有象無象「トンデモ戦国歴史本」に気をつけろ!

有象無象「トンデモ戦国歴史本」に気をつけろ!

日本史において、特に戦国時代は「本能寺の変」を筆頭に、ミステリアスでファンも多い。それだけに、無理な解釈をした「トンデモ本」が多数あるのが現状だ。限られた史料からの推論はある程度必要とはいえ、飛躍の度が過ぎるものが少なくない。フィクションとして楽しむのは構わないが、史実に迫りたいなら要注意だ。(写真はイメージ=GettyImages)

日本史において、特に戦国時代は「本能寺の変」を筆頭に、ミステリアスでファンも多い。それだけに、無理な解釈をした「トンデモ本」が多数あるのが現状だ。限られた史料からの推論はある程度必要とはいえ、飛躍の度が過ぎるものが少なくない。フィクションとして楽しむのは構わないが、史実に迫りたいなら要注意だ。(写真はイメージ=GettyImages)

第31回

第30回

第29回

第28回

第27回

第26回

第25回

第24回

第23回

第22回

第21回

第20回

第19回

第18回

第17回

第16回

第15回

第14回

第13回

第12回

第11回

第10回

第9回

第8回

第7回

第6回

第5回

第4回

第3回

第2回

第1回

渡邊大門(わたなべ・だいもん)
歴史学者。昭和42年、神奈川県生まれ。関西学院大文学部卒、仏教大大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、株式会社「歴史と文化の研究所」の代表取締役を務める。主な著書に『進化する戦国史』(洋泉社)『真田幸村と真田丸の真実』(光文社新書)など多数。近著に『井伊直虎と戦国の女傑たち』(光文社)。
有象無象「トンデモ戦国歴史本」に気をつけろ!