検索ワード:BBC/658件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    【フェイクニュースを超えて】政府批判はすべてフェイクニュース? エジプトの新法が物議

    つ人が次々と検挙されている。 政府は、国家を不安定化させるうわさと戦おうとしていると説明している。 BBCのサリー・ナビル記者が取材した。 この動画は偽の情報やフェイクニュースなど、我々の情報共有や世界を見る視点に関する世界的な問題を取り上げたシリーズの一部です。

  • Thumbnail

    記事

    【解説】カルロス・ゴーン、ルノーと日産の容赦ない「コスト・キラー」

    2018年11月20日 15:02 公開 ラッセル・ホットン、BBCニュース・ビジネス記者 日本では、カルロス・ゴーン容疑者(64)の英雄的な存在感はとても大きく、その半生が漫画化されたこともある。 日本の由緒ある企業のトップに外国人が立つというアイデアが好奇心と憤慨にさらされ、ゴーン容疑者が窮地にあえぐ日産自動車の復興に取りかかったのは2001年のことだった。 しかし、その2年前に日産の多数株式を取得していたルノーは、ブラジル出身のゴーン容疑者に大きな期待をかけていた。そして、ゴーン容疑者はそれを裏切らなかった。 2011年に日本で全国規模で行われた、誰に首相になってもらいたいかという世論調査で、ゴーン容疑者は7位につけ、9位のバラク・オバマ前米大統領を抜いた。別の世論調査では、日本人女性が結婚したい男性1位になったこともある。 こうした輝かしいキャリアは、日産が発表したゴーン容疑者の「重大な不正行為」によって帳消しになるかもしれないことを際立たせている。 大企業がひしめく自動車業界にあって、ゴーン容疑者はその頂点にいたといってもいい。ルノーと日産、三菱自動車という、2大陸にまたがる世界的大企業3社を会長および代表取締役として率いていた。彼の下で働く従業員は約47万人で、昨年は122の工場から1060万台を販売した。 東京のコンサルティング会社ティー・アイ・ダヴリュのアナリスト高田悟氏は、「今回の事件は、彼が要石だった(ルノー・日産・三菱)アライアンスを揺るがすことになるだろう」と話した。 高田氏は、ゴーン容疑者の「カリスマ性」がアライアンスを結びつけていたと指摘した。 「コスト・キラー」 ゴーン容疑者のキャリアはフランスのタイヤ大手ミシュランで始まり、18年にわたってさまざまな部門や国を担当した。 もしかしたら、家族企業であるミシュランではトップに立てないと考えたのかもしれない。ゴーン容疑者は1996年にルノーに移り、すぐに業績の悪かった南米部門を任された。 南米部門の抜本的な改革と、赤字からの脱却によって、ゴーン容疑者には「コスト・キラー」というあだ名がつき、その後も同容疑者について回った。 ゴーン容疑者自身はこのあだ名を好いてはいなかった。同容疑者は、もし企業の生き残り戦略がコスト削減にだけ依存していたら、企業はそう長く存続しないだろうと指摘している。 ルノーが1999年に、日産の40%近い株式を買い上げその再建に乗り出そうとした時、ゴーン容疑者が同じ成果を見込まれて投入されたのは当然のことだった。 当時の日産は大きな負債を抱え、直前の8年のうち7年で赤字を計上していた。ゴーン容疑者は、工場閉鎖や7人の1人の人員削減という大幅なリストラ計画を開始した。 この10年間、景気後退に沈み、過剰供給に立ち向かわなければならなかった世界の自動車産業を前進させる唯一の手段として、ゴーン容疑者は経営統合とアライアンスを擁護してきた。 何年もの間、ゴーン容疑者が米国の大手自動車メーカーとの連携を画策しているとの憶測が流れていた。 この戦略は、2016年に日産が三菱自動車に2373億円を出資し、ゴーン容疑者がトップに立ったあとにも続いた。3社によるアライアンスは、それ自体も欧州や中国、ロシアの自動車メーカーと提携関係を結んだ。 支持者からは「先見の明がある」と言われていたゴーン容疑者は、競合他社に先駆けて電気自動車(EV)の開発に着手し、2010年末には日産リーフを日本と米国で発売した。 ゴーン容疑者は逸話として、半導体大手インテルの創業者に14年前、自動車メーカーがEVを作るのは不可能だと言われたという話を披露している。 この理論の根拠は、自動車企業は内燃エンジンに執着していて、革新できないというものだった。リーフは現在、世界で最も売れているEVとなった。 ゴーン容疑者は長年、典型的な企業グローバリストとして企業や国の間を飛び回り、頻繁にプライベートジェットで寝泊りしていた。 自伝の中では、その生い立ちから常に、人とは違うと感じてきたと語っている。 レバノン出身の両親の元にブラジルで生まれたゴーン容疑者は、6歳の時に母親と共にレバノンに戻った。その後、パリで2つのエンジニアリングの学位を取っている。 本人によれば、この文化的な多様性が他の国を理解し溶け込みたいという気持ちにつながったという。ゴーン容疑者が日本の島国特有ともいえる企業文化の中で成功したのもこれが一因だ。 ポルトガル語とスペイン語、イタリア語、フランス語、英語に堪能なこともゴーン容疑者を助けた。日産での職務をへて、実務をこなすのに十分な日本語も身に付けていた。 「邪魔は認めない」 世界中を渡り歩く生活をしていた一方で、ゴーン容疑者は従業員のワーク・ライフ・バランスの重要性について語っていた。それは自身にも当てはまっていた。 ゴーン容疑者は以前、フォーチューン誌の取材で、「仕事は家に持ち帰らない。4人の子供と遊び、週末には家族と過ごす」と話していた。 「月曜日に仕事場に行くと(中略)週末に再充電したあとは強くなっているから、良いアイデアが浮かぶ」 ゴーン容疑者と働いた経験のある人々は、彼のマネジメントは迅速で決断的だと話す。ゴーン容疑者自身、フォーチューン誌の取材でルノーは「あらゆること、どうでもいいことをめぐる議論」で時間を無駄にしすぎていたと語っていた。 ゴーン容疑者はまた、プロジェクト遂行にはさまざまな文化を持つ経営チームをまとめることが重要だと強調していた。しかし、全責任は彼自身が負っていた。 「上に立つ者は自分の行動に100%の裁量と100%の責任を持つべきだ。この原則からぶれることも、どんな邪魔も許さない」 カルロス・ゴーン容疑者とは ブラジルのポルト・ヴェーリョで、レバノン人の両親の元に生まれた。2歳の時に汚い水を飲んで病気をし、ほとんど死にかけたことがある レバノンの大統領候補と目されたこともあったが、ゴーン容疑者自身はすでに「たくさんの職務についている」としてこれを否定した レバノンのワイン産業に巨額の投資をしている 日産の公用語を日本語から英語に変えて物議をかもした 幼い頃からの車好きで、5歳の時にはクラクションの音から車種を聞き分けられたと伝えられている しかし、全てが計画通りにいかないのは避けられない。米オンライン自動車販売のオートトレーダーのミシェル・クレブス主任アナリストは、ゴーン容疑者は「世界的なビジネスの舞台の巨人」ではあったが、彼の描く「全電化の世界」の構築はなお遠いと指摘する。 さらに、ゴーン容疑者が目指していた日産が米国の市場シェアの10%を握るという計画も問題を山積させたという。 「この計画が、大規模な割引やフリート販売(企業などへの大口販売)といった収益にならない悪い慣行を招き、再販価格の下落を招いた」 「日産はさらに、市場シェアを握るための生産台数拡大の一環として、品質問題を抱えた」 ゴーン容疑者の功績を称える声とともに、その報酬に対する批判の声も出てきた。 ルノーは2016年の株主総会で、ゴーン容疑者に対する725億ユーロ(約9億3400万円)の役員報酬を54%の反対多数で否決した。これには同社の株式15%を保有するフランス政府も反対票を投じた。 同社のの取締役会はこの株主総会の投票を却下したものの、ゴーン容疑者はその後、当時財務相を務めていたエマニュエル・マクロン仏大統領から新たな報酬規制を適用すると脅され、報酬削減を受け入れた経緯がある。 ルノーは数カ月前に、ゴーン容疑者に対する昨年分の役員報酬740万ユーロを株主総会で僅差で決定したばかりだった。 ゴーン氏が現在、数々の問題に直面している中でも、報酬を実際よりも少なく有価証券報告書に記載したことで逮捕されたことは、多くの人から皮肉ととらえられるだろう。 (英語記事 Carlos Ghosn: The driven 'cost killer')

  • Thumbnail

    記事

    なぜオリンピック招致から撤退する都市が相次いでいるのか

    2018年11月20日 14:06 公開 ギャレス・エヴァンズ、BBCニュース 長いこと、地上で最も偉大なショーとされてきた。 夏季と冬季の両オリンピック(五輪)は、数十億ドル規模の大イベントだ。世界一流のスポーツ選手が一堂に会し、多くのマスコミが報道する。 そのため、カナダの都市カルガリーの住民が13日、2026年の冬季五輪を招致するか否かについて投票した際、熱狂的に賛同するだろうとあなたは期待したかもしれない。 しかし代わりに、住民ははっきりと決断を下した。「ありがとう。でも結構です」だったのだ。 この否認は、多額のコストや経済効果への疑問に関する恐れに突き動かされたもので、今年に入り立候補から撤退した他の3都市に続くことになった。 これは、専門家が五輪そのものの未来を脅かす可能性があると話す、もっと大きな問題の一部分だ。開催したがる都市が、世界中でどんどん減っているのだ。 数字を考えてみて欲しい。最終的にアテネで開催された2004年夏季五輪には、11の都市が開催地に立候補したが、2024年大会はわずか2都市しか集まらなかった。 では、この傾向の背後には何があるのだろうか? 2024年大会のボストン開催の反対運動を指揮したクリス・デンプシー氏は、なぜ懐疑的な態度が増えているのか、多くの人よりも熟知している。 デンプシー氏が指揮したボストン開催反対運動は2013年初め、友人たちとの会話を受けて、同氏宅の居間で始まった。 「私たちから見たら、非常に裕福で権力のある人たちが団結して、招致がボストンにとって良いと決めたものでした」とデンプシー氏は話す。「でも私たちは、費用が気がかりでした」 「当初、ボストン住民が五輪開催にとても前向きだということが、投票では示されました」とデンプシー氏は説明する。「しかし細かいところを見始めた時、招致は自分たちにとって一番の得策ではないという決断を住民は下したのです」 デンプシー氏は、五輪を開催するための財政的な負担が一番の懸念だったと話す。他にも、外部の人間がボストンにとって何が一番いいのかを言ってくることへの腹立たしさもあった。 「私たちの声を聞いてもらいたかったし、自分たちの都市の未来を計画したかった。カルガリーのみんなも同じように感じたのだと思います」とデンプシー氏は話す。 同氏は的を射ているように思える。 カルガリーの住民が先週、五輪招致を圧倒的多数で否決した後、カルガリーのショーン・チュー議員は次のように述べた。「何をすべきか、何を考えるべきかを言ってくる既得権層には、みんなうんざりしたんだと思します。良いことだから多額を費やせと言うのです」 ボストン開催への支持の減少が投票から見え始めた後、2015年夏にボストンは招致から撤退。反対派にとっては、意外な勝利に思えた。 「賛成派は、約1500万ドル(約17億円)を費やしましたが、私たちが活動全体に使ったのは1万ドル(約113万円)以下でした」とデンプシー氏は話す。 デンプシー氏は五輪招致について、市民は開催の誇りや栄誉をただ受け入れるだけでなく、事実を査定すべきだと考える。 「政府が五輪を公共政策の問題と考え、良い点と悪い点を真面目に評価する時、有権者はこれが単に自分たちにとって得策でないことに気づき始めているのです」とデンプシー氏は述べる。 「事実は味方してくれると、私たちは常に自信を持っていました」 五輪開催に伴う経済的利点に対して懸念が高まるのは、不合理な話ではないと専門家は言う。 「都市が心配するのは当然です」と話すのは、数十年もの五輪予算を研究してきたベント・フライフヨルグ教授だ。「一般的な傾向は、費用が増加し、政府があまりにも多額を注ぎ込みすぎることに不安になるというものです」 「五輪を開催するには多額の予算が必要で、しかもそれはスポーツに直接関係している費用にしか過ぎません」と教授は話す。「交通機関の改善などの間接的なインフラ経費もあります」 ロシアのソチで行われた2014年冬季五輪は、510億ドル(約5兆7500万円)がつぎ込まれ、史上最も高くついた五輪となった。2008年の北京五輪は、400億ドル(約4兆5000万円)だった。 フライフヨルグ教授は、1960年以降の五輪は全大会で予算をオーバーしていると話す。中には、驚くような超過額になっている大会もある。 では、なぜ支出額が増えてしまうのだろうか? 「みんな、より大きなパーティを開きいものです」とフライフヨルグ教授は話す。「誰もが史上最高の五輪にしたいという競争みたいなものがあるのです」。 もう1つの理由として、フライフヨルグ教授は経験のなさを示唆する。 「五輪を開催するどの都市も、これまで開催したことがないか、あってもかなり昔なので、その経験を活用できません。つまり、大金が絡むイベントを担当しているのは未経験の人たちなので、費用超過へとつながるのは当然なのです」 「持続可能ではありません。国際オリンピック委員会(IOC)にとっては、ちょっとしたショックだと思います」 <関連記事> 東京五輪、セキュリティーに顔認証システムを導入 東京五輪公式マスコット、近未来的キャラに 小学生投票で 2018年平昌冬季五輪、開幕 「コリア」選手は合同行進 五輪を主催するIOCは、費用への懸念を確かに認識している。 クリストフ・ドゥビ五輪統括部長はBBCに次のように話す。「五輪の費用が懸念になっているのは分かっています。費用と複雑さを抑えるために、あらゆる努力をしなくてはいけないと感じています」。 ドゥビ氏は、五輪開催費用の低減に向けた対策が近年多く導入されていると説明する。 IOCは経済的負担の一部を埋め合わせるために、資金の提供を申し出るようになった。例えば、2028年の米ロサンゼルス五輪では、IOCは運営委員会に18億ドル(約2030億円)を寄付すると約束している。 IOCはまた、適切なインフラや会場がすでにある都市からの立候補を求めてもいる。これは、五輪終了後に無駄になる高価な設備、いわゆる「無用の長物」に対する懸念の高まりを受けたものだ。 韓国の平昌(ピョンチャン)で今年開催された冬季五輪を例に取ってみよう。大会の中心は、真新しい1億900万ドル(約123億円)のスタジアムで、使用回数は合計で4回だった。 ブラジルでは、2016年の五輪で使用された高価な競技場の多くは放置され、環境に危険な存在となっている。 「一般的な話として、五輪開催前にもし都市に球場や競技場がないなら、なぜ五輪後に必要になるでしょうか?」と疑問を口にするのは、ボストン五輪招致に反対する「ノー・ボストン五輪」運動にも参加したスポーツ経済学者、アンドリュー・ジンバリスト教授だ。 「球場や競技場が五輪開催前には存在しなかった理由は、その投資を行うだけの(中略)経済的に実行可能な理由がなかったからです」と同教授は説明する。 「結局は、経済的・環境的に非常に無駄なものになってしまいます」 こうした全てが、五輪は過剰で贅沢だという見方の一因となっており、IOCはこれに戦おうとしていると言う。ジンバリスト教授は、競場がすでにある都市からの立候補を探すのが、今後は正しい取り組み方だと提案する。 「ロサンゼルスのように、ほぼ何も投資せずに夏季五輪をできてしまう都市もあるので、道理にかなってはいます」とジンバリスト教授は話す。 ではなぜ、適切なインフラがない都市がそもそも五輪招致に立候補するのだろうか? 2012年ロンドン五輪でのマーケティングや、ハンガリーの首都ブタペストによる2024年五輪招致活動に携わったダニエル・リッターバンド氏は、五輪が実のところ、開発途上の都市には良い影響を与える可能性があると主張する。 「将来的に、五輪が変革的な影響をもたらすことができるのは、人口100万人の小さな都市だと思う」とリッターバンド氏は話す。「例えば専門車線などのように、大きな都市では混乱を生じるようなものの中には、小規模の都市にとってはそこまでではないものもあります」。 リッターバンド氏は、一般市民からの支持は「必要不可欠」だと述べる。「支持がないなら、絶望的です。それがボストンで起こったことでした」とリッターバンド氏は説明する。 では、将来的に招致を考えている都市に、リッターバンド氏は何をアドバイスするだろうか? 「五輪は、経済をいかに前進させていくかといった、インフラと土台を築き上る20年計画の一部である必要があります。そうであれば、やる価値は確実にあります」 「おもてなしのプログラムにせよ、短期雇用契約の増加にせよ、雇用や技能に関して市民にはっきりとした利点がなくてはいけません」とリッターバンド氏は加える。 「五輪は、一国が持てる国の誇りとして最高の瞬間です。2012年の(ロンドン五輪についての)みんなの話しぶりは、国全体が誇りで胸を張っていたことを表していました」 しかし現実は、いかに五輪に利点があろうが、小規模の都市からの立候補はない。では、もしIOCにとって最悪の事態が起こり、開催地への立候補がなくなったら、IOCは何ができるだろうか? 「合理的な方向としては、夏季大会と冬季大会を永続的に開催する都市をそれぞれ1つずつ作ること」だとジンバリスト教授は話す。 デンプシー氏は、「それは大いに道理にかなっているかもしれない」と話す。しかしどこが永続的な会場になるのかという疑問が残る。 「問題は、こうした都市は今開催することにあまり興味を示していないということです」と話すのは、五輪が開催地にもたらす長期的な影響について研究を行なっているドナルド・デングル教授だ。 「なので、市民が負担を負うことがないよう、IOCが施設の維持費や管理費を提供しなくてはならないでしょうし、奨励金をもっと多額にしないといけなくなるでしょう」とデングル教授は話す。 「IOCにとっては本当に難しい判断になります」 (英語記事 Why cities are snubbing the Olympics)

