信長が権力者とはいえ、太政大臣に対する言葉としてはあまりの暴言である。光秀は、それを許せなかったということになろう。これが信長による前久への暴言で、出典は武田氏の戦略・戦術などを記した軍学書『甲陽軍鑑』である。大津市の坂本城跡にある明智光秀像=2007年9月、滋賀県大津市(安元雄太撮影) かつて、『甲陽軍鑑』の史料性は疑問視されてきたが、最近では史料性を高く評価する向きもある。しかし、信長の暴言は他の史料には書かれておらず、あまりに荒唐無稽である。いかに『甲陽軍鑑』の価値が高まったとはいえ、あくまで史料の吟味が必要であり、この件はとても史実として認めがたいところである。 よって、④についても成り立たないといえる。 ⑤は、天正10年4月3日に織田信忠の軍勢が恵林寺(山梨県塩山市)を焼き払い、高僧の快川紹喜が焼死したことである。このとき快川紹喜は、「安禅不必須山水 心頭滅却火自涼」(安禅必ずしも山水を須=もち=ひず 心頭滅却せば火も自づと涼し)の辞世を詠んだという。『武家事紀』には偽文書も 快川紹喜は、正親町天皇から大通智勝国師なる国師号を授けられていた。しかも、快川紹喜は美濃土岐氏の出身と言われ、光秀と同族だったと指摘し、光秀は内心穏やかではなかったのではないかという。しかし、快川紹喜は美濃出身であったと言われているが、その出自については諸説ある。 とはいえ、その点にも明確な根拠が提示されておらず、光秀が土岐氏の庶流・明智氏だったことは、先述の通り確証を得ない。したがって、土岐氏の一族たる快川紹喜が焼き殺されたことに怒りを感じたというのは、検討の余地があるといえよう。 したがって、⑤も成り立たないと考える。 ところで、光秀が天正10年6月2日に美濃野口城(岐阜県大垣市)の西尾光教に対して、書状を送っている(『武家事紀』所収文書)。本能寺の変の直後である。その書状の冒頭には、「信長父子の悪虐は天下の妨げ、討ち果たし候」と書かれている。つまり、信長、信忠父子は悪虐で天下の妨げなので、光秀が討ったというのである。これも、「信長非道阻止説」の一つの根拠になっている。 「信長非道阻止説」の説の主張では、「信長父子の悪虐」とは、先述した①正親町天皇への譲位強要、皇位簒奪計画、⑤正親町天皇から国師号をもらった快川紹喜を焼き殺したこと、を意味していると解釈する。文面には「信長父子の悪虐」が明確に書かれていないので、やはり単なる憶測であろう。 とはいえ、この光秀の書状は原本がなく、写しが残っているに過ぎない。冒頭の「信長父子の悪虐」という文言のうち、「悪虐」という言葉は当時見ることができない。『武家事紀』所収文書には偽文書と思しき文書をも収録されているので、これも偽文書ではないかと考えられる。 以上の通り、「信長非道阻止説」は、すでに誤りと指摘されていることが根拠となっているか、根拠史料の性質が悪いか、または根拠のない憶測が多いので、成り立ち難いといえるだろう。本能寺跡を示す石碑=京都市中京区(恵守乾撮影) そもそも光秀が義憤に駆られて、信長を討ったところで、その先には何があったのだろうか? 世直しや鬼退治をしたあと、光秀には何か将来的な展望や構想があったのだろうか? 光秀には何もメリットがなさそうなので、到底受け入れることはできない。※主要参考文献渡邊大門『明智光秀と本能寺の変』(ちくま新書)渡邊大門『光秀と信長 本能寺の変に黒幕はいたのか』(草思社文庫)渡邊大門『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)

  • Thumbnail

    記事

    信長はこうして「7階建て」安土城にオカルトパワーを詰め込んだ

    橋場日月(歴史研究家、歴史作家) 『信長公記』の「安土山御天守の次第」で説明されている安土城天主の地下1階(実際には地上だが、基底の石垣部分の内側なのでこう表現しておく)と1階について注目すべきなのは、まず全ての座敷の内が全面に布を貼り付けられ黒漆で固められていることだろう。 これは本文にもあるように「布張(ぬのばり)」と呼ばれる技法で、壁・天井・梁(はり)から建て付け、調度に至るまで、全ての素地に麻や木綿などの布を漆で張り付けることをいう。本来は木製品の強度を高め、保ちをよくするための技法なのだが、信長はそれを座敷全体に施させた。しかも用いた漆は黒。 すべて黒漆で固められた漆黒の部屋が出現したのだ。これはいったい何を意味するのだろうか。そこには、これまでの本連載で紹介してきた信長の思想が込められていた。 陰陽五行(いんようごぎょう)の思想では、黒は水を表す。それを象徴する霊獣は玄武だ。この架空の生物については第12回でも触れたが、亀と蛇が一体化した水の神だ。 龍・大蛇のパワーによって水を制御し、戦いに勝ち抜いてきた信長にとっては本来欠かせない存在のはずだ。しかし、将軍足利義昭が「元亀」の元号によって亀が主、蛇が従と規定したことを忌避して、信長は義昭追放と同時に「天正」への改元を実行している。 それから6年、彼は義昭から取りあげた玄武をようやく完全に自分のものとしたことになる。そして、「玄武=黒=水」が象徴する自分の精神の根底を具現化してみせたのだ。 ちなみに、『信長公記』の作者、太田牛一による『安土日記』には「御殿(天)守は七重、悉(ことごと)く黒漆なり」と書かれているので、これは地上1階だけでなく6層すべてが同じ世界観で統一されていたと考えられる。ちなみに、座敷内だけでなく外に面する柱や狭間戸(窓の扉)なども同様の技法で真っ黒にされていた。 さて、その黒い世界の内、1階西側の12畳敷き座敷には、狩野永徳により梅の墨絵が描かれていた。「下から上までことごとく金」とあるのが墨絵と矛盾するとの説もあるが、「御絵所」という説明がついているので、これは漆黒の部屋の中で障壁画が飾られる場所、つまり絵のある襖(ふすま)や屏風、壁の一角だけが上下金箔(きんぱく)貼りで、その上から墨絵が描かれていたと考えるべきだろう。※写真はイメージです(ゲッティイメージズ) その隣の部屋は書院で、ここには「遠寺晩鐘(えんじばんしょう)」の絵があり、その前に「ぼんさん」が置かれている。ぼんさんは「盆山」と書く。庭園に人工的にこしらえた盛り土・石積みの築山(つきやま)を指すこともあるが、ここでは水面に見立てたお盆の上に石を置き、それに苔や小さい木を植え付けることによって、島を表現したものをそう呼んでいる。「遠寺晩鐘」に浮かぶ仮説 遠寺晩鐘は「瀟湘(しょうしょう)八景」と言われる中国の山水画のテーマの一つで、「烟寺晩鐘」「煙寺晩鐘」とも書く。夕刻、遠くおぼろに浮かぶ清涼寺から響いてくる鐘の音を聞くというテーマで描かれたものだ。 問題は、これが湘江(しょうこう)という大河の沿岸の風景であるということだ。湘江には伝説がある。