検索ワード:BBC/4714件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏が選挙戦に復帰、支持者に「キスする」 陽性判定から2週間たたず

    2020年10月13日 17:27 公開 新型コロナウイルスに感染し一時入院していたドナルド・トランプ米大統領は12日、フロリダ州サンフォードで支持者集会を開いた。 ウイルス検査で陽性と判定されてから2週間たたないうちに選挙活動に復帰した。 熱狂的な支持者を前に、「今は免疫がついているらしい」、「本当に力がみなぎっている気がする」などと話し、自らの回復ぶりをアピールした。 また、会場に集った「全員にキスする。男たちにも、美しい女性たちにも。皆さんに盛大にキスする」と述べた。

  • Thumbnail

    記事

    フェイスブック、ホロコースト否定の投稿を禁止

    2020年10月13日 14:54 公開 ソーシャルメディア最大手米フェイスブックは12日、第2次世界大戦中のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を否定する投稿を初めて禁止した。同社は新規則によって、「ホロコーストを否定したり歪曲(わいきょく)したりする内容」を禁止すると発表した。 創設者のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は同日、こうした投稿の禁止と表現の自由の間で苦慮したものの、「これが正しいバランス」だと判断したと明らかにした。 ザッカーバーグ氏は2年前に、「事実を間違った」からといってそうした投稿を自動的に削除すべきではないと発言。「僕はユダヤ人で、ホロコーストを否定する人たちのがいるのは、本当にとんでもないことだと思う。けれども、人が間違うことはいろいろあるので、うちがプラットフォームとして削除すべきだとは思わない。わざと間違えているのだとは思わないので」と述べ、幅広い層から批判された。 しかし、ザッカーバーグ氏は12日にフェイスブックに投稿した中で、「反ユダヤ暴力が増加していると示すデータを見て、自分の考え方が進化した。スピーチ(憎悪発言)全般への我々の方針も、同様に進化した」と方針転換を説明した。 「容認できる発言とできない発言の間に、正しく線引きするのは簡単なことではない。けれども世界の現状からして、これが正しいバランスだと思う」と、ザッカーバーグ氏は書いた。 フェイスブックは今年に入り、反ユダヤ人の偏見を含めヘイトスピーチの投稿を禁止した。しかし、ホロコースト否定はまだ否定されていなかった。 フェイスブックのコンテンツ・ポリシー担当、モニカ・ビッカート副社長は、「世界中で反ユダヤ主義が増加しているという複数の報告や、ホロコーストに対する心配なほどの知識不足が特に若者の間で広まっていること」などから、今回の対応に踏み切ったと説明した。 年内にはフェイスブック上でホロコーストやその否定について検索した場合、「信用できる」情報が表示されるようになるという。 ただし、自動化システムやスタッフの訓練には時間がかかるため、新施策がたちまちに実施されるわけではないと述べた。 この件についてフェイスブックと協議していた世界ユダヤ人会議は、今回の決定を歓迎した。 「ホロコーストを否定したり、大したことではないと矮小化(わいしょうか)したり、ささいなこと扱いする行為は、ユダヤ人やその他の少数者について憎悪やニセの陰謀論を広める手段に使われている」と、同団体は声明を発表した。 ただし、フェイスブックからホロコースト否定論を削除するよう、「数年前から」活動していたことにも触れた。 名誉毀損防止連盟(ADL)のジョナサン・グリーンブラット代表はツイッターで、「これは何年も前からの努力の成果だ」と指摘。「自分自身がフェイスブックとやりとりした経験から、今回のホロコースト否定禁止は大きな成果だと言える(中略)ついに実現して良かった」と書いた。 (英語記事 Facebook bans Holocaust denial content)

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 トランプ氏、フロリダで支持者集会 「みんなにキスする」

    2020年10月13日 12:18 公開 ドナルド・トランプ米大統領は12日、フロリダ州サンフォードで支持者集会を開いた。新型コロナウイルスに感染していると2日未明に発表したトランプ氏はこの日、マスクを外して数千人を前にし、「自分はもうかからない」、「力がみなぎっている気がする」などと述べた。また、自分には「免疫がついた」ため、「皆さんの中に入って、みんなにキスして回る」と話した。ホワイトハウスは同日、トランプ氏が「陰性」で「他人にうつすことはない」という主治医の診断を発表した。 激戦州フロリダの屋外会場には、数千人が集まった。その多くはマスクをしていなかった。 トランプ氏は自分もマスクを外し、「自分はもう免疫がついてかからないらしい。本当に力がみなぎっている気がする。皆さんの中に入って、全員にキスする。男たちにも、美しい女性たちにも。皆さんに盛大にキスする」と述べた。 トランプ氏はほかに、自分の政権下で株価が上昇したと強調。宇宙軍の創設や、複数の保守派判事を連邦最高裁に送り込んだことを、自分の功績として挙げた。また、感染対策のための規制継続を求める民主党を批判し、対立候補ジョー・バイデン前副大統領について、知的能力が不十分だと非難した。 「もう4年!」と繰り返す参加者の多くは、トランプ氏がこうして公の場の行事に出席するのは別に早すぎないし、むしろ尊敬に値すると話した。 「陰性」と主治医 ホワイトハウスは同日、トランプ氏が抗体検査で陰性と判定されたという主治医の診断を発表した。 アボット社のBinaxNOW抗体検査で複数の日にわたり陰性だったことや、その他のウイルス検査の結果から総合して、ウイルス再生を示す兆候はなく、「大統領が他人に感染させることはない」と結論したという。 トランプ氏は今週ほかに、ペンシルヴェニア、アイオワ、ノースカロライナ各州でも同様の集会を開く予定。 全国的な世論調査では、野党・民主党のバイデン大統領候補のリードが続く。そうした中でトランプ氏は、大票田フロリダ州やペンシルヴェニア州での勝利を必要としている。 注目されるフロリダの行方 人口が多く、そのため大統領に直接投票する選挙人の数も多いフロリダ州などで勝てば、全国的な世論調査の支持率がどうであっても、大統領選に当選することができる。 <関連記事> 【米大統領選2020】 どういう仕組みかなるべく簡単に解説 【米大統領選2020】 世論調査を追う どちらが有利か 米大統領選特集 フロリダ州の選挙人は29人で、同州で勝った候補はこの29人全員を獲得する。全国の選挙人の過半数270人を獲得した候補が、大統領になる。逆に、フロリダを落とした候補が当選するのは非常に難しい。 トランプ氏は2016年に僅差でフロリダ州で勝利した。ニューヨーク出身のトランプ氏は、昨年9月にフロリダ州に住民登録を変更している。 バイデン氏は全国的な世論調査では10ポイント前後、トランプ氏にリードしているが、各種世論調査の平均によるとフロリダ州では3.7ポイント差と接戦状態にある。 フロリダ州では新型コロナウイルスのため1万5000人以上が死亡している。 バイデン氏は13日に、同州を訪問する予定。 この日のバイデン氏はもうひとつの激戦州オハイオを訪れ、2カ所で遊説。 「トランプ大統領は今日サンフォードを訪問し、無謀な行動と分断をあおる物言いだけを持ち込み、恐怖をあおった」と非難した。 (英語記事 US election 2020: Trump back on campaign trail in Florida)

  • Thumbnail

    記事

    米最高裁判事の公聴会始まる 与野党が激しく対立

    ない主張と脅迫戦略を繰り広げ」、バレット氏と「彼女の宗教的信仰を徹底してけなす」だろうと予測した。 BBCのアンソニー・ザーカー北米担当記者は、この日の公聴会では民主党側が、妊娠中絶の問題を避けたと指摘。賛否両論が巻き起こるトピックには触れず、同党にとって望ましい政治環境をつくろうとしたと説明した。 また、共和党側については、指名承認をめぐる状況は異常かもしれないが、承認に至る自信をもっていると解説した。 承認手続きはどう進む? 上院司法委員会の公聴会は、今週いっぱい続くと見込まれている。 終了後、委員会は採決によって、指名を承認して上院本会議にかけるかを決める。どの委員も、採決前に1週間の時間を求めることができる。議場外でリモート投票ができるのかは明らかになっていない。 委員会がバレット氏の指名を承認すれば、上院本会議での採決へと移る。共和党側はすでに、承認に必要な51票を確保しているとみられる。 共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は、大統領選までに本会議での採決を終わらせると宣言している。 予想外のことが起こらない限り、民主党がバレット氏の最高裁判事就任を止めることは難しいとみられている。 激しい政治対立 ギンズバーグ氏が9月18日にがんで死去して以降、共和党上院議員らは、大統領選に合わせて最高裁判事の指名を押し通そうとするのは偽善的だと批判されている。 マコネル上院院内総務は前回大統領選があった2016年、バラク・オバマ大統領(当時)によるメリック・ガーランド氏の最高裁判事指名について、公聴会を開くのを拒んだためだ。 大統領選の237日前に発表されたガーランド氏の指名は、上院で多数を占める共和党によって阻まれた。共和党上院議員らは、最高裁判事は大統領選のない年に決められるべきだと主張した。 マコネル氏は今回、バレット氏の指名を称賛している。 民主党議員らは共和党議員らに対し、これまでと一貫した態度を取るべきだと主張。有権者の判断を仰ぐべきだとしている。共和党議員らは、民主党側も2016年以降、姿勢を変えていると反論している。 民主党大統領候補のバイデン氏は、トランプ氏によるバレット氏の指名について、「権力の乱用」としている。 バイデン氏はこれまで、大統領に当選した場合、民主党として最高裁判事の定員を増やす考えがあるのかについてコメントを拒んでいる。 (英語記事 Trump pick testifies in tense Supreme Court hearing)

  • Thumbnail

    記事

    ベラルーシ、警察に殺傷能力ある武器の使用許可 抗議デモ9週目

    民を拘束 ベラルーシ当局、野党指導者を訴追 「安全保障を損なう動きを扇動」 ベラルーシ、BBC記者などの取材許可を取り消し 抗議デモ続くなか 「市民が攻撃性を見せ始めた」 ベラルーシ内務省は12日、首都ミンスクで行われた無許可の抗議デモで、警察が閃光弾や催涙ガスを使用したことを認めた。このデモには年金受給資格を持つ高齢者が多数参加していた。 同省報道官は「市民が攻撃性を示し始めた」ため、措置を講じたと述べた。 ゲンナジー・カザケヴィチ第一内務次官は11日のミンスクでの抗議デモについて、「次第に組織化され、極めて過激になった」と述べる一方、現在ではミンスクに集中していてそれほど広範に行われてはいないと付け加えた。 また、抗議者たちが11日午後に石や瓶を投げ、刃物を振り回していたが、夕暮れまでにはバリケードを築いてタイヤに火をつけ始めたとした。 カザケヴィチ氏はビデオ声明で、「これは市民の抗議とは無関係なことだ。我々は攻撃だけでなく、過激派や急進派、無政府主義者などの集団、そしてサッカーのフーリガンと対峙(たいじ)している」と述べた。 「内務省を代表し、伝えておく。我々は街中から撤退せず、この国の法を守ると。法執行官や兵士たちは必要に応じて、特別な装備や殺傷能力のある武器を使用することになる」 8月9日に投開票が行われた大統領選をめぐっては、選挙管理委員会はルカシェンコ氏が80%以上の得票率で6選を果たしたとしている。しかし、この選挙では不正があったと広く受け止められており、退陣を求める抗議デモが各地に広がっている。 2カ月以上続く抗議デモでは、事態を鎮圧しようとするベラルーシ当局が多数の参加者や野党派活動家を残忍なやり方で取り締まり、拷問しているとして非難されてきた。 抗議者たちは政治犯の解放や、自由で公正な選挙のやり直しを求めている。 ルカシェンコ氏への制裁で合意 EUは12日、ルクセンブルクで開いた外相理事会で、ルカシェンコ氏を制裁対象に追加する方向で一致した。 ベラルーシをめぐっては、EUは2日に不正選挙や抗議デモ参加者の投獄などに関与したベラルーシ当局者40人に対する制裁を発動したが、ルカシェンコ氏は含まれていなかった。 EU外相は、ルカシェンコ氏がこの危機的状況を打開する手段としての選挙のやり直しを拒否したことで、EUにはほかに選択肢はないとしている。 「これが、悪化するベラルーシの状況に対する答えだ」と、EUのジョセップ・ボレル外務・安全保障政策上級代表は記者団に述べた。「ベラルーシ当局には、対話参加の兆しがまる見られない」。 EUやイギリス、アメリカはルカシェンコ氏の続投を承認していない。 ルカシェンコ氏は選挙での不正を否定しており、緊密な同盟関係にあるロシアのウラジーミル・プーチン大統領の後ろ盾を得ている。 プーチン氏は抗議デモが「制御不能」に陥った場合、ルカシェンコ氏を支援するためにロシア警察を派遣する用意があるとしている。 (英語記事 Belarus police authorised to use lethal weapons)

  • Thumbnail

    記事

    ジョンソン英首相、新型ウイルス感染増加は「点滅する警告灯のよう」 

    るかどうかが大事だ」と述べた。 政府に助言するリヴァプール大学のカラム・センプル教授(感染症専門)はBBCラジオに対して、新規制はもはや手遅れで、短期間の全国的なロックダウンが数週間以内に必要になるかもしれないと話した。 英国医師会(BMA)は、新しい規制は感染拡大の「原因ではなく症状」を手当てするものだとして、全国的な感染予防策の実施を求めた。 リヴァプールのジョー・アンダーソン市長(労働党)はBBCに、「規制強化の必要性については政府と同意見だ」としつつ、市が求めていた財政支援の強化に政府は応じなかったと批判した。 リヴァプール都市圏のスティーヴ・ロザラム市長(労働党)は、自分たちの地域への新しい規制は3月23日以降の全国的ロックダウンに「匹敵」するものだが、同程度の経済支援がないと述べた。 イングランド北部の一部地域は、7月下旬以来、屋内での集まりに一定の規制を設けている。 ロンドンのサディク・カーン市長は、ロンドンは「中程度」の警戒レベルだが、「状況はあっという間に変わる可能性がある」と指摘。「場合によっては今週中にも」ロンドンも「高い」警戒レベルに入るかもしれないと述べた。 (英語記事 Covid: Boris Johnson tells of 'dashboard warnings' over rise in cases / Covid: Sage scientists called for short lockdown weeks ago)

  • Thumbnail

    記事

    白人の子ども育てる黒人家族、「人種差別的な誤解」を明かす

    2020年10月12日 16:58 公開 養子を迎えることは大変だが、やりがいの大きなことかもしれない。特に、アフリカ系アメリカ人のキアさんにとっては。 黒人のキアさんは、3歳の息子プリンストンくんが赤ちゃんのときに里親になり、2歳で養子縁組した。 プリンストンくんが白人というだけで、これまでに何度も誘拐と間違われるなどしてきたという。 それでもキアさんは、世の中の偏見や先入観をなくそうと積極的に取り組んでいる。

