検索ワード:BBC/3792件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    金与正氏ってどんな人? 正恩氏の実妹、党幹部……それから?

    2020年06月17日 14:46 公開 北朝鮮は16日午後、同国・開城にある南北共同連絡事務所を爆破した。2018年の南北首脳会談後、緊張緩和を目的に設置されたものだった。 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹で党幹部の金与正(キム・ヨジョン)氏は13日の談話で、「悲惨な光景」を見ることになると述べ、連絡事務所の破壊を警告していた。 ここ数週間、北朝鮮と韓国の緊張関係は、脱北者団体が北朝鮮に向けて体制批判のビラを飛ばしていることをめぐり高まっていた。 与正氏はまた、南北軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)への進入の準備をするよう、朝鮮人民軍に命じたと明かし、「韓国当局と確実に決別する時だ」と宣言した。 金正恩氏の実妹の与正氏について、ほかに分かっていることは――?

  • Thumbnail

    記事

    ふたをしないでトイレを流すと「飛まつが90センチ飛散」=研究

    2020年06月17日 13:38 公開 ふたをしないで水洗トイレを流すと、感染原因となる病原体を含むかもしれない飛沫(ひまつ)が約90センチ飛散するという研究が中国で発表された。 揚州大学の研究チームがコンピューター・モデルで実験したところ、ふたをしないまま水洗トイレを流すと、便器から飛沫が吹き上がり、その高さは床から最大91センチに達することが分かったという。新型コロナウイルスなど病原体を含む恐れのある飛沫が、顔に到達する場合もある。 ふたを閉じれば、これは防げるという。 研究論文は、流体力学の学術誌に掲載された。 新型コロナウイルスは、せきやくしゃみなどで空中に飛散する飛沫や、汚染された表面を介して伝染する。 保菌者の排泄(はいせつ)物にも、新型ウイルスが含まれている可能性がある。ただし、これが人から人への感染を媒介するかはまだ確認されていない。 不衛生なトイレが感染原因になり、糞口(ふんこう)経路と呼ばれる形で、排泄物から人の口腔に伝るウイルスはほかに存在する。 揚州大学の研究の筆頭著者、ワン・ジシャン氏をはじめとする研究チームによると、水洗トイレを流すことで便器に流れ込んだ水が便器の側面に当たり、それによって水流ができて飛沫が飛ぶ。この飛沫はきわめて小さく、1分以上は空中を浮遊するという。 英ブリストル大学のブライアン・ビズデク博士は、これによって新型ウイルスが広がるという明確な証拠はないものの、注意するに越したことはないと話す。 「論文の著者たちは、トイレを流す際にはできるだけふたを閉じて、便座をふいて清潔にし、他の接触面も頻繫にそうして、トイレを使った後は手を洗うよう提言している」 「こうした対応がSARS-CoV-2ウイルスの伝播(でんぱ)を減らすとは、論文は立証できていないが、多くのウイルスは糞口経路で伝播するため、そもそもこうした衛生手段は習慣にしておいた方がいい」 (英語記事 Flushing 'can propel viral infection 3ft into air')

  • Thumbnail

    記事

    英チャールズ皇太子、味やにおいの感覚が完全には回復せず

    2020年06月17日 13:34 公開 新型コロナウイルスに3月に感染し回復した、イギリスのウェールズ公チャールズ皇太子(71)が16日、国民保健サービス(NHS)の病院を訪れ、においと味の感覚が完全には戻っていないと職員に明らかにした。 チャールズ皇太子はカミラ夫人(コーンウォール公爵夫人、72)と共に、皇太子領ハイグローヴに近い西部グロスターシャーの王立病院を訪れた。 複数病院の医師や看護師、清掃員などの職員と、2メートルの距離を取って面会し、病院職員に自らの経験について話した。 <関連記事> においや味が分からなくなる……英政府、新型ウイルス感染の症状リストに追加 「においが分からない」は新型ウイルスの兆候? 発熱やせきとの組み合わせに注意 英チャールズ皇太子、新型ウイルスに感染 チェルトナム総合病院の医療アシスタント、ジェフ・ミルズさん(47)によると、「皇太子は自分自身の体験について話し」、「においと味の感覚を失ったことについても話した。それはまだ続いている感じがすると言っていた」という。 皇太子の新型ウイルス感染は、流行初期の3月25日に発表された。味覚や嗅覚(きゅうかく)が失われるのは、主要な症状の1つとみられている。 皇太子は回復後、「かなり軽い症状で済んだ」と話していた。 握手の代わりに イギリスでロックダウン(都市封鎖)が始まって以来、皇太子夫妻が公の場で国民と接するのはこれが初めてだった。 社会的距離を保つため、夫妻と面会する人は黄色の点を目印に、2メートル離れて立った。 チャールズ皇太子は数人に対し、握手の代わりに両手を合わせる「ナマステ」のあいさつをした。 カミラ夫人は、NHSに対する国民の評価が変わったと思うかと聞かれると、「そう思う。大勢が毎週表に出てNHSに拍手している姿からも分かる。NHS職員はとても素晴らしい仕事をしている」と答えた。 また、「ケアの仕方にしろ、事態全般をコントロールしていた様子にしろ、(中略)パニックしないで淡々と仕事をする職員たちは、イギリスの最良の姿だと思う」と述べた。 夫人は先週末、久しぶりに孫たちと社会的距離を保ちながら会ったことも明らかにした。夫妻は孫を抱きしめることはできなかったが、「とても素晴らしい」時間だったと述べた。 ウイリアム王子は救急隊と面談 王室はロックダウン緩和に伴い、国民と会う機会を予定するなど、通常へと戻ろうとしている。 皇太子の長男、ケンブリッジ公ウイリアム王子は、東部ノーフォークのキングス・リン救急ステーションを訪問。新型ウイルス感染対策の行動制限が実施されてから、初めて国民と面会した。 王子は、「みなさんのがんばり」をたたえると共に、パブでビールを飲めるようになるのを楽しみにしていると冗談を言った。 また、「NHSには誰もが感謝している。素晴らしい制度で、保健サービスで、世界中の多くの国がうらやんでいる」、「パンデミックのような大きい危機が起きて初めて、NHSをどれだけ大切にしなくてはならないか、感謝を表現しなくてはならないか、気づくようになった」と述べた。 王子はさらに、「この国のウエストのことも心配だ。みんなチョコとかケーキをたくさん食べてて。自分も自宅で焼き菓子ばかり作っていた」と笑った。 ウイリアム王子はロックダウン中、心のケアを必要とする人にテキストメールで答える救急ホットラインで、訓練を受けた後に匿名でボランティアをしていたことを最近になって明らかにしている。 新型コロナウイルス特集 感染対策 基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと 予防方法: 正しい手の洗い方 なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる 社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離 感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは 心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る? 在宅勤務・隔離生活 在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは? 自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと 必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は (英語記事 Charles's sense of smell not back after virus)

  • Thumbnail

    記事

    新型コロナウイルス治療に「画期的発見」 ステロイド剤が重症患者に効果

    2020年06月17日 11:49 公開 ミシェル・ロバーツ、BBCニュースオンライン健康担当編集長 安価で手に入りやすいステロイド系抗炎症剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイルスで重症になる人の命を救うかもしれない。 英オックスフォード大学の研究チームによると、低用量のデキサメタゾンは新型ウイルスとの戦いで画期的な突破口になる。 新型コロナウイルスに対し、様々な既存の治療法の効果を試す世界的規模の臨床試験の一貫として、デキサメタゾンが試された。 その結果、人工呼吸器を必要とする重症患者の致死率が3割下がり、酸素供給を必要とする患者の場合は2割下がった。 新型ウイルスのパンデミック(世界的流行)の初期からイギリスでデキサメタゾンを治療に使用していた場合、最大5000人の命が救えたはずだと研究者たちは言う。 さらに、新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」の患者が多く出ている貧しい国にとっても、安価なデキサメタゾンを使う治療は大いに役立つと期待される。 重症者の致死率が大幅に下がる イギリス政府は20万人分の投与量を備蓄しており、国民医療制度の国民保健サービス(NHS)で患者への使用を開始する方針を示した。 ボリス・ジョンソン英首相は「イギリス科学界の素晴らしい成果」を歓迎し、「たとえ感染の第2波が来ても備蓄が足りるよう、数を確保するための措置をとった」と述べた。 イングランド首席医務官クリス・ウィッティー教授は、「COVID-19にとってこれまでで一番重要な臨床試験結果だ。手に入りやすく安全でなじみのある薬によって、酸素供給や人工呼吸器が必要な人の致死率が大幅に下がった。(中略)この発見が世界中で人命を救う」と評価した。 <関連記事> 当惑する医師たち 新型コロナウイルス治療の最前線で 欧州初のワクチン臨床試験、英オックスフォード大で始まる 新型コロナウイルスに20人が感染した場合、19人は入院しないまま回復する。入院する人もほとんどは回復するものの、重症化して酸素供給や人工呼吸器を必要とする人もいる。 デキサメタゾンはこうした重症患者の治療に効果があるもよう。 新型ウイルスに感染した患者の体内では、ウイルスと戦う免疫系が暴走することがある。その免疫系の過剰反応による体の損傷を、デキサメタゾンが緩和するものとみられる。 「サイトカイン・ストーム」と呼ばれる免疫系の過剰反応が、患者の命を奪うこともある。 デキサメタゾンはすでに抗炎症剤として、ぜんそくや皮膚炎など様々な症状の治療に使われている。 初めて致死率を下げる薬 オックスフォード大学が主導する臨床試験は、約2000人の入院患者にデキサメタゾンを投与。それ以外の4000人以上の患者と容体を比較した。 人工呼吸器を使用する患者については、死亡リスクが40%から28%に下がった。 酸素供給する患者は、死亡リスクが25%から20%に下がった。 研究チームのピーター・ホービー教授は、「今のところ、致死率を実際に下げる結果が出たのは、この薬だけだ。しかも、致死率をかなり下げる。画期的な突破口だ」と話した。 研究を主導するマーティン・ランドレイ教授によると、人工呼吸器を使う患者の8人に1人、ならびに酸素供給治療を受ける患者の20-25人に1人が、デキサメタゾンで救えることが分かったという。 「これはきわめて明確なメリットだ」と教授は言う。 「最大10日間、デキサメタゾンを投与するという治療法で、費用は患者1人あたり1日約5ポンド(約670円)。つまり、35ポンド(約4700円)で人ひとりの命が救える」 「しかもこれは、世界中で手に入る薬だ」 状況が許す限り、新型コロナウイルスで入院中の患者にはただちに投与を開始すべきだと、ランドレイ教授は促した。 ただし、自宅で自己治療するために薬局に買いに行くべきではないと言う。 デキサメタゾンは、呼吸補助を必要としない軽症の患者には効果がないもよう。 3月に始動した新型コロナウイルス治療薬の無作為化臨床試験「リカバリー・トライアル」は、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」も調べたものの、心臓疾患や致死率の悪化につながるという懸念から、ヒドロキシクロロキンについては試験を中止した。 一方で、感染者の回復にかかる時間を短縮するとみられるレムデシビルは、すでにNHSの保険対象になり治療現場で使われている。 <解説> ファーガス・ウォルシュBBC健康担当編集委員 COVID-19の死者を減らすと初めて立証された薬は、高価な新しい薬ではなく、古くからずっと使われてきた、きわめて安いステロイド剤だった。 世界中の患者が直ちにその恩恵を受けることになるので、これは歓迎すべき発見だ。 この臨床試験の最新成果がこれほど急いで発表されたのは、そのためだ。とてつもない影響を世界中にもたらすので。 デキサメタゾンは1960年代初めから、関節リウマチやぜんそくなど、幅広い症状の治療に使われてきた。 これまでは、人工呼吸器を必要とするCOVID-19患者の半数が亡くなってきた。その致死率を3割減らすというのは、絶大な効果だ。 集中治療室では点滴で投与する。もう少し軽症な患者には、錠剤で与える。 これまでのところ、COVID-19患者に効果があると証明された薬は、エボラ治療薬のレムデシビルだけだった。 レムデシビルは症状の回復期間を15日から11日に短縮する。しかし、致死率を下げると言えるだけの証拠は出ていなかった。 デキサメタゾンと異なり、レムデシビルは数の少ない新薬で、薬価もまだ公表されていない。 (英語記事 Coronavirus: Dexamethasone proves first life-saving drug)

  • Thumbnail

    記事

    インドと中国、国境付近で衝突 インド兵20人以上死亡か

    外務省は、ガルワン渓谷の実効支配線(LAC)を順守するとした先週の合意を、中国が破ったとしている。 BBCのジェイムズ・ロビンズ外交担当編集委員は、核保有国同士の衝突は極めて深刻なだけに、全面紛争に陥るのを防ぐ国際社会の圧力が高まるとしている。 BBCインド・オンラインのスーティク・ビスワス編集委員は、今回の衝突で、インド国内における反中国の国民感情が再び高まるだろうとみている。また、新型コロナウイルス対策に苦戦するナレンドラ・モディ首相は、外交と安全保障の難問を突きつけられた格好だと説明した。 双方の主張 インド陸軍は当初、領有権が争われているカシミール地方のラダックで中国軍と衝突が発生し、インド軍の将校1人を含む3人が死亡したと発表した。 その後、両軍の衝突は収まったとする声明を発表。衝突ではインド部隊の17人が死亡し、「戦闘での死者は合計20人」になったとした。 一方、中国側は死者が出たとはしていない。インドに対し、国境を越えて中国側に侵入したと批判している。 AFP通信によると、中国外務省の趙立堅報道官はインド側が15日に2度、国境を越えたと主張。「中国側を挑発、攻撃し、双方の国境軍同士の深刻な身体的衝突を招いた」と述べた。 インドと中国の双方とも、40年間というもの銃弾が使われたことはないと主張。インド軍は16日、今回の衝突においても「発砲はなかった」と述べた。 銃撃戦以外でどうやってこれほどの死者が出たのかは不明だが、戦闘には石とこん棒が使われたとの報道も出ている。 インドのメディアは、インド兵らは「殴打されて死亡した」と伝えている。 高まっていた緊張 実効支配線の境界はあいまいだ。川や湖、山頂付近の雪などが、境界の確定を難しくしている。世界最大規模の中国、インド両軍は、至る所で遭遇している。 両国は過去30年間で何度か協議を重ねてきたが、国境問題は解決されていない。 ここ数週間は、国境付近で双方の緊張が高まっていた。 インドは、中国がガルワン渓谷に数千人の部隊を送り込み、インドの領土を3万8000平方キロにわたって占拠していると主張している。 5月には、北東部シッキム州の国境付近で両軍部隊の衝突があった。同州では2017年にも、中国が国境を広げようとしたことをきっかけに衝突が発生した。 インドはラダックの実効支配線に沿った遠隔地に新たな道路を建設している。有事の際に部隊や物資の素早い移送を可能にするもので、こうしたインフラ整備に中国は強く反発している。 これまで両国が戦争状態となったのは1962年のみ。このときはインドが屈辱的な敗北を喫した。 (英語記事 India-China clash: 20 Indian troops killed in Ladakh fighting)

  • Thumbnail

    記事

    「ボブという名の猫」のボブが死亡 「少なくとも14歳」

    2020年06月17日 9:18 公開 「ボブという名のストリート・キャット」という本で世界的に有名になり、映画にも出演したロンドンのオス猫「ボブ」が15日に死亡した。飼い主で作家のジェイムズ・ボウエンさんと出版社が16日、フェイスブックの公式ページで発表した。ボブは「少なくとも14歳」だったという。 ボウエンさんは2007年、ロンドンで薬物依存症と格闘中に、野良状態でけがをしていた茶トラの雄猫と出会い、面倒を見始めた。「ボブ」と名づけたその猫は、ジェイムズさんに「毎朝起き上がる理由」を与えてくれたという。 ボブの死去が発表されると、ツイッターではイギリス発でハッシュタグ「#RIPBob(ボブ安らかに)」が多く使われ、トレンド入りした。 ホームレス支援雑誌「ビッグ・イシュー」を道端で売ったり、ロンドン中心部のコヴェント・ガーデンなどでギターの弾き語りをしたりして生活していたボウエンさんは、どこにでもボブを連れて行くようになり、1人と1匹のコンビは人気者になった。 ボウエンさんは自分とボブの経験について、2012年に「A Street Cat Named Bob: And How He Saved My Life」(ボブという名のストリートキャット 彼がどうやって僕の命を助けてくれたか)を発表。さらに続編など5作を出版した。「ボブ」のシリーズは40以上の言葉に翻訳されて、世界中で愛されている。 2016年に映画「ボブという名の猫」にもなり、ボブとしてボブ自身が出演した。 第2作「A Gift from Bob」(邦題「ボブがくれた世界」)も映画化され、今年後半に公開予定。これにもボブ自身が出演している。 ボウエンさんはフェイスブックで、ボブが自分の回復を助けてくれたと感謝する。 「端的に言えばそういうことです。相棒でいてくれた以上に、はるかにたくさんのものを僕にくれた。ボブがそばにいてくれたおかげで、自分が見失っていた方向性や目的を再発見できた」とボウエンさんは書いた。 「ボブは本当に大勢の人に会って、何百万人もの人生にかかわった。ボブみたいな猫は今までいなかったし、これからもいない。自分の人生の光が消えてしまったみたいだ。ボブのことは決して忘れない」 (英語記事 A Street Cat Named Bob: Stray who inspired series of books dies)

  • Thumbnail

    記事

    中国の富豪狙い別荘に侵入、誘拐未遂で5人逮捕

    2020年06月16日 15:40 公開 ケリー・アレン、BBCモニタリング 中国・広東省で14日、世界最大規模の家電メーカー「美的集団(マイディア・グループ)」創業者で、中国有数の富豪、何享健氏(77)の誘拐未遂事件があり、容疑者5人が逮捕された。 警察は14日、広東省仏山市の何氏の高級別荘に何者かが押し入ったと、侵入者から逃れた何氏の息子から通報を受けた。 警察は事件に関与した人物全員を逮捕した。負傷者はいなかったという。 報道によると、何氏の息子はこっそり敷地を抜け出し、近くの川を泳いで渡って助けを求めたという。 何があったのか 仏山市の警察は14日夜、爆発物を所持しているとみられる複数の人物が何氏の別荘に侵入したとの通報を受けた。 通報したのは大物実業家の何氏の息子で、美的集団取締役の1人、何剣鋒氏(55)だったとみられる。テクノロジー・ニュース・ウェブサイトのTMTポストは、剣鋒氏が「警察に通報するために別荘近くの川を泳いで渡った」としている。 香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは、地元の複数の人の話として、警察が事件に対応する間、住民には14日夜から15日朝にかけて厳格な封鎖措置が命じられたと報じた。 住民の1人は同紙に対し、「そこそこ怖かった。ここの治安は近隣地域よりもいいと、かねがね思っていたので」と述べた。 仏山市警は、何氏の誘拐未遂事件で容疑者5人を逮捕したとの声明も発表。今も捜査が続いているという。 美的集団は、中国版ツイッターの新浪微博(SINA Weibo)に「警察、メディア、そして地域社会のあらゆる関係者の方々、ご心配いただきありがとうございます」との感謝のメッセージを、警察の声明のリンク付きで投稿。 中国国営の英字紙「環球時報(グローバルタイムズ)」は、同社が「間接的にこの事件が起きたという事実を認めた」と報じた。 何享健氏とは 何享健氏は中国有数の富豪でありながら、目立とうとしない億万長者の1人。 資産は推定248億ドル(約2兆6650億円)で、中国6位の富豪。米経済誌フォーブスの2020年世界富豪ランキングでは36位になっている。 何氏は26歳だった1968年に、美的集団をゼロから興した。 瓶のふたや自動車部品の生産から始まった美的集団は、現在では中国全土で家電や商業用エアコンの最大手の1つとして知られている。 同社は2016年、世界最大のロボット工学会社の1つ、ドイツのクーカを買収している。 映画のよう サウスチャイナ・モーニングポストは、「他の大物実業家に比べて常に目立たないようにしてきた何氏が、実はどれほど巨額の資産を持っているか、この事件で世間が知ることになった」と報じた。 ローマ風の円柱まである何氏の欧風豪邸の写真には、新浪微博で大勢が度肝を抜かれていた。 中国のソーシャルメディアではこの事件について話題沸騰で、まるでアクション映画のようだと話題になっている。 新浪微博のマイクロブログでは大勢が、犯人はなんて馬鹿なのかと書いている。「白昼堂々、どうしてこんなに傲慢になれるのか」と書いたユーザーもいる。 「ありとあらゆるとんでもないことが、2020年には起きる」と、別のユーザーは付け加えた。 ユーザーたちはまた、何氏の警備体制についても疑問を投げかけている。サウスチャイナ・モーニングポストは、何氏の別荘の敷地の外には定期的に2人の警備員が配置され、別荘には「何氏の私的な警備員が24時間常駐」していると報じている。 新型コロナウイルスの大流行で、中国では自暴自棄な人が増えているという意見もあった。 「エピデミック(感染流行)の後、お金を稼ぐことが難しくなった」という投稿もあった。「雇用や生活が保証されない状況では、危険なこともやってやろうという人が出るものだ」という意見もあった。 美的集団本社は15日を臨時の休日にした。従業員を休ませた上で、同社はリスクアセスメントを実施したという。 (英語記事 Chinese billionaire rescued after kidnap attempt)