  • Thumbnail

    記事

    命をかけてヒマラヤの絶壁を登る、ネパールのハチミツ採り

    2018年11月20日 13:46 公開 野生のハチミツ採りは、ネパール農村部で最も古い伝統の1つで、極めて危険な風習の1つでもある。 ネパール中部ラムジュン郡の村人たちは、山の高いところにあるハチの巣を集めるため、命を危険にさらしている。

  • Thumbnail

    記事

    日産ゴーン会長逮捕 「重大な不正行為」あったと 解任要求へ

    2018年11月20日 12:32 公開 日産自動車は19日、代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が金銭をめぐる不正行為を行ったとして、東京地検特捜部が金融商品取引法違反容疑で逮捕したと発表した。 ゴーン容疑者は仏ルノーや三菱自動車の会長等も兼任し、自動車業界の第一人者とされる。日産の西川広人社長は、22日に招集する取締役会議でゴーン容疑者を同社の会長職から解任する方針と説明した。 ゴーン容疑者は、報酬を実際よりも少なく有価証券報告書に記載したことや、日産の資産を私的に使用したことなど、「重大な不正行為」で非難されている。 日産は、容疑の詳細については明らかにできないとしている。東京地検も、ゴーン容疑者の逮捕については声明を出していない。 日産は世界第6位の自動車メーカーで、英国イングランド北部サンダーランドに自動車工場として国内最大となる製造工場を構えている。 西川社長は19日夜に行った記者会見で、強い憤りと落胆を感じていると吐露した。 「いずれ詳細が明らかになるにつれて、今私が感じているようなものが従業員の中にも広がっていくのではないかと思っております」 その上で、従業員と関係者のためにも「社内の動揺を安定化させ、日常業務の面で(中略)影響を極力出さないよう集中してまいりたい」と語った。 日産はプレスリリースで、内部通報を受け、数カ月間にわたり内部調査を行ってきたと説明した。 日本のメディアは確定情報ではないながらも、ゴーン容疑者は2011年からの5年間にわたり、報酬計50億円を過小に報告していたと伝えている。 ゴーン容疑者の昨年度の報酬は日産から7億3500万円、三菱自動車から2億2700万円、ルノーから740万ユーロ(約9億5000万円)で、合わせて約19億1200万円だった。 西川社長は、不正行為は「長きにわたって行われていた」と認識していると話した。 日本では2010年から、1億円以上の報酬を受け取る役員の名前や報酬額の個別開示が義務付けられている。 カルロス・ゴーン容疑者とは ゴーン容疑者の英雄的な立場は大きく、日本ではその半生が漫画化された ブラジル生まれだがレバノンにルーツを持ち、フランス国民。ゴーン容疑者は以前、こうした生い立ちが人とは違うと感じる原因となり、新しい文化を受け入れる助けになったと語っている フランスでは、ルノーの復興で厳しいコスト削減策を遂行し、「コスト・キラー」の名前で知られる レバノンの大統領候補と目されたこともあったが、ゴーン容疑者自身はすでに「たくさんの職務についている」としてこれを否定した 2011年に日本で行われた、首相になってもらいたい人物の世論調査では、9位のバラク・オバマ前米大統領を抑えて7位を獲得した 日産は、これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力しており、引き続き今後も協力すると説明した。 併せて、ゴーン容疑者と共に逮捕された代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)も不正行為に「深く関与していた」として、解任を求める予定だ。 西川社長は、ケリー容疑者はゴーン容疑者の側近としての影響力が大きかったと語った。 三菱自動車とルノーの対応は? 三菱自動車はこの日にプレスリリースで、ゴーン容疑者の会長及び代表取締役職の解任を求めると発表した。 「弊社(ゴーン)取締役会長が逮捕されたことを受けて、容疑の内容がコーポレートガバナンス及びコンプライアンスに関するものであることも踏まえ、カルロス・ゴーンの会長及び代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案することと致しました」 ゴーン容疑者は、ルノー・日産・三菱アライアンスの代表も務めていた。ゴーン容疑者逮捕を受け、ルノーの株価は10%近く下落した。 ルノーは、「速やかに」取締役会を招集するとしている。 ルノーのフィリップ・ラガイエット取締役は、同社はゴーン容疑者からの「正確な情報」を待っていると述べ、日産および三菱とのアライアンスにおける「ルノーの利益の保護」に貢献していくと話した。 日産の西川社長は、ゴーン容疑者に権力が集中しすぎたため、透明性が低かったと問題を指摘。 「ガバナンスの問題が大きい。(中略)ふり返ると、2005年に(ゴーン容疑者が)ルノーと日産のCEOを兼務することになった時に(中略)その結果として将来的に何が起きるのかということをあまり議論しませんでした」と話した。 「最大限に注意を払う」 ルノーは日産の株式43.4%を保有しているが、そのルノーはフランス政府が15%を所持している。 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ルノー自体と日産とのアライアンスの安定性を守るためにフランス政府も動いていくと話した。 「株主として(中略)アライアンスとルノー・グループ、そしてフランス政府から十全の支援を受ける従業員の安定性について、政府は引き続き最大限に注意を払っていく」 ゴーン容疑者は20年近くにわたり、自動車業界の巨人としての地位にあった。2000年代前半には、倒産寸前だった日産の劇的な再建の立役者となった。 1990年代にはルノーで人員削減や工場閉鎖を行い、「コスト・キラー」の異名を付けられたが、この戦略が成功して評価を確実なものにした。 ゴーン容疑者のキャリアはフランスのタイヤ大手ミシュランで始まり、その後ルノーに移動。1999年にルノーが日産の最大株主となった際に日産に参画し、2001年から2017年まで社長を務めた。 ルノーは数カ月前に、ゴーン容疑者に対する昨年分の役員報酬740万ユーロを株主総会で僅差で決定したばかりだった。 <分析> ――テオ・レゲット、ビジネス担当編集委員 カルロス・ゴーンは自動車業界の第一人者だ。ルノーと日産の業績回復を支え、両社のアライアンスの要となった。 この日仏の同盟には現在は三菱自動車も加わり、世界最大級の自動車メーカーとなっている。 問題は、今何がおきているのかということだ。ゴーン氏はすでにいくつかの責任ある職務から離れている。昨年には日産の社長職を退き、最近ではルノーでも、日常業務の一部から離れていた。 一方で、向こう数年はルノーの最高経営責任者(CEO)にとどまり、アライアンスの代表も務める予定だった。 今回の発表で、この戦略は壊れてしまったようだ。ルノーの対応はまだ明らかになっていない。 しかし、順当な取締役交代計画や、やや扱いづらいルノー・日産・三菱アライアンスの構造全体の未来は、大きく開かれたと言ってもいいだろう。 (英語記事 Nissan boss arrested over 'misconduct')

  • Thumbnail

    記事

    フィンランドは熊手で森林火災回避? トランプ氏発言に戸惑いの声

    2018年11月20日 12:14 公開 米カリフォルニア州で発生している大規模な山火事をめぐり、ドナルド・トランプ米大統領が18日、熊手で落ち葉かきをすることで、国土の大半を占める森林を管理しているとフィンランドを称賛した。このトランプ氏発言に対し、フィンランド国内では戸惑いの声が広がっている。 トランプ氏は18日、フィンランドのサウリ・ニイニスト大統領の話として、同国民が「熊手による落ち葉かきや森の掃除に、多くの時間を」費やしていると述べた。 しかしニイニスト大統領はフィンランドの日刊紙に対し、トランプ大統領と会談時に熊手による落ち葉かきについて話をしたとは思い出せないと話した。 カリフォルニアの消防士は現在、米国史上最多の死者数を出している山火事の消火に取り組んでいる。 当局は行方不明者リストに現在も1000人近くの人が残っていると話す。 行方不明者リストには1276人が記載されていたが、当局は18日、リスト内の人数は283人減ったと発表。しかし、詳細は明らかにしなかった。 今後数日は大雨の予報で、被害者の遺体発見への取り組みを難しくする可能性があるものの、消火の最前線に立つ消防士には負担軽減となる。 森林国 山火事の被害を調べるためカリフォルニア州を訪れたトランプ氏は18日、火事の原因はまずい森林管理にあったとする自らの主張を再び口にした。 「別のやり方をしている他国をみると、話は全く違っている」とトランプ氏は述べた。 「フィンランドの大統領といた時、彼はこういった。『我々は全く違う(中略)我々は森林国だ』。それに、フィンランド人は熊手での落ち葉かきや掃除などに多くの時間を費やしていて、だから何の問題も抱えていない」とトランプ氏は付け加えた。 しかしフィンランドのニイニスト大統領はフィンランド紙イルタ・サノマットに対し、トランプ氏と話した際に熊手での落ち葉かきの話題は出なかったと話した。 「私はトランプ氏に、フィンランドは国土を森林に覆われた国だということ、そして我々は優れた監視システムとネットワークも持っているということを話した」とニイニスト氏は述べた。 フィンランド森林協会のヘイッキ・サボライネン森林管理部長はイルタ・サノマットに対し、森林管理の方法として熊手による落ち葉かきは一般的でないと話した。 「これらの発言はとても興味深い。熊手での落ち葉かきは、自分の庭でしか見たことがない。庭や公園でやるものだ」とサボライネン氏は話した。 フィンランドのツイッター利用者は、熊手で地元の森を落ち葉かきする写真をインターネット上に投稿。熊手や落ち葉かきを意味する「Rake」と「Make」をかけ、「熊手で落ち葉かきしてアメリカを再び偉大にしよう」と冗談を飛ばしている。 「Pyry Luminen」さんは、「フィンランドの森林での普通の一日」というキャプションを添えた写真を、「カリフォルニアの火事」「森林管理」「アメリカを再び偉大に熊手で落ち葉かき」などのハッシュタグと共に投稿した。 https://twitter.com/pyryluminen/status/1064159712919334917?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.buzzfeednews.com%2Farticle%2Fremysmidt%2Ftrump-finland-rakes-forest-camp-fire-paradise-california 「Arto Aspfors」さんは、「フェイク(Fake)」と「Rake」をかけた「レイク(熊手)ニュース」というハッシュタグをつけ、熊手をもった自身とみられる写真を「私の当番じゃない!」というキャプションと共にツイートした。 https://twitter.com/aspfors/status/1064104115528192000 フィンランド国防軍などで働く研究員という「Veli-Pekka Kivimäki」さんは、「私なら恐らく、フィンランドとカリフォルニアの気候を比較することはないだろう。また、国土の80%が森林地域に分類されるといっても、その全てを実際に手入れするわけではない」と書いた。 https://twitter.com/vpkivimaki/status/1063896392928829440 (英語記事 California wildfires: Finland bemused by Trump raking comment)

  • Thumbnail

    記事

    ホワイトハウス、CNN記者の入館取り消しを撤回

    見を行うというホワイトハウスの権利を上回るとした。 <分析>体裁の維持 ――アンソニー・ザーカー BBCニュース、ワシントン サラ・ハッカビー・サンダース報道官は19日、「怒ってはいないけどがっかりしただけ」という親のような口調で一連の規則を発表した。同報道官によると、この規則は好ましい記者の振る舞いの概要を示すものだ。 当然ながら、この規則はさまざまに解釈できる。複数の部分からなる1つの質問を試してみる最初の記者は誰だろうか? 適切な補足質問とは何かを決めるのは誰なのか? 大統領自身が記者たちは「ばかな質問」をしてくると言うようなホワイトハウスで、このように「礼儀正しさ」が回復されるのなら、規則の抜け穴にはトラックが通れるほどの十分な大きさがあるということだ。 今回の動きは主に、勝つ見込みのない法廷闘争から撤退し、政権の体裁を保つための方策に見受けられる。ホワイトハウスは主張を通した。記者はサンダース報道官やトランプ大統領に対し、あそこまで厳しく質問する前によく考えるようになるだろう。 報道の自由の擁護者にとっては、今回の出来事は恐ろしい展開といえるかもしれない。一方、「国民の敵」といった大統領の論調を称賛する支持者にとっては、歓迎すべき最初の一歩だ。 (英語記事 White House restores CNN reporter's pass)

  • Thumbnail

    記事

    カショジ記者殺害 トランプ氏、「恐ろしい」犯行の記録音声は聞かないと

    2018年11月19日 15:24 公開 ドナルド・トランプ米大統領は18日、サウジアラビア人記者のジャマル・カショジ氏殺害を記録した音声について概要説明を受けたが、自分自身は音声を聞くつもりはないと述べた。 「苦痛のテープだ。恐ろしいテープだ」とトランプ氏は米テレビ番組フォックス・ニュース・サンデーに語った。 米中央情報局(CIA)は記者殺害をサウジアラビアの実質的支配者ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が指示したものと結論づけたとされる。ただホワイトハウスは、この評価をまだ公式に承認していない。 この主張は誤りで、ムハンマド皇太子は記者殺害について何も知らなかったと、サウジアラビア当局は否定している。 サウジ政府の批判者として知られたカショジ記者は、結婚に向けた書類入手のため10月2日にトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館に入った後、殺害された。 サウジアラビアは、殺害が「勝手な計画」の結果起きたとしている。 <関連記事> カショジ記者殺害 カナダ情報機関「犯行録音のテープ聞いた」 「カショジ記者は危険なイスラム原理主義者」サウジ皇太子発言か 米報道 カショジ記者は「ただちに絞殺された」=トルコ検察 死亡詳細を初公表 米議会では、トランプ大統領の支持者も、殺害に対してより強硬な対応を取るようトランプ氏に圧力をかけている。ただ、サウジアラビアは中東地域における米国の重要なパートナーなだけに、トランプ氏は強い対応を取ることを渋っている可能性がある。 トランプ氏がテープを聞かないのはなぜか 音声の内容について十分な概要説明を受けたため、テープを聞く必要はないとトランプ大統領は述べた。 「聞かなくても、テープの内容は全て知っている」とトランプ氏はフォックス・ニュースに話した。「とても暴力的で、とても残酷で、恐ろしかった」。 録音は衝撃的な内容で、犯罪を立証するものだとされている。トルコが米国と西側同盟国に提供した。 一方でトランプ氏は、殺害について何も知らなかったとムハンマド皇太子から聞いたと、インタビューで語った。 トランプ氏は、殺害の背後にいる人物は誰にも突き止められないかもしれないとした上で、関与が疑われる個人には米国としてすでに制裁を科したと指摘した。 「ただ同時に、あの国は我々の同盟国だ。色々な意味でずっと我々にとって非常に良い同盟国だった。その相手と今後も、付き合い続けたい」とトランプ氏は付け加えた。 記者殺害に関する米国の立場は CIAはムハンマド皇太子の殺人関与を裏付ける直接的な証拠入手はしていないとされるが、CIA当局者は殺害が同皇太子の指示なしでは起こり得なかったと考えていると報じられている。 しかし米国務省は17日、「答えの得られていない疑問が多く」残っており、米政府は記者殺害の最終結論には達していないと述べた。 トランプ大統領は、記者殺害に関する所見についてCIAと協議している。フォックス・ニュースとのインタビューはCIA報告の報道に先立ち撮影されたもので、政権として判断を下すと大統領は話していた。 トランプ氏は報道陣に、「今後2日の内に、おそらく19日か20日に、非常に詳細な報告書が僕らに届く」と述べた。 トランプ氏を支持する共和党のリンジー・グレアム上院議員は、ムハンマド皇太子の関与否定は信じないと語った。 グレアム議員は米NBCに対し、「もしムハンマド皇太子が今後サウジアラビアの顔になるならば、国際社会で大変な思いをすると思う」と話した。 (英語記事 Jamal Khashoggi: Trump won't listen to 'terrible' murder recording)

  • Thumbnail

    記事

    マクロン仏大統領、欧州の団結訴える 「世界の混沌」に対抗すべきと

    2018年11月19日 14:08 公開 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は18日、ドイツで行った演説で仏独の緊密な関係が必要だと訴え、欧州は「世界が混沌に滑り落ちないようにする責任がある」と述べた。 この日はドイツで戦没者などを追悼する国民哀悼の日に当たり、マクロン氏はベルリンで行われた式典に出席。連邦議会での演説で、欧州は「大国のおもちゃになってはならない」と話した。 マクロン氏はさらに、欧州連合(EU)の団結強化と、ユーロ圏の共同予算の設置を求めた。 さらに、ドイツに対しては欧州連合軍の設置について支持を求め、軍の設置によって米国への依存を減らせると主張。インターネット大企業への新たな課税についても言及した。 アンゲラ・メルケル独首相は、マクロン氏の提案の一部にはためらいがちに支持を表明した。しかし、ドイツ国内では物議をかもしたアイデアもあった。 「我々の本当の強さは団結にある」 マクロン大統領は国家主義(ナショナリズム)を掲げる勢力は「記憶力がない」と述べ、不確定な時代において、前進的な勢力が団結する必要があると主張した。 「我々を阻もうとする勢力がたくさんある。公の論争を妨害し、自由主義的な民主社会を攻撃し、対立をあおろうとている。我々はこの世界情勢を非常に深刻に捉えなければならないし、その中では団結こそが我々の力、本物の力となる」 11日にパリで行われた第1次世界大戦終戦100周年の記念式典でも、マクロン氏は国家主義は「愛国心の裏切りだ」と訴えた。米国のドナルド・トランプ大統領はその後、マクロン氏を連続ツイートで攻撃した。 マクロン氏は、団結は「怖い」ものかもしれず、各国に基金への支出と意思決定を迫ることになるかもしれないと認めた上で、「こう着状態が続く方が良いのか?」と問いかけた。 この演説後にマクロン氏はメルケル氏と首相会談を行い、移民や防衛での協力、デジタル企業への課税措置などについて協議した。 仏独は19日にも、限定的なユーロ圏の共同予算設立案について発表する見通しだ。 メルケル氏はマクロン氏に対し、「ドイツとフランスの友情と協力の重要性と、欧州の文脈におけるその役割を印象的な演説で明らかにした」と話した。 「(マクロン氏は演説で、)我々は岐路に立たされていると言った(中略)これは私の見方と同じだ。戦後に生まれた我々には、戦争の教訓に責任を持つ必要がある」 首相職を13年間務めているメルケル氏は10月、今年12月の党首選には出馬しない意向を明らかにした。 また、2021年の任期満了を持って首相職を退くとしている。しかし、連立政権や与党・キリスト教民主同盟(CDU)内の抗争によって、これよりも早く退任を迫られる可能性もあるという観測もある。 (英語記事 France's Macron: Europe must unite to prevent 'global chaos')

