首里城は「誰」のものか

首里城は「誰」のものか

大火で一夜にして失われた首里城正殿は、これまで何度も苦難に見舞われてきた。沖縄戦はもとより、取り壊しの憂き目に遭いかけたこともあった。そのたびに救ってきたのが首里城の本当の価値を知る人たちだった。焼失で聞こえ始めた「首里城は誰のものか」、この問いに対する答えの手がかりが見つかるかもしれない。

大火で一夜にして失われた首里城正殿は、これまで何度も苦難に見舞われてきた。沖縄戦はもとより、取り壊しの憂き目に遭いかけたこともあった。そのたびに救ってきたのが首里城の本当の価値を知る人たちだった。焼失で聞こえ始めた「首里城は誰のものか」、この問いに対する答えの手がかりが見つかるかもしれない。

彼らの恩を忘れるな

警戒すべきユネスコの関与

「いろトピ!」について

 総合オピニオンサイト「iRONNA」をいつもご覧いただき、ありがとうございます。iRONNAでは2014年10月のオープン以来、時々の話題や巷で議論になっている問題について、ユーザーの皆様がさまざまな視点から議論できるようなテーマを編集部で選定し、日々お届けしております。「いろトピ!」は、従来の特集テーマでは取り上げることが難しい速報性の強い経済ネタや事件、社会問題など、これまで以上に幅広く、より多くの旬の話題に触れていただくことを目的としております。ニュースや事象を深掘りできるような論考を提供し、できる限りたくさんの記事をユーザーの皆様にお届けできればと考えています。複数の論考を集めた従来通りの特集テーマも随時公開していきますので、「いろトピ!」とともに、お楽しみください。(iRONNA編集部)

伝わらない惨状

晩節を汚すな

勤務時間の「罠」

「想定外」で片づけるな

「記憶の戦争」

また「なし崩し」でやるのか

シラを切るつもりか

自治体はお客さまじゃない

まさに「洗面器のへり」

遠くて遠い関係

打つ手はないのか

在日米軍基地の削減も?

財務省の「陰謀」なのか

そもそも協定は有害無益

ジョークが通じない

今からでも遅くない

「自己防衛」の一面も

「異例表現」の謎

夢を見たリアリスト

必要なのはより冷徹な戦略

善悪二元論に単純化できない

弁護士が読み解く

迫る「タイムリミット」

実現可能な方策とは

「自暴自棄犯」への危機管理

辞職勧告はポピュリズム

実現すれば「一石二鳥」

家族制度だけじゃない

見せ付けた「改元効果」

もはや「邪魔者」

「慰安婦」と同じ論法

ミスリードに騙されるな

「お追従」でも構わない

「望むのは建設的議論」

「演じてるだけじゃダメよ」

後ろ盾は中国だけ

首里城は「誰」のものか