検索ワード:BBC/603件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    「歴史を作った」 中絶容認へ、賛成派の反応

    2018年05月28日 13:41 公開 アイルランドは25日、人工妊娠中絶を事実上禁止している現行憲法をめぐる国民投票を行い、66.4%の圧倒的多数でこの憲法の廃止を決定した。 現行法では、女性に命の危険がある場合のみ中絶が認められているが、強姦や近親相姦による妊娠や、胎児に命に関わる異常が見られる場合には認められていない。 圧倒的な票数で中絶容認を勝ち取った賛成派の人々に話を聞いた。

  • Thumbnail

    記事

    パリの「スパイダーマン」 4歳児救助したマリ移民に称賛の声

    2018年05月28日 13:28 公開 パリ北部の18区で26日、集合住宅の4階ベランダからぶら下がった4歳の子供を22歳の移民男性が救助し、男性を英雄だと称賛する声が上がっている。 隣のバルコニーから住人が子供の手をつかもうとするなか、アフリカ・マリ出身のマモウドウ・ガッサマさんは、通りに面したバルコニー伝いに地上から4階まで1分足らずで登り、子供をバルコニーの中に引き込んだ。 救助の様子は、フェイスブックなどソーシャルメディアで急速に拡散。エマニュエル・マクロン大統領は28日にガッサマさんを大統領府に招待し、直接謝意を伝えると発表した。 パリのアンヌ・イダルゴ市長もガッサマさんの勇気を称賛し、ガッサマさんに電話をかけ感謝の言葉を伝えたと明らかにした。 イダルゴ市長はツイッターでのコメントで、ガッサマさんを「18区のスパイダーマン」と呼び、「子供の命を救ったマモウドウ・ガッサマさんの勇気ある行動を称える」と述べた。 「彼はここで人生を築くことを夢見て2カ月前にマリからやってきたと語った。私は、彼の英雄的行為は全ての市民の模範で、彼がフランスで定住しようとする努力を当然ながらパリ市は喜んで支援すると応じた」 https://twitter.com/Anne_Hidalgo/status/1000792585760313344 ガッサマさんはメディアの取材に対し、通りがかった建物の前に群集が集まっているのが見えたと話した。仏紙ル・パリジャンによると、ガッサマさんは「子供だったので行動した」と語ったという。「登っていきました(中略)彼を助けられて本当によかった」。 パリ市の消防隊が現場に到着したときには、すでに子供はガッサマさんによって助け出されていた。 消防当局の報道官はAFP通信に対し、「幸運なことに、体力が備わっており上まで行く勇気がある人がいて、子供の体をつかむことができた」と述べた。 地元メディアはパリ当局の話として、4歳児の両親は当時家を不在にしていたと報じた。司法筋によると、父親は、保護責任者による遺棄の疑いで警察の聴取を受けた。母親は当時パリにいなかったとみられている。 (英語記事 Mamoudou Gassama: Mali 'spiderman' wows France with Paris child rescue)

  • Thumbnail

    記事

    アイルランド、年内にも妊娠中絶を認める新法を制定へ

    2018年05月28日 12:47 公開 アイルランドのリオ・バラッカー首相は27日、年内にも新たな人工妊娠中絶に関する法案を制定すると発表した。同国では25日、人工妊娠中絶を事実上禁止する現行憲法をめぐる国民投票が行われ、66.4%の圧倒的賛成多数でこの憲法を廃止することが決まった。 新たな法案では通常、妊娠12週まで、特別な状況下では24週まで中絶が認められる予定。 サイモン・ハリス保健相は、29日にも法案を閣議承認したいとしている。 1983年の住民投票で成立した憲法修正第8条は、まだ生まれていない者の生存権を認め、女性と胎児の生存権は同等としている。 この条項のために毎年何千人ものアイルランド女性が中絶手術のために英国へ行ったり、中絶ピルを入手したりしている。 住民投票では、この憲法修正第8条を廃止するかどうかが問われた。その結果、北部ドニゴール州を除く全ての選挙区で賛成派が勝利。ほとんどの州で性別や年齢に関わらず改正を望む声が上がった。 26日に発表された最終集計では賛成が66.4%、反対が33.6%だった。投票率は64.1%。 バラッカー首相は27日、この日が「市民として、そして国として、アイルランドが責任を受け入れた」日として記憶されるだろうと話した。 「きょうはアイルランドが最後の影から光へと踏み出した日だ」 「国として一人前になった日、世界の国々に並び立った日だ」 一方、中絶反対グループは、国民投票の結果を「歴史に残るほどの深刻な悲劇」と呼んだ。ある反対派は、今後、国内に開設される中絶クリニックの前で抗議運動を行う予定だと話した。 北アイルランドはどうなる? 今回の憲法廃止により、英国とアイルランドで中絶をほぼ全面禁止しているのは北アイルランドだけとなり、テリーザ・メイ英首相は行動を迫られている。 シン・フェイン党のメアリー・ルー・マクドナルド党首とミシェル・オニール副党首は26日、ダブリン城の上で「次は北」と書かれたプラカードを掲げ、北アイルランドでの改革を求めた。 オニール氏は27日、国民投票の結果が「アイルランド全体が変化を本当に求めている」ことの表れだと話した。 しかし、メイ首相と閣外協力する北アイルランドの民主統一党(DUP)は中絶禁止の改正に強く反対しており、メイ首相は厳しい状況に立たされている。 (英語記事 Abortion law by end of year - Irish PM)

  • Thumbnail

    記事

    米国と北朝鮮、首脳会談へ向けて協議 米代表団が北朝鮮入りとトランプ氏

    2018年05月28日 9:33 公開 ドナルド・トランプ米大統領が一旦中止を通告した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談をめぐり、トランプ氏は27日午後、米政府交渉団が事前協議のために北朝鮮入りしたとツイートした。 トランプ氏はツイッターで、「我々の米国チームが金正恩と私の首脳会談の調整をするため、北朝鮮に到着した。北朝鮮には素晴らしい可能性があり、いつの日か経済と金融の大国になると、自分は心から信じている。金正恩も同意している。実現する!」と書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1000831304836018176 米国代表団の責任者は、スン・キム元駐韓大使とみられる。協議相手は、崔善姫(チェ・ソンヒ)北朝鮮外務次官のもよう。 実務者レベルで、首脳会談の議題を調整するものと思われる。 実現すれば歴史的なものとなる米朝首脳会談は、6月12日にシンガポールでの開催が予定されてきた。トランプ大統領が24日に会談中止を発表した時点と比べれば、実現の可能性が高まってきたものの、米朝双方の隔たりはまだ大きい。トランプ氏は、合意が得られそうになければ自分は出向くつもりはないと、態度を明示している。 <おすすめ記事> 北朝鮮、「いつでも」対話する用意ある トランプ氏は6月12日実施に含み トランプ米大統領、米朝首脳会談の中止を通告 金委員長に書簡で 【寄稿】 米朝首脳会談はなぜ破綻したのか 米朝首脳会談中止 米外交の何が明らかになったのか 北朝鮮非核化は「リビア方式」にしない トランプ米大統領 北朝鮮、米朝首脳会談の中止を警告 一方的な核放棄要求に反発 トランプ氏は24日、北朝鮮の「強烈な怒りとあからさまな敵対心」を理由に首脳会談を中止すると、金委員長あての書簡で通告した。 しかし、北朝鮮が「まったく予想外」だと遺憾の意を示し、「いつでも」対話の用意があると声明を出すと、トランプ氏は25日になって、北朝鮮と協議していると記者団に述べた。ツイートでも、北朝鮮と「生産的な話し合い」が続いていると書き、予定通り6月12日にシンガポールで実施する可能性に言及した。 さらに26日には板門店の北朝鮮側で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金委員長が急きょ、2度目の首脳会談を行い、米朝会談の実現可能性を協議した。文大統領によると、金委員長は「朝鮮半島の完全な非核化に向けた強い意思を、あらためて明示した」という。 北朝鮮の国営・朝鮮中央通信(KCNA)によると、金委員長はシンガポール・サミット実現のため文大統領が「大いに努力を重ねてきた」ことに感謝し、米朝首脳会談の実現に向けた「確固たる意思」をあらわにしたという。 米国は北朝鮮による大量破壊兵器の完全放棄を求めており、制裁解除や経済支援はその後に提供する方針とみられる。一方で、北朝鮮が「朝鮮半島の非核化」で何を意味するのかは、はっきりしていない。 金委員長は、自国がひとつ譲歩するごとに米韓も、制裁解除や在韓米軍削減など、何らかの譲歩をするという段階的アプローチを求めていると示唆してきた。 トランプ氏はこの方法を受け入れる可能性を排除していない。 北朝鮮は2006年以降、6回の核実験と度重なる大陸間弾道ミサイル発射実験を重ねてきた。理論上は、米国本土を核攻撃できる状態に達したが、長距離ミサイルに搭載できる核弾頭の小型化に成功したかどうかは、専門家の間でも意見が分かれている。 国際社会は北朝鮮の輸出を大幅に制限し、北朝鮮への石油精製品の年間輸出量を最大90%削減する経済制裁を相次ぎ発動してきた。今年になって金委員長が融和姿勢を示し、韓国で開かれた冬季五輪に選手団のほか自分の妹を含む代表団を派遣するなど、韓国や米国との交渉に意欲を見せてきたのは、一連の経済制裁による圧力が効いているからではないかとの見方もある。 北朝鮮はさらに、国家としての存続や体制維持の確約を求めている。 北朝鮮は、米国のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)やマイク・ペンス副大統領が「リビア方式」に言及したことに強く反発し、これがトランプ氏による会談中止の通告につながった。 ペンス副大統領は21日、金委員長が米国との取引に合意しなければ、北朝鮮は「リビア方式が終わったように終わるしかない」と発言していた。これは、2003年にリビアのカダフィ政権が制裁解除と引き換えに大量破壊兵器の開発放棄を約束し、国際機関の査察を受け入れた後、2011年に政権が崩壊し、最高指導者のカダフィ大佐が殺害された経緯を意味するものと広く受け止められた。 (英語記事 US and North Korea preparing Trump-Kim summit)

  • Thumbnail

    記事

    金正恩氏 「米朝会談に確固たる意思」

    2018年05月27日 10:45 公開 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と26日に急きょ行った南北首脳会談で、米朝首脳会談をシンガポールで予定通りに実現することについて、確固たる意思を示した。北朝鮮の国営・朝鮮中央通信(KCNA)が27日朝、伝えた。 KCNAはさらに、南北の両首脳が「頻繁に」会うことで合意したと伝えた。両首脳は26日午後、軍事境界線上にある板門店の北朝鮮側で会談した。KCNAによると、会談は「電撃的」に行われたものだという。 KCNAは、両首脳が「対話を速やかなものにし、知恵と努力を蓄積するためにも、今後は頻繁に会談すると意見を共にし、朝鮮半島の非核化のため共同で努力していく意向を示した」と伝えた。 さらにKCNAによると、金委員長はシンガポール・サミット実現のため文大統領が「大いに努力を重ねてきた」ことに感謝し、米朝首脳会談の実現に向けた「確固たる意思」をあらわにしたという。 KCNAはこのほか、両首脳が6月1日に南北高官協議を開くことでも合意したと伝えた。 韓国大統領府は、2時間におよぶ首脳会談で、金委員長と文大統領が「率直」な意見交換をしたと明らかにした。 ホワイトハウスは26日、先遣隊が予定通り今週末にシンガポールに出発し、実現するかもしれない首脳会談に備えると発表した。 トランプ米大統領は24日、予定されていた米朝首脳会談を、北朝鮮の「強烈な怒りとあからさまな敵対心」を理由に中止すると、金委員長あての書簡で通告した。 しかし、北朝鮮がこれに「まったく予想外」だと遺憾の意を示し、「いつでも」対話の用意があると声明を出すと、トランプ氏は25日になって、北朝鮮と協議していると記者団に述べ、ツイートでも、北朝鮮と「生産的な話し合い」が続いているとコメント。予定通り6月12日にシンガポールで首脳会談を実施する可能性に言及した。 <おすすめ記事> 北朝鮮、「いつでも」対話する用意ある トランプ氏は6月12日実施に含み トランプ米大統領、米朝首脳会談の中止を通告 金委員長に書簡で 【寄稿】 米朝首脳会談はなぜ破綻したのか 米朝首脳会談中止 米外交の何が明らかになったのか 北朝鮮非核化は「リビア方式」にしない トランプ米大統領 北朝鮮、米朝首脳会談の中止を警告 一方的な核放棄要求に反発 トランプ氏はさらに27日、ツイッターで「ボロボロのニューヨーク・タイムズは、存在しない『ホワイトハウス高官』を引用して、『たとえ会談が実現するとしても6月12日の実施は不可能だ、時間不足で必要な準備ができない』と書いた。また間違ってる! 本物の人間を使え、にせの情報源ではなく」と怒りをこめて書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1000396430371106817 ただしこれについては、ホワイトハウスを担当する複数の記者が、「ホワイトハウス高官」とは国家安全保障会議の高官で、記事は高官が数十人のホワイトハウス担当記者に行った記者説明での発言を引用したものだと反論している。「Background briefing」と呼ばれる政府関係者による記者説明の内容を記事にする際は、その政府関係者の名前を明記しないのが慣例となっている。 米国は北朝鮮による大量破壊兵器の完全放棄を求めている。一方で、北朝鮮が「朝鮮半島の非核化」で何を意味するかははっきりしていない。 北朝鮮は2006年以降、6回の核実験と度重なる大陸間弾道ミサイル発射実験を重ねてきた。理論上は、米国本土を核攻撃できる状態に達したが、長距離ミサイルに搭載できる核弾頭の小型化に成功したかどうかは、専門家の間でも意見が分かれている。 国際社会は北朝鮮の輸出を大幅に制限し、北朝鮮への石油精製品の年間輸出量を最大90%削減する経済制裁を相次ぎ発動してきた。今年になって金委員長が融和姿勢を示し、韓国や米国との交渉に意欲を見せてきたのは、一連の経済制裁による圧力が効いているからではないかとの見方もある。 (英語記事 North Korea's Kim 'set on' Trump summit)

  • Thumbnail

    記事

    2度目の南北首脳会談、急きょ実現 米朝会談を協議

    2018年05月26日 21:33 公開 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が26日、軍事境界線上にある板門店の北朝鮮側で、2度目の首脳会談を行った。韓国大統領府が同日、発表した。両首脳の会談は4月27日以来。 2度目の南北首脳会談は、現地時間の午後3時から午後5時にかけて、秘密裏に行われ、事後に発表された。ドナルド・トランプ米大統領が中止を発表した米朝首脳会談を予定通り実現しようと、韓国と北朝鮮の間で協議が続いている。 韓国大統領府は南北会談について、「北朝鮮と米国の首脳会談を成功させるため(中略)両首脳は意見を交換し合った」と発表した。文大統領は27日午前にも、金委員長との話し合いの結果を発表するという。 トランプ米大統領は24日、予定されていた米朝首脳会談を、北朝鮮の「強烈な怒りとあからさまな敵対心」を理由に中止すると、金委員長あての書簡で通告した。 しかし、北朝鮮がこれに「まったく予想外」だと遺憾の意を示し、「いつでも」対話の用意があると声明を出すと、トランプ氏は25日になって、北朝鮮と協議していると記者団に述べ、ツイートでも、北朝鮮と「生産的な話し合い」が続いているとコメント。予定通り6月12日にシンガポールで首脳会談を実施する可能性に言及した。 韓国の文大統領は、トランプ氏の中止通告に「非常に当惑している」と述べ、中止は「非常に遺憾だ」とコメントしていた。 実現すれば歴史的な出来事となる米朝首脳会談では、朝鮮半島の非核化が主要な議題となる見通し。米国と北朝鮮の間で「非核化」の意味が大きく食い違っており、米国のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)やマイク・ペンス副大統領が、「リビア方式」に言及したことに、北朝鮮は強く反発していた。 ペンス副大統領は21日、金委員長が米国との取引に合意しなければ、北朝鮮は「リビア方式が終わったように終わるしかない」と発言していた。これは、2003年にリビアのカダフィ政権が制裁解除と引き換えに大量破壊兵器の開発放棄を約束し、国際機関の査察を受け入れた後、2011年に政権が崩壊し、最高指導者のカダフィ大佐が殺害された経緯を意味するものと広く受け止められた。 (英語記事 Korean leaders meet in surprise summit)

