検索ワード:BBC/603件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    【寄稿】 米朝首脳会談のレトリックは現実と合致するのか

    2018年06月13日 12:17 公開 ジェニー・タウン、米スティムソン・センター研究アナリスト、北朝鮮情報サイト「38ノース」編集局長 シンガポールの米朝首脳会談に対する刻一刻の反応は、まるで究極の外交ロールシャッハ・テストのようだった。何が起きたのかについて、受け止め方は人によってばらばらだった。 米朝関係の新機軸を打ち出したものと称える人もいる。対決姿勢よりも協調する新しいアプローチなのだと。 要求が全て通らなければ合意はありえないという、従来の交渉スタイルを止めたと評価する人もいる。もっと現実的で長期的なプロセスを選び、どこに向かっているのか、そこへどうやってたどり着くのか、詳細の打ち合わせに十分な時間と場をとろうという姿勢は、一切の妥協を認めない従来のやり方より優れていると。 他方で、非核化について目新しい成果や具体的な成果は何もなく、ただ単に、両首脳が切望するマスコミの注目を与えただけだという批判もある。 もちろん、批判しながら評価する、あるいは評価しつつも批判するという立場も十分あり得る。 シンガポール首脳会談は、北朝鮮の最高指導者と現職の米国大統領が初めて対面したという意味で、紛れもなく歴史的だった。しかし、その成果の判定はそう簡単ではない。 従来の米大統領は、北朝鮮が大量破壊兵器開発事業の破棄に向けて、検証可能な進展をまず見せなければ、首脳会談はあり得ないという姿勢を貫いていた。これに対してドナルド・トランプ氏は、この伝統的な外交手法とは別の取り組み方を選んだ。それによって、今後の交渉は今までより機敏なものになるかもしれない。 というのも、両国が合意する目標に向かってトップダウンでゴーサインが出されれば、今回のこの交渉プロセスを維持してゴールまで持ち込もうという政治的な意思が生まれ、優先順位も上がり、関係者がそれぞれ自分の政治力をかけて推進しようという機運が生まれるかもしれない。 なによりも、トランプ氏と金正恩氏の間に今回築かれた個人的な人間関係があれば、将来的にささいなことで「炎と激怒」状態に戻ってしまう事態を防げるかもしれない。 とは言え、シンガポール首脳会談の具体的な中身ということになると、両首脳が署名した共同声明は、平和と非核化と米朝関係の再定義について、大雑把に約束したに過ぎない。 声明の文言は確かに、北朝鮮が米国の敵対政策と呼ぶものの根本的問題を取り込んでいる。しかし、具体性に欠け、内容が過去の取り決めにそっくりなことが懸念材料だ。 せめて最低でも、米国にとっての核心的課題について双方の共通理解が確立できるだろうという期待(あるいは強力な欲求)が、事前にはあった。つまり、「朝鮮半島の非核化」とはいったい何を意味するのかについて、共通理解が得られるだろうと。特に韓国にとって、そして米国の拡大抑止力にとって。 米国と北朝鮮は具体的に、いったい何を約束したのか。この交渉プロセスのどの時点になったら、その共通理解が得られるのか。明確な目標設定がなければ、いったいどうやって成功を計るのか。 韓国不意打ち? 首脳会談の共同宣言の表現が曖昧なのは、特に珍しいことではない。しかし、会談後の記者会見でトランプ大統領が明らかにした具体的な内容によって、さらに疑問は膨らむかもしれない。加えて、複数の二国間交渉が同時並行する状況で、事態を前に進めるのがいかに大変なことかも、浮き彫りになったと言える。 トランプ氏は、交渉継続中は米韓合同軍事演習は中止すると、この一点は言明した様子だ。合同軍事演習は北朝鮮がかねてから問題視していた懸案事項だ。攻撃訓練が含まれるようになってからはなおさらだった。しかし、この譲歩が全体のプロセスにどうはまるのか、疑問が浮かぶ。 この点について韓国政府の反応を見ると、首脳会談前にトランプ氏が文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話で会談していたにもかかわらず、青瓦台(大統領府)はまたしてもこの発表に不意を突かれた様子がうかがえる。 交渉の渦中でこうして同盟国と調整はおろか、コミュニケーションすらとれていない状態は、複数の交渉が同時並行するなかで相手に付け入る隙を与えてしまう。この情報共有の不備は何とかしなければ、米国と韓国双方の交渉力を弱くしてしまう。 トランプ氏も金氏も全体としては、歴史的な会談への高い注目と、自分たちの成果に満足して、それぞれ帰国したようだ。何より重要だったのは、共同声明が掲げた各項目の詳細を決めるために今後も両政府の高いレベルで対話を続けていくという約束だった。 今まで果たせなかったところまで非核化プロセスを持ち込むには、米朝双方にとってこれがきっかけとなるのかもしれない。しかし、いずれにしてもこれは交渉ごとだ。そして、数カ月間にわたる金正恩氏の外交デビュー(シンガポールで大歓迎されたのがピークだった)によって、北朝鮮は自信と交渉力を高めている。 戦争への道から遠ざかりつつあるのは、ありがたいことだ。しかし今度はトランプ政権が試される番だ。始まったこのプロセスを継続し、大雑把な約束のその先まで交渉を前進させ、そして丈夫で長持ちする解決に持ち込むことができるのかどうか。 (英語記事 Trump Kim summit: Rhetoric versus reality)

  • Thumbnail

    記事

    「起きろよグロッキー!」トランプ氏、俳優デ・ニーロ氏の批判に応酬

    2018年06月13日 11:16 公開 10日に行われたミュージカルの優秀作品や関係者を表彰するトニー賞の授賞式で、米俳優ロバート・デ・ニーロ氏がドナルド・トランプ米大統領を罵るスピーチを行った。トランプ大統領はツイッターで、デ・ニーロ氏は「映画の中でボクシング選手に殴られすぎた」などと応酬した。 デ・ニーロ氏はこれまでにも同大統領を殴りたいと話していた。今回のスピーチでは、トランプ氏への二言の罵倒でスタンディング・オベーションを浴びた。 これに対しトランプ大統領はツイッターに、「とても知能指数(IQ)の低いロバート・デ・ニーロは、映画で本物のボクシング選手に殴られ過ぎた。昨日彼を見たが、『殴られてふらふら』なんじゃないかと確信した。彼はきっと、経済がこれまでで最も良く、雇用も史上最高で、たくさんの企業が米国に注ぎ込むように戻っていることを知らないんだ。起きろよグロッキー!」と書き込んだ。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1006640689843560448 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1006640694264397824 アカデミー賞受賞歴のあるデ・ニーロ氏は、「レイジング・ブル」など数多くのボクシング映画に出演している。10日夜に行われたトニー賞の授賞式はテレビで生中継されたが、そこでもパンチの手を緩めなかった。 デ・ニーロ氏の罵倒は数百万人の視聴者のためCBSネットワークによって消去されたが、ソーシャルメディアで大きな反響を呼んだ。 同氏は長くトランプ大統領を声高に批判してきた。2016年の大統領選中には、トランプ氏を激しく非難する動画を公開し、「馬鹿者」「国家の大惨事」と呼んだ。 また、もしトランプ氏が当選したらイタリアに移住すると述べ、デ・ニーロ氏の曽祖父が住んでいた町は、もしそうなったら彼を「保護」すると応じていた。 大統領選の結果が出た日、デ・ニーロ氏は「あの町に引っ越す必要があるかもしれない」と冗談を飛ばした。 トランプ氏がハリウッド・スターのスピーチでの攻撃に反応したのは初めてではない。 昨年のゴールデン・グローブ賞の授賞式では、米女優メリル・ストリープ氏がトランプ氏を痛烈に批判。いじめを正当化するような行動をとっていると指摘した。 しかし、トランプ氏はストリープ氏を「ハリウッドで最も評価され過ぎている女優」と呼んで反発した。 また、アカデミー賞を3度受賞しているストリープさんは「ヒラリーの取り巻き」で「大負けしている」と付け加えた。 (英語記事 Trump hits back at 'punch-drunk' De Niro)

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談 勝ったのは誰?

    n(ウィン・ウィン)」だったのか、それと「Win for Kim(金にとっての勝ち)」だったのか? BBCソウル特派員のローラ・ビッカー記者が解説する。 ビデオ製作:テッサ・ウォン、コリーン・ハガティー

  • Thumbnail

    記事

    米国防総省「鉄壁の安全保障続ける」 トランプ氏は米韓軍事演習の中止表明

    したわけではないと強調した。ダナ・ホワイト報道官は、マティス長官は事前に相談を受けていたと話した。 BBCに対する文書回答でホワイト報道官は、「我々の同盟は今も鉄壁で、この地域の平和と安定を保証する」と述べた。 韓国の反応は? 韓国の青瓦台(大統領府)は、トランプ大統領の発言について「正確な意味や意図を確かめる」必要があると述べた。 ロイター通信によると、同国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日夜、トランプ大統領と20分の電話会談を行ったが、公表されたやりとりでは合同軍事演習への言及はなかった。 米韓合同軍事演習とは? 米国は韓国に約3万人の兵士を駐留させているほか、大規模な軍事演習に合わせて年に1度、グアムの基地から別の部隊を呼び寄せている。 北朝鮮はこの年次行事を侵略の予行演習とみているが、韓国政府は防衛目的との立場をとっている。 トランプ氏は、軍事演習を停止することで「ものすごい大金」を節約できると述べた一方、北朝鮮からの協力姿勢が弱くなれば再開する可能性もあると付け加えた。 <分析>ひっくり返った政治――アンソニー・ザーカーBBC北米担当特派員 2年前、バラク・オバマ前米大統領がキューバを訪れた。全体主義国家の首脳と仲良くしたと、保守派はオバマ氏を批判し、リベラルはその政治的手腕を称えた。ドナルド・トランプ氏が金正恩氏と会談した今、状況はほとんど逆転した。 トランプ氏は保守派のフォックス・ニュースや支持基盤から、歴史的な外交の突破口を開いたと絶賛された。一方で民主党関係者の間には、成功の見込みがほとんどないPRパフォーマンスに過ぎないという懸念が少なからずあった。 米議会の共和党議員たちは、慎重に反応している。たとえばミッチ・マコネル上院院内総務は、「歴史的な第一歩」とさかんに言われているものの、まだ交渉されていない検証方法の詳細がどう転ぶか懸念されていると指摘した。 米国と北朝鮮の国旗が横に並んでいた光景に落胆したという保守派もいる。北朝鮮のこれまでの人権侵害からすれば、トランプ氏の金氏に対する優しい態度や言葉はやりすぎだったという保守派の意見もある。 保守派のブロガー、アッラーパンディットは「言うまでもないが、オバマがこれをやったらただでは済まさなかった」と書いている。 12日の出来事は、たった16カ月で米国政治が、そして国際政治が、いかにひっくり返ってしまったかを示す、最新の事例だったのだ。 (英語記事 US reassurance after Korea war games halt)

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳、合意文書に署名 「包括的」とトランプ氏

    2018年06月12日 18:44 公開 ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の会談が12日、シンガポールで会談し、合意文書に署名した。 トランプ大統領は「我々の北朝鮮や朝鮮半島との関係は、過去とかなり違うものになる」と会談の成果を強調し、金委員長は「世界は大きな変化を目にすることになる」と述べた。 合意文書には、(1)米朝の平和と反映のための新しい関係構築、(2)朝鮮半島の持続的で安定した平和体制構築にために協力、(3)板門店宣言を再確認し朝鮮半島の完全非核化に向けて努力、(4)朝鮮戦争の戦死者・捕虜の遺体返還――などが含まれるという。

  • Thumbnail

    記事

    バオバブの古木が謎の大量枯死 紀元前の樹齢の木も

    2018年06月12日 15:59 公開 ヘレン・ブリッグス記者 BBCニュース アフリカのサバンナの象徴的な樹木として知られるバオバブの古木が大量に枯死しており、科学者たちは原因不明の事象に驚いている。 各国の科学者らによると、過去12年のうちに最も古く大きなバオバブの木のほぼ全てが枯れてしまったという。 直接的な証拠はないものの、大量枯死には気候変動が影響している可能性があるという。 巨木に成長するバオバブは、何百年どころか何千年も生きることがある。 南アフリカやルーマニア、米国の研究者たちは、大量枯死について「前例のない規模」だと指摘したが、原因は疫病ではないという。 調査結果は、科学誌「ネイチャー・プランツ」に掲載された。 ルーマニアのバベシュ・ボヨイ大学のエイドリアン・パトルット博士は、「巨大なバオバブの枯死は、特にアフリカ南部に影響を及ぼしている気候の大きな変化に一部関係している可能性がある」とした上で、「しかし、この仮説を支持あるいは否定するためには、さらなる研究が必要」だと述べた。 「ショックで非常に悲しい」 研究者たちは2005年からアフリカ南部各地を回ってバオバブの古木を調査。放射性炭素(C14)年代測定を使って木の組織や樹齢を調べてきた。 予想外の結果となったのは、最も古い13本のうち8本、また最も大きな6本のうち5本で、完全に枯死したか、最も古い部分が崩壊している状態だと分かったことだ。 バオバブは多数の茎と幹で構成されており、それぞれの年代は違うことが多い。全ての茎が突然枯れた例も一部あった。 パトルット博士はBBCに対し、「気温上昇や干ばつと関係があるのではないかと推測している」と語った。「枯死したのは、ショックで非常に悲しい」。 枯死あるいは枯死しつつあるバオバブはジンバブエ、ナミビア、南アフリカ、ボツワナ、ザンビアなどで発見された。樹齢は全て1000年から2500年以上だという。 果実の見た目から「死んだネズミ」の木とも呼ばれるバオバブは、太い幹の横から枝が出ない形をしている。 幹の中には大量の水が蓄えられており、乾燥した厳しい環境に耐えられるようになっている。 バオバブの木の上には鳥が巣を作り、野生動物の命も支えている。 (英語記事 Scientists shocked by mysterious deaths of ancient trees)

  • Thumbnail

    記事

    家庭内暴力やギャングの被害者に亡命認めず 米司法長官

    2018年06月12日 14:49 公開 ジェフ・セッションズ司法長官は11日、家庭内暴力やギャングによる暴力の被害者に対して米国への亡命を認めない決定を下した。 米国は2016年に、夫に虐待され強姦されたエルサルバドルの女性に亡命を認めている。 セッションズ長官は11日に開かれた移民関連事案を扱う判事たちが集まる年次会合で、「亡命に関する規定は、一般的な苦難に関する規定ではない」と述べた。 活動家らは、亡命を申請している何万もの人々に影響が及ぶと指摘している。 セッションズ長官は今回の決定に関する文書で、「一般的に、家庭内暴力あるいは非政府アクターが犯すギャング暴力に関連した外国人には、亡命の資格は与えられない」と述べた。 さらに、「家庭内暴力やギャング暴力といった特定の犯罪を取り締まる能力に問題のある国が存在する、あるいは特定の住民が犯罪被害に遭う可能性が高いという単なる事実だけでは、亡命申請の十分な理由にならない」とした。 なぜ今回の決定がされたのか 2016年12月に米司法省の入国不服審査会(BIA)は、エルサルバドルで元夫から「感情的、肉体的かつ性的」な虐待を繰り返し受けていたとして、米国への亡命を申請していた女性の主張を認めた。BIAの資料で「A-B」という表記で実名が伏せられた女性は、2014年に不法移民として米国に入国していた。 しかし、セッションズ長官は年次会合で、BIAが女性を「特定集団」の一員だと認めたことに反論。「亡命に関する規定はすべての不幸を救済するものではない」と語り、女性は国家が後押しする迫害の犠牲者ではなく、「個人的な犯罪行為」の犠牲者だと述べた。 正式な決定を前にセッションズ氏は会合で、「亡命は、世界中で人々が日々直面する、深刻なものも含めたすべての問題を緩和するためであったことはない」と語った。 移民事案を扱う裁判所は、セッションズ氏が率いる司法省の管轄下にある。 今後はどうなるのか セッションズ長官による決定の影響が及ぶ申請案件の数は明らかではないが、活動家らは、毎年少なくとも1万人が母国での家庭内暴力やギャングによる暴力の被害を理由に米国への亡命が認められている。 移民を擁護する団体は、トランプ政権が推し進める移民を制限する政策の一環をなす今回の決定への反対運動を行うと表明した。 セッションズ長官は先週、親と一緒に米国に不法入国した子供たちを親から引き離すという司法省の方針を擁護した。 活動家たちによると、亡命に関する決定は特に、ギャングによる暴力が横行する中米への影響が大きいという。 中米からの移民は、ギャングによる暴力からの避難を移民する理由として挙げることが多い。 移民支援団体の反応 米国移民評議会のべス・ワーリン氏は、決定が「数え切れないほどの母親や子供たちが虐待者や犯罪ギャングの元に送り返されるだろう」と述べた。 「暴力の被害者たちに背を向け、深刻な危険がある場所に送還するのは、どの政権であっても目指す成果ではないはずだ」 移民改革を訴える団体、「アメリカの声」を設立したフランク・シャーリー氏はツイートで、「セッションズ長官は、燃え盛る家から逃げ出そうとしている中米の人々を閉じ込めた」とコメントした。 (英語記事 US rejects asylum case in landmark ruling)

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談 金正恩氏のボディガードはどんな人たちか?

