江田憲司手記「普天間秘録」
438

江田憲司手記「普天間秘録」

「普天間返還の原点、その真実を書き記すことが私の使命と考えた」。1996年、沖縄・普天間飛行場の返還をめぐり日米両政府が合意し、今に続く基地問題はここから始まった。当時、橋本龍太郎元首相の秘書官だった江田憲司衆院議員がiRONNAに独占手記を寄せた。普天間秘録。初めて明かされる「23年目の真実」とは。

「普天間返還の原点、その真実を書き記すことが私の使命と考えた」。1996年、沖縄・普天間飛行場の返還をめぐり日米両政府が合意し、今に続く基地問題はここから始まった。当時、橋本龍太郎元首相の秘書官だった江田憲司衆院議員がiRONNAに独占手記を寄せた。普天間秘録。初めて明かされる「23年目の真実」とは。

「忘れられない光景」

根深い「本土による差別」

「市民団体の手法は尋常でない」

残るのは徒労感のみ

普天間合意「23年目の記憶」

 2018年9月30日は、筆者にとって忘れらない一日である。この日投開票された沖縄県知事選挙で、玉城デニー氏が自民・公明などが推薦する佐喜眞淳氏を破り、初当選を果たした。当日は知事選取材のため玉城陣営の選挙事務所にいたが、目の前には固唾を飲んで開票結果を見守る玉城氏の横顔があった。途中、傍らにいた家族に話しかけたり、無邪気に遊ぶ孫に手を振るなどして家族団らんを楽しむ余裕もみられたが、今思えば玉城氏にとっては、この日を境に心から家族とくつろげる時間がなくなったのかもしれない。獲得票数は過去最多の39万票。かつてない沖縄の民意を背負った玉城氏もまた、歴代知事に立ちはだかった基地問題との長い長い闘いが始まったのだから。
記者団の取材に応じる玉城デニー知事=2019年2月14日午前、沖縄県庁
記者団の取材に応じる玉城デニー知事=2019年2月14日午前、沖縄県庁
 あれから5カ月、2月24日に米軍普天間飛行場の移設先である辺野古埋め立ての是非を問う県民投票が行われる。日米地位協定見直しの是非を問うた1996年の県民投票に続いて2回目である。前回の県民投票は、前年に起きた米兵による少女暴行事件がきっかけだった。当時の稲嶺恵一元県知事は、このときの県民の怒りを「マグマ」と表現した。保守と革新、イデオロギーに関係なく、沖縄の怒りが一つになったこの事件は、米国高官の間でも「もう沖縄に基地を置くことはできないのではないか」と真剣に論議が交わされたほどである。事実、事件の2カ月後には、当時の大田昌秀知事が軍用地強制使用の代理拒否を断行した。
 代理署名訴訟の口頭弁論で大田知事は、1950年代に米軍用地一括買い上げに抵抗した「島ぐるみ闘争」を引き合いに出し、次のように語っている。 
 「私は、単なる反米的なものじゃなくて、土地に対する愛着が非常に強いということ、文化の問題だと思うんですね。つまり、沖縄の人々にとっては一坪の土地、あるいは小さな二坪の土地でも、これは祖先が大事に残してくれたかけがえのない遺産だといいます。さらにこれを大事に残していこうというような、そういう思いのあるものなんですね」
 96年8月に代理署名訴訟は沖縄県の全面敗訴が確定し、その翌月に日米地位協定の見直しと米軍基地の整理・縮小について賛否を問う県民投票が行われた。賛成89%という結果になったが、その5日後に大田知事は県民投票の民意を無視して代行を応諾した。大田知事はこの決断について、自著『沖縄の決断』(朝日新聞社)の中で、代理署名訴訟の敗訴と駐留軍用地特措法の改正を阻止するためだったと回想している。
 むろん、今回の県民投票にも法的拘束力はない。安倍晋三首相は2月20日の衆院予算委員会で投票の結果にかかわらず、新基地工事を進める意向を示した。23年前と同様、県民の基地への思いが再び無視される可能性は高い。
 大田知事は、普天間飛行場の移設などをめぐり、当時の橋本龍太郎首相と17回も会談した。そして、日米両政府は沖縄の基地軽減策の一環として普天間飛行場の返還に合意した。言わずもがな、いまだ迷走する辺野古移設など沖縄の基地問題はここから始まったのである。「執念の合意」と言われたその全貌については、江田憲司衆院議員がiRONNAに寄せた手記の通りである。それにしても、江田氏はなぜこのタイミングで手記を公表したのか。江田氏は言う。「安倍官邸と沖縄との対立が泥沼化する中、普天間返還の原点、その真実を書き記すことが、橋本元首相亡き今、私の使命と考えた」
 「民意」はもちろん大きな力だ。しかし玉城氏はそれを利用するだけでなく、政府側と水面下でしっかりと交渉し、基地問題を解決する道筋を模索してほしい。むろん、安倍首相も所信表明で述べた「沖縄の皆さんの心に寄り添う」との思いを今こそ体現してほしい。政府と沖縄が歩み寄った23年前の記憶をたどりながら、基地問題の進展を切に願う。(iRONNA編集部、川畑希望)

辺野古工事のいま

「琉歌」に込めた思い

江田憲司手記「普天間秘録」

みんなの投票

辺野古埋め立てについて賛成、反対、あなたの民意はどっち?

  • 賛成

    398

  • 反対

    37

  • どちらでもない

    3