検索ワード:BBC/949件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    2回目の米朝首脳会談、2月末までに=ホワイトハウス

    2019年01月19日 10:50 公開 ホワイトハウスは18日、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による2回目の米朝首脳会談が2月末までに開かれることになったと発表した。 金委員長の最側近の1人で、対米交渉を率いてきた金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が17日夕にワシントンに到着し、18日にホワイトハウスでトランプ大統領と会談した後に、首脳会談が発表された。 開催場所は未定だが、ベトナムではないかとの観測が高まっている。 トランプ大統領は、2回目の会談を他の楽しみにしていると述べた。 サラ・サンダース大統領報道官によると、非核化交渉は進展を続けているが、「アメリカは北朝鮮への圧力と制裁を継続する」と説明した。 昨年6月に現職の米大統領が史上初めて北朝鮮の最高指導者と会談したシンガポールでは、両首脳が朝鮮半島の非核化に原則合意したが、具体的な進展はほとんど実現していない。 米朝交渉がこう着を続けるなか、金英哲氏の訪米は数カ月ぶりに表面化した前進の兆しだった。 金副委員長はトランプ氏に金正恩氏の親書を手渡したものと見られているが、内容は明らかになっていない。昨年のシンガポール会談の前にも、トランプ氏が会談中止の意向を示した後、金英哲氏がホワイトハウスを訪れトランプ氏に金委員長の親書を手渡し、会談実現に至った。 シンガポール会談の直前と同様、金委員長は今月初めに中国を訪問し、習近平国家主席と会談したため、2回目の会談実現への見通しが高まっていた。 金委員長は今年の「新年のあいさつ」で、非核化実現への決意を語る一方、アメリカが制裁を解除しなければ「新しい道を模索」する可能性があるとけん制した。 シンガポール会談以降、非核化へ向けた具体的な進展は確認されず、アメリカの北朝鮮制裁を続いている。 一方で北朝鮮はシンガポール会談以降、ミサイル発射実験は行っていない。昨年9月の韓国との南北首脳会談では、金委員長が「東倉里(トンチャンリ)のミサイル・エンジン実験施設と発射設備を、関係各国の専門家の立会いの下、永久的に廃棄することに合意した」と発表された。シンガポール会談に先立ち昨年5月には「核実験場を破壊」したと、一部外国メディアにその様子を公開していた。 昨年11月には最新「ハイテク戦術兵器」の実験を成功させたと国営メディアが伝えたが、国際社会はこれは大きな脅威としては受け止めなかった。 北朝鮮国内に核施設がどれだけ残るのかは、はっきりしない。昨年7月には北朝鮮が国内各地で核開発を続けていると米国で報道された。 しかし、北朝鮮はシンガポールで兵器開発中止やミサイル発射施設廃棄を具体的に約束したわけではないので、合意違反には当たらない。 (英語記事 Trump-Kim summit: Second meeting by end of February)

  • Thumbnail

    記事

    米副大統領、「ISを壊滅させた」 演説前にシリアで自爆テロ発生も、米軍撤退の方針強調

    2019年01月18日 17:47 公開 アメリカのマイク・ペンス副大統領は16日、ISを壊滅させたと演説で発言した。シリア北部マンビジュでは、この演説と同じ日に自爆テロが発生し、複数の米兵が犠牲になったばかり。 ペンス副大統領はこの件について言及を避けた。

  • Thumbnail

    記事

    手だけを使って1人前の食材を計る方法

    2019年01月18日 15:19 公開 1人前の分量がわからず、ついつい料理を作りすぎることはないだろうか。 計量カップやはかりの代わりに、手のひらや指、こぶしなどを使って適切な分量を計る方法を栄養学者が開発した。 野菜や肉、穀物など、主要な食材の計り方を紹介する。

  • Thumbnail

    記事

    これはバンクシーの作品? 東京の駅近くで発見

    2019年01月18日 13:36 公開 東京都内の駅近くに描かれた落書きがイギリス人アーティスト、バンクシーのものではないかと、東京都が調査を開始した。 東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)日の出駅近くの防潮扉に描かれた落書きは、バンクシーの代表作の一つ「Umbrella rat(傘とネズミ)」に似ている。 落書きがいつ描かれたものかは不明だが、東京都は長い間、この落書きの存在を知っていた。しかし、バンクシーの作品かもしれないという可能性には、住民からの連絡で初めて気付いたという。 17日には、小池百合子都知事も見学に訪れた。 https://twitter.com/ecoyuri/status/1085767968959561729 AFP通信が取材した都職員によると、防潮扉は損壊を防ぐため、すでに取り外されて倉庫で保管されている。 都庁はこの落書きがバンクシーのものかを鑑定しているが、都職員は「日本に専門家がいるのか分からない」と話した。 バンクシーは匿名のイギリス人アーティストで、公共の場でいきなり作品を発表することで知られる。 過去にウェールズの駐車場の扉に見つかった作品は、「数十万ポンド(数千万円)」の高値で取引されたという。 (英語記事 Has Banksy left his mark in Tokyo?)

  • Thumbnail

    記事

    ロンドン地下鉄駅で出産、通りがかりの医学生が活躍

    2019年01月18日 13:24 公開 ロンドンで15日、地下鉄駅構内で産気づいた女性を近くを通りかかった医学生が助け、無事に赤ちゃんを取り上げた。 ユニバーシティ・コレッジ・ロンドン(UCL)医学部1年生のハムザ・セリムさん(21)は解剖学の講義から帰る途中、ウォレン・ストリート駅で女性の叫び声を聞きつけた。 「血の海」の中に立つ女性とその姉妹を見つけたセリムさんは、着ていたセーターを使って新生児を保護した。母親と赤ちゃんはその後、駆けつけた救急隊員が病院に搬送した。 セリムさんは初め、叫び声や罵り声が聞こえたため、女性2人が争っているのかと思ったと話した。 「大パニック」 女性を見つけたセリムさんは、大量出血による失神を怖れて、女性を座らせようとした。 「そうしたら温かいものに触れて、直感的に下を見たら、小さな赤ちゃんの頭と両腕が見えた」 「その瞬間、血の気が引いた」とセリムさんは話した。 また、女性に同伴していた姉妹はセリムさんが到着する前から分娩を手伝っており、「素晴らしい」働きをしていたと付け加えた。 セリムさんは産科の勉強をしていなかったが、たまたま数週間前から、大学の授業で新生児ユニットに滞在していた。 「どうすべきか、多少は知っていた。女性の体を下ろす必要があった。セーターを脱いで赤ちゃんを包んだ」 「赤ちゃんを抱いて、ぎょっとした。反応がなかったので、すぐに最悪のことを考えた」 セリムさんはその場で「もっと資格がある人」に助けを求めたが「誰もいなかった」という。 英国鉄道警察は、「ウォレン・ストリート駅で生まれた赤ちゃんとその母親に大きな祝福を。出産には立ち会えなかったが、良いニュースを喜んでいる」とツイートした。 https://twitter.com/BTPNetworkResp/status/1085185929701019648 セリムさんはそのときの状況を振り返って、赤ちゃんの脈を探したが何も感じられず、「大パニックだった」と話した。 赤ちゃんの脈は、反射を見たり頬をさすったりした後に戻ってきたという。「赤ちゃんが僕の顔に向かって咳き込んだのが、人生で最高の瞬間だった」 セリムさんは救急隊が駆けつける前に、セーターに包んだ赤ちゃんを母親に抱かせたという。 「お母さんは素晴らしかった。とても強くて、私よりもっともっと勇敢だった」 また現場では、ロンドン交通局の従業員が毛布を掲げ、通行人やカメラ撮影を始めた人たちから母子の「プライバシーを守って」いた。 ロンドン救急サービスは、現場で母親と新生児を手当てした上で、「最優先で」病院へ搬送したと説明した。 (英語記事 Student helps Tube station baby birth)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、ペロシ議長の海外視察を直前阻止 議長は大統領演説の延期求め

    2019年01月18日 12:57 公開 ドナルド・トランプ米大統領は17日、連邦政府の部分閉鎖を理由に、野党・民主党幹部ナンシー・ペロシ下院議長のブリュッセルとアフガニスタンへの出張を直前で中止させた。議長と同行議員団が乗る予定だった米空軍機の使用を認めなかった。ペロシ議長は16日、政府閉鎖をめぐる与野党のこう着を理由に、大統領は議会への一般教書演説を延期すべきだと主張していた。 トランプ氏が議会に要求する南側国境の壁建設予算57億ドルを民主党が認めないことを理由に、トランプ氏は一部政府機関のつなぎ予算の承認を拒否。上院多数党の共和党は、大統領が支持しない法案は審議しない姿勢で、民主党が提出する妥協案の審議を拒否している。 このため昨年末に予算切れで始まった連邦政府閉鎖は27日目を迎え、米史上最長となっている。この間、連邦政府で働く80万人が無給で勤務を続けるか、無給で一時帰休状態に置かれている。 こうした中、トランプ氏を厳しく批判してきたペロシ下院議長は16日、大統領への書簡で、1月下旬が恒例となっている議会への一般教書演説を延期するよう呼びかけた。政府職員の多くが無給状態に置かれているなか、ホワイトハウスから議事堂までの沿道警備をはじめ、大統領演説によって「必要となる大変な対応」を現状で確保することは不可能だと、議長はその理由を示した。 トランプ氏はこの要請に直接回答していないが、支援者へのメールでは、米国民に語りかける機会への「招待を撤回された」と書いている。 ペロシ議長と議員団は翌17日午後にワシントンを出発する予定だったが、トランプ氏が米軍機の使用許可を取り消したため、視察旅行が中止になったことが出発の直前に明らかになった。フォックス・ニュースによると、同行予定だった議員団は、連邦議会前で米空軍バスに乗り込んだまま、議会、国務省、国防総省、ホワイトハウスのスタッフがそれぞれ慌てて対応しようとするなか、立ち往生していたという。 ホワイトハウスのサラ・サンダース大統領報道官が、ペロシ議長にあてた大統領の書簡をツイートした。 その中でトランプ氏は、「政府閉鎖のため、予定されていたブリュッセル、エジプト、アフガニスタンへの貴殿の旅行は延期された」、「政府閉鎖が終わった際に、旅行の予定を組み直す」と伝え、「アメリカの素晴らしい労働者80万人が給与を受け取れずにいる状態で、このPRイベントを延期するのは適切なことだと、賛成していただけると思う」と書いた。 https://twitter.com/PressSec/status/1085978219872964608 トランプ氏はさらに、「この間、貴殿はワシントンに留まり私と交渉し、政府閉鎖を終わらせるために国境警備強化運動に参加されたほうが良いと思う」と書いた。 加えて大統領は、もしペロシ議員が望むなら「民間旅客機」を使うのは自由だと付け足した。 これに対してペロシ議長のドリュー・ハミル副補佐官は、アフガニスタン視察が今回の海外出張の主要目的で、ブリュッセル立ち寄りはパイロット休憩に加え、北大西洋条約機構(NATO)幹部と会談し、アメリカはNATOに確実に関わっていくと念押しするためでもあったと説明した。ハミル氏によると、ペロシ議長たちにエジプト訪問の予定はなかった。さらに、政府閉鎖中にトランプ氏も共和党幹部も出張を重ねているとハミル氏は指摘した。 大統領の書簡公表まで、ペロシ議長のアフガニスタン訪問は発表されていなかった。 下院議長は大統領と副大統領に続き、大統領職の継承権を持つ。それだけに、議長が戦闘地域を訪れようとしていると大統領が明かしたことに、批判の声も出ている。 ホワイトハウスは17日午後、スイスで22日から開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダヴォス会議)への代表団派遣を取りやめると発表した。トランプ氏はこれ以前に欠席を発表していた。スティーヴン・ムニューシン財務長官を筆頭にした代表団が出席の予定だった。 下院民主党のステニー・ホイヤー院内総務は記者団に、トランプ氏の行動は「大統領の地位をおとしめるものだ」と批判した。一方で、トランプ氏支持者で共和党重鎮のリンジー・グレアム上院議員は、ペロシ議長が一般教書演説の中止を呼びかけたのは「無責任」で、これに対するトランプ氏の反応も「不適切」だと述べた。 (英語記事 Trump cancels Nancy Pelosi foreign trip citing shutdown)

  • Thumbnail

    記事

    金委員長の側近がワシントン到着、米大統領への親書を携え

    2019年01月18日 12:52 公開 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の最側近の1人で、対米交渉を率いてきた金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が17日、アメリカのワシントンに到着した。2回目の開催が噂されるドナルド・トランプ米大統領と金委員長の首脳会談を見据え、18日にマイク・ポンペオ国務長官と会談する方針。 韓国報道によると、金副委員長は北京経由でアメリカ入りし、金委員長がトランプ大統領に宛てた親書を携えている。韓国の聯合ニュースによると、金副委員長とポンペオ国務長官は18日に会談する見通し。 トランプ大統領は今月初め、2回目の米朝首脳会談の開催場所を北朝鮮と協議中だと発言。ベトナムでの開催を有力視する報道もある。 昨年6月にシンガポールで行われた歴史的な米朝首脳会談以降、北朝鮮の非核化への取り組みは停滞している。 ところが、最近になって外交活動が慌しくなってきている。昨年の米朝首脳会談の直前と同様、金委員長は今月初めに中国を訪問し、習近平国家主席と会談した。 またロイター通信は、匿名筋の情報として、金委員長が来月中に中国を公式訪問すると報じている。 加えて、一部報道によると北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官がスウェーデンに向けて出発した。スティーヴン・ビーガン米国務省北朝鮮担当特別代表と会談する予定という。 金英哲とは? 金委員長の側近される人物。諜報活動などを行う朝鮮人民軍偵察総局の局長を務めた経験があり、2010年の韓国海軍哨戒艦沈没事件の主導者と言われる。 近年では対米交渉を率いていることで知られ、昨年6月には米朝首脳会談の直前にワシントンを訪れ、金委員長の親書をトランプ大統領に手渡した。 実務者協議では何が? 前回は金副委員長が金委員長の親書をトランプ大統領に手渡したのを機に、暗礁に乗り上げていた米朝首脳会談への交渉が再び軌道に乗り、歴史的会談が実現した。 その後、両国の交渉は行き詰っているが、今回の会談次第では、交渉再開の道筋が見えてくるかもしれない。 今回のワシントン会談で、2度目の米朝首脳会談の詳細がまとまる可能性もある。しかし、何が議題か整理することも同じくらい重要だと、複数の専門家は指摘する。 金委員長は今年の「新年のあいさつ」で、非核化実現への決意を語る一方、アメリカが制裁を解除しなければ「新しい道を模索」する可能性があるとけん制した。 シンガポール会談の際、アメリカと北朝鮮は、朝鮮半島の非核化が盛り込まれた共同声明に署名したものの、具体的な行動内容は不透明なままだ。 (英語記事 Kim's right-hand man 'carrying Trump note')

