テレ朝記者「セクハラ告発」と報道倫理
18770

テーマ

テレ朝記者「セクハラ告発」と報道倫理

テレビ朝日の女性記者に対するセクハラ疑惑で、財務省の福田淳一事務次官が辞任した。「セクハラ告発」をめぐっては、官僚の資質や政治家の道義的責任、記者の報道倫理まで、議論はさまざまな方面に飛び火した。今回、iRONNAでは記者経験を持つ識者の論考を集めた。賛否が渦巻くこの議論を正面から考えてみたい。

テレビ朝日の女性記者に対するセクハラ疑惑で、財務省の福田淳一事務次官が辞任した。「セクハラ告発」をめぐっては、官僚の資質や政治家の道義的責任、記者の報道倫理まで、議論はさまざまな方面に飛び火した。今回、iRONNAでは記者経験を持つ識者の論考を集めた。賛否が渦巻くこの議論を正面から考えてみたい。

元日経記者のホンネ

元毎日新聞記者の願い

元NHK記者の憂い

「報道記者たる者」

 「新聞記者たる者、ネタ元には男芸者の気概たれ」。筆者が駆け出し記者だったころ、同じ持ち場の先輩記者から、こんな風にハッパをかけられたことを思い出した。取材相手の懐に飛び込むには、時に太鼓持ちをする覚悟が必要との意味だが、財務省のセクハラ疑惑が紛糾する今、世のフェミニストたちからすれば、こんなやり方は絶対に許してくれないだろう。
辞意を表明した財務省の福田淳一事務次官
=2018年4月18日(桐山弘太撮影)
 むろん、今般のセクハラ疑惑は、事務方トップでありながら、ただただ脇の甘かった福田淳一元次官の資質に起因することは言を俟たない。しかも、女性記者の訴えを把握しながら、対応を放置したテレビ朝日の社内体質にも問題があったことは明らかである。
 とはいえ、同じ記者の一人として解せないこともある。週刊誌にネタを売った報道倫理云々ではなく、なぜ彼女が最初にセクハラを受けた後も、福田氏への取材を継続したのか、という点である。
 記者にとって「夜討ち朝駆け」は取材のイロハだが、当然ながら誰もがそのやり方を受け入れてくれるとは限らない。時に玄関先で怒声を浴びせられたり、酒席に連れ出しても他愛のない話だけで終わることは日常茶飯事である。それでも、いつか自分のネタ元として人間関係が築けると信じて、世の記者たちはひたすら夜討ち朝駆けに精を出す。
 だが、どんなに熱心に通い続けても「空振り」で終わる人もいる。もちろん、相性の合わない人だっている。そんなときは自然と足が遠のいたものだが、今回の場合、取材対象者の方から記者を呼び出したとはいえ、彼女も二人きりになることが承知の上での取材ではなかったか。
 しかも、そのやりとりをICレコーダーで隠し録りした理由も、いま一つ腑に落ちない。24日に記者会見したテレ朝側の説明によれば、女性記者は「身を守るために録音した」そうだが、どうしてもセクハラ被害から身を守りたいのであれば、なぜ同僚記者らの同席を求めなかったのか。1年以上も単独取材を避けていた相手ならば、たとえネタのためとはいえ、わざわざ会いたくもない「エロ親父」の取材を続ける必要があったのか。
 少なくとも筆者はそうは思わない。件のモリカケ疑惑を取材するのが目的だったとはいえ、もっと「まともなオッサン」だって財務省内にもいただろう。信頼できるネタ元を見つけるのも、取材記者の腕の見せどころである。もちろん、一から人間関係を築かなければならない以上、結果として遠回りの取材にはなってしまうが、自分の身を守りながら取材を続けるにはある意味、一番の近道だったような気がしてならない。
 テレ朝側は「公益目的からセクハラ被害を訴えたものであり、心情は理解できる」と擁護したが、週刊誌にネタを売った行為については「遺憾に思う」と明言した。ただ、巷ではハニートラップとの憶測が今も広がる。その真偽は分からないが、少なくとも筆者は懇意にしている相手との単独取材で隠し録りしたことは一度もない。いや、そもそも隠し録りしなければならない取材相手からネタになる話が聞き出せるとも思わない。
 とある朝のワイドショー番組で彼女の同僚記者が、ハニトラとの憶測について「下衆の勘繰り」などと猛批判していたが、であるならば彼女がセクハラ被害を訴えた後も福田氏への取材を続けさせたテレビ朝日の「パワハラの罪」はどうなのか。今回の件に便乗して己の政治的主張を肯定し、気取った正義を振りかざすこの記者の安っぽい発言には正直辟易した。
 こんなことをつらつら書いてしまうと、きっと世のフェミニストたちから、また厳しいお叱りを受けるに違いない。ただ、今回の「セクハラ告発」をめぐっては、官僚の資質や政治家の道義的責任、さらには報道倫理の在り方まで、さまざまな方面に飛び火し、議論になっていることは事実である。本日のテーマで掲載した記者経験がある3人の識者の見解は、どれも偏見に満ちた筆者の視座とは異なり、真っ当なご意見ばかりである。ぜひご一読いただきたい。(iRONNA編集長、白岩賢太)

テレビ朝日「深夜の会見」

時代遅れの悲しい体質

なぜ週刊誌は締め出されたのか

テレ朝記者「セクハラ告発」と報道倫理

みんなの投票

テレビ朝日女性記者の「セクハラ告発」は正しかったと思いますか?

  • 思う

    4538

  • 思わない

    14143

  • どちらとも言えない

    89