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮、非武装地帯に軍を進めると警告

    2020年06月16日 15:18 公開 北朝鮮の朝鮮人民軍は16日、韓国との軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)に進入する準備ができていると警告した。 北朝鮮と韓国の緊張関係は、脱北者団体が北朝鮮に向けて体制批判のビラを飛ばしていることをめぐって高まっている。 今回の警告は、ビラ散布に対抗する意味も込められているとみられている。 <関連記事> 北朝鮮外相、「米国と手を取り続ける必要あるのか」 米朝会談から2年 北朝鮮、韓国との連絡ルートを完全遮断 批判ビラ散布に反発 南北軍事境界線で一時銃撃戦 北朝鮮側から発砲 軍はこの日、「前線を要塞(ようさい)にし、軍事的警戒を高める」準備が整ったとした。 さらに、DMZに部隊を進める「行動計画の研究をしている」と述べた。 総参謀部は、「高度の警戒状態」にあるとし、政府の決定を「迅速かつ完全に」実行する準備ができているとした。 これを受け、韓国の国防省は同日、アメリカと合同で北朝鮮の軍事行動を細かく監視していると述べた。 「ごみはごみ箱に」 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹で党幹部の金与正(キム・ヨジョン)氏は13日、軍にDMZへの進入の準備をするよう命じたと明らかにしていた。 また、「韓国当局と確実に決別する時だ」と声明で宣言。「行動」を起こすと約束し、「ごみはごみ箱に捨てなくてはならない」と結んでいた。 <分析>なぜ北朝鮮は今回の警告に出たのか――ローラ・ビッカー・ソウル特派員 韓国は今回の警告を真剣に受け止めている。 DMZ周辺の情報活動を強化し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮に対し、緊張の悪化を避けるため冷静を保つよう呼びかけた。 だが、ビラをめぐってどうやってこの事態に至ったのか? まず、体制批判の政治宣伝だという北朝鮮の主張は一理ある。2018年の南北首脳会談で、韓国はビラが境界線を越えて飛ばないようにすると約束した。 さらに北朝鮮は、同国への厳しい経済制裁を続けるようアメリカが主張し、それに韓国が反対しないことに憤っている。 今回の事態は、より大きな問題と思われる。発表のタイミングや、連絡の遮断から軍事行動の脅しに至る注意深い段階的な対応は、周到に準備されたものと思える。 北朝鮮は韓国を懲らしめるために危機を作り出し、今後の協議で緊張を利用するつもりかもしれない。 脅威という点では北朝鮮は、2018年に文大統領が勝ち取った成果を無に帰する考えだ。 DMZの計20カ所の監視塔が撤去され、世界で最も警戒の厳しい境界が平和地帯へと変わることへの期待が膨らんだ。 文大統領は、朝鮮半島における「後戻り不可能な平和」の構築を考えていると話した。北朝鮮は、彼が間違っていたと証明する一歩手前にいる。 (英語記事 North Korea threatens to send army into border zone)

  • Thumbnail

    記事

    米政府、抗マラリア薬の緊急使用許可を撤回 新型ウイルス治療に効果なしと

    2020年06月16日 13:33 公開 米食品医薬品局(FDA)は15日、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について、新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」治療での緊急使用許可を撤回した。新型ウイルスに有効だと考えるのはもはや合理的ではないと、複数の臨床試験の結果から判断したという。 FDAは今年3月、重症患者へのヒドロキシクロロキンの緊急使用を許可していた。 ところがFDAは今月15日、ヒドロキシクロロキンには致命的な新型ウイルス感染症の治療への効果はなく、新型ウイルスにさらされた人の感染を防げなかったことが、複数の臨床試験で示されたと明らかにした。 新型ウイルス治療にヒドロキシクロロキンの使用を推奨していたドナルド・トランプ米大統領は、FDAの発表を受け、自分のこれまでの主張を擁護。過去に同薬を新型ウイルス予防のために服用したが、副作用はなかったと主張した。 「ヒドロキシクロロキンを服用したし、服用することで気分は良かった」と、トランプ氏は記者団に述べた。「良かったよ。2週間使って、私はここにいる。ほらね」。 74歳のトランプ氏は、ヒドロキシクロロキンで命が助かったと多くの人から聞いたと述べた。 トランプ氏は今年5月、マイク・ペンス米副大統領の側近らが新型ウイルスに感染した後、ヒドロキシクロロキンを服用していると明かした。 この発言をめぐっては、抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンやクロロキンの有効性や悪影響を及ぼす可能性についてオンライン上で憶測が広がり、科学界では議論が巻き起こった。 ヒドロキシクロロキンを服用した患者の死亡リスクが増大し、心拍異常が見つかったとする研究結果を、英医学誌ランセットが5月22日に掲載すると、WHOは各国で進められていた同薬の臨床試験を、安全性への懸念から一時的に中断した。 しかしその後、データに重大な欠点があるとして、執筆者らがこの研究結果を取り下げ、WHOは臨床試験を再開した。 (英語記事 US withdraws use of malaria drug for coronavirus)

  • Thumbnail

    記事

    「アスパラの幻覚が……」 新型ウイルスで失職し初めて農場で働いたら

    2020年06月16日 13:11 公開 「ナット」ことナタリーさんとエミリーさんは、新型コロナウイルスの感染拡大が原因で職を失い、今では野菜や果物の収穫の仕事をしている。 1人は農場そのものが初めてで、もう1人は農作業のベテランとも言える。2人とも家族は過去に、収穫の手伝いをしたことがあった。 イギリス政府は今春、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)のため、イギリスで長年収穫作業を担ってきた外国からの季節労働者が入国できず、作物の収穫が滞ることを懸念し、「Pick for Britain(イギリスのために収穫を)」というキャンペーンを展開。国民に協力を呼びかけた。 農作物の収穫という仕事が実際にはどういうものか、2人に聞いた。 プロデューサー:メガン・フィッシャー

  • Thumbnail

    記事

    性的少数者だからと解雇するのは違法 米最高裁が初の判断 

    2020年06月16日 12:56 公開 米連邦最高裁判所は15日、同性愛者やトランスジェンダー(出生時の身体的性別と性自認が異なる人)であることを理由に人を解雇するのは、公民権法に違反しているとの判断を示した。 最高裁は、性別による差別を禁じた連邦法について、性的指向や性自認による差別も対象にしていると考えられるとした。この判断には裁判官6人が賛成、3人が反対した。 最高裁判事の構成が保守化する中で、LGBT(性的少数者)の労働者や支持者らにとって大きな勝利となった。 <関連記事> ハリポタ作者、トランスジェンダーめぐる発言で物議 映画出演者も批判 女子テニスのナヴラチロワ氏、トランスジェンダー選手について発言が論争に 同性カップルのコマーシャル、放送中止 米ホールマークが謝罪 米結婚式場、同性・異人種カップルを拒絶 「キリスト教に反する」 雇用主側の弁護士は、1964年に成立した公民権法について、性的指向や性自認をめぐる事案は想定していないと主張していた。ドナルド・トランプ大統領はこの見解を支持していた。 トランプ氏の指名で最高裁判事となったニール・ゴーサッチ判事は、性的指向や性自認を理由に従業員に不利な扱いをする場合、性についての検討を伴うと判決文で指摘。 「誰かが同性愛者やトランスジェンダーだからと、それを理由に個人を解雇する雇用者は、その人が別の性だったら問題視しなかったはずの特徴や行動を理由に、その人を解雇することになる」と述べた。 公民権法の成立時に、トランスジェンダーについての適用が想定されていなかったとしても、答えは「明確」だとし、「同性愛者やトランスジェンダーを差別することは、その人を性をもとに差別することになる」と、ゴーサッチ判事は書いた。 一方でサミュエル・アリート、クラレンス・トマス、ブレット・キャヴァノーの保守派判事3人は、今回の判断に反対した。 検討された3件の訴訟 最高裁判断の元となったのは、同性愛者やトランスジェンダーであることを理由に解雇されたと主張した3件の訴訟だった。 かつて職場で6年間、男性として振る舞っていたエイミー・スティーヴンズさんは、同僚に手紙を書き、「本当の自分は『エイミー・オーストレイリア・スティーヴンズ』なので、適切なビジネス服を着て」仕事に戻ると伝えた。 その2週間後、スティーヴンズさんは女性の服を着て仕事をすると言い張ったとして解雇された。 雇用主の葬儀会社は、「スティーヴンズさんの生物学的な性別に適した」服装規定に従ってもらいたかったと、裁判書類で主張した。 下級審はスティーヴンズさんの訴えを認めた。スティーヴンズさんは先月、亡くなった。 ニューヨークのスカイダイビング指導者だったドナルド・ザーダさんも、関連訴訟を起こした1人だ。彼は2014年にスカイダイビングの事故で亡くなった。 ザーダさんは、一緒にダイビングをしていた女性客に対し、自分は「100%同性愛者」だから接近して体が触れても大丈夫だと冗談を言った。すると解雇された。 ザーダさんが勤めていた会社は、客に個人情報を明かしたため解雇したのであり、同性愛者だから解雇したのではないと主張。しかしニューヨークの裁判所は、ザーダさんの訴えを認めた。 もう1つの訴訟は、ジョージア州で児童福祉のコーディネーターとして働いていたジェラルド・ボストックさんが起こした。 ボストックさんは、同性愛者のソフトボール・リーグに参加し、性的指向を明らかにしたところ、解雇された。 雇用していたクレイトン郡は、ボストックさんの解雇について、「郡職員にふさわしくない行為」の結果だと説明。 ボストックさんは差別だとして訴えたが、アトランタの連邦裁判所で敗訴した。 トランプ政権は保護を縮小 公民権法の第7編は性別による差別を、ジェンダー、人種、肌の色、出身国、宗教による差別と共に禁じている。 バラク・オバマ前大統領の政権で、同法の順守を求める連邦雇用機会均等委員会は、性自認や性的指向による差別も同法の対象になるとしていた。 しかしトランプ政権は、医療などの分野における性的少数者の保護を縮小してきた。 州によってはすでにLGBTの労働者も保護の対象とすることを打ち出しているところもあるが、少数にとどまっている。 権利団体は歓迎 LGBTの権利擁護を訴える人々は今回の最高裁判断によって、職場で自分の性を秘密にしなくてはならない時代は終わると歓迎した。 性的少数者の権利擁団体グラード(GLAAD)のサラ・ケイト・エリス代表は、「トランプ政権がトランスジェンダーの権利を縮小し、反トランスジェンダーの暴力が各地で起きている中で、この判断はトランスジェンダーとLGBTQの人の尊厳を認めることへの一歩となる」と述べた。 米自由人権協会は、トランスジェンダーだったエイミー・スティーヴンズさんが用意していた声明を公表した。 「私に対する扱いが間違いで違法だと裁判所が認めたことをうれしく思う」、「私とトランスジェンダーの仲間たちには法律上の居場所があると裁判所が述べたことに感謝する。これまでより安全だと感じるし、社会に受け入れられていると感じる」。 一方、スティーヴンズさんの訴訟について検討を最高裁に求めた、保守的なキリスト教団体「自由防衛同盟(ADF)」は、今回の判断にがっかりしていると述べた。 同団体は、「スポーツや女性用シェルターなどさまざまな現場で、女性や少女にとって混乱と重大な不公正を生み出す」と批判した。 これについてゴーサッチ判事は、そうした事態は今回の審理の対象ではないと判決文で書いた。 「法廷が検討すべき唯一の問題は、雇用主の解雇理由だ。同性愛者やトランスジェンダーであることを理由に誰かを解雇する雇用主は、『その人の性』のみを理由に、解雇したり差別したりしたのか。この点のみが問われている」と、判事は説明した。 <分析>アンソニー・ザーカー北米担当記者 今回の判断がいかに重大か、表現しきれないほどだ。 連邦最高裁は長年にわたり、同性愛者の権利を拡大する判断をしてきたが、トランスジェンダーの法的保護について直接言及したのはこれが初めてだ。 ほんの数日前には、トランプ政権がトランスジェンダーを健康保険から除外すると発表したばかりだ。それだけに、このタイミングでの最高裁判断は、この問題を際立たせることになった。 トランスジェンダーの権利が政治的な争点になりつつある。その中で最高裁の多数派は、どちら側に立つかを明確にした。 連邦法にもとづく労働者の権利保護を同性愛者やトランスジェンダーの人に包括的に適用するという判決文を書いたのは、トランプ氏が指名したゴーサッチ判事だった。 左派の懸念をよそに、ゴーサッチ氏の司法判断は本人の政治的傾向がこうだからどうと、単純に予測しにくくなっている。 同じく共和党政権に指名されたジョン・ロバーツ最高裁長官も、今回の判断に賛成した。長官はこれまでたびたび、世間の予想と異なる判断を示してきた。 ゴーサッチ判事もロバーツ長官もこれから、保守派の激しい攻撃に遭うだろう。 (英語記事 US Supreme Court backs protection for LGBT workers)

  • Thumbnail

    記事

    北京で新たに100人の感染者、規制強化 ロックダウン拡大

    2020年06月16日 11:50 公開 中国・北京市で、再び新型コロナウイルスのアウトブレイク(大流行)が発生している。同市はロックダウン(都市封鎖)措置の対象地域を拡大し、ウイルス検査を強化して感染拡大を封じ込めようとしている。 世界保健機関(WHO)は15日、北京市での集団感染で新たに100人以上の感染が確認されたと発表した。 北京ではこれまで7週間以上もの間、新たに確認される感染者は、海外からの帰国者だけだった。 WHO健康危機管理プログラム責任者のマイク・ライアン博士は、新たなクラスター(小規模な集団感染)は「常に懸念」されるものの、「迅速な対応と包括的な措置の実施を期待している」と述べた。 これまでに分かっていること 今回のアウトブレイクは、北京南西部・豊台区にある北京最大の卸売市場「新発地市場」と関連がある。 地元メディアによると、輸入のサケに使用するまな板から新型ウイルスが検出されたという。これにより、北京市内の複数の主要スーパーは魚の販売を取りやめた。 市場の総支配人と地元当局者数人が解雇された。 一方でWHOのライアン博士は感染源の特定に慎重で、サケあるいはサケの包装がウイルスを媒介したというのは「仮説」に過ぎないと述べた。 ほかの保健の専門家たちは、サケよりも交差汚染の可能性が高いと指摘している。 中国疾病対策センター(CDC)の首席疫学者は、北京で発見されたウイルス株は、中国国内のほかの場所で広まっているウイルス株とは異なると述べた。WHOも、このウイルス株の塩基配列を共有するよう中国に求めている。 市場閉鎖、周辺地域封鎖も 新発地市場は13日未明に閉鎖され、周辺地域に制限措置が課された。 北京市は15日までに200カ所近いウイルス検査場を設置したほか、5月末以降に同市場を訪れた約20万人に連絡を取ったと、 中国の国営新華社通信が報じた。 検問所ではボランティアが住民の検温を実施した。 また、市内のロックダウン対象範囲が市場近くの21の居住区に拡大された。市内の屋内スポーツ施設や娯楽施設、多くの学校は閉鎖された。 北京市が平常に戻ろうとする中、感染の第2波への不安が浮上している。世界のほかの場所で感染のホットスポットが発生する一方で、新型ウイルスの感染者が世界で初めて確認された中国では新規感染者数は劇的に減少していた。 ドイツ、ベルギー、クロアチア、スイスは15日、ほかの欧州連合(EU)加盟国との国境を開放した。フランスではカフェやレストランが営業を再開した。 新型コロナウイルス特集 感染対策 基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと 予防方法: 正しい手の洗い方 なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる 社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離 感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは 心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る? 在宅勤務・隔離生活 在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは? 自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと 必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は (英語記事 Beijing tightens controls to tackle virus spike)

  • Thumbnail

    記事

    殉職警官の慰霊碑に立小便した男を訴追、反差別デモへの抗議で イギリス

    2020年06月15日 15:24 公開 イギリス・ロンドンで14日、2017年のウエストミンスター橋襲撃事件で命を落としたキース・パーマー巡査の慰霊碑の横で、立小便しているところを写真に撮られた男性が訴追された。 この写真は13日午後に撮影されたとみられている。ロンドン中心部ではこの日、極右活動家などが反人種差別デモに対する抗議活動を行っており、一部の参加者が暴力を振るうなどしていた。 ロンドン警視庁によると、英南東部エセックス出身のアンドリュー・バンクス被告(28)は、公序良俗違反の罪で訴追された。15日にもウエストミンスターの治安判事裁判所に出廷する予定だ。 パーマー巡査(当時48)は勤務中に、ウエストミンスター橋の襲撃犯に刺されて死亡した。この事件では計5人が亡くなった。 バンクス被告の立小便写真は広くソーシャルメディアで拡散され、大きな批判を浴びた。 ロンドン警視庁のバス・ジャヴィド警視長は、「パーマー巡査の慰霊碑に小便をしているように見える男性の、とんでもない唾棄すべき写真がソーシャルメディアで広まっているのは承知している。ただちに捜査に着手した。あらゆる証拠を集めて、適切に対応する」と述べていた。 また、議事堂前で刺されたパーマー巡査に応急処置を行ったトバイアス・エルウッド議員など、多くの議員が写真を非難している。 プリティ・パテル内相も、慰霊碑の「冒とく」は「全く恥ずべき行為」だと糾弾した。 (英語記事 Man charged over urinating at PC Keith Palmer memorial)