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮の核実験はこれで終わるのか 専門家に聞く

    2018年05月25日 20:32 公開 ドナルド・トランプ米大統領が、6月に予定されていた米朝首脳会談の中止を24日に発表する数時間前、北朝鮮は北東部プンゲリ(豊渓里)にある国内唯一の核実験場で坑道を爆破したと発表した。 このことにどのような意義があるのか。信用していいのか。豪グリフィス大学の研究員、アンドレイ・アブラハミアン博士に聞いた。

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮が爆発の様子公開 核実験場「破壊」と

    2018年05月25日 17:02 公開 ドナルド・トランプ米大統領が、6月に予定されていた米朝首脳会談の中止を24日に発表する数時間前、北朝鮮は北東部プンゲリ(豊渓里)にある国内唯一の核実験場で坑道を爆破したと発表していた。北朝鮮は25日、映像を公開した。 現地入りしていた米英韓中ロ5カ国の外国メディアが、大きな爆発を見たと伝えた。ただし実験場は昨年9月の核実験で一部崩落し、すでに使えなくなっていたとも言われていた。

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談の記念コインが人気沸騰 中止発表受け

    大方は、結果はどうであろうとこの政治史の宝物がほしいと言っている」と述べた。 それは本当のようだ。 BBCのアンソニー・ザーカー北米担当特派員は、1800年代に海外への贈り物として製造され、現在は非常に高い値段で取引されているコインを例に、WHCAのコインがコレクターたちにとっての「1804年製造の1ドル硬貨」のようなものになる可能性があると指摘した。 https://twitter.com/awzurcher/status/999649409016221697 WHCAのコインの製造は、トランプ大統領あるいはホワイトハウスから要請を受けたものではないが、インターネット上では、コインをネタにトランプ大統領をからかうコメントが見られる。 国防総省の元報道官、アダム・ブリックスタイン氏はツイッターに、2つに割れたコインの画像と共に、「別れの手紙と一緒に、トランプ氏は金氏に愛を込めて平和首脳会談のコインの半分を送り、再び1つになれるまで首にかけておくよう嘆願した」と投稿した。 https://twitter.com/AdamBlickstein/status/999652149297545216 首脳会談をめぐる騒動で実際のところ得をしたのは金委員長の方だ、というコメントもあった。 ジャーナリストのマイケランジェロ・シグノライリ氏はツイッターに、「トランプ氏はノーベル賞をもらっていないが、金氏は自分を最高指導者と呼ぶ合衆国記念コインを手に入れた」とコメントした。 https://twitter.com/MSignorile/status/999652134370054144 ジャーナリストのブライアン・クラッセンスタイン氏の皮肉はさらに痛烈で、トランプ氏は「自分が表紙になった偽のタイム誌の隣りに」コインを飾ればいいのではないかとコメントした。トランプ氏が所有するいつかのゴルフ場で、トランプ氏について好意的な見出しが付けられた偽のタイム誌の表紙が額に入れられ飾られていると、米紙ワシントン・ポストが報じたことが念頭に置かれている。 あるツイッター・ユーザーは、「トランプ氏が記念コインの空売りをした上で、首脳会談をやめたってことが、いつか分かるぞ」とコメントし、コインは自分の巨大な事業をさらに拡大しようとするトランプ氏の手法の一つなのではと憶測した。 https://twitter.com/TeaPainUSA/status/999651369157095425 ポール・リッカートさんはツイッターに、ホワイトハウスの芝生の刈り込みをしたいと申し出た少年、フランク・ジアッチオ君に向かって何かを言うトランプ大統領の写真に、「米朝首脳会談記念コインで支払ってもいいかな?」というせりふをつけて投稿した。 https://twitter.com/PaulRyckert/status/999654718187204608 コインは単に米商取引サイト、イーベイで売り買いされるようになる、との見通しを示す人もいる。前オバマ政権で上級顧問を務めたデイビッド・アクセルロッド氏はツイッターで、コインの写真と共に「歴史的な首脳会談の記念コイン!! イーベイにもうすぐ登場」と投稿した。 https://twitter.com/davidaxelrod/status/999659464629391361 しかし、コインをめぐる騒動を面白がる人たちばかりではない。 北朝鮮専門家のロバート・ケリー氏は、コインによって金委員長の「個人崇拝」が正当化されただけでなく、コインは「非米国的」だと述べた。 同氏はツイッターに、「冗談じゃない! ぞっとするだけだ。この首脳会談はいったい誰の個人崇拝を正当化しているんだ? 非米国的だ。ほかの合衆国大統領が同じことをしたらフォックス・ニュースが何を言うか、想像がつかない。なんてこった。なんてこった以外の言葉がない」とコメントした。 https://twitter.com/Robert_E_Kelly/status/998747669701931008 コインへのからかいや批判を受け、ホワイトハウスはコインの「意匠について意見は述べていない」とのコメントを出した。 ホワイトハウスのラジ・シャー大統領副報道官は声明で、「ホワイトハウス通信局(WHCA)のメンバーは2003年以降、限られた数の、商業目的の記念品用外遊コインのデザインと製造を発注してきた。これらのコインは米国のコイン製造会社によってデザインされ、製造されている。これらの記念コインは外遊が公にされた後にのみ発注されている。ホワイトハウスはコインの意匠や製造について一切意見を述べていない」と述べた。 米NBCニュースのピーター・アレクサンダー記者は、WHCAが最近作った外遊コインの写真と共に発表されたホワイトハウスの声明をツイッターで紹介した。 https://twitter.com/PeterAlexander/status/998699492282191872 (英語記事 Rush to buy Trump-Kim coin after summit cancellation)

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談中止 米外交の何が明らかになったのか

    2018年05月25日 14:09 公開 ジョナサン・マーカス BBC防衛・外交担当編集委員 米外交にとって極めて大きな局面だったこの6週間は、北朝鮮との首脳会談中止の決定で幕を閉じる。 この展開は、ドナルド・トランプ米大統領の外交方針を理解する手がかりとなった。それは友好国にとっても仮想敵国にとっても、同じくらい気がかりなものかもしれない。 4月中旬にはシリアのアサド政権による化学攻撃疑惑への制裁として、シリア空爆を主導した。 それから1カ月もしないうちに、トランプ大統領は「包括的共同行動計画(JCPOA)」、つまりイラン核合意から離脱すると決定した。トランプ氏はイラン核合意について、米国にとって悪いし、中東地域の友好国にとっても悪い内容だと常に主張していた。 5月中旬には、象徴的な意味合いから在イスラエル米大使館のエルサレム移転を実施し、もう1つの選挙公約も守った。 そして、それから約10日後のこのタイミングで、トランプ氏は北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談を中止した。 公約の遵守 トランプ氏が確実に示したことが1つある。2016年米大統領選で掲げた選挙公約を実現しようという意欲だ。 しかし、イラン核合意からの離脱と在イスラエル米大使館の移転という2つの決定はどちらも、広い文脈や、決定の影響をほとんど考慮しない形で決まった。 米大使館のエルサレム移転は、単独の決定だった。イスラエルとパレスチナの和平を進展させる幅広い取り組みの一部とという認識は、まったくなかった。 ガザ地区における緊張悪化の真っ最中に、トランプ政権は大使館移転を決めた。イスラエルの強硬な治安維持戦術や、武装勢力ハマス指導部のシニカルな態度とあいまって、米国の決定が暴力を強く煽った可能性がある。 トランプ政権は、独自の中東和平案を推進するとさかんに喧伝(けんでん)するが、それは影も形もない。 イラン核合意に関しても、明確な戦略的視点は見受けられなかった。離脱によって究極的には、イランの核核発が制限しにくくなるのではないか?  北大西洋条約機構(NATO)加盟国の、特に米国の主要同盟国との関係が、これで一層悪化するのではないか? 中国やロシアなど、国際社会の主要国と米国の間で、さらに緊張の次元が増すのではないか? これに先立つシリア空爆は、アサド大統領に、これ以上はもうあり得ないという我慢の限界を示すのが目的だったはずだ。 しかしこれもまた、大局的な戦略はどこにあったのか? トランプ氏はシリアから米軍を引き上げたいと発言してきたが、これは政権の別の目標に真正面から矛盾するように思える。トランプ政権は別の局面では、シリアや周辺地域で強まるイランの影響力を封じ込めて制限するという目標を掲げているのだ。 金正恩氏の撮影チャンス そして今回の、首脳会談中止決定だ。トランプ氏は、シンガポールで予定されていた会談に出席しないと発表した。ほかの外交案件とは別の問題があったのだろう。それはつまり、過度な楽観主義と、ただひあすら経験あるいは現実主義が欠けていたのだ。 北朝鮮は間違いなく、相手をしにくい国だ。過去の米政権も、北朝鮮との協定を目指した。2度合意したものの、2度とも決裂した。 米国側は今回の交渉破綻について、合意可能だったかもしれない詳細について北朝鮮側に働きかけたものの、ほとんどなんの反応も得られなかったと説明している。 どうやら、首脳会談は金正恩のための写真撮影の場にしかならなそうで、それは米政権としては全く受け入れられないことだったのだろう。 しかしこの顛末(てんまつ)からは、個人の個性や人間関係に激しく依存し、てんでバラバラな形で外交に取り組むトランプ外交の、別の側面が見えてくる。 首脳会談のアイデアは、ほとんど振って湧いたかのようにどこからともなく出現した。米朝がお互いを核で脅しあい、罵り合いがひたすら悪化していた状況において、それはありがたい解毒剤のように思えた。 けれども、ほとんど死産に近いアイデアだった。準備時間はあまりにも短すぎた。準備作業もほとんどできていなかった。懸案の課題はあまりに複雑で、両国の隔たりはとても埋められないように見えた。 国務省のあちこちに空席 そもそも、「首脳会談」というアイデアを走らせること自体が大体において、トランプ氏のエゴと、自分は取引の名手だという誇大な確信の表れでしかなかった。しかし、はっきりさせておく必要がある。外交とは、そういうものではないのだ。 米国の外交政策決定は現在もっぱら、大きな空白を抱えた状態で動いている。米国務省内では、あの地域やこの地域について政策の要となるべき次官補がいるはずのフロアが、ほとんどガラガラな状態のままだ。欧米の外交幹部は、よくこの点を指摘する。各地域担当の次官補は単純に、まだ任命されていないのだ。 イラン核合意の後継協定を米側と交渉する欧州各国の政府はだからこそ、自分たちの働きかけが米政府の外交政策決定プロセスをまったく上っていかないことに気づいて、愕然としたのだ。米外交政策を決める仕組みの随所で、不可欠な部品がそもそも欠けていたのだ。 国務省の停滞と士気低下という問題は、新しく米国務長官になったマイク・ポンペオ氏が解消するかもしれない。何はともあれ、やらないよりましだとしか言いようがない。 それでもすでに、とてつもなく重大な外交政策がこの状態で決まってしまった。米国と世界はその結果と共に生きていかなければならない。 (英語記事 Trump and North Korea: What cancelled summit reveals about US foreign policy)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、いざとなれば「世界最強」米軍の準備はできている

    2018年05月25日 12:59 公開 ドナルド・トランプ米大統領は24日、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長にあてた書簡で、6月12日に予定していた米朝首脳会談を中止すると通告した。北朝鮮の最新発言の「強烈な怒りとあからさまな敵対心」を理由にしている。 その後、ホワイトハウスで記者団を前にした大統領は、「圧倒的に世界最強」の米軍はいざとなれば準備ができていると述べた。 金融規制緩和法案の署名式で発言した。

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮、「いつでも」対話する用意ある トランプ氏は6月12日実施に含み

    2018年05月25日 11:17 公開 24日にドナルド・トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明したことを受け、北朝鮮の金桂冠(キム・ケガン)第1外務次官は、「いつでも、どのような形であっても」米国と対話する用意があると述べた。北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が25日、伝えた。一方のトランプ氏も25日朝、予定通り6月12日に会談する可能性に言及した。 6月12日にシンガポールで予定されていた首脳会談の中止表明について、金次官は「極めて遺憾だ」と話した。 トランプ大統領は中止を決めた理由として、北朝鮮の「あからさまな敵意」を挙げていた。中止が表明されたのは、北朝鮮が同国北東部の豊渓里(プンゲリ)にある唯一の核実験場の破棄を約束どおり実施したと発表してから、数時間後のことだった。 しかし、トランプ氏は25日朝、北朝鮮の反応についてツイッターで、「北朝鮮から温かく生産的な発言を受けとったのは、とても良い知らせだ。これがどこまでいくのか間もなく分かる。願わくば、長く持続的な反映と平和に。時間(と才能)次第だ!」と書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/999986971660423170 大統領はさらにこの後、記者団に対して、「(北朝鮮の声明は)とても良かった。これからどうなるか、様子見だ。12日さえあり得る。いま向こうと話しているところだ。向こうはとてもやりたがっている。こちらもやりたいと思っている」と述べ、結局は予定通り6月12日に会談する可能性に含みをもたせた。 24日の会談中止の通知はトランプ大統領から金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長にあてられた書簡の形で発表された。 米政権高官の1人は、北朝鮮側に「深刻な誠意の欠如」があったと指摘した。高官が記者団に語ったところによると、首脳会談の準備を進めるなかで、大統領次席補佐官を北朝鮮との協議のためシンガポールに派遣したものの、北朝鮮の担当者は欠席したという。 「北朝鮮側は姿を現さなかった。我々はただ単にすっぽかされた」 同高官によると、トランプ大統領は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と話した後、金委員長への書簡の内容を「一語一語」口頭で指示したという。 文大統領は、会談中止の発表を受け、「非常に当惑している」とし、中止は「非常に遺憾だ」と述べた。 国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、米国も北朝鮮も諦めてはならないと述べ、交渉には「鋼(はがね)の神経」が必要だと忍耐を促した。 (英語記事 North Korea ready to talk 'at any time' with Donald Trump)

