検索ワード:BBC/4283件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    米誌、トランプ氏が戦死米兵を「負け犬」呼ばわりと報道 トランプ氏は否定 

    2020年09月05日 13:03 公開 米誌アトランティックは3日、ドナルド・トランプ米大統領が戦死した米兵を「負け犬」や「まぬけ」と呼び、なぜ国のために命を落とすのか意味が分からないなどと発言を重ねていたと、複数の政権関係者の話として伝えた。これについて複数の報道機関が裏付けを取ったと報道し、大統領への批判が高まるなか、トランプ氏は内容を全面否定している。 トランプ氏が戦死した米兵を嘲笑したり、戦没者墓地への訪問を嫌がったり、負傷兵について「誰も見たくない」などと発言したりしていたという内容は、最初にアトランティックが伝えた。続いて、AP通信と米紙ワシントン・ポスト、保守派フォックスニュースの記者がそれぞれ、独自に政権関係者から内容の裏付けを得たと報道した。 これに対してトランプ氏は4日の定例会見で、「この国の軍や倒れた英雄たちに否定的な発言を自分がするなど、あり得ない。軍事予算や軍人の給料を自分ほど増やした人間はいないのに」と反論。「ひどい雑誌が作り出した、みっともない状況だ」と批判した。 一方で、複数の退役軍人団体は大統領を批判。進歩派団体「VoteVets(退役軍人、投票を)」は、子供が戦死した複数の家族のビデオを投稿した。「犠牲を払うことの意味を、あなたは知らない」と遺族の1人はトランプ氏を批判している。 「イラク・アフガニスタン帰還兵の会」のポール・リーコフ氏は、記事の内容について「予想外だと、本当に驚いている人などいるだろうか」とツイートした。 11月3日の大統領選で、トランプ氏は退役軍人など軍関係者の支持を必要としているため、今回の報道内容が選挙に影響するかもしれないという指摘もある。 どういう発言が報道されているのか アトランティック誌の記事は、4人の匿名消息筋の話をもとに、トランプ氏が2018年にパリ郊外のアメリカ人戦没者墓地への訪問を中止した理由について、戦没者墓地が「負け犬だらけ」だとトランプ氏が発言していたからだと書いている。 記事によると、トランプ氏は雨で髪が乱れるのを嫌がり、戦死米兵に敬意を払うのは重要ではないと考えていたという。 さらに記事は、このフランス訪問中にトランプ氏が、ベローの森の戦いで戦死した米兵1800人を、「まぬけ」と呼んだと書いている。第1次世界大戦中の1918年6月に米海兵隊が、ドイツ軍のパリ進撃阻止に大きく貢献したこの戦闘は、「ベローウッドの戦い」として、米海兵隊にとって重要なものと位置づけられている。 ホワイトハウスは当時、トランプ氏の墓地訪問中止は悪天候でヘリコプターが飛べなかったからだと説明していた。同様の説明を、ジョン・ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も近著で書いている。ボルトン氏は政権を離れて以降、トランプ氏を声高に批判している1人。 また、トランプ氏が希望する軍事パレードをホワイトハウスが計画する際、トランプ氏は負傷兵を行進に参加させないようスタッフに指示し、腕や脚を失った兵士について「誰もそんなものは見たくないから」と述べたと、記事に書かれている。 記事ではほかに、2017年5年の戦没将兵追悼記念日に、ジョン・ケリー国土安全保障長官(後に大統領首席補佐官)と共にアーリントン国立墓地を訪れた際、戦死米兵たちの墓の前でケリー氏に、「分からないな。このみんなはどういう得をしたんだ」と声をかけたとある。目の前の区画には、アフガニスタンで戦死したケリー氏の息子の墓もあったという。 記事によると、海兵隊将軍でもあるケリー氏自身は取材に応じていない。しかし記事は、ケリー氏の友人の将軍による、「(トランプ氏には)自分ではない誰かのために何かをする人間というのが、想像もつかない」のだというコメントを伝えている。 ケリー氏は2018年12月に政権を去った。 ホワイトハウスの反論は トランプ氏はホワイトハウスの定例会見で、報道内容を「フェイクニュース」と呼び、アトランティック記事の情報源はおそらくケリー氏だろうと述べた。海兵隊将軍のケリー氏が、「(ホワイトハウスの)職務のプレッシャーに対応できなかった」のだと批判した。 また5日には、記事を書いたジェフリー・ゴールドバーグ記者を名指しはしないものの、 「えげつないゲスな記者が、もしかして不満分子と協力し、こんなひどい批判をでっちあげた」とツイート。記事内容を独自に確認したと報道したフォックスニュースの記者については、「ジェニファー・グリフィンはこんな報道をして、クビになるべきだ。電話でこちらのコメントをとることさせしてない。フォックスニュースはおしまいだ!」とツイートした。 フォックスニュースでは別の記者たちが、アトランティックなどの報道内容を政権関係者が否定してると伝えている。 マイク・ポンペオ国務長官は4日、フォックスニュースに対して、戦没者墓地への訪問中止が問題になっているフランス訪問中、自分はほとんど常に大統領に同行していたが、報道されているような発言は聞いていないと述べた。 マーク・エスパー国防長官は政治ニュースサイト「ポリティコ」に対して、トランプ氏は「この国の軍関係者、退役軍人とその家族を、何より敬愛している」とコメントした。ただし、エスパー氏は報道内容を明確に否定はしていない。 ほかにも、メラニア・トランプ夫人やミック・マルヴェイニー大統領首席補佐官、サラ・ハッカビー・サンダース前大統領報道官が、報道内容を否定している。 トランプ氏と軍人 トランプ氏はかねて、自分は軍関係者から絶大な支持を得ていると主張してきた。米ピュー研究所の昨年調査によると、退役軍人の57%がトランプ大統領を全軍の最高司令官としておおむね支持している。また、退役軍人の6割が、自分は共和党支持者だと回答したという。 トランプ大統領と議会の与党・共和党は、軍事予算を拡大させ続けている。 一方でトランプ氏は2016年の大統領選でも、イラクで戦死した米兵の遺族を批判し、強い反発を呼んだ。 2015年には、ヴェトナム戦争中に捕虜となり拷問された故ジョン・マケイン上院議員について、撃墜されるような兵士は「英雄ではない」、「捕虜になるような人間は好きじゃない」と発言し、これも批判された。2018年にマケイン議員が亡くなった際には、ホワイトハウスが半旗をすぐに戻したことが物議を醸した。 2019年2月までトランプ政権の国防長官だったジェイムズ・マティス海兵隊大将は、トランプ大統領が2018年12月にイスラム過激派勢力「イスラム国」(IS)はシリアで敗れたと宣言し、米軍約2000人を撤退させるといきなり発表した直後に、辞任を発表した。 そのマティス氏は今年6月、トランプ氏の「リーダーシップの欠如」を批判する文章をアトランティック誌に寄稿している。 トランプ氏自身は軍で勤務した経験はない。ヴェトナム戦争中は、5回にわたり徴兵を猶予されている。4回は学業が理由で、1回はかかとの「骨棘(こつきょく)」形成が理由だった。骨棘とは、関節の軟骨が硬くなり、「とげ」のようになったもの。 民主党からの批判 退役軍人の批判に加え、大統領選をトランプ氏と争う野党・民主党のジョー・バイデン前副大統領は、トランプ氏は国を率いる「資格がない」と批判した。 「もしこの記事が本当なら、そして過去の発言に照らせばどうやら本当のようだが、まったくもって決定的にひどい。あまりにみっともない」と、バイデン氏は述べた。また、「私の息子はまぬけではなかったし、息子が軍で共に奉仕した人たち、特に帰国しなかった人たちは負け犬ではない」と怒りを込めて強調した。2015年に病死した長男のボー・バイデン氏は、陸軍将校としてイラク戦争に従軍していた。 その上でバイデン氏は、記事内の発言が本当ならトランプ氏は、戦地で子供を失った全ての母親や父親、軍に家族がいるすべての人たち、「おとしめて侮辱したすべての家族」に謝罪すべきだと述べた。 バイデン氏自身はヴェトナム戦争中、学生として徴兵を5回猶予された後、入隊のための健康診断の結果、10代のころのぜんそくが原因で軍務に不適格と判定された。 イラク戦争で両脚を失ったタミー・ダックワース上院議員(民主党、イリノイ州選出)は、「自分のエゴのために米軍を使うのが好きな人だ」とトランプ氏を批判した。ダックワース氏は陸軍のヘリコプター操縦士としてイラクで勤務中の2004年、ヘリの墜落で両脚を失った。 息子をイラク戦争で失い、2016年民主党全国党大会でトランプ氏を批判したところ、トランプ氏に逆に攻撃されたキズル・カーン氏は、「私たちが口にする言葉は、それぞれの魂の中身をのぞかせてくれる窓だ。なので、他人のために自分の命を捧げる人をドナルド・トランプが『負け犬』と呼ぶとき、私たちはトランプの魂の状態を理解する」と話した。 (英語記事 Trump panned over reports he called US war dead 'losers')

  • Thumbnail

    記事

    ロシアの新型ウイルスワクチン、「抗体反応を誘発」=英医学誌

    おり、8種類は最も進んだ第3段階にあるという。 <解説>まだまだ先は長い――フィリパ・ロクスビー、BBCニュース健康記者 「励みになる」、「今のところは順調」。イギリスの科学者の一部はこういった反応を見せている。しかし、ロシア製ワクチンの実用化には、明らかにまだ長い道が残されている。臨床試験の第2段階で、このワクチンを投与された参加者全員に抗体反応がみられたといって、必ずしも新型ウイルスから守ってくれるというわけではない。有効性はまだ証明されていないからだ。 こうした結果から、このワクチンは18歳から60歳までの健康な人の場合、42日間は安全なようだ。試験が実施された期間は42日間なので、分かるのはそこまでだ。では、COVID-19の重症化リスクが最も高い高齢者や基礎疾患のある人たちの場合はどうだろうか。どのくらい安全で、もっと長い期間安全性は保たれるのだろうか。 この答えは、臨床試験参加者が自分が投与されているのがワクチンなのか偽薬なのかを知らない、もっと大規模で長期的な無作為化試験を行って初めて得られるものだ。より多くの人々にワクチンを投与した時にどれほど有効なのか、科学者たちが知ることもできる。 ワクチン開発をめぐっては、開放性と透明性を求める声もある。現在世界中で試されている多くのワクチンの中には、特定の状況下や特定のグループの人に対して、他のワクチンよりも効果を示すものもあるだろう。だからこそ、ワクチンが誰によく効くのかを知ることは、極めて重要だ。1つのワクチンが全ての人に適している可能性は低いので。 (英語記事 Russia Covid-19 vaccine 'triggers immune response')

  • Thumbnail

    記事

    ベイルート爆発から1カ月 生存者発見の希望薄れる

    2020年09月05日 12:37 公開 8月4日に大爆発で多数が死傷したレバノンの首都ベイルートで、爆発から約1カ月後にがれきの中に生存者がいる可能性がいったん浮上したものの、その後の捜索では結果が得られず、希望は薄れている。 南米チリの救助隊が捜索活動を続けるベイルートのマル・ミカエル地区で、災害救助犬が2日夜、がれきの中に生存者がいる可能性を示す動きを見せた。しかし、4日夜まで続いた2日間の捜索では、生存者も遺体も見つかっていない。チリの救助隊は4日夜に捜索をいったん中止した。翌朝また捜索を再開する方針という。 現地報道によると、レバノンの救助隊が捜索を続けている。 チリ救助隊のフランシスコ・テルマンダ隊長は4日午後、深さ3メートルの瓦礫の下で、ゆっくりとした呼吸が検知されたと記者団に話していた。心拍が検知された場所へたどりつくため、捜索隊は3カ所から掘り進めているが、誰かがそこで「生きているか死んでいるか」判断するのは時期尚早だと述べた。 これに先立ち、捜索活動を調整するニコラス・サード氏はAFP通信に、心拍は前日からかなり速度が落ちていると話していた。現場で取材する記者たちは、直近の調べでは何の反応も検知されていないと話している。 現場には多くの住民が集まり、捜索活動を見守っている。その1人のモハマド・フーリさんはロイター通信に、がれきの下で生きていて欲しいのはもちろんだが、たとえ発見されるのが遺体だとしても、それによって遺族にとって区切りとなることが大事だと話した。 ベイルートでは約200人が死亡した大爆発から1カ月の4日、多くの市民が1分間の黙祷(もくとう)を捧げた。港湾地区の倉庫に置かれていた硝酸アンモニウム2750トンが原因となった爆発では、数千人が負傷し、約30万人が家を失った。 レバノン政府によると、爆発から1カ月たった今でも、7人が行方不明だという。 (英語記事 Beirut explosion: Hopes fade in search for survivor)

  • Thumbnail

    記事

    イランの低濃縮ウラン貯蔵量、核合意規定の10倍に IAEAが報告

    2020年09月05日 12:28 公開 国際原子力機関(IAEA)は4日、イランの低濃縮ウランの貯蔵量が2105キロに達し、2015年のイラン核合意で定められた上限の10倍を超えたと発表した。イラン核合意では低濃縮ウランの貯蔵量の上限を300キロとしていた。 IAEAは最新の声明で、イランが「環境サンプルを回収するために、IAEA査察官の立ち入りを許可した」とし、「このサンプルについて、IAEAネットワークの複数の研究所で分析を行う」方針だと述べた。 今月下旬にも2つ目の施設からサンプルを回収するという。 IAEAはこれまで、イランが申告していない可能性のある核物質や核関連活動について回答せず、立ち入り調査を拒否していることを批判してきた。 イランはかねて、自分たちの核開発計画は平和的なものだと主張してきた。 今回の報告に先立ち、イランはかつて核開発が行われていた疑いのある2施設のうち1つについて、IAEAの査察官の立ち入りを許可。核保障措置に関連する未解決問題を解決するため、「誠意を持って」立ち入りに合意したとした。 イラン「核合意を順守しない」 イランは昨年、2015年にイラン、中国、フランス、ドイツ、ロシア、イギリス、アメリカの7カ国で締結された国際的核合意での取り決めについて、意識的かつ公然と放棄し始めた。 核合意では、原子炉燃料だけでなく核兵器にも使用される濃縮ウランについて、イラン国内での濃縮率を3.67%までに留めることで合意した。 アメリカの軍備管理協会によると、核兵器を製造するには、イランは濃縮度3.67%のウラン1050キロを製造する必要があり、その濃縮度を90%かそれ以上にする必要があるという。 専門家たちは、イランが核兵器製造を選ぶなら、濃縮プロセスには長い時間がかかるだろうとしている。 核合意をめぐっては、アメリカのドナルド・トランプ大統領が2018年5月に離脱を表明し、対イラン制裁を復活させた。イランは報復措置として核合意を順守しないと宣言した。 (英語記事 Iran's enriched uranium stockpile '10 times limit')

  • Thumbnail

    記事

    欧州移民危機から5年 救助船で生まれた赤ちゃんは今

    ュエルさんはリビアからイタリアへゴムボートで渡っているところを救助され、その救助船の中で出産した。 BBCのマーク・ロウエン記者が、現在シチリアに住むサミュエルさんを訪ねた。

