武田信玄「戦国最強」の治水術

武田信玄「戦国最強」の治水術

巨大台風や集中豪雨によって日本各地が毎年のように甚大な被害に見舞われ、治水への関心が高まっている。ただ、異常気象が頻発する近年だけの話ではなく、古代より為政者は水害と苦闘してきた。戦国期に「治水名人」として名高い武田信玄もその一人だが、信玄の治水術は戦国最強への第一歩でもあった。

巨大台風や集中豪雨によって日本各地が毎年のように甚大な被害に見舞われ、治水への関心が高まっている。ただ、異常気象が頻発する近年だけの話ではなく、古代より為政者は水害と苦闘してきた。戦国期に「治水名人」として名高い武田信玄もその一人だが、信玄の治水術は戦国最強への第一歩でもあった。

緻密すぎる工夫

「いろトピ!」について

 総合オピニオンサイト「iRONNA」をいつもご覧いただき、ありがとうございます。iRONNAでは2014年10月のオープン以来、時々の話題や巷で議論になっている問題について、ユーザーの皆様がさまざまな視点から議論できるようなテーマを編集部で選定し、日々お届けしております。「いろトピ!」は、従来の特集テーマでは取り上げることが難しい速報性の強い経済ネタや事件、社会問題など、これまで以上に幅広く、より多くの旬の話題に触れていただくことを目的としております。ニュースや事象を深掘りできるような論考を提供し、できる限りたくさんの記事をユーザーの皆様にお届けできればと考えています。複数の論考を集めた従来通りの特集テーマも随時公開していきますので、「いろトピ!」とともに、お楽しみください。(iRONNA編集部)

「明日できるか、バカ野郎」

「拙速」なWHOにも疑問

「二兎」追い懸念が現実に

ワシントン既成勢力の攻防

曖昧になりがちな境界

空路があれば「隣県」

過酷だった「奪還」運動

必要な「トリアージ」的思考

「8割おじさん」は悪くない

暴走する正義

今は「ファン」を貯めるとき

古くて新しい敵に勝つには?

相澤冬樹記者が警鐘

異変の正体

親子関係改善にも一役

悩ましい法規制

「人民」こそ重要

なすすべのない小規模店

「忖度」のオンパレード

脱却した「受け身」学習

立ちはだかる「保守の牙城」

県が決めてもいいの?

軍の最前線は情報戦

失速するGDP成長率

フェアプレー精神も欠如

残りのカネはどこへ?

「意識高い系」の反逆

知るべきは「適合手術」の実態

業界ではよくある話

信用できない「左翼富裕層」

警戒すべきユネスコの関与

「脳死」に向かう3国関係

勤務時間の「罠」

自立を守った時代を顧みる

また「なし崩し」でやるのか

「儒教民主主義」の病巣

まさに「洗面器のへり」

ちらつくヒラリー氏の影

在日米軍基地の削減も?

関連法は抜け穴だらけ

ジョークが通じない

似て非なる親子

「異例表現」の謎

「年金ビーナス」誕生秘話

善悪二元論に単純化できない

櫻田淳が読み解く

実現可能な方策とは

韓国紙報道の謎

実現すれば「一石二鳥」

指摘しない大メディア

もはや「邪魔者」

政策の死角

「お追従」でも構わない

訴訟の継続は逆効果

「フランチャイズ」負の連鎖

後ろ盾は中国だけ

元児相職員の「告発」

浮かんだ捜査手法の違い

「怒号こそ地価を下げる」

武田信玄「戦国最強」の治水術