  • Thumbnail

    記事

    【解説】 北朝鮮の大型最新ICBM、分かっている3つのこと

    2020年10月12日 15:47 公開 北朝鮮は10日未明、異例の夜間軍事パレードで新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を公開した。その「とてつもなく巨大」なミサイルは、北朝鮮の兵器に詳しいベテランアナリストたちをも驚かせた。防衛の専門家メリッサ・ハナム氏が、新型のミサイルは一体どういうものなのか、そしてなぜアメリカや世界にとって脅威なのかを解説する。 朝鮮労働党創建75周年祝賀行事は10日午前0時から、平壌の金日成広場で開催された。深夜の軍事パレードは前代未聞だった。 大規模なマスゲームが行われるなど、祝賀行事は世界中の予想どおり壮麗に演出された。そして、経済制裁や新型コロナウイルス、台風被害に直面する中、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が涙ぐみながら国民に語りかける場面もあった。 それから最後にもうひとつ、重要なことがある。今までで最大規模のICBMがお披露目されたことだ。 このミサイルについて、分かっていることを3つ解説する。 1. 金氏が誓った「戦略兵器」 2020年1月1日、国営メディアは金氏の毎年恒例の新年のあいさつに代わり、前日の朝鮮労働党中央委員会総会での同氏の発言を報じた。金氏は「先進国のみが保有する最新鋭の兵器システムを開発している」と発表した。 具体的に、開発中の「戦略」(つまり核)兵器システムに言及したというわけだ。 金氏は「今後、アメリカが時間を延ばせば延ばすほど、朝米関係の解決を躊躇(ちゅうちょ)すればするほど、予測できず強大になる朝鮮民主主義人民共和国の威力に無策のままやられるしかなく、ますます窮地に陥るようになる」と述べ、核兵器開発をあからさまにアメリカと結びつけた。 10日に公開されたICBMが、金氏が約束していた戦略兵器であり、間違いなくアメリカを標的にしている。トランプ政権との交渉が失敗に終わり、核武装を既成事実化しようとしている。 2. 米ミサイル防衛システムへの新たな脅威 北朝鮮にはすでに発射実験を終えたICBMが2種類存在する。1つは2017年に2度の発射実験を行った、単一核弾頭を搭載する「火星14」だ。射程は西ヨーロッパのほぼ全域とアメリカ大陸の約半分を収める約1万キロだ。 同じく2017年に実験を行った「火星15」の射程は約1万3000キロで、アメリカ大陸全域に到達できる。これも単一核弾頭を搭載したICBMだ。 今回明らかになった新型のICBMの発射実験はまだ行われていない。新型も2段式の液体燃料を使ったミサイルだが、長さも直径も「火星15」を上回っている。 ミサイルのエンジンが公開されるか、発射実験が行われるまでは正確な射程距離はわからないだろう。 ただし、この構造から北朝鮮の目的ははっきりした。 ミサイルの射程距離を伸ばす必要はもうない。その代わりに、ミサイル1基に複数の核弾頭を搭載することに注力している。 これは、すでに悪戦苦闘しているアメリカのミサイル防衛システムにとって、さらなる打撃になるだろう。多弾頭型に対抗するために、複数の迎撃機が必要となるからだ。 高度な核兵器を持つ国々にはMIRV(多弾頭独立目標再突入体)があり、北朝鮮も同様のものの保有を目指している。 3. 切迫した懸念材料 新型ICBMをめぐっては構造上の疑問がいくつか残っているし、実験や配備の時期は不透明だ。しかし当面の懸念は、ミサイルを輸送するのに使われたトラックにあるだろう。 北朝鮮の核戦争能力の大きな制約となっているものの1つは、発射台の数だ。結局のところ、発射台の数しかミサイルは発射できない。 アメリカは北朝鮮が発射できるのは多くてもICBM12基と見積もっている。これは、すでに確認されている発射台6台で1基ずつ発射し、アメリカの報復が始まる前に迅速に2発目を発射すると仮定した場合だ。 2010年、北朝鮮は中国から大型トラック「WS51200」6台を不法に輸入。油圧装置を改造して移動式発射台(TELs)に転換させた。これらはICBMをパレードに登場させたり、輸送する際にも用いられる。 北朝鮮にとってこうしたトラックは非常に貴重なもので、ミサイルの発射前には現場から移動させる。発射実験が失敗した場合に壊れても、交換は極めて困難だからだ。 今回のパレードには初めて6台以上のトラックが登場した。新たなトラックは大幅に改造されていた。 北朝鮮は経済制裁や輸出規制を受けているにも関わらず、今も大型発射台の部品を入手できていることは明白だ。また、独自の方法で改造してミサイル発射台を製造できる製造部門を設置していることも明らかだ。 北朝鮮は新型ICBMを経済制裁などの苦境に見舞われる中でつくりあげた。これは、北朝鮮やその指導者、あるいは国民の技術力を過小評価してはならないという、世界に向けたメッセージだろう。 メリッサ・ハナム氏は大量破壊兵器とオープンソース・データの専門家で、 ワン・アース・フューチャー財団のオープン・ニュークリア・ネットワーク(ONN)副所長。 (英語記事 What we know about North Korea's huge new missile)

  • Thumbnail

    記事

    バスと貨物列車が衝突、死者18人以上 タイ

    2020年10月12日 14:42 公開 タイ東部のチャチュンサオ県で11日午前、バスと貨物列車が衝突した。当局によると、少なくとも18人が死亡、多数の負傷者が出ている。 衝突事故があったのは、首都バンコクの東約50キロの地点。 チャチュンサオ県の知事によると、バスには乗客60人が乗っていた。タイ警察当局は乗客について、仏教行事に参加するため寺院に向かっていたとした。 現場写真には、大破したバスが横倒しになり、線路沿いに破片が散乱している状況が写っている。 救助隊員らは、バスを移動するにはクレーンが必要だとしている。 衝突事故が相次ぐ プラユット・チャンオチャ首相は哀悼の意を表明し、綿密な調査が必要だとした。 タイでは衝突事故が頻発している。安全基準が十分に整備されておらず、交通量が多いことなどが背景にあるとみられる。 世界保健機関(WHO)の2018年の報告書では、タイは世界で2番目に交通事故で死亡する確率が高い国とされた。 2018年3月には、北東部でバスが道路を外れて木に激突し、18人以上が死亡、多数のけが人が出た。 2016年には、バンコク西方の警報機のない踏切で、観光客を乗せた2階建てバスと列車が衝突。少なくとも3人が死亡した。 (英語記事 Thai bus collides with train, killing 18)

  • Thumbnail

    記事

    米最高裁判事のバレット氏指名、何が争点? まもなく上院公聴会

    2020年10月12日 14:08 公開 アンソニー・ザーカー北米担当記者 ドナルド・トランプ米大統領が連邦最高裁判所の判事に指名した、エイミー・コーニー・バレット氏の承認に関する公聴会が12日、連邦議会上院の司法委員会で始まる。最高裁のイデオロギーの面でのバランスの変化は、全米で国民の生活に影響を及ぼす。それが最も大きいのがテキサスだろう。 テキサス州オースティンの民主党活動家スーザン・リップマン氏は、ルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事の訃報を車の中で聞いた。 「私はすごく感情的なタイプではない」と彼女は言う。「でも爆発した。激怒して大声を張り上げ、ハンドルをたたいた」。 リップマン氏は、リベラル派重鎮のギンズバーグ氏がいなくなることが、最高裁の思想的構成に及ぼす影響をすぐに悟った。トランプ氏が選ぶ判事が欠員を埋めることになれば、数十年は保守派寄りの構成が続くことになる。 そこでリップマン氏と友人のデビー・ホワイト氏は、テキサス州選出のジョン・コーニン上院議員(共和党)の事務所前で、抗議に加わることにした。コーニン氏は、コーニー・バレット氏を支持すると公言している。 ホワイト氏は、最高裁が6対3で保守派優勢になれば、公的健康保険や人工妊娠中絶など、民主党にとっての重要項目が直接攻撃される恐れがあると述べる。 「医療保険制度改革法などの非常に大事なことが消滅するのではないか心配だ。もしそうなれば、多くの人の命に関わるので恐ろしいことになる」 「女性の権利、女性の健康問題は、保守的な最高裁ではすべて絶望的だ」 <関連記事> トランプ氏、米連邦最高裁判事に保守派エイミー・コーニー・バレット判事を指名 トランプ氏、後任の最高裁判事に48歳女性指名へ 人工中絶反対の保守派 米連邦最高裁のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事が死去 リベラル派の87歳 トランプ氏によるバレット氏指名をめぐる政治闘争の中心は、ホワイトハウスと連邦議会の民主党上院議員らの間で展開する。ただ、最高裁で近年争われた大規模な法廷闘争の数々が、テキサス州で始まったものだ。 例えば、医療保険制度改革法(バラク・オバマ前政権が成立させた主要法律の1つで、健康保険の対象者の拡大を目指す内容)に対する法廷闘争は、テキサス州で始まった。この裁判は大統領選挙の直後、バレット氏が判事に加わっているかもしれない最高裁で審議が始まる。 妊娠中絶を実施するクリニックを規制した2016年の重大な判決も、テキサス州での提訴が元となった。連邦投票権法、大学入学選考における人種の考慮、オバマ政権下での移民制度改革の合憲性などをめぐる最近の論争も、同州から沸き起こった。 死刑、特定の性行為を禁じる法律、全国で中絶を合法とした画期的なロー対ウェイド判決(1973年)などに関する数件の訴訟も、テキサス州が重要な舞台となっている。 テキサス大学で法律を教えるHW・ペリー教授は、テキサス州は面積が広く人口も多く、国民生活のほとんどの側面に影響する諸問題が州内で重視されているからだと説明する。しかし、テキサス州が最近になって重要裁判で目立つようになったのは、同州の共和党幹部たちが意識して、保守派法曹界での存在感を拡大しようとしてきたからだ。 「テキサスは、訴訟を最高裁まで持ち込むための、リーダー的な役を担うようになった。しかも、実際に最高裁の審理でテキサス州が当事者として陳述することも多い」とペリー教授は言う。「そのために高度に専門化された事務所ができており、他の保守的な州の多くでも訴訟を最高裁に届かせる役割を果たしている」。 2013~2020年にテキサス州訴訟長官を務めたスコット・ケラー氏は、最高裁における11件の裁判で州側の陳述をした。ケラー氏の次に多い州の検事は4件だ。同州のグレッグ・アボット知事は州司法長官だった当時、自らの仕事について、「出勤し、連邦政府を訴え、それから帰宅する」とよく語っていた。 保守派の法的立場を拡大しようとするテキサス州政府は、注目の訴訟でいつも勝利しているわけではない。ソドミー禁止法、投票権法、死刑、直近では中絶をめぐる裁判などで敗訴している。5対4の僅差で敗れることも多い。 ギンズバーグ氏がいなくなり、バレット氏が後任になる見通しの今、テキサス州の保守派は法律をめぐる潮目が変わると楽観している。 「歴史的なチャンスだ」と、オースティンの政治コンサルタントでトラヴィス郡共和党の代表を務めるマット・マコヴィアク氏は言う。「テキサスと全国の保守派は、大統領による直近の2人の最高裁判事指名に大変満足し、勇気づけられている。今度の指名についても本当に期待している」。 中絶に反対する団体は、中絶の権利を支持してきたギンズバーグ氏にバレット氏が取って代わるとして、バレット氏の指名を歓迎している。判事の変更により、「誕生前の子どもの保護について、新たな希望が生まれるかもしれない」としている。 中絶に関しては、テキサス州法をめぐる別の裁判も現在、連邦控訴裁で審議が進められている。この州法は、妊娠中期の中絶手術で一般的な「子宮頸管拡張と吸引」を禁止し、胎児組織の埋葬や火葬を義務付けている。 中絶反対団体は、トランプ氏がこれまで最高裁に指名したブレット・キャヴァノー判事とニール・ゴーサッチ判事と同様に、バレット判事もテキサス州法を支持するはずと楽観視している。さらに、他州の中絶規制の厳格化にもつながるよう、法的環境を整えてくれるはずだと期待している。 「テキサスは生命尊重(人工中絶反対)の州で、我々保守派はもちろんロー対ウェイド判決の覆されることを期待している」とマコヴィアク氏は言う。「もちろん、それは直ちに中絶を違法とするものではない。州レベルで判断すべき問題に戻るということだ」。 テキサス州の保守派が活気づいているのに対し、左派は今後の長い闘いに備えている。テキサスでリベラルの権利を守るための法廷闘争は、時間がかかり思い通りにならないだけでなく、不毛なことも多い。 「恐ろしく憂鬱(ゆううつ)だ」と、オースティンの弁護士で、中絶の権利のために長年闘ってきたスーザン・ヘイズ氏は話す。「生殖権をめぐる訴訟や投票権をめぐる訴訟、他の公民権をめぐるテキサス発の訴訟が不均衡に多い。テキサス州内の基本的人権を守るために、最高裁に判断を仰がなくてはならないことが、過剰に多い」。 リベラルのこうした不満に対して保守派はこう繰り返す。選挙結果がもの言うのだと。トランプ氏は2016年大統領選で勝ち、共和党は2015年、判事を承認する連邦上院を掌握した。テキサス州は1994年以降、州を代表する政治家に民主党員を選出していない。 だが、テキサス州のリベラルにも希望の兆しはある。民主党大統領候補のジョー・バイデン氏が、トランプ大統領と同州で接戦状態にあるのだ。コーニン上院議員の再選がかかる選挙も、予想以上の接戦となっている。2002年から共和党が支配している州議会を、民主党が再び掌握する可能性も高まっている。 ペリー教授は、テキサス州で民主党が優勢になれば、これまで保守派を支えていた同州の司法機関をリベラルが受け継ぐことになると話す。 「人口動態などの変化によって、テキサスでは民主党と共和党が拮抗しつつある。それだけにいずれは、保守派のために作られたこの州の司法の仕組みが、リベラルにとって強力なよりどころになると、期待するだけはいつまでも期待している。まだ事態はそこまで至っていないと思うが」 な変化を生み出す力になり得ると主張する。 しかし弁護士のヘイズ氏は、目下のところ同州のリベラル勢力は、保守派に有利になっている法律闘争の流れを抑える必要があると話す。 「個人的なことを言えば、私たちはゆっくり寝られていない」、「でもテキサス州民は闘うことに慣れている」。 ヘイズ弁護士が最初に、ギンズバーグ判事の死去を知った時には、罵倒語を口にしてから外に出て、雲のない夜空に光る星を見上げた。そして、憧れていた法律家は2010年に死去した夫とついに再会できたのだと、思いにふけったのだという。 「マーティー・ギンズバーグのことを思って、彼がどれだけ妻を愛して支えていたかを思った」とヘイズ弁護士は言う。 「そして、悲しむよりも、お2人がまた一緒になれたことが嬉しいと思った。そして悲しいと思うより、自分の中に力と決意が生まれるのを感じた」 (英語記事 What's at stake in US Supreme Court fight)

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 ファウチ博士、自分の発言をトランプ陣営がわい曲と主張

    2020年10月12日 13:07 公開 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は11日、自分の発言が意味を変えてトランプ陣営に大統領選の選挙広告として使われていると発言した。 トランプ陣営の広告では、ファウチ博士は新型コロナウイルスとの闘いで「これ以上のことを誰かができるとはとても思わない」と、ドナルド・トランプ大統領について発言しているかのように見える。 しかし、ファウチ氏はトランプ氏ではなく、自分や感染対策の当局者について話していた。 ファウチ博士はAFP通信に対して、「約50年間にわたり公務員として働いてきたが、一度も特定の候補者を公に支持したことはない」と声明を送った。 「共和党の選挙広告で私の許可なく私の発言だとして使われたものは、数カ月前に私が連邦医療当局の対応について一般論として発言したもので、文脈を無視して使われている」と、博士は説明した。 30秒の広告は、「トランプ大統領はコロナウイルスから回復しつつある。アメリカもだ」と宣言した後、ファウチ博士が発言する映像を流す。 しかし、今年3月にフォックス・ニュースのインタビューで博士が発言した際の実際の映像を見ると、ファウチ氏は「私はこのことにほとんど全ての時間を使っている。毎日のようにホワイトハウスでタスクフォースといる。毎日だ。なので、どういう状況だろうと、これ以上のことを誰かができるとはとても思わない」と述べていた。 ファウチ博士の反論について、トランプ選対のティム・ムルトー広報担当は、「これはファウチ博士自身の言葉だ。ビデオは全国的に放送されたテレビインタビューで、そこでファウチ博士はトランプ政権の取り組みを称賛していた。使われた言葉は正確で、ファウチ博士の口から直接出たものだ」と述べた。 トランプ大統領もこの選挙広告を擁護し、「確かにファウチ博士自身の言葉だ。我々は『見事な』対応をした。一部の知事もそう言っている」とツイートした。 感染症対策の専門家として米政府の新型ウイルス対策に大きく関わってきたファウチ氏は9日には、ホワイトハウスでの式典が「スーパースプレッダー・イベント」だったのは明らかだと発言し、ホワイトハウスの感染対策を批判していた。9月26日にホワイトハウスで行われた最高裁判事候補の指名式典の出席者の内、少なくとも11人の感染が発覚している。 ファウチ博士は以前から、感染予防策としてマスク着用と社会的距離の重要性を強調。7月には、マスクの是非について政権の発言が一貫しないことを問題視していた。 10月2日に新型ウイルス陽性を発表し、入退院したトランプ氏は、自分が受けた未認可の治療法がCOVID-19を「治した」と発言し、国民に無償で提供する用意があると話している。 またホワイトハウスは10日、主治医ショーン・コンリー医師の診断を発表。それによると、「大統領は自主隔離を安全に終了するための疾病対策センター(CDC)基準を満たしただけでなく、今朝のPCR検査の結果、現行の基準では、すでに他人へ感染させるリスクがなくなった」ほか、発症から10日目の現在、24時間以上にわたり発熱がなく、全ての症状は改善し、高度な診断検査の様々な結果から、ウイルスが複製されているという証拠はもはやないと明らかになった」という。 一方で、ホワイトハウス職員や政権関係者の間ですでに30人以上の感染が明らかになっている。共和党幹部のミッチ・マコネル上院院内総務は8日、ホワイトハウスの感染対策を疑問視し、自分は8月上旬からホワイトハウスを訪れていないことを明らかにした。 今月2日の陽性発表以前にトランプ氏が最後に陰性と判定されたのはいつか、複数の報道機関が繰り返し質問しているものの、ホワイトハウスはこれに答えていない。 ABCニュース/イプソスが今月3日と4日に実施した世論調査では、トランプ氏のパンデミック対応を評価する人は35%で前月と変わらず、トランプ氏が新型ウイルスの感染リスクを十分真剣に受け止めていると答えた人は27%だった。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると(日本時間12日午前現在)、新型ウイルスによるアメリカの死者は21万4700人以上。 トランプ氏は10日にホワイトハウスのバルコニーから支持者に向かって演説したのに続き、12日にはフロリダ州サンフォードで大規模な支持者集会を開く予定。 ミネソタ州保健当局は9日、トランプ陣営が9月18日に州内で開いた選挙集会に関連して、9人の感染が確認されたと発表した。 11月3日の投開票日に向けて、野党・民主党のジョー・バイデン大統領候補がトランプ氏に対して全国世論調査では1ケタのリードを維持している。 (英語記事 US Election 2020: Anthony Fauci says Trump campaign ad quote misleading)