神話時代の中国の聖帝に舜(しゅん)がいるが、この舜は治水に努めたとされる。 その2人の娘、娥皇(がこう)と女英は、父が亡くなると悲しみのあまり、湘江に身を投げて死に、「湘君」と呼ばれる川の神になったという。この湘江が流れ込む洞庭湖(どうていこ)には君山と呼ばれる島(今は砂の堆積によって岸とつながっている)があり、湘君が遊んだとされている。 つまり、盆山は背景の遠寺晩鐘の湘江から下った洞庭湖の君山を表しているのではないかという仮説が成り立つわけだ。川の神・水神の世界が、「黒=水」の結界の中に出現する。 そしてもう一つ、別の見方をしてみよう。湘君の棲む湘江の風景画の前に置かれた盆山。これは湘君を呼び寄せるための「磐座(いわくら。神が坐(ざ)す岩であり、ご神体そのものでもある)」とも考えられる。水のパワーを招くための仕掛けという解釈も可能だ。 1階の他の場所を見てみよう。書院の次には鵞鳥(がちょう)の絵の十二畳座敷、鳩・雉の親子の絵がほどこされた部屋が並ぶ。画題として鳥はポピュラーだが、一応チェックしておこう。 鵞鳥には、大国主神(おおくにぬしのかみ)の義兄弟として国造りを手伝った少彦名命(すくなひこなのみこと)が、鵞鳥の皮の服を着ていたという謂(い)われがある。今まで何度も引き合いに出してきた大国主神(大物主神)絡みの画題だ。 そして、鳩は武家にとって大切な武神、八幡神の使い。雉についてはさらに面白い。中国では、雌の雉が蛇の精を受けて産んだ卵が蛟(みずち)という怪獣になり、洪水を引き起こすという言い伝えがある。日本でも、雉は災害を予知し吉祥として尊ばれ、「白雉(はくち)」という元号も使用されたほどだ。滋賀県のJR安土駅前にある織田信長像 以上のように、1階の鳥の絵はすべて瑞兆(ずいちょう)を表している。 それに続く座敷には、中国の儒者たちの絵。儒者は儒教を研究・信奉・実践する者たちで、古くから内裏の障壁画として採り上げられていたものだが、この場合の具体的な内容はわからない。2階にたたずむ「仙女」 とにもかくにも、水神・瑞祥(ずいしょう)の鳥たちに続いて、中国古来の儒教をモチーフとした部屋があったことだけは確かだ。このあとにも、さらに部屋や納戸が連なって1階部分が構成されている。 続いて2階へ上がってみよう。花と鳥が描かれた「花鳥の間」。中国の伯夷と叔斉が描かれた「賢人の間」。伯夷と叔斉は儒教の聖人だ。 この賢人の間には、「ひょうたんから駒」の絵も描かれている。これは中国の方士(仙人)・張果老が、白いロバを白紙に変えてひょうたんの中にしまい、移動のときはその紙をひょうたんから出し、元の白ロバに戻して乗ったという伝説にもとづくもので、若いころは魔除けのひょうたんを腰から吊していた信長としては好みの題材だろう。 ここで儒教と神仙という中国本来の宗教世界(仏教は外来宗教)が同居している。この他にも仙人の呂洞賓(りょどうひん)、西王母(せいおうぼ。『西遊記』にも登場する天界の仙女王)が描かれた部屋がそれぞれある。 このように書くと、いかにも詩的な世界観だが、一つ注意しなければならないのが西王母の部屋だ。 この仙女の王は、後世になって絶世の美女の姿で描かれるようになったが、原初の風体は、牙を剥いた鬼女そのもの。おまけに、その下半身には蛇(豹とも)の尾が生えている(『山海経』)。漢の時代の中国の絵に残されている西王母は龍も従えており、両脇の侍臣の下半身は蛇で、互いに絡み合う。 この安土城天主の2階に描かれた西王母が美女の像か、あるいは古代の鬼女の像だったかは不明だが、西王母が龍や蛇に密接な関係がある存在だったのは確かで、これも信長の世界観にはピッタリだ。この他さらに数室が続いて、3階へ。 3階では龍虎が争う様子を描いた部屋、それに鳳凰(ほうおう)を描いた部屋が目立つ。それぞれ画題としてはメジャーで、それに松、竹の絵の部屋もあり瑞祥の連続だ。天主跡まで急な石段が長々と続く安土城=2015年3月、滋賀県近江八幡市 許由(きょゆう)と巣父(そうほ)という古代中国の隠遁者たちを描いた部屋もある。これも障壁画の題材としては一般的なものだが、俗権力を徹底的に避けたふたりを描かせた信長には他に何らかの意図があったのだろうか。 4階に絵は無く、5階は八角形。これは法隆寺の八角円堂として有名な夢殿と同じ構造だ。実際、その内部は釈迦(しゃか)の十大弟子や釈迦が悟りを開き説法をおこなうまでの物語が描かれており、外周の縁側には餓鬼・鬼という仏教上の「餓鬼道」が配され、内部の人間道・天道との対比を成して、仏教の世界観を完成させている。「八角形」もう一つの謎 そしてもう一つ。八角形というと八卦鏡(はっけきょう)が連想される。 「当たるも八卦、当たらぬも八卦」などというが、これは中国の八方位陰陽説に基づいた風水占術を表している。八卦鏡は風水上、玄関や水回りに配すると凶を防ぎ、そのパワーが八方から吉を呼び寄せるという。ちなみに元伊勢籠神社神宝となっている天照大神ゆかりの辺津鏡(へつかがみ)・息津鏡(おきつかがみ)も八芒星(あるいは太陽の象徴だろうか)があしらわれている。 また、キリスト教では八角の星(八芒星)を「ベツレヘムの星」と呼ぶ。自然界の八つの要素がエネルギーの流れを支配し、力、権力を生むという星だ。以前長篠の戦いの際に触れた五芒星や六芒星より能動的にパワーを高めるという点では最強といえる。 信長が宣教師からその知識を得ていたかどうかはさだかではないが、結果としてその形状を天主5階に導入していたことになる。魔除けアイテム・パワーグッズに凝った信長がそれを知っていれば、さぞや得意満面の表情を浮かべただろう。 その八角堂の外周、縁側の欄干には擬宝珠(ぎぼし)が付けられている。これは信長の権力の高さ、大きさを表す。本来擬宝珠は朝廷や将軍の特権だからだ。 その縁側の端戸(はたいた。縁側の行き止まりにはめられる板)には龍と鯱(しゃち)が描かれていた。鯱も龍と同じく水を制する霊獣であり、いかにも信長らしい。 いよいよ、最上階の6階にたどり着いた。内・外ともに金貼りされた座敷の四方の内柱には、昇り龍・下り龍があしらわれている。2年前、「天下布武」印に取り入れた下り龍の意匠に昇り龍も組み合わされた。安土城天主跡からの展望、現在田畑が広がる場所は当時琵琶湖の内湖であったという=2010年1月撮影 信長はその座敷の中央に座し、龍のパワーの降臨を仰ぎ、その力で運気上昇する態勢を整えたのだ。壁には三皇五帝や孔門十哲などといった古代中国の聖帝・儒教の名士たち、中国文明の粋といえる要素で埋め尽くされていた。 最後に、この天主を含む安土城の主郭部の跡からは、鬼瓦には宝珠などの招福アイテムをモチーフとしたものが出土している(『安土城1999』安土城考古博物館)。これも信長の縁起担ぎ好きの一面をよく示しているものだろう。