  • Thumbnail

    記事

    ジョンソン英首相、不平等対策委員会を設置へ 人種差別対策は「もっとやるべきことある」 

    2020年06月15日 15:11 公開 ボリス・ジョンソン英首相は14日、イギリス各地に広がる人種差別反対デモを受け、人種差別対策として「もっとやるべきことがある」と述べた一方、記念碑などを撤去することで「過去を書き換えては」いけないと話した。 英紙テレグラフへの寄稿でジョンソン首相は、「あらゆる不平等」について精査する委員会を立ち上げる予定だと発表した。 ジョンソン首相は「イギリスを大事に思う人なら誰でも」、反人種差別デモを無視することはできないと説明。デモで浮き彫りになった「深刻な問題点」は真剣に受け止める必要があると述べた。 また、週末にロンドンで暴力行為を重ねた「極右のごろつき」も批判し、その言い分は「まったく馬鹿げている」と述べる一方、イギリスの歴史的遺産の「多くはそのまま残すべきだ」と書いた。 週末には極右活動家などがイギリスの歴史や像を守るとして対抗デモを行い、警察に暴力を振るうなどした。ロンドンではこれに絡んで100人以上が逮捕されている。 ジョンソン首相はさらに、「人種差別対策で大きく前進したと、ただ言うだけでは意味がない」と話し、委員会の設置を明言した。 「やるべきことはまだたくさんあるし、実行する。雇用や保健制度、学問など、生活のあらゆる場面で起きるあらゆる不平等を精査する、政府全体を巻き込んだ委員会が必要だ」 イギリスでは新型コロナウイルスの流行により、保健制度の不平等が浮き彫りになっている。イングランド公衆衛生庁(PHE)が先に発表した国内の新型コロナウイルスによる死者についての調査では、人種的マイノリティーの致死リスクが高かったことが明らかになった。 アメリカで黒人のジョージ・フロイドさんが白人警官の暴行で死亡した事件をきっかけに、イギリスでも反人種差別デモが広がっている一方、人種差別や奴隷制度に関わった歴史人物の像が攻撃対象になっている。 ジョンソン首相は、「本当に(差別を)変えたいのなら、イギリスでは民主主義的な方法を取ることができる。これは(第2次世界大戦中に首相を務めた)ウィンストン・チャーチルのおかげだ」 ロンドンのパーラメント・スクエアにある、ウィンストン・チャーチル元首相の銅像には、「人種差別主義者」という落書きがされた。ブリストルでは、地元の名士で奴隷商人だったエドワード・コルストンの銅像が台座から引きずり下ろされ、ブリストル湾に投げ入れられた。 <関連記事> 「死者が出るのを防いだ」 ロンドンで白人男性を担ぎ助けた男性 【反人種差別デモ】 倒され、落書きされ… 標的になった各地の像 あなたが、そしてイギリス人も知らないかもしれないイギリスの黒人の歴史 歴史的遺産をチェック 英紙タイムズによると、イギリスの歴史的遺産を管理するイングリッシュ・ヘリテージは、ロンドンに950個ある歴史的遺産を示すプレートについて、「問題となる」関係性があるかどうか検査を行う。また、それぞれの遺産についての追加説明をウェブサイトに掲載する方針だという。 銅像についても、追加の説明を施すのが最善策だと思っていると説明。 「我々が管理する像については、すでに記念されている人たちの物語を、美化したり言い訳したりせず、その全容を語ることが必要だ」 最大野党・労働党のマーシャ・デ・コードヴァ影の平等担当相は、首相の寄稿を批判した。 「世界的なパンデミックの中で、長年にわたって緊急対応が必要だった構造的不平等がはっきりと明らかになっている」 「そこで、首相が『文脈を変えれば(中略)被害者化や差別の意識をなくすことができる』と言うのは尊大で、首相自身と政権を救うための言葉にすぎない」 野党・自由民主党の平等担当、クリスティーン・ジャーディン氏も、委員会の設置は「歓迎すべき第一歩」だと述べた一方、「委員会の報告がホワイトホール(省庁)の棚の肥やしになってはいけない。政府は一刻も早く行動を起こすべきだ」と指摘した。 「保守党の閣僚らは、この委員会を使って、今現在できる人種差別や不正義対策を避けてはいけない。環境にやさしくない政策を破棄したり、職務質問を減らしたり、明日からできる対策がある。こうしたことが分裂をいやし、BAME(黒人、アジア人および少数民族)コミュニティーに本当の正義をもたらすかもしれない」 調査会社イプソス・モリが行った世論調査では、向こう10年でイギリスがより寛容で多様性のある社会になるかという質問に対して、「楽観視している」と答えた人が3分の2を占めた。2009年に行われた同様の調査では50%だった。 一方、真のイギリス人であるには白人でなくてはならないかという質問では、「まったく同意しない」と答えた人は55%から84%に増加した。 (英語記事 UK must do 'much more' to tackle racism, says PM)

  • Thumbnail

    記事

    「全てを守ろうと」 白人男性を担いで救出、人種差別めぐる対立の場で

    目を集めた。 そのパトリック・ハッチンソンさんは、自分や仲間たちは「人が殺されないようにした」のだとBBCに話した。 黒人に対する人種差別が争点になっている場で、ハッチンソンさんが白人男性を担いで救出した姿は、ソーシャルメディアなどで高く評価された。 当時の状況についてハッチンソンさんは、自分たちが何とかしなければ「悪い結果になるところだった」ため、「やらなくてはならないことをした」と話した。

  • Thumbnail

    記事

    スーパーで買ったアヒルの卵からひなが孵化 イギリス

    2020年06月15日 12:24 公開 イギリスのスーパー「ウェイトローズ」で売られていたアヒルの卵から、3羽のひなが生まれた。女性が買った卵を孵化(ふか)器に入れたところ、1カ月で小さな鳴き声が聞こえ始めた。 ふだんは小売店で管理職として働くハートフォードシャー在住のチャーリー・レロさん(29)は、新型ウイルス流行のせいで自宅待機となった。時間に余裕があるからと、スーパーで買ったクラレンス・コート農場のフリーレンジ(放し飼い)卵を試しに孵化器に入れてみた。 孵化した3羽は「ビープ」、「ピープ」、「ミープ」と名付けられた。レロさんのペットのニワトリたちとともに「幸せな生活」を送ることになるという。 ウェイトローズの広報担当者は、有精卵は食べても安全で、孵化させない限りは無精卵と「区別は全くつかない」と説明した。 レロさんは、スーパーで買ったウズラの卵を孵化させたという動画をフェイスブックで見たことから、このアイデアを思いついたという。 「アヒルの卵をスーパーで見て、これでもできるかなと思った。ワクワクしたけど、これはスーパーの卵だという思いも頭から離れなかった」 「農場で集められて、運送トラックで揺さぶられて、台車から棚に移された卵だし。何度持ち上げられては戻されたか分からないわけで、孵化しない可能性もあった」 しかし孵化器に入れてから1カ月後、小さな鳴き声が聞こえ始め、ブラドック・ホワイトのひなが卵の殻から出て来た。 レロさんは「可愛すぎるふわふわのかたまり」を孵化させた経験は、「素晴らしい」ものだったが、同じことを繰り返すつもりはないという。 「今は自宅待機中で、1日中つきっきりで世話できる状態だからこそ、できたことなので。ひながそこまでの世話を必要としなくなるまで。普段だったらとても無理だし、アヒルたちにも不公平だと思う」 ウェイトローズの広報担当者は、白い羽根のアヒルの性別を特定するのは「非常に難しい」と説明した。 「契約農家では、アヒルのオスとメスを正しく分けるのに苦労している。性別判定が難しい以上、オスがメスの群れの中に取り残されてしまうこともあるかもしれないが、非常に珍しいことだ」 「また、野生のメスが農場のオスに出会ってしまうこともあるが、やはりこれも珍しい例だ」 クラレンス・コート農場の広報担当者は、「ひなが生まれる確率はすさまじく低かったが、確かに不可能ではなかったわけだ」と話した。 (英語記事 Woman hatches ducks from Waitrose eggs)

  • Thumbnail

    記事

    「どうやって勝てと?」 アメリカの黒人が怒る理由を「モノポリー」にたとえ

    、バスケットボール・スターのレブロン・ジェイムズ選手、歌手マドンナさんなど多くの著名人が絶賛した。 BBCがキンバリーさんに話を聞いた。

  • Thumbnail

    記事

    フランス、制限を大幅解除へ 新型ウイルスに「最初の勝利」

    2020年06月15日 11:12 公開 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は14日、新型コロナウイルス対策の制限を大幅に解除すると発表した。 15日から、国内各地のカフェやレストランの営業が認められる。ヨーロッパの他国への移動も可能になる。 新型ウイルスの感染症COVID-19の流行が特に顕著な、高齢者施設にいる家族との面会もできるようになる。 <関連記事> 欧州のロックダウンが「300万人の命を救った」 英研究 欧州各国でロックダウン緩和へ 死者数の減少受け 15日には欧州連合(EU)のいくつかの国が、加盟国間の移動を再開させる。 学校は22日に再開へ マクロン氏はこの日のテレビ演説で、フランスは「最初の勝利」を収めたと宣言した。ただし、新型ウイルスは戻って来るとして注意を呼びかけた。 「明日になればただちに、国内全域で第1章の終わりを迎えられる」 フランスの多くの地域では今月に入り、他人との距離の確保に関する規則を守ることを条件に、レストラン、ホテル、カフェの営業再開が認められている。 マクロン氏は、新型ウイルス感染者が国内で最も多く確認されたパリ地域でも、15日から同様に緩和を実施すると述べた。 また、高校を除く学校を今月22日に再開すると方針を示した。 マクロン氏は、「新型ウイルスが消えたわけではないし、対策を完全にやめていいわけではない。2020年の夏は、これまでとまるで違う夏になる。感染流行が力を増して戻ってくる事態に備えて、変異に注意していく必要がある」と付け加えた。 国境を開くEU各国 欧州委員会は域内各国に15日から国境を開放するよう促しているが、開放を発表した国はまだ少ない。 ベルギー、クロアチア、スイス、ドイツは15日に国境を全面的に開放する。国境警備に当たっていた警察などは撤収する。 チェコは26カ国との無制限の行き来を認めるが、ベルギー、ポルトガル、スウェーデン、イギリスからの渡航者の入国禁止は継続する。 すでに国境を開放しているギリシャはさらに、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国などの国々からの渡航者を受け入れる。 イタリアは今月3日に国境を開放。ポーランドも同13日にEU域内からの入国を認めている。 スペインのペドロ・サンチェス首相は、今月21日からポルトガルを除くEU加盟国との間で、自由に移動できるようになると述べた。ただ、観光業界の活性化策として、15日からバレアレス諸島への訪問を、ドイツ人観光客に限って認める。 ポルトガルとの国境は来月1日まで閉鎖を続ける。 オーストリアは今月16日に渡航規制を解除するが、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、イギリスからの渡航者には規制を継続する。 スウェーデンとルクセンブルクはまだ1度も国境を開放していない。 フランス統一選、28日実施へ マクロン氏は、3月の当初予定から延期していた統一地方選の第2回投票を、今月28日に実施すると述べた。 しかし、大勢の人が集まるのは「新型ウイルスが拡散される主な原因」だとし、「厳しく管理」していく必要があると述べた。 フランスは今回の発表により、警戒レベルが本土全域で「グリーン」になった。一方、海外の仏領マヨットと仏領ギアナは「オレンジ」のままになる。ともに感染者が多く、医療体制がひっ迫している。 フランスでは新型ウイルスの死者が2万9400人を超え、確認された感染者は約19万4000人となっている。ただこのところ、新たに確認される感染者数は大幅に減少している。 マクロン氏は3月17日に厳しいロックダウン(都市封鎖)を実施。5月11日に慎重な緩和に乗り出した。 今回の発表は、ロックダウン以降で最も大きな制限解除となる。 (英語記事 France lifts curbs for 'summer unlike any other')

  • Thumbnail

    記事

    「死者が出るのを防いだ」 ロンドンで白人男性を担ぎ助けた男性

    れ、注目を集めた。そのパトリック・ハッチンソンさんは、自分や仲間たちは「死者が出るのを防いだ」のだとBBCに話した。 黒人に対する人種差別が争点になっている場で、ハッチンソンさんが白人男性を担いで救出した姿は、ソーシャルメディアなどで高く評価された。当時の状況についてハッチンソンさんは、自分たちが何とかしなければ「悪い結果になるところだった」ため、「消防士がやるみたいに担ぎ上げて、そこから離れた」と話した。 「やらなくてはならないことをした。人が殺されないようにした」 13日にはイギリス各地で、人種差別に反対する平和的なデモが行われた。しかし、極右活動家を含む複数の集団がロンドンに集まり、警官隊と衝突するなど暴力沙汰に発展した。逮捕者は100人以上に上った。 ハッチンソンさんの職業はパーソナル・トレーナー。孫がいる。ロンドン・テムズ川南岸ウォータールー駅に近いサウスバンク・センターに友人たちといたところ、階段の上でもめごとが起きているのに気づいた。 「あの男が地面に倒れたので、踏みつぶされないよう(ハッチンソンさんの友人たちが)急いで割って入った。そうやって友人たちが彼の周りを囲って、その中に最後に自分が入っていった。消防士がやるみたいに担ぎ上げて、そのままその場を離れた。友人たちがみんな自分の盾になってくれて、あの男がそれ以上ひどい目に遭わないように守ってくれた」 自分が男性を担いでその場を離れようとする最中も、大勢が白人男性を殴ろうとしていたという。 「何も考えてなかった。ただ1人の人間が地面に倒れていると、そのことだけが頭にあった。自分たちが介入しなかったら、悪い結果になるところだった。彼を安全なところへ移動させようという以外、何も考えていなかった」 イギリスをはじめ世界各地で人種差別や警察暴力に抗議するデモが起きている。米ミネアポリスで5月下旬に黒人男性ジョージ・フロイドさんが、白人警官に暴行され死亡したことがきっかけだった。 ハッチンソンさんは英民放チャンネル4ニュースに対して、自分や友人たちがそうしたように、ミネアポリスの現場で白人警官の同僚たちが割って入って介入していたら、フロイドさんは「いま生きているはずだ」と話した。 ハッチンソンさんを助けた1人、ピエール・ノアさんはBBCに対して、「2人の命を救った」と述べた。 ボディガードとして働くノアさんは、「押しつぶされて、殴る蹴るされて死のうとしている男を救った。それに加えて、あの男を取り囲んでいた若者たちが終身刑にならないよう助けた」と話した。 (英語記事 London protests: 'We stopped somebody from being killed')

  • Thumbnail

    記事

    北京の卸売市場に関連する感染者確認、新型ウイルス「第2波」の不安

    2020年06月14日 16:29 公開 中国・北京で50日以上ぶりに新型コロナウイルスの感染者が確認され、市内の一部で厳格なロックダウン(都市封鎖)が敷かれた。 今回のアウトブレイク(大流行)は、北京南西部・豊台区にある北京最大の卸売市場「新発地市場」と関連があるという。 当局によると、検査を受けた517人のうち45人から新型ウイルスの陽性反応が出た。ただ、全員が無症状だという。 これを受け、近隣の11地区がロックダウンされたほか、市場関係者1万人が検査を受ける。 当局はさらに、最近この市場を訪れた人全員のほか、近隣地域の住民に対しても検査を受けるよう呼びかけている。 新発地市場を最近訪れた男性2人がCOVID-19に感染したと報告されたことから、同市場は13日未明には閉鎖された。 豊台区の職員は、「大衆の安全と健康を最優先とする原則に従い、新発地市場と近隣地区でロックダウンを開始した」と説明。「戦時緊急事態」にあるという。 これに伴い、軍警察が配備されたほか、近くの交通機関や学校も閉鎖された。 また、北京市全体でスポーツイベントなどが中止になり、大型公共施設も営業を取りやめている。 北京では、新型ウイルス流行の第2波が来たのではないかという懸念が広がっている。 武漢市で新型ウイルスが発生して以降、中国は世界でも有数の厳しいロックダウン政策を行い、アウトブレイクは抑制されていた。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、新型コロナウイルスによる世界全体の死者は43万人超、中国での死者は4600人超となっている。 <分析>スティーヴン・マクドネル中国特派員 新発地卸売市場は、北京の生鮮食品供給の8割を担う巨大な市場だ。この場所がどうやって新たな新型ウイルスの流行元となったのか、中国当局は頭をかしげている。 中国政府がここ数カ月使ってきた戦略は、クラスター感染が起きた街を完全に隔離してしまうというものだ。 この戦略はこれまで功を奏してきたようだ。 しかし、新型ウイルスの非常事態が収束したかのように思えていたこのタイミングで、当局はあまり急いで北京全体をロックダウンしたくないはずだ。 (英語記事 Fear of Beijing second wave after market outbreak)

  • Thumbnail

    記事

    ロンドンで極右デモと警察が衝突 差別反対の平和的抗議も続く中で

    スゴーやブリストル、ベルファストなどで、戦争記念碑を「守る」ための集会が行われ、数百人が参加した。 BBCのドミニク・カシアーニ内政担当編集委員によると、ロンドンの議会前広場に集まった数百人の多くはすでに酒を飲んでいた状態だった。極右活動家のほか、様々なサッカー・チームを応援するフーリガンたちが、この日はひいきチームの違いを乗り越えて肩を並べて参加していたという。 政治家が相次いで非難 ジョンソン首相は、「一連の行進や抗議は、暴力によってなし崩しに変質してしまった。加えて、現在の(感染対策)ガイドラインにも抵触する。イギリスに人種主義の居場所はない。それを現実にするために協力しなければならない」 最大野党・労働党のキア・スターマー党首も、警察への暴力は「全く受け入れられない」ものだと糾弾した。 「今日ロンドンで行われた抗議活動は、暴力を振るい、自分たちの目論見(もくろみ)のためにヘイト(憎悪)を撒き散らす者たちが先導したものだ。こんな連中を勝たせてはいけない」 反人種差別デモは平和的に こうした中、ロンドンのハイドパークや隣接するマーブルアーチでは、反人種差別を訴える平和的なデモが行われ、「Black Lives Matter」運動への支援が呼びかけられた。 ただし、この週末に実施予定のデモ行進については、極右グループとの衝突を避けるため参加しないよう、ロンドンの「Black Lives Matter」運動の主催者たちは呼びかけていた。 「Black Lives Matter」というスローガンは、2013年から2014年にかけて使われ始め、2014年8月に南部ミズーリ州ファーガソンで18歳の黒人男性が白人警官に射殺されたのを機に、全国的な抗議運動と共に広がった。「白人と同じように黒人の命にも意味がある」という意味が込められている。 ブライトンやニューカッスル、リヴァプール、チェルムズフォードといったイギリス各都市でも、反人種差別デモが行われた。 イングランド南部ブライトンでは、海岸沿いの約2キロにわたり参加者が列を作り、沈黙の抗議を行った。 その後、市内を回った行進では、ブライトンの戦争記念碑を占拠した対抗グループと小さな衝突があった。 ニューカッスルでも、「Black Lives Matter」運動の参加者と対抗グループが対峙(たいじ)し、にらみ合った。 ダービシャーで抗議活動に参加しているデニース・リチャーズさんはBBCラジオの取材で、週末はロンドンでの抗議に参加しないと決めたと述べた。 また、平和的な抗議参加者は、極右活動家と暴力的な衝突によって「Black Lives Matter」の取り組みが「汚されて」してしまうことを恐れていると話した。 抗議団体「Hope Not Hate(ヘイトではなく希望を)」のニック・ロウルズさんも、極右団体が騒ぎを起こそうとしており、「非常に深刻な」状態にあると述べた。「Black Lives Matter」が13日にロンドンで予定していた抗議を中止したのは、賢明な判断だったと評価した。 「銅像や記念碑を本気で心配し、守ろうと思っている人も中にはいるが、大勢はけんかをするためにロンドンに向かった。ソーシャルメディアでも、おおっぴらにそうい話をしている」 (英語記事 Protesters clash with police in central London)

  • Thumbnail

    記事

    パリでも人種差別抗議集会、警察と衝突 催涙ガス使用

    2020年06月14日 12:36 公開 黒人に対する警察の過剰暴力と人種差別に抗議するデモが、アメリカからフランスにも飛び火し、パリ中心部では13日、抗議に参加した人たちと機動隊が衝突した。 パリ中心部のレピュブリック(共和国)広場では、人種差別反対を訴える約1万5000人が集まった。無許可の行進を敢行しようとして警察に規制されたため、投石が始まり、機動隊は催涙ガスでこれに応酬した。 集会は許可されていたものの、行進は許可されていなかった。オペラ座地区への行進は、沿道の店舗や事業所への被害を懸念して禁止されていた。 パリのデモは、2016年にパリ郊外で黒人男性アダマ・トラオレさん(当時24)が逮捕され、警察車両の中で意識を失い、警察署で死亡した事件に抗議するもの。「アダマ・トラオレに正義を」と訴える抗議者たちは、「正義がなければ平和もない」などとシュプレヒコールを繰り返した。 トラオレさんの姉妹のアッサ・トラオレさんもデモに参加し、「社会的、人種的、警察暴力を非難しよう」と呼びかけた。「アメリカで起きていることはフランスでも起きている。兄弟たちが死んでいる」とも主張した。 フランス共和国を象徴するマリアンヌ像の台座に上り、彫像のひとつの口に「私たちは息ができない」と書かれた幕を垂らした人もいた。 「息ができない」という言葉は、各地のデモのきっかけになった黒人男性ジョージ・フロイドさんが、米ミネアポリスで5月末に警官に暴行され死亡する際に口にした言葉。2014年にニューヨークで警官に首を絞められた黒人男性エリック・ガーナーさんも、「息ができない」と訴えた後に死亡した。 地元紙ル・パリジャンによると、26人が警察の職務質問を受けた。抗議者たちは夕方までには散会した。 パリ以外でも、リヨンやマルセイユなど複数の都市で、小規模な抗議集会が開かれた。 フランス警察への抗議とは フランスの警察監視団体によると、昨年は1500件近い警察に対する苦情を受理し、その半数は暴力被害を主張する内容だったという。 5月にはパリ近郊ボンディで、スクーターを盗もうとした疑いで拘束された14歳少年が、警察によって重傷を負ったとされる事件があった。 クリストフ・カスタネル内相は8日、警官が容疑者を羽交い絞めにして首を絞める逮捕術を禁止した。 内相はさらに、警察における人種差別は「一切容認しない」と公約し、人種差別が強く疑われる警官は休職させると述べた。 これには多くの警官や警察労組が強く反発し、自分たちの間に人種差別がはびこっている事実などないと主張。12日にはパリ中心部のシャンゼリゼに多くの警官が集まり、地面に手錠を投げつけて抗議した。 (英語記事 French police clash with anti-racism activists in Paris)

