検索ワード:BBC/2192件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    正しい「うんち」のススメ、あなたは「座る派」? 「しゃがむ派」?

    2019年09月16日 17:34 公開 あなたがもし、この動画を便座に座って見ているなら、それは止めて! 排便する際に座るのではなく、しゃがんだ方がいい理由をお教えします。できれば、スマホを手放した状態で、トイレに行ってください。

  • Thumbnail

    記事

    米最高裁判事に新たな性的問題行動の疑惑 トランプ氏は擁護

    2019年09月16日 17:20 公開 就任の際に性的暴行疑惑や政治的偏向などが問題視されたブレット・キャヴァノー米最高裁判事について、別の性的加害行動の疑惑が報じられたことを受け、ドナルド・トランプ米大統領が報道を激しく批判している。 昨年10月に連邦最高裁判事となった保守派のキャヴァノー判事は、昨年夏の上院承認公聴会で、若い頃に性的被害を受けたという女性の証言に反論した上で、与党・共和党が多数を占める上院で承認され、就任した(最高裁判事の任期は終身)。 そのキャヴァノー氏について、14日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、大学時代の知り合いの話として、ほかにも性的な問題行動があったと報じた。 キャヴァノー判事とイェール大学で同級生で、現在はワシントンで非営利団体を運営するマックス・スティア氏は同紙に、「みんな酔っ払っていた学生寮のパーティーで(キャヴァノー氏が)ズボンを下して、周りの仲間が彼のペニスを女子学生の手に押し込む」などの、問題行動の様子を目撃したと話している。 これについて、そもそもキャヴァノー氏を最高裁判事に指名したトランプ氏は15日、「今度は民主党の過激左派とだらしない主要メディアがまた、ブレット・キャヴァノーを叩いて、お気に入りの『弾劾』って言葉をやかましく使っている。彼はひどい扱いを受けた無実の男だ。ひどいうそばかり言われている。脅してリベラルに宗旨替えさせたいんだ!」とツイートした。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1173216300287635456 トランプ氏はさらに、「ブレット・キャヴァノーはそろそろ名誉毀損で訴えた方がいい。それとも、司法省が助けてやるべきだ。あまりにひどいうそばかり飛び交っている。反論の機会がないままデタラメに責められている。いつになったら終わるんだ? 彼の判断を動かそうとしている。そんなことがあってはならない!」とも書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1173231877181857795 キャヴァノー判事承認の際の疑惑 昨年7月にトランプ氏がキャヴァノー氏を最高裁判事に指名すると、カリフォルニア州パロアルト大学で心理学を教えていたクリスティーン・ブラジー・フォード教授は、1982年に当時17歳だったキャヴァノー氏に強姦されそうになったと名乗り出て、上院司法委員会の指名公聴会で宣誓証言した。教授は当時のキャバノー氏は友人と一緒に酒に酔って、15歳だった自分をベッドに押し付けて服を脱がせようとして、自分が助けを求めようとすると口を手で押さえたと言明した。 それに対してキャヴァノー氏は、性的暴行疑惑を完全に否定した。その一方で、上院公聴会で潔白を主張した際の攻撃的な発言の仕方や、すべては民主党やクリントン夫妻の工作だと強く非難したことから、批判する人たちは最高裁判事としての資質や政治的偏向も問題視した。10代のころの飲酒などについて、宣誓しながら虚偽の証言をしたのではないかという批判もあった。 <関連記事> キャバノー氏、米最高裁判事に就任 トランプ政権の勝利 トランプ氏、暴行告発の教授を嘲笑 FBIは教授に連絡せずと弁護士 キャバノー米判事は「飲酒についてうそをついた」=元級友  涙の被害証言と完全否定 米最高裁判事候補の性的暴行疑惑で主張対立 フォード教授のほかには、イェール大学で同級生だったデボラ・ラミレス氏が米誌ニューヨーカーに、学生寮のパーティーでキャヴァノー氏が自分の目の前で性器を振ったと話していた。 民主党は判事を批判 昨年の判事承認手続きでは、与党・共和党と野党・民主党が激しく対立し、結果的に共和党が多数を占める上院がその就任を承認して終わった。 今回の報道を受けて、民主党からは複数の議員があらためてキャヴァノー判事を批判している。 民主党から2020年大統領選に出馬しているカマラ・ハリス上院議員は、上院司法委でキャヴァノー氏に厳しく質問を重ねた1人。ハリス議員は15日、「私はあの公聴会に出席していた。ブレット・キャヴァノーは米上院にうそをつき、なによりアメリカ国民にうそをついた。でたらめな手続きで最高裁判事になった人間が最高裁に座っているのは、真実と正義の追求を侮辱するものだ。弾劾しなくてはならない」とツイートした。 同様に大統領選に出馬し、昨年夏の上院司法委ではキャヴァノー氏と舌戦をかわしたエイミー・クロブシャー上院議員も、キャヴァノー氏承認の手続きを「デタラメ」と非難。米ABCニュースに対し、「行政権限に対するあの人の考え方は、この国に長く悪影響をもたらす。それに加えて、あの人のふるまいも問題で、そのため就任に強く反対した。今回報道された告発内容も、その問題行動の一環だ」と述べた。 これに対して、共和党のテッド・クルズ上院議員は新しい報道内容について、「極左は匿名の情報源を使って30年前にさかのぼるまでして、キャヴァノー判事に汚名を着せようとしている」と批判した。 米連邦最高裁判事の任期は終身。保守派キャヴァノー氏の就任に先立ち、最高裁判事はすでに保守派5人、リベラル4人で、保守派が優勢な構成だった。 アメリカの連邦最高裁は市民生活に重要な影響力を持つ。人工中絶、死刑制度、投票権、移民政策、政治資金、人種偏向のある警察の行動など、激しい賛否両論のある法律について最終判断を示すほか、連邦政府と州政府の争いごとや、死刑執行停止の請求などについても最終判断を示す。 (英語記事 Brett Kavanaugh: Trump defends judge amid new misconduct claims)

  • Thumbnail

    記事

    17歳少年はなぜ死んだ カシミール住民とインド政府の食い違う主張

    の主張が食い違っている。同州スリナガルで死亡した17歳少年をはじめ、複数の住民がなぜ亡くなったのか、BBCのヨギータ・リマエ記者が検証する。 アスラー・アフマド・カーン君(17)は8月6日、自宅前の路上で負傷し、搬送先の病院で1カ月後に死亡した。 アスラー君は、スポーツが大好きな「優秀な生徒」だったという。 自治権剥奪で揺れるジャンムー・カシミールでは、様々な事象について諸説が飛び交うのが普通のことになりつつある。アスラー君の死をとりまく状況も、争点のひとつになってしまった。 アスラー君の父親フィルダス・アフマド・カーンさんは、友人とクリケットをしていたアスラー君が、催涙ガス弾と鉛散弾で頭を撃たれたと主張している。一緒にいた友人の1人は、その晩に撤退する予定だったインドの準軍事部隊がアスラー君を撃ったと証言している。 アスラー君の診断書によると、鉛散弾と、催涙弾の破裂によるけがが死因となった。しかし、カシミールを管轄するインド軍司令官トップのKJSディロン中将は、カシミール住民が軍隊に向けて投げた石がアスラー君に当たったのだと反論している。 カシミール警察はBBCの取材に対し、病院の報告にはあいまいな点があり、さらなる調査が必要だと説明。インド側の主張を支持すると述べた。 インド政府が、ジャンムー・カシミール州に70年にわたって認めてきた自治権を剥奪し、同州を連邦政府管轄下の2つの小さな領地に分割すると発表した翌日に、アスラー君は負傷した。 突然の発表に至るまでの数日間で、何万ものインド兵が追加配備されたほか、ヒンドゥー教徒の大規模巡礼が中止され、学校は閉鎖された。観光客には退避勧告が出された。さらに、電話やインターネット・サービスも停止され、地方の政治指導者は自宅に軟禁された。 アスラー君が学校のテストで8割以上の成績をおさめていたことがわかる成績表や、クリケットのトロフィーを授与された際の写真が掲載された古い新聞記事は、アスラー君の家族にとって最もかけがえのないものの1つだ。 フィルダスさんはBBCの取材に対し、「(インドの)モディ首相は私の苦しみを分かっているのか? この事件について謝罪したのか? 非難したのか?」と尋ねた。 「明日になったら、さらに犠牲者が増えるだろう。現在のカシミールには、説明責任は存在しない」 インド政府は、同州の自治権を剥奪して以降、治安部隊の行動による死者は1人もいないと主張する。その一方で、反政府デモの参加者の投石により、アスラー君を含む2人が死亡したと説明している。 インド政府によると、同州南部トラル地区で、ヤギ飼い2人と小売店主1人の合わせて3人が武装勢力によって殺害された。 報道によると、小売店主のグラーム・ムハンマドさん(60)は8月29日夜、妻と共に店内にいたところを、3人組に銃で撃たれた。犯人たちはバイクで逃走したという。 ムハンマドさんは、店の営業再開に反対する過激派グループの警告を聞き入れなかったため、殺害されたのではとの憶測が浮上している。 カシミール警察のディルバー・シン長官によると、インド当局に抵抗する勢力が、店舗や銀行、ガソリンスタンドに営業を再開しないよう警告のチラシを配布していたと述べた。 BBCはムハンマドさんの遺族を訪ねたが、影響を恐れる遺族は取材に協力できなかった。警察は我々に対し、ムハンマドさん殺害の動機について、現在も捜査中だと説明した。 一方、政府の「公式の数字」には、ムハンマドさんなどの不審死は含まれていないと主張する人もいる。 ラフィク・シャグーさんはBBCに対し、8月9日にスリナガルのベミナ地区の2階建ての自宅で、妻のフェミーダ・バノさん(34)と紅茶を飲んでいた際に、近所でデモ隊と治安部隊の衝突が発生したと証言した。 治安部隊による催涙ガスが自宅に充満し、バノさんが窒息症状を引き起こしたという。 「妻が、息が出来ないと訴えたので、私は病院に急いで連れて行った。妻はずっと『何が起きたの』と私に聞いていて、すごく怖がっていた。医者は全力を尽くしたものの、妻は助からなかった」 バノさんの診断書によると、有毒ガスを吸い込んで死亡したという。シャグーさんは現在、裁判所に、妻の死に関する捜査を求める請願書の提出を計画している。 スリナガルのサファカダル地区で死亡したムハンマド・アユーブ・カーンさん(60)の状況も、バノ氏の時と酷似している。 ムハンマドさんの友人、ファイアズ・アフマド・カーンさんはBBCに対し、8月17日、治安部隊とデモ隊の衝突が起きた現場近くを通ったと証言した。 ファイアズさんによると、ムハンマドさんの足元の近くに催涙弾2発が降ってきた。病院へすぐさま搬送されたものの、医者から、ムハンマドさんはすでに死亡していると告げられたという。遺族には診断書は提示されていない。 一方で警察は、我々に対し、ムハンマドさんが催涙ガスを吸い込んで死亡したというのは、うわさに過ぎない述べた。 外出禁止令が敷かれるなど、ジャンムー・カシミール州は封鎖されているものの、インド政府や治安部隊に対する抗議行動は続いており、たびたび暴力的な衝突が起きている。 病院側は、これまで受け入れた死傷者については硬く口を閉ざしたままだ。 負傷者の多くは、抗議行動に参加したことで、逮捕されるのではないかとの不安から、適切な医療施設へ行こうとしない。 何人が死亡し、負傷したのかを判断するのは難しいものの、混乱の規模自体は、カシミールが過去に経験してきたものよりもずっと小さいことは明らかだ。 ジャンムー・カシミール州のサトヤ・パル・マリク知事は、記者団に対し、「いまの状況は、多数が命を落とした208年、2010年そして2016年の騒動とは明確に対照的だ」と述べた。 「すべての治安部隊は、個人に危害を及ぼすことなく、地域の正常を徐々に回復できるよう、昼夜活動している」 しかし、多くの人は、通信手段が停止され、軍による弾圧が、住民の怒りが完全に表面化されていない真の理由だと主張している。 同州に敷かれた制限が、今後全面解除されるかどうか、そしてそうなった場合に何が起こりうるかは不透明だ。 (英語記事 Different versions of the same death in Kashmir)

  • Thumbnail

    記事

    毒はおいしい? 人類は有毒な植物をどうやって料理してきたのか

    2019年09月16日 16:25 公開 ティム・ハーフォード、「近代経済を作った50のこと(50 Things That Made the Modern Economy)」司会者 ロバート・バークとウィリアム・ウィルズは1860年、欧州人として初めてオーストラリア内陸部を探検した。 結果は思わしくなかった。未熟な計画やリーダーシップの欠如、そして不運が重なり、バークとウィルズ、そして同僚のジョン・キングの3人は、探検の帰り道で食べ物がなくなってしまった。 3人はクーパーズ・クリークと呼ばれる川辺で立ち往生してしまった。くしくもマウント・ホープレス(直訳で「希望のない山」)と名付けられた山のふもとの居住地までたどり着きたかったのだが、砂漠を横断するのに十分な水を運ぶのは無理だと分かったからだ。 ウィルズは「川を離れられなくなった」と記している。 「2頭のラクダは死に、食料のたくわえも尽きた。どうにか生きられるよう試している」 ただ、先住民のヤンドルワンダ人は、ウィルズ一行にとっては過酷な環境の中でも生活しているようだった。 ヤンドルワンダ人は探検隊にケーキのようなものを渡した。それは、ナルドゥー(デンジソウの一種)の胞子のうを砕いて作ったものだった。 バークはその後、ヤンドルワンダ人と仲たがいをしてしまった。そして愚かなことに、銃を撃って彼らを蹴散らした。 この時点で3人はすでに、生き延びる術を身につけていたのだろうか? 3人は新鮮なナルドゥーを見つけ、自分たちでケーキを作ることにした。 最初は問題なかった。3人は力がどんどんなくなるのを感じたものの、ナルドゥーのケーキは空腹を満たしてくれた。 しかしそれから1週間のうちに、ウィルズとバークは死んでしまった。ナルドゥーを安全に料理する手順は、非常に複雑だったのだ。 ナルドゥーはシダの一種で、人間には有毒なチアミナーゼという酵素が詰まっている。チアミナーゼはビタミンB1を取り込むプロセスを妨げ、それが食べ物の栄養摂取を妨げる。 バークとウィルズ、キングの3人は満腹になったものの、同時に飢えていたのだ。 ヤンドルワンダ人はナルドゥーの胞子のうを炒り、水で挽き、できあがったケーキを灰に入れる。こうすることでチアミナーゼの毒素が減っていくが、こうした段階は偶然に学べるものではない。 1人だけ生き残ったキングはヤンドルワンダ人の情けにすがった。ヤンドルワンダ人は数カ月後に欧州人が助けに来るまでキングをかくまった。キングはこの探検隊で唯一の生き残りとなった。 ナルドゥーは、食料品としては希少なものだ。 しかし、同じように有毒なキャッサバの根は、多くの熱帯国、特にアフリカの自給農家にとっては必要不可欠なカロリー源となっている。 キャッサバもまた、安全に食べるためにはうんざりするような複雑な準備をしなくてはならない。そうでなければ、キャッサバの根はシアン化水素を放出するのだ。 キャッサバの場合、調理の仕方によっては苦味が消えるため、ただちにシアン化物中毒になる危険は減る。それが実は、特に厄介なのだ。 すぐに中毒にならなくても、長い間をかけて次第に毒がたまり、「コンゾ」と呼ばれる症状を発症する。その場合、ある日突然、脚がまひすることもある。 これを避けるには、手間暇のかかる調理法をしっかり施すしかないのだ。 しかし、1981年にモザンビークのナンプラに滞在していたスウェーデン人医師、ハンス・ロスリングは、このことついて何も知らなかった。 その結果、ロスリング医師は自分が直面した事態に途方にくれた。 脚のまひを訴える住民が次から次へと、ロスリングの診療所に来るようになったのだ。 ポリオ(急性灰白髄炎)の大流行か?  答えはノーだった。その症状は、どんな参考書にも載っていなかった。 モザンビークは当時、内戦に突入しようとしていた。では化学兵器の影響だろうか? ロスリングは妻と子どもたちを安全な場所に避難させ、調査を続けた。 やげてコンゾの原因を突き止めたのは、ロスリングの同僚で疫学者のジュリー・クリフだった。 患者が食べていたキャッサバは正しく調理されていなかったのだ。空腹に襲われ栄養失調に陥っていた住民は、キャッサバを安全な状態にするだけの時間をかける余裕がなかった。そして結果として、コンゾを発症してしまったのだ。 有毒な植物はどこにでもある。簡単な調理で食べられるようになるものもあるが、キャッサバやナルドゥーを食べられるようにする面倒な方法を発見した人は、一体どうやって正解にたどり着いたのか。 進化生物学者のジョゼフ・ヘンリック氏によると、1人の人間が調理法を一から編み出すのではなく、むしろ社会全体として知識を伝達し蓄積したのだという。 人間集団は生物の進化と同じように、試行錯誤を重ねることで文化を発展させていく。十分な時間があれば、文化的進化も生物の進化と同じように、目覚しく複雑な成果を生み出すことがある。 誰かが偶然、キャッサバの危険性を少し和らげる方法を見つけたとする。その方法が広まり、また別の方法が見つかる。時がたつうちに、効果の高い複雑な儀式が一歩また一歩と発達していくというわけだ。 南米では、人類は何千年もの間キャッサバを食べてきた。この地域の先住民は、キャッサバを完全に無毒化するための手順を知っている。削り、粉にし、洗い、液体を煮て、固まったものを2日間寝かせ、そして焼くのだ。 どうしてこういうやり方なのかと質問しても、先住民の口からシアン化水素の話は出てこない。ただ、「これが自分たちの文化」なのだと答えるだろう。 一方、アフリカでは17世紀にキャッサバが広まったが、取扱説明書がついていたわけではなかった。シアン化物中毒は今でも、しばし起きる問題だ。文化的学習が不完全なため、人は調理の行程を飛ばしてしまう。 ヘンリック氏は、人間1人1人よりも、社会全体の文化的進化のほうがはるかに賢いと主張する。 イグルーの建て方も、レイヨウの狩り方も、火の起こし方、弓の作り方、そしてキャッサバの調理方法も、科学的な原則を理解して確立されたわけではなく、模倣から生まれたのだという。 とある調査では、参加者に車輪のスポークに重りをつけて坂道を転がる速度を最大化させるように指示した。各自の成果は、次の参加者に受け継がれるという決まりだった。 前の人の経験を生かしていたため、後ろの参加者ほど良い結果を出した。しかし参加者に質問すると、実際に車輪の速度が早くなる仕組みを理解しているわけでは決してなかった。 別の調査では、チンパンジーと人間の比較が行われた。2歳半のチンパンジーと人間の子どもは同じくらいの知能だが、模倣に関してだけ、人間の子どもの方が圧倒的に有利だった。 サルの中で真似ができるのは人間だけだ。「ape」という英単語の意味は、皮肉なことに間違っているのだ(編注:英語のapeにはサルという意味と、猿真似という意味がある)。 さらに人間の場合、何かを模倣するとなったら、それにまつわる一切を忠実に、儀礼的に模倣する。これはチンパンジーはしないことだ。心理学者はこれを「過剰模倣」と呼ぶ。 これだけ聞くとチンパンジーの方が賢いように思えるが、キャッサバの根を調理する場合には、過剰模倣こそ必要なのだ。 ヘンリック氏の説が正しいなら、人間の文明は純粋な知識よりも、互いから学びあうという高度な能力によって作られたことになる。 私たち人間は、祖先が試行錯誤を通じて貯めた便利なアイデアを、次の世代はただ真似して継承してきた。 もちろんその中には、あまり役に立たないアイデアも紛れ込んでいただろう。雨乞いの踊りや、火山に噴火しないようお願いするためのヤギのいけにえなど。 しかしこうした事例も含めて私たち人間は、チンパンジーのようにどの手順は省略しても安全か判断できると過信せず、すべての手順を愚直に真似したほうが、全体にうまくいったのだろう。 もちろん、文化的進化で実現できることには限界がある。現代では科学的手法が正解を教えてくれる。はい、キャッサバは本当に2日間寝かせなくてはなりません。いいえ、ヤギをいけにえにしても火山は機嫌を直してはくれません。 科学の原理を理解すれば、試行錯誤や模倣から学ぶよりも速やかに前進できる。しかし、19世紀のオーストラリアでキングの命を救った集合知を軽視してはいけない。 それが文明や、機能する経済を可能にしているのだから。 (英語記事 How do people learn to cook a toxic plant safely?)