  • Thumbnail

    記事

    『麒麟がくる』主人公、明智光秀のトンデモ俗説を論破する

    渡邊大門(歴史学者) NHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、当初の予定から延期され、1月19日が初回放送になった。「ゆかりの地」とされる地域では、一日千秋の思いでお待ちのはずである。自治体関係者の方などは、観光客がどれだけ来るのか心配される向きもあろう。 とはいえ、前回の連載で、光秀が土岐明智氏の出自であることは、残っている史料では成り立ちがたいと指摘した。質の悪い史料を並べて論じたところで、まったく意味がないのである。実は、ほかにも光秀の出身地とされる場所が各地にある。 たとえば、『淡海温故秘録(おうみおんこひろく)』という17世紀後半に成立した史料がある。そこには美濃出身の明智氏が土岐氏に逆らって牢人となり、近江の六角氏を頼って佐目(滋賀県多賀町佐目)に逃げてきたと書かれている。それから2、3代後になって、光秀が佐目の地で生まれたというのである。 事実ならば、光秀の誕生地は滋賀県多賀町佐目ということになる。ちなみに、佐目の地には、「十兵衛屋敷の跡地」などの関連史跡があり、光秀に関する逸話・伝承の類が残っているという。「光秀佐目出身説」は、事実と考えてよいのだろうか。 結論を言えば、この説もまったく信憑性に欠けるといえよう。光秀の出身地については、この例に限らず、質の劣る後世の編纂物や系図などに書かれている。『淡海温故秘録』は、良質な史料とは言えない。地元に伝わる伝承の類などもあてにならない。 光秀の出身地であると胸を張って言いたいのであれば、一次史料(古文書や古記録の類)で立証すべきである。質の悪い二次史料を持ち出して言い出し始めると、キリがないのである。以下、似たような説を考えてみよう。 光秀が滋賀県にゆかりがあったという説は、ほかにもある。永禄9年10月20日の奥書を持つ『針薬方』(医薬書)には、光秀が田中城(滋賀県高島市安曇川町)に籠城していたとの記述がある。この一節を根拠にして、光秀が琵琶湖西岸部を本拠にしていたとの指摘もあるほどだ。はたして、それは本当なのか? 以下、この件については、土山公仁氏(「光秀を追う7」岐阜新聞2019年7月2日付)や太田浩司氏(『明智光秀ゆかりの地を歩く』サンライズ出版)の諸説をもとにして考えることにしよう。 『針薬方』とは、光秀が田中城に籠城していた際、沼田勘解由左衛門尉に口伝され、米田貞能が近江坂本(大津市)で写した。室町幕府15代将軍、足利義昭は国人衆に味方になるよう呼び掛けた手紙を書いたが、結局、出すことがなかった。『針薬方』は、その手紙の裏に書かれたものである。つまり、反古紙を利用したものだった。 沼田勘解由左衛門尉は熊川城(福井県若狭市)に本拠を置き、義昭に仕えていた。米田貞能は医術によって、足利義輝・義昭に仕え、のちに肥後細川氏の家老になった。貞能は永禄9年に義昭が越前に逃避行する際、同行した人物である。つまり、実在の人物が書写したことが明らかなので、良質な史料と言えるのかもしれない。昨年5月に建立された明智光秀公像=京都府亀岡市古世町(同市提供) しかし、疑問がないわけではない。永禄9年8月29日、逃避行中の義昭は矢島(滋賀県守山市)を出発し、9月7日に敦賀(福井県敦賀市)に移動した。10月になると、義昭は朝倉氏を頼るべく交渉を開始していた。そのような緊迫した情勢の中で、米田貞能がわざわざ敦賀から坂本へ移動し、医薬書を写す必然性があるのかということである。 加えて、光秀が田中城に籠城していたという史実を裏付ける史料は、ほかには存在しない。ましてや、琵琶湖西部を本拠にしたという指摘があるが、当該地域に光秀が発給した文書は1点も見いだせない。太田氏は、『針薬方』の記述内容が当時の近江の状況とかけ離れていると指摘する。一次資料に登場しない光秀 したがって、現在では『針薬方』の記述には疑問点が多く、史料性に疑問があると指摘されている。筆者も同意見で、光秀が田中城に籠城したというのは、まったく根拠に欠けていると言わざるを得ない。光秀が籠城したという事実は、そもそもなかったのではないか? 籠城したというならば、信頼できる史料で裏付ける必要がある。 ほかにも、光秀が越前に長らく滞在していた、あるいは越前朝倉氏に仕官していたという説がクローズアップされている。光秀が朝倉氏に仕えたとされる根拠史料は、後世の編纂物『明智軍記』『綿考輯録』である。以上の史料に基づき、ごく簡単に光秀が朝倉氏に仕えた経緯などを触れておこう。 光秀は父を失ってからのち、各地を遍歴していたという。そして、弘治2(1556)年に訪れたのが越前国であった。光秀は越前国に留まり、朝倉義景から500貫文(現在の貨幣価値で、約5千万円)の知行で召し抱えられたといわれている。これは、かなりの破格の待遇である。 光秀は義景から命じられるままに鉄砲の演習を行い、その見事な腕前から鉄砲寄子を100人も預けられたという。光秀の軍事に対する高い才覚は、義景に評価されたのだ。大抜擢といえよう。以上が、光秀が義昭に仕えるまでの流れである。 ただ、問題なのは、光秀がそれだけの人物でありながらも、朝倉方の一次史料や記録類に一切登場しないことである。上述したことが事実ならば、朝倉氏の重臣と言ってもいいくらいなので、非常に不審な点である。さらに、根拠となる『明智軍記』や『綿考輯録』は、史料としての問題点が非常に多い。それは、前回指摘した通りである。 とは言いながらも、光秀が越前と深い関係を有していたとの指摘もある。『武家事紀』所収の天正元年8月22日付の光秀書状(服部七兵衛宛)に基づき、一時期、光秀が越前で生活していた根拠とされている。 書状の内容を確認しておくと、「この度、『竹』の身上について世話をいただいたこと、うれしく思っております。恩賞として100石を支給します。知行を全うしてください」というものである(現代語訳)。平たく言うと、知行宛行状(ちぎょうあてがいじょう)である。 この史料からは、残念ながら光秀が越前にいたことを示す内容とは読めない。この史料は、単に光秀が「竹」なる人物の世話をしてくれた恩賞として、服部七兵衛に100石を与えたものである。光秀がかつて越前に滞在していたとは、一言も書いていない。 そもそも「竹」なる人物は不詳であり、光秀との関係も分からない。この史料は越前朝倉氏を討伐した関係で服部七兵衛に発給されただけで、少なくとも光秀が越前にいたという証拠にはならないだろう。なぜ、この史料が、光秀が越前にいたことを示す証拠になるのか、さっぱり理解できない。 ほかに光秀が越前にいたことを示す史料としては、『遊行三十一組 京畿御修行記』天正8年1月24日条に光秀の記述がある。 この史料は、天正8(1580)年7、8月に同念が東海から京都・大和を遊行(修行僧が説法教化と自己修行を目的とし、諸国を遍歴し修行すること)したとき、随行者が記録した道中記で、信頼できる史料であると評価されている。確かに、同史料は一次史料である。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) そこには光秀について「惟任方(明智光秀)はもと明智十兵衛尉といい、濃州土岐一家の牢人だったが、越前の朝倉義景を頼みとされ、長崎称念寺(福井県坂井市)の門前に10年間住んでいた」と書かれている(現代語訳)。極めて少ない一次資料 この史料を読む限り、光秀が美濃の土岐氏の一族で牢人だったこと、朝倉義景を頼って越前を訪れ、長崎称念寺の門前に十年間住んでいたことが判明する。長崎称念寺は福井県坂井市に所在する時宗(じしゅう)の寺院で、数多くの武将が帰依したという。 実のところ、光秀と長崎称念寺との伝承は、ほかにもいくつか残っている。『明智軍記』には、光秀が美濃から越前を訪れた際、妻子を長崎称念寺の所縁の僧侶に預けたと記している。所縁というほどだから、光秀は以前から越前と何らかの関りがあったのだろうか。その間、光秀は諸国をめぐり、政治情勢を分析したというのである。廻った国は50余国に及んだというが、怪しげな話である。 光秀が長崎称念寺の近くで寺子屋を開き、糊口を凌いでいたとの伝承すらある。牢人が寺子屋を開いた逸話としては、長宗我部盛親の例がある。慶長5(1600)年の関ヶ原合戦で敗北した盛親は、京都で寺子屋を開いた。 ただし、ほかにも挙げるとキリがないが、光秀と長崎称念寺の逸話を載せる地誌類は多いものの、いずれも裏付けとなる一次史料がない。また、越前における光秀関係の史跡もあるが、同様である。あくまで、伝承や口伝の類に過ぎない。 『遊行三十一組 京畿御修行記』における、光秀が長崎称念寺にいたという点は、地元の口伝などに基づいた記録と考えられる。同念は、直接光秀から聞いたのではなく、噂を書き留めたのである。記述内容が聞き書きなのは、確かである。したがって、同史料に基づき、光秀が越前にいたことの証左とするには疑問が残る。 そもそも朝倉氏の家臣であるならば、なぜ本拠の一乗谷ではなく、長崎称念寺の門前に住んでいたのか。根本的な疑問である。後述するが、先に取り上げた『針薬方』には、朝倉氏が用いた薬の記述があるので、光秀は朝倉氏の上級家臣だったという説すらある。※写真はイメージ(ゲッティイメージズ) 光秀の居住場所は、もう一つの説がある。一乗谷から峠を一つ越えた福井市東大味には、明智神社がある。神社は光秀を祭神として祀っており、光秀の屋敷址も残っているが、実際は小さな祠(ほこら)に過ぎない。 ここは一乗谷に近いが、朝倉氏の家臣は一乗谷に集住していたのだから、単なる伝承ではないのかと疑問が残る。朝倉家において、光秀の処遇はよくなかったから一乗谷に住んでいなかったのか。 ちなみに、朝倉氏に関する一次史料で、光秀のことを記した史料は1点もない。光秀が上級家臣ならば、なんで関連する一次史料が残っていないのか。光秀が朝倉氏の家臣だったという説を唱える人は、そうした疑問には答えていない。越前だけでもさまざまな伝承や口伝があるのだから、どれが正しいのか判然としない。 ところで、『明智軍記』巻一の成立には、時宗関係者の関わりがあったと指摘されている。この指摘を考慮すれば、すでに天正8年の段階において、時宗関係者の間で光秀が越前に在国していたという説が流布していたのかもしれない。 あるいは、光秀は長崎称念寺と何らかの深い関係があったのだろうが、その可能性があるとするならば、天正元年の朝倉氏滅亡後のことである。その際、光秀が越前支配の一端を担っていたのは確かである。光秀と時宗の関係は、さらに追究する必要がある。 もう少し、朝倉氏と光秀について考えてみよう。「光秀は医者だった」の疑問 先述した医学書『針薬方』には、「セイソ散」が「越州朝倉家之薬」と書いてある。「セイソ散」とは「生蘇散」のことと考えられ、中世後期に成立した医学書『金瘡秘伝下』には「深傷ニヨシ」と書かれている。合戦などで傷を負った武将が用いていたのだろう。 問題なのは「セイソ散」を「朝倉氏の秘薬」などと紹介していることだ。セイソ散は一般的に知られていた薬であり、特別なものではなかったのではないか。「越州朝倉家之薬」は、「朝倉氏が持っていた薬(=セイソ散)」程度の意味だろう。「セイソ散」が「朝倉家の秘薬だった」という指摘には、首を傾げざるを得ない。 当時、一乗谷には医師が滞在していた。これは事実である。しかし、それをもって、朝倉氏が薬剤を独自に開発しており、医学がかなり普及していたとは、大きな論理の飛躍があろう。これでは、まるで現代の製薬会社であり、病院みたいなものである。当時、そうしたことがあったのか、極めて疑問である。 当時の医学は今のように外科、内科などに分かれていたわけではない。それらはおおむね民間療法レベルで、薬草などを調合して服用するのが一般的だった。戦国武将の場合は合戦に出陣し、ケガを負うリスクが高いのだから、民間療法レベルの医学知識は普及していたはずである。庶民も同じだろう。 『針薬方』の記述をもって、「光秀は医者だった」「光秀は越前で医学を学んでいた」「光秀は朝倉氏の上級家臣だった」などの見解があるが、いずれも根拠薄弱である。一次史料で裏付けられない。単に『針薬方』にあらわれたキーワードを拡大解釈したに過ぎない。しかも、すでに触れた通り、『針薬方』は疑問が多い史料である。 したがって、光秀が朝倉義景に仕えたという説には大きな疑問があり、この点を信頼できない史料に拠って鵜呑みにすると極めて危険である。仮に百歩譲って、光秀が越前に在国していたにしても、朝倉氏に本当に仕えていたのかは極めて疑わしい。 「光秀の出自が近江だった」「光秀は越前朝倉氏に仕えていた」「光秀は医者だった」といった説は、①信頼性に乏しい二次史料に依拠した説②疑わしい史料記述を拡大解釈し、論理の飛躍をした説、と指摘することができよう。あるいは、自説を有利にするための「結論ありき」といえるかもしれない。大津市の坂本城跡に立つ明智光秀像=2007年9月(安元雄太撮影) 今後も光秀の出自や前半生、あるいはその他のことについて、さまざまな説が出るだろう。それらは、注目を浴びたいがための俗説に過ぎないのではないか。そうした説に接した際には、根拠となる史料の性質、そして史料の拡大解釈や論理の飛躍がないのか、注意を払いたい。新説は、泉が湧くように出てこないものである。※主要参考文献渡邊大門『明智光秀と本能寺の変』(ちくま新書)渡邊大門『光秀と信長 本能寺の変に黒幕はいたのか』(草思社文庫)渡邊大門『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)