  • Thumbnail

    記事

    新型ウイルス、紙幣やスマホの表面で28日間生存=豪研究機関

    2020年10月12日 11:23 公開 感染症COVID-19を引き起こす新型コロナウイルスが、紙幣や携帯電話などの表面で28日間生存することが、オーストラリアの研究機関の調査で明らかになった。ただし一部の専門家は、物の表面を介した感染リスクを疑問視している。 オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の調査によると、紙幣や携帯電話のスクリーン、ステンレススチールなどの表面に付着した新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)は28日間生存するという。 つまり、これまで考えられてきたよりもはるかに長く生存する可能性がある。 ただ、この実験は暗室で行われたもので、すでに紫外線(UV)でウイルスが死滅することは示されている。 一部の専門家も、実生活における物体の表面を介した感染の脅威に疑問を投げかけている。 <関連記事> 新型ウイルス、ワクチンできても「来春までに元の生活には戻れない」 英研究チーム 新型コロナウイルス 地図と数字で見るパンデミック 【解説】 新型コロナウイルス、表面でどれくらい生きられる? 新型ウイルスは人の咳やくしゃみ、あるいは会話の際の飛沫を介して感染することがほとんどだ。 しかし、空気中に浮遊する粒子で感染することも証明されている。また、米疾病対策センター(CDC)によると、新型ウイルスが付着した金属やプラスチックなどの表面に触れた手で顔を触ることで感染することもあるものの、可能性は飛沫感染よりもはるかに低い。 研究で分かったこと 英医学誌ランセットに以前掲載された実験では、結果にばらつきはあったものの、紙幣やガラスの表面に付着した新型ウイルスは2~3日間、プラスチックやステンレススチールの表面の場合には最長6日間生存することが分かっていた。 しかし、オープンアクセス科学ジャーナル「Virology Journal」に7日に掲載されたCSIROの研究によると、摂氏20度の暗い場所では、携帯電話のガラススクリーンやプラスチックなどのつるつるした表面に付着した新型ウイルスが28日間、「極めてしぶとく」生き残ることが判明したという。インフルエンザウイルスの場合は、同じ環境下で17日間生存する。 また、より高温な環境下では生存期間が短くなることも分かった。摂氏40度の場合、一部の物体の表面に付着した新型ウイルスは24時間以内に感染力を失ったという。 新型ウイルスは布のような多孔質素材では14日程度だったが、つるつるとした非多孔質な物体の表面ではより長く生き延びた。 意見の相違 風邪やインフルエンザなどの研究を行う、英ウェールズ・カーディフ大学風邪研究所の元所長、ロン・エクルス教授は今回発表された研究は「不必要に一般の人々の不安」を引き起こす内容だと批判した。 「ウイルスは咳やくしゃみ、汚れた指についた粘液が物体の表面に付着して広がるが、この研究では新型ウイルス媒介手段として人間の新鮮な粘液を使わなかった」 「新鮮な粘液はウイルスにとって不利な環境だ。ウイルスを破壊する酵素を生成する白血球が多く含まれるほか、ウイルスを中和する抗体なども含まれるので」 「私の見解では、感染力のあるウイルスが物の表面で生き延びるのはせいぜい数時間だろう」 今年7月にランセットに掲載された、米ラトガース大学の微生物学教授エマニュエル・ゴールドマン氏の論文によると、「無生物表面を介して感染する可能性は非常に小さい」という。ゴールドマン教授は、重大な感染リスクを示す研究は、「実生活でのシナリオとはほぼ異なる」設定で行われたものだと指摘した。 米カリフォルニア大学医学部のモニカ・ガンディー教授は先週、新型ウイルスが物体の表面を介して広まることはないと述べた。 なぜ研究が重要なのか CSIROの最高経営責任者(CEO)、ラリー・マーシャル博士は、「新型ウイルスが物体の表面で実際にどれくらい生存し続けるのかを立証することで、より正確に感染拡大を予測し、軽減できるようになる。人々を守るためのより良い仕事につながる」と述べた。 研究の著者たちは、新型ウイルスが低温の環境下でステンレススチールの表面で生き延びるということは、食肉加工や冷蔵施設でのCOVID-19の感染流行に説明がつくと指摘した。 世界各地の食肉加工工場や食肉処理施設では、何千人もの労働者がウイルス検査で陽性と判定されている。 これまでは感染流行の原因に、従業員が密集していることや、寒さや湿気、機械の騒音のため大声を出さなければならないことなどが挙げられていた。 CSIROの研究員たちは、新型ウイルスが生鮮食品や冷凍食品の表面で生き延びるとする過去の研究結果を裏付けることにもなるとしている。 世界保健機関(WHO)は、「現時点では食品あるいは食品の包装を介したCOVID-19への感染は確認されていない」としつつ、2次感染予防のリストに食品包装を取り扱う際の注意点を掲載。包装を触った後や食事の前の適切な手洗いを促している。 新型コロナウイルス特集 感染対策 基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと 予防方法: 正しい手の洗い方 なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる 社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離 感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは 心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る? (英語記事 Covid virus ‘survives 28 days’ in lab conditions )

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏と同年代でCOVID-19から回復、2人の男性の意見

    2020年10月11日 14:58 公開 グレン・パーキンスさんとマット・トーマスさんは、どちらもドナルド・トランプ大統領(74)と同年代で、トランプ氏と同様、新型コロナウイルスに感染した。 しかし、2人の経験はトランプ大統領の語る内容とは大きく違った。 共に米共和党支持者で70代の2人は、数週間の入院生活を経てCOVID-19から回復した。しかし、COVID-19に対するトランプ氏の意見や対策について、2人の意見は食い違っている。 動画:アレクサンドラ・オスタシエウィチ、ジョアキム・モレイラ・サレス

  • Thumbnail

    記事

    ブラジルの新型コロナウイルス死者、15万人超す 世界2位

    2020年10月11日 13:20 公開 ブラジル政府は10日、新型コロナウイルスによる国内の死者が15万人を超えたと発表した。ブラジルの死者数はアメリカに次いで世界2位。感染者数はアメリカとインドに続く3位となっている。ブラジルでは6日に確認された感染者の数が500万人を超えたばかり。 ブラジル保健省によると、新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」の国内の死者は15万198人に達した。ブラジルで最初の死者が確認されたのは今年3月。確認された感染者数は508万2637人という。 ブラジルの死者数は南米諸国で際立って多く、中でもサンパウロ州で甚大な被害が出ている。 南米でブラジルに次いで被害の多いコロンビアでは、死者は2万7495人、確認された感染者は89万4300人という。 ただしブラジルでも、1日の死者が連日約1000人だった6月や7月に比べると、新しい感染者は徐々に減少しつつある。 ジャイル・ボルソナロ大統領は、COVID-19を「ちょっとしたインフル」などと呼び、自ら感染してもなお、経済対策を優先し、感染対策や経済活動の規制に反対してきた。 8月には、アミルトン・モウラン副大統領も政府の取り組みを擁護し、感染拡大を防げないのはブラジル国民が社会的距離など感染対策を守らないからだと批判していた。 (英語記事 Covid: Brazil's coronavirus death toll passes 150,000)

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮が異例の夜間軍事パレード、大陸間弾道ミサイルも披露

    の近くで写真を撮ったりしないよう通達が出ていた。 <解説>懸念の種に ――アリスター・コールマン、BBCモニタリング 金正恩朝鮮労働党委員長は、演説の最後を「偉大な人民万歳!」と叫んで締めくくったものの、その一方で、北朝鮮が経済的に困窮していると認めた。 しかし、国営テレビの映像では、金日成広場に兵器がずらりと並んでいる。北朝鮮軍が金に糸目をつけていないことは明らかだ。 とことん演出されたこのパレードをインターネットで見ていた専門家たちも、兵士が最新の自動小銃などを持ち、新しい防空システムや装甲車のようなものが登場したことに気付いただろう。 しかし、各国政府にとっては、新しい弾道ミサイルの登場が何より気がかりな材料となるだろう。 最初に登場したのは潜水艦発射型の「北極星4A」。それから大型ICBMが、巨大な11基の車軸に支えられた発射台と共に登場した。このICBMはあまりに新しく、名前はまだ知られていない。 北朝鮮は昨年ごろから、核開発に力を入れると主張を繰り返してきた。10日のパレードにICBMを登場させたのは、この主張を補強するのが狙いだったはずだ。朝鮮半島の平和や外交の今後にこれがどう作用するのか、まだ誰にも分からない。 (英語記事 North Korea holds military parade with missiles)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、ホワイトハウスのバルコニーから演説 感染リスクなしと主治医

    2020年10月11日 12:02 公開 ドナルド・トランプ米大統領は10日、ホワイトハウスのバルコニーでマスクを外し、庭に集まった支持者に向かって演説した。ホワイトハウスは同日、トランプ氏が他人に新型コロナウイルスを感染させる危険はなくなったという主治医の診断を発表した。 新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」を発症し、入退院したトランプ氏は、集まった支持者たちに「気分は最高だ」と述べた。 トランプ氏は、自分はすでにCOVID-19に対する投薬治療を終えていると話している。 ホワイトハウスは同日、主治医ショーン・コンリー医師の診断を発表。それによると、「大統領は自主隔離を安全に終了するための疾病対策センター(CDC)基準を満たしただけでなく、今朝のPCR検査の結果、現行の基準では、すでに他人へ感染させるリスクがなくなった」ほか、発症から10日目の現在、24時間以上にわたり発熱がなく、全ての症状は改善し、高度な診断検査の様々な結果から、ウイルスが複製されているという証拠はもはやないと明らかになった」という。 選挙活動ではないとホワイトハウス ホワイトハウスの庭には、黒人やラティーノの有権者の支持を共和党に集めようとする団体「BLEXIT」が集まった。 ホワイトハウスはこれは選挙活動の一環ではないと主張しているが、再選を目指すトランプ氏は経済や国境の壁、郵便投票など、自分の選挙集会の演説で触れる主要論点を展開した。 バルコニーでマスクを外した大統領は、野党・民主党の大統領候補、ジョー・バイデン前大統領が掲げる政策を「社会主義を超えている。もはや共産主義だ」と批判した。民主党内でバイデン氏は、穏健中道派とみられている。 トランプ氏はさらに、自分ほど黒人のために尽力した大統領はエイブラハム・リンカーン以来いないという持説を繰り返した。 さらにトランプ氏は、メキシコとの国境に建設を約束した壁はもうすぐ完成すると主張。これは事実とは異なる。メキシコ国境は全長3000キロ以上で、以前からあったフェンスの代わりに約400キロ分の壁が造られたが、新しい壁は約50キロに満たない。 トランプ氏はこの日、新型コロナウイルスは「消えつつある」と述べた。この演説の少し前に、米CDCは過去24時間で新たに5万8302人の感染が確認されたと発表している。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると(日本時間10日午前現在)、新型ウイルスによるアメリカの死者は21万4300人以上。 ホワイトハウスで選挙集会を開くのは、長年の慣例に反するだけでなく、連邦法に違反する可能性も指摘されている。 1939年制定のハッチ法は、連邦職員が職務中に選挙活動に関わることを禁止する。大統領と副大統領は除外されるが、ほとんどのホワイトハウス職員は処罰の対象となる。 トランプ氏は8月の共和党全国党大会でも、ホワイトハウスで撮影した様々な映像を中継したほか、指名受諾演説もホワイトハウスで行い、たとえ現職でも党大会はホワイトハウスから切り離すという長年の慣例を破っている。 数百人が密集 ホワイトハウスはこの日のイベントに先駆け、参加者にマスク着用と検温を義務づけたほか、社会的距離を保つよう要請したと説明していた。 しかし、実際には数百人が密集し、「もう4年! もう4年!」などと叫んでいた。 9月下旬にホワイトハウスで開かれた最高裁判事指名式典の出席者の内、少なくとも11人がウイルス陽性となったため、これが「スーパースプレッダー・イベント」だった可能性が高いと言われている。また米報道によると、ホワイトハウス職員や政権関係者の感染は30人以上になるとされている。 そうした中で再びホワイトハウスで大勢を集めた式典を開いたことについて、民主党幹部のアダム・シフ上院院内総務は、ホワイトハウスで「またしてもスーパースプレッダー集会」を大統領が開くことは、「道義的に破綻している」と批判した。 バイデン氏は9日、遊説先のラスヴェガスで、トランプ氏による支援者集会の開催や、集会における緩やかな感染対策を非難。「マスクをしていて距離を保てるのでなければ、自分なら行かない」と述べた。 (英語記事 Covid: Trump 'no longer a transmission risk to others' / White House rally: Trump holds first public event since Covid diagnosis)