  • Thumbnail

    記事

    新型コロナウイルス、室内感染を防ぐ5つの方法 換気に注目

    2020年09月04日 12:35 公開 デイヴィッド・シュクマン、BBCニュース科学編集長 秋が近づき、室内にいることが増える中、新型コロナウイルスの感染を防ぐには建物の換気が重要になりそうだ。 新型ウイルスの流行が始まって以来、私たちは手洗いと他人との距離を取るソーシャル・ディスタンシングを奨励されてきた。 しかし科学者や技師は、子どもたちが学校に戻り、オフィスに戻る大人も増えてきた中で、私たちは呼吸する空気にも意識を向けるべきだと指摘する。 (1) 空気がこもっていたら外に出ること もし部屋に入った時に空気がよどんでこもっていると感じたら、換気に問題があるはずだ。 室内に新鮮な空気が十分に入っていない場所では、新型ウイルスに感染する確率が上がってしまう。 最近の研究では、密閉された空間では「エアボーン感染(空気感染)」、つまりウイルスの飛まつが空気中に漂い、感染源になることがあると言われている。 イギリス政府がパンデミック前に出したオフィス環境の指標によると、室内では毎秒1人当たり10リットルの新鮮な空気が必要とされている。この指標は今まで以上に重要だ。 公認建築設備技術者協会の技術ディレクターを務めるハイウェル・デイヴィース博士は、空気がこもっているなと感じたらその部屋から出た方がいいと話す。 また、室内に清潔な空気の流れがあることが重要だと指摘した。 「もし建物内に感染者がいても、外気をたっぷり入れていれば、感染物質を薄めることができる。他の人が感染するリスクを下げることができる」 (2) エアコンを確認すること 暑い夏にエアコンは必須だが、どんなタイプのエアコンなのかをチェックする必要がある。 最もシンプルなのは、壁や天井に設置されている白い箱型のもの。これはスプリット型と呼ばれている。 この形式のエアコンは、部屋の中の空気を取り込んで冷やし、再び室内に戻している。 つまり、室内の空気を循環させているのだ。 こうしたエアコンのある場所は、短時間の滞在なら問題ないものの、長時間いると感染のリスクがあるかもしれない。 中国のレストランで行われた研究によると、この形式のエアコンが新型ウイルスの拡散に一役買っているという。 このレストランを訪れた客の1人が、未発症の感染者だった。 この人物の呼吸や会話によって空気中に放たれたウイルスが、エアコンによって作られた空気の流れに乗って部屋中に拡散したと、専門家はみている。 この結果、レストラン内にいた9人が感染した。 デイヴィース博士はここでも再び、新鮮な外気を入れる重要性を指摘した。 「外気との換気がちゃんとしていれば、感染者が室内にいても、そこから感染する人数は少なくできるはずだ」 (3) 「外気取り入れ量」を確かめる では、窓がはめ殺しになっていることの多い現代建築では、どうやって外気を取り込めばよいのだろうか。 こうした建物では、よどんだ空気を室内から取り除き、屋上などに設置してある屋外ユニットから排出している。 この屋外ユニットから新鮮な外の空気が取り入れられ、屋内の空気と混ぜられ、建物の中に戻っていくという仕組みだ。 新型コロナウイルス感染のリスクを考えると、外気取り入れ量を最大限に上げることが重要だと専門家は指摘する。 英リーズ大学のキャス・ノークス教授は、「外気を100%、あるいはそれに近い値で取り入れるのが良い」と話した。ノークス教授は、イギリス政府の新型ウイルス対策を策定している非常時科学諮問委員会(SAGE)に参加している。 「外の空気を取り入れるほど、建物内でウイルスが循環するリスクを減らすことができる」 外気の取り入れ量は、建物の管理者が決めていることが多い。 取り入れ率を100%にするのはコストがかかる。外気は夏には冷却、冬には暖められてから建物内に入ってくるため、どちらの場合もエネルギーが使われている。 (4) フィルターをチェックする 現代の換気システムにはフィルターがついているが、その遮断能力は決して完璧ではない。 米オレゴン健康科学大学病院での調査では、新型ウイルスの多くはフィルターがキャッチするものの、一部すり抜けてしまうことが明らかになった。 この調査を主導したケヴィン・ファン・デン・ワイメレンバーグ教授は、換気システムのフィルターを調べることで、建物内に感染者がいるかどうかを確かめることができると話した。 韓国では、11階のコールセンターで働いていた1人から、90人が感染した例もある。 フィルターを小まめにチェックすることで、より早く新型ウイルスの存在を発見できるかもしれない。 ファン・デン・ワイメレンバーグ教授は、フィルターから得たデータは、感染対策を「いつ、どこで行えばいいのかを教えてくれる」と説明した。 (5) すきま風に注意 どの分野の専門家に聞いても、室内感染を防ぐには外気が重要だと話す。 しかし、空気の流れをモデリングしている専門家は、そう簡単な話ではないと指摘する。 F1レーシングカーを設計しているニック・ワース氏は現在、スーパーや食品加工企業などに対し、従業員が安心して働けるような空気の流れを助言している。 ワース氏によると、たとえば窓側に座っている人が新型ウイルスに感染していた場合、その窓を開けると、風下いる人たちにウイルスが広がる可能性があるという。 「窓を開けると空気はどこへ向かうか。その流れの先に人がいるのはよくない」 「一般的には外気を多く取り入れる方がいいが、もしその空気にウイルスが含まれていて、平行に流れてしまったら、予期せぬ結果になる」 この理論についてノークス教授に意見を尋ねたところ、外気によって室内の空気中のウイルス濃度が薄まる利益の方が、その他のリスクを上回るだろうと話した。 ノークス教授は、窓を開けることでたとえウイルスにさらされる人数が増えたとしても、その量はずっと少なく、リスクも低くなるとみている。 このように、意見に相違があることは不思議ではない。このウイルスについては、分からないことがまだまだ多い。 それでも、私たちが呼吸する空気をどうするか、それが室内の安全性を高めることにつながるのは確かだ。 (英語記事 Five ways to avoid catching coronavirus indoors)

  • Thumbnail

    記事

    映画「バットマン」新作、撮影を再中断 主役俳優が新型ウイルス感染か 

    2020年09月04日 12:03 公開 映画製作会社ワーナー・ブラザーズは3日、新作映画「バットマン」の撮影を再び中断したと発表した。米メディアは、主演のロバート・パティンソン氏(34)が新型コロナウイルス検査で陽性と判明したためと報じている。 年初からイギリスで進められていた「バットマン」の撮影は、新型ウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)で中断。数日前に、およそ6カ月ぶりに再開されたばかりだった。 ワーナー・ブラザーズは、制作チームの1人が自主隔離していると述べたが、それが誰なのかは明らかにしていない。 同社の広報担当者は、「バットマン制作チームの1人がCOVID-19検査で陽性と判明し、当局の支持に従って隔離を行っている。撮影は一時中断された」と説明している。 一方、米誌ヴァニティー・フェアは、ロンドンで撮影が再開された数日後に、パティンソン氏の感染が確認されたと伝えた。 パティンソン氏はこの件についてコメントしていない。 <関連記事> 米俳優ドウェイン・ジョンソン氏、新型ウイルス感染を発表 現在は回復 大作映画6作、撮影再開へ 新型ウイルス乗り越え 米俳優トム・ハンクスさん、オーストラリアで新型ウイルスに感染 「バットマン」の最新作は2021年6月に公開予定だったが、すでに10月に延期されることが決まっている。 マット・リーヴス氏が監督を務める今作は、パティンソン氏にとって初のバットマン役。同役はこれまで、ジョージ・クルーニー氏やベン・アフレック氏、クリスチャン・ベイル氏など複数の俳優が演じてきた。 パティンソン氏は8月公開(日本は9月公開)のクリストファー・ノーラン監督映画「テネット」にも出演している。 (英語記事 Batman filming halted after 'Pattinson Covid test')

  • Thumbnail

    記事

    子ども5人の遺体を発見、母親は自殺未遂か ドイツ西部の集合住宅

    2020年09月04日 11:34 公開 ドイツ西部ノルトライン=ウェストファーレン州ゾーリンゲンの集合住宅の一室で3日、5人の子どもの遺体が発見された。警察によると、デュッセルドルフ近くの駅ホームで自殺未遂を起こして保護された27歳の女性が、5人の母親。警察は、この女性が子どもたちを殺したとみている。 5人の死因など、詳しい情報は明らかにされていない。 事件は3日午後1時45分(日本時間午後8時45分)ごろの通報で明らかになった。警察がゾーリンゲン市ハッセルデルの集合住宅に向かうと、1歳から8歳までの女の子3人と男の子2人の遺体を発見した。 また、6人目の子どもは保護されたという。この子どもは11歳とみられている。 独ニュースサイト「ビルト」によると、現場から約60キロ離れたメンヒェングラートバッハに住む子どもたちの祖母が警察に通報した。 警察のシュテファン・ヴァイアント報道官は、子どもらの母親は駅で飛び込み自殺を図ったため「重傷を負っており」、警察の監視の下で病院で治療を受けていると説明。 また、「現時点では事件の背景や詳細は分かってないが、これから捜査で明らかにしていく」と述べ、警察は「全力」で捜査に当たっていると話した。 警察は、この母親の聴取ができれば「非常に悲劇的な事件」の詳細が分かるだろうとみている。 事件発覚後、現場の集合住宅の玄関は封鎖され、警察や救急車両が詰め掛けている。現場にはも鑑識の捜査員も出ている。 ゾーリンゲンのティム・クルツバッハ市長はフェイスブックで、この集合住宅を訪問したと発表。 「私にとってはまだ理解できない出来事だ。きょうはゾーリンゲン市民全員が悲しみに暮れている」と述べた。 現場の集合住宅の玄関では、ニュースを知った住民などがおもちゃやろうそくを供えに訪れる姿も見られた。 (英語記事 Germany children deaths: Bodies of five found in flat in Solingen)

  • Thumbnail

    記事

    米ニューヨーク州の黒人男性死亡、関与の警官7人を停職

    2020年09月04日 11:24 公開 米ニューヨーク州北西部ロチェスターで今年3月、武器を持たない黒人男性ダニエル・プルードさん(当時41)が警官に地面にうつぶせで押さえつけられた後、1週間後に死亡した問題で、ロチェスター市長は3日、警官7人を停職処分にした。 ロチェスターのラヴリー・ウォーレン市長は記者会見し、「市議会の助言に反して私は本日、問題になっている警官たちを停職させる。州司法長官に捜査の徹底をお願いする」と述べた。 「私たちの警察、精神医療制度、この社会、そして私自身が、プルードさんにきちんと応えませんでした」と、ウォーレン市長は言い、構造的な人種差別が関係していると話した。 市当局によると、プルードさんの死亡に関して関係者が処分されるのは、今回が初めて。停職処分を受けた警官7人は有給の休職状態におかれる。 <関連記事> 武器持たない米黒人男性、警官に押さえつけられ1週間後に死亡 今年3月 精神的に不安定な状態にあり、小雪の降る深夜に全裸で道路を走っていたプルードさんは今年3月23日午前3時過ぎ、心配する兄の通報を受けた警察に発見された。 遺族の情報公開請求で公表された警察のボディカメラ映像によると、後ろ手に手錠をかけられ、路上に座らされた状態で警官たちを罵倒している。自分は新型コロナウイルスに感染していると告げた上で地面に唾を吐くなどしたため、警官たちが「唾液防止フード」を頭にかぶせた。「唾液防止フード」は、容疑者の唾液から警官を守るためのもの。 プルードさんはその後も、混乱した様子で銃や金を要求するなど声を上げ続け、やがて1人の警官が、プルードさんの頭を両手で押さえつけた。「唾を吐くのをやめろ」と言う様子も、動画に映っている。 約2分間にわたり頭を押さえられていたプルードさんは、その後静かになった。救急車が到着した時点で、警官の1人がプルードさんの肩に触れて「ずいぶん冷たいぞ」と言う様子も、見ることができる。 プルードさんは病院に搬送されたが、1週間後に家族が生命維持装置の停止を決断したため、3月30日に亡くなった。遺族が今月2日になって記者会見し、問題を公表したのは、警察の映像を情報公開請求で入手するのに時間がかかったからだという。 死体検案書の内容 モンロー郡監察医事務所による死体検案書には、「身体的拘束下の窒息による合併症」を死因とする、人為的な致死だと書かれている。 死体検案書はほかに、プルードさんが「興奮したせん妄状態」にあり、作用の強い幻覚剤、フェンサイクリジン(PCP)の激しい影響下にあったことも、要因として挙げている。 市長は市警本部長に「落胆」 ウォーレン市長は、「過去に直面した課題の多くが、私たちがいま直面する課題と同じ」だと、プルードさんの死が示していると話した。 さらに、ロチェスター市警のラロン・シグルタリー本部長から初めて報告を受けたのは8月初めだったと明らかにした。 その際に市警本部長から受けた説明と、公開された警察ビデオの内容は「まったく違っていた」と市長は話した。市警本部長は、薬物の過剰摂取が死因だと説明していたという。 市長は本部長に「個人的に、そして職業人として、深く落胆している」と述べた。処分を検討しているかは明らかにしなかった。 一方でシングルタリー本部長は2日、事案を公表しなかったのは、隠蔽(いんぺい)を意図してのことではないと述べている。 米紙ニューヨーク・タイムズによると、本部長は「これは隠蔽ではない」と述べ、「何らかの医療の介入を要請することが我々の職務で、あの夜はまさにそういう展開だった」と説明している。 ニューヨーク州のレティシア・ジェイムズ州司法長官の事務所が4月に、捜査の継続に着手している。 同州のアンドリュー・クオモ州知事は、「できる限り速やかに」捜査を進めて、結論に至るよう呼びかけた。 8時間前には プルードさんは5人の子供の父親で、シカゴの倉庫で働いていた。警察に取り押さえられた3月23日当時、ロチェスターに住む兄ジョーさんのもとを訪れていた。 警察に拘束される8時間前には、市内の病院で精神状態の診察を受けていた。 ニューヨーク・タイムズによると、シカゴからロチェスターへ向かう電車を降ろされ、ロチェスターに近いバッファロー市のシェルターにいたプルードさんを、ジョーさんが22日に保護して自宅に連れ帰った。ところが、自分を殺そうとしているだろうと責めたり、地下室への階段に頭から飛び込むなどの行動が続いたため、ジョーさんは弟を病院に連れて行った。 診察後、プルードさんはジョーさんを保護監督者としていったん帰宅したものの、再び不安定になり、家から走り出た。このためジョーさんは、警察に通報した。 プルードさんのおば、レトリア・ムーアさんは米AP通信に対し、プルードさんは数年前から、自分の母や兄弟2人の死亡に強い衝撃を受けていたようだと話した。 (英語記事 Daniel Prude: Mayor suspends officers in 'spit hood' death)

  • Thumbnail

    記事

    ベイルート爆発で生存者か 発生から1カ月、「がれき下で心音」の未確認情報

    再開 救助隊は7チームに分かれ、被害を拡大しないよう慎重に、がれきを1つずつ取り除いた。現地取材するBBCのオルラ・ゲリン記者によると、救助隊が小さな音も確認できるよう、静寂を求める声がたびたび上がった。 現地では、赤十字が投光器などの器具を備えたテントを設営。軍や消防当局、救助ボランティアたちも集まっている。 がれきを取り除くクレーンが近くに無く、建物が崩壊する恐れもあるため、夜になって捜索活動は4日朝までいったん中断された。 現場に集まった人々は、手を使ってで捜索を続けると主張。市民が調達したクレーンが現場に到着したほか、チリの救助隊も捜索を再開したという。 地下15メートルの呼吸も感知 8月4日に発生した大規模爆発では、約200人が死亡、30万人近くが住まいを失った。港湾地区の倉庫に置かれていた硝酸アンモニウム2750トンが爆発の原因となった。 危険物が無防備に保存されていたことを受け、市民らは反政府デモで強い怒りを表明。数日間にわたって警官隊と衝突した。レバノン政府はその後、閣僚が総辞職した。 チリの救助隊は今月1日にレバノン入りした。現地の報道によると、同救助隊は深さ15メートル地点での呼吸も検知できる、非常に高感度の器具を持っているという。 一方、レバノンの軍当局は3日、ベイルートの港湾周辺にあるコンテナ4基に、硝酸アンモニウム計4.3トンが入っていることが分かったと明らかにした。特殊チームがコンテナを調査中だという。 (英語記事 Beirut rescuers investigate ‘heartbeat in rubble’)

  • Thumbnail

    記事

    ジョージ・フロイドさんの死から100日、世界はどう動いたか

    2020年09月03日 17:49 公開 人種差別に反対する抗議運動が勢いを取り戻し、植民地時代の象徴は破壊され、メーカーは商品を考え直し、警察の捜査手法にも目が向けられた。 米ミネアポリスで黒人のジョージ・フロイドさんが白人警官に取り押さえられ、亡くなってから100日。 フロイドさんの死が世界にもたらした、さまざまな変化をまとめた。 制作:ライアン・ランゴビン、グラフィック・デザイン:オイフェ・マケナ、パルヴィーン・ヴィルディ

  • Thumbnail

    記事

    台湾、パスポートのデザイン変更へ 中国との混同避けるためと

    か? 台湾の李登輝元総裁が死去 「台湾民主化の父」 蔡総統、「中国は台湾を尊重すべき」 BBC単独会見 「中国からとの誤解を避けたい」 これまでのパスポートでは「REPUBLIC OF CHINA」の文字が表紙の上部にあったが、新しいパスポートではエンブレムの周りに小さな活字で配置される。「TAIWAN」の表記は以前より大きくなり、活字も太くなる。 台湾の呉釗燮(ジョセフ・ウー)外交部長は、新型コロナウイルスの大流行が発生して以来、「台湾の人々は台湾が存在感を増すとともに、中国から来たと誤解されるのを避けたいと思っている」と記者団に話した。 当局によると、各国が新型ウイルス対策として中国からの渡航者を規制するなか、台湾からの渡航者も同様に扱われているという。 新型ウイルスの流行で、中台問題に改めて注目が集まっている。 台湾は新型ウイルス対策で国際的に評価されているが、世界保健機関(WHO)の一員にはなっていない。中国は2016年以降、台湾がWHOの会合に参加することを認めていない。 台湾は国共内戦後の1949年から、選挙による独自の政府や軍隊、通貨をもっている。一方、中国は「一つの中国」政策のもと、台湾は将来、必要なら武力によって、中国の指導下に入るとしている。 台湾を主権国家と認め、外交関係を結ぶ国は少ない。台湾の主権を認める姿勢を見せた国や要人、企業に、中国は激しく反発している。 チェコ議長、米閣僚が訪台 1日には、チェコのミロシュ・ヴィストルチル上院議長が、台湾の立法院(国会)を訪問。「私は台湾人だ」と演説し、台湾への支持を表明した。これは、1963年のジョン・F・ケネディ米大統領による有名な演説、「Ich bin ein Berliner」(私はベルリン市民だ)を念頭に置いたものとみられる。 中国の王毅外相はヴィストルチル氏の訪問について、「一線を超えた」とし、「大きな代償を払う」ことになるだろうと非難した。 8月上旬には、アメリカのアレックス・アザール厚生長官も台湾を訪れ、蔡英文総統と会談した。アメリカと台湾が断交した1979年以降で、最高ランクの米政治家の訪台となった。 中国外務省の報道官は、「中国はアメリカと台湾の公式対話に強く反対する」、「中米関係の深刻な悪化を避けるため、アメリカには『台湾独立』をめぐって誤ったシグナルを送らないよう強く求める」と述べた。 (英語記事 New Taiwan passport shrinks 'Republic of China')

  • Thumbnail

    記事

    FBI、スマート・ドアベルを使った警察監視を懸念か 流出文書で判明

    2020年09月03日 14:13 公開 米連邦捜査局(FBI)が、訪問者をスマートフォンでリアルタイムに確認できる「Ring」などのスマート・ドアベルを使って、何者かが警察を監視しているのではないかと懸念していることが、ハッキングで流出した複数の文書で明らかになった。 複数文書には、2017年に何者かが遠隔で、警察が捜索令状に基づき活動する様子を監視していた事案について書かれている。 この情報は、米オンラインメディア「ザ・インターセプト」がオンライン上で、ハッキングで流出した文書の中から見つけた。 逆にプライバシー擁護派は以前、スマート・ドアベルのデータが警察と共有されるのではないかと懸念していた。 遠隔で「法施行機関の活動を監視」 ハッキングされた文書は「BlueLeaks」と総称されるもので、250以上の警察ウェブサイトから盗まれた。 問題となっている文書は、ホームセキュリティ・システムやスマート・ドアベルが、警察にとってどういう長所と短所があるかをまとめた技術分析報告書だ。 2017年の事案では、捜査されていた側が「法執行官が敷地内にいる間、密かに捜索活動を監視」し、自分の隣人や家主に注意喚起できる状態だったという。 使われていたビデオ・ドアベルのブランド名は記されていない。 企業が情報を共有 米アマゾンのスマート・ドアベル「Ring」は最も人気の高い商品の1つだが、複数の企業が家庭用監視キットと一緒にスマート・ドアベルを販売している。 スマート・ドアベルをめぐってはむしろ、カメラの情報が警察に提供されるのではないかと懸念されていた。 昨年には、アマゾンがアメリカの200以上の警察組織と連携し、同社の「Ring」を介しての監視を許可していたとして批判されていた。この提携関係では、警官は顧客に対し、居住地域での犯罪に関するビデオ映像や情報の共有を求めることができる。 デジタル著作権団体のFight the Futureは当時、「我々の民主的なプロセスと基本的人権が損なわれた」と指摘した。 イギリスでは、ウィルトシャー警察が民間のスマート・ドアベルや防犯カメラのデータベースを構築しており、住民は自分が使う製品の登録を求められている。 (英語記事 FBI worried that Ring doorbells are spying on police)