  • Thumbnail

    記事

    安土城完成、ベールを脱いだ信長の「決意表明」

    橋場日月(歴史研究家、歴史作家) 豪雨と相撲で明け暮れた信長の天正6(1578)年は、第2次木津川口の戦いで鉄砲や大筒で武装した織田水軍の鉄甲船が毛利水軍を撃破し、本願寺・毛利に寝返った摂津の荒木村重の有岡城(伊丹城)攻撃開始で終わった。 年が改まって天正7(1579)年。正月8日、安土城の信長小姓衆・馬廻衆・弓衆は6キロほど南の馬淵へ駆り出された。現在は滋賀県近江八幡市馬淵町となっている馬淵庄は、古来石工集団が活動していた。彼らは天正4(1576)年の着工以来、安土城築城にも穴太(あのう)の石工集団とともに従事している。のちには豊臣秀吉の命で京・三条大橋の架け替え橋脚工事や徳川家康の命で江戸城の改修工事にも携わった職人たちだった。 織田家臣たちは正月早々ご苦労なことだが、その石工のところから切石350個余りを安土まで運ぶために動員されたのだ。言うまでもなく、城の工事に使うための石材だったのだろう。信長は相撲で地鎮するだけでなく、大量の石材を投入して城の地盤固めを続けていた。 翌日、石材運搬作業を行った家臣たちには信長の趣味の鷹狩りの獲物である鶴や雁(かり)が下げ渡されている。重労働にしてはささやかな賞与だが、信長としては「これで鍋でも作って食べて、石運びで消耗したスタミナを回復しろ」という程度の気持ちだったのだろう。 続いて11日には、堺の豪商・天王寺屋宗及(津田宗及)が安土城を訪れた。明智光秀、松井夕閑と信長重臣の元を正月のあいさつ回りを兼ねた茶会で巡ったあと、信長に招かれたのだ。 宗及はその茶会記に「御殿守拝見仕(つかまつ)り候。上様直に御案内なさるものに候。御殿守七重、其外(そのほか)様躰(ようだい)中/\(なかなか)筆にのべ難き也」と書いている。彼は信長に直接案内されて、安土城天主を見学し、その規模と豪華さが「なかなか筆舌に尽くし難い」ものだったと驚き入った。 この段階で、安土城天主がほぼ完成していたことはこの記事で分かる。 だが、信長はまだ城内の屋敷からこの天主に移ろうとはしなかった。3月30日、鷹狩りの途中、箕面の滝を見物。江戸時代の観光案内『摂津名所図会(ずえ)』はこの滝を天下で2番目の滝と紹介している。ちなみに天下第一はというと、これは熊野那智大社のご神体、那智の滝だ。名古屋市緑区の「桶狭間古戦場公園」にある織田信長の銅像 同書は「瀧の上に碧潭(へきたん)あり。これを龍穴(りゅうけつ)といふ。村民旱天(かんてん)に遇う時。ここに祷(いの)れば忽(たちまち)膏雨(ごうう)降るなりとぞ」と続ける。「滝の上(の岩窟)に青い澱み(よどみ)がある。これを龍穴と呼び、近在の村民たちが日照りのとき、この龍穴に祈りを捧げれば、即座に恵みの雨が降るということだ」という意味だ。水を支配する龍の聖地。まさに信長好みの場所ではないか。 滝の手前には滝安寺(りょうあんじ)があるが、これは修験道の開祖とされる役小角(えんの・おづぬ)が日本最古の弁天様(弁才天女)を祀(まつ)ったという伝承を持つ寺で、江ノ島、竹生島、厳島と並ぶ日本四弁天の一つでもある。これも元々は水の神であることは以前にも述べた。天主に続く「異様」な石段 前年、豪雨の被害で散々な目にあった信長としては、ぜひとも訪れておかなければならないところで、言うまでもなく彼は恵みの雨ではなく「今年は大雨を降らすな」と龍神と弁天にくぎを刺しに行ったというところだろう。ほぼ完成した安土城天主に何か被害があってはたまらないからだ。間もなく梅雨の時期が来ようとしている。 こうして5月11日、信長は満を持して安土城天主に移る。新暦で言えば6月15日。まさに梅雨入りのタイミングだが、京では前日まで4日連続、奈良でも前々日まで3日連続で降っていた雨は、この日はやんでいたらしい(『兼見卿記』『多聞院日記』『言経卿記』)。 翌12日には再び降雨となるので、信長の箕面滝参詣は効果てきめんだったというわけだ。正月早々にではなく、4カ月後のこの日を「吉日につき」と『信長公記』が記しているように縁起を考慮して実行された移徙(わたまし)は、無事に終わった。 さて、それではめでたく信長の住まいとなった安土城の天主と城内の造りについて述べていこう。 大手口を入ると、真っすぐに伸びた幅広い石段がある。現在でも復元された石段で複数見ることができるのが「転用石」だ。石仏を石材の代わりに流用したもので、信長はかつて足利義昭の二条御所修築でも石仏を流用したが、石段への流用が確認できるのは安土城のみとなっている。この石仏転用の石段はなかなか異様な光景だ。 いや、石仏が異様なのではない。明智光秀が築いた福知山城の天主台の石積みには墓石(五輪塔)が転用され、大和郡山城のそれには天地逆さにされたお地蔵さんがはめ込まれている。 他にも姫路城や有岡城など、例を挙げればキリがない。一般に石垣や石積みに使われた転用石には、城を呪力で防御するまじないの意味があったと言われている。安土城大手道の石材として使われた石仏=滋賀県近江八幡市安土町(筆者撮影) これに対して、安土城では人が足で踏みつける石段に流用されている点が特殊なのだ。他の武将が頼みにする仏教のアイテムである石仏・墓石の魔力。信長はそれに一切期待せず、足元に敷いて踏みつけるという手段を選んだ。それは、比叡山延暦寺(えんりゃくじ)の焼き討ちや本願寺との泥沼の戦争で彼が一貫してアピールして来たことなのだ。 「自分に従わない者は、仏であっても討つ。自分にひれ伏す存在であることを思い知れ」 信長は天主に登っていく石段で、まずその思想を具現化して見せたと解釈すべきだろう。城に込めた信長の「支配論理」 石段を登り本丸へと行き着くと、そこには唐様の御殿と将軍館がある。「玉石を研(みが)き、瑠璃(るり)を延べ、百官快く貴美を尽くし、花洛を移させられ、御威光・御手柄あげてかぞう(数える)べからず」 唐様の御殿というのは、おそらく天主の一段下に礎石群が残る「清涼殿」だろう。礎石の配置が線対称で左右逆転してみると京・内裏の清涼殿のそれと相似しているため、信長が安土城内に同じ物を造ったと考えられているものだ。詳細は「iRONNA」に前編集長による非常に興味深い論考があるため、ご参照いただくとよいだろう。これは天皇の政務・儀式の場になる。 そして、将軍館は武家の棟梁(とうりょう)の政務の屋形だ。 清涼殿と将軍館。公武の対になった政治のベースに百官(朝廷の文武百官)ら京をそのまま移す構想が高らかに宣言された。これは第18回で触れた「安土へ内裏様行幸申され候わん」という皇室行幸計画とリンクしている。将軍館は、当面信長の政務の場となり、やがては嫡男の信忠に引き継がれる構想だったと想定できる。 つまり、前述の大手道の石仏は、天皇も踏むことが前提となっていた。これは、国家鎮護の仏教を保護し皇族を寺院の門跡として送り込んで来た朝廷の歴史を真っ向から否定するロジックの象徴だっただろう。「仏教国家・日本」からの脱却宣言である。信長は朝廷と仏教の関係をもいったんリセットし、自分の支配論理の中でそれを再構築しようと考えていたのだ。 「天皇(みかど)と言えども、余の政策の下に御座す(おわす)」 その思考を、さらに具体的に形にしたのが、天主だ。後の時代になると天守、天守閣と呼ばれる城郭中の最高建築物、城郭の象徴として扱われ城主の居住空間ではなくなった天主だが、信長はこれを居住空間とした。その字も「天の主」が住まうプライベート空間が、清涼殿と将軍館を上から見下ろす形になる。信長は天皇と将軍、公武のツートップを足元に従えて天下に君臨する自分の姿を思い描いた。安土城「清涼殿」跡=滋賀県近江八幡市安土町(筆者撮影) それでは、天主の中に入ってみよう。これについては、『信長公記』の中に「安土山御天主の次第」という詳細な記録がある。石くらの高さ十二間余りなり。一、石くらの内を一重土蔵に御用い、是より七重なり。二重石くらの上、広さ北南へ廿間、西東へ十七間、高さ十六間。ま中に有る柱数二百四本立つ。本柱長さ八間、ふとさ一尺五寸、六寸四方、一尺三寸四方木。御座敷の内、悉(ことごと)く布を着せ黒漆なり。西十二畳敷、墨絵に梅の御絵を狩野永徳に仰付けられ、かゝせられ、何れも下より上迄、御座敷の内御絵所悉く金なり。同間の内御書院あり。是には遠寺晩鐘の景気かゝせられ、其前に、ぼんさんををかせられ、次四でう敷、御棚に鳩の御絵をかゝせられ、又十二畳敷、鵝(がちょう)をかゝせられ、則鵝の間と申すなり。又其の次八畳敷、奥四てう敷に雉の子を愛する所あり。南又十二畳布、唐の儒者達をかゝせられ、又八でう敷あり。東十二畳敷、次三でう布、其次、八でう敷、御膳拵(こしら)へ申す所なり。又其次八畳敷、是又御膳拵へ申す所なり。六でう敷、御南戸、又六畳敷、何れも御絵所金なり。北ノ方御土蔵あり。其次御座敷、廿六でう敷の御南戸なり。西は六でう敷、次十でう敷、叉其次十でう敷、同十二畳敷、御南戸の数七つあり、此下に、金燈炉をかせられたり。 ここまでが天主地下1階と地上1階の様子だ。ひとまずこの部分について解説しようと思うが、紙数の関係で次回に続く。