  • Thumbnail

    記事

    新型ウイルスに立ち向かったスーパー店員や看護師……英叙勲リストに「無名の英雄」たち

    2020年10月10日 18:53 公開 イギリス政府は9日、エリザベス女王の誕生日を記念する叙勲リストを発表した。スーパーの店員や配達員、看護師、ボランティア、パブの店主など、新型コロナウイルスの流行に立ち向かった「無名の英雄」たちの名前が並んだ。 女王の公式誕生日は6月だが、今年は新型ウイルスのパンデミックを受け、感染症に立ち向かった人たちを含めるため秋に延期されていた。イギリスではこのほか、新年に叙勲リストが発表される。 今回発表された1495人のうち、414人がCOVID-19関連での叙勲となった。また、全体の14%を医療関係者が占めた。 イギリスの叙勲システム 勲章には通常、以下のような序列がある コンパニオンズ・オブ・オーナー勲章(65人に限定、受勲者は名前の後にCHを付けることを許される) ナイトまたはデイム(騎士の爵位、2等。受勲者はサーまたはデイムの敬称を使うことを許される) コマンダー(CBE、3等) オフィサー(OBE、4等) メンバー(MBE、5等) 大英帝国メダル(BEM、文化部門で活躍した人に送られるメダル) スーパーマーケットでの闘い ケンブリッジシャーで配達ドライバーの仕事をしているジェフ・ノリスさん(53)は、BEM授与の知らせを聞いて「衝撃を受けた」と話した。 新型ウイルスの感染拡大が始まったころ、イギリスでは買い占めが起き、スーパーの棚が空になった。ノリスさんはその様子を見て、高齢者などを見捨てられないと決意した。 「ロックダウンが始まる直前には、すべての配達枠が埋まってしまっていた」とノリスさんは振り返る。 ノリスさんは休みの日に自分の車を使い、お年寄りや感染症に弱い顧客が買い物ができるような仕組みを作った。配達員仲間にも呼びかけて買い物代行を行い、日曜日に顧客に届けた。 また、妻のヴァネッサさんや娘のアナさん(22)の助けを借りて、電子メールや電話で注文を取れるようにしたり、顧客が直接店舗に連絡できるようにした。 「おそらく15週間はそういうことをしていた。厳しかったが、何も手に入らないと思っていた人たちから、感謝されるだけで十分だった」 一方、ウェールズ南部アバーデアのスーパーで働くジュリー・クックさん(56)は、地元の介護施設への供給を確保した功績でBEMを受けることになった。 クックさんは毎週、介護施設の買い物リストを受け取り、従業員が取りに来るまでに全てを準備できるよう心がけていた。 このスーパーで21年間働いているというクックさんは、「本物なのか何度も何度も読んで確かめた。こんな形で表彰されるとは思っていなかった」と語った。 「本当に興奮して、知らせを受けたときには跳び上がってしまった」 最前線に医療用ガウンや無料の食事を ケンブリッジ出身の看護師アシュリー・リンズデルさん(30)は、最前線で働く医療従事者に医療用ガウンを届けるため、「全くの素人考え」を思いついた。しかしこの運動が全国に広まり、リンズデルさんはOBEに叙勲されることになった。 イギリスでは今春、新型ウイルスの第1波の中で、医療用の個人防護具(PPE)が不足する騒ぎがあった。リンズデルさんの働く救急外来でも医療用ガウンが足りなくなったため、リンズデルさんは自費で布を買い、同僚のためのガウンを作り始めた。 リンズデルさんはフェイスブックページを立ち上げ、「For The Love of Scrubs(医療用ガウンへの愛)」という活動を始めた。これが大きなムーブメントのきっかけとなった。 それから2カ月の間に、イギリス全土に148のサブグループが誕生し、それぞれの地域で活動を始めた。 これまでに7万人以上のボランティアが120万個ものPPEと100万個以上のマスクを作り、医療の最前線に届けたという。また、活動資金は当初すべて自前だったが、その後は募金活動を通じて100万ポンド(1億4000万円)以上が集まったという。 現在はイーストアングリアで地域専門の看護師として働いているリンズデルさんは、「この活動が雪玉のように大きくなっていくなんて考えてもいなかった。でも数十万人もの医療従事者が安全に働けるよう支援ができた」と話した。 「数千人ものボランティアの人たちのおかげだ」 スコットランド・グラスゴーでレストランを経営するデイヴィッド・マグワイアさん(62)は、地元の国民保健サービス(NHS)病院のスタッフやボランティアに、無料で食事を提供した。 マグワイアさんはロックダウン初日、近くのガートネイヴェル病院のビーストンがんセンターで働く看護師が昼食にやってきたことに気付いた。ロックダウンのため、病院の食堂が閉鎖されていたのだ。 それから11週間にわたり、マグワイアさんのレストランは毎日800食以上を無料で提供した。マグワイアさんはこの間、妻の安全を考え、自宅のガレージに寝泊りしていたという。 「レストランが一種の(中略)大規模食料生産センターになっていた」とマグワイアさんは振り返った。 MBEを授与されることになり「とても嬉しい」と語る一方、全てはチームの功績だと強調。シェフ長のスティーヴン・カプタさんや従業員のメロディー・ウィトリーさんがいなければ「1週間も続かなかっただろう」と話した。 資金集めに貢献した人々 パンデミック中には資金集めのためにさまざまな慈善活動が行われ、その中心となった人々も叙勲の対象となった。 ロンドン東部ボウに住むダビラル・イスラム・チョードリーさん(100)は、新型ウイルス対策基金のために42万ポンド(約5800万円)を集めた功績で、OBEとなった。 チョードリーさんは、同じ100歳で医療従事者のために3200万ポンド(約43億円)を集めたトム・ムーア退役大尉(ナイト爵位を叙勲)を見て、意欲をかき立てられたという。 当時99歳だったムーア大尉は、4月30日の100歳の誕生日までに自宅の庭を100往復すると宣言し、歩行器を使って達成。その功績を称えられて名誉大佐となった。 チョードリーさんもこれにならい、ラマダン(断食月)中に自宅の庭を1000回往復した。 息子のアティク・チョードリーさん(57)は、「私たちはバングラデシュ出身で、こうした働きが認知されることはあまりない。今回の叙勲は父の成功を助けてくれた全ての人々、そしてCOVID-19で亡くなった人々に捧げたい」と話した。 ランカシャーでパブの地主をしていたジェイ・フリンさん(38)は、オンラインのパブ・クイズ(イギリスのパブがイベントとして行うクイズ大会)が人気を博し、総額75万ポンド(約1億円)以上の資金集めに成功した。 ロックダウンによってパブやバーが閉鎖を余儀なくされた時、フリンさんは友人やパブ・クイズによく参加してくれた顧客のために小さなイベントを始めた。 しかし、フェイスブックで立ち上げたイベントページはの公開範囲を間違えて「友人」から「全体」にしていたため、参加人数が数千人に膨れ上がってしまった。 ピーク時には、ニュージーランドやアメリカからの参加もあり、18万人以上が参加する回もあったという。 5月には俳優のスティーヴン・フライさんがクイズを司会。アルツハイマー研究のために14万ポンドの資金を集めた。 MBEを叙勲されたと知った時、フリンさんは「椅子から落っこちそうになった」という。 「胸がいっぱいで、光栄な気持ちだ。こうしたものを自分の人生で受け取れるとは思っていなかった」 「叙勲式に行くまで落ち着けないと思う。本当に舞い上がっている」 (英語記事 The 'unsung heroes' honoured by the Queen)

  • Thumbnail

    記事

    アゼルバイジャンとアルメニア、戦闘の理由は

    2020年10月10日 13:55 公開 旧ソビエト連邦を構成していたアゼルバイジャンとアルメニアが9月27日、戦闘を始めた。 以来、双方あわせて300人以上の死者が出ている。 両国は30年近く前から対立。戦争状態になり、1994年に停戦が成立していた。 紛争の原因は何なのか? 戦火が周辺に拡大する恐れはあるのか? 懸念が高まる中、アルメニアとアゼルバイジャンが10日、一時停戦に合意した。モスクワにおける10時間にわたる協議の末、仲介役を務めていたロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相が、午前3時(日本時間午前9時)ごろに発表した。

  • Thumbnail

    記事

    陰謀論を広める「Qアノン」とは何か? 止める方法は?

    6日、「QAnon(Qアノン)」と呼ばれる極端な陰謀論に関連したすべての投稿を禁止すると発表した。 BBCのロス・アトキンスがQアノンの特徴や、フェイスブックの決定の背景について説明する。

  • Thumbnail

    記事

    「実物大」ゴジラ、淡路島のテーマパークに登場

    2020年10月10日 12:24 公開 日本のテーマパークに、世界初の「実物大」とされる常設のゴジラ像が姿を見せた。10日にオープンしたアトラクションに利用されている。 神戸市に程近い淡路島にあるアニメパーク「ニジゲンノモリ」に設置されたこのゴジラ像は、頭部の高さが23メートルある。胴体部分は地中に埋まっている想定になっている。 ゴジラは口を大きく開け、ギザギザの牙をむき出しにしている。うなり声も上げる。 口に向かってワイヤーが張られていて、来場者はそれを滑車で滑り降りる「ジップライン」を楽しめる。 初代の2倍以上に成長 ゴジラの大きな魅力といえば、その大きさだ。映画ファンらは、ゴジラが月日と共に急成長していると指摘している。 当初は高さ50メートルだったが、昨年の映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」では高さ120メートルにまでなっている。 台湾の自称「筋金入りのゴジラファン」は、映画スクリーンでのゴジラの大きさの変化をイラストにまとめ、米誌ニューズウィークに取り上げられた。 淡路島に登場したゴジラ像は、高さ120メートルの全身を見せているわけではない。とは言え、これまで他で作られたゴジラ像よりは大きい。有名な、東京の新宿東宝ビルにあるゴジラの頭部は、高さ12メートルほどだ。 「実物大のゴジラ像はこれしかないはずだ」と、「ニジゲンノモリ」を運営するパソナグループの広報担当者は話す。 「海外の方も含め、ゴジラファンの皆さんにぜひ来てもらい、映画のスクリーンでしか知らないゴジラの迫力を感じてもらいたい」 ゴジラは、ゴリラとクジラを合わせたのが名前の由来とされる。映画に登場するとポップカルチャーの偶像となり、30作以上のシリーズ映画が作られた。ビデオゲーム、おもちゃなどの関連商品も生んでいる。 映画界の伝説 ゴジラ映画の1作目は、本多猪四郎監督(故人)の指揮で作られ、1954年11月に東宝が公開した。 まだテレビが家庭に普及していなかった時代の日本で、960万人の観客を呼ぶ超ヒット作となった。 その後、外国でもファンが増えるにつれ、ゴジラ映画は日本の戦後社会と核兵器への懸念のメタファーだとする評判も広まった。 ファンタジー作家のスティーヴン・D・サリヴァン氏はかつて、ゴジラとその映画について、「第2次世界大戦末期に日本が経験したことが反映されている」、「想像を超えた破壊と、『こうなったのは自分たちのせいだ』という感覚がどこかしら絶えず」表れていると書いた。 (英語記事 Japan theme park unveils 'life-size' Godzilla )

  • Thumbnail

    記事

    アルメニアとアゼルバイジャンが一時停戦に合意 ロシアの仲介で

    メニア軍に砲撃され、少なくとも市民1人が亡くなったと発表した。 アルメニアのニコル・パシニャン首相はBBCの取材に対し、ナゴルノ・カラバフ地域で「ジェノサイド(集団虐殺)」の危険性があると警告。同地域は「アルメニアであり、アルメニア人の土地だ」と述べた。 今回の戦闘により、ナゴルノ・カラバフ地域の住民7万人のうち、約半数が家を追われて避難しているという。 同地域の中心都市ステパナケルトは数日にわたって攻撃を受けおり、住民は地下室などに隠れている。また、同市の大部分は停電に見舞われた。 旧ソビエト連邦を構成していた両国は、ナゴルノ・カラバフ地域をめぐって1988~1994年に戦争となった。停戦に合意したが、問題の解決には至っていない。 今回の戦闘は、1994年の停戦以降で最悪のものとなっている。双方が相手に非があると主張し合っている。 (英語記事 Armenia and Azerbaijan agree Karabakh truce)

  • Thumbnail

    記事

    ホワイトハウス式典、「スーパースプレッダー・イベントだった」 ファウチ博士が批判

    2020年10月10日 11:50 公開 アメリカ政府の新型コロナウイルス対策に大きくかかわってきた米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長のアンソニー・ファウチ博士は9日、出席者の多くがマスクを着けず、社会的距離も守られていなかった9月下旬のホワイトハウス式典が、感染拡大につながった「スーパースプレッダー・イベント」だったと批判した。 ファウチ博士はCBSニュースで、ホワイトハウスがマスク着用や社会的距離の必要性を強調せず、頻繁なウイルス検査に頼っていることについて意見を聞かれ、「データから自明だ。ホワイトハウスで、スーパースプレッダー・イベントがあった。大勢の人で混雑していて、マスクを着けていなかった」と指摘した。 9月26日にホワイトハウスで行われた最高裁判事候補の指名式典について、出席者の複数が感染していることから、これが「スーパー・スプレッダー」イベントだったのではないかと注目されている。首都ワシントン市内では大規模集会は感染対策のため禁止されているが、ホワイトハウスなど連邦政府施設は規制から除外されている。 ファウチ博士はさらに、感染症の専門家はこの半年間ずっとマスク着用を推奨してきたと指摘。さらに、新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」を「治す」方法があるなどと主張するのは危険だと非難した。 10月2日に新型ウイルス陽性を発表し、入退院したトランプ氏は、自分が受けた未認可の治療法がCOVID-19を「治した」と発言し、国民に無償で提供する用意があると話している。 一方で、ホワイトハウス職員や政権関係者の間ですでに30人以上の感染が明らかになっている。共和党幹部のミッチ・マコネル上院院内総務は8日、ホワイトハウスの感染対策を疑問視し、自分は8月上旬からホワイトハウスを訪れていないことを明らかにした。 2日の陽性発表以前にトランプ氏が最後に陰性と判定されたのはいつか、複数の報道機関が繰り返し質問しているものの、ホワイトハウスはこれに答えていない。 15日の討論会は中止 米大統領候補討論会委員会(CPD)は9日、15日に行われる予定だった2回目の討論会の中止を発表した。両候補が15日にそれぞれ独自のタウンホール集会を企画したためと説明している。 これに先立ちCPDは当初、ドナルド・トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、2回目の討論会をバーチャルで開催すると発表していた。これについてトランプ氏はバーチャル討論会には「意味がない」と拒否。トランプ陣営は、「10日までに公の場の行事に出られるようになる」と主治医が診断したことを受け、当初の予定どおり15日に対面の討論会を要求していた。 3度目で最後の大統領候補討論会は、22日にテネシー州ナッシュヴィルで予定されている。CPDはこの3回目の討論会は必要な感染対策をとった上で実施すると説明。両候補はこの討論会の出席には同意していると明らかにした。 15日にバイデン氏が開くタウンホール集会はABCニュースが、トランプ氏の同様の集会はNBCニュースが放送する予定とみられている。 トランプ氏の主治医は、1日の陽性判定から10日間を経た10日には「大統領は安全に公の場の行事に出席できるようになる」と診断。それによると、大統領は投薬治療に「きわめて良好」に反応し、容体は「引き続き安定している」。「病状の進行をうかがわせる」兆候もないという。 これを受けてトランプ氏は10日、ホワイトハウスのバルコニーから南庭に集まった聴衆に向けて、「法と秩序」をテーマに演説する予定。すでに数百人が招待されたという。 ホワイトハウスによると、出席者は全員マスクの着用が必要となる。検温のほか、社会的距離を維持するよう指示するという。 米政府は、ホワイトハウス敷地内でのこの演説は大統領としての行事であって、選挙活動ではないと説明している。 トランプ陣営はさらに12日には、フロリダ州サンフォードで大規模な選挙集会を予定している。 ミネソタ州保健当局は9日、トランプ陣営が9月18日に州内で開いた選挙集会に関連して、9人の感染が確認されたと発表した。少なくとも1人が陽性で感染力のある状態で集会に参加。さらに入院した2人のうち1人が集中治療を受けている状態という。 (英語記事 White House hosted Covid 'superspreader' event, says Dr Fauci)

  • Thumbnail

    記事

    国連食糧計画にノーベル平和賞 飢餓との闘いを評価

    スウェーデンクローナ(約1億2000万円)。 受賞を知ったWFPのデイヴィッド・ビーズリー事務局長はBBC番組「ニューズアワー」に対して、「生まれて初めて、文字通り、言葉が出なかった」と、受賞の知らせに衝撃を受けたと話した。 「世界中で苦しむ人たちのために最前線で自分の命を危険にさらす、世界食糧計画の全員の働きを認めていただいた。なのでこの受賞は、世界食糧計画が大勢にとってのお手本で、みんなしてますます努力しなくてはならないという、合図でメッセージなのだと思う」 ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、「まさに受賞に値する組織のひとつだ。(世界食糧計画の)人たちは他人を助けるため素晴らしい働きをしており、このノーベル平和賞の授与に私はとても喜んでいる」と歓迎した。 ノーベル平和賞の昨年の受賞者は、国境紛争の解決に尽力した東アフリカ・エチオピアのアビー・アハメド首相だった。さらにその前年2018年には、強姦被害者を支援する活動家、ナディア・ムラド氏とデニ・ムクウェゲ医師が選ばれている。 国連世界食糧機関は、世界中の国々に食糧支援を提供する。昨年1年間で、厳しい食料不安や飢餓に苦しむ88カ国の1億人を支援したという。 設立は1961年。国連の仕組みを通じて世界に食糧支援を提供する枠組み構築を、当時のドワイト・D・アイゼンハワー米大統領が対象したことがきっかけとなった。 設立からまもなく、イラン北部の大地震被害に対応し、生存者に小麦粉や砂糖、茶などを提供。近年では、紛争や飢饉(ききん)に苦しむイエメンやアフガニスタン、シリア、南スーダンなどの人たちにを支援してきた。 ただし、批判も皆無ではなく、昨年の内部調査では少なくとも職員28人が職務中に強姦や性的暴行を経験したと報告した。さらに640人が、性的嫌がらせを自ら経験したか、目撃したとしている。ビーズリー事務局長は当時、AP通信に対して、「変化実現のために厳しい選択をしている」と話していた。 (英語記事 Nobel Peace Prize: UN World Food Programme wins for efforts to combat hunger)

