チベット人が見た「侵略国家」中国

テーマ

チベット人が見た「侵略国家」中国

「寛容の国」チベットは120万人とされる犠牲者を出し、祖国を中国に奪われた。そして今、国家主席である習近平の野望は、周辺国を事実上「属国化」することであり、日本も例外ではない。チベットから逃れ、日本に帰化した拓殖大客員教授、ペマ・ギャルポ氏が、恐るべき中国の「侵略計画」を解き明かす。

「寛容の国」チベットは120万人とされる犠牲者を出し、祖国を中国に奪われた。そして今、国家主席である習近平の野望は、周辺国を事実上「属国化」することであり、日本も例外ではない。チベットから逃れ、日本に帰化した拓殖大客員教授、ペマ・ギャルポ氏が、恐るべき中国の「侵略計画」を解き明かす。

「条約は破るもの」

「日中友好」の過ち

「iRONNA Picks」について

 総合オピニオンサイトiRONNAをいつもご覧いただき、ありがとうございます。iRONNAでは2014年10月のオープン以来、時々の話題や巷で議論になっている問題について、ユーザーの皆様がさまざまな視点から議論できるようなテーマを編集部で選定し、日々お届けしております。8月12日より公開を始めました「iRONNA Picks」は、従来のテーマではなかなか取り上げることができなかった速報性の強い経済ネタや事件、社会問題、エンタメ関係など、これまで以上に幅広く、より多くの旬の話題に触れていただくことを目的としております。ニュースよりも速く、ニュースよりも深掘りできるような論考を随時ピックアップして、できる限りたくさんの記事をユーザーの皆様にお届けできればと考えています。従来通りのテーマページも日々公開していきますので、iRONNA Picksとともに、今後ともぜひiRONNAをお楽しみください。(iRONNA編集部)

巷にあふれた「老人のウソ」

「反日以前」韓国社会の特質

「現在の感覚」で読むのは難しい

嫌いな人こそ見てほしい

ホラーの巨匠も絶賛

倫理観を揺さぶる衝撃作

デモ隊は県外人ばかり

結論ありきの偏向番組

部下への責任転嫁はありえない

隠蔽体質を浮き彫りに

バックナンバー

チベット人が見た「侵略国家」中国