  • Thumbnail

    記事

    首里城の守護者たちが教えてくれる「正しい再建」

    、前回の論考で記した通りだ。その際、識者たちが「所有権の沖縄県への移管」を主張する根底に、「首里城は歴史的に沖縄のものだ」という認識があるが、首里城は本当に沖縄の人々だけの力で築かれ、守られてきたのだろうか。 前回は首里城問題の深層を指摘したが、本稿では首里城の「歴史」について明らかにしていきたい。まずは、戦後の再建をさかのぼって確認してみよう。 首里城は1945年の米軍による艦砲射撃により焼失し、琉球列島米国民政府時代の50年、城跡に琉球大が設置された。72年5月15日の祖国復帰とともに国史跡に指定され、77年からの琉球大の移転開始に伴い、80年代に入って、県と国による首里城復元に関する計画が策定された。 本格的な復元へと動き出す際に最も大きな働きをしたのが、元通産相の山中貞則である。「沖縄県民斯(か)ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜(たまわ)ランコトヲ」。山中の沖縄への特別な思いは、戦後に友人から教えられた沖縄特別根拠地隊司令官、大田実の決別電文から始まっている。 64年、第1次佐藤栄作内閣が発足すると、山中は佐藤に沖縄訪問を求め、膝詰めで談じ込んだという。山中は「県民が祖国に復帰できるかどうかに、内閣の命運をかける価値がある」と佐藤に断言した。 その結果、65年8月19日、現職首相として戦後初の沖縄訪問が実現する。それ以降本格化する沖縄返還交渉に山中も携わり、72年の祖国復帰につながっていった。返還後に設置された沖縄開発庁の初代長官に就き、沖縄経済の振興に尽力する。 沖縄復帰を2年後に控えた70年には、琉球政府から国費による首里城復元の要請を受ける。「沖縄は日本のために尊い犠牲になったのだから、日本国民、日本政府として復元に力を貸すのは当然だ」。総理府総務長官だった山中は難色を示す大蔵省を説得し、政府も第1次沖縄復帰対策要綱を決定したことで、復元の道筋をつけた。沖縄で開催された復帰記念式典であいさつをする山中貞則沖縄開発庁長官(右端)=1972年5月15日、那覇市民会館 その結果、89年に首里城正殿の復元工事に着手し、祖国復帰20周年にあたる92年に首里城公園が国営沖縄記念公園として一部開園した。その後も復元作業は続けられ、今年2月に全ての復元プロジェクトが完了したばかりだった。 さて、戦後の復元を開始するにあたって、首里城は既に灰となってしまい、現場には何も残っていない。それでも、復元に役立てられた写真や図面といったデータの蓄積があったのは、昭和の首里城大修理を担った先人たちの残したきめ細やかな努力によるものだった。保存に奔走した2人の男 1879年に沖縄県が設置されると、最後の琉球国王だった尚泰は、他の藩主と同じように首里城を明け渡した。その後、09年に首里区(当時)の所有物となっても世間から見向きもされず、11年6月には地震や暴風が相次ぎ、正殿2階の天井が墜落するなど、廃虚にも等しい悲惨な状態をさらした。 1923年9月、沖縄県は首里城正殿を取り壊すことを決定し、取り壊し式を24年4月7日に実施することになった。跡地に沖縄県社(沖縄神社)を建立する計画も立案された。 さかのぼること2年半前の21年4月、香川県出身の鎌倉芳太郎が沖縄女子師範学校の美術教師として赴任した。鎌倉は豊かな沖縄文化に惹かれ、2年の滞在で沖縄本島や宮古、八重山をくまなく歩く。そして、沖縄の芸術や文化、宗教に関する写真やスケッチなど大量な記録を残し、沖縄文化研究の第一人者と呼ばれるようになる。 東京に戻った鎌倉は23年3月、小石川にある沖縄県出身者の寮、明正塾を訪れた際、沖縄地元紙の「首里城取り壊し」の記事を見つける。取り壊し式が10日後に迫っていることを知った鎌倉はすぐさま明正塾を飛び出し、本郷の東京帝大に向かった。同大教授で建築家の伊東忠太に面会して、首里城の危機を訴えるためだ。 伊東は日本最初の建築史家といわれ、神社建築の第一人者であり、古社寺保存の権威としてその名を轟(とどろ)かせていた。鎌倉の要請を受けた伊東はすぐに内務省神社局長の大海原(おおみはら)重義に中止を要請する。 大海原も伊東の働きかけには逆らえず、沖縄県庁に「首里城並びにその建造物は史跡名勝天然記念物に該当するので取り壊しならぬ」と中止命令を打電した。実際には、取り壊し式を待たずに作業が開始されており、既に瓦が外され始めたところだった。しかし、鎌倉と伊東の情熱と行動に支えられて、首里城は奇跡的にその命を守られたのだ。 1925年、首里城正殿は特別保護建造物、次いで旧国宝に指定され、沖縄神社拝殿として存続する。その後、修繕計画が立てられ、28年2月には昭和の大修理が始まった。建築家・伊東忠太の胸像(東京大学工学研究科建築学専攻所蔵)=2009年7月撮影 しかし、早くも30年ごろに工程2割で工事資金が底をついてしまい、手詰まり状態に陥った。7月には観測史上3位(当時)の台風が沖縄を襲い、那覇市では最大風速47メートルを記録する。首里城も大きな被害を免れず、工事も中止状態となった。 再び危機に陥った首里城を救ったのが、文部省宗教局の阪谷良之進と同省建築技師の柳田菊蔵である。阪谷から沖縄への派遣の命を受けた柳田は現地到着後、被害状況の調査に入った。法隆寺や姫路城よりも優先 そこで柳田が目にしたのは、屋根が台風で剝がれ、柱もシロアリの餌食にされた悲惨な首里城の姿だった。柳田は状況を手紙で報告するととともに、阪谷に素屋根(すやね)設置の必要性を訴えた。 素屋根とは、建物をすっぽり覆う仮設物で、台風による再度の被害を避けられるだけでなく、木材を風雨に晒(さら)すこともないため、劣化や損失を防ぐことができる。最大のメリットは、工事が天候に左右されなくなるため、計画通りに工事を進められることだ。ただその分、高額な予算を必要とする。 阪谷も2月には自ら沖縄まで足を運び、滞在を延長して丹念に視察した。その結果、柳田の主張通り、素屋根を用いた工法でなければ、工事は完成できないと確信する。 東京に戻った阪谷はすぐさま、工事費増額のために粉骨砕身の努力を始める。それからわずか数日後、柳田に打った電文には「工費は九八九〇〇円以内に収ること」とあり、ただし書きに「貴族院議員控室にて決定す」とあった。 この予算は当時の首里市にほぼ匹敵する規模であり、文部省が行ったどの修理工事も超える額だった。しかも、台風が首里城を襲う前年の29年3月に国宝保存法が制定されたばかりで、文部省にとっては、この法律に基づいて修理しなければならない文化財が山積みだった。 その中には、伊東により世界最古の木造建築物であると確認された法隆寺や、西の丸の櫓(やぐら)の一部が大雨で崩壊して早急な修理が必要だった姫路城があった。文部省は、これらの文化財より首里城の大修理を優先して予算をつけたのだ。 昭和の大修理では、各部材を実測し記録を取った上で解体し、修復してから組み立てるという気の遠くなる作業を繰り返した。それでも現場監督の柳田と文部省で監督指揮した阪谷のもとで、素屋根がかけられた正殿の修復は迅速に進んでいった。そして、再開からわずか1年9カ月後の33年9月23日、幾多の困難を乗り越えながらも、一人のけが人を出すことなく完成した。激しく燃え上がる首里城の正殿=2019年10月31日午前4時ごろ、那覇市(近隣住民撮影) さて、鎌倉や伊東が取り壊しを阻止し、阪谷や柳田により見事、昭和の大修理を成し遂げた首里城は、いつ建築されたものなのだろうか。1709年の琉球は国難ともいえる不幸の連続だった。病床にあった尚貞王のために壇を設けて、除厄祈福のために経を七昼夜唱えたが、7月13日に亡くなり、在位41年の長期政権が終わりを告げた。 その夏、相次いで台風が襲い、作物を吹き飛ばしたかと思えば、そのあとは雨が一滴も振らない干ばつに見舞われてしまう。18世紀に編纂(へんさん)された琉球王国の正史「球陽」には、次のような記述が残っている。薩州の太守、白銀を発賜して饑ゑたる民人を済ふ。旧年の夏秋、颱颶七次あり。十月に至りて、颱風最も暴し、国、大いに饑饉を致す。王、即ち倉廩を発し、周く人民を済ふ。然れども、春に入り、饑甚だしく、民已に餓殍す。遂に其の事、薩州に聞ゆ。是れに由りて、薩州太守吉貴公、白銀二万両を寄賜して、以て本国の餓□を賑済せしむ。(意訳)夏から秋にかけて台風が7度にわたりやってきた。特に10月の台風は激しかった。国を飢饉が襲ったのだ。そのような中、11月25日午前2時。首里城が紅蓮(ぐれん)の炎に包まれた。この火災で南殿、北殿ともに跡形もなく灰になってしまったのだ。王は人民を救済するために蔵の米を放出するが、それでも足りず、3200人の餓死者を出してしまった。王府は薩摩の在番奉行の協力を得て、救援米の支援を要請するため飛船を出した。薩摩藩主島津吉貴が琉球に救援米3千石を貸与。続いて銀200貫を送り、続いて白銀2万両を送った。「正しい復元」に必要なこと 1710年10月、首里王府は再建責任者として、向鳳彩(しょうほうさい、今帰仁按司(あじ)朝季)を総奉行に任命し、着工した。しかし、木材が不足しているため再建がままならない。球陽にはこのように記述されている。薩州太守、材木を寄賜して、以て宮殿の修造を補ふ。先年、王城回禄し、将に宮殿を修造せんとす。而して材木欠乏す。今、疏文を具し、薩州に求買す。是れに由りて、薩州太守吉貴公、材木壱万九千五百二十五本を寄賜して、以て禁城宮殿の修造を補ふ。(意訳)去年、王城が火災で消失し、まさに宮殿を修繕しようとするが、材木が足りない。薩摩に買い求める。これにより薩摩藩主、吉貴公は、材木1万9525本を琉球国に寄賜し、宮殿修繕の助けとした。 蒸気船もない時代に約2万本の木材を沖縄まで贈ることは、当時の薩摩にとっても国をあげた大事業だったのではないだろうか。このような薩摩の多大な援助により、首里城の再建を行うことができたのである。  琉球については、よく「1879年の琉球処分まで独立国だった」といわれるが、江戸時代は薩摩の支配下にあって、決して独立していたわけではない。また、災害や飢饉に襲われたとき、救援の手を差し伸べたのは、明(みん)や清(しん)ではなく、薩摩であり、中国の属国だったわけでもない。 そして、本稿のテーマである首里城再建を支援してくれたのも、やはり薩摩だったのだ。首里城のような巨大に建築物を建てるには、沖縄ではとても木材が足らないことは、今も昔も変わらない。 これまで、首里城の歴史を振り返って分かるように、少なくとも江戸時代中期以降、建設においても復元においても、沖縄だけで成し遂げることができたケースは一つも見当たらない。首里城の復元は、沖縄県外の人々の多大な尽力により成し遂げられたものである。その背景には、戦前の国宝保存法や戦後の文化財保護法といった国の法律と、それを適用した国の補助金の投入なくしては不可能だったのだ。 最後に沖縄県出身者として、首里城復元に関わっている人に伝えておきたいことがある。復元を語るとき、前述した伊東、鎌倉、阪谷、柳田4人の功績を伝えることを決して忘れてはならない。沖縄県立博物館・美術館で公開される、沖縄戦で焼失した首里城の正殿を再現した模型(同館提供) 彼らへの感謝を忘れたままで、正しい復元など不可能だ。ましてや、その恩を忘れ、沖縄という小さな島だけで、首里城の建設や復元を成し遂げたと勘違いし、所有権の移管を主張したら、どうなるであろうか。 沖縄県は恩知らずの県民性を育む結果となり、将来に修復不可能な大きな禍根を残してしまうだろう。首里城に息づく伝統芸術は沖縄の誇りであることは間違いないが、歴史的に見れば、明らかな「国宝」であり、日本国全体で守り伝えていくものなのだ。(文中敬称略)

