NGT事件、アイドルは守れない?

NGT事件、アイドルは守れない?

NGT48の山口真帆がファンの男2人から暴行を受けた事件が炎上した。きっかけは彼女の告発だったが、運営会社のその後の対応も後手に回り、お堅いNHKまでが全国放送で中継するほど騒ぎが拡大した。人気絶頂アイドルを巻き込んだこの事件、何が問題だったのか。(写真はSHOWROOMより)

NGT48の山口真帆がファンの男2人から暴行を受けた事件が炎上した。きっかけは彼女の告発だったが、運営会社のその後の対応も後手に回り、お堅いNHKまでが全国放送で中継するほど騒ぎが拡大した。人気絶頂アイドルを巻き込んだこの事件、何が問題だったのか。(写真はSHOWROOMより)

「大金稼げば、それでいい」

お粗末すぎる「幕引き」

NGT事件が教える教訓

不手際の背景に「驕り」

運営側の大失態

 「殺されてたらどうすんだって思う。生きてる感じがしない」「もう外をひとりで歩くのだって怖い。全部嘘だと思いたいけど真実です」
 1月8日、ネット動画配信で自身の暴行被害を号泣告発したNGT48の山口真帆(23)。騒動は静まるどころか、CNNなどで報じられたうえ、アイドルの過酷な労働環境や運営側の管理不行き届き、芸能界の異常性、また日本の女性蔑視の考えまでもが世界に批判され、波紋は大きく広がっている。
 「事件は昨年12月8日午後9時半ごろに起きました。公演を終えて自宅マンションに帰宅した山口に、NGTのファンである無職男性A(25)と男子大学生B(25)が玄関先まで押しかけ、ドアに手をかけ声をかけたところ、彼女が悲鳴をあげた。慌てた男らが彼女の口をふさごうとした。実際には世間が勘ぐるような性的暴行はありませんでしたが、彼女が、暴行魔に襲われそうになったとパニックになるのは当然ですし、結果的に未遂に終わっただけかもと考えると事態は深刻です」(地元記者)
『世界はどこまで青空なのか?』を歌って踊るNGT48=2018年1月、東京都文京区(撮影・荒木孝雄)
『世界はどこまで青空なのか?』を歌って踊るNGT48=2018年1月、東京都文京区(撮影・荒木孝雄)
 SOSを受けて駆けつけたメンバーと、山口の帰宅時間を聞き出したとされる男らの仲間Cも加わって、双方で口論が続いたという。ようやく当時の支配人と警察が来て、男3人は警察に連行され、翌9日にAとBが暴行容疑で逮捕された。「彼らは20日間勾留されましたが、12月28日に不起訴処分となりました。NGTの他のメンバーが犯人に協力していた、暴行をしむけていたという山口の主張をもとに、警察もメンバーの事情聴取や、携帯電話の通信記録を調べて関与を調べましたが、それはなかったそうです」(前出・地元記者)
 しかし、いまや世論を誘導する存在のSNSでは「警察の情報も嘘だ。地元自治体と手を組んだ運営側が操作している」「被害者の山口の涙の訴えがすべて。彼女の主張が正しい」「チームNとチームGの関係は険悪。山口に嫌がらせして辞めさせようとした派閥の仕業」などという意見が活発に飛び交っている。それが揣摩臆測(しまおくそく)や思い込みであったとしても、フェイクニュースに引きずられてしまうのが人間のある種の特性ゆえ、それが真実だと信じられがちだ。
 では、なぜこんな大混乱を招いているのか。まずは、事件発生から山口の告発まで1カ月間、ファンに知らせなかったという「隠蔽」。そして、最大の被害者である山口にステージ上で謝らせた「謝罪」。この2点は、申し開きできないほどの運営側の大失態である。未成年の少女を預かっておきながら、大人がここまで無責任なのかと失望したし、憤りの感情も湧いた。運営側は、メンバー、そしてファンの信頼回復が急務である。(ジャーナリスト・中村竜太郎、zakzak 2019.1.22

不可解な顛末

NGT事件、アイドルは守れない?