  • Thumbnail

    記事

    ワインスティーン氏、「警察出頭へ」 性的不法行為の疑いで=米メディア

    2018年05月25日 11:04 公開 大物映画プロデューサーだったハービー・ワインスティーン氏が、25日にも性的不法行為などの疑いで警察に出頭する見通しだと明らかになった。米紙ニューヨーク・タイムズなどが24日、伝えた。 もしワインスティーン氏が出頭して訴追されれば、昨年9月に同紙や米誌ニューヨーカーの報道で長年の性的加害行動が糾弾され、強姦や性的暴行の疑いも浮上して以来、初めてのこととなる。逮捕の可能性もあるという。 ニューヨーク・タイムズによると、ワインスティーン氏は俳優ルシア・エバンズ氏による告訴をもとに訴追される見通し。他の被害者による告訴が適用されるかは不明だ。 ニューヨーク市警は昨年11月、強姦の被害届を提出した俳優パズ・デ・ラ・フエルタ氏の告訴にもとづき捜査に着手していると明らかにしていた。 ワインスティーン氏に対しては強姦を含む様々な加害行動や不法行為が指摘されているが、本人は同意のない性行為をしたことはないと一貫して主張してきた。 昨年秋の報道を機に、性的暴力や嫌がらせの被害を糾弾し連帯を表明する「#MeToo(私も)」運動が、世界各地に広がっている。 アンジェリーナ・ジョリー氏やグウィネス・パルトロウ氏といった有力女優も、ワインスティーン氏に対する非難に加わった。ワインスティーン氏は自分と弟が立ち上げた映画制作会社ワインスティーン・カンパニーを解雇され、アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーから除名された。ニューヨーク州は今年2月、ワインスティーン氏による加害行動から従業員を守らなかったとして、ワインスティーン・カンパニー社を提訴した。同社は今年3月、破産法の適用を申請した。 ワインスティーン氏についてはロサンゼルスやロンドンなどの警察も、捜査に着手している。 「#MeToo」の広がりと共に米映画界でも、ケビン・スペイシー氏など複数の有力者が相次ぎ非難され、映画や番組から降板するなどしてきた。24日には、映画スターのモーガン・フリーマン氏が性的嫌がらせを映画撮影の現場で繰り返したと多数の女性から糾弾され、謝罪した。女性たちはCNNに対して、フリーマン氏に繰り返し体を触られたり、スカートをめくられそうになったり、下着をつけているのかしつこく聞かれたりしたと話していた。 フリーマン氏は、自分のせいで「居心地の悪い思いをしたり、軽んじられていると感じた」すべての人に謝罪し、「私を知る人や私と仕事をしたことのある人なら、自分がわざと他人を侮辱したり、気まずい思いをさせるような人間ではないと承知してくれている」と述べた。 (編集部注――日本では「ワインスタイン」と表記されることの多いハービー・ワインスティーン氏の名前は、本人や複数のハリウッド関係者の発音に沿って表記しています) (英語記事 Harvey Weinstein to surrender to police - US media)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ米大統領、米朝首脳会談の中止を通告 金委員長に書簡で

    朝首脳会談 21世紀きっての政治的な大勝負 <解説> 外交はボロボロに――ジョナサン・マーカスBBC外交担当編集委員 トランプ政権は、首脳会談の準備に北朝鮮が十分に反応していなかったと主張する。そのため、たとえ首脳会談を実施しても前向きな結果が出たか疑わしいと。 では、これからどうなるのか。それが最大の問題だ。 首脳会談実施が決まる先駆けとなったのは、南北間の緊張緩和だった。しかしその前には、北朝鮮と米国の間でとんでもなく野放図な中傷が飛び交い、朝鮮半島における紛争再発の恐れが真剣に募っていたのだ。 これを機に北朝鮮は、長距離弾道ミサイルの実験を再開するのだろうか? 中傷合戦も再開するのか? あるいは、何らかの外交プロセスが継続する可能性が、わずかながらでもあるのだろうか? (英語記事 Trump cancels Kim summit amid North Korea 'hostility')

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮、ペンス米副大統領を「愚か者」と非難

    警告する談話を発表している。 <解説>「慎重な外交には慎重な情報発信が必要」――ローラ・ビッカー BBCニュース(ソウル) さて、予定されている米朝首脳会談の数週間前になって、またしても中傷合戦と核戦争の危機に舞い戻ってきた。 ペンス副大統領を非難したのは、北朝鮮政界の有力者だ。崔氏は金正恩(キム・ジョンウン)氏の最側近の1人で、談話は金氏自身にも承認されたはずだ。 北朝鮮にありがちな、典型的な力の駆け引きだという意見もあるだろう。しかし、確実に避けられたことでもある。 北朝鮮は先週、リビア方式の非核化と言われて、強く反発した。痛いところを突かれたかのようだった。なによりも、リビアのカダフィ体制は崩壊しカダフィ大佐は殺されたというのが、第一の理由だ。さらに、北朝鮮は自国の核兵器開発がリビアよりはるかに進んでいると認識しているのも、別の理由だ。 そのため、北朝鮮とリビアを同じ文脈で語ることすら深刻な侮辱になり、米政府は自分たちにしかるべき敬意を示していないと、北朝鮮政府は感じているのかもしれない。 北朝鮮はまず一度、米国に警告した。それでもペンス氏は、またしても北朝鮮とリビアを比べてみせた。慎重な外交には慎重な情報発信と慎重な言葉遣いが必要だ。トランプ政権はこの点において規律を欠いていると、北朝鮮が感じているのは明らかだ。 北朝鮮政府が、ペンス氏やボルトン氏と同じような発言をしているトランプ大統領を標的にしないと判断したのは興味深い。大統領本人ではなくその周囲に罵倒を投げつけている北朝鮮は、まだ首脳会談の可能性を手放す気にはなっていないのかもしれない。 (英語記事 North Korea calls US Vice-President Pence 'stupid')

  • Thumbnail

    記事

    マイケル・ジャクソンのありえないダンスの動き、医者が解説

    2018年05月24日 16:30 公開 神経外科医が、マイケル・ジャクソンが「スムース・クリミナル」のミュージックビデオで成し遂げた生体力学的に有り得ないダンスの動きを詳細に解説する。 1987年に発表されたこの楽曲で、マイケルは棒のように体を伸ばしたまま、45度の角度でかかとから体を傾けている。 大勢が真似しようとしてきたが、あれは実は特別設計の靴と、マイケルの体幹の強さによって現実となったイリュージョンだ。 度肝を抜かれる動きだが、けがにつながるかもしれないので、やめたほうがいいと脊柱の専門家は警告している。 インドのチャンディーガルにある医学教育研究大学院研究所のマンジュル・トリパティ氏と同僚は、脊柱と神経外科学の学術誌「Journal of Neurosurgery: Spine」に発表した論文で「強い体幹を持つ最も訓練されたダンサーでも、この前傾の動きの角度は最大25度から30度だ。一方でMJ(マイケル・ジャクソン)の傾斜は45度。重力をものともしない、とてもこの世のものとは思えない動きだった」と書いている。 MJはどうやったのか 「スムース・クリミナル」の前傾姿勢を試してみれば、背中の脊柱起立筋よりも両かかとのアキレス腱により大きな負担がかかるのに気づくだろう。 たとえマイケルに匹敵するような高い運動能力を持っていても、これではごく限られた角度でしか体を傾けることしかできないとトリパティ准教授は説明する。 マイケルがさらに深く前傾できたのは、手の込んだ履物のおかげだった。 マイケルが履いているスパッツの両かかとの底には、V字型の切れ目が入っていた。その切れ目を、地面に取り付けられた頑丈なびょうや、「ヒッチメンバー」(接続器具)に引っ掛けていたのだ。ダンサーはこれを使って回転したり、極端に前傾したりと、重力を感じさせない動きを披露する。 特許取得済みの履物が発明される前には、マイケルは補助ケーブルと腰に巻き付けたハーネスに頼って幻想的な動きを作っていた。 マイケルは、仕事仲間のハリウッド関係者2人と一緒に、米国の宇宙飛行士が履いていたブーツを参考にした。宇宙飛行士が無重力下で作業する際、固定レールにつなぐことができるブーツだ。 しかし、特別に設計された履物や接続器具の助けを借りても、この動きは非常に難しいと、医師たちは言う。強い脊椎と下肢の筋肉が作り出す、しっかりした体幹が必要なのだ。 研究チームは「筆者を含めた何人ものMJファンが、この動きを真似しようとしては失敗してきた。けがすることも多い」と警告する。 トリパティ博士は「かかとをけがする可能性はかなり大きい。強い体幹筋肉と、かかとの周りにしっかりとした支えが必要だ。決して簡単なトリックではない」と念を押す。 (英語記事 Doctors explain Michael Jackson's impossible dance move)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏弁護士に「ウクライナから支払いあった」 首脳会談設定で=情報筋

    2018年05月24日 16:08 公開 ポール・ウッド、BBCニュース(キエフ) ドナルド・トランプ米大統領の私的顧問弁護士のマイケル・コーエン氏が、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領とトランプ氏の首脳会談を設定する報酬として、少なくとも40万ドル(約4400万円)を秘密裏に受け取っていたことが分かった。この件に深く関与したウクライナ政府の情報筋が、BBCに明らかにした。 情報筋によると、ポロシェンコ大統領の代理人が支払いの手はずを整えた。米国の法律は、外国政府の代理を務める際には登録を義務付けているが、コーエン弁護士はウクライナ政府の代理人登録をしていない。 コーエン弁護士は疑惑を否定している。 米ウクライナ首脳会談は昨年6月、ホワイトハウスで行われた。ポロシェンコ大統領が帰国した直後、ウクライナの腐敗防止局は2016年米大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めたポール・マナフォート被告(2017年10月に資金洗浄罪などで起訴)に対する調査を打ち切っている。 ポロシェンコ政権の諜報機関高官が、大統領のホワイトハウス訪問前に何があったのかを説明した。 この高官によると、ウクライナ政府の正規ロビイストやワシントンのウクライナ大使館では、十分な「首脳会談」の場が用意できなかったため、コーエン氏が起用された。ポロシェンコ氏とトランプ氏がただ単に一緒に写真を撮るだけではない、「会談した」と言えるような状況を確保する必要があった。 高官によると、ポロシェンコ氏は、トランプ氏に接触するための裏ルートが必要だと判断し、元側近に実現するよう指示した。側近は、忠誠心の高いウクライナの国会議員に助けを求めた。 国会議員は同様に、米ニューヨーク州のユダヤ系慈善団体「チャバド・オブ・ポート・ワシントン」に所属する個人的な知り合いを頼った(同団体の広報担当はBBCに、自分たちの関係者は関与していないと明確に否定している)。 こうした人から人へのリレーが最終的に、トランプ氏の弁護士で信頼の厚い仲介者、マイケル・コーエン氏につながった。コーエン氏は40万ドルを受け取ったという。 トランプ氏がこの支払いを知っていたという情報はない。 ウクライナ政府の別の情報筋も同じ内容を確認した。ただし、この人物によるとコーエン氏に支払われた金額の合計は60万ドルだという。 コーエン氏の資産状況を明らかにした米国人弁護士マイケル・アベナッティ氏も、ウクライナからの支払い情報を裏付ける内容を公表している。アベナッティ弁護士は、トランプ大統領との不倫関係を主張して法的手続きを取っているポルノ女優ストーミー・ダニエルズ氏の代理人。 アベナッティ弁護士によると、コーエン氏の銀行が米財務省に提出した「疑わしい取引報告」(不正取引や違法取引が疑われる場合に金融機関が作成し提出する報告書)に、コーエン氏が「ウクライナの利害関係者」から金銭を受け取ったことが記載されている。 <おすすめ記事> 女優ストーミー・ダニエルズ氏、コメディ番組でトランプ氏からかう FBI、トランプ米大統領の弁護士事務所を家宅捜索 トランプ氏「下劣」と反発 トランプ陣営とロシアの関係示す情報の中心的内容「証明」と ロシアがトランプ氏の問題情報を握っている? 今の事態にどう至った ポロシェンコ大統領のため裏ルートを開拓したとされるウクライナ人2人も、コーエン氏と同様に疑惑を否定した。 ウクライナ諜報機関の高官によると、元犯罪組織の構成員で有罪判決を受けたことのあるフェリックス・セイター氏が、コーエン氏を援助した。ロシア出身のセイター氏は不動産開発にも携わり、トランプ氏のビジネスパートナーだったこともある。セイター氏の弁護士は疑惑を否定した。 ウクライナ大統領府は当初コメントを拒否していたが、現地ジャーナリストに回答を求められ、一連の疑惑を「あからさまな嘘と中傷でフェイクだ」とする声明を発表した。 昨年6月に広く報道されたように、ポロシェンコ氏はワシントンに向かう機内でさえ、トランプ氏とどれだけ会えるのか分からない状態だった。 ホワイトハウスの日程表には、ポロシェンコ氏はトランプ氏が職員と会議中に大統領執務室へ「立ち寄る」予定があるとしか、書かれていなかった。 この予定は公式ルートを通じて合意されたものだが、ウクライナ高官によると、わずか数分の短い会話や握手だけではポロシェンコ氏の顔が立たないため、それ以上のものを確保するため、コーエン氏に口利き代が支払われた。しかし、会談実現のための交渉は、訪問当日の早朝まで続いた。 自分にはできそうにないことをできると言って、コーエン氏は「数十万ドル」を受け取ったと、ウクライナ側は怒っていた。消息筋の高官はこう話す。 ポロシェンコ大統領は自分が恥をかかされるのかどうか、会談の直前まで分からずにいた。 「ポロシェンコ氏の側近は、(コーエン氏との)一連のやりとりがあまりに薄汚いと、ショックを受けていた」と消息筋は話す。 ポロシェンコ氏はトランプ氏と会おうと必死だった。2016年米大統領選での出来事のせいだった。 2016年8月、米紙ニューヨーク・タイムズはトランプ陣営のマナフォート選対本部長がウクライナの親ロシア勢力から数百万ドルを得ていたと示す書類を公表した。親ロシアのウクライナ政党「地域党」が関与した、「黒い帳簿」の1ページだ。 地域党はマナフォート被告がウクライナで政治コンサルティング会社を経営していた当時、同氏を起用していた。 記事で紹介された帳簿の出所は、マナフォート被告を調べていたウクライナの国立腐敗防止局のようだった。 この記事が理由で、マナフォート被告は選対本部長を辞任するしかなかった。 ウクライナの複数情報筋によると、帳簿のリークを認めたのはポロシェンコ大統領で、ヒラリー・クリントン氏の勝利を確信していたからだという。 もし事実ならば、それはとんでもない間違いだった。ウクライナは米大統領選で敗北する候補を支援していたのだ。情報漏えいの経緯はどうであれ、帳簿の報道は最終的に勝ったトランプ氏にとって痛手となった。 ウクライナは当時も今も、ロシアやロシアが背後にいる分離主義者と戦争状態にある。新しい米大統領を敵に回していいはずがなかった。 だからこそ、ホワイトハウスの大統領執務室で満面の笑みを浮かべ、トランプ大統領を称賛していた時のポロシェンコ大統領は、ホッとしている様子だったのだ。 ポロシェンコ氏は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領より先にトランプ大統領に会ったと自慢した。ポロシェンコ氏は会談を「中身のある訪問」と呼び、ホワイトハウスの北玄関前で大喜びの記者会見を開いた。 ポロシェンコ氏がキエフに帰国した1週間後、ウクライナの国立腐敗防止局はマナフォート氏の調査を打ち切ったと発表した。 発表の場で当局者は私に、マナフォート被告は金銭の受け取りを認める「黒い帳簿」に署名していないからだと説明した。さらに、いずれにしてもマナフォート被告は米国人で、腐敗防止局は国内法に基づき、ウクライナ人しか調査できないのだと続けた。 マナフォート被告に対する米司法当局の訴追内容 米国に反する共謀、マネーロンダリングの共謀、海外資産の公開義務不履行。いずれもマナフォート被告のウクライナでの仕事に関連し、ロバート・ムラー米特別検察官が2017年10月に提訴した。マナフォート被告は無罪を主張 米バージニア州での税金詐欺と銀行詐欺も、2018年2月にムラー氏が提訴。こちらについても、マナフォート被告は否認 ウクライナはマナフォート被告の調査を完全に終えたわけではなかった。資料は腐敗防止局から検察庁に渡り、そこで放置された。 担当検察官のセリー・ホルバチュク氏はキエフで先週、「マナフォート捜査を中止するよう直接的な指示があったことはないが、捜査の進み方からして、我々の上司が妨害しようとしているのは明らかだ」と私に語った。 消息筋の誰も、トランプ氏がホワイトハウスでポロシェンコ氏に対して、マナフォート被告への調査打ち切りを要請したとは言っていない。しかし、もし裏ルートがあったのなら、コーエン氏はそれを使って、ウクライナ側に米国側の期待を伝えたのだろうか。 もしかしたら、その必要はなかったかもしれない。 ウクライナ政府関係者によると、ポロシェンコ氏はトランプ氏に「ある贈り物」をしたのだという。つまりウクライナは、大統領選でトランプ陣営がロシアと「共謀」したかどうかについて、米当局の捜査にこれ以上の証拠を提供しないという保証だ。 そうしなければ「トランプ氏の顔につばを吐くようなものだ」と、ポロシェンコ氏は十分承知していたと、別の消息筋も話す。 欧米情報機関関係者がまとめた報告書によると、ポロシェンコ氏のスタッフは自分たちがトランプ氏と「不可侵条約」を締結したと認識しているのだという。 「情報を知り得る立場にある」ウクライナ政府高官の話として、この報告書は一連の出来事を次のように書いている――。 トランプ氏が大統領に選ばれるとすぐ、ウクライナは「自発的に」マナフォート被告の調査を中止した。 米政府との調整役は国立腐敗防止局から政権内の側近高官に代わった。 ポロシェンコ氏はワシントンから帰国した後、2017年8月か9月に、マナフォート被告を調べている米機関との協力を完全に終了すると決定した。ただし、2017年11月まで、この結締の実行を支持しなかった。 米政府がこの命令を知ったのは、ポロシェンコ氏の側近高官がムラー氏や米中央情報局(CIA)長官に会うために2011年11月と12月に予定されていた訪米が中止になった時だった。 ポロシェンコ氏とトランプ氏の間に「相互理解」が成立しているため、ウクライナは米国産石炭の輸入に合意し、米国製ディーゼル列車購入の10億ドル規模の契約に署名した。どちらも、ポロシェンコ氏が米国の支援を金で買ったことの表れとしてしか、理解できない。 トランプ政権は3月、対戦車ミサイル「ジャベリン」210発をウクライナに売却すると発表した。象徴的な意味合いの強い取引だった。 オバマ前政権の当時でさえ、米国はウクライナに武器を売らなかった。ウクライナ政府内では有名な元政府関係者は私に、マナフォート調査のてんまつは気に入らないが、ウクライナは国として生き延びるために戦っていたのだと話した。 この人物は「私は法の支配を望むが、同時に私は愛国者でもある」と述べた。 さらにこの人物は、かつての部下とは連絡を取り合っており、「コーエンの裏ルート」について詳細を多く聞いたという。 この元高官は、マナフォート被告をめぐり不正取引があったとウクライナ国民が信じるようになれば、「このせいで米国への支持は駄目になるかもしれない」と語った。 ウクライナの情報機関ウクライナ保安庁(SBU)は、マナフォート被告について独自の(秘密)報告書を作成した。 この報告書によると、「黒い帳簿」は1つではなく3つあり、公表されているより数百万ドル多い額がウクライナから支払われたという。マナフォー被告は全ての不正を否定している。 この情報は、報告書を読んだウクライナ警察の幹部級の人物が、私に知らせてくれた。SBUの報告書は米国には渡っていないという。 (米国取材:スザンヌ・キアンプール) (英語記事 Trump lawyer 'paid by Ukraine' to arrange White House talks)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ米大統領はツイッターでブロック禁止=ニューヨーク連邦地裁

