サッカーW杯、日本代表がハンパない
470

テーマ

サッカーW杯、日本代表がハンパない

「半端ない」。この言葉が今年の流行語になりそうな勢いである。サッカー日本代表が南米の強豪コロンビアをW杯初戦で撃破した。ハンパないが代名詞のFW大迫勇也の決勝ゴール。海外メディアも驚愕した西野ジャパンの「番狂わせ」はなぜ起きたのか。

「半端ない」。この言葉が今年の流行語になりそうな勢いである。サッカー日本代表が南米の強豪コロンビアをW杯初戦で撃破した。ハンパないが代名詞のFW大迫勇也の決勝ゴール。海外メディアも驚愕した西野ジャパンの「番狂わせ」はなぜ起きたのか。

大人になった「やんちゃ坊主」

GKへの「不当な炎上」

本田圭佑に「迷い」?

熱狂サポーターはどっち?


西野ジャパンの「底力」

日本-コロンビア 前半、PKで先制ゴールを決め喜ぶ香川真司(右)=サランスク(甘利慈撮影)
 W杯の初戦で一番いけないことは星を落とすことである。コロンビアに勝ち点1でも上々だったが、3を得た。最高のスタートだ。
 日本は開始早々、香川のシュートを右腕のあたりで止めたコロンビアのハンドでPKを得た。さらにそのMFが退場になった。PKを得るということは相手が反則をしなければ止められない状況を作ったわけである。トップ下に本田でなく、香川をチョイスした西野監督の狙いが当たったといえる。
 日本は守勢に回ることを想定していただろう。予期せぬ形で先行し、数的有利にも立ったが、こういう展開には慣れていないので、前半は有利な状況を生かし切れなかった。必要のないドリブルを狙われたり、ゴールに背を向けている最前線の大迫に預けようとしたりして、ボールを簡単に取られていた。
 こういうケースは確実にパスをつないで保持するのが常道。後半はコロンビアが疲れてきたこともあって、アドバンテージを生かす展開ができた。
 直前の監督交代はあったが、西野監督は技術委員長を務めていたので、選手の力量などは把握していた。大会前、故障を抱えていた香川ら主力のコンディションをうまく上げて、ピークを初戦に持っていった。メディカルを含めた日本のスタッフの底力を示してくれた。
 勝因は一人一人が体を張った守りだろう。相手ボールにしつこく粘り、つぶしたり、押し込まれた状況でも競り合いなど気持ちで負けていなかった。動きの量でも勝っていた。W杯で勝つためには、戦う姿勢を最後まで貫くことが最低条件だと改めて教えてくれた。
 このグループはセネガル、ポーランドと手ごわい相手が控えている。前回大会で大敗したコロンビアに勝ったことは、日本のサッカー界にとって大きな意味を持つ。1次リーグ突破に向けても、大きな自信となった。(サッカージャーナリスト・賀川浩、サンケイスポーツ 2018.06.20

日本代表の楽しみ方

残る2戦の起用法は?

サッカーW杯、日本代表がハンパない

みんなの投票

W杯初戦で勝利したサッカー日本代表は、どれくらいの成績を残せると思いますか?

  • 一次リーグ敗退

    203

  • 一次リーグ突破(ベスト16)

    172

  • ベスト8以上

    95