自衛隊はどう考えても「違憲」である

テーマ

自衛隊はどう考えても「違憲」である

自衛隊は合憲か違憲か―。憲法改正議論が高まる中、最も注目されるのは「戦争放棄」を盛り込んだ憲法9条だが、自衛隊が合憲か否かの論戦は平行線が続く。ただ、改めて合憲論者の解釈をみれば、やはり無理筋で、屁理屈ではないか。iRONNAの読者が「自衛隊合憲論」に反論する。

自衛隊は合憲か違憲か―。憲法改正議論が高まる中、最も注目されるのは「戦争放棄」を盛り込んだ憲法9条だが、自衛隊が合憲か否かの論戦は平行線が続く。ただ、改めて合憲論者の解釈をみれば、やはり無理筋で、屁理屈ではないか。iRONNAの読者が「自衛隊合憲論」に反論する。

限度を越えた屁理屈

日本の将来は大丈夫か

寄稿方法

 iRONNAは「オンライン、オフラインの世界に散らばるさまざまな意見、解説などをまとめ、ユーザーに寄稿や議論の場を提供する場」を目指しています。各テーマページに設けたクイックアンケート、コメント欄などに加え、サイト内のコンテンツとして掲載する記事・論文の寄稿を常時、募集しています。
 「ぜひ自分も寄稿したい」とお考えの方は、以下をご一読頂きお送りください。

●記事・論文は kikou[a]ironna.jp へ電子メールでお送りください([a]をアットマークに置き換えてください)。現在郵送などは受け付けていません。
●寄稿いただく記事・論文はテキスト(.txt)、リッチテキスト(.rtf)またはワードファイル(.doc,.docx)で、メール本文に添付して送信ください。
●記事・論文には表題(タイトル)、寄稿者名、匿名の場合はペンネーム、出身地を付記してください。
●iRONNA編集部からの連絡を受けられるメールアドレスをご使用ください。
自衛隊はどう考えても「違憲」である