  • Thumbnail

    記事

    米アトランタで警官に撃たれ死亡した黒人男性、背中に2発

    2020年06月14日 12:28 公開 米南部ジョージア州アトランタで飲食店の外に車を停めて眠っていた黒人男性が警察に撃たれて死亡した事件を受け、アトランタ市警の本部長が13日に辞任した。14日には検視官事務所が、男性は背中から撃たれており、死因は「殺人」だと発表した。 ジョージア州捜査局(GBI)によると、ドライブスルーのレストラン「ウェンディーズ」の外で12日、レイシャード・ブルックスさん(27)が車を停めて眠っていたところ、車がドライブスルーの通路をふさいでいると通報を受けた警察と、ブルックスさんがもみあいになり、警官がブルックスさんに発砲した。 フルトン郡検視官事務所は14日に司法解剖を実施。死体検案書によると、ブルックスさんは背中を2回、銃で撃たれており、出血と臓器の受傷が原因で死亡したという。 ブルックスさんを撃ったとされる勤続7年目のギャレット・ロルフ警官(27)は、解任された。 フルトン郡のポール・ハワード地区検察官はCNNに、ロルフ元警官には殺人か重罪致死のいずれかの罪が適用される可能性があると話した。 ブルックスさんの死を受けて、アトランタのケイシャ・ランス・ボトムズ市長は13日、エリカ・シールズ警察本部長が辞表を提出したと明らかにした。 市長は、「この街がなんとしても必要とする信頼を再構築できるよう、本部長はただちに辞任すると表明した。アトランタこそこの国にとって、意味ある改革の手本になってもらいたいと、本部長が切望しているからだ」と声明を出した。 ボトムズ市長はさらに、ブルックスさんに警官が拳銃を発砲したことは「正当化できる殺傷力の行使」とは思わないと述べている。 アトランタでは13日から、ブルックスさんの死に抗議するデモ行進が行われた。 アメリカでは5月末から各地で、黒人男性ジョージ・フロイドさんが中西部ミネアポリスで白人警官に暴行され死亡したことに激しい怒りが噴出し、抗議行動が相次いでいる。 殺傷力のないテイザー銃 アトランタ警察が公表した警官のボディカメラ映像では、車内で眠っていたブルックスさんがロルフ警官に起こされ、車外で呼気検査を受ける様子が映っている。 まっすぐ歩けるかなど酩酊状態を確認された後、「その状態では運転できないな」と警官に言われたブルックスさんは、手錠をかけられそうになると逮捕に抵抗したもよう。 ジョージア州捜査局によると、レストラン店内の防犯カメラ映像には、警官から逃げるブルックスさんが振り返りテイザー銃(電気スタンガン)を警官に向けた後、また走りだす様子が映っている。 「その時点で警官が発砲」し、ブルックスさんを撃ったと捜査局は報告している。 捜査局が分析した別の動画では、レストラン外の地面でブルックスさんが警官2人ともみあっている様子が映っている。ブルックスさんが1人の警官のテイザー銃をつかんで逃げて走り出し、もう1人の警官が自分のテイザー銃をブルックスさんに向けている。 その後、警官2人が映像のフレーム外に出た後、複数の銃声が聞こえ、地面に倒れたブルックスさんの姿が映っている。 ブルックスさんは病院に搬送されたが、後に死亡した。警官の1人は負傷して手当てを受けたと言う。 ロルフ警官は上司に、「追跡すると容疑者は振り返り、こちらにテイザー銃を撃ち始めた」、「少なくとも1度は確実に私に向かって撃った」と報告している。 GBI報道官はAP通信に対し、ブルックスさんがテイザー銃を撃ったかは確認できないと話した。 ブルックスさんの家族の代理人、クリス・スチュワート弁護士は、殺傷力のないテイザー銃しか持たないブルックスさん相手に、警官が拳銃を使用したことを問題視している。 米ABCニュースによると、ジョージア州内で警官が関係する発砲事件をGBIが捜査するのは、今年に入ってすでに48件目。そのうち15件が致死事件だったという。 各地で警察改革の要求 ミネアポリス市警によるフロイドさんの暴行死を機に、アメリカ各地では警察による人種差別や過剰暴力に抗議するデモが相次いでいる。 ミネアポリスでは市議会が7日に、市警の解散を決議。12日には、警察の代わりに地域住民が公衆の安全を維持する仕組みを構築すると決定した。 市議会は今後1年をかけて、新しい公衆安全維持の仕組みづくりに「関わりたいすべてのミネアポリス住民」と協力していくと話している。 東部ニューヨーク州ではアンドリュー・クオモ知事が、州内各地の警察に抜本的な改革を実施するよう命じた。さらに、過剰な実力行使や偏見を是正する措置を来年4月までに実施しない警察には、州の予算を停止する方針を示した。 ドナルド・トランプ米大統領は12日、警官が容疑者を後ろから羽交い絞めにして首を絞めつける逮捕術は、「一般論として」やめるべきだと発言した。 トランプ氏は新型コロナウイルス感染拡大が始まって以来初の支持者集会を19日にオクラホマ州タルサで開くといったん発表したものの、これが奴隷解放記念日にあたることから、日にちを変更した。 1865年6月19日は、テキサス州で奴隷解放宣言が読み上げられた日。奴隷制維持のために戦った南部連合のうち、テキサス州は奴隷解放を受け入れた最後の州だった。南北戦争は1865年4月に終結している。 6月19日は国民の祝日ではないが、多くのアフリカ系市民が「Juneteenth(ジューンティーンス)」と呼んで祝う。 トランプ氏が支持集会の場所にタルサを選んだことも、批判されている。1921年には白人集団がタルサ市内のグリーンウッド地区を銃や爆発物で襲撃。当時のグリーンウッドは「ブラック・ウォール・ストリート」と呼ばれ、黒人が経営する多くの事業が成功し、繁栄していた。白人集団の襲撃で最大300人が死亡し、約1000件の事業や住宅も破壊された。 (英語記事 Atlanta police chief resigns over shooting of Rayshard Brooks / Juneteenth: Trump changes Tulsa Oklahoma rally date 'out of respect')

  • Thumbnail

    記事

    英紙、ハリポタ作者へのDV「悪いと思わない」元夫の記事掲載 非難多数

    2020年06月13日 13:40 公開 「ハリー・ポッター」シリーズの作者J・K・ローリング氏(54)の元夫がローリング氏に暴力を振るっていたことを認めつつ、「悪いと思っていない」と発言するインタビュー記事を、英タブロイド紙サンが12日に掲載し、家庭内暴力(DV)の被害者支援団体などが非難の声を上げている。 サン紙の一面見出しは、「JKを叩いた。悪いと思ってない」だった。 ローリング氏は現在、トランスジェンダー(出生時の身体的性別と性自認が異なる人)をめぐる発言が批判を浴びている。これについて10日のブログ記事で、元夫から家庭内暴力を受けていたと初めて公言した。 自分のそうした経験から、女性にとって安全な場所の確保を重視しており、それがトランスジェンダーについて発言する理由の一部だと、ローリング氏は説明していた。 これを受けてサン紙は、元夫ジョルジェ・アランテス氏を取材。アランテス氏はローリング氏が自分から離れていった時に叩いたことを認める一方、「継続的な虐待ではなかった」と話している。 サン紙は、DVを「容認したり美化しようという」意図はなかったと説明している。 <関連記事> ハリポタ作者、トランスジェンダーめぐる発言で物議 映画出演者も批判 家庭内暴力ヘルプラインへのアクセス、2週間で10倍に 英慈善団体 英薬局チェーン、DV被害者に安全スペースを提供 ロックダウンで被害増加 アランテス氏は記事の中で、「彼女を平手で叩いたのは事実だが、虐待はしていない」と話した。また、ローリング氏がブログで、2人の関係は暴力的だったと書いたことについては、「そう言うのは彼女の自由だ。彼女を殴ったというのは本当じゃない」と述べた。 サン紙の広報担当者は、「DVを『容認』したり『美化』しようという意図などない。加害者がまったく反省していないことを明らかにしたかった。我々は常に被害者に共感している」と述べた。 また、同紙には「虐待された女性のために立ち上がってきた長い歴史があり」、「数え切れない被害者が声をあげ、助けを求める手助けをしてきた」と主張した。 「無責任で危険」と批判高まる イングランドのDVコミッショナーを務めるニコール・ジェイコブス氏はサン紙宛ての書簡で、この記事を「深く憂慮する」を表明した。 「サン紙が、パートナーに対する暴力を公に認めるような人物の声を繰り返し、拡大させることを選んだことは容認できない」としている。 女性の権利団体「Women's Aid」も、この1面には「悪い影響」があり、「見出しが問題だ」と指摘。同紙とDV被害者の声を反映させることについて協議していると発表した。 これまでに「Women's Aid」を含む約20の反DV活動団体が、サン紙に謝罪を求める公開書簡に署名している。 書簡ではサン紙を、「DVや性暴力の被害経験を明らかにした女性に対して、加害者に発言の場を与え、女性の体験を矮小(わいしょう)化させるような行為は、無責任で危険だ」と非難している。 イギリスの新聞を含む出版メディアの自主規制・監督団体「独立報道基準組織」(IPSO)には、サン紙の記事をめぐり、これまでに500件以上の苦情が寄せられている。 政界からも批判の声が相次いでいる。 野党・自由民主党はサンに、12日付の売り上げをDV被害者支援団体に寄付するよう呼びかけた。 最大野党・労働党で家庭内虐待と安全対策を担当するジェス・フィリップス影の担当相は、「サンの見出しはひどい。加害者はそれに輪をかけてひどい。この加害者が傲慢に認めたひどい内容しか信じない人がいる。被害者の言い分に疑念を投げかけることがいまだに、加害者の最大の武器だ。『誰もお前のいうことなんか信じない』と加害者は言うのだ」と強く非難した。 労働党のステラ・クリーシー下院議員も、「『加害者の言い分』を載せたサンの判断は、いかに女性への暴力が『家庭の中のこと』とあしらわれやすいかの反映だ。そのせいで議論は、『どうやって阻止するか』ではなく『どうしてそうなったのか』の議論になってしまう」と書き、当事者は責任をとるよう求めた。 ローリング氏とトランスジェンダーの問題とは 今回のことの発端は、ローリング氏による7日のツイートだった。「月経のある人のためCOVID-19後にこれまでより平等な世界を作る」というタイトルの記事について、「月経のある人? そういう意味の言葉が、かつてあったんじゃない? 思い出すの、誰か助けて。ウンベンだっけ? ウインプン? ウーマド?」」とツイートした。 これに対して、<女性(ウーマン)という言葉にはトランスジェンダーの女性が含まれる。ローリング氏の発言はそれを否定するトランス差別だ>という批判が湧き起こった。 これまでに、ローリング氏原作の「ハリー・ポッター」シリーズや「ファンタスティック・ビースト」に出演した英俳優のダニエル・ラドクリフ氏やエディ・レッドメイン氏、エマ・ワトソン氏たちが、「トランスの女性は女性だ」と表明し、ローリング氏の主張との間に一線を引いている。 12日には出演者のルーパート・グリント氏も、「トランスの女性は女性。トランスの男性は男性。誰もが、他人から判断されることなく、愛に満ちた生活を送る権利があるはずだ」と表明した。 一方のローリング氏は、女性の身の安全を守るためには身体的性別によって区分けされた空間が必要なこともあると論じている。 「私がこういうことを話すのは、同情を買いたいからではない。私と同じような経験をして、身体的性別で区切られた空間が欲しいと思うからといって、差別的な分からず屋と罵られた大勢の女性と連帯したいからだ」と、ローリング氏は書いていた。 「性別」と「ジェンダー(性自認)」は意味が異なり、前者は身体的なことがらを、後者は心理的・社会的なことがらを表す。 トランスジェンダーの人は、シスジェンダー(出生時の身体的性別と性自認が同じ人)と同じ権利が欲しいと訴えている。一方、トランスジェンダーで女性を自認する人の権利行使が、生まれつき女性の人の権利を侵食する場合もあると懸念する人たちもいる。 内閣府男女共同参画局では、DV被害者に必要な情報を提供しています。 また、各都道府県や市町村に「配偶者暴力相談支援センター」が設置されています。 DV相談ナビでは、全国共通の電話番号(0570-0-55210)から相談機関を案内するサービスを実施しています。 (英語記事 Paper faces backlash for headline on Rowling's ex)

  • Thumbnail

    記事

    有名なシルバーバック・ゴリラ、密猟者に殺される ウガンダ

    したことで群れは不安定になる。バラバラに離散してしまう可能性もある」と、UWAのバシール・ハンギ氏はBBCに話した。「リーダーを失った状態で、野生のシルバーバックにのっとられるかもしれない」。 そうなった場合、群れは人間との接触を避けるようになり、その場合は観光に影響するという。 マウンテンゴリラは観光客に人気で、UWAは観光収益に依存している。 ラフィキはブウィンディ原生国立公園を訪れる人たちに人気だったと、ハンギ氏は言う。 6月1日に行方不明になり、捜索隊が翌日に遺体を発見した。 UWAの追跡チームが容疑者を近隣の村で発見した。UWAによると、狩猟道具を持っていた容疑者は、他の3人と国立公園内でもっと小さい動物を狩っていたところ、ラフィキに襲われ自衛のために殺したと話しているという。 4人の容疑者はウガンダで昨年成立した野生動物保護法にもとづき、起訴される見通し。 マウンテンゴリラはウガンダのブウィンディ原生国立公園のほか、ウガンダ、コンゴ(旧ザイール)、ルワンダ、ウガンダの3カ国にまたがるヴィルンガ・マシフ山地にのみ生息する。 国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種レッドリストで長く、絶滅の恐れが最も強い「絶滅危惧1A類」に分類されていたものの、密猟取締りを含む徹底した保護活動の成果で個体数が増えたとされ、2018年には絶滅の危険度のランクが1段階下げられ、「絶滅危惧1B類」に分類された。 (英語記事 Rafiki, Uganda's rare silverback mountain gorilla, killed by hunters)

  • Thumbnail

    記事

    ハローキティのサンリオ創業者、92歳で社長交代

    2020年06月13日 12:58 公開 世界的に人気のキャラクター、ハローキティを生み出した日本のサンリオは12日、1960年の創業以来初の社長交代を発表した。 創業者の辻信太郎氏(92)は会長に就き、社長は孫の辻朋邦専務(31)に7月1日付で代わる。 ハローキティは頭にリボンをつけた、口のない白い猫のキャラクター。50年近く前に登場して以来、世界中で何十億ドルもの収益を生み出してきた。 はっきりした輪郭で描かれたハローキティの絵は洋服、おもちゃ、文房具など様々な商品に使われてきた。子ども向けのものとして登場し、今も子どもに特に人気だが、近年では大人の人気も高い。 新社長になる辻朋邦専務は、東証トピックス上場企業の中で最も若い社長になる。 AFP通信によると、新社長の誕生日はハローキティと同じ11月1日だが、ハローキティより14歳年下。 12日に会見した朋邦氏は、急速に変化するビジネス環境に対応しやすくなるよう会社を変革させていきたいと話した。 近年は苦戦が続くサンリオは、新型コロナウイルスの打撃を強く受けた。 12日に発表した2020年3月期決算によると、当期純利益は95.1%減。売上高も前期比6.5%減だった。 ハローキティ商品は130カ国で販売され、発泡性ワインからサンダルまで、商品の種類は多岐にわたる。 ハローキティをテーマにした遊園地やカフェのほか、昨年は日本の新幹線にも登場した。 日本で人気で世界にも広まった「kawaii(カワイイ)」という価値観を象徴する存在だが、公式設定ではイギリスのロンドン郊外生まれ。最初に作られた1970年代の日本では、イギリス文化がおしゃれなものとして人気だったからという。 <解説>転換点を迎えた会社――シリア・ハットン、アジア太平洋担当編集長 辻信太郎氏は1960年代に小物雑貨の販売を開始し、「かわいい」キャラクターをあしらった商品の人気に早くから気づいた。 そこからキャラクターグッズの開発に乗り出し、やがて日本を象徴するキャラクターのひとつにまでになったハローキティが生まれた。 しかし、ハローキティには競争相手がたくさんいる。国内売り上げは年々減り続け、苦戦する海外事業に依存する状態だ。 そのため、社長交代の決断は、サンリオにとって転換点となる。 日本の伝統では、創業者はできるだけ社長の座を家族の一員に譲ろうとする。信太郎氏の息子は2013年に急性心不全で亡くなった。孫の朋邦氏に交代するのは、そのためだ。 朋邦氏はすでに、会社を変革させて古い考え方を捨てると約束している。古い考えというのは、自分よりも年上のハローキティのことではないと期待したい。 (英語記事 Hello Kitty founder Shintaro Tsuji steps down as CEO aged 92)

  • Thumbnail

    記事

    英中銀、経済支援の「準備できている」 4月のGDP20%減を受けて

    2020年06月13日 12:17 公開 英中銀イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁は11日、新型コロナウイルスの流行を受けて低迷するイギリス経済を支える「準備はできている」と発言した。 イギリスの国家統計局(ONS)は12日、4月の国内総生産(GDP)成長率が前月比20.4%のマイナスだったと発表。同国では3月末から新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)が敷かれており、4月はその影響を大きく受けた。 これを受けてベイリー総裁は、「我々はまだこの(危機の)まっただ中にいる」と話した。 一方で、4月の数字はイングランド銀の予想と「ほぼ同じだった」と述べた。 「もちろんこれは劇的で大きな数字だが、驚くものではない」 ONSのジョナサン・エイソウ氏によると、「4月のGDPの落ち込みはイギリス史上最大となった。縮小幅は3月の3倍、COVID-19以前で最大の落ち込みと比べると10倍近かった」という。 「4月のイギリス経済は2月と比べて25%縮小していたことになる」 「この歴史的落ち込みの最大要因はパブや教育、医療といった分野や、自動車販売台数などだが、すべての分野が落ち込んだ」 一方で、ロックダウンの規制が5月から徐々に解除されていることから、最悪の事態は過ぎたと見るエコノミストもいる。 「経済回復の兆しも」 ベイリー総裁は、「経済が回復し始めた兆し」も見え始めていると述べた一方、パンデミックがによる長期的ダメージがどれほどのものなのかが大きな疑問として残っていると話した。 「私たちが特に集中しなければいけないのはこの分野だ。雇用が失われているのはこれが原因なのだから」 「長期的ダメージができるだけ小さいことを望んでいるが、一方で対策の準備をしなければならない。イングランド銀だけでなく長期的な悪影響を相殺するためにできるあらゆることに目を向ける必要がある。 イギリス政府は3月、従業員を雇い続ける事業主を対象に賃金の8割を政府が肩代わりする雇用維持制度を導入。現在、900万人がその対象となっているという。一方、4月に失業者向けの手当を申請した人の数は、3月から約85万6500人増えて210万人に上っている。 政府の反応は? ボリス・ジョンソン首相は、向こう数カ月は「厳しい」ものになると警告する一方で、「私たちは乗り越えられる」と話した。 「非常に深刻な公衆衛生の危機だというだけでなく、経済にとてつもない影響をもたらすのは、最初から承知していた」 「イギリスはサービス産業に大きく依存している。ダイナミックかつ創造的な経済で、人間同士の接触に多くを依存している。(新型ウイルスに)ひどい打撃を受けているはそのためだ」 リシ・スーナク財務相は、「経済活動を徐々に、安全に再開させる計画を進めている。少しずつ日常を取り戻しつつある中、来週にはこれまでより多くの繁華街の店舗が、営業を始められるだろう」と話した。 イングランドでは週明けから「不要不急の」店舗が営業を再開できる。北アイルランドではすでに制限が解除されている。スコットランドとウェールズも、独自のタイムテーブルでロックダウンの緩和を進めている。 これに対し、最大野党・労働党のアニリーズ・ドッズ影の財務相は、イギリス経済は他国よりも急速に縮小していると警告。 「早急にここから抜け出すための力強い取り組み」が必要だと訴えた。 (英語記事 Bank of England 'ready to act' as economy reels)