  • Thumbnail

    記事

    サウジ石油施設攻撃で原油急騰、4カ月ぶり高値 世界供給の5%に打撃

    2019年09月16日 13:28 公開 サウジアラビア・アブカイクとクライスにある石油関連施設が14日、空爆によって炎上し、日量570万バレルの生産が停止した。これは、世界供給量の約5%に相当する。15日には原油価格が急騰し、約4カ月ぶりの高値水準となった。 15日夜のブレント原油先物は、前週末より1バレル11.73ドル(19%)上昇し、71.95ドル。ウェスト・テキサス・インターミディエイトは15%上昇の63.34ドルだった。 ただし、ドナルド・トランプ米大統領が必要ならアメリカの備蓄放出を認めるとツイートしたことで、上昇が抑制された。 14日に攻撃を受けたのは、サウジアラビア国営の石油会社サウジアラムコの心臓部である、世界最大の石油処理施設を含む石油施設2カ所。 イランが後押しするイエメンの反政府武装組織「フーシ」が犯行声明を出している。 しかし、アメリカのマイク・ポンペオ国務長官は14日、ツイッターで、イエメンからの攻撃を示す証拠はないと反論。攻撃にはイランが関与していると述べたが、証拠は示さなかった。 一方、イランはポンペオ氏の主張は「うそ」だと反発。ムハンマド・ジャヴァド・ザリフ外相は「イランを非難しても、イエメンでの大惨事は終わらないだろう」と述べた。 <関連記事> 【解説】 サウジ石油施設攻撃、揺れる中東はさらに不安定に 米は実は玉虫色 イラン、また「外国の石油タンカーを拿捕」 か 国営メディア報じる 米がイラン原油全面禁輸へ 日本などへの制裁除外は延長せず 米、イランに原油制裁再開 「史上最強」と トランプ大統領は、「サウジアラビアの石油供給が攻撃された。誰が犯人か知っていると、根拠をもって言えるし、いつでも反撃できる。しかし、サウジアラビア側から、誰が攻撃したとと考えているのか、我々にどう対処してほしいのか、連絡が来るのを待っている」とツイートした。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1173368423381962752 トランプ氏は原油備蓄放出を発表した後、別のツイートで「石油はたっぷり!」と大文字で書いている。 石油供給への影響は 石油施設の全面再開には数週間かかる見通し。 サウジアラビアは、無人航空機(ドローン)によるものではないかとされる攻撃の詳細を明らかにしていない。サウジアラムコによると、攻撃による死傷者はいないという。 エネルギー相のアブドゥルアジズ・ビン・サルマン王子は、生産量の低下分は、巨大貯蔵施設を活用することで補えるとしている。 サウジアラビアは世界最大の石油輸出国で、1日に700万バレル以上を輸出している。 英ロンドンの分析機関「インターファクス・エナジー」のアビチェク・クマール分析官は、「サウジ当局は石油施設での火災を鎮火したと主張しているが、この影響は、鎮火からは程遠い。アブカイクとクライスの施設への被害は、広範囲に及んでいるとみられ、石油の供給が通常に戻るまでは数週間かかるかもしれない」と指摘している。 石油備蓄を放出か サウジアラビアは石油備蓄を放出すると見られる。そうなれば、今週の輸出量は通常通り維持できる。 一方、米ニューヨークの投資銀行「RBCキャピタル・マーケッツ」でエネルギー戦略を担当するマイケル・トラン氏は、「供給停止が早急に正常化されたとしても、世界供給の6%近くを失うことへの脅威は、もはや仮説でも、ブラックスワンでも、ファット・テールでもない。リスクプレミアムが戻ってくる」と述べた。 イエメンでは、2015年にフーシ派が首都サナアを占拠し、アブドルラッボ・マンスール・ハーディ暫定大統領が首都を脱出して以降、内戦が続いている。ハーディ政権を支援するサウジアラビアは、反政府勢力に対抗するため、周辺アラブ諸国の連合軍を主導している。 <関連記事> 内戦続くイエメンの子供「520万人」飢餓に直面=国際NGO イエメンの子供乗せたバスに空爆 少なくとも29人死亡 【イエメン内戦】 サウジの封鎖一部解除で救援食料が入港 終わり見えないイエメン内戦の惨状 世界は無視していると国連 一方アメリカは、イランが今年に入ってたびたび外国船籍の石油タンカーを妨害していると非難している。アメリカが2018年5月にイラン核合意から一方的に離脱し、イランへの経済制裁を再開したことで、両国の緊張が高まっている。 (英語記事 Oil prices soar after attacks on Saudi facilities)

  • Thumbnail

    記事

    【解説】 サウジ石油施設攻撃、揺れる中東はさらに不安定に 米は実は玉虫色

    2019年09月16日 13:05 公開 ジョナサン・マーカス、BBC防衛外交担当編集委員 空爆したのは自分たちだと、フーシ派は言う。アメリカはイランだと主張する。イランは一切の関与を否定している。 サウジアラビアの重要石油施設が攻撃されるという劇的な展開を受け、予想通りの舌戦が繰り広げられている。世界経済に極めて重要な石油施設がいかに脆弱(ぜいじゃく)か、今回の空爆で露呈されてしまった。 サウジアラビアはフーシ派に対して、長期にわたる空爆作戦を継続している。これはアメリカ政府の後ろ盾があってのことで、サウジの空軍機が空を飛び続けられるのは、欧米企業から必要な装備を調達できているからだ。 これに対してサウジの敵は今回、戦略的な打撃を与える報復能力が自分たちにもあるのだと、誇示することに成功した。 今回の攻撃によって、イランがフーシ派に果たしてどの程度の技術や支援を提供しているのか、議論は否応なく再燃した。ただでさえ緊張が続く湾岸地域で、今回の石油施設空爆によって状況は悪化した。 そして同時に今回の攻撃によって、イラン政府に「最大限の圧力」をかけ続けるというトランプ政権の方針の短所が、露呈されてしまった。 非難合戦が続くなか、まだ分からないことはかなりたくさんある。フーシ派は過去にも、サウジの標的をドローンやミサイルで攻撃している。 しかし、過去のドローン攻撃は限られた成果しか上げてこなかった。それに対して今回の空爆は、距離にしろ精度にしろ規模にしろ、過去の攻撃とはまったく次元の違うものだった。 では、サウジの石油施設を攻撃したのは本当に、武装した無人航空機(UAV)だったのか、それとも実は何らかのミサイル攻撃だったのか。もし後者なら、なぜサウジの防空警戒態勢は発動しなかったのか。攻撃の起点はフーシ派支配地域だったのか、それとも別の場所だったのか。イラク国内の親イラン派が関与したのか、それともイラン人自身か。 マイク・ポンペオ米国務長官はたちまちイラン政府を批判した。しかし、明確な情報がまだ得られていない内に、そうしたように見える。少なくとも、どういう情報を根拠にイランを責めるのか、世間が検証できるような説明はしなかった。 イランはフーシ派と関係が深く、武装UAVだろうがミサイルだろうが、長距離攻撃能力の開発支援に重要な役割を果たしたことは、疑いようもない。 国連安全保障理事会の専門家パネルは2018年に、フーシ派のUAV「カセフ1」とイラン製の「アバビルT」が非常に似通っていることを指摘している。幅広い内容の報告書で専門家パネルは、イランはイエメンに対する武器禁輸制裁に違反し、フーシ派に様々な武器システムを提供したと主張した。 民間調査機関「紛争兵器研究所」が2017年3月に、イランによるUAV技術支援について発表した報告書も、ほぼ同じ結論に達していた。 しかし、「カセフ1」もしくは「アバビルT」の射程距離は100~150キロしかない。イエメン国境から標的までの距離は、近い方のクライス油田でも約770キロだ。そのため、今回の攻撃がUAVによるものだったとして、それは従来とまったく異なる設計の、射程距離が飛躍的に伸びて、精度も格段に向上した種類でなくてはならない。 イランと、そしてその結果としてフーシ派も、おそらくもっと飛距離の長い空爆システムを持っている。とはいえ、イエメン紛争にそれを投入したという証拠は今のところほとんどない。イランやイラクから発射された、何らかの巡航ミサイルだったという可能性もあるが、はっきりしたことが言えるようになるには、信頼できる機密情報が必要だ。 とはいえ、正確な詳細はある意味でどうでもいいのだ。外交上のダメージはすでに出現している。アメリカとサウジはすでに、イランと徹底的に敵対している。トランプ政権はすでに結論に達し、ペルシャ湾内の船舶を機雷で攻撃したのはイラン政府だと断定している。イランは堂々と、イギリス国旗を掲げるタンカーを拿捕(だほ)した。もっともこれは、ジブラルタル沖でイラン原油を運ぶタンカーが拿捕されたあとのことだったが。 となると、フーシ派がサウジアラビアの石油インフラに対する戦略的攻撃を激化させる裏には、イランがいるに違いないということになる。少なくともトランプ政権にとっては。 では、どうするつもりなのか。あるいは、何ができるのか。それが問題だ。答えはもしかすると、「あまりなにも」かもしれない。 米政府は断固として、サウジ政府を支持している。しかし、サウジアラビアが主導するイエメン内戦への軍事介入は、米連邦議会ではすでに評判が悪い。サウジによる空爆は無意味だし、ただでさえ貧困にあえぐイエメンを人道危機に陥れているだけだという認識が、日に日に高まっているのだ。 それでも、今回のようなインフラ施設への攻撃によって、奇妙な側面もあらわになった。トランプ政権はしきりにサウジ政府を応援するし、イランへの「最大限の圧力」をしきりに強調する。しかし実際には、米政府がイラン政府に発するシグナルの内容は、とても玉虫色なのだ。 それというのも、トランプ氏は実は近く開かれる国連総会にあわせて、イラン政府幹部と対面して会談する用意がありそうな様子だし、ジョン・ボルトン氏を国家安全保障担当補佐官の職から更迭したばかりだ。そしてトランプ政権で特にイランの政権変更を強硬に主張していたとされるのは、ボルトン氏だった。 イランとフーシ派は、強大な敵に立ち向かう弱者として、典型的な戦法をとっている。軍事戦略の教科書が「ハイブリッド紛争」と呼ぶものだ。否認性、代理の使用、サイバー作戦、情報戦など、ロシアが得意とする作戦の中から、様々な戦術を借りて使っている。 トランプ氏がどれほど大げさに騒いで予想もつかない振る舞いをしようと、実のところは厄介な軍事対立から撤退したいし、新しい武力紛争にアメリカを巻き込みたくないのが本音だと、イラン政府は承知している。そのためイランはイランで、「最大限の圧力」をアメリカにかけることができるのだ。 しかし、計算を間違えれば全面紛争につながる危険はある。そんなことは実際、誰も望んではいない。 (英語記事 'Drone' attack on Saudis destabilises an already volatile region)

  • Thumbnail

    記事

    「触れるアート」……視覚障害者はどうやって「モナ・リザ」を体験するのか

    2019年09月13日 16:36 公開 レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」や、フィンセント・ファン・ゴッホの作品を触らせてくれる美術館はない。 しかし触れるアートであれば、視覚障害者も名作を楽しむことができる。

  • Thumbnail

    記事

    ファーウェイ、5G技術を他社に「販売」 創業者が提案

    ンクの欧州国際政治経済研究所のホスク・リー=マキヤマ氏は任氏の提案は失敗するとの見方を示している。 BBCの取材に対しリー=マキヤマ氏は、「ファーウェイは何が問題なのかを履き違えている」と説明した。 「問題はヴェンダーとしてのファーウェイの信用度ではなく、中国政府がファーウェイに課している法的責任だ」 「中国の国家情報法では、中国国民や企業に対してあらゆるデータや『通信機器』の引き渡しを定めている。拒否すれば厳しい罰則・制裁が待っている。ファーウェイがアメリカ企業にライセンス貸与した機器やソフトウエアもこの法の対象になる。また、ライセンスを買った企業や情報機関が、侵入路を見つけるために何百万ものコードを監視するのは不可能だ」 しかしそれでも、この提案は「賢い動きだ」とツァン教授は指摘する。 もしこの提案が拒否されても、ファーウェイは西側の信用を得るため、相当な努力をしていると示せるからだという。 (英語記事 Huawei chief makes 'extraordinary' 5G offer)

  • Thumbnail

    記事

    20年間行方不明の米男性の遺体、池に沈んだ車から グーグルマップで偶然発見

    19年まで誰1人気づかなかった」と報じた。 ハンドル操作を誤った可能性 パームビーチ郡保安官事務所はBBCに対し、モルドさんはハンドル操作を誤り、池に落下したと推定されると明かした。 モルドさん行方不明に関するこれまでの捜査の過程では、車の操作ミスを示す「証拠がなかった」という。 同保安官事務所のテレーゼ・バルベラ報道官は、「何年も前に何があったのかを特定することはできない。分かっているのは、モルドさんが地球上で行方不明になり、そして発見されたということだけだ」と述べた。 酒に酔った様子なく NMUPSによると、モルドさんは物静かで、それほど社交的ではない男性だった。「頻繁に飲酒するタイプでもなく、バーで酒を数杯飲んだ」モルドさんは、クラブを出た際、酔っ払った様子もなく1人で車に乗り込んだという。 モルドさんは同日午後9時30分ごろにガールフレンドに電話し、もうすぐ帰宅すると伝えていた。しかしその後、モルドさんから連絡はなく、目撃情報もなかった。 (英語記事 Missing man’s remains found in car on Google Maps)

