記者殺害、サウジ皇太子の指示はあったか

テーマ

記者殺害、サウジ皇太子の指示はあったか

サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で殺害された事件で、トルコのエルドアン大統領が米紙ワシントンポストへの寄稿で「サウジ政府の最高レベルの指示」と指摘した。事件の黒幕とされるムハンマド皇太子の関与は本当にあったのか。深層を読む。(写真はAP=共同)

サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で殺害された事件で、トルコのエルドアン大統領が米紙ワシントンポストへの寄稿で「サウジ政府の最高レベルの指示」と指摘した。事件の黒幕とされるムハンマド皇太子の関与は本当にあったのか。深層を読む。(写真はAP=共同)

逆らう者は許さない

次期大統領選をめぐる思惑

科学オンチだから右往左往

ゴマスリと言われても書く

年収200億円?

布教に都合のいい離島

濃厚な依存症疑い

忘れられた国家の責務

問題を語る資格なし

地元紙が報じない民意

7年前の「深謀」

日本人であることは当たり前

沈静化に一役買った「演出」

危ない願望

球児には超過酷

「開き直り」の回答書

狡猾な北朝鮮の振り子外交

「訓練はピクニック気分」

爆発寸前「大衆への憎悪」

「二枚舌だけはご勘弁」

類似するのは相模原事件

残る謎は教団の資金力

批判する連中も「二枚舌」

「所詮は犯罪」

「君子豹変、小人革面」

立小便もできない

北との外交に秘訣あり

逆ギレした「素人」

「手袋」は韓国

法治国家とは思えない

ケジメは「脱退」か「除名」

「高齢化」するアイドル

舛添要一が直言

伝統も女性も守りたい

真実隠す「北の手先」か

本質を無視した「言葉狩り」

「冷たい首脳会談」の謎

ガチャピンも報われない

共通点は「カワイイ」文化

なぜ日本国民を守らないのか

直下型の3年後にプレート型

本当に成功するのか

いつもの「目くらまし」戦略

記者殺害、サウジ皇太子の指示はあったか