秀吉は官兵衛を恐れてなどいなかった

テーマ

秀吉は官兵衛を恐れてなどいなかった

黒田官兵衛と言えば、秀吉の天下取りを支えた「名参謀」だったという評価が一般的である。二人の関係は後に決裂するが、それには秀吉が官兵衛の才能を恐れ、疎んじたという説が広く信じられている。だが、これには異論がある。秀吉は官兵衛を恐れてなどいなかったのである。

黒田官兵衛と言えば、秀吉の天下取りを支えた「名参謀」だったという評価が一般的である。二人の関係は後に決裂するが、それには秀吉が官兵衛の才能を恐れ、疎んじたという説が広く信じられている。だが、これには異論がある。秀吉は官兵衛を恐れてなどいなかったのである。

第13回

第12回

第11回

第10回

第9回

第8回

第7回

第6回

第5回

第4回

第3回

第2回

第1回

渡邊大門(わたなべ・だいもん)
歴史学者。昭和42年、神奈川県生まれ。関西学院大文学部卒、仏教大大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、株式会社「歴史と文化の研究所」の代表取締役を務める。主な著書に『進化する戦国史』(洋泉社)『真田幸村と真田丸の真実』(光文社新書)など多数。近著に『井伊直虎と戦国の女傑たち』(光文社)。
秀吉は官兵衛を恐れてなどいなかった