  • Thumbnail

    記事

    美濃土岐氏の末裔か?極限まで迫る「明智光秀」出自のナゾ

    渡邊大門(歴史学者) 女優の薬物事件による降板でスタートが延期されたが、来年1月から、明智光秀を主人公としたNHK大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』が放映される。大河ドラマが放映されると、主人公のゆかりの地には観光客が押し寄せ、経済的に潤う。それは結構なことである。しかし一方で、観光客を呼び込むため、根拠のない俗説を強調することも珍しくない。こちらは、悲劇である。 もう一つの悲劇は、本能寺の変の関連本である。プロ・アマ入り混じって関連書籍を刊行しているが、デタラメな内容のものも少なくない。すでに否定された説を壊れたカセットデッキのように、何度も繰り返し刊行されている例も見受けられる。現在、残っている史料からは、すべての黒幕説は否定されている。 光秀を語るうえで、重要なポイントは出自の問題である。光秀が土岐明智氏の流れを汲むことは、所与の前提とされている。はたして、それは正しいのだろうか? 一般的に光秀は、美濃の名門一族である土岐氏の流れを汲む、土岐明智氏の出身といわれている。土岐氏は清和源氏・源光衡(みつひら)の末裔(まつえい)であり、鎌倉時代に美濃国土岐郡に本拠を構えた。以降、土岐氏は美濃に勢力を拡大し、室町幕府が成立すると美濃国に守護職を与えられ、三管四職家(管領または侍所の所司になれる家柄)に準じる扱いを受けた。 実際に土岐氏は、侍所の所司を務めたこともある。14世紀中後半の土岐頼康の代には、尾張・美濃の守護も兼ねた。ところが、天文11(1542)年に当主の頼芸(よりなり)は、配下の斎藤道三によって美濃から追放された。これにより事実上は滅亡したものの、土岐氏は名族にふさわしい家柄である。 土岐明智氏は美濃国の名門で守護を務めた土岐氏の支族で、室町幕府の奉公衆の一員でもあった。奉公衆は室町幕府における御目見以上の直勤御家人で、五番(五つの部隊)に編成されていた。 日常の奉公衆は番の隊長である番頭のもとで、御所内の諸役や将軍御出の供奉などを務め、戦時には将軍の親衛隊として出陣する直属の軍事力でもあった。後年、信長に仕え重用された光秀にとっては、相応な出自といえるのかもしれない。大阪府岸和田市の本徳寺に明智光秀像として伝わる肖像画(模本、東大史料編纂所蔵) では、光秀の父はどのような人なのだろうか。その点は、数多くの明智氏の系図に触れられている。次に、代表的な系図を挙げることにしよう。 ①光綱――『明智系図』(『系図纂要』所収)、『明智氏一族宮城家相伝系図書』(『大日本史料』一一―一所収) ②光隆――『明智系図』(『続群書類従』所収)、『明智系図』(『鈴木叢書』所収) ③光国――「土岐系図」(『続群書類従』所収) これらの系図によると、光秀の父の名は、①光綱とするもの、②光隆とするもの、③光国とするもの、の3つに分かれており確定していない。そうなると、光秀の父の名前が一次史料に登場するかがカギとなる。 しかし、彼ら3人のうち1人でも登場する一次史料は、管見の限り見当たらなかった。裏付けとなる一次史料がない以上、3人のうち誰が光秀の父であるかを考えても、正確な結論に至るとは思えないので、あまり意味のある作業とはいえないかもしれない。前半生の解明は不可能 史上に突如としてあらわれた人物の場合、意外に父祖の名前が判然としないケースが多い。系図によってこれだけ光秀の父の名前が違うのだから、その背景を改めて検証する必要がある。『明智系図』のうち、『続群書類従』所収の『明智系図』については、上野沼田藩の土岐氏に伝わる「土岐文書」の写しが書き写されている。 『明智系図』のように系図や家譜類に古文書が記載されていることは珍しくなく、系図の信憑性を高めることになる。『明智系図』と「土岐文書」などを照合すると、光秀の祖父にあたる頼典とその弟の頼明までは存在を確認できるが、光秀の父の光隆は一次史料で確認することができない。 この点は、不審と言わざるを得ず、『明智系図』がいかに「土岐文書」を写し取っているとはいえ、光秀の父を安易に光隆とすべきではないだろう。光隆以前の系譜は、不明と言わざるを得ないのである。 これまでの研究では、上記の二次史料を駆使して、光秀が土岐明智氏の流れを汲むと指摘してきた。しかし、光秀の前半生を一次史料で解き明かすことは不可能で、二次史料に書かれた光秀に関する史実は分からないといえよう。 これまでの研究の中には、信頼できない二次史料を「信頼できる」として強引に使用しているか、大きな論理の飛躍によって、もたらされた結論である。したがって、現時点では、光秀が土岐明智氏の出自であるか否かは、不明であるといわざるを得ない。もちろん、父が誰であるのかも分からないのである。 このように父の名さえ分からない光秀に関しては、生年や出生地についても、実に謎が多いといえる。 これまで、光秀が土岐明智氏の流れを汲むことが所与の前提になっていた。土岐明智氏の出身地については、二つの説が有力視されている。一つは岐阜県恵那市明智町であり、もう一つは岐阜県可児市広見・瀬田(明智城址がある)だ。互いに「明智」の名を冠していることから、非常にややこしいことになっている。坂本城跡にある明智光秀の石像(大津市) 岐阜県恵那市明智町には明知城址があり、城内には光秀学問所の跡に建てられた天神神社、あるいは光秀産湯の井戸の跡が残っている。近隣の龍護寺に伝来する光秀の直垂(ひたたれ)など、光秀にまつわる史跡や遺物があることから、現在も「光秀祭り」が催されている。 ただし、光秀の先祖が岐阜県恵那市明智町の出身とするのには、難があると指摘されている。実際、恵那市明智町は、遠山明智氏の出身地といわれている。したがって、土岐明智氏の出身地として正しいのは、岐阜県可児市広見・瀬田であるとされている。 ところで、光秀は、いつどこで誕生したのだろうか。光秀の誕生年についても、諸説あって定まらない。『続群書類従』所収の『明智系図』には、享禄元(1528)年3月10日に美濃の多羅城(岐阜県大垣市)で誕生したとある。母は若狭守護の武田義統(よしむね)の妹とあり、名族にふさわしい母の家柄となっており、内容がかなり具体的であるといえよう。 とはいえ、光秀は土岐明智氏の本拠である岐阜県可児市広見・瀬田で生まれたのではなく、多羅城で生まれたのだから、疑念を感じる。誤り多い『明智軍記』 『明智氏一族宮城家相伝系図書』には、光秀が享禄元年8月17日に誕生し、石津郡の多羅で誕生したと記す。ただ、父は進士信周(しんし・のぶちか)、母は光秀の父・光綱の妹だったと記す。病弱だった光綱は、40歳を過ぎても子に恵まれなかった。そこで、光綱の父・光継(光秀の祖父)は光秀を光綱の養子とすることを決意し、家督の後継者にしたという。 こちらでは、光秀が養子だったとする。進士信周については不明であるが、奉公衆の出身であり、幕府との関係を示唆する。また、光秀の譜代の家臣には進士貞連(さだつら)がおり、光秀の死後は肥後藩の細川興秋(忠興の次男)に仕えた。 誕生した日付を除けば合致しており、ほかの系図もおおむね享禄元年誕生説を唱えている。後述する『明智軍記』も、享禄元年誕生説である(天正10年に55歳で没したと記す)。ただ、上記の諸系図の記載には、いささか疑問が残る。 たとえば、光秀の母の兄とされる武田義統の誕生年は、大永6(1526)年である。義統の妹はさらに若いはずなので、明らかに年代的に矛盾している。光秀が享禄元(1528)年生まれであるならば、義統の妹は光秀の母であるはずがない。 なぜこうなったのか理由は不明であるが、義統の子息・元明は天正10(1582)年6月の本能寺の変で光秀に与した。もしかしたら、そういう縁から光秀と武田氏を結び付けようとしたのかもしれない。 実は、享禄元年生誕説を唱える編纂物は、ほかにもある。それは、『明智軍記』である。すでに半世紀以上も前、古典的名著『明智光秀』(吉川弘文館)の著者として知られる高柳光壽(みつとし)氏は、『明智軍記』を信頼できない悪書(「誤謬充満の悪書」と記す)と指摘した編纂物である。たしかに『明智軍記』は誤りが多いので、歴史史料として用いるのには躊躇(ちゅうちょ)する史料である。 『明智軍記』は元禄6(1693)年から同15年の間に成立したとされ、作者は不詳である。光秀が亡くなってから、おおむね100年以上を経過している。光秀を中心に取り上げた軍記物語はほかになく、そういう意味では貴重な史料といえるのかもしれない。 ただし、『明智軍記』が拠った史料には、『江源武鑑(こうげんぶかん)』のようなひどい代物がある。何より同書にはユニークな話が多々書かれているが、それらは一次史料で裏付けられず、また、ほかの記述内容も誤りが非常に多い。 『当代記』には、光秀の没年齢を67歳であると記している。つまり、永正13(1516)年の誕生となる。『当代記』は著者が不明(松平忠明?)で、寛永年間(1624~44)頃に成立したと考えられている。京都・小栗栖で落ち武者狩りにあう明智光秀=『国史画帖大和桜』(昭和10年刊)より 当時の政治情勢や大名の動向などを詳しく記しており、時代が新しくなるほど史料の性質は良くなっていくが、残念ながら信長の時代については、史料的な価値が劣る儒学者の小瀬甫庵『信長記』に拠っている記事が多い。したがって、そのような性質は考慮しなくてはならないだろう。比較のうえでは、先の系図類よりも『当代記』が良質であるが、正しいという保証はない。 小瀬甫庵『信長記』は元和8(1622)年に成立したといわれてきたが、今では慶長16、17(1611、12)年説が有力である。『信長記』の成立が10年ほど古いことが立証され、これにより『信長記』の史料性を担保する論者もいるが、成立年の早い遅いは史料の内容を担保するものではない。玉石混交の史料 同書は広く読まれたが、創作なども含まれており、儒教の影響も強い。太田牛一の『信長公記』と区別するため、あえて『甫庵信長記』と称することもある。そもそも『信長記』は、太田牛一の『信長公記』を下敷きとして書いたものである。 しかも、『信長公記』が客観性と正確性を重んじているのに対し、甫庵は自身の仕官を目的として、かなりの創作を施したといわれている。それゆえ、『信長記』の内容は小説さながらのおもしろさで、江戸時代には刊本として公刊され、『信長公記』よりも広く読まれた。現在、『信長記』は創作性が高く、史料としての価値は劣ると評価されている。 『綿考輯録』(めんこうしゅうろく)では、光秀が57歳で没したという。したがって、誕生年は大永4(1524)年になろう。『綿考輯録』には若き頃の光秀の姿がたびたび描かれているが、信頼に足る史料なのだろうか。 『綿考輯録』は安永年間(1772~81)に完成した、細川藤孝(幽斎)、忠興、忠利、光尚の四代の記録である。編者は、小野武次郎である。熊本藩・細川家の正史と言っても過言ではない。これまでの研究によると、忠利、光尚の代は時代が下るので信憑性が高いかもしれないが、藤孝(幽斎)あるいは忠興くらいの時代になると問題になる箇所が少なくないと指摘されている。それは、なぜだろうか。 その理由は、『綿考輯録』を編纂するに際しておびただしい量の文献を参照しているが、巷間(こうかん)に流布する軍記物語なども材料として用いられているからだ。 たとえば、先に取り上げた『明智軍記』は、その代表だろう。『総見記』などの信頼度の低い史料も多々含まれている。『綿考輯録』の参考書目を見ると、多くの史料類や編纂物が挙がっているが、玉石混交なのは明らかである。 『総見記』は『織田軍記』などともいい、遠山信春の著作である。貞享2(1685)年頃に成立したという。甫庵の『信長記』をもとに、増補・考証したものである。史料性の低い甫庵の『信長記』を下敷きにしているので、非常に誤りが多く、史料的な価値はかなり低い。今では顧みられない史料である。 加えて、『綿考輯録』は細川家の先祖の顕彰を目的としていることから、編纂時にバイアスがかかっているのは明らかである。この点は、大名の家譜類では避けられない現象である。つまり、『綿考輯録』は扱いが難しい書物であり、光秀の記述については慎重になるべきだろう。細川家の正史だから、正しいという保証はないのである。 結論を言えば、光秀の誕生年については、おおむね永正13(1516)年から享禄元(1528)年の間とくらいしかいえない。しかも、「二次史料に拠る限り」という留保付きであり、今後、光秀の誕生年をうかがい知る一次史料の出現を待つしかないだろう。 これまでの光秀の先祖や生年については、さまざまな二次史料が使われてきた。それぞれの史料には難があり、にわかに信を置くことはできない。裏付ける一次史料がない以上、光秀の先祖や生年は不明とせざるを得ないのである。主要参考文献渡邊大門『明智光秀と本能寺の変』(ちくま新書)渡邊大門『光秀と信長 本能寺の変に黒幕はいたのか』(草思社文庫)