  • Thumbnail

    記事

    97歳のフィリップ殿下が運転中に事故、けがはなく

    たと説明している。フィリップ殿下がランドローバーを運転していることは事前に報告を受けていたという。 BBCのニック・リグビー記者は、現場には割れた窓ガラスやサイドミラーの破片が残されていたと語った。 15日のノーフォーク州は気温が下がり、一部では雪がちらついていたものの、車の走行に影響するものではなかったという。 エリザベス女王とフィリップ殿下は昨年のクリスマス以降、サンドリンガムの別邸に滞在している。 イギリス王室の伝記を書いているヒューゴ・ヴィッカーズ氏はBBCニュースの取材で、「97歳で自動車事故を経験すれば、どんな事故でもショックに違いない」と話した。 「フィリップ殿下は過去に、年齢的にまだ余裕のある時期に飛行機の操縦をやめている。何か起きた場合に、例えば『48歳くらいでやめるべきだったのに、どうして55歳まで続けていたのか』など、大きな批判を呼ぶのを懸念して」 「フィリップ殿下は周りの声に耳を傾ける、非常に分別のある人だ」 「誰にとっても、自動車事故はとても恐ろしい体験だ。殿下自身が集中力を欠いているとか、視認すべきものが見えていないと感じたら、もう運転しないだろう」 イギリス自動車協会のエドムンド・キング会長は、高齢者が関わる自動車事故が注目されると、高齢者の運転を制限・禁止すべきだという話になりがちだと言う。 しかしこうした主張に対しては、「年齢と安全の関連性から運転制限を設けるなら、高齢者よりむしろ若者を制限することになるはずだ」とキング会長は話す。 「若者、主に男性のドライバーが免許取得後6カ月以内に事故を起こす可能性は、6カ月運転をしていない高齢者よりも高い」 「高齢者は夜間の運転を控えたり、慣れた道路しか通らないなど、自分自身で制限をかけてることが多い」 フィリップ殿下は94歳だった2016年、バラク・オバマ前米大統領夫妻がウィンザー城を訪問した際、夫妻とエリザベス女王を乗せてランドローバーを運転したことで注目された。 フィリップ殿下は2017年8月に公務からの引退を発表した。バッキンガム宮殿によると、フィリップ殿下は1952年以降、2万2219回の単独公務をこなした。 公務引退後は、王室の家族行事や教会の礼拝などに参加している姿が見られたが、昨年サンドリンガムで行われたクリスマスの礼拝には参列していなかった。 (英語記事 Prince Philip unhurt in crash while driving)

  • Thumbnail

    記事

    合意なしブレグジット 英ドライバーはEUで違法状態に?

    2019年01月17日 15:56 公開 サイモン・リード記者 イギリスの欧州連合(EU)離脱が3月29日、離脱条件についてEUと合意のないまま現実のものとなった場合、EUで運転するイギリスのドライバーはただちに違法状態になる危険がある。 イギリスのEU離脱(ブレグジット)が合意なしで実施された場合、イギリス人は個別にグリーンカードを取得していなければ、EU圏内を無保険で運転していることになる。ここで言うグリーンカードとは、EU圏外で登録された自動車がEU内を自由通行するための自動車損害賠償責任保険の証明書のことだ。 イギリスの一部の北アイルランドから、陸続きの国境を越えてアイルランドに車で乗り入れた際にも、これが必要になる。 英保険協会(ABI)は、グリーンカードが必要となる1カ月前には申請が必要だと念押ししている。 欧州の保険当局は昨年5月、もし合意なしブレグジットとなってもイギリス発行の運転免許をもつドライバーに対して、グリーンカードを免除する用意があると合意した。しかし、EUの政策執行機関、欧州委員会はこれを確認していない。 このため、合意なしブレグジットの場合はEU規則に従い、イギリスのドライバーは自賠責加入の証明としてグリーンカードを持っていなくてはならない。保険証不携行の運転は違法行為にあたる。 どういう場合に影響が 合意なしブレグジットの場合、次のようなドライバーはグリーンカードが必要となる――。 北アイルランド・アイルランド間の国境を運転して越える場合 イースター休暇をフランスで過ごすなど、自動車で欧州入りする場合 EUに大型トラックなどで貨物を輸送する運送会社 ABIのヒュー・エヴァンズ事務局長は、「合意なしブレグジットになる可能性が高まる情勢なだけに、これが自分にどう影響するのかすべての保険契約者に知ってもらいたい」と話す。 旅行保険については、イギリス人もEU圏内で一定の無料診療が受けられる欧州健康保険カード(EHIC)に代わるものがなかったとしても、保険の適用に大きな変化はないはずだが、「必ず旅行保険の条件を確認するように」とエヴァンズ氏は強調する。 合意なしのブレグジットの場合、イギリス人はEU圏内で国際運転免許証(IDP)が必要になる可能性もある。英政府は2月1日以降、国内2500カ所の郵便局でIDPの発行を開始する。 イギリスから欧州へ運転する人数は 北アイルランド経済省によると、乗用車やバス、大型貨物車などが毎年延べ1億1000万回、北アイルランドとアイルランドの国境を通過している 2017年には英仏海峡トンネルを走るカートレイン、ユーロトンネル・シャトルが延べ160万台のトラックと260万台の乗用車を往復で運んだ 2017年には、グレートブリテン島から欧州に移動した大型貨物車は240万台、グレートブリテン島から北アイルランドに移動した大型貨物車は37万台 (英語記事 No-deal Brexit warning for UK drivers)

  • Thumbnail

    記事

    初体験が早すぎたと後悔する若者たち=英研究

    2019年01月17日 12:45 公開 性慣習にまつわるイギリスの調査で、若者が最も後悔しているのは、初めての性交渉が早すぎたことだという結果が明らかになった。 調査に参加した10代後半~20代前半の女性の3分の1以上、男性の4分の1以上が、初体験が「適切なタイミング」ではなかったと回答した。 イギリスでは、性交渉の法的同意年齢は16歳以上。 最新の「性に対する態度とライフスタイルに関する全国調査」では、16歳になっても性行為に対する準備ができていない若者は大勢いると指摘している。 この調査は約10年おきに行われており、イギリスにおける性慣習の詳細が明らかになる。 今回の最新調査は、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究員がまとめ、イギリスの医療専門誌BMJの性と出産の健康部門で発表された。2010~2012年に調査を受けた3000人近くの若者の回答を基にしている。 この調査で分かったこと それによると、若い女性の40%近くと若い男性の26%が、最初の性体験は「適切なタイミング」ではなかったと答えた。 こう答えた人の大半が、初体験はもっと遅い方が良かったと答え、もっと早い方が良かったと答えたのはごく少数だった。 初めてセックスをした年齢は、回答者の大半が18歳までと答えた。うち半数が17歳になる前、3分の1近くが16歳になる前と解答した。 調査ではまた、性に関する同意能力や準備、つまり、初めて性行為におよぶ際に事前に情報を得て適切な決定ができるかどうかについても質問した。 例えば、アルコールを摂取していない状態で同意すること、あるいは同調圧力を受けていないことなどだ。 この質問では、回答した女性の約半数、男性では4割が、この水準に達していなかったと答えた。 自分と相手が同等に性交渉を持ちたいとは考えていなかったと答えた人は女性では5人に1人、男性では10人に1人だった。これは、セックスに対して何らかの圧力があったことを示唆している。 性教育が重要な鍵 この調査の創設者、ケイ・ウェリングス教授は、人が性的に活発になる準備ができているかどうかと、性的同意年齢は関係ないと説明する。 「若者ひとりひとりが違う。15歳で大丈夫という人もいれば、18歳でまだという人もいる」 ウェリングス教授の共同研究者、メリッサ・パーマー博士は、「セックスに応じるようパートナーから圧力を受けやすいのは、若い男性よりも若い女性の方だという認識が、今回の調査で裏づけられた」と話した。 「10人中9人の若者が、最初のセックスで適切な避妊法を用いているという前向きな結果も出ている。しかし、若者が性的に活発になる時期に、若者の健康全般を確実に守るための方策が必要だ」 パーマー博士は、若者が安全で前向きな初体験を迎えられるよう、パートナーと正しく話し合う交渉技術を、学校が性教育の一環として教えるべきだと提案する。 性の健康にまつわる慈善団体Brookのイザベル・インマン氏は、「私たちは、年齢とその人の状況に適切な人間関係と性に関する教育を早い時期からスタートすべきだと確信している。それが、若者が正しい決定を前向きに行う手助けになる」と話した。 「こうした教育が義務化されることで、機会が増えることを願っている」 「正しいタイミング」とは? 誰かとセックスをするかもと思ったら、自分自身に聞くべきこと: 大丈夫だと思えるか パートナーを愛しているか 同じように、パートナーも自分を愛しているか パートナーと、性感染症やエイズを阻止するためにコンドームを使うことを話したか。その会話はうまくいったか 避妊の方法を準備したか どこかのタイミングで考えを変えたときに「ノー」と言えると思うか。自分もパートナーも、それについて同意しているか もし全ての質問に「はい」と答えたら、正しいタイミングだといえる。 一方、次の質問に1つでも「はい」と答えたら、まだ適切な時期ではないだろう: パートナーや友人から圧力をかけられていると感じている 後で後悔するかもしれないと思っている 友人に追いつくためだけにセックスしようと思っている パートナーをつなぎとめるためだけにセックスしようと思っている 出典:国民保健制度(英語) (英語記事 Is there a right age to lose your virginity?)

  • Thumbnail

    記事

    ケニアのホテル襲撃テロ、死者21人に アルシャバブが犯行声明

    2019年01月17日 12:23 公開 ケニア政府は16日、首都ナイロビで前日に5つ星ホテル「デュシットD2」やオフィスなどが入る複合施設が武装集団に襲撃されたテロ事件で、少なくとも21人が死亡したと発表した。 このテロでは数百人が施設から逃げ出し、28人が病院で手当てを受けた。またケニアの赤十字によると、19人の行方が分からなくなっている。 警察などによる制圧作戦は19時間に及んだ。隣国ソマリアを拠点とするイスラム過激派組織アルシャバブが犯行声明を出している。 ケニアのウフル・ケニヤッタ大統領は事態の終息を宣言し、実行犯5人を「排除」したと話した。 テレビ演説でケニヤッタ大統領は、「この凶悪な事件を計画し、資金を提供し、実行した者を全員、手加減なく」処罰すると述べた。 AFP通信によると、16日に行われた捜査でこの事件に関わったとされる2人が逮捕された。 ケニアは2011年10月、ジハーディスト(聖戦主義者)鎮圧に向けてソマリアに進攻して以来、アルシャバブの標的となっている。 ロイター通信によると、アルシャバブは今回の攻撃はドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認したことへの「返答」だとする声明を発表した。 この方針転換を受け、アメリカは昨年5月、在イスラエル米国大使館をテルアビブからイスラエルへ移転。国際的な批判を浴びた。 エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地。イスラエルはエルサレムを「永遠で不可分の」首都としている。一方でパレスチナ人は、1967年の第3次中東戦争でイスラエルに占領された東エルサレムを、将来パレスチナが独立した際の首都にすると主張しており、対立が絶えない。 自爆攻撃も 事件は15日午後3時(日本時間午後9時)ごろに発生。実行犯の1人はホテル内に侵入する前、駐車場に止めてあった車両にむけて爆弾を投げ、別の実行犯1人は自爆した。 現場近くで働く女性はロイター通信に対し、「最初に銃声が聞こえて、両手をあげながら走って逃げ出す人たちが見えた。中には、近くの銀行の中へ駆け込み、身を潜めて助かろうとする人たちもいた」と話した。 施設の監視カメラの映像には、武装した4人のが銃を乱射している様子が映されていた。 ケニア政府は当初、同日午後11時に終息を発表したが、1時間後には爆発や銃声が聞こえた。16日午前7時にも銃撃があったという。 その後、武装部隊が再び施設に入り、身を隠していた従業員らを救出した。襲撃現場は、富裕層が暮らすウェストランズ地区にあり、オフィス街からもほど近い。 この攻撃で、アメリカ人のジェイソン・スプリンダーさんが犠牲となった。遺族によると、スプリンダーさんは2011年9月11日の同時多発テロの生存者だった。 また、イギリス外務省によると、イギリスと南アフリカの二重国籍を持つルーク・ポッターさんが亡くなったほか、イギリス人1人が負傷した。 アルシャバブとは? アルシャバブはソマリアの反政府組織だが、東アフリカ全土で攻撃を行っている。 2013年9月にはやはりナイロビのショッピングセンターを襲撃。80時間におよぶ銃撃戦の末、67人が犠牲となった。 2015年にはケニアのガリサ大学に攻撃を仕掛け、150人近くが亡くなった。 (英語記事 Kenya hotel attack death toll rises to 21)

  • Thumbnail

    記事

    日本出身横綱が消滅・・・稀勢の里が現役引退を表明

    2019年01月17日 12:20 公開 第72代横綱の稀勢の里(32歳、田子ノ浦部屋)が16日、東京の両国国技館で記者会見を開き、現役引退を表明した。進退をかけた初場所では、初日から3連敗していた。これで、唯一の日本出身横綱が消滅することとなった。 左大胸筋や左上腕部など、度重なるけがに悩まされてきた稀勢の里は、ファンの応援に応えるために相撲を取り続けたかったと話した。 稀勢の里は「できる限りのことはやった」、「多くの人に支えられた。感謝しかない」と涙ながらに話した。 大関だった2017年に初場所で初優勝し、日本出身力士としては約20年ぶりとなる横綱に昇進した。 稀勢の里の引退後、残る横綱はモンゴル出身の白鵬と鶴竜の2人となる。 稀勢の里とは? 本名、萩原寛。茨城県出身。相撲を始める以前は野球少年だった。2002年の春場所で初土俵を踏み、2004年には18歳の若さで新入幕を果たした。 その後、2017年初場所で初優勝し、横綱に昇進。同年の春場所でも横綱として優勝したが、左大胸筋のけがにより8場所連続で休場を余儀なくされる。これは、年6場所制が導入された1985年以降の横綱としては歴代ワーストの連続休場記録だった。 去年9月の復帰後も8連敗を喫し、1場所15日制が始まった1949年以降の横綱としては歴代単独の最長連敗記録となった。 稀勢の里は「徐々に回復はしていたが、自分の相撲が取れなかった」と話した。今後は、年寄り「荒磯」を襲名し、若手力士の指導に力を注ぐことになる。 角界は厳しく、非常に厳格な世界というイメージもあり、日本人力士の数は近年、減少傾向にある。 日本出身の横綱は、稀勢の里の前は1994年昇進決定の貴乃花と1998年昇進の若乃花が最後だった。 (英語記事 Last Japan-born sumo champion retires)