    を改善するものと認識している」と判決に書いた。 <解説> トランプ氏の安全な空間――デイブ・リー、BBC北米テクノロジー担当記者(サンフランシスコ) ツイッターに関して言えば、合衆国憲法の修正第1条は米国民に、大統領について発言する権利を認めている。しかし、大統領に強制的に耳を傾けさせるようなことはしない。 連邦地裁は、大統領が他人をブロックするのは違憲だと認定した。しかし、他人をミュートするのは違憲ではないという。つまり、大統領とそのソーシャルメディア・チームが醸成してきた安全な空間は、今後もだいたい安泰だ。私がこれを書いている現在、トランプ氏はたった46人しかフォローしていない。ほとんどが家族と、フォックス・ニュースの司会者だ。 トランプ氏にブロックされた大勢にとって、大統領からのブロックは名誉の勲章になりつつある。「#blockedbytrump(トランプにブロックされた)」ハッシュタグで祝うのだ。 しかし、トランプ氏はツイートによって国民に情報を伝える。これは大統領の情報伝達手段として、重要なものだ。この米政権をいずれ歴史がどう振り返るにせよ、大統領のツイートは歴史的記録の重大な一部を占める。 中には、ブロックされた人は単にログアウトしてトランプ氏のアカウントを見ればいいではないかという意見もあるが、それではアカウントの全てを見ることは必ずしもできない。たとえば、23日のツイートのひとつは他人への「返信」だったため、ログアウトしている人はこれを見ることができないかった。 ブロックされた人はさらに、トランプ氏に返信したり、トランプ氏のツイートを引用してコメントすることができない。 しかし今回の判決で何より重要なのは、これが米国の公務員全員に適用されるということだ。 なので、トランプ氏以外の米政府関係者も、疎ましいと思う相手のブロックを解除していくことになる。 (英語記事 Trump barred from blocking Twitter users by judge)

  • Thumbnail

    記事

    【元ロシア・スパイ】 娘のユリアさん、初のビデオ声明  「いずれは帰国したい」

    2018年05月24日 12:51 公開 今年3月に英南部ソールズベリーで元ロシア情報将校の父親と共に、神経剤による殺害未遂の被害に遭ったユリア・スクリパリさん(33)が23日、ロイター通信を通じて、初のビデオ声明を発表した。 父セルゲイ・スクリパリさん(66)と共に神経剤「ノビチョク」を浴びたユリアさんは、ソールズベリー地域病院で1カ月半にわたる入院治療を受けた後、4月9日に退院した。ロイター通信に対して、自分の人生が「ひっくり返ってしまった」ものの、いずれはロシアに帰国したいと話した。 「20日間続いた意識不明の状態から目覚めると、自分たちに毒が使われたかもしれないと知りました。自分たちが2人ともそうして攻撃されたことを、まだ受け止めきれずにいます」 ユリアさんは、自分たちが暗殺されかけながらも助かったのは「とても幸運」だと話す一方で、治療は辛く、自分の体や精神状態が受けた影響が続いていると話した。 その上でユリアさんは、自分たちを支援してくれる病院スタッフや、当日の路上で自分たちを助けてくれた人たちに感謝した。 セルゲイさんは今月初めに退院した。 <おすすめ記事> 「日に日に元気に」意識回復したユリアさん 元スパイ殺人未遂で 使用された神経剤はドアに塗られていた=英警察 使用された神経剤はロシア製=英首相 ビデオでは、ユリアさんの首に、呼吸を助けるための気管切開術の痕と思われる傷跡が見て取れる。 ユリアさんは、自分は治療を続けながら1日1日を着実に暮らしていくと述べた。さらに、父親が全快するまで世話を続けたいと話した。 さらに、自分と父親のプライバシー尊重を求めたほか、自分と父親の意向を語れるのは自分たちだけで、代弁者や代理人はいないと強調した。 加えて、ロシア大使館からの支援の申し出には感謝しつつ、今はそれを受け入れる用意がないし、受け入れたくないと言明した。 ユリアさんが英語で手書きした声明全文はこちら。ユリアさんはロシア語でも声明を発表した。 ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ロシア政府として「情報源から直接情報を得るため」ユリアさんに接触を試みてきたと話した。 「ロシア外務省と在ロンドンのロシア大使館が、彼女に連絡をとろうとしなかった日はないと、ユリア・スクリパリさんには知ってもらいたい。私たちは何より、彼女が強制的に拘束されていないか、誰か別人が彼女のふりをしていないか、確認しようとしていた」と報道官は説明した。 ロンドンのロシア大使館は、ユリアさんの声明が「生まれつきの英語話者」によって書かれたもののようだと指摘し、本当にユリアさんによるものか疑わしいと疑念を示した。 「英国は我々に、ユリアと直接話をする機会を提供する義務がある。彼女が自分の意志に反して拘束されているわけではなく、発言を強要されているわけでもないと確認するためだ」と、大使館は声明を発表した。 退院後のスクリパリ親子は、英当局によって安全な場所に移動していたが、親子一緒かどうかは明らかになっていない。 何があったのか スクリパリ親子は3月4日、ソールズベリー中心部にあるベンチで意識不明となっている状態で発見された。 現場に真っ先に駆けつけたウィルトシャー警察のニック・ベイリー刑事巡査部長も神経剤に触れて病院に入院し治療を受けていたが、最初に退院した。 英政府はロシア当局による暗殺未遂事件だと断定し、ロシア外交官23人の追放を含む制裁措置を発表した。英政府に続き米国や複数の欧州連合(EU)加盟国も、ロシア制裁を発動した。 一方のロシアは、一切の関与を否定し、報復措置として英国外交官に国外退去を命じた。 神経剤「ノビチョク」が最も高濃度で検出されたのは、スクリパリさんの家の玄関だった。ソールズベリー市内では今も除染活動が続いている。 (英語記事 Russian spy poisoning: Yulia Skripal hopes to return to Russia)

  • Thumbnail

    記事

    神経剤から回復のユリアさん 「助かったのはとても幸運」

    2018年05月24日 12:02 公開 3月4日に英南部ソールズベリーで神経剤による殺害未遂事件の被害者となった、元ロシア情報将校の娘、ユリア・スクリパリさんが23日、退院後初のビデオ・メッセージを公表した。 4月9日に退院したユリアさんはロイター通信に対して、自分たちが助かったのは「とても幸運だ」と語る一方で、攻撃被害で自分の人生が「ひっくり返ってしまった」と話した。 ユリアさんの父で元ロシア情報将校のセルゲイ・スクリパリ氏は、今月初めに退院した。

  • Thumbnail

    記事

    フェイスブックCEOが欧州議会で釈明 質問形式にも批判

    まざまな会派がそれぞれいくつか質問をし、ザッカーバーグ氏は全ての質問が終わるまで待つ必要があった。 BBCのローリー・ケラン=ジョーンズ・テクノロジー担当編集委員はツイッターで議会の様子を実況するなかで、「欧州議員によるとてつもなく長い質問/演説とその形式はひどい。ザッカーバーグ氏は答える前に全部聞いていなければならない」とつづった。 https://twitter.com/ruskin147/status/998969002205605888 ザッカーバーグ氏は22分にわたって、膨大な数の質問を読み、その中で返答する質問を選ぶことができた。 議員の何人かはこの方針にいら立ちを示し、ある議員はザッカーバーグ氏が「故意にこの形式を選んだ」と批判した。 フェイスブックの広報はBBCに対し、質問形式を指定していないと述べた。このことは、後にタヤーニ議長も認めている。 タヤーニ議長はその後の会見で、欧州議員はザッカーバーグ氏の時間が限られていることを知っていたものの、その時間の多くを自分たちが話すことに費やしたと付け加えた。 また、ザッカーバーグ氏が後ほど書面で質問への解答を提出することで合意したことも明らかにしている。 回答のなかったトピック ザッカーバーグ氏は、フェイスブックが独占的かどうかという質問や、傘下のメッセージアプリ、WhatsApp(ワッツアップ)からのデータの用途については回答しなかった。 また、フェイスブックを利用しなくても勝手に作成されている「シャドープロファイル」についてや、そして非利用者のデータを集めるべきかという質問にも直接答えなかった。 フェイスブックの事業そのものに対する疑念を表した欧州議員も数人いた。 ベルギーのギー・ベルホフスタット元首相は、「デジタルモンスターを生み出した天才」として記憶されたいかという質問をしたが、ザッカーバーグ氏はこれに答えなかった。 英国のEU離脱派ナイジェル・ファラージュ議員はフェイスブックが政治的に中立なプラットフォームではないとの持論を展開し、中道右派の発言者を「意図的に差別している」のではないかと質問した。 ザッカーバーグ氏はこの点には答えず、フェイスブックは「政治的立ち位置によってコンテンツを選ぶという決定を行ったことはない」と述べた。 他の質問に答えるなかでザッカーバーグ氏は、顧客データを不正利用している他のソーシャルメディアアプリを見つけたいと述べた。また、第三者の開発者による何千ものアプリがケンブリッジ・アナリティカと同様の過ちを犯していないか国際的な調査を受けており、これには「何カ月」もかかると指摘した。 フェイスブックはこれまでに、200以上のアプリを利用停止にしたという。 「欧州に真剣に取り組む」 欧州議会の会派リーダーとザッカーバーグ氏の会談は、当初は非公開で行われる予定だった。 しかし批判の波を受け、会談はインターネットで生中継されることになった。 欧州議員から繰り返し出た質問は、25日から施行されるデータ保護規則の改革についてだ。 フェイスブックは先に、15億人に上る国際ユーザーの管轄をアイルランドにある欧州本部から米国本部へと移した。EU一般データ保護規則(GDPR)違反による法廷闘争とのそのコストを避けるためとみられている。 このデータ保護法の大改革で、消費者は個人情報利用についてより大きな決定権を得ることになる。 何人かの欧州議員はザッカーバーグ氏に、本当にこの規則に従うと約束できるかと質問した。 これに対しザッカーバーグ氏は、フェイスブックは規制導入の際には全面的に法に従うと答えている。 また、欧州ユーザーに対してはすでに設定の見直しが必要だと明らかにしており、「多くの割合の」ユーザーが見直しを行ったとしている。 英国の議員たちは、ケンブリッジ・アナリティカについてザッカーバーグ氏に質問する機会を求めているが、現在までザッカーバーグ氏は英国訪問を控えている。 <分析>デイブ・リー北米テクノロジー記者 欧州議会には不満が残った。 質問形式は、特にフェイスブック非利用者のデータ追跡といった、特定の懸念に対応するというより、ザッカーバーグ氏が複数の質問を分野ごとにまとめて回答するのを可能にした。 つまり、同氏はざっくりとした形の回答が許されたということだ。 きょう我々が聞いたことの大半は、フェイスブックが過去3カ月に公表したブログに書かれている。 この出来事は、明らかに何人かの欧州議員を怒らせた。自分たちの懸念に対して不十分な対応を取られたとして、いら立ちをあらわにしている。 しかし、膨大で、ほとんど実存的な質問にたった30分で答えなければならない時、どれだけ詳細に語ることができるのか。 フェイスブックは綿密な調査を受けているが、巨大な影響力を持つ人物たちに対する政治家の質問の仕方についても、同じことをするべきではないだろうか。 もしあなたがこの話題についてきているなら、これがザッカーバーグ氏の「難儀な」議会出席に対するスコアブックだ。 「米上院はほとんど何も得られなかったが、欧州議会はもっと少なかった」 (英語記事 MEPs frustrated by Zuckerberg questioning)

