LGBTドラマが男女モノよりも深かったワケ

LGBTドラマが男女モノよりも深かったワケ

今クールはLGBT(性的少数者)を主人公にしたドラマが目立った。とはいえ、単にブームに乗っかっただけではない。ゲイの男子高生の葛藤を描いた『腐女子、うっかりゲイに告る。』やゲイカップルの日常に焦点を当てた『きのう何食べた?』といった力作揃い。男女の恋愛モノにはない深い作品に仕上がっていたのは興味深い。

今クールはLGBT(性的少数者)を主人公にしたドラマが目立った。とはいえ、単にブームに乗っかっただけではない。ゲイの男子高生の葛藤を描いた『腐女子、うっかりゲイに告る。』やゲイカップルの日常に焦点を当てた『きのう何食べた?』といった力作揃い。男女の恋愛モノにはない深い作品に仕上がっていたのは興味深い。

「外野」にも響いた

「魔性の女」は他にいる

実力は申し分ないが…

バブル崩壊と共に人気急落

強くなる「オレ様持論」

テンションが違う

「怪演」だけじゃない

運営側はもう諦めた?

事務所の時間稼ぎ?

坂本龍一の指摘も一理ある

雑穀米でも胚芽米でもない

ドラマの世界だからこそ

懸念はまだある

崩れた「一子相伝」

「そろそろ限界」の波紋

「奇跡の40代俳優」

奔放過ぎたメンバー

SMAP解散も影響か

オトコは芸の肥やし?

賛否両論さもありなん

LGBTドラマが男女モノよりも深かったワケ