    護衛官は、射撃技術や総合格闘技といった能力について、確固たる実績か高い適正を示さなければならない。 BBCのローラ・ビッカー・ソウル特派員はツイッターに、「念のため。金正恩氏の車に併走し、人間の盾として働く護衛は、身体能力、射撃能力、総合格闘技の技術、そして外見で選ばれた人物たちだ。これから数日、注目を」と投稿した。 https://twitter.com/BBCLBicker/status/1005756495776976897 最後に、護衛はそれぞれの家族について2世代前までさかのぼって身辺調査を受け、審査される。副官本部に所属する者の多くは、金氏の家族、もしくは他の北朝鮮高官の家族と血縁関係がある。 護衛官に合格すると(仕事の依頼を断るのは現実的な選択肢ではない)、集中特訓を受ける。護衛は朝鮮人民軍の特殊作戦部隊と似た方式で訓練される。 訓練内容には、拳銃の扱い方、人間の制圧技術、各種の格闘技が含まれる。身体的な耐久力への挑戦、姿勢や動き方など体の使い方の矯正、厳しい軍事訓練なども受ける。 護衛は金氏を輪になって囲み、周り人間や場所を360度の視野で監視して防衛線を作る。金氏の前方を歩いたりバイクなどに乗ったりして先導するのは3人から5人の護衛で、この中には副官本部の部長が含まれる。 金氏の両側は、左右に2人もしくは3人ずつ、合計4人から6人の護衛が守る。金氏の後ろにもさらに4、5人の護衛がつく。 護衛らは金氏の近くで装填(そうてん)済みの銃器を持つことを許されている、数少ない北朝鮮市民だ。このことは、北朝鮮国内で護衛官がいかに権力を持っているかの表れでもある。装備しているのは主に半自動小銃とその予備となる武器だ。 銃器は持っているものの、金氏を守るための主な方法は、(金氏の近くの人間とその場の状況を)観察する技術と、危険と認識した対象を素手で排除することだ。金正恩氏の父、故・金正日総書記が生きていた頃は、総書記に同行する北朝鮮高官2人につき1人の割合で護衛がついていた。 金委員長の護衛は父親と対照的に少なく、あまり威圧的でもない。 護衛官は主に、シンガポールで見られるような西洋風のスーツとネクタイか、朝鮮労働党高官のような人民服を着る。金氏の運転手はいつも麻か革の手袋をつけて車のハンドルを握る。護衛は耳に受信機をつけ、無線通信も行う。 しかし、基本的な連絡手段は非常に古典的だ。存在を識別するため、行事ごとに個別のバッジや飾りピンを服につけ、暗号や合言葉の組み合わせを用いる。 副官本部には推定200~300人が所属する。半分以上は護衛で、残りは運転手や技術スタッフとみられる。金氏を守る護衛の何人かは長いキャリアを持つが、ほとんどの部員は10年以内しか働かない。 酒、食料、タバコ 金氏を囲む2番目と3番目の護衛線を作るのは、護衛司令部だ。 副官本部が金氏自身を護衛するのに対し、護衛司令部は主に金氏が訪れる場所や建物すべての警護に責任を負う。業務を行う建物から私邸、あるいは金氏が訪問する北朝鮮国内外の場所が警備対象となる。 それに加え、護衛司令部は金氏の業務を支援する技術面やいわゆる「ロジ」(段取りの詳細)面に関するいくつかの役割も担当する。 護衛司令部の部員は、副官本部に所属する金氏の護衛と似た選考と審査の過程を経る。実際、ほとんどの護衛は副官本部から護衛司令部に移っていく。 金氏のシンガポール訪問に関する最新の観察と報告によると、平壌からの飛行機が3機、シンガポールに到着したという。このうち少なくとも2機には護衛司令部の部員が乗っていた。 乗っていた男女の部員は金氏を支援する別の任務にあたる。部員は、金氏が使う予定の秘密電話回線やコンピューターとそのITセキュリティの運用および維持を行う。 さらに護衛司令部は、シンガポール滞在中に金氏が欲しがる可能性のある全ての酒、食料、タバコを用意する。金氏に提供される食事と飲み物も全て毒味する。 護衛司令部には、金氏のかかりつけ医師や医療スタッフが働く医療部門もある。少なくとも2人の医療部員がシンガポールに随行している。 金氏の個人的な警備については、護衛司令部の第2護衛部が金氏周辺の三重防衛線のうち外側2つを担当する。第2護衛部は通常、金氏の業務、宿泊、訪問における警備を担っている。 護衛司令部の部員は、金氏を守る護衛のすぐ外側に護衛線を形成する。その後に続く第3の護衛線は、金氏の周囲0.5マイルにある全ての道、柵、その他の設備に配備される。 シンガポールで金氏が滞在するセントレジス・ホテルのロビーに誰か1人が入ってくると、護衛司令部の1人が確実に対応する。 この三重の護衛体制は、他の国でほとんど類を見ない。 走る護衛官の姿が人目を引くが、大事なのはそこではない。大事なのは、そこからさらに広がる、にわかには見えない複数の護衛の層だ。極めて洗練された警備体制は、金王朝の存続を確実にするため、極めて極端で過激な行動にも出る用意があるのだ。 マイケル・マッデン氏は、米ジョンズ・ホプキンス大学・米韓研究所の客員研究員で、北朝鮮分析サイト「38ノース」傘下の北朝鮮指導部をモニターする「ノース・コリア・リーダーシップ・ウォッチ」を運営している。 (英語記事 Trump Kim summit: Who are North Korea's running bodyguards?)

  • Thumbnail

    記事

    映像で見る 米朝首脳が初めて握手した瞬間

    2018年06月12日 12:14 公開 ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の会談が12日午前、シンガポールのホテルで始まった。両国国旗の前で握手を交わし、一対一で会談した後、両政府幹部を交えた拡大会合に入った。 現職の米国大統領が北朝鮮の最高指導者と対面するのは史上初めてだった。 トランプ大統領は、金委員長と「素晴らしい関係を構築できると思う」と述べ、「本当に気分は最高だ。最高の話し合いをして、素晴らしい成功を収める」と述べた。 金委員長は、「ここまで来るのは簡単ではなかった(中略)障害はあったが、克服してここへきた」と話した。

  • Thumbnail

    記事

    「世界を変えた一週間」 米大統領初訪問に備えた1972年の中国

    国政府は、第3の世界革命の中心地に米国人を迎え入れなくてはならないと、人々を説得する必要があった。 BBC編集者のユーウェン・ウー当時、は年若い生徒として中国で暮らしていた。「世界を変えた一週間」とも呼ばれるニクソン大統領の訪問を待ち受けた中国国内はどんな様子だったのか、振り返ってもらった。 1971年7月15日午後7時、米カリフォルニア州にあるNBCテレビのスタジオに入ったリチャード・ニクソン大統領は、中国の周恩来首相の招待を受け入れ、「両国関係の正常化を目指す」と世界に発表した。 それと全く同時、翌16日午前10時になっていた中国・北京では、国営テレビが同じ発表をした。報道は、中華人民共和国の訪問を最初に希望したのはニクソン大統領の方だと念押しした。 世界に大きな驚きの波紋を広げたニクソン氏の緊張緩和を目指す訪中が、このように慎重に振り付けられた発表だったことは、両国が念入りな事前準備を進めていたことを物語っている。 毛沢東の戦略的な計算 当時、中国とソ連との関係が悪化するなか、太平洋の向こう側にいる「敵」よりも、国境の北にある同盟国の方がより大きな脅威だと中国は認識し、米大統領を招待することを決めた。米国に友好の手を差し伸べて、目前の緊張関係で優位に立つことには、喫緊の戦略的重要性があった。 中国のこの認識は、1979年の米国との正式な外交関係樹立につながるさまざまな出来事を生んだ。 まず、毛沢東は1970年に米国人ジャーナリストのエドガー・スノウに対し、米国との関係改善はやぶさかではないとの姿勢を示した。1971年4月には、米国の卓球チームを中国に招いた。 数カ月後、ヘンリー・キッシンジャー大統領補佐官(国家安全保障担当)が極秘に北京を訪問した際に、ニクソン大統領の訪中を提案した。 当時の中国も現在の北朝鮮も同様、目的がいったん設定されれば、政治宣伝や治安、大衆動員を含めた国家権力のさまざまな仕組みが首脳会談を成功させるために動きだした。 筆者は当時15歳で、北京にある中学校に通っていた。実際の訪中についてはあまり覚えていない。同級生たちに聞いてみても、ぼんやりとした記憶しかないと話す。 しかし、わたしたち全員が一つ覚えていたのは、やって来る米国人たちにどう接すべきか、政府が掲げた「へりくだるのでもなく傲慢(ごうまん)でもなく、冷たくも熱くもなく」という標語だ。 これを実行に移した人々の興味深く、時には大笑いするような多くのエピソードを私が知ったのは、何年も後のことだった。 「面前」で罵倒しない 国営放送のトップを務めていたヤン・ジェンカン氏は、「中国の対米姿勢について変更はない」という報道の基本方針があったと話す。 その意味は、「我々にとっては依然として敵だが、ニクソン大統領は客人なので、『くたばれニクソン』とか『くたばれ米帝国主義者』とか面前で叫んだりしてはいけない」ということだ。 その結果、ニクソン大統領が訪中している間は、ラジオやテレビのニュースで、「米帝国主義者」は「米合衆国」に変更された。反米的な番組を製作するのは良くても、過剰な内容はいけないとされた。 中国は、ニクソン訪中が米国内でどう見られているのかや、ニクソン大統領が北京で何をしているか生放送で米国民に伝えたいと望むだろうことも理解していた。米側の技術者たちは中継局を設置したいと希望したが、中国政府は許可しなかった。 妥協策として、周首相の許可の下、中国が米国の中継設備を購入した上で再び米側に貸与し、中国から夕方のニュースの生中継をさせるという方法がとられた。 一に警備、二に警備、また警備 訪中時の警備は大きな懸念だった。中国は訪中時に予期しないようなことが起きず、順調に進行するようにする必要があった。秘密のベールに包まれた自国について、興味津々の米国人たちがあまり知りすぎるのも避けたいと考えていた。 訪中が近づくにつれ、首都では大規模な治安作戦が実施され、多くの人が「階級の敵」として自宅軟禁されたり、監視対象になった。 北京では、学校や職場の拘束時間が延長され、午後8時前に出歩く人の数を制限する措置がとられたという話もある。 筆者の学校では、街中でトラブルが起きたりしないよう、教員がそれぞれのクラスに気を配り、統率するよう求められたと、私の教師は振り返る。先生によると、別のクラスのある生徒はナイフを所持していたという理由だけで逮捕されたという。 一部の生徒は、「林彪(りんぴょう)元帥はどこにいるのか」などと言った微妙な問題に触れるような質問をする可能性がある外国の記者たちにどう対応すべきか指示を受けた。 共産党のトップを務め、一時は毛沢東の後継者とされた林彪は中国から亡命しようとしたものの、飛行機が墜落しモンゴルで死亡したとされる。学生たちはこれは「依然として国家機密で外国人に明かすようなことではない」と教えられた。 このほかにも、「十分な食べ物や衣服がありますか」や、「アメリカは好き?」といった質問への準備をさせられた。 生徒たちは、質問の意味を理解できなかったふりをするか、ただその場から逃げてしまうというのも良しとされた。 万里の長城には偽の観光客 友好的で秩序立った雰囲気を作り出すため、各地区は入念に掃除され、不適切な標語や引用句は街中から取り除かれ、訪中にふさわしい言葉が代わりに掲げられた。 店の棚が空になっていないよう、何台ものトラックに満載された商品が運び込まれた。いつもより商品の種類も多くなった。 ニクソン訪中団と「一般」中国人が触れ合う機会も、多くは中国政府がお膳立てしていたようだ。 同行した記者団の一人だった米紙ニューヨーク・タイムズのマックス・フランケル記者は、訪中に関する報道で1973年のピューリツァー賞を受賞した。 フランケル記者は、2月24日にニクソン大統領が万里の長城を訪れた際のことをこう語る。「万里の長城の上には、『典型的な』観光客の集団がカメラの前で礼儀正しくあいさつし、きれいな服装をした若い女性が特別に歓迎の握手の手を差し伸べるために都合良くいたかのように、彼(ニクソン大統領)が進むルートに戦略的に配置されていた」。 「観光客たち」は実際のところ、この政治的な任務のためだけに選ばれて来ていた。 2008年、ウェブサイトのフィーニックス・ニュースに文章を寄せた男性が、当時小さな工場で働いていたところ、この任務を任せられる政治的に信頼できる10人を選び出すよう指示を受けたことを明かした。良い服装をするよう求められ、仕事着はだめだと言われたという。万里の長城を観光に来たかのように振る舞い、米国からの要人たちからは十分な距離を保ち、何を聞かれて理解できないふりをするよう指示されたという。 画期的な進歩 ニクソン大統領らが万里の長城を訪問した前日は激しく雪が降っていた。何千もの北京市民や軍関係者が夜を徹して道の除雪をし、ニクソン氏らが車で通れるようにした。このことは訪中団に非常に感謝されたが、ニクソン大統領に大きな印象を残したのは万里の長城そのもので、同氏は「中国が過去どんなだったか、また将来どうなれるのかを示す象徴だ」と述べた。 ニクソン大統領は記者らや中国側に対し、「長城を前にして、人々の間にどんな壁もあってほしくないと思う」と語った。 1972年以降、米中関係は友好と緊張を繰り返してきたが、ニクソン大統領の歴史的な訪問が、その後の両国関係が築かれ鍛えられることを可能にしたと言えるだろう。 今はトランプ氏と金委員長との会談に注目が集まっている。約60年にわたる朝鮮半島での敵対関係を終わらせ、平和と安定の始まりにつながることへの期待と共に。 (英語記事 'The week that changed the world': How China prepared for Nixon)

  • Thumbnail

    記事

    「ミスター・キム、大好きです!」 シンガポール名所めぐりの金委員長に

    2018年06月12日 9:59 公開 米朝首脳会談のためにシンガポールを訪れた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は11日夜、市内の観光名所のひとつ、マリナベイサンズ・ホテルなどを訪れた。金委員長の登場に、周りから歓声が上がり、委員長は笑顔で手を振った。 通常は事後にしか委員長の動向を伝えない北朝鮮の国営メディアも、首脳会談の開催を事前に発表するなど、北朝鮮は今回の首脳会談に向けて従来とは違う対応を見せている。