  • Thumbnail

    記事

    ロヒンギャ、世界最大の難民キャンプで育つ子どもたち

    2020年09月03日 13:25 公開 2017年、ミャンマー軍による迫害を受けたイスラム教徒の少数民族ロヒンギャは、バングラデシュ国境への移動を余儀なくされた。 この迫害で何千人もが亡くなり、今も100万人以上が世界最大の難民キャンプで暮らしている。 このキャンプでは毎年、2万人の子どもが生まれている。 ミャンマーはロヒンギャに市民権やその他の権利を与えてこなかったため、彼らがミャンマーに戻れる可能性はほとんどない。 このキャンプで生まれた3歳のナイームちゃんに話を聞いた。 ビデオ・ジャーナリスト:シャフネワズ・ロッキー、編集:ケヴィン・キム、シャフネワズ・ロッキー、制作:レベッカ・ヘンシュケ、ブルーノ・ガルセス

  • Thumbnail

    記事

    米俳優ドウェイン・ジョンソン氏、新型ウイルス感染を発表 現在は回復

    2020年09月03日 13:06 公開 アメリカの俳優ドウェイン・ジョンソン氏(48)が日本時間3日午前、自身と家族が新型コロナウイルスに感染していたことを明らかにした。 「ザ・ロック」の愛称で知られるジョンソン氏は自分と妻、2人の娘が、きちんと感染対策をとっていたにも関わらず、新型ウイルス検査で陽性だったとインスタグラムで発表した。 陽性結果が出た時は「腹を蹴られたような」衝撃を受けたと話した。 その上で、「自分たちは病気を克服した。もう陽性じゃない。本当にありがたいことに、健康です」と述べた。 ジョンソン氏と妻のローレンさん(35)、4歳のジャスミンちゃん、2歳のティアナちゃんは、約2週間半前に新型ウイルスに感染した。 一家は「家族ぐるみでとても親しくしている友人たち」から感染したが、その友人たちがどこで感染したのかは全く分からないという。 ジョンソン氏はインスタグラムに投稿した動画で、「家族として、これほど大変で厳しい事態は、これまでほかにあまりなかった」と語った。 「自分はこれまで何度か、ひどいけがから立ち直ったり、家から追い出されたり、無一文だったりしたが、COVID-19にかかったのは、全く違う経験だった」 「自分の最優先事項はいつも家族を守ることだ」 「COVID-19にかかった場合、必ずしも回復して健康に戻れるとは限らないと、よく承知している。それだけに、自分たちは本当に恵まれていたと思う」 「一部の政治家などが、マスクを着けるかどうかを問題にして、政策論争の話題にしているが、まったく理解できない」 「これは政治とは関係ない。マスクを着けよう。これは事実だ。正しい行動だ」 米フォーブス誌では、2年連続で世界で最も稼いだ俳優に選ばれている。 ジョンソン氏は父親の後を継いでレスラーになり、活躍した。後に俳優に転身し、「スコーピオン・キング」や「ワイルド・スピード6」、「ジュマンジ」といった大作に多く出演している。 最近では、米フォーブス誌による高収入俳優ランキングで、2年連続で首位となった。2019年6月1日~2020年6月1日の収入は8750万ドル(約93億4000万円)とされ、これには配信大手ネットフリックスのスリラー映画「レッド・ノーティス」の出演料や、自身のフィットネス衣料ブランド「プロジェクト・ロック」からの収入が含まれる。 (英語記事 Dwayne 'the Rock' Johnson and family had Covid-19)

  • Thumbnail

    記事

    トップレス日光浴、フランス内相が擁護 家族連れから苦情が出たが

    2020年09月03日 12:27 公開 トップレスで日光浴をしていた女性たちに、警官が胸を隠すよう求めたのは不適切だった――。フランスの内相はこのほど、そう述べて、女性たちの「自由」を擁護した。 発端は、地中海に面した観光地サントマリーラメールの海岸で8月中旬に起きた出来事だった。 女性3人が上半身裸で日光浴をしていたところ、2人組の警官が近づき、服を着るよう要請した。警官は休暇で訪れていた家族連れから、子どもへの影響が心配だとして対応を求められていた。 これが知れ渡ると、警官への激しい批判が沸き起こった。オンラインでは、「潔癖の波がフランスを席巻しているのか」、「トップレスでの日光浴は禁止されるのか」といった疑問の声が相次いだ。 フランスでは上半身裸で日光浴をすることは違法行為ではない。ただ、地方自治体は服装規定を通して、禁止することができる。 大臣も警察を批判 ジェラルド・ダルマナン内相は、「自由は貴重な必需品だ」とツイート。警察批判に加わった。ただ、「当局が誤りを認めるのは普通のことだ」とした。 ピレネー=オリアンタル警察はフェイスブックでの発表で、「警官は(抗議する家族連れを)なだめたいとの思いから、関係者に事情を説明し、胸を覆ってもらえるか尋ねた」、「今回の行為(トップレスでの日光浴)を禁じる条例は、サントマリーラメールにはない」と説明した。 警察の女性広報官マディ・シュレル氏は、胸を隠すよう求めた警官の対応は「ぎこちないものだった」とツイート。「私はいつも制服を着ているが、サントマリーラメールの海岸ではトップレスの日光浴は認められている」とした。 フランスではトップレスが減少? ウェブサイトVieHealthyの2019年の調査では、トップレスの日光浴は、フランスで以前ほど一般的ではなくなっている。ヨーロッパの国々と比べ、珍しくなってきているという。 同調査によると、トップレスで日光浴をしたことがあると答えたのは、フランスでは女性回答者の22%だった。この比率はスペインでは48%、ドイツでは34%だった。 (英語記事 French minister defends topless sunbathing )

  • Thumbnail

    記事

    ロシア反体制指導者に神経剤「ノビチョク」使用 独政府が発表

    2020年09月03日 12:09 公開 ドイツ政府は2日、こん睡状態に陥り同国で治療中のロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)について、神経剤ノビチョクによる毒殺が図られた「明確な証拠」があると発表した。 アンゲラ・メルケル独首相は記者会見で、ナワリヌイ氏は殺人未遂の被害者だとして、ロシアに国際社会への説明を求めた。 ナワリヌイ氏は先月、ロシア・シベリアを旅客機で移動中に体調が悪化。同国の病院を経て、ドイツ・ベルリンの病院に空輸された。 ロシアにおける汚職やウラジミール・プーチン大統領を激しく批判してきたことから、ナワリヌイ氏の支持者らはプーチン氏の命令で毒が盛られたと主張している。ロシア政府はこの訴えをはねつけている。 <関連記事> こん睡のロシア野党指導者、「毒物中毒の可能性」=ドイツ医師団 こん睡状態のロシア野党指導者、ドイツへ移送 ロシアの野党指導者ナワリヌイ氏がこん睡状態に 「毒を盛られた」可能性も ロシア政府の広報官はドイツ政府に対し、全面的な情報交換を要求。ロシア外務省のマリア・ザハロワ広報官は、ノビチョクの使用を裏付ける証拠がないとし、「事実はどこにあるのか、使われた物質の化学式はどうなっているのか、少なくとも何らかの情報を出すべきでは?」と述べた。 どんな毒物? ノビチョクは、1970~1980年代にソビエト連邦(当時)で開発された神経剤。神経から筋肉への信号伝達を妨げ、全身の機能不全を引き起こす。 液体のほか固体としても存在し、超微細粒子にして拡散することもできるとされる。毒性が強く、効果が30秒~2分で現れる種類もあるという。 元ロシア情報員セルゲイ・スクリパリ氏とその娘が、2018年にイギリス・ソールズベリーで襲われた事件で使われた。スクリパリ親子は助かったが、イギリス人女性が後に病院で死亡した。英政府は、ロシア軍情報当局が襲撃したと非難した。 ボリス・ジョンソン英首相はナワリヌイ氏をめぐる事件について、「とんでもないことだ」、「ロシア政府はナワリヌイ氏に起きたことを説明する必要がある。我々は、正義を実現するため国際社会と協力していく」とツイートした。 ドイツの発表 ドイツ政府が軍研究所の毒物検査の結果を発表した後、メルケル首相は記者会見を開き、「ロシア政府しか答えられず、同政府が答えなくてはならない深刻な疑問」が持ち上がったと述べた。 「誰かが(ナワリヌイ氏を)黙らせようとした。ドイツ政府全体を代表し、最大限の非難を表明する」 メルケル氏はまた、北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)の加盟国に今回の捜査結果を通知したことを明らかにした。加盟国はロシアの反応をみて、一致して適切な対応を決めるという。 ナワリヌイ氏の妻ユリア・ナワルナヤ氏と、ロシアの駐ドイツ大使にも、結果は連絡済みだとした。 国際社会の反応 EUはロシア政府に「透明性のある」調査を要求。「関係者は法で裁かれる必要がある」と声明で述べた。 NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長もツイッターで、調査を要求。アメリカの国家安全保障会議(NSC)は、毒物使用が疑われていることについて、「強い非難に値する」とした。 NSCの広報官は、「私たちは同盟国や国際社会と協力し、証拠に基づいてロシアの関係者の責任を追及するとともに、悪意ある活動の資金を規制する」とツイートした。 ナワリヌイ氏に何が起きた? ナワリヌイ氏は8月20日、ロシア・シベリア西部トムスクからモスクワに向かっていた旅客機内で体調を崩した。同氏の支持者らは、トムスクの空港で飲んだ茶に毒が混入されたとみている。 飛行機は中南部オムスクに緊急着陸し、ナワリヌイ氏はオムスク病院へ搬送された。3日間治療を受けた後、家族の要望を受け、ベルリンのシャリテ病院に移送された。 ロシア政府は、同国の医師団が神経剤の治療に使われるアトロピンを投与したが、毒物が使われた証拠は見つからなかったとしている。 妻のナワルナヤ氏は、ロシアの医師団が、化学物質の検出を防ぐためにナワリヌイ氏の移送を遅らせたとの見方を示した。 シャリテ病院の医師団は、ナワリヌイ氏は回復に向かっているが、人工呼吸器を装着して集中治療室で治療を続けていると述べた。 ナワリヌイ氏はどんな人? 汚職撲滅運動家のナワリヌイ氏は、議員ではないものの、2011年の議会選挙以降、プーチン大統領と幹部への抗議活動を続けている。プーチン大統領率いる与党・統一ロシアを「いかさま師と泥棒の党」と呼び、これまでに何度も逮捕され、禁錮刑となっている。 2011年には、統一ロシアが議会選挙で不正投票を行ったことに抗議し、逮捕。15日間刑務所に入れられた。 2013年にも横領の容疑で禁錮刑となったが、政治的に断罪されたと非難している。 2018年に行われた大統領選では、公金横領事件で有罪判決を受けたことを理由に出馬申請を却下された。同氏はこれは、政治的な意図による判断だと否定している。 2019年7月には、認可のない抗議活動をしたとして30日間の禁錮刑となったが、その最中に体調を崩して病院へ搬送された。 医師は「接触性皮膚炎」と診断したものの、ナワリヌイ氏は自分はアレルギーになったことはないと反発。かかりつけの医師には「何らかの毒物」にさらされた可能性があると診断されたと述べ、毒を盛られた可能性があると話していた。 2017年にも消毒薬を顔にかけられ、右目に化学火傷を負っている。 ロシア政府は昨年、「外国機関」への監視を強化する法律を制定していたが、この中にナワリヌイ氏の反汚職同盟も含まれた。 (英語記事 Russian opposition leader 'poisoned with Novichok')

  • Thumbnail

    記事

    ベラルーシ治安部隊、デモ参加の大学生を狙い逮捕

    欧ベラルーシ。 首都ミンスクで抗議活動を行っていた学生を、治安部隊が暴力で押さえつけ拘束する様子を、BBCのジョナ・フィッシャー記者がとらえた。 撮影:アントン・チチェロフ、リザ・ヴェレイキナ

  • Thumbnail

    記事

    FBI worried that Ring doorbells are spying on police

    2020年09月02日 16:16 公開 Hacked documents suggest that the FBI is concerned some people may be using Ring or other smart doorbells to watch the police. The papers describe a 2017 incident where someone remotely watched live footage of police preparing to serve a search warrant. The information was found online by The Intercept among hacked documents. Previously, privacy advocates have raised concerns about data from smart doorbells being shared with police. The hacked papers, known collectively as BlueLeaks, were stolen from more than 250 police websites. The document in question is a technical analysis bulletin, offering an overview of the opportunities and challenges for police from home security systems and smart doorbells. The 2017 incident describes how someone under investigation was able to "covertly monitor law enforcement activity while law enforcement was on the premises" and alert his neighbour and landlord. It does not name the brand of video doorbell used. Amazon's Ring is one of the most popular, but there are a variety of companies selling smart doorbells along with home surveillance kits. It is an interesting twist on the smart doorbell story. Previously there have been concerns about how much information from private cameras is being shared with police. Amazon was criticised last year for partnering with at least 200 US law enforcement agencies to allow surveillance via its Ring doorbells. Under the partnership, police officers can ask customers to share videos and information about crime in their areas. At the time digital rights group Fight the Future said it "undermined our democratic process and basic civil liberties". In the UK, Wiltshire police have set up a database of private smart doorbells and security cameras, and residents are being asked to register theirs. (英語記事 FBI worried that Ring doorbells are spying on police)

  • Thumbnail

    記事

    イギリス、外務・英連邦・開発省を新設 2省を統合

    2020年09月02日 14:36 公開 イギリスで1日、外務・英連邦省(FCO)と国際開発省(DFID)を統合した外務・英連邦・開発省が新設され、「世界の貧困層」を新型コロナウイルスや飢餓から守ることを掲げ、業務を開始した。 英政府は6月、2つの省を統合すると発表した。この決定をめぐっては、イギリスの影響力を弱め、専門性が損なわれるのではないかとの声が上がっていた。 政府は今回の統合で、イギリスが「世の中のためになる力」になるとしている。 「致命的な脅威に取り組む」 外務・英連邦・開発省の設置を発表する声明の中で、政府は「国民所得の0.7%を支援に費やす」と明かした。与党・保守党の一部議員からは先週末、目標を廃止するよう求める圧力が高まっていた。 新省の設置初日となったこの日、同省を率いるドミニク・ラーブ外相は新型ウイルスと飢餓の問題に取り組むために、1億1900万ポンド(約168億8000万円)を拠出すると発表した。 この資金は、イエメン、コンゴ(旧ザイール)、ソマリア、中央アフリカ共和国、南スーダン、スーダン、西アフリカのサヘル地域の問題に割り当てられるという。これらの国と地域で暮らす人々は、すでに極度の飢餓や紛争あるいは気候変動で苦しんでいたが、新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)の影響で状況が悪化している。 ラーブ外相は、「新型コロナウイルスと飢餓は、世界で最も貧しい国の一部で暮らす何百万人もの人々を脅かし、テロや移民の流入を含む、イギリスに影響を及ぼす直接的な問題を生んでいる」と述べた。 「国際的なイギリスは、世界のためになる役割を担う存在として、手本となってリードし、これらの致命的な脅威に取り組むために国際社会をひとつにしていく。それが正しいことであり、イギリスの利益を保護することになるからだ」 長年の検討の末に ラーブ氏はまた、ニック・ダイアーDFID長官をイギリス初の飢餓防止・人道問題担当特使に任命すると明かした。 外交力と対外援助の専門性を組み合わせることで、イギリスは世界的な課題に取り組むだけでなく、自国の利益も守れるとしている。 FCOとDFIDには統合や分割が繰り返されてきた歴史があり、長年、保守派の中で両省の統合が検討されてきた。 ボリス・ジョンソン英首相は6月に2省の統合を発表した際、イギリスの目標をよりよく反映した援助支出を確保すると議員らに伝え、これは「長年の懸案となっている改革」だったと述べた。 ジョンソン氏はイギリスの援助支出について、「イギリスの利益を全く考慮しない、宙ぶらりんの巨大な現金自動支払機として扱われていた」とした。 元首相らは批判 3人の元英首相、デイヴィッド・キャメロン氏(保守党)、ゴードン・ブラウン氏(労働党)、トニー・ブレア氏(労働党)からは批判が上がった。キャメロン氏は「専門性を損ない」、「最終的に海外におけるイギリスに対する敬意が低下」を意味するなどと指摘した。 英議会下院の国際開発委員会(IDC)は、「衝動的」な動きであり、世界の最貧層が「最大の代償を払うことになる」とした。 労働党のサー・キア・スターマー党首は、省の統合は「気をそらすための戦略」であり、次の総選挙で自分が勝利した場合にはDFIDを復活させると誓った。 (英語記事 Foreign, Commonwealth and Development Office opens)