  • Thumbnail

    記事

    日本人男性、仮想現実のポップスター「初音ミク」と200万円の結婚式

    2018年11月19日 13:54 公開 近藤顕彦さん(35)はこのほど、仮想現実のホログラム映像との結婚式を東京で挙げた。 ホログラムで描かれるアニメ映像の「初音ミク」は、16歳。日本の10代アイドルだ。 近藤さんの母親は結婚式に招待されたが、出席しなかった。

  • Thumbnail

    記事

    米カリフォルニア州の山火事 なぜ行方不明者がこんなに多いのか

    2018年11月19日 13:50 公開 米カリフォルニア州北部で猛威を振るっている山火事をめぐり、行方不明者がここ数日で1200人以上に急増している。 突然の増加によって、地元住民や当局の間で多少の混乱が生じている。 確認された死者数は76人となり、既に州の最多記録となった。この人数にさらに、1000人以上の行方不明者数が追加される可能性があるのだろうか? 答えはそう単純ではないと、被害が最も大きかったビュート郡の当局者は公に認めている。 行方不明者リストの登録人数が初めて1000人を超えた16日、コーリー・ホニア保安官は行方不明者のデータベースは「流動的」と説明した。 ホニア保安官はこの日、「私が提供している情報は未加工データで、名前の重複がある可能性は高いと考えている」と述べた。 11月8日の山火事発生以来、電話、報道、電子メールなどで寄せられる行方不明者の報告を、調査員が全て収集しようとしているため、数字が大きく変動していると当局は話している。 <関連記事> 米カリフォルニア州の山火事、行方不明者が631人に倍増 死者も増加 カリフォルニア州の山火事、強風で被害拡大の恐れ 火は素早く広がり、家族など大事な人たちを集め、混雑する道を脱出するまでの猶予は数分しかなかったという。 火勢の激しさから、地域の完全な回復には数週間かかる可能性があると、当局は警告している。また、遺体を捜索・発見するため、数百人の専門家と遺体捜索犬が報告を基に調べを進めている。 複数のニュースメディアが、郡発表の行方不明者リストに重複や奇妙な例外があるとすぐに指摘した。米紙ニューヨーク・タイムズは、初期のリストに119歳の行方不明者が5人記載されていたと指摘した。 リストにあった人物の一部はソーシャルメディア上で追跡でき、この人たちは実際のところ無事だったと、ニューヨーク・タイムズは報じた。 AP通信は、住人の1人タマラ・コンリーさんの例を重点的に伝えた。コンリーさんは自分の無事を人々に伝えるため、フェイスブックに投稿した。 コンリーさんは15日夜、行方不明者リストの中の1ページを示し、「私の夫と私は行方不明になっていないし、なったこともありません!」と書いた。 「家族は誰も私たちのことを探していません(中略)私は電話し、リストから自分たちの名前を外してもらうよう伝言した」 ホニア保安官は、「未加工」の形でリストを公開した自分の決定を擁護している。 保安官は16日、報道陣に対し、「物事を完璧にやりたいからと前進をやめるわけにはいかない」と述べた。 「行方不明者の特定に着手できるよう、まずは情報を公表することの方が大事だ」 山火事で建物1万2000棟以上が崩壊し、依然としてカリフォルニア州の広い範囲に避難命令が出されたままだ。現在、数千人の住人が、一時宿泊施設やシェルターに散らばっている。 このため、実際の行方不明者の経過を追うのが困難なのは明らかだ。連絡手段の問題が、事態をさらに悪化させている。 送電鉄塔や送電線が火災で使えなくなり、現地では携帯電話も使えなくなった。一部地域では、電力会社が仮設の送電鉄塔を建てざるを得なくなっている。 郡のウェブサイトにある公式のリストとは別に、地元の掲示板や一時避難所にある木には、行方不明者を記したポスターも掲示されている。 遠方にいる親族や友人は、連絡の取れていない人の写真や情報をソーシャルメディアのグループに共有し、行方不明者発見をそれらのグループに頼っている。 被災地域は退職後の居住地として人気が高く、地域には高齢者が多かったことから、郡のリストに掲載されている人の多くも高齢者となっている。 山火事で破壊されたビュート郡の町パラダイスには、約2万7000人が住んでいたと推計されている。 最新の国勢調査によると、地域住民の約4分の1が65歳以上だった。 緊急避難が必要な状況における高齢住民の避難の難しさを、リストの年齢分布が浮き彫りにしていると、パラダイス警察のエリック・ラインボルド本部長は述べた。 ラインボルド本部長は、「他のあらゆる地域社会と同じように、この町にも高齢者がいる。その一部は車を運転しなくなっているし、出来なかったりする」と話した。 もし脱出できていたとしても、知人に連絡を取るためのインターネットや他の携帯連絡手段を利用できる可能性が、高齢者はより低いかもしれない。 家を追われたため、リストに載っている大勢が、自分が不明者扱いされていることに気づいてもいないかもしれないと、ホニア保安官は語った。 保安官事務所の報道官はAP通信に対し、リストは誰が行方不明かを「リアルタイム」で反映するものではなく、自分は無事だと連絡してもらうためにも広く公開したのだと話した。 既に人手が足りない中、人材の集中を支援するため、リストが更新されているか再確認し、安全が確認された人について音声メールではなく電話で知らせてほしいと当局は地元住民に要請を続けている。 (英語記事 California wildfires: Why are so many listed as missing?)

  • Thumbnail

    記事

    メイ首相、自分が辞任しても事態好転しない ブレグジット合意案めぐる批判に対抗

    通りとなり、その間に双方は通商協定の交渉を行う。交渉が長引いた場合に、移行期間が延長される予定だ。 BBCのアダム・フレミング・ブリュッセル特派員によると、通商については英国と野心的な関係を築きたい国と、英国の単一市場へのアクセスを制限したい国とで意見が分かれている。 英国は安全保障についても現状を維持したい考えだが、これも「問題の一つだ」と大使らは伝えられているという。 さらに、スペインが英領ジブラルタルに関する懸念を高めているとフレミング特派員は付け加えた。 ある外交官は、EUの交渉チームから加盟国へのメッセージは「将来の関係に関する交渉で各国の懸念を取り上げるから、今のところはそれにふたをしてほしい」というものだったと話した。 メイ首相に対する不信任案の行方は? 保守党で不信任投票の是非を決める立場にあるブレイディー委員長はBBCのラジオ番組で、首相不信任の書簡を何通受け取ったかは、自分の政治秘書でもある妻にさえ話していないと述べた。 「スーパーでも、道を歩いていても聞かれる」 憶測として、不信任案決議に必要な48通を受け取っているのに行動していないのではと言われるのは、「いささか腹立たしい」と話した。 「この点については私の良心を信じてもらうことが大事だ」 また、BBCの番組「サンデー・ポリティクス・ノース・ウェスト」では、仮に不信任案決議を行うことになっても、メイ氏は「かなりの確率で」勝つだろうと話した。 もし投票が行われ、不信任案が決議された場合、EUの首脳会議が実施されるかどうかは不透明だ。 欧州理事会のドナルド・トゥスク常任議長(大統領に相当)は、「非常事態」が起きない限りはサミットを開くとしているが、内容については詳しく述べなかった。 労働党の動きは? 労働党のコービン党首は、下院議員257人は合意案に反対するだろうと発表した。 スカイニュースの取材でコービン氏は、北アイルランドに関する「一方通行の合意」は「受け入れられない」と話し、労働者の権利や環境保護にも保証がないと指摘した。 下院で合意案が否決された場合については、政府はEUと「迅速な再交渉」を行うべきだと話した。 さらに、労働党はより良い条件を交渉で引き出せると述べ、最終合意が成されたあとの移行期間には「その機会がある」と話した。 一方、党内からも実施の声が挙がっている2度目の国民投票については、「将来の選択肢の一つだが、現在のものではない」と語った。 (英語記事 May: Ousting me won't help Brexit)

  • Thumbnail

    記事

    紛失していたディズニー映画、日本で発見

    利を買い戻した。 「この話で特にいい点は、これらの映画が世界中に散らばっていることを示唆する点だ」とBBCに話すのは、英国映画協会(BFI)でアニメーション管理を担当するジェズ・スチュワートさんだ。 「映画が世界中にどのように伝えられ、最終的にどこに行き着くのかは、作品そのものと同じくらい興味深い」 2015年には、オズワルドが主役の別のアニメ作品がBFIの保管庫で見つかっている。 スチュワートさんは、こうした発見は重要だと語るが、初期のアニメーション作品に関して言えば、全体の一部分にすぎないと語る。例えばオズワルドが米国で制作されていた時期と同じくして、英国ではボンゾ犬が映画の中で非現実的な冒険をしていた。 「時には、失われていた映画が見つかったことで現存する映画にやっと注目が集まることもあるというのは残念だ」 (英語記事 Lost Disney film found in Japan)

  • Thumbnail

    記事

    米カリフォルニア州山火事 ドローンが捉えた被災地の壊滅的被害

    2018年11月19日 12:11 公開 カリフォルニア州の町パラダイスは、山火事により破壊された。 この動画には音声が含まれていない。

  • Thumbnail

    記事

    【フェイクニュースを超えて】フェイクニュースとは何か 見分ける方法は

    ュースのことだけではない。本当のニュース記事を非常にうまく模倣したものもある。 ゾーイ・クラインマンBBCテクノロジー担当記者が解説する。 この動画は偽の情報やフェイクニュースなど、我々の情報共有や世界を見る視点に関する世界的な問題を取り上げたシリーズの一部です。

  • Thumbnail

    記事

    サイバーセキュリティ担当の日本五輪大臣、パソコン使ったことない

    2018年11月16日 17:11 公開 日本の新しいサイバーセキュリティ担当の閣僚は14日、パソコンを使ったことが1度もないと発言し、国中をあぜんとさせた。 桜田義孝五輪相(68)は衆院内閣委員会で、パソコンを使用したことがないと認めた。共同通信によると、「私は25歳の時から独立して(事業などを)やっており、従業員や秘書に指示をしてきたので、自分でパソコンを打つことはない」と語った。 桜田氏は10月にサイバーセキュリティ戦略副本部長に就任した。2020年東京五輪に向けたサイバー攻撃対策を所管する。 桜田氏の発言は、野党・立憲民主党の今井雅人議員の質問に答えたもの。今井議員は担当大臣の答弁に驚き、「パソコンもいじったことのない方がサイバー空間のセキュリティー対策をするなんて信じられない」と述べた。 これに対して桜田氏は、「サイバーセキュリティーは国の総力をあげて総合的にやることで、落ち度はないと自信を持っている」と強調した。 しかし、その後の質問で、日本の原子力発電所はUSBドライブを使用しているかと聞かれ、桜田氏が返答に窮すると、懸念はさらに広がった。 桜田氏の発言についてソーシャルメディアでは、驚いたり、面白がったりする反応が相次いだ。「少なくとも桜田氏をハッキングするのは大変だ」という書き込みもあった。 オーストラリア公共放送ABCのユミ・アサダ氏は、「日本のサイバーセキュリティ担当の桜田義孝大臣はパソコンを使わない(使えない?)……ファックスなら使えるのかな?」とツイートした。 https://twitter.com/yumi_asada/status/1062618124694970374 「MC6d63」さんは、「う〜ん、(エアギャップ環境ならぬ)エアギャップ副本部長? 天才だね」と書いた。 https://twitter.com/mc6d63/status/1063030871798792193 「エアギャップ」とは、外部ネットワークから物理的に隔離された状態を作ることによる、セキュリティ対策を意味する。 サイバーセキュリティ関連のジャーナリスト、キム・ゼッター氏は、「電子メールやスマートフォンなどを使わないのに暗号やサイバーセキュリティの政策を策定する、米連邦議員の多くとあまり変わらない」とツイートした。 https://twitter.com/KimZetter/status/1062804654998712321 「正直言って、パソコン使ったことないサイバーセキュリティ担当大臣がすごくうらやましい」とツイートした人もいる。 https://twitter.com/Hund_im_Schnee/status/1062953959009083393 (英語記事 Japan's cyber-security minister has 'never used a computer')

  • Thumbnail

    記事

    日本航空、パイロットの飲酒規定を厳格化 ヒースローでの逮捕受け

    2018年11月16日 16:58 公開 日本航空(JAL)の操縦士が10月、酒に酔っていたとして英ヒースロー空港で逮捕された件を受け、同社は16日、海外の空港で新型のアルコール感知器を導入する計画を明らかにした。 実川克敏副操縦士(42)は10月、乗務前に規定値の9倍以上のアルコールが検知されたとして逮捕された。 今回の対策が発表される前には、操縦士が酒に酔っているとの理由での出発遅延が複数回発生していた。 日本の法律では、操縦士のアルコール摂取量の制限を設けていない。 代わりに、勤務に当たる操縦士の飲酒量は航空会社が各自で決定している。 実川副操縦士が逮捕された際、血液から100ミリリットルあたり189ミリグラムのアルコールが検出された。英国でのパイロットの上限値は血液100ミリリットルあたりアルコール20ミリグラム。 JALは声明で、「大変重く受け止めております。お客さま、ご関係の皆さまに、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを、重ねて深くお詫び申し上げますとともに、再発防止に向けた取り組みを徹底し、信頼回復に努めてまいります」と述べた。 JALの広報担当者によると、2017年8月以降、操縦士が社内のアルコール検査に合格できなかったことが19回あった。 うち12回はその結果遅延し、7回は交代の操縦士を見つけられたため定刻通り運行したとしている。 JALは、ここのところ法令違反が続いたことを受け、複数の再発防止策を導入する意向だ。 防止策には、海外の空港での新型アルコール感知器の導入や、「規定されたアルコール血中濃度を超えた乗務員」に対する罰則などが含まれる。 同社広報担当者によると、新たな感知器はすでにヒースロー空港や国内空港で配備されているという。 他の空港では11月19日に導入する予定だ。 同社によると操縦士はまた、日本で乗務開始前の24時間は飲酒が禁止となる。 他の航空会社でも、ここのところ操縦士の飲酒で問題が続いている。 英ブリティッシュ・エアウェイズの操縦士は6月、2ショット分のウォッカを3杯飲んでから仕事に現れたとして、禁固刑の有罪判決を受けた。 インドでは、アルコール検査にひっかかった操縦士が、3年間の乗務禁止処分となっている。

  • Thumbnail

    記事

    英保守党が党首を辞めさせたいとき 党内手続きは

    ている。 保守党が党首を信任しなくなった場合、党内ではどういう手続きがとられるのか。 (ビデオ製作:BBC「ニュースナイト」)

  • Thumbnail

    記事

    カショジ記者殺害は皇太子ではなく情報機関工作員が指示=サウジ検察

    2018年11月16日 14:41 公開 サウジアラビア検察は15日、10月2日にトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で起きたジャマル・カショジ記者殺害は、サウジ情報機関の工作員が指示したものだという結論を発表した。記者殺害をめぐっては、サウジアラビアの実質的な支配者ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の指示を疑う声もあったが、検察はこれを否定した。 検察報道官は、反体制派のカショジ氏に帰国するよう説得するのが工作員の任務だったと説明した。 カショジ記者はイスタンブールのサウジ総領事館で10月2日、もみ合いの後に薬物を注射されて殺害されたと、報道官は付け加えた。 サウジ検察は殺害をめぐり11人を起訴。そのうち5人に死刑を求刑した。 11人については公判手続きが行われている。一方、さらに10人が殺害に関与した疑いがあるとして、捜査が続いている。 米財務省は15日、サウジ高官17人に経済制裁を科した。米財務省は制裁対象となった高官について、カショジ記者を「標的にし、残忍なやり方で殺害した」と述べた。カショジ記者は米国に住み、仕事も米国でしていた。同省はカショジ氏が「高官らの行動の被害を受けた」とした。 財務相による制裁対象は、「殺害計画の一部立案と作戦の実行」が疑われるサウド・アル・カフタニ前皇太子顧問、作戦を「共同でとりまとめ、実行」した疑いのマヘル・ムトレブ氏、駐イスタンブールのサウジアラビア総領事モハメド・アル・オタイビ氏など。。 マイク・ポンペオ米国務長官は、制裁が「カショジ氏殺害に対する重要な一歩」だと述べ、「すべての関連事実を探し続け、連邦議会と協議の上、関係者の責任を問うため諸外国と強力を続ける」と表明した。 <関連記事> カショジ記者殺害 カナダ情報機関「犯行録音のテープ聞いた」 「カショジ記者は危険なイスラム原理主義者」サウジ皇太子発言か 米報道 カショジ記者は「ただちに絞殺された」=トルコ検察 死亡詳細を初公表 サウジアラビア検察局のシャラアン・ビン・ラジフ・シャラアン副局長は15日、リヤドで記者らに対し、カショジ記者は死亡後、総領事館内で遺体をバラバラにされたと発表した。 切断された遺体はその後、敷地外にいる現地の「協力者」に渡されたと、シャラアン副局長は付け加えた。検察はこの協力者の似顔絵を作成したほか、遺体捜索を続けているという。 シャラアン氏は、記者殺害で起訴された人物の身元は明らかにしなかった。 ただし同氏は、情報機関副長官のアフメド・アル・アッシリ将軍がイスタンブールに派遣した「交渉部隊の部隊長が殺害を指示した人物だと、捜査から判明した」とも述べた。この交渉部隊は、サウジアラビアから脱出したカショジ氏を、強引にでも帰国させるのが任務だったという。 「(皇太子は)この件について何も知らなかった」とシャラアン氏は主張した。 サルマン国王の息子でサウジアラビアを事実上支配するムハンマド皇太子は、自分や記者殺害に一切関与していないと主張している。皇太子は記者殺害を「正当化できない凶悪な犯罪」と呼んだ。 皇太子に批判的な人たちは、皇太子が作戦に気づいていなかったなどあり得ないと主張する。 殺人に関連して逮捕された容疑者21人のうち複数は、過去に皇太子の警備部隊に所属していた。アッシリ将軍とカフタニ氏も殺害事件をめぐり解任されている。 シャラアン氏は、カフタニ氏は旅行を禁止され捜査を受けていると述べたが、アッシリ将軍になされた措置については言及しなかった。 トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は「カショジ記者殺害の指示は、サウジ政府の最高レベルから下された」と述べた。ただエルドアン氏は、サルマン国王が指示したとは考えていないと話している。 トルコのメブルト・チャブシュオール外相は15日、サウジ検察が発表した声明の一部について「満足していない」と述べた。 チャブシュオール外相は報道陣に対し、「サウジ検察は、カショジ氏が抵抗したため殺されたと言っているが、一方で殺害があらかじめ計画されていたとも述べている」と述べた。 「さらに、サウジ検察はカショジ氏がバラバラにされたと言う(中略)これは自然発生的に起こることではない。殺害とその後の遺体切断に必要な装備と人員が用意されていたのだ」 トルコ当局は、記者殺害の数時間前に、サウジの工作員15人が空路でイスタンブールに到着したと見ている。このうち1人はサウジ内務省勤務の法医学者と考えられており、入国時に骨用のこぎりを運んでいた。 チャブシュオール氏は「命令を出した人物やあおった人物も解明されるべきだし、その過程は隠されるべきではない」と述べ、トルコは「この殺人に関する全てを明らかにする」だろうと付け加えた。 (英語記事 Jamal Khashoggi murder ordered by agent - Saudi prosecutor)