  • Thumbnail

    記事

    【ロイヤル・ウェディング】写真家が語る、ハリー王子とメガン妃の「美しい瞬間」

    2018年05月23日 16:47 公開 ハリー王子とメガン妃は、19日に行われた結婚式での家族写真や2人の写真を公開した。 ファッション専門の写真家アレクシ・ルボミルスキー氏が、19日に行われたサセックス公爵夫妻の結婚式の様子を語った。

  • Thumbnail

    記事

    違法なEUパスポート売買 BBCが潜入取材

    2018年05月23日 16:40 公開 EUのパスポートが違法に取引されている現場に、BBCが潜入取材した。

  • Thumbnail

    記事

    自立しない30歳の息子を提訴 米ニューヨーク州の夫婦

    2018年05月23日 14:24 公開 米ニューヨーク州中部シラキュース近郊で今月、30歳を過ぎても自立しない息子を家から出そうと、両親が思い切った行動に出た。両親は同州のオノンダガ郡裁判所に息子の立ち退きを求めて提訴した。 マーク・ロトンドさんとクリスティーナさん夫妻は、息子のマイケルさんが家賃を払わず、家事も手伝わない上、自立資金を両親が出すという提案も断り、実家に住み続けていると訴えた。 ロトンドさん夫妻は立ち退きを求める書面を5回渡したが、マイケルさんは十分な通知がないまま提訴されたと法廷で争った。 訴状によると、両親が息子に送った最初の通告は今年2月2日付。「ただちにこの家を出て行ってもらうと、決断しました」と書かれている。 マイケルさんがこれを無視すると、両親は弁護士の協力を得て、正規の退去通告を用意した。クリスティーナさんの署名が入った今年2月13日付の書面には、「本状をもって、あなたに退去を命じます」と書かれている。さらに、「2018年3月15日までに退去しなければ、すぐに法的な強制手続が開始されます」とも通告している。 <おすすめ記事> 「ミレニアル世代」の3割、一生借家で暮らす可能性=英シンクタンク 思春期は今や「10歳から24歳まで」=豪研究 37歳まで童貞だった――ある「非モテ」の告白 その後、夫妻はマイケルさんに自立資金として1100ドル(約12万2000円)を出すと提案し、さらに、「あなたのような貧弱な職歴の人でさえできる仕事はあります。仕事を見つけなさい。働かなくてはいけません!」と、マイケルさんの生活態度への厳しい言葉も付け加えた。 3月30日になっても、息子に立ち退く意思が全くないことが明らだったため、両親は4月に地元の裁判所を訪れ、息子を追い出す方法がないか相談した。 しかし、マイケルさんは親族であるため、郡最高裁の判事による正式な立ち退き命令が必要だとの説明を受けた。 地元テレビ局WABCニュースによると、マイケルさんは両親の提訴は「報復行為」だとして、裁判所に提訴を受理しないよう訴えている。 地元ニュースサイトによると、郡最高裁のドナルド・グリーンウッド判事は22日の公判で、マイケルさんに退去を命じた。 (英語記事 New York parents sue 30-year-old son who refuses to move out)

  • Thumbnail

    記事

    クマをドーナツでおびきよせる狩猟法、禁止解除へ 米アラスカ

    2018年05月23日 13:06 公開 米政府が、餌でクマをおびき寄せて殺すなどの狩猟方法をアラスカ州で禁じる、オバマ前政権時代の規制を撤回する案を発表した。米国立公園局(NPS)が21日に変更案を明らかにした。 変更案が成立すれば、猟師はアラスカ州内の国有地で、巣の中にいる子グマを撃つのに投光器を使ったり、猟犬を使ってクロクマを狩ったりすることが認められる。NPSは提案へのパブリックコメントを7月23日まで受け付けている。 複数の環境団体はこの提案を「非人道的」としている。 規制が変更されれば、アラスカ州の野生動物管理者に、お菓子などでクマをおびき寄せる、オオカミやその幼獣を巣内で捕獲する、泳いでいるカリブー(トナカイの一種)を撃つのにモーターボートを使うといった狩猟法が認められるようになる。 こうした狩猟法は、オバマ前政権下でNPSが法的に禁止した。ただし、州内の一部地域では一部の手法の継続が認められた。 当時のNPSは、対象地域における捕食者と被食者間の自然な力学を人為的に変更してしまうことを防ぎ、公共の安全を守るための規制だと説明していた。 アラスカ州の当局者は、クマやオオカミなど捕食動物を狩るのは、ヘラジカやカリブーなど被食動物のスポーツハンティングを可能にするため、必要な措置だと語っている。 ライアン・ジンキ内務長官が署名したこの提案は、「アラスカ州法で定められた、アラスカ州内の国有自然保護地域におけるスポーツハンティングに関する規制に沿う」ために、捕食動物の狩猟に対する規則を取り除こうとしている。 提案書でアラスカ州は、狩猟法に関する規則変更の影響は「無視できる程度の可能性が高い」と主張している。 提案書は「狩猟規則の改正は、公衆が求めるオオカミ、コヨーテ、クマや他の種の動物を狩る可能性を提供することを意図していると、アラスカ州は強く主張する」とした。 アラスカ職業猟師協会は、前政権による規制の撤回を支持している。 同協会のソー・ステイシー政府関連業務担当ディレクターによると、「2015年の法案は連邦政府が越権し、州当局による同州の野生動物管理を侵害しようとした事例だった」という。 提案書によるとNPSは、野生動物への影響を測る環境評価を準備する予定だというが、自然保護活動家や環境団体は提案を批判している。 米国立公園自然保護協会は狩猟規制の撤回は「恥ずべき非倫理的なこと」だとして提案を問題視した。 同協会アラスカ担当ディレクターのジム・アダムズ氏は米紙ワシントン・ポストに対し、「スポーツハンティング、要するにそれがこの件の全てだ。アラスカ州は捕食動物の数を減らすため、可能な限り多くの方法で猟師を後押ししようとしている」と述べた。 アラスカ州には5400万エーカー(2200万ヘクタール)以上の国立公園が広がる。NPSによると、これは米国全体の国立公園システム(NPS管理地域の総称)の65%を占める。 (英語記事 US to lift ban on baiting bears with doughnuts in Alaska)

  • Thumbnail

    記事

    ブラック・カルチャーあふれたロイヤル・ウェディング 真新しく新鮮

    2018年05月23日 12:53 公開 英ウィンザー城で19日に行われたハリー王子とメガン妃の結婚式は、メガン妃の母親のアフリカ系米国人としての伝統をふんだんに取り入れ、英王室の行事としては画期的なものになった。 式で歌った英国の黒人ゴスペル合唱団、チェロを演奏した若いアフリカ系英国人の音楽家、そして愛の力について情熱的に語ったアフリカ系米国人の聖職者に話を聞いた。

  • Thumbnail

    記事

    【ロヒンギャ危機】武装勢力、ヒンドゥー教徒100人近くを大量虐殺か=人権団体

    【ロヒンギャ危機】 ロヒンギャ武装勢力の真実 ロヒンギャ少女たち、人身売買で売春に BBCが実態取材 【ロヒンギャ危機】集団虐殺でスーチー氏は裁かれるか? アムネスティ・インターナショナルは、闘争の起きたミャンマー西部ラカイン州や避難先のバンクラデシュで難民に聞き取り調査を行った結果、昨年8月末にARSAが警察の詰め所を襲撃した際、バングラデシュ国境近くのマウンドーのいくつかの村で大量殺人を行ったことが明らかになったとしている。 またARSAは、他の地域でも小規模ではあるものの、市民に対して暴力行為を働いていたことが分かった。 報告書では、8月26日にヒンドゥー教徒の村が襲われた際、「この残虐で無意味な行為で、ARSAの戦闘員は多くのヒンドゥー教の女性や男性、子供を捕らえて弾圧した後、村の外で殺害した」と詳しく説明している。 生き延びたヒンドゥー教徒はアムネスティ・インターナショナルに対し、親族が殺されるのを目撃したり、その叫び声を聞いたと語った。 この村出身の女性は、「(ARSA戦闘員は村の)男たちを殺した。私たちは、その姿を見るなと言われた(中略)ナイフやくわ、鉄棒を持っていた(中略)私たちは生け垣に隠れていたので少しだけ見えた(中略)叔父や父、兄弟、みんな殺された」と話した。 ARSAの戦闘員はこの村で、男性20人、女性10人、子供23人を殺害したと言われている。子供のうち14人は8歳以下だったという。 アムネスティ・インターナショナルは、この村の住民45人の遺体が昨年9月、4カ所の集団墓地で発見されたとしている。残りの犠牲者や、隣村で殺害された46人の遺体は発見されていない。 調査では、この隣村での大量殺人も同じ日に行われた。合計の死者は推定99人に上るという。 アムネスティ・インターナショナルはまた、「ミャンマー軍による非合法で一方的な暴力活動」も批判している。 「ARSAの非道な行為の後、ミャンマー軍はロヒンギャに対する民族浄化を行った」 一連の調査結果は、「ラカイン州やバングラデシュ国境で行われたインタビューに加え、司法病理学者による証拠写真の鑑定」に基づいているという。 アムネスティ・インターナショナルのティラナ・ハッサン氏は、この調査が「最近のラカイン州北部の言語道断なほど暗い歴史において、ほとんど報道されてこなかったARSAによる人権侵害に、必要な光を当てた」と話した。 「ARSAの行為はあまりに残虐で、無視するのは難しい。証言してくれた生存者たちに、ぬぐいがたい強烈な印象を残していた。ARSAの責任を問いただすことは、ミャンマー軍がラカイン州北部で行った人道に対する罪と同じくらい重要だ」 ARSAはこれまで、虐殺行為の疑いを否定しており、戦闘員が村民を殺したなどの主張は「うそ」だと反論している。 ロヒンギャは独自の国家を持たないイスラム教徒の少数民族で、ミャンマーでは広く差別の対象となっている。実際には何世代も前からミャンマーに住んでいるものの、同国はロヒンギャをバングラデシュからの不法移民とみなしており、政府はロヒンギャに市民権を与えていない。 バングラデシュも、ロヒンギャに市民権を認めていない。 (英語記事 Rohingya militants 'massacred Hindus')

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、中国主席の駆け引き上手を評価 北朝鮮の態度硬化で

    2018年05月23日 10:48 公開 ドナルド・トランプ米大統領は22日、6月12日にシンガポールで予定されている歴史的な米朝首脳会談が、予定通りに実現しない「相当の可能性」があると述べた。 大統領はさらに、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が今月初めに2度目の訪中をしてから態度が変わったと指摘。中国の習近平・国家主席は世界レベルのポーカーの腕前の持ち主だと言い、習氏の何かしらの働きかけが北朝鮮の態度硬化に影響しているのではないかとの見方を示した。

  • Thumbnail

    記事

    米朝首脳会談に延期の可能性=トランプ米大統領

    2018年05月23日 9:20 公開 ドナルド・トランプ米大統領は22日、6月12日にシンガポールで予定されている歴史的な米朝首脳会談が、予定通りに実現しない「相当の可能性」があると述べた。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を迎えて、報道陣を前に明らかにした。 トランプ大統領は、「我々が求める一定の条件がある。向こうはそれに応えてくると思うが、そうでなければ会談はしない」と述べ、首脳会談実現には北朝鮮が一定の条件に応じる必要があると釘を刺した。その一方で、6月に実現しなかった場合は「後日」あらためて会談する可能性もあると含みを残した。 大統領は、どのような条件を北朝鮮に要求しているのか明らかにしなかったが、北朝鮮の保有兵器について記者に聞かれると、「まずは非核化の実現が必要だ」と答えた。 不動産取引の大物から政治家に転身したトランプ氏は、「前に進みながら、どうなるか様子を見ている」、「取引というのは最後まで分からないものだ。100%確実だという取引に入って、合意できないこともある。可能性はゼロだという取引に入って、実現することもある。時には簡単に実現することもある」などと述べた。 大統領はさらに、北朝鮮最高指導者の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長は、今月初めに2度目の訪中をしてから態度が変わったと話した。 20日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、首脳会談をこのまま実現すべきかトランプ氏が側近や顧問に相談していると伝えた。 北朝鮮はこれまで、もし米国が一方的な核放棄を強硬に要求し続けるなら、首脳会談を中止する用意があると警告している。 北朝鮮は首脳会談に向けた融和策として、北東部・豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄する方針を示している。英米中ロ4カ国の外国メディア取材団が22日、約500キロ離れた元山に入ったが、廃棄は悪天候で延期される可能性もある。英スカイ・ニュースのトム・チェシャー記者は、「天候のせいで今晩は豊渓里に行かない」とツイートした。 <おすすめ記事> 北朝鮮非核化は「リビア方式」にしない トランプ米大統領 北朝鮮、米朝首脳会談の中止を警告 一方的な核放棄要求に反発 【寄稿】歴史的な南北会談、恒久的な平和に結び付くか? 米朝首脳会談 21世紀きっての政治的な大勝負 22日には大統領会見の後、マイク・ポンペオ国務長官が、米政府は今でも6月12日の首脳会談実現に向けて準備を重ねていると述べ、前向きな態度を示した。 ポンペオ長官は、北朝鮮に圧力をかけることに中国が「歴史的な支援」を提供してくれたと、中国の協力を評価した。 専門家の多くは、両首脳とも首脳会談の重要性をこれまでしきりに強調してきただけに、いまさら中止するわけにはいかないはずだと見ている。 ただし、北朝鮮が表明した「非核化」の内容は、米政府が要求する「包括的で検証可能で不可逆」な核兵器の完全放棄とは異なるはずだというのが、大方の見方だ。 なぜここへきて関係が悪化? 北朝鮮は16日、米韓合同軍事演習が「挑発行為」で侵略の予行演習だという従来の批判をあらためて展開し、予定されていた南北閣僚級会談を中止した。 さらに北朝鮮は同日、ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が北朝鮮の非核化に「リビア方式」を適用すべきだと示唆した先月の発言を理由に、ボルトン氏を名指しで批判し、米国との首脳会談実現を「再考せざるを得なくなる」という高官談話を発表した。 ボルトン氏が言及した「リビア方式」とは、リビアのカダフィ政権が2003年に制裁解除と引き換えに大量破壊兵器の開発放棄を約束し、国際機関の査察を受け入れたことを指すと思われる。カダフィ政権はこの8年後の2011年、欧米が支援する反政府勢力によって崩壊し、最高指導者のムアンマル・カダフィ大佐は殺害された。 北朝鮮の反発を受けて、トランプ氏は17日、北朝鮮の非核化について、いわゆる「リビア方式」は適用しないと発言。金委員長と合意したい取引内容は、「(金委員長が)そこにい続けるものだ。(金委員長が)国にいて、自分で統治して、国がとても裕福になるというものだ」、「カダフィのモデルは、国の完全せん滅だった。もし取引が成立しなければ、そのモデルを適用するが、取引ができれば金正恩はとても、とても嬉しいはずだ」と述べた。北朝鮮の懸念緩和が目的とみられるが、ボルトン発言と食い違う形になった。 (英語記事 Trump says summit with North Korea's Kim Jong-un may be delayed)