  • Thumbnail

    記事

    米アップル、「アプリ不要」の新型ウイルス追跡サービスを開始

    2020年09月02日 12:26 公開 レオ・ケリオン、テクノロジーデスク編集長 米IT大手アップルはこのほど、iPhoneユーザーがアプリをダウンロードすることなく、 新型コロナウイルスの接触追跡ができるサービスを開始した。 ユーザーは設定で「Exposure Notifications Express」(ENE)と呼ばれる通知システムを許可すれば、公式のCOVID-19(新型ウイルスの感染症)追跡アプリをダウンロードする必要がなくなる。 このシステムは、ブルートゥース(Bluetooth)を介して検出した他者の携帯電話の14日間のログ情報を保存する。いずれかのユーザーが新型ウイルスに感染していると診断されると、アラートを出す仕組みだ。 地元の公衆衛生当局が通知内容を決定するという。 さらなるガイダンスの提供を受けるには、ユーザーは十分な機能を備えたアプリのダウンロードを求められる可能性もある。 今回のサービスにより、当局は独自のアプリを開発しないで済ませることが可能になった。その場合には、ユーザーは検査センターへ行くよう指示を受けたり、ホットラインに電話してさらなる情報を得るよう指示を受ける可能性がある。 警告メッセージを受けていなかったiPhoneユーザーが感染した場合には、他のユーザーに警告を送ることもできる。しかし、ユーザーはこのプロセスを開始できるアプリを持っていないため、陽性診断を受けた後に公衆衛生当局からスマートフォンに送られてくるテキストメッセージをタップする必要がある。 1日にリリースされたiOS13.7にアップデートすることで、接触追跡サービスが利用できるようになる。 <関連記事> 新型コロナウイルスとの闘い 世界は勝てているのか イギリスで新型ウイルス追跡アプリの試験開始 個人情報めぐり懸念も 豪政府、新型ウイルス追跡アプリを公開 利用呼びかけ コストを抑える ユーザーは設定メニューでExposure Notifications(接触通知)オプションを選び、ENEを許可できる。 一方でこのシステムは、2人の人物がどれくらいの時間、どれくらい近い距離にいれば接触になるのかなど、アラートを生成する基準を保健当局者に依存することになるため、彼らの関与なしでは機能しない。 当局がこのイニシアチブを支援するかどうか決定するまでは、ユーザーは地元の追跡アプリがある場合には代替案としてダウンロードするよう促されたり、「あなたの地域の公衆衛生当局では接触通知システムは開始されていない」などと伝えられたりしている。 これまでに、アイルランドやイギリス・北アイルランド、ドイツ、スイス、日本、サウジアラビア、英領ジブラルタルなど20以上の国や地域、州で、アップルやグーグルの接触追跡の枠組みを基にしたアプリがリリースされている。 英イングランドの国民保健サービス(NHS)による「Test and Trace」(検査・追跡)サービスは現在、テクノロジー大手のアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を基にしたアプリを試している。スコットランドでは、アイルランドのものを基にした独自のサービスを今月下旬にもリリースする予定だ。 アメリカでは、このテクノロジーを採用しているのはわずか6州にとどまっている。開発にかかる時間や維持費を節約できることから、ENEが開始されれば、より多くの場所で導入が促進されるかもしれない。 アップルとグーグルによる「分散型」モデルがどのように展開されたとしても、当局側はどのユーザーが、あるいはどれだけのユーザーがアラートを受けたかを知ることはできない。 同様に、ユーザー側はアラートの要因となったのが誰なのかを知ることはできない。 ユーザーは設定メニューでいつでもENEの利用をやめることもできる。 アンドロイド向け接触追跡サービス グーグルはアップルに追随して、今月下旬にもアンドロイド向けの独自サービスを開始する方針だ。 サービスの名称はアップルのものと同じ予定だ。しかし、アプリが不要なやり方ではなく、自社の基準に基づいて、当局のための基本的な新型ウイルス追跡アプリを作成することを決めた。 このサービスを利用する当局は、希望すれば後の段階で、より精巧な独自のCOVID-19アプリを開発できる。 「ENEはユーザーのプライバシーとセキュリティという、このプロジェクトの中核的信条を損なうことなく、既存の接触追跡事業をテクノロジーで補完するための、別の選択肢を保健当局者に提供するものだ」と、アップルとグーグルは共同声明で述べた。 (英語記事 Apple iPhones can contact-trace without Covid app)

  • Thumbnail

    記事

    モーリシャス重油流出、作業船が転覆し3人死亡

    日本船の座礁現場近く モーリシャス座礁「わかしお」 人工衛星写真で撤去作業の様子明らかに BBCのヤシン・モハブス記者によると、モーリシャスのプラビンド・ジュグノート首相は、首都ポートルイス病院で救出された乗組員を見舞った。その後、救助隊が行方不明者の捜索を行っていると話した。 また、事故の調査も約束した。 モーリシャス政府はこのほか、重油流出の調査委員会の設置を約束している。 多くのモーリシャス国民が、政府の流出対策が不十分だったと話している。また、割れた船体の片方を意図的に沈める決断をしたことにも抗議の声が上がっている。 8月29日に行われたデモには、黒い服を着た数千人が参加。国旗を掲げたり、車のクラクションを鳴らしたりして政府の対応に抗議した。 参加者の黒いTシャツには、「モーリシャスを愛している。この政府は恥だ」などと書かれていた。 デモ参加者の1人はBBCの取材に対し、「船が沿岸に近づいた時、政府は何もしなかった。石油が流出するまでの12日間も何もせず、今では何千人もの人が影響を受けている」と話した。 座礁をめぐっては、わかしおのスニル・クマル・ナンデシュワル船長(58)が、安全な航行を怠ったとして逮捕・起訴されている。 ナンデシュワル船長は声明などを発表していない。 (英語記事 Mauritius oil spill clean-up crew in fatal capsize)

  • Thumbnail

    記事

    仏紙シャルリ・エブド、ムハンマド風刺画を再掲載 裁判開始で

    lie」(私はシャルリ)のハッシュタグが世界中で使われた。 ジェラルド・ビアード編集長は2016年のBBCの取材で、シャルリ・エブドが国際的にシンボルとなったあと、同紙の挑発的で議論を呼ぶ姿勢を批判し、他者の見解や信仰をより尊重するよう求める声が届いていると話した。 (英語記事 Charlie Hebdo republishes Mohammed cartoons )

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、デモに揺れるケノーシャを訪問 破壊行為は「国内テロ」

    っている。この国には、炎と戦うのではなく、火に油を注ぐ大統領がいる」と、バイデン氏は1日に述べた。 BBCのバーバラ・プレット・アッシャー米国務省担当特派員は、ウィスコンシン州は米大統領選の重要な激戦州であることから、トランプ氏がケノーシャ訪問を政治的チャンスとみなしているのはほぼ間違いないと指摘。ケノーシャが人種差別と暴力行為をめぐる論争の新たな中心地になっており、各大統領候補がこの一触即発の問題をどう扱うかが注目されているとした。 なぜトランプ氏はブレイク氏の家族と面会しなかったのか トランプ氏は、警官に背後から銃撃されたブレイク氏の家族と面会しなかった。その理由について、家族が弁護士の同席を望んでいたからだと述べた。 代わりに、ブレイク氏の母親のアフリカ系アメリカ人牧師が会議に参加したことを光栄に思うとした。 シャロン・ウォード牧師は「この問題を解決するために、この会議に黒人が出席するのが重要だと思う」と述べた。 ブレイク氏の父親ジェイコブ・ブレイク・シニア氏は先に、米CNNとのインタビューで、トランプ氏との面会よりも息子の命の方が大事だと述べた。 「私は政治に関わらない。私の息子が全てだ。写真撮影とは全く無関係なことだ」 また、ブレイク氏は依然として腰から下がまひしたままだと明かし、「必死に生きようとしている」と述べた。 ケノーシャ訪問で「憎しみを拡大」 トランプ氏は、ケノーシャのジョン・アンタラミアン市長とウィスコンシン州のトニー・エヴァース知事(いずれも民主党)の反対を押し切って、ケノーシャを訪問した。 アンタラミアン市長は先週末、トランプ氏の訪問について、今は良いタイミングではないとしていた。 「現実的に、我々の目から見れば、現時点での訪問は望ましくない」と、米公共ラジオNPRで述べた。 エヴァース州知事も、「我々の心が癒えるのを妨害」することになるとして、トランプ氏にケノーシャを訪問しないよう警告した。 ケノーシャで育った、マーク・ポーカン下院議員(民主党、ウィスコンシン州)はツイッターで、トランプ氏は「憎しみを拡大するために」ケノーシャを訪問したと述べた。 (英語記事 Trump visits Kenosha to back police after shooting)

  • Thumbnail

    記事

    有名黒人指導者の娘たちが語る 「Black Lives Matter」

    あるのか。3人の有名黒人指導者、キング牧師、マルコムX氏、クワメ・エンクルマ氏(いずれも故人)の娘がBBCに語った。

  • Thumbnail

    記事

    米プロスポーツ選手、なぜプレーを拒んでいるのか?

    2020年09月01日 17:53 公開 アメリカのプロスポーツ界では先週以降、選手やチームが相次いで試合を欠場している。 テニスの大坂なおみ選手も8月26日、翌日に予定されていた米大会「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」の準決勝を棄権すると表明した(その後、大会が延期されたことを受け、28日に準決勝でプレーした)。 背景にあるのが人種差別だ。米ウィスコンシン州ケノーシャでは23日、黒人男性ジェイコブ・ブレイクさんが警官に背後から何度も撃たれる事件が発生。 これがスポーツ選手のボイコット運動につながった。

  • Thumbnail

    記事

    新型コロナウイルス、最近分かった5つの特徴

    2020年09月01日 17:33 公開 新型ウイルスについての最新情報を追うのは難しい。 最近の研究で明らかになった5つの特徴を紹介する。

  • Thumbnail

    記事

    映画「ホテル・ルワンダ」の英雄、テロ容疑で逮捕

    ドガー・ルング大統領から反政府組織への支援を取り付けた疑惑が持たれているという。 ルング氏の報道官はBBCの取材で、この疑惑を否定している。 ルセサバギナ容疑者は2011年にも、ルワンダ国内で国家転覆をたくらんだとして非難を浴びたが、この時は起訴されなかった。 同容疑者は疑惑を否定し、自分に対する名誉毀損の活動だと批判した。 カガメ大統領については、反対派を容赦しないという批判の声がある。これまでにも野党指導者が投獄されたり、亡命を余儀なくされたりした例がある。 これについてカガメ氏は、民族の違いによる紛争を繰り返さないためだとしている。 映画「ホテル・ルワンダ」とは? 「ホテル・ルワンダ」では、首都キガリのオテル・デ・ミル・コリンの副支配人だったルセサバギナ容疑者が、その立場(と賄賂)を使って推定1200人の避難民を虐殺から守った実話を基にしている。 映画では、ドン・チードル氏がルセサバギナ容疑者を演じた。 ルワンダ虐殺の生存者団体「Ibuka」は過去に、ルセサバギナ容疑者が自分の役割を誇張して吹聴していると述べている。 一方のルセサバギナ容疑者は2007年、RPFの一部のメンバーが虐殺に関わっていたとして、国連のルワンダ国際戦犯法廷で裁くべきだと発言した。 ルセサバギナ容疑者はこの時、「私は普通の人間だが、常に人権を守ろうとしてきた」と話した。 「これまで声をあげられなかった何百万ものルワンダ国民の声になろうとしている」 (英語記事 Hotel Rwanda film hero arrested on terror charges)

  • Thumbnail

    記事

    バイデン氏、デモめぐりトランプ氏非難 「混乱の種」まいている

    2020年09月01日 12:39 公開 11月の米大統領選をドナルド・トランプ大統領と争う、野党・民主党のジョー・バイデン大統領候補は8月31日、「無力」で「有害」な指導者であるトランプ氏が国内の暴力行為を「あおっている」と非難した。アメリカ各地では人種差別や警察暴力に抗議するデモが続いている。 バイデン氏はこの日、米大統領選の激戦州、東部ペンシルヴェニア州のピッツバーグで演説し、アメリカは複数の危機に直面しているとし、「ドナルド・トランプの下では、こうした危機は増え続ける」と述べた。 バイデン氏とトランプ氏はここ数日、オレゴン州ポートランドでの人種差別や警察暴力に対する抗議デモで死者が出たことをめぐり、互いを非難しあっている。 トランプ氏は「法と秩序」を自身の選挙キャンペーンの大きなテーマに掲げている。 バイデン氏の主張 バイデン氏は演説で、トランプ氏は「とっくの昔にこの国の道徳的なリーダーシップを放棄した」と述べた。 「彼(トランプ氏)には暴力行為は止められない。そういうことを長年あおってきたからだ」 また、「我々はアメリカで正義を必要としている。アメリカには安全が必要だ。我々は複数の危機に直面しており、ドナルド・トランプの下では、こうした危機は増え続ける」と付け加えた。 「ドナルド・トランプが再選したら、アメリカ国内の暴力行為が減ると信じている人なんているだろうか」と、バイデン氏は人々に問いかけた。 トランプ氏の主張 一方、トランプ氏は11月の大統領選にむけて、自身を法と秩序の候補者として打ち出そうと努めている。そして、反人種差別デモで時折勃発する犯罪行為や暴力行為に対し、民主党とバイデン氏が手ぬるいと主張している。 バイデン氏の演説を受け、トランプ氏はアメリカで起きている抗議デモや暴力行為を「警察のせいにしている」としてバイデン氏を非難した。 「ちょうどバイデンの発言を見たところだ」と、トランプ氏はツイート。「私には、彼(バイデン氏)が暴徒や無政府主義者、扇動者および略奪者よりもはるかに警察の方を非難しているように思える。そういう人物を非難できずにいたのは、急進左派のバーニー・サンダースの支持を失うことになるからだ!」と書いた。 また、「この狂った暴力抗議が起きている州や市の急進左派の市長&知事たちは、自分たちの『ムーブメント』を制御できなくなっている」と投稿した。 <関連記事> デモ続く米ポートランドで1人撃たれ死亡 トランプ氏とバイデン氏が互いを非難 「ワシントン大行進2020」でフロイドさん遺族、警察暴力に抗議 「変化の声に」 警官に撃たれ下半身まひの男性、手錠で病院ベッドに一時拘束 米ウィスコンシン州 バイデン氏はトランプ氏が自分を暴力行為に結びつけたことをあざけり、演説の中で、「私が暴徒に弱い、急進的な社会主義者のように見えるか?」と問いかけた。 また、人種的正義を求める抗議でみられる暴力行為を非難。ジョージ・フロイド氏とジェイコブ・ブレイク氏の家族と個人的に話したと述べ、「こういった暴力行為は彼らに敬意を表するものでも、彼らを称賛するものでもない」と述べた。 バイデン氏はトランプ氏を「秩序を与えるよりも、むしろ混乱の種をまき、我々の国に有害なものをもたらし(中略)我々の民主主義に毒を盛る現職大統領」と呼んだ。 バイデン氏の選挙キャンペーンはこれまで、トランプ陣営に対する主な攻撃として、ホワイトハウスの新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)への対処や、国内で18万人以上がCOVID-19(新型ウイルスの感染症)で死亡している事に焦点を当ててきた。 しかし今回の演説では、公共の安全について疑問を呈すことで、トランプ氏の「法と秩序」のメッセージに真っ向から立ち向かおうとしているとみられている。 3月に新型ウイルスが拡大し始めて以降、バイデン氏はほとんど自宅の近くから選挙活動を行ってきた。しかし今回は珍しく、激戦州のペンシルヴェニア州を訪れた。 複数の世論調査では、バイデン氏はトランプ氏から安定したリードを保っている。 抗議デモの背景 警察は8月31日、ポートランドで同29日に騒乱の最中に撃たれて死亡した男性について、アーロン・ダニエルソン氏と確認した。極右団体「愛国者の祈り」の創設者ジョーイー・ギブソン氏は、ダニエルソン氏について「良い友達で支持者だ」と話したとAP通信は報じた。 この発砲事件が、トランプ支持者の集会と黒人差別に抗議する「Black Lives Matter」運動との衝突に関連したものなのかは、警察は明らかにしていない。 しかし複数メディアは、ダニエルソン氏の死をめぐり、反ファシズム主義者を自称する男が捜査されていると伝えている。 ミネソタ州で5月26日にアフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイド氏が警官に首を圧迫されて死亡した事件をきっかけに、国内外で警察の残虐行為や人種差別に対する怒りが広がっている。ポートランドはそうした抗議デモが勃発する場所となっている。 米ウィスコンシン州ケノーシャでは8月23日、警官が黒人男性を背後から複数回銃撃する事件があり、抗議デモが続いている。トランプ氏は1日にも同市を訪問する予定。 ケノーシャの抗議デモでは抗議参加者に発砲し、3人を死傷させたとして、カイル・リッテンハウス被告(17)が殺人罪などで訴追されている。被告の弁護人は、正当防衛を理由に争う姿勢をみせている。 騒乱で「政治的利益を得ている」 トランプ氏の広報戦略にかかわり、政権発足当初は政権の「顔」のひとつとしてマスコミに対して発言を続けたケリーアン・コンウェイ元上級顧問は最近、トランプ氏が国内の騒乱から政治的利益を得ていると発言した。ホワイトハウスは8月31日、事実ではないと否定した。 「より多くの混沌(こんとん)や無政府状態、破壊行為に支配されればされるほど、公共の安全と、法と秩序において誰が最も優れているか、その選択が非常に明確になる」と、コンウェイ氏は先週、米フォックス・ニュースで述べた。 ホワイトハウスのケイリー・マケナニー報道官は、トランプ氏は「これ以上の暴力行為を少しも支持してはいない」とした。 (英語記事 Biden accuses 'weak' Trump of sowing chaos)