  • Thumbnail

    記事

    史上初の米朝首脳会談、文書に署名 「北朝鮮との関係は大きく変わる」

    2018年06月12日 9:15 公開 ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の会談が12日午後1時半(日本時間同2時半)ごろ、シンガポールで合意文書に署名した。朝から会談していた両首脳は互いに感謝し合い、トランプ氏は北朝鮮との関係や朝鮮半島の情勢は大きく変わると述べた。 両首脳は一対一の会談、拡大会談、ワーキングランチを経て、署名式に臨んだ。トランプ大統領は、「素晴らしい時間を過ごした。この文書に署名できるのは光栄だ」と述べた。金委員長は、「歴史的な会談で、これまでのことを過去のものにすると合意した。歴史的な文書に署名する。世界は大きな変化を目にすることになる」と述べ、会談実現をトランプ氏に感謝した。 両首脳は握手の後、合意文書に署名し、交換し合った。報道陣に非核化について質問されると、トランプ氏は、「そのプロセスをすぐに始める」と付け足し、文書について「包括的」なものだと説明した。 トランプ氏はさらに「今日の成果を誇りに思う。我々の北朝鮮や朝鮮半島との関係は、過去とかなり違うものになる。私たちは、誰が予想したよりもはるかに良く協力し合えた。今後、何度も会う。あなたと作業できて光栄だった」、「素晴らしい日だった。お互いやお互いの国のことを、たくさん知ることができた」と述べた。さらに金委員長については、「とても才能豊かな人で、自分の国をとても愛している」と称えた。 トランプ氏は記者の質問に答え、金委員長を「もちろん」ホワイトハウスに招くつもりだと強調した。 両首脳は最後にもう一度握手して、会場を後にした。 昼食を終えて庭に出た両首脳は、待ち構える報道陣の方へ並んで歩いた。トランプ大統領は、「本当に素晴らしい会談だった。たくさんの進展があった。本当にとても前向きで、大方の予想以上だ。最高級だ。これから署名するんだ」と述べた。 現職の米国大統領が北朝鮮の最高指導者と会談するのは初めて。拡大会合には、北朝鮮がその発言に強く反発していたジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も同席した。 現地時間午前9時(日本時間同10時)すぎに対面した両首脳は両国国旗を背に握手し、通訳2人を挟んで2人だけで言葉を交わすと、再び握手し、並んで回廊を歩いてカペラ・ホテルの書斎に入った。 会談開始前にトランプ大統領は、金委員長と「素晴らしい関係を構築できると思う」と述べ、「本当に気分は最高だ。最高の話し合いをして、素晴らしい成功を収める」と述べた。 金委員長は、「ここまで来るのは簡単ではなかった(中略)古い慣習が障害となっていたが、克服してここへきた」と話した。 回廊を歩く両首脳の近くにいた報道陣によると、金委員長が「世界中が見ている。大勢がこのあり得ない会談を、サイエンスフィクションの出来事のように見るでしょう」とトランプ大統領に話しかけたという情報もある。 ホワイトハウスによると、両首脳はこの後、通訳を挟んで一対一で38分間会談した。午前10時(日本時間午前11時)前には、米国のマイク・ポンペオ国務長官やジョン・ケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長、李洙墉(リ・スヨン)同副委員長、李容浩(リ・ヨンホ)外相も交えた拡大会談に入った。両首脳らはその後、昼食をとりながら協議を続けるワーキングランチを続けた。 トランプ大統領は12日夜には帰国の途に就く予定。金委員長は午後2時には出発するだろうと言われている。 前例のない首脳会談は、朝鮮半島の緊張緩和が目的。米政府は、北朝鮮による完全かつ検証可能で不可逆な核放棄を求めており、北朝鮮が体制保証や制裁解除、経済援助と引き換えにどこまで譲歩するのかが注目されていた。 トランプ氏は今回の会談を、平和実現の「一度きりの機会」と呼んでいた。米政府は今回の会談を端緒として、いずれ朝鮮半島の非核化につながる交渉プロセスの開始を期待している。 トランプ氏は当面、会談実現にこぎつけたのは自分が「最大の圧力」を北朝鮮にかけ続け、経済制裁を強化し、軍事行動も辞さない姿勢を示したからだと主張するものと見られる。 金氏にとっては、北朝鮮の旗が星条旗に並ぶ前で米大統領と握手したというそれだけで、祖父も父も果たせなかった大勝利を収めたことになる。米大統領と対等な立場で会談したことで、自分自身と北朝鮮の正統性を国際社会が承認したという文脈づくりが可能になった。 両首脳はシンガポール市内で近接するそれぞれのホテルを出発し、現地時間午前8時半(日本時間同9時半)ごろ、シンガポール島から数百メートル南のリゾート地、セントーサ島のカペラ・ホテルに入った。 11日にはポンペオ国務長官が記者会見し、米国は「完全かつ検証可能で不可逆な非核化」しか受け入れないとあらためて強調しつつ、その代わりとして「独特の」形で北朝鮮の安全を保証する用意があると述べた。 <おすすめ記事> 米朝首脳会談の議題にならないこと たとえば人権問題 トランプ氏、G7の儀式よりもその場の勢いが好み 米朝首脳会談へ 米朝首脳会談 中国の役割めぐる3つの疑問 「世界を変えた1週間」 46年前の中国は米大統領にどう備えたか トランプ大統領は数時間後に首脳会談を控えた12日早朝、自分の批判勢力に強い調子で反論するツイートを投稿した。 「憎む連中や負け犬どもは、僕が会談するのが米国にとって大損失だと言う。人質は戻ってきた、実験も研究もミサイる(原文はmissileをmissleと誤記)打ち上げも全部止まった。あの有識者どもは、最初から僕が間違ってると言ってきた連中は、これ以上もう何も言えない! みんなもう大丈夫だ!」と大統領はツイートした。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1006296018210603008 トランプ氏はこの前には、双方の事務方による事前協議は「良好に、素早く」進んでいるとツイートした上で、「でも最後にはそれはどうでもいいことだ。以前のと違い、本物の合意が実現できるのか、みんな間もなく分かる!」と書いた。 金委員長は11日夜、シンガポール市内の観光名所を次々と訪れた。金氏の登場に興奮した人たちが歓声を上げるなか、委員長はほほ笑み手を振るなどした。 同行していたシンガポールのバラクリシュナン外相は、並んで撮ったセルフィー(自撮り写真)をツイートした。 https://twitter.com/VivianBala/status/1006169863163973637 12日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、この観光地めぐりの様子を写真つきで一面で伝えた。これによって北朝鮮の国民は、自分たちの国と大幅に様子の異なる外国の街中に最高指導者がいるという珍しい光景を、垣間見ることになった。 国際社会で長年孤立していた独裁国家・北朝鮮の最高指導者が、外交のひのき舞台で、主要国の要人として扱われていることについて、国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は、「これほど重大な事態でなければ、このサーカスじみた雰囲気を面白がることもできるのだが」と書いた。 これまでの経緯 北朝鮮の核・ミサイル開発が進展するに伴い、両首脳は昨年、激しい罵倒と中傷を交わし続けた。トランプ氏は金委員長を「ロケットマンは自殺任務に突き進んでいる」と嘲笑し、北朝鮮が米国を核兵器で脅し続けるなら「炎と激怒」で対応すると発言した。対する金委員長は、トランプ氏を「狂った」「老いぼれ」などと罵倒した。 米政府は中国に協力を求めつつ、北朝鮮に「最大圧力」をかけ続けたものの、北朝鮮は昨年9月に6回目の核実験を慣行。昨年11月には、米本土に到達可能な新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)15」の発射を成功させ、「核武力完成の歴史的大業」を実現したと発表した。 北朝鮮の一連の動きに対して、国連や米国は経済制裁を重ね、昨年12月には、北朝鮮への石油精製品の年間輸出量を最大90%削減する追加制裁案を、15理事国の満場一致で可決した。 今年元日には、金委員長が「新年の辞」で韓国との対話姿勢を示し、韓国・平昌で開かれた冬季五輪への選手団と高位級代表団の派遣、南北首脳会談と米朝首脳会談の提案と、事態は展開した。 韓国政府代表が3月、金委員長の意向を米政府に伝えると、トランプ氏は首脳会談に応じ、世界を驚かせた。 しかし、核廃棄の条件などをめぐり米政府高官の発言に北朝鮮が反発し、トランプ氏は5月下旬にいったん会談中止を通告したが、韓国の仲介など外交交渉を経て、再び実現に向けて動き出した。 (英語記事 Trump Kim summit: US and North Korean leaders to hold historic talks)

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談 中国の役割めぐる3つの疑問

    2018年06月11日 16:10 公開 ジョン・サドワース記者 BBCニュース(北京) ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が歴史的な首脳会談に臨もうとするなか、触れられていないものの誰もの念頭にあるのが中国だ。 中国は、北朝鮮にとって最も重要な長年にわたる同盟国なのと同時に、米国にとっては最も手ごわく、長期戦略上のライバルとなっている。 このため中国は、米朝首脳会談での合意が成功するかどうかの大きなかぎを握っている。 トランプ大統領と金委員長が脚光を浴びるなか、舞台の外で存在感を放つ影の主役をめぐる3つの疑問について考えてみる。 <おすすめ記事> トランプ氏、G7の儀式よりもその場の勢いが好み 米朝首脳会談へ 「恒久的な平和維持メカニズム」を協議へ=北朝鮮 「トランプ氏を裏切る者には地獄の特別な場所」と側近 中国が求めていることは? 一言で言えば安定だ。 言い換えれば、中国は国境の向こう側で核による瀬戸際政策がとられることを絶対に避けたいと考えている。 中国は、北朝鮮のパラノイアをいやというほど知っている。一方で、米国の気まぐれな大統領を信用していない。 そして、再び舌戦が始まり、軍事的な計算違いや緊張の高まりにつながるのを真剣に恐れている。 そうしたなかでは、外交と対話への復帰が中国の目的そのものになっているように思えることが時々あった。 しかし、北朝鮮に対する中国の堪忍袋の緒が切れそうになっているように近年見えるなかで、依然として北朝鮮は長年の同盟国で、米国は共通の戦略的なライバルだ。 金委員長が多大な犠牲を払って手に入れた核の抑止力を交渉によって一方的に放棄するような可能性があるのかどうか、中国はずっと現実的な考えを持っているだろう。 例えば朝鮮半島における米軍展開の変化といった何らかの妥協を、金委員長がトランプ大統領から得られたとしたら、中国にとってはもちろん好都合だ。 北朝鮮に対する中国の影響力はどの程度あるのか? 多少はある。 北朝鮮の貿易額の90%を対中国が占めている。 しかし、中国が北朝鮮を交渉の席に付かせたわけではない。 中国は隣国に対するこれまでになく厳しい制裁に同意したが、経済的に孤立化すればするほど北朝鮮は核抑止力の戦略に傾斜するだろうと、一理ある主張をしつつの同意だった。 金委員長は、自分自身の戦略的な理由から、自分自身で決めてシンガポールに向かった。 一方、中国が制裁を実施するのは主に、自国の目的に沿うからだ。 中国は協調的な姿勢によって、米国との地政学的競争という、より幅広い面で利点を得る。 さらに、中国の意向を完全には無視できないことを北朝鮮に思い出させる、限定的ながらも効果的な方法でもある。 制裁の効果はもちろん限られている。北朝鮮は、中国が恐れているのは核の現状よりも国境の向こう側で経済崩壊が起きることだと知っているからだ。 主客転倒の典型的な例だろう。 注目すべきことに、中国の習近平国家主席が金委員長と初めて会ったのは、わずか3カ月前。両首脳はその後、もう一度会談している。 一部のアナリストが言うように、一気に活発になった外交は中国が蚊帳の外に置かれるのを恐れたためだろうか。 急に制裁が少しだけ緩和されたと示唆する情報もある。 また、トランプ大統領は中国の介入を暗に指摘し、「少し失望しているとは言える。金正恩氏が習主席と会談したとき(中略)金正恩氏の態度に少し変化があったように思えるからだ。だからうれしくない」と語った。 米朝首脳会談が不調に終わったら中国はどうする? 中国にとっては、対話を続けさせるものなら、条約だろうと行程表だろうと友好的な握手とぼんやりした計画だろうと、何でも成功になる。 中国から見れば、北朝鮮の若き指導者に注目すべきなのは、曖昧な非核化に関する発言よりも、始まったばかりの国内経済の改革だ。 中国外務省によると、北朝鮮の高官らによる代表団が先月、「中国の国内経済開発の成果を学ぶため」北京を訪れたという。 それが中国が常に好んできたやり方だった。 中国からすれば、核兵器を限定的に保有する北朝鮮が終わりのない軍縮交渉を強いられるなかで、中国企業がインフラ建設や貿易拡大を進めるのは、それほどひどい状況とは言えないかもしれない。 「中国の夢」の輸出だ。繁栄による安定。もちろん相当程度の独裁も維持しつつ。 北京のカーネギー清華グローバル政策センターの北朝鮮専門家、ジャオ・トン氏は、「非核化について首脳会談でどれほど前進があるかにかかわらず、中国はより重要な長期的目標を持っている」と話した。 「それは、北朝鮮を経済成長させ、孤立したのけ者国家から、より普通で開放的な国に変化するのを助けるというものだ」 しかし、もし首脳会談がうまくいかず、米国が再び軍事攻撃を口にするようになったとき、中国はそれでも自分たちの計画を推し進めるかもしれない。 核爆弾を手に入れた北朝鮮は、今は明確に政治モードだ。 北朝鮮の「抑制的な」姿勢を評価する中国は、もし首脳会談が物別れになれば、責任はトランプ大統領にあると主張する可能性が高い。 ジャオ・トン氏は、「もし米国が首脳会談の席を立ち、最大限の圧力政策を復活させるなら、中国は外交の失敗の責任を米国に押し付けるだろう」と語った。 「もし米国が北朝鮮の非武装化に軍事攻撃をちらつかせるなら、米国に対する抑止力を示すため、中国が自国軍を動かそうとする可能性があると、私は考えている」 中国は舞台の袖で控えている。 シンガポールでの首脳会談はいずれにしろ、中国の影響力を高める可能性が高い。 (英語記事 Trump-Kim Summit: Three questions about China's role)

  • Thumbnail

    記事

    英女性参政権100年を祝うデモ行進 4都市で

    2018年06月11日 15:11 公開 女性参政権運動を象徴する緑、白、紫を身にまとった女性や少女たちが、ベルファスト、カーディフ、エディンバラ、そしてロンドンの4都市で行進した。

  • Thumbnail

    記事

    伊内相、移民救助船の寄港を拒否 629人が乗船

    港が許された。 マルタ政府は、移民をめぐる義務は全て履行していると強調している。 <用語について> BBCは、亡命申請の法的手続きを終えていない、移住中の人すべてを「移民」(migrants)と呼んでいる。この中には、戦争で引き裂かれているシリアのような国を逃れて移動し、難民認定される可能性の高い人たちも含まれる。また、各国政府に「経済移民」と分類される可能性の高い、より良い職業や生活を求めて移動している人たちも、「移民」に含まれる。 (英語記事 Italy shuts ports to migrant rescue ship)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、G7の儀式よりもその場の勢いが好み 米朝首脳会談へ

    2018年06月11日 14:03 公開 ジョン・ソープルBBC北米編集長 今週末、古い政治と新しい政治が実に見事に衝突した。 カナダ・ケベックでの主要7カ国首脳会議(G7サミット)では伝統的なもののやり方で、全員が署名できる文言を練り上げようと事務方や政治顧問たちが2晩にわたり苦しみ続けた。 私はカナダからシンガポールまではるばる移動するため、サミット会場を早めに出た。 ケベックを出発する時点では、誰もが合意は不可能だと思っていた。それなのに、なななんと、乗り換えのために私が香港に降り立ったときには、合意文書がまとまったと知らされた。成功だ。それにもかかわらずしばらくすると、ドナルド・トランプ氏が、いったん署名した文書への支持を取りやめるとツイートした。ジャスティン・トルドー氏が記者会見で発言したことのせいで。信じられない。 シンガポールでの手法はどうやら、別物になるらしい。新しい政治の世界だ。こちらの方がずっとトランプ氏の好みに合っている。 <おすすめ記事> 「恒久的な平和維持メカニズム」を協議へ=北朝鮮 「トランプ氏を裏切る者には地獄の特別な場所」と側近 G7首脳会談の1枚  この写真には誰と誰が その場の勢い そもそも、シンガポールでの会談は多国間ではない(この大統領は多国間協議にアレルギーがある)。会談は二国間だ。一対一。2人だけ。頭と頭。目玉と目玉。キムとドナルド。あとは通訳か。 古い政治のやり方に慣れている人なら、いえいえそれはなりませんと言うだろう。書類ファイルを抱えた事務方の同席が必要だと。細かい文字でびっしりの、付箋がはりまくられた書類が入ったファイルと、ピンクの蛍光ペンを手にした事務方がいなければならないと。 細かな内容は何週間も前から担当省庁同士で詰めていたはずだし、合意文書案は両首脳が向き合う前に、すでに整っていたはずだ。古いやり方なら。 そして、金委員長とトランプ大統領を2人きりで同じ部屋に座らせておくなど、もちろんありえない。2人きり? まったくあり得ない。 映画「プリティ・ウーマン」のあの場面を覚えているだろうか。リチャード・ギア演じるエドワード・ルーカスが、買収交渉の席から弁護士を追い出して、財産を奪おうとしている相手に自分だけで向きあうと言った時の、弁護士のがくぜんとした表情を(自分はあの映画を見すぎかもしれない……)。覚えてなくても、ともかく想像してみて、そしてそれを1000倍にしてみてもらいたい。 言いなりには しかし、あえて言うが、従来の政治手法ではここまでたどり着けなかった。私たちが今こうしているのは、トランプ氏が剣を振り回して伝統的な外交手法を切り裂いたおかげだ。 金氏に首脳会談をしようと呼びかけられて45分もしない内に、米国大統領は応じていたのだ。 もちろんどこかには弁護士が大勢待機して、文案をじっと検討することになるはずだ。事務方もいれば、顧問もいるだろう。しかしみんな、延々と手持ち無沙汰のまま待たされるはずだ。少なくとも今回は。 ワシントンを出発する直前、私はホワイトハウスのウェストウィング(執務棟)で高官級の大統領側近のオフィスにいた。この人物は、首脳会談は5分で終わるかもしれないが、2日続くかもしれないと話した。すべては、2人が意気投合するかどうかにかかっていると。 両首脳は2人とも事務方の言いなりには決してならない、強い意志の持主なのだそうだ。つまり、予想外のことを予想するようにと。常に。 トランプ氏は、たいてい5秒もあれば誰かと仲良くなれるかどうか分かるものだと言う。自分たちの時代に平和は訪れるのか、それとも会談は決裂したので空港に直行するのか。政府高官たちで控え室でそわそわしながら知らせを待つ様子が、容易に目に浮かぶ。 サミット劇場 トランプ大統領は、首脳会談の準備はさほどしてこなかったと話す。その必要はないのだと。 それでもなお、朝鮮半島の非核化をどう定義するか、検証方法はどうなるのか、どれくらいの期間で実現するのか、見返りとして米国はどの程度の経済援助や安全保障や制裁解除を提供するのか、そして、そして……。こうした諸々はどれも頭をかきたくなるほど、複雑な問題だ。 首脳会談の見た目は、決して軽々しい話ではない。具体的な形について、相当な熟慮が重ねられたはずだ。両首脳がまず最初に会うのはどこで、カメラの位置はどこで、背景は何になるのか。屋内での撮影はどうなって、屋外ではどうなるのか。 トランプ氏は見世物が大好きだ。リアリティ番組「アプレンティス」に長年登場していた以上、見た目がいかに大事か理解している。なので、今回の会談は単なるオーバーな撮影会で終わるのか? いや、違う。これはとてつもない、異例の、歴史的な出来事だ(「歴史的」は確かに使われ過ぎている)。これはものすごいことだ。 昨年9月の時点では、核戦争になるならないがもっぱらの話題だった。それが今では、平和の可能性を話している。 もちろん、これは長いいばらの道を行く旅路の始まりに過ぎないかもしれない。だとしても、少なくとも始まるのだ。 果たして従来の政治手法で、ここまでたどり着いただろうか。 両首脳が意気投合しますようにと願うしかない。まともな反応は、それしかない。 (英語記事 Donald Trump prefers unscripted Kim summit in Singapore to G7 ritual)

  • Thumbnail

    記事

    車で日本からロンドンまで 5万キロの道のりを

    2018年06月11日 12:38 公開 小川金次郎さんは1970年代にロンドンに住んでいたことがある。後に日本に戻ったが、いつか英国を再び訪れようと考えていた。 小川さんは定年退職後、車でロシアやスカンジナビア半島、欧州、アフリカなど5万キロを走り、ついにロンドンにたどり着いた。 製作:マーティン・ベンナード 

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏は金氏をどう呼ぶのが良い 同志? 委員長? 閣下?