  • Thumbnail

    記事

    英国、EUからの輸入品検査を緩和へ 新型ウイルスで方向転換

    した。フィナンシャル・タイムズによると、産業界からの圧力を受け、全品検査を断念したという。 政府筋はBBCの取材に対し、新型コロナウイルスの流行を受けて「実務的かつ柔軟なアプローチ」を取ることになると話した。 イギリスは今年1月末にEUを離脱したが、年末までは引き続きEUのルールに従う「移行期間」にある。現在、移行期間後のEUとの通商関係などについて協議が進められている。 政府は来年1月以降、EUからの輸入品を検査する方針を示している。 しかし、閣僚も新型ウイルスによる産業への影響の大きさを認識しており、実務的で柔軟なアプローチの方が「企業が変化に対応できる」との見方が広がっているという。 <関連記事> イギリスと日本、ブレグジット後の通商協定の交渉を開始 ブレグジット後の通商協議、不透明感と緊張感で難航 新型ウイルスも影響 欧州議会、イギリスとの交渉で強硬姿勢へ  新型ウイルス危機のさなかだが、イギリス政府は間もなく、移行期間の延長は要請しないと正式に発表する予定。 一方で、少なくとも短期的には、輸入品に対する検査方針を大きく転換する見込みだ。 マイケル・ゴーヴ内閣府担当閣外相は2月、国境の安全を保ち適切な関税を徴収するために、輸入品の検査は「必要」だと述べていた。 フィナンシャル・タイムズによると、年内にEUとの通商協定を結べるかどうかに関わらず、ドーヴァーなどのイギリスの海港では「一時的に簡便な措置」の導入が計画されているという。 この計画は、イギリスが設定できる輸入品にのみ適用され、輸出品についてはEUが判断する。 英・EUの通商協定、進ちょくは? ボリス・ジョンソン英首相はEUとの通商協定締結に向け、週明けにもウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員長やシャルル・ミシェル欧州理事会会長、ダヴィド・サッソリ欧州議会議長らとリモート会談を開く予定。 英首相官邸の報道官はまた、双方の交渉チームも7月に向けて「スケジュールを強化」させることで合意したと発表した。新型ウイルス流行の中、公衆衛生ガイドラインが許せば、対面での協議も視野に入っているという。 EUとイギリスはこれまでに4回、交渉官による協議を行ってきたが、合意に向けた突破口は開けていない。 EUのミシェル・バルニエ首席交渉官は先週の協議の後、イギリスが離脱合意と共に締結された「政治宣言」に議論を「後戻り」させていると批判。協議に「大きな進展は見られなかった」と話した。 一方、イギリス側の首席交渉官を務めるデイヴィッド・フロスト氏は、合意できる余地があるのであれば、協議プロセスを「強化・加速させる」必要があるだろうと述べた。 また双方とも、リモートでの協議には限界があるため、事態を進めるには対面での会議が必要になるだろうとの見解を示している。 (英語記事 UK backtracks on full EU border checks post-Brexit)

  • Thumbnail

    記事

    米軍制服組トップ、トランプ氏の写真撮影に同行したのは「誤り」

    アメリカ人に対する不法行為に対するものでもある」 ホワイトハウスと米軍の軋轢 ニューヨークで取材するBBCのナダ・トーフィック記者は、ミリー氏の発言は、アメリカの人種差別の歴史や、現在の変革を求める運動への対処方法をめぐるホワイトハウスと米軍間の軋轢(あつれき)が深まっていることの表れだと指摘する。 1日にトランプ氏と教会へ向かった際、ミリー氏は迷彩服を着用していた。これが、抗議者に対して軍を展開するという考えをミリー氏が支持している表れだとの批判が上がった。 マーク・エスパー米国防長官もまた、トランプ氏とミリー氏と共に徒歩で教会へ向かっていた。エスパー氏は同行したことは誤りだったとは明言してはいないが、記者会見では兵士との交流と教会の被害状況を確認する目的があったことを示唆した。 複数の政府高官は米メディアに対し、トランプ氏がこの記者会見を受け、エスパー氏を怒鳴りつけたと証言した。 トランプ氏はたびたび「法と秩序」に言及し、首都ワシントンに州兵を投入した。また、ほかの都市に軍を配備すると誓い、暴力的な抗議デモを非難している。 当初、抗議の大半は平和的に行われていたが、複数の都市では一部の抗議で暴力行為が発生した。 しかしフロイドさんの事件に関与した元警官4人が殺人罪などで訴追されて以降、抗議はさらに平和的なものとなっている。また、警察の残虐行為や人種的不平等に反発する世界的な運動が生まれることとなった。 今月1日に何があったのか ホワイトハウス前のラフィエット公園広場では1日、連邦公園警察などが平和的に抗議していた人々をペッパースプレーや閃光(せんこう)弾などで追い払った。 抗議者の排除が行われる中、トランプ氏はホワイトハウスで、「もし市や州が住民の生命と財産を守るため必要な行動を拒否するなら、私が合衆国軍を投入して、代わりに問題を速やかに解決してあげる」と述べた。 この後、トランプ氏はセントジョン米聖公会教会へ徒歩で移動し、聖書を手に記念撮影。この行動に、キリスト教関係者から非難が上がった。 トランプ氏は「ほとんどの宗教指導者は」教会訪問を「気に入っていた」とし、事前の抗議者排除に自らは関わっていないと述べた。 (英語記事 US military chief sorry for joining Trump walk)

  • Thumbnail

    記事

    【反人種差別デモ】 倒され、落書きされ… 標的になった各地の像

    晴らしい男だった』と主張しているが、それは真実ではない。コルストンは奴隷商人であり、殺人者だった」とBBCニュースに述べた。 ブリストルのような世界的な抗議デモは、様々な都市の植民地時代や奴隷制度の歴史、そしてそうしたものを象徴する人物にスポットライトを当てている。 ヘンリー・ダンダス スコットランドの中心都市エディンバラには、奴隷制度廃止を遅らせた政治家の記念塔がある。そこには白人警官に首を圧迫されて死亡した米黒人男性の名前「ジョージ・フロイド」や、「BLM」(Black Lives Matter、白人と同じように黒人の命にも意味があるという意味が込められている)の文字がスプレーで書かれている。 同市のセント・アンドリュー広場にある、この高さ46メートルのメルヴィル記念塔は、ヘンリー・ダンダスを記憶にとどめようと1823年に建てられたもの。 ダンダスは18世紀と19世紀における英国内で最も影響力のあった政治家の1人で、「無冠の王」の異名をもっていた。 奴隷制度を1792年に廃止したはずの法案に修正案を提出。より「段階的」に進めることを選んだ。 これにより奴隷制度は、15年も長く続くこととなった。 何千人もの人たちがこの記念塔の撤去を求める請願書に署名している。 記念塔をめぐる抗議の最中、当局は同市の奴隷制度とのつながりについて「思慮した」詳細を記した刻板を追加すると発表した。 「我々は背景を伝え、世界におけるエディンバラの歴史的役割を人々に理解してもらう必要がある。我々が誇りに思っていることだけでなく、率直に恥じていることも含めて」と、エディンバラ市議会トップのアダム・マクヴェイはBBCスコットランドに述べた。 レオポルド2世 ベルギーの人々は、同国で在位最長の王レオポルド2世の像を撤去するよう求めている。 オンラインの請願書には何万人もの署名が集まった。一方で、一部の反人種差別の抗議者たちはより直接的な行動を取った。 ヘント市にある植民地時代の王の胸像は赤いペンキで覆われ、頭部には「息ができない」と書かれた布がかけられた。この言葉は、ジョージ・フロイドさんが最後に発した言葉を想起させる。 アントワープでは、別のレオポルド2世の像が抗議者に放火され、その後当局によって撤去された。博物館に移したという。首都ブリュッセルの像には「暗殺者」と書かれた。 レオポルド2世は1865年から1909年までベルギーを統治したが、最も人々の記憶に残っているのは、コンゴ(旧ザイール)での恐ろしい遺産だ。 1885年から1908年の間、欧州で最も小さな国の1つの君主だったレオポルド2世は、当時コンゴ自由国として知られていたコンゴを自分の私的植民地にしていた。 コンゴ自由国を巨大な強制労働所に変え、ゴム貿易で財を成した。奴隷労働に抵抗した人々は銃殺されることが多く、レオポルド2世の私兵たちは犠牲者の手を回収するよう命じられた。 レオポルド2世は推定1000万人ものコンゴ人を殺害したほか、ベルギーの人間動物園にコンゴ人を収容した。 1908年、レオポルド2世はコンゴ自由国の支配を放棄せざるを得なくなった。しかし、実際にコンゴ自由国がベルギーから独立したのは1960年だった。 レオポルド2世の像の撤去に反対する人の一部は、ベルギーの富はレオポルド2世の統治下で貿易が成功したことによるものだと主張している。 ロバート・エドワード・リー 米ヴァージニア州は、南部連合の軍司令官を務めたロバート・エドワード・リーの像を撤去することとなった。この像はフロイドさんの事件に抗議する人たちに傷つけられた。 1890年に建てられた重さ12トンの記念像の撤去決定を発表したラルフ・ノーサム州知事は、「我々はもはや誤った歴史の内容を説いたりしない」と述べた。 「あの像は長い間あそこにあった。しかしそれは間違ったことだったし、今でも間違っている。だから撤去する」 この像は、州都リッチモンドのモニュメント通りにある南部連合軍の人物の5つの像の1つ。抗議デモの最中に「白人至上主義をやめろ」と落書きされた。 リーは1861年から1865年まで続いた南北戦争で、奴隷制を推進する南部連合軍で司令官を務めた。 奴隷を所有するヴァージニア有数の裕福な家庭の女性と結婚し、義父の死後は軍を離れて家の財産を相続。解放を期待していた奴隷たちの抵抗に遭った。 複数の資料によると、リーは脱出しようとする奴隷を激しく殴打することを推奨していた。奴隷の家族をばらばらに引き裂いたとも言われている。 アメリカでは多くの人が、リーをアメリカの奴隷制度と人種的抑圧の歴史の象徴とみなしている。 ほかの南部連合軍の人物の像も、抗議者によって汚されている。 南部連合軍の像はそのまま残すべきだと考える人の中には、アメリカ史と南部文化を記録し伝えるものだという意見もある。 ウィンストン・チャーチル 英ロンドンでは、元首相サー・ウィンストン・チャーチルの像に「人種差別主義者」だと落書きされた。 チャーチルは第2次世界大戦でイギリスを勝利に導いたとして、称賛される人物。 イギリス政府のウェブサイトには、「感動的な政治家で、作家で、雄弁な語り手で、指導者」だったとある。また、2002年にBBCが行った「最も偉大なイギリス人」の世論調査では1位だった。 しかし一部の人にとっては、ひどく物議を醸した人物であることに変わりはない。人種に対するチャーチルの見解がその理由のひとつだ。 「チャーチルが人種差別主義者だったことは、まったく疑いようもない」。近刊「The Churchill Myths」の共著者、歴史学者のリチャード・トイ氏はこう言う。「チャーチルは確実に白人が優れていると考えていた。はっきりとそう言っていた」。 「チャーチルは、インド人はけがらわしい宗教を信仰するけがらわしい人間などと不快な発言をしていた。中国人についても不快なことを言っていた。まだまだある」 「もちろん、チャーチルはヴィクトリア朝時代に生まれ育った人で、その影響は念頭におく必要がある。しかし、それが必ずしも、人種に関するチャーチルの見解に決定的な影響を与えたわけではないい。考え方は時間と共に揺れ動いていたので」 「Churchill: The End of Glory」の著者ジョン・チャームリー氏は2015年にBBCに対し、チャーチルは人間の属性による優劣を信じていたと話した。それによると、白人のキリスト教プロテスタント教徒がヒエラルキーの最上位で、白人のカトリック教徒が2番目。チャーチルの中では、アフリカ系よりもインド人が上位だったとチャームリー氏は話した。 チャーチルは1937年、パレスチナ王立委員会に次のように述べた。「例えばアメリカの赤い肌のインディアンあるいはオーストラリアの黒人に対して悪行が行われたなど、私は認めない。より強く、より上級で、より世才があると言える人種がやってきて彼らの場所を奪ったのであり、こうした人たちに悪行が行われたとは認めない」。 チャーチルはまた、ユダヤ人やイスラム教に関する発言や、200万人以上が死亡した1943年のベンガル大飢饉における対応があまりに不十分だったと、批判にさらされてきた。 チャーチルの孫のサー・ニコラス・ソームズは過去に、祖父チャーチルは「エドワード朝時代の申し子であり、その時代の思想を口にしていた」と述べている。 (英語記事 The stories behind the statues targeted in protests)

  • Thumbnail

    記事

    株価、各国で急落の動き 新型ウイルス「第2波」を懸念

    2020年06月12日 12:50 公開 新型コロナウイルスの流行拡大が経済復興にさらなる打撃を与えるとの懸念から、世界の金融市場が再び動揺を見せている。 12日の日経平均株価は大幅続落。前日比0.75%安の2万2305円でこの日の取引を終えた。香港ハンセン指数は0.7%、オーストラリアのS&P/ASX200種は1.9%それぞれ落ち込んだ。 こうした値下がりは、アメリカ市場の下げを受けたもの。アメリカの中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が10日、アメリカ経済の回復は長い道のりになると指摘したことで、11日に同国の主要金融指標が軒並み落ち込んだ。 中でもダウ平均株価は前日から6.9%下がり2万5128ドルで取引を終了。S&P500種は5.9%、ナスダック総合指数は5.2%それぞれ前日より下落していた。 株式市場は3月にも新型ウイルス流行を受けて急落しており、数週間をかけて徐々に回復していたところだった。特にエネルギーや旅行関係の株価が下がったほか、原油価格も落ち込んでいる。 欧州の市場でも11日、株価が急落。イギリスのFTSE100種は約4%、ドイツ株価指数(DAX)とユーロネクスト・パリのCAC40は共に4.4%、前日より下がった。 仏金融大手ソシエテ・ジェネラルで欧州株式ストラテジスト務めるローラン・カロヤン氏は、「政府や企業、市民も(新型ウイルス流行の)第2波に向け、第1波の時よりも対策をしている」と説明した。 「だが問題なのは、政府が注入できる資金には限界があることだ」 米経済は「ゆっくりとした回復」 新型ウイルスの感染拡大を抑えるために各国当局が敷いた規制が緩和され始めたことから、株価はこのところ、経済回復への期待で上昇を続けていた。 先週には、アメリカで5月の雇用が回復していたことが明らかになり、ナスダック総合指数が最高値を更新した。 しかし回復基調はなお不安定だ。アメリカの労働省は11日、先週新たに150万人が失業手当の申請を行ったと発表した。現在も3000万人以上が社会保障を受け取っている状況だという。 同国の金融幹部らは、失業率は年末まで、2008年の金融危機の時の水準に近い9%以上で推移するだろうと推測した。 FRBのジェローム・パウエル議長は記者会見で、感染率や入院率が悪化すれば、この推計も楽観的なものになってしまうと警告した。 地域的な流行が悪影響も 「全国的なパンデミックにならなくても、経済回復に打撃を与えるだろう。地域的な流行、地域的な感染者の急増、そうしたものが複数起こることで、旅行やレストラン利用、娯楽施設などへの信頼が損なわれる可能性がある」 アリゾナ州やサウスカロライナ州など、ロックダウン(都市封鎖)を解除し始めた一部の州ではすでに、ここ数日で感染者数が増加している。 スティーヴン・ムニューシン米財務長官は、アメリカ経済を数週間にわたって凍結させたロックダウンを再び行うのは避けたいと話している。しかしエコノミストからは、人々が感染を避けるために自主的に家にとどまる可能性があるとの警告も出ている。 (英語記事 Fears of second virus outbreak hit global shares)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、米軍の戦争犯罪捜査のICC職員に制裁

    2020年06月12日 12:47 公開 ドナルド・トランプ米大統領は11日、米軍がアフガニスタンで戦争犯罪を行った疑いについて捜査している国際刑事裁判所(ICC)の職員に、制裁を科す大統領令に署名した。 大統領令はICC職員に対し、米国内の資産を凍結するとともに、入国を禁止する。 トランプ氏はICCを繰り返し批判し、独立性を疑問視してきた。 ICCは、「法の支配を妨げる許されない試みだ」と反発している。 <関連記事> アフガン戦争犯罪を捜査へ ICCが判断を一転、米国は反発 米軍、タリバンを空爆 アフガン和平に向けた合意後で初 トランプ米政権、国際刑事裁判所に制裁も アフガンでの戦争犯罪疑惑めぐり ICCは、戦争犯罪があったと信じる理由が見つかったとした予備捜査を受け、捜査に着手していた。 アメリカはオランダ・ハーグに本部を置くICCに加盟しておらず、権限は米国民に及ばないとの立場だ。 この日、大統領令が署名されて間もなく、マイク・ポンペオ国務長官は会見で、アメリカが「いいかげんな裁判で脅される」ことはないと述べた。 また、制裁によって、ICC職員の家族の入国も禁じられる可能性があるとした。 一方、ウィリアム・バー司法長官は、「ロシアのような外国勢力が(中略)ICCを操り、自国の利益を追求している」と、証拠を示さず主張。アメリカのICC批判を増大させた。 人権団体やEUも反発 こうした事態を受け、ICCは声明を発表。アメリカの決定は、捜査を進める「ICC職員の行動に影響を及ぼすことを狙った」ものだとした。 さらに、「ICCに対する攻撃は、非道な犯罪の被害者たちの利益に対する攻撃でもある。被害者の多くにとって、当裁判所は正義を実現する最後の望みとなっているからだ」と訴えた。 人権団体もアメリカの動きを批判している。 「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のワシントン・ディレクターを務めるアンドレア・プラソウ氏は、「ICCに対するこの暴行は、アフガニスタンであれ、イスラエルやパレスチナであれ、深刻な犯罪の被害者たちが正義を求める努力を妨げようとするものだ」とする声明を発表。 「国際的な正義を支持する国々は、この露骨な妨害工作に異を唱えるべきだ」とした。 欧州連合(EU)のジョセップ・ボレル外務・安全保障政策上級代表も、アメリカの決定に対して「深刻な懸念」を表明。「ICCは国際的な正義を実現し、深刻な国際的犯罪に対処するうえで、重要な役割を担ってきた」と記者団に述べた。 問題の背景 米軍がアフガニスタンで戦争犯罪を行った疑いに関する捜査は、今年に入ってICCが承認した。 ICCの予審判事部は昨年4月、「正義のためにならない」として、戦争犯罪の捜査はすべきではないと判断していたが、これを覆した。 これに対しポンペオ米国務長官は、米国民を訴追から守ると宣言。「法的機関に見せかけた、責任の所在が不明な政治機関による、実に驚くべき行為だ」と述べていた。 ICCの捜査では、2003年5月以降のアフガニスタンにおける、反政府武装勢力タリバン、アフガニスタン政府、米軍の行動が対象になるとみられる。 アフガニスタンはICCに加盟しているが、当局者は捜査に反対する考えを示している。 トランプ氏はこれまで、アフガニスタンにおける戦争犯罪容疑で訴追された米軍関係者を赦免している。 トランプ政権は昨年、ICC職員に渡航制限などの制裁を科した。 米軍にかけられている嫌疑 10年以上にわたった予備捜査では、民間人への意図的な攻撃や、拘禁、裁判を経ない処刑などが調べられた。 ICCの2016年の報告書は、米軍が米中央情報局(CIA)運営の秘密の拘束施設で拷問をしていたと信じるに値する根拠があるとした。 また、アフガニスタン政府による囚人への拷問や、タリバンによる民間人の集団殺害などの戦争犯罪も、あったと思われるとした。 ICCは国際的な司法システムの一部として、2002年から集団殺害や人道に対する罪、戦争犯罪の容疑者を訴追している。 ただ、アメリカが加盟していないため、実効力は弱められていると考えられている。 (英語記事 US targets 'kangaroo' ICC over war crimes probe )