  • Thumbnail

    記事

    4500万円集めた米ホームレス向け募金活動「嘘の上に成り立っていた」

    声明の中で、この募金活動に寄付した人には返金が行われると認めた。 (取材:ジョージーナ・ラナード BBCソーシャルニュース) (英語記事 US homeless fundraiser: GoFundMe campaign 'based on a lie')

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット政局、何があったのか 閣僚辞任で英首相に圧力

    2018年11月16日 12:51 公開 英国の欧州連合離脱(ブレグジット)に関する英政府と欧州連合(EU)との合意案をめぐり15日、メイ内閣では当のブレグジット担当相を筆頭に閣僚の辞任が相次いだ。 テリーザ・メイ首相に対する不信任案が可決されるのではないかとの憶測が強まるなか、首相自身は合意案を貫徹し首相官邸に留まると、断固たる姿勢を示している。 英国の将来について混迷が深まるなか、レイラ・ナスー政治担当編集委員が現状と今後の展望を説明する。

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット合意案めぐりメイ英首相に圧力、EU離脱担当相の後任決まらず

    にはドミニク・ラーブEU離脱担当相が辞任。マイケル・ゴーヴ環境相も辞任する見通しと伝えられている。 BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長によると、ゴーヴ氏はメイ首相からEU離脱担当相への就任を打診されたものの、首相が合意案の再交渉を許さない構えだったため、辞退したという。 前任のラーブ氏は合意案に「致命的な欠点」があるとして辞任した。 一方、メイ首相はこの案が「国民投票で国民が選んだことを実現する」ものだと強調している。 しかし15日の議会では保守党議員から、合意案は「死に体」で議員の支持は得られないと指摘された。この日の質疑は3時間近く続き、厳しい質問が飛び交った。 <関連記事> 英内閣、ブレグジット合意案を承認 EU離脱相は辞任表明 前外相の弟の英閣僚、ブレグジット交渉に反発し辞任 閣僚6人目 英前財務相、EU離脱投票の引き金になった過ちを「後悔」と メイ首相は16日午前、LBCラジオに出演し、視聴者からの質問に答える予定。 15日にゴーヴ氏の進退について質問されたメイ首相は、ゴーヴ氏は「環境省ですばらしい仕事をした」と答え、「まだ新しいEU離脱担当相を指名していないが、近いうちに指名する」と述べた。 ゴーヴ氏は2016年の国民投票でEU離脱派の中心人物だった。EU離脱担当相の打診に対しては、合意案に変更の余地があるなら受けると述べたものの、メイ首相は明確にそれを否定したため、就任を辞退したという。 この合意案をめぐってはラーブ氏に加え、エスター・マクヴェイ雇用・年金相も辞任した。 さらに、離脱派のジェイコブ・リース=モグ議員をはじめとする一部の保守党議員が、党の1922年委員会の委員長に首相不信任の書簡を提出した。書簡が48通に達すると、保守党議員による不信任案投票が行われる。 またクンスバーグ政治編集長によると、一部の閣僚らも、メイ氏に合意案の一部を変更させる手段を模索しているという。 与野党からの反発 離脱合意には、ブレグジット後の市民の権利や、2019年3月29日のブレグジット後に設けられた21カ月の移行期間、英国がEUに支払う390億ポンド(約5兆7800億円)もの「清算金」などに言及している。最も議論の的となった、アイルランドと英国・北アイルランドの国境をめぐる「バックストップ(防御策)」も示された。 メイ首相は15日、首相官邸での記者会見で「私が定めた道筋は、我々の国と国民全てにとって正しいものだと全身全霊を持って信じている」と強調した。 「リーダーシップとは簡単な決定ではなく、正しい決定を下すことだ」 メイ氏は合意案をまとめるための妥協に不満が出ているのは承知だと話した上で、この案は「国民投票で国民が選んだことを実現するもので、国益にかなうもの」だと述べ、「最後まで見届ける」と約束した。 しかし野党第一党・労働党のジェレミー・コービン党首はメイ首相に対し、「EU離脱相とその前任者が拒否した中途半端な合意案を議会で通すことは不可能だ」と述べた。 野党・自由民主党のサー・ヴィンス・ケーブル党首は、首相が現実から目を背けていると批判。「本当の選択肢は『ブレグジット中止』だと、首相自身が正しく結論した」と述べた。 与党・保守党議員からも、下院での支持は得られないと警告の声が挙がった。 保守党のマーク・フランソワ議員は、労働党だけでなく、スコットランド国民党や自由民主党、メイ首相と閣外協力する民主統一党(DUP)もこの案に反対票を投じる予定で、保守党からも80人以上が造反すると指摘。「この合意案を下院で可決するのは数学的に不可能だ」と述べ、合意案は「死に体」だと述べた。 こうした声に対しメイ首相は記者会見で、「英国民は私たちに、さっさと前に進めと求めている。その時に(合意案を破棄すれば)深刻な不安に満ちた道を選ぶことになる」と述べた。 合意案可決の見通しは 合意案を可決するには、メイ首相は下院の過半数に当たる320票を集めなくてはならない。 与党・保守党の議席は316議席と過半数に足りず、法案可決には閣外協力するDUPの10議席が必要となる。しかしBBCの調査によると、DUPは今回、合意案を支持しないもようだ。 さらに離脱強硬派や、2度目の国民投票を求めているEU残留派など70人弱の保守党議員も合意案を支持しない構えで、メイ首相が確保できるのは約250票とみられている。 労働党から造反者が出たとしても、320票に達するのは難しいとの見方が大半だ。 <分析>――ローラ・クンスバーグBBC政治編集長 政府は、少なくとも今日は、制御不可能な出来事に翻ろうされていた。 メイ首相の強硬姿勢も、深い深い問題を打ち消すことはできなかった。 党内で反乱が起き、閣僚たちが辞任し、メイ首相の不信任までほのめかされる中、我々はまだ、ブレグジットが予定通り行われるのかを知ることすらできない状態だ。 これから数日は、英政界に強風が吹き荒れるだろう。もしかしたら政府を吹き飛ばすほどの嵐になるかもしれない。 (英語記事 May defiant as Gove considers quitting)

  • Thumbnail

    記事

    水族館のシロイルカ アイスランドに初の「引退後の住みか」

    2018年11月15日 17:17 公開 英国の娯楽施設運営マーリン・エンターテインメンツは、水族館に閉じ込められたシロイルカをこのままにするつもりはないと述べていた。 2012年に同社が買い取った中国・上海の水族館では、2頭のシロイルカがショーに出演していたが、 マーリンは長らく、この2頭をより自然の住みかに帰すとしつつ、その場所が見つからないとしていた――しかし、それがついに決まったようだ。

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット交渉、これでもう決着? それともまだ何か

    2018年11月15日 16:43 公開 テリーザ・メイ英首相は14日夜、英国と欧州連合(EU)が合意したブレグジット(英国のEU離脱)をめぐる合意案を、内閣が承認したと発表した。 さあ、これでついに決着でいよいよ離脱……というわけには、まだいかないようだ。 レイラ・ナスー政治担当編集委員が解説する。

  • Thumbnail

    記事

    米政府、大統領副補佐官を解任 メラニア夫人との衝突で

    2018年11月15日 14:30 公開 米政府は14日、ミラ・リカーデル大統領副補佐官(国家安全保障担当)を解任した。リカーデル氏はメラニア・トランプ大統領夫人と衝突していた。 ホワイトハウスのサラ・サンダース大統領報道官は、リカーデル氏は「ホワイトハウスから離れるが、政権内の別の役職に就く」と説明したものの、詳細は明らかにしなかった。 メラニア夫人は今週、リカーデル氏は「もはやホワイトハウスで働く名誉に値しない」とツイートしていた。メラニア夫人とリカーデル氏は、10月のアフリカ訪問時に衝突したという。 リカーデル氏の解任は、ドナルド・トランプ大統領がホワイトハウスの閣僚入れ替えを検討しているとの報道の最中に行われた。 報道では、トランプ氏はジョン・ケリー大統領首席補佐官やカーステン・ニールセン国土安全保障長官の解任を準備していると伝えられている。 メラニア夫人とリカーデル氏の衝突とは? サンダース報道官はリカーデル氏の解任を発表した際、リカーデル氏は「今後も大統領を支援する」と付け加えた。 米メディアによると、メラニア夫人とリカーデル氏は今週初め、飛行機の座席について口論した。 メラニア夫人はアフリカ訪問の際に珍しく個別インタビューに応じ、ホワイトハウス内に信用していない人物がいるとABCニュースに話していた。 その上で、夫人は自分が大統領に「私の素直な意見と助言」を提供し、そして「大統領は自分がやりたいようにしている」と語った。 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、メラニア夫人とその側近たちは、夫人とスタッフに関する「否定的な報道」についてリカーデル氏の関与を確信していたという。 同紙はさらに、リカーデル氏がジェイムズ・マティス国防長官とも「人事や政策の違い」で何度も衝突していたと伝えている。 リカーデル氏は米政府で何十年も職務経験があり、商務省からジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)に引き抜かれた。 ジョージ・W・ブッシュ政権では国防総省で働いていたほか、共和党のボブ・ドール上院議員が上院の与党院内総務だった際には、ドール氏の下で働いていた。 (英語記事 White House aide removed after Melania row)

  • Thumbnail

    記事

    日本の米資本ホテル、キューバ大使の滞在を拒否 制裁抵触恐れ

    2018年11月15日 14:13 公開 日本の福岡にある米資本のホテルが、対キューバ制裁に抵触するとして駐日キューバ大使の滞在を拒否したことで、日本当局から批判されている。 米ヒルトンホテル傘下の「ヒルトン福岡シーホーク」は先月、カルロス・ペレリア大使にキューバ政府関係者を泊めることはできないと伝え、キューバ側から苦情が出ていた。 福岡市当局はホテルに対し、国籍で宿泊を拒否するのは旅館業法に違反しているとして行政指導した。 朝日新聞によると、キューバ大使館は旅行代理店を通じてホテルを予約した。この旅行代理店は、宿泊する大使の身元を伝えられていた。 しかし、ペレイラ氏がプロ野球・福岡ソフトバンクホークスに所属するキューバ人選手を訪問した際、ホテル側から滞在を拒否された。 これについてキューバ側は、日本で米国法を適用することは日本の主権を侵害していると指摘している。 一方、ヒルトンホテルの日本代表は共同通信に対し、米国企業として本国の法律を順守したと説明した。 2006年には、米資本のシェラトンホテルが、メキシコシティーのホテルからキューバの代表団16人を追い出したとしてメキシコ当局から罰金を言い渡されている。 2007年にも、ヒルトンホテルが買収したノルウェーのホテル「スダンディック・エッダーコッペン」が、キューバ政府関係者14人の宿泊を拒否した。 当時ノルウェー外務次官だったレイモンド・ヨハンセン氏はロイター通信に対し、「これは全く受け入れられない事態だ」と話していた。 2016年にバラク・オバマ前大統領の下で米国とキューバの国交が改善されたことを受け、米ホテル大手スターウッドはキューバでの2軒のホテル運営契約を交わした。米紙ニューヨーク・タイムズによると、この2軒はキューバの国営企業が管理していたという。 しかしその後、ドナルド・トランプ大統領が対キューバ政策を厳格化。キューバを訪れる米国民に対し、国営ホテルや軍とつながりのあるレストランなどを利用することを禁止した。 (英語記事 US hotel in Japan refuses Cuba ambassador)

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット合意案は「決定的」前進=EU首席交渉官

    2018年11月15日 13:30 公開 ブレグジット(英国のEU離脱)に関する合意案が13日にまとまり、14日に英内閣の承認を受けたことについて、この問題の欧州連合(EU)側首席交渉官ミシェル・バルニエ氏は14日、ブレグジットの最終合意に向けた「決定的な」進展があったと述べた。 14日に公表された585ページに及ぶ合意案が、「交渉妥結に向けた不可欠の一歩」だとバルニエ氏は話した。 また同氏は、英国とアイルランド間に厳格な国境管理が復活しないようにする対策も合意案に盛り込まれたと語った。 バルニエ氏の発言は、合意案が閣議承認を得たという14日夜のテリーザ・メイ英首相の発表を受けたもの。 英政府は秩序あるブレグジットに向けて「不可欠の一歩」を選んだが、他のEU加盟27国の指導者も今後、合意案について賛否を決めなくてはならない。 <関連記事> 英内閣、ブレグジット合意案を承認 国内では反発も ブレグジット合意の草案まとまる 英内閣での承認が焦点 前外相の弟の英閣僚、ブレグジット交渉に反発し辞任 閣僚6人目 メイ首相、EU離脱に向けビジネス協議会を設置 財界トップらが参加 英内閣は離脱合意案を承認したが、メイ首相は次に英議会の同意を取り付けなくてはならない。 合意案に対するバルニエ発言 2019年3月末のEU離脱に向けて英国が準備を進める中、離脱合意案はいわゆる「離婚」に伴う諸問題を取り上げている。合意案には英国が支払う「和解金」についての取り決めも含まれる。この和解金は約390億ポンド(約5兆7580億円)になるとみられる。 EU本部のあるベルギー・ブリュッセルで記者会見したバルニエ氏は、「離婚」における大きな懸念点となっているアイルランドとの「厳格な国境」問題について説明した。 北アイルランドとアイルランド共和国間の国境で、モノやインフラに物理的な審査が必要になるのを避けるため、EUは貿易協定の合意に向けて英国と協働する。ただし、合意交渉が失敗した場合、「バックストップ(防御策)」と呼ばれる対策が導入される予定。 代替処置を考え出し、バックストップ導入を不要にするため、英・EU双方が解決を模索している。 バルニエ氏は、「2020年までに我々が代案を準備できない場合、準備期間を延長もできるので、そうすればさらに時間が得られる。もし延長後の期限内でも合意に至らなければ、バックストップ合意が発効する」と述べた。 「英国全土は単一関税の地域となり、その中には北アイルランドも残る。また、北アイルランドは単一市場の規則に従い続ける。このことは農業政策を含めた国境管理の排除に極めて重要だ」 英国とEUの未来における永続的関係の実現を容易にするための移行期間は、これまで21カ月と設定されてきた。しかし、今回の離脱合意案では、この移行期間は双方が合意すれば延長も可能だと規定している。 バルニエ氏は、いかなる延長も一度限りの「期間限定で、双方が合意する」ものになると述べた。 合意案が、欧州からの英国の「離婚」で生まれる結果について「法的確実性」をもたらすともバルニエ氏は語った。 英領のジブラルタルとキプロス島の一部にも、特別な協定が結ばれる。協定はそこで暮らす住民が「今しているのと同じように生活を続けられる」ようにするものだとバルニエ氏は付け加えた。 同氏は合意案は進展の証だとした一方で、「やるべきことはまだある」とも指摘した。 他の欧州各国首脳の反応は 欧州議会で離脱交渉を担当するヒー・フェルホフスタット氏は、合意案が「市民の権利保護と、アイルランドの厳格な国境管理の排除」をもたらすものだとして、合意案承認の知らせを歓迎した。 フェルホフスタット氏は声明で、「英国がいつかEUに戻ることを希望するが、その間、この合意案は緊密な関係を維持しつつも、ブレグジットを実現可能にする」 ジャン=クロード・ユンケル欧州委員長は14日夜、合意案を英内閣が承認したとのメイ氏の発表を受け、合意を締結するEUと英国間の会談を開くよう勧めるツイートを投稿した。 ユンケル委員長は欧州理事会のドナルド・トゥスク常任議長(EU大統領)に宛てた手紙の画像をツイッターに掲載。「英国のEUからの秩序だった離脱に向けた交渉が決定的な進捗を見せたことを確認するための、EU基本条約(リスボン条約)50条に基づく欧州理事会の開催を勧める手紙を、少し前にトゥスク氏に送った」と記した。 https://twitter.com/JunckerEU/status/1062797384906891265 フィンランドのユハ・シピラ首相は14日、この日の進展は重要なものだが、「最終合意に向けて英・EU双方の決定がさらに必要だ」とするツイートを投稿した。 オーストリアのセバスティアン・クルツ首相は、「とても嬉しく思った」と述べ、「この結果はいいものだ」と付け加えた。 ブレグジット合意を締結する会談を開く時期の決定権を持つトゥスク常任議長の事務所によると、トゥスク氏は現地時間15日朝(日本時間同日夕)にバルニエ氏と共に記者発表する予定という。 (英語記事 Brexit: Draft agreement a 'decisive' step forward, says Barnier)