    2018年06月11日 12:36 公開 「敬愛される同志」、「最高指導者」、「朝鮮労働党委員長」、「国務委員長」など、北朝鮮の金正恩氏の呼称には色々ある。 12日にシンガポールで初めて直接対面するドナルド・トランプ米大統領は、金氏をなんと呼ぶのが良いのか。

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談 大きな飛行機と走るボディガード

    2018年06月11日 10:44 公開 12日の米朝首脳会談に備えて10日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ米大統領がそれぞれ、シンガポールに到着した。 金委員長は中国国際航空のボーイング747型機で到着し、トランプ大統領は大統領専用機エアフォース・ワンに乗っていた。金委員長が使ったボーイング機は通常は、中国の習近平国家主席が利用するものという。 金氏はイリューシン輸送機で運ばれた専用車両で、空港から市内へ向かった。その周りをボディガードが取り囲み、小走りで走る様子がシンガポールでも見られた。 トランプ氏も大統領専用車に乗り込み、長い車列と共に、滞在先のホテルに入った。

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談、「恒久的な平和維持メカニズム」を協議へ=北朝鮮

    ば、シンガポール国民の努力は歴史に刻まれるだろう」と話した。 型破りな取引術? ―ジョン・ソープルBBC北米編集長 あえて言うが、従来の政治手法ではここまでたどり着けなかった。私たちが今こうしているのは、トランプ氏が剣を振り回して伝統的な外交手法を切り裂いたおかげだ。 トランプ大統領は、首脳会談の準備はさほどしてこなかったと話す。その必要はないのだと。 それでもなお、朝鮮半島の非核化をどう定義するか、検証方法はどうなるのか、どれくらいの期間で実現するのか、見返りとして米国はどの程度の経済援助や安全保障や制裁解除を提供するのか、そして、そして……。こうした諸々はどれも頭をかきたくなるほど、複雑な問題だ。 自分たちの時代に平和は訪れるのか、それとも会談は決裂したので空港に直行するのか。政府高官たちで控え室でそわそわしながら知らせを待つ様子が、容易に目に浮かぶ。 今回の金氏との会談が長い茨の道を行く旅路の始まりだとしても、少なくとも始まるのだ。果たして従来の政治手法で、ここまでたどり着いただろうか。 トランプ氏は、たいてい5秒もあれば誰かと仲良くなれるかどうか分かるものだと話した。 だとするなら、両首脳が意気投合しますようにと願うしかない。まともな反応は、それしかない。 (英語記事 North Korea sets out its summit agenda )

  • Thumbnail

    記事

    G7閉幕後も舌戦 「トランプ氏を裏切る者には地獄の特別な場所」と側近

    2018年06月11日 9:22 公開 カナダ東部シャルルボワで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日に閉幕したが、団結と協調は表面的なものに過ぎなかった。閉幕後も、米国とその他6カ国の間で舌戦が続いている。 ドナルド・トランプ米大統領と2人の顧問は、カナダのジャスティン・トルドー首相が「誠意に欠けた外交」を行ったと非難した。 一方、アンゲラ・メルケル独首相は、トランプ氏が合意文書(コミュニケ)の承認を撤回したのは、「冷静にならざるを得ない」、「残念なこと」だと話した。 コミュニケは、主に貿易をめぐる主要国間の深い溝を埋めようとする内容だった。 米国の貿易相手国はここ数週間、トランプ政権が新たに課した鉄鋼とアルミニウムの輸入関税を批判していた。 舌戦の始まりは? サミット閉幕後の記者会見でトルドー首相は、米国の輸入関税導入への反対をあらためて示し、7月1日から報復措置を発動させると発表した。 トルドー氏はさらに、「カナダ人は礼儀正しく合理的だが、好き勝手にされるがままなどあり得ない」と言明した。 これに対しトランプ大統領は、シンガポールでの米朝首脳会談へ向かう中で、米政府代表に「コミュニケを承認しないよう指示した。まずは米国市場をあふれさせている自動車への関税を検討する」とツイッターに投稿した。 トルドー首相の「事実と異なる発言(中略)や、カナダが米国の農業関係者や労働者や企業に莫大な関税を課していること」が理由だと、トランプ氏は書いた。 さらに大統領は続けて、「カナダのジャスティン・トルドー首相はG7会合の最中はすごくおとなしくて穏やかだったのに、僕がいなくなったら記者会見して、『米国関税はいささか無礼だ』、『好き勝手な真似はさせない』とか言ったりしている。非常に不正直で弱虫だ。我々の関税は、カナダが乳製品に270%もかけてることへの反応だ!」とツイートした。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1005586562959093760 トランプ氏の経済顧問を務めるラリー・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長と、貿易顧問のピーター・ナバロ国家通商会議委員長も10日朝のテレビ番組に出演し、トルドー氏を攻撃した。 クドロー氏は「(トルドー首相は)言わば我々を裏切り、後ろから刺したようなものだ」と発言。ナバロ氏は「ドナルド・J・トランプ大統領相手に不誠実な外交を展開してから、その場を離れる相手を裏切り背中を刺すような国家首脳には、それが誰でも、地獄の特別な場所が用意されている」と発言した。 カナダのクリスティア・フリーランド外相はこれに対し、トランプ氏が掲げたカナダの鉄鋼とアルミニウムへの関税導入は「馬鹿げていて、率直に言ってカナダ人への侮辱だ」と語った。 トランプ氏は関税導入の理由として国家安全保障を挙げており、9日の記者会見では「すごい軍隊を持つにはすごい賃借対照表が必要だ」と話していた。 フリーランド外相は「カナダは米国にとって最も近しく強力な同盟国だ。私たちが米国の国家安全上の脅威になるはずもなく、米国人もそれを分かっているはず」と述べた。 <おすすめ記事> G7首脳会議、混乱して閉幕 トランプ氏、合意文書の不承認を指示 G7首脳会談の1枚  この写真には誰と誰が G7サミット開幕 トランプ氏、貿易問題とロシア処遇めぐり孤立 その他のサミット参加国もトランプ氏の対応には驚いたようで、コミュニケを支持すると約束した。 エマニュエル・マクロン仏大統領は、国際協力は「突発的な怒りや捨てぜりふで決められてはならない」と声明を出した。 「まじめに、国民にふさわしい行動をとろう。私たちは、約束をすればそれを守る」 サミットで話し合われたこと G7サミットでは「ルールに基づく国際秩序」を推進すると合意し、「自由、公平で相互利益になる貿易と投資は(中略)成長と雇用創出の主要原動力」だと確認し合った。さらに、「関税障壁、非関税障壁の削減に向けて努力する」と宣言した。 さらに首脳合意文書では、ロシア政府に「不安定化行動を停止」し、「民主主義を損なおうとする」行為をやめるよう求めた。シリアのアサド政権支援も中止するよう呼びかけている。イランについては、核開発事業が「恒久的に」平和的なものであり続けると約束するよう求めた。 (英語記事 War of words erupts after tense G7 summit)

  • Thumbnail

    記事

    G7首脳会談の1枚  この写真には誰と誰が

    2018年06月10日 20:07 公開 カナダで開かれた今回の主要7カ国首脳会議(G7サミット)は始まる前から、ぎこちなく気まずいものになると予測されていた。アンゲラ・メルケル独首相のインスタグラムに投稿されたこの写真は、そうした気まずい一瞬を切り取ったように見える。 この写真に写っているのは誰と誰で、貿易論争でどういう立場なのか、並べてみた。 1.ドナルド・トランプ米大統領 トランプ氏は先に鉄鋼に25%、アルミニウムに15%の輸入関税を課すと発表し、欧州連合(EU)とカナダ、メキシコといった同盟国を驚かせた。いずれも報復措置に踏み切る方針を示しており、サミットは最初から亀裂の影に覆われていた。トランプ氏が孤立する場面もあった。トランプ氏は米国がまるで「みんなが金を盗み続ける貯金箱」のようだと不満を漏らしながら、閉会前にサミットを後にした。しかし、G7首脳陣との関係は「10点中10点」だとも言っている。 2.ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当) ボルトン氏がトランプ氏の国家安全保障問題担当補佐官になって3カ月、すでに情勢に影響を与えている。トランプ氏が関税導入の理由として「国家安全保障」の懸念を挙げるのは、ボルトン氏が以前から声高に支持してきた発想だ。 3.山崎和之外務審議官 2017年7月に就任した山崎氏は、パキスタンへの外交代表団を率いたほか、ソウルで開かれた日中韓の自由貿易協定の協議に参加した。 4.安倍晋三首相 安倍首相は、米国の高い関税に対する報復措置に参加するよう、他のG7各国から強く求められ、難しい立場に追い込まれた。同首相はこれまでトランプ氏との友好関係を築くために努力してきており、トランプ氏の大統領当選以降、少なくとも10回は会談していると言われている。 5.西村康稔内閣官房副長官 与党・自由民主党所属の西村氏はかつて、通商産業省(現経済産業省)で働いていた。 6.アンゲラ・メルケル独首相 この写真でも明らかなように、メルケル首相はサミットで協議の先頭に立ち、各国の相違を解消しようとしていた。8日には、米国と同盟国との貿易紛争解決メカニズムの構築を提案したもようだ。会期中にトランプ氏との関係について質問されたメルケル氏は、自分たちは常に意見が一致する訳ではないが、話し合うことはできていると話した。 「米大統領とは腹を割った直接的な関係を保っていると言える」と、首相は述べた。 7.エマニュエル・マクロン仏大統領 マクロン大統領は首脳会議が始まる数時間前に、関税をめぐりトランプ氏とツイッターでやり合っていた。このため、2人の間で花開きつつあった「ブロマンス」は終わったのかと首をかしげる人もいた。それでも2人は仲が良さそうで、マクロン氏の側近はトランプ氏との会談は「率直で活発」だったと話した。 8.テリーザ・メイ英首相 メイ首相は先週、トランプ氏に電話で、米国の輸入関税は「正当化できるものではなく非常に残念」だと伝えていた。しかし、サミットではそれよりも協調優先の態度をとり、貿易戦争になりかねない瀬戸際から後ろに下がるよう、他の首脳陣に呼びかけていた。 9.ラリー・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長 トランプ大統領の経済最高顧問は関税引き上げの動きを擁護し、同盟国と貿易で対立が高まっている状況の責任を大統領に負わせるべきではないと発言している。クドロー氏は、トランプ氏が提案したG7内の関税ゼロ案こそ、「経済成長を促す最善の方法」だと言う。 メルケル独首相の公式インスタグラムに載った写真とほぼ同じ時に別の角度から撮られた写真を、マクロン仏大統領がツイートした。トランプ大統領をいかに多くの首脳と側近たちがぎっしり取り囲んでいたか、全体状況がよく分かる写真だ。 カナダのジャスティン・トルドー首相の公式カメラマン、アダム・スコッティ氏も同じ場面を撮影したが、写る人たちの表情はもう少し和やかだ。メルケル氏とトランプ氏、トルドー氏が笑っているように見える。 メルケル氏の公式アカウントに載った写真はソーシャルメディアで大いに話題になり、さまざまな面白いキャプションが競い合うようにつけられた。 ツイッターでは大勢が、権力者メルケル氏の姿勢や、堂々としたボディランゲージを指摘した。学校の先生が、いたずらをした生徒(トランプ氏)を叱っているようだという意見も多く出た。 ベンジャミン・ロドリゲスさんは、「この写真のボディー・ランゲージを見て。トランプは明らかにメルケルの前でひるんでいる」と書いた。 https://twitter.com/Benjar49/status/1005492997956472837 ドイツのニュースサイトTオンラインのファビアン・ラインボルト米国特派員は、「1つの場面、4つの視点。1.メルケル陣営 2.マクロン陣営 3.コンテ陣営 4.トランプ陣営」とツイートし、同じ瞬間でも色々な切り取り方があったことを指摘した。 https://twitter.com/fabreinbold/status/1005533097549598726 強烈なボディーランゲージによる表現も、大勢の目を引いた。 アイスランドのバンド「エージェント・フレスコ」のアルノー・ダンさんは「この写真は芸術作品だ。タイトルは『ボディーランゲージ』」とツイートした。 https://twitter.com/Arnor_Dan/status/1005492358568382475 いったいどういう会話が交わされていたのか、面白おかしく想像する人も大勢いた。たとえば、ジョシュ・ジョーダンさんはこう書いた。 「メルケル: 私が『関税は悪い』と言ってそっちの足を踏んだら、にっこり笑ってうなずくのよ。 トランプ: わかった! メルケル:(トランプの足を踏みながら) 関税は消費者の負担となり、全ての国の経済を痛めつける。 トランプ:(反応せず、やがて安倍にささやく) ほら、なんか言われてるよ」 https://twitter.com/NumbersMuncher/status/1005503190979284993 (英語記事 Trump at G7: Who's who in Merkel's photo?)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ米大統領と金委員長、それぞれシンガポール到着 

    2018年06月10日 19:27 公開 ドナルド・トランプ米大統領が10日夜、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が同日午後、それぞれシンガポールに到着した。12日に歴史的な米朝首脳会談に臨む。現職の米国大統領が北朝鮮の指導者と会談するのは、史上初のことになる。 金委員長は中国国際航空のボーイング747型機で、トランプ大統領は大統領専用機エアフォース・ワンで、それぞれシンガポール入りした。金委員長が使ったボーイング機は通常は、中国の習近平国家主席が利用するものという。 先に到着した金委員長は、米朝会談に先立ちシンガポールのリー・シェンロン首相と会談し、「世界中が注視している」米朝首脳会談の開催地として準備を整えてくれたことに謝意を伝えた。トランプ氏も、米朝会談の前にリー首相と会談する予定。 シンガポールに着いたトランプ氏は記者団に、会談について「いい気分だ」と話した。 金委員長とトランプ大統領は11日を間に挟んで、12日朝にリゾート地のセントーサ島で初めて顔を合わせる予定。首脳会談の会場はカペラ・ホテル。宿泊先は両首脳ともシンガポール島で、トランプ氏はシャングリラ・ホテル、金氏は近くのセントレジス・シンガポールに滞在している。 ロイター通信によると、セントレジス・シンガポールでは、建物内を自由に移動できるのは揃いの黒いスーツを着た北朝鮮報道関係者のみで、観光客が共用部分で写真を撮っていると警備員に移動させられていたという。 カナダ東部シャルルボワで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)に出席していたトランプ大統領は、シンガポールへ向かう機内で、北朝鮮にとって「一度きりの機会は無駄にならないと、そういう気がする」とツイートした。 トランプ氏は首脳会談の使命は平和だとしながらも、自分と金委員長は「本当の意味で未知の領域」にいると慎重な姿勢を示していた。 G7首脳会議を閉幕前に離れたトランプ氏は、シンガポールへ向かう機内で、いったん署名したG7首脳合意文書を承認しないとツイートした。 大統領はその際、「シンガポールへ向かっている。北朝鮮と世界のため、本当に素晴らしい結果実現の機会がある。興奮する日になるのは確実で、今までほとんどなかったことをするために金正恩は一生懸命がんばるはずだ。自分の国に平和と大きな繁栄をもたらすために。会うのを楽しみにしているし、この一度きりの機会は無駄にならないと、そういう気がする」と書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1005554687678922752 2011年に父親の跡を継ぎ北朝鮮の最高指導者となって以来、金委員長が訪れた外国は、中国と韓国に次いで3カ国目。 今年3月と5月に同盟国・中国を訪れたほか、今年4月には北朝鮮の指導者として初めて、軍事境界線上にある板門店の韓国側に入り、文在寅大統領と会談した。 金委員長はスイスの寄宿学校で教育を受けたとみられており、4月の首脳会談で韓国側はジャガイモを焼いたスイスの伝統料理、レシュティを提供した。 米政府はこの首脳会談を、朝鮮半島の完全非核化を実現する交渉プロセスの端緒としたい構え。一方で北朝鮮は、「非核化」という表現は使いつつも、その内容について具体的に明らかにしていない。せっかく手に入れた核兵器を一方的に手放すはずがなく、米国を含めた全当事者が朝鮮半島で武装解除するよう求めるのではないかとの見方もある。 専門家の間には、世界最強の国・米国の大統領と直接会談する機会を獲得したこと自体、金委員長にとっては自分の権威付けにつながる大きな成果だという意見もある。 一方で、金委員長は北朝鮮の経済再建を最重要視する姿勢を示しており、制裁解除や国際的な経済援助を求める可能性もある。 金氏が核兵器を交渉材料に何をどの程度、譲歩する用意があるのか未知数で、加えて約束を守るのかどうかも不透明だ。父・金正日総書記時代の北朝鮮は、核放棄の約束を繰り返し破ってきた。 これまでの経緯 北朝鮮の核・ミサイル開発が進展するに伴い、両首脳は昨年、激しい罵倒と中傷を交わし続けた。トランプ氏は金委員長を「ロケットマンは自殺任務に突き進んでいる」と嘲笑し、北朝鮮が米国を核兵器で脅し続けるなら「炎と激怒」で対応すると発言した。対する金委員長は、トランプ氏を「狂った」「老いぼれ」などと罵倒した。 米政府は中国に協力を求めつつ、北朝鮮に「最大圧力」をかけ続けたものの、北朝鮮は昨年9月に6回目の核実験を慣行。昨年11月には、米本土に到達可能な新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)15」の発射を成功させ、「核武力完成の歴史的大業」を実現したと発表した。 北朝鮮の一連の動きに対して、国連や米国は経済制裁を重ね、昨年12月には、北朝鮮への石油精製品の年間輸出量を最大90%削減する追加制裁案を、15理事国の満場一致で可決した。 今年元日には、金委員長が「新年の辞」で韓国との対話姿勢を示し、韓国・平昌で開かれた冬季五輪への選手団と高位級代表団の派遣、南北首脳会談と米朝首脳会談の提案と、事態は展開した。 韓国政府代表が3月、金委員長の意向を米政府に伝えると、トランプ氏は首脳会談に応じ、世界を驚かせた。 しかし、核廃棄の条件などをめぐり米政府高官の発言に北朝鮮が反発し、トランプ氏は5月下旬にいったん会談中止を通告したが、韓国の仲介など外交交渉を経て、再び実現に向けて動き出した。 なぜシンガポールで シンガポールはさらに、米国の親しい同盟国であると同時に、北朝鮮と経済関係があり、北朝鮮大使館もある数少ない国のひとつだ。経済的に豊かで先進的なシンガポールを、金一族が好むとも言われている。 両首脳はシンガポール島のホテルに宿泊しながら、シンガポール島の南にあるリゾート地、セントーサ島の高級ホテル、カペラ・ホテルで会談する。カペラ・ホテルはゴルフコースやヨットハーバー、高級レストランやカジノ、テーマパークなどを備える五つ星ホテルだ。 セントーサ島へのアクセスはケーブルカーかモノレール、遊歩道、車両用トンネルに限られており、いずれも容易に制限できる。 (英語記事 Trump Kim summit: North Korean leader arrives in Singapore)

