心許ない災害大国の「緊急参集チーム」

心許ない災害大国の「緊急参集チーム」

東日本大震災から10年を迎え、日本の危機管理を見つめ直せば、やはり脆弱である。有事の際には内閣危機管理監が各省庁に号令をかける「緊急参集チーム」が迅速に対応するとはいえ、専従職員が少ないなど、現体制に懐疑的な専門家も多い。災害大国の日本だけに、そろそろ「危機管理庁」なるものを創設すべきではないか。

東日本大震災から10年を迎え、日本の危機管理を見つめ直せば、やはり脆弱である。有事の際には内閣危機管理監が各省庁に号令をかける「緊急参集チーム」が迅速に対応するとはいえ、専従職員が少ないなど、現体制に懐疑的な専門家も多い。災害大国の日本だけに、そろそろ「危機管理庁」なるものを創設すべきではないか。

お手本は米国「FEMA」

「いろトピ!」について

総合オピニオンサイト「iRONNA」をいつもご覧いただき、ありがとうございます。iRONNAでは2014年10月のオープン以来、時々の話題や巷で議論になっている問題について、ユーザーの皆様がさまざまな視点から議論できるようなテーマを編集部で選定し、日々お届けしております。「いろトピ!」は、従来の特集テーマでは取り上げることが難しい速報性の強い経済ネタや事件、社会問題など、これまで以上に幅広く、より多くの旬の話題に触れていただくことを目的としております。ニュースや事象を深掘りできるような論考を提供し、できる限りたくさんの記事をユーザーの皆様にお届けできればと考えています。複数の論考を集めた従来通りの特集テーマも随時公開していきますので、「いろトピ!」とともに、お楽しみください。(iRONNA編集部)

教員の質も問われる

甘すぎる感染経路の追跡

心許ない災害大国の「緊急参集チーム」