  • Thumbnail

    記事

    「連合王国にとって最善」 メイ首相、ブレグジット合意の閣議承認を発表

    2018年11月15日 13:17 公開 テリーザ・メイ英首相は14日夜、5時間におよぶ特別閣議の末、首相官邸前で報道陣の前に立ち、英政府と欧州連合(EU)が合意した離脱合意案を、内閣が了承したと発表した。 メイ首相は、合意案が「交渉可能な最善のもの」だと思うと述べた。

  • Thumbnail

    記事

    英内閣、ブレグジット合意案を承認 EU離脱相は辞任表明

    解説:バックストップとは? 前外相の弟の英閣僚、ブレグジット交渉に反発し辞任 閣僚6人目 BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長は、「内閣は全体としての立場を決めたが、もちろん全会一致ではなかった。9人の閣僚が草案に反対したと聞いている」とツイートしていた。 https://twitter.com/bbclaurak/status/1062808445395574790 前夜のメイ首相は 14日夜に首相官邸前で報道陣を前にしたメイ首相は、合意案は「英政府担当者による何千時間にもの厳しい交渉の成果」だと語った。 また、この合意が「英国全体にとって最も利益となる決定的な選択」だと信じていると話し、「詳細を取り除けば、我々の目の前にある選択肢は明確だ」と述べた。 「この合意は国民投票の結果を実現し、自分たちの金と法律、国境を自分たちで決める権利を取り返し、自由な移動を終わらせ、雇用と安全保障、そしてこの国の連合を守るものだ。(選択肢は)この合意か、合意なしでの離脱か、ブレグジットをやめるかだった」 閣議承認を受け、英政府は585ページにおよぶ離脱合意草案のほか、英国とEUの将来の関係についての概要を公表した。 合意案の内容は? 合意案では、離脱をめぐる諸問題への対処が示された。これにはまず、在英EU市民と在EU英国市民の居住や雇用、学問の権利保障などが含まれる。 また、2019年3月の離脱移行に設けられる21カ月の移行期間や、英国がEUに支払う350億~390億ポンド(約5兆1600億~5兆7500億円)の「清算金」についても言及がある。 交渉で最も難航したのは、アイルランドと英国・北アイルランドの出入国・通関手続きを復活させないための「バックストップ(防御策)」だった。バックストップは、今後協議される英・EU通商協定でこの問題が決着しなかった場合に適用される。 英国とEUは今回、別の対策案が出てきた場合はバックストップは使わないことで一致した。 バルニエ首席交渉官は記者会見で、もし2020年7月までにこの問題が決着しなければ移行期間を延長する可能性があると説明。それでも解決しなかった場合には、バックストップが「適用される」と述べた。 バックストップでは、英・EUの共同「単一関税区域」を設けることで、国境での税関を不要とするという。 バルニエ氏は、北アイルランドがEUの単一市場のルールに則することは「厳しい国境管理を避けるのに必須」だとした上で、このバックストップ案は英国の提案を基にしていると付け加えた。 英国内の反応は? 最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、「英国全土の要求を満たしていない」として、合意案が国益にかなっているとは思えないと話した。 労働党は、15日の議会で合意草案への賛否を発表するとしている。 与党・保守党内からも、英国がブレグジット後もEUのルールに縛られてしまうとの怒りの声があがっている。 ある保守党幹部はBBCに対し、15日にもメイ首相に対する不信任案を提出する可能性があると話した。 一方、リース=モグ下院議員はBBCラジオ5に出演し、合意案は英国をEUの関税同盟にとどめ、国内を「分裂」させる「腐敗した取引」だと批判した。リース=モグ氏は先に、議員らに草案に反対票を投じるよう訴える書簡を提出している。 メイ首相は内閣の承認を取り付けたものの、次は議会でこの合意案を可決させる必要がある。 メイ政権と閣外協力する北アイルランドの民主統一党(DUP)は、野党と共に合意案を批判する立場を取っている。 DUPの幹部は合意案の内容が公表されたあと、首相官邸で1時間にわたって協議を行った。 また、スコットランドのニコラ・スタージョン自治政府首相は、「この草案はスコットランドにとって良くないものだ。英国の8倍もの規模の単一市場から引き離され、雇用や投資、生活す準を脅かす」と話した。 スタージョン氏はツイッターに、「首相と電話で会談した。首相はスコットランド『特有』の利益は守られたと言おうとしていた。私は、合意はスコットランドについて一言も触れていないし、我々の利益を軽視して、スコットランドを競争面で圧倒的な不利な立場に置いたと指摘した」と投稿した。 https://twitter.com/NicolaSturgeon/status/1062829567235252225 今後の展開は? メイ首相は15日の議会で確実に、議員から厳しい質問攻めに遭うだろう。 一方、EU側は交渉で「決定的な進歩」があったとしている。 英内閣での承認は、11月末にも開催される予定のEU加盟国の特別首脳会議(サミット)で離脱合意を承認するための試金石だった。 EUサミットでの承認後、英政府は合意案を下院に持ち帰り、年内にも投票によって可否を問う。否決された場合、政府は代替案を示すために21日間の猶予が与えられる。 一方、合意案が可決されれば、これを元にした「EU離脱合意法案」が策定され、再び議会で可否が問われる。 可決されると合意案は欧州議会と理事会に送られる。それぞれでの承認を経て晴れて合意が最終決定され、ブレグジットを迎えることができる。 一方、英国議会で合意案や法案が否決された場合には、そのまま合意なしの離脱となるか、再交渉に入る可能性がある。また、メイ首相が辞任した上での総選挙や、2度目の国民投票が行われることも考えられる。 (英語記事 Cabinet backs draft Brexit agreement)

  • Thumbnail

    記事

    【フェイクニュースを超えて】言ってないことを言わされる? 顔面マッピング技術の功罪

    ために設計された。 しかし、動画を加工して誰かをだますなど、悪用の余地がたくさんある技術でもある。 BBCのアモル・ラジャン・メディア編集長が顔面マッピング技術の利益と危険性を調査し、自ら試してみた。 この動画は偽の情報やフェイクニュースなど、我々の情報共有や世界を見る視点に関する世界的な問題を取り上げたシリーズの一部です。

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、マクロン氏を終戦式典直後に攻撃 フランスはトランプ氏を「品性」に欠けると批判

    TOに敵対するものではなく、むしろ良い、そして無駄のない、補完になると主張した。 ベルリンで取材するBBCのジェニー・ヒル特派員は、マクロン氏の欧州軍構想を支持するメルケル氏の決定が、トランプ氏を激怒させた可能性が高いと伝えている。 第1次世界大戦の終戦記念式典では、フランスとドイツの和解が主要テーマとなったとなり、仏独両首脳マクロン氏とメルケル氏が肩を並べ、身を寄せ合う姿が繰り返し見られた。 こうした仏独協力を嘲笑するかのようなトランプ氏の連続ツイートに対して、マクロン氏は13日、報道陣に対して、「大事なのは米軍をどうするかだ」と述べた。 今年4月にシリアで米英仏がシリアで「見事に調整された」合同作戦を実施したことをマクロン氏は指摘し、「米国とはきわめて確かな作戦を一緒に実施していく」と強調した。 マクロン氏はさらに同日、テレビのインタビューで、「米国は歴史的な同盟国で今後もそれは続く。しかし、同盟することと属国になることは違う」と述べた。 ワインも話題に トランプ氏は、ワインについてもフランスを非難した。フランスが、自国内での米国産ワイン販売を難しくしているという。 「貿易では、フランスは素晴らしいワインを作っているが、それは米国も同じだ。問題は、フランスは米国に対し、フランス国内での米国産ワインの販売を非常に困難にし、大きな関税をかけているということだ。米国はフランスワインを売りやすくし、非常に小さな関税しかかけていないのに。不公平だ、変えなければならない!」とトランプ氏はツイートした。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1062331024426913792 仏大統領府の匿名情報筋はメディア各社に対し、トランプ氏が国内の聴衆を明確に狙ったツイートには、大統領府はコメントしないと述べた。 「トランプのツイートは、米国人を対象としている」と情報筋は話した。「そうでなければ、英語で書いたりしないだろう。大統領が自国民を対象にした内容には、我々はコメントしない」。 トランプ氏とマクロン氏の関係は、常にここまで悪かったわけではない。一時は、ありそうもない「ブロマンス」(男性同士のロマンスにも似た熱い友情)との声まで出ていた。 戦没者墓地を欠席した余波 10日に予定されていた、パリ近郊のベローにある米国人戦没者墓地への訪問を、雨を理由に中止したことで、トランプ氏はツイッター上で広く批判された。 仏陸軍は、雨の中で鉄条網の下をはってくぐる兵士の写真を、「雨だけど問題ない」と書いてツイート。これは、トランプ氏の式典欠席をからかったものを受け止められているが、陸軍は後に、単に訓練についてツイートしただけだと説明した。 https://twitter.com/armeedeterre/status/1061908742999027712 戦時中の英首相サー・ウィンストン・チャーチルの孫で英下院議員のサー・ニコラス・ソームズは、、「兵士たちは敵に正面から立ち向かい、死んでいった。あのみっともない、役立たずのドナルド・トランプは、戦没者を追悼するのに天気にすら立ち向かえない」と痛烈に批判。「彼は偉大な国を代表する資格がない」というタグを付けてツイートした。 https://twitter.com/NSoames/status/1061270124404113408 トランプ大統領は13日、墓地を訪れなかった理由についてツイッターで説明。また、11日にあった式典には、雨にもかかわらず参加したと指摘した。 トランプ氏は、「ところで、ほとんど視界がなかったため、フランスの第一墓地へのヘリコプターは飛べなかった。僕は来るまで行くことを提案したが、警護部隊の答えはいいえだった。空港から遠すぎ、パリでは大規模な閉鎖があったからだ。次の日には、米国人墓地で雨が降る中演説した!報道はほとんどなかった。フェイクニュースだ!」とツイートした。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1062371844836261891 <解説>トランプ氏を苛立たせたものとは?――ヒュー・スコフィールド BBCニュース(パリ) フランス人なら、こんな風に聞くかもしれない。Quelle mouche a piqué Donald Trump(どんなハエがドナルド・トランプをかんだのだ)? なぜトランプ氏は突然、フランスを罵倒しまくっているのか。 恐らく、エマニュエル・マクロンのご高説で槍玉に挙げられるのがいやなのだろう。 マクロン大統領は11日の終戦記念式典で、得意な弁舌をふるった。目の前に座っていたトランプ氏を主な標的にして。 マクロン氏は演説で、愛国主義(良いもの)と国家主義(悪いもの)の間に区別をつけようとした。愛国主義は、第1次世界大戦における自己犠牲のきっかけとなった。一方で、国家主義はドナルド・トランプを動かすものだと、マクロン氏はそう示唆した。 トランプ氏に言わせると、この線引きは間違っている。国家主義と愛国主義は本質的に同じだとトランプ氏は考えている。そしてツイートでトランプ氏は、フランス人は実際のところ国家主義者で、それを誇るべきだと、逆にマクロン氏を攻撃した。 言葉は、それを使う人間が意図する通りの意味を持つ。愛国主義はマクロン氏にとって良い言葉だ。マクロン氏の考えでは、愛国主義者は基本的価値のために戦うのであり、「正しかろうが間違っていようが、自分の国は自分の国」だから国のために戦うのではない。トランプ氏はきっと、この発想を偽善的なでたらめだと考えるだろう。 (英語記事 Trump mocks French leader Macron after Armistice Day visit)

  • Thumbnail

    記事

    イエメン内戦、転換点に 人道危機はいっそう悪化の恐れ

    2018年11月14日 18:30 公開 甚大な人道被害を引き起こしているイエメンの内戦は、重大な転換点に差し掛かっている。しかし国連は、飢える国民の危機的状況はさらに悪化するかもしれないと警告する。

  • Thumbnail

    記事

    ヒトラーはユダヤ系少女と仲良しだった……写真競売に

    2018年11月14日 15:51 公開 にっこり楽しそうに笑う女の子を、男性が抱きかかえている。男性も嬉しそうに笑っている。一見すると、素晴らしく幸せな写真だ。 写っている男性が、アドルフ・ヒトラーでさえなければ。そして、女の子がユダヤ系でなければ。 ヒトラー率いるナチスはユダヤ人を迫害し、後にユダヤ人600万人の大虐殺を遂行した。それにもかかわらずヒトラーは、ローザ・ベルニール・ニナウさんとの友情を大事にしていた。5年後にナチス高官が介入して、やめさせるまでは。 2人の関係を1933年に記録した珍しい署名入りの写真は、米国でオークションにかけられることになった。 写真は、ヒトラー専属の写真家ハインリヒ・ホフマンが撮影したもの。米メリーランド州の競売業者アレクサンダー・ヒストリカル・オークションは、13日に始まった競売では1万ドル(約110万円)ほどの値がつくだろうと予測している。 「サイン入りのものが表に出てきたことはなかった」と、同社のビル・パナゴプロス氏は英紙デイリーメール電子版に話している。 「ヒトラーはプロパガンダ目的で、しょっちゅう子供と一緒に写真を撮った。しかし、この作品は衝撃的だ。ヒトラーは本心からこの女の子に、親近感を抱いていたようなので。愕然とした」 「ヒトラーの恋人」 ヒトラーと女の子は、誕生日が同じだった。それが出会いのきっかけだった。 競売サイトによると、ローザさんは1933年、母親のカロリーネさんと一緒に、アルプスにあったヒトラーの別荘ベルクホーフを訪れた。別荘の外には、ナチス総統の誕生日を祝う大勢が集まっていた。 ローザさんの誕生日が自分と同じだと知ったヒトラーは、ローザさんと母親を別荘に招き入れたとされている。写真はそのとき撮られたという。 それからまもなくして、カロリーネさんの母親がユダヤ人だったことが判明する。ナチスにとっては、ローザさんもユダヤ人ということになった。 しかしそれでも、ヒトラーは少女との友情を終わらせなかった。一緒に撮った写真は、サインをして送っている。 「親愛なる、そして(思いやりのある?)ローザ・ニナウへ、アドルフ・ヒトラー、ミュンヘン、1933年6月16日」と、ヒトラーは書いた。 ローザさんは後に、この白黒写真に自分で花を足しているようだ。 ローザさんは1935〜1938年の間に、少なくとも17回にわたりヒトラーと側近のヴィルヘルム・ブリュックナーに宛てて手紙を書いた。ヒトラーの個人秘書マルティン・ボルマンが、ローザさんと母親(ローザさんの父親は死亡していた)に連絡を控えるよう命令するまで続いた。 部下のこの命令を、ヒトラーは気に入らなかったようだと写真家のホフマンは後に書いた。 ホフマンは1955年に発表した回顧録「Hitler Was My Friend(ヒトラーは友達だった)」で、「私のあらゆる楽しみを台無しにするのが本当にうまい連中がいる」とヒトラーが自分にぼやいたのだと書いている。 ホフマンはさらに同書に、「ヒトラーの恋人」とキャプションをつけて、2人の別の写真を掲載。「ベルクホーフで少女に会えるのをヒトラーは楽しみにしていた。しかしそれは、お節介な誰かが、少女が純粋なアーリア人の血統でないと発見したため、終わってしまった」のだという。 ボルマンが、ヒトラーと少女の接触をやめさせた翌年、第2次世界大戦が勃発した。6年後の終戦までに、ユダヤ人600万人が死んだ。 ローザさんも戦争を生き抜くことはなかった。ポリオにかかり、ヒトラーと初めて会った10年後の1943年、17歳でミュンヘンの病院で亡くなった。 (英語記事 Remarkable tale of Hitler's young Jewish friend)

  • Thumbnail

    記事

    【フェイクニュースを超えて】SNSのデマから集団リンチ、インドで起きた悲劇

    2018年11月14日 14:37 公開 この動画には不快に感じる描写が含まれます スマートフォンの普及で、数百万人ものインド国民がソーシャルメディアでコミュニケーションし、メッセージを共有できるようになった。 しかし誤った情報があっという間に広まるため、命に関わる事態に発展する場合もある。これはそうした悲劇のひとつだ。 この動画は偽の情報やフェイクニュースなど、我々の情報共有や世界を見る視点に関する世界的な問題を取り上げたシリーズの一部です。