  • Thumbnail

    記事

    G7首脳会議、混乱して閉幕 トランプ氏、合意文書の不承認を指示

    2018年06月10日 17:29 公開 カナダ東部シャルルボワで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日、ドナルド・トランプ米大統領がいったん発表された合意文書(コミュニケ)への承認を撤回し、大混乱の内に終わった。トランプ氏は、議長国カナダを「不正直だ」と非難し、諸外国が「莫大な関税」を米国にかけようとしていると糾弾した。 G7サミットは、トランプ政権による鉄鋼・アルミへの輸入関税をめぐりぎくしゃくしながら進み、合意文書の取りまとめも難航した。それでも「ルールに基づく国際秩序」を推進すると合意し、「自由、公平で相互利益になる貿易と投資は(中略)成長と雇用創出の主要原動力」だと確認し合った。さらに、「関税障壁、非関税障壁の削減に向けて努力する」と宣言した。 さらに首脳合意文書では、ロシア政府に「不安定化行動を停止」し、「民主主義を損なおうとする」行為をやめるよう求めた。シリアのアサド政権支援も中止するよう呼びかけている。イランについては、核開発事業が「恒久的に」平和的なものであり続けると約束するよう求めた。 米政府はいったんこのコミュニケに合意し、トランプ氏は署名していた。しかし、米朝首脳会議が開かれるシンガポールへ向かう機内で、トランプ氏は「自動車関税を検討するので、コミュニケを承認しないよう」政府担当者に指示したとツイートした。 「ジャスティン(トルドー・カナダ首相)が記者会見で事実と異なる発言をしたことや、カナダが米国の農業関係者や労働者や企業に莫大な関税を課していることをもとに、コミュニケを承認しないよう米政府代表に指示した。まずは米国市場をあふれさせている自動車への関税を検討する」とトランプ氏は書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1005586152076689408 さらに大統領は続けて、「カナダのジャスティン・トルドー首相はG7会合の最中はすごくおとなしくて穏やかだったのに、僕がいなくなったら記者会見して、『米国関税はいささか無礼だ』、『好き勝手な真似はさせない』とか言ったりしている。非常に不正直で弱虫だ。我々の関税は、カナダが乳製品に270%もかけてることへの反応だ!」と書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1005586562959093760 トランプ氏はサミット閉会前に出発していた。その機内ツイートに先駆けて、閉幕後に記者会見して合意文書を発表したトルドー首相は、トランプ氏が鉄鋼・アルミ製品関税を、国家安全保障を理由に正当化しようとするのは「いささか無礼だ」と発言し、「事態を憂慮しながらも、明確に、かつ断固として、7月1日には報復措置を発動する」と述べていた。 トルドー氏はさらに、「カナダ人は礼儀正しく合理的だが、好き勝手にされるがままなどあり得ない」と言明した。 カナダ首相官邸は、トルドー氏の発言内容は今回初めてのものではなく、これまでも公の場だけでなく、トランプ氏との個人的会話のなかでも繰り返してきたことだと説明した。 <おすすめ記事> G7首脳会談の1枚  この写真には誰と誰が G7サミット開幕 トランプ氏、貿易問題とロシア処遇めぐり孤立 米国、鉄鋼・アルミニウム追加関税発動 主要同盟国に 米政府は6月1日、欧州連合(EU)、カナダ、メキシコからの鉄鋼製品に25%、アルミ製品に10%の輸入関税を導入した。トランプ氏は、米国の安全保障に不可欠な国内生産業者を守るための措置だと説明していた。 EUは報復措置として、米国製オートバイからバーボンに至る様々な品目に報復関税を導入すると発表。カナダ、メキシコも報復措置に向けて動いている。 コミュニケ発表に先立ち、トランプ氏はG7内の関税ゼロを提案した各国首脳との協議は「非常に生産的」だったと、報道陣に話していた。トランプ氏はさらに、「米国はもう何十年も、便利に使われてきた」、「みんなが金を盗み続ける貯金箱」のように扱われてきたと持説を展開した。 米国の関税に対する同盟諸国からの報復措置については、「間違い」で、貿易戦争にまで発展すれば、米国が「千回中、千回、その戦争に勝つ」と強気を示した。 (英語記事 G7 summit ends in disarray as Trump abandons joint statement)

  • Thumbnail

    記事

    シンガポール警察、韓国人記者を逮捕 北朝鮮大使公邸「侵入」の疑い

    2018年06月09日 15:01 公開 シンガポール警察は8日、韓国人記者2人を北朝鮮の駐シンガポール大使公邸に不法侵入した疑いで逮捕したと発表した。シンガポールでは来週、米朝首脳会談が開かれる。 警察によると、7日昼に記者が公邸に侵入しているとの通報を受けたという。 ロイター通信は情報筋の話として、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が10日にシンガポールに到着予定だと伝えている。 ドナルド・トランプ米大統領は、もしシンガポールでの首脳会談が成功すれば、金氏をホワイトハウスに招待することも検討するとしている。トランプ氏も10日にシンガポールへ到着予定。 米国と周辺同盟国は、北朝鮮の核兵器放棄を望んでいる。しかしトランプ氏は、目標の実現には1度の会談より「長くかかるだろう」と認めた。 記者逮捕についてわかっていること シンガポール警察は8日、韓国KBS放送の42歳と45歳の男を逮捕したとフェイスブックで発表した。 警察発表は以下の通り――。 不法侵入の疑いで2人の韓国メディア関係者を逮捕 2018年6月7日午後3時50分ごろ、シンガポール警察は朝鮮民主主義人民共和国の駐シンガポール大使公邸に不法侵入者がいるとの通報を受けた。韓国KBS放送に所属するそれぞれ42歳と45歳の韓国人男性2人が、この件に関与したとして逮捕された。KBS放送に所属する別の31歳の韓国人男性について捜査している。このグループのガイドと通訳を務める29歳の韓国人男性についても捜査している。KBS放送に所属する3人は、シンガポールでメディア関係者として登録されていない。警察の捜査が続いている。 シンガポール刑法第224章第447条の下、不法侵入を企てた者は全て、最大3カ月の禁錮刑か最大1500ドルの罰金、またはその両方を科される可能性がある。 シンガポール警察はシンガポールを訪れる全ての外国人に、シンガポール法を遵守するよう求める。法を犯した者は断固とした対応を受ける。対応の中には、旅券や査証の停止や本国送還が含まれる可能性がある。 シンガポールで何らかの犯罪に関与したメディア関係者は、登録を取り消され、米国と北朝鮮の首脳会談を取材できなくなる。 https://www.facebook.com/singaporepoliceforce/posts/10157537022909408 別の韓国人2人についても捜査中としている。 米朝首脳会談を取材するため、約3000人報道関係者がシンガポールに滞在しているとみられる。 一方、金氏のそっくりさんは、シンガポールへの到着時に取り調べを受けたと語った。 香港を拠点に活動するハワードXと名乗る金氏のそっくりさんは、入国管理官に2時間の取り調べを受けたとフェイスブックで明かした。 「彼らは私のかばんを調べ、それから私に、今はシンガポールにとって非常に繊細な時だと話した。(シンガポール政府が特別行事区域に指定している)シンガポール南部のセントーサ島や市内のシャングリラホテルには近づかないほうがいいとも言っていた」とハワードX氏は投稿で述べた。 トランプ氏の首脳会談への準備 トランプ氏はこれまで、北朝鮮に方針を変更させるため、「最大限の圧力」をかける政策をとっていた。 しかしトランプ氏は7日、「これから友好的な交渉に臨むのだから」、北朝鮮について「最大限の圧力」という言葉を使いたくないと述べた。しかし、北朝鮮に科すことのできる制裁はまだたくさんあると警告した。 同氏はまた、首脳会談が不調だとなれば「いつでも打ち切る用意はある」と強調しつつ、会談がうまくいった場合には、金氏をワシントンに招待することもあり得ない話ではないと述べた。 これに先立ちトランプ氏は、より大事なのは「姿勢」と「成果を出すぞという気持ち」だとし、首脳会談に向けた事前の準備は特に不可欠だとは思わないと話していた。 トランプ氏はまた、米バスケットボール選手のデニス・ロッドマン氏が首脳会談に招待されているとの報道を否定した。ロッドマン氏はこれまで北朝鮮を何度も訪問している金氏の友人。 「ロッドマン氏は好きだ。彼は良い奴だが、招かれていない」とトランプ氏は述べた。 しかしロッドマン氏は数時間後、トランプ氏と金氏という「私の友人たちが必要としているあらゆる支援を提供するため」シンガポールに向かっているとツイートした。 各国の反応 多くの関係各国が自分たちの国益を念押しするため、外交活動を活発化させている。日本の安倍晋三首相が訪米し、トランプ大統領と会談したのもその一つだ。 北朝鮮は1970年代と1980年代に、日本語と日本の習慣をスパイに訓練させるため、多数の日本人を拉致した。安倍首相は7日、この問題について、トランプ氏は確実に日本の懸念を理解していると述べた。 「拉致問題を早期に解決するため、私は北朝鮮と直接向き合い、話し合いたい」と安倍氏は話した。 首相はまた、地域の「真の平和」を追求するとの日本の方針を繰り返し、北朝鮮が「正しい道を歩むのであれば、明るい未来を描くことができる」とも語った。 一方、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は訪朝して金委員長と会談し、ウラジーミル・プーチン露大統領との首脳会談の下準備を整えた。露朝首脳会談は今年後半にモスクワで予定されている。 金委員長は2度、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。その文大統領は訪米し、トランプ大統領とも会談している。 さらに金委員長は2度訪中し、中国の習近平国家主席と会談した。中国が変わらず北朝鮮外交にとって重要な存在なことを示しているとみられる。 (英語記事 Kim Trump summit: S Korean reporters arrested over N Korea 'trespass')

  • Thumbnail

    記事

    G7サミット開幕 トランプ氏、貿易問題とロシア処遇めぐり孤立

    したイタリアのジュゼッペ・コンテ首相が、「皆の利益になる」とツイートし、ロシアの再加入を支持した。 BBCのスチュアート・ヒューズ国際問題担当上級プロデューサーはツイッターに、G7サミットで恒例となっている首脳全員での記念撮影の様子を映した動画と共に、「2018年のG7の伝統的な『家族写真』だが、ちょっとした家族療法が必要かもしれない」と投稿した。 https://twitter.com/stuartdhughes/status/1005168748259610627 しかしメルケル独首相はその後、コンテ氏を含むG7に参加するEU各国は全て、ロシアはウクライナとの関係に「進展」がない限り再加入できないとの見方で一致していると述べた。カナダもロシアの再加入には反対姿勢を維持するとしている。 一方、ロシア政府の報道官は、G7ではない「別の形式」に興味があると述べた。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は現在、中国の北京に滞在している。プーチン氏は北京で、中国の習近平国家主席から友好勲章を授与された。 ロシアがウクライナ南部クリミア半島の支配権を掌握したことを受け、他のG8各国はロシアの参加を停止した。英国における元ロシアスパイへの神経剤使用疑惑などもあり、緊張は続いている。 他のG7各国の貿易に対する見方 トランプ氏による鉄鋼とアルミニウムに対する輸入関税の導入は、米国の同盟国まで報復関税を発表するなど怒りを呼び、貿易戦争の恐れすら生まれている。 カナダのクリスティア・フリーランド外相は米国の関税を「違法で、完全に不当」とした。 トランプ氏は8日、米国とカナダが関税の削減と「関税を両国にとって非常に公平なものにする」ことに取り組んでいると述べた。 「我々は今日、多くの進展を生み出した」とトランプ氏は語り、両国の関係は「恐らくこれまでにないほど良い」と付け加えた。 またトランプ氏はツイッターに、「G7各国との不公平な貿易交渉を正すのが楽しみだ。もしそうならなければ、我々はもっといい手を出す!」と投稿した。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1005033088202756097 テリーザ・メイ英首相は、米国の関税への報復についてEUは抑制と均衡を持って動くよう望んでいると語った。 マクロン氏やカナダのジャスティン・トルドー首相と異なり、メイ氏はトランプ氏と個別に首脳会談を実施する予定はない。ただメイ氏は8日、冷遇しているわけではないと主張した。 G7サミットで他に予想されること トランプ氏はG7サミット終了前に会場を離れ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との歴史的な首脳会談のためシンガポールに向かう。これは、議長国カナダのトルドー首相により進められる議題別の会議をいくつか欠席することを意味する。 今年のG7サミットの5つのテーマは以下の通り――。 包括的な経済成長 性平等と女性のエンパワーメント(権限委譲や地位向上、活躍支援) 世界平和と安全保障 未来の雇用 気候変動と海洋 公開されている首脳会議の日程表を元にすると、トランプ氏は8日に開かれる経済や安全保障について話し合う諸会合には参加するが、9日に予定されている気候変動や環境問題についての会合は欠席するとみられる。9日朝の性平等を議論する会合も欠席する可能性が高い。 マクロン仏大統領は8日夜、ツイッターに、トランプ氏と議論する様子を収めた動画と共に「議論を続けている。関与し、今もこれからもずっと、会話を続ける。仏国民と、世界を共に築けると信じる全ての人の利益を高めるため、常に共有し、訴える。ドナルド・トランプ米大統領と、G7サミット開始前に」と投稿した。 https://twitter.com/EmmanuelMacron/status/1005140530219626497 トランプ氏は昨年イタリアで開催されたG7サミットでは、気候変動に関して大きく孤立した。トランプ氏はその後、歴史的なパリ協定から米国を離脱させる方針を発表した。 イラン問題も大きな障害だ。トランプ氏は最近、イランの核計画を制限することを狙った2015年のイラン核合意から米国を離脱させた。この措置は、核合意を後押ししようと模索してきた他の締結国の怒りを呼んだ。 過去のG7会合では大規模な抗議活動があった。今回のケベック州での首脳会議では、約8000人の兵士と警察官が配置される予定。 <解説>トランプ氏、爆弾を抱えて到着――ジェイムズ・ロビンズ BBC外交担当編集委員 ドナルド・トランプ氏と米国の主要同盟国は、トランプ氏が不用意に投下したロシア再加入という手榴弾の前から、貿易関税をめぐって新たな冷え込みに入っていた。 ほとんどのG7首脳は今でも、2014年にロシアを排除し、現在までそれを維持している決定を正しいと考えている。ロシア自身も再加入には乗り気でないようだ。 多くの観点から、これはトランプ氏の意図的な戦術だと考えられる。貿易と保護主義をめぐる米国以外のG7各国との言葉による戦争から注意をそらす戦術だ。 トランプ氏は、G7という発想全てを嫌っている。合意されたルールを基盤とする国際秩序に根差した勝ちを共有し従来どおりに集まる、国家の集合体という発想を。会場へ1番遅く到着したトランプ氏は、1番早く会場を去る予定にもなっている。 (英語記事 G7: Trump isolated on trade and Russia as leaders meet)