  • Thumbnail

    記事

    中国テレビ局のオーストラリア人キャスター、中国で拘束

    オーストラリア、国家によるサイバー攻撃被害 首相が発表 中国外交官、新型ウイルスの発生源探しをBBCに否定 マリズ・ペイン豪外相は、成氏とテレビ会議システムを通して領事面会をしたと述べた。 豪政府は7月、豪国民が中国で拘束される恐れが高まっていると注意を呼びかけていた。 オーストラリアは、新型コロナウイルスの大流行の起源に関する正式調査を中国で実施するよう求めている。以降ここ数カ月、両国の緊張は高まっている。 31日には、中国がオーストラリア産ワインの輸入について2度目の調査に入ったと発表した。 一方、オーストラリアは先週、地方政府による外国との取り決めを連邦政府が無効にできる法律を計画していると明らかにしていた。中国を念頭に置いた立法とみられている。 豪州に2人の子ども 中国政府は成氏の状況を明らかにしていない。 成氏が拘束されて以降、CGTNのウェブサイトから成氏のプロフィールや記事が削除されている。 豪外務省は成氏の拘束について、8月14日に通知を受けたとしている。 同省は、「オーストラリアの当局者は8月27日、テレビ会議システムを通して、拘束施設にいる成氏と最初の領事面会をした。彼女の家族を引き続き支援していく」との声明を出した。 成氏はオーストラリアに若い子どもが2人いる。豪ABCニュースは、成氏の家族が同氏とここ数週間、連絡を取れていないと伝えた。 家族は声明で、「満足のいく素早い結末」を期待しており、豪当局と緊密に連絡を取っていると述べた。 豪作家も昨年初めから拘束 2019年1月には、中国系オーストラリア人作家・楊恒均(ヤン・ヘンジュン)氏が、中国の安全保障を脅かしたとして中国当局に拘束された。拘束は現在も続いている。 CGTNは、中国の国営放送局・中国中央電視台(CCTV)が所有する、海外向け英語ニュースの放送チャンネル。 中国共産党の管理下で、外国の視聴者向けに放送している。豪シンクタンク・ローウィ研究所は、中国政府がCGTNを使って同国に「好意的な国際世論を形成」し、「世界各地でソフトパワーを向上」させているとしている。 (英語記事 Australian TV anchor detained in China)

  • Thumbnail

    記事

    インドのムカジー前大統領が死去 新型ウイルス検査で陽性

    が、ムカジー氏は在任中に18件の法案を拒否。死刑囚の恩赦拒否も30件と、歴代大統領で最も多かった。 BBCのスーティク・ビスワス・インド特派員は、ムカジー氏は荒波のインド政界の中でも飛び抜けた逸材だったと説明。穏やかな超党派の指導者であり、博学で記憶力にもすぐれ、厳しく合意を形成していく政治家だったと評した。 (英語記事Former president of India dies after Covid diagnosis)

  • Thumbnail

    記事

    アメリカの新型ウイルス感染者、600万人超える

    2020年09月01日 11:07 公開 新型コロナウイルスの感染者が世界最多のアメリカで8月31日、累計感染者数が600万人を超えた。これは、世界の感染者数の約4分の1にあたる。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、アメリカの新型ウイルスの感染者はここ1カ月以内に新たに100万人確認され、8月31日時点で600万人を突破した。これまでに18万3488人が死亡している(日本時間1日午前時点)。 同大は1月21日に米国内の初の感染を公表。それから99日後の4月28日、アメリカの累計感染者数は100万人に到達した。その43日後には200万人に倍増した。 さらに28日後には累計300万人の感染が確認され、そのわずか15日後の7月23日には400万人にまで増加した。その17日後には500万人に達した。 それから22日で累計感染者数が600万人を突破した。 アメリカの1日あたりの感染者数はここ数週間で減少しているものの、依然として感染者数・死者数ともに世界最多だ。 ドナルド・トランプ政権は新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)への対応をめぐり、繰り返し批判を受けている。 しかしホワイトハウスのケイリー・マケナニー報道官は、同国は「世界で最も死亡率の低い国の1つ」であり、「我々の治療法は機能し、命を救っている」と述べ、パンデミック(世界的流行)にうまく対処していると主張した。 他国の状況は 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計では、世界の累計感染者数は2533万8571人で、これまでに84万8203人が死亡している。新型ウイルスに感染したものの無症状で、ウイルス検査を受けていない人が大勢いることから、実際の人数はこのデータよりずっと多いとみられる。 イギリスは8月31日に新たに1406人の感染を確認。前日の1715人からは減少した。 フランス、スペインの8月31日の感染者数も前日と比べて減少がみられたものの、今後人数が修正される可能性もある。 欧州各地では今週に子どもたちの登校を再開するための準備が進められている。 こうした中、世界保健機関(WHO)はワクチンの緊急承認には「相当な重篤度や熟慮」が求められると警告した。 WHOの主任科学者ソミヤ・スワミネイサン氏は、完全な臨床試験なしに治療薬の使用を承認する権利はすべての国にあるものの、「軽々しくすべきものではない」と述べた。 WHOによると、新型ウイルスに有効かもしれない33のワクチンの臨床試験が進められており、さらに143のワクチンについて前臨床評価中という。 インド統計局が31日に発表したデータによると、同国の第2四半期(2020年4~6月)の国内総生産(GDP)成長率は前年同期比23.9%減だった。 オーストラリアの感染流行の中心となっているヴィクトリア州では、222人の感染が報告された。1日の感染者数としては7月18日以降で最も少なかった。 新型コロナウイルス特集 感染対策 基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと 予防方法: 正しい手の洗い方 なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる 社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離 感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは 心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る? 在宅勤務・隔離生活 在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは? 自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと 必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は (英語記事 US tops six million coronavirus cases)

  • Thumbnail

    記事

    黒人のヒーローを演じ……故チャドウィック・ボーズマンさんについて

    2020年08月31日 17:12 公開 大ヒット映画「ブラックパンサー」の主演などで知られる米俳優チャドウィック・ボーズマンさんが、結腸がんのため亡くなった。家族が日本時間29日午前、公表した。43歳だった。 ボーズマンさんは、自分の病気を公表していなかった。 ボーズマンさんはロサンゼルスの自宅で、妻や家族に囲まれて息を引き取ったという。 マーベル映画で初の黒人スーパーヒーローを演じ、多くの子供や若者に「自分と同じような外見の憧れのヒーロー」を提供したボーズマンさんは、「ブラックパンサー」のほかにも、黒人初のメジャーリーグ選手や、黒人初の連邦最高裁判事の青年時代などを演じた。 6月にNetflixで公開された「Da 5 Bloods」では、アメリカの人種差別に激しく怒りながらヴェトナムで戦死する誇り高い米兵を演じた。 将来を嘱望(しょくぼう)されていた名優の急な訃報は、世界中の映画関係者やファンに大きな衝撃を与えた。 「ブラックパンサー」のライアン・クーグラー監督は30日、訃報についてコメントを発表し、ボーズマンさんの病気について自分も知らされていなかったことを明かした。初めて会った2016年からずっと「病気と共に生きていた」ことを、訃報の発表で初めて知ったという。 「チャドは自分のプライバシーをとても大事にしていて(中略)周りを大切にする人でリーダーで、信念と尊厳と誇りの人だったので、自分の苦しみから仕事仲間を守っていた。美しい人生を生きて、素晴らしい芸術を作った」と、監督は書いた。 予定されていた続編「ブラックパンサー2」の準備を重ね、脚本を書きながら昨年を過ごしたというクーグラー監督は、「二度と彼と話をしたり、ビデオやテキストでチャットしたりできない」のが本当に悲しいとして、「これほど鋭い喪失の悲しみは初めてだ」と書いた。 ボーズマンさんが「ブラックパンサー」の他のキャストのオーディションに(大規模映画の主役としては異例ながら)協力したことや、作品をより豊かなものにするため様々な提案を重ねたことなども明らかにした。 「アフリカの色々な文化では、亡くなった大切な人をよく先祖と呼ぶ。その人と血縁のこともあるし、そうでないこともある」とクーグラー監督は書き、ボーズマンさんと会ったときから「自分たちの先祖が彼を通じて語りかけてきた」し、だからこそ偉大な先人をたびたび演じていたのだろうと振り返った。 「辛い気持ちを抱えながら、一度でも彼と共にいられたことを深く感謝しつつ、チャドはもはや先祖になったのだと、その事実を受け止めなくてはならない。また会える時まで、彼はみんなを見守ってくれると承知している」

  • Thumbnail

    記事

    大統領の辞任求める大規模デモ、警察と軍が出動 ベラルーシ

    2020年08月31日 15:48 公開 8月9日の大統領選挙の結果をめぐって抗議デモが続く東欧ベラルーシで、30日も大規模なデモが行われ、数千人が参加した。 アレクサンドル・ルカシェンコ大統領の辞任を求める抗議に対し、警察の機動隊が出動した。 首都ミンスクでは独立広場などを警察が封鎖。内務省は少なくとも140人を逮捕したと発表した。 ベラルーシで26年間、政権の座についているルカシェンコ大統領は、選挙の不正を否定し、辞任の意志はないとしている。

  • Thumbnail

    記事

    抗議と衝突相次ぐ米ポートランドで発砲、男性1人死亡

    2020年08月31日 14:14 公開 黒人差別に抗議する「Black Lives Matter」運動と、それに対抗する勢力との衝突が数カ月にわたり続く、西海岸北部オレゴン州ポートランドでは29日夜、極右団体の支持者とみられる男性が撃たれて死亡した。発砲がデモと関係するものかは、確認されていない。 警察は被害者の身元を公表していないが、現場の映像からは白人男性に見える。 AP通信によると、極右団体「愛国者の祈り」の創設者ジョーイー・ギブソン氏が被害者の身元を特定。それによると、撃たれて死亡したのはアーロン・「ジェイ」・ダニエルソン氏で、「良い友達で支持者だ」とギブソン氏は話したという。 この日のポートランドでは、たくさんの旗を掲げるトランプ支持者約1000人を乗せた車両600台が市街地の外のショッピング・モールに集まった後、車列を組んでポートランド中心部に乗り込んだ。この後、市内各地で衝突が相次ぎ、10人が逮捕された。

  • Thumbnail

    記事

    インド、1日で7.8万人が新型ウイルスに感染 世界最多を更新

    2020年08月31日 13:07 公開 インドで30日、過去24時間で7万8761件の新型コロナウイルスの新規感染報告があり、世界最多を記録した。 インドはアメリカとブラジルに次いで世界で3番目に感染者が多い。これまで1日当たりの新規感染者記録は、アメリカで7月17日にされた7万7299人だった。 インド政府は3月に全国でロックダウン(都市封鎖)を敷いたが、数百万人が失業。現在は経済回復のために制限を緩和しているが、それが感染者増につながっているという。 特に、地方での感染拡大が懸念されている。 <関連記事> 南アジアの新型ウイルス流行、少ない検査が実態を隠しているのか インド、新型ウイルス感染者が200万人超える 3カ国目 米国の新規感染「1日で10万人も」 ファウチ所長が警告 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、30日には世界全体の新型ウイルス感染者数が2500万人を超えた。死者は31日時点で84万5000人超に上っている。最も感染者が多いのはアメリカで、600万人に近づいている。 インドでの感染拡大、原因は? ロイター通信の取材に応えたマノジ・クマル医師(呼吸器科)は、「これは1日に報告された感染件数としては世界最多だ。その原因は、パンデミックが農村部に拡大していることが挙げられる」と話した。 新型ウイルスの流行の初期、インドは厳しいロックダウンを行って封じ込めを成功させたかに見えたが、当時の流行はムンバイやデリーといった大都市にとどまっており、小都市や農村地域には至っていなかった。 感染増加にもかかわらず、インド政府はさらなる制限緩和を推し進めている。 9月からは、マスク着用と物理的距離を取った上で、文化・娯楽・スポーツイベントで100人までの集会が可能になる。 また、大都市では地下鉄の運行も再開される。 インドの大手医療機関メダンタの抹消血管・血管疾患部部長を務めるラジブ・パレク医師はロイター通信の取材で、「人々はいったん感染者数が減ればそれで終わり、闘いに勝ったのだと思った(中略)そして皆がマスクをせずに外出し、距離を取らずに会うようになった」と説明した。 「これこそ、起こしてはいけないことだった」 また、感染報告が十分でないこと、検査範囲が限られていることも問題だと指摘している。 たとえば、インドでの死者6万3000人という数字は、メキシコでの死者とほぼ同数だ。しかしメキシコでの感染者数は59万1000人、インドは350万人と大きな差がある。 インド政府は死者数について、検査で陽性と判明していた人のみを数えており、感染疑いは含めていないという。 検査に関しては、保健慈善団体ウェルカム・トラストとインド生物工学庁の連携を統括するシャヒド・ジャミール医師(疫学)がAFP通信の取材に対し、「インドの検査数は人口100万人当たり3万件と、感染者の多い10カ国の中で2番目に低い数値だ」と指摘している。 モディ首相の反応は? ナレンドラ・モディ首相はラジオでの月例演説を行ったものの、1日当たりの感染者が世界最多となった事実については触れなかった。 モディ首相は国民に対し、ルールを守り、新型ウイルス打倒のために力を合わせるよう呼びかけた。 「全ての市民が健康かつ幸福であることが重要だ。新型ウイルスを完全に打ち負かそう」 「皆さんが安全であること、マスクを着けて2メートルという安全な距離を保つことを守らなければ、コロナに打ち勝つことはできない」 (英語記事 India sets new daily Covid case record)

  • Thumbnail

    記事

    ドイツの新型ウイルス対策抗議デモ、国会議事堂狙った動きに非難

    2020年08月31日 12:26 公開 ドイツ・ベルリンで29日に開かれた、政府の新型コロナウイルス対策に抗議する大規模デモで、一部が国会議事堂になだれ込もうとしたことに対し、各党の政治家から批判の声が噴出している。 抗議デモは約3万8000人が参加。おおむね穏やかに進行した。 国会議事堂前では、ドイツ帝国時代の国旗を手にした極右支持者らが警官隊の警戒線を突破し、階段を駆け上がった。その後、警官隊が退散させた。 この間、デモ参加者と警官隊の間で小競り合いが発生し、警官隊は催涙スプレーを使用。数人を逮捕した。 <関連記事> ドイツで「反コロナ」デモ 新型ウイルス規制などに抗議、300人逮捕 新型ウイルスと「永遠に共存」の可能性 英専門家が警告 ドイツ、感染増加を懸念 南東ヨーロッパも深刻な状況に ホルスト・ゼーホーファー内相は、こうした行動は「容赦の余地はない」と述べた。 警察は、この行動には数百人が関わったとしている。配置されていた警官隊が小規模だったとの批判には、「常時すべての場所にいられる」わけではないと反論した。 どんな反応が出ている? ゼーホーファー内相は、「国会議事堂は議会が開かれる場所であり、私たちの民主主義を象徴する中心的な存在だ。厄介者と過激主義者が自分たちのために不正使用するのは許されない」と述べた。 フランク=ワルター・シュタインマイヤー大統領も、「私たちの民主主義の核心に対する許されない攻撃だ」と非難。 「コロナウイルス対策に怒っている人や、必要性を疑っている人は、堂々と抗議していい。だが、民主主義の敵や政治的な民衆扇動家らに抗議行動者が同調するのは認められない」と述べた。 社会民主党のオラフ・ショルツ副首相らは、極右やドイツ帝国のシンボルが使用されたことを批判した。 29日の主要デモを組織したテクノロジー起業家ミヒャエル・バルウェグ氏は、問題となった参加者らは彼の運動とは無関係だと述べた。 デモではどんなことが? この日の抗議行動は当初禁止されていたが、裁判所は新型ウイルス対策のマスク着用や社会的距離の確保などを順守することを条件に許可を出した。 逮捕者はさまざまな場所で計約300人に上った。ブランデンブルク門前では、石や瓶を投げた右派扇動家ら約200人が逮捕された。 警察は抗議デモがしばらく続いた後、新型ウイルス対策の規則が守られていないとして、解散を命じた。 参加者らはあちこちで密集し、地面に固まって座る場面も見られた。 逮捕者には、料理本の著者で陰謀論者のアッティラ・ヒルドマン氏も含まれている。同氏は拡声器を使って演説をしていた。 ドイツではこれまで、ヨーロッパの他所でみられるような新型ウイルスの増加の波は確認されていない。ただ、このところ感染率は上昇しており、新規感染者数は4月以来の多さとなっている。 誰が組織した? 戦勝記念塔の西側で開かれたデモは、シュツットガルトを基盤とした運動団体Querdenken 711(水平思考711)が主催した。同団体はフェイスブックで1万6000人以上の支持者がおり、暗号メッセージサービスを利用して連絡を取ることが多い。 同団体は、新型ウイルス関連の規制について、ドイツ憲法が規定する基本的権利や自由を侵害するもので、解除すべきだと主張している。 今回の抗議行動には、反ワクチン運動を展開しているロバート・F・ケネディ・ジュニア氏も加わった。同氏は、米民主党の大統領候補に有力視され暗殺されたロバート・F・ケネディ氏の息子で、同じく暗殺されたジョン・F・ケネディ米大統領のおい。 オンラインに投稿されたデモの写真には、陰謀論キューアノン(QAnon)に関係した旗やスローガンが写っている。この陰謀論の主張には、ドナルド・トランプ米大統領が政府や企業、メディア内の悪魔を崇拝するエリート小児性加害者らにひそかに闘いを仕掛けているというものもある。 デモ参加者には親子連れや、ただ抗議したいと思った人の姿もあった。 この日のデモに対抗するデモも開かれ、集会の1つには約100人が参加した。ドイツの放送局RBBは、参加者の一部が、「あなたたちはナチスやファシストと行進している」と大声を上げていたと伝えた。 ドイツの新型ウイルス対策 ドイツの新型ウイルス対策は、特に70歳以上の死亡率を低く抑えている点で、効果が高いと評価されている。 4月上旬には、物理的距離を取る措置を緩和。ただ、感染者の追跡を続けている。今月になり、新規感染者の増加が見られている。 アンゲラ・メルケル首相と16州の当局は27日、マスクが義務化されている場所で着用を怠った場合に50ユーロ(約6300円)の罰金を科す制度を導入。大規模イベントの開催禁止は、年末まで継続された。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計(日本時間31日午前時点)によると、ドイツでは新型ウイルスの感染者が累計約24万3000人確認されている。ヨーロッパの主要国の中では最も少ない。死者は約9300人で、ロシア、イギリス、スペイン、フランス、イタリアの各国と比較してかなり少ない。 新型コロナウイルス特集 感染対策 基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと 予防方法: 正しい手の洗い方 なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる 社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離 感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは 心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る? 在宅勤務・隔離生活 在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは? 自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと 必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は (英語記事 Anger after attempt to storm German parliament)