  • Thumbnail

    記事

    ブレグジット合意の草案まとまる 英内閣での承認が焦点

    に草案の承認を求める予定。 また、首相官邸で閣僚1人ひとりと面談し、合意草案について協議している。 BBCのローラ・クンスバーグ政治担当編集長によると、アイルランド国境に出入国審査を導入しないよう、合意草案には英国全土での関税「バックストップ(防御策)」が取り入れられている。 英国・北アイルランドに限ったバックストップは導入されないものの、英国全土のバックストップの中に北アイルランドだけの特別条件が含まれるかどうかは定かではないという。 アイルランドと北アイルランドの国境をめぐる「バックストップ」については、保守党内の離脱派やメイ政権と閣外協力する北アイルランドの民主統一党(DUP)から懸念の声も挙がり、離脱交渉の中で最も物議をかもした論点となった。 交渉がまとまったとの一報を受け、ポンド相場は対ドル、対ユーロで急上昇した。しかし内閣と英議会がまだ承認していないため、アナリストらはこの効果は持続しないかもしれないと警告している。 EUは14日にも情勢を「検討する」としている。また、アイルランド政府は交渉は「まだ続いており、まとまったわけではない」と述べた。 ボリス・ジョンソン前外相やジェイコブ・リース=モグ下院議員など保守党の離脱推進派は、合意草案の概要と報じられた内容に対し、英国をEUの支配下に置くものだとしてただちに批判した。 DUPも、草案は「非常に、非常に受け入れがたいものだ」としている。 一方、保守党のジュリアン・スミス下院院内幹事長は、草案が下院で可決される「確信」があると話した。クリス・グレイリング運輸相も、14日に内閣が草案を承認するまでは「少し落ち着くべき」だと訴えた。 英国とEUは、11月末に加盟国首脳会議を開き、合意をとりまとめたい考えだ。 合意草案の内容は? 合意草案の詳細は公表されていないため、細目は判明していない。 しかし、500ページにおよぶ離脱合意に加え、英国とEUの将来の関係についても概要が説明されているという。 離脱合意には、ここ数週間の交渉難航の原因だった北アイルランド国境問題について、具体的な出入国審査をいかに確実に避けるかの方法が示されている。 一部の離脱派は、この合意によって英国が今後数年間、摩擦のない国境を維持するためにEUの通商ルールに縛られるのではないかと懸念している。 離脱合意はこのほか、ブレグジット後の市民の権利や、2019年3月29日のブレグジット後に設けられた21カ月の移行期間、英国がEUに支払う390億ポンド(約5兆7800億円)もの「清算金」などにも言及する。 一方、英国とEUの長期的な通商協定はまだまとまっていないため、将来の関係についての言及は離脱合意に比べかなり短くなるとみられる。 英首相官邸は、閣僚らは「交渉チームがEU側とまとめた合意草案を検討し、次の段階を決定する」ための特別会議に招集されていると説明した。 閣僚らは会議の前に関係「書類」に目を通すことができるという。 <関連記事> メイ首相、EU離脱に向けビジネス協議会を設置 財界トップらが参加 英前財務相、EU離脱投票の引き金になった過ちを「後悔」と 「科学には人と資金の自由な移動が必要」 ノーベル賞学者らがブレグジット懸念 草案に反対しているのは? 9日に辞任したジョー・ジョンソン前運輸担当閣外相は、草案では英国が関税同盟および単一市場の「大部分」にとどまってしまうと述べた。 ジョンソン氏はBBCに、「民主主義を信じる人には全く受け入れられないものだ」と語り、下院では反対票を投じると話した。 リース=モグ議員は、この合意内容では英国が「属国」になり、北アイルランドは「アイルランド政府に統治されて」しまうと警告した。 BBCの報道番組「ニュースナイト」に出演したリース=モグ氏は、メイ首相に対する不信任案は求めていないとしたものの、「政策と個人があまりに緊密に結び付いていると、この政策を推進している人物を支持し続けるのは非常に難しい」と話した。 さらに草案については、「政府の交渉上の立場と、ブレグジット推進の失敗だ」と語った。 https://twitter.com/BBCPolitics/status/1062397090326867969 最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、「交渉の乱雑さを鑑みると、この合意は英国にとって良いものではないだろう」と話した。 また、親EU派のジャスティーン・グリーニング議員(保守党)は、この合意で英国の影響力は薄れ、信用も損なわれると指摘した。 EU離脱をめぐる2度目の国民投票を求める13日の集会に参加したグリーニング氏は、「この合意がいかに良くないか、分からない人が保守党内にいるとしても、それ以外の地球上の全員は分かるはずだ」と話した。 議事堂内のウェストミンスター・ホールで開かれたこの集会に参加したジョンソン氏は、閣僚らは「良心の奥深くを見つめて」この草案を承認するかを考えていると話した。 「幹事たちは議会中であらゆる政党の議員に圧力を掛けるだろうから、(承認の是非を)予測するのは難しい」 閣僚らは下院での与野党からの圧力を受け、アイルランドとのバックストップ案やその他の賛否両論だった取り決めについての法的判断を議員に提供することに同意している。 デイビッド・リディングトン内閣府担当相は、合意草案に対する投票の前に、ジェフリー・コックス法相が議員らに説明と質疑応答の機会を設けると話した。 リディングトン氏は、議員は「提出された離脱合意についての政府の政治的・法的立場を示した詳細かつ筋の通った報告」を見られるだろうと述べた。 <解説>EUからの視点――カティヤ・アドラーBBC欧州編集長 EUは13日は沈黙を貫いたが、何も起きていないわけではない。微妙な時期に黙っていることを好んでいるだけだ。 EUと英国の離脱交渉担当者は本当に、「相互理解」と説明するものに技術面で合意に至ったようだ。 しかし、これで合意成立ではない。あらゆる人が英内閣に注目している。もし閣僚らが草案を拒否すれば、交渉がまた始まることになる。 英内閣が草案を承認した場合、欧州委員会は15日に予定されるEU加盟27カ国の会議で、各国大使にブレグジット交渉で決定的な進捗(しんちょく)があったと伝えるだろう。つまり、2週間以内にメイ首相を含む首脳会議が開催されることになる。 それ以前に、加盟前27カ国と欧州議会も草案に目を通したがるだろうし、無批判では終わらないだろう。 (英語記事 Brexit text agreed in talks breakthrough)

  • Thumbnail

    記事

    米国のヘイトクライム、3年連続で増加=FBI

    2018年11月14日 13:20 公開 米連邦捜査局(FBI)は13日、2017年に米国で通報されたヘイトクライム(憎悪犯罪)の件数は前年比約17%増となり、3年連続で増加したと発表した。 FBIの犯罪統計によると、2017年に通報されたヘイトクライムは7175件だった。2016年のヘイトクライム件数は6121件だった。 最新統計は、全米1万6000カ所以上の捜査当局が、任意で報告した数字をまとめたもの。報告した当局の数が前年より約1000カ所増加しており、ヘイトクライムの通報件数が昨年から増加したのはこれが原因ではないかとFBIは話している。 報告書によると、黒人とユダヤ系米国人に対するヘイトクライムが特に増加した。 2017年に通報されたヘイトクライムのうち、アフリカ系米国人を標的にしたものは2013件、ユダヤ系米国人を狙ったものは938件だった。 マシュー・ウィテカー米司法長官代行は報告書を「対策要請」だとし、ヘイトクライムを「我々がアメリカ人として持つ核心的価値観に対する卑劣な侵害」と非難した。 報告書の内容 報告書によると、犯人が特定されたヘイトクライムの59.6%は、人種、民族、あるいは祖先に対する偏見が動機だった。 被害者の宗教が動機のヘイトクライムは全体の20.6%性的指向に対するヘイトクライムは15.8%だった。 FBIはヘイトクライムを「人種、宗教、障害、性的指向、民族、性、もしくは性自認について攻撃者が持つ偏見を、動機の全体あるいは一部とする、個人もしくは資産に向けられる犯罪行為」と定義している。 <関連記事> ユダヤ教徒追悼に「イエスの祈り」で副大統領に怒りの声 米ピッツバーグ乱射事件 トランプ氏、ピッツバーグ乱射現場を訪問 周りでは憎悪あおると抗議 2016年の米国でヘイトクライム増加 2年連続=FBI 2017年の統計では、通報されたヘイトクライムは7175件だった。また、関連する攻撃を含めると、合計で8437件のヘイトクライムが報告されている。 このうち約5000件が人間に対する脅迫もしくは暴力で、約3000件が器物破損や押し込み強盗を含む資産を対象にしたものだった。 シク教、ヒンドゥー教、アラブ人に対するヘイトクライムは、2015年以前には記録されていない。 ユダヤ系米国人に対するヘイトクライムは、2016年比で37%増と、目立った増加を見せた。 ユダヤ教は長い間、標的にされることが最も多い宗教となっており、ウィテカー司法長官代行も声明で言及した。 報告書の発表の約1カ月前には、ペンシルベニア州ピッツバーグのユダヤ教礼拝所(シナゴーグ)で銃乱射事件があり、礼拝していたユダヤ系米国人11人が殺害された。この事件はユダヤ教徒に対する犯罪として最も多くの死者を出した事件となった。容疑者はヘイトクライムに関する数十件の連邦法違反で訴追された。 アフリカ系米国人に対するヘイトクライムは2013件あり、前年から16%増加した。 ムスリム(イスラム教徒)の個人を標的としたヘイトクライムは、宗教を動機としたもののうち18.7%を占め、2016年から6ポイント減少した。 反応は 市民権擁護団体は、報告されたヘイトクライム件数は実際よりもかなり少ないと指摘する。被害にあった個人が名乗り出ない場合がある、捜査当局のいくつかが正確な統計を残していない、もしくは調査に参加していないのが理由という。 ユダヤ人団体、名誉毀損防止同盟(ADL)のジョナサン・グリーンブラット氏は報告書が、「アメリカで対立を生む憎悪の風潮への対策がもっと必要だというさらなる証拠を提供している」と述べた。 「対策は、あらゆる職業、社会のあらゆる部門の指導者が、反ユダヤ主義や偏狭や憎悪を、いかなる時でも直ちに力強く否定することから始まる」 市民権擁護団体の全米黒人地位向上協会(NAACP)は、報告書の内容が「衝撃的」で、「議会の十分な注目を要する」ものだと話した。 NAACPは13日、「これは衝撃的で、議会の十分な注目を要する。休会後初の本日の上院司法委員会の公聴会で議題にすべきは、このことではないのか。トランプ氏の選ぶ裁判官たちをさらにごり押しするのではなく。我々の生活が危うくなっている」とツイートした。 https://twitter.com/NAACP/status/1062386635294363648 イスラム教を信仰する市民の自由に関する擁護団体、米イスラム関係評議会(CAIR)シカゴ事務所は、「辺境さと憎悪の増加」に警鐘を鳴らした。 スフィアン・ソヘル副所長は声明で、「我々のうち最も弱い人々を標的にした憎悪事件の発生件数増加は、今年で3年目だ。2016年と2017年にかけてCAIRシカゴ事務所は、差別の発生が50パーセント増加したとの報告を受けた」と述べた。 「状況の改善が必要だ。改善しなくてはならない」 ウィテカー司法長官代行は声明で、「司法省の最優先事項は、アメリカにおける暴力犯罪を減少することだ。そして、ヘイトクライムは暴力犯罪だ」とした。 「司法省はすでに、こうした犯罪について大幅で積極的な対策をとっている。米国市民はその点、安心してほしい。我々は市民の権利を精力的かつ効果的に守っていくので、その点についても安心してほしい」とウィテカー氏は続けた。 (英語記事 FBI: Spike in US hate crimes for third year in a row)

  • Thumbnail

    記事

    初めての雪にピョンピョン、難民の子供たちエリトリアからカナダへ

    2018年11月14日 12:38 公開 戦禍などによる国内の混乱を逃れ、スーダンの難民キャンプで5年間暮らしたエリトリアの子供たちが、難民を受け入れているカナダ・トロントの一般家庭で、初めて雪を見た。 民間ボランティア団体「リップル難民計画」の広報担当、レベッカ・デイヴィースさんは、10日に撮影したビデオだと話している。 5人家族は今月初めにカナダに到着し、デイヴィースさん宅で暮らしている。 エリトリアは隣国エチオピアと今年7月、20年ぶりに和平に合意した。今年9月に国境が開いたのを機に、エリトリアから今まで以上に大勢が近隣諸国に脱出している。

  • Thumbnail

    記事

    「ピンク・レガシー」ダイヤ、世界最高額で落札

    2018年11月14日 11:36 公開 珍しいピンク色のダイヤモンドが13日、スイスで行われたオークションで1カラット当たりの最高額となる5030万スイスフラン(約57億円)で落札された。 質量19カラット弱の「ピンク・レガシー」は、ジュネーブで毎年行われるオークション「マグニフィセント・ジュウェルズ」で、米国の宝飾ブランド、ハリー・ウィンストンが落札した。 クリスティーズの欧州事業責任者によると、1カラット当たりの価格約260万ドル(約3億円)は、ピンク・ダイヤモンドについたものとして世界最高額となる。 オークション前の予想価格は3000〜5000万ドル(約34〜57億円)だったが、入札が始まるとわずか5分で落札された。 ハリー・ウィンストン社はダイヤの名前を「ウィンストン・ピンク・レガシー」に改名した。 このピンク・ダイヤモンドは、ダイヤモンド原石供給最大手デビアスを以前経営していた南アフリカの大富豪オッペンハイマー家が所有していたもの。クリスティーズの国際事業責任者ラウール・カダキア氏は「世界最高級のダイヤのひとつ」と評していた。 「この色は、1カラット未満のピンク・ダイヤモンドでなら見るかもしれない」とカダキア氏は述べ、「しかしこれは19カラット近くあり、最高のピンク色。信じられない」と続けた。 色は最高ランクの「ファンシー・ビビッド」に評価された。 長方形にカットされたダイヤは南アフリカの鉱山で約100年前に発掘された。クリスティーズによると1920年にカットされて以来、形はおそらく変更されていない。 クリスティーズはまた、「ファンシー・ビビッド」に評価されるピンク・ダイヤモンドで10カラット以上のものは、ないに等しいと強調した。 「ピンク・レガシー」の落札価格は、1カラット当たりの最高額記録を塗り替えた。 これまでの最高額は香港で2017年11月、8.41カラットのピンクダイヤモンドについた1776万8041ドル(約20億円)で、1カラット当たり210万ドル(約2億4000万円)だった。 (英語記事 Pink Legacy diamond sold for world record price)

  • Thumbnail

    記事

    米CNNがトランプ氏を提訴 ホワイトハウス特派員の入館許可証はく奪めぐり

    2018年11月14日 11:11 公開 米CNNは13日、ホワイトハウスが所属ジャーナリストの入館許可証を取り上げた件をめぐり、トランプ政権を提訴した。 トランプ政権は8日、CNNのホワイトハウス主任特派員のジム・アコスタ氏が記者会見中にトランプ氏と舌戦を繰り広げた後、アコスタ氏の入館許可証を取り上げた。 CNNは、これがアコスタ氏の憲法上の権利を侵害したと主張している。 ワシントン(コロンビア特別区)地方裁判所に提出された訴状によると、CNNはトランプ大統領のほか、ジョン・ケリー大統領首席補佐官とサラ・サンダース大統領報道官も訴えている。 CNNは声明で「ジムに入館証を返させるよう、政府への差止命令を、裁判所に請求する。同時に、恒久的な救済措置を裁判所に求めていく」と説明した。 「この訴訟はCNNとアコスタ記者に関するものだが、誰にでも起こり得ることだ。ホワイトハウスの行為を野放しにすれば、公職者を取材するあらゆる記者を萎縮(いしゅく)させる、危険な効果をもたらす」とCNNは批判している。 これに対してサンダース報道官はアコスタ氏の入館許可証はく奪について、許されない行動があったためと述べている。 サンダース氏は13日に声明で、CNNにはアコスタ記者だけでなく50人以上に入館手続きを迅速にする許可証を発行していると説明。「この記者が不当に、他の記者にマイクを譲るのを拒否したのはこれが初めてではない」と付け加えた。 声明ではさらに、「記者がこのような不適切でプロらしくない行動をとれば、ホワイトハウスは秩序だった公平な記者会見ができなくなる」と指摘した。 「(報道の自由を定めた)憲法修正第1条は、150人以上の記者がいる中でたった1人がマイクを独占しようとする場合には適用されない。この種の行動が監視されなければ、大統領やホワイトハウス職員、報道関係者の職務遂行が妨害される」とホワイトハウスは主張している。 サンダース報道官は8日の出来事の直後にツイッターで、ホワイトハウスのインターンの女性が記者会見中にアコスタ氏からマイクを取り上げようとしたことを指し、アコスタ氏が「職務を全うしようとした若い女性に手を上げた」と非難した。 報道官はさらに記者とインターンのやりとりをアップにした動画を公開したが、動画はスピードを変えるなどの加工が加えられたものとの疑いが複数の専門家から指摘されている。 これに対しアコスタ氏は、自分が女性に手を上げたというサンダース氏の主張は「うそだ」と反論。「ホワイトハウスから出てくるうそを信じないで。自分たちの自由を信じよう。みんな支援をありがとう。我々は引き下がらない」とツイートした。 https://twitter.com/Acosta/status/1060503703713669121 この出来事を受け、ホワイトハウス特派員協会はトランプ政権に対し、決定を取り下げるよう求めた。 (英語記事 CNN sues Trump over reporter's suspension)

  • Thumbnail

    記事

    メイ英首相、ブレグジット交渉は「最終局面に入った」

    に閣議で合意案の内容を説明する予定だが、一部閣僚は計画に修正を加えたいと考えているとみられている。 BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長は、保守党の一部や内閣には、メイ首相の交渉に対する「大きな不満」があると指摘している。 12日の夜にはリアム・フォックス国際貿易相の事務所に一部の閣僚が集まり、合意なしの離脱やアイルランド国境をめぐる「バックストップ(防御策)」問題について協議した。 メイ氏は2019年3月のEU離脱までに合意をまとめようとしているが、英国内とEU、双方から圧力をかけられている。 両陣営は11月末にEU加盟国首脳による特別会議を開いて離脱合意の調印を目指しているが、時間は足りなくなってきている。 EU側は、アイルランドと英国・北アイルランドの国境問題が解決するめどが立った場合だけ、首脳会議を開くとしている。 <関連記事> 合意なしブレグジット、国境で混乱も 英政府機関が代償を警告 EU、ブレグジット移行期間の延長に前向き 英国内では反対意見も ブレグジットめぐり「人民の投票」要求 数十万人がロンドンで行進 保守党には合意内容に不満を持つ下院議員もおり、議会を通らないだろうと警告している。 特に懸念されているのは、アイルランドとの国境に新たな管理体制を敷かずにどのように運用するかという問題だ。 離脱派の保守党議員が、ブレグジット後も英国がEU法に縛られてしまう可能性を危惧しているのに対し、残留派の保守党員もブレグジットの行方に不安を抱いている。 9日にはジョー・ジョンソン運輸担当閣外相が辞任。ブレグジットについて当初約束されていたことに対して、英政府の実際の提案は「目を見張るほど中身が及ばない」と述べ、新たな国民投票が必要だと訴えた。 「とにかくブレグジットを遂行する」 晩餐会での演説でメイ首相は、「我々の離脱をめぐる交渉は最終局面に入った」と話した。 「一晩中をかけて、離脱交渉で残っている問題を解決できるよう非常に勤勉に任務に当たっている。これはすばらしいことだ」 「英国とEU双方が合意したいと思っているが、交渉は極めて困難だ。それを敬遠はしていない」 メイ首相はさらに、「圧倒的多数の」英国民が政府に対して「とにかくブレグジットを遂行する」よう求めていると語った。 「英国民が国民投票で決めたことについて、私が妥協するつもりがないことを知ってほしい」 「ただ合意すればいいというわけではない」 英首相官邸はこの日、辞任したジョンソン前運輸担当閣外相の後任に、ジェス・ノーマン運輸政務官を指名していることを明らかにした。 <解説>遅延か決断か ――ローラ・クンスバーグ政治編集長 課題は何も変わっていないのに、なぜ英首相官邸は、もっと良い解決策がいきなり出てくると思うのか。閣僚経験者の1人は、「2足す2の答えは突然5になったりしない」と指摘している。 それに加え、交渉方法を変えたいという動きも出ている。これまでに閣僚3人がBBCに対し、メイ首相は自らの案を捨てるべきだと語った。このまま続けても提案は議会を通らず、内閣はみんなで壁に頭を打ち付けるはめになるというのだ。 閣僚の中には、メイ首相は交渉の席から退くべきだとまで言う人もいる。そのうちの1人は、「英国が受け入れられるものとEUが提案しているものには差がある。それが赤裸々な真実だ」と述べている。 「メイ首相は交渉の力学を変えるべきだし、それができるのは首相だけだ。交渉の場から退くというやり方があるかもしれないし、今出しているのが最高で最後の提案だと相手に伝えることかもしれない」 別の閣僚は、「相手を動かすため、メイ首相はもう合意はあり得ないと言い切るべきだ。強硬手段をとるべきだ」と話している。 (英語記事 Brexit talks in the endgame, says May)

