「闇営業」保身に走る吉本興業の矛盾

「闇営業」保身に走る吉本興業の矛盾

「闇営業」問題をめぐり、吉本興業はお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之ら11人を謹慎処分とした。関与した芸人同様、金銭授受を認めつつ「反社会的勢力との認識はなかった」との見解を示した吉本。事務所の責任をかわす保身との批判もあるだけに、今回の対応は「宮迫らのウソ」より深刻な事態に発展しかねない。

「闇営業」問題をめぐり、吉本興業はお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之ら11人を謹慎処分とした。関与した芸人同様、金銭授受を認めつつ「反社会的勢力との認識はなかった」との見解を示した吉本。事務所の責任をかわす保身との批判もあるだけに、今回の対応は「宮迫らのウソ」より深刻な事態に発展しかねない。

弁護士が読み解く

迫る「タイムリミット」

実現可能な方策とは

「自暴自棄犯」への危機管理

辞職勧告はポピュリズム

実現すれば「一石二鳥」

家族制度だけじゃない

見せ付けた「改元効果」

もはや「邪魔者」

「慰安婦」と同じ論法

ミスリードに騙されるな

「お追従」でも構わない

「望むのは建設的議論」

「演じてるだけじゃダメよ」

後ろ盾は中国だけ

「闇営業」保身に走る吉本興業の矛盾