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談 米側担当者は誰か

    2018年06月09日 14:40 公開 米ホワイトハウスは12日に予定される米朝首脳会談での交渉担当者を明らかにしていないが、ヒントはある。 首脳会談の事前交渉にすでにかかわってきた少人数の専門家がいるからだ。 彼らの一部が実際の首脳会談でも大きな役割を果たす可能性は高い。 ドナルド・トランプ大統領に加えて、マイク・ポンペオ国務長官が中心的な役割を果たす。 ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)もシンガポールに向かうだろう。しかし、同氏の強硬路線が北朝鮮を激怒させており、同氏がどのように会談にかかわるのかは不透明だ。 ボルトン氏が北朝鮮の非核化のモデルとしてリビアの例を持ち出した際には、首脳会談はあやうく中止されるところだった。リビアでは、2003年に当時の指導者ムアンマル・カダフィ大佐が核兵器の放棄に同意。しかし、2011年には西側諸国が後押しする反体制勢力によって殺害されている。 では、他には誰が加わるのだろうか? アンドリュー・キム氏 韓国系米国人のアンドリュー・キム氏は米中央情報局(CIA)で「朝鮮ミッションセンター」の責任者を務める。 米紙ワシントン・ポストによると、キム氏は生まれ育った韓国でキム・スンヒュンという名前を使っていた。 キム氏は、韓国の国家安全保障室長や国家情報院のトップを輩出している有名校、ソウル高校に進学。その後、米国の大学で学んだ。 キム氏のキャリアの大半はCIAで、モスクワや北京、バンコクやソウルで勤務した経験がある。 CIAは昨年5月に新たに設置した「朝鮮ミッションセンター」のトップとして、退職していたキム氏を呼び戻した。 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の顧問の一人は、首脳会談に向けた準備が進められるなか、キム氏はポンペオ国務長官の右腕として、幅広い北朝鮮政策にかかわっていたと話す。それには北朝鮮に対する攻撃の検討も含まれるという。 韓国や日本のメディアは、北朝鮮に対する強硬姿勢からキム氏を「地獄からの死者」と呼んでいる。 スン・キム元駐韓大使 外交官を長年務め、現在は駐フィリピン大使のスン・キム氏は、2011年から14年にかけて駐韓大使だった。6カ国協議では米国の特使を務めた。 キム氏はソウル出身だが、米ロサンゼルスで育った。外交官として東京やクアラルンプール、香港での勤務経験がある。 ワシントンでは、北朝鮮政策担当特別代表や東アジア・太平洋局国務副次官補などを歴任した。 ロイター通信によると、キム氏は最近、南北軍事境界線にある板門店で行われた北朝鮮との交渉で米側のチームを率いた。 ある韓国政府関係者はキム氏が「有能で冷静、慎重」で、「問題をしっかり理解しており、北朝鮮を良く知っている」と評したと、ロイター通信は伝えている。 ランダル・シュライバー氏 ジェイムズ・マティス国防長官の最側近。ホワイトハウスはシュライバー氏が首脳会談に向けた基礎作りで大きな役割を果たしたと明らかにしている。 海軍の情報将校や国務省の外交官を経て、現在は国防総省でアジア・太平洋の安全保障問題を担う次官補を務める。板門店で何週間にもわたり北朝鮮代表団と交渉してきた。 シュライバー氏は先月、平壌を訪問したポンペオ国務長官に同行した。 1994年から98にかけ、シュライバー氏は国防総省で中国軍との日々のやり取りや、台湾との関係を担当していた。 アジアの安全保障政策を専門とするシンクタンク「プロジェクト2049」の最高経営責任者(CEO)を務めたこともある。 シュライバー氏が共同設立したコンサルタント会社、アーミテージ・インターナショナルによると、シュライバー氏は米西部オレゴン州出身で、トライアスロン大会に4回参加している。 アリソン・フッカー氏 フッカー氏は、オバマ前政権時の2014年に国家安全保障会議(NSC)のメンバーとなった朝鮮半島の専門家だ。 それ以前は、国務省情報調査局で北朝鮮の核政策を担当していた。 今年2月に韓国・平昌で開かれた冬季五輪では、ホワイトハウスの指名を受け、閉会式に出席した米代表団に加わった。しかし、北朝鮮政府関係者に会ったとの報道はない。 オバマ政権下で2014年に、当時のジェイムズ・クラッパー国家情報長官と共に北朝鮮を訪れ、拘束されていた米国人2人の解放に向けた交渉を行った。限られた滞在時間には、軍の有力者だった金英哲(キム・ヨンチョル)氏とも面会している。金氏は現在、朝鮮労働党副委員長で金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の最側近の一人。 ワイルド・カードはイバンカ・トランプ氏 首脳会談に参加する米側担当者のワイルド・カードになり得るのは、トランプ大統領の長女、イバンカ・トランプ氏だ。大統領補佐官でもあり、平昌冬季五輪では米代表団を率いた。北朝鮮が選手団を派遣した平昌五輪は、南北関係の緊張緩和を促進し、4月の南北首脳会談などにつながった。 イバンカ氏は五輪閉会式で、金正恩氏の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏のすぐ前に座った。 ホワイトハウスはメラニア・トランプ大統領夫人がシンガポールの首脳会談でトランプ氏に同行しないと発表したが、かえって、予期されない中で突然姿を見せるのではないかとの憶測を呼ぶ結果となっている。 (英語記事 Trump-Kim summit: The US negotiating team heading to Singapore)

  • Thumbnail

    記事

    プーチン大統領恒例のテレビ対話、今年は閣僚らも参加

    。 例年とは違い、プーチン氏は閣僚や州知事を待機させ、ビデオリンクで視聴者の疑問に直接答えさせた。 BBCのスティーブ・ローゼンバーグ・モスクワ特派員が現地から解説する。

  • Thumbnail

    記事

    「スマートフォン・ゾンビ」専用道路、中国に出現

    2018年06月08日 12:43 公開 BBCモニタリング 中国北部の西安に、ゆっくり歩くスマートフォン利用者専用の特別な歩行者道路が完成した。新華社通信陝西省版のウェブサイトが6日、報じた。 新華社通信の陝西省版によると、西安市内の雁塔路には現在、「ファバー」専用の特別道路がある。ファバーとは、電話を凝視し、周り全てを無視する人を指す。 この専用道路は赤、緑、青で塗られ、横幅は80センチ、長さは100メートル。スマートフォンの絵が道に描かれ、普通の歩道とは違うことを示している。 雁塔路に面して建つ大型ショッピングモールがこの1カ月、専用道路の整備を後押ししてきたと新華社通信陝西省版は伝えた。 報道によると、周囲に注意を払わないこともある歩行者でごった返す歩道に、車がよく進入していたという。 ニュースサイト「The Paper」による地元住民へのインタビューでは、住民は専用道路の登場を歓迎している。 ウェイ・シャオウェイさんは、こんなものを見たのは初めてだが、「非常にいい」と語った。 「この辺を歩く皆が、専用道路は非常に安全だと思っている。歩道の横には車が走っていて、車も歩道に進入してきて、時々道を邪魔してくるので」 別の地元住民、フー・シュヤさんは「現代を歩く若者は足が速く、常に電話を見ている。専用道路は、電話を良く見ている私たちのような人間を安心させてくれる。一種の安全対策だ」と話した。 しかし、中国で人気のあるSNS「微博(ウェイボ)」の利用者の中には、専用道路をもっぱら当惑しながら面白がっている。ある利用者は、現代の若者にとって携帯電話は「清王朝時代に吸われていたアヘンと同じぐらい広まっている」と書いた。 別の利用者は、スマートフォン利用者はまるで「目の見えない人」のようだと書いている。さらに別の利用者は、専用道路を使うファバーたちにも、お互いがぶつかってしまう危険性は変わらずあると指摘した。 (取材:ケリー・アレン) (英語記事 Chinese city gets 'smartphone zombie' walkway)

  • Thumbnail

    記事

    エミレーツ航空、将来は窓なし機も バーチャル窓を導入 

    した最新機種、米ボーイング「777-300ER」機のファーストクラスに使われている。 サー・ティムはBBCに対し、最終目標は全く窓のない機体だと話した。 「搭乗するときには機体に窓がないのに、中に入ると窓がある状態を想像してください」 「窓がないことで、胴体部分に構造的な弱点がなくなる。機体はより軽くなり、速く飛ぶことができる。燃費が良くなり、より高く飛べる」 安全上の懸念 英クランフィールド大学のグレアム・ブレイスウェイト教授は、有事の際には客室乗務員が機体の外を確認できなくてはならないと反対する。 「緊急時、特に緊急脱出しなければならない時には、機体の外が確認できることが大事だ」 「たとえば火事などの緊急時に、扉を開けて機体からの脱出を開始する前、乗務員が外を確認する必要がある。そのために動力が必要となるような仕組みは、航空安全当局の認可をなかなか得られないだろう」 一方、欧州航空安全機関(EASA)は「窓がある機体と同等の安全水準を確保するにあたり、解決できないような問題は特に見受けられない」としている。 ブレイスウェイト教授は、窓なし機の最大の障害は、乗客の受け止め方だろうと指摘する。 「飛行機は閉所恐怖症を誘発しやすく、そもそもただでさえ空の旅は大勢にとって不安なものだ」 「映像投影技術の高さにも、良くない副作用がある。ちらちらしないか? タイムラグがないか? 長距離便の乗客への影響は?」 「代わりにならないもの」 航空専門家のジョン・ストリックランド氏は、窓をなくすことで機体は構造的に良くなると説明する。また、窓をなくして機体が軽くなれば、燃費も改善するという。 「機体を軽くする施策は何でも、使用燃料を減らすことにつながる」 しかし、ストリックランド氏自身は外の景色が見たいと話す。 「自分はかなりの窓側派だ。私には、人工の窓では代わりにならない」 (英語記事 Emirates looks to windowless planes)

  • Thumbnail

    記事

    プリンスの新アルバム、9月発売 60回目の誕生日に発表

    2018年06月08日 11:27 公開 2016年4月に亡くなった米ミュージシャンのプリンスさんの新しいアルバムが9月21日に発売される。プリンス財団が7日、発表した。6月7日は、生きていればプリンスさんが60歳となる誕生日だった。 財団によると、9曲入りの新アルバムにはヒット曲「パープル・レイン」の初期バージョンなど、これまで未発表だった音源が収録される。 プリンスさんはキャリアを通じて、ロックやファンク、ジャズなどを橋渡しする音楽で、1億枚を超えるレコードやCDを売り上げてきた。 高い評価と影響力を誇ったプリンスさんは2016年5月、米ミネソタ州の自宅で亡くなった。死因は鎮痛剤の偶発的な過剰摂取で、遺体は自宅内にあるスタジオのエレベーターで発見された。 「ピアノ&ア・マイクロフォン 1983」と題された新アルバムは、自宅スタジオでカセットにレコーディングされたプリンスによるピアノ弾き語り音源が収録される。 プリンス財団と共同でアルバムを発表するワーナー・ブラザーズ・レコーズはツイッターに、「今年の9月21日、プリンスの時代を超えた作品群に、新しく特別な1枚が加わる。『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』。プリンスの、ピアノとマイクだけを使った9曲35分」と投稿した。 https://twitter.com/wbr/status/1004767970990518272 プリンス財団のエンターテインメント・アドバイザー、トロイ・カーター氏は「この生々しく、身近に感じられるレコーディングは、プリンスが世界的なスターダムを駆け上がる直前のキャリア初期に行われた。形式としてはプリンスがキャリアを終えた2016年に行っていた、ピアノ&ア・マイクロフォン・ツアーと似たものだ」と語った。 プリンスさんは1978年に最初のアルバムを発表。1980年代に「1999」「Purple Rain」「Sign "O" The Times」などのアルバムで世界的なスターとなった。 プリンスさんの最も有名なヒット曲のうちいくつかの初期バージョンが、新アルバムに収められる。 アルバムはプリンス財団とワーナー・ブラザーズ・レコーズが共同で発表。現在、予約を受け付けている。 (英語記事 New Prince album announced on 60th birthday)

  • Thumbnail

    記事

    ケイト・スペードさんの死因は自殺=検視官

    2018年06月08日 10:48 公開 ニューヨークで5日に死亡した人気の米デザイナー、ケイト・スペードさんの死因について、ニューヨークの検視官は7日、自殺によるものだと確認した。遺族は、スペードさんの訃報を通じて、心の病気に対する理解が進むよう期待すると話している。 カラフルなハンドバッグなどが世界的に人気のブランド「ケイト・スペード」を立ち上げたスペードさんは、マンハッタン・パークアベニューの自宅で死亡しているところを、ハウスキーパーに発見された。ニューヨーク市警は「悲劇的な自殺」を示唆する文章を残していたと発表したが、夫アンディー・スペードさんは6日、自分は「まだ見ていない」と述べていた。 共同事業者でもあるアンディーさんによると、スペードさんはうつや不安感に対応するため薬を服用していた。しかし、急死したことは「完全な衝撃」だったという。 亡くなる前の晩も「幸せそう」だとアンディーさんは話し、今は「想像もできない悲しみ」に直面している娘の面倒を見ることが、自分にとって何より大事なことだと強調した。 警察によると、夫妻の娘、フランシス・ベアトリクスさん(13)は、スペードさんが亡くなった当時、自宅にはいなかったという。 スペードさんの父、フランク・ブロスナハンさん(89)は、米紙カンザスシティー・スターに対して、娘の急死が世間の話題になっていることについて、「話題になることでほかの誰かを助けるのなら、ケイティーも喜ぶと思う」と話した。 「娘は思いやり深くて、いつでもほかの人を助けていた。(自分の話題で)誰かが何かをせずに済むなら、それでいい。本人は大喜びのはずだ」 ブロスナハンさんは、スペードさんが薬を常用していたと認め、「飲まない方がいいと言い聞かせていた」と話した。娘が心の問題を抱えていたことも承知していたものの、「何がどうなったのか自分には分からない」と述べた。 亡くなる前の晩に電話で話した時の様子については、「大学の下見にカリフォルニア旅行を計画して、楽しそうだった。自分の娘を溺愛(できあい)していた」と述べた。これが、最後の会話だったという。 米国では早期死亡の死因第10位 米疾病対策センター(CDC)は7日、米国における自殺件数は1999年以来、30%増に達し、「公衆衛生の問題として拡大を続けている」と指摘した。 CDCのアン・シュシャット氏は記者会見で、米国で早く死亡する人の死因のうち、自殺は10位だと話した。 「自殺の増加は非常に気がかりだ。増加から減少へと流れを逆転させ、人命を救うため、個人もコミュニティーも、雇用主も医療従事者も、誰もが力になれる」とシュシャット氏は強調した。 (悩みを抱えている方には、日本では全国の「いのちの電話」や東京都の「こころといのちのホットライン」など各自治体の相談窓口があります) (英語記事 Kate Spade: Death ruled suicide by medical examiner)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、金委員長の米国招待も検討 首脳会談成功すれば

    2018年06月08日 10:08 公開 ドナルド・トランプ米大統領は7日、シンガポールで12日に開催予定の米朝首脳会談が成功すれば、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長をホワイトハウスに招待するか検討すると述べた。日本の安倍晋三首相と米朝首脳会談について協議した後、共同記者会見で発言した。 トランプ氏は、朝鮮戦争終結の合意が結ばれる可能性もあると言及。むしろそれは今回の交渉の「簡単な部分」で、「合意後にどうなるかの方が、本当に重要だ」と記者に話した。 米国と周辺同盟国は、北朝鮮の核兵器放棄を望んでいる。しかしトランプ氏は、目標の実現には1度の会談より「長くかかるだろう」と認めた。 日米両首脳による共同記者会見の後、マイク・ポンペオ米国務長官もホワイトハウスで記者会見を開き、金氏がポンペオ氏に対し直接、非核化の意思を示したと述べた。ただし、米国が求める非核化の内容に、北朝鮮が近づきつつあるのかは不明だ。 米朝首脳会談についてトランプ氏は トランプ氏は、「これから友好的な交渉に臨むのだから」、北朝鮮について「最大限の圧力」という言葉を使いたくないと述べた。しかし、北朝鮮に科すことのできる制裁はまだたくさんあると苦言した。 同氏はまた、首脳会談が不調だとなれば「いつでも打ち切る用意はある」と強調しつつ、会談がうまくいった場合には、金氏をワシントンに招待することもあり得ない話ではないと述べた。 「会談が成功すればもちろん、招待は喜ばれると思う」とトランプ氏は報道陣に話した。「(金氏は)招待をとても好意的に見ていると思う。だから、実現する可能性はある」。 ただし、フロリダ州に所有するリゾート「マール・ア・ラーゴ」に金氏を招待するかもしれないとの前日報道について質問されると、トランプ氏は「まずはホワイトハウスから始めるかも。どう思う?」とはぐらかした。 これに先立ちトランプ氏は、首脳会談に向けた事前の準備は特に不可欠だとは思わないと話していた。 「非常によい準備ができていると思う。そんなにたくさん準備をしなければならないとは、僕は思っていない。大事なのは姿勢と、成果を出すぞという気持ちだ」と同氏は話した。 安倍首相の要望 日本の安倍首相はトランプ氏の大統領就任以来、定期的に会談を重ねてきた。しかし安倍氏は、米国と北朝鮮がどのように関係を改善したとしても、日本の国益が無視されないよう求めている。 北朝鮮は1970年代と1980年代に、日本語と日本の習慣をスパイに訓練させるため、多数の日本人を拉致した。この問題について、トランプ氏は確実に日本の懸念を理解していると安倍首相は述べた。 北朝鮮は13人の拉致を認めたものの、実際の被害者数はそれよりも多いと考えられている。 「拉致問題を早期に解決するため、私は北朝鮮と直接向き合い、話し合いたい」と安倍氏は話した。 首相はまた、地域の「真の平和」を追求するとの日本の方針を繰り返し、北朝鮮が「正しい道を歩むのであれば、明るい未来を描くことができる」とも語った。 6月12日に向けて 米朝首脳会談に向けて、多くの関係各国が自分たちの国益を念押しするため、外交活動を活発化させている。安倍首相の訪米もそのひとつだ。 金委員長は既に2度、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。その文大統領は訪米し、トランプ大統領とも会談している。 ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は訪朝して金委員長と会談し、ウラジーミル・プーチン露大統領との首脳会談の下準備を整えた。露朝首脳会談は今年後半にモスクワで予定されている。 さらに金委員長は2度訪中し、中国の習近平国家主席と会談した。 米朝首脳会談に向けては、3月にトランプ氏が合意し、「シンガポールで6月12日」と5月10日に発表したものの、5月後半に両政府高官による非難合戦が激化した末、トランプ氏は5月24日に米朝首脳会談の予定を中止した。 トランプ氏の法律顧問、ルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長は6日、金氏は首脳会談実施を「懇願」したと述べた。 ジュリアーニ氏はイスラエルで開かれた会議で、「金正恩は手と膝をついて懇願してきた。まさしく向こうにとってもらいたい姿勢そのものだ」と話した。 ロシア疑惑をめぐる捜査でトランプ氏の弁護士を務めるジュリアーニ氏は、米国は北朝鮮よりもずっと強い立場で首脳会談に臨むと述べた。 北朝鮮は、ジュリアーニ発言に反応していない。 (英語記事 Trump-Kim summit: North Korea leader may get US invite)