  • Thumbnail

    記事

    カショジ記者殺害 カナダ情報機関「犯行録音のテープ聞いた」

    聞いていないとも付け加えた。 記者会見の後、カナダの情報機関、カナダ安全情報局(CSIS)の報道官はBBCに対し、捜査について議論し、録音を聞くため、局長がトルコを訪れたと述べた。 報道官によると、局長は帰国後、トルドー氏とカナダ政府高官にトルコ訪問の概要を説明したという。 証拠がカナダとサウジアラビアの関係にとって重要かどうかとの質問には、トルドー氏は回答を避けた。 首相は「サウジアラビアへの次の対応については、同じ考えを持つ同盟国と議論中だ」と話した。 米企業ジェネラル・ダイナミクス製の戦車と武装戦闘車両に関するサウジアラビアとの約130億ドルの取引について、トルドー氏は中止を求められている。ジェネラル・ダイナミクスはカナダ中東部のオンタリオ州を拠点としている。 カナダとサウジアラビアの2国間では、既に緊張が高まっている。サウジアラビアは8月、主権侵害を犯しているとしてカナダを非難。同国との新規貿易を凍結すると発表した。発表に先立ち、サウジアラビアが拘束した市民社会と女性の権利に関する活動家の解放を、カナダ高官が求めていた。 一方でトルコは12日、ジャン=イブ・ル・ドリアン仏外相の発言に怒りをあらわにした。ル・ドリアン外相は、サウジ総領事館での犯行録音をフランスが受け取ったとのエルドアン大統領の主張を否定。「政治的ゲーム」を遊んでいるとエルドアン氏を非難していた。 ル・ドリアンは仏テレビ局フランス2に対し、「真実はまだ明らかになっていない。我々は真実が知りたい。カショジ記者の死の状況と、犯人の身元を。我々はその後に必要な行動を取る」と述べた。「トルコの大統領が我々に提供する情報を持っているなら、その情報は絶対に提供されなければならない。今のところ、トルコの提供情報について私は知らない」。 それはエルドアン氏がうそをついたという意味かと問われると、ル・ドリアン外相は「エルドアン氏はこの状況で政治的ゲームを遊んでいるという意味だ」と答えた。 トルコ大統領府通信局のファフレッティン・アルトゥン局長は、ル・ドリアン外相の発言は「受け入れられない」と述べ、仏情報当局の代表者が10月24日にテープを聞いたと主張した。 アルトゥン局長はAFP通信に対し、「仏政府の複数機関の間に伝達ミスがあるなら、問題に対処する責任は仏政権にある。トルコにではない」と述べた。 カショジ記者は10月2日、トルコ人婚約者のハティチェ・チェンギス氏との結婚に必要な書類取得のためサウジ総領事館に入ったのを最後に行方が分からなくなった。 サウジ当局は当初、カショジ氏が生きて総領事館を出たと述べていた。しかし当局は最終的に、カショジ記者の殺害を認めた。当局は記者殺害が、情報機関工作員の「勝手な」計画によるものだったと説明している。 ただサウジ当局は、記者殺害はムハンマド・ビン・サルマン皇太子の指示によるものではないと否定している。 ムハンマド皇太子はサウジアラビアの事実上の支配者。カショジ記者殺害の疑いがかかっている男らのうち複数は、過去に皇太子の警備部隊にいたとされる。また、記者殺害をめぐり、ムハンマド皇太子の側近トップ2人も解任されている。 トルコのエルドアン大統領は、「カショジ記者殺害の指示は、サウジ政府の最高レベルから下された」と述べた。ただエルドアン氏は、サルマン国王が指示したとは考えていないと話している。 (英語記事 Jamal Khashoggi murder: Canadian intelligence 'has heard tape')

  • Thumbnail

    記事

    アムネスティ、スーチー氏の賞を取り消し

    、イスラム系ロヒンギャの殺害を調査していたロイター通信の記者2人が投獄された件も擁護している。 前回BBCのインタビューに応じた2017年4月、アウンサンスーチー氏は今起きていることを言い表すのに民族浄化は表現が強すぎる」と述べていた。 ミャンマー政府は、バングラデシュ政府との合意に基づき今週後半から、帰還難民の第1陣を受け入れる予定だ。バングラデシュは、ロヒンギャの帰還開始について国連と人道支援団体に通知している。 国連難民機関は、ロヒンギャの家族がかつて住んでいた村で安全に尊厳を持って暮らせると思うか、自分たちで決めてもらいたい意向だ。 <解説> 栄誉がひとつひとつ取り消され――ニック・ビークBBCミャンマー特派員 アウンサンスーチー氏は、暴力的な軍事独裁政治に直面しつつもミャンマーの民主化を揺るぎなく追求し、そのため15年近くにわたり自宅で軟禁されていた。その姿に世界中の政府、都市、人権団体が次々と賞などの栄誉を贈った。 1989年という早い段階でアムネスティ・インターナショナルはスーチー氏を「良心の囚人」と認定。20年後には、同団体で最高の栄誉となる「良心の大使賞」を授与した。南アフリカの故ネルソン・マンデラ氏も受賞していた賞だ。 それが今、アムネスティ・インターナショナルは賞を取り消すとアウンサンスーチー氏に手紙を書いた。いわく、「もはや良心の大使として正当化できない」ためだ。 国連調査員は8月、昨年のいわゆるジェノサイド(集団虐殺)にアウンサンスーチー氏が加担したわけではないものの、国内でいまだ支配的なミャンマー軍がロヒンギャ数千人を殺害し強姦するのを、自らの道徳的権威を使って防ごうとしなかったと結論した。 自分が政府の一員でいる間に、人道に対する犯罪が行われたことを、アウンサンスーチー氏は断固として認めようとしない。国際社会はその彼女に長年与えてきた様々な自由や特別研究員としての資格、そして名誉市民権さえ、ひとつひとつ取り消している。 (英語記事 Aung San Suu Kyi: Amnesty strips Myanmar leader of top prize)

  • Thumbnail

    記事

    マーベルの巨匠スタン・リー氏が死去 95歳

    2018年11月13日 12:11 公開 米国のコミックライターでマーベル・コミックスの元発行責任者、スタン・リー氏が亡くなった。95歳だった。 リー氏は1961年、マーベル・コミックスで「ファンタスティック・フォー」を発表。その後も「スパイダーマン」や「超人ハルク」といった作品を次々と作り出した。 遺族の弁護士によると、リー氏は米カリフォルニア州ロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ医療センターで亡くなった。 リー氏が創業者兼最高クリエーティブ責任者(CCO)を務めていたPOW!エンターテインメントのシェーン・ダフィー最高経営責任者(CEO)は、リー氏を「さまざまなキャラクターの生きる宇宙」を作った「ポップカルチャーの父」と称賛。「唯一無二の象徴的なパイオニアだった」としのんだ。 リー氏の妻ジョーンさんは2017年にやはり95歳で亡くなっている。2人には一人娘のJC・リーさんがいる。 エンターテインメントサイトTMZの取材にJC・リーさんは、父は「最高の、そして最もまっとうな人だった」と語った。 また、ロイター通信には「父はファンに対して、作り続ける責務があると感じていた」と話した。 米メディアによると、リー氏は近年、定期的に肺炎などの病気に悩まされていたという。 リー氏は1972年にマーベル・コミックスから退いているが、名誉職として残っていた。また、マーベル作品の実写映画に必ずカメオ出演することで知られていた。 リー氏のフェイスブックページでは11日の退役軍人の日、リー氏が第2次世界大戦中に陸軍兵だった写真とともに、「脚本家」というあだ名で仕事をしていたというエピソードを載せた。 https://www.facebook.com/realstanlee/photos/a.490635691542/10156876193226543/?type=3&theater スタン・リー氏の経歴 リー氏は1922年、ルーマニアから米国に移民した労働者階級のユダヤ人家族の元に生まれた。 リー氏は、マーベル・コミックスの前身出版社タイムリー・パブリケーションズのコミック部門で働き始め、18歳の頃にはコミック編集者となった。 しかし長い間、リー氏は犯罪やホラー、西部劇といった若い読者向けの単純なコミックしか手掛けていなかった。 40歳の時にリー氏はコミックの仕事をやめようと決断したが、妻のジョーンさんに、いつも書きたいと思っていたキャラクターを生み出し、最後の作品にするよう説得された。 そして1961年、リー氏とアーティスト(漫画家)のジャック・カービー氏は「ファンタスティック・フォー」を生み出した。それぞれに異なる性格と読者が親近感を持つような問題を抱える、引き込まれるようなキャラクターだった。 タイムリー・パブリケーションズはマーベルに名を変え、アメリカン・コミックス(アメコミ)の黄金時代が始まった。 マーベル作品の登場人物の多くは、当時画期的だった。たとえばブラックパンサーは、米国の主流コミック初の黒人スーパーヒーローだった。 ほかにもシルバーサーファー、Xメン、アイアンマン、ドクター・ストレンジなど、数々のキャラクターを生み出した。 リー氏はまた、コミック制作に関わるアーティストに正当な評価を与えたことでも知られる。作画を担当したジャック・カービー氏、フランク・ミラー氏、ジョン・ロミータ氏らは、その功績で名声を得た。 マーベル・コミックスは最盛期、年間5000万部を売り上げた。1971年に編集職を退くまで、リー氏は全てのマーベル作品の表紙原稿を手掛けていた。 追悼相次ぐ 2009年にマーベル・コミックスを40億ドル(約4550億円)で買収したウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガー会長は声明で、リー氏は「本人がれっきとしたスーパーヒーローだった」と語った。 「彼の想像力はとてつもないスケールで、それより大きいものといえば彼の心だけだった」 ソーシャルメディアでは、リー氏やその作品の影響について著名人やファンが思いを共有し合っている。 映画「Xメン」シリーズでウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマン氏は、リー氏は「私たちは想像性あふれる天才を失った。スタン・リーはスーパーヒーローの世界の草分け的な存在だった。彼の偉業の一部になれたこと、そして……そのキャラクターの一人に命を吹き込むお手伝いができたことを誇りに思う」とつづった。 https://twitter.com/RealHughJackman/status/1062070890358288388 映画「アントマン」で主人公のパートナー、ワスプを演じたエヴァンジェリン・リリー氏は、「スタン…… あなたは物語のマスターだという以上に、いつでも人生のマスターのような人でした。残りの人生、私はあなたをインスピレーションの源にするでしょう。あなたは生き続ける。あなたのワスプより」と追悼した。 https://twitter.com/EvangelineLilly/status/1062073330373521408 数々のマーベル映画でキャプテン・アメリカ役を務めたクリス・エヴァンス氏も、「何十年もの間、彼はあらゆる人々に冒険や気晴らし、やすらぎ、自信、インスピレーション、力、友情、そして喜びを与えてきた。愛と優しさを振りまいてきた彼は、これからも本当に、本当に本当にたくさんの命に忘れられない印を残していくだろう」とツイートした。 天文物理学者のニール・ドグラース・タイソン博士はツイッターに、「エドウィン・ハッブルが膨張する宇宙を発見する前に生まれたリー氏は、ついに彼自身の膨張する宇宙を生み出した。スパイダーマンやハルク、アイアンマン、ブラックパンサーといった、科学に精通したスーパーヒーローたちだ」と投稿した。 https://twitter.com/neiltyson/status/1062076316357455877 マーベル・スタジオの最新映画「ヴェノム」に主演しているトム・ハーディー氏は、インスタグラムに「最大の敬意とともに」というコメントと共にリー氏と一緒の写真を載せた。 https://www.instagram.com/p/BqF8ax9g4k6/ (英語記事 Marvel Comics' Stan Lee dies aged 95)

  • Thumbnail

    記事

    アイルランド沖にUFO出現か 航空当局が調査

    2018年11月13日 11:29 公開 アイルランドの南西沖で9日、強い光とUFOらしき物体が報告された。アイルランドの航空当局が調べている。 現地時間11月9日午前6時47分ごろ、英ブリティッシュ・エアウェイズの操縦士が、シャノン空港の航空管制室に連絡をとった。 操縦士は、同地域で軍事訓練があったかを確認した。「非常に速く動く」何かがあったためだという。 航空管制官は、そのような訓練は実施されていないと答えた。 カナダのモントリオールから英ロンドンのヒースロー空港に向かう航空便に乗っていたこの操縦士は、「とても明るい光」が見え、そして飛行機の左側に物体が現れたと話した。物体はその後、「高速で北に進路を変えた」という。 操縦士は物体はいったい何なのか不思議に思ったものの、衝突してくるようには見えなかったと述べた。 ヴァージン航空の別の操縦士も同様の内容を報告し、隕石か地球大気圏に再突入した物体ではないかと話した。 ヴァージン航空の操縦士は、「同じ軌道をとる複数の物体」があったと話した。物体は非常に明るい光を放っていたという。 操縦士は、「2つの明るい光」が右側に見えたと述べた。光は高速で離れていったという。 この操縦士は、物体のスピードが「隕石のようで、マッハ2ぐらいだった」と話した。マッハ2は音速の2倍。 アイルランドの航空専門家トレヴァー・バックリー氏はツイッターで、航空管制室の交信音声を生放送するウェブサイトの音声リンクを示し、「非常に興味深い報告がシャノン上空に。11月9日金曜日の6時30分ごろ、アイルランドのケリー州で、複数の航空機がUFOの目撃を報告。報告は17分から」とツイートした。 アイルランド航空局(IAA)は、「11月9日金曜日に少数の航空機からあった、上空での異常な活動に関する報告を受け、IAAは調査を進めている」と発表した。 「この報告は、発生事案における通常の機密プロセスの下、調査される」 シャノン空港の広報担当者は、IAAが調査中なので、空港当局がコメントするのは適切でないと述べた。 (英語記事 UFOs spotted off Irish coast under investigation)

  • Thumbnail

    記事

    第1次世界大戦終戦から100年 各国首脳がパリで式典

    2018年11月12日 17:23 公開 パリで11日、第1次世界大戦終戦100周年の記念式典が開かれ、エマニュエル・マクロン仏大統領は各国首脳に国家主義(ナショナリズム)を拒否するよう呼びかけた。 ドナルド・トランプ米大統領やロシアのウラジーミル・プーチン大統領など各国首脳が参列する中、マクロン氏は国家主義は「愛国心の裏切りだ」と訴えた。

  • Thumbnail

    記事

    「恋に落ちた」はずが……米国と北朝鮮、また口も利かない仲に?

