「グレーな白タク」相乗りアプリCREWの正体

「グレーな白タク」相乗りアプリCREWの正体

二種免許を持たず、営業許可を取らないまま自家用車でタクシー業をすることは、「白タク」行為と呼ばれ禁止されている。だが最近、道路運送法の規制をすり抜けた相乗りマッチングアプリが登場し、広がりつつある。本当に問題はないのか。実際に同アプリの一つ「CREW」を利用し、その実態を取材した。

二種免許を持たず、営業許可を取らないまま自家用車でタクシー業をすることは、「白タク」行為と呼ばれ禁止されている。だが最近、道路運送法の規制をすり抜けた相乗りマッチングアプリが登場し、広がりつつある。本当に問題はないのか。実際に同アプリの一つ「CREW」を利用し、その実態を取材した。

ドライバーを直撃


外国人に聞いた

 韓国の7人組アイドルグループ「防弾少年団(BTS)」の一人が、原爆のきのこ雲などがプリントされたTシャツを過去に着用していた今回の騒動。 韓国国内からは「日本の文化的低級さを端的に表している」など批判が広がったが、世界的にはどう受け止められているのだろうか。 アメリカ、ロシア、イギリス人に聞いてみた。

残るは実質一社のみ

 平成の終わりを迎える今、プリクラ機のメーカーは実質大手一社のみとなったことをご存知だろうか。1995年に「プリント倶楽部」が発売されて以降、女の子たちの「カワイイ」に寄り添ってきたプリクラ。写るポーズやファッション、「盛る」の変化を通して、リアルな「平成の女の子たち」を振り返る。

今年もヒートアップ

 年々エスカレートする渋谷のハロウィーン。多数の警察官が警戒する中、今年もスクランブル交差点周辺は仮装した若者であふれた。「事件」も相次いだハロウィーンナイトを追った。

「ペット探偵」に密着

 「飼い猫がいなくなった」。6月の大阪北部地震後、ツイッターには、行方不明になった猫の飼い主たちの悲痛な訴えが相次いだ。臆病な猫は地震でパニックになり家を飛び出すという。大切な飼い猫を守る手立てはあるのか。iRONNAが専門家や「ペット探偵」に密着取材!

「国民的宗教」の謎

 韓国のキリスト教徒は国民の3割に上り、「国民的宗教」として浸透している。大衆化した宗教は政治や社会とも密接に関係するだけに、歴代大統領の政策にも多大な影響を与えているようだ。韓国宗教文化研究所所長の李進龜(イ・ジンク)氏が、その歴史と現状をひも解く。

「グレーな白タク」相乗りアプリCREWの正体