  • Thumbnail

    記事

    人種差別抗議に参加しゴム弾が……片目失明確実という女性「後悔はない」

    を失明すると医師団に言われたという。 ラヴさんはこの日、初めてデモに参加したという。一方で、取材したBBCのヴィクトリア・ダービシャー司会者に、デモに参加したことは後悔していないと話した。 ラヴさんは、サクラメント警察を提訴する方針だという。 サクラメント警察は、自分たちの警官による負傷かどうか確認していないとしつつ、もしそれが確認された場合、適切な実力行使だったかを検討すると話している。デモの現場警備には「複数の外部機関が協力していた」と説明した。 「Black Lives Matter」というスローガンは、2013年から2014年にかけて使われ始め、2014年8月に南部ミズーリ州ファーガソンで18歳の黒人男性が白人警官に射殺されたのを機に、全国的な抗議運動と共に広がった。「白人と同じように黒人の命にも意味がある、大事だ」という意味が込められている。

  • Thumbnail

    記事

    英イングランドの単身者、1世帯とだけ交流可能に 首相が発表

    離中の人がどれだけ大変かはわかっている」とし、7月以降の対応について来週、発表する予定だと述べた。 BBCのニック・アードリー政治担当編集委員は、他人との距離を取る制限の緩和において政府は非常にためらいがちだと指摘。サポートバブルもその1つの表れで、内容も非常に限定的だとした。 夏の間に児童の「遅れ取り戻す」 会見でBBCのローラ・クンズバーグ政治編集長は、子どもたちが間もなく動物園でライオンを見られるようになる一方で、学校には9月まで戻ることができないのはなぜかと質問した。 ジョンソン氏は、残りの小学生についても、夏休みの前に学校に戻れるようにしたいと考えていたと説明。だが、新型ウイルスの流行は、「学校における社会的距離の措置を変えるレベルまで弱まらなかった」と述べた。 そして、「夏の数カ月間に、子どもが遅れを取り戻せるよう大掛かりなことを予定している」と表明。来週、ギャヴィン・ウィリアムソン教育相が「キャッチアップ・プログラムについて詳しく発表する」と述べた。 ジョンソン氏はイングランドの学校に関する方針について、欧州の国々と比較しながら擁護した。 その上で、9月に全児童が学校に戻ることができるかは、新型ウイルス抑制の進み具合にかかっているとした。 ロックダウン開始は適切だったか この日、英政府の新型ウイルス対策顧問を務めていたニール・ファーガソン教授は、ロックダウン(都市封鎖)を1週間早く始めていれば、イギリスのCOVID-19の死者は半減していただろうと、議会で述べた。 ジョンソン氏の会見に同席していた首席医務官のクリス・ウィッティー教授は、ロックダウンをいつ開始すべきだったかは、人によって意見が違うと話した。 また、当初は新型ウイルスについて「非常にわずかな」情報しかなかったが、現在はより多くのことがわかっていると述べた。 ジョンソン氏は、「私たちの対応を判断するには時期尚早だ。新型ウイルスについて現在、1月や2月、そして3月よりも多くのことがわかっている」、「慎重に進めることが必要であり、私たちはまさにそうしている」と話した。 さらに、イギリスで新たに245人の死亡が確認され、新型ウイルスによる死者は4万1128人となったとした。 政府の首席科学顧問を務めるサー・パトリック・ヴァランスは、ウイルス感染者1人が次に何人に感染させるかを示す「実効再生産数」が「1をわずかに下回っている」状況が続いていると説明。 「流行は縮小している。ただ急速にではない」、「数字は減少しているが、まだとても低いわけではない」と述べた。 (英語記事 Single people can stay the night with loved ones)

  • Thumbnail

    記事

    インド・ムンバイの感染者、5万1000人に 中国・武漢を上回る

    2020年06月11日 15:08 公開 インドの金融の中心地ムンバイで10日、新型コロナウイルスの感染が確認された人が5万1000人に達し、感染の発生源となった中国・湖北省武漢市を上回った。 インドでは感染者が急増しており、米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、これまでに確認された感染者の数は27万6583人となっている(日本時間11日午後2時時点)。 このうち約9万人は、ムンバイが州都の西部マハーラーシュトラ州で確認されている。 首都デリーでも感染者が急増している。当局は7月末までに同市でさらに50万人以上が感染すると予測しているという。 <関連記事> フィリピンやロシア、封鎖を緩和 インドも鉄道を一部再開 インド全土が封鎖、13億人に21日間の外出禁止令 新型ウイルスの感染が急増 インドは新型ウイルスの感染拡大を食い止めるため約3カ月間続けてきた厳格なロックダウン(都市封鎖)について、6月からの緩和を決定。これとほぼ同時に感染者が急増し始めた。 6月8日にはショッピングモールや礼拝所、オフィスが再開。これに先立ち、店舗や市場、公共交通機関がすべて再開されていた。 しかし専門家たちは、同国に大規模な経済的損害を強いることとなったロックダウンを緩和するほかに選択肢はなかったとしている。 すでに数百万人が仕事や生計の道を失い、企業は閉鎖に追い込まれている。また、飢えへの恐怖から、日雇いの出稼ぎ労働者が多数、都市部を逃げ出した。一夜にして公共交通機関が停止したため、その大半は徒歩で移動した。 人類の悲劇と呼ばれる状況の中、出稼ぎ労働者の多くは極度の疲労や飢えで死亡した。 数週間もの間、インドでは比較的COVID-19(新型ウイルスの感染症)患者の数が少なく、専門家たちを困惑させた。人口が密集し、公立病院の資金が不足しているにも関わらず、多数の感染者や死者は出なかった。 感染者の少なさは、ウイルス検査の実施率が低いことが要因と言える。しかし、死者の少なさは説明がつかなかった。感染が確認されていないインド人の多くは入院が必要なほど重症化しないのではないかとの期待があった。これが、政府にロックダウン緩和を促すことにもなった。 しかし最近の感染者数の増加は、インドでは単純に感染のピークが遅かったことを示していると専門家たちは指摘する。 一方で専門家たちにとって気がかりなのは、各州がロックダウン期間中に医療施設の強化を進めたにもかかわらず、複数の主要都市の病院がひっ迫しつつあることだ。COVID-19のような症状が現れている人たちが追い返されていると訴える声が複数上がっている。 (英語記事 Mumbai overtakes Wuhan peak as Covid cases spike)

  • Thumbnail

    記事

    「黒人の命は20ドル?」 フロイドさん弟が議会証言

    2020年06月11日 13:37 公開 米中西部で白人警官の暴行により兄ジョージ・フロイドさんを失ったフィロニス・フロイドさんが10日、下院司法委員会の公聴会に出席し、警察暴力や人種的偏見をもとにした捜査手法について証言した。 フィロニスさんは、兄ジョージさんが「20ドルを理由に死んでいいはずはない」と述べ、兄の死が「無駄に」ならないよう対策をとってほしいと議員たちに訴えた。 ジョージ・フロイドさんは5月25日、中西部ミネアポリスで警官の取調べ中、首を警官の膝で9分近く圧迫され、死亡した。 警察は、ジョージさんが偽の20ドル札を使った疑いがあるという通報を受けて現場を訪れ、ジョージさんを職務質問した。

  • Thumbnail

    記事

    人種差別への抗議デモ、勢いをどう持続する 米ワシントン

    人種差別に対する抗議デモが2週間近くも続いている。先週末には数千人が参加し、過去最大規模となった。 BBCは抗議に参加する多様な人種や出身の人たちを取材し、今回の抗議デモがなぜ過去のものとは違うと感じるのか、理由を聞いた。 ビデオ:シュライ・ポパト、ヘリエ・チュン

  • Thumbnail

    記事

    イギリスのロックダウン、「1週早ければ死者半数も」 元政府顧問

    月時点で手に入った情報は非常に乏しく、ロックダウンの決定は「とても難しかった」と語っている。 また、BBCのラジオ番組に出演した数学者のキット・イエーツ氏は、ロックダウンのタイミングを決めるために流行がどれくらいの速さで2倍の規模になるのかを判断した際、特定のモデルに「依存しすぎた」のではないかと指摘した。 「流行のモデリングを行ったSPI-Mチームのメンバーから、合意形成の際にあるモデルの影響が他よりも大きくなっているという懸念の声を聞いた」 これは、「有効な意見や推測がきちんと伝わらなかった」ことを意味するという。 イギリスでは毎日平均1600人が亡くなっている。だがパンデミックの間、新型ウイルスによる死者数がこの数字の一部だったのか、超過死亡だったのかは分かっていなかった。 イギリスでは新型ウイルスの犠牲者の大半は高齢者か、基礎疾患を持っている人だった。 <解説>ジェイムズ・ギャラガー健康・科学担当編集委員 新型ウイルスは2月と3月に「予想を超えて」広がった。 BBCニュースが取材した科学者らは、イングランドではロックダウンが開始される前、毎日およそ10万人が新たに感染していたと推測している。 ロックダウンが1週間早く始まっていればこの数も大きく減り、その結果として死者も少なかったはずだという。 なぜそうならなかったのか。それが政府のパンデミック対策に対する大きな疑問のひとつだ。 その時その時に判断を下すよりも、過去を振り返るほうが格段に簡単だ。 当時は情報が少なく、イギリス全体のアウトブレイクの規模も明らかでなかった。 しかし一部の科学者は、実際にロックダウンが始まる数週間前から、その必要性を説いていた。 (英語記事 'Earlier lockdown would have halved death toll')

  • Thumbnail

    記事

    東京五輪は「簡素化」 組織委が会見で新方針表明

    美なものにはならないと述べた。 <関連記事> 「東京五輪の中止、理解できる」とIOC会長 BBCインタビュー 東京五輪、「再延期はない」 森会長が言明 来年の東京五輪・パラ開催は「ワクチン次第、なければ非現実的」=英専門家 組織委によると、簡素化や経費削減のため、200以上の案を検討し取り組んでいるという。 武藤氏はまた、観客の人数を減らす可能性もあると説明。日程は予定どおりだとした。 中止は「考えていない」 一方、森喜朗会長は会見で、大会中止の可能性について論じることを拒否した。 森氏は、「仮定のシナリオについて憶測をして、議論をするということは決して正しいことではない。従って、現時点ではそうしたこと(中止)を考える方針はまったくない」と述べた。 安倍晋三首相は4月に、国内の新型ウイルス感染を抑えられない場合は、大会の開催は「難しい」だろうとの考えを示している。 (英語記事 Tokyo 2020 will be 'simplified' Games)

  • Thumbnail

    記事

    フロイドさん弟、「苦しみを止めて」 米下院で意見陳述

    2020年06月11日 10:58 公開 米ミネソタ州で警察に拘束される際に死亡し、世界的な人種差別への抗議行動を生んだアフリカ系アメリカ人ジョージ・フロイドさん(46)の弟が10日、米議会下院の公聴会に出席し、警察の残虐性と「苦しみを止める」ための改革法案を成立させるよう強く求めた。 下院司法委員会は、警察による暴力と人種差別に取り組む法案を、来月4日までに下院に提出する予定。下院は野党・民主党が多数派となっている。 フィロニス・フロイドさん(42)はこの日、同委員会の公聴会で、兄ジョージさんの名前が「(死亡者)リストにただ追加されるだけ」であってはならないと訴えた。 さらに、「この国と世界が必要としているリーダーとなってほしい」と、下院議員たちに述べた。 <関連記事> フロイドさん葬儀、人種差別の解消求める 米ヒューストン フロイドさん死亡事件、元警官が初出廷 保釈金は1億円超に設定 米野党・民主党、連邦警察改革の包括法案提出 フロイドさん追悼に片膝突く フロイドさんは先月25日、白人警官に約9分間、膝で首を押さえつけられ死亡した。その様子は携帯電話で動画に撮影された。 関与した警官4人は免職となり、殺人罪や殺人ほう助罪などで訴追されている。 トランプ氏「基地名は変えない」 一方、ドナルド・トランプ大統領はこの日、抗議行動と警察の残虐性への対応策の検討は「最終段階」に入っており、「近日中に」公表する考えを示した。 また、南北戦争時代に奴隷制を支持した南部連合の将軍たちの名前が軍基地につけられていることについて、「偉大なアメリカの伝統だ」とし、変更する考えは「毛頭ない」とツイートした。 基地名をめぐっては、反人種差別の抗議行動の高まりを受け、マーク・エスパー国防長官とライアン・マカーシー陸軍長官が変更の検討に応じる考えだと、国防総省の関係者が8日に明らかにしていた。 南部連合の将軍たちの名前をつけた軍基地は、ノースカロライナ州フォート・ブラッグ、テキサス州フォート・フッド、ジョージア州フォート・ベニングなど10カ所ある。 こうした基地は、トランプ氏が2016年大統領選挙で勝利し、今秋の同選挙でも頼みの綱としている南部の州に集中している。 フロイドさんの弟の訴え フィロニスさんは公聴会で、「止めてもらうようお願いするために来た。苦しみをとめてほしい」と感情をあらわにしながら議員らに呼びかけた。 「ジョージは助けを求め、無視された。私が訴えていること、私たち家族が訴えていること、世界中の路上で人々が訴えていることに耳を傾けていただきたい」 「通りで行進している人々は、もうたくさんだと訴えている」 涙を見せたフィロニスさんはさらに、「彼の子どもたちはあの動画を見なくてはならなかった。残酷だ(中略)人間にあんなことはしない(中略)彼の命は大切だった。私たちみんなの命は大切だ。黒人の命は大切だ。ただ彼に戻って来てほしい。あの警官たちは生きて行ける」と述べた。 警官の暴力を禁じる法案 下院司法委員会のジェロルド・ナドラー委員長(民主党)は、「(フロイドさんは)路上で大勢が叫んでいるだけの、ただの名前や理念ではない。それを私たちは心に刻まなくてはならない。彼は人だった。家族がいた。(中略)彼を追悼する」と話した。 民主党が作成した法案は、警官が容疑者の首を絞めつけることを違法行為とする。また、反人種差別の講習の必修化や、免職になった警官の別地域での復職の禁止、暴力をふるった警官を訴追しやすくすることも含まれている。 同委員会の共和党の代表を務めるマット・ゲイツ議員は、法案は「微調整」の必要はあるとしたものの、「共和党の協力をあてにしてもいい。提案に磨きをかけて通過させ、大統領に提出したいと願っている」と述べた。 トランプ政権案を近く公表 ケイリー・マケナニー大統領報道官は、今回の問題に関するトランプ政権の提案を近く公表すると説明。ただ、警官の免責規定の縮小は含まれないとした。 また、トランプ氏は警官が悪者扱いされてはならないと考えていると述べた。 こうした説明の前には、マケナニー氏はトランプ氏が「立法あるいは大統領令によって、政策による積極的な処方をする」と話していた。 警察改革の動き フロイドさんが死亡したミネソタ州ミネアポリスの警察トップ、メダリア・アラドンド氏はこの日、フロイドさんの死を無駄にはしないと宣言。警官の問題行動を早期に発見する新システムを導入する考えを明らかにした。 ミネアポリス市議会の過半数の議員らは7日、市警を解体し、新しい治安維持の仕組みを採用する考えを表明した。 米各地の抗議行動では、「警察予算を打ち切れ」が合言葉の1つになっている。ただ、トランプ氏や、同氏と11月の大統領選挙で対決することが確実なジョー・バイデン前副大統領は、予算削減に反対している。 アメリカのその他の動き ニュージャージー州では、運輸大手フェデックスの従業員と刑務官が、抗議行動を嘲笑する意図でフロイドさんの死を再現。その動画が見つかり、2人は停職となった ニューヨーク・ブルックリンで先月29日に行われた抗議集会で、女性を地面に投げ倒したとして、ニューヨーク市警の警官が暴行の疑いで訴追された ミネアポリス市警は、現職警官によるものとされるフェイスブックの投稿について捜査している。投稿は抗議者を嘲笑し、ソマリア移民に人気の店を略奪するよう呼びかけている トランプ氏の写真撮影のため今月1日、ホワイトハウス近くのデモ参加者たちが強制排除されたことについて、司法省の元職員1200人以上はウィリアム・バー司法長官が果たした役割に関する内部調査を強く求めている 人種差別に抗議する人たちは各地で、植民地主義的な歴史の称揚だとされる像を損壊している。クリストファー・コロンブスの像は米ヴァージニア州リッチモンドで湖に投げ入れられ、マサチューセッツ州ボストンでは頭部を切断された フロイドさん暴行死事件の時系列 5月25日――ミネソタ州ミネアポリスで白人警官に首を圧迫され、ジョージ・フロイドさん死亡 5月26日――フロイドさんの死に対する抗議始まる 5月27日――抗議が各地に広がる 5月28日――トランプ氏、略奪者を「ごろつき」とツイート。「州兵を送り込む」、「略奪が始まれば、発砲が始まる」と書いた。ツイッター社は2つ目のツイートを「暴力賛美」として警告を表示した 5月29日――デモ取材中のCNN記者とクルーが生中継中に逮捕される 5月31日――6日目の抗議が各地で続く 6月1日――トランプ氏、事態鎮圧に軍の投入も辞さないと演説。トランプ氏の写真撮影の前に、連邦公園警察などが抗議者を催涙ガスなどで排除 6月2日――8日目の抗議続く。首都ワシントンの各地に州兵配備 6月3日――関与した元警官4人を州司法当局が殺人罪などで起訴 6月4日――ミネアポリスでフロイドさんの追悼式 6月5日――ワシントン市長、ホワイトハウス近くの交差点を「Black Lives Matterプラザ」に命名 6月8日――フロイドさんの地元ヒューストンで追悼式。民主党は警察改革法案を議会に提出。殺人罪で訴追された元警官が初出廷。保釈保証金は1億円超に設定 6月9日――フロイドさんの葬儀がヒューストンの教会で開かれた (英語記事 'Stop the pain', Floyd's brother tells US Congress/Trump rejects calls to drop Confederate base names)

  • Thumbnail

    記事

    ブラジル、新型ウイルス感染のデータ再公開 裁判所命令受け

    2020年06月10日 15:53 公開 ブラジル当局は9日、新型コロナウイルスの感染者や死者の統計データを公式ウェブサイトで再公開した。保健省は6日、今後は過去24時間の感染者と死者の数だけを公表するとして累計データをウェブサイトから削除。検閲に当たるなどと大きな批判を浴びていたが、最高裁判所が再公開を命令した。 データは、裁判所命令から数時間でウェブサイトで公開された。 ブラジルの感染者の数はアメリカに次いで世界で2番目に多い。また現在、1日あたりの死者数が世界で最も多くなっている。 右派のジャイル・ボルソナロ大統領は、累計データを非公開にしたのは、COVID-19の報告体制を改善する一環だと説明していた。 しかし、ボルソナロ政権がデータを改ざんしているという批判もあり、保健協議会は「独裁主義的で、無神経で、非人道的かつ非倫理的だ」と非難していた。 こうした中、最高裁のアレクサンドレ・デ・モラエス判事は保健省に対し、公衆衛生の観点からCOVID-19に関するデータを「すべて再公開」するよう求めた。 <関連記事> ブラジル政府、新型ウイルス感染の累計データを削除 死者数は世界3位に これが最後のパンデミックではない 人間が自然界に侵入すればするほど WHO、マスク指針を大転換 密接場面での着用を推奨 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、ブラジルではこれまでに70万人以上が新型ウイルスに感染している。しかし検査が不十分なため、実際の数はもっと多いとみられている。死者数は3万7000人以上と、アメリカとイギリスに次ぐ世界3位。 政府によるデータ非公開を受け、地元メディアは独自の集計結果を公表して市民に情報を提供していた。 ボルソナロ氏はかねて世界保健機関(WHO)が推奨するロックダウン(都市封鎖)施策を拒否するなど新型ウイルスを過小評価しており、メディアでの批判も高まっている。 大統領は9日、WHOからの脱退を改めて示唆。パンデミックに適切に対処しなかったと非難した。 5日にはWHOのことを「党派的な政治的組織」と批判し、ドナルド・トランプ米大統領に同調した。 ボルソナロ氏は他人と距離を取る施策も無視しており、地方自治体が独自に導入した移動制限などに抗議するデモに繰り返し参加している。 判決の内容は? ブラジルでは8日、野党3党が訴えを裁判所に提出。 モラエス判事はこれを受けて9日、保健省は「COVID-19のパンデミックに関連する日々の疫学データを完全に公開」するべきだとの判断を下した。 地元紙オ・グロバルによると、判事は政府に対し、48時間以内にデータをすべて公開するよう命令した。 また、ブラジルは深刻な保健危機に陥っており、すべての政府機関が「公衆衛生の保護に努めなる」必要があると指摘した。 その上で、「関連する疫学データの収集、分析、蓄積、公開という国際的に認知された対策を取らなければ、国民に悲惨な結末をもたらすことになる」と強調した。 ブラジルの現在の状況は? 中南米で最も人口の多いブラジルでは、アメリカに次いで世界に2番目に感染者が多い。 医療の専門家は、同国での感染は今後も増え、アウトブレイクのピークに至るにはなお数週間かかると予想。病院にさらなる重圧がかかるとみられている。 ボルソナロ氏はかねて新型ウイルスの脅威はたいしたことがないとし、「ちょっとしたインフルエンザ」のようなものだと述べていた。アウトブレイクが始まってからは、大統領の方針に反発して保健相が2人、辞任している。 また、地方当局によるロックダウンについては、経済を破壊するとして解除を求めている。さらに、政府の方針に逆らって厳しい制限を課している州知事は、政治的な利益をあげるためにそうしているのだと批判している。 (英語記事 Brazil restores Covid-19 website after outcry)