  • Thumbnail

    記事

    日本から見た米朝首脳会談 安倍首相、トランプ氏と会談へ

    会談を前に、北朝鮮の非核化での立場のすり合わせや日本人拉致問題解決に向けた協力を要請する見通しだ。 BBCのルパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が、拉致被害者の横田めぐみさんの家族や、2002年の拉致被害者の帰国をめぐって外交交渉に当たった田中均元外務審議官にインタビューした。

  • Thumbnail

    記事

    自殺とみられるケイト・スペードさんの死「大きな衝撃」 夫が語る

    がある。 英国では「ザ・サマリタンズ」が自殺防止のための電話相談を受け付けている(116123)。 BBCも英国内を対象に、精神的に苦しんでいる人向けの情報をまとめたウェブページを公開している。 <ケイト・スペードさん関連記事> ファッションデザイナーのケイト・スペードさん死去 自殺か 【写真で振り返る】 「ケイト・スペード」のファッション 「手が届くぜいたく品」 ケイト・スペードの魅力を専門家が解説 (英語記事 Kate Spade's husband: Apparent suicide a "complete shock")

  • Thumbnail

    記事

    1億円以上の宝くじに2度当選、それも2年以内 仏男性

    2018年06月07日 13:43 公開 フランス東部に住む男性が宝くじを約1年半の間に2度当て、合計200万ユーロ(約2億6000万円)を獲得した。数学者らによると、これが起きるのは16兆分の1という天文学的な確率だという。 匿名を希望する男性は、2016年11月にフランスの宝くじ「マイミリオン」で100万ユーロを当てた後も、毎週くじを買っていたが、先週さらに100万ユーロを当てた。 男性に当選券を売ったオート=サボワ県内の売店の店主は、男性が当選にあまり驚いていない様子だったと語り、「当てるのに慣れていたんですかね」と話した。 「マイミリオン」は、欧州で販売されている宝くじ「ユーロミリオンズ」とリンクしている。規模の大きい「ユーロミリオンズ」の購入者は自動的に、無作為に割り当てられた数字で2度目のくじ引きに参加できる。 仏メディアの取材に対し今回の幸運な当選者は、物事はいつも3つまとめてやってくる、という古いことわざもあるので、今後もくじを買い続けるつもりだと語った。 仏紙ル・パリジャンが数学者たちに聞いたところ、「マイミリオン」に1回当選する確率は約1900万分の1で、「ユーロミリオン」の場合は約1億4000万分の1だという。 宝くじを2回当てるという確率と比べれば、ブックメーカー(賭け屋)のパディ・パワーが挙げる他のまれな出来事の確率は、影が薄くなる。 雷に2度打たれる確率 ― 2000万分の1 ゴルフでホールインワンを2ラウンド連続で達成 - 6000万分の1 世界スヌーカー選手権(訳注:スヌーカーはビリヤードの一種)で最高得点の147点を2回獲得 ― 500万分の1 オーストラリアでは先月、男性が1週間のうちに2回宝くじを当て、それぞれ100万豪ドル以上を受け取った。宝くじの運営団体「ニューサウスウェールズ(NSW)ロテリーズ」は、2回当たる確率は184万5000分の1だと話した。 「1週間に2回当たった人はほかに聞いたことがない」。NSWロテリーズの広報担当者、マット・ハート氏はAFP通信にこう語った。 (英語記事 French My Million lottery player scoops second €1m jackpot)

  • Thumbnail

    記事

    「スター・ウォーズ」出演のアジア系女優、差別被害でインスタ投稿を削除

    世界最古のスター・ウォーズクラブを自称するスター・ウォーキング・インクを運営するクリス・ブレナン氏はBBCに対し、「人々はスター・ウォーズの世界をとても愛しく思うと同時に、自分の考えにとらわれてしまう。彼らが俳優で、仕事をしているというのを思い出す必要がある」と話した。 「彼らは本物の感情を持った本物の人間で、尊重されなければいけない」 (英語記事 Abuse-hit Star Wars actress wipes Instagram)

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮が求める3つのこと 何を米に要求するのか

    鮮明にしてきたが、北朝鮮は何を要求するのか。北朝鮮の「ほしい物リスト」上位にあるだろう3つの項目を、BBCソウル特派員のローラ・ビッカー記者が解説する。

  • Thumbnail

    記事

    金正恩氏は首脳会談実施を「懇願」=ジュリアーニ法律顧問

    2018年06月07日 9:57 公開 ドナルド・トランプ米大統領の法律顧問、ルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長は6日、同大統領が5月に米朝首脳会談の中止を通告した際、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が日程の再調整を「懇願」してきたと発言した。 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ジュリアーニ氏は「金正恩は手と膝をついて懇願してきた。まさしく向こうにとってもらいたい姿勢そのものだ」と話したという。イスラエルで開かれた投資会議の場で発言した。 これまでに北朝鮮からこの発言に対する反応はない。 ジュリアーニ氏は、2016年米大統領選のロシア疑惑をめぐり、今年4月下旬からトランプ氏の弁護士を務め、精力的にテレビ出演を重ねている。トランプ陣営弁護士がポルノ女優に不倫の口止め料を払った後、トランプ氏がこれを弁済したと述べるなど、その相次ぐ発言が注目されている。 6月12日にシンガポールで行われる予定の米朝首脳会談をめぐっては、トランプ氏が5月24日に北朝鮮の「あからさまな敵対心」などを理由に中止を通告した。しかしその後、北朝鮮が遺憾の意を示したのを受け、6月1日には予定通り開催すると発表している。 <おすすめ記事> 米朝首脳の壮大なこれは「ブロマンス」? くっついたり離れたり 米朝首脳会談の準備は順調=ホワイトハウス トランプ氏は「自分に恩赦与えられるが、しない」=ジュリアーニ法律顧問 トランプ氏は5日、計画は「非常に順調に進んでいる」と述べていた。 米朝首脳会談をめぐっては5月、ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が北朝鮮の状況をリビアと比較したことで危うく中止になるところだった。 ボルトン氏は、北朝鮮の非核化は「リビア方式」に則って行われるだろうと発言した。リビアのカダフィ大佐は核開発計画を放棄したものの、数年後に西側諸国が支援する反政府勢力によって殺害された経緯があり、北朝鮮はこれに懸念を強めた。 北朝鮮の外務省はボルトン氏を名指しで批判する声明を発表。一方、トランプ大統領はボルトン氏の発言から距離を置いた。 米朝会談、これまでの経緯 5月10日――トランプ米大統領、6月12日にシンガポールで米朝首脳会談を行うと発表 5月12日――北朝鮮、核実験場の破棄を発表 5月16日――ジョン・ボルトン米大統領補佐官が北朝鮮の非核化に「リビア方式」を適用すべきだと示唆したことを受け、北朝鮮が会談中止の可能性を警告 5月18日――トランプ氏、「リビア方式にはしない」と発言。ボルトン氏の発言から距離を置く 5月21日――マイク・ペンス米副大統領が、取引に合意しなければ北朝鮮は「リビア方式が終わったように終わるしかない」と発言 5月22日――トランプ氏、「一定の条件を満たさない限り(中略)会談は行わない」と示唆 5月24日――北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官、ペンス氏の発言を「愚か」と非難 同日――トランプ大統領が会談中止を通告。北朝鮮の「強烈な怒りやあからさまな敵対心」を理由に 5月26日――南北首脳会談の「電撃的」開催。金委員長は米朝首脳会談実現に「確固たる意思」を表明 6月1日――金委員長の腹心とされる金英哲副委員長が、委員長の親書をトランプ氏に手渡す。トランプ氏、会談実施を発表 (英語記事 Trump lawyer says Kim 'begged' for summit)

  • Thumbnail

    記事

    カリフォルニア住民、判事を弾劾 性的暴行罪の学生に軽い量刑

    2018年06月07日 9:30 公開 米カリフォルニア州サンタクララ郡で6日、裁判官を審査する住民投票があり、女性に対する性的暴行と強制性交未遂の罪で有罪となった学生に禁錮6カ月の軽い量刑を言い渡した裁判官が弾劾され、罷免された。 今年11月の中間選挙に向けた予備選挙に伴い実施された住民投票で、約60%がアーロン・パースキー判事の罷免に賛成した。カリフォルニア州で判事が罷免されるのは1932年以来で、米国全体でも1977年以来という。 判事罷免につながった事件は2015年1月、スタンフォード大学構内のごみ置き場で起きた。大学の水泳選手だったブロック・ターナー元受刑者(当時22)は2016年3月、意識不明の女性(当時22)を性的に暴行した罪で有罪となった。3件の重罪について有罪となったため、最大で禁錮14年の判決を受ける可能性があった。検察側の求刑は禁錮6年だった。 しかし量刑言い渡しでパースキー裁判長は、元受刑者が若く、犯罪歴がそれまでないことや、加害者も被害者も飲酒していたこと、禁錮刑による影響などについて懸念を表明し、郡刑務所で禁錮6カ月という軽い量刑を言い渡した。また元受刑者の父親は量刑言い渡しに先駆けて法廷で、自分の息子は「20年余りの人生におけるわずか20分の行動」について高い代償を払わされており、犯罪歴もないのだから厳罰に値しないと主張していた。 ターナー元受刑者は郡刑務所で3カ月服役した後、釈放された。性犯罪者リストに登録されているが、有罪判決を不服として控訴している。 軽い量刑と父親の主張に、米世論は激しく反発した。性的暴行や強姦の法的定義に関する議論のほか、米国の裁判所は裕福な白人男性を優遇しているのではないかという議論も起きた。 ジョー・バイデン副大統領(当時)は、被害者の勇気を称える書簡を公開。ソーシャルメディアでは、パースキー裁判長の辞任を求める書き込みが相次ぎ、辞任要求嘆願には100万人近くが署名した。 昨年6月には、スタンフォード大学のミシェル・ダウバー教授(法学)を中心に、罷免要求の住民投票を実現するため、署名活動が始まった。160日間で有権者の2割にあたる5万8634人の署名が必要だったが、住民投票実現にこぎつけた。 ダウバー教授は「社会的地位の高い加害者が、性的暴行や家庭内暴力の罪にきちんと問われない。私たちはこの状態に反対して投票した」、「女性の権利が攻撃されたこの歴史的な時、この郡の女性と多くの男性が断固として立ち上がった」と述べた。 パースキー前判事は、自分の量刑判断に後悔はないと発言していた。自分は量刑基準や保護観察指針をもとに判断したのであって、裁判官は「世論の支配ではなく法の支配に従うべきだ」と述べていた。 カリフォルニア州司法審査会は、パースキー氏の対応に問題はなかったと判断を下している。 「気がついたら担架に」 被害者は名前を公表していないが、加害者の行為でどのような影響を受けたか、公判中に読み上げた。この被害証言はインターネットで大きな話題となり、バイデン氏の公開書簡につながった。 「あなたは私を知らない。でも私の中に入った。だから私たちは今日、ここにこうしている」で始まる被害女性の証言は、近所のパーティーに出かけただけのはずが、気が付いたら病院の担架に寝かされていたことや、自分がどのように暴行されゴミ置き場に捨てられていたかの詳細を報道で知る羽目になったことなどを赤裸々に語っている。 「気がついたら、廊下で担架に寝かされていた。手の甲やひじに、乾いた血がついて包帯が巻かれていた。もしかして自分は転んで、キャンパスの学生課にでもいるのかと思った。自分は落ち着いていて、姉妹はどこだろうと思っていた」 「私は襲われたのだと、担当者が説明してくれた。私はそれでも落ち着いていて、人違いだろうと思っていた」 「あなたのせいで、私は被害者になった。新聞での私の名前は、『意識不明で酩酊状態の女性』だ。たったそれだけ。しばらくの間、自分はそれだけの存在、それ以外の何者でもないんだと思い込んでいた。自分の本当の名前、自分が本当に誰なのか、あらためて自分にたたきこまなくてはならなかった」 (英語記事 Stanford sex attack: Judge Aaron Persky removed from office)

  • Thumbnail

    記事

    イングランドのB&B、日本のアニメで人気に

    2018年06月06日 16:22 公開 イングランド中部ウィルトシャーでベッド・アンド・ブレックファスト(B&B)を経営するキャロン・クーパーさんの家は、日本のアニメ「きんいろモザイク」で一躍有名となった。 500万人が視聴したこのアニメには、カッスル・クーム村近くのフォス・ファームハウスが登場する。 フォス・ファームハウスは1980年代、とある日本人の夫婦がこのB&Bを訪れたことでも有名になった場所だ。 「きんいろモザイク」には、キャロンさんの所有するクラシックカーも登場する。