  • Thumbnail

    記事

    アザラシ、違法ドラッグ密輸組織の逮捕に貢献 オーストラリア

    2019年09月13日 12:47 公開 オーストラリア警察がこのほど繰り広げた国際的な違法薬物密輸組織の逮捕劇で、怒ったアザラシが一役買った。 警察によると、密輸組織の乗ったヨットが西オーストラリア州ジェラルトンの沿岸で座礁し、イギリス国籍とフランス国籍の2人がバートン島に隠れているとの通報を、今月2日に受けた。 この2人はゴムボートで島にたどり着き、コカインやエクスタシーと呼ばれるメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)や、覚せい剤のメタンフェタミンなどを海藻の中に隠していたとされる。 翌3日、捜査の手が伸びていると知った2人は、島から逃げ出そうと画策。ところが、「非常に大きなアザラシ」がその行く手を阻んだ。 ジェラルトンで海難救助ボランティアを指揮するデイミアン・ヒーリー氏によると、「2人はアザラシを起こしてしまった。アザラシは跳び上がって胸を突き出し、2人にほえかかった」。 「犯人らは、アザラシに立ち向かって逃げるか、逮捕されるかのどちらかだった。彼らは結局、逮捕される方を選んだ」 警察はこのほか、別のイギリス人とアメリカ人、オーストラリア人の計3人を、西オーストラリア州の州都パースで逮捕した。 押収した違法薬物は、68万8000ドル(約7500万円)相当に上った。 「大型組織を崩壊させた」 地元のニュースサイト、パース・ナウによると、クリス・ドーソン警察署長はこの3人について、違法薬物を受け取る「海岸班」だったと説明している。 ドーソン署長は、「われわれは大きな国際薬物シンジケートを崩壊させた」と述べた。一方、現在もイギリスなどの協力関係にある組織と共に捜査に当たっていると話した。 また記者団に対し、「ショッキングピンクのシャツを着ている時は低木の間に隠れない方がいい」とアドバイスした。 (英語記事 Angry seal 'helps' bust alleged drug ring )

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、味や香り付き電子たばこの販売禁止へ 1年で6人死亡

    2019年09月13日 12:18 公開 アメリカのドナルド・トランプ大統領は11日、味や香り付きの電子たばこの販売を禁止する方針を発表した。米国内では、電子たばこを吸ったことによる肺疾患や死亡例が多数報告されている。 トランプ大統領はこの日、記者団に対し、電子たばこは、特に子供たちにとって「新たな問題」だと述べた。 同席したアレックス・アザー保健福祉長官は、米食品医薬品局(FDA)が数週間以内に、本来のたばこ以外の味や香りが付いた電子たばこを市場から取り除くための方針をとりまとめると説明した。 さらにアザー氏は、若者が電子たばこに意図的に引き込まれていると判断した場合には、強制措置を講じる可能性があると述べた。 <関連記事> サンフランシスコ、電子たばこの販売禁止へ 米国初 電子たばこが免疫細胞を破壊する可能性、英研究で明らかに 増える電子たばこ需要、5つの表で見る 6人死亡、450人が肺疾患に 電子たばこをめぐっては、米国内の33の州で、これまでに6人が死亡し、450人が肺疾患を発症したと報告されている。 肺の病気にかかったという450人のほとんどは若者で、平均年齢は19歳だという。 電子たばこの使用による死亡例が初めて確認されたのは、昨年8月。イリノイ州の男性が、重い呼吸器疾患で入院後に死亡した。その後、さらに5人が死亡した。 ミシガン州は5日、州としては初めて、味や香り付きの電子たばこの販売を禁止した。 カリフォルニア州サンフランシスコ市も今年6月、健康への影響評価を受けていない電子たばこの販売を禁止する条例を可決。2020年にも施行される。 若年層への蔓延を「深く憂慮」 トランプ米大統領の妻、メラニア夫人は11日、トランプ氏とアザー保健福祉長官と共に記者会見に出席した。 メラニア夫人は今週、「私は、私たちの国の若者の間で、電子たばこが蔓延(まんえん)しつつあることを、深く憂慮している。たばこに関連した病や死から国民を守るために、そして電子たばこが若年層のニコチン依存症のきっかけにならないよう、私たちはできる限りのことをする必要がある」とツイートした。 https://twitter.com/FLOTUS/status/1171095740510277632 トランプ氏は、息子のバロン君(13)を含む「罪のない子供」を守るために、米政権は強硬策を講じるだろうと述べた。 「われわれは、国民を病気にはさせられないし、若者に相当の影響を与えてはいけない。これが、ファーストレディがこの問題に深く関わっている理由だ。メラニアには息子がいる。すばらしい青年だ。だからメラニアは、この問題について非常に、非常に思い入れが強い。メラニアはこの問題を見てきている。われわれ夫婦はこの問題について学んでいるし、多くの人も学んでいる。それでも、人々は電子たばこが原因で死にかけている。われわれはこの問題を非常に注視している」 トランプ大統領はさらに、今回の方針発表により、若者の親が、電子たばこ問題に「より厳しく」対応してくれることを期待すると述べた。 「われわれの発言を受け、保護者は、自分の子供たちについて更に厳しくなるだろう。多くの人は電子たばこはすばらしいと考えているが、すばらしくなんかない」 ニコチン依存を「傍観しない」 トランプ大統領の記者会見後、間もなくしてプレスリリースが発表された。その中で、アザー保健福祉長官は、若者がニコチンに依存していく現状を「傍観しないだろう」としている。 ネッド・シャープレスFDA長官代行は、「タバコ風味の製品に移行する子供を確認した場合には、若者によるこうした製品の使用に対処するための、追加措置を講じるだろう」と述べた。 メーカーに批判殺到、肺疾患を調査中 「ジュール・ラブズ(Juul Labs)」などの電子たばこメーカーは、マンゴーやクリーム、シナモンロールといった味や香り付き製品を通して、若年層のたばこ依存をあおったとして、非難を浴びている。 ジュールは米国内の電子たばこ市場で約7割のシェアを誇る。同社は昨年、高まる批判を鎮めるため、ほとんどの味や香り付き製品の販売を停止した。 一方、保健当局は、こうした電子たばこに関連した病気の原因については、特定していない。 保健当局は現在も、電子たばこに関連した病気は、特定の毒素や物質によって引き起こされているのか、それとも多量の喫煙によるものなのか、調査を続けている。 先には、一部製品に大麻に含まれるテトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれていたことが分かった。しかし、病気にかかった人すべてがTHCが含まれる製品を使用していたわけではないという。 またFDAによると、多くの製品に電子たばこのリキッドの濃度を高めるビタミンE酢酸エステルが相当量、含まれている。 これまでに複数の人が、油脂や脂質を吸い込むと発症するリポイド肺炎を患っていることが分かっている。 (英語記事 Trump plans ban on sale of flavoured e-cigarettes)

  • Thumbnail

    記事

    英首相「女王だましていない」 閉会違法の判決に反論

    2019年09月13日 12:11 公開 イギリスのボリス・ジョンソン首相は12日、エリザベス女王にうそをついて議会を閉会したとする、裁判所の判決を否定した。 イギリス議会は10日から5週間の閉会に入っている。閉会は首相の助言を受けて女王が宣言するが、スコットランドの最高裁に当たる民事控訴院内院は11日、ジョンソン首相が閉会の目的を偽って女王に伝えたと判断。閉会は違法だとの判決を下した。 首相官邸はすでに、この判決についてロンドンの最高裁判所に上訴している。議会は10月14日に再開される予定。 ジョンソン首相は判決に対して、「絶対にありえない」と否定。「イングランド高裁は明確に政府に賛同しているが、決めるのは最高裁だ」と話した。 一方、政府は議会での決定に従い、欧州連合(EU)との合意なくEUから離脱した際の影響を想定した資料を公開。食料品不足や価格上昇、抗議運動などが予想されるとの内容を受け、野党は議会の再開を訴えている。 <関連記事> イギリス議会、5週間の閉会 「恥を知れ!」と議員ら抗議 バーコウ英下院議長、退任へ 「この議会をおとしめれば自分たちを脅かす」 【解説】 それでもまだ10月31日に合意なしブレグジットはあり得るのか? 閉会は違法か イギリスは現在、10月31日にEUを離脱することになっている。野党や一部の与党・保守党議員は、ジョンソン首相が合意なしブレグジット(イギリスのEU離脱)を強行するため、議会に審議の時間を与えないよう閉会を行ったと批判している。 閉会を違法とした裁判は、スコットランド国民党(SNP)のジョアナ・チェリ-議員が主導する超党派の議員75人が起こしたもの。民事控訴院の外院で行われた第一審では、首相の動向を判断するのは議員や有権者であり、司法がすべきことではないと判断した。 しかし、内院でこの件を担当した3人の裁判官は全員一致で、第一審の判決を否定。ジョンソン首相は「議会を妨害しようという不適切な目的」によって動き、閉会を進言することで事実上、エリザベス女王をだましたとの見解を示した。 ロンドンの控訴院では先週、EU離脱反対運動を行っているジーナ・ミラー氏が同様の訴訟を行っていたが。ここでは、閉会は「純粋な政治活動」であり、「裁判所が判断すべきことではない」として棄却されている。 ジョンソン氏は、閉会によって民主主義を損なおうとしているとの意見は「ナンセンス」だと反論し、首相として当たり前の動きだと主張している。 政府文書の公開めぐり紛糾 イギリス下院は9日、議会閉会に関する政府内の連絡記録の公開と、合意なし離脱に関わる政府資料「オペレーション・イエローハンマー」の全文公開を求める法案を賛成311、反対302で可決した。 「オペレーション・イエローハンマー」では、10月31日に「合意なしブレグジット」が現実となった場合の「妥当な最悪の想定」を挙げられており、生鮮食品不足や流通の混乱、価格上昇、抗議運動などが予測されていた。 ジョンソン首相はかねて、合意のあるなしに関わらず10月31日にEUを離脱するとしている。 首相は「オペレーション・イエローハンマー」について、「ここにあるのは最悪のシナリオに対して妥当な準備であり、どんな政府でもやることだ」と説明。「現実では、合意なしでEUを離脱しなくてはならなければそれに備えるが、意図的に合意なしブレグジットへ向かっているわけではないと再度、強調したい」と述べた。 これについて最大野党・労働党のジョン・マクドネル影の財務相は、閉会中、議員がこの資料について審議できないことに「怒りを感じている」と話している。 一方、下院は、ジョンソン首相の最高顧問であるドミニク・カミングス氏を含む政府顧問ら9人の電子メールやテキストメッセージ、ワッツアップでのやりとりを公開するよう求めた。 しかし、政府はこれを「理不尽で過剰」だと反論。政府内の連絡記録については、政府が公開を差し止めている状況だ。 バックストップをどうするか ジョンソン首相は、議会の閉会中にEUとのブレグジット交渉を進めるとしている。 こうした中EUは、ブレグジットの焦点となっているアイルランド国境をめぐる「バックストップ条項」について、範囲を北アイルランドに限定することでこう着状態を打破できないかとの考えを示した。 バックストップとは、イギリスとEUとの間で通商協定がまとまらない場合に、北アイルランドとアイルランドの国境に厳格な検問所等を設置しないための措置。バックストップが発動すると、北アイルランドはブレグジット後もEU単一市場のルールに従うことになり、ブレグジット後もイギリスがなおEU法に縛られる懸念が生じている。 一方、バックストップが北アイルランドだけに適用された場合、関税や規制上の国境はアイルランド島とグレートブリテン島を分けるアイルランド海に引かれることになる。この案はテリーザ・メイ前首相による交渉でも取り上げられたが、北アイルランドとそれ以外のイギリスに格差が生まれ、連合王国としての一体性を損なうとして退けられた経緯がある。 ジョンソン首相はバックストップを協定から完全に削除し、代替案を盛り込むべきだと主張している。 これに対し欧州議会のダヴィド・サッソリ議長は、バックストップは何らかの形で協定に含めなくてはならないと話した。 一方、EUのミシェル・バルニエ首席交渉官は、「イギリスの状況はなお深刻で不透明」だと警告。「楽観的になる理由はない」とくぎを刺した。 バルニエ氏はまた、イギリス議会が合意なし阻止法を可決したものの、イギリスはなお協定のないままEUを離脱する可能性があると指摘した。 その上で、ブレグジットによって主要産業に打撃があった場合、北アイルランドで「抗議運動や直接的な動き」が起こる可能性があると懸念を表明した。 (英語記事 PM denies lying to Queen over Parliament suspension)

  • Thumbnail

    記事

    空爆から逃れ、地下へと潜る病院 シリア現地取材

    に空爆を行なったとして、激しく非難している。 医師たちは生き延びるため、地下に秘密の病院を作った。 BBCのクエンティン・サマーヴィル中東特派員が、こうした地下病院のひとつを訪ねた。

  • Thumbnail

    記事

    宇宙飛行士が歩いているのは月面、と思ったら… インドで話題に

    2019年09月12日 16:39 公開 「宇宙飛行士」がゆっくりと「月面」を歩行している動画が、インドのソーシャルメディアで話題となった。 じつは、この宇宙飛行士が歩いているのは、インド南部バンガロールの穴だらけの道路。 アーティストのバーダル・ナンジュダスワミーさんの作品で、社会問題をアートに取り入れている。 交通当局はこの動画が拡散した後、この道路を舗装した。

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、対中関税引き上げを2週間延期 「善意のしるし」

    2019年09月12日 15:25 公開 アメリカのドナルド・トランプ大統領は11日、中国からの輸入品2500億ドル(約27兆円)相当を対象とする関税率引き上げの開始について、当初予定していた10月1日から同15日に先送りすると発表した。トランプ氏は、この措置は「善意のしるし」だとしている。 米政権は先月、中国製品に対する関税率を現行の25%から30%に、10月1日から引き上げると表明していた。 トランプ氏はこの日、ツイッターで、引き上げを約2週間、先送りにすると述べた。 善意のしるし トランプ氏によると、中国の劉鶴副首相から、関税率の引き上げを先延ばしするよう要請があった。10月1日に、中国が建国70周年を迎えることが理由だったという。 「善意のしるしとして、2500億ドル相当の中国製品を対象とする関税率の引き上げ(現行の25%から30%)を、10月1日から同15日に先延ばすことで合意した」 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1171925717988388865 中国は16品目を除外へ 一方、中国政府は11日、追加関税から除外するアメリカからの輸入品、16品目のリストを公表した。抗がん剤や飼料が含まれている。 ただし、豚肉や大豆、米国内で製造した車など、対中貿易において重要な品目は、除外されなかった。 米中は交渉準備 二大経済大国は昨年以降、激しい貿易戦争を続けており、世界経済に暗い影を落としている。 米政府が、今年末までに中国からのすべての輸入品に対し、新たな関税を課すと表明するなど、両国の緊張はここ数カ月で激しさを増した。 こうした状況を背景に、米中は交渉のテーブルに再びつくための準備を進めている。 今月中にはワシントンで事務レベルの協議を行い、来月にはスティーブン・ムニューシン財務長官と米通商代表部(USTR)のロバート・ライトハイザー代表、劉副首相の3者協議が予定されている。 貿易戦争の解決は 一方、複数のアナリストは、直近の米中の対応は、貿易戦争を解決へと近づけるものではないと指摘する。 米シンクタンク・ピーターソン国際経済研究所のギャリー・ハフバウアー氏は、「幅広い合意は見えていない」と話す。 「中国には、2020年にかけて、関税と敵対的な論調を継続する準備ができている。もしトランプ大統領が引き下がれば、与党・共和党と野党・民主党のタカ派から批判の嵐に見舞われるだろう」 (英語記事 Trump delays tariff hikes on Chinese goods)

  • Thumbnail

    記事

    英オックスフォード大、4年連続で1位 世界大学ランキング

    2019年09月12日 14:54 公開 ショーン・コフラン家族・教育担当編集員、BBCニュース イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」が毎年発表する大学ランキングで、英オックスフォード大学が4年連続で1位となった。イギリスからは3位にケンブリッジ大学、10位にインペリアル・コレッジ・ロンドンが入っている。 一方でランキングの製作者は、イギリスの大学は世界のライバルとの競争において、「順位を維持するのに苦戦している」と警告している。 東大と京大は… 欧州ではドイツが、最も多くの大学をランキング上位に入れており、イギリスを「超えようとして」いるという。 日本からは東京大学が36位、京都大学が65位に入った。 THE 大学ランキング 上位10位 オックスフォード大学(イギリス) カリフォルニア工科大学(アメリカ) ケンブリッジ大学(イギリス) スタンフォード大学(アメリカ) マサチューセッツ工科大学(アメリカ) プリンストン大学(アメリカ) ハーヴァード大学(アメリカ) イエール大学(アメリカ) シカゴ大学(アメリカ) インペリアル・コレッジ・ロンドン(イギリス) グローバル競争 このランキングでは92カ国の1300大学を、教育の質、研究の量と評価、論文の引用回数、産業界からの収入、国際的なネットワークなどを元に評価している。 ランキングでは引き続きアメリカの大学が上位を占めた。トップ10には7大学、トップ200には60大学が入っている。 中国と日本の大学が高い評価を維持し、アジア勢を底上げしている。また、「最も順位が大きく伸びた」のはイランの大学だった。 ランキングとともに発表される分析によると、イギリスの「黄金の三角形」と呼ばれるオックスフォード大、ケンブリッジ大、ロンドン大学群は引き続き上位入りに成功している。 一方で、黄金の三角形の「影」で他のイギリスの大学は相対的に順位が下げており、反対にドイツの大学が急速に順位を上げているという。 2016年以降、このランキングのトップ200に入ったイギリスの大学は34大学から28大学に減った半面、ドイツの大学は3大学から23大学に増えている。 EU離脱でさらに窮地に THEの分析では、ドイツの台頭は、同国の大学システムに流入している多額の投資を反映している可能性があるという。 また、イギリスは欧州連合(EU)離脱後にEUの研究パートナーシップとの連携が解消されるため、資金面でさらにドイツに遅れをとる可能性があると警告する。 THEのフィル・ベイティー氏は、「イギリスが国際的な教育・研究の場から退却すれば、ランキング上位という立場も損なわれるだろう」と話した。 オックスフォード大学のルイーズ・リチャードソン総長は、「オックスフォードの成功は、世界中の素晴らしい大学との共同研究によるところが大きい。ブレグジット(イギリスのEU離脱)の影響がどんなものであろうと、これからもこうしたパートナシップを深化、拡大させていくつもりだ」と述べた。 (英語記事:Oxford top of global university rankings)