  • Thumbnail

    記事

    「生きた化石」オオサンショウウオの一種、野生種は絶滅の危機に

    2018年05月22日 18:46 公開 ヘレン・ブリッグス記者 BBCニュース 世界最大の両生類で「生きた化石」とも言われる、チュウゴクオオサンショウウオの生息数が「破滅的」な減少をたどっており、野生の個体は数えるほどしか生存していない可能性があるという。英国の研究者らが指摘している。 4年間にわたる実地調査で、野生のチュウゴクオオサンショウウオがほとんどいなくなっていることが示唆されたという。 対照的に、食用の養殖チュウゴクオオサンショウウオが多数飼育されている。 1億7000万年前からほぼ同じような姿だったとされるオオサンショウウオは「生きた化石」と呼ばれ、世界的な保護活動の焦点になっている。 今回の調査を行ったロンドン動物学協会(ZSL)のサミュエル・タービー博士は、「この素晴らしい動物を人間の消費向けに過剰に搾取したため、驚くべき短期間に野生の数が破滅的に減少してしまった」と指摘する。 「連携のとれた保護措置が早急に導入されなければ、世界最大の両生類の将来は深刻な危険にさらされる」 高級食材として養殖も 淡水に生息するチュウゴクオオサンショウウオは、中国でもともと、よくいる生き物だった。食べるのは長らく忌避されていたが、今では、絶滅危惧種に分類されているにもかかわらず、高級食材とみなされ、状況は一変した。 野生のオオサンショウウオを捕獲するのは違法だが、養殖は盛んに行われている。大きく生育したものには1万元(約17万4000円)以上の値が付くこともある。 実地調査は、中国にある23の省のうち16省の97カ所で実施された。これまで中国で実施された野生動物に関する調査として、最大規模とみられる。 野生のチュウゴクオオサンショウウオは4カ所で確認されたが、遺伝子の分析からは、発見場所でもともと生息していたのではなく、養殖されたものが放された可能性が高いことが示唆された。 中国農業部(農林水産省に相当)は、保護政策の一環として養殖チュウゴクオオサンショウウオを野生に放つことを後押ししている。 しかし、この政策はメリットよりもデメリットの大きいようだ。研究者らは最近、チュウゴクオオサンショウウオの種類は1つではなく5つで、8つの可能性もあることを発見した。 チュウゴクオオサンショウウオの種類ごとの遺伝的な違いを考慮せずに野生に放てば、遺伝子の系統が失われる危険がさらに高まる可能性がある。 ZSLのタービー博士と共同で研究を行った昆明動物研究所のファン・ヤン博士は、「養殖のための密漁や生息地の減少といった大きい問題に取り組むと共に、恐竜の時代までさかのぼることができる、この素晴らしい動物特有の遺伝子の系統を守るため、適切な対策が不可欠だ」と語った。 中国科学院のジン・チェ博士は、「チュウゴクオオサンショウウオの保護に向けた戦略を、早急に見直す必要がある」と述べた。 チュウゴクオオサンショウウオは、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種を列挙した「レッドリスト」に入っており、中国国内でも保護対象になっている。 中国では、捕獲されると赤ちゃんのような鳴き声を出すとされ、「娃娃魚」との呼び名もある。 (英語記事 'Living fossil' giant salamander heading for extinction)

  • Thumbnail

    記事

    【寄稿】ロイヤル・ウェディングはアフリカ系米国人にとって画期的だった

    。その人種による分断は今でも、かなりの部分が残っている。 https://twitter.com/BBCWorld/status/997483794486759434 アフリカ系俳優のニック・キャノンは結婚式に先立ってBBCを訪れ、「ハリーとメガン、おめでとう、はじけよう!」と興奮をあらわにした。 私は米南部の出身で、家族は今でも、黒人信者が大半を占める教会に通っている。南北戦争後の南部再建からこちら、黒人教会は私たちの社会の屋台骨であり続けた。けれども、教会の中でのメッセージが、私たちのコミュニティーの外でも受け入れられることはめったになかった。 マーティン・ルーサー・キングは、黒人キリスト教哲学を黒人社会の外に伝えることに成功した、数少ない黒人聖職者の一人だ。 黒人牧師が、白人が大多数の集会を前にすることは今でも比較的珍しい。しかし英王室は19日、まさにその光景を世界中に向けて放送した。 カリー主教の説教は、愛に焦点を当てた社会は世界をより良いものにできると、私たちに語りかけた。その思いのインスピレーションは、目の前にいる、人種が異なるカップルだと。米聖公会(英国国教会の一派)の教えが、主教の説教の基礎となっている。それに加えて、奴隷時代のアフリカ系米国人の苦難や、キング牧師の哲学、それほど一般的には知られていないフランスのイエズス会士、ピエール・ティヤール・ド・シャルダンの教えなどが盛り込まれていた。 カリー主教の登場は、英王室にとって相当に伝統からの飛躍を意味した。主教の説教に感動したかどうかは別にして、王室をより良いものに変身させる、その一助となるのは明らかだった。 新しくサセックス公爵夫人となった花嫁は、比較的短い間に、英王室を前より親しみやすく多様な存在に変えた。そして、長らく存在してきた制度や組織は、多様性と進歩を受け入れたほうが強くなるのだと示した。 英国が欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に取り組み、米国がドナルド・トランプの政権に対して自己調整している今の時代、いまだに多くの人が多様性を、自分たちの文化を脅かすものと見ているのが明らかになった。それに対してロイヤル・ウェディングは、人種や国籍を超えた愛が、伝統を刷新し、結びつきを強化し、より大勢が自分が参加していると感じるコミュニティー、より大勢が自分の意見が代弁され、大事にされていると感じるコミュニティーの形成に貢献するのだと、私たちに示してくれた。 米国では、多様性と包摂性の高い社会とはどういうものかをオバマ夫妻が示してみせた。英米両国にはあからさまな問題が複数あるが、それでもハリーとメガンの結婚は、人種的により公平な社会を作ろうと英米両国が取り組むなかで、リレーのバトンが手渡されたような感じがするものだった。とても好ましい継承だった。 (英語記事 Viewpoint: The Royal wedding was a landmark for African Americans)

  • Thumbnail

    記事

    ペンス米副大統領、北朝鮮に警告 トランプ氏を「手玉に取る」べきでない

    2018年05月22日 16:23 公開 マイク・ペンス米副大統領は21日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、ドナルド・トランプ米大統領を「手玉に取る」のはやめておくべきだと警告した。金委員長とトランプ大統領は来月12日にシンガポールで首脳会談を開く予定となっている。 ペンス副大統領は21日に放送された米フォックス・ニュースとのインタビューで、トランプ大統領を手玉に取るような行動は、「大きな過ち」になると語り、トランプ氏が会談の席を途中で立つ可能性は「間違いなく」あると述べた。 ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、北朝鮮の非核化で「リビア方式」の適用に言及したことに、北朝鮮は激しく反発していた。 <おすすめ記事> 北朝鮮非核化は「リビア方式」にしない トランプ米大統領 【寄稿】歴史的な南北会談、恒久的な平和に結び付くか? 米朝首脳会談 21世紀きっての政治的な大勝負 2003年に当時のリビア指導者、ムアンマル・カダフィ大佐は制裁解除を条件に、核兵器計画の放棄で西側の主要国と合意した。その8年後、カダフィ大佐は西側が後押しする反政府勢力によって殺害された。 北朝鮮はさらに、米国と韓国が現在行っている合同空軍演習にも反発しており、先週16日に予定されていた韓国との閣僚級会談を中止した。 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日にワシントンで、トランプ大統領との会談に臨み、米朝首脳会談について協議する。 ペンス副大統領は、米朝首脳会談の席を途中で立つこともトランプ氏はいとわないと指摘し、「トランプ大統領は評判を気にしているのではないと思う。彼は平和のことを考えている」と述べた。 米紙ニューヨーク・タイムズは20日、このまま首脳会談を行ってよいのか、トランプ氏が補佐官や顧問らに尋ねていると報じた。 一方、英国や米国、ロシア、中国のジャーナリストたちは22日、北朝鮮が23日以降に行うとしている核実験場の廃棄を取材するため、北京から空路、北朝鮮に向かった。 北東部・豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の廃棄に伴う式典の具体的な日程は発表されていない。 昨年9月に実施された核実験の後、周囲の山々の安定性を危うくしかねない大規模な崩落が起きたと、中国の研究者たちが指摘している。 廃棄の式典にはジャーナリストのみの立会いが許されており、専門家たちは招待されていない。韓国のジャーナリストについては、米韓合同軍事演習を理由に招待が取り下げられた。 (英語記事 North Korea summit: Pence warns Kim Jong-un not to 'play' Trump)

  • Thumbnail

    記事

    「胸張り裂ける思い」死産した赤ちゃんの父親 ロンドン火災の公開調査で

    「私たちは今、この世を去ります。さようなら。あなたを失望させていなかったと思いたい」と語っている。 BBCのドキュメンタリー番組「パノラマ」は、グレンフェル・タワーに使われていた外断熱の外装材が安全基準を満たしていないにもかかわらず、使用されていたことを明らかにしている。外装材は火災が制御不能な状態まで拡大した原因だとされる。 番組は、外装材を製造したセロテックス社が行った性能検査や販売方法は、業務上過失致死罪に相当すると指摘した。 セロテックスは、警察による捜査や公開調査に協力しているためコメントを控えるとした。 写真家のカディジャ・セイさんと母親のメアリー・メンディーさんの遺族は、野党・労働党のデイビッド・ラミー議員と共に登壇。いとこのマリオンさんの言葉を遺族の弁護士が読み上げた。 「心の痛みは絶えられないほど。我々の心に開いた穴は言葉で説明できない」 「あらゆる誕生日やクリスマス、新年には2つ空いた席があるでしょうが、私たちの心の中には永遠に2人の居場所がある。我々はずっと2人の思い出を忘れない」 マリオンさんは、おばのメアリーさんを「英雄」、「強い人、戦士で庇護者」だったと述べた。 カディジャさんの父親、モハンマドウ・セイさんは娘の写真に対する強い思いについて語った。 「ある日、カディジャは私にこう言った。『お父さん、私、写真と恋に落ちちゃった』。この強い思いをカディジャは最後まで追及した。それが彼女に素晴らしい満足感を与え、何らかの喜びや幸福をもたらしたからだ」 BBCがベネチア・ビエンナーレ国際美術展のために製作した、カディジャさんの作品についてのドキュメンタリー映画の一部が、21日の公開調査でも放映された。 映画には、グレンフェル・タワーでカディジャさんが暮らしていた部屋の被災後の様子も含まれている。 ジョセフ・ダニエルズさんの息子、サムさんは聴衆に対し、自分の短い哀悼の辞の後に拍手をしないよう求めた。サムさんは、「1982年にロンドンに引越した私の父にとって、グレンフェル・タワーが唯一の住まいだった」と語った。「あの夜の出来事は父の命を奪い、父がこの世界に存在していた証を全て奪ってしまった。父が逃げ出せる可能性はなかった。絶対起きるべきじゃなかった」。 公開調査委員会のサー・マーティン・ムーア=ビック委員長は調査を始めるにあたり、グレンフェル・タワーの火災は第2次世界大戦以降で、「ロンドンを襲った最大の悲劇」だったと語った。 サー・マーティンは、24階建てのグレンフェル・タワーが火にのみ込まれる様子は目撃した全員に「消し去ることのできない記憶を残した」と述べた。 引退前は裁判官を務めていたサー・マーティンは、公開調査を犠牲者への追悼で開始するのは「ふさわしいこと」だと語った。 ロンドン西部サウスケンジントンにあるミレニアム・グロスター・ホテルで行われている公聴会では、犠牲者全員の名前が読み上げられる。 全ての遺族が追悼の辞を述べるのを予定しているわけではないと、BBCの取材では明らかになっている。 公開調査の主任弁護士、リチャード・ミレット氏は、調査を遺族による追悼で始めるのは、「誰のためなのか、なぜするのかということを絶対忘れないという意味がある」と語った。 公開調査はその後、ロンドン中心部にあるホルボーン・バーズに場所を移し、ほかの個人や団体から得た証拠や、専門家からの証言を求める。ホルボーン・バーズではすでに、火災に関するいくつかの公聴会が開かれている。 調査の第1段階では、火災の夜に現場で何が起きたのか事実関係を検討する。これには火災の原因や火が広がった経緯、住民の避難についてが含まれる。 (英語記事 Grenfell Tower: Inquiry opens with tribute to stillborn baby)

  • Thumbnail

    記事

    米、イランに「史上最強の制裁」 イラン強く反発

    イラン核合意 米国離脱でどうなるのか <解説> 外交的煙幕?――ジョナサン・マーカスBBC外交担当編集委員 これが米国が用意したイラン「プランB(代替案)」だ。制裁圧力を強めて、イラン政府に新しい外交取引を受け入れさせようというのだ。この筋書きではイランは、核開発だけでなくミサイル開発や中東地域全体における行動についても、今まで以上の幅広い制約に応じなくてはならない。 確かに厳しい内容だが、まったくもって非現実的かもしれない。制裁が効力を発揮するには、包括的でなくてはならない。トランプ大統領が放棄したJCPOA合意がそもそも実現したのは、国際社会がまとまって長期にわたり圧力をかけ続けたからだ。米国が同盟国として協力を求める欧州各国は、既存の合意を継続したいと考えている。そしてロシア、中国、インドが米国に圧力に屈するとは考えにくい。 同盟国をはじめ各国に、イラン貿易を諦めるよう無理強いするのは、より幅広い外交関係を様々な形で損なう危険がある。 この「政策」は実現不可能だと専門家は批判するかもしれない。これは単に、イランの政権変更という根本的な目標を米国が、外交的煙幕でごまかそうとしているに過ぎないと。 (英語記事 Iran sanctions: Zarif condemns Pompeo announcement)

  • Thumbnail

    記事

    ロイヤル・ウェディングのウィンザー、ホームレスの人たちは

    2018年05月21日 19:03 公開 ロイヤル・ウェディングをウィンザー城で行うと昨年11月に発表された後、ウィンザーの行政幹部が「野宿の蔓延」を結婚式までになんとかしたいと発言して問題になった。 19日に行われた結婚式の数日前にも、ウィンザー城周辺には多くの人が路上で野宿していた。行政は一時宿泊所を提供したり、所持品の「一時預かり」を申し出るなどしたが、その一方でホームレスに泊まる場所を提供した慈善団体のバスは、免許の不備を理由に警察に差し押さえられた。 結婚式の翌日には、路上やベンチに横たわる人の姿がまた見られたという。

  • Thumbnail

    記事

    【ロイヤル・ウェディング】 花嫁のブーケは無名戦士の墓に 95年前からの伝統 

    ィング】 見ないで過ごす10の方法 バッシング乗り越え 婚約発表のハリー英王子とマークルさん、BBC単独取材 ビクトリア女王が1845年にワイト島の王室の居宅オズボーン・ハウスに植えたギンバイカの小枝も、伝統にならって花束に使われた。エリザベス女王が1947年に結婚した際の花束に使われた、ギンバイカの枝から育った木の枝も使われた。 ビクトリア女王がドイツを訪問した際に、夫アルバート公の祖母からギンバイカを贈られて以来、英王室ではギンバイカが好まれてきた。ビクトリア女王が1845年にオズボーン・ハウスを別荘として購入した後、ベランダの壁沿いに植えた小枝が成長し、今でも花をつけている。 ビクトリア女王の長女、ビクトリア王女が1858年に花嫁のブーケに使って以来、王家の花嫁はこのギンバイカの花を手にすることがならわしとなった。故ダイアナ元妃もキャサリン妃も、伝統にならった。 メガン妃が手にした小ぶりのブーケにはそのほか、スイートピーやスズラン、アスチルベ、ジャスミン、アストランチアが使われた。 無名戦士の墓とは ウェストミンスター寺院のネイブ(一般信者席のある中央部分)にある無名戦士の墓は、第1次世界大戦後にフランスから故郷に戻された兵士のもの。1920年11月11日の戦没者追悼記念日に、フランスの土と共に埋葬された。 最前線で大戦を戦ったデイビッド・レイルトンという牧師の発案だったとされる。レイルトン牧師が従軍中、フランスの民家の裏庭に「無名の英国兵」と鉛筆で書かれた墓を見たのが、きっかけだったという。 兵士の埋葬は大々的な国民的儀式で、参列したジョージ5世は赤いバラと月桂樹の葉の花輪を棺に捧げた。 墓は黒いベルギー産大理石で覆われ、長い追悼文が刻まれている。そこには、「神と神の家に向けて善行を果たしたため、この者を王と並んで埋葬した」という言葉も含まれている。 (英語記事 Royal wedding 2018: Bouquet laid on tomb of unknown warrior)

