志村けんが遺した無言のメッセージ

志村けんが遺した無言のメッセージ

現実を前に「もし」は無駄であると分かっていても、「もし新型コロナウイルス禍がなければ」と思わずにいられないのが、タレントの志村けんさんの急逝だろう。意識的ではないにせよ、感染拡大の正念場にある日本に、身をもって「警鐘」を鳴らしてくれたことは間違いない。彼の偉業と「最期の芸」の意味を噛み締めたい。

現実を前に「もし」は無駄であると分かっていても、「もし新型コロナウイルス禍がなければ」と思わずにいられないのが、タレントの志村けんさんの急逝だろう。意識的ではないにせよ、感染拡大の正念場にある日本に、身をもって「警鐘」を鳴らしてくれたことは間違いない。彼の偉業と「最期の芸」の意味を噛み締めたい。

テレビマン杉江義浩の思い

「いろトピ!」について

 総合オピニオンサイト「iRONNA」をいつもご覧いただき、ありがとうございます。iRONNAでは2014年10月のオープン以来、時々の話題や巷で議論になっている問題について、ユーザーの皆様がさまざまな視点から議論できるようなテーマを編集部で選定し、日々お届けしております。「いろトピ!」は、従来の特集テーマでは取り上げることが難しい速報性の強い経済ネタや事件、社会問題など、これまで以上に幅広く、より多くの旬の話題に触れていただくことを目的としております。ニュースや事象を深掘りできるような論考を提供し、できる限りたくさんの記事をユーザーの皆様にお届けできればと考えています。複数の論考を集めた従来通りの特集テーマも随時公開していきますので、「いろトピ!」とともに、お楽しみください。(iRONNA編集部)

自分だけの「ギリギリ」

政治家「仕事の本分」

「独裁=悪」では分からない

情勢は複雑怪奇

責任は明確にある

本当に「無理な相談」か

フェアプレー精神も欠如

南北会談も進展の兆しなし

クーデターは「悪事」か

「意識高い系」の反逆

日米で大きく違う「意識」

あの国に学べ

業界ではよくある話

責任よりも大切なこと

「ロケットマン」と「老いぼれ」

信用できない「左翼富裕層」

目的は組合つぶし?

複雑化する政治的ニーズ

「脳死」に向かう3国関係

比較するのは桂太郎に失礼

「政教分離」に反しない

自立を守った時代を顧みる

迫られる選択

「儒教民主主義」の病巣

温暖化の原因は単純じゃない

紙袋化は民業圧迫も

ちらつくヒラリー氏の影

武力行使ではなく金融制裁

故郷がディストピアに

関連法は抜け穴だらけ

仁義なき利権闘争

繰り返される「付け焼刃」

似て非なる親子

信憑性が高いソ連スパイ説

リアルか、バーチャルか

「年金ビーナス」誕生秘話

消費者は「お見通し」

「人質司法」は解消すべきだが…

櫻田淳が読み解く

黒井文太郎が読み解く

ホントに勝てると思ってる?

韓国紙報道の謎

オトコの責任と自由

中国「必要悪」の限界

指摘しない大メディア

越権行為どころではない

強い衝撃を受けた

政策の死角

象徴天皇にふさわしくない

見過ごされた重大発言

「フランチャイズ」負の連鎖

「カネの切れ目」がなんとやら

元児相職員の「告発」

「寄り合い所帯」苦闘の歴史

浮かんだ捜査手法の違い

労働者の声も聞いてほしい

「怒号こそ地価を下げる」

話題の「消臭代」の謎

二人の夢は幻に

声優、小西寛子が直撃

首相の三つの思惑

逆らう者は許さない

次期大統領選をめぐる思惑

科学オンチだから右往左往

ゴマスリと言われても書く

年収200億円?

布教に都合のいい離島

濃厚な依存症疑い

忘れられた国家の責務

問題を語る資格なし

地元紙が報じない民意

7年前の「深謀」

日本人であることは当たり前

沈静化に一役買った「演出」

危ない願望

球児には超過酷

「開き直り」の回答書

狡猾な北朝鮮の振り子外交

「訓練はピクニック気分」

爆発寸前「大衆への憎悪」

「二枚舌だけはご勘弁」

類似するのは相模原事件

残る謎は教団の資金力

批判する連中も「二枚舌」

「所詮は犯罪」

「君子豹変、小人革面」

立小便もできない

北との外交に秘訣あり

逆ギレした「素人」

「手袋」は韓国

法治国家とは思えない

ケジメは「脱退」か「除名」

「高齢化」するアイドル

舛添要一が直言

伝統も女性も守りたい

真実隠す「北の手先」か

本質を無視した「言葉狩り」

「冷たい首脳会談」の謎

ガチャピンも報われない

共通点は「カワイイ」文化

なぜ日本国民を守らないのか

直下型の3年後にプレート型

本当に成功するのか

いつもの「目くらまし」戦略

志村けんが遺した無言のメッセージ