クイーン映画、日本人はなぜハマる?
530

クイーン映画、日本人はなぜハマる?

英ロックバンド、クイーンの軌跡を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が異例の大ヒットとなった。日本での興行収入は全米に次ぐ世界2位の100億円を突破。きょう発表される米アカデミー賞では5部門にノミネートした話題の作品だが、なぜ日本人はハマったのか。ヒットの裏側を読む。(©2018 Twentieth Century Fox)

英ロックバンド、クイーンの軌跡を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が異例の大ヒットとなった。日本での興行収入は全米に次ぐ世界2位の100億円を突破。きょう発表される米アカデミー賞では5部門にノミネートした話題の作品だが、なぜ日本人はハマったのか。ヒットの裏側を読む。(©2018 Twentieth Century Fox)

「かなり斜めから分析します!」

再現性「違い」に着目せよ

「S級バンドじゃないが…」

フレディは太宰治?

 私が尊敬と誇りをもって書きつづる人物。そう…映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒット中、伝説のロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーです。私はずっと、フレディに憧れを持ち続けてきました。「どんな落語家になりたいの?」と聞かれたら、「フレディ・マーキュリーのような噺家になりたいです」と答えてきました。
映画『ボヘミアン・ラプソディ』の一場面=(C) 2018 Twentieth Century Fox
映画『ボヘミアン・ラプソディ』の一場面=(C) 2018 Twentieth Century Fox
 フレディの凄みは、あの「ダサさ」にあります。タンクトップにサスペンダー、市松模様系ぴっちりつなぎ、スタンドのバーだけが付いたマイク…。ああ、書いてるだけで恥ずかしくなる。だけど、フレディがやると超絶カッコいい。どうしてなんでしょう? もちろん、卓越した歌唱力や、唯一無二の創造性、パフォーマンスに人気が裏付けされているのは理解できます。しかし、それだけでアルバムが2億枚も売れますか?
 その謎が映画を見て分かりました。結論から言いましょう。フレディは、作家・太宰治そのものなのです。悪魔憑きならぬ太宰憑きです。最大のヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」は、太宰の「人間失格」なのです。
 「ママ~」で始まる名バラードには、太宰のキャッチフレーズ「生まれて、すみません」の意味が隠されています。「ボヘミアン・ラプソディ」も「人間失格」も、あれだけ売れたのは、読者すべてが自身の人生と作品を重ねたからです。
 「恥の多い人生を送ってきました」。人間失格のくだり、人は誰もがそう思うでしょう。自分が他人とはまったく違う感覚があり、それに対し、混乱し、発狂しそうになる。本質を見抜かれたくないから道化を演じる。支配するのは孤独感です。さまざまなしがらみから、逃げるように恋におちる。
 だが、それで余計に追い詰められ、酒やクスリに逃げていく…。まったく同様でないにしても、すべてが「カナシミ」に満ちあふれていて、どこかで「これは自分の物語ではないか?」と思う。厳密に言うと「そう思いたい」。フレディも、太宰も、他人にそう思わせる天才です。
 ご多分にもれず、私は映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見て、「これは自分自身だ…」と思いました。フレディの創造性や表現と自分を重ねているのではありません。彼が死ぬまで持っていた「カナシミ」と自分を重ねるのです。太宰好きにはたまらん映画ですよ。「レディオ・ガ・ガ」は「斜陽」。「ウィ・ウィル・ロック・ユー」は「走れメロス」です。
 そうか…フレディの「ダサい」は「ダザイ」だったんですね。あのダサさは、彼の「道化」なんだもん。一周回って死ぬほどカッコいいです。(「桂春蝶の蝶々発止。」zakzak 2018.12.28

本物と見比べてみよう

英国を象徴する文化

第3次ブーム到来

クイーン映画、日本人はなぜハマる?

みんなの投票

英ロックバンド、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』を鑑賞したことはありますか?

  • ある

    313

  • ない

    120

  • 複数回観た

    97