  • Thumbnail

    記事

    芸術家のエロティック絵画、ベッドの下から大量に発見 2.7億円相当の価値

    2020年10月09日 15:41 公開 20世紀のイギリス人画家ダンカン・グラントが描いた性的な絵画コレクションは、70年以上にわたって行方が分からなくなっていた。 当時は犯罪だった同性愛など、当時禁じられていたテーマを扱ったこの絵画は、200万ポンド(約2億7000万円)の価値があるとされていたものの、1960年代に処分されたと考えられていた。 しかし、400枚以上にわたるこのコレクションは友人から友人へと受け継がれており、このたびチャールストン財団の手に渡った。 ダンカン・グラントは、1920年~30年代に小説家ヴァージニア・ウルフと姉のヴァネッサ・ベルが中心となって作った芸術家集団「ブルームズベリー・グループ」の一員だった。 ブルームズベリー・グループは、現在はチャールストン財団が管理しているチャールストン・ファームハウスで共同生活し、自由主義的な活動を行っていた。 また同性愛や複数パートナーとの自由恋愛を認めていたことでも知られている。 ビデオ・ジャーナリスト:アレックス・スタンジャー、記者:レベッカ・ジョーンズ

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏は週末から行事に復帰可能と主治医 陣営は通常の討論会要求

    2020年10月09日 14:04 公開 米ホワイトハウスは8日、ドナルド・トランプ大統領が週末から公の場に出ても大丈夫だという主治医の診断を公表した。新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」の治療をすでに終え、病状が進行している様子もないという。 ホワイトハウスは、今月1日の陽性判定から10日間が経過した10日には「大統領は安全に公の場の行事に出席できるようになる」というショーン・コンリー主治医の診断を発表した。 コンリー医師は、大統領が投薬治療に「きわめて良好」に反応し、容体は「引き続き安定している」と判断を示した。「病状の進行をうかがわせる」兆候もないという。 「土曜日(10日)は、木曜(1日)の陽性判定から10日になる。医師団が続けている高度な診断の方向性をもとに、その時には必ず、大統領が公の場での行事に安全に復帰できるはずだと予測している」と、ホワイトハウスの発表で医師は述べている。 ホワイトハウスのこの発表を受けてトランプ陣営は、15日に予定されている対面形式の討論会を開くよう要求した。これに先駆けて、米大統領候補討論会委員会(CPD)は8日、トランプ氏の感染を受けて、15日の討論会をバーチャルで開催すると発表している。 CPDの決定を受けてトランプ氏はバーチャル討論会には「意味がない」と強く拒否し、陣営は様々な条件を提示。討論会の開催については情勢が不透明となっている。 <関連記事> トランプ氏、バーチャル討論会を拒否 条件提示続く  トランプ氏、執務に復帰 陽性判定から1週間たたずに 副大統領候補の討論会、パンデミック対策などで応酬  両候補の主張をファクトチェック 第1回大統領候補討論会 初の大統領選討論会、司会者やルール無視の激しい応酬 コンリー医師は以前は、トランプ氏の容体が12日まで落ち着いた状態で続けば、「みんなしてついに、ホッと一息つくことができる」と話していた。 トランプ氏自身は8日夜にフォックス・ニュースとの電話インタビューで、気分が「すごくいい」と話し、10日夜にもフロリダ州内で選挙集会を開きたいと述べた。 トランプ氏はフォックス・ビジネス・チャンネルに対し、「自分は完璧な肉体の持ち主」のため無事だったと述べた。「治療薬」の投与は終わり、近くまたウイルス検査を受ける予定だと話した。 一方で、医師団はすでに症状は出なくなっていると発表しているものの、ホワイトハウスはトランプ氏が感染前に最後にウイルス検査陰性だったのはいつか明らかにしていない。このため、トランプ氏がいつ感染したのか、まだ感染性があるのか、はっきりしていない。 こうした中で、共和党幹部のミッチ・マコネル上院院内総務(78)は8日、自分は8月6日を最後にホワイトハウスを訪れていないと明らかにした。社会的距離の維持やマスク着用など感染対策の取り組み方が、「上院でこうした方がいいと私が提案したやり方や、私自身の対策と異なる」からだと述べた。 9月26日にホワイトハウスで行われた最高裁判事候補の指名式典の出席者の陽性判定が相次いだため、これが「スーパー・スプレッダー」イベントだったのではないかと注目されている。 (英語記事 US election 2020: Trump ready to return to public events, says doctor)

  • Thumbnail

    記事

    フランス、リヨンなど4都市でレストランなど営業停止へ 新型コロナウイルス

    2020年10月09日 12:45 公開 欧州各地で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、フランス政府は8日、新たに4都市で感染症対策の制限を強化すると発表した。 南東部リヨン、グルノーブル、サン=テティエンヌ、北部リールでは10日から、警戒レベルが最高に引き上げられ、バーやレストランなどの営業が禁じられる。 フランスでは8日に、新規感染報告が1万8129件に上った。すでに南部マルセイユで9月から、首都パリでは先週から、同様の措置が取られている オリヴィエ・ヴェラン保健相は8日の記者会見で、「ここ数日、いくつかの都市で状況が悪化している」と説明。「毎日、感染者が増えている」と話した。 フランスの新型ウイルス警戒レベルは、地域の感染者が10万人当たり250人を超え、集中治療室の病床の30%がCOVID-19患者で埋まった段階で最高となる。 パリではすでに集中治療室の病床の半分近くを新型ウイルス患者が占めており、市内の病院は8日から緊急態勢に入った。 欧州ではオランダ、ポーランド、ウクライナ、チェコなどが同じような状況にある。いずれの国も8日、1日当たりの感染報告数記録を更新した。 パンデミックの抑制に成功していたとされるドイツでも、保健相が感染者の増加を懸念していると発言している。 現在、欧州と南北アメリカ、東南アジアでの流行が、世界の新型コロナウイルス患者の数を押し上げている。 世界保健機関(WHO)は8日、過去24時間の新規感染報告が33万8779人と、過去最多を更新したと発表した。 ドイツの状況は? ドイツではこの日、1日の新規感染者が前日より30%近く増えて4000人以上となり、4月以降で最多となった。 ロベルト・コッホ研究所(RKI)によると、同国のこれまでの感染者は31万144人、死者は9578人となっている。 RKIのロサール・ウィーラー所長は記者会見で、感染者数が比較的少ないからもう対策は必要ないという「パラドックス」に陥らないよう注意すべきだと述べた。 「現在の状況をとても心配している。ここから数週間でどのように変化するのかわからない。1日1万件以上の新規感染が起きる可能性、ウイルスを制御できなくなる可能性もある」 イエンス・シュパーン保健相は、ドイツ国民は新型ウイルス対策を日常に取り込んで「慎重に活動している」と称賛。一方で、「この成果を賭けで失うような真似をしてはいけない」と忠告した。 特に、「自分は無敵だ」と思っている若者たちが大勢で集まり、他人と距離を取る施策を守っていないと指摘した。その上で、ベルリンとフランクフルトが夜間のイベントに時間制限を付けた措置を歓迎した。 ドイツでは現在、秋の学期休暇が始まっており、国内旅行にも制限がかけられている。10万人当たりの感染者が50人以上いいる「危険地域」からの旅行者は、ホテルやアパートでの宿泊が禁止された。 さらに、この期間中は国外旅行も避けるよう通達が出されている。 また、感染者の多い地域では大規模集会が禁止されているほか、感染リスクの高い国からの渡航者には空港での検査が義務付けられている。交通機関や店舗でマスクを着けない人は罰金が科せられる。 その他の欧州各国の状況 イギリスでは8日、新たに1万7540人の感染が報告された。イギリスではこれまでに54万人以上が感染し、約4万2000人が亡くなっている ロシアのこの日の新規感染者は1万1493人。全体では126万人以上が感染している。政府は今週末は自宅にとどまるよう国民に呼びかけている ベルギーの首都ブリュッセルでは10月いっぱい、全てのバーやカフェ、喫茶店などの営業が禁止されることになった WHOによると、欧州全体ではこれまでに650万件以上、新型コロナウイルスの感染が報告されている。 (英語記事 Four French cities to shut bars as virus spreads)

  • Thumbnail

    記事

    米与党・共和党幹部マコネル氏、8月からホワイトハウス避ける 感染対策が不十分と

    2020年10月09日 12:32 公開 米与党・共和党幹部のミッチ・マコネル上院院内総務(78)は8日、自分は8月6日を最後にホワイトハウスを訪れていないと明らかにした。社会的距離の維持やマスク着用など感染対策の取り組み方が、「上院でこうした方がいいと私が提案したやり方や、私自身の対策と異なる」からだと述べた。マコネル氏は、幼いころにポリオ(急性灰白髄炎、脊髄性小児麻痺)を経験している。 マコネル氏は地元ケンタッキー州で記者団に対して、「(パンデミックへの)ホワイトハウスの取り組み方が私とは違うという印象だ」と述べた。さらに、ホワイトハウスは「上院において適切」と自分が思う方法で「この病気の予防に取り組んでいるとは、個人的には思えない」とも話した。 マコネル氏はさらに、感染予防について自分とは「異なる見解のよその場所」は、感染拡大で苦労し、「その代償を払っている」と指摘。一方で上院は、感染対策を徹底しているおかげで、通常どおりに動いていると述べた。 マコネル氏は記者団に、ワクチンが使えるようになるまでマスク着用と社会的距離の維持が、感染予防に最も効果的な方法だと強調。「ワクチンが手に入るまで、感染拡大を防ぐと分かっている方法はこれしかない」と述べた。 トランプ大統領を除き、共和党随一の実力者のマコネル氏は与党院内総務として、上院においてマスク着用や社会的距離の維持を呼びかけているが、マスク着用を義務付けてはいない。 一方で、野党・民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は7月末に下院議員(共和党)1人が陽性になった時点で、議員とスタッフ全員に院内でのマスク着用を命じた。 ただし、トランプ氏が連邦議員に迅速なウイルス検査を提供すると申し出た際には、マコネル氏もペロシ氏もこれを断っている。 トランプ氏は今月2日に、新型ウイルス陽性判定を発表。入退院し、すでにホワイトハウス執務室に入っているという。ホワイトハウスは8日、トランプ氏の容体は「安定」し、病状の進行を示す症状は出ていないという、ショーン・コンリー主治医の診断を発表した。それによると、1日の陽性判定から10日間が経過した10日には「大統領は安全に公の場に出席できるようになる」という 9月26日にホワイトハウスで行われた最高裁判事候補の指名式典の出席者の陽性判定が相次いだため、これが「スーパー・スプレッダー」イベントだったのではないかと注目されている。これまでにトランプ氏に近い数十人の側近やホワイトハウス職員、共和党関係者らが陽性となっている。 米ABCニュースによると、計34人ものホワイトハウス職員や「その他の関係者」が最近になって感染したという政府内資料があるという。 トランプ氏は8日、フォックス・ビジネス・チャンネルとの電話取材で、自分はもうすっかり回復しており、他人にウイルスをうつすこともないと思うと話した。 「今晩にでも支持者集会をやりたいくらい元気だ」と述べた。 ただし、トランプ氏が首都ワシントン近郊の陸軍病院に入院している間に、ホワイトハウスの感染対策には多少の変化があり、以前よりも多くの職員がマスクをつけているという。 マーク・メドウズ首席補佐官によると、執務棟「ウエスト・ウィング」や居住棟への人の出入りは制限され、大統領と対面でやりとりする人は全員、全身に防護具をつけているという。 11月3日の大統領選に向けて米大統領候補討論会委員会(CPD)は8日、トランプ大統領の感染を受けて、15日に予定される2回目の討論会をバーチャルで開催すると発表した。これについてトランプ氏はバーチャル討論会には「意味がない」と拒否し、対面なら参加すると様々な条件を提示している。トランプ陣営は、「10日までに公の場に出られるようになる」と主治医が診断していることを理由に、当初の予定どおり15日に対面の討論会を要求している。 (英語記事 Top Republican Mitch McConnell avoids White House over Covid-19)

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 トランプ氏、バーチャル討論会を拒否 2回目は中止

    2020年10月09日 11:42 公開 米大統領候補討論会委員会(CPD)は9日、15日に行われる予定だった2回目の討論会の中止を発表した。CPDは当初、ドナルド・トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、2回目の討論会をバーチャルで開催すると発表。これについてトランプ氏はバーチャル討論会には「意味がない」と拒否し、対面なら参加すると様々な条件を提示していた。またトランプ陣営は、「10日までに公の場の行事に出られるようになる」と主治医が診断したことを受け、当初の予定どおり15日に対面の討論会を要求していた。 CPDは9日、両候補が15日にそれぞれ独自のタウンホール集会を企画したため、2回目討論会は中止すると発表した。 3度目で最後の大統領候補討論会は、22日にテネシー州ナッシュヴィルで予定されている。CPDはこの3回目の討論会は必要な感染対策をとった上で実施すると説明。両候補はこの討論会の出席には同意していると明らかにした。 15日にバイデン氏が開くタウンホール集会はABCニュースが、トランプ氏の同様の集会はNBCニュースが放送する予定とみられている。 バーチャル討論会を拒否 11月3日の大統領選投開票日に向けて、2度目の大統領候補討論会は15日にフロリダ州マイアミで予定されていた。しかしCPDは、トランプ氏が今月2日に新型ウイルス陽性を発表し、入退院したことを受け、討論会は「関係者全員の健康と安全を守るため(中略)別々の離れた場所から」バーチャルで開催せざるを得ないと発表した。マイアミでの討論会は、両候補が一般市民から質問を受けるタウンホール形式が予定されていた。 トランプ氏はこれに激怒し、フォックス・ビジネス・チャンネルとの電話インタビューで、バーチャル討論会に参加するつもりはないと反発。「そんなものに時間を無駄にするつもりはない」、「コンピューターの前に座って討論するなど、馬鹿げている」などと述べた。 野党・民主党の大統領候補、ジョー・バイデン前副大統領は、トランプ氏が「毎秒のように考えを変える」と反応し、バイデン陣営はトランプ氏が「明らかに有権者からの質問を受けたくないのだ」と批判した。 これに対して、トランプ陣営のビル・ステピエン選対本部長は、討論会委員会が「ジョー・バイデンを守ろうとして」おり、「最低だ」と非難。トランプ氏は代わりに15日に支持者集会を開くといったん発表した。 <関連記事> トランプ氏は週末から行事に復帰可能と主治医 陣営は通常の討論会要求 トランプ氏、執務に復帰 陽性判定から1週間たたずに 後にバイデン陣営が、マイアミで予定されていたタウンホール形式の討論会を22日に変更すべきだと提案。これに対してトランプ陣営は、22日に加えてさらに29日に3度目の対面討論会を開くよう要求した。バイデン陣営は、3回の討論会の日程はすでに決まっているため、変更は認めないと反論した。 トランプ陣営はさらにその後、あくまでも15日に対面形式の討論会を開くよう要求。ホワイトハウスが、1日の陽性判定から10日間が経過した10日には「大統領は安全に公の場の行事に出席できるようになる」というショーン・コンリー主治医の診断を発表したことを受け、15日の討論会出席は可能だと主張した。 大統領選の投開票日は11月3日だが、すでに600万人が期日前投票を済ませている。 全国的な世論調査では、バイデン氏が1ケタのリードを維持しているが、勝敗を決する激戦州の行方はきわめて不透明な情勢が続いている。 <関連記事> 副大統領候補の討論会、パンデミック対策などで応酬  両候補の主張をファクトチェック 第1回大統領候補討論会 初の大統領選討論会、司会者やルール無視の激しい応酬 共和党幹部は夏からホワイトハウスを避け トランプ大統領のほか、複数のホワイトハウスや共和党関係者の間で新型コロナウイルス感染が相次いでいる。 トランプ氏はフォックス・ビジネス・チャンネルに対し、「自分は完璧な肉体の持ち主」のため無事だったと述べた。「治療薬」の投与は終わり、近くまたウイルス検査を受ける予定だと話した。 一方で、医師団はすでに症状は出なくなっていると発表しているものの、ホワイトハウスはトランプ氏が感染前に最後にウイルス検査陰性だったのはいつか明らかにしていない。このため、トランプ氏がいつ感染したのかは、はっきりしていない。 こうした中で、共和党幹部のミッチ・マコネル上院院内総務(78)は8日、自分は8月6日を最後にホワイトハウスを訪れていないと明らかにした。社会的距離の維持やマスク着用など感染対策の取り組み方が、「上院でこうした方がいいと私が提案したやり方や、私自身の対策と異なる」からだと述べた。 9月26日にホワイトハウスで行われた最高裁判事候補の指名式典の出席者の陽性判定が相次いだため、これが「スーパー・スプレッダー」イベントだったのではないかと注目されている。 (英語記事 Presidential debate: Trump refuses to take part in virtual TV event)