  • Thumbnail

    記事

    出産禁止の離島で12年ぶり新生児誕生 ブラジル

    2018年05月21日 16:45 公開 出産が禁止されているブラジルの離島で19日、12年ぶりに新生児が生まれた。出産禁止にも関わらず、新生児は島民の祝福を受けている。 ブラジル北東部の町ナタルから370キロ北東に位置するフェルナンド・デ・ノローニャ島では約3000人が暮らしているが、産科病棟はない。 妊娠した女性は、ブラジル本土に渡ることが求められる。 匿名希望の女性は19日、島で女児を出産した。女性は妊娠に気づいておらず、「絶句するほど驚いている」という。 驚きの出産 女性は22歳だとみられる。 ブラジル紙「オ・グローボ」のオンライン版記事によると、女性は「18日の夜、痛みを感じた。トイレに行くと、足の間から何かが下りてくるのが見えた」と語ったという。 「子供の父親が来て、その何かを持ちあげた。赤ちゃんで、女の子だった。絶句するほど驚いた」 生まれたばかりの女児はその後、地元の病院に運ばれた。 現地政府は声明で出産を確認した。 オ・グローボによると、声明は「匿名を希望している母親は、自宅で産気づいた」、「家族は皆、妊娠に気づいていなかった」としている。 珍しい出産を祝うため、地元住民は現在、女児の衣服を寄付するなどして家族を助けていると現地報道は伝えている。 フェルナンド・デ・ノローニャ島は世界有数のビーチを自慢としており、ブラジルの国立海洋公園の敷地内にある自然保護区でも有名だ。海がめやいるか、くじら、珍しい野鳥がよく観測される。 保護区の脆弱(ぜいじゃく)性を理由に、島では厳格な人口抑制が行われている。 (英語記事 First baby in 12 years born on remote Brazil island)

  • Thumbnail

    記事

    【ロイヤル・ウェディング】 2人は何と言っていたのか 読唇術で

    19日に行われた結婚式で、新郎新婦が言葉を交わす様子が見られたが、なんと言っていたのか。諸説あるが、BBCは読唇術の専門家、ティナ・ラニンさんに解読してもらった。

  • Thumbnail

    記事

    「貧困は性差別的」 著名人ら、世界の指導者に性不平等の是正求める

    2018年05月21日 15:37 公開 米人気司会者で俳優のオプラ・ウィンフリーさんや米俳優のメリル・ストリープさんら多くの有名人が、世界中にある性の不平等を是正する緊急対応を取るよう、世界各地の指導者に求めている。 ウィンフリーさんやストリープさんは、国際チャリティ団体「ONE」がまとめた公開書簡に署名し、各国の政治指導者に具体的な対応をとるよう「警告」した。 署名した著名人140人は、全ての少女に教育機会を提供し、「女性のため歴史的変化」を実現するため、各国指導者に自分たちの権力を使うよう呼びかけた。 映画「ブラックパンサー」に出演したレティシア・ライトさんやチャドウィック・ボーズマンさんも署名した。 マイケル・シーンさんやサンディー・ニュートンさん、ナタリー・ドーマーさんといった英俳優や、レナ・ダナムさん、ナタリー・ポートマンさん、イッサ・レイさんといった米俳優も、呼びかけに賛同した。 セクシュアル・ハラスメントに対抗する最近の運動の広がりを受け、テレビドラマシリーズ「ナッシュビル」に主演するコニー・ブリットンさんは声明で「性差別やシステム的な性不平等が我々の社会にもたらしている有害な影響に対する関心の驚くべき高まりを、我々は目撃している」と述べた。 米エミー賞受賞俳優のブリットンさんは「今年の私の望みは、全員が、特に私たちの指導者が、完全な平等のための闘いに加わることだ」と述べ、公開書簡への支持を表明した。 公開書簡は貧困について、最も打撃を受けるのは女性だと指摘。「私たちは、最も貧しい女性が見過ごされているのを傍観などしません」としている。 世界経済フォーラムは昨年、男女格差の解消には、今の変化のペースのままではあと100年かかると報告を発表した。 主催者は、さらに大勢が公開書簡に署名して欲しいと希望している。 この書簡には、エンターテインメント業界以外からも多くの大物が支持を表明している。マデリン・オルブライト元米国務長官、フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)、米ウェブメディア「ハフィントン・ポスト」の創立者アリアナ・ハフィントンさん、ナイジェリアのンゴジ・オコンジョ・イウェアラ元財務大臣、モザンビークの政治家グラサ・マシェルさんらも支持者に名を連ねた。 公開書簡の内容は以下の通り――。 「親愛なる世界の指導者の皆様へ 私たちは皆さんに警告します。 教育を受けていない1億3000万人の少女のために。銀行口座を開けない10億人の女性のために。今日、児童婚で幼い妻になった3万9000人の少女のために。同じ仕事をしても男性より安い賃金しかもらえていない世界中の女性のために。 女性が男性と同じ機会を与えられている場所は、地球上のどこにもありません。しかし、性格差は、貧困状態で暮らす女性にとって、より大きく広がっています。 貧困は性差別的です。そして私たちは、最も貧しい女性が見過ごされているのを傍観することはありません。 あなたがたは、女性のために歴史的な変化を今年中に実現する力を持っています。G7からG20まで。アフリカ連合から、皆さんの国の年間予算まで。私たちは皆さんが約束を実現するよう、背中を押し続けます。そして約束を確実に実現するか、見届けます。実現できなければ責任を問いただします。そして、もし変化を実現できたら、私たちは真っ先に皆さんの進歩を称えます。 世界中の女性と少女に正義が実現するまで、私たちは止まりません。 なぜなら、全員が平等になるまでは、誰も平等ではないので」 (英語記事 Gender inequality: Stars tell world leaders poverty is sexist)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、米司法省に捜査要請 大統領選で自陣営にFBI「潜入」と

    status/998191501451628544 <解説>前例のない恐怖――アンソニー・ザーカーBBC北米特派員 ロバート・ムラー氏は捜査範囲を広げている様子で、ドナルド・トランプ氏はそれを強く不満に思っている。 トランプ氏による20日の連続ツイートのきっかけになったらしいニューヨーク・タイムズ記事は、ロシアだけでなく、サウジアラビアとイスラエルを含む中東諸国の政府筋がトランプ陣営に支援を申し出ていたという疑いを、ムラー氏たちが捜査していると伝えている。米国の選挙手続きに対する外国人のこのような関与は、違法となるはずだ。 トランプ氏はニューヨーク・タイムズを非難したあと、民主党を攻撃し、さらには自国の司法省をツイッターで攻撃した。 大統領は公式要請のような表現で、指示をツイートした。しかし、その後の対応はほとんどない。だが、もし大統領が真剣だとすれば、ニクソン政権のウォーターゲート事件以来、大統領の干渉から守られてきた司法省の捜査過程に、干渉しようとする前例のない動きに相当するかもしれない。 情報各機関が結託して自分を陥れようとしている――。トランプ氏がこう信じているのは明白だ。本人の脳内では、情報機関は自分の友人たちを追及する一方で、自分の敵に手加減している。大統領はこの形勢を、逆転させようとしているのだ。 (英語記事 Trump seeks probe into FBI election campaign 'infiltration')

  • Thumbnail

    記事

    ハワイ・キラウエア噴火 高速の溶岩流が住宅地に

    2018年05月21日 13:40 公開 ハワイ諸島最大の島、ハワイ島のキラウエア火山が5月に入り、噴火活動を続けている。17日には山頂付近で爆発的な噴火があり、18日には第20亀裂からの溶岩流が、南東部の住宅地に流れ込んだ。 高速に動く溶岩流は、主な避難路となる幹線道路を遮断しつつあり、ハワイ観測所の専門家は懸念をあらわにしている。

  • Thumbnail

    記事

    【ロイヤル・ウェディング】 夕方のパーティーにはジャガーの電気自動車で

    2018年05月21日 11:25 公開 英ウィンザー城で挙式したサセックス公爵夫妻、ハリー王子とメガン妃は19日夕方、チャールズ皇太子主催の披露宴に出席するため、オープンカーに乗り込む様子を報道陣に公開した。 メガン妃はステラ・マッカートニーがデザインしたシルククレープ・ドレスに着替えていた。 2人が乗ったのはジャガーの電気自動車、「Eタイプ・ゼロ」だった。

  • Thumbnail

    記事

    【ロイヤル・ウェディング】 駆け出したい気持ち? 先導の馬に注目

    2018年05月21日 10:47 公開 英ウィンザー城で19日に挙式したサセックス公爵夫妻、ハリー王子とメガン妃が礼拝堂を出て馬車でウィンザー市内に向かう際、先導の馬が1頭、列を外れて駆け足しようとした姿が注目された。

  • Thumbnail

    記事

    【ロイヤル・ウェディング】 写真で見るゲストたち クルーニー夫妻にベッカム夫妻

    2018年05月19日 21:58 公開 英ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で5月19日、ハリー王子とメガン・マークルさんの結婚式に約600人の招待客が集まった。中には、米人気司会者オプラ・ウィンフリーさんや映画スターのジョージ・クルーニーさん、ミュージシャンのエルトン・ジョンさんなど著名人も大勢いた。 (英語記事 Royal Wedding 2018: The guests, from Oprah to Elton John)

  • Thumbnail

    記事

    【ロイヤル・ウェディング】 見ないで過ごす10の方法

    2018年05月19日 20:05 公開 アレックス・レーガン、BBCニュース 5月19日に英国や米国の一部の人は、ハリー王子とメガン・マークルさんの結婚式をテレビで見たり、各地の道路で開かれるストリートパーティーの準備に余念がなかったり、国旗のユニオンジャックをマントのように羽織ったり、天気を気にし続けたりして過ごす。しかし、誰もがそうだとは限らない。人ごみや騒ぎや旗の飾りは大嫌いだとか、派手で仰々しい儀式は勘弁して欲しいなど、ロイヤル・ウェディングにつきもののあれやこれやを避けたい人もいる。 後者の人には、この日の過ごし方をいくつか提案したい。 1.FA杯決勝戦を観る ずっとテレビの前にはいたいけれども、ロイヤル・ウェディングを観るのはごめんだという人は、サッカーのFA杯が最高の代替案だ。スポーツ・ファンにはチェルシーとマンUの雪辱戦をお勧めしたい。 ただし、試合のキックオフは午後5時15分(日本時間20日午前1時15分)。ロイヤル・ウェディングは正午(日本時間19日午後8時)に始まるので、サッカーだけで完全に避けるのは難しい。 ロイヤル・ウェディングのせいで、ケンブリッジ公爵ウィリアム王子の日程も大変なことになった。新郎の兄は英サッカー協会(FA)の会長で、会長は通常、FA杯を優勝チームに手渡すものだ。しかし会長は今年は、ウェンブリー競技場ではなく弟の結婚式を選んだ。 スコットランドのサッカーを観たい人には、セルティックとマザーウェルの決勝戦が午後3時に始まる。 2.地下にもぐる ロイヤル・ウェディングの日にどこへ行こうと、結婚式のニュースは次々と携帯電話に流れこんでくる。あなたの友人たちのせいで。フェイスブックやツイッターやインスタグラムに、次々と。なんでそれを避けるには、たとえば地下にもぐるという手もある。文字通り。 英南西部サマセットにあるチェダー・ゴージの洞窟の周りは、通信用の電波が届かない。ゆえに、ハリー王子とメガンさんに関する投稿を一切避けたい人にはぴったりだ。おまけに、家族全体が楽しめて勉強にもなる目的地だ。 サマセットまで行くのが難しければ、北ヨークシャーのホワイト・スカー洞窟もお勧めできる。 米国にいる人は、ケンタッキー州マンモス洞窟がいい。600キロ以上の通路があり、電波はまったく届かない。 3.映画館へ 地下洞窟をさまよいたくても手頃なのがない人は、映画館が一番いいかもしれない。 暗い空間に2時間。そこにいる誰も、ウィンザー城で進行している出来事を追いかけていないはずだ。 英国と米国では今週末、人気のマーベル映画「デッドプール2」や、イアン・マキューアン原作の人間ドラマ「On Chesil Beach」(原作邦題「初夜」)などが公開される。 4.バスケットボール観戦 米ドラマで人気の女優メガン・マークルさんが、英王室のハリー王子と結婚するとあって、米国人の関心も高まっている。主要ネットワークの報道ぶりは、英国での報道よりも大掛かりで、それだけに関心のない米国人がロイヤル・ウェディングを避けるのは実に大変だ。 米国では幸いにして、バスケットボールがある。NBAイースタン・カンファレンスのプレイオフでは、ボストン・セルティックスとクリーブランド・キャバリアーズが対戦している。 このカードではセルティックスが2勝0敗とリードしているが、キャブスは過去3年連続でNBAファイナルに進出している。それに、キャブスには大スター選手のレブロン・ジェイムズがいるのだ。 セルティックス対キャブスの3回戦は米東部時間午後8時半(日本時間20日午前9時半)に始まる。 5.寝坊する ロイヤル・ウェディング報道を避けたければ、布団をかぶって寝過ごすのもいい。 米国の人たちにとっては、これほど簡単な方法もない。式典は、東部時間の午前7時に始まるので。しかし英国でこの「寝坊方式」をとりたい人は、アイマスクを用意するといいかもしれない。開始時間は正午なので。 6.王室コメディを観る 王室の結婚のことなど考えようものなら、頭に血が上るという人は、王室の結婚をネタにしたコメディの全国放送に、ホッとするかもしれない。 英チャンネル4のコメディ「ウィンザー家」は、王室を題材にしたパロディドラマで、ハリー王子とメガンさんの結婚記念スペシャルを放送する。 すでに15日放送済みだが、19日にも再放送される。 7.ボクシングを楽しむ 幸福な結婚生活にあまり興味がない人は、男同士の殴り合いを観るのもいいかもしれない。「バーリーの暗殺者」ことリー・セルビーが、 IBF世界フェザー級タイトル防衛戦で、ジョシュ・ウォリントンに対戦する。 注目の一戦は北部リーズで19日夜に行われる。 8.王室反対集会に行く 自分だけでなく、王室の結婚と何のかかわりも持ちたくない仲間と一緒に過ごしたいなら、王室廃止派団体「リパブリック」が、国際大会を予定している。議題は、欧州における共和主義運動の未来についてだ。 ロンドンでの共和主義大会には、スコットランド国民党のトミー・シェパード下院議員や労働党のエマ・デント・コード下院議員のほか、デンマーク、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデンなどからの参加者が登壇する。 9.BBCのサイモン・マコーイを観る https://twitter.com/bbcthree/status/920733732683898881 王室行事の生中継の最中には、何時間ものあいだ大事なことは何も起きないということもあり得る。 BBCニュースのベテラン・アナウンサー、サイモン・マコーイは王室関係の中継が高く評価されている。愛国心が盛り上がりまくる人が大勢出るなかで、マコーイ・アナウンサーは英王室が昨年10月に、ウィリアム王子夫妻の第3子が春に誕生予定と発表した際、「妊娠の発表がすでに9月にあり、妊娠2、3カ月とすでに分かっていたわけですから、これはいったいどこまでニュースなんでしょうかね」と淡々とコメントした。 10.どこもガラガラで行列無用なのを利用する ロイヤル・ウェディングに歯ぎしりする人もいるだろうが、利点もある。大勢がテレビの周りに集まり、ぬるいフィンガーフードを喜んで食べている間、どこにも行列がないのを活用すればいいのだ。 地元のガーデンセンターで鉢植えを買うにしろ、スーパーで大量の買い物をするにしろ、あるいはホームセンターで間違って買っていまった移植ごてを返品するにしろ、今日のあなたはやりたい放題だ。 (英語記事 Royal wedding 2018: Ten different ways to spend the day)