    2018年11月12日 14:47 公開 ローラ・ビッカーBBCソウル特派員 ドナルド・トランプ米大統領が、自分たちは「恋に落ちた」のだと言った時のことを覚えているだろうか。相手は、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長だ。しかし今ではもう、口も利かなくなってしまったらしい。 口を利く代わりに米国と北朝鮮は、お互いをひたすらじっとにらみ合っているようだ。相手がまばたきをしたり、何か動きを見せたりするまでは、身じろぎもせず。そしてどちらも、まったく譲るかまえを見せていない。 両首脳の2度目の会談実現に向けて予定されていた今月初めの協議は、実現しなかった。 金委員長の最有力側近でタカ派の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が、ニューヨークを訪れてマイク・ポンペオ米国務長官と会談する予定だった。しかし、北朝鮮の代表団が予定されていたフライトに登場しなかったことを国務省が知り、会談が中止されたことがBBCの取材で分かった。 高官級協議は別の日取りで実施されるというのが公式説明だ。トランプ大統領は、協議の進展に「とても満足」しているし、北朝鮮への制裁が継続している限り、「何も急いでいない」と述べている。 韓国政府も、米朝協議の中止をあまり深読みしすぎないようにと記者団に呼びかけている。中止の前例は前にもあるのだからと。 ただし、韓国外務省関係者からは「残念だ」という声も聞かれた。 私が文在寅(ムン・ジェイン)大統領をインタビューした際、北朝鮮に核放棄を促す過程で国際社会は「あちこちでぶつかったり、あざを作ったりする」だろうと、大統領は覚悟している様子だった。 とはいえ、北朝鮮との協議の機運も、北朝鮮と関わり続けるための機会も、徐々に失われつつあるという気が、どうしてもしてしまう。 実務者レベルでも、米国の新しい北朝鮮特使、スティーブン・ビーグン氏は就任から2カ月たつが、まだ相手方の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官と会うことができずにいる。 完全非核化は なぜこのようなこう着状態が続いているのか。それは結局のところ、北朝鮮と米国が実は一度も「非核化」という目標の内容について、合意していなかったからだ。 両国が軍縮と口にするとき、それぞれ実際には何を意味しているのか。米朝首脳は確かに今年6月、シンガポールで合意文書に署名した。しかし当時から私たちは、具体的な内容のない合意だと指摘したし、その具体的な中身のなさが今も協議に影を落としているし、そのせいでいずれ破談になりかねない。 北朝鮮側の姿勢は最初からはっきりしていた。一方的な武装解除はしないと。少し譲歩すれば見返りがもらえるという交換を少しずつ重ねていく段階的な手続きを、北朝鮮は求めている。 ということは今の北朝鮮は、制裁解除という見返りに匹敵するだけの譲歩を自分たちはもう十分やったと感じているわけだ。 米国も国連も、北朝鮮に厳しい経済制裁を科している。 輸出品の約90%が禁輸対象だ。石炭、鉄鉱石、海産物、織物も含まれる。原油の輸入量も上限が決められている。金委員長が、経済成長という国民への約束を果たすには、制裁の解除が必要だ。 しかし、米国側もこの点については譲らない。「完全な非核化」実現までは制裁は解除しないと、態度は一貫している。 現在のところ、この目標は高く、非現実的にみえる。トランプ大統領は確かに「制裁解除は大歓迎だ」と述べたがその後、北朝鮮側も「同じく対応しなければならない」とも付け加えた。 米政府の譲歩はあるのか ロシア政府は今週、北朝鮮金融機関への制裁を協議するため国連安全保障理事会の開催を求めた。 しかし、米国のニッキー・ヘイリー国連大使は断固たる態度で、「脅威はまだ続いている。北朝鮮にはまだ核施設があり、まだ査察官を受け入れていない」と制裁緩和に反対した。 米政府に態度変更を呼びかける専門家もいる。この交渉過程が完全に破綻(はたん)する前に、少しでいいから態度を和らげてはどうかと。しかし今のところ、トランプ政権に軟化の兆しは見られない。 米国側に譲るつもりがないとすると、北朝鮮はどうするのか。今月2日には外務省米国研究所が声明を出し、「関係改善と制裁の継続は両立しない」と主張。「米国は我々が繰り返す要求を正しく理解しないまま、自分たちの姿勢を一切変えようとせず、傲慢な自慢ばかりを繰り返している」と批判した。 同研究所はさらに、米国が制裁を解除しなければ、自分たちは核開発を再開することもあり得ると示唆した。 断っておくが、米情報機関や国連による複数調査によると、北朝鮮はこれまで兵器製造や備蓄をやめていない。 しかし、ミサイルや核兵器の発射実験はしなくなったので、トランプ氏はこれを自分の個人的勝利と受け止めている。トランプ氏は「北朝鮮の核の脅威はもうない」とまで、宣言している。 北朝鮮の選択肢 なので、確かに北朝鮮には選択の余地がある。ミサイルの発射実験を再開することもできる。そうすれば、問題は解決済みだと宣言した米国大統領に恥をかかせることになる。 だが、そのような行動には巨大なリスクが伴う。 ミサイル実験を再開すれば、自分の政権が弱味を見せることを嫌悪するトランプ氏が激怒する可能性が高い。予測不可能な行動に出がちな米大統領が激高すれば、またしても激しい罵倒が飛び交うことになり、経済制裁解除や緩和の目標達成はおそらくあり得ない。 ミサイルや核実験を再開すれば、進展しつつある韓国との関係にも打撃となる。韓国ではすでに、制裁解除の暁にはただちに北朝鮮投資を開始しようと複数の企業が待機している。 金委員長には、まず自分から譲るという選択肢もある。まずは自分から譲歩し、約束の一部を実現するのだ。それにはたとえば、北朝鮮で唯一存在が確認されている豊渓里(プンゲリ)核実験場に、国際査察官を受け入れるという方法もある。 北朝鮮は今年5月、核実験場を「破壊」すると、現地に外国報道陣を招き、爆発の様子を見せた。 韓国の文大統領によると、南北首脳会談の場で金委員長は文大統領に、査察を受け入れる用意があると述べたという。韓国では、査察受け入れ準備が進んでいるという報道もある。核査察が実施されれば、北朝鮮としては自分たちはまたしても約束を守ったと主張できるようになる。 金委員長はこのほか、核兵器用の核分裂性物質を作っているとされる寧辺(ヨンビョン)核施設を閉鎖して、譲歩をアピールすることもできる。 北朝鮮は今年9月の南北首脳会談で、米国が相互措置をとった場合に限り、寧辺核施設の永久的な廃棄など追加措置をとる用意があると表明した。 金委員長にとって我先に寧辺の施設を廃棄するのは、政治的に極めて難しいことだ。それだけに、これを引き出すには米国としても何か相手に歓迎されるものを交渉のテーブルに提示しなくてはならない。 北朝鮮幹部と定期的に接触している複数の消息筋は私に、金委員長が若き指導者として国内で様々な重圧を受けていると話す。これは大事なポイントだ。 金委員長の周りには、非核化や軍縮に反対する強硬派が複数いる。さらに軍のタカ派は、自分たちが米国の言いなりになって屈したと見られてはならないという立場だ。 北朝鮮の巧みな駆け引き もしかすると米朝双方が同じように、「時間稼ぎ」をして粘り勝ちをした方がいいと計算しているのかもしれない。米国は、北朝鮮が何か対応するまで制裁を維持することができる。北朝鮮は、警告の声明を出し続けながら、米国以外の相手と外交関係を築いていくという手がある。 だがこれは、米国にとってとてつもない大きな賭けだ。米政府の防衛・情報関係トップは、北朝鮮の核備蓄が米国にとって喫緊の課題だと認定しているのだから。 脅威はまだそこにあるし、このこう着状態が長続きすればするほど、北朝鮮がミサイル開発を続ける可能性が高まる。 北朝鮮への厳しい経済制裁の効果は、限定的かもしれない。米政府はここ数カ月の間、「最大限の圧力」政策への中国とロシアの協力を取り付けたが、しかし実際には国境のあちこちで抜け穴が開き、北朝鮮国内に物資は入っているのだという複数情報がある。 さらにこの間、金委員長が実は巧みな政治手腕の持ち主だと明らかになり、近隣諸国との関係改善を実現している。 米政府は、来年早々にも2度目の米朝首脳会談が実施すると言い続けている。 両首脳はどちらも、直接交渉の方がやりやすいと思っているのかもしれない。しかしそれでも、合意の詳細を整理するには指揮系統の下の方にいる実務者同士が話し合わなくてはならない。たとえば、軍縮手続きの行程表と、それに呼応した米国側の対応の予定表が必要なのだ。 そういう具体的な詳細が形になっていないと、ご覧の通りのにらみ合いになってしまう。外交チキン・ゲームさながらの今の状況では、大いに称賛されたトランプ大統領自慢の北朝鮮政策は、ガラガラガシャンと崩壊してしまいかねないのだ。 (英語記事 US and North Korea suffer communication breakdown)

  • Thumbnail

    記事

    錦織圭がフェデラーに勝利、4年ぶり3度目 テニスATPファイナルズ

    頭上に掲げるため、ジョコビッチはトロフィー獲得を狙う。 <分析>ティム・ヘンマン(テニス元英国1位、BBCテレビ) フェデラーは全キャリアを通じて、ばかばかしいほどいとも簡単そうにプレイしてきた。しかし、今日のプレイは決して簡単そうではなく、観る側には衝撃的な光景だった。 私は試合前、錦織が勝つには、フェデラーが水準以下のプレイでなくてはならないと述べた。そしてそれが起きた。 フェデラーは試合中、リズムを全くつかめなかった。錦織は特にサーブが優れているわけではないが、フェデラーは第1セットでブレークポイントもつかめなかった。 試合を通じてフェデラーは何度もエラーを見せたし、正しい位置取りをできなかった。 ラッセル・フラーBBCテニス担当編集委員 フェデラーはATPファイナルズ1次リーグで直近11試合を連勝してきた。しかし、エラーの多いパフォーマンスで、準決勝への道を非常に難しいものにしてしまった。 第1セット、ゲームカウント5-6で迎えた第12ゲーム。0-30のスコアから、錦織は素晴らしい動きのバックハンド・ハーフボレーなどでゲームをキープ。タイブレークを7-4で勝利し、同セットを先取した。この試合、錦織の方が選手として強く、自信を持っていた。 サーブ・アンド・ボレーも適切なタイミングで決まり、錦織はフェデラー戦の連敗を6で止めた。 (英語記事 ATP Finals: Roger Federer beaten by Kei Nishikori in opening group match)

  • Thumbnail

    記事

    アリババ「独身の日」セール開催、売上3兆5110億円で記録更新

    2018年11月12日 12:51 公開 中国のEコマース大手アリババ集団は11日、毎年恒例の「独身の日」セールを開いた。アリババ集団はこの日、売上約308億ドル(約3兆5110億円)でこれまでの記録を更新した。 アリババ集団は売上10億ドル(約1140億円)をセール開始85秒で達成し、最速記録を更新。その後、最初の1時間で100億ドル近くを売り上げた。 セールは24時間にわたり続き、合計で売上約308億ドルを記録した。売上は昨年の同日から27%増となったが、独身の日セールを開始した2009年以降では最も低い増加率だった。 アリババ集団は2009年から、11月11日を非公式な祭日「独身の日」とし、大規模な割引を提供している。「1」が並ぶ日付を、身者が並ぶ様子に見立てたという。 「日々の生活様式を向上させたいという、消費者の絶え間ない追求」を商戦への支出が示したと、アリババ集団の張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)は述べた。 10日夜には商戦に先駆けて開始イベントが開かれた。イベントには米歌手マライア・キャリーさんや日本の芸人、渡辺直美さんが出演。渡辺さんは米歌手ビヨンセさんの物まねを披露した。また、サーカス団「シルク・ドゥ・ソレイユ」は靴屋をテーマにしたパフォーマンスをみせた。 独身の日とは 恋愛対象のいる人にとってのバレンタインの日に対抗し、独身を称賛するものとして、アリババ集団は独身の日を発明した。 米ブルームバーグによると、この日は現在、インターネット上で世界最大の売上を記録する日となっており、今年の売上は、米国などで大規模商戦の日として知られるブラック・フライデー(11月の第4木曜日の翌日)とサイバー・マンデー(11月の第4木曜日の次の月曜日)の売上合計よりも大きくなるとみられる。 セールには約18万ブランドが参加し、中国の小米科技(シャオミ)、米アップル、英ダイソンといったテクノロジー大手の商品も販売される。 アリババ集団は昨年、この商戦を西洋の各国市場にも拡大。これに伴い、米国や英国では、同社のスマートフォン向けアプリ「AliExpress」のダウンロードが急増した。 独身の日セールは売上を伸ばし続けるのか 現地時間の11日午後5時34分(日本時間同日午後6時34分)、今年の商戦の売上は、電子商取引における売上の世界記録を更新した。 しかし観測筋は、この行事はすでに成熟しきったと考えており、成長率は鈍化するとみている。 アリババは今年、新たな問題にも直面している。新たな競合が市場に出現し、経済成長は鈍化している。そして、米中間の貿易戦争により、株式価格は16パーセント下落した。 今回の商戦は、アリババ集団創業者の馬雲(ジャック・マー)会長が指揮を取る最後の行事とみられている。同社は9月、現在CEOを務める張氏が来年、馬氏の後任として会長に就くと発表した。 (英語記事 Alibaba Singles Day sales frenzy surpasses records)

  • Thumbnail

    記事

    マクロン仏大統領、国家主義を批判 第1次大戦終戦100年式典で

    2018年11月12日 11:48 公開 パリで11日、第1次世界大戦終戦100周年の記念式典が開かれ、エマニュエル・マクロン仏大統領は各国首脳に国家主義(ナショナリズム)を拒否するよう呼びかけた。 ドナルド・トランプ米大統領やロシアのウラジーミル・プーチン大統領などが参列する中、マクロン氏は国家主義は「愛国心の裏切りだ」と訴えた。 「『自国利益が最優先で他国のことなど気にしない』と言うことで、その国で最も大切なもの、つまり倫理的価値観を踏みにじることになる」 記念式典は世界各地で行われた。 1914~18年の第1次世界大戦では970万人の兵士と1000万人の市民が犠牲となった。 <関連記事> 第1次世界大戦の英雄は後のナチス協力者 マクロン仏大統領が称賛し物議 現代のドイツ人、2度の世界大戦をどう振り返る 死者をどう追悼する ピーター・ジャクソン監督、第1次世界大戦の白黒映像をフルカラーに 記念式典に併せ、2カ国首脳会談を持った国もあった。プーチン氏は記者団に対し、トランプ氏と短い会話を交わし、結果は好ましいものだったと話した。 一方でロシアのメディアは、仏政府主催の午餐会では、トランプ氏とプーチン氏が隣に座らないよう直前に席順が変えられたと報じた。 パリの記念式典 マクロン氏をはじめとする各国首脳や高官は、パリの凱旋門の地下にある無名戦士の墓まで歩いて参拝した。この日は雨で、パリ中の教会の鐘が鳴らされる中、マクロン氏らは黒い傘を差して行進した。 その後、20分近い演説で、マクロン大統領は各国首脳に「平和のために戦う」よう訴えた。 「国際社会から身を引き、暴力や一極支配などに魅了されてこの希望を踏みにじるのは、間違いだ。そのようなことになれば、それは我々の責任だと、次世代は当然指摘するだろう」 式典は、1918年11月11日午前11時に終戦を知らせたラッパの演奏で締めくくられた。 この日の午後には「パリ平和フォーラム」と題された平和会議が開かれ、マクロン氏やアンゲラ・メルケル独首相に加え、プーチン氏やトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領も参加した。 メルケル氏は、欧州やあらゆる場所で「視野の狭い」国家主義が力をつけていると警告した。 10日にマクロン氏とメルケル氏はパリ北部のコンピエーニュを訪問し、1918年に休戦協定が調印された列車の中で、戦没者リストに署名した。 トランプ氏の訪問で物議 トランプ大統領は平和会議には参加せず、開始時間には帰途についていた。 11日の式典のほかには、大戦で命を落とした「勇敢なアメリカ国民を追悼する」ためにパリ西部シュレンヌの墓地を訪れた。 その一方でトランプ氏は10日、米兵など戦没者が眠る別の墓地訪問を、悪天候を理由に中止。他の首脳が雨の中でも参列しただけに、トランプ氏の欠席は物議を醸した。 11日の式典の直前には、胸に「偽の平和主義者」と書いた上半身裸の女性抗議者がトランプ氏の車列の数メートル先まで迫り、逮捕される事件があった。 また、約50の活動家グループがトランプ氏の訪問に対する抗議集会を開く予定という。 各国でも式典 オーストラリアでは、キャンベラの国立戦争記念館で式典が行われたほか、アデレードでは飛行機から紙製の赤いポピーがまかれた。 スコット・モリソン豪首相はキャンベラでの式典で、戦没者追悼の重要性について語り、「変動の激しい現代の潮流をより賢く切り抜けるために、過去から学ばなくてはならない」と話した。 ニュージーランドでは、首都ウェリントンで追悼の意を示す銃声が鳴らされた。 インドでは、大戦に従軍して死亡した7万4000人の兵士の追悼式典が行われた。 ナレンドラ・モディ首相は11日、「インドが直接関わった戦争ではないが、我が国の兵士はひたすら平和のために世界中で戦った」とツイートした。 英国でも、大戦の終結を記念するさまざまな式典が開かれた。 ロンドンではホワイトホール(官庁街)にある追悼施設で初めて、抽選で選ばれた市民が式典に参加した。 (英語記事 Macron rejects nationalism on Armistice Day)

  • Thumbnail

    記事

    ポーランド独立100年で大行進 極右団体も参加

    2018年11月12日 11:39 公開 ポーランドの首都ワルシャワで11日、第1次世界大戦後に独立を回復してから100年を祝う大規模行進があった。行進はアンジェイ・ドゥダ大統領が主導。行進をめぐっては、極右団体を受け入れる決定が下され、議論が起きていた。 国家主義の高揚を訴えた11日の行進には、20万人以上が参加した。野党は参加を拒否した。 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は同日、パリでの第1次世界大戦終戦100年の記念式典で、世界の指導者に国家主義の拒否を促す演説を行っている。 ポーランドの国家独立記念日は、ロシア、ドイツ、オーストリア=ハンガリー帝国の支配が1918年に終わり、国家が主権を回復したことを祝うもの。 ワルシャワでの11日の行進に参加した人のほとんどは、ポーランド国旗を掲げ、腕に赤と白のバンドを身に着けていた。ポーランドとイタリアの極右政党旗を持つ人もいた。 発炎筒を持った参加者も多く、通りは赤い炎と煙で満たされた。 ドゥダ大統領は行進を誇りある、喜びに満ちた記念式典にしたいと呼びかけ、攻撃的な旗や、昨年の行進で聞かれたような種類の、「純粋なポーランド、白いポーランド」といった標語の掛け声には警察が対処すると警告した。 11日の行進は平和裏に進んだとみられ、攻撃的な旗や掛け声の報告はなかった。 ポーランドの裁判所は先週、首都ワルシャワでの国家主義者による行進の禁止を撤回した。 毎年恒例で、近年は暴力行為もみられるこの行進の主催者は「我々は勝った」と述べた。行進の一部は極右団体「ナショナル・ラディカル・キャンプ(ONR)」が主催している。 行進は与党「法と正義(PiS)」の支持者を含む多くの一般市民や愛国主義的ポーランド人にも人気で、昨年の行進には約6万人が参加したと推計されている。 一方、フランスの首都パリではマクロン氏が演説し、国家主義は「愛国主義への裏切り」であるとし、「平和への闘い」への参加を世界の指導者に呼びかけた。 マクロン氏は、「『我々の利益が最優先で、他人はどうでもいい』と言うことで、あなたがたは国家が持つ最も大事なもの、道徳的価値を踏みにじっている」と述べた。 (英語記事 Poland independence: Huge crowds march amid far-right row)