  • Thumbnail

    記事

    韓国・蔚山の33階建てビルで大規模火災 80人以上病院に搬送

    2020年10月09日 9:56 公開 韓国南東部・蔚山(ウルサン)の33階建てのビルで8日夜、大規模な火災が発生し、数百人が避難した。住民ら80人以上が煙を吸い込み、病院で治療を受けた。 現場の映像では、商業施設と住居のある複合ビル「サムファン・アールヌーヴォー」全体に炎が広がった。 すでに鎮火されたと報じられている。 韓国の通信社・聯合ニュースによると、数百人が避難した。屋上から逃げた人もいた。煙を吸って体調に影響が出た人も多数出ているという。 強風で被害拡大か 火災は午後11時ごろ発生し、強風にあおられ火の手が広がったという。火元は8~12階付近とされる。それらの階には、計約120世帯と商店が入っているという。 強風のため消火活動が困難だったとされる。 消防士らは、ビル内に残された人がいないか確認している。 目撃者の1人は聯合ニュースに、「突然、炎が上がった。窓は破れ、居間と寝室が燃えた」と話した。 別の目撃者は韓国YTNニュースに、ビルの外側に付いていた「外装材」が、火の回りを早めたとの見方を述べた。 (英語記事 Blaze engulfs South Korean tower block)

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 論戦の最中、副大統領の頭にハエが

    2020年10月08日 18:26 公開 11月3日の米大統領選に向けて、副大統領候補の討論会が7日、ユタ州ソルトレイクシティーのユタ大学で行われ、野党・民主党候補のカマラ・ハリス上院議員(55)と現職のマイク・ペンス副大統領(61)は、新型コロナウイルス対策などについて90分間の論戦を交わした。 しかし、ソーシャルメディアでの人気を成功の指標とするならば、圧勝したのは両候補ではなく、1匹のハエだった。 先週の大統領候補討論会とは打って変わって、穏やかな口調で議論を続けた両候補のどの言葉よりも、ペンス氏の頭にとまり、2分ほどそのままでいたこのハエの存在感が、大勢を釘付けにした。

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 副大統領候補の討論会、どちらも質問に直接答えず

    2020年10月08日 16:12 公開 11月3日の米大統領選に向けて、副大統領候補の討論会が7日、ユタ州ソルトレイクシティーのユタ大学で行われた。 野党・民主党候補のカマラ・ハリス上院議員(55)と現職のマイク・ペンス副大統領(61)は、最高裁判事の任命や妊娠中絶をめぐる問題について論戦を交わした。 一方で、討論会では両者が質問に直接答えずにやり過ごす場面が多く見られた。

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 各地で有権者が長蛇の列、期日前投票に400万人超

    2020年10月08日 15:55 公開 11月3日の米大統領選を前に、ほとんどの州で対面での期日前投票が始まっている。各地の投票所には長い行列ができている。 全50州で郵便投票も受け付けてはいるが、利用するには理由の提示が必要な場合もある。 ミネソタ、サウスダコタ、ヴァージニア、ワイオミングの4州では9月18日、一足先に期日前投票が始まった。 フロリダ大学のマイケル・マクドナルド教授(政治学)たちが運営する選挙データサイト「United States Election Project」の集計によると、これまでに400万人以上が投票を終えている。わずか7万5000人だった2016年の同時期と比べると、期日前の投票者数が大幅に増えていることがわかる。

  • Thumbnail

    記事

    「Black Lives Matter」、政治や選挙への影響は

    2020年10月08日 15:38 公開 5月に米ミネアポリスで黒人のジョージ・フロイドさんが白人警官に取り押さえられ、亡くなって以来、アメリカ全土で「Black Lives Matter(BLM、黒人の命は大事)」運動が続いている。 人種差別に反対する抗議運動が勢いを取り戻し、黒人に不平等な法が改正され、警察の捜査手法にも目が向けられた。 また、各地の地方選挙でBLM活動家が次々と当選し、政治にも影響を与え始めている。 BLMが11月の大統領選挙に影響を及ぼすのか、注目されている。

  • Thumbnail

    記事

    環境保護活動家、昨年だけで200人超が殺害され……なぜなのか

    2020年10月08日 15:27 公開 環境保護活動は、学校ストライキや街中での抗議デモだけではない。 世界のさまざまな地域で、特に女性にとって、環境保護活動は非常に危険な仕事になりつつある。 2019年には212人の環境保護活動家が殺されたという統計もある。なぜなのか。

  • Thumbnail

    記事

    行方不明だった北朝鮮高官、今は「韓国に在住」 韓国国会議員が認める

    2020年10月08日 14:00 公開 韓国の国会情報委員会の委員長が7日、2018年に駐在中のイタリアから姿を消した元北朝鮮大使代理が現在、韓国に住んでいると明らかにした。 駐イタリア北朝鮮大使代理だったチョ・ソンギル氏は、2019年7月から韓国に滞在しているという。 この事実が確認されれば、チョ氏は1997年以降で最も高官の脱北者となる。 一方、当時イタリアに滞在していたチョ氏の10代の娘の所在が懸念されている。この娘は北朝鮮に送還されたとみられる。 イタリア外務省は、この娘は両親が失踪した後、2019年2月に自ら希望して北朝鮮に戻ったと説明している。 どうやって脱北したのか チョ氏は2018年11月、妻と共に予告なく姿を消した。駐イタリア北朝鮮大使代理の任期が終わる直前だった。 当時の報道では、北朝鮮政府の高官を父と義父に持つチョ氏は、西側の第三国への亡命を求めてイタリア政府の保護下にあるとされていた。 チョ氏に関する情報は6日、韓国の野党議員がフェイスブックに、チョ氏が妻と共に韓国政府の保護下で暮らしていると投稿したことで明らかになった。これを7日、国会情報委員会のチョン・へチョル委員長が認めた。 チョン委員長は、「チョ元大使代理は2019年7月に自主的に韓国へ到着した。以前から韓国行きを繰り返し希望していたと聞いている」と話した。 韓国の情報機関はこれについてコメントしていない。 娘はどうなったのか チョ氏の娘については、10代だということ以外はほとんど明らかになっていない。 聯合ニュースによるとチョン委員長は、チョ氏は「北朝鮮に残っている家族を案じ」、自分の所在などを明らかにしてほしくないと述べているという。 2016年に脱北した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英公使は、脱北者の家族は制裁を受けているはずだと語っている。 「脱北した外交官がどこに住んでいるかによって、北朝鮮に残された家族の処遇や罰の度合いが決まる」 「韓国に亡命したとなれば、チョ氏は裏切り者と断じられる。裏切り者の家族にどのような制裁が下るかは誰にも分からない」 韓国の国家安全保障副顧問を務めていた野党側のチョ・テヨン議員も、韓国政府がチョ氏の情報を漏らしたことを批判。「チョ氏の娘のことを考えれば、人道的な配慮に全く欠けた行いだ」と述べた。 これに対し、カン・ギョンファ外交部長官はチョ氏の所在の情報に「驚いた」と述べ、娘の安全を心配した。 北朝鮮の外交官は、失踪や亡命を防ぐため、国内に家族を残した状態で派遣されることが多い。 (英語記事 Missing N Korean ambassador 'living in S Korea')

  • Thumbnail

    記事

    ジョージ・フロイドさん死亡事件、被告の元警官が1億円で保釈

    2020年10月08日 12:29 公開 今年5月に米ミネソタ州ミネアポリスで武器を持たない黒人男性ジョージ・フロイドさん(46)に対する殺人罪で訴追された元警官が7日、保釈された。保釈金は100万ドル(約1億600万円)だった。 白人のデレク・チョーヴィン被告(44)は、フロイドさんの首を膝で約8分間圧迫し続けているところを、通行人によって撮影された。チョーヴィン被告は第2級の殺人罪と故殺罪などで訴追されている。 フロイドさんの死は「Black Lives Matter(BLM、黒人の命は大事)」運動と世界的な反人種差別抗議につながり、アメリカでは警察改革を求める声も広がった。 チョーヴィン被告は現在、来年3月の公判を待っている状態。その他、元警官3人が殺人ほう助罪で訴追されている。4人は事件後に全員、免職となった。 今回の保釈により、フロイドさんの死をめぐって訴追された全員が保釈された。 <関連記事> 黒人女性に発砲の米警官、殺人に問われず 抗議デモで2警官撃たれる 大坂なおみ選手がマスクでアピールする、米黒人犠牲者たち チョーヴィン被告は5月の逮捕以降、ミネソタ州オーク・パーク・ハイツの最も警備の厳しい刑務所に収容されていた。 6月の初公判でジャニース・M・レディング裁判官は、無条件保釈の場合は125万ドルに、条件つきの場合は100万ドルに保釈保証金の額を設定した。条件には、フロイドさんの家族に接触しないことや銃器の放棄、裁判を待つ間に警官や警備員として働かないことなどが含まれた。 米メディアCBSミネソタが報じた裁判所の記録によると、チョーヴィン被告は保釈金保証業者の保証の下、条件付きで保釈された。 アメリカには、被告人が保釈金を支払えなかったり、裁判所に出廷できなかった場合に保釈金を立て替える保証業者が存在する。 フロイドさんの遺族の弁護士を務めているベン・クランプ弁護士は、チョーヴィン被告の保釈は「フロイドさんへの正義を獲得する道のりはまだ長いと痛感させるものだ」と話した。 「フロイドさんは生前、正義を得られなかったが、死後に全面的な正義を得られるまで、私たちが休むことはない」 現在、4人の被告は3月に合同で裁判を受ける予定だが、裁判官は個別に裁判をする考えを示している。 フロイドさんが殺害されて以降、アメリカでは人種差別に反対する抗議運動が勢いを取り戻し、黒人に不平等な法が改正され、警察の捜査手法にも目が向けられた。 また、各地の地方選挙でBLM活動家が次々と当選し、大統領選を含む政治にも影響を与え始めている。 (英語記事 George Floyd murder suspect released on $1m bail)

  • Thumbnail

    記事

    イタリア、自宅以外でのマスク着用を全国で義務化

    2020年10月08日 12:13 公開 イタリアは7日、新型コロナウイルス流行を抑えるため、屋外でのマスク着用を全国で義務づけると発表した。 この対策により、イタリア国民は自宅以外のすべての場所でマスクを着けなくてはならない。 イタリアの新型ウイルス感染症COVID-19の患者数は、多くの欧州諸国と比べるとかなり少ない。しかし、感染者は着実に増加し続けている。 ジュゼッペ・コンテ首相は、経済に大打撃を及ぼすロックダウンの再実施を避けるため、厳しい対策が必要だと訴えた。 「今後は自宅を出る時、マスクなどの防護用具を持参し、着用しなくてはならない。周囲に誰もいない状況が続く場合を除いて、それらを着ける必要がある」 商店、事務所、公共交通機関のほか、バーやレストランでも着席していない時は、マスク着用が義務となる。 こうした対策は、ローマなど感染が拡大しているイタリア国内の一部で、すでに実施されている。今回の措置は、それを全国に広げる。 イタリアは今年初め、ヨーロッパで最初に深刻な感染拡大に見舞われた際に、世界的にもかなり厳格なロックダウンを実施した。 ここ数カ月は、他の欧州諸国より感染の抑制に成功している。しかし保健省によると、直近24時間に感染が確認されたのは3678人に上り、4月24日以降で初めて3000人を超えた。 チェコが新規感染最多に イタリアは7日、イギリス、オランダ、ベルギー、チェコからの渡航者全員に新型ウイルス検査を義務付けると発表した。欧州諸国からの感染者の入国を防ぐのが狙い。 このほかヨーロッパでは、次の動きがみられる。 チェコの過去2週間における10万人あたりの新規感染者数が、スペインを抜いて欧州連合(EU)加盟国で最多となった オランダで過去24時間に約5000人の感染が確認され、過去最多を更新した イギリス・スコットランド中部(グラスゴー、エディンバラなど)のすべてのパブとレストランが9日から閉鎖される。同国イングランドも同様の措置を一部で実施することを検討している ベルギーの首都ブリュッセルですべてのバーとカフェが1カ月間閉鎖される フランス・パリでは、病院の集中治療室のベッドの4割以上がCOVID-19患者で埋まっている ポーランドやウクライナなどヨーロッパの他の数カ国でも1日あたりの感染者数が過去最多となっている (英語記事 Masks made mandatory outdoors across Italy)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、執務に復帰 陽性判定から1週間たたずに

    2020年10月08日 11:49 公開 新型コロナウイルスに感染して一時入院していたアメリカのドナルド・トランプ大統領が7日、陽性と判定されてから1週間とたたず執務に復帰し、大統領執務室でブリーフィングを行った。 主治医のショーン・コンリー医師によると、トランプ大統領は24時間以上COVID-19(新型ウイルスによる感染症)の症状がなく、4日以上発熱もないという。 トランプ氏は7日に公開したビデオメッセージの中で、気分は「最高」、「神の恵みだと思う」と述べた。 また、自分が受けた治療をすべてのアメリカ人が受けられるようにしたいと述べた。 薬の無償提供、緊急使用を目指すと トランプ氏は先週、新型ウイルス治療で米製薬会社レジェネロン社の抗体カクテルを投与されており、この薬を無償提供することも約束。何十万回分もの抗体カクテルがほぼ用意できているとした。 しかし、この抗体治療はまだ実験段階にあり、認可を得ていない。 「災い転じて福となす、そういうことだった。感染して、この薬のことを耳にした。自分に投与してほしいと頼んだら、素晴らしい効果が得られた」と、トランプ氏は述べ、緊急使用が許可されるようにしたいと付け加えた。 コンリー医師は先に、トランプ氏の病状について、入院後は酸素補給は不要だったと説明していた。トランプ氏は5日に退院した。 <関連記事> トランプ氏の上級顧問ミラー氏も感染 米軍最高幹部らは自主隔離 トランプ氏が退院、「20年前より調子がいい」と回復アピール 治療は継続 もしもアメリカ大統領が重病になったら 権力や選挙はどうなる トランプ氏の支持者は、退院後に同氏がリーダーシップを発揮しているとしている。一方で反対派からは、ますますとっぴな行動をとるようになったとの声が上がっている。 トランプ政権ではトランプ氏以外にも側近らの感染が相次いで判明している。トランプ氏の退院後、ホワイトハウスは新たな安全対策を打ち出した。 トランプ氏は11月3日に米大統領選を控えている。選挙戦での主要課題の1つは新型ウイルスをめぐる景気刺激策だ。 トランプ氏は6日、野党・民主党幹部と続けていた追加の景気刺激策をめぐる協議を大統領選後まで停止すると発表。だがその後、一部の措置については個別に承諾するとした。 トランプ氏の健康状態は コンリー医師の報告によると、トランプ氏の「身体検査に問題はなく、バイタルサイン(生命兆候)、血中酸素濃度や呼吸は安定していて正常範囲」だという。 また、1日に採取した血液からは検出されなかったが、5日に採取した血液からはSARS-CoV-2-IgG抗体が検出されたとした。 「我々は今後も注意深く観察を続ける。新たなことが分かり次第お知らせする」と、コンリー医師は述べた。 新型ウイルスの感染から回復して血液に抗体があっても、2度目の感染から身を守れるかどうかは分かっていない。 ホワイトハウスで何が トランプ氏は7日午後、大統領執務室に復帰した。関係者によると、メキシコ湾を北上していたハリケーン「デルタ」や、民主党との新型ウイルスをめぐる景気刺激策に関する協議についてブリーフィングを行った。 トランプ氏は退院以来、居住区ではなく執務室での執務を望み、国民向けの演説や選挙活動の再開を強く求めるなど、リスクを気にかけない姿勢を見せている。 しかし多くの側近や政権スタッフは現在も自主隔離中だ。 マーク・メドウズ大統領主席補佐官は先に、トランプ氏と接触する人が「PPE(個人用防護具)をフル装備し、マスクやゴーグルなど」を着用していることを明かしていた。 5日には、ホワイトハウスの西側部分「ウェスト・ウィング」1階と居住区への立ち入りを制限し、トランプ氏から2メートル以内の距離にいる人に対する防護具や手の消毒といった厳格な措置を求める通知が出た。 トランプ氏の感染が判明する以前は、ホワイトハウスでのマスク着用ルールは甘く、批判を受けていた。しかし、今ではより多くの人が着用しているようだと報じられている。 トランプ氏と接触があり、ウイルス検査で陽性と判定された人の名前は公表されているが、ホワイトハウスで実際に何人が新型ウイルスにさらされていたのかは不明だ。少なくとも9人の職員の陽性が分かっているが、集団感染の規模はさらに大きいとみられる。 ホワイトハウスの一部スタッフは米メディアに対し、感染者あるいは感染リスクのある人だと知らないまま、接触していたかもしれないと懸念していると明かした。 民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は、ホワイトハウスは「この国で最も危険な場所の1つ」であり、「近づくつもりはない」と述べた。 6日にはトランプ氏にきわめて近いとされるスティーヴン・ミラー上級顧問の感染が明らかになった。ミラー氏に先立ち、ケイリー・マケナニー大統領報道官らの感染も確認されている。 過去1週間の世論調査では、民主党の大統領候補のジョー・バイデン前副大統領が全国的にトランプ氏より8~12ポイントリードしていることがうかがえる。しかし、激戦州の結果が選挙の勝敗を左右する可能性が高い。 (英語記事 Trump back at work days after positive Covid test)

