「日朝極秘接触」裏のウラを読む

テーマ

「日朝極秘接触」裏のウラを読む

北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅大統領による3度目の南北首脳会談が行われた。これに先立ち、日本と北朝鮮の政府当局者が7月、秘密裏に接触していたことが明らかになった。日朝首脳会談は実現するのか。憶測と妄想が錯綜する「日朝極秘接触」の裏のウラを読む。

北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅大統領による3度目の南北首脳会談が行われた。これに先立ち、日本と北朝鮮の政府当局者が7月、秘密裏に接触していたことが明らかになった。日朝首脳会談は実現するのか。憶測と妄想が錯綜する「日朝極秘接触」の裏のウラを読む。

問題を語る資格なし

地元紙が報じない民意

7年前の「深謀」

日本人であることは当たり前

沈静化に一役買った「演出」

危ない願望

球児には超過酷

「開き直り」の回答書

狡猾な北朝鮮の振り子外交

「訓練はピクニック気分」

爆発寸前「大衆への憎悪」

「二枚舌だけはご勘弁」

類似するのは相模原事件

残る謎は教団の資金力

批判する連中も「二枚舌」

「所詮は犯罪」

「君子豹変、小人革面」

立小便もできない

北との外交に秘訣あり

逆ギレした「素人」

「手袋」は韓国

法治国家とは思えない

ケジメは「脱退」か「除名」

「高齢化」するアイドル

舛添要一が直言

伝統も女性も守りたい

真実隠す「北の手先」か

本質を無視した「言葉狩り」

「冷たい首脳会談」の謎

ガチャピンも報われない

共通点は「カワイイ」文化

なぜ日本国民を守らないのか

直下型の3年後にプレート型

本当に成功するのか

いつもの「目くらまし」戦略

「日朝極秘接触」裏のウラを読む