  • Thumbnail

    記事

    ハリー王子とメガンさん、ウィンザー城で挙式 英ロイヤル・ウェディング

    2018年05月19日 19:33 公開 19日正午(日本時間同午後8時)からの式で、ハリー英王子と米女優メガン・マークルさんがウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で結婚した。カンタベリー大主教とウィンザー主席司祭の司式のもと、エリザベス女王と参列者600人の前で、結婚の誓いを交わした。 エリザベス女王は先に、ハリー王子にサセックス公爵位を授けた。挙式をもって、ハリー王子とメガンさんは、サセックス公爵夫妻となった。ハリー王子はさらに、ダンバートン伯爵とキルキール男爵の称号も得た。 メガン妃のウェディングドレスは、女性として初めて仏オートクチュールメゾン「ジバンシィ」を率いる英国人デザイナー、クレア・ワイト・ケラーさんによるもの。 頭にはエリザベス女王が提供した、メアリー王妃のダイアモンド・ティアラをつけていた。ベールは長さ5メートルで、英連邦各国を表す花が刺繍(ししゅう)されていた。 メガンさんには10人のブライズメイド(付き添い人)と聖書を運ぶページボーイが着いた。ブライズメイドとページボーイは全員8歳以下で、ウィリアム王子の息子のジョージ王子と、娘のシャーロット王女も参加した。 メガンさんの父親トーマス・マークルさんは健康上の理由で結婚式を欠席。礼拝堂内で新婦を祭壇までエスコートする役は、ハリー王子の父親、チャールズ皇太子が行った。 結婚の誓いで、メガンさんは夫に「従う」という表現は使わなかった。 米国出身のメガンさんの結婚を称え、米聖公会のマイケル・カリー首座主教がシカゴから出席し、「愛の力」について熱烈な説教を披露した。 2015年に米聖公会初の黒人首座主教となったカリー主教は、マーティン・ルーサー・キング牧師を引用しながら、「愛には力がある。私の言うことを信じなくても、自分が最初に故意に落ちたときのことを思い出してください。世界中が自分と自分の愛する人を中心に回っている気がしたでしょう。愛には力があります」、「私たちは愛の力で生まれ、愛の力によって生きるのです」、「私たちの命の源は、真実の愛です」などと熱弁した。 カリー主教は米国の教会指導者らしく、両手を振り上げ全身を使って、「愛が道になれば、私たちは剣や盾を川辺に置き、戦争を学ぶことをやめる」、「愛が道になれば、あらゆる神の子が生きる場所がたっぷりできる」などと力説した。 この後には、「スタンド・バイ・ミー」のゴスペル合唱が礼拝堂に響き渡った。 ハリー王子とメガンさんは挙式後、礼拝堂の外に並び、夫妻として口付けを交わした。それから4頭立ての馬車に乗ってウィンザー市内を通り、沿道を埋めた約10万人の祝福を受けた。 <おすすめ記事> メガン妃のウェディングドレスを徹底解説 【ロイヤル・ウェディング】 見ないで過ごす10の方法 非英国人のためのロイヤル・ウェディング・ガイド 婚約発表のハリー英王子「天の配剤」 求婚はチキンを焼きながら 前日の18日、ウィンザーの群衆の前に現れたハリー王子は「リラックスしている」と話した。メガンさんは「素晴らしい気持ち」と答えた。 また、これまで王室の男性は結婚指輪をしない慣習だったが、ハリー王子は着けることを選んだ。 王室の発表によると、ハリー王子の指輪はざらざらした加工のプラチナ製。メガンさんの指輪はウェールズ産の金を使ったものだという。 結婚式には600人が招待された。米司会者オプラ・ウィンフリーさん、英俳優イドリス・エルバさん、米俳優ジョージ・クルーニーさんとアマル夫人、デイビッド・ベッカムさんとビクトリア夫人などが含まれた。 一方、今回の結婚式は国家行事ではないため、政治家は招待されなかった。 テリーザ・メイ英首相はツイッターで、「ハリー王子とメガン・マークルさんの結婚に心よりお喜び申し上げます。この全国的なお祝いでストリート・パーティーやその他のイベントに出席する皆さん、よい1日をお過ごしください」と祝辞を述べた。 https://twitter.com/theresa_may/status/997751337789116417 このほか、慈善活動などで活躍する一般人1200人が、ウィンザー城での式典に参加する。 聖ジョージ礼拝堂は入り口から祭壇まで、白いバラ、シャクヤク、ジキタリス、ブナやカバ、シデの枝で飾り付けられた。 結婚式の後、ウィンザー城の聖ジョージの間でエリザベス女王主催の昼食会が開かれた。 午後には、チャールズ皇太子主催で、ウィンザーにある王室所有地フロッグモア・ハウスを会場に、新郎新婦の親しい友人200人を招いたパーティーが開かれる。 結婚式や披露パーティーの費用は、王室が負担する。 ウィンザー市内には1週間前から2人の幸福を願う何千人もの人々が集まった。うち何百人かは野宿をして場所を確保していた。 (英語記事 Guests arrive for Harry and Meghan's wedding)

  • Thumbnail

    記事

    米テキサス州の高校で銃乱射、10人死亡 17歳の生徒逮捕

    2018年05月19日 13:52 公開 米テキサス州サンタフェの高校で18日、在校生による銃の乱射事件があり、10人が死亡、10人が負傷した。州当局が明らかにした。 調べによると、銃撃犯は在校生のディミトリオス・パグルチス容疑者(17)。父親が正規に所有していた散弾銃と回転式拳銃を使ったとされる。殺人罪で逮捕・訴追され、ガルベストン郡刑務所に勾留された。 テキサス州のグレッグ・アボット州知事は、学校の内外で「色々な種類の爆発装置」が見つかったと明らかにした。「二酸化炭素装置」や「火炎瓶」が含まれていたという。 アボット知事によると、容疑者の日記やコンピューターや携帯電話などに、犯行計画とみられる内容が記録されており、本人は犯行後に自殺するつもりだと書いていた。 その上で知事は、容疑者が自分で死ぬ勇気がなかったため「投降した」と述べた。 事件のあったサンタフェ高校はヒューストンから約65キロ南にある。ダン・パトリック副知事によると、事件当時の校内には生徒1400人がいた。 サンタフェ警察のジェフ・パウェル本部長は、不審物に気をつけるよう住民に呼びかけた。「変だと思うものには触れないように」と注意喚起した。 被害者のほとんどは生徒だったが、地元報道によると、高校に常駐するジョン・バーンズ警官も重傷を負った。 事件の推移 生徒たちによると、容疑者は午前8時(日本時間午後10時)前、美術の授業に押し入り、発砲を開始した。 「誰かが散弾銃を手に教室に入って、撃ち始めた。女の子が脚を撃たれた」と、目撃者の1人が地元テレビ局に話した。 生徒の1人は地元局に、異変に気づいた教師が火災報知機を鳴らして、校内の全員を避難させたと説明した。 生徒のダコタ・シュレイダーさんは米CBSニュースに、火災報知機が鳴り始めると誰もが走って逃げ出したと話した。 「警報が鳴って、みんなで顔を見合わせたら、バン、バン、バンって聞こえたんです。隠れようと一番近い階に必死で走って、母親に電話しました」 別の生徒、デイモン・レオボンさんはCBSに、大きな破裂音が聞こえて教室の外を見たところ、銃撃犯がそこにいたと話した。「黒いトレンチコート、背は低い奴で、銃身を切り落とした散弾銃を持っていた」。 <おすすめ記事> 銃社会アメリカ 数字で見る被害と支持 「銃のいかなる禁止も支持しない」 全米ライフル協会 【フロリダ高校乱射】 なぜ戦争の武器が簡単に買える 生徒が大統領に 各界の反応 今年2月にフロリダ州パークランドで乱射事件のあった高校の生徒たちによる、銃規制強化運動「March For Our Lives(自分たちの命のために行進)」はツイッターで、サンタフェ高校の生徒たちに「皆さんを支えるため、出来ることは何でもします」と連帯の気持ちを示した。 運動はさらに、「今年に入って起きた学校乱射はこれで22件目ですが、なかったことにして忘れないでください。これは(銃所持の)自由の代償などではありません。私たちの学校で起きた事件以降、今回のこれは最悪の銃撃事件です。行動を起こさない限り、こういう悲劇はこれからも続きます」と呼びかけた。 https://twitter.com/AMarch4OurLives/status/997504434736455682 ホワイトハウスで刑務所改革を呼びかけるイベントに出席していたドナルド・トランプ米大統領は、「とてつもなく恐ろしい」事件だと乱射事件に言及した。 「私の政権は、生徒を守り、学校の安全を守り、自他に対して危険な人間が武器を手にできないよう、出来る限りのことをする覚悟だ」と大統領は述べた。 トランプ氏はさらに、ホワイトハウスをはじめ全ての公的機関の建物の国旗を半旗にするよう指示した。 大統領はフロリダ州の事件後、教員に銃を携行させ、射撃訓練を施すべきだと主張していた。2週間前にダラスで開かれた銃所有権を推進する強力なロビー団体、全米ライフル協会(NRA)の集会でも、同様の主張を繰り返した。 テキサス州のアボット知事は、「テキサスの学校の歴史で最も卑劣な」事件のひとつだと非難し、「学校にいる罪のない子供たちを攻撃する人間が、どれほど凶悪なのか、言葉にするのは不可能だ」と述べた。 ファーストレディのメラニア夫人は、「サンタフェとテキサス全体を思っています」とツイートした。 過去の学校乱射事件と比較すると フロリダ州のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校では今年2月14日、元生徒による乱射事件で17人が死亡した。米国の学校で大勢が死傷する乱射事件は、それ以来。 5月16日にはイリノイ州ディクソンで、退学処分になった19歳の元生徒が構内で発砲しようとするのを、警官が撃って負傷させ、未然に防いだ。生徒や警官に負傷者はなく、容疑者は軽傷で病院に運ばれた。 米国の教育機関で起きた過去最悪の乱射事件は、2007年4月にバージニア工科大学で起きた事件で、33人が死亡し25人が負傷した。容疑者は現場で自殺した。 米教育専門サイト「Education Week」によると、2018年に全米で死傷者の出た学校発砲事件は13件(サンタフェ高校を含む)。死傷者は92人(死者は32人)。 米紙ワシントン・ポストによると、今年に入って学校乱射事件で死亡した人数は、軍関係者の死者数(任務中の事故含む)29人よりも多い。 事前の兆候は 調べによると、パグルチス容疑者は、日記などに犯行計画と思われるものを残し、実行後は死ぬつもりだと書いていた。 しかしアボット州知事は報道陣に、今回は他の乱射事件と異なり、捜査当局が以前から同容疑者を把握していたわけではないと話した。 「パークランドや(テキサス州)サザーランド・スプリングス(教会乱射事件)と違い、事前の危険信号はなかった。赤い危険信号と呼ばれる兆候があるが、今回の場合はまったくなかったか、察知できないほどのものだった」と知事は述べた。 容疑者はソーシャルメディアに、自分は無神論者で「政治は大嫌いだ」と書いていた。4月30日には、「Born to Kill(殺すために生まれた)」というスローガン付きTシャツの写真を投稿していた。 (英語記事 Santa Fe school shooting: 10 dead and 10 wounded in Texas)

  • Thumbnail

    記事

    キューバ・ハバナ近くで旅客機墜落 100人以上死亡

    2018年05月19日 12:00 公開 キューバの首都ハバナのホセ・マルティ国際空港近くで18日正午すぎ、国営クバーナ航空の旅客機が墜落し、100人以上が死亡した。キューバ国営メディアが伝えた。生存者3人が見つかったが、重体だという。 報道によると、墜落機はボーイング737-201型。ハバナ発ホルグイン行きの国内線で、離陸から間もなく墜落した。機体は、メキシコのアエロリネアス・ダモジ社(別名グローバル・エア)が、クバーナ航空に貸し出していた。 グローバル・エアによると、事故機は乗客乗員110人。乗員のうち6人はメキシコ人という。キューバ国営サイト「クーバデバーテ」によると、乗客のほとんどはキューバ人で、5人が外国人だったという。 キューバのミゲル・ディアスカネル国家評議会議長は墜落現場を訪れた後、「不運な航空事故があった。情勢はあまり楽観できない。どうやら多数の犠牲者が出ているようだ」と説明した。 メキシコ当局によると、事故機は1979年製造で、昨年11月の定期検査に合格している。グローバル・エアは旅客機を3機、運航している。 ボーイング社は、「米国法に認められる形で、かつ米国家運輸安全委員会とキューバ当局の指示に沿って」、現地に技術チームを派遣する用意があると発表した。米国は1962年以来、キューバとの貿易を原則禁止する厳しい経済制裁を科している。 メキシコの運輸当局は「離陸時に問題が発生した様子で、機体は地面に急降下した」と明らかにした。 墜落現場の映像からは、大量の煙が立ち上っている様子が見える。 スーパー店員ホセ・ルイスさんはAFP通信に、「出発するのが見えた。いきなり向きを変えて、墜落した。みんなびっくりしてしまった」と話した。 ラジオ・ハバナ・キューバはツイッターで、事故機は首都から約20キロ南、ハバナからボイェロスへ向かう道路に墜落したと書いた。 航空業界の調査によると、2017年には旅客機の墜落はなく、民間航空にとって史上最も安全な1年だった。しかし今年に入ってからは航空事故がいくつか発生しており、4月にはアルジェリアで軍用機が離陸直後に墜落して250人以上が死亡している。 (英語記事 Havana plane crash leaves more than 100 dead)

  • Thumbnail

    記事

    ヤニー? ローレル? どうしてこうも違って聞こえるのか

    2018年05月18日 18:49 公開 どう聞いても「ヤニー」だ。いや、「ローレル」にしか聞こえない。同じ音源なのにどうして人によって聞こえる音がこうも違うのか、専門家に説明してもらった。

  • Thumbnail

    記事

    ハリー王子とメガンさん、2人のこれまで 英ロイヤルウェディング

    2018年05月18日 17:18 公開 昨年9月に2人で公の場に姿を現して以降、ハリー王子とメガン・マークルさんはさまざまなイベントなどに参加してきた。 婚約中の2人の姿を振り返る。