  • Thumbnail

    記事

    月か宇宙船か、アメリカの川に巨大な氷の円盤が出現

    2019年01月17日 11:48 公開 アメリカ北東部メイン州の川に、巨大な氷の円盤が出現した。 ウェストブルック近郊のプレサンプスコット川に出現した氷の直径は約91メートル。 自然に形成された氷はゆっくりと回転しており、まるで月や宇宙船のようだと言われている。 科学者によると、水温変化によって氷の下で渦が発生していることが、回転の理由だという。 回転運動によって氷の角が取れ、円盤型になったとみられている。

  • Thumbnail

    記事

    不信任を免れたメイ英首相、「建設的な協力」呼びかけ

    2019年01月17日 11:34 公開 続投が決まったメイ首相は、下院議員たちに「自己利益を脇に置いて」、ブレグジット(英のEU離脱)に向けて「建設的に協力」していくよう求めた。

  • Thumbnail

    記事

    メイ英政権、19票差で信任獲得 ブレグジット協定代替案の協議へ

    2019年01月17日 7:28 公開 イギリスの欧州連合(EU)離脱をめぐり、政府の離脱協定を歴史的大差で否決したばかりの英下院は16日夜、テリーザ・メイ首相に対する内閣不信任案を賛成306、反対325の19票差で否決した。 メイ政権がEUとまとめたブレグジット(イギリスのEU離脱)協定に前日、反対した与党・保守党の造反議員や、メイ政権に閣外協力しながら離脱協定には反対した北アイルランドの民主統一党(DUP)の議員10人は、メイ首相の留任を支持した。DUPがメイ首相続投に反対していたら、内閣不信任案は1票差で可決されていた。 最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首が提出した内閣不信任案には、スコットランド国民党(SNP)や自由民主党を含め、全野党が賛成した。 不信任を免れたメイ首相は下院に対して、「この院はこの政府を信任しました。私はブレグジット実現のためこの院のあらゆる議員と協力し、この院が英国民の信任を維持するよう努めます」と表明し、「国民投票の結果を実現し欧州連合を離脱すると、国民に真剣に約束しました。その約束実現のため努力を続けます」と述べた。 その上で首相は、野党各党の議会幹部に、ブレグジットの進め方を協議するため個別に会談したいと求めた。ただし、その会談には「建設的な心持ち」で臨むよう呼びかけた。 「交渉可能で、この下院から十分な支持が得られる解決策を見つけなくてはなりません」と首相は述べた。 首相はさらに、前日に否決された離脱協定に代わる代替案を、21日に下院に提出するとあらためて約束した。 「ブレグジット実現の義務」 メイ首相は不信任案否決後、ダウニング街の首相官邸前で演説し、「ここウエストミンスターではない場所で日々を送っている方たちは、この24時間の出来事に不安を抱いたことでしょう。分かります。英国民の圧倒多数は、私たちにさっさとブレグジットを実現するよう求めているし、自分たちに大事な他の課題に取り組むよう求めています」と述べた。 首相はさらに、「欧州連合を離脱しなさいと英国民が指示する内容を実現するのが、自分の義務だと私は考えていますし、そうするつもりです」とあらためて表明した。 <関連記事> 英下院、ブレグジット協定を歴史的大差で否決 内閣不信任案の採決へ 【解説】 ブレグジットでいま何がどうなったのか 首相はこの演説に先立ち、スコットランド国民党(SNP)や自由民主党、プライド・カムリ(ウェールズ党)の幹部と会談したが、労働党のコービン党首はダウニング街の首相官邸を訪れていない。 首相官邸前で演説したメイ首相は首相官邸前の演説で、野党幹部との協議は今のところ「建設的」で、「労働党の党首が今のところ協議に参加しようとしないのは残念ですが、私たちの扉は開いています」と述べた。また今後数日の間に、自分や他の政府幹部が複数の下院議員と会談し、「議会内の幅広い意見を出来る限り」聞き取るようにする方針を示した。 労働党のコービン党首は、「前向きな協議」実施の前提条件として、まず首相が「合意なしブレグジット」の可能性をきっぱり排除する必要があると主張している。 コービン党首は採決に先立ち、メイ首相の「ゾンビ的」政権は、政権運営の資格を失ったと批判していた。不信任案が否決されると、コービン氏は「前向きな協議」を実現するには、まず首相が「合意なしブレグジット」はあり得ないと言明すべきだと求めた。 「政府はきっぱりと、破局的な合意なしEU離脱の展望と、それによって起きるあらゆる混沌(こんとん)の懸念を取り除かなくてはならない」とコービン氏は求めた。 コービン氏の広報担当は後に、首相官邸から会談について接触があったが、コービン氏が16日の間に首相官邸に向かうことはないと明らかにした。 コービン氏に対しては労働党や他の野党から、2度目の国民投票を支持するよう圧力が高まっている。 EU残留を支持するSNPのイアン・ブラックフォード院内総務は、首相との会談後に、「誠意をはっきり示してもらいたい」と首相に書簡を書き送った。 ブラックフォード議員は、ブレグジット手続きを発動したリスボン条約50条の一時停止と、2度目の国民投票の可能性が、今後の協議継続の前提条件となると述べた。 ブラックフォード議員は他の野党首脳と共にコービン労働党党首にも書簡を送り、労働党として正式に2度目の国民投票実施を支持するよう求めた。 プライド・カムリのリズ・サヴィル・ロバーツ院内総務は、首脳会談には建設的に臨んだものの、首相には「会談のための会談になってはならない」と伝えたという。 「大混乱したブレグジット騒ぎに本物の解決法をなんとしても見つける。それには、合意なしブレグジットの可能性を排除して、この国の欧州での未来のため国民の投票を実施することだ」と、サヴィル・ロバーツ氏は述べた。 (英語記事 May's government survives no confidence vote)

  • Thumbnail

    記事

    EUは「イギリスがどうしたいのか知りたい」 ブレグジット協定否決

    2019年01月16日 17:51 公開 英議会下院(定数650)は15日夜、イギリスの欧州連合(EU)離脱について英政府がEUとまとめた離脱条件の協定の承認採決を行い、432対202の大差でこれを否決した。 欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は、「イギリスには、自分たちがどうしたいのか、早急に意図を明確にしてもらいたい。そろそろ時間切れだ」と要求。他のEU幹部も、イギリスに態度を明示するよう呼びかけた。

  • Thumbnail

    記事

    ケニアのホテル襲撃テロ、大統領が終息宣言 死者少なくとも14人に

    2019年01月16日 14:07 公開 東アフリカ・ケニアの首都ナイロビで15日午後に発生した、5つ星ホテル「デュシットD2」や、オフィスなどが入る複合施設が武装集団に襲撃されたテロ事件。一夜明けた16日午前、ケニヤのウフル・ケニヤッタ大統領は、実行犯は全員「排除された」とし、事態の終息を宣言した。このテロによる死者は少なくとも14人に上っている。 ケニヤッタ大統領は16日、これまでに14人が死亡したものの、700人が無事に施設内から避難したと話した。また、「すべてのテロリストは排除された」とし、事態の終息を宣言。「我々は、この凶悪な事件への資金援助や、計画、実行に関与したすべての人物を洗い出す」と話し、徹底的に突き止めることを誓った。 16日未明には、100人以上が複合施設から救出され、近くの救急センターに運ばれた。襲撃現場は、富裕層が暮らすウェストランズ地区にあり、オフィス街からもほど近い。 実際に実行犯が何人いたのかは不明だが、隣国ソマリアを拠点とするイスラム過激派組織アルシャバブが犯行声明を出している。ケニアは近年、たびたびテロに見舞われており、その多くがソマリア国境と首都で発生している。 死者数については依然情報が錯綜し、ケニア赤十字社は死者数を24人だと伝えている。 また、米国務省が死者の中にアメリカ人1人が含まれていると発表したほか、イギリス人1人が犠牲になった恐れも出てきている。 別のメディアは、複数の病院で約30人が手当てを受けていると報じている。 ケニア政府は当初、15日深夜に終息を発表したが、16日早朝にも爆発や銃声が聞こえた。 警察によると、実行犯の1人はホテル内に侵入する前、駐車場に止めてあった車両にむけて爆弾を投げ、最初の爆発が発生。別の実行犯1人は自爆した。 施設内では武装した複数の男が銃を乱射し、居合わせた人たちは、最初の爆発から数時間後に外に脱出した。血まみれになった人たちは警察によって現場から助け出されたが、駆けつけた警察官は「状況は良くない。死者が出ている」と話した。 写真:逃げ出す人々、騒然とする現場(英語記事) 現場近くで働く女性はロイター通信に対し、「最初に銃声が聞こえて、両手をあげながら走って逃げ出す人たちが見えた。中には、近くの銀行の中へ駆け込み、身を潜めて助かろうとする人たちもいた」と話した。 (英語記事 Nairobi hotel: DusitD2 siege over)

  • Thumbnail

    記事

    EU離脱協定否決、次は何が起こる?

    32対202の大差でこれを否決した。 230票差での政府案否決は、英現代政治史において最悪の結果。 BBCのクリス・メイソン政治担当編集委員が、今後の展開について解説する。

  • Thumbnail

    記事

    【解説】 ブレグジット協定否決、何が変わるのか

    2019年01月16日 13:00 公開 ローラ・クンスバーグBBC政治編集長 票読みは危険な遊びだ。今日の下院採決にいたる全てを事細かく追いかけてきた、1人のベテラン政治家は、テリーザ・メイ首相が下院に提出いsた協定は90票差で否決されると予想していた。 200票差で負けるなどという、極端な予想も広まっていた。 しかし、政府が必要な票数を獲得すると思っていた人は、ウェストミンスター(イギリス議会)にはいなかったはずだ。 だからこそ、様々な予測が飛び交う中で頭がおかしくなりそうだったが、今日議会でささやかれていたのは採決そのものがどうなるかではなかった。採決の次に何がどうなるのかを、誰もが気にしていた。 「意味ある投票」と呼ばれた今回の採決は、文字通りさまざまな意味を持つだろう。 しかし、採決後に首相がどうするつもりなのかは、前よりはっきりした。 そして驚くなかれ、メイ首相が21日に提出予定の代替案は、元々の離脱協定を微調整したものになるだろう。 この数週間、複数の閣僚が内々に、メイ首相はおそらく自分がまとめた妥協案を留めようとするはずだと話していた。 離脱協定はイギリス政府だけが作ったものではない。EUとまとめた協定で、ほとんどの主要経済団体が支持する、2年以上の努力の賜物だ。 通常ならば、下院での決定的な敗北はその法案の終わりを意味する。 しかし首相官邸がこの協定を手放すつもりはなさそうだ。 <関連記事> 英下院、ブレグジット協定を歴史的大差で否決 内閣不信任案の採決へ なぜポンド上昇 英政府のブレグジット協定、大差否決で 【解説】 本当に簡単なブレグジット・ガイド アンドレア・レッドソム下院院内総務はBBCに対し、歩み寄りをすべきはEUの方だと話した(現実的かはともかく)。ジェフリー・コックス法務長官は下院で議員に対し、協定はほとんど変わらない形で再提出されると告げた。政府幹部2人が、似たようなことを言っている。 つまり、いくら敗北が決定的なものだったとしても、メイ首相には劇的な方針転換を期待できない。 メイ首相に方針転換を迫る内閣も、議会を猟奇的な祭り(タイタニック号の模型やアイルランドの妖精、数え切れないほどのユニオンジャックとEU旗で彩られていた)の場に変えた与野党の協定反対派も、首相に今すぐ方針転換させるのは難しそうだ。 内閣の中では、アイルランドと英・北アイルランドの国境をめぐるバックストップ(防御策)に対するサンセット条項(適用期限を定めた条項)を含めた代替案の議会承認を来週中に獲得し、それをEUに提示するしか道がないという意見も出ている。 メイ首相が心変わりするなら、それは初めてのことではない。 しかし、私は今日の劇的な展開が大きな転換点になるとは思っていない。 では、今回の採決は一体なんだったのか? そう聞きたくなるのも無理はない。 議会の意向を話し合うだけでなく、実際に議会はどうしたいのか、どこかの時点で確認する必要があった。 政府内には、今日の協定否決で不満を吐き出した議員たちが、いずれ協定を支持するだろうと期待する人たちもいる。 しかし、それははかない望みかもしれない。 今日の採決は、ばんそうこうをはがすようなものだと例えた下院議員もいる。いくらそろそろとゆっくりはがしても、痛みが減るわけではないし、ばんそうこうの下でどれだけ傷が治っていたかは、はがしてみないと分からないのだ。 (英語記事 Brexit deal vote: Playing the numbers game)

  • Thumbnail

    記事

    国際線に珍客、ビジネスクラスで鳥が休憩

    2019年01月16日 11:01 公開 シンガポール・チャンギ国際空港発ロンドン行きのシンガポール航空322便の機内で7日、全身羽に覆われた珍客が見つかった。 搭乗していたのはシンガポールやマレーシアなどに生息するムクドリ科の鳥、インドハッカ1羽。発見当時はビジネスクラス席の背もたれの上で羽を休めていた。この鳥が確認された時には、離陸からすでに12時間が経過していた。 フェイスブックに投稿されたビデオには、客室乗務員が鳥を捕まえようとして失敗する様子が映っている。 シンガポール航空広報は13日、この鳥を最終的に捕獲したと発表した。また、シンガポール紙ストレイツ・タイムズに、「複数の乗客に協力してもらい、客室乗務員が鳥を捕獲した」と詳細を明かした。 ロンドンのヒースロー国際空港到着後、この鳥は動物検疫担当の職員に引き渡されたが、どのように機内に潜り込んだのかや、12時間にわたりどこに隠れていたのかなどは分かっていない。 (英語記事 Stowaway bird found on plane mid-flight)

  • Thumbnail

    記事

    なぜポンド上昇 英政府のブレグジット協定、大差否決で

    2019年01月16日 8:24 公開 サイモン・ジャックBBCビジネス担当編集長 市場はテリーザ・メイ英首相の敗北をすでに予想していた。しかし、これほどの大差で敗れるとは、ほとんどの市場関係者の意表を突いた。 それ以上に驚きだったのは、ポンドが上昇したことだ。イギリス政治の動きに真っ先に反応する金融指標がポンドだ。政府が大敗すればポンドは急落するはずだと、大勢が確信していたのだが。 これをどう理解すればいいのか。金融市場が最も懸念するのは合意なしブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)による混乱だが、最近の下院での激しい対立を見るからに、合意なし離脱はなさそうだと、市場はそう確信したのではないか。後知恵でそう説明する人もいる。 あるいは、メイ首相のブレグジット協定がこうして大敗したことで、「ブレグジットなし」(少なくとも3月29日には)の可能性が強まったという見方のためだという意見もある。 金融市場は秒単位で反応するので、今回はこう動いた。実体経済はまだ迷っている。 イギリスの欧州連合(EU)離脱期限まで、残り72日だ。今日またひとつ大きな一里塚がやって来ては過ぎ去ったが、将来は相変わらず不透明で、合意なし離脱への備えはますます急務となった。 この事態にへきえきとする経済団体のひとつが、こうコメントした。政治家たちはイギリス経済の未来をめぐり、「きわめて高リスクな政治ポーカー」に興じているのだ。 (英語記事 Why did the pound gain after May's Brexit defeat?)

