百年の恨み、文在寅「親日清算」の罪
10189

百年の恨み、文在寅「親日清算」の罪

日本統治下の1919年3月1日、植民地支配に抵抗して起きた「三・一独立運動」から100年を迎え、韓国では記念行事が目白押しだ。これに先立ち、文在寅大統領は「親日を清算し正義の国に進む」と発言、迷走する日韓関係にさらなる波紋が広がった。文氏はなぜ過去にしがみ続けるのか。(写真は共同)

日本統治下の1919年3月1日、植民地支配に抵抗して起きた「三・一独立運動」から100年を迎え、韓国では記念行事が目白押しだ。これに先立ち、文在寅大統領は「親日を清算し正義の国に進む」と発言、迷走する日韓関係にさらなる波紋が広がった。文氏はなぜ過去にしがみ続けるのか。(写真は共同)

分断を煽る国益なき発言

「天皇は謝罪せよ」外国人は何を思う


「三・一運動」の誤解

2019年2月、独立運動家の安重根の墓を参拝する韓国の文在寅大統領(聯合=共同)
2019年2月、独立運動家の
安重根の墓を参拝する
韓国の文在寅大統領(聯合=共同)
 今年の3月1日は、日本統治下の朝鮮における独立運動「三・一運動」の100周年にあたる。韓国では、史実とはかけ離れた反日史観が炸裂(さくれつ)し、事実の捏造(ねつぞう)まで交えながらキャンペーンが行われることが予想される。
 そこで、最近、刊行した『捏造だらけの韓国史』(ワニブックス)では、「三・一運動を機に日本の朝鮮統治は安定し、皇民化へ向かって大きく舵が切られた。100周年を機に、韓国の反日攻勢は加速していくだろうが、日本国民はそういう虚構に毅然(きぜん)として立ち向かう覚悟が必要だ」というようなことを書いておいた。
 韓国の憲法では、韓国は三・一運動の後、中国・上海で成立した大韓民国臨時政府の法統を継ぐとしている。特に、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、それを強調する立場をとっている。
 三・一運動のきっかけは、かつて大韓皇帝だった高宗(ゴジョン)の死である。高宗の次男である李垠(イ・ウン)が、梨本宮方子(まさこ)女王と結婚することになった。高宗は李王家の安泰を保証するこの結婚を喜んでいたのだが、「高宗が反対しており自殺した」とか「暗殺された」というデマが流れたのがきっかけで大混乱となった。
 しかし、「死者7509人」という日本の教科書にまで使われている数字は根拠がないプロパガンダで、南京事件30万人と同じだ。
 また、この騒動後、原敬首相や斎藤実総督による本格的な皇民化を目指した政策が成功し、それまでは摩擦があった日本による朝鮮統治はまれにみる安定をみせるようになり、終戦までほとんど混乱なく安定した。原は盛岡、斎藤は岩手県水沢出身で「戊辰戦争で反官軍だった自分たちが体制の中心に座るようになった経験を、朝鮮にも適用可能だ」と考えた。原は「朝鮮人に参政権も付与すべきだ」としていた。
 また、運動の指導者たちの多くも、総督府の融和政策に応えて、創氏改名や日本語教育推進といった皇民化政策の積極的協力者になったのである。「三・一運動」は独立運動の開始でなく、日本統治安定への転換点だというのが真実なのだ。(徳島文理大教授・評論家、八幡和郎 zakzak 2019.02.25

低下した存在感

源流は「三・一運動」

不利益な「独りよがり」

「便乗イベント」も登場

百年の恨み、文在寅「親日清算」の罪

みんなの投票

悪化の一途をたどる日韓関係は今後修復できると思いますか?

  • 思う

    36

  • 思わない

    10131

  • どちらとも言えない

    22