あいちトリエンナーレ「ガソリン男」の正体

あいちトリエンナーレ「ガソリン男」の正体

慰安婦像などを展示した企画展が中止となった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。抗議や脅迫をめぐって計2人の男が逮捕され、同種事件のように報じられたが、「ガソリンだ」と警察官に液体をかけた男の真の動機を知る人は少ない。この男には、あいちトリエンナーレに対するもう一つの「闘争」があったのだ。

慰安婦像などを展示した企画展が中止となった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。抗議や脅迫をめぐって計2人の男が逮捕され、同種事件のように報じられたが、「ガソリンだ」と警察官に液体をかけた男の真の動機を知る人は少ない。この男には、あいちトリエンナーレに対するもう一つの「闘争」があったのだ。

ジョークが通じない

「いろトピ!」について

 総合オピニオンサイト「iRONNA」をいつもご覧いただき、ありがとうございます。iRONNAでは2014年10月のオープン以来、時々の話題や巷で議論になっている問題について、ユーザーの皆様がさまざまな視点から議論できるようなテーマを編集部で選定し、日々お届けしております。「いろトピ!」は、従来の特集テーマでは取り上げることが難しい速報性の強い経済ネタや事件、社会問題など、これまで以上に幅広く、より多くの旬の話題に触れていただくことを目的としております。ニュースや事象を深掘りできるような論考を提供し、できる限りたくさんの記事をユーザーの皆様にお届けできればと考えています。複数の論考を集めた従来通りの特集テーマも随時公開していきますので、「いろトピ!」とともに、お楽しみください。(iRONNA編集部)

今からでも遅くない

「自己防衛」の一面も

「異例表現」の謎

夢を見たリアリスト

必要なのはより冷徹な戦略

善悪二元論に単純化できない

弁護士が読み解く

迫る「タイムリミット」

実現可能な方策とは

「自暴自棄犯」への危機管理

辞職勧告はポピュリズム

実現すれば「一石二鳥」

家族制度だけじゃない

見せ付けた「改元効果」

もはや「邪魔者」

「慰安婦」と同じ論法

ミスリードに騙されるな

「お追従」でも構わない

「望むのは建設的議論」

「演じてるだけじゃダメよ」

後ろ盾は中国だけ

あいちトリエンナーレ「ガソリン男」の正体