  • Thumbnail

    記事

    ジョコビッチまさかの敗退、四大大会初勝利の72位が準決勝へ 全仏テニス

    2018年06月06日 13:59 公開 ジョナサン・ジュレイコ BBCスポーツ(ローラン・ギャロス) テニスの全仏オープンは5日、パリのローラン・ギャロスで男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランキング72位のマルコ・チェッキナート(イタリア)が元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-3、7-6、1-6、7-6で破り、準決勝に進出した。ノーシードの伏兵による勝利に、競技場は驚きに包まれた。 試合中に首の治療を受ける場面があった31歳のジョコビッチは、第4セットのタイブレークで相手のマッチポイントを3本しのぐ粘りを見せたものの、自分も3本のセットポイントを決めきれず、敗退した。 チェッキナートは25歳。今大会を迎えるまで、テニス四大大会(グランドスラム)本戦で1勝もしたことがなかった。 チェッキナートは8日に行われる準決勝で、ドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦する。チェッキナートとティエムは、どちらも勝てば初のグランドスラム決勝進出となる。 今大会第7シードのティエムが全仏オープン準決勝に進出するのは3回目。準々決勝ではアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)をストレートで下した。ズベレフもジョコビッチと同じく、準々決勝ではけがに苦しんだ。 チェッキナートは2016年、八百長疑惑で出場停止処分を受けたが、後に無実との主張が認められ処分は解除された。それからわずか2年で、イタリア人選手として1978年以来のグランドスラム準決勝進出を果たした。 またチェッキナートは、1999年に世界100位で全仏オープン準決勝に勝ち上がったアンドレイ・メドベデフ(ウクライナ)以降で最も低いランクでの準決勝進出者ともなる。 チェッキナートは今大会、3回戦で第10シードのパブロ・カレノ・バスタ(スペイン)、4回戦で第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を連破した。今大会の勝利で「人生が変わった」とチェッキナートは語っている。 チェッキナートは「もしかしてまだ寝ているのかもしれない。驚きだ、信じられない。ノバク・ジョコビッチをローラン・ギャロス(全仏オープン)の準々決勝で倒すなんて信じられないし、とても嬉しい」と話した。 マッチポイントを手にした瞬間については、「自分の返球がラインに当たったのを見た時が、人生で最高の瞬間だった」と述べた。 ジョコビッチ、全仏で散る ジョコビッチは今大会のこれまで10日間、勢いに乗っていた。大会前の予想では優勝候補と考えられていなかったにも関わらず、合計で12回目となる準々決勝進出まで、わずか1セットしか落とさなかった。 昨年はひじのけがで限られた時間しか戦えず、世界ランクは22位まで下がり、その結果、今回の全仏オープンでは低いシード権しか与えられなかった。 それでも、ジョコビッチが伏兵チェッキナートに敗れるとは大勢にとって予想外だった。チェッキナートはジョコビッチのモンテカルロの自宅で、しばしば練習相手を務めてきた仲だ。 プロツアー初対戦の準々決勝で、ジョコビッチは圧倒的有利と予想され、2016年全米オープン以来のグランドスラム準決勝進出を期待されていた。 しかし、第1セットで放ったウィナー(相手のラケットに触れられずに決まる打球)はわずか3球で、同セットでチェッキナートのサービスゲームは1度も破れずというスロースタートの代償を、ジョコビッチは払うことになった。 最終的にはジョコビッチも調子を上げ、おかげでこの準々決勝は今年の全仏オープン最高の熱戦になった。 しかし、ジョコビッチは重要な局面で何度かチャンスを逃し、これが最終的に勝敗を分けた。特に、試合を決めた第4セットのタイブレークでのミスは大きかった。元世界1位はかつての圧倒的な地位にいずれ復活するのかどうか、疑う人もいるだろう。 「マルコのプレイは素晴らしかった。見事だった。最高のパフォーマンスを称えたい」とジョコビッチは述べた。 「試合の最初から苦しんだ。残念ながら、調子が出るまでに時間がかかったし、序盤から小さなけがに悩まされた」 「第4セットの4-1というチャンスを生かせず、取れると思っていたいくつかのブレークポイントをものに出来なかったのは残念だ」 チェッキナート、人生最大の勝利 今大会で躍進するまで、多くのテニスファンにとってチェッキナートと言えば、2016年の八百長疑惑で1年半の出場停止処分を受けた選手に過ぎなかった。 処分は後に12カ月へと短縮、最終的には完全に解除され、チェッキナートは男子プロテニス協会(ATP)のツアーへの参戦継続を許された。 チェッキナートは全仏オープンではその問題について語らず、テニスに集中することを選んだ。そしてジョコビッチ相手に、チェッキナートのテニスはしばしば驚くべきものだった。 見事な打球を決める才能の片鱗のほか、粘り強い守備を何度も見せた。3度の相手側セットポイントの危機を切り抜けて第2セットのタイブレークに勝利し、2セットを連取した。 しかし、ジョコビッチも試合中に調子を上げ、チェッキナートはリズムと集中を失い始めた。第4セットの初めには、許可なくコートの外に出たとして1ポイントのペナルティを科された。 ジョコビッチは第3セット冒頭から14ゲーム中11ゲームを勝ち取ったが、チェッキナートもどうにか落ち着きを取り戻し、ジョコビッチのサービスゲームをブレーク(相手側にサーブ権のあるゲームで勝利すること)に成功。第4セットはタイブレークに持ち込まれた。 ドラマはそこで終わらなかった。 タイブレークには、全てが詰まっていた。マッチポイントもセットポイントも決まらず、激しい状況変化に、スザンヌ・レングレン・コートの観衆は興奮し息をのんだ。 結果予想などあり得ないほど目まぐるしいせめぎ合いの末、最終的にチェッキナートのバックハンド・リターンが、立ち尽くすジョコビッチの左を通り過ぎた。 チェッキナートは興奮したままクレー・コートに倒れこみ、赤土のコートに両腕を広げて、人生最大の勝利を喜んだ。 (英語記事 French Open 2018: Marco Cecchinato shocks Novak Djokovic to reach semi-finals)

  • Thumbnail

    記事

    「ミス・アメリカ」 水着審査を廃止

    2018年06月06日 13:14 公開 米国の美人コンテスト「ミス・アメリカ」の運営団体は5日、水着審査を取りやめ、今後は身体的な美しさを判断基準にしないと発表した。 イブニングドレス審査も廃止し、出場者には自分らしさを表す、心地良い服を着るよう求めるという。 自分自身も元ミス・アメリカの元ニュース・アナウンサーで、運営団体の評議員会会長になる予定のグレッチェン・カールソン氏が米ABCニュースの番組「グッド・モーニング・アメリカ」で明らかにした。 カールソン氏は、「私たちは今後、出場者を身体的な外見で審査しない。これは重大なことです」と語った。「これからはもうショーではない。コンテストです」。 大会では、水着審査に代わり、出場者にインタビューし、情熱の対象や知性、ミス・アメリカとしての役割について質問をする。 2018年のミス・アメリカ、カーラ・マンド氏はツイッターで、「我々は水着から着替えて全く新しい時代に入る」とコメントした。 https://twitter.com/MissAmerica/status/1003967565633327104 カーソン氏は、「多く若い女性に、『大会に参加したいけれど、ハイヒールに水着姿で出たくはない』と言われました。なので、変わりましたよ。もうそんなことはしなくてもいいんです」と話した。 同氏は、「能力を向上させ、リーダーシップについて学び、大学の学費を払い、精神的な内面の部分から、自分がどんな人間か世界に示したい。そう思わない人はいるでしょうか」と述べ、「私たちは今後、女性をそうやって審査します」と付け加えた。 ネットメディアのハフポストは昨年、運営団体の幹部たちがメールで、過去のミス・アメリカたちの見た目や知性、性生活について下品な寸評を述べていたと報じた。これを受けて、サム・ハスケル事務局長やジョシュ・ランドル会長、評議員らが辞任している。 その後、運営団体はカーソン氏をはじめ、幹部全員が女性になった。 1989年にミス・アメリカになったカーソン氏は近年、セクハラの被害者を支援する活動にかかわっており、「Me Too」運動を牽引(けんいん)する一人となっている。 2016年にカーソン氏は、米FOXニュースの最高経営責任者(CEO)だったロジャー・エイルズ氏へのセクハラ訴訟で和解している。カーソン氏は同局でアナウンサーを務めていた。 複数の従業員がエイルズ氏に対して同様に訴え出たなかで、同氏はCEOを辞任。2017年に死去した。 2019年度のミス・アメリカ大会は、今年9月9日にABCで生放送される予定。 (英語記事 Miss America waves bye bye to bikinis)

  • Thumbnail

    記事

    ワインスティーン被告、強姦と性的暴行の罪に無罪主張

    2018年06月06日 13:02 公開 ハリウッドの大物映画プロデューサーだったハービー・ワインスティーン被告(66)が5日、ニューヨーク州裁判所に出廷し、強姦罪と性的暴行罪について無罪を主張した。5月25日に逮捕された被告は、同30日に正式起訴されていた。 ワインスティーン被告は、女性1人を強姦し、別の女性に口を使った性行為を強要した罪で起訴されている。いずれかの罪状で有罪となれば、最長禁錮25年の量刑を言い渡される可能性がある。 昨年秋に長年の性的疑惑が報道されて以来、ワインスティーン被告は一貫して、同意のない性行為はなかったと主張している。 俳優ルシア・エバンズ氏がこれまでに、2004年に容疑者に口を使った性行為を強制されたと名乗り出ている。強姦被害を告訴した女性の名前は正式には公表されていない。 ニューヨーク・マンハッタンの州最高裁判所(一審裁に相当)に弁護士と共に到着した被告は、報道陣の質問に答えなかった。裁判所を離れる際にも無言だった。 ベンジャミン・ブラフマン弁護士は、「もっと情報を得るため、複数の請求を裁判所に申し立てるつもりだ。司法手続きが影響を受けるかもしれないし、もし成功すれば、裁判がなくなるかもしれない。もし裁判が成立したとしても、ワインスティーン氏の名誉回復のため速やかに、かつ精力的に活動していく」と述べた。 ブラフマン弁護士は以前、ワインスティーン被告が高名なことと、その疑惑報道を機に性的暴力を糾弾する「#MeToo(私も)」運動が高まったことから、有罪判決を獲得するよう検察に不当な政治的圧力がかかっていると発言していた。 ワインスティーン被告は5月25日にニューヨーク市警に逮捕され、保釈金100万ドルを現金で支払い、旅券の提出とGPS追跡装置の着用を条件に釈放された。 起訴内容のほかに、70人以上の女性が被告から性的暴力や嫌がらせを受けたと糾弾している。 被告についてはニューヨーク市警のほか、連邦政府とロサンゼルスとロンドンの警察が、それぞれ別個に事件を捜査している。 (編集部注――日本では「ワインスタイン」と表記されることの多いハービー・ワインスティーン被告の名前は、本人や複数の関係者の発音に沿って表記しています) (英語記事 Harvey Weinstein pleads not guilty to rape charge in court)

  • Thumbnail

    記事

    「手が届くぜいたく品」 ケイト・スペードの魅力を専門家が解説

    ト・スペードさんが急死した今、その業績はどうなるのか。ファッション専門家のドーン・デル・ロッソさんがBBCに語った。

  • Thumbnail

    記事

    グアテマラ火山、新たに噴火 避難命令

    やサンミゲル・ロスロテスなど、人が住む周辺地域を飲み込んだ。 火山学者ジャニーン・クリップナー博士はBBCに対して、火砕流や火山泥流(ラハール)の危険性を見くびってはならないと話した。 「フエゴは非常に活発な活火山だ。粘度の低い火山物質が堆積している上、火山は雨量の多い地域にある。そのため、豪雨が火山を襲うと、雨が堆積物を押し流して泥流の一部とする。泥流は大量の瓦礫(がれき)や岩石を運ぶ」 「泥流は非常に危険で、人が死ぬ可能性も高い」 「まるで黒い雨」 フエゴ火山に近いアンティグアで語学センターを運営するロンドン出身のフェイ・ダンスタンさん(29)はBBCに対して、3日の噴火の様子を話した。 「家でのんびりしていたら、いきなり空から雨が降ってきたが、黒くて、溶岩の灰だった。最初は誰も大したことだと思わずに、外に出てセルフィー(自撮り写真)を撮ったりしていた」 「でも車に乗ると、警察があちこちで運転するなと指示していた(中略)みんな家やレストランから出て、車を洗い始めた。火山灰が当たり一面に降っていた」 「それでもまだみんな、それほどひどいことになっているとは気づいていなかった。後になってフェイスブックに、情報が次々と入るのを見てやっと気づいた。最初の死者数は7人で、それが25人、33人と増えていった」 「アンティグアの町では大勢が街角で募金を集めている。みんな、髪に火山灰がついたままだ。学校が休校なので、あちこちに小学生がいる。近くの村の人たちは、また何かあるのではと怖がっているけれども、みんな団結している。水や食料、衣類がどんどん集まっている。地域全体が協力し合っている」 <解説>火砕流とは何か?――ポール・リンコン BBCニュース・サイト科学編集長 火砕流は、火山ガスと軽石や灰など火山物質の混合物で、非常に速く動く。火砕流は、今回のフエゴ火山のように、火山噴火に伴って発生する一般的な現象で、下流域に住む人々にとっては極めて危険だ。 グアテマラの火山噴火を目撃した人が撮影した動画がユーチューブに投稿されている。動画の1つ、橋の上に立つ人が撮影した映像には、不気味な大量のガスと噴火堆積物がフエゴ火山から広がる様子が映っている。 すぐ近くにいた何人かがその速さに気づいたが、火砕流は人々のすぐ近くまできていた。 火砕流の速度は複数の要因によって決まる。火山の堆積物や噴射物の生産率や、斜面の傾きなどだ。しかし、火砕流の最高速度は毎時700キロにもなることが知られている。この速度は長距離商用旅客機の航行速度に近い。 加えて、火砕流内のガスや岩石は200度から700度の間という極めて高い温度になっている。もし流路の真正面にいたら、逃げられる可能性はほとんどない。 紀元79年にイタリアで起きたベスビオ火山の噴火は強力な火砕流を生み、ポンペイやヘルクラネウムといった古代ローマの都市を厚い灰の層の下に埋没させた。 (英語記事 Evacuations after new eruption at Guatemalan volcano)

  • Thumbnail

    記事

    ファッションデザイナーのケイト・スペードさん死去 自殺か

    に、計り知れないほどの影響を与えました」 独特な面白さと高級ゴルフクラブ――ナタリー・シャーマン、BBCニュース・ビジネス記者(ニューヨーク) 「ケイト・スペード」が世に出てから25年、この名前は特定の学生スタイルの代名詞となった。 スペードさんは1993年にハンドバッグを発表した際、米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューで、当時の財布のデザインは退屈で、自分は機能性と洗練、そして「ある種のスタイル」を求めていると話した。 明るい色使いとくっきりしたラインが特徴のデザインはたちまち人気となり、バーニーズをはじめとするニューヨークの高級百貨店に並ぶことになった。 1999年には米百貨店ニーマン・マーカスが同ブランドの過半数株を取得。ファッション業界におけるブランドの成長がこれで約束され、「ケイト・スペード」は郊外の高級ゴルフクラブ的な高級感から離れすぎず、独特の面白さも併せ持ったブランドとしての地位を確実なものにした。 (悩みを抱えている方には、全国の「いのちの電話」や東京都の「こころといのちのホットライン」など各自治体の相談窓口があります) (英語記事 Fashion designer Kate Spade found dead)

  • Thumbnail

    記事

    スイスの時計職人に迫る時間切れ 後継者不足

    、技術を受け継いでくれる人がいないという。 手作りの時計作りを続けている数少ない時計師の1人として、BBCの取材に応じた。

  • Thumbnail

    記事

    51歳スイマー、太平洋横断に挑戦へ 銚子を出発

    2018年06月05日 15:42 公開 フランス人スイマーのベン・ルコントさん(51)が5日、史上初めての太平洋遠泳横断に挑戦するため、千葉県銚子の海岸を出発した。 サメや嵐、クラゲの大群、極度に低い水温などの危険があるなか、ルコントさんは1日8時間の水泳を半年以上続け、約9000キロ先の米西海岸を目指す。 ツイッターに出発前の写真を投稿したルコントさんは、「6年以上の準備がこの瞬間につながった。太平洋横断の泳ぎを開始する準備がついに整った」とコメントした。 https://twitter.com/BenLecomteSwim/status/1003775116851810304 ルコントさんは挑戦を通じて気候変動への認知を高めたい考え。同行する科学者のチームは、プラスチックごみや激しい運動が心臓に与える影響、2011年の東京電力福島第1原子力発電所事故の海への影響を調査する計画だ。 現在米国を拠点にするルコントさんは、毎日何時間も海上で泳ぐ訓練を続け、メンタル面でも「ビジュアリゼーション(映像化)とディソシエーション(解離)」と呼ばれる練習を行い準備に取り組んできた。 ルコントさんはAFP通信に対し、「メンタルな部分は肉体的な要素よりもずっと重要」だと語った。「いつも前向きに考えるようにしなくちゃいけない」。 「頭を使って考えることがなくなると、悪いスパイラルに陥る。問題はその時に始まる」 今月1日のツイッターへの投稿では、会員制ディスカウントストアの「コストコ」で物資を購入した際の写真に、「10人分の6カ月の食料のレシートがどんなものになるのか考えたことがあるかもしれませんが、これは違いますよ。これはほんの一部……ですが、良かったのはきょう買い出しが完了したこと!」とのコメントが付けられている。 https://twitter.com/BenLecomteSwim/status/1002357035764051968 準備に6年以上が費やされたが、挑戦はもっと以前から計画されていた。 ルコントさんは1998年に単独で大西洋を泳いで横断することに成功。6400キロを73日で泳ぎきった。フランスの海岸にたどり着いたルコントさんの最初の言葉は「2度としない」だったが、間もなく次の挑戦対象を探し始めた。 「考えを変えるのに、そう時間はかからなかった」とルコントさんは公共ラジオ放送NPRに語った。「3、4カ月後には、次の冒険、何か同じようなことをしようと考え初めていた」。 ルコントさんは太平洋横断に挑戦中、毎日ほぼ同じルーティンをこなす。8時間泳ぎ、支援船に乗り込んで食事と睡眠をとり、そしてまた海に入ることを繰り返す。 体力を維持するため、一日8000カロリーを摂取する予定だ。 「砂糖なしの厳格な食事管理をしている。摂取カロリーのほぼすべては高脂肪の食品からで、フリーズドライの完全なメニューや米、パスタ、さまざまなスープなどがある」。米ニュース共有サイト「レディット」に今月投稿されたインタビューでルコントさんはこう語った。 支援船は、全地球測位システム(GPS)装置が搭載されており、ルコントさんたちの現在位置は、同氏のウェブサイトで確認できるようになっている。 (英語記事 Swimmer Ben Lecomte begins record Pacific crossing attempt)

  • Thumbnail

    記事

    米アップル、フェイスブックのウェブ追跡ツールを妨害へ

    eli_schiff/status/1003649254659743744 <解説>デイブ・リー BBC北米テクノロジー担当記者 アップルの、利用者がインターネット上を回遊する際のデータ追跡を妨害する試みは、利益を生む上で個人情報に依存している企業に真の影響を与えるかもしれない。 そしてもちろん、アップルがすることは、他社も頻繁に追従する。なので、今回の発表が流行を作るとすれば、フェイスブックには悩みの種になるかもしれない。 新たな機能を紹介するデモ全てで、利用者が止めたい、あるいは少なくとも制限したいと望むものの例としてフェイスブックとインスタグラムが使われていた。2つともフェイスブック社が所有しているサービスだ。 現在の疑問は、フェイスブックや他の広告テクノロジー企業がアップルを出し抜くことを狙って、利用者のインターネット上での行動を追跡する新たな方法を見つけようととするのかどうかだ。 (英語記事 Apple jams Facebook's web-tracking tools)