  • Thumbnail

    記事

    「なんもしない人」安倍晋三、史上最長政権に押される烙印

    い。第1次内閣で日英同盟と日露戦争の勝利、第2次内閣で日韓併合と条約改正の達成である。どれか一つでも歴史に残る偉業だが、桂その人は「第2次内閣の実績は第1次に劣る」と、厳しく自己評価していたほどだ。 戦前の偉大な政治家と比較するのは、安倍に酷だとしよう。では、戦後の首相と比べるとどうか。◎吉田 茂…サンフランシスコ条約。占領下にあった状態から、独立を回復◎鳩山一郎…日ソ共同宣言。シベリアに抑留されていた50万人の日本人を奪還◎岸 信介…日米安保条約。完全な軍事的従属関係を脱却◎池田勇人…高度経済成長。日本国の指針を確立◎佐藤栄作…小笠原、沖縄返還。戦争で奪われた領土を奪還 いずれも、教科書に残る事績と評価してよい。 さて、安倍内閣には何が残るか? 景気は緩やかな回復軌道にあった。オバマ民主党だろうがトランプ共和党だろうが、アメリカとの友好関係を維持している。 だから、どうした? 安倍も気にしているのか、ときどき思い出づくりを試みる。憲法改正、北朝鮮拉致被害者奪還、北方領土交渉。だが、いずれも官僚が敷いたレールの上を走る行政ではなく、道なき道に自ら道を作るべき政治課題だ。官僚が差し出す時刻表、しかも絶対に目的地に着かない時刻表を眺めているだけの総理大臣に何ができるか。 安倍内閣は、「野党」よりマシなだけだと自白している。よりマシな政治家を選べば、安倍自民党内閣にならざるをえなかった。 だが、「野党」が本当に野党だったのか。 再び問う。海江田、岡田、蓮舫、枝野が一度でも安倍内閣を潰しにいったのか? むしろ最初から政権を担う気などなく、無責任な立場で言いたい放題を言える野党第一党の維持こそが目的だったのではないか。 この人たちは野党ではなく、体制補完勢力、すなわち体制の一部ではなかったのか。さも選挙を行い、「安倍か野党か」と選択肢が二つあるように思わせる。しかし、実際は一択だ。消費増税の問題一つとっても、野党も増税賛成だ。 かつても長期政権で腐敗した時代があった。官僚を従える桂が、衆議院で万年第一党の立憲政友会と談合して、政権を独占していた。しかし、桂は政争に敗れて憤死、政友会の増長が甚だしかった。これに、引退していた元老の井上馨が激昂、鉄槌を下して政友会を結党以来初の第二党に叩き落したことがある。国民は熱狂的に支持した。首相時代の桂太郎 史上最長政権となった以上、安倍は歴史の法廷で被告人となる覚悟をした方がよいだろう。(文中一部敬称略)