  • Thumbnail

    記事

    デモ続く米ポートランドで1人撃たれ死亡 トランプ氏とバイデン氏が互いを非難

    2020年08月31日 12:16 公開 人種差別や警察暴力に抗議するデモが続く米ポートランドで男性が撃たれ死亡する事件があり、11月の大統領選を争うドナルド・トランプ大統領と野党・民主党のジョー・バイデン大統領候補は30日、互いを非難しあった。 黒人差別に抗議する「Black Lives Matter」運動と、それに対抗する勢力との衝突が数カ月にわたり続く、西海岸北部オレゴン州ポートランドでは29日夜、男性が撃たれて死亡した。発砲がデモと関係するものかは、確認されていない。 これを受けてトランプ氏はツイッターで、ポートランドのテッド・ウィーラー市長(民主党)の責任だと非難。「いかれた何もしない民主党極左のポートランド市長」とウィーラー氏を呼び、「自分の街のとんでもない死と破壊を傍観」して、「この無法状態が永遠に続くべきだと考えている」と批判。「ばか者が市長のままではポートランドは二度と回復できない」などと書いた。また、バイデン氏については、「いつになったらうすのろジョー・バイデンはアナキストやごろつきやアンティファの扇動者を批判するんだ?いつになったら、ひどい行政で犯罪がはびこる民主党統治の街や州に州兵を投入すべきと提案するんだ?」などと書いた。「アンティファ」とは「反ファシスト運動」の総称。 一方のバイデン氏はツイッターで、「ポートランドで昨夜起きた悲惨な暴力は、容認できない。アメリカの偉大な街の路上で発砲など、容認できない。誰の手になるものだろうと、左派だろうが右派だろうが、あらゆる暴力を私は非難する。ドナルド・トランプにもそうするよう、強く求める」と書いた。さらに、「ドナルド・トランプはもう4年近く、大統領をしてきた。この国の空気は前より厳しく、緊張の度合いを強め、分断も深くなっている。彼がアメリカ大統領としての仕事ができないせいで、私たち全員の安全が損なわれている」と批判した。 市長は反発 全米でも特にリベラルな伝統の強いポートランドのウィーラー市長はこうした中、「復讐(ふくしゅう)を求めてポートランドに行くつもりだなどとツイッターで発言している皆さん、来ないでいただきたい」と制止した。 さらにトランプ氏の批判に対しては、「憎悪と分断を作り出した」のはトランプ氏だと反発。「我々を支えるのでないなら、邪魔だからどいていていただきたい」と強い調子で反論した。 オレゴン州の地元メディアによると、ウィーラー市長については、急進左派の間からも、事態沈静化のための対応が不十分なので、辞任すべきだという声が上がっている。 トランプ氏がケノーシャ訪問へ トランプ大統領をはじめ与党・共和党は、5月下旬にジョージ・フロイドさんが白人警官に首を押さえつけられて死亡して以来、各地で続く抗議デモと暴力が、バイデン政権になれば悪化して国が滅びると警告している。これに対してバイデン氏や民主党は、近年続いた国内の暴力や分断はトランプ政権の責任だと非難している。 ポートランドでは、昨年夏にも極右集団と極左「アンティファ」の活動家が衝突し、複数の逮捕者が出た。フロイドさんの死後にも、警察暴力に抗議するデモとそれに対抗する極右集団との衝突が続き、連邦政府は事態鎮圧に所属が明記されていない完全防備の連邦職員を投入し、デモ参加者を令状なしで拘束するなどしたため、民主党やリベラル勢力の強い反発を招いた。 トランプ大統領は9月1日にも、ウィスコンシン州ケノーシャを訪問する予定。ウィスコンシン州は大統領選の激戦州であると同時に、ケノーシャでは23日に黒人男性が警官に至近距離の背後から7回銃撃され、これに対する抗議が激化。25日に抗議者に発砲し3人を死傷させたトランプ支持者の17歳少年が、殺人罪などで起訴されたばかり。 州知事はトランプ氏に、「あなたが来れば、地域の回復を妨げるだけ」だろうと、訪問を控えるよう呼びかけたが、ホワイトハウスは大統領訪問を敢行する方針を示している。 土曜夜の発砲事件 ポートランド市警によると、29日夜に警官たちが市内で銃声を耳にしたためかけつけると、胸を撃たれた被害者を発見した。 地元メディアのオレゴン・ライブによると、被害者の近くには「迷彩服」や、警察への応援を意味する「細い青線のワッペン」などが見つかったという。アメリカでは警官の青や水色の制服から、「青」や「細い青線」が警察の象徴として使われることがある。 被害者と一緒にいた男性を警察が制止しようとしている様子の映像も、報道されている。 この発砲事件が、市内各地で起きていた衝突と関係するか、警察は断定していない。 AP通信によると、極右団体「愛国者の祈り」の創設者ジョーイー・ギブソン氏が被害者の身元を特定。撃たれて死亡したのはアーロン・「ジェイ」・ダニエルソン氏で、「良い友達で支持者だ」とギブソン氏は話したという。 この日のポートランドでは、たくさんの旗を掲げるトランプ支持者計約1000人を乗せた車両600台が市街地の外のショッピング・モールに集まった後、車列を組んでポートランド中心部に乗り込んだ。この後、市内各地で衝突が相次ぎ、10人が逮捕された。 (英語記事 Portland protests: Trump and Biden clash over street violence)

  • Thumbnail

    記事

    日本の人種差別問題、「Black Lives Matter」で浮き彫りに

    2020年08月30日 15:08 公開 アンドレアス・イルマー、BBCニュース 多くの日本人にとって、黒人に対する人種差別はアメリカやヨーロッパで起きているもの、日本国内では起きていないものと考えられてきた。 しかし5月末にアメリカで黒人男性のジョージ・フロイドさんが拘束中に白人警官に殺され、「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」を掲げた抗議の波が起こったとき、日本でもその運動に加わる人が出てきた。 大都市で行われた抗議活動やデモ行進をきっかけに、日本国内の人種差別についても議論が巻き起こっている。 <関連記事> 人種差別的な友人のSNS、返信するべきかフォローを外すべきか 日本の大晦日お笑い番組で黒塗りメイク 怒りと反発も 黒人が日本で暮らすとどういう感じ? 醜悪な固定観念 公共放送のNHKは6月、ジョージ・フロイドさんの死を受けてアメリカで何が起きているのかを、日本の視聴者に説明するアニメを作成した。 若者向けの番組で放映されたそのアニメでは、抗議に参加する黒人を醜悪な固定観念の下、非常に人種差別的に表現していた。誇張された筋肉と怒りに満ちた表情、後方には強盗を働く人の姿も描かれていた。 このアニメに対する評価は、おおよそネガティブなものだった。駐日アメリカ大使館は、このアニメは「侮辱的で配慮に欠けるもの」だと批判した。 アフリカ系アメリカ人のバイエ・マクニールさんは、日本に16年住み、教師や作家、コラムニストとして活躍している。 マクニールさんはNHKのアニメについてツイッターに「これ以上(NHKの)怠惰な言い訳は受け入れられない。黒人にまつわる問題について無知だったと言っておきながら、その問題やBlack Lives Matterについて、誰の助言も受けずに、侮辱的な人種差別発言を行う権利があると思っている。助言が必要なら、私たちがここにいる。でもこのひどいアニメは受け入れられない」と投稿。黒人の問題に対する無関心さを批判した。 https://twitter.com/BayeMcneil/status/1270120920531656705 NHKは後になってこの件について謝罪した。また、マクニールさんのツイートが注目を集めていたことから、彼を招いて問題について話し合った。 マクニールさんはその後、NHKの全従業員に話す機会を得たが、その時の経験は「非常に興味深いものだった」という。 「たくさんの素晴らしい質問を受けたが、そこからは多くの日本人が、なぜブラックフェイス(黒塗り)やホワイト・ウォッシング(白人化)が問題なのかを知らないということが浮き彫りになった。誰かがこうやって説明することが本当に大事だと思った」 ブラックフェイスは、黒人以外が化粧などで黒人の外見を誇張して真似る行為。ホワイト・ウォッシングは、映画などで有色人種の役柄を白人が演じるなど、白人が優遇されている状況を指す。 どちらも人種差別を助長する行為として、近年批判の対象になっている。 マクニールさんのツイートは、賛否両論を巻き起こした。マクニールさんによると、近しい友達や生徒からは、発言を受け止め、歓迎する声が多かった。また、マクニールさんの日本での経験について興味を持った、教えてほしいという言葉も聞かれたという。 一方でマクニールさんは、日本で受けた日常的な人種差別についても指摘した。 「間違いなく、アメリカよりも日本の方が安全です」とマクニールさんは語る。 「アメリカにいたら受けるであろう警察による暴力などはない。でも毎日ちょっとした差別にあい、それが蓄積していく。日常的に部外者扱いされるのは厳しいものがあります」 日本の外国人嫌悪、「人種や民族による」 マクニールさんは自分の経験について、日本で「ハーフ」と呼ばれる、日本人と日本人以外の両親から生まれたバイレイシャル(二重人種)の人々の経験とそう変わらないものだと話す。 さらに、日本にある外国人嫌悪は、ひとつの分かりやすい形が全ての非日本人に当てはめられる、というようなものではないと指摘した。 「どんな血が流れているかによって、その経験は異なる」とマクニールさんは話す。 「白人の血が流れていれば、モデル事務所から声がかかってちやほやされる。でも片方の親が韓国人や黒人だった場合、話は全く変わってくる」 たとえば、日本人の母親とアフリカ系アメリカ人の父親を持つ宮本エリアナさんは2015年、「ハーフ」として初めてミス・ユニバース日本代表に選出されたが、インターネットで日本代表にはふさわしくないと攻撃を受けた。 ハイチ人の父親と日本人の母親を持つテニスの大坂なおみ選手も、日本で人種差別の標的にされている。 昨年1月には、日清食品がPRアニメで大坂選手の肌の色を実際よりも白く描いて「白人化」したと批判され、謝罪した。また、日本の漫才コンビ「Aマッソ」がイベントで、大坂選手は「漂白剤が必要」などと差別発言をし、やはり所属事務所が謝罪した。 大坂選手は、日本とアメリカの両方で積極的に人種差別反対を唱えている。 今月27日には、米ウィスコンシン州で黒人男性ジェイコブ・ブレイクさんが警官に銃撃された事件を受け、ニューヨークで開催されている「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」の準決勝を棄権すると表明した。 その後、米テニス協会(USTA)、男子プロテニス協会(ATP)、女子テニス協会(WTA)は、27日の試合は行わず、28日に同大会を再開すると発表。「テニス界は一体となって、人種不平等と社会的不公正に反対する」と述べた。 こうした動きを受け、大坂選手は28日に試合に出場し、決勝へと勝ち進んだ(決勝はけがで棄権)。 「こうした例を見ると、日本の一般大衆はまだバイレイシャルの日本人を受け入れる準備ができていないように思えます」とマクニールさんは話した。 日本政府による統計では、バイレイシャルの人も「日本人」として記録されている。日本人が日本を人種的に均質な国だと思い、その枠組みに容易にはまらない隣人の存在に気付いていないのは、こうしたことが原因だという。 https://twitter.com/naomiosaka/status/1298785716487548928 歴史的な黒人差別 岐阜大学のジョン・ラッセル教授(人類学)はBBCの取材に対し、黒人に対する人種差別は「さまざまな形で日本社会に浸透している」と話した。 19世紀、長く鎖国をしていた日本にアメリカが開国と貿易を迫った時、アメリカ海軍は日本の外交官をミンストレル・ショーでもてなした。ミンストレル・ショーとは、アメリカで20世紀初頭まで行われていた、白人がブラックフェイスで演じる踊りや芝居のことだ。 その後、東京の繁華街では1930年代まで、ヴォードヴィル(流行の曲などを取り込んだ軽演劇)の中で日本人がブラックフェイスを行っていた。当時人気だったコメディアンの榎本健一、通称エノケンも、1920~30年代に何度かブラックフェイスを行っている。 「日本のこうした歴史は、事実、アメリカと同じくらい長い」とラッセル氏は指摘する。アメリカよりも規模は小さく、アメリカ社会とのつながりもないものの、黒人に対する固定観念はずっと続いてきたのだという。 旧来のメディアが持つこうした視点への批判を、ソーシャルメディアが展開してきた部分もある。しかしそれは「玉石混交」だとラッセル氏は話す。 「人種差別に関する対話を促進するものだが、人種差別そのものを助長してもいる。SNSが、辛辣(しんらつ)な言葉を表面化させる場となっている」 たとえば、大坂選手がインターネット上で受け取る攻撃などがそれに当たるという。 「こうした状況が変わることを願っているが、どれほど楽観的でも、慎重にならざるを得ない」 「変化はまだまだ先になる」 マクニール教授の講義に出席している別役睦子さんは、「人種差別について議論するのはタブーとされている。でも21世紀となった今、こうした事柄も話さなければいけない」と話した。 別役さんは、自分の周りにいる人たちは似たような意識を持っている一方、「(人種差別について)考えたこともない人、まったく意識していない人、自分とは関係ないと思っている人もいる」と話した。 別役さん自身は、ジョージ・フロイドさんの事件の前から黒人に対する差別を認識していたと言う。しかし、日本で人種差別の議論があると、それは大抵の場合、中国人や韓国人に対する外国人嫌悪との関連だと話す。 同じ講義を受けている秀島日登美さんもこれに賛同した。 「日本では長い間、中国人と韓国人に対する差別がある」 一般的な日本人がメディアから受け取る人種差別の話題は、とても表面的で、内容も浅く、背景や歴史認識の欠けたものだという。 「日本のメディアはBlack Lives Matterをアメリカの問題としてしか扱っていない」と秀島さんは言う。アメリカで起きている一連の抗議活動によって、日本でも人種差別に対する認識が変わり始めるかもしれないが、そういった楽観的な考えはあまり聞かれない。 「認識は少し変わるかもしれないけれど、その変化が目に見えるようになるにはまだまだかかると思う」 (英語記事 Black Lives Matter pushes Japan to confront racism)

  • Thumbnail

    記事

    モーリシャスで大規模デモ 重油流出の対応で政府に辞任要求

    ったと話している。また、割れた船体の片方を意図的に沈める決断をしたことにも抗議の声が上がっている。 BBCのヤシン・モハブス記者の現地取材では、デモに参加した女性が「真実を知りたいからここに来た」と話した。 「船が沿岸に近づいた時、政府は何もしなかった。石油が流出するまでの12日間も何もせず、今では何千人もの人が影響を受けている」 この日は、ロンドンやパリ、豪パースなどでも、在外モーリシャス人が抗議活動を行った。 政府は重油流出の調査委員会の設置を約束している。 座礁をめぐっては、わかしおのスニル・クマル・ナンデシュワル船長(58)が、安全な航行を怠ったとして逮捕・起訴されている。 ナンデシュワル船長は声明などを発表していない。 イルカの大量死はなお原因不明 海岸に打ち上げられた39頭のイルカについては、まだ死因が分かっていない。 専門家はうち2頭を調査し、サメがかみ付いた跡が残っていたと報告。一方、重油に含まれる炭化水素の痕跡は見つけられなかったとしている。 環境保護活動家は、「わかしお」から流出した重油か、当局が貨物船の一部を海に沈めたことが原因だと主張している。 観光業が主要産業となっているモーリシャスでは、新型コロナウイルスの流行とそれによる外国人観光客の減少に加え、重油流出が大きな痛手となっている。 (英語記事 Huge protest in Mauritius over oil spill)

  • Thumbnail

    記事

    ベラルーシ、BBC記者などの取材許可を取り消し 抗議デモ続くなか

    くの外国メディア記者の取材許可を無効にした。 取材許可を失ったのは、同国内とロシアの記者10人以上。BBCのロシア語サービスの記者2人のほか、ラジオ・リバティ(チェコ)、AFP(フランス)、ドイチェ・ウェレ(ドイツ)の記者らに影響が及んでいる。 BBCは声明で、「独立したジャーナリズムの抑圧を最大限」非難するとした。 <関連記事> プーチン氏、ベラルーシに治安部隊派遣も 混乱が「制御不能になれば」 ベラルーシで大規模抗議、厳重警備も10万人集結か 大統領は防弾チョッキ姿 ベラルーシ大統領、視察先で「出て行け」と野次 大統領選めぐり反発強まる ベラルーシでは29日、新たなデモが行われた。これまでの一連のデモは、1994年から権力を握るアレクサンドル・ルカシェンコ大統領に有利になるように、大統領選で不正があったと広くみられたことをきっかけに始まった。 29日は女性数千人が首都ミンスクに結集。手にした旗や花を振りながら「連帯の行進」をし、ルカシェンコ政権の退陣を求めた。中にはベラルーシの伝統的な服を着て参加する女性もいた。 デモには機動隊が出動し、数人を逮捕した。この日は国内の他の場所でも、小規模な集会が開かれた。30日もデモが開催され、騒然となることが予想されている。 英外相も非難 BBCはベラルーシ当局に、記者の活動を認めるよう要求。 「ベラルーシ国民にとって、国内の現象について公平で独立した情報を得るのは重要だと、私たちは考える。BBCロシア語は週500万人以上に情報を届け、今回の大統領選後の政情不安において、ベラルーシとロシアの人々の主要なニュース源になっている」と述べた。 ベラルーシ政府の広報官は今回の措置について、テロリズム対策部門の勧めに従ったものだとAFP通信に説明した。 イギリスのドミニク・ラーブ外相は、「ベラルーシ当局はBBCニュースや国内外のメディアを標的にし続けており、同国での取材許可を取り消した。ベラルーシ外務省によるものだ。報道の自由に対する明確な攻撃を非難する」とツイート。 https://twitter.com/DominicRaab/status/1299738335867437063 オーストリア外務省も、客観的な報道をあからさまに抑圧するものと批判した。 取材許可の取り消しは、抗議デモを前にBBCを含む複数の報道機関の記者がミンスクで拘束されてから数日後に発表された。 内務省は、記者らは身元照会のため警察署に連行されたと述べた。一方、連行されたBBCのスティーヴ・ローゼンバーグ記者は、「抗議イベントの報道を妨害しようとしたのは明らかだ」と話した。 ベラルーシの状況 今月9日の大統領選で対立候補となったスヴェトラーナ・チハノフスカヤ氏は、選挙後にリトアニアに出国し、抗議行動を呼びかけている。 ベラルーシでは前例のない反政府デモが続いており、主要国営企業の労働者もストライキを実施している。当局は数千人を逮捕しており、警官隊による残忍な暴力行為も数多く報じられている。 これまでに少なくとも4人が死亡、数百人が負傷している。 欧州連合(EU)とアメリカなどは、大統領選は自由・公正なものではなかったとして結果を受け入れていない。EUは、選挙不正や反政府運動の弾圧に関わったとみなした当局者に対し、制裁を準備している。 (英語記事 Belarus cracks down on journalists covering unrest)