  • Thumbnail

    記事

    英下院、ブレグジット協定を歴史的大差で否決 内閣不信任案の採決へ

    でメイ首相を支持すると話した。DUPの議員は10人全員が協定に反対票を投じている。 フォスター党首はBBCに対し、「DUP議員はイギリス全体の最大利益のために」協定を否決したと述べ、その上で「より良い協定確保のため、政府が計画をまとめる猶予を与えたい」と語った。 2度目の国民投票を支持している自由民主党の党首サー・ヴィンス・ケーブルは、メイ首相の大敗は「ブレグジット中止の始まり」だと述べた一方、コービン氏の支持がない限り国民投票は実現しないだろうとの見解を示している。 スコットランド自治政府のニコラ・スタージョン首相は、メイ首相は「歴史的な大敗」を喫したと発言。2度目の国民投票を実施するため、離脱手続きを発動させたリスボン条約50条を一時停止すべきだと、あらためて訴えた。 「これ以上、物事を前に進めるなど、まったく不見識だという段階に達している」 これに対し保守党のローリー・スチュワート法務担当閣外相は、2度目の国民投票を含め、保守党の過半数が支持するブレグジット案はひとつもないと話した。 EUの反応は? 欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は、離脱協定が否決されたことで、イギリスが混乱の中でEU離脱を迎える可能性が高まったと指摘した。 ユンケル委員長は、否決された離脱協定は「秩序ある離脱を保証する唯一の方法」だったと発言。自分も欧州理事会のドナルド・トゥスク常任議長(大統領に相当)も、英下院に安心してもらえるよう、「好意から」協定内容をあらためて説明したのだと述べた。 「イギリスには、自分たちがどうしたいのか、早急に意図を明確にしてもらいたい。そろそろ時間切れだ」と委員長は呼びかけた。 また、トゥスク氏はツイッターに「もしこの協定が不可能で、誰も合意なし(ブレグジット)を望んでないとしたら、前向きな解決法はたった一つ。それがいったい何かついに言うのは、勇敢な人は誰なのか?」と投稿した。 https://twitter.com/eucopresident/status/1085260488903090176 (英語記事 PM’s Brexit deal rejected by 230 votes)

  • Thumbnail

    記事

    家族を逃れ亡命のサウジ女性 「失うものは何もなかった」

    2019年01月15日 17:42 公開 家族から逃れて亡命したいとソーシャルメディアを通じて世界に助けを求めたサウジアラビアの18歳女性が、難民として入国を認められたカナダで、独立した人生を送るために危険な賭けに打って出ただけの価値はあったと、複数のカナダ・メディアに話した。 ラハフ・ムハンマドさん(18)は1月5日夕方、タイ・バンコク空港のホテルの部屋で新しいツイッター・アカウントを開設し、「家族のもとに戻されたら殺されてしまう」と世界に助けを求めた。 ラハフさんは家族と共にクウェートへ向かう予定だったが、バンコク行きの便へ逃げ込み、オーストラリアの査証(ビザ)があるから乗り継ぎたいと主張した。しかし、バンコクで飛行機を降りたところでサウジの外交官にパスポートを没収され、立ち往生してしまったと話している。 タイ当局は当初、ラハフさんを強制送還する方針だったが、ソーシャルメディアで「ラハフを救え」という声が拡散し、人権団体ヒューマンライツ・ウォッチや国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が仲介した結果、カナダ政府に難民認定され、12日にトロントから入国した。 「奴隷のように物扱い」 ラハフさんはカナダ紙トロント・スターに対し、「失うものは何もなかった」と言い、「私たちは物扱いされている、奴隷のように」と話した。 「サウジの女性がどういう目に遭うか、大勢に話したかった」 ラハフさんの名前は「ラハフ・ムハンマド・アル=クヌン」だったが、家族に勘当されたため「アル=クヌン」の名前を使うのをやめ、「ラハフ・ムハンマド」を名乗っている。 ラハフさんはトロント・スターに、「こういう展開になる確率は1%だと思っていた」と話した。さらに、「カナダにいて、とても安心している。カナダは人権を尊重する国なので」と述べ、「私の到着を待っていてくれた皆さんから愛情を感じて、生まれ変わった気分です」と感謝した。 また、カナダの気候に慣れるには時間がかかるかもしれないが、これからの新生活が楽しみだと話した。 CBC放送には、「今までやったことのないことをやってみます。勉強できなかったことを勉強します。私は人生を探検して(中略)就職して、普通の生活を送ります」と話した。 15日には報道機関への声明で、自分は「幸運だった」と述べ、「独立して、旅行をして、教育やキャリアや誰といつ結婚するかについて、自分で決めたい。こういうことについて今までは自分に発言権がなかった。これからは自分で決めることができると誇りを持って言える」と強調した。 なぜカナダが カナダのジャスティン・トルドー首相は11日、ムハンマドさんを難民として受け入れると発表し、翌日にトロント空港でクリスティア・フリーランド外相がムハンマドさんを出迎えた。 カナダ政府は昨年8月、サウジアラビア政府が女性権利活動家を逮捕したことを問題視し、釈放を要求。これにサウジ政府は激怒し、「内政干渉」だとして、カナダとの貿易を全面凍結し、在サウジ・カナダ大使を追放した。 ムハンマドさんのカナダ亡命についてサウジ政府はコメントしていないが、サウジ政府が出資する国立人権協会の責任者は、「サウジの一部の不良女性が家族の価値観に反抗するのを、一部の国が扇動しているのは驚きだ」と発言した。 (英語記事 Rahaf Mohammed: Saudi teen says fleeing 'worth the risk')

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、ホワイトハウスで「ハンバーガー300個」振る舞う

    2019年01月15日 16:52 公開 メキシコ国境の壁建設費用をめぐり米連邦政府の一部閉鎖が続く中、ドナルド・トランプ米大統領は14日、ホワイトハウスを表敬訪問した大学アメフト・チームに大量のファストフードを振る舞った。 トランプ氏は、大学アメフトの全米王者となったクレムソン大タイガースをホワイトハウスに招き、取り寄せたハンバーガーやフライドポテト、ピザ、サラダなどで歓待した。 「(連邦政府)閉鎖のため(中略)アメリカのファストフードを注文した。費用は僕もちで」と、トランプ氏は晩餐室で記者団に話した。「たくさんのピザにハンバーガー300個、それはもうたくさんのフレンチフライ。みんなの大好物ばかりだ」。 「最後にどれだけ残っているかな。ほとんど残らないと思う」とトランプ氏は言い、好物のファストフードは何か記者に質問されると、「アメリカ製なら何でも好きだ。ここにあるのは全部、アメリカ製だ」と強調した。 ファストフード調達に大統領がいくら払ったかは不明だが、政府閉鎖を理由に学生たちの歓迎会を延期したくなかったとトランプ氏は話した。 サウスカロライナ州のクレムソン大は12日、カレッジ・フットボール・プレイオフで優勝した。 トランプ氏が大統領選中から公約していたメキシコ国境の壁の建設費について、大統領は連邦予算57億ドルを要求し、議会がこれを認めない限り連邦政府のつなぎ予算に署名しない方針。これに対して、1月から下院多数党となった民主党は、不法移民対策として壁建設は効果が期待できず納税者に費用を負担させるのは大統領の公約違反だと強く反発。多くの政府機関が昨年12月22日から閉鎖状態にある。 連邦政府で働く約80万人が無給状態に置かれており、空港職員やシークレットサービスなどが無給勤務を続けているほか、多くの職員が無給で一時帰休させられている。ホワイトハウスの維持に関わる職員の多くも同様の状態だ。 <関連記事> トランプ氏、国家非常事態の宣言を検討と 国境の壁めぐり 「バイバイ」 トランプ氏、政府再開協議を去る 学生たちの歓迎会に先立ち同日、ルイジアナ州ニューオーリンズで農業関係者の会合に出席したトランプ氏は、国境の壁のため戦い続けると述べた。 「アメリカ国民の安全を守るためなら、僕は絶対に決して、後に引かない」と大統領は強調した。 他方で国防総省は14日、メキシコ国境沿いへの陸軍配備を9月末まで続けると発表した。昨年11月に大統領命令で米兵数千人が国境地帯に配備された際には、12月に終わる予定だったが、国土安全保障省の要請ですでに2回にわたり延長されていた。 (英語記事 Trump orders '300 burgers' to White House amid shutdown)

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット協定採決、議員は賛成? 反対?

    行う予定だったものの、与野党の反対が多く出ており承認の公算がないとして、メイ首相は採決を延長した。 BBCはブレグジット審議の鍵を握る複数の議員を取材し、採決で賛成するか反対するか、そしてその理由を聞いた。 撮影・編集:ニック・レイクス

  • Thumbnail

    記事

    性未分化で生まれた赤ちゃん、手術で性を決めて良いのか

    2019年01月15日 15:26 公開 国連によると、世界人口の1.7%が「インターセックス(間性)」、つまり性的に未分化な状態で生まれてくる。生まれつき赤毛の人と同じ割合だ。 こうしたインターセックスの状態で生まれる新生児の多くが世界各地で、男か女かのどちらかを決める手術を受ける。もちろん、本人の同意なく。 場合によっては、それが悲惨な結果を引き起こすこともある。

  • Thumbnail

    記事

    アンディー・マリー選手、全豪オープン初戦で敗退 これが最後?

    2019年01月15日 13:19 公開 サジ・チョウドゥリー、BBCスポーツ 引退を表明しているテニスのアンディー・マリー選手(イギリス、31)は14日、全豪オープンの初戦でロベルト・バウティスタアグート選手(スペイン)と対戦し、6-4、6-4、6-7、6-7、6-2で敗退した。 4時間9分に及んだ今試合でマリー選手は2セット先取されたが、続く第3セットと第4セットで素晴らしい巻き返しを見せ、観客をわかせた。しかし、最終セットはバウティスタアグート選手に奪われた。 マリー選手は試合後、「もしこれが現役最後の試合なら、素晴らしい終わり方だ」と話した。 「持てる全てを出したが、届かなかった」 英スコットランド出身で元世界ランキング1位のマリー選手は11日の記者会見で、今年7月のウィンブルドンを最後に引退する予定だが、体調不良のためこの全豪オープンが現役最後の大会になるかもしれないと話していた。 しかし14日の試合後のインタビューでは、再び全豪オープンに戻ってくる機会はあると語った。 「もしかしたらまたここで試合ができるかもしれない。あらゆることを試してみるつもりだ」 「現役に復帰するには大手術を受けなくてはいけないし、それで戻って来られる確証はない。でも最善を尽くそうと思う」 見事な追い上げも勝利ならず バウティスタアグートには過去3回の試合で全勝していたマリーだったが、14日の試合では苦戦を強いられた。 第2セットを取られた時点で観客の多くは、この試合がイギリス最高峰のスポーツ選手の1人にとって今大会最後の試合はおろか、現役最後の試合になると思ったに違いない。 バウティスタアグート選手が第3ゲームで先制点を取った時点で、その予感は確信に変わったかに思えた。 しかし、マリーはこれまで、根気と粘り諦めの悪さの上に、キャリアを築いてきた選手だ。直後に点を取り返し、タイブレークで第3セットを制し、続く第4セットも奪った。 第5セットもその勢いが続くかと思われたが、勝利は巻き返しを見せたバウティスタアグートの手にわたった。 <分析>マリー選手の抱えるジレンマ ――ラッセル・フラー、BBCスポーツ・テニス編集委員(メルボルン) 15年間のプロ生活の中で、マリー選手はいくつかのどんでん返しを見せてくれた。そして今夜、熱狂する観客の前でもう一度、2セットリードされてからの追い上げを見せようとした。 第3セットと第4セットはさまざまな意味で、彼のキャリアを凝縮したものだった。 マリー選手は喜びの雄たけびを上げた。いら立ちの叫びも上げた。 テニスコートを縦横に走り、素晴らしいディフェンスを見せた。そしてチャンスが訪れると、得意技で撃ち返した。 彼はもはや臀部(でんぶ)の故障をかばう必要がない。そこにはあえて危険に身を投じる1人の男がいた。 そして今、マリー選手はジレンマを抱えている。今後4~5カ月の間、自分を真綿でくるむようにして大事をとり、ウィンブルドンでのさよなら試合に備えるか。それとも、生活の質向上につながる手術を受ける代わりに、センターコートでのアンコールを危険にさらすか。 ライバル選手からの賛辞 試合後のインタビューの最中、ロジャー・フェデラー選手、ラファエル・ナダル選手、ノヴァク・ジョコヴィッチ選手といったマリー選手のライバルたちによるメッセージ動画が流れた。 「ラファやロジャー、ノヴァクといった選手たちがいる時代に戦えたのはとても幸運だった」とマリー選手は話した。 「僕たちはとてつもない戦い、素晴らしい試合をしてきた。僕たちがテニスをやめても、テニスファンたちは覚えていてくれるだろう」 「仲間たちへの尊敬の念は、最も大切なことだ。彼らがこの動画のために時間を割いてくれて嬉しい」 (英語記事 Murray loses epic in possible farewell)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ米大統領、ロシアのために働いたことはないと主張