  • Thumbnail

    記事

    ロヒンギャ難民270人、新型ウイルスで2カ月漂流 マレーシアが拘束

    ャ虐殺めぐる国際裁判始まる、アウンサンスーチー氏も出廷 ロヒンギャの村、潰され政府施設に一変 BBCがミャンマーで取材 近年、多数のロヒンギャが、迫害を受けるミャンマーから逃れている。 その多くは隣国バングラデシュへ向かい、コックスバザールに難民キャンプを設置している。この難民キャンプでは約100万人のロヒンギャが暮らしている。 中には近隣のイスラム教国マレーシアを目指す者もいる。マレーシアは安全な避難先とみなされるようになっている。 過去には密入国業者が数万人のロヒンギャを不法にマレーシアへ入国させていた。しかし現在では、マレーシアはCOVID-19(新型ウイルスの感染症)の世界的流行を理由に、ロヒンギャ難民のボートの着岸を拒否している。 船内から遺体も マレーシア沿岸警備隊は、リゾート地ランカウイ島の沖合いで発見した難民ボートを国際水域まで追い出そうとしたと、AFP通信が報じた。 しかし沿岸警備隊が近づくと、53人が海へ飛び込んだという。 海上パトロールを監督するタスクフォースの声明によると、船内でロヒンギャ216人と女性1人の遺体を発見したという。 難民には食べ物と飲み物が与えられ、船はランカウイ島へと運ばれた。島では269人全員が拘束された。 タスクフォースの声明によると、調査の結果、ロヒンギャが乗っていた船(トロール漁船と報じられている)が「故意に」破壊されていたことが判明した。船が破損していたため、「国際水域まで追い出すのをやめる」ことになったという。 この船に乗っていたロヒンギャと断続的に接触していた人権活動家たちは、バングラデシュ南部を出発した当初は約500人が乗っていたと考えている。 その約半数以上が拘束されたことになる。残りは沿岸警備隊の目をかいくぐり、すでに岸に到達した可能性もある。 今年に入って22隻を追い払う 今年、何隻の船がロヒンギャを乗せてマレーシアへ渡ろうとしたのかは明らかではない。しかし当局によると、22隻を追い払ったという。多くの場合、船は小型で狭く、数百人が安全ではない状況下でぎゅうぎゅう詰めになっているという。 今年初めに同様の脱出を試みたあるロヒンギャ女性は、BBCに対し、自分が乗っていた船には水や衛生設備などの基本的な設備が不足していたと述べた。食べ物や飲み物も不足していたという。 また、乗組員は乗船者が死んだことを知られないように、死体を海に捨てる際にはエンジンを両方回し、水しぶきの音をかき消していたと述べた。 今年初め、数百人がぎゅうぎゅう詰めになった船で、少なくとも28人のロヒンギャ難民が死亡した。この船はマレーシアに到達できず、数週間にわたって海上を漂流していた。 ロヒンギャはミャンマーの少数民族の1つで、長年にわたって迫害されている。人数は2017年初めの時点で約100万人となっている。 バングラデシュに大量のロヒンギャが脱出し始めたのは2017年8月。この直前には、ロヒンギャの反政府グループ内の武装集団がミャンマーで警察施設30カ所以上を襲撃し、死者を出していた。 (英語記事 Refugees held after surviving two months at sea)

  • Thumbnail

    記事

    あなたが、そしてイギリス人も知らないかもしれないイギリスの黒人の歴史

    2020年06月10日 13:03 公開 キャメロン・ヴァーク、BBCニュースビート記者 「私たちはイギリスにずっといた。先駆者として。発明家として。注目される存在として。その後に植民地主義が始まって、それが黒人の経験を決定してきた。けれども私たちはそれだけではない」 イギリスの学校で黒人の歴史を教える組織「ブラック・カリキュラム(黒人教育課程)」を立ち上げた、ラヴィニヤ・ステネットさんの言葉だ。「ブラック・カリキュラム」は現在、黒人史をイギリスの学校の必修科目にするよう、ギャヴィン・ウイリアムソン教育相に働きかけている。 アメリカでジョージ・フロイドさんが死亡したのを機に、イギリスでも何万という人が正義を求めて立ち上がり、主要都市の通りを行進している。 この国で「Black Lives Matter」と抗議する人たちは、イギリスも決して潔白ではないと主張する。しかし、イギリスにも人種差別があるのか、差別があるならどの程度あるのか、疑問視する人もいる。 (訳注:「Black Lives Matter」というスローガンは、2013年から2014年にかけてアメリカで使われ始め、2014年8月に南部ミズーリ州ファーガソンで18歳の黒人男性が白人警官に射殺されたのを機に、全米的な抗議運動と共に広がった。「白人と同じように黒人の命にも意味がある」という意味が込められている) ジョージ・ザ・ポエット BBCの報道番組「ニューズナイト」でこの点について質問された詩人のジョージ・ザ・ポエットさんは、イギリスの黒人史と大英帝国について教育が不十分で、それがイギリス国内の人種差別や、人種差別に関する対話に影響していると答えた。 <関連記事> イギリスで人種差別に抗議続く、奴隷商人の銅像を引きずり下ろし 英内相、カリブ海移民「ウィンドラッシュ世代」に謝罪 英国育ちでも強制退去の危険(2018年4月) 「ブルカ」発言で非難されるジョンソン前英外相 質問答えず記者にお茶を(2018年8月) 英保守党議員、人種差別表現で役職解任(2017年7月) イギリスの学校が教える黒人の歴史といえば、大西洋を行き来した奴隷取引やアメリカの公民権運動の話ばかりだ。授業はたいていは、「黒人史月間」の10月にある。 「色々な歴史や色々な視点から見た出来事の流れについて、語るのを省いてしまうと、この人たちはこの国の一部ではない、この国の民の、この国の伝統の一部ではないと言うに等しい。あるいは、一般知識として教えるだけの価値がない人たちだと言っているようなものだ」。ブラック・カリキュラムの政策担当、メロディー・トライアンフさんはこう言う。 イギリスの学校で教えられてこなかった、イギリスの黒人の歴史から、ほんの少しだけ逸話を紹介する――。 1. 象牙アクセサリーの女性 イギリスに初めて黒人が到着したのは、第2次世界大戦後のことだと思っている人もいるかもしれない。イギリスが場合によっては何世紀も植民地支配したアフリカやカリブ海やアジアの国々から、やってきた人たちだと。 実際にはそうではないと、「ブラック・カリキュラム」のラヴィニヤさんは言う。 「イギリスにはローマ時代から黒人がいたのは分かっている。具体的な事例もある」 イングランド北部ヨークで1901年に発見された遺骨は、「象牙のアクセサリーの女性」という名前でヨーク博物館に展示されている。考古学調査の結果、ローマ帝国時代のブリテンで生まれたこの女性は、おそらく北アフリカ系だということが分かっている。 遺骨は紀元4世紀の後半のものだと、年代が特定されている。 黒玉や象牙のブレスレット、イヤリング、ペンダント、ビーズ、青いガラスの水差し、そしてガラスの鏡と共に発見された。つまり、貧乏ではなかったということだ。 「黒人は財を求めなかったとか、財産は何も持たなかったなどという思い込みに、疑問を投げかける」と、ステネットさんは言う。 2. ヘンリー8世の黒人らっぱ吹き チューダー朝時代には何百人もの黒人移民がイングランドに住んでいた。チューダー朝と言われてピンとこなければ、それは1500年代のことだ。 アフリカ出身のらっぱ吹き、ジョン・ブランクもその1人だった。1511年の有名なウエストミンスター競技会を描いた、長さ18メートルもの巻物に描かれている。ウエストミンスター競技会とは、ヘンリー8世が息子の誕生を祝って大々的に開いた祝宴のことだ。 ジョン・ブランクがヘンリー8世に昇給を嘆願した書簡さえ残っている。 「1日8ペンスにしてくださいとお願いしていた。今の貨幣価値に換算していくらなのか分からないが、自分の価値をきちんと理解していたのが分かる」と、ラヴィニヤさんは言う。 3. イギリス初の黒人王妃? ドイツから輿入れしたこの王女は、1761年に国王ジョージ3世と結婚して、イギリスの王妃になった。多くの歴史家は、シャーロット王妃にはアフリカ系の先祖がいたと考えている。 シャーロット王妃は、ジョージ4世とウイリアム4世という2人の国王の母になった。 王妃はドイツ出身ではあったものの、ポルトガル王家のアフリカ系の先祖がいたという説がある。 ポルトガルの国王アフォンソ3世は13世紀、南部ファロをムーア人から奪った。ムーア人とは、現代スペインや中世ポルトガルに住む北アフリカ出身のイスラム教徒だ。アフォンソ国王は、ファロ総督の娘と子供を3人もうけたと言われている。 3人のうちの1人、マルティム・アフォンソ・チチョッロも、アフリカ系の妻と結婚したとされる。妻イネス・ロウレンコ・デ・ソウサ・デ・ヴァラダレスと共にソウサ=チチョロ家の初代となり、その多くの子孫の中に、シャーロット王妃がいる。 そして、シャーロット王妃のひ孫と言えば? ヴィクトリア女王その人だ。 4. 目の前にあるのに見えていない シャーロット王妃にアフリカ系の先祖がいたかどうかはともかくとして、イギリス王室の一員になった時代は、イギリスが奴隷貿易を開始した時代でもあった。そしてイギリスは、奴隷貿易によって巨万の富を得た。 「ロンドンの黒人の歴史から始めることがほとんどです。ロンドン中心の教え方が多い。けれども実は、スコットランド・グラスゴーが財を築いたのは、タバコや砂糖や綿花のおかげ。これは、カリブ海のジャマイカやトリニダド、バルバドスで、奴隷労働によって栽培され維持されていた作物です」と、ステネットさんは話す。 グラスゴーの目抜き通りの多くは、農園で財を築いた18世紀の奴隷主の名前を冠している。 「黒人は奴隷だったと教わる。けれども、その奴隷労働の成果によって造られた道路の上を自分が歩いているのだとは、決して教わらない」 奴隷制について教育するのは大事だが、その「文脈をきちんと伝える」必要があるとステネットさんは言う。 「誰がそれで得をしたのか、話すべきです。植民地にいた人だけではなく、ここイギリス本国でも」 ということはつまり、「イギリスの奴隷貿易廃止運動に関わったスコットランドの黒人たち」についても、学校で教える必要があるとステネットさんは話す。 イギリスの奴隷貿易廃止と言えば、そのために運動した「ウイリアム・ウイルバーフォースの話しか聞こえてこない」とステネットさんは言う(訳注:政治家ウイルバーフォースは2007年映画「アメイジング・グレイス」などで描かれている)。 5. 第1次世界大戦と人種暴動 カリブ海地域からイングランドへの移民というと、1948年から1971年にかけて「ウインドラッシュ号」に乗って移住した「ウインドラッシュ世代」のことを思いがちだ。 「けれども実を言えば黒人は、第1次世界大戦の兵士としてジャマイカから連れてこられている」。そういうステネットさんの大叔父はそうして17歳のときにイングランドに移住し、戦後はロンドンに定住した。 戦後に送還されなかった大叔父は「幸運だった」そうだ。 第1次世界大戦後に兵士たちが帰還したイギリスは、働く当てもチャンスも少ない場所だった。 「白人は、自分たちに職がないのは黒人のせいだと思い込み」、それが黒人コミュニティーへの暴力のきっかけになったという。 1919年にグラスゴー、リヴァプール、カーディフなどイギリス各地の港町で人種暴動が起きたのはそのためだ。3人が死亡し数百人が負傷した。 人命だけでなく、経済的な影響もあった。多くの産業で、白人労働者が労組の後押しを受け、黒人と肩を並べて働くことを拒否した。このため多くの黒人兵士や労働者が失業者となった。 戦争のためイギリスに連れてこられた黒人男性の多くが、戦前の居住地に送還された。 この時期の人種暴動では貧困や失業が大きな要因だったが、黒人男性と白人女性が所帯を持ち子供を作るのではないかという懸念も影響していたと、研究者のジェイミー・ベイカーさんは言う。 「黒人男性を過剰に性的な存在に仕立てた文脈にもあてはまる。黒人男性が白人女性を自分たちから奪ってしまうと、白人男性は強迫観念を抱いていた」と、ラヴィニヤさんは説明する。 6. ブリストルのバス・ボイコット 第2次世界大戦が終わるとイギリスは、カリブ海やアフリカの黒人、そしてインド人の移住を奨励し、国の再建に協力して欲しいと求めた。 そして移住した人たちは、国民医療制度の国民保健サービス(NHS)など、公共部門の仕事に就いた。たとえば、市バスを運転するといった。 しかし、南西部ブリストルで自治体が運営するオムニバス社は、黒人やインド系の運転手の採用を拒否した。これを機に、やがて市内全域でバスがボイコットされるようになった。 「けれどもことはそれほど単純ではなかった」とステネットさんは言う。当時は人種を理由にした差別は違法ではなかった。イギリス初の人種関係法は1965年に成立したが、雇用や住宅についての規定が含まれたのは1968年になってのことだった。 ボイコットを主導したのは、ポール・スティーヴンソンさん、ロイ・ハケットさん、ガイ・ベイリーさんの3人だった。スティーヴンソンさんは、1955年に米アラバマ州モンゴメリでローザ・パークスさんの抵抗がきっかけになったバス・ボイコット(パークスさんはバス後方の「有色人種」席に座ることを拒否した)を参考に、ブリストルでこの活動を始めた。 ハケットさんは、バスが街の中心部に入れないよう、道路封鎖や座り込み抗議を実施する中心になった。 「子供を学校に連れて行くとか、会社に出勤するとかの白人女性たちが、いったい何をやっているのかと尋ねてきた」と、ハケットさんはかつてBBCに話した。「その人たちは後から、ボイコットに参加してくれた」。 ブリストルの学生たちもボイコットを支援したし、地元選出のトニー・ベン下院議員(労働党)や、翌年に労働党党首になったハロルド・ウイルソン(後の首相)も、ボイコットを応援した。 アメリカでマーティン・ルーサー・キング牧師がワシントン大行進の後に「私には夢がある」という有名な演説をしたのは、1963年8月28日のことだった。その翌日にはブリストルのオムニバス社が、夏の間中続いたボイコットに屈して、人種差別政策の変更を発表した。 続く9月半ばには、ブリストル初の白人ではないバスの車掌が登場した。1959年以来ずっとブリストル在住のインド出身シーク教徒、ラグビル・シンさんだ。その後は次々と、黒人や南アジア系がバスで働くようになった。 スティーヴンソンさん、さんハケット、ベイリーさんの3人はいずれも後に、大英帝国勲章(OBE)を叙勲された。 (英語記事 The black British history you may not know about)

  • Thumbnail

    記事

    フロイドさん葬儀、人種差別の解消求める 米ヒューストン

    2020年06月10日 12:52 公開 米ミネソタ州ミネアポリスで警察官に拘束され死亡したアフリカ系米国人ジョージ・フロイドさんの葬儀が9日あり、人種にもとづく不公正をなくすよう求める熱のこもった訴えが続いた。 フロイドさんが長年暮らしたテキサス州ヒューストンのファウンテン・オブ・プレイズ教会で開かれた葬儀には、政治家や有名芸能人らを含め約500人が参列した。 人々は、「黒人として生まれたことが罪」などと述べ、フロイドさんの死を悼んだ。 葬儀の後、フロイドさんの棺は車列でヒューストン南部パーランドの墓地「ヒューストン・メモリアル・ガーデンズ」に運ばれ、母親の棺の隣に埋葬された。墓地までの最後の約1.5キロは、棺は馬車で移動した。 フロイドさんは先月25日、首を白人警官の膝で約9分間押さえつけられ死亡した。その様子は、近くにいた人が携帯電話で撮影していた。 現場にいた警官4人は免職となり、殺人罪や殺人ほう助罪などで訴追されている。 「法を変える必要がある」 葬儀では、フロイドさんの姪のブルック・ウィリアムズさんが、法律は黒人を不利にするようにつくられていると指摘。改められるべきだと訴えた。 「なぜ、この司法制度は腐敗し崩壊しているのでしょうか? 法は常にアフリカ系アメリカ人にとって機能しないように制定されてきました。こうした法は変える必要があります」 「ヘイトクライムはもうやめてください。ある人が『アメリカを再び偉大にする』と言いましたが、アメリカが偉大だったことなんてあったでしょうか?」 地元選出のアル・グリーン下院議員(民主党)は、「ジョージ・フロイドさんはかけがえのない存在だ。だから私たちはここに来た」、「彼の罪は黒人として生まれたことだった」と述べた。 長年、公民権活動に取り組んできたアル・シャープトン師は、「世界中で奴隷主の孫たちが、奴隷主の像を引きずり下ろしている」と説明。困難に見舞われたフロイドさんの人生について、「神は見捨てられた石を拾い、世界全体を変える運動の礎石とした」と述べた。 「お父さんは世界を変える」 11月の大統領選挙で民主党候補になるのが確実なジョー・バイデン前副大統領は、ビデオメッセージを寄せ、「ジョージ・フロイドさんに正義が訪れるとき、アメリカは人種間の公正さに向けて真に近づいていける」と述べた。 また、大統領選で対決するドナルド・トランプ大統領(共和党)について、先週末にフロイドさんに関する「軽蔑すべき」憶測を口にしたとして厳しく批判した。トランプ氏は5日、5月の雇用統計が改善していたと発表する際、フロイドさんが「見下ろしていて」「今日は素晴らしい日だと言っている」と述べた。 ただバイデン氏も最近、トランプ氏への投票をちょっとでも考えたアフリカ系米国人は「黒人じゃない」と発言。黒人が自らに投票することを当然視しているとして批判された。 バイデン氏は葬儀前日の8日、フロイドさんの遺族と面会。その後、CBSテレビで、「彼の小さな娘もいて、『お父さんは世界を変える』と言っていた。私も彼女の父親は世界を変えると思う」と述べた。 さらに、「ここで起きたことは本当に、アメリカ史における大きな転換点の1つだと思う。市民的自由、公民権、そしてただ尊厳を持って人に接することにおいて」と話した。 一方、ミネソタ州では9日、ティム・ウォルツ知事が州民に対し、フロイドさんが地面に押さえつけられていた時間と同じ8分46秒間の黙とうをしてフロイドさんの葬儀に敬意を表すよう呼びかけた。 フロイドさん暴行死事件の時系列 5月25日――ミネソタ州ミネアポリスで白人警官に首を圧迫され、ジョージ・フロイドさん死亡 5月26日――フロイドさんの死に対する抗議始まる 5月27日――抗議が各地に広がる 5月28日――トランプ氏、略奪者を「ごろつき」とツイート。「州兵を送り込む」、「略奪が始まれば、発砲が始まる」と書いた。ツイッター社は2つ目のツイートを「暴力賛美」として警告を表示した 5月29日――デモ取材中のCNN記者とクルーが生中継中に逮捕される 5月31日――6日目の抗議が各地で続く 6月1日――トランプ氏、事態鎮圧に軍の投入も辞さないと演説。トランプ氏の写真撮影の前に、連邦公園警察などが抗議者を催涙ガスなどで排除 6月2日――8日目の抗議続く。首都ワシントンの各地に州兵配備 6月3日――関与した元警官4人を州司法当局が殺人罪などで起訴 6月4日――ミネアポリスでフロイドさんの追悼式 6月5日――ワシントン市長、ホワイトハウス近くの交差点を「Black Lives Matterプラザ」に命名 6月8日――フロイドさんの地元ヒューストンで追悼式。民主党は警察改革法案を議会に提出。殺人罪で訴追された元警官が初出廷。保釈保証金は1億円超に設定 6月9日――フロイドさんの葬儀がヒューストンの教会で開かれた (英語記事 Calls for racial justice at George Floyd's funeral)