  • Thumbnail

    記事

    太陽系外の地球型惑星で「水」を初確認=英大学研究チーム

    2019年09月12日 13:28 公開 パラブ・ゴーシュ、BBCニュース科学担当編集委員 ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内で恒星の回りを公転する太陽系外惑星から、初めて水が検出された。英科学誌「ネイチャー・アナトミー」に11日発表された論文で明らかになった。 論文によると、惑星「K2-18b」の大気中に水蒸気が存在することが確認された。大気中に存在する水蒸気量は、コンピュータモデリングのデータによると、最大50%だった。 この発見により、「K2-18b」で地球外生命体探査が行われる可能性が出てきた。 今後10年以内に、新型の宇宙望遠鏡によって、「K2-18b」の大気中に、なんらかの生命が排出した可能性のあるガスが含まれているかどうかが明らかになるかもしれない。 「驚異的な」発見 論文の共同執筆者でユニバーシティ・コレッジ・ロンドン(UCL)の教授のジョバンナ・ティネッティ氏は、これは「驚異的な」発見だと述べた。 「気温が生命の存在に適しているとされるハビタブルゾーン内で、惑星から水を検出したのは初めてだ」 ハビタブルゾーンとは ハビタブルゾーンとは、地球と似た生命が存在できるとされる天文学上の領域のこと。液体の水が存在するのに十分適した温度になっている恒星の周りの領域を指す。 「K2-18b」は2015年に発見された、巨大地球型惑星(質量が地球と海王星の中間の惑星)で、大きさは地球の約2倍。気温は液体の水に適した摂氏0度から40度。 過去には、別の複数の惑星で水が検出されたものの、生命を維持するには惑星自体が大きすぎる、あるいは高温すぎるという結論に至った。気温が低く、より小さな惑星となると、発見は困難になる。 UCLの研究チームは、2016年~2017年にハッブル宇宙望遠鏡が収集したデータをもとに、オープンソースアルゴリズムを開発。その結果、水蒸気の痕跡を確認した。 宇宙望遠鏡が唯一の調査手段 地球から111光年離れた場所にあることから、「K2-18b」を直接探査することはできない。 そこで、次世代の宇宙望遠鏡が2020年代に打ち上げられるのを待ち、生命が排出したとされるガスが「K2-18b」の大気中に含まれているかを確認するというのが、唯一の調査手段だと、論文の共同執筆者でUCLのインゴ・ヴァルドマン博士は話す。 「これは、科学における最大の疑問の1つだ。宇宙にはわれわれしかいないのだろうかと、常に疑問に思っている。われわれは今後10年以内に、生命がもたらした化学物質が大気中に存在しているかどうかを知ることになるだろう」 論文の共同執筆者で、UCLのアンゲロス・チアラス博士は、生命が存在できるかもしれない太陽系外惑星の大気中に水を発見できて「すごく興奮」したと述べた。 「この発見によって、われわれは、『地球は特殊なのか?』という根本的な疑問への回答に近づいた」 長い道のり 天文学者の長年の疑問を解明するには、さらなる長い道のりが待っているかもしれない。どのタイプのガスが、生命が存在する証拠になるのかをめぐり、天文学者の意見はまとまっていない。 ティネッティ教授は、おそらく、数百の惑星の化学成分に関する調査や、惑星がどのように誕生し、発展したのかを理解することが必要だろうと指摘する。 「地球は、太陽系内で非常に突出している。酸素や水、オゾン層が存在する。しかし、太陽系外の惑星で、こうしたものすべてを見つけた場合、その惑星が生命を維持していると発言することに、われわれは慎重にならなければならない。だからこそ、銀河系内のわずかな惑星だけではなく、数百の惑星について理解する必要がある。われわれは、生命が存在可能な惑星と、そうでない惑星の大きな違いを発見できることを期待している」 人類の「パラダイム・シフト」 エジンバラ大学物理・天文学部のベス・ビラー博士は、BBCに対し、ゆくゆくは生命が存在しているという証拠は見つかるだろうとした上で、そうした発見は「すべての人類にとっての『パラダイム・シフト』になるだろう」と述べた。 「米映画のETのような生き物ではなく、微生物や単純な生命である可能性が高い。たとえそうであっても、発見できればすごいことだ」 宇宙望遠鏡の打ち上げは2021年以降に アメリカ航空宇宙局(NASA)が中心となって開発しているジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)の打ち上げは、2021年にずれ込み、欧州宇宙機関(ESA)のアリエル宇宙望遠鏡も2028年に打ち上げられる予定だ。 これらの宇宙望遠鏡では、これまでに確認されている様々な惑星の大気中を詳しく調査することができる。 太陽系外惑星とは 太陽系の外にある惑星 1992年に初の太陽系外惑星、パルサー惑星が発見された。この惑星は、電波を発生する天体パルサーの周りを公転している 様々な技術によって、これまでに4000以上が発見されている 太陽系外惑星の多くは、木星や海王星のような大型の惑星 多くの大惑星が、それぞれの恒星の非常に近い場所を公転していることが分かっている (英語記事 Water found for first time on 'habitable' planet)

  • Thumbnail

    記事

    「ジョンソン首相の議会閉会は違法」  スコットランド高裁が判断

    ・労働党のキア・スターマー影のEU離脱担当相も、早ければ11日午後から議会を再開すべきだと述べた。 BBCの取材に対しスターマー氏は、「ほとんどの人がボリス・ジョンソンを信じていない。しかし、裁判所が議会閉会は違法で、その動機も彼が言っていたものとは違うと判断したのは非常に心強い」と語った。 今回の裁判にも加わっている野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、「ボリス・ジョンソンが議会を閉会した理由はただ一つ、合意なしブレグジットを強行したいから、審議の目を避け、通常のルールに縛られずに強行したいからだ」と批判した。 保守党から造反し、現在は無所属となっているドミニク・グリーヴ議員は、ジョンソン首相がエリザベス女王をだましたのなら、「早急に辞任」すべきだと述べた。 (英語記事 Judges rule Parliament suspension is unlawful / Why the Scottish court ruling is significant)

  • Thumbnail

    記事

    合意なし離脱で食料品不足、暴動も 英政府が想定

    2019年09月12日 12:29 公開 街中では暴動が起こり、食料品の値段は上がり、医薬品が手に入りにくくなる――。イギリスが協定への合意なしで欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)に突き進んだ場合、どんなことが起こると英政府が想定しているのかが明らかになった。 「オペレーション・イエローハンマー」と名付けられた政府文書から判明した。全6ページで、ボリス・ジョンソン首相が就任して10日後の8月2日の日付が記されている。 公開前は「公式、機密」という扱いだったが、現在は公式の政府文書ではないとされる。8月に英タイムズ紙に流出し、存在が報じられていた。 政府は当初、この文書の公開を拒否。下院は9日、閉会前に投票を実施し、政府に公開を義務づけた。 暴動、闇市場、倒産…… 文書では、10月31日に「合意なしブレグジット」が現実となった場合の「妥当な最悪の想定」を挙げている。 食料品については、特定の生鮮食品の供給が減ると予測。全体的な食料不足を招くものではないとしながらも、「製品の入手しやすさと選択の幅が減り、価格の上昇が起こる。それが社会的弱者に影響を及ぼす恐れがある」としている。 また、低所得層が「食料品と燃料の価格上昇により極端に影響を受けるだろう」と想定している。 物流に関しては、海峡を挟んだ欧州大陸との間で「最長6カ月に及ぶ深刻な断絶」が起こると予測。「改善されなければ、薬品や医療品の供給に影響が出るだろう」としている。 文書ではほかに、以下の点が記されている。 イギリス各地で抗議運動と反抗議運動が起こる 英仏海峡を渡るトラックは2日以上待たされる恐れがある 商売をやめる企業が現れる 闇市場が成長する 成人向けソーシャルケアを提供する企業の一部が立ち行かなくなる 文書はさらに、ブレグジットの当日、外国の漁船がイギリスの領海に進入した場合に衝突が起こる危険性にも言及。また、洪水や冬季のインフルエンザの流行により、経済への悪影響が深刻化する恐れについても触れている。 「改訂版」を準備中か 最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、今回の文書によって、ジョンソン首相が「経済力の最も弱い人に罰を与えようとしている」ことが明らかになったと述べた。 同党のキア・スターマー影のEU離脱相は、「これらの文書から、労働党が回避しようと努力してきた、合意なしの離脱が及ぼす深刻な危険性がはっきりした」、「警告を無視し、国民の目から証拠を遠ざけようとした政府は全く無責任だ」と批判した。 一方、「合意なしブレグジット」を推進する立場のマイケル・ゴーヴ・ランカスター公領相は、「想定の改訂版」が近いうちに発表されると説明。政府は、ブレグジットの影響の軽減策を示した文書も出す予定だと述べた。 (英語記事 No-deal Brexit papers warn of shortages and riots)

  • Thumbnail

    記事

    サウジ記者「殺害時の音声」を詳報 「口はふさぐな」=トルコ紙

    2019年09月11日 15:25 公開 トルコ紙サバーは9日、昨年10月にトルコのサウジアラビア総領事館で殺害されたサウジ人記者の、死ぬ直前の様子とされる録音について詳しく報じた。 サウジ政府に批判的だったサウジ人記者ジャマル・カショジ氏は、昨年10月2日、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館で殺害された。 トルコ政府寄りの新聞サバーは、今回報じた内容について、後にトルコ国家情報機構(MIT)が押収した、サウジ領事館内で録音された音声を書き起こしたものだとしている。 この中には、カショジ氏の最後の言葉とされる音声も含まれている。 カショジ氏は「いけにえの動物」 報道によると、サウジから送り込まれた法医学の専門家などの「殺人部隊」の一部が、カショジ氏が到着する前に、同氏のことを「いけにえの動物」と呼んでいた。 カショジ氏は総領事館内に入ると、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)からの指名手配を理由に、首都リヤドに戻らなければならないと告げられた。同氏は不審に思ったとされる。 カショジ氏が、息子にテキストメッセージを送るなどの、「殺人部隊」からの要求を拒むと、薬を盛られたという。 報道によると、同氏は最後に、ぜんそくがあるから口はふさがないように言い、意識を失った。 切断の様子も 同氏は頭にかばんをかぶせられ、窒息死した。もみ合う様子が音声記録に残っていると、サバーは報じている。 同紙はさらに、カショジ氏が切断されるときの音声も録音されているとしている。 複数国に音声を提供 カショジ氏殺害時の音声記録の存在については、昨年以降、報じられてきた。 トルコ当局は、音声の存在を正式に認めたほか、アメリカやイギリス、サウジアラビアなどに提供したとしていた。 今回、サバーがどのようにこの音声記録を入手したのかは明らかになっていない。 サバーはこれまでも、この事件の詳細を報じ、世界的大ニュースとなっている。 同紙は今週、2度にわたって、「殺人部隊」によるカショジ氏殺害事件に関する新情報を伝えた。 結婚手続きでサウジ領事館へ カショジ氏は生前、米紙ワシントン・ポストに定期的に寄稿するなど、米国を拠点に活動していた。 同氏は昨年10月2日、トルコ人婚約者との結婚に必要な書類手続きのため、イスタンブールのサウジ領事館に入る姿が目撃されたのを最後に、行方が分からなくなった。 その後、同氏の失踪について矛盾した説明を行ったサウジ政府に対し、疑惑の目が向けられた。 サウジ当局は、カショジ氏の殺害に関わった疑いで、同国の11人を非公開裁判にかけた。 遺体は未回収のまま 国際的圧力を受ける中、カショジ氏の遺体は、殺害から1年近くたつ今も、回収されていない。 国連のアニエス・カラマール特別報告者は今年6月、カショジ氏殺害について、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と政府高官が関わっていた証拠があると発表した。 報告によると、これらの証拠は独立した公正な国際機関による調査にかけるに値するものだという。 一方、サウジ政府はこの報告内容を一蹴した。さらに、カショジ氏殺害は政府の指示によるものではないとして、一貫して関与を否定している。 (英語記事 Newspaper details Khashoggi 'death recordings')

  • Thumbnail

    記事

    米大統領、ボルトン補佐官を解任 安保政策に「強く反対」

    長官とスティーブン・ムニューシン財務長官と共に、記者会見に臨む予定が組まれていた。 ホワイトハウスはBBCに対し、チャールズ・カッパーマン大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)が暫定的に後任をつとめると話した。 ホワイトハウス関係筋の証言 トランプ政権の元高官は、匿名を条件にBBCの取材に応じた。 この人物の話によると、本来なら大統領に政策助言を行う国家安全保障会議(NSC)が、ボルトン補佐官の指揮の下、ホワイトハウス内で独立した存在へと変化していったという。 「ボルトンは、ホワイトハウス内のほかの人から独立した状態で仕事をして」おり、会議には出席せず、自らの戦略にこだわっていたという。 ホワイトハウス関係者は、BBCと契約を結んでいる米CBSニュースに対し、「ボルトンには自分の優先事項がある。ボルトンは大統領に『あなたの優先事項は何ですか』とは尋ねなかった。ボルトンの優先事項を大統領のものとしている」と述べた。 ホワイトハウスの元高官はCBSに対し、ボルトン氏は、「自分のやり方が気に入らなければ結構」というスタンスで、大統領を含む、政権内の多くの人を激怒させたと証言した。 前任者に助言求め ボルトン氏解任に至るまでの間に、トランプ氏は前任者のマクマスター氏に連絡を取っていたと、米NBCニュースは報じている。 NBCは2人の匿名の情報筋の話として、トランプ氏はマクマスター氏に対し、同氏がいないのは残念だと伝えたほか、安全保障問題について助言を求めたと伝えた。 トランプ氏とボルトン氏の対立 外交タカ派のボルトン氏は、イランをめぐるトランプ氏の強硬姿勢の主導者だった。 トランプ氏が最近、ハッサン・ロウハニ大統領との会談に前向きな考えを表明していたが、報道によると、ボルトン氏はこの提案に反対していたという。 さらに同氏は、北朝鮮やロシア、アフガニスタン政策についても、更なる強硬姿勢を推奨していた。 今年2月にヴェトナム・ハノイで、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との2回目の会談が物別れに終わった際には、政権内からボルトン氏を非難する声が上がった。同氏が、完全な非核化が実現しない限り制裁解除はしないという強硬姿勢を主張したためだった。 「恐ろしい前例」になりかねない トランプ氏は7日、大統領公式別荘キャンプデイヴィッドで8日に予定していたタリバンとの「秘密会談」を取り止めたと表明したが、ボルトン氏は、こうしたタリバンとの和平交渉についても反対していた。 米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」によると、ボルトン氏は、アメリカがテロ組織に指定するタリバンを迎え入れることについて、「恐ろしい前例を作る」ことになりかねないと反発していた。 主戦論者 ボルトン氏は主戦論者として知られる。報道によると、トランプ大統領はかつて、大統領執務室での会議で、「ジョンには、気に入らない戦争がないんだ」と冗談を言ったという。 トランプ氏は今春、政治経済の混乱が続く南米ヴェネズエラをめぐる外交政策が失敗に終わった際には、腹を立てたとされる。ニコラス・マドゥロ大統領を退陣させることは簡単だとボルトン氏から説明を受けたことで、トランプ氏は判断を誤ったと愚痴をこぼしたと報じられた。 (英語記事 Trump national security adviser John Bolton is out )

  • Thumbnail

    記事

    イギリス議会、5週間の閉会 「恥を知れ!」と議員ら抗議

    2019年09月11日 13:17 公開 イギリス議会は10日、ボリス・ジョンソン首相の要請により5週間の閉会となった。 閉会式では、閉会に反対する野党議員がジョン・バーコウ下院議長の周りに集まって「Silenced(黙らされた)」と書かれた紙をかかげたり、与党・保守党議員に「恥を知れ」と叫んで抗議した。 また、閉会後も議場に残った議員が、ウェールズの聖歌やスコットランド愛国家、労働党の党歌を歌う場面もあった。 議会は10月14日に再開する。

  • Thumbnail

    記事

    ロヒンギャの村、潰され政府施設に一変 BBCがミャンマーで取材

    ンギャ。彼らが住んでいた村々が破壊され、警察の官舎や政府の建物、難民キャンプがつくられていることが、BBCの取材で明らかになった。 BBCはこのほど、ミャンマー政府が用意した取材ツアーで4つの村を訪れた。いずれも、かつてはロヒンギャの居住地域だったことが衛星写真からわかり、現在は安全管理施設が立っている場所だ。 西部ラカイン州のこれらの場所で、村を消すような建設はしていないと当局者は主張する。 2017年、70万人以上のロヒンギャが、軍事作戦のさなかにミャンマーを脱出した。 国連はこれを「教科書どおりの民族浄化」と呼んだ。ミャンマー(ビルマとも呼ばれる)は、軍による大規模な殺害を否定している。 <関連記事> ロヒンギャ虐殺 ミャンマー兵に懲役10年のはずが「すでに釈放」 ミャンマー、ロヒンギャ殺害で兵士7人に懲役10年 カナダ下院、全会一致でスーチー氏の名誉市民号をはく奪 ロヒンギャ問題 仏教徒が多数派のミャンマーは、軍が民族浄化や大虐殺を実行したことはないと主張し続けている。同国は、難民の一部を再び受け入れる準備が整ったとしている。 しかし先月、ロヒンギャ難民を帰還させる2回目の試みが失敗に終わった。ミャンマー政府は3450人に帰還を認めたが、誰も同意しなかった。彼らは、2017年の残虐行為に対する説明が不十分で、移動の自由や国籍取得が不透明だとした。 ミャンマーは、悪いのはバングラデシュだと主張し、多数の帰還者を受け入れる用意があるとした。それを示すため、BBCなどのジャーナリストを招き、施設を見学させたのだった。 ラカイン州への交通はふだん、厳しく規制されている。私たちは、政府の一団に加わって移動した。警察の監督なしに撮影やインタビューをすることは禁じられた。 それでも、ロヒンギャのコミュニティーを意図的に消滅させた、明らかな証拠を目にすることができた。 衛星写真を分析してきたオーストラリア戦略政策研究所は、2017年の暴力行為の被害を受けたロヒンギャの村々の少なくとも40%が、完全に破壊されていると推定している。 BBCはミャンマーで何を発見した? 政府は私たちを、フラ・ポー・カウンの難民キャンプへと案内した。帰国者2万5000人を収容でき、帰還者たちはここで2カ月過ごした後、恒久的な住宅へと移るという。 約1年前に完成したというキャンプは、劣悪な状況にあった。共同トイレは壊れていた。このキャンプは、フワ・リ・トゥ・ラーとター・ザイ・コーンという、2017年の暴力行為で破壊された2つのロヒンギャの村があった場所に建てられていた。 キャンプ管理者のソー・シュウェ・アウン氏に、村を破壊した理由を尋ねると、彼は何も破壊されていないと答えた。私が衛星写真をもとに、破壊されていると指摘すると、彼は最近この職についたばかりで回答できないと述べた。 次に私たちは、カイン・チャウンのキャンプへと案内された。そこでは、日本とインドの政府資金によって、帰還する難民が長期滞在するための住宅が建設されていた。この土地はもともと、ミャー・ジンというロヒンギャの村だったが、キャンプ建設のためブルドーザーで整地されていた。このキャンプは、国境警備隊の宿舎が多数立ち並んでいる場所の近くに位置する。国境警備隊は、2017年に深刻な虐待行為をしたとしてロヒンギャが非難している治安部隊だ。現地の当局者はカメラで撮影しないことを条件に、ミャー・ジン村が破壊されたことを認めた。 ※下の写真の中央矢印部分をドラッグして左右に移動すると、カイン・チャウン難民キャンプが建設されたロヒンギャの村の変化が上空からの写真で見ることができる。左側は2017年9月16日撮影、右側は2018年12月23日撮影 主要都市マウンドーの近郊にあるミョ・トゥ・ジーにはかつて、8000人以上のロヒンギャが暮らしていた。 2017年9月、私は政府の一団の車列の中から、ミョ・トゥ・ジーを撮影した。住宅の多くが焼け落ちていたが、大型の建物はまだ残っていた。ラカイン州の村によく見られる、周囲を取り囲む木々も立っていた。しかしいま、ミョ・トゥ・ジーがあったところを通ると、政府と警察の大きな合同庁舎が立っている。木々はない。 私たちは、イン・ディンにも案内された。2017年9月に、拘束された10人のイスラム教徒が虐殺された事件で悪名高い村だ。この虐殺は、ミャンマー軍が認めた数少ない残虐行為のひとつとなっている。 ※下の写真の中央矢印部分をドラッグして左右に移動すると、イン・ディン村の変化が上空からの写真で見ることができる。左側は2017年9月22日撮影、右側は2019年4月19日撮影 イン・ディンの住民の約4分の3はイスラム教徒で、残りはラカイン仏教徒だった。現在、イスラム教徒が暮らした地区は跡形もない。ラカイン仏教徒の地区は静かで平和だ。だが、ロヒンギャの家々があった場所に行くと、木々はなくなっていて、代わりに新たに広範囲に建設された国境警備警察の宿舎を取り囲む鉄条網が張り巡らされている。 ラカイン仏教徒の住民は、隣にイスラム教徒が暮らす状況は2度と受け入れられないと語った。 難民にどんな影響があるのか? 2017年の軍による暴力行為から長い時間がたった後も、ロヒンギャのコミュニティーは広範囲に継続して破壊されている。これは、ほとんどの難民が、かつての生活やコミュニティーに戻れないことを意味する。 大規模な難民の帰還準備が進められているのを目で確認できるのは、フラ・ポー・カウンのような荒れ果てた一時キャンプや、カイン・チャウンのような別の場所へ移ることを前提としているキャンプだけだ。難民のほとんどにとって、2年前に被ったトラウマを克服し、そういう場所での未来を受け入れるのは難しい。ミャンマーが彼らの帰還にどれほど真剣なのか疑問だ。 ヤンゴンに戻る途中、私は家を失った若いロヒンギャと会うことができた。私たちは目立たないよう気を使った。外国人が許可無くロヒンギャと会うことは認められていない。彼はシットウェの家を追われてから7年間、家族と一緒に国内避難民キャンプに閉じ込められていた。2012年の暴力行為で離散した13万人のロヒンギャの1人だった。 彼は大学に行けないばかりか、許可無くキャンプの外に出ることもできない。バングラデシュにいる難民に向けては、帰還しても同じように警備されたキャンプに閉じ込められるので、リスクを犯してまで帰還しないほうがいいと助言した。 政府はどう言っている? 私たちは、ラカイン州で見たことについて、ミャンマー政府にコメントを求めた。しかし、返事は届いていない。 公式には、政府はバングラデシュと協力し、難民の段階的な帰還に取り組んでいるとしている。だが、閣僚たちはロヒンギャをいまだにベンガル人と呼び、70年以上前に不法移民の波にまぎれて入国したとしている。しかし、そうした移民の存在を示す証拠はほとんどない。 このことは、ロヒンギャはミャンマーに属する人々ではないという、国中に広まった信念を映し出している。政府は、ロヒンギャからの国籍と移動の自由の要求を拒絶してきた。一方で、将来の国籍取得につながり得ると説明する身分証明書の発行には前向きだ。しかし、ロヒンギャにまず自らをベンガル人と規定することを求めているため、大多数のロヒンギャがこの証明書を拒否している。 2017年9月初めの、ロヒンギャに対する軍事作戦がピークのころ、ミャンマー軍のミン・アウン・フライン総司令官は、1942年から積み残しになっている「未完了の仕事」に取りかかっているところだと述べた。 彼の発言は、ラカイン州で繰り広げられた日本軍とイギリス軍の戦闘に触れたものだった。この戦闘では、ロヒンギャとラカイン仏教徒が別々の側について対立し、殺し合うこともあった。その際、多数の民間人が地域を追われた。総司令官は、イスラム教徒が現在のバングラデシュとの国境を超え、ラカイン州北部になだれ込んだと述べた。 2017年以降に破壊された村々の大部分が存在する、国境沿いの2地区、マウンドーとブディダウンは、ミャンマーで唯一、イスラム教徒が多数派の地域だった。だが、ロヒンギャの集団移動が始まってからは、おそらく元の10%しかいないイスラム教徒たちは、少数派となっているだろう。 政府は信用できる調査をし、移動の自由を与え、国籍取得への明確な道を示すことを、いずれも拒んでいる。そのことが、ほとんどの難民に帰還を思いとどまらせている。イスラム教徒と非イスラム教徒のバランスはこのままになるだろう。「未完了の仕事」は今や、完了したのかもしれない。 (英語記事 Rohingya homes destroyed for government facilities)

  • Thumbnail

    記事

    イスラエル首相「ヨルダン川西岸を一部併合」 総選挙で続投なら

    2019年09月11日 12:04 公開 イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は11日、同国が占領しているヨルダン川西岸の一部を、来週にも併合すると発表した。 ネタニヤフ首相は「ヨルダン渓谷と死海の北部にイスラエルの主権を発動する」と述べた。イスラエルは1967年の第3次中東戦争以来、ヨルダン川西岸を占領しているが、併合には至っていない。 これに対しパレスチナのサエブ・エレカット外交官は、併合の動きは「和平の機会を奪ってしまう」と懸念を表した。 総選挙で支持得られるか パレスチナは、ヨルダン川西岸全体の主権を主張しており、ゆくゆくはここに独立国家を樹立したい考え。一方、ネタニヤフ首相は、安全保障上の理由から、ヨルダン渓谷には常にイスラエル軍を保持しておきたいとしている。 イスラエルは17日に総選挙を控えている。世論調査ではネタニヤフ首相率いる右派の与党リクードと中道野党連合「青と白」の支持率が拮抗(きっこう)している。リクードが勝利しても、連立政権を組むのに苦労する可能性がある。 こうした中、ヨルダン川西岸の併合は、ネタニヤフ首相が連立を考えている右翼政党の支持を得られるものだとの見方が強い。 「ただちに主権を発動」 ネタニヤフ首相がヨルダン川西岸の一部の併合に言及したのは、この日のテレビ演説だった。 首相は「総選挙後、ただちにイスラエルが主権を発動できる場所がある」と述べ、こう続けた。 「イスラエルの市民の皆さん、もし皆さんから明確にそうすべきとの信任を得られるなら(中略)私は次期政権の樹立とともにヨルダン渓谷と死海の北部にイスラエルの主権を発動することをきょうここに発表する」 また、ヨルダン川西岸の全てのユダヤ人入植地も併合する予定だが、これにはドナルド・トランプ米大統領が取りまとめているイスラエルとパレスチナの和平合意計画の発表を待つ必要があると話した。 ネタニヤフ首相によると、トランプ氏が「世紀の合意」と呼んでいるこの計画は、総選挙から数日のうちに発表される見込み。首相は、「青と白」はこの政策には対処できないと強調した。 ネタニヤフ氏はこの日、イスラエル南部アシュドッドで選挙演説を行っていたが、パレスチナからロケット弾が飛来する危険性を知らせるサイレンが鳴ったため、演説を中断してシェルターに避難した。 イスラエル軍は、パレスチナ自治区ガザ地区から2発のロケット弾が発射されたが、防空システム「アイアンドーム」で撃墜したと発表した。 パレスチナの反応は? ネタニヤフ首相の演説前、パレスチナ自治政府のムハンマド・シュタイエ首相は、ネタニヤフ氏は「和平プロセスの主要破壊者」だと批判していた。 また、パレスチナ政府の高官ハナン・アシュラウィ氏もこれに同調。アシュラウィ氏はAFP通信の取材で、ネタニヤフ氏は「2国家共存の解決をくじくだけでなく、あらゆる和平の機会を壊している。これでは全く状況が変わってしまう」と話した。 パレスチナ国家を樹立してイスラエルとの共存を図る2国家共存は、両者の和平プロセスの基礎となっていた。しかしトランプ大統領は、自身の和平計画に2国家共存が含まれていると明言していない。 エレカット外交官はツイッターで、「我々はこの紛争を終わらせるべきで、ネタニヤフが考えているように向こう100年これを続けてはいけない。国際法で、併合は戦争犯罪になることを忘れるな」と警告した。 <関連記事> イスラエル、米下院2議員の入国を禁止 トランプ大統領も支持 イスラエルの探査機、民間初の月面着陸に失敗 ガザの動物園から47頭を救出、「悲惨な状況」で飼育 イスラエルは1967年の第3次中東戦争で、ヨルダン川西岸と東エルサレム、ガザ、シリアのゴラン高原を占領。1980年に東エルサレムを、翌1981年にゴラン高原を併合したと発表したが、どちらも国際社会には認められていない。 アメリカもこれまで国際社会に同調していたものの、トランプ政権になって東エルサレムとゴラン高原がイスラエル領だと認めると述べ、立場を覆している。 イスラエルとパレスチナの紛争の中心はヨルダン川西岸のゆくえだ。イスラエルはこれまでに西岸や東エルサレムに約140カ所の入植地を建設しているが、国際法上では違法に当たるとみられている。 総選挙はどうなる? イスラエルでは4月に総選挙が行われ、ネタニヤフ首相率いる右派の与党リクードはイスラエル議会(定数120)で35議席を獲得。右派連立政権の樹立を目指していたが、5月末までに合意に至らなかったため、9月17日の再選挙が決まった。 連立が成立すれば、ネタニヤフ氏は5期目となるはずだった。連立の妨げとなったのは、アヴィグドル・リーベルマン前国防相が率いる極右「わが家イスラエル」との確執。リーベルマン氏は連立の条件として、超正統派のユダヤ教神学校生徒の徴兵免除を廃止する法案の成立を訴えていた。 今回の総選挙の後も、数週間にわたって連立をめぐる協議が続くとみられている。 ネタニヤフ首相をめぐっては現在、3件の汚職疑惑の捜査が続いている。首相は全ての疑惑を否定しているが、司法長官は首相を正式起訴するかどうかの判断を迫られている。 (英語記事 Netanyahu pledges to annex occupied Jordan Valley )

  • Thumbnail

    記事

    福島原発の汚染水は「海に放出するしかない」 原田環境相

    す危険性も小さいとみている。 だからといって、賛否の分かれるこの方法がすぐ実行されるわけではないと、BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員は伝えている。 漁業団体が強く反対しているのに加え、韓国政府もこの案について、もし実行されれば日韓関係はさらに悪化するだろうと言明している。 国際原子力機関(IAEA)は日本に対し、早急に汚染水対策を決定するよう求めている。 (英語記事 Japan may have to spill radioactive water into sea)

  • Thumbnail

    記事

    <評伝> 「オーダー!」のバーコウ英下院議長、貫いた独自路線

    に対するパワハラ疑惑が浮上したが、本人はこれを否定している。 個人秘書だったアンガス・シンクレア氏はBBC番組「ニュースナイト」に対し、議長が自分を怒鳴り、悪態をつき、身体的に威圧しようとしたと話した。 別の元側近、デイヴィッド・リーキー氏は、バーコウ氏はスタッフを「怯えさせ威圧する」のが常だと批判した。 当時の議長報道官は、シンクレア氏の告発は「具体的内容」を欠いていると反論。リーキー氏については、確かに「根本的な意見の不一致」があったものの、議長とリーキー氏はその後、「まともにやりとりしている」と説明した。 パワハラ疑惑について下院で質問されたバーコウ議長は、「自分は素晴らしいスタッフに囲まれている。職務熱心で有能で、長いこと自分を支えてくれている。そのうち5人は通算40年以上も、私のために働いてくれている」と答えた。 さらに議長はこの時、「私のもとを離れた大半の人は、完全に友好的にそうしている」と述べた。 将来は バーコウ議長は9日、10月中に前倒し総選挙が行われるならその時点で、行われないなら10月31日に退任すると述べた。その後の審議で、政府が求めた解散総選挙は否決されたため、10月31日まで留任する可能性が高い。 10月31日は、ブレグジットの期限。そこからさらに離脱が延期されることはあり得るものの、その可能性は日に日に薄まっている。 今から10月末の間には、ブレグジットや総選挙の時期をめぐる駆け引きや憶測が続くだけでなく、議会開会と女王による施政方針演説も予定される。その際にもバーコウ氏が、議長席に座ることになる。 テニスにたとえるなら、バーコウ氏にはまだ、ウインブルドンと全米オープンと全仏オープンの主審を務める機会があるようなものだ。 下院を離れた後、バーコウ氏がどうするのかは、はっきりしない。 伝統的には、下院議長経験者には爵位が与えられ、上院(貴族院)議員となることが慣例となっている。しかし、テリーザ・メイ前首相の頃から、保守党政権にはバーコウ氏への反発が強いため、これは実現しないのではないかと憶測されている。 (英語記事 Who is Commons Speaker John Bercow?)

  • Thumbnail

    記事

    貨物船が米沖で転覆、35時間後に4人救出 「船体叩く音」頼りに

    2019年09月10日 17:17 公開 米ジョージア州沖で8日、韓国の現代自動車の新車約4000台を載せた貨物船「ゴールデン・レイ」が転覆した。 米沿岸警備隊は事故直後、乗組員24人のうち20人を救出したが、火災が発生したため救出活動を中止した。 船内には韓国人乗組員4人が取り残された。 沿岸警備隊は9日、船体を叩く音を確認し、救出活動を再開。音を頼りに船体に穴をあけ、乗組員に食料や飲料を渡した。 その後、4人は約35時間ぶりに船内から救出された。

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮、米との協議「9月下旬に再開」  発表後に飛翔体発射

    2019年09月10日 14:55 公開 北朝鮮の高官は9日夜、停滞するアメリカとの非核化協議について、9月下旬に再開する用意があると表明した。それから半日もたたない10日朝、北朝鮮は飛翔体2発を日本海に向けて発射した。 国営・朝鮮中央通信(KCNA)によると、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は9日、談話を発表。北朝鮮は9月下旬ごろ、同国とアメリカ双方が合意する日程と場所で「対座して」「包括的」な協議を再開する用意があると述べた。 この談話に先立つ8日、マイク・ポンペオ米国務長官は米ABCテレビに出演し、北朝鮮との交渉が数日、あるいは数週間以内に再開できることを期待していると述べていた。 「双方の利益にかなう対案を」 崔外務次官は、談話の中で、非核化協議で合意に達する可能性を維持するためには、米政府が新しい方法で協議に臨む必要があると主張した。 「私は、米国側が朝米双方の利益にかない、われわれが受け入れ可能な計算法に基づいた対案を持って来ると信じたい」 飛翔体の発射 談話発表から数時間後の10日朝、北朝鮮は飛翔体2発を発射した。 韓国軍合同参謀本部によると、飛翔体は午前6時53分と午前7時12分ごろ、西部・平安南道(ピョンアンナムド)价川(ケチョン)付近から東に向かって発射された。飛行距離は約330キロ。 飛翔体発射を受け、韓国の国家安全保障会議(NSC)は、緊急会議を開いた。 北朝鮮による飛翔体の発射は、ミサイル2発が発射された先月24日以来。 米政権は「状況を注視」 米政府高官はAFP通信に対し、今回の発射実験について把握していると述べた。 「われわれは状況を注視し、この地域の同盟国と緊密な協議を続けていく」 ポンペオ国務長官は8日、北朝鮮が発射実験を継続していることについて、米政権は「失望している」と述べた。 「われわれは、金委員長がこうした実験を止めることを望んでいる。しかし、米国務省でのわれわれの使命は、非常に明確だ。それは、交渉のテーブルに戻ることだ」 物別れに終わったハノイ会談 昨年6月、アメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、初の米朝首脳会談で、朝鮮半島の「完全な非核化」で合意した。しかし、これが具体的に何を意味し、どのような方法で実現するのかについては取り決めはなされなかった。 非核化の詳細について、両首脳は今年2月、ヴェトナム・ハノイで2回目の会談を行ったものの、物別れに終わった。 トランプ氏は会談後の記者会見で、金委員長が「制裁の全面解除を求めてきたが、われわれはそれはできなかった」と述べ、合意に至らなかった理由を明かした。 突然の会談後も協議は再開されず トランプ大統領と金委員長は今年6月、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線上の板門店で、歴史的会談を行った。この時、トランプ氏は現職の米大統領として初めて、境界線を歩いて越え、北朝鮮側に入った。 両首脳はこの3回目の会談で、2、3週間の内に実務者協議を再開することで合意した。しかし、これまでに協議は実施されていない。 トランプ大統領は9日、ホワイトハウスで記者団に対し、「金委員長とは非常にいい関係を築いている。私はいつも、会談を行うことはいい事だと言っている。何が起こるか様子を見よう」と述べた。 (英語記事 North Korea 'willing to restart' US nuclear talks)

  • Thumbnail

    記事

    お祭りでゾウが暴れ17人負傷、スリランカ

    2019年09月10日 12:16 公開 この動画には不快に思われる可能性のある場面が含まれます。 スリランカの首都コロンボで行われた仏教のお祭りで、2頭のゾウが突然暴れだす騒ぎがあった。 これにより、17人が負傷した。 スリランカのお祭りにはゾウが使われることが多いが、ゾウの飼育や健康状態については、長年懸念が広がっている。

  • Thumbnail

    記事

    トランプ米大統領、タリバンとの和平交渉は「死んだ」

    在、2001年の米軍侵攻以降、最も勢力を拡大している。昨年から目覚しい勢いで支配地を取り戻しており、BBCの取材では、アフガニスタンの国土の70%で活動しているとみられる。 タリバンは、米兵撤退の日程が確定するまでは、アフガニスタン政府との直接交渉には応じないとしている。 (英語記事 Afghan peace talks are dead, Trump says)

  • Thumbnail

    記事

    バーコウ英下院議長、退任へ 「この議会をおとしめれば自分たちを脅かす」

    2019年09月10日 11:30 公開 イギリスの欧州連合(EU)離脱で揺れる英下院の議長として、「オーダー!(静粛に)」と繰り返す姿が世界的に有名になったジョン・バーコウ氏が9日、10月中に退任すると発表した。 10月に総選挙が行われるならその時点で、選挙がないなら10月31日に10年間務めた議長の座を退くと述べたが、解散総選挙はその後の採決で否決されたため、10月31日に退任することになった。 2009年に議長に就任したバーコウ氏は「平議員のために闘ってきた」と思いを込めて振り返り、「自分は議長として一貫して、この立法府の相対的な権限を拡大しようと努めてきた」と強調した。

  • Thumbnail

    記事

    英首相が求める解散総選挙、下院が2度目の否決 英議会は閉会へ

    氏は、ブレグジット期限延期法に絶対に従うと首相が言明しないのは、「法治主義への攻撃だ」と批判した。 BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長によると、首相官邸はこの法律を破るのではなく、回避する手立てを模索しているという。 ブレグジット延期の回避策としては、EU加盟国に期限延長を拒否してもらう、法律にのっとって期限延長を要請した後にそれを否定する書簡を送る、などの方法が議論されていると報じられている。 しかし、英最高裁判事だったサンプション卿はBBCのラジオ番組で、こうした計略は違法となる可能性があると指摘した。 政府に情報公開を義務付け 9日にはほかにも、ジョンソン首相の敗北が相次いだ。 下院は、議会閉会に関する政府内の連絡記録の公開と、「オペレーション・イエローハンマー」と呼ばれる政府の合意なし離脱に関わる政府資料の全文公開を求める法案を賛成311、反対302で可決した。 合意なし離脱の内部資料は、7月23日から閣僚に配布されていたもので、8月に流出・報道されてその存在が明らかになった。 この法案を提出したドミニク・グリーヴ議員(元保守党、無所属)は、「議会が関連リスクを理解し、より広く公に通達できる」ようにするため、情報公開は「まったく利に適っている」と説明した。グリーヴ議員は、合意なし離脱阻止法案に賛成し政府に造反したため、保守党を除名された議員21人の1人。 これに対し、合意なし離脱の準備を担当するマイケル・ゴーヴ・ランカスター公領相は、政府はすでにEUにイエローハンマーの証拠を提出しているので、「この保証で十分だと思う」と話した。 バックストップ除外をあらためて強調 ジョンソン首相はこの日の審議前、就任後初めてアイルランドのリオ・バラッカー首相とダブリンで会談した。 ジョンソン氏は記者会見で、ブレグジットの懸念材料となっているアイルランド国境をめぐる「バックストップ」条項を破棄し、代わりとなる合意を含む離脱協定を新たに締結することは可能だと話した。 また、合意なしブレグジットは、「我々全員が責任として持つ政治手腕の失敗」になるだろうとも話した。 これに対しバラッカー首相は、バックストップの「代替案は歓迎する」ものの、「現実的なものでなくてはならない」と強調。「現時点でそのような提案はもらっていない」と述べた。 バックストップとは、通商協定がまとまらない場合に、北アイルランドとアイルランドの国境に厳格な検問所等を設置しないための措置。 バックストップが発動すると、イギリスは実質的にEU関税同盟にとどまり、EU法に縛られる。また、北アイルランドもEU単一市場のルールに従うことになる。 バックストップの解除にはイギリス・EU双方の合意が必要なため、ジョンソン首相をはじめとするEU離脱派はこれに猛反対し、協定からの除外を求めている。 (英語記事 PM's second attempt to trigger election fails)

  • Thumbnail

    記事

    バーコウ英下院議長、10月中の退任を発表 「オーダー!」で有名に

    2019年09月10日 10:04 公開 イギリスの欧州連合(EU)離脱で揺れる英下院の議長として、「オーダー!(静粛に)」と繰り返す姿が世界的に有名になったジョン・バーコウ氏が9日、10月中に退任すると発表した。10月に総選挙が行われるならその時点で、選挙がないなら10月31日に10年間務めた議長の座を退くと述べたが、解散総選挙はその後の採決で否決されたため、10月31日に退任する見通しになった。 ボリス・ジョンソン英首相が決定した5週間にわたる議会閉会の前の最終審議日となった9日、バーコウ氏は下院議長として務めた10年間は「最大の名誉と特権」だったと話した。 もし10月中に総選挙が前倒しで実施されるならそれまで、実施されないならば10月31日に退任するのが「最も混乱が少なく、最も民主的」な期日だと思うと議長は述べた。2017年の総選挙の時点で、現在の議会会期を最後に退任すると決めたという。 イギリスのEU離脱(ブレグジット)は10月31日が期限となっている。 保守党出身のバーコウ氏は2009年に下院議長に就任。議員規則に従わない議員たちを、たとえそれが首相であっても時に厳しく、時に皮肉たっぷりにたしなめる一方、「backbencher」と呼ばれるいわゆる平議員の発言権を尊重し、若手議員に助言と指導を与えてきたと評価されている。 最近では、ブレグジットについて中立ではなく、合意なし離脱に反対する議員たちに有利になるよう議事を采配してきたと、ブレグジット派から激しく批判されてきた。 さらに、下院内でのいじめやパワーハラスメントについて、有効な手立てを打ってこなかったとも批判されている。バーコウ議長自身が、スタッフ数人への問題行動を批判されたが、議長はそうした行動はとっていないと否定してきた。 政権与党が選挙で下院議長に対立候補を立てるのは極めて異例なことだが、次の選挙ではバーコウ氏のバッキンガム選挙区で保守党が対立候補を用意している。 <関連記事> 英下院議長の判断はブレグジットの行方を変えるか 造反与党議員の提案を許可 ブレグジット協定「同じ」なら3度目の採決は不可 英下院議長が異例決定 英政府、下院議長に爵位与えない方針か ブレグジットめぐる采配に反発 ホイル副議長らが後継に名乗り バーコウ氏は議長に最初に選任された際、9年以上は議長を続けるつもりはないと話していた。 下院議長は、下院議員全員による秘密投票で選ばれる。 2大政党が交互に議長を出すのが長年の不文律となっていたが、2000年に労働党出身の議長の後任として再び労働党から議長が選ばれ、この慣例が破られた。 バーコウ氏の辞任発表を受けて、労働党出身のリンジー・ホイル副議長が名乗りを上げたほか、保守党と労働党から複数の議員が出馬を表明した。 https://twitter.com/LindsayHoyle_MP/status/1171102898400501760 「平議員のバックストップ」 辞任を発表したバーコウ議長は思いを込めて、自分は「平議員の『バックストップ』」として、議員のために闘ってきたことを誇りに思うと述べた。 「自分は議長として一貫して、この立法府の相対的な権限を拡大しようと努めてきた。そのことについて私は、一切まったくどこの誰にも、いついかなるときにも、謝るつもりはない」と、議長は強調した。 バーコウ氏が退任を発表すると、野党・労働党を中心に多くの議員が立ち上がり拍手を送ったが、与党・保守党の議員たちはほとんどが参加しなかった。 労働党のジェレミー・コービン党首は、バーコウ議長が民主主義を擁護し、推進してきたと称賛し、退任期日の「選択とタイミング」は「無類に素晴らしい」と述べた。 政府からは、ランカスター公領相のマイケル・ゴーヴ氏が発言し、議員が政府を追及する機会を増やすために議長が努力してきたことを認め、それは「下院議長としての伝統の中でも特に優れていた」とたたえた。 英政界、今後の展開は ジョンソン政権はすでに女王の同意を得て決定した5週間の議会閉会を、10日から開始する。女王は来月14日に新しい議会開会を宣言し、政府は新しい施政方針を発表する。 議会は、政府がEUと新しい離脱協定をまとめられなければEUにブレグジット延期を要請しなくてはならない、合意なし離脱は認めないという法律を成立させた。しかし、ジョンソン首相は9日の審議で、ブレグジットの延期を要請するつもりはないし、イギリスはEUをハロウィーン(10月31日)に離脱しなくてはならないと言明した。 議会を通過し女王が裁可した法律に首相が自ら違反する事態を避けるため、ジョンソン首相は辞任するか、あるいは与党から異例の内閣不信任案を提出し採決に持ち込むのではないかという観測が出ている。もし首相が内閣不信任案で敗れた場合、新政権発足のため2週間にわたる交渉が行われることになる。 (英語記事 Commons Speaker John Bercow to stand down)

  • Thumbnail

    記事

    グリーンランド氷河を15年ぶりに取材 BBCが見た驚異の変化

    2019年09月09日 17:03 公開 BBCのデイヴィッド・シュクマン科学編集長は2004年、グリーンランドのセルミリク氷河を訪れた。 15年後、同じ氷河に立つと、高さが100メートルも低くなっていた。 研究者らは氷解の速度に「驚いている」と話す。また、世界中の沿岸都市が今後、どうなっていくか懸念が広がっていると述べる。

  • Thumbnail

    記事

    クジラ肉よりホエールウォッチング? 小笠原群島の変遷

    、将来的にはクジラ肉を食べるより、ホエールウォッチングを楽しむ人の方が増えるという調査報告もある。 BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ特派員が、ザトウクジラが子育てをする小笠原群島を訪ねた。 小笠原群島はかつて捕鯨基地だったが、今ではホエールウォッチングが盛んだ。

  • Thumbnail

    記事

    ジョンソン首相、EU離脱阻止法案との対決姿勢明らかに

    「絶対に」離脱期限の延長をEUに要請したりしないと強調。「我々は10月31日に離脱する」と話した。 BBCの報道番組「アンドリュー・マー・ショー」に出演したジャヴィド氏は、「今から10月19日までには余裕がある。何が起きるか待つべきだ」と述べた。 ジョンソン首相は新法を無視できるか 新たな法律では合意なし離脱の敢行を認めず、10月19日までにイギリスとEUが離脱条件について合意できなければ、首相は10月31日のブレグジット期限延長をEUに要請しなくてはならないと定めている。 新たな延長期限は2020年1月31日だが、EU側が別の日付を指定してきた場合は、首相はそれを2日以内受け入れなければならない。 また、EUの指定した日付を否定できるのは政府ではなく下院だと定めているほか、閣僚は下院にブレグジットの進ちょく報告が義務付けられる。 ジョンソン首相をめぐっては、この法律全体、あるいは一部を合法的に無視できると考えているとみられている。 首相が法律に従わなかった場合、10月に最高裁判所で緊急の司法審査が行われる可能性もある。 ロバート・バックランド法相兼大法官はツイッターで、「過去24時間の間に私と首相は法治主義の重要性について話し合った」と述べた。 また、辞任の憶測を否定し、「私は首相を支持しているし、内閣にとどまるつもりだ」としている。 https://twitter.com/RobertBuckland/status/1170653531076026368 一方、労働党のシャミ・チャクラバルティ影の法相は、政府の立場は「無責任でエリート主義」だと批判した。 チャクラバルティ女男爵はスカイ・ニュースの番組で、「ボリス・ジョンソンとそのお仲間のための法律と、その他の人々のための法律は別物だという考えにはぞっとする」と話し、「歴史上、指導力のない独裁者はどこの国でも、自分こそ国民の支持を得ていると言い訳して、法律を破ったり議会を閉鎖したりしてきた」と批判した。 その上で、新たな法律の内容は「非常に明確」で、ジョンソン首相は「個人的に」これに従う義務を負っていると説明した。 解散総選挙の可能性は? 政府による解散総選挙動議の再提出を前に、選挙時期の決定権をめぐる駆け引きは週末も続いた。政府は4日にも動議を提出したが、この時は可決に必要な3分の2の支持を得られなかった。 野党側は、10月中旬のEU首脳会議で離脱協定の行方が決まるまでは総選挙には応じない構えを見せている。 ジャヴィド内相は、総選挙でブレグジット党と連携しない方針を示し、「(保守党は)自分の2本の足で立てる」と話した。 労働党のジョン・マクドネル影の財務相は、合意なしブレグジットの可能性が排除された時点で「できるだけ早く」総選挙を行ないたいと述べた。一方、スコットランド国民党(SNP)との連携については、「少数政権になるなら少数政権のままでいく。連立はしない」と可能性を退けた。 また、保守党は次期総選挙では新たな下院議長候補を立て、現職のジョン・バーコウ氏と対立させる方針。バーコウ議長は合意なしブレグジット阻止法案に先立ち、議会の審議権を政府から下院議員に移す法案の審議を認めており、それに対する報復措置とみられる。 (英語記事 PM to 'test law to limit' to avoid Brexit delay)

  • Thumbnail

    記事

    「トランプ大統領、香港を助けて」  香港デモ隊、米国に介入求める

    2019年09月09日 13:50 公開 14週にわたり民主化を求めるデモが続く香港で8日、デモ参加者が星条旗を振りながらアメリカ総領事館まで行進し、ドナルド・トランプ大統領に、香港を中国から「解放」してくれるよう訴えた。 デモ参加者には、「トランプ大統領、香港を救ってください」、「香港を再び偉大に」と書かれた横断幕を手にした人の姿もあった。 米議会の取り組みも要求 デモ隊はまた、米議会上院で超党派議員が今年6月に提出した、香港の自治を守る「香港人権・民主主義法案」の可決を求めた。 この法案は、アメリカ政府が、香港の貿易上の特別な地位が正当であると確認するため、1年毎に、香港の高度な自治性を認定するというもの。 香港の独立性を中国当局が抑圧していると認められれば、アメリカは中国当局を制裁対象とすることができる。 「5要求は1つも欠かせない」 デモ隊はこの日、アメリカ国歌「星条旗」を歌い、新たなスローガン「5大要求、1つも欠かせない」を掲げた。 林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は4日、3カ月に及ぶ反政府デモの発端となった「逃亡犯条例」の改定案を撤回する意向を示した。 改定案の完全撤回は、デモ隊が掲げる5つの要求のうちの1つに過ぎず、抗議が収まる気配はない。 中国政府は、1997年にイギリスから中国に返還された香港で起きていることは完全に内政問題だと主張。他国に対し、内政干渉しないよう警告している。 デモ隊の要求とは 1997年にイギリスから返還されて以降、香港は香港特別行政区となり、独自の法制度を持つほか、表現の自由などの権利も保障されている。 そうした状況で香港政府は、犯罪容疑者の中国本土引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改定を提案。改定案が成立すれば、中国政府による香港統治の姿勢が強まるとの懸念が、市民の間に広がった。 そこで、数万人が、改定案の完全撤回を求める抗議行動を始めた。最終的に、香港政府は4日、改定案の撤回を表明した。 抗議が続く中、デモ隊の要求は次第に、幅広い改革を訴えるものへと変化した。 今も実現していない、残り4つの要求は次の通り。 香港政府による、抗議行動に対する「暴動」という言葉の使用取消 逮捕されたデモ参加者全員への恩赦 デモ参加者に対する警察の暴力をめぐる独立調査 香港特別行政区行政長官選挙での普通選挙の実施 デモ参加者には、中国政府からの統制を受けているとして、林鄭行政長官の辞任を求める声もある。 米国による香港デモ介入は トランプ大統領は先月中旬、ツイッターで、中国の習近平国家主席について、「自分の国民に非常に多くの敬意を払う偉大な指導者」であり、「習主席が早急に人道的に香港で起きている問題を解決しようとするならば、彼には実現できる。疑いの余地はない」との見解を示していた。 一方、マーク・エスパー米国防長官は7日、中国は「自制心」を見せるべきだと述べた。 国防長官は中国当局に対し、弾圧の代わりに「腰を据えて、デモ隊と話し合い、食い違いを解決」するよう求めた。 中国側は外国政府に対し、香港問題に介入しないよう警告しているだけでなく、アメリカとイギリスがデモ隊をけしかけていると非難を続けている。 米国務省は9日、香港へ渡航する米国人に対して渡航危険情報を出した。米市民や外交官は、中国の情報戦略により、香港の混乱を助長しているとの濡れ衣を着せられているとして、注意を呼びかけている。 時には暴力的に これまで、デモはしばしば暴力的な様相を見せてきた。 7日には、一部のデモ隊が、先月座り込みのデモを行った香港国際空港への突入を試みたものの、警察は搭乗客のみを通した。同日夜には、市内でデモ隊と警察の衝突が発生し、催涙ガスで警察が鎮圧を試みる事態となった。 (英語記事 'Trump, please save Hong Kong' - protesters)

  • Thumbnail

    記事

    米大統領、タリバンとの「秘密会談」中止 米兵死亡の爆破受け

    在、2001年の米軍侵攻以降、最も勢力を拡大している。昨年から目覚しい勢いで支配地を取り戻しており、BBCの取材では、アフガニスタンの国土の70%で活動しているとみられる。 2001年以降、米軍を中心とする有志連合軍の兵士3500人近くが死亡している。うち2300人以上が米兵だ。 アフガニスタン側の犠牲者の数は把握するのが難しい。今年2月の国連の報告では、3万2000人以上の民間人が亡くなっている。米ブラウン大学ワトソン研究所は、これまでにアフガニスタンの兵士5万8000人、タリバン側の兵士4万2000人が殺されたとの報告を発表している。 <分析>リース・デューセット国際問題編集委員長 米政府でアフガニスタン和平担当特別代表を務めるザルメイ・ハリルザド氏が先週、カブールに到着し、「大筋合意」の知らせをもたらして以降、ほぼ毎日、タリバンによる攻撃が続いている。アフガニスタンでは怒りの声が高まっており、状況はアメリカも同じだ。 タリバンは外国部隊を標的にしていると述べている。しかし、アフガニスタンの民間人が被害に遭うケースも繰り返し起きている。 新たな合意案は、暴力行為を減らす努力しか含まれていないと言われている。米幹部外交官は、米政府との協議の後にアフガニスタン政府との協議に臨むタリバンから、停戦は同政府との主要な取引材料にしたいという訴えがあり、それを聞き入れたと説明した。 アフガニスタン政府の幹部は、怒りながら私に、「停戦はわれわれの取引材料でもある」と話し、同政府は現在の合意案は受け入れないと表明した。同国の指導者たちは米国について、タリバンに正当性を与えており、タリバンを大胆にしていると批判している。 そしていま、トランプ大統領も声に出したような、懐疑的な見方が広がりつつある。タリバンの交渉人がドーハで合意した約束を、現場の指揮官たちは守らないのではないか、という見方だ。 (英語記事 Taliban: US has most to lose from cancelled talks)

  • Thumbnail

    記事

    英重要閣僚、政府による「民主主義への攻撃」を非難し辞任 保守党も離党

    この党は(総選挙で)勝てない」とも書いた。 ラッド氏の辞表全文はこちら(英語)。 ラッド氏は8日にもBBCの番組で、政府はEUと新しい離脱協定について「正式な交渉」をしていない、「会話」をしているだけだと述べた。代わりに、政府による作業の8割から9割は、「劣った」合意なし離脱の準備に費やされていると話した。 新しい離脱協定策定への取り組みについて政府に問い合わせても、「1枚の要旨」のみが返ってきただけで、「まともな政策協議」が行われていないとラッド氏は述べ、ジョンソン首相の政策決定に重要閣僚が十分に参画できていないことを示唆した。 さらに、ジョンソン首相が来週から10月14日まで議会を閉会すると決めた際に、首相に提示されたはずの法的助言についても、閣僚は内容を知らされていないとラッド氏は話した。 番組のアンドリュー・マー司会者が、「ではこの国を動かしているのが内閣でないなら、いったい誰なのか」と尋ねると、ラッド氏は「もしその答えを知っていたら、私は首相やその人たちと会話を続けたかもしれない」とだけ答えた。 一方で、サジド・ジャヴィド財務相はBBCの番組で、閣僚たちはEUとの協定実現に「全力を尽くして」おり、改定された協定のため「とてつもない努力」を重ねていると話した。さらに、イギリスが合意なし離脱に向けて準備することで、欧州側は新協定を受け入れようと「意識を集中」させるだろうと述べた。 ラッド氏は英紙サンデー・タイムズに、もしも解散・総選挙となった場合は、無所属の保守派として出馬するかどうか検討することになると話した。 首相官邸によると、テリーズ・コフィー環境相が、後任の働・年金相になる。 BBCのジョナサン・ブレイク政治担当編集委員によると、ジョンソン首相は8日、ロンドン南東ケント州にある政府公邸に側近たちを集めた。「次の動きを協議するためかもしれない」とブレイク記者は伝えている。 閣僚辞任は続くのか ジョンソン氏と保守党党首選を決選投票まで争ったジェレミー・ハント前外相は、ラッド氏の辞任および離党は「とてつもなく残念な知らせ」だと述べ、「自分が一緒に働いた中で、彼女ほど誠実で有能な閣僚はあまりいない」とたたえた。 ジョンソン政権のブレグジット対応に反発し、造反議員団を率いるかたちになったフィリップ・ハモンド前財務相は、「残念ながら保守党は、選挙で選ばれたわけではない顧問やよそものや侵入者たちに乗っ取られてしまった。連中は保守党を、幅広く寛容な集団から、極右団体に変えようとしている。悲しいことだが、これは私が参加した党ではない」とツイートした。 https://twitter.com/PhilipHammondUK/status/1170633949879635968 BBCのジョン・ピーナー政治副編集長は、ハモンド氏が批判しているのは明らかに、ジョンソン首相のドミニク・カミングス顧問だと指摘する。カミングス顧問は2016年の国民投票で離脱派運動の戦略策定の中心にいた人物で、その歯に衣着せぬ態度や物言いで知られている。 ピーナー副編集長は、ラッド氏のほかにも辞任を考えている閣僚が複数いるようだと伝えるが、その一方で、「世論調査をみれば保守党が支持を伸ばしている。(造反勢力一掃の)効果が出ている」と歓迎する閣僚もいるという。 ドミニク・ラーブ外相は英スカイニュースに、首相はEUを10月31日までに離脱するという自分の方針を閣僚は何があっても支持しなくてはならないと、全閣僚にはっきり伝えていると話した。 「みんなそれを受け入れたし、首相が一定の規律を復活させたのは正しかったと思う。そして、政権幹部からもそれを期待するのは正しいと思う」と外相は述べた。 一方で、最大野党・労働党のキア・スターマー影のブレグジット相はツイッターで、ラッド氏の辞任はジョンソン政権「崩壊」の表れだと書いた。 労働党のイアン・レイヴァリー委員長は、ラッド氏辞任は「誰も(ジョンソン首相を)信用していない」印だと言い、「首相は記録的な速さで影響力を失い、そのブレグジット計画はにせものだと暴かれた」と批判した。 野党・スコットランド国民党(SNP)の下院院内代表イアン・ブラックフォード議員は、「もはや支持も信用も残っていない」と首相に辞任を呼びかけた。 (英語記事 Amber Rudd quits cabinet blaming Brexit inaction)

  • Thumbnail

    記事

    「過去最強」台風15号が関東上陸、冠水や交通混乱

    2019年09月09日 11:21 公開 非常に強い台風15号「ファクサイ」は、9日午前5時前に千葉市付近に上陸し、首都圏では一部地域が冠水したほか、鉄道や空の便が運休となった。中心付近の最大風速は約40メートル、最大瞬間風速は約60メートルで、関東に上陸した台風では過去最強クラスとなった。 気象庁によると、「ファクサイ」は千葉市付近に上陸した後、暴風域を伴ったまま茨城県の東の海上を北東み、正午には福島県いわき市の東南東70キロの海上を北東へ進んだという。 NHKなど複数の日本メディアによると、9日早朝に東京・世田谷区の路上で50代の女性が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した。近くの防犯カメラには女性が強風にあおられ、頭から近くの建物にぶつかる様子が映っていたため、警視庁は台風による死者の可能性が高いとみているという。 気象庁は、記録的な暴風雨による土砂災害や河川の増水の危険があるとして、首都圏の数十万人に対し、早めの避難を呼びかけた。 神奈川県、静岡県、東京都では、合わせて39万人以上に避難勧告が発令された。 交通への影響 この台風の影響で、東海道新幹線の上下線約100本が運休、羽田空港や成田空港を発着する国内線・国際線約130便以上が欠航となった。 JR東日本は8日、首都圏のすべての在来線で、9日始発から午前8時頃まで運転を見合わせると発表していたが、倒木などの影により、9日の運転再開は午前10時頃までずれ込んだ。 東京電力によると9日午前8時現在、千葉県や神奈川県などで約93万軒超に上った。 ラグビーW杯参加チームへの影響 日本では、今月20日にラグビー・ワールドカップ(W杯)が開幕する。海外からは40万人以上が訪れる見込み。 緊急時対応策が設置される中、イングランドのエディ・ジョーンズ監督は、代表チームは日本の気候に「対応する」必要があると話した。 9日朝に来日予定だったオーストラリア代表は、台風の影響で搭乗便に遅れが出たため、同日予定されていた歓迎イベントが中止となった。 北朝鮮では台風13号の被害 今月2日には台風13号「レンレン」が発生し、7日から8日未明にかけて北朝鮮に上陸。5人が死亡した。 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)によると、農地460平方キロが冠水したという。 この台風により、すでに食糧難に陥っている同国の状況悪化が懸念されている。 国連の世界食糧計画は今年5月、北朝鮮で最大1000万人が早急な食料支援を必要としていると警告した。 (英語記事 Typhoon Faxai makes landfall in Japan)

  • Thumbnail

    記事

    【寄稿】 イギリスの有権者は合意なしブレグジットを支持しているのか 世論調査は

    首脳部のせいだと説得できれば、その人は合意なし離脱を支持するかもしれない。 <この記事について> BBCはしばしば、BBC外の専門家にニュース解説の寄稿を依頼しています。 本稿の内容のもととなった研究の詳細はこちらで見ることができます。 サー・ジョン・カーティスは英ストラスクライド大学の政治学教授で、独立調査機関・全国社会調査センターならびに独立調査機関「The UK in a Changing Europe」の上級フェロー。 (英語記事 Do voters support a no-deal Brexit?)

  • Thumbnail

    記事

    【解説】 それでもまだ10月31日に合意なしブレグジットはあり得るのか?

    2019年09月07日 9:26 公開 ダニエル・クレイマーBBC政治リサーチ班 英上院は5日、イギリスが欧州連合(EU)と離脱条件の合意のないまま、10月31日に離脱してしまうことを阻止しようとする法案を可決した。法案は週明けにも、女王の裁可を受けて法律として成立する。しかし、ハロウィーンの日の合意なしブレグジット(イギリスのEU離脱)がこれで完全にあり得なくなったわけではない。どういう展開があり得るか、並べてみる。 下院が代替案を可決 野党・労働党のヒラリー・ベン議員が提出した離脱延期法案では、離脱期限を2020年1月31日に延期するよう10月19日にEUに要請するよう、ボリス・ジョンソン首相に義務付けている。しかし、首相がそうしないで済むシナリオが、2つある。 下院がまた「意味ある投票」を行い、ブレグジット協定を承認する(「意味ある投票」を覚えていますか?) 下院が合意なし離脱を承認する どちらの場合でも、ベン議員の法案は離脱期限の延長要請を強制するものではない。 政府は法律を無視できるか 法案は、離脱の延長を首相自身が、欧州理事会議長に直接、要請しなくてはならないと規定した。 首相が書くべき書簡の文言まで、厳密に定めている。 そのためジョンソン氏は理屈の上では、その書簡を書くこと、あるいは書簡に署名することを拒否できる。しかし、そうなればほぼ確実に法的措置がとられるだろう。 6日の上院審議では、ブレグジット担当閣外相のキャラン卿が、政府は「法律を順守する」と述べた。 政府は法律を廃止できるか 下院の今の構成からすると、政府が新法を廃止するのは、まず不可能だ。 しかし、10月19日より前に総選挙があれば、これは変わる可能性がある。 ジョンソン首相が求めるように総選挙が前倒しされ、その結果、首相が過半数を獲得すれば、今回の新法を廃止し、EUに離脱延長を要請しないまま、離脱まで突き進むことが可能になるかもしれない。 EUが延期を拒否する可能性は イギリスの法律が何と言おうと、ブレグジットの延期にはすべてのEU加盟国の同意が必要だ。 当初は3月末だった離脱期限は、6月、そして10月末とすでにたびたび延期されている。再三の延期をまたしてもイギリスに許すべきだと、欧州各国の首脳が納得しない可能性はある。 エマニュエル・マクロン仏大統領は、これ以上のブレグジット延期を認めない可能性があるとみられている。 ジョンソン首相がEU加盟国に働きかけ、自分の延期要請に反対するよう説得することもあり得る。 EUが別の期限を逆提案してきたら? ベン議員の法案は、離脱延期の期限を最長3カ月と定めている。 しかし、もし他のEU加盟国が別の期限日を逆提案してきた場合、下院が2日以内に反対しない限り、首相はこれを受け入れざるを得ない。 ベン議員の法案の議会審議でも、この点が議論の対象になった。EUに何を言われてもイギリスは同意するしかなくなると、下院でも上院でも一部の議員が反発したためだ。 もし、EUが別の離脱期日を提案し、下院がこれを拒否したならば、イギリスはやはり合意なしで離脱する可能性がある。 将来的な合意なし離脱はあり得るのか 新しい法律は10月31日の合意なし離脱を回避しようとするものだが、将来的な合意なし離脱の可能性をゼロにすることはできない。 それを避けるには、方法は2つしかない。EUと合意した離脱協定を議会が承認し、実施するのがひとつ。あるいは、ブレグジットをそっくりまるごとキャンセルするかだ。 (英語記事 Could a no-deal Brexit still happen on 31 October?)

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット延期法案、英上院でも可決 野党4党は総選挙前倒しに抵抗へ

    選挙の時期だという発言が相次いだ。 <解説>首相には何か巧みな策略があるのか?――ジョン・ピーナーBBC政治副編集長 ボリス・ジョンソン首相にとって、決して良いとは言いがたい1週間だった。 下院で敗北に次ぐ敗北を喫し、党内でも特に高名な同僚20人以上を造反を理由に除名し、党内からあまりに横暴なやり方だと猛抗議に遭い、そして今では懐柔の手を差し伸べようとしている。 しかし、次の総選挙には出馬しないという保守党議員の数は増え続けている。ジョンソン氏に対する批判勢力は、その分だけ勢いを増しそうだ。 そして、合意なし離脱を禁止し、首相にブレグジット延期要請を強制するかもしれない法案は上院を通過した。週明けにも法律になる。 首相は、約束を破るわけにはいかない。そして、首相は法律を破るわけにはいかない。官僚はこの点、はっきりしている。ジョンソン氏は、なんとしても総選挙を実施するか、あるいはブレグジット実現計画を復活させなくてはならない。その前にEUとの合意がまとまらなかったとしても。なんとしてもそうする方法がみつかったという兆しは、首相官邸からうかがえない。 週明けの下院でもおそらく、総選挙実施の提案は否決されるだろう。そうなった場合、首相に残された選択肢は、復活を期待して辞任するか、あるいは自分が望まない離脱延期をEUが認めないことに期待するかなどだ。 もし首相に巧みな策略があるなら(そんなものはないという意見が政権内外には多いが)、もっと練り上げる必要がある。しかも、早いうちに。 (英語記事 Brexit: Opposition parties to reject PM election move)

  • Thumbnail

    記事

    「クローン猫」、中国で誕生 バイオ業界に批判も

    2019年09月07日 8:02 公開 中国のバイオテクノロジー会社が、クローン猫を誕生させることに成功した。 飼い猫のガーリックを亡くし、ひどく落ちこんでいた中国人ビジネスマンの黄雨さんは、クローン化を思いついたという。 ガーリックそっくりなクローン猫の誕生に、黄雨さんは大喜び。 しかし、ペットのクローン化をめぐっては、批判の声も多い。

  • Thumbnail

    記事

    ネス湖の「ネッシー」、ついに謎が解けた?

    2019年09月06日 16:57 公開 英スコットランド・ネス湖に、伝説の怪物「ネッシー」はいるのか? ニュージーランドの研究者はこのほど、巨大ウナギではないかとの調査結果を発表した。 研究チームは、湖の水からDNAを採取し、ネス湖に住む全ての生物のリストを作成。 そこから、今回の結論に到達したという。 しかしこの結果に、ネッシーを一目見ようとネス湖を訪れる毎年数万人の観光客は、果たして納得するだろうか?

  • Thumbnail

    記事

    生後6日の赤ちゃんを機内持ち込み荷物に 人身売買で米人女、マニラで逮捕

    2019年09月06日 14:51 公開 人身売買を目的に、フィリピンから生後すぐの赤ちゃんを国外に連れ出そうとしたとして、アメリカ人の女が4日、マニラのニノイ・アキノ国際空港で逮捕された。 逮捕されたのは、米オハイオ州出身のジェニファー・タルボット容疑者(43)。 当局などによると、タルボット容疑者の機内持ち込みのかばんから、生後6日の赤ちゃんが見つかった。容疑者はアメリカ行きの旅客機に乗り込むところだったという。 タルボット容疑者は赤ちゃんについて、出入国管理当局に届け出をしていなかった。赤ちゃんに関係する搭乗券や書類なども持っていなかったとされる。 フィリピン国家捜査局(NBI)は、同容疑者が「赤ちゃんを隠して、こっそり連れ出そうと」していたとしている。 同容疑者は逮捕後、赤ちゃんをアメリカに連れて行くことへの同意書だとする書類をNBIに提出したが、母親の署名がなかったという。 終身刑の可能性も タルボット容疑者は訴追が発表された5日、拘束者用のオレンジ色の服を着て、手錠をされた状態で、記者会見の場に現れた。だが、言葉を発することはなかった。 NBIの空港部門のトップ、マニュエル・ディマノ氏によると、タルボット容疑者は有罪となった場合、終身刑が科せられる可能性があるという。 米AP通信は、米大使館職員が同容疑者の逮捕について連絡を受けたと伝えた。 当局によると、赤ちゃんの両親も、児童保護に関する法律に違反したとして訴追された。赤ちゃんは福祉機関が保護しているという。 (英語記事 US woman accused of baby smuggling in Philippines)

  • Thumbnail

    記事

    「左効き遺伝子」を発見、脳の構造に影響も

    2019年09月06日 14:49 公開 ジェイムズ・ギャラガー健康・科学担当編集委員、BBCニュース ヒトのDNAの中に左利きと関わる遺伝的指令が組み込まれていることを、英オックスフォード大学の研究チームが初めて発見した。 この指令は、脳の構造や機能、特に言語をつかさどる部分にも深く関係しているという。 研究チームはによると、左利きの人はこの指令によって、他の人よりも言語能力が発達する可能性がある。 しかし、利き手と脳の発達の関係には、まだ多くの謎が残る。 何が分かったのか 人間の10人に1人が左利きだ。 双子の研究によって、両親から受け継いだDNAがなんらかの形で、利き手の決定に関係していることがすでに分かっている。 しかし、その詳細はやっと少しずつ分かってきたばかりだ。 研究チームは今回、医療研究用のデータベースとして40万人分のDNA情報を調査・記録している調査団体「UKバイオバンク」のデータを調べた。それによると、40万人のうち左利きはわずか3万8000人強だった。 その後、研究者は利き手の違いとDNAの違いに照らし合わせ、DNAのどの部分がどうなっていると人は左利きになるのか探り当てようとした。 学術誌「Brain」に掲載された論文によると、左利きに関係する領域は4つ見つかった。 研究チームのグエネル・ドゥオー教授はBBCニュースの取材で、「この調査によって初めて、利き手の決定には遺伝的要因が関係すると分かった」と話した。 どういう仕組みか 人を左利きにする突然変異は、細胞の形態を維持する細胞内の「細胞骨格」と呼ばれる部分、繊細な「足場」のようなタンパク質構造に対する遺伝的指令に出現する。 カタツムリの細胞骨格にも似たような突然変異があり、これがカタツムリの殻を反時計回り、つまり「左利き」にするという。 (カタツムリは殻の向きによって生殖器の位置が違うため、右回り同士、左回り同士でしか交尾できない。イギリスで2年前に話題になった左利きのカタツムリ、ジェレミーを思い出してほしい) UKバイオバンク計画に参加した人たちのスキャン画像から、細胞骨格が脳内の白質の構造を変更しているのが分かったという。 ドゥオー教授は、「我々は初めて、ヒトの利き手に影響する細胞骨格の違いを、脳で見ることができると立証した」と説明した。 調査では、左利きの被験者の方が、言語をつかさどる領域で左脳と右脳の連結が良好で、よく連携していた。 研究チームはこのことから、左利きの人の方が言語能力が高いはずだと推測しているが、今回の調査ではそれを裏づけるデータは得られなかった。 調査ではまた、左利きだと統合失調症になる危険性がわずかに高い一方、パーキンソン病のリスクはわずかに低いことが分かった。 左利きの人への影響は? 左利きはしばしば、差別の対象にされてきた。 この論文を執筆した外科医のドミニク・ファーニス教授は、「多くの文化で左利きは不運なこと、悪いこととみなされ、それが言語にも反映されている」と説明する。 例えばフランス語で左を表す「gauche」は、同時に「不器用・下手」という意味を持つ。英語で右を表す「right」は「正しい」と言う意味でも使われる。 「左利きは単に脳の生物学的発達の結果であり、運や悪性とは関係ないことが、この件球で示された」 「少なくとも左利きの一部は、我々が見つけた遺伝的変異によって起こっている。何が人を人たらしめているのかの理解につながる」 これで終わり? とんでもない。 利き手の違いについては、25%が遺伝で、75%が環境(遺伝に関係ない事柄)で決まっていることが分かっている程度だ。 今回の研究ではその最初の1%が分かったに過ぎず、しかも対象はイギリス人に限られていた。 つまり、環境要因がどれだけ大きいとしても、世界中の人の利き手について遺伝的要因を理解するには、もっと調査が必要だ。その上で、なぜ人は左利きだったり右利きだったりするのか理解するため、様々な要因をつなぎ合わせて全体像を作らなくてはならない。 (英語記事 'Lefty DNA' found - and it changes brain structure)

  • Thumbnail

    記事

    「大きい女の子のブラウス」とは? なぜ英首相は野党党首をそう呼んだのか

    2019年09月06日 13:52 公開 アリス・エヴァンズ、BBCニュース ボリス・ジョンソン英首相は4日、下院審議中に最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首を「you great big girl's blouse(このすごく大きい女の子のブラウスめ)」と野次った。それを受けて5日朝には、コービン氏の自宅を訪れ、ピンクの花柄のブラウスを進呈しようとした記者がいた。しかしそもそも、「大きい女の子のブラウス」とは何なのか。なぜそれが罵倒表現なのか。そして、女性蔑視の表現だという批判は当たっているのか。 俗語表現を解説する「アーバン・ディクショナリー」によると、「big girl's blouse」とは、やたら文句ばかり口にする「ひ弱で男らしさに欠ける弱々しい男」を意味する。 ツイッターではジョンソン首相に対して、「時代遅れ」の表現を使った、「女性蔑視の間抜け」などの批判が飛び交った。「性別を題材にした虚勢を張り、政治論争を矮小(わいしょう)化した」という批判もあった。 性的少数者の中には、この表現は「単純に女性蔑視というよりむしろ、同性愛嫌悪的だ」という意見もあった。 一方で、首相に対する「攻撃材料を無理して見つけようとしている」だけだと批判を批判する声もあり、ブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)をめぐる政界の膠着(こうちゃく)など「本当に大事なこと」から目をそらさないよう呼びかける人もいた。 文献に登場する表現のトレンドを1800年までさかのぼり検索することができる「Google Ngram」によると、この「big girl's blouse」という表現の初出は1970年代のイギリスだという。 一方で歴史家で著作家のキャサリン・カーゾン氏は、1960年代後半のテレビ連続ドラマ「Nearest and Dearest」で俳優ヒルダ・ベイカーが使うようになり、人気が出たのではないかと考えている。 「弱腰で何かから逃げようとしている男性に向かって、使ったのだと思う。ちょっとした決め台詞になり(中略)何かとこの表現を使うたびに観客は大笑いした」のだという。 「かつては人気の決め台詞でも、今のコメディ・ドラマでは使わないものは色々ある。女の子のなにそれと言えばそれが相手への侮辱を意味するというのは、性差別だと思う。たとえば『女の子みたいにけんかする』とか、『女の子みたいに走る』とかの表現がそうだ」 イギリスの女性平等党に所属するハナ・バラム=ブラウン博士は、ジョンソン首相の発言は「ブレグジット論争の間、私たちが一環して徹底的に無視されてきたことを象徴するものだ」と批判した。 バラム=ブラウン博士は、政治団体「国民投票を求める女性たち」による調査結果を示し、ブレグジットに関する議会討論において発言時間の9割は男性が占めていると指摘した。 「首相は『大きい女の子のブラウス』という表現は、ただの面白い野次に過ぎないと思っているかもしれない。同じ意見の人もいるだろう。しかし私は、これはもっと悪質な、女性を徹底的に無視するという傾向の症状だと思う」 博士はツイッターで「#BigGirlsBlouse」というハッシュタグを立ち上げ、「大きい女の子のブラウス」を着ながら自分が何を達成したか、体験談の共有を促した。 「こういう発言はもっと指摘して批判する必要がある」と博士は呼びかけた。 1人のユーザーは「本日の#BigGirlsBlouse活動。ぼろぼろにならずに子供たちを無事に学校に送り届け、学校理事と慈善団体の理事としての役割を果たし、2つのお誕生会を計画し、不治のがんのせいで背中が痛むのを歯を食いしばってこらえながら、犬の散歩をした。どれも無給で」と書いた。 https://twitter.com/FeedleFi/status/1169537590388756480 別の女性は、「今日は#BigGirlsBlouseを着ながら、自分1人で立ち上げて経営する会社のため、予約や問い合わせに対応して、マーケティング機会を調べた」とツイートした。 https://twitter.com/rosieloker/status/1169554879267921920 さらに別の女性は、「私は#biggirlsblouseを着た大きい女子で、重要文献をアクセスしやすい形式に置き換えている(今は音声ファイルに。たぶんすぐに点字に)」と書いた。 https://twitter.com/driahades/status/1169551160333742081 (英語記事 Big girl's blouse: Johnson faces backlash over Corbyn jibe)

  • Thumbnail

    記事

    英首相の弟、閣僚と下院議員を辞任 「家族と国益の板ばさみに」

    として、理解している。オーピントン選挙区の有権者たちにとって、最高の代議士だった」とコメントした。 BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長は、「信じられないタイミング」だと書き、ジョンソン議員が「同僚議員たちの一掃に動揺していた」ようだとツイート。またブレグジットについて兄と「かなり立場が異なっていた」ようだと説明した。 ブレグジットをめぐり3日と4日には、保守党議員21人がジョンソン政権に造反して投票したため、党執行部は全員を除名した。党の大ベテランや主要閣僚経験者を含む除名に、保守党内では異論や動揺が広がっているという。 <関連記事> ジョンソン英首相、「EU離脱遅らせるなら死んだ方がまし」 英下院、首相提案の解散総選挙を否決 ブレグジット延期法案は可決 ジョンソン首相に造反した与党議員21人の顔ぶれ 英ブレグジット政局 前外相の弟の英閣僚、ブレグジット交渉に反発し辞任 閣僚6人目 ジョンソン氏は2016年の国民投票でEU残留に投票した。一方のジョンソン首相は当時、元ロンドン市長の下院議員として、離脱運動の先頭に立っていた。 弟の辞任発表の後に、イングランド北部で開かれた式典に出席したジョンソン首相は、弟は「最高の奴」で「素晴らしい閣僚」だとほめる一方、「欧州連合へのアプローチは自分と違っていた」と認めた。 ジョンソン議員は昨年11月、テリーザ・メイ首相(当時)のブレグジット交渉を批判し、閣外担当相を辞任した。しかし、今年夏にメイ氏が辞任し保守党党首選で兄が後任に選ばれると、ビジネス・エネルギー・産業戦略省と教育省の閣外担当相に就任した。 ジョンソン首相が4日に提案した解散・総選挙は、造反議員の反対票もあり下院で否決された。しかし政府は5日、あらためて週明けの9日に、総選挙前倒しの提案を下院に提出すると発表した。イギリスでは2011年の議会任期固定法(FPA)により首相の議会解散権が制限されており、解散には内閣不信任案の可決、または下院議員の3分の2以上の同意が必要と定められている。 ジョンソン首相の決定により、英議会は来週中から10月14日まで閉会される予定。 政府に造反し保守党を除名された1人で、メイ政権の法務相だったデイヴィッド・ゴーク議員はツイッターで、「多くの下院議員はここしばらく、色々な人やものへの忠誠心が自分の中で衝突する事態に苦しんでいた。ジョーは特にそうだ。議会にとって、政府にとって、保守党にとって、大きな損失だ」と書いた。 最大野党・労働党のアンジェラ・レイナー影の教育相は、「ボリス・ジョンソンはあまりにひどい脅威なので、実の弟の信用さえ得られていない」と批判した。 ブレグジット党のナイジェル・ファラージ党首は、「保守党の重心が急速に移りつつある」ことがジョンソン議員の辞任で明らかになったと述べた。 その一方、ジョンソン首相(中央)の妹でジョンソン議員の姉、レイチェル・ジョンソン氏はツイッターで、「家族は、特に食事の間はブレグジットの話題を避けている。首相を集中攻撃したくないので」と書いた。レイチェル氏はEU残留派。 (英語記事 PM's brother quits as Tory MP and minister)

  • Thumbnail

    記事

    シャーロット英王女、初登校 兄ジョージ王子と共に

    2019年09月06日 12:13 公開 英王室ケンブリッジ公爵夫妻の長女シャーロット王女(4)が5日、小学校に初登校した。 ロンドン南西部にあるトーマス・バタシー校には、兄のジョージ王子(6)も通っている。 この日は父親のウィリアム王子と母のキャサリン妃と共に登校し、校長と握手した。 シャーロット王女はエリザベス女王のひ孫に当たり、王位継承権第4位。