  • Thumbnail

    記事

    脳のチップとコンピューターが連動 マスク氏がブタでの実験を披露

    シルヴァニア大学コーディング研究所(バイオエンジニアリング・神経科学研究所)のアリ・ベンジャミン氏はBBCの取材に対し、この技術の障害物となるのは人間の脳の複雑さそのものだという見解を示した。 「神経の動きを記録したら、ニューラリンクはそれを解析する必要がある。どんなに多く記録を取っても、基本的な脳の働きへの理解がなければ、いつかは壁にぶつかるだろう」 マスク氏はテスラで電気自動車を、スペースXで民間宇宙飛行の実現を目指し、人々の関心をとらえてきた。 一方で、マスク氏の壮大なプロジェクト構想に対し、実際には計画の実現に長い時間がかかっているとの指摘もある。 (英語記事 Elon Musk unveils pig with chip in its brain)

  • Thumbnail

    記事

    ドイツで「反コロナ」デモ 新型ウイルス規制などに抗議、300人逮捕

    2020年08月30日 12:21 公開 ドイツ・ベルリンで29日、政府の新型コロナウイルス対策に抗議する大規模デモがあり、警察は参加者約300人を逮捕した。 デモには約3万8000人が参加。ほとんどは平和的に、大通りを行進するなどした。 集会の1つでは約200人が逮捕された。当局は、右派の扇動者たちが石や瓶を投げていたとしている。 欧州の他都市でもこの日、新型ウイルスはでっち上げだと主張する同様のデモが開かれた。 <関連記事> パリでマスク義務化、フランスは「否定できない感染増加」 新型ウイルスと「永遠に共存」の可能性 英専門家が警告 ドイツ、感染増加を懸念 南東ヨーロッパも深刻な状況に イギリス・ロンドンのトラファルガー広場には数千人が集まり、新型ウイルス関連の規制やの第5世代移動通信システム(5G)をめぐって抗議。「マスクは猿ぐつわだ」、「新しい日常=新しいファシズム」といったプラカードを掲げた。 フランス・パリ、オーストリア・ウィーン、スイス・チューリヒでも同種のデモが開催された。 ドイツで何があった? ベルリンのブランデンブルク門前では、警察が1つの集団に対し、安全規則に従っていないとして解散を命令。参加者らが石や瓶を投げたため、約200人を逮捕したとしている。 ベルリンの警察はツイッターで、「残念だが他に選択肢はなかった」、「これまでの対応では規則に従わせることができなかった」と述べた。 抗議デモ参加者らはあちこちで密集し、固まって地面に座り込む場面もあった。 この近くでは、約3万人が平和的な集会を開催。抗議の演説をした。 拡声器を使って演説をしていた、料理本の著者で陰謀論者のアッティラ・ヒルドマン氏らが逮捕された。 ドイツではこれまで、ヨーロッパの他所でみられるような新型ウイルスの増加の波は確認されていない。ただ、このところ感染率は上昇しており、新規感染者数は4月以来の多さとなっている。 どんな人たちが参加? ベルリン市のアンドレアス・ガイゼル内相は、大通りのウンター・デン・リンデンにあるロシア大使館前に集まったデモ参加者らを「右派の過激派」とし、警官7人が負傷したと述べた。 国会議事堂前では、デモ参加者の一部が警戒線を突破。警官隊は催涙スプレーを使って追いやった。 ドイツのニュースサイト、ドイチェ・ウェレによると、デモの群衆の中には極右を支持する旗やTシャツが見られた。 戦勝記念塔の西側で開かれたデモは、シュツットガルトを基盤とした運動団体Querdenken 711(水平思考711)が主催した。同団体はフェイスブックで1万6000人以上の支持者がおり、暗号メッセージサービスを利用して連絡を取ることが多い。 同団体は、新型ウイルス関連の規制について、ドイツ憲法が規定する基本的権利や自由を侵害するもので、解除すべきだと主張。 8月1日にベルリンで開いた抗議デモには、極右主義者や、新型ウイルスの感染症COVID-19は存在しないと考える陰謀論者を含む数千人が参加した。 今回のベルリンの抗議行動には、反ワクチン運動を展開しているロバート・F・ケネディ・ジュニア氏も加わった。同氏は、米民主党の大統領候補に有力視され暗殺されたロバート・F・ケネディ氏の息子で、同じく暗殺されたジョン・F・ケネディ米大統領のおい。 オンラインに投稿されたデモの写真には、陰謀論キューアノン(QAnon)に関係した旗やスローガンが写っている。この陰謀論の主張には、ドナルド・トランプ米大統領が政府や企業、メディア内の悪魔を崇拝するエリート小児性加害者らにひそかに闘いを仕掛けているというものもある。 デモ参加者には親子連れや、ただ抗議したいと思った人の姿もあった。 ベルリン在住のステファン(43)と名乗る男性はAFP通信に、「極右主義者には同調しないが、基本的な自由を守るために来た」と述べた。 この日のデモに対抗するデモも開かれ、集会の1つには約100人が参加した。ドイツの放送局RBBは、参加者の一部が、「あなたたちはナチスやファシストと行進している」と大声を上げていたと伝えた。 ドイツの新型ウイルス対策 ドイツの新型ウイルス対策は、特に70歳以上の死亡率を低く抑えている点で、効果が高いと評価されている。 4月上旬には、物理的距離を取る措置を緩和。ただ、感染者の追跡を続けている。今月になり、新規感染者の増加が見られている。 アンゲラ・メルケル首相と16州の当局は27日、マスクが義務化されている場所で着用を怠った場合に50ユーロ(約6300円)の罰金を科す制度を導入。大規模イベントの開催禁止は、年末まで継続された。 メルケル氏は、「新型ウイルスとは今後長期にわたって共存しないとならない。まだ深刻な状況だ」とし、冬にかけて厳しさが増すとの見方を示した。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計(日本時間30日午前時点)によると、ドイツでは新型ウイルスの感染者が累計約24万2000人確認されている。ヨーロッパの主要国の中では最も少ない。死者は9297人で、ロシア、イギリス、スペイン、フランス、イタリアの各国と比較してかなり少ない。 新型コロナウイルス特集 感染対策 基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと 予防方法: 正しい手の洗い方 なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる 社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離 感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは 心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る? 在宅勤務・隔離生活 在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは? 自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと 必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は (英語記事 Hundreds arrested in German 'anti-corona' protests)

  • Thumbnail

    記事

    【寄稿】 安倍晋三氏とそのレガシーとは ナショナリストか現実主義者か

    2020年08月29日 19:14 公開 ジョン・ニルソン=ライト博士、ケンブリッジ大学および英王立国際問題研究所(チャタム・ハウス) 歴史を修正するナショナリストか、それとも実践的な現実主義者か。戦後日本で最も長く総理大臣を務めた安倍晋三氏が残すもの、辞任後のその「レガシー」について、日本内外で専門家の評価が分かれている。 批判する人たちにとって安倍氏とは、第2次世界大戦中の日本の行動をともかくそれほど深刻なものではなかったことにしたい高齢保守層の態度を象徴しつつ、トラブルの要素をはらんだ過剰に強気の外交を展開しようとする存在だった。 一方で支持者にとって安倍氏は、世界における日本の地位を向上させた総理大臣だった。国として当然の正当な意欲と、世界3位の経済大国としての影響力を上手に調和させ、国益を実現しようとした人ということになる。 実際には、この両方の「安倍晋三」像はどちらも正確だ。 国内外で日本の誇りを取り戻そうとする、本能的に保守派な政治家として、安倍氏は約8年の在任期間中、一貫して日本の国としてのアイデンティティと歴史的伝統の強化に取り組んできた。 たとえば、日本の市民生活における天皇の地位をあらためて追認した(新しい『令和』の時代を先導し、とりわけ2019年4月の明仁天皇退位と新天皇即位の手はずを整えた)。高校の教科書に掲載されていた、過度に自己批判的な歴史記述を削除し、戦後の憲法改正を模索した(最終的には頓挫したが)。 このナショナリスト的アジェンダ(政策目標)は主に国内的なものだった。 対照的に外交では(安全保障政策であれ経済政策であれ)、典型的なプラグマティスト(実践主義者、実用主義者)を貫いた。 既存の同盟関係(特にアメリカとの同盟関係)を強化した。相手が民主国家だろうが独裁国家だろうが、相手のイデオロギーを問わず、地域や世界のアクター(行為主体)と新しいパートナーシップを構築した。 安倍氏の首相としての功績は、多くの政治家と同じように、幸運と、選挙における抜け目のない計算とタイミングがもたらしたものだ。 国政選挙で6連勝(2012から衆院選で3回、参院選で3回)した背景には、まず日本で野党が弱くばらばらなことがある。加えて安倍氏は、イデオロギーにこだわらない有権者、対外冒険主義よりも国内の安定を重視する有権者に経済繁栄をもたらそうととことん注力した。それも選挙連勝の要因だった。 安倍氏の成功は、戦後の日本政治で典型的な合意型政治からいきなり脱却するより、むしろ段階的で漸進的な改革によって実現した(ある程度改革派だった2000年代の小泉純一郎氏や1980年代の中曽根康弘氏も、同様だった)。 安全保障政策では多数の重要分野で、この綿密で漸進主義的アプローチが成果を生んだ。 その中には、2013年の国家安全保障会議(NSC)創設や、2014年の特定秘密保護法の成立と自衛隊の限定的な集団的自衛権の行使の容認、毎年の防衛費増額(安倍政権下で13%増加した)、F-35ステルス戦闘機やヘリコプターが搭載可能な海上自衛隊のいずも型護衛艦など、日本の戦力投射能力を向上できる軍事機材の獲得――などが含まれる。 つい最近では、河野太郎外相がアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの5カ国の機密情報ネットワーク「ファイブ・アイズ」に日本が参加する可能性を意欲的に語っている。これは、安倍氏の「積極的平和の追求」というアプローチが、日本の外交政策におけるニューノーマル(新常態)になっていることの表れだ。 ドナルド・トランプ米大統領と親密な関係を維持し、何事にも交換条件を要求する大統領のいじめ戦術を、外交を通じて一部でも相殺できた。これも成功として、評価されるべきだ。 アメリカの多くの同盟国と同様に、日本も防衛費の増額や米軍駐留経費の支援を求める圧力にさらされている。これには、変わりがない。しかし、圧力は受けていても、安倍氏は国を弱体化させる貿易戦争を回避した。同盟関係の基盤は強固なままだ。 さらに外交政策全般を見渡せば、安倍氏は日本外交を大胆に革新者したし、戦略的な思考能力の持ち主であることを実証してきた。外で起きることに受身だったり、米政府の主導におとなしく従うのがほとんどだった、過去の総理大臣とは、そこがはっきり違っていた。 安倍首相のもとでのこうした変化は、インドやオーストラリアとの新たな戦略的パートナーシップや東南アジア諸国との防衛協定、イギリスやフランスとの野心的な二国間の外交・防衛パートナーシップ、さらには太平洋とインド洋にまたがる様々な国との経済や安全保障政策の調和を目的とした、新たなインド太平洋構想の明確化などに反映されている。 安倍氏による外交政策の刷新と同様、大胆な多国間や二国間の通商協定も多数実現した。そのために首相は、農業関係者をはじめとする重要な国内支持基盤と対峙(たいじ)しなくてはならなかった。 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(TPP11)の強化で決定的役割を果たし、2019年には欧州連合(EU)との画期的な貿易協定を確保した。2018年には中国と多数の金融・開発協定を交渉した。 安倍氏は、中国がもたらす戦略地政学的な脅威を強く認識している。これは賢明なことだ。それでも地政学的な脅威があるからといって、習近平国家主席とのプラグマティック(実践的、実用的)な協力機会が阻害されるようなことは許されなかった。 プラグマティズム(実践主義、実用主義)は、安倍氏の目玉政策だった「アベノミクス」の裏付けでもあった。アベノミクスとは、金融、財政、投資喚起や社会保障などの構造改革という「3本の矢」を打ち出した、国内経済対策だ。 しかしここでの成功は、実体を伴ったというよりは見た目優先だった。これは、政策の実行と同じくらい、メッセージ発信を重視した安倍政権の方針に合致している。 企業や消費者心理の変化という問題を反映して、日本の今年の4~6月期における実質国内総生産(GDP)は485兆円(年率換算)。2012年末の第2次安倍政権から間もない2013年1~3月期の504兆円から減少している。 様々な成果を実現してきたものの、安倍氏の国内支持率は昨年から低下していた。消費税率を8%から10%に引き上げたことや、政権で相次ぐ汚職疑惑などの不祥事、女性活躍推進を打ち出した「ウーマノミクス」の中途半端な実現、さらには何より、新型コロナウイルス対策が、支持率低下を引き起こした。新型ウイルスの影響で2020年の東京五輪が延期されたことも、国民をがっかりさせた。 首相と内閣の支持率が、2012年以来最低水準の30%台半ばで推移するようになったことからしても、持病が再発した安倍氏が辞任を選んだことは、決して意外ではない。 特に「悲願」と呼んでいた改憲や、ロシアとの北方領土問題の解決など、自分が重視していたいくつかの政策課題を、実現できないままの辞任は、本人にとっても無念に違いない。 「ポスト安倍」については、短期的にはそれなりの安定が続くはずだ。衆参両院で安定多数を確保し、2021年秋まで総選挙を実施する義務のない現状では、自由民主党の権力基盤は磐石だからだ。 ただし、安倍氏の後継争いはすでに始まっている。かねて安倍氏と党内でライバル関係にある石破茂元防衛相は、早くも総裁選出馬に意欲を示している。 国民の間で石破氏の人気は高く、経済格差の是正を呼びかけるその政策方針も、世間の幅広い支持を得やすいはずだ。 しかし、次の首相になる総裁を選ぶのは、自民党員だ(おそらく国会議員と地方代表を含む)。党員の選択はおそらく、様々な要素に影響される。 たとえば、つなぎ候補として(特に反対される要素がないとみられる)岸田文雄元外相や、党内実力者の菅義偉官房長官を選んでおくのも、効果的かもしれない。 順当な選択肢のほかには、(派閥の党内影響力が弱い)河野太郎防衛相や、有権者人気は今も高いが39歳という若さが不利かもしれない小泉進次郎環境相などが、ワイルドカードになり得る。 日本が直面する経済や安全保障の課題について、安倍氏は本当に具体的な成果を残した。それだけに、どの候補もその点については安倍氏の貢献を認め、活用しようとするだろう。辞意を発表した安倍首相の成功は、緩やかに拡大する実践的なものだった。これは自民党の政治的伝統と合致していたし、今後の指導者にとっても、最も安全で政治的に問題の少ない基盤となる。新首相はいずれ迎える総選挙に先駆けて、イデオロギーに縛られずに政党や候補者を吟味(ぎんみ)する日本の有権者を前に、その信頼を再構築して増強ししていかなくてはならないのだから。 安倍氏はナショナリスト的な野心を抱きはしたが、実際にはその一部しか実現できなかった。それよりもむしろ、安倍氏が残した現実的でプラグマティックな成果こそ、今後最も長続きするレガシーとなるのだろう。 (英語記事 Defining Shinzo Abe and his legacy)

