安倍辞任で日本に立ち込める暗雲
2277

安倍辞任で日本に立ち込める暗雲

首相の連続在職日数で歴代最長となってわずか数日。唐突な安倍首相の辞任表明は、全国に衝撃が走った。持病の悪化とされるが、13年前の退陣と同様の理由に疑念も広がる。そもそも「ポスト安倍」の不在が長期政権のゆえんでもあっただけに、コロナ禍や米中対立といった課題山積の中、不安は募るばかりだ。

首相の連続在職日数で歴代最長となってわずか数日。唐突な安倍首相の辞任表明は、全国に衝撃が走った。持病の悪化とされるが、13年前の退陣と同様の理由に疑念も広がる。そもそも「ポスト安倍」の不在が長期政権のゆえんでもあっただけに、コロナ禍や米中対立といった課題山積の中、不安は募るばかりだ。

「宥和」という有害

結局は「平時のリーダー」

国連で怒りの演説も

 それは「生存」を賭(か)けた凄(すさ)まじい演説だった。衆院の解散総選挙で、政界は政治家たちによる生き残りを賭けた闘いに突入している。しかし、新聞のあり方を考えさせられたのは、むしろその前に国連でくり広げられた熾烈(しれつ)な闘いに関する報道ではなかったか。
 北朝鮮の領袖(りょうしゅう)、金正恩(キムジョンウン)氏を「ロケットマン」と呼び、13歳で拉致(らち)された横田めぐみさんに言及したトランプ大統領の演説の翌日、安倍晋三首相が国連総会でおこなった演説に、私は刮目(かつもく)した。まさに日本人が生き抜く、つまり「東京が第三の被爆都市にならないため」の決死の覚悟を示した演説だったからだ。
会見で辞任の意向を表明する安倍晋三首相=2020年8月28日午後、首相官邸(春名中撮影)
会見で辞任の意向を表明する安倍晋三首相=2020年8月28日
午後、首相官邸(春名中撮影)
 「不拡散体制は、史上最も確信的な破壊者によって深刻な打撃を受けようとしている」「対話とは、北朝鮮にとって我々(われわれ)を欺(あざむ)き、時間を稼ぐための最良の手段だった」「北朝鮮に全ての核・弾道ミサイル計画を完全な検証可能な方法で放棄させなくてはならない」「必要なのは行動。残された時間は多くない」
 1994年から続く北朝鮮の核問題の経緯を時系列にわかりやすく説明した上で、首相はそう強調した。私はこの問題の根源を思い浮かべながら演説を聴いた。日本人の多くは、もし、金正恩氏が核弾道ミサイルの発射ボタンを押せば、「報復攻撃によって自分自身が“死”を迎え、北朝鮮という国家が地上から消滅する。だからそんなことをするはずはない」と思っている。まともな人間なら、そう考えるのは当然だ。しかし、果たして相手は「まとも」なのだろうか。
 叔父を虐殺し、実の兄を殺した可能性も濃厚で、気に入らない幹部や部下、そして多くの人民を常軌(じょうき)を逸した方法で処刑してきた特異な人物-それが金正恩氏である。破滅的な人間は、往々にして自分の死を願うものであり、同時に“道連(づ)れ”を探すものでもある。その人間が核兵器を持ち、それを目的地に飛ばす力を持っているとしたら、どうだろうか。今なら起爆装置をはじめ、核弾頭ミサイルの完成には、まだいたっていないかもしれない。だが、1、2年後には、おそらく、全てが成就しているに違いない。
 その核弾道ミサイルの射程内にあり、標的となっている日本の首相の国連演説には、そのことに対するリアリズムが満ちていた。東京が史上三番目の被爆都市になることだけは何としても避けなければならない。その決意と怒りが込められていた。
 私たちはこのまま北朝鮮の核ミサイルの完成を待ち、「何千万人の犠牲者」が出るのを許すのか、あるいは、完成後の北朝鮮との国家間交渉で、日本は以後、北朝鮮の“貯金箱”となるのか、ということである。(作家・ジャーナリスト、門田隆将「新聞に喝!」産経ニュース 2017.10.01

拉致解決できず「痛恨の極み」

トランプだって公表

特定の菌が異常増減

安倍辞任で日本に立ち込める暗雲

みんなの投票

安倍首相の辞任表明についてどう思いますか?

  • もっと続けてほしかった

    1585

  • 病気でなくても辞任は潮時だった

    671

  • どちらでもない

    21