    2019年01月15日 13:07 公開 ドナルド・トランプ米大統領は14日、自分とロシア政府との関係を取りざたする米主要紙の連続報道を受け、「ロシアのために働いたことなどない」と記者団に述べた。 大統領はホワイトハウスの外で記者団にロシアの手先だったのかと質問され、これを否定。さらに、「そんなことを聞くこと自体、みっともない話だ。何もかもとてつもないでっちあげなのに」と述べた。 13日付の米紙ワシントン・ポストは、匿名の現職政府関係者や元政府関係者の話をもとに、トランプ氏がロシアのウラジーミル・プーチン大統領との会談の詳細を政権幹部に隠してきたと伝えた。2017年7月に独ハンブルクで会談した際には、通訳のメモを取り上げ、他の政権幹部に内容を共有しないよう指示したという。 トランプ氏が昨年7月にフィンランド・ヘルシンキでプーチン氏と2時間にわたり会談した際には、同席したのは通訳のみだった。ワシントン・ポストはこの時の会談内容も、政府高官に共有されていないと伝えた。 これに先立ち11日には、米紙ニューヨーク・タイムズが連邦捜査局(FBI)について、2017年5月にトランプ氏が当時のジェイムズ・コーミー長官を電撃解任した後、トランプ氏がロシア政府の手先ではないかと疑いFBIが捜査に着手していたと伝えた。 こうした状況で大統領は12日夜、保守系フォックス・ニュースの司会者からロシアの手先として働いたことはあるのかと尋ねられると、「そんな無礼なことを質問されるのは初めてだ」と反発した。 ニューヨーク・タイムズ記事は、トランプ氏がロシア政府関係者から指示を受けていたという証拠は浮上していないと書いている。 トランプ氏は14日には、コーミー氏解任は「大いにこの国のためになった」と述べ、FBI捜査員を「悪党」「汚職警官」などと罵倒した。 さらにトランプ氏は、ハンブルク会談の通訳メモを取り上げたというワシントン・ポスト報道について質問されると、「どれもこれもフェイクニュースだ」と述べた。「あれはとても良い会談だった。実際、とてもうまくいった会談だった」とトランプ氏は言い、プーチン大統領とはイスラエルや独ロ間のパイプラインなどを話し合ったと説明した。 「ああいう会談はしょっちゅうある。大したことじゃない」 大統領はこの日、ルイジアナ州ニューオーリンズで開かれる農業関係者会議に出席するためホワイトハウスを離れた。 米ABCニュースによると、下院の民主党はトランプ・プーチン会談に同席した米国側通訳の議会喚問を検討しているという。 トランプ氏相手に2016年米大統領選を戦った民主党のヒラリー・クリントン氏は2016年10月のテレビ討論会で、トランプ氏をロシアの「操り人形」と呼び、トランプ氏はこれに「操り人形なんかじゃない」と反論していた。 そのクリントン氏は14日、ツイッターでその時のやりとりの動画と共に「私が言った通り。操り人形」とツイートした。 https://twitter.com/HillaryClinton/status/1084841753834868736 大統領の元弁護士が下院公聴会に 昨年11月の中間選挙で下院を奪還した民主党は、今月初めから下院多数党としての動きを強めている。 トランプ氏と不倫関係にあった女性への口止め料支払いで政治資金法違反などで有罪となったマイケル・コーエン元弁護士は、下院民主党の招きに応じ、2月7日に下院監査委員会の公聴会で証言する予定。 下院監査委員会のイライジャ・カミングス委員長(民主党)、同情報委員会のアダム・シフ委員長(同)、同司法委員会のジェロルド・ナドラー委員長(同)は連名でトランプ氏に対して、長年にわたる自分の側近だったコーエン元弁護士に圧力をかけ、証言をためらわせたり、威圧したりしてはならないとする声明を発表した。 コーエン元弁護士は昨年12月に禁錮3年を言い渡された際、トランプ氏が自分に「光でなく闇の道を進む」よう仕向けたと陳述し、「(トランプ氏の)汚い真似を隠すのが自分の義務だと感じていた」と発言していた。 ムラー捜査の今後は FBIのコーミー長官解任後、司法省がロシアによる大統領選介入疑惑の捜査にロバート・ムラー元FBI長官を特別検察官に任命した。トランプ氏に対するFBIの捜査は、ムラー特別検察官の捜査に取り込まれたとニューヨーク・タイムズは伝えている。 ムラー特別検察官に対する指揮権は司法長官が持つ。昨年11月にジェフ・セッションズ長官が更迭されて以来、長官代行が務めていたが、トランプ氏は後任に1991~1993年にかけて父ブッシュ政権の司法長官だったウィリアム・バー氏を指名した。 上院での指名公聴会は15日から予定されており、そこでバー氏は「特別検察官が捜査を最後まで終えられることは、きわめて重要だと考えている」と証言する予定。バー氏はさらに、ムラー捜査で明らかになった内容の公表を約束する見通し。 ただし、バー氏は昨年6月の時点で、ムラー捜査には「致命的な問題がある」と法的意見を書いているため、上院司法委の民主党議員たちがこの点の真意を問いただすのは必至だ。 (英語記事 Trump denies he ever worked for Russia)

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット協定否決は「英国民を失望」させる=メイ英首相

    党首はあらためて、協定が否決されれば内閣不信任案を提出し、解散・総選挙を要求すると方針を確認した。 BBCのイアン・ワトソン政治担当編集委員によると、コービン氏は労働党議員たちに、「間もなく」内閣不信任案決議が実現すると述べた。 一方のメイ首相は、大きな争点となっている北アイルランドとアイルランドの国境問題について、多くの議員が反発している「バックストップ(防御策)」は絶対必要にならないと保守党議員たちに強調した。 「バックストップ」は、ブレグジット後の移行期間が終わる2020年12月までに別の解決策が見つけられなかった場合、北アイルランドはEU単一市場の一部ルールに従うと定めた条項だが、その場合、北アイルランドがそれ以外のイギリス各地と別扱いになることが問題視されており、多くの保守党議員とDUPは強く反対している。 これについてメイ首相は、2020年末までにEUと包括的な通商協定を結べると「確信している」ため、そうすれば「バックストップ」はまったく無用で終わると強調。包括協定へ向けてEU側も確実に努力していくと表明する、ドナルド・トゥスク欧州理事会議長(大統領)とジャン=クロード・ユンケル欧州委員長による連名の書簡を公表した。 トゥスク氏とユンケル氏は書簡で、仮にバックストップの実施が必要になっても「あくまでも一時的なものに過ぎない」と約束する一方で、メイ首相とまとめた離脱協定の変更は一切認められない姿勢をあらためて強調している。 ジェフリー・コックス英法務長官は、EU幹部からの書簡は、バックストップが仮に実施されても一時的なものという「法的」な保証をイギリスに与えたと説明しつつ、離脱協定の「基本的意味合い」は変わらず、バックストップからイギリスが一方的に離脱できないのは変わらないと述べた。 コービン党首は、EU書簡は「温かい言葉と意向」に過ぎないと批判。北アイルランドとイギリス本土との一体性維持をきわめて重視するDUPのナイジェル・ドッズ副党首は「何も目新しいものはない」と反発した。 次はどうなる 今後の見通しは次の通り――。 15日――再開5日目のブレグジット審議の後、離脱協定について下院で「有意義な投票」。修正案についての採決も行われる。協定が否決されればメイ首相は3日以内に「代替案」を下院に提出する必要がある。 16日――メイ首相はEUから譲歩を引き出すためブリュッセルへ向かうかもしれない 21日――下院で「代替案」の採決予定 議会がブレグジットを阻止する新法案を議決しない限り、イギリスは3月29日にEUを離脱する。 保守党のベテラン議員3人は、首相の代替案が否決された場合は議会が3週間かけて議会版の「代替案」を策定するという、「EU離脱第2法案」を提案している。さらに、もしそれが成功しなければ議会特別委員会の全委員長からなる連絡委員会が、譲歩案をまとめて議会採決にかけるべきだと、この議員3人は提案している。 これについて首相官邸は、歴史的な内閣と議会の関係が大きく変更されることになると、強い懸念を示している。 このほか、ブレグジットに反対する超党派の議員団は、EU離脱に関する2度目の国民投票実施を求める法案の内容を発表し、EU残留か、メイ首相の離脱協定でEUを離脱したいか、国民にあらためて問うべきだと主張している。 この法案を支持する下院議員たちは、この2度目の国民投票を実施するには、EU離脱手続きを開始するリスボン条約50条を一時停止する必要があると主張する。その場合、イギリスは現行の離脱期限の3月29日以降もEUに留まることになる。 (英語記事 May says opponents of Brexit deal risk 'letting British people down')

  • Thumbnail

    記事

    男性保護者が進学も就職も結婚も決める サウジの女性たち

    2019年01月14日 15:43 公開 サウジアラビア出身のラハフ・ムハンマド・アルクヌンさん(18)は、家族に虐待されていた、イスラム教を捨てたので殺されるなどと主張し、バンコク空港のホテルに立てこもり、ツイッターを通じて助けを求めた。 ソーシャルメディアで彼女の訴えが拡散し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が仲介した末、ラハフさんは12日、難民としてカナダに入国した。 サウジアラビアでは、女性が教育や就職、結婚など、自分自身の重要な事柄を自分だけで決められず、男性保護者の許可や同意が必要だ。

  • Thumbnail

    記事

    ゴーン前会長の妻、「過酷な扱い」を人権団体に訴え

    2019年01月14日 15:15 公開 金融商品取引法違反などの罪で勾留されている日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の妻、キャロル・ゴーンさんが、ゴーン前会長が日本の拘置所で「過酷な扱い」を受けているとして、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチに書簡を提出した。 ゴーン前会長は11月19日に逮捕されて以来、2カ月近くにわたって勾留されている。勾留はさらに続く見込みで、日本の司法制度に対する批判の声が出ている。 書簡の中でキャロルさんは、取り調べが絶え間なく続く様子を説明し、人権団体に支援を呼びかけた。 キャロルさんは、「検察は毎日数時間にわたり、弁護士不在の状況で夫から、自白を引き出そうと尋問し、威圧し、叱りつけ、非難している」と書いている。 日本では、検察が起訴前の容疑者を取り調べる期間、容疑者の勾留が認められる。起訴されれば、さらに長期間の勾留が続くこともある。 日本の検察当局は、キャロル夫人の書簡にコメントしていない。 <関連記事> ゴーン前会長「不当に拘束された」 初出廷で無罪主張 日産のゴーン前会長を再逮捕、これまでとは別容疑 東京地検特捜部 【解説】カルロス・ゴーン会長の逮捕は「悪意ある攻撃」なのか? 【解説】カルロス・ゴーン、ルノーと日産の容赦ない「コスト・キラー」 ゴーン前会長は昨年11月19日、役員報酬の過少記載や会社資金の不正利用など「重大な不正行為」があったとして、金融商品取引法違反容疑で逮捕された。 その後、別の時期の金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑および会社法違反(特別背任)の疑いで2回再逮捕された。2010~2014年度の虚偽記載について12月10日に起訴されたほか、今月11日には特別背任罪で追起訴された。 今年1月8日に東京地裁で開かれた勾留理由開示手続きで、多田裕一裁判官は、前会長には国外逃亡と罪証隠滅を図る恐れがあったとして、勾留は正当なものだと認めた。 一方、ゴーン前会長は無罪を主張している。 AFP通信によると、ゴーン前会長が日本語で自白文書に署名を強要されたと一部で報道されたが、前会長の弁護団はこれを否定している。 「厳格で過酷な」司法制度 ヒューマン・ライツ・ウォッチに宛てた書簡でキャロルさんは、ゴーン前会長の勾留の状況を説明した。 それによると、前会長は暖房のない小さな独房に収容され、常用薬を飲ませてもらえない。また、収容後に体重が落ち、食事は米と麦が中心だという。 勾留理由開示手続きで逮捕後に初めて公の場に姿を現したゴーン会長は、目に見えてやせていた。 書簡でキャロルさんは、「ヒューマン・ライツ・ウォッチには夫の事件に光を当ててもらい、(中略)公判前勾留と尋問が行われるこの厳格で過酷な司法制度を変えるよう、日本政府に圧力をかけてほしい」と訴えた。 「夫が毎日直面するような扱いを我慢させられるなど、あってはならない。ましてや日本のような先進国、世界第3位の経済大国で」 ゴーン前会長の弁護団によると、前会長は初公判までさらに6カ月、勾留される可能性がある。 (英語記事 Wife criticises Ghosn's 'harsh' detention )

  • Thumbnail

    記事

    SNSで助け求めたサウジ少女、難民認定先のカナダに到着

    14/status/1083842495241318401 「勉強も就職もできない」 ラハフさんはBBCの取材に対し、家族に殺されるのが怖いと話した。 「自分の国では勉強も就職もできない。だから自由になってやりたいように勉強と仕事がしたい」 またAFP通信の取材では、髪を切ったことで6カ月間自室に閉じ込められたなど、家族から心身に虐待を受けてきたと語った。 ラハフさんの家族の代理人はBBCに、家族はコメントするつもりはなく、ただラハフさんの安全を気にしていると述べた。 UNHCRは、ラハフさんを合法的な難民だと認識しており、カナダが難民認定を下したことを歓迎するとしている。 フィリッポ・グランディ難民高等弁務官は、「国際難民法と、何よりも重要な人道の勝利だ」と話した。 カナダは以前にも、サウジアラビアに女性の権利活動家を解放するよう求め、同国を怒らせたことがある。サウジアラビアは報復として駐サウジ・カナダ大使を強制送還し、新規貿易案件を全面凍結した。 ラハフさんはなぜバンコクに? ラハフさんは家族と共にクウェートへ向かう予定だったが、バンコク行きの便へ逃げ込み、オーストラリアの査証(ビザ)があるから乗り継ぎたいと語った。 しかし、バンコクで飛行機を降りたところでサウジの外交官にパスポートを没収され、立ち往生してしまったという。 バンコクのサウジ領事館は、ラハフさんの拘束に関わったことを否定している。ラハフさんのパスポートはその後、本人に返却された。 タイ当局は当初、ラハフさんの件を「家族の問題」と説明しており、ラハフさんは翌日にもクウェートへ強制送還されるとしていた。 そうした中、ラハフさんはホテルの部屋から助けを求めるツイートを何件も送信。これが人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチやジャーナリストの目にとまった。 その後、タイはラハフさんの滞在を認め、国連が彼女の難民申請を検討した。 (英語記事 Saudi teen refugee arrives in Canada)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、プーチン氏との会談内容を隠していないと 米報道受け