  • Thumbnail

    記事

    米俳優チャドウィック・ボーズマンさん、がんで死去 映画「ブラックパンサー」主演の43歳

    2020年08月29日 12:35 公開 大ヒット映画「ブラックパンサー」の主演などで知られる米俳優チャドウィック・ボーズマンさんが、結腸がんのため亡くなった。家族が日本時間29日午前、公表した。43歳だった。ボーズマンさんは、がんと診断されていたことを公表していなかった。 ボーズマンさんはロサンゼルスの自宅で、妻や家族に囲まれて息を引き取ったという。 家族はボーズマンさんのツイッター・アカウントなどで、訃報を発表した。「2016年にステージ3の結腸がんと診断され、ステージ4に進行したこの4年間、闘病を続けていた」という。 「チャドウィックは本物の闘士で、何もかも耐えぬき、皆さんが本当に愛するようになった数々の映画を皆さんにお届けしました」と家族は書き、2017年の「マーシャル 法廷を変えた男」から、今年6月にネットフリックスで公開されたスパイク・リー監督作「Da 5 Bloods」に至るまで、「どれも、数え切れない手術や化学療法の最中と合間に、撮影されたものです」と明らかにした。 「彼にとって『ブラックパンサー』でトゥチャラ王に命を吹き込むことができたのは、俳優人生において特に光栄なことでした」と、家族は書いている。 https://twitter.com/chadwickboseman/status/1299530165463199747 ボーズマンさんは、2013年の「42 〜世界を変えた男〜」で黒人初の大リーグ選手、ジャッキー・ロビンソンを演じ、2014年には「Get On Up」で米ソウル音楽の第一人者、ジェイムズ・ブラウンを演じて注目された。2017年の「マーシャル」では、1967年に黒人初の米連邦最高裁判事になったサーグッド・マーシャルを演じた。 主演した2018年のマーベル映画「ブラックパンサー」は、世界的に大ヒットし、マーベル作品として初めて米アカデミー賞の作品賞候補になり、作曲、美術、衣装などの部門で受賞した。 ライアン・クーグラー監督を筆頭に、キャストのほとんども黒人の作品だった「ブラックパンサー」が、世界全体で13億ドルの興行収入を上げる大ヒット作になったことは、それ自体が文化的にきわめて重要な到達点と評価された。 「ブラックパンサー」は、「世界最高峰の科学技術力を持ちながら、世界にそれを伏せているアフリカの国ワカンダと、その若きトゥチャラ王」や、アフリカ大陸のダイナミックな自然と色彩と文化、王を支える仲間たちの姿を、激しいアクションと豊かな情感、多重的で手堅い脚本、優れた映像と演技と演出によって、総合的に描きだした。特に、自分と同じような外見のヒーローやヒロインを初めて大画面で見た多くの子供たちに、勇気を与えたとされる。 ボーズマンさんは昨年、「ブラックパンサー」は「才能ある若い黒人」であることの意味を変えてくれたと話していた。 他のマーベル映画でも同じ役を演じていたほか、2022年公開予定で「ブラックパンサー2」が計画されていた。 「ブラックパンサー」で繰り返される合言葉、「ワカンダ」国に忠誠を誓う「ワカンダ・フォーエバー(ワカンダよ永遠に)」が、ハッシュタグ「#WakandaForever」となり、ツイッターでトレンド入りしている。 これまで、がんの診断を公表していなかっただけに、ボーズマンさんの訃報は世界中の映画関係者やファンに衝撃を与えている。しかし今年に入って、体重が目立つほど落ちている様子に、多くのファンは体調を心配していた。 マーベル映画の公式ツイッターアカウントは、「私たちは大変心を痛めており、私たちの思いはチャドウィック・ボーズマンの家族と共にあります。あなたの伝説は永遠に語り継がれます。安らかに休んでください」とツイートした。 https://twitter.com/MarvelStudios/status/1299541916531355648?s=20 監督が追悼 「ブラックパンサー」のライアン・クーグラー監督は30日、訃報についてコメントを発表し、ボーズマンさんの病気について自分も知らされていなかったことを明かした。初めて会った2016年からずっと「病気と共に生きていた」ことを、訃報の発表で初めて知ったという。 「チャドは自分のプライバシーをとても大事にしていて(中略)周りを大切にする人でリーダーで、信念と尊厳と誇りの人だったので、自分の苦しみから仕事仲間を守っていた。美しい人生を生きて、素晴らしい芸術を作った」と、監督は書いた。 予定されていた続編「ブラックパンサー2」の準備を重ね、脚本を書きながら昨年を過ごしたというクーグラー監督は、「二度と彼と話をしたり、ビデオやテキストでチャットしたりできない」のが本当に悲しいとして、「これほど鋭い喪失の悲しみは初めてだ」と書いた。 ボーズマンさんが「ブラックパンサー」の他のキャストのオーディションに(大規模映画の主役としては異例ながら)協力したことや、作品をより豊かなものにするため様々な提案を重ねたことなども明らかにした。 「アフリカの色々な文化では、亡くなった大切な人をよく先祖と呼ぶ。その人と血縁のこともあるし、そうでないこともある」とクーグラー監督は書き、ボーズマンさんと会ったときから「自分たちの先祖が彼を通じて語りかけてきた」し、だからこそ偉大な先人をたびたび演じていたのだろうと振り返った。 「辛い気持ちを抱えながら、一度でも彼と共にいられたことを深く感謝しつつ、チャドはもはや先祖になったのだと、その事実を受け止めなくてはならない。また会える時まで、彼はみんなを見守ってくれると承知している」 「とてつもない才能」 マーベル映画で共演している米俳優マーク・ラファロさんは、「今年相次ぐたくさんの悲劇が、チャドウィック・ボーズマンを失ったことで、ますます深刻なものになった。それしか言えない。なんて人で、なんてとてつもない才能だったんだろう。兄弟、君は時代を超えた偉大な1人で、これからますます偉大になる、そのスタートにさしかったばかりだった。神様が愛してるよ。力と共に休んで、王様」とツイートした。 https://twitter.com/MarkRuffalo/status/1299541402800533505 米俳優ドウェイン・ジョンソンさんも、「愛の中で休んで、兄弟。君の光を輝かせてくれて、その才能を世界と共有してくれて、ありがとう」とツイートした 米民主党の副大統領候補、カマラ・ハリス上院議員は、「本当につらい。友人で同じバイソン(2人が同窓のハーディング大のスポーツチーム名)のチャドウィック・ボーズマンは才能あふれる、優しくて学識豊かで、謙虚な人でした。あまりに早く逝ってしまったけれども、その人生は世界に変化をもたらしました」とツイートした。 https://twitter.com/KamalaHarris/status/1299545362479411201 ボーズマンさんの最後のツイートは、ハリス氏が副大統領候補に選ばれたことを喜び応援する内容だった。ボーズマンさんが演じた黒人初の連邦最高裁判事、サースグッド・マーシャルは、ハリス氏が最も尊敬する人物としてあげる1人でもある。 米ジャーナリストのクリント・スミスさんは、「ブラックパンサーの衣装を着た自分の3歳の息子のことを、ずっと考えている。買ってもらったらほとんど毎日着ていて、脱ごうとしなかった。息子はそのままそこらじゅう『僕がブラックパンサー』だと言って歩き回っていた。どれだけ喜んでいたことか。チャドウィックが僕たちにくれたものは、計り知れない。なんてとてつもない喪失だ」とツイートした。 ボーズマンさんと「ブラックパンサー」の功績については、大勢が同様の思いをそれぞれにソーシャルメディアに書きこみ、ボーズマンさんの死去を悼んでいる。 サウスカロライナ州で1976年、内装業を営む父と看護師の母の間に生まれたボーズマンさんは、伝統的に黒人が通うアメリカの大学の中でもトップクラスのハワード大学で、映画演劇の演出術などを学んだ後、英オックスフォードの夏季演劇コースに奨学金を得て参加。後に、この奨学金を提供したのが米俳優デンゼル・ワシントンさんだったと判明した。 帰国後は、ニューヨークの映画学校を卒業した後、ニューヨークで演劇活動を続けた。2008年にはロサンゼルスに移り、映画俳優を目指した。 2018年には母校ハワード大学の卒業式に出席し、黒人など少数民族が大半の学生を前に、「この中には、大学そのものに抵抗した人もいるでしょう。皆さんの多くはこれからハワードを離れて、人を差別したり、片隅に追いやったりする歴史をもつ制度や組織に入ることになる」と述べた。 「ここで皆さんが、愛する大学に抵抗して闘ったこと自体、皆さんがこれから入る世界をより良くするために、自分が得た教育を有効に活用できるという、そのしるしです」と、ボーズマンさんは後輩に語りかけていた。 https://twitter.com/FallonTonight/status/969071212197396480 (英語記事 Chadwick Boseman: Black Panther star dies of cancer aged 43)

  • Thumbnail

    記事

    警官に撃たれ下半身まひの男性、手錠で病院ベッドに一時拘束 米ウィスコンシン州

    、複数の逮捕状はすでに取り消され、ブレイク氏を監視していた警官たちは病室から出て行ったと明かした。 BBCはキャファティ弁護士にコメントを求めたが、回答は得られていない。 <関連記事> 米ウィスコンシン州の抗議参加者3人殺傷、17歳を起訴 米警官に撃たれた黒人、「奇跡」なければ歩行は困難=弁護団 ブレイク氏の家族の主張 地元紙シカゴ・サン・タイムズによると、ブレイク氏の父親は入院中の息子を見舞った後、「息子が手錠でベッドにつながれて横たわっているのは耐えられない」と記者団に述べた。 「息子は(まひがあって)どこにも行けないのに。なぜベッドに手錠でつながなければいけないんだ」 これに先立ち、ケノーシャ警察のダニエル・ミスキニス本部長は記者団から、ブレイク氏が病院内で拘束されているのか尋ねられた。ミスキニス本部長は同氏が「外部の法執行機関」の監視下にあると述べるに留まった。 ケノーシャ郡保安官局のエリック・クリンクハマー氏はBBCに対し、「ブレイク氏には銃撃事件以前に犯した重罪について、逮捕令状が出ているので拘束している。我々の拘置所以外で身柄を確保されている者は、誰でも(手錠などで)拘束し行動を制限するのが決まりだ」と述べた。 ウィスコンシン州のトニー・エヴァース知事は記者団から、ブレイク氏が手錠で病院のベッドにつながれていたことについて、気がかりかと問われると、「もちろんだ」と答えた。 「なぜそんなことが必要なのか、個人的には理解できない」とし、「(ブレイク氏は)7回か8回も撃たれた。すでに恐ろしい代償を払っているのは間違いない」とした。 ケノーシャのジョン・アンタラミアン市長は28日、ケノーシャ郡のデイヴィッド・ベス保安官とケノーシャ警察のダニエル・ミスキニス本部長の辞任は求めないと述べた。 「経緯をみれば、誰もがこの状況の中で最善を尽くしていると言える」とした。 市長は同日、市全域での夜間外出禁止令は来週まで続くと述べた。 同市には州兵1000人以上が配備されており、当局はさらに増員する方針という。 抗議デモで発砲、3人死傷で17歳が訴追 こうした中、この銃撃事件に対する抗議デモの最中に参加者に発砲し、3人を死傷させたとして訴追された17歳少年の法廷審問が9月25日に延期されたと、AP通信が報じた。カイル・リッテンハウス被告(17)は28日、イリノイ州レイク郡の裁判所に出廷し、ウィスコンシン州への身柄引き渡し要請の審問に応じる予定だった。 リッテンハウス被告は、第1級故殺罪、第1級過失致死罪、18歳未満による危険な武器の所持など6つの罪に問われている。 被告は、抗議デモからケノーシャの建物を守るのが「自分の仕事」だと、報道陣に話していた。 被告は事件の翌日に、現場から州をまたいだイリノイ州の母親の家で逮捕された。 群衆の中で3人を死傷させたとされる被告が、なぜ拘束されず現場を離れられたのか、記者団がケノーシャ警察のミスキニス本部長に質問したところ、本部長は「この人物が犯罪行為に関与したと、うかがわせることは何もなかった」と説明。大勢がいて混乱した現場から被告が離れるのを警察が容認したのは、判断ミスではないと思うと述べた。 ロイター通信によると、ドナルド・トランプ米大統領の顧問弁護士ルディ・ジュリアーニ氏や、トランプ陣営の外交顧問だったカーター・ペイジ氏らを顧客に抱える、ロサンゼルスの著名なピアス・ベインブリッジ法律事務所が、リッテンハウス被告を弁護している。 (英語記事 Paralysed Jacob Blake 'released from handcuffs')

  • Thumbnail

    記事

    「ワシントン大行進2020」でフロイドさん遺族、警察暴力に抗議 「変化の声に」

    2020年08月29日 11:41 公開 アメリカ公民権運動の一環で人種差別撤廃を訴えた1963年の「ワシントン大行進」と同じ8月28日、数万人が同じようにワシントンのリンカーン記念堂の前に集まった。警官の暴行でジョージ・フロイドさんを亡くした遺族は、フロイドさんの代わりに声を上げ続けるよう参加者に呼びかけた。 フロイドさんの妹、ブリジット・フロイドさんはこの日の集会で、「私の兄は今日、声を上げられません。代わりに私たちがその声になり、変化を推進しなくてはなりません」と呼びかけた。ジョージ・フロイドさんが5月下旬に白人警官に暴行され死亡したことを機に、人種差別や警察暴力に抗議する動きが全米に広がり、欧州などにも飛び火した。 1963年のワシントン大行進では、アメリカの黒人に参政権など平等な市民権を求める公民権運動のさなか、故マーティン・ルーサー・キング牧師を筆頭に、約20万人がワシントンを行進した。この時にキング牧師が有名な「私には夢がある」演説を、リンカーン記念堂から行った。翌年にはアメリカで人種差別を禁止する歴史的な1964年公民権法が成立し、1965年には投票における人種差別を禁止した1965年投票権法が成立した。 その大行進を記念する今回の行進は、「決意の行進:我々の首からその膝を外せ」と名づけられた。警官がフロイドさんの首を自分の膝で8分46秒間抑え続け、死亡させたことに言及したもの。 行進にはフロイドさんの家族のほか、警察によって死亡もしくは負傷した黒人の家族が複数参加。キング牧師が演説したのと同じ場所から口々に人種平等の実現を求め、そのために11月の大統領選・連邦議会選で投票するよう呼びかけた。 ウィスコンシン州ケノーシャで23日に、警察に至近距離から背中を7回撃たれた黒人男性、ジェイコブ・ブレイクさん(29)の父親、ジェイコブ・ブレイク・シニアさんは、この集会はアメリカの人種差別を裁いているのだと演説。アメリカの人種差別への評決は「有罪、有罪、有罪!」だと繰り返した。 「良心の連立」復活 この日の行進は、黒人活動家アル・シャープトン師と、キング牧師の長男、マーティン・ルーサー・キング3世さんが主催した。 キング3世さんは、「私の父が『良心の連立』と呼んだものが現代によみがえった」と述べ、「目的と情熱をもって前進すれば、1960年代にあれだけ勇敢に始まった運動を、我々が完成させられる」と訴えた。 野党・民主党のアヤナ・プレスリー下院議員(マサチューセッツ州選出)は、黒人アメリカ人のこれまでの「犠牲と自己決定が歴史を形作り、私たちをこの瞬間へと導いてくれた」と先人を称え、「私たちは、大文字Bで始まるBlackだ」と表明。「私たちはこの運動を体現する存在。私たちは、社会的、政治的、文化的前進のシンボルです」と強調した。 民主党の副大統領候補、カマラ・ハリス上院議員(カリフォルニア州選出)はバーチャルに出席。両親が公民権運動に参加し、人権運動に熱心な母親に育てられたハリス議員は、過去の公民権運動の指導者たちをたたえ、「先祖たちのために行進し、自分の子供たちや孫たちのために行進しましょう」と呼びかけた。 抗議行進の主催者はほかに、警察予算を削減しその分を黒人コミュニティーの医療や住宅改善に振り分けることや、奴隷使役に対する補償などを要求した。 「危機の最中だ」 リンカーン記念堂へと続く大通りには、午前7時から参加者が列を作った。 フィラデルフィアからワシントンまで来たというロイド・マイナーさんは、「変化を求めるとこの政権に要求するため、自分の役割を果たすために来た」と話した。 レックス・イクエメさんは、「今は危機の最中にあって、本当に何とかしなくてはならない。こんな生き方を続けるわけにはいかない。自分の同胞が毎週のように死ぬのを映像で見せられるわけにはいかない。そんなのは普通のことじゃない」と危機感を示した。 ヴァージニア州から参加したというアーテリア・ブライアントさんは、黒人の置かれている状況は1963年からそれほど変わっていないと言い、警察に拘束された黒人が死亡する事件について、政治家や法執行機関が責任をとるよう求めた。その第一弾としてブライアントさんは、ケンタッキー州の自宅にいた26歳の医療技師ブリオナ・テイラーさんが、家宅捜索に来た警官たちに射殺された事件に触れ、「まずはブリオナ・テイラーを殺した警官たちを逮捕してほしい」と述べた。 参加者の多くは、「警察活動に正義を求めるジョージ・フロイド法」と呼ばれている連邦法案を急ぎ成立させるよう求めた。また、公民権運動の闘士で今年7月にがんのため亡くなったジョン・ルイス下院議員の名前を冠した、「ジョン・ルイス投票権推進法案」の早期成立も要求している。 ニューヨークから行進に参加したというパトリック・レイエスさんは、57年前のワシントン大行進は1965年投票権法など画期的な立法や政策の実現につながったものの、それ以降の立法は内実に欠けたものが多く、「有権者の投票抑圧は今も続いている」と指摘。 「我々はただお願いしているんじゃない。正義を要求しているんだ」と、レイエスさんは述べた。 (英語記事 March on Washington: George Floyd family urge protesters to 'be his legacy')

  • Thumbnail

    記事

    紅茶、フィッシュ・アンド・チップス? ではなく…… 日英貿易交渉が難航するわけ

    離脱したイギリスは、全ての貿易相手国から、イギリス製品にとって最善の合意を取り付けようとしている。 BBCの大井真理子がリポートする。

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 「この国の歴史で最も重要な選挙になる」 トランプ大統領が指名受諾演説

    2020年08月28日 15:48 公開 27日に最終日を迎えた米共和党の全国党大会で、ドナルド・トランプ大統領が大統領選挙の候補者指名を正式に受諾した。 演説でトランプ大統領は、11月の選挙は「この国の歴史上、最も重要な選挙になる」と熱弁。 共和党と民主党の主張がこれほどはっきり異なっていたことはなく、アメリカ国民はこの選挙で2つのビジョン、2つの主張のどちらかを選ぶことになると話した。

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 「ドナルド・トランプがワシントンを変えた」 イヴァンカ氏が演説

    2020年08月28日 15:27 公開 27日に最終日を迎えた米共和党の全国党大会で、ドナルド・トランプ大統領の指名受諾演説に先立ち、娘のイヴァンカ・トランプ大統領顧問がホワイトハウス南庭の会場で演説した。 イヴァンカ氏は南庭に集まった支持者や政権関係者約2000人を前に、トランプ政権がもう4年続くことの重要性を強調した。 トランプ氏の家族で、党大会中にホワイトハウスから生中継で演説するのは、メラニア夫人に続きイヴァンカ氏が2人目。兄弟や妹、義理の妹など、他の家族のスピーチは事前収録されたものだった。