  • Thumbnail

    記事

    ブラジル、感染者が500万人を超える 新型ウイルス

    2020年10月08日 10:48 公開 ブラジルで6日、新型コロナウイルスの感染が確認された人が500万人を超えた。死者は15万人に迫っていると、当局は話している。 ブラジル保健省はこの日、新たな感染者が3万1553人見つかり、累計感染者が500万694人になったと報告した。 ブラジルはアメリカ、インドに次いで世界3番目に感染者が多い。 大統領の姿勢が国を二分 ジャイル・ボルソナロ大統領は新型ウイルスの流行が始まって以来、感染防止規制に関する専門家の助言を無視するなど、リスクを過小評価していると非難されている。 ボルソナロ氏は、政権の新型ウイルスへの対応に対する批判をはねつけている。ただ、ロックダウンに反対し経済活動を優先させる判断は、国民の間で賛否が大きく分かれている。 <関連記事> 新型ウイルス、世界人口の1割が感染した可能性 WHO 新型コロナウイルスによる死者、世界で100万人超える 新型コロナウイルス 地図と数字で見るパンデミック 保健省によると、6日には新たに734人の死亡が確認され、同国の死者は14万8228人になった。 死者数は南米で最も多い。 ブラジル国内ではサンパウロ州が最大の影響を受けており、死者は約3万6000人に上っている。これにリオデジャネイロ州が約1万9000人で続いている。 アミルトン・モウラン副大統領は8月、政権の新型ウイルス対策を擁護。国民に規律意識が欠けているため社会的距離の確保がうまくいかず、感染症COVID-19の拡大を抑えられていないと述べた。 <解説>ケイティ・ワトソン、南米特派員 ブラジルは新たな区切りを迎えたが、状況は数週間前ほど暗くはない。感染者と死者はともに減少傾向にある。それでも1週間の死者は約5000人で、ピーク時の約7000人からは減ったというレベルだ。 欧州に比べると、各種の数字はまだかなり悪い。しかし、ブラジル人の生活は平常に戻りつつあるように思える。商店、レストラン、一部の学校は再開している。 ボルソナロ大統領は新型ウイルス対策で批判を浴びたが、支持率は上昇している。約6000万人の非公式の労働者らに、政府が手厚い給付金を支給したためだろう。 問題は、失業率が急上昇する中で政府が給付金を減額し始めたとき、政権は支持を集め続けられるかだ。 (英語記事 Coronavirus cases in Brazil pass five million)

  • Thumbnail

    記事

    新型ウイルスの「免疫があるのかも」、トランプ氏が回復アピール

    2020年10月07日 17:42 公開 新型コロナウイルスに感染し、治療を受けていたアメリカのドナルド・トランプ大統領が5日、首都ワシントン近郊のウォルター・リード米軍医療センターから退院した。 トランプ氏は星条旗が並べられたホワイトハウスのバルコニーに上がると、まだ周囲にうつす可能性があるにも関わらずマスクを外して敬礼。新型ウイルスからの力強い回復を演出した。 その後、支持者に向けて短いメッセージビデオを公開し、「(新型ウイルスに)自分たちの生活を支配させてはいけない。(新型ウイルスを)恐れるな」と呼びかけた。 また、「今は体調は良くなった。自分には免疫があるのかもしれない」などと全快ぶりを強調し、継続的な治療が必要とする医師団の主張と食い違いをみせた。

  • Thumbnail

    記事

    ホワイトハウスが破った4つのルール、なぜ感染が相次いでいるのか

    2020年10月07日 17:30 公開 新型コロナウイルスの検査で、米ホワイトハウスの幹部らの陽性が相次いで判明している。 なぜこれほど多くの感染者が出ているのだろうか。 ホワイトハウスでは感染防止策は守られていたのか、米疾病対策センター(CDC)のガイドラインと照らし合わせてみた。 ビデオ製作:ダン・ライトウィン

  • Thumbnail

    記事

    フェイスブック、陰謀論「Qアノン」関連のアカウントを全面禁止

    を継続し、ユーザーの通報に頼るのではなく、積極的に削除対象となるコンテンツを見つけていく」とした。 BBCのマリアナ・スプリング虚偽情報専門記者は、フェイスブックの今回の対応は歓迎すべきものだが、Qアノンが非常に大規模になっており、隠れて拡大していることから、徹底はかなり難しいだろうと指摘。 また、米大統領選挙の有権者には、「民主党が児童売買組織を運営している」、「ジョー・バイデン民主党大統領候補が児童虐待をしている」といった根拠のない主張を信じている人たちがいて、Qアノンはすでに大統領選に影響を及ぼしていると分析した。 他のSNSも Qアノンの陰謀論流布の活動には、他のソーシャルメディア大手も対策を取っている。 ツイッターは7月、何千ものアカウントを禁止。「オフラインの危害」を防止するため、Qアノン関連のコンテンツの推奨をやめると表明した。 さらに、Qアノン関連のURLをブロックし、ツイッターで拡散されるのを防ぐとした。 Qアノンとは 2017年10月、匿名掲示板「4chan」に「Q」を名乗るユーザーが連続投稿した。「Q」は米政府の機密レベル「Q承認」を付与されていると主張した。 この一連の投稿はやがて、「Qドロップ」や「ぱんくず」と呼ばれるようになった。トランプ支持のテーマやスローガン、誓いの言葉が、分かりにくい言葉で散りばめられていた。 フェイスブック、ツイッター、レディット、YouTubeなどへのQアノン関連の投稿は、2017年以降、爆発的に増えている。新型コロナウイルスの大流行が、これをさらに押し上げたとみられている。 ソーシャルメディアの状況からは、Qアノンの突拍子もない主張の少なくとも一部を信じる人は、数十万人はいると考えられる。 Qアノンは、民主党の政治家らが首都ワシントンのピザ店で小児虐待組織を運営しているなどとした、2016年大統領選前に出回った陰謀論「ピザゲート」から派生した。 (英語記事 Facebook bans QAnon accounts across all platforms)

  • Thumbnail

    記事

    エディ・ヴァン・ヘイレンさん、65歳で死去 伝説的ギタリスト

    2020年10月07日 15:10 公開 広く尊敬を集めているギタリストで、米ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」を共同結成したエディ・ヴァン・ヘイレンさんが6日、がんで死去した。65歳だった。息子が公表した。 オランダ系アメリカ人のヴァン・ヘイレンさんは、喉のがんの治療を続けていた。 バンド「ヴァン・ヘイレン」は、1984年に米チャートで1位となったヒット曲「ジャンプ」で知られる。 2006年から同バンドでベースを担当している息子のウルフギャングさんは、インスタグラムで哀悼の意を表明。最高の父親だったと語った。 「ステージ上とそれ以外で彼と共に過ごしたすべての時間が、かけがえのないものだった」 「この喪失で打ちひしがれていて、完全に回復するとは思えない。父さん、とても愛している」 https://www.instagram.com/p/CGA4YQmlmSr/ ロック音楽の大御所らもソーシャルメディアで、「ロックギター界のモーツァルト」への敬意を表明。ハードロックバンド「キッス」のボーカル、ジーン・シモンズさんは、ヴァン・ヘイレンさんを「ギターの神様」と呼んだ。 ヴァン・ヘイレンさんの死去を最初に報じた芸能人ニュースサイトTMZによると、ヴァン・ヘイレンさんは6日、米カリフォルニア州サンタモニカのセント・ジョンズ病院で家族に囲まれて亡くなった。 ここ1年ほど入退院を繰り返し、最近になって化学療法を受けていたという。 家族は息子ウルフギャングさんの他、2009年に結婚した妻ジェイニー・リゼウスキさんがいる。 スターへの道のり ヴァン・ヘイレンさんはオランダ・アムステルダムで生まれた。父ヤンさんはクラリネットとサックス、ピアノの奏者だった。その音楽的影響を受けながら、子ども時代にピアノの演奏を学んだ。 家族は1962年にカリフォルニア州パサデナに移住。ピアノも船で運んだ。 ヴァン・ヘイレンさんは2012年の米誌エスクァイアのインタビューで、「私たちは実際、こっちに来る途中の船上で音楽を演奏していたんだ。本当だよ! 『人生で何をやり遂げたいんだ?』といった感じではなかった。父さんは『稼がないといけない』と言っていた。もし音楽がなかったら、私たちは生き残っていなかった」と述べた。 成長期のヴァン・ヘイレンさんは、関心がドラムに移り、さらにギターへと変わった。当初は父親と兄アレックスさんと共に、結婚式やユダヤ教徒の男性の成人式で演奏していた。 大人になると、1970年代初めにロサンゼルスでバンド「ヴァン・ヘイレン」を結成。自らはギター、アレックスさんはドラムを担当した。ボーカルはデイヴィッド・リー・ロスさん、ベースはマイケル・アンソニーさんだった。 名前をタイトルにした1978年のデビューアルバムでは、ヴァン・ヘイレンさんを中心に曲が作られたとされる。このアルバムは米ビルボードチャートの19位に入り、当時最も成功したデビューの1つとなった。 最大の成功は6作目のアルバム「1984」だった。このアルバムでは、ヴァン・ヘイレンさんはギターよりシンセサイザーに力を入れた。「ヴァン・ヘイレン」として唯一、米チャートで1位を記録したヒット曲「ジャンプ」や、MTVで人気を得た「Hot For Teacher」は同アルバムに含まれている。 「ジャンプ」はまた、英チャートでも1984年に7位に入り、イギリスにおける唯一の目立ったヒット曲となった。 「ジャンプ」以外にヴァン・ヘイレンさんがイギリスで知られたのは、マイケル・ジャクソンさんの1983年のヒット曲「今夜はビート・イット」でギターソロを演奏したことだろう。 2007年には「ロックの殿堂」入りを果たした。「叶わぬ賭け」(Ain't Talkin' 'Bout Love)から「パナマ」に至るまでの「ヴァン・ヘイレン」の数々のヒット曲で、見事なギター演奏をしたとして称賛された。 右手でギターの弦を押さえる「ライトハンド奏法」を洗練させ広めた。ヴァン・ヘイレンさんの超高速演奏の技巧は、1980年代の多くのロックギタリストたちに影響を与えた。 がんとの闘い ヴァン・ヘイレンさんは長年にわたって、異なるがんの症状に見舞われていた。 最初は舌がんで、2001年に確認された。当時、がんに打ち勝つとファンに宣言。治療を受けた後、手術で舌の約3分の1を取り除いた。 2002年には、がんは消えたと判定された。しかし、ニュースサイトTMZは昨年、ヴァン・ヘイレンさんが5年間にわたってアメリカとドイツを行き来し、放射線治療を受けながら喉のがんと闘っていると報じた。 TMZによると、ヴァン・ヘイレンさんは治療中もコンサートに出演し、息子ウルフギャングさんと練習を続けていたという。 哀悼メッセージ相次ぐ 「キッス」のボーカルのシモンズさんは、「打ちひしがれている。エディはギターの神様だっただけでなく、真に美しい精神の持ち主だった。安らかに、エディ!」とツイート。 米ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のベース、フリーさんはツイッターで、ヴァン・ヘイレンさんを「美しく創造的な心」、「真のロッカー」などと表現した。 https://twitter.com/flea333/status/1313566546527244288 「ヴァン・ヘイレン」のロスさんが1984年に脱退した後、ボーカルとして加わったサミー・ヘイガーさんは、ヴァン・ヘイレンさんと撮った写真をツイッターに投稿。「悲しみにくれ言葉もない。ご家族に愛を」と記した。 また、「2020年はこれ以上悪くはならないと思っていた時に、エディ・ヴァン・ヘイレンが死去したと聞いた。あまりにショックだ。これまで会って共にツアーを回った中で、最もいい人で、地に足がついた人物だった」とした。 https://twitter.com/sammyhagar/status/1313573065524047873 ロックグループ「パンテラ」は、ヴァン・ヘイレンさんから「多大な影響」を受けたとツイート。「安らかに、エディ・ヴァン・ヘイレン。『ヴァン・ヘイレン』はヴィニーとダイムとパンテラに多大な影響を与えた。今ごろ彼らが一緒にロックしまくっていることを望んでいる!」と書いた。 映画「スター・ウォーズ」に出演した俳優のマーク・ハミルさんは、ウルフギャングさんにお悔やみを伝え、こう加えた。 「彼は長い間記憶され、ロック界の並外れたギターの名手として永遠に生き続ける。それを癒しとしてほしい」 (英語記事 Legendary guitarist Eddie Van Halen dies aged 65)

  • Thumbnail

    記事

    キルギス首相が辞任 野党勢力が政権掌握か

    任を表明した。ソオロンバイ・ジェエンベコフ大統領も、辞任の意向を示している。 ジェエンベコフ大統領はBBCに、「強い指導者たちに職責を譲る用意がある」と話した。ただ、誰のことを指しているのかの説明は拒んだ。 キルギス議会は6日、ビシケクのホテルで緊急議会を召集し、新たな政権を発足させた。この間、デモ参加者らは窓に石を投げつけ、これまで実権を握ってきた政治家らの排除を唱えた。 BBC特派員は、野党勢力が治安当局も掌握したと伝えた。 解放直後に首相代行に 野党支持者らは5日、議会選で不正があったと訴え、首都ビシケク中心部のアラ・トー広場などに約5000人が集まった。デモは平和的に進行したが、夜になって一部が政府ビルを占拠したり、国会議事堂へなだれ込んだりした。 6日朝までに、野党指導者サドウイル・ジャパロフ氏ら、収監されるなどしていた有名政治家らが解放された。同氏は7年前の抗議行動で地方の知事を誘拐したとして、11年の刑が言い渡され服役中だった。 ジャパロフ氏は解放後まもなく、首相代行に指名された。 汚職罪で同じく11年の刑に服していたアルマズベク・アタムバエフ前大統領も解放された。 4日の議会選(定数120)では、候補者を出した16政党のうち4政党しか議席を獲得できなかった。その中の3政党はジェエンベコフ大統領に近い政党だった。有力2政党の得票率は、それぞれ約25%に上った。 抗議デモを受けてジェエンベコフ大統領は、議会選の結果を無効とする用意があると示唆していた。その後、中央選挙管理委員会は、「国内の政治情勢を考慮して」議会選の結果を無効にしたと発表した。 大統領が隠れ家から取材に応じる ジェエンベコフ大統領はBBCキルギス語の独占電話取材に、「抗議者たちの主な目的は選挙結果を無効にすることではなく、私を権力の座から排除することだ」と、隠れ家から話した。 また、すべての政党に対し、「合法的な場」に戻って政治的な激変を避けるよう協力を呼びかけた。 さらに、「問題解決のため、強い指導者に職責を譲る用意がある。所属政党は関係ない。そうした指導者を支える用意もある」と付け加えた。 大統領はこれに先立って行ったビデオ演説で、「特定の政治勢力」が選挙結果を利用し、「秩序を乱している」と非難。「警察に従わず、医療スタッフを殴り、建物を壊している」と述べた。 ジェエンベコフ大統領は2017年の選挙で就任。すでに影響力を完全に失ったとの見方が出ているが、後任は定かではない。 野党勢力は調整委員会を設立したが、新政権の主要ポストをめぐって分裂状態だと報じられている。 (英語記事 Opposition 'seize power' in Kyrgyzstan )