  • Thumbnail

    記事

    ホンダにサイバー攻撃 海外工場で操業停止も

    2020年06月10日 12:51 公開 ジョー・タイディー、サイバーセキュリティー記者 ホンダは9日、社内ネットワークがサイバー攻撃を受けたと発表した。世界各地の工場などが影響を受けたという。 声明によると、コンピューターサーバーへのアクセスに加え、社内システムや電子メールなどの利用に障害が起きたという。 また、海外の生産システムに影響が出ているとし、被害を最小限に抑えながら製造や販売、開発活動の復旧に全力を尽くしていると説明している。 攻撃ついては、ホンダの内部サーバーの一部に外部から侵入された形跡があり、「ウイルスが拡散された」としているが、詳細は明かしていない。 英米やトルコなどの工場で影響 ホンダはイギリスではイングランド中部スウィンドンに工場を持っているが、2021年に閉鎖が決まっている。 今回のサイバー攻撃ではこのスウィンドン工場のほか、北米、トルコ、イタリアの工場が影響を受けた。 サイバーセキュリティーの専門家によると、攻撃にはランサムウエア(身代金要求型ウイルス)が使われ、同社のデータを勝手に暗号化したり、ITシステムから締め出したりした可能性がある。 ランサムウエア使用か セキュリティー会社センチネル・ワンのモーガン・ライト氏は、「Ekansというランサムウエアが使われたとみられる」と説明した。 「EkansやSnakeランサムウエアと呼ばれるものは、産業の管理ネットワークシステムを攻撃するために設計されている。実際、ホンダでは生産が止まり、従業員を家に帰さなくてはならなくなった」 ホンダは、データが流出した形跡はなく、「事業活動への影響は最小限だ」と話している。 新型ウイルスの不安につけこむ 外部への侵入がどのように行われたかは分かっていない。 しかし最近の研究によると、ハッカーは新型コロナウイルス関係の情報に見せかけて、わなを仕掛けたドキュメントやファイルをダウンロードさせる手口を使っているという。 保険会社ビーズリーは2020年第1四半期にランサムウエアの被害にあった加入者は前年同期比25%増えたと発表している。 同社のキャサリン・キーフ氏は「サイバー攻撃の犯罪者は、パンデミック中の人々の不安につけ込み、情報を盗むためのリンクに誘導しようとしている」と話した。 「組織はセキュリティーシステムやプロトコルを更新し、在宅勤務している従業員に特に注意するよう呼びかけてほしい」 (英語記事 Honda's global operations hit by cyber-attack)

  • Thumbnail

    記事

    「単なる殺人ではない、ヘイトクライムだ」 フロイドさんの姪、葬儀で涙ながらに訴え

    2020年06月10日 11:10 公開 白人警官に首を圧迫されて死亡した米黒人男性ジョージ・フロイドさんの葬儀が9日、フロイドさんの故郷テキサス州ヒューストンで行われた。 姪のブルック・ウィリアムズさんは、「私は息ができる。私が息をしている限り、ペリー(フロイドさん)のために裁きが下されるでしょう」と語った。 フロイドさんは警官に9分近く押さえつけられた際、「息ができない」と訴えていた。 ウィリアムズさんは、アメリカの法は黒人にとって不利なかたちでつくられてきたと述べた。 また、ドナルド・トランプ米大統領の選挙スローガン「アメリカを再び偉大にする」に言及し、「アメリカが偉大だったことなんてあるのか」と問いかけた。 フロイドさんを殺したとして殺人罪で訴追された元警官デレク・チョーヴィン被告(44)は8日、事件があったミネソタ州ミネアポリスの裁判所に初めて出廷した。チョーヴィン被告は第2級の殺人罪と故殺罪などで訴追されている。 ほかの元警官3人は殺人ほう助罪で訴追されている。4人は事件後に全員、免職となった。

  • Thumbnail

    記事

    アメリカの警察の歴史的問題 逃亡奴隷の追跡から始まり

    2020年06月09日 19:55 公開 アメリカでは、黒人男性の死因の第6位が、警察暴力だという。若い黒人男性が警官に暴行され死亡する可能性は、白人男性の2倍だ。 奴隷制までさかのぼり、アメリカの警察がその後も長年にわたり黒人抑圧の装置として機能してきた歴史を振り返る。 製作:アンゲリカ・カサス、チェルシー・ベイリー 編集:フランツ・ストラッサー

  • Thumbnail

    記事

    英王子は米富豪の性的犯罪捜査に「協力するふり」=米司法当局

    方針 死亡米富豪の人身取引裁判で弁護士 「お互い知っている」  英王子による性被害主張の女性、BBCが取材 王子の弁護団はこれまで、捜査に非協力的との主張を否定。王子は3回にわたって協力を申し出たとしている。 ウィリアム・バー米司法長官は米フォックス・ニュースの番組で、「(王子の)身柄の引き渡しを求めているわけではない。ただ証拠を提供してもらいたいだけだ」と主張した。 アンドリュー王子は昨年、BBCのインタビューでエプスティーン被告との付き合いについて語った後、王室の公務を控えると発表した。 王子はエプスティーン被告の自宅を訪問していた間、不審な行動は目にしなかったとしている。 言い争いが再燃 バーマン検事はこれまでも、アンドリュー王子を批判してきた。今年1月には、王子が捜査に「まったく協力しない」と批判。3月には、王子が捜査員らに対して「完全に門戸を閉ざしてしまった」と述べた。 アンドリュー王子の弁護団は今月8日、検事に初めて反論。主張は「不正確だ」とした。 これに対しバーマン検事は、声明を発表。「アンドリュー王子はまたも今日、ジェフリー・エプスティーンと仲間らによる性的人身取引などの違法行為をめぐる継続中の連邦犯罪捜査に対し、積極的に協力するかのように見せかけようとした」と述べ、言い争いを一段と深刻にした。 検事はまた、王子が「連邦当局の事情聴取に応じず、日程設定の要請も繰り返し拒んでいる。そして4カ月ほど前に、今日の発表をしたのと同じ弁護士を通じて、そうした事情聴取には応じないと私たちに言明した」とした。 さらに、「もしアンドリュー王子が本当に継続中の連邦捜査への協力に真剣なら、私たちのドアは常に開いている。いつ姿を見せてくれるのか連絡を待っている」と述べた。 「被害者を傷つけている」 エプスティーン被告による一部の被害者の弁護士を務めるグロリア・オルレッド氏は、アンドリュー王子が捜査に協力する姿勢を見せたとの認識はまったくないと、BBC番組「ニューズナイト」で述べた。 オルレッド氏はアンドリュー王子について、「米司法省といたちごっこするのはやめるべきだ」、「法廷に立つべきだ」とした。 また、「彼が引き延ばしているのは、多くの被害者の感情をひどく傷つけており、公正ではない」、「被害者が望むのは真実で、透明性だ」と話した。 アンドリュー王子の弁護団はコメントを避けた。ただ関係筋は、「バーマン(検事)が機密保持規定を破ったのはこれが3度目で、私たちの米司法省の公正さに対する信頼をさらに弱めた。率直に言って当惑している」と話した。 弁護団は以前、「公的記録にあるように、米司法省はエプスティーン氏をはじめ複数の人物について16年以上熱心に捜査してきたが、初めて公爵の協力を要請したのは2020年1月2日のことだった」と説明。 「司法省は、公爵はエプスティーンについての犯罪捜査の『対象』ではないし、対象だったこともないと説明した。これが重要な点だ。その上で、自発的な協力を内密に求めていた」と説明していた 「協力より注目を得ようとしたのでは」 アンドリュー王子の弁護団は、捜査協力は秘密にするよう米司法当局に要請し、合意を得られたと述べた。 さらに、「ヨーク公爵は少なくとも今年3回、目撃証言を提供して協力した」、「残念なことに司法省は、最初の2回について機密保持規定を破り、公爵がまったく協力していないと主張した。それによって、協力を得るより注目を集めようとしたのだろう」とした。 米司法省はエプスティーン被告の捜査に関連し、アンドリュー王子への事情聴取を、米英間の刑事共助条約に基づいて英内務省に正式に要請した。 条約の規定では、王子が自発的に聴取に応じない場合、英裁判所への出頭が求められることもあるという。 エプスティーン被告の嫌疑は エプスティーン被告への嫌疑は、2005年に当時14歳の少女の両親が、同被告のフロリダ州パームビーチの自宅で娘が性的いやがらせをされたと同州の警察に届けたことから浮上した。 エプスティーン被告は2002~2005年に、18歳未満の少女らにニューヨーク・マンハッタンやフロリダの邸宅で性的行為をさせ、金銭を支払っていたとされた。 しかし同被告は2008年に司法取引で、未成年を売春に勧誘・斡旋(あっせん)したという量刑の比較的軽い罪について有罪を認めた。 これにより1年半の禁錮刑が言い渡され、1年1カ月間形に服した後、保護観察となり釈放された。 2019年7月、ニューヨークで性的人身取引などの罪に問われ、裁判が予定されていた。エプスティーン被告はすべての起訴内容について無罪を主張していた。 「親交は後悔していない」 一方、アンドリュー王子は2019年11月、BBCのニューズナイトで、エプスティーン被告との親交を後悔していないと述べた。 しかし、同被告を有罪判決後の2010年に訪ねたのは間違いだったと認めた。 王子はまた、ヴァージニア・ジュフリー氏と同氏が10代のときにセックスしたとの疑いを否定した。同氏は17歳だった2001年に被告によってロンドンに連れて来られ、王子とのセックスを強制されたと主張している。 アンドリュー王子は、ジュフリー氏との間にいかなる性的な行為や関係もなかったと断固として述べ、何かあったとする訴えは偽りで根拠がないと反論している。 王子は、かつてヴァージニア・ロバーツの名で知られていたこの女性に会ったことも記憶にないと述べた。 BBCのインタビューが放送されてまもなく、アンドリュー王子は「適切な司法機関に進んで協力する」と表明していた。 (英語記事 Duke and US prosecutor in row over Epstein inquiry)

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮、韓国との連絡ルートを完全遮断 批判ビラ散布に反発

    2020年06月09日 14:05 公開 北朝鮮は9日、韓国の首脳とのホットラインを含む、南北間のすべての通信線を同日正午から遮断すると発表した。 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)はこの日、北朝鮮は「南北共同連絡事務所を通じて維持されてきた南北当局間の連絡線」を「2020年6月9月正午から(中略)完全に遮断し、廃棄する」と報じた。 軍事通信線も遮断するとしている。 韓国の脱北者団体は北朝鮮に向けて北朝鮮の体制を批判するビラを風船で飛ばす活動をしており、北朝鮮はこれに強く反発している。 北朝鮮は韓国を「敵」と表現し、通信線遮断は韓国への対抗措置の第1弾だと説明した。 「韓国当局者はわれわれを失望させるばかりであり、彼らと対座する必要はなく、彼らと話し合う問題はないという結論に至った」とKCNAは伝えた。 <関連記事> 南北軍事境界線で一時銃撃戦 北朝鮮側から発砲 北朝鮮が「超大型」のロケット砲発射実験、韓国が「不適切」と非難 北朝鮮、6度目のミサイル発射 韓国との交渉打ち切りを発表  南北軍事境界線沿いの開城にある南北共同連絡事務所は、業務開始と終了の通話を毎日午前9時と午後5時に行っている。 しかし、韓国は8日午前に北朝鮮側が通話に応じなかったと明らかにした。このような事態は過去1年9カ月間初めて。同日午後の通話には応答したという。 今年1月に新型コロナウイルスの感染症「COVID-19」防止策として連絡事務所が一時閉鎖になった際には、南北は電話で連絡を維持してきた。 南北は2018年の首脳会談後、緊張緩和を目的に連絡事務所を設置した。 朝鮮戦争は1953年の休戦協定をもって戦闘が終了したが、平和条約が交わされていないため、韓国と北朝鮮は法律上はまだ戦争状態にある。 連絡事務所閉鎖を警告 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)氏は先週、韓国政府が脱北者団体による北朝鮮批判のビラの散布を止めなければ、連絡事務所を閉鎖すると警告した。 こうしたビラの散布は敵対行為であり、2018年の南北首脳会談での板門店宣言に反するものだと与正氏は主張した。 脱北者たちは時折、共産主義国の北朝鮮を批判するビラを風船にくくりつけて北朝鮮側へ飛ばしている。支援物資を付けて北朝鮮の人々に拾わせようとすることもある。 北朝鮮人は国が統制するメディアからしか情報を得られない。また、ほとんどの人はインターネットにアクセスできない。 北朝鮮の金委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2018年4月、5月、9月と、計3度の首脳会談を行い、南北関係は改善されたようにみえた。南北首脳会談が開かれたのは2007年10月以来、実に10年半ぶりのことだった。 しかし2019年2月の米朝首脳会談で非核化交渉が決裂すると、北朝鮮は韓国との連絡を大幅に断ち切った。 (英語記事 North Korea halts all communications with South)

  • Thumbnail

    記事

    フロイドさん死亡事件、元警官が初出廷 保釈金は1億円超に設定

    2020年06月09日 13:10 公開 米ミネソタ州ミネアポリスで武器を持たない黒人男性ジョージ・フロイドさん(46)を殺したとして殺人罪で訴追された元警官が8日、同市内の裁判所に初めて出廷し、裁判官は保釈金を125万ドル(約1億3500万円)に設定した。 検察当局は「嫌疑の重大性」と人々の激しい怒りを理由に、保釈金は100万ドル以上とするよう求めていた。 フロイドさんの死をめぐっては、首を膝で約9分間圧迫し続けた元警官のデレク・チョーヴィン被告(44)が第2級の殺人罪と故殺罪などで訴追されている。その他、元警官3人が殺人ほう助罪で訴追されている。4人は事件後に全員、免職となった。 (編集部註:チョーヴィン元警官の姓のカタカナ表記は、元警官を起訴したミネソタ州司法長官や同州ヘネピン郡検察官による会見での発音を参考にしています) <関連記事> 人種差別に抗議、ワシントンで数万人が平和的デモ NFLは方針転換 警察の暴力動画、アメリカに衝撃与える フロイドさん抗議行動 「人種差別のパンデミック」が命を奪った フロイドさん追悼式 勤続19年のベテラン警官だったチョーヴィン被告はこの日、ビデオ会議システムを使用して出廷。罪状認否はしなかった。 開廷中の15分間、発言することはなく、オレンジ色のつなぎを着て手錠をされた状態で、小さなテーブルの前に座った。 ジャニース・M・レディング裁判官は、無条件保釈の場合は125万ドルに、条件つきの場合は100万ドルに保釈保証金の額を設定した。条件には、フロイドさんの家族に接触しないことや銃器の放棄、裁判を待つ間に警官や警備員として働かないことなどが含まれた。 チョーヴィン被告の弁護士は保釈金について、異議を唱えなかった。 同被告は逮捕後何度か移送され、現在はミネソタ州刑務所で勾留されている。次の出廷日は今月29日に設定された。 同被告は第2級殺人罪(最長刑は禁錮40年)、第3級殺人罪(同25年)、第2級故殺罪(同10年)で訴追されている。 検察は複数の罪状で訴追することで、陪審の選択の幅を広げるとともに、有罪に持ち込む確率を高める狙いがある。 AP通信は、第1級殺人罪での有罪には計画性と殺意、動機についての証明が必要なため、検察当局が新たな罪状を加える可能性は小さいと伝えた。 社会的距離を取って追悼 フロイドさんがミネアポリスへの転居前に長年暮らしたテキサス州ヒューストンでは、フロイドさんの遺体が市内の教会に安置され、6時間にわたり弔問者が訪れた。 マスクや手袋を着用した人々は、社会的距離確保のルールに従って、フロイドさんの棺に歩み寄った。教会に一度に入る人数は15人に制限された。 9日には同市で、遺族らによる葬儀が行われる。すでにミネアポリスと、フロイドさんが生まれたノースカロライナ州で、追悼式典が開かれている。 今秋の大統領選挙で民主党候補になるのが確実のジョー・バイデン前副大統領は8日、ヒューストンでフロイドさんの親族と個人的に面会し、哀悼の気持ちを伝えた。 親族の広報役を務めるベンジャミン・クランプ弁護士は、「(バイデン氏は)話を聞き、親族の痛みを受け止め、深い悲しみを共有した」とした。また、バイデン氏と親族の面会の写真をツイッターに投稿し、「その思いやりは、悲しむ家族にはとても大切なものだった」と書いた。 https://twitter.com/AttorneyCrump/status/1270063155440496646 バイデン氏のスタッフは、9日の葬儀のためのビデオメッセージも録画する予定だと述べた。 抗議行動は3週目に フロイドさんの死をきっかけに起きた反人種差別の抗議行動は、3週目に入った。首都ワシントンやニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなどの都市で大規模な集会が開催されている。 参加者たちが「黒人の命は大切」、「正義なしに平和はない」などと唱える抗議デモは、1960年代以降では最大規模の反人種差別抗議行動となっている。 6日には、白人至上主義団体クー・クラックス・クランの拠点として悪評の高かったテキサス州の町ヴァイダーでも、抗議行動があった。 抗議行動の大部分は平和的に行われているが、一部で略奪や暴力が発生したと報じられている。ドナルド・トランプ大統領は、鎮圧のために軍を出動すると脅している。 社会不安が収まり出していることを受け、各地で7日、治安維持措置が解除された。ニューヨーク市は、1週間近くにわたった夜間外出禁止令を解除。トランプ氏は、首都ワシントンからの州兵の撤退を開始するよう命令すると述べた。 イギリス・ロンドンやイタリア・ローマなどでも先週末、反人種差別の抗議行動が起きた。 イギリス・ブリストルでは7日、有名な17世紀の奴隷商人エドワード・コルストンの銅像が引きずり下ろされた。 警官による首の圧迫を禁止 今回の事件を受け、警官が首を圧迫することに反対する動きがアメリカの内外で起きている。 ミネアポリス市議会は、警官による首の圧迫を議決により禁止。一方、連邦議会下院では、民主党が警察改革法案を発表した。 先週末に「黒人の命は大切」を合言葉とした抗議行動が開かれたフランスでは、警官が容疑者逮捕の際に首を締め付けることを禁止すると、クリストフ・カスタネール内相が発表した。 フランスの警察監視機関は、警官についての苦情が昨年約1500件に上り、半数近くが警官の暴力に関するものだったと公表した。 フロイドさん暴行死事件の時系列 5月25日――ミネソタ州ミネアポリスで白人警官に首を圧迫され、ジョージ・フロイドさん死亡 5月26日――フロイドさんの死に対する抗議始まる 5月27日――抗議が各地に広がる 5月28日――トランプ氏、略奪者を「ごろつき」とツイート。「州兵を送り込む」、「略奪が始まれば、発砲が始まる」と書いた。ツイッター社は2つ目のツイートを「暴力賛美」として警告を表示した 5月29日――デモ取材中のCNN記者とクルーが生中継中に逮捕される 5月31日――6日目の抗議が各地で続く 6月1日――トランプ氏、事態鎮圧に軍の投入も辞さないと演説。トランプ氏の写真撮影の前に、連邦公園警察などが抗議者を催涙ガスなどで排除 6月2日――8日目の抗議続く。首都ワシントンの各地に州兵配備 6月3日――関与した元警官4人を州司法当局が殺人罪などで起訴 6月4日――ミネアポリスでフロイドさんの追悼式 6月5日――ワシントン市長、ホワイトハウス近くの交差点を「Black Lives Matterプラザ」に命名 6月8日――フロイドさんの地元ヒューストンで追悼式。民主党は警察改革法案を議会に提出 (英語記事 George Floyd murder suspect's bail set at $1.25m)