  • Thumbnail

    記事

    知られざる一世一代の儀「大嘗祭」とは何か

    の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します」という即位後朝見の儀での天皇陛下のおことばは、まさに歴史と伝統に基づく天皇のご存在のあり方を表している。天皇の行いとは、宮中祭祀から全国各地へのご訪問などのご公務まですべてが国家の繁栄と国民の幸せを願う祈りなのだ。 また、元旦の四方拝(しほうはい)に始まる宮中祭祀の中で、最も重要な祈りの儀式となるのが毎年11月23日に行われる新嘗祭(にいなめさい)である。天皇が五穀の新穀(しんこく)を皇祖神・天照大神(あまてらすおおみかみ)及び天神地祇(てんじんちぎ)に供え、自らもこれを食べ、その年の収穫に感謝する。古来、一般庶民も新嘗祭までは新米を口にしない風習があったが、現代にいたるも天皇陛下は新嘗祭を終えるまで新米を食されないと言われている。 天皇が即位後に初めて行う新嘗祭が大嘗祭である。即位の礼で皇位の継承を内外に宣明した天皇が、日本国の祭り主の地位として初めてその年の収穫を神に報告し感謝する一代一度限りの儀式だ。 毎年の新嘗祭は常設の建造物である神嘉殿(しんかでん)で行われるのに対して、大嘗祭は仮設・新造の新宮を皇居・東御苑に建てて執り行う。柴垣で外部と区画し、中心線に回廊を設けて、大嘗祭の神事が斎行される正殿として、東に悠紀殿(ゆきでん)、西に主基殿(すきでん)の二殿を配置し、神聖な食前を調理する膳屋(かしわや)、祭祀に先立ち天皇が沐浴(もくよく)を行う廻立殿(かいりゅうでん)などが設けられる。これらの諸殿舎を総称して大嘗宮(だいじょうきゅう)と呼ぶ。 令和の大嘗祭は11月14日午後6時半から「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」、同15日午前零時半から「主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀」が執り行われる。1990(平成2)年に使用された大嘗宮=皇居・東御苑 悠紀殿と主基殿のそれぞれで、大嘗祭のたびに選ばれる斎田でとれた稲の初穂でご飯が炊かれ、正殿の神座(しんざ)に天照大神及び天神地祇をお迎えし、天皇が神膳を捧げて共食される。古事記にある「大嘗」 斎田の選定では、47都道府県を東西に分け、亀の甲羅で占う「斎田点定の儀」によって、それぞれから「悠紀国(地方)」「主基国(地方)」がまず選ばれる。その地の水田から斎田が決められ、「斎田抜穂(ぬきほ)の儀」で収穫された稲の新米が皇居へと運ばれる。今回の斎田は栃木県高根沢町大谷下原と京都府南丹市八木町氷所新東畑の水田が選ばれた。 大嘗宮は伝統的に木造建築で統一されてきたが、今回は神前に供える食事を調理する膳屋と、新穀を保管する斎庫(さいこ)をプレハブ(鉄骨造)としたこと、さらには、正殿の屋根を茅葺きから板葺きへと変更したことが物議を醸している。 こうした経費節減でも人件費、資材価格の上昇を吸収しきれず、建設費は前回の14億円を超える見通しだというのが宮内庁の見解だ。 古来、大嘗宮は大嘗祭に先立つ1週間前から悠紀・主基国の人々の手によって5日間で完成させる黒木造りの簡素な形式だった。大正天皇の大嘗祭にかかわった民俗学者、柳田國男は古くからの伝統に近代的な要素が入り込んでいることも指摘しており、伝統と新儀の調和が歴史と文化をつくるともいえるので、何が正解であるかは時代とともに常に論じられることでもある。 今回プレハブとする膳屋と斎庫も、他の木造殿舎との違和感で儀式の雰囲気を損なうことがないよう、外装をむしろ張り、白帆布張りとするという。ただ、直接神事とは関係しない膳屋や斎庫と違い、正殿の造りは五穀豊穣を祈願する大嘗祭の意義にも関係する。伝統儀礼の破壊ではないかという疑問はやはり残る。 〝大嘗〟(おおにえ)という言葉が最初に出てくるのは「古事記」に登場する「天の石屋戸(あめのいわやど)」神話である。スサノヲが、天照大神の水田を壊し、天照大神が大嘗を召し上がる神殿も穢(けが)すなどの悪行を続けたため、怒った天照大神が石屋戸の中に入って出てこられず、この世は真っ暗闇になってしまったという有名な話である。ここにある大嘗とは、「日本書紀」には新嘗と記されていることからも新嘗祭の意味であることがうかがえる。 その後も、「日本書紀」には幾度か大嘗や新嘗の文言が登場するが、大嘗祭が一代一度のものとして確認できるのは持統(じとう)天皇からだといえる。持統天皇の夫であった前代の天武(てんむ)天皇が即位したあとの初めての秋に播磨・丹波の二国の人たちが参加する大嘗祭を行っていたという記載があるものの、翌年以降にも二度同じような記述が見られ、一代一度の大嘗祭とは考えにくい。 天武天皇の御代に大嘗祭の原型が形成され、持統天皇の御代から天皇一代一度の大祭となったと考えるのが妥当であろう。古代国家から律令国家へと移行していく過程で大嘗祭が確立されていくことになったと考えれば納得できる。当時の律令国家とは今で言うところの近代国家であり、天皇即位において初めての新嘗祭を国家祭祀として盛大に執り行うようになっていったのだろう。皇室祭祀にとって一つの転換期であったことがうかがえる。 一連の皇位継承儀礼を締めくくる最も重要な祭祀儀礼とされる大嘗祭であるが、「天皇は大嘗祭を終えてから正式な天皇になる」という見解をしばしば目にする。すなわち大嘗祭を終えていない天皇は「半帝」であり完全な天皇とはいえない、大嘗祭は真に天皇としての資格を獲得する儀式であるという。皇位継承に伴う重要祭祀「大嘗祭」で使われる新米を納める「新穀供納」の行事=2019(令和元)年10月15日、皇居・東御苑(代表撮影) その根拠の一つとされているのが、天皇在位期間が即位からわずか78日間と歴代最短で、即位式も大嘗祭も行われなかった仲恭(ちゅうきょう)天皇(1218~1234年)である。明治3年に諡号(しごう)されるまで「半帝」などと呼ばれることもあった。仲恭天皇は4歳で父の順徳(じゅんとく)天皇から皇位を継承したが、直後に順徳帝らが承久(じょうきゅう)の変を起こし、鎌倉幕府の意向で譲位して母の実家である九条家で過ごして17歳で崩御された。 ただ、この一例だけで、大嘗祭が完全なる天皇となる儀式という説が広まったわけではない。前述の通り、天皇一代一度の祭礼として大嘗祭が執り行われたのは天武天皇から持統天皇の頃であるし、応仁の乱(1467~1478年)後は221年間も大嘗祭が行われていなかった。政教分離に反しない 「大嘗祭で完全な天皇になる」という説が学術の分野にまで広まる原動力となったのは、柳田とならぶ民俗学の巨頭、折口信夫(しのぶ)が昭和3年に世に問うた「真床襲衾」(まどこおふすま)論であろう(「襲衾」は「追衾」「覆衾」との表記もある)。折口の『大嘗祭の本義』などによれば、「日本書紀」には天照大神の孫ニニギノミコトが真床追衾にくるまれて天孫降臨したと記されおり、大嘗祭では正殿の神座に設けられる寝具(御衾、おふすま)に新帝がお入りになることで、歴代不変の天皇霊をお身体に入れられて完全な天皇位を得るという秘儀が行われるという。 また、ニニギノミコトの子で、山幸彦(やまさちひこ)として知られる彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫(とよたまひめ)の間に子(神武天皇の父親)が生まれたときにも真床追衾で包んだと伝えられている。真床追衾が天津神(あまつかみ、天照大神をはじめ高天原にいた神々)直系の象徴とされることも折口の〝仮説〟を補強し、折口説は大嘗祭研究に相当な影響力をもったようだ。 しかし、神道学者であり國學院大學神道文化学部名誉教授の岡田莊司氏が、折口説を明確に否定している通り、真床覆衾にかかわる神座での所作が記された文献史料は皆無である。折口自身も言明していたように、あくまで〝仮説〟だと言うほかない。 やはり大嘗祭の本旨は、天皇自らの親祭(しんさい)で、神膳(しんぜん)の御供進(ごきょうしん)と共食が行われることにあるだろう。大嘗祭で完全な天皇となるのではなく、即位の礼で皇位を継承したことを内外に宣明した正式な天皇が執り行う最も重要な祭礼ということである。 剣璽等承継の儀や即位礼正殿の儀が国事行為とされているのに対し、大嘗祭は皇室行事として扱われる。「皇室の私的な行事」ということではなく、「皇室の公的な行事」という位置づけである。憲法に定められる国事行為とは内閣の助言と承認を要するが、皇室の伝統祭祀である大嘗祭はその性質上、内閣が関与するものではないからだ。 大嘗祭への国費支出について日本国憲法の政教分離原則の観点から違憲であるという意見もある。秋篠宮殿下も昨年のお誕生日に際してのおことばで、憲法との関係で宗教色の強い大嘗祭は天皇及び皇族の日常の費用などに充当する内廷費で行うべきではないかというご意見を示された。平成の大嘗祭をめぐって憲法訴訟が起こされたことに配慮なされたのかもしれない。 しかし、大嘗祭に関する違憲訴訟はすべて退けられ、政教分離には反しないというのが司法の確定判断である。その判断基準となったのが昭和52年の津地鎮祭(つじちんさい)訴訟だ。最高裁判所は「政教分離原則は、国家が宗教的に中立であることを要求するものではあるが、国家が宗教とのかかわり合いをもつことを全く許さないとするものではなく、宗教とのかかわり合いをもたらす行為の目的及び効果にかんがみ」て政教分離原則との適合性が判断されるとしている。いわゆる「目的効果基準」である。そして地鎮祭については「社会の一般的慣習に従つた儀礼を行うという専ら世俗的なもの」という判断を示した。 最高裁の「国家が宗教とのかかわり合いをもつことを全く許さないとするものではない」との解釈は重要だ。国際常識でも政教分離原則とは、国家(政府)と教会(宗教団体)の分離の原則のことをいう。国家が特定の宗教団体に利するようなこと、あるいは圧力をかけるようなことを禁じることが目的にある。平成の大嘗祭に臨まれる上皇さま=1990(平成2)年11月22日、皇居・東御苑 例えば宗教法人はお布施など宗教活動にともなう収入や境内建物などに関して非課税とされているが、言い方を変えれば本来政府に入るべき収入を宗教法人に供与していることになる。特定の宗教に対して利益を供与すれば問題だが、公平の観点に基づく関与であれば政教分離の規定に反することはないということだ。 大嘗祭を国費で斎行しても、特定の宗教団体を利することもなければ、不利益を与えることにもならない。天皇が国家や民のために祈る祭祀は、およそ2千年前から続くわが国の伝統儀礼そのものであり、憲法上の政教分離に反することにはならないという認識を、大嘗祭を前に国民全体で共有しておきたい。※主な参考文献『大嘗祭と古代の祭祀』(岡田荘司著)『古事記(上)全訳注』(次田真幸著)『日本書記(一)・(五)』(坂本太郎/井上光貞/家永三郎/大野晋校注)