売れない週刊誌「ジジババ特集」に喝!
347

売れない週刊誌「ジジババ特集」に喝!

週刊誌ジャーナリズムの一時代を築いた文春砲もすっかり飽きられたのか、最近の特集はもっぱら「健康」と「終活」ばかりである。売れてナンボの世界とはいえ、どの雑誌もジジババがターゲットではさすがにつまらない。週刊誌よ、自らが終活の道に進んでどうする。

週刊誌ジャーナリズムの一時代を築いた文春砲もすっかり飽きられたのか、最近の特集はもっぱら「健康」と「終活」ばかりである。売れてナンボの世界とはいえ、どの雑誌もジジババがターゲットではさすがにつまらない。週刊誌よ、自らが終活の道に進んでどうする。

生き残る術はない

むしろ希望がある

驚きのフルモデルチェンジ

全ては週刊誌から始まった

 2018年7月6日、この夜、不肖・宮嶋、1人で静かに杯を重ねた。この日の朝、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の刑が執行されたのである。どんな悪人も死ねば、仏様やというが、あいつだけは、そんな気になれん。第一、オウムの教義じゃ、ポア(殺)されたら転生…つまり、何かに生まれ変わるっちゅうやないか。しゃあけど7月6日で良かったやないか。1日延びとったら七夕や。こじつけや屈折した宗教観に酔うオウムの残党どものことや。単なる自己保身のために手下に強要する殺人をポアとかいう、かわいらしいことで美化・正当化したヤツらや。あの男を「ひこ星」にたとえかねん。そんなことしたら日本人は毎年、七夕の度に暗うなるやん。天の川見上げて、そのむさ苦しいヒゲ面思い出させるやないか。
(左上から時計回りに)『週刊ポスト』、『週刊現代』、『週刊新潮』、『週刊文春』(佐藤徳昭撮影)
(左上から時計回りに)『週刊ポスト』、『週刊現代』、『週刊新潮』、『週刊文春』(佐藤徳昭撮影)
 いやいや不肖・宮嶋、人類史上初めて街中で神経ガスを使った無差別テロ事件と、それをやったヤツらを茶化すつもりは毛頭ない。ただ、死刑執行の号外まで出す新聞、特番まで組む大テレビ局の豹変を嗤(わら)うのである。27年前、坂本弁護士一家失踪(殺害)事件の発覚前、オウムの危険性に気付き当時のオウムの富士宮総本部の前にいたんは不肖・宮嶋ただ1人やった。事件発覚後も、お布施と称し信者からカネ、財産巻き上げたり、修行と称し信者を監禁したりと宗教を隠れ蓑に、さまざまな社会問題を引き起こしていたオウムを糾弾し続けたのはサンデー毎日や週刊文春、フォーカスなどの雑誌媒体ばっかやったやないか。それを何や、今になって大騒ぎして。日大アメフト部の「悪質タックル問題」みたいに記者の身に危険が及びそうにない“安パイネタ”やったらさんざん叩いてやで。
 オウムがブイブイ言わせとったときはビビって、オウムのオの字も紙面や画面に出せんかったやないか。何が「死刑執行で真相は闇へ」や? 取材もろくにせんかったくせに、どさくさにまぎれて「死刑執行廃止」まで唱え出す、自称・ジャーナリストまで現れる始末やないか。そんなヤツに限って27年前はオウムの凶暴性、見て見ぬフリやったやないか。何で自らの過ち、怠慢を反省せんの。何であんなオウムに宗教法人格認め、反社会的な団体にお墨付き与えた東京都を責めん? 坂本弁護士事件で、あれだけオウムの犯行を裏付けるブツ(証拠)が出ても、事件を単なる失踪とし、麻原の事情聴取せんかった神奈川県警の責任を何で追及しない?(カメラマン・宮嶋茂樹「コラコラ記」zakzak 2018.07.12)

花田紀凱も憂う

情報に新味なし

風向きは変わるか

売れない週刊誌「ジジババ特集」に喝!

みんなの投票

健康や終活特集が相次ぐ最近の総合週刊誌についてどう思いますか?

  • もっと読みたい

    7

  • もう読みたくない

    29

  • そもそも週刊誌を読まない

    311