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、追加景気対策の協議を「大統領選後まで停止」

    2020年10月07日 11:36 公開 アメリカのドナルド・トランプ大統領は6日、新型コロナウイルス対策の追加の景気刺激策をめぐって野党・民主党幹部と続けていた協議について、11月の米大統領選後まで停止すると発表した。 トランプ大統領は、「自分が選挙で勝ったら直ちに、勤勉なアメリカ人に焦点を絞った大型の景気刺激策法案を通過させる」とツイートした。 追加の景気刺激策をめぐっては、民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長とスティーブン・ムニューシン財務長官との間で予算協議が進められていた。 与野党の議員が11月3日の大統領選前の実現を目指していた追加支援は、突然中断されることになりそうだ。 大統領選の民主党候補のジョー・バイデン前副大統領は、トランプ氏がアメリカ国民に「背を向けた」とした。 「彼(トランプ氏)はいまだ仕事を取り戻せていない労働者1人1人に背を向けた」と、バイデン氏は声明で述べた。「家賃の支払いや食べ物の確保、子どもの世話に苦労している家庭に背を向けた」。 アメリカの複数地域で新型ウイルスの感染者数が増加し、米国防総省やホワイトハウス、共和党の上院議員らの間で感染が拡大する中での発表となった。 トランプ氏の発表の直後、6日の米株式相場は急反落した。 <関連記事> 米共和党、1兆ドルの追加支出法案 民主党は「不十分」 アメリカの就業者数、6月は480万人増加 ロックダウン緩和で大きく回復 米財務省、死んだ人にもコロナ手当を送付 14億ドル相当 トランプ氏は、交渉が破綻した責任はペロシ氏にあると主張。ペロシ氏が「経営状態が悪く、犯罪率の高い、民主党地盤の州を救済するために」2兆4000億ドル(約253兆円)規模の景気刺激策を求めていたとツイートした。 また、自分は1兆6000億ドル(約169兆円)規模を提示したものの、ペロシ氏は「誠意を持って交渉に臨んでいない」とした。 「彼らの要求を拒否する。私はこの国の未来を見据えている」 トランプ氏は、がんで亡くなったリベラル派のルース・ベイダー・ギンズバーグ連邦最高裁判事の後任人事についても言及。自身が指名した保守派のエイミー・コーニー・バレット判事の承認に集中するよう、ミッチ・マコネル上院院内総務(共和党)に指示したと明かした。 その後、マコネル氏は記者団に対し、景気刺激策について民主党と合意に至るのは難しすぎると思うと述べ、トランプ氏の判断を支持するとした。「我々は実現可能なことに集中する必要がある」。 アメリカの経済状況は アナリストたちは、追加支援がなければ景気回復が行き詰まる恐れがあると警告している。アメリカは3月と4月に失った雇用の約半数を取り戻したものの、1000万人以上が失業したままだ。 米中央銀行の連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は6日、政策立案者たちがほぼ何もしない場合や、進展スピードがさらに遅くなったときは「悲劇的な」結果につながると警告した。 パウエル氏は「(対策を)拡充する余地は残されている」とし、「政策措置が最終的に必要以上に大規模になったとしても、無駄になることはないだろう」と述べた。 これまで議会で承認されてきた個人向け給付金がすでに期限切れとなっている中、トランプ氏は予期せぬ発表を行った。 また、11月の大統領選を受け、翌年1月まで議会が再開されないため、あらゆる経済救済法案の審議が大幅に遅れることにもなる。 ペロシ氏や一部の共和党議員が反発 ペロシ氏は、「国を犠牲にして自分を第一に考えている」としてトランプ氏を非難した。 「科学を軽蔑し、英雄たちを見下している。(中略)自分の名前が小切手に書かれないからといって、労働者への財政援助を拒んでいる」 また、トランプ氏は富裕層向けの1500億ドル規模の減税に「こだわっている」のに、貧しい子どもたちの支援は拒否していると主張した。 ペロシ氏は、「ホワイトハウスが無秩序状態にあるのは明白だ」と述べ、トランプ政権職員にパウエル議長の助言に耳を傾けるよう求めた。 ジョン・カトコ下院議員(共和党、ニューヨーク州)はトランプ氏の決定には反対だと明かした。「人々の生活が危機にひんしている中で、救済パッケージの交渉を止めてはいられない」とツイートした。 スーザン・コリンズ上院議員(共和党、メイン州)は、「選挙が終わるのを待ってから、次のCOVID-19(新型ウイルスによる感染症)救済パッケージの合意に達するのは大きな間違いだ」と述べた。 (英語記事 Trump ends Covid budget stimulus relief talks)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏の上級顧問ミラー氏も感染 米軍最高幹部らは自主隔離

    省によると、レイ提督は軽い症状を発しているが、接触した他の軍幹部の感染は確認されず、無症状という。 BBCがアメリカで提携するCBSニュースによると、統合参謀本部のほぼ全員が自主隔離に入った。 国防総省は報道陣に、「米軍の作戦実行能力や準備状況に何の変化もない」と述べ、「(自主隔離に入った)軍幹部たちは従来と別の仕事場で職務を果たす能力が十分にある」と話した。同省は軍幹部会合の出席者の行動を追跡しているという。 沿岸警備隊によると、レイ副司令官の感染は5日に判明した。しかしAP通信によると、約10日前にホワイトハウスで開かれた集まりに出席したものの、感染経路は分かっていないと関係者は話している。 ホワイトハウスで増える感染者 トランプ大統領の感染に続き、ホワイトハウスや共和党関係者の感染者が増え続けている。 ミラー上級顧問に先立ち、ケイリー・マケナニー大統領報道官は5日に陽性判定を発表した。6日には報道官室の職員3人の感染が確認された。 マケナニー氏は4日、記者団と話をする際にマスクを外して質問に答えていた。 トランプ氏がホワイトハウスの庭で最高裁判事候補にエイミー・コーニー・バレット氏を指名した9月26日の式典が、「スーパー・スプレッダー」イベントだったのではないかと注目されている。 <関連記事> トランプ氏や側近ら、ホワイトハウスのイベントで集団感染か もしもアメリカ大統領が重病になったら 権力や選挙はどうなる この式典の出席者で新たに、カリフォルニア州のキリスト教関係者の感染が明らかになった。 グレッグ・ローリー牧師は軽症だという。式典当日はワシントン市内のキリスト教集会で、マイク・ペンス副大統領と一緒だった。 7日夜には、ペンス副大統領と、野党・民主党のカマラ・ハリス副大統領候補の討論会が予定されている。両候補とも最新の検査結果で陰性となっているが、ユタ州ソルトレイクシティでの討論会では、感染予防策として2人の間に透明な間仕切りを置くという。 2日に感染を発表したトランプ大統領は5日、入院先のウォルター・リード軍医療センターからホワイトハウスに戻った。入院中は、ステロイド剤デキサメタゾンの投与や酸素補給などの治療を受けていた。デキサメタゾンは新型コロナウイルス治療においては、重症や重体の患者に使用される。 (英語記事 Covid: White House aide tests positive as military leaders quarantine)

  • Thumbnail

    記事

    解放のため「どんなリスクも冒す」 中国に逮捕された香港人活動家の家族

    国当局に逮捕された。 12人は現在、中国大陸で勾留されている。家族は活動家たちの解放を求めている。 BBCは逮捕された12人のうちの1人の妻に、現在の心境を聞いた。女性は、この先10年でも20年でも帰りを待ち続け、どんなリスクも冒す覚悟だと話した。 動画: グレイス・ツォイ、アンバー・ワン

  • Thumbnail

    記事

    【米大統領選2020】 トランプ陣営、攻撃広告を継続 バイデン氏は停止で苦境に

    2020年10月06日 13:47 公開 ジェイムズ・クレイトン、北米テクノロジー記者 11月3日の米大統領選での再選を目指すトランプ陣営は5日、野党・民主党候補のジョー・バイデン前副大統領を攻撃する、一連の広告を展開した。 バイデン氏に向けられたネガティブな広告の中には、「甚だしい汚職」を非難する内容もあった。 また、「居眠りジョー(Sleepy Joe)は自分の選挙キャンペーンが過激な急進左派に乗っ取られるのを許可した」と主張するものもあった。 一方のバイデン陣営は、ドナルド・トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染し、治療のため入院したことを受け、トランプ氏に対するネガティブな広告を取り下げている。トランプ氏は5日夕に退院した。 バイデン氏側には、病気になった大統領を個人攻撃していると思われたくない思惑がある。 しかし休戦には至っていない。トランプ陣営が広告を使った攻撃を続けているからだ。 フェイスブック上に5日に公開された広告には、バイデン氏は「待機」し、暴徒に「大騒乱を引き起こ」させるだろうと書かれてあった。 4日に掲載された広告は、「黒人にとって困難な状況」を作り出しているとしてバイデン氏を非難した。 バイデン陣営のライブストリーミング・イベントで発生した技術トラブルをあざける広告も登場した。 「トランプ氏入院中にも批判広告」 トランプ陣営は3日、バイデン氏側がトランプ氏を攻撃する広告を素早く取り下げなかったと批判した。それにもかかわらず、今回の攻撃に乗り出した。 「バイデン陣営はネガティブな広告の停止を約束した。それにも関わらず、大統領の入院中に、大統領を中傷するネガティブ広告が100件近くある」と、トランプ陣営の広報担当者は3日、米フォックス・ニュースに述べていた。 バイデン陣営は一部の広告について、直ちに削除するのは困難だとした。 現在、バイデン陣営のフェイスブックに残っている広告のほとんどは、投票を呼びかける内容のものだ。 トランプ陣営による一部の攻撃広告の資金は、トランプ氏の団体「Trump Make America Great Again Committee(TMAGAC)」からまかなわれていた。 ほかの広告費は、「Donald J Trump for President」社から支払われていた。 トランプ陣営が攻撃広告の停止を拒否したことで、民主党は苦境に立たされている。 バイデン陣営の広報担当はすでに、「政治的点数稼ぎのために大統領の病を利用するのは不適切」だと指摘している。 しかしトランプ氏の症状は、今後数日、あるいは数週もの間、続く可能性がある。 攻撃を鎮圧 米大統領選まであと4週間となる中、バイデン氏はフェイスブック上の攻撃の抑制を迫られ、自らの手を縛ることになりかねない。 共和党のアナリストたちは、トランプ陣営がフェイスブック上でネガティブ広告を使ったことが、2016年の大統領選挙キャンペーンを助けたと考えている。 (英語記事 Trump continues Biden attack ads on Facebook)

  • Thumbnail

    記事

    キルギスで選挙不正訴えるデモ、議事堂に突入

    2020年10月06日 13:42 公開 旧ソビエト連邦のキルギスで5日夜、前日の議会選挙の無効を訴える抗議デモ参加者らが、首都ビシケクの国会議事堂になだれ込んだ。 現地の映像では、人々が議事堂の窓から書類を投げたり、ソオロンバイ・ジェエンベコフ大統領の執務室に入り込んだりしている。 中央アジアのキルギスでは、4日に議会選があった。議席を獲得した政党は、候補者を出した16政党のうちの4つにとどまり、その中の3つはジェエンベコフ大統領に近い政党だった。有力2政党の得票率は、それぞれ約25%に上った。 野党勢力は不正があったと主張。市民ら数千人がデモに参加している。 デモはビシケクで4日に始まった。警察は警官隊は放水銃や催涙ガスを使って、参加者らを解散させた。 5日には、ビシケク中心部のアラ・トー広場に5000人近くの抗議デモ参加者らが集まった。警官隊はこれを解散させ、参加者を追いかけるなどした。しかしデモ参加者らは再び広場に戻り、ホワイトハウスと呼ばれる議事堂になだれ込んだ。 ソーシャルメディアに投稿された動画では、抗議行動者らがフェンスをよじ登ったり、メインゲートを押し開けたりして、議事堂などの政府施設に入り込んだ。その後、建物の窓から煙が上がった。 デモ参加者らは、政治指導者らとの面会が実現するまで、アラ・トー広場にとどまるとしている。 これまでに約120人がけがを負ったと報じられている。うち半数は警官隊とされる。 保健省は声明で、重傷者が数人出ているが、死者はいないと発表した。 地元通信社AKIプレスによると、抗議行動者らはアルマズベク・アタムバエフ前大統領を解放した。アタムバエフ氏は汚職疑惑がかけられ、治安当局に勾留されて裁判を待っていた。 選挙不正の訴え 4日の議会選挙をめぐっては、ジェエンベコフ大統領に近いグループが有権者を買収や脅迫したとの批判が出ている。欧州安全保障協力機構(OSCE)の国際選挙監視団は、この訴えについて「信用できる」とし、「深刻な懸念」が生じているとしている。 野党の12政党は5日、選挙結果を承認しないとする共同声明を出した。 大統領府は同日、ジェエンベコフ大統領が議会選に候補者を出した全16政党の指導者と6日に会い、緊張緩和に努めると明らかにした。 一方、野党の候補者らは、中央選挙管理委員会に選挙結果を取り消すよう求めた。候補者の1人は5日、5000人以上のデモ参加者らの群衆に向かい、「大統領は公正な選挙になるよう監督すると約束したが、それを守らなかった」と訴えた。 デモ参加者らは、ジェエンベコフ大統領の辞任も求めている。 (英語記事 Protesters storm parliament over Kyrgyzstan vote)

  • Thumbnail

    記事

    ノーベル医学生理学賞、C型肝炎ウイルス発見の3人が受賞

    肝臓に注射し、肝炎が発症することを確認した。 現在カナダのアルバータ大学に在籍しているホートン教授はBBCの取材に対し、「当時は限られたツールしなかったので、干草の山から針を探すようなものだった」と話した。 「肝臓や血液中のウイルス濃度は極めて低かった一方で、我々の技術の精度は十分ではなかった。なので常に逆風に立ち向かっていた」 「さまざまな手法を、恐らく30か40種類のアプローチを7年にわたって行ない、最終的にその1つが当たった」 イギリスの王立医学協会のクレア・ベイントゥン副会長は、この発見は「素晴らしい業績だ」と称賛した。 「(C型肝炎に)効果的な治療法と輸血スクリーニング検査への扉を開き、世界各地で人々の健康を守り、数百万人の命を救った」 過去のノーベル医学生理学賞の受賞者 2019年:ウィリアム・ケリン、ピーター・ラトクリフ教授、グレッグ・セメンザ氏。細胞による酸素量の感知とその適応機序の解明 2018年:ジェイムズ・P・アリソン教授、本庶佑特別教授。がんに対する免疫チェックポイント阻害療法の発見。 2017年:ジェフリー・ホール氏、マイケル・ロスバッシュ氏、マイケル・ヤング氏。体内時計(概日リズム)を制御する仕組みの発見 2016年:大隅良典氏。細胞が自身のタンパク質を分解する仕組みの解明 2015年: ウィリアム・C・キャンベル氏、大村智氏、屠呦呦(ト・ユウユウ)氏。寄生虫による感染症に対する治療薬の発見 2014年: ジョン・オキーフ氏、マイブリット・モーセル氏、エドバルド・モーセル氏。脳内の空間認知システムの発見 (英語記事 Hepatitis C discovery wins the Nobel Prize)