    2019年01月14日 13:24 公開 ドナルド・トランプ米大統領は12日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との会談内容を側近にも伏せているとの米紙報道について、「何も隠していない」と反論した。 米紙ワシントン・ポストは、匿名の現職政府関係者や元政府関係者の話をもとに、トランプ氏がプーチン氏との会談の詳細を政権幹部に隠してきたと伝えた。2017年7月に独ハンブルクで会談した際には、通訳のメモを取り上げ、他の政権幹部に内容を共有しないよう指示したという。ハンブルクでの2度にわたる会談には、当時のレックス・ティラーソン国務長官も同席していた。 トランプ氏が昨年7月にフィンランド・ヘルシンキでプーチン氏と2時間にわたり会談した際には、同席したのは通訳のみだった。ワシントン・ポストはこの時の会談内容も、政府高官に共有されていないと伝えた。 米政府経験者は、これは過去の大統領の慣習とは大きく異なると指摘している。 ワシントン・ポストは「この結果、過去2年間で5カ所でトランプ氏は面と向かってロシアの指導者とやりとりしているが、その詳細な記録は、機密文書としても残っていない。この欠落はどの大統領政権にとっても異例なことだし、ましてや米情報諸機関が前例のない選挙介入と呼ぶ動きでロシアが実現を画策した政権においては実に異例だ」と書いている。 一方で同紙は、トランプ氏が通常は「プーチン氏と電話で会話する際には側近たちにも聞かせている」と付け加えた。 <関連記事> トランプ米大統領、ロシア疑惑でFBIよりロシアを擁護 米ロ首脳会談 トランプ氏とプーチン氏、実は二度会談していた 独で この記事のオンライン版が掲載された後、トランプ氏は12日深夜にフォックス・ニュースの取材に応じ、「何も隠し立てしていない」し、プーチン氏との会談内容が公表されても「まったく構わない」と述べた。 トランプ氏は、ヘルシンキではプーチン氏とイスラエル情勢や経済などについて「大統領なら誰でもするように」話し合ったと説明。「誰でも内容を聞こうと思えば聞けた。まったく自由だ。このロシア問題は何もかもがでっち上げだ」と述べた。 司会者のジャニーン・ピロ氏が、ロシアの手先として働いたことはあるのかと尋ねると、「そんな無礼なことを質問されるのは初めてだ」と反発した。 ホワイトハウスのサラ・サンダース大統領報道官は、ワシントン・ポストの報道についてあまりに荒唐無稽な内容で、返答そのものがふさわしくないと強く批判した。 これに先立ち11日には、米紙ニューヨーク・タイムズが連邦捜査局(FBI)について、2017年5月にトランプ氏が当時のジェイムズ・コーミー長官を電撃解任した後、トランプ氏がロシア政府の手先ではないかと疑いFBIが捜査に着手していたと伝えた。 <関連記事> コーミー前FBI長官、ホワイトハウスはFBIについて「嘘をついた」 【解説】FBI長官解任――知りたかった5つのこと トランプ米大統領、コーミーFBI長官を解任  コーミー長官解任後、司法省がロシアによる大統領選介入疑惑の捜査にロバート・ムラー元FBI長官を特別検察官に任命した。トランプ氏に対するFBIの捜査は、ムラー特別検察官の捜査に取り込まれたと同紙は伝えている。 2016年暮れにはFBIや中央情報局(CIA)など複数の米情報機関が、同年の大統領選でトランプ氏が有利になるようロシア政府がサイバー攻撃やソーシャルメディアでの情報戦を幅広く展開していたと結論している。 ムラー特別検察官の捜査によって、トランプ政権の初代国家安全保障問題補佐官だったマイケル・フリン被告がロシア大使との面会についてFBIに虚偽証言をした罪などで有罪を認めている。さらに、トランプ氏個人の顧問弁護士を長年務めたマイケル・コーエン被告が選挙資金法違反や詐欺罪などで実刑3年判決を受け、近く連邦下院の公聴会で証言する予定。また、選挙対策本部長だったポール・マナフォート被告が大統領選とは別件の脱税罪などで有罪となった。他にも複数のトランプ陣営関係者が、FBIへの偽証で有罪となっている。 一方で、トランプ氏はムラー特別検察官の捜査を「魔女狩り」と呼び続けている。 (英語記事 Trump denies hiding detail of Putin summit talks from staff)

  • Thumbnail

    記事

    EU離脱協定あす採決 メイ英首相、議員に最後の説得

    党のジェレミー・コービン党首は協定に反対票を投じ、否決されれば総選挙実施に向けて動き始める見通し。 BBC番組「アンドリュー・マー・ショー」に出演したコービン氏は、労働党として「タイミングを見計らい、政府不信任案を提出する予定だが、もうすぐだと思う。心配しなくていい」と話した。 議会では保守党議員100人とメイ首相と閣外協力している北アイルランドの民主統一党(DUP)議員10人が、労働党をはじめとする野党と共に、離脱協定に反対する見込みだ。 <関連記事> 安倍首相、合意なしブレグジットの回避を「世界が期待」 ブレグジット審議再開で与党から造反相次ぐ メイ首相窮地か 英下院議長の判断はブレグジットの行方を変えるか 造反与党議員の提案を許可 メイ首相は14日、工場従業員の前で演説し、「この数週間見てきた通り、ウェストミンスター(イギリス議会)の中にはあらゆる手段を駆使して、ブレグジットを遅らせたり、それどころか阻止しようとする人がいる」と話す予定。 さらに、議会は合意なしブレグジットより、ブレグジットそのものを阻止する方向に動いていると指摘する。 「私は議員らに、彼らの行動が我々の民主主義における国民の信頼にどのような影響を与えるのかを考えて欲しいと頼んでいる」 「たとえば、もしスコットランドやウェールズの人々が住民投票で地方分権を求めているのに、それに反対する下院が、議会の方が物事を知っているからその投票結果を覆すと言ったらどうなるか。あるいは、もう投票をやり直せと言ったら。もし、仮に国民投票でEUに残留すると決まったのに、議会がイギリスをEUから離脱させようとする状況だったら」 「国民の民主主義プロセスや政治家に対する信頼は壊滅的な打撃を受けるだろう。我々には(2016年の)国民投票の結果を実現する義務がある」 メイ首相は1997年にウェールズが議会設置を求めた住民投票を引き合いに出し、「この住民投票の結果は与野党に受け入れられ、その後、ウェールズ議会の正当性に深刻な疑問が投げかけられたことはない」と述べる。この住民投票では、0.3%の得票差で議会の設置が決まった。 「議会はEU基本条約(リスボン条約)第50条を賛成多数で発動すると決めたとき、その事実を理解していた。与野党も2017年の総選挙の際、国民投票の結果を尊重すると約束した時に理解していた」 今後の予定は? 今週のイギリス議会の予定は以下の通り。 14日:離脱協定をめぐる審議4日目 15日:5日目の審議の後、離脱協定の可否を決める「意味のある投票」が行われる。また、協定を再構成するための修正案についても投票が行われる。協定が否決された場合、メイ首相は「代替案」提示に3日間(議会開催日)の猶予が与えられる 16日:メイ首相はEUとさらに協議するため、ブリュッセルへ向かう予定 21日:イギリス下院で「代替案」の投票が行われる。 議会がブレグジットの舵を取る可能性は? 英議会がブレグジットを遅らせたり取りやめるような動きをしない限り、イギリスは3月29日にEUを離脱する。下院の審議日程は政府が管理しているため、議会によるブレグジット中止はあり得ないと感がられてきた。 しかし英紙サンデータイムズは13日、メイ首相の離脱協定が否決された場合に備え、保守党の元閣僚を含む超党派グループが閣外議員が下院の審議日程を変更し、合意なしブレグジットを違法とする法案を提出する方法を模索していると報じた。 これが事実ならイギリス議会の数世紀にわたる慣習が覆る可能性もあり、首相官邸はこの報道を「非常に懸念している」と話している。 EU残留派のある保守党議員はBBCの取材に対し、下院の規則を変えるような計画は聞いていないと話した。その上で、サンデータイムズの報道はEU離脱派の保守党議員を警戒させ、メイ首相の協定を支持させるための「幻想」だと一蹴した。 一方、スコットランド国民党(SNP)のイアン・ブラックフォード議員は、合意なしブレグジットを阻止するためには、EU離脱プロセスの決定権を政府から下院に移すべきだと主張している。 BBC番組「サンデー・ポリティクス」に出演したブラックフォード議員は、「メイ首相は議会とイギリス全体に向かって、自分の協定か合意なしブレグジットか、選択肢はそれしかないと脅すのをやめるべきだ。そういう問題ではない」と述べた。 首相支持の与党議員は増えているのか これまでメイ首相の離脱協定に反対していた4人のEU離脱派保守党議員が、15日の採決で協定を支持することを表明した。 そのうちの1人、サー・ジェフリー・クリフトン=ブラウンは、離脱協定のさまざまな側面になお「重大な不安」があると話した。 その上で、「先週議会で起きたことで、議長やEU残留派の議員たちがEU離脱を阻止するためにがむしゃらになっていることが分かった」と述べた。 一方、元下院決算委員長のサー・エドワード・リーは、もし協定が否決されれば、EU離脱派議員は「火遊びをしている」と話した。 このほか、アンドリュー・マリソン議員とキャロライン・ジョンソン議員も、疑念は拭えないが協定を支持すると表明した。 2度目の国民投票の可能性は ブレグジットに反対する超党派議員団は、EU離脱に関する2度目の国民投票実施を求める法案の内容を発表した。 法案は、EU残留か、メイ首相の離脱協定でEUを離脱したいか、国民にあらためて問うべきだとしている。 この法案を支持する下院議員たちは、この2度目の国民投票を実施するには、EU離脱手続きを開始するリスボン条約50条を一時停止する必要があると主張する。その場合、イギリスは現行の離脱期限の3月29日以降もEUに留まることになる。 この法案を推進する議員団は、法案を下院ではなく貴族院(上院)に提出し、議会審議を開始する方針を検討している。 (英語記事 May: No Brexit more likely than no deal)

  • Thumbnail

    記事

    東京五輪招致汚職容疑、JOC竹田会長を訴追手続き 仏当局

    ンスにおいて、贈収賄容疑で捜査対象となっているが、息子のパパ・ディアク容疑者は2015年暮れの時点でBBCに対して無実を主張していた。 仏検察はスポーツ界における汚職捜査の一環として、2016年3月に2016年五輪と2020年五輪の招致手続きについて捜査に着手していた。 2016年9月には、JOCが選んだ調査チームが、ブラック・タイディングス社への送金について、コンサルティング業務への正当報酬で違法性なしと結論する報告書を公表した。 竹田会長は1972年と1976年に五輪出場。2001年にJOC会長に就任した。 (英語記事 Tokyo 2020 Games: Japan Olympics chief 'investigated in French corruption probe')

  • Thumbnail

    記事

    大胆なリスクか慎重な自制か 判断を決める脳の綱引き

    2019年01月11日 15:40 公開 運不運はどうすることもできない……と、そう思われがちだ。しかし、米ジョンズ・ホプキンス大学の研究によると、私たちは過去の行動の成功や失敗に照らして次の行動を選択している。 たとえば、このところ成功体験が続いている人は、より大胆に挑戦しがちで、逆に失敗続きの人は過剰に慎重になりがちだという。

  • Thumbnail

    記事

    「家族に殺される」 ツイッターが救ったサウジの少女

    2019年01月11日 14:55 公開 1月5日夕方、真新しいツイッター・アカウントが身の危険を訴え、世界に助けを求めた。 クウェートに住む家族のもとを脱出したサウジアラビア人のラハフ・ムハンマド・アルクヌンさん(18)は、タイ・バンコク空港のホテルの一室から、「家族のもとに戻されたら殺されてしまう」とツイートを続けた。 最初のフォロワー数はわずか24人だった。 「私はタイに逃げてきました。サウジ大使館が帰国させようとしているので、いま本当に危険な状態です」とアラビア語で書いたのが、最初のツイートだった。 その次のツイートは「怖い。家族に殺される」という内容で、大勢が気に留め、「#SaveRahaf(ラハフを救え)」というハッシュタグが生まれた。

  • Thumbnail

    記事

    ISと戦う米軍の最前線で シリア撤収に不安

    11日 14:31 公開 シリアに残る過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)と戦う米軍基地を、BBCが単独取材した。 駐留する米軍と仏軍の兵士たちは、シリア領内のIS拠点を常時攻撃している。 一方で、ドナルド・トランプ米大統領がシリアからの米軍撤収を宣言したため、現地では今後の情勢に懸念が高まっている。

  • Thumbnail

    記事

    涙のアンディー・マリー選手、全豪で引退を示唆 全英目指すが

    2019年01月11日 13:05 公開 テニスのアンディー・マリー選手(31)は11日、今年7月のウィンブルドンを最後に引退する予定だが、体調不良のため今月の全豪オープンが現役最後の大会になるかもしれないと記者会見で述べた。 14日からの全豪大会に先駆けて記者会見したマリー選手は、涙ながらに「今後さらに4、5カ月、この痛みを抱えながらプレーできるか分からない」と話した。「ウィンブルドンにはたどり着きたいが、それが確実にできるかも分からない」。 英スコットランド出身で元世界ランキング1位のマリー選手は、慢性的な故障を抱える臀部(でんぶ)の手術を昨年1月に受けたものの、回復が遅れて苦しんできた。昨年6月に復帰して以来、出場した試合は14回。 昨年9月にシーズン半ばで試合出場を切り上げた後は、リハビリに専念していた。しかし、10日に世界1位のノヴァク・ジョコヴィッチ選手と公開練習に臨んだ際には、本調子でない様子がうかがえた。 記者会見の冒頭で「調子はどうですか」と質問されると、マリー選手は「あまり良くない」と絞り出すように答え、帽子で顔を隠してから涙を流した。 いったん退出した選手は会見室に戻り、「調子は良くない。ここしばらく、苦労してきた。もう20カ月ほどずっと、ひどい痛みを抱えてきた。できることはほぼ全部やったが、あまり効果は出ていない」と認めた。 「半年前よりは改善しているが、まだ痛みはかなりひどい。ある程度はプレイできるが、かつてのレベルではできない」 「痛みは耐えがたい。この痛みがいつなくなるのか分からないままプレイしているので、区切りが必要だ」 「ウィンブルドンまでは続けたい。やめる時には、ウィンブルドンでやめたい。でもそれができるか、はっきり分からない」 「再手術を受けるという選択もある。そうすれば生活の質は向上して、痛みもなくなる。真剣に検討している。この手術を受けて再起した選手もいるが、再起できる保証はない」 マリー選手はさらに、ダブルス転向は考えていないと述べた。 マリー選手は2012年の全米、2013年と2016年の全英と四大大会を3回優勝し、2012年と2016年のオリンピックで金メダルを獲得。通算37週間、世界ランキング1位だった。 (英語記事 Andy Murray says Australian Open could be his last tournament)

  • Thumbnail

    記事

    強姦疑惑のC・ロナウド選手にDNAサンプル提出命令 米警察

    紙ウォールストリート・ジャーナルが伝えた。 ロナウド選手を担当するピーター・クリスチャンセン弁護士はBBCスポーツに、「きわめて通常の要求」だと述べた。 ロナウド選手については、元教師のキャスリン・マイヨーガ氏が昨年10月、ラスヴェガスのホテルで2009年に性的暴行を受けたと告発した。 クリスチャンセン弁護士は、「ロナウド氏はかねてから、そして本日も、2009年にラスヴェガスで起きたことは同意の上だったと主張している。そのため、DNAが残されていたとしても不思議ではないし、警察が捜査の一貫としてこのきわめて通常の要求をしてくることも、不思議ではない」と文書で回答した。 ロナウド選手は昨年7月、スペインのレアルマドリードからイタリア・セリエAのユヴェントスに移籍した。移籍金は1億ユーロと言われる。 ウォールストリート・ジャーナルによると、ラスヴェガス警察はDNAサンプル提出の令状を、イタリアの司法当局に送付したという。 強姦疑惑を昨年10月に最初に伝えた独週刊誌デア・シュピーゲルは、マイヨーガ氏が事件直後にラスヴェガス警察に被害届を出したと報じている。また同誌によると、マイヨーガ氏は2010年に、暴行について公表しないことを条件にロナウド氏と法廷外で和解し、和解金37万5000ドルを受け取ったという。 マイヨーガ氏の弁護団は現在、この秘密保持契約を無効にするよう求めている。 ロナウド選手の弁護団は、秘密保持契約の存在を否定しないものの、「これは決して罪を認めるものではない」と強調し、マイヨーガ氏と和解に至った理由は誤解されていると述べていた。 ロナウド選手はこれまで、強姦疑惑報道を「フェイクニュース」と呼び、昨年10月にはツイッターで、「私への告発を断固として否定する。レイプは憎むべき犯罪で、私という存在と私が信じる全てに反する。全力で汚名をそそぐ。私を利用して自分を売り込もうとする人間によって作り出されたメディアの見世物に、餌をまくのは拒否する」、「私ははっきりとした判断力を持ち、あらゆる全ての調査結果を静かに見守る」と書いた。 選手の弁護団はデア・シュピーゲル報道のもととなった資料は「完全なでっちあげ」だと批判しているが、同誌は記事で使った主要資料の信ぴょう性を疑う「理由はない」と反論している。 (英語記事 Cristiano Ronaldo: Las Vegas police request DNA sample following rape allegations)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、国家非常事態の宣言を検討と 国境の壁めぐり

    2019年01月11日 11:46 公開 メキシコとの国境に壁を建設する費用をめぐり米連邦政府の一部閉鎖が続く中、ドナルド・トランプ米大統領は10日、予算決定権を握る議会を迂回(うかい)して建設費を確保するため、国家非常事態の宣言を検討していると再び発言した。 トランプ氏は南側国境の視察にテキサス州へ向かう前、連邦議会が壁の建設予算を承認しなければ、「おそらく、ほとんど確実に」非常事態を宣言すると記者団に述べ、「国家非常事態を宣言する権利が自分には間違いなくある」と強調した。 大統領が国家非常事態を宣言すれば壁の建設を米軍に命じることができるという見方がある一方で、憲法が定める議会の予算決定権を侵害したと無数の行政訴訟が予想される。また、非常事態となっても建設費は他の政府予算から回す必要があり、一部の共和党議員が反対する可能性もある。 一部の米報道によると、米政府内では自治領プエルトリコなど甚大な自然災害の被害を受けた地域の復興費の一部を、壁建設費用に回す案を検討しているという。 一方で、共和党重鎮でトランプ氏を支持するリンジー・グレアム上院議員(サウスカロライナ州選出)は、「国境の壁・柵の建設費用のため、大統領が非常事態の権限を活用すべき時が来た」と表明した。 <関連記事> 「バイバイ」 トランプ氏、政府再開協議を去る トランプ氏、テレビ演説で国境「危機」強調 「鉄柵」建設費を要求 トランプ氏は国境の壁建設費用として連邦予算57億ドルを要求し、議会がこれに応じない限り、連邦政府のつなぎ予算決議を認めない姿勢を貫いている。1月から下院・多数党となった民主党は壁の建設費を認めない方針で、それに伴い一部の政府機関は予算切れのため12月22日から閉鎖状態にある。政府職員約80万人が無給状態に置かれている。 「メキシコが小切手を書くとは言っていない」 トランプ氏は大統領選の早い段階から、南側国境に壁を建設する、費用はメキシコ政府に払わせると公約していた。 しかし10日には、「何十万人もの人の前でメキシコが壁の代金を払うと言ったとき(中略)もちろんそれは、メキシコが小切手を書くなどという意味ではなかった」と記者団に述べた。 一方で大統領選中のトランプ陣営ウエブサイトは2016年7月、壁の費用として50億ドルから100億ドルを「メキシコに一括で払わせる」方針をトランプ氏が明示している。 トランプ氏はこれについて10日、直接的な支払いではなく、メキシコは北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな貿易協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の経済効果によって「間接的に何度も何度も払うことになる」と、最近の主張を繰り返した。 しかし、複数のエコノミストはこの効果は期待できないし、USMCAによる経済効果は米財務省ではなく民間企業にもたらされると指摘している。USMCAはまだ批准されていない。 国境視察 トランプ氏はこの日、テキサス州マクアレンの国境警備拠点を視察した。国境警備局が押収したという武器や現金や麻薬を前に、トランプ氏は国境警備官や違法移民に家族を殺害された住民と一緒に記者発表に臨んだ。 「障壁がなければ(中略)この問題は解決できない」とトランプ氏は述べ、問題が解決されなければ「大勢が死ぬ」と強調。「壁は中世的だと言われるが(中略)うまくいくものもある」と述べた。 (英語記事 Trump visits border amid US shutdown wall row)                                                                     

  • Thumbnail

    記事

    安倍首相、合意なしブレグジットの回避を「世界が期待」

    2019年01月11日 10:56 公開 日本の安倍晋三首相は10日午後、ロンドンでテリーザ・メイ英首相と会談した後、イギリスの欧州連合(EU)離脱について、合意なし離脱の回避を「世界が期待している」と共同記者会見で述べた。 メイ首相がEUとまとめたイギリスのEU離脱(ブレグジット)協定は、実施には英議会の承認が必要。いったん延期された下院採決は15日に行われる予定だが、与野党内の反対は根強く、否決の見通しが高まっている。 安倍首相はダウニング街の英首相官邸でメイ氏と会談した後、共同記者会見に臨み、メイ首相の離脱協定を「日本は全面的に支持する」と明言した。メイ氏の協定はイギリスに投資する企業に法的安定を確保するものだと評価し、それだけに「『合意なき離脱』は回避して欲しいと世界が期待している」と強調した。 両首相は、ブレグジット後には現在の日本とEUの通商協定をもとに、日英間であらためて「野心的な2国間協定」を実現すると共に約束。安倍氏は、強力な日英関係を発展させ、対英投資を促進し、共に経済成長を実現していく強い意向を示した。 メイ首相は、EU離脱が各国との関係を強化する「またとない機会」になると述べ、下院議員にはあらためて15日の採決で離脱協定を支持するよう呼びかけた。 「合意なし(ブレグジット)を避けるには、合意を結び、それを承認するしかない。そしてその合意とは、目の前にある協定のことだ。EUはこの協定しか認めないと態度を明確にしている」とメイ氏は述べ、ブレグジット後は「欧州連合とイギリスの間の、今まで以上に野心的な貿易協定が可能になる」ほか、「日本などの世界各国と、我々は独自に良い貿易協定を結べるようになる」と、離脱の意義を強調した。 <関連記事> ブレグジット審議再開で与党から造反相次ぐ メイ首相窮地か 英経済界、ブレグジット政局に「恐怖」 時間切れを懸念 安倍首相、ブレグジット後の英国をTPPに歓迎と 英紙に 日英の貿易高は昨年280億ポンドに達し、日本企業はイギリス国内で約15万人を雇用している。 両首相は首脳会談で、ブレグジットや貿易のほかに、認知症や心臓疾患の共同研究、ビッグデータや人工知能(AI)の活用拡大、環境に優しい持続可能な成長などを話し合った。さらに、イギリスは英海軍艦HMSモントローズを日本に派遣し、北朝鮮による制裁違反活動を監視することも決めた。 両国の文化交流の一環として、英ナショナル・ギャラリーがゴッホの「ひまわり」を含む所蔵美術品を日本に送り、大規模な展覧会を開くことも決まった。 一方でホンダはこの日、3月29日に予定されるブレグジットによる混乱に備え、英南部にあるスウィンドン工場での生産を4月に6日間休む計画を明らかにした。ホンダは「物流や国境での検査など、離脱後に起こりうるあらゆる混乱にどう備えるべきか検討してきた」と説明している。 EUとの合意が施行されない状態での合意なしブレグジットとなった場合、イギリスは世界貿易機関(WTO)の規則に沿ってEUと貿易し始めることになる。 離脱協定では、イギリス国内のEU加盟国市民やEU圏でのイギリス国民の在住権など、英・EU関係の従来の取り決めが20カ月は継続する移行期間が用意されているが、合意なしとなった場合は、その適用もなくなる。 離脱協定に対して与党・保守党からも約110人の造反が予想され、否決の見通しが高まる中、メイ首相は最大野党・労働党の議員や労組代表の説得に力を入れているが、労働党も離脱協定に反対する方針。 労働党のジェレミー・コービン党首は、下院が離脱協定を否決した場合は「可能な限り早く」総選挙を実施すべきだと主張し、「政策の下院通過を実現できない政府は、もはや政府ではない」と批判した。 ただし、メイ政権は労働党議員の支持を取り付けるため、労働者の権利や環境保護の強化を盛り込んだ労働党の離脱派議員による協定修正案を検討しているとも言われている。 (英語記事 Brexit: Japan's PM says 'wish of whole world' to avoid no-deal)

  • Thumbnail

    記事

    米連邦政府閉鎖で給与未払い…子供が生活のため絵を売ると

    2019年01月10日 18:07 公開 ドナルド・トランプ米大統領が求める南部国境の壁建設費用について連邦議会の民主党が承認を拒否していることから、連邦政府の一部機関が昨年12月末から閉鎖され、数十万人の職員が無給勤務や一時帰休を強いられている。 影響を受けている職員3人が、給与が払われない生活の見通しについて話した。

  • Thumbnail

    記事

    SNSの有名人を襲う不安感 自殺を考えたことも

    2019年01月10日 17:38 公開 ソーシャルメディアでインフルエンサー(有名人)となった人々の中には、不安感やゆううつを訴えたり、SNS上で燃え尽き症候群になってしまう人がいる。 インターネット上に不安の危機が迫っているのだろうか? だとしたらなぜ? ニーナさんは動画共有サイトTikTokで270万人のフォロワーを持つが、動画を作り続けるプレッシャーから、一時は自殺まで考えたという。

  • Thumbnail

    記事

    世界最大級の家電見本市CES、女性用バイブレーターの展示拒否で物議

    2019年01月10日 17:31 公開 ジェン・コープステーク、テクノロジー記者 1月8~11日に米ラスベガスで開かれている 世界最大級の家電見本市「Consumer Electronic Show(CES)」が、女性用バイブレーターの展示を拒否し、性差別だとして物議をかもしている。 開発メーカー「ローラ・ディカルロ」は、女性用バイブレーター「Ose」がCESでイノベーション賞を獲得した後、展示するよう招かれたと話しているい。 一方、CESを主催している米消費者技術教会(CTA)は誤ってOseを賞の対象に含めてしまったと説明。また、CTAには不道徳やわいせつな候補を取り消せると話した。 ローラ・ディカルロのローラ・ハドック最高経営責任者(CEO)は、CESとCTAには長年、性的偏見があると指摘した。 CTAは声明で、「この製品は我々の既存の製品カテゴリに当てはまらないため、(賞の候補として)受け入れるべきではなかった。こちらの間違いを謝罪する」と述べた。 これに対しローラ・ディカルロのハドックCEOは自社サイトで、Oseがノミネートされていたカテゴリには他の女性向けの製品があると指摘した。 「ロボット掃除機が2点、ロボット搭載のスケートボードが1点、子供向けの玩具が4点、買い物補助ロボットが1点――女性の関心事項がすべて網羅されているようです」 「Oseはロボット工学・ドローンのカテゴリに当てはまるし、これは審査員を務めたCTAの専門家も認めています」 ハドック氏によると「Ose」はオレゴン州立大学のロボット工学ラボとの提携で作られ、「ロボット工学とバイオミミクリー(生物の仕組みを技術開発に応用する試み)、エンジニアリング」で計8つの特許を取得しているという。 「女性やノンバイナリーの人、ジェンダー・ノンコンフォーミングの人、LGBTQIといった人々が、快感と技術の分野に大きな声を持つべきだと、我々は強く信じています」 (編注:ノンバイナリーは男性でも女性でもない「第三の性」を自認する人を、ジェンダー・ノンコンフォーミングは性別の表現が従来の文化的な規範に当てはまらない人を指す。LGBTQIはレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クイアー、インターセックスの頭文字で、性別や性自認、性志向の多様性を表す言葉。) <関連記事> 「セックス・サイボーグになりたい」 体に機器を埋め込むバイオハッカー CERN、性差別発言の科学者を出入り禁止に グーグル、過去2年間にセクハラで48人解雇 CEO明かす ハドック氏は、CESの性製品に対する態度は、男性向けと女性向けで大きく異なると指摘している。 「男性の性欲は(CES内で)あらわにすることが許されています。たとえば非現実的な女性の形をしたセックスロボットや、仮想現実(VR)を使ったポルノなどです」 ハドック氏が指摘したのは、昨年のCESで発表されたセックスロボット「Harmony」と、2017年にCESで設置された、VRのポルノを見せる部屋のことだ。 VRポルノの展示室は、開幕初日だけで1000回以上、利用されたという。 今年のCESでは、アマゾンのスマートスピーカー「アマゾン・エコー」で操作できるポルノ動画を設置した合法の売春宿への非公式のシャトルバスが出ているという。 女性用バイブレーターが転じ拒否されたことを受け、ツイッターではユーザーが「#CESGenderBias (CESのジェンダーバイアス)」というハッシュタグで反応している。 このユーザーは、「どうしてCESは力強い女性と、女性に力を与える製品を怖いと思うの?」と皮肉った。 https://twitter.com/KatysTable/status/1082918323816464384 別のユーザーは、性製品だから賞を取り消したとするCESの説明に「女性用の性製品だからだめ!」と付け加え、「CES自体が男性用の大きな大人のおもちゃで、それはいつでもOKなんだ」と冗談を飛ばした。 https://twitter.com/sm/status/1082688113992847360 (英語記事 CES: 'Award-winning' sex toy banned)

  • Thumbnail

    記事

    盗撮ポルノサイトの運営者に実刑判決 韓国

    2019年01月10日 15:57 公開 韓国で最大規模のポルノ動画サイト 「Soranet」の共同創業者が9日、ソウルの裁判所で禁錮4年の実刑判決を受けた。 共同創業者はソンという姓の46歳女性で、わいせつ物頒布(はんぷ)ほう助の罪で有罪となった。 Soranetの利用者は100万人以上。被写体となった女性の同意なしで撮影された大量の違法動画を掲載し、利用者に提供していた。 韓国では、ポルノの制作および頒布は違法とされている。ソラネットは、世間の激しい反発を受けて閉鎖に追い込まれた。 韓国では昨夏、違法ポルノ対策を政府に要求する女性たちが大規模な抗議活動を起こした。 <関連記事> 韓国で流行する盗撮ポルノ、高まる懸念と進まない対策 ソウル、公衆トイレを毎日点検へ 隠しカメラ対策で 「Me Too」運動 韓国でも広がる ソン被告は禁錮4年に加え、14億ウォン(約1億3500万円)の罰金と、80時間の性的暴行阻止教育を受けるよう命じられた 韓国の英字新聞コリア・ヘラルドによると、ソン被告と夫を含む4人は1999~2016年、国外のサーバーを利用してSoranetを運営していた。 2015年に警察の捜査が始まった際、ソン被告はニュージーランドへ逃亡したが、パスポートの有効期限が切れた段階で韓国に強制送還された。 ソン被告は公判で罪状を否認し、Soranetを運営していたのは夫ともう1組のカップルだと主張していた。 その他3人の共同運営者は外国籍のパスポートを持っており、現在も逃走中だ。 Soranetの盗撮動画の多くは、トイレや店の更衣室で隠し撮りされたり、過去の恋人が報復のために投稿したりしたものだった。 動画に映っていた女性の何人かは、自ら命を絶った。 (英語記事 South Korea porn site co-founder jailed)

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット審議再開で与党から造反相次ぐ メイ首相窮地か

    ないが、そのための選択の余地がなくなりつつあると警告した。 https://twitter.com/BBCPolitics/status/1083043968005390336 イギリスは今年3月29日にEUを離脱する予定だが、その条件をまとめた離脱協定の実施には英議会の承認が必要。 議会は昨年12月に採決を行う予定だったものの、与野党の反対が多く出ており承認の公算がないとして、メイ首相は採決を延長した。 焦点となっているのは、英・北アイルランドとアイルランドの国境問題。イギリスとEUは離脱協定の中で、この国境に検問や新たな関税を敷かないための「バックストップ(防御策)」を設定した。 しかし、バックストップが発動すると北アイルランドはEU単一市場の規則に従い続けなくてはならないほか、英・EU双方の合意がない限り離脱できない。このため、実質的に北アイルランドとグレートブリテン島の間に関税や規制上の国境が引かれることになるとして、多くの議員が反対している。 (英語記事 Fresh Brexit setback for May in MPs' vote)

  • Thumbnail

    記事

    英下院議長の判断はブレグジットの行方を変えるか 造反与党議員の提案を許可

    2019年01月10日 15:10 公開 マーク・ダーシーBBC英議会担当編集委員 ドーン! 首相代表質問は実に退屈で、新しい発見はほとんど何もなかったが、英下院はその後に騒然となった。ジョン・バーコウ議長が、再開された「意味のある投票」審議について規則変更を求める動議の検討を認めたからだ。「意味のある投票」とは、イギリスのブレグジット(欧州連合離脱)協定に対する下院採決で、15日に予定されている。 審議規則の修正は、単なる手続き上の問題に留まらない。元法務長官のドミニク・グリーヴ議員(保守党)が提出した修正案が成立すれば、テリーザ・メイ首相がまとめた離脱協定を議会が15日に否決した場合、政府は21日以内ではなく3日以内に、合意なしブレグジットが国に与える影響を議会に報告しなくてはならない。 従来の審議規則では、離脱協定が否定されても合意なしブレグジットについての議会審議は2月に持ち越されるところだった。一方でブレグジットの期限は3月29日。時計は容赦なく時を刻んでいる。 グリーヴ修正案は可決された。その結果、もし首相が来週敗れた場合、下院はあらゆる代替策を検討できることになる。「管理つき合意なし」ブレグジット、2度目の国民投票、「ノルウェー方式」、もしくは現行の離脱協定の議論再開など、選択肢はいくつかある。 いずれかの策が下院の過半数を得てもそこに法的拘束力はないが、少なくともどの方策が議会の支持を得ているのかは判然とする。 端的に言って、これは下院議長によるとてつもない決断だ。下院事務総長のサー・デイヴィッド・ナツラーは反対していたという。 万能の前例? 議事手続きの何がどう、閣僚にしか修正できないのかといった細かい議会規則にあまり深く立ち入るつもりはない。しかし、議長のこの決定は通常の慣習をひっくり返すもので、ブレグジットの行方にとてつもない影響を与える。 この決定によって、物事の決定はどんどん早く決まっていくし、首相とは別の方向性をもくろむ勢力はこれまでより身動きがとりやすくなる。 加えて今回の決定が万能の前例となり、議事進行の決定権を下院議員が大きく握るようになるかもしれない。ブレグジットに限らずあらゆる問題について。 もしこれが前例として定着するなら、下院の議会運営は政府が決められるものという慣習が覆され、将来的にどの内閣にとっても大きな打撃となる。 バーコウ議長はこれほど重大な決定を今まで下したことがないし、今後もおそらくないだろう。2013年に女王の施政方針演説への修正追加を認めた時より、今回の方が影響ははるかに大きい。2013年の施政方針演説修正は、それを機にEU離脱の是非を問う国民投票の実施が下院で審議されることになり、やがて保守党の正式方針となったのだが。 下院では9日、議事手続きへの異議が1時間近く相次いだものの、バーコウ議長はこの難局は乗り切った。前任者のマイケル・マーティン議長のように議長を交代させられなかったこと自体、ある種の勝利だった。しかし、このままでは済まない。 第一に、議長に対する不信任決議案の提出はおそらく確実だ。下院議事録の「未決事項」に記載されるだけで終わるかもしれないが、場合によっては、激怒する保守党議員たちが必要な票数を集めるかもしれない。 加えて、保守党議員だったバーコウ議長は今や労働党寄りだと、複数の保守党議員が表立って批判している。かつては考えられないことだったが、今では毎日のように議長の偏向批判が繰り返されており、今後はさらに増えるかもしれない。 議長に集中砲火か 議長の議会運営全般が、今後は批判対象になりかねない。急な質問や緊急の議論、首相代表質問の延長があまりに多いと。 下院本会議場はこれから、非常にいごこちの悪い場所になるだろう。 しかも何より、バーコウ議長本人のパワハラ疑惑もある。同僚を威圧しいじめたという告発を、議長は繰り返し否定してきたが、事実関係の調査は続いている。 パワハラ疑惑調査は議長を守るために延期されてはならないし、議長を破滅させる武器として利用されてもならない。しかしその可能性はある。 どうなるにせよ、バーコウ氏の下院議長としての怒涛(どとう)の任期は、そろそろ終わりに近づいていると私は思う。 数週間ではなく数カ月のことかもしれないし、ブレグジットの重大採決の後に(その間、今回のような決定がまた必要になる可能性もあり得ないわけではない)。 時期はいつになるにせよ、後任議長は基本的なことを決めなくてはならない。バーコウ議長は下院の議会運営に革命をもたらしたが、これをなかったことにするならどこまでか。そして、この大変化を留めるのなら、どこまでか。 (英語記事 Bercow's unprecedented ruling could change the course of Brexit)

  • Thumbnail

    記事

    「バイバイ」 トランプ氏、政府再開協議を去る

    2019年01月10日 13:03 公開 ドナルド・トランプ米大統領は9日、昨年末から一部機関の閉鎖が続く連邦政府の再開について野党・民主党幹部と協議したものの、壁の建設費について合意を得られないと分かると、「バイバイ」と告げて退出した。 トランプ氏は政府閉鎖19日目のこの日、民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長およびチャック・シューマー上院院内総務とホワイトハウスで協議したものの、民主党側がメキシコ国境の壁建設費の承認を拒否したため、席を立った。 大統領はその後、「チャックとナンシーとの会議を出たばかりだ。まったくの時間の無駄だった。僕がすぐに物事を通せば、30日間でどうなるのか、壁か鉄柵を含む国境警備を承認するのかと尋ねた。ナンシーは『ノー』と。僕は、バイバイと言った。それしか効果がない!」とツイートした。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1083099784012091396 トランプ氏は国境の壁建設費用として連邦予算57億ドルを要求し、議会がこれに応じない限り、連邦政府のつなぎ予算決議を認めない姿勢を貫いている。1月から下院・多数党となった民主党は壁の建設費を認めない方針で、それに伴い一部の政府機関は予算切れのため12月22日から閉鎖状態にある。 職員数十万人が無給勤務を続けているほか、多くは一時帰休を余儀なくされている。政府職員約80万人が今週受け取るはずの給与を受け取れない見通し。政府閉鎖が始まってから、初の給与不払いとなる。 ソーシャルメディアでは多くの連邦政府職員が、困難な状況について投稿している。転職を検討する人たちもいる。 ペロシ議長は大統領との協議中断を受けて、給与を受けとれない多数の政府職員はトランプ氏にとって「巻き添え」に過ぎないのだと述べた。「大統領は気にならないようだ。みんな自分の父親にお金を無心できると思っているのかもしれない。そんなことできないのに」とペロシ議長は、トランプ氏がかつて父親から巨額の資金援助を受けていたことを念頭に批判した。 シューマー議員は記者団に、壁の建設費用は一切承認しないとペロシ議長が告げると大統領はいきなり退出したのだと話した。 「いきなり立ち上がり、『これ以上話し合うことはない』と言ってそのまま出て行った。またしても、思うとおりにならないからと私たちの前でかんしゃくを起こしたのだ」と議員は批判した。 シューマー議員はさらに、トランプ氏が協議中に「机を叩いた」と述べたが、与党・共和党のスティーヴ・スカリース下院院内幹事はこれを否定した。 マイク・ペンス副大統領は記者団に、民主党が「誠実に交渉しようとしない」のは「残念だ」と述べた。 共和党のケヴィン・マカーシー下院院内総務は、民主党側の態度は「みっともない」と批判した。 共和党幹部とトランプ氏は、与党が大統領のもとで「完全に結束している」と強調する。しかし、政府閉鎖が長引く中、共和党の一部穏健派議員は、民主党が提案するように政府予算と壁の建設費の切り分けを支持し始めている。 アラスカ州選出のリーサ・マーコウスキ下院議員は、「これまでも強調してきたように、政府閉鎖のまともな理由はない。何万人もの政府職員と契約業者給与受け取りの見通しが立たず、それを頼りにしている小規模事業も打撃を受けている。この人たちが政局の人質になっていいはずがない」とツイートした。 https://twitter.com/lisamurkowski/status/1083070390124072962 トランプ氏は、大統領選の最中から壁の建設を公約してきた。当初はメキシコ政府に払わせると主張していたが、今では費用を連邦予算から調達しようとしている。一方で、連邦予算の決定権は連邦議会が握り、下院は1月から民主党が多数党となった。こうした中でトランプ氏は8日のテレビ演説でも、メキシコ国境周辺は「危機」にさらされていると強調。議会を迂回(うかい)するため国家非常事態を宣言するのではないかと取りざたされている。 ロイター通信とイプソス社による世論調査では、壁の建設費用を要求し連邦政府を部分閉鎖したトランプ氏の判断について、共和党員の77%がこれを支持している。一方で、同調査によると、国民の51%が、連邦政府閉鎖はトランプ氏のせいだと受け止めている。 (英語記事 Trump walks out of shutdown talks with a 'bye-bye')

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏に民主党反論 「かんしゃくで政権運営」と大統領を批判

    2019年01月09日 17:40 公開 ドナルド・トランプ米大統領は8日、就任以来初めて大統領執務室からテレビ演説し、大統領選中から公約していた南部国境の壁建設について、「拡大する人道と安全保障上の危機」を食い止めるために不可欠だと強調し、議会に予算措置を求めた。 大統領演説の直後には、大統領は自分の壁建設のため米国民を人質にとっているとする民主党幹部の反論が放送された。 民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は、「トランプ大統領は、アメリカ国民を人質にとるのをやめ、危機を作り出すのをやめ、政府を再開しなくてはなりません。これが事実です」と強調した。 チャック・シューマー上院院内総務は、大統領が「かんしゃくを起こして政権を運営」していると批判。「自由の女神こそ、アメリカのシンボルであるべきです